2019年06月13日

プリンスのアーカイヴ・コレクションから、究極の未発表曲集が登場!

pga044sp.jpg



◆ PRINCE / UNHEARD (プレス2CD) この商品はこちらから

プリンスのリミックス&リマスター・エクスパンデッド・シリーズの、アーカイヴ・コレクションから、その全キャリアからセレクトされた、貴重な未発表曲をコンパイルし限定ロー・プライス、プレス2CDにて。
今回はプリンスが残した膨大なスタジオ・アーカイブの中から貴重な未発表曲をはじめ、未発表バージョンやリミックスをまとめたスタジオ・コンピレーションが登場。
まずこれまでにも『クリスタル・ボール』や『ザ・ヴォルト』等、未発表音源集のリリースはあるものの、2000以上に及ぶと云われる未完成楽曲や、40以上の未発表プロジェクトが残されており、「プリンスの作品で世に発表されたのは、これまで全体の30%程度でしか無い」とファンの間では言われている、その膨大なアウトテイクスの中から、これまでほとんど知られていなかった未発表曲を中心に全27トラック収録。
しかもいずれも未完成のデモ音源ではなく、音質クオリティーも完璧なものばかりで、まず未発表アルバム『ドリーム・ファクトリー』収録の「TRAIN」から始まり、これまでどのアルバムにも収録されていない完全未発表曲として「THE P」「THE GRAND PROGRESSION」「PLAYER」「GOD IS ALIVE」「PLAY」「HEAVEN IS KEEPING SCORE」を収録。
さらにNPGセッションでの未発表「MY TREE」「A POSITIVE PLACE 」や3RDEYEGIRLの「SAME PAGE DIFFERENT BOOK」、また古くはデビュー・アルバムに収録の「JUST AS LONG AS WE'RE TOGETHER」や、初期未発表曲「TURN IT UP」の未発表バージョンまで、その全キャリアからセレクトされたコンピレーションは、今回も必携の完全限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. TRAIN 02. THE P 03. 2GETHER 04. SO DARK (Full Length Remix) 05. THE GRAND PROGRESSION 06. RACE 07. TURN IT UP (Unreleased Version) 08. PLAYER 09. GOD IS ALIVE 10. CALHOUN SQUARE 11. OOBEY DOOP 12. MY TREE 13. A POSITIVE PLACE (ELIMINATE THE NEGATIVE) 14. WILLING AND ABLE
Disc 2 : 01. PLAY 02. HEAVEN IS KEEPING SCORE 03. SAME PAGE DIFFERENT BOOK 04. WITNESS 4 THE PROSECUTION 05. ROCK AND ROLL LOVE AFFAIR (Remix) 06. ROCK 'N' ROLL IS ALIVE! (AND IT LIVES IN MINNEAPOLIS) 07. STANDING AT THE ALTAR 08. THE CONTINENTAL (Remix) 09. TELL ME HOW U WANT 2 B DONE (Extended Remix) 10. JUST AS LONG AS WE'RE TOGETHER (Unreleased Version) 11. G-SPOT (Remix) 12. TICK TICK BANG (Unreleased Version) 13. FOR LOVE (4 Play Remix)
[UNRELEASED SONGS AND REMIX COLLECTION : COLLECTOR'S EDITION]

2019年06月12日

2019年リッチー・ブラックモア・レインボーの最新ライブ!

sha1060r.jpg



◆ RAINBOW / SWEDEN ROCK FESTIVAL 2019 (2CDR) この商品はこちらから

2019年で4年目を迎えた期間限定リユニオン・レインボーのライブは、すっかり定着してきた中で2019年はヨーロッパのみ4公演が行なわれることに。
その2公演目となる6月8日スウェーデンで毎年開催されている「スウェーデン・ロック・フェス」に出演時の模様を、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・レコーディングにて、99分にわたりコンプリート収録。ロニー・ロメロの力強いボーカルや、リッチーのストラト・サウンドを見事に再現しており、またマスターがややこもり気味だったのを、デジタル・リマスタリングを施すことで、クッキリしたサウンドにブラッシュ・アップ。
そしてその期待のセット内容は2日前の初日ヒュビンカー公演と同セットで、全13曲とやや前年までに比べ短い気はするものの、パープル2&3期と再結成から5曲、そしてレインボーもロニー時代から3曲、グラハム時代から2曲、そしてジョー時代から3曲と、実にバランスの良い選曲に。逆に2018年までの全11公演すべてで演奏してきた「Child In Time」がセット落ちしているのが残念なところながら、リッチーのプレイやバンドのアンサンブルも年々向上しているあたり、ファンはやはり必聴のコレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. Announcement 2. Land of Hope and Glory 3. Over the Rainbow 4. Spotlight Kid 5. I Surrender 6. Mistreated 7. Since You Been Gone 8. Man on the Silver Mountain incl. Woman from Tokyo 9. Perfect Strangers 10. Black Night
Disc 2 : 1. MC 2. Difficult to Cure incl. Keyboard Solo 3. All Night Long 4. Stargazer 5. Long Live Rock 'n' Roll 6. Burn 7. Smoke on the Water

[at Festival Stage, Sweden Rock Festival, Solversborg, Sweden 8th June 2019]
◇ Ritchie Blackmore - Guitars / Ronnie Romero - Vocals / Bob Nouveau – Bass / Jens Johansson - Keyboards / David Keith - Drums / Candice Night - Backing Vocals / Lady Lynn - Backing Vocals

2019年06月10日

ゼップ・ファン必携のエンプレス・バレイから、セカンド・アルバムのマルチ・トラックが登場!

evsd1019b.jpg



◆ LED ZEPPELIN / Multi Tracks of Led Zeppelin II : セカンド・アルバムができるまで (プレス4CD) この商品はこちらから

オ名門エンプレス・バレイより、セカンド・アルバム「LED ZEPPELIN II」から4曲の、マルチ・トラックのセパレート音源を、マスター・クオリティーで収録した驚愕のアイテムが、極少数限定リリース。

本タイトルはセカンド・アルバムより、"WHOLE LOTTA LOVE"、"WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE"、"HEARTBREAKER"そして"RAMBLE ON"の4曲のマルチ・トラック・セパレート音源をコンパイルしたもので、しかもこの4曲すべてが、実は公式テイクではなく、アウトテイクスだったという点も驚くべき新たな発見となることに。ちなみにそれはセカンド・アルバムでのアウトテイクは実は皆無だったという事実も判明。
なお1969年10月のリリースに向けて同年の1月から8月までの過酷なツアー・スケジュールの中、設備も十分に整っていないスタジオを使用して、これだれのクオリティーの作品を制作していたことにも改めてそのすごさを感じ取れる、ビギナーからコアなファンまで必携の完全限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : [WHOLE LOTTA LOVE] 1. GUITAR #1 2. GUITAR #2 3. BASS 4. DRUMS RIGHT 5. DRUMS LEFT 6. PERCUSSION 7. VOCALS #1 8. VOCALS #2
Disc 2 : [WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE] 1. GUITAR 2. BASS 3. DRUMS RIGHT 4. DRUMS LEFT 5. VOCALS #1 6. VOCALS #2 7. VOCALS #3 8. GUITAR + VOCALS
Disc 3 : [HEARTBREAKER] 1. GUITAR #1 2. GUITAR #2 3. BASS 4. DRUMS RIGHT 5. DRUMS LEFT 6. GUITAR + BASS + DRUMS 7. VOCALS 8. VOCALS + GUITAR
Disc 4 : [RAMBLE ON] 1. GUITAR #1 2. GUITAR #2 3. GUITAR #2 4. BASS 5. DRUMS RIGHT 6. DRUMS LEFT 7. VOCALS 8. VOCALS + GUITAR
(Released : 22 October 1969 / Recorded : January–August 1969 at various locations)
◇DATE : Recording sessions for the album took place at Olympic and Morgan Studios in London, England; A&M, Quantum,Sunset, Mirror Sound and Mystic Studios in Los Angeles,California; Ardent Studios in Memphis, Tennessee; A&R,Juggy Sound, Groove and Mayfair Studios in New York City; and the "hut" in Vancouver.

2019年06月09日

ゼップ・ファン必携のエンプレス・バレイから、1977年のレア・ライブ音源の限定ボックス登場!!

EVSDpromo006b.jpg



◆ LED ZEPPELIN / SITTING ON A GOLD MINE :欧州ゼップ氏甦る黄金伝説 (プレス9CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、『TIT FOR TAT』そして『THE LAST ADIEU』に続く1977年USツアーのボックス・セットが、50セット限定ナンバリング入り仕様にてここに。
今回のボックスはまず、当時単独での屋内公演で最多観客動員数を記録したといわれる4月30日伝説のミシガン、ポンティアック公演、そして映像のシューティングが行われたことでも知られる5月21日ヒューストン公演、7月17日シアトルの全3公演をカップリング収録。
まず4月30日ポンティアックのシルバー・ドーム公演は、現存するベストな高音質オーディエンス・マスターに、名サウンド・エンジニア、EDIT ROCKER 13によるマスタリングにて過去最高のクオリティーにて、
さらに5月21日ヒューストン、ザ・サミット公演もベスト・サウンドボード・マスターを、こちらも名サウンド・エンジニア、4 EYED FREAKがマスタリング。
そして7月17日シアトル、キングドーム公演もベスト・サウンドボード・マスターを、名サウンド・エンジニア、OUT RUNNERSがマスタリングと、それぞれのデジタル・リマスタリングの違いにも注目。
特にサウンドボード音源のアップグレードには驚かされるうえ、シアトル公演は驚異的クオリティーにて。
なお体裁もおなじみエンプレス・バレイならではで、帯もボックスもゴールド仕様の超美麗スペシャル・ボックスにて。
なお50セット限定ナンバリング入り仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. ANTICIPATORY AUDIENCE ECSTACY 02. THE SONG REMAINS THE SAME 03. THE ROVER / SICK AGAIN 04. NOBODY'S FAULT BUT MINE 05. IN MY TIME OF DYING 06. SINCE I'VE BEEN LOVING YOU 07. NO QUARTER
Disc 2 : 01. INTRO 02. TEN YEARS GONE 03. THE BATTLE OF EVERMORE 04. GOING TO CALIFORNIA 05. BLACK COUNTRY WOMAN 06. BRON-Y-AUR STOMP 07. WHITE SUMMER/BLACK MOUNTAIN SIDE 08. KASHMIR 09. OUT ON THE TILES / MOBY DICK
Disc 3 : 01. GUITAR SOLO 02. ACHILLES LAST STAND 03. STAIRWAY TO HEAVEN 04. ROCK AND ROLL 05. TRAMPLED UNDERFOOT
[Recorded at Pontiac Silverdome, Pontiac, Michigan, USA 30th April 1977 : audience recording : EDIT ROCKER 13 REMASTERING]

Disc 4 : 01. ANTICIPATORY AUDIENCE ECSTACY 02. THE SONG REMAINS THE SAME 03. THE ROVER / SICK AGAIN 04. NOBODY'S FAULT BUT MINE 05. IN MY TIME OF DYING 06. SINCE I'VE BEEN LOVING YOU 07. NO QUARTER
Disc 5 : 01. INTRO 02. TEN YEARS GONE 03. THE BATTLE OF EVERMORE 04. GOING TO CALIFORNIA 05. BLACK COUNTRY WOMAN 06. BRON-Y-AUR STOMP 07. WHITE SUMMER/BLACK MOUNTAIN SIDE 08. KASHMIR
Disc 6 : 01. OUT ON THE TILES / MOBY DICK 02. GUITAR SOLO 03. ACHILLES LAST STAND 04. STAIRWAY TO HEAVEN 05. ROCK AND ROLL 06. TRAMPLED UNDERFOOT 07. interview with Plant and Bonham / on Earth Radio in 1976 to promote Presence / (from the "Drum and Bass" edition)
[Recorded at The Summit,Houston, Texas, USA 21st May 1977 : soundboard recording : 4 EYED FREAK REMASTERING]

Disc 7 : 01. ANTICIPATORY AUDIENCE ECSTACY 02. THE SONG REMAINS THE SAME 03. THE ROVER / SICK AGAIN 04. NOBODY'S FAULT BUT MINE 05. IN MY TIME OF DYING 06. SINCE I'VE BEEN LOVING YOU 07. NO QUARTER
Disc 8 : 01. INTRO 02. TEN YEARS GONE 03. THE BATTLE OF EVERMORE 04. GOING TO CALIFORNIA 05. BLACK COUNTRY WOMAN 06. BRON-Y-AUR STOMP 07. WHITE SUMMER/BLACK MOUNTAIN SIDE 08. KASHMIR
Disc 9 : 01. OUT ON THE TILES / MOBY DICK 02. GUITAR SOLO 03. ACHILLES LAST STAND 04. STAIRWAY TO HEAVEN 05. WHOLE LOTTA LOVE 06. ROCK AND ROLL
[Recorded at Kingdome, Seattle, Washington, USA 17th July 1977 : soundboard recording : OUT RUNNERS REMASTERING]

2019年06月08日

ゼップ・ファン必携のエンプレス・バレイから、1975年のレア・ライブ音源の限定ボックス登場!!

evsd560SL3.jpg



◆ LED ZEPPELIN / THE TREACHERY OF THE LONG KNIVES : 長いナイフの夜 (プレス4CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、ゼップ・ライブの頂点と賞される1975年3月21日シアトル公演を、サウンドボード+オーディエンス音源で収録したプレス4CDを、100セット限定ナンバリング入り仕様にて。
まずツェッペリンのライヴ史上において、頂点を極めた演奏と内容で最大級の評価を受けている、1975年3月21日シアトル公演を、完璧なステレオ・サウンド・マスターをメインに、良好オーディエンス・ソースで編集を加えたことで、より収録時間が伸び、最長盤が実現。
そして通称「シアトル2日目」とファンから長く親しまれているこのライブは、1975年USツアーにおいて全39公演終盤であり、3時間半以上にわたるマラソン・ライブとして本ツアーでも屈指の名演ライブとして知られるもの。
そして“アメリカン・リターン・オブ・レッド・ツェッペリン!”とのMCに導かれ登場し、余裕のプレイを展開し、プラントの声の調子もしり上がりに良くなっていく中、この日は1975年ツアーでは珍しい"SINCE I'VE BEEN LOVING YOU"と"COMMUNICATION BREAKDOWN"の2曲が披露されているのが最大のポイント。 また中盤"NO QUARTER"の素晴らしい演奏、終盤"STAIRWAY TO HEAVEN"からの"BLACK DOG"、"HEARTBREAKER"あたりの白熱したプレイも鳥肌もの。
なお初回限定100セットのみのリリースゆえ、即完売も必至。ご希望の方はお早めに。

DISC 1 : 1. ROCK AND ROLL 2. SICK AGAIN 3. OVER THE HILLS AND FAR AWAY 4. IN MY TIME OF DYING 5. THE SONG REMAINS THE SAME 6. THE RAIN SONG 7. KASHMIR
DISC 2 : 1. NO QUARTER 2. SINCE I’VE BEEN LOVING YOU 3. TRAMPLED UNDERFOOT
DISC 3 : 1. MOBY DICK 2. DAZED AND CONFUSED
DISC 4 : 1. STAIRWAY TO HEAVEN 2. WHOLE LOTTA LOVE 3. BLACK DOG 4. COMMUNICATION BREAKDOWN 5. HEARTBREAKER
[Recorded at Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington, USA. 21st March 1975 : soundboard + audience recording]

2019年06月07日

クイーンの貴重な音源&映像を時系列でコンパイル!

mw1904SP.jpg



◆ QUEEN / RARE LIVE : EXPANDED COLLECTOR'S EDITION (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから

70年代初頭のデビュー時から、フレディ最後のパフォーマンスとなった1988年までの、貴重ななライブ音源と映像だけをコンパイルしたコレクターズ・エディションが、プレス2CD+1DVD仕様にて、完全限定リリース。
[内容詳細]
2019年最新編集によるコンピレーションで、ライブ初披露や未発表曲、さらに1度限りの歴史的ライブ音源などを収録し、さらに2時間以上に及ぶライブ映像ヒストリーも、貴重なフィルムが盛りだくさん。
まずCDは膨大なコンサート記録の中からセレクトした初のライブ・コンピレーションで、最古と云われる1973年のサウンドボード・ライブから、フレディ最後の記録となった1988まで、ほぼ年代順に全48トラックを収録しており、特にライブ演奏自体が珍しい「うつろな日曜日」「ムスターファ」のフル演奏バージョンや、「イマジン」や「移民の歌」、また「土曜の夜は僕の生きがい」に、ストーンズでお馴染みの「マニッシュ・ボーイ」「ノット・フェイド・アウェイ」といった珍しいカバーも。
そして映像DVDにはかつて映像作品として知られた『レア・ライブ』に加えて、未収録のライブ映像を追加してトータル2時間以上に大幅にヴォリューム・アップした内容の改訂バージョンを収録。

[コレクターズ・ポイント]
まずCDのdisc:1には70年代のレア・ライブ音源を収録。デビュー当時現存する最古のサウンドボード・ライブとなる1973年ロンドンでの「ファーザー・トゥ・サン」「オウガ・バトル」は、一部歌詞の異なる未完成バージョンだったり、また「ハング・マン」はライブでしか披露していない未発表曲。他にも「うつろな日曜日」「ミリオネア・ワルツ」「マイ・メランコリー・ブル-ス」「ドリーマーズ・ボール」あたりは、各年代その時期しか演奏されていない貴重なライブ音源。
またdisc:2は80年代のレア・ライブで、「ムスターファ」はライブ演奏自体が珍しいフル演奏バージョンだったり、「ニード・ユア・ラヴィン・トゥナイト」や「ロック・イット」もサウンドボード音源としては貴重。
さらにジョン・レノン追悼で披露された1980年の「イマジン」や1982年の「ライフ・イズ・リアル」もライブでは僅かな演奏記録しかなく、他にもツェッペリンの「移民の歌」は短いアドリブながら一度しかライブ記録がない珍しい演奏。
そしてクイーンとして最後の公演となったネブワース公演以降の、フレディ最後のパフォーマンスとなった1988年「イッツ・イン・エブリワン・オブ・アス」は、クリフ・リチャードとの共演での唯一のサウンドボード音源。
なお一部の音源はオーディエンス録音ソースしか現存していないものもある中、既流通のサウンドボード音源もミックスの異なるリマスター音源となっており、特に1986年ウェンブリーはオーバー・ダブが施されていないオリジナル・ライブ音源で、ミックスの違いも注目。
そしてDVDも現在廃版として入手困難となっている『レア・ライブ』をダイレクト収録しており、今となってはここでしか見られない編集もあるライブ映像に加えて、未収録のライブ映像も追加。
そして今回も初回限定100セット・オンリーで、限定シリアル・ナンバー入りのオリジナル・・ポストカードを添付。
レア・フォトを用いたこちらのカードは、完全限定の証明ともなるナンバリング入りで先着100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
以上、貴重なライブ音源&映像の数々をコンパイルした、ファン必携のコレクターズ・エディションを、永久保存プレス2CD+1DVDで。

Disc 1 : 1. PROCESSION - London 1973 / 2. FATHER TO SON - London 1973 / 3. OGRE BATTLE - London 1973 / 4. SEE WHAT A FOOL I'VE BEEN - London 1973 / 5. HANGMAN - Tokyo 1975 / 6. LAZING ON A SUNDAY AFTERNOON - Boston 1976 / 7. SWEET LADY - Hyde Park 1976 / 8. YOU TAKE MY BREATH AWAY - Hyde Park 1976 / 9. LUCILLE - Earl's Court 1976 / 10. JAILHOUSE ROCK - Earl's Court 1976 / 11. SATURDAY NIGHT ALRIGHT FOR FIGHTING - Earl's Court 1976 / 12. STUPID CUPID / BE BOP A LULA - Earl's Court 1976 / 13. THE MILLIONAIRE WALTZ - Houston 1977 / 14. MY MELANCHOLY BLUES - Houston 1977 / 15. MANISH BOY - Scotland 1977 / 16. LET ME ENTERTAIN YOU - Tokyo 1979 / 17. TEO TORRIATTE (LET US CLING TOGETHER) - Tokyo 1979 / 18. DREAMER'S BALL - Paris 1979 / 19. SHEER HEART ATTACK - Munich 1979 / 20. DON'T STOP ME NOW - Hammersmith 1979 / 21. NOW I'M HERE - Hammersmith 1979 / 22. CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE - Hammersmith 1979

Disc 2 : 1. SOMEBODY TO LOVE - Sao Paulo 1981 / 2. MUSTAPHA - Buenos Aires 1981 / 3. NEED YOUR LOVING TONIGHT - Sao Paulo 1981 / 4. ROCK IT (PRIME JIVE) - Buenos Aires 1981 / 5. I GO CRAZY (GUITAR SOLO) - Vienna 1982 / 6. IMAGINE - Frankfurt 1980 / 7. LIFE IS REAL (SONG FOR JOHN) - Chicago 1982 / 8. FOOLIN' AROUND - Milan 1984 / 9. NOT FADE AWAY - Wembley 1984 / 10. LIVING ON MY OWN - Brussels 1984 / 11. LET ME OUT (GUITAR SOLO) - Rio 1985 / 12. THE MARCH OF THE BLACK QUEEN / MY FAIRY KING - Osaka 1985 / 13. I FEEL FINE / IMMIGRANT SONG - Germany 1986 / 14. GIMME SOME LOVIN' - Manheim 1986 / 15. ONE VISION - Wembley 1986 original mix / 16. A KIND OF MAGIC - Wembley 1986 original mix / 17. (YOU'RE SO SQUARE) BABY I DON'T CARE
[Wembley 1986 original mix]
18. HELLO MARY LOU (GOODBYE HEART) - Wembley 1986 original mix / 19. TUTTI FRUTTI - Wembley 1986 original mix / 20. BOHEMIAN RHAPSODY - Wembley 1986 original mix / 21. I WANT TO BREAK FREE - Wembley 1986 original mix / 22. HAMMER TO FALL - Wembley 1986 original mix / 23. WE ARE THE CHAMPIONS - Wembley 1986 original mix / 24. TAVASZI SZEL VIZET ARASZT - Budapest 1986 / 25. CHINESE TORTURE (GUITAR SOLO) - Knebworth 1986 / 26. IT'S IN EVERYONE OF US - Freddie Mercury / Cliff Richard London 1988

DVD : NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo time approx.140min.
[ORIGINAL VIDEO]
OPENING (I WANT IT ALL) : CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE - Tokyo 1982&1985 : LIAR - Promo/London 1974 : FREDDIE SINGALONG (NOW I'M HERE) - Buenos Aires 1981 : ANOTHER ONE BITES THE DUST - Buenos Aires 1981/Vienna 1982 : ROCK AND ROLL MEDLEY - London 1975 : MY MELANCHOLY BLUES - Houston 1977 : HAMMER TO FALL - London 1986 : KILLER QUEEN - London 1977 : WE WILL ROCK YOU - Live Aid 1985 : SOMEBODY TO LOVE - Milton Keyes 1982 : TIE YOUR MOTHER DOWN - Paris 1979/Frankfurt 1982/Rio 1985 : KEEP YOURSELF ALIVE - London 1975/Tokyo 1985 : LOVE OF MY LIFE - Sao Paulo 1981 : STONE COLD CRAZY - London 1974 : RADIO GA GA - Sydney 1985/Knebworth 1986 : YOU TAKE MY BREATH AWAY - London 1977 : SHEER HEART ATTACK - Houston 1977 : WE ARE THE CHAMPIONS - Knebworth 1986/Vienna 1982 : GOD SAVE THE QUEEN - Vienna 1982
[RARE LIVE : EXTRA VIDEO]
WE WILL ROCK YOU - Houston 1977 : THE MILLIONAIRE WALTZ - Houston 1977 : LOVE OF MY LIFE - London 1979 : I'M IN LOVE WITH MY CAR - London 1979 : DREAMER'S BALL - Paris 1979 : NOW I'M HERE - London 1979 : TEO TORIATTE (LET US CLING TOGETHER) - Japan 1982 : WE ARE THE CHAMPIONS - Munich 1978 : KEEP YOURSELF ALIVE - Munich 1978 : WE WILL ROCK YOU / FAT BOTTOMED GIRL - Brussels 1979 : BRIGHTON ROCK - Brussels 1979 : TIE YOUR MOTHER DOWN - Brussels 1979 : PREAD YOUR WINGS - Brussels 1979 : WE ARE THE CHAMPIONS - Brussels 1979 : SOUNDCHECK - Rotterdam 1979 : BICYCLE RACE / I'M IN LOVE WITH MY CAR - Rotterdam 1979 : SEVEN SEAS OF RHYE - Rio 1985 : KEEP YOURSELF ALIVE - Rio 1985 : LIAR - Rio 1985 : NOW I'M HERE - Rio 1985 : BOHEMIAN RHAPSODY - Rio 1985 : RADIO GA GA - Rio 1985 : IS THIS THE WORLD WE CREATED? - Live Aid 1985

2019年06月06日

アルカトラズ2019年来日最終公演を、音と映像で!

sha1057a.jpg



◆ ALCATRAZZ / 2019 TOKYO FINAL NIGHT (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

2019年5月28日から連続4公演のジャパン・ツアーより、最終日となった5月31日東京、TSUTAYA O-EASTでのライブを、音と映像でカップリング収録。
まず音源には、当日の模様をデシダル・オーディエンス・レコーディングにて2時間19分にわたりコンプリート収録しており、ハイエンド器機によりフロント・ローから録音されたサウンドは、一聴すればサウンドボードかと思えるほどで、距離感もなくリアルな観客の反応までカンペキに再現。
そして今回の来日は「ALCATRAZZ」の名称復活、現代のネオクラ・ギタリスト、ジョー・スタンプの加入、そして『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』の完全再現など、多数の話題があった中で、一番注目すべきはグラハムの全盛期をも超える絶好調なボーカルで、現在は声の伸びも素晴らしく、安定感もバツグンならハイノートもカンペキ。
そしてこの最終日はさらに特別で、なんと『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』ではなく『DOWN TO EARTH』を完全再現したのは、この東京最終日のみ。よって定番のセットでも歌っている「Eyes Of The World」や「All Night Long」以外の「Love's No Friend」や「Makin' Love」、そして何と言っても「Danger Zone」と「No Time To Lose」は全キャリアを通して日本では初公開で、しかも「No Time To Lose」に至っては、グラハム本人が初めてステージで歌うことに。
そしてカップリングDVD-Rには、この奇跡の一夜をHDクオリティーによるオーディエンス映像にて136分にわたりコンプリート収録。
会場のキャパのこともあり、とにかく全編超ズームによる映像でしかもカメラ・ワークも素晴らしく、ギター・ソロではジョーの手元、指先までしっかり捉え、安定感も申し分なく、会場設営の関係者によるショットかと思うほど。さらに音声パートはCD音源のデジタル・ソースをシンクロさせるこだわりで、『DOWN TO EARTH』ナイトを完全再現した、ファン必携の来日限定メモリアル・アイテム。

*なお東京初日、および大阪公演も同時入荷。

Disc 1 : 1. Intro 2. Eyes Of The World 3. All Night Long 4. Love's No Friend 5. Danger Zone 6. Makin' Love 7. Since You Been Gone 8. No Time To Lose 9. Lost in Hollywood 10. Night Of The Shooting Star 11. Too Young to Die, Too Drunk to Live 12. Hiroshima Mon Amour 13. Jet to Jet 14. General Hospital 15. Starcarr Lane
Disc 2 : 1. Kree Nakoorie 2. Guitar Solo 3. Desert Song 4. Night Games 5. Rock You to the Ground 6. Stand in Line 7. Leviathan 8. We Won't Be Forgotten 9. Tonight I Fly 10. Long Island Tea 11. Band Introductions 12. Assault Attack 13. Into the Night 14. Goodnight and Goodbye

DVD-R : COLOUR NTSC Approx.136min.
1. Intro 2. Eyes Of The World 3. All Night Long 4. Love's No Friend 5. Danger Zone 6. Makin' Love 7. Since You Been Gone 8. No Time To Lose 9. Lost in Hollywood 10. Night Of The Shooting Star 11. Too Young to Die, Too Drunk to Live 12. Hiroshima Mon Amour 13. Jet to Jet 14. General Hospital 15. Starcarr Lane 16. Kree Nakoorie 17. Guitar Solo 18. Desert Song 19. Night Games 20. Rock You to the Ground 21. Stand in Line 22. Leviathan 23. We Won't Be Forgotten 24. Tonight I Fly 25. Long Island Tea 26. Assault Attack 27. Into the Night 28. Goodnight and Goodbye

[Live at Tsutaya O-East, Tokyo, Japan 31st May 2019]
◇ Graham Bonnet - Vocals / Joe Stump - Guitar / Jimmy Waldo – Keyboards / Beth-Ami Heavenstone - Bass / Mark Benquechea - Drums

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.37