2017年05月23日

ポール、東京ドーム2日目の映像&音源をブルーレイ、DVD、CDのセットで

nank005sp.jpg



◆ Paul McCartney / One On One Dome 2 Complete(4BDR+4DVDR+3CDR) この商品はこちらから

2017年「ワン・オン・ワン」ジャパン・ツアーの、4月29日東京ドーム2日目公演の模様を、会場設置のスクリーン・ショットと、1Fアリーナ席からのオーディエンス・ショットの、2種類のHDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像を、ダイレクトにブルーレイ化。さらに同内容のDVD-R、そしてデジタル・リマスタリングを施した音源CDもセットにしたタイトルがここに。なんとブルーレイ4枚、DVD-R4枚、CD-R3枚というフル・ヴォリュームにて。

まず各方面からリリースされているドーム関連の映像・音源の中で、本シリーズの映像は、別アングルによる2種類のオーディエンス・マスターを収録しており、まず「タイプA (Film-A)」は、アリーナ・ブロックからのステージ・オーディエンス・ショットで、迫力満点のポールを中心に捉えたズーム・ショットが満載。
そしてカップリング収録の「タイプB (Film-B)」は、会場設置のスクリーンのみを捉え続けたショットで、プロショット感覚にて当日の模様を再現したもの。
そしてその2パターンの映像をブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、いずれも2時間38分にわたりコンプリートでカップリング。
そしてこの日も”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いてこの日は”Junior's Farm”と”Letting Go”の代わりに”Save Us”そして”Jet”がセットインし、他にも”I've Just Seen a Face”や”I Saw Her Standing There”が組み込まれることに。なお結果的には”Save Us”と”I Saw Her Standing There”はこの日のみの演奏となり、よって最終日に向けての2日目は、最多曲数のフルセットであり、セット的にも最も魅力的な一夜。
そして同内容による4DVD-Rと、さらに音源3CDRには、当日のサウンドチェック音源も追加収録。
分離感やオーディエンスの歓声とのバランスが絶妙で、あの感動と興奮のライブの音をそのまま閉じ込めたもので、
当日参戦された方はもちろん、参戦出来なかった人にもメモリアルなコレクターズ・エディション。

[Type A : Screan Shot - Blu-ray & DVDR : Same Set : totaltime 158mins]
[Type B : Stand Shot - Blu-ray & DVDR : Same Set : totaltime 163mins]
Blu-ray & DVD DISC 1 : Intro / A Hard Day's Night / Save Us Can't Buy Me Love /Jet / Temporary Secretary / Let Me Roll It / I've Got A Feeling / My Valentine / Nineteen Hundred And Eighty-Five / Maybe I'm Amazed / I've Just Seen A Face / In Spite of All the Danger / You Won't See Me / Love Me Do / And I Love Her / Blackbird / Here Today / New / Queenie Eye / The Fool On The Hill / Lady Madonna

Blu-ray & DVD DISC 2 : Paul Walking / FourFiveSeconds / Eleanor Rigby / I Wanna Be Your Man / Being For The Benefit Of Mr. Kite! / Something / Ob-La-Di, Ob-La-Da / Band On The Run / Back In The U.S.S.R. / Let It Be / Live And Let Die / Hey Jude / Yesterday / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) / Hi, Hi, Hi / I Saw Her Standing There / Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

CD 1 : 1. Intro 2. A Hard Day's Night 3. Save Us 4. Can't Buy Me Love 5. Jet 6. Temporary Secretary 7. Let Me Roll It 8. I've Got a Feeling 9. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. In Spite Of All The Danger 14. You Won't See Me 15. Love Me Do 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. New 20. Queenie Eye
CD 2 : 1. The Fool On The Hill 2.Lady Madonna 3. FourFiveSeconds 4. Eleanor Rigby 5. I Wanna Be Your Man 6. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 7. Something 8. Ob-La-Di, Ob-La-Da 9. Band On The Run 10. Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die 13. Hey Jude 14. Yesterday 15. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 16. Hi, Hi, Hi 17. I Saw Her Standing There 18. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
CD 3 : (SOUNDCHECK) 1. Paul Appearance 2. Jam 3. Honey Don't 4. Flaming Pie 5. Drive My Car 6. Sing The Changes 7. Don't Let The Sun Catch You Cryin' 8. Let E'm In 9. I've Just Seen A Face 10. It's So Easy 11. Ram On 12. Midnight Special 13. San Francisco Bay Blues 14. Lady Madonna
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月18日

SNEレーベルよりポールの東京ドーム最終日も、サウンドチェックも含めた完全フル収録で。

sne251sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / TOKYO DOME 2017 3RD NIGHT (プレス4CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILレーベルより、2017年4月30日の東京ドーム3日目公演を、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・マスターからコンプリート収録し、さらに貴重な当日のサウンド・チェックの模様を、イヤー・モニター・ソースからのライン音源にて追加収録したタイトルが、限定プレス4CD仕様にてここに。

まず過去2度の来日アイテムでも実証された、本レーベルならではサウンド・クオリティーの高さは、まずレコーディング・ポジションによるのも大きく、今回もアリーナ最前ブロックのPA.正面通路側のシートを確保。そしてそのリアル・サウンドによる音源ソースを、一切音補正せずにそのままダイレクト収録しており、一部”Live and Let Die"でパイロが大炸裂するパートのみ、音量と音圧を最低限で補正している以外、イコライジングも一切無しゆえ、まさに当日の模様を生々しくリアルに再現。
そしてあっという間に最終日となった30日の千秋楽は、まずセットにおいても”Junior's Farm”と”Jet”が入ったのが嬉しいところで、さらにアンコールではこの日のみ”Get Back”もついに披露。そして何より美しい水色に染まった東京ドーム全体の模様が話題となった”Hey Jude”での会場全体を埋め尽くす、サイリウムの美しさは今回のジャパン・ツアーのハイライトたる光景で、当日参加された方なら、音だけでもそのあたりの感動が蘇るのは間違いなし。
そしてさらに当日のサウンド・チェックを、関係者流出によるイヤー・モニター・ソースからのライン音源にて、コンプリート収録。

本公演前のVIP限定のサウンドチェックを、こちらも極上クオリティーで収録しており、この日のみ”Honey Don’t”、”Sing the Changes”そして”It’s So Easy”などが披露されたあたりは要チェック。
またボーナス的にdisc:4には、このサウンドチェック・セッションの模様を、別レコーディングされた良好オーディエンス・マスターよりコンプリート収録。

ポールがその場でのリクエストに答えてプレイされた”One After 909”では沸き起こる大歓声などは、IMEソースよりもやはりリアルで、盛り上がりが伝わるのは、やはりオーディエンス・ソースならでは。
また後半には当日のライブからイヤー・モニター経由からのライン音源も7曲追加で。キーボード奏者のモニター経由ゆえ、ポールのボーカルが全面のミックスではないものの、マルチ・プレイヤーだけに多彩な楽器を使っての演奏がよく聞こえるあたりは要チェック。
よってまさにこの記念すべき最終日のすべてを完全コンパイルした、永久保存プレス4CDアイテムは、来日記念限定コレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Save Us 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. I've Just Seen A Face 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me
Disc 2 : 01. Love Me Do 02. And I Love Her 03. Blackbird 04. Here Today 05. New 06. Queenie Eye 07. The Fool On the Hill 08. Lady Madonna 09. FourFiveSeconds 10. Eleanor Rigby 11. I Wanna Be Your Man 12. Being for the Benefit of Mr. Kite! 13. Something 14. Ob-La-Di, Ob-La-Da 15. Band On The Run 16. Back In The U.S.S.R. 17. Let It Be 18. Live And Let Die 19. Hey Jude
Disc 3 : 01. Encore Break 02. Yesterday 03. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 04. Hi, Hi, Hi 05. I Saw Her Standing There 06. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]

07. Intro 08. Jam 09. Honey Don't 10. Flaming Pie 11. Drive My Car 12. Sing The Changes 13. Don't Let The Sun Catch You Cryin' 14. Let 'Em In 15. I've Just Seen A Face 16. It's So Easy 17. Ram On 18. Midnight Special 19. San Francisco Bay Blues 20. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017 : IEM Source]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月16日

SNEレーベルよりポールの東京ドーム2日目も、サウンドチェックも含めた完全フル収録で。

sne250sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / TOKYO DOME 2017 2ND NIGHT (プレス3CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILレーベルより、2017年4月29日の東京ドーム2日目公演を、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・マスターからコンプリート収録し、さらに貴重な当日のサウンド・チェックの模様を、イヤー・モニター・ソースからのライン音源にて追加収録したタイトルが、限定プレス3CD仕様にてここに。

まず過去2度の来日アイテムでも実証された、本レーベルならではサウンド・クオリティーの高さは、まずレコーディング・ポジションによるのも大きく、今回もアリーナ前方ブロックのPA.正面通路側のシートを確保。そしてそのリアル・サウンドによる音源ソースを、一切音補正せずにそのままダイレクト収録しており、一部”Live and Let Die"でパイロが大炸裂するパートのみ、音量と音圧を最低限で補正している以外、イコライジングも一切無しゆえ、まさに当日の模様を生々しくリアルに再現。
そしてこの日も”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いてこの日は”Junior's Farm”と”Letting Go”の代わりに”Save Us”そして”Jet”がセットインし、他にも”I've Just Seen a Face”や”I Saw Her Standing There”が組み込まれることに。
なお結果的には”Save Us”と”I Saw Her Standing There”はこの日のみの演奏となり、セット的な魅力は一番といえるもの。
そしてさらに当日のサウンド・チェックを、関係者流出によるイヤー・モニター・ソースからのライン音源にて、コンプリート収録。

本公演前のVIP限定のサウンドチェックを、こちらも極上クオリティーで収録しており、この日のみ”Honey Don’t”、”Sing the Changes”そして”It’s So Easy”などが披露されたあたりは要チェック。
よってまさにこの記念すべき一日のすべてを完全コンパイルした、永久保存プレス3CDアイテムは、来日記念限定コレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Save Us 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. I've Just Seen A Face 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me
Disc 2 : 01. Love Me Do 02. And I Love Her 03. Blackbird 04. Here Today 05. New 06. Queenie Eye 07. The Fool On the Hill 08. Lady Madonna 09. FourFiveSeconds 10. Eleanor Rigby 11. I Wanna Be Your Man 12. Being for the Benefit of Mr. Kite! 13. Something 14. Ob-La-Di, Ob-La-Da 15. Band On The Run 16. Back In The U.S.S.R. 17. Let It Be 18. Live And Let Die 19. Hey Jude
Disc 3 : 01. Encore Break 02. Yesterday 03. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 04. Hi, Hi, Hi 05. I Saw Her Standing There 06. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]

07. Intro 08. Jam 09. Honey Don't 10. Flaming Pie 11. Drive My Car 12. Sing The Changes 13. Don't Let The Sun Catch You Cryin' 14. Let 'Em In 15. I've Just Seen A Face 16. It's So Easy 17. Ram On 18. Midnight Special 19. San Francisco Bay Blues 20. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017 : IEM Source]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月13日

YES Featuring ARW、東京3公演をセットにした決定盤アイテムがXAVELより

xavels121a.jpg



◆ YES Feat. ARW / 2017 Tokyo 3 Days Complete (7CD+1DVD+1BDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日公演から、東京連続3daysとなった4月17&18&19日のオーチャード・ホールでのライブを、ベスト・クオリティーの音と映像でカッブリングした、100セット完全限定仕様にてここに。

2017年の来日直前に「YES Featuring ARW」と改名し、自身たちもイエスであることをアピール。そしてついに実現した来日公演から東京3daysの模様を、まず音源CDは、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。

すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして「Perpetual Change」のオーケストラ・アレンジで荘厳に幕を開けたステージは、もちろんこのメンバーならではの演奏が堪能できるのも大きい中、やはり本家イエスとのアレンジの違いやショー構成、コンセプトなど、トータルで比較するのも興味深いところ。
特に現在本家でも演奏されている曲は5曲あり、シャープかつスピード感も鮮やかな「Perpetual Change」、トレヴァー・ラビンのアコギ・イントロが軽快な「I’ve Seen All Good People」、そしてリック・ウェイクマンのサウンドが美しい「And You and I」、そして共にアンコールに配された「Roundabout」なども聴き比べると新鮮な発見も。また「Heart Of The Sunrise」などでは、ドラマーのルー・モリーノ3世のプレイが若き頃のビルブラを彷彿させるドラミングを披露しており、そのあたりも聞きどころ。
なお3日間セットリストは同様ながら、ボーナスCDとしてVIP限定参加によるサウンドチェック・パーティを、全公演の3日分フル収録したプレス1CDもプラス。

そしてさらに映像DVD+1Bru-rayには、18日公演の模様を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像にてコンプリート収録。

会場1F席正面からシューティングされた、安定感抜群のカメラをプロユースで編集、もちろん音声パートはCD音源のマルチIEMマトリクス・ソースを使用しており、視界を遮る障害物もなく、クローズ・ショットも多用された映像は、こちらも本ジャパン・ツアーのライブ映像としてはベストと断言できるもの。特にブルーレイはその大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて。

*なおこのボーナスCDや映像DVD+ブルーレイは初回完全限定100セットのみで、完売後は単日の音源2CDのみのリリースとなります。
よって予約完売必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。
また3公演いずれも単日でのリリースもございますが、映像DVD、BDR、およびボーナスCDはこのセットのみです。


Disc 1 : 1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise
Disc 2 : 1. Changes 2. The Meeting 3. Awaken 4. Make It Easy 5. Owner Of A Lonely Heart 6. Roundabout
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 17th April 2017]

Disc 3 : 1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise
Disc 4 : 1. Changes 2. The Meeting 3. Awaken 4. Make It Easy 5. Owner Of A Lonely Heart 6. Roundabout
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 18th April 2017]

Disc 5 : 1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise
Disc 6 : 1. Changes 2. The Meeting 3. Awaken 4. Make It Easy 5. Owner Of A Lonely Heart 6. Roundabout
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 19th April 2017]

DVD+1Blu-ray : Same Set
1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise 11. Changes 12. The Meeting 13. Awaken 14. Make It Easy 15. Owner Of A Lonely Heart 16. Roundabout
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 18th April 2017]

Limited CD :
01. Instrumental Soundcheck 02. Rhythm Of Love 03. Lift Me Up 04. Cinema
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 17th April 2017]
05. Instrumental Soundcheck 06. Rhythm Of Love 07. Long Distance Runaround 08. Keyboards Soundcheck
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 18th April 2017]
09. Instrumental Soundcheck 10. Crossroads 11. Rhythm Of Love 12. Cinema
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 19th April 2017]

◇Jon Anderson - lead vocals / Trevor Rabin - guitars / Rick Wakeman – keyboards / Iain Hornal - bass / Lou Molino III – drums

2017年05月12日

ポール、来日最終公演も、サウンドチェックも含めた完全フル収録で。

evsd962p3.jpg



◆ Paul McCartney / One On One Tokyo Dome #3 Omnidirectional (プレス3CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年来日公演第3弾は、今後リリースのプレ・アイテムとして、4月29日、東京ドーム最終公演を、サウンド・チェックも含めた、究極のオーディエンス音源を、限定ロー・プライス・プレス32CDにて。

過去2度の来日アイテムでも実証された、最強タッグEVSD+XAVELから、2017年の来日全4公演も驚愕アイテムの数々がリリース予定の中、そのイントロダクションとして、あのドーム最終日を、現代最高レベルのクオリティーのよるオーディエンス音源と、サウンドチェック・パーティもプラスしてリリース。

まずそのオーディエンス音源は単なる会場録音とは一線を画す、これぞ「フロント・ロー・レコーディング」の極地といえるもので、プロ・テーパーが最高の機材を投入して、ドームアリーナA中央ブロックの正真正銘フロント・ローにてレコーディング。
それは同レーベルの代名詞となった、ハイエンド無指向性マイクをもちろん使用し、左右の吊り下げメーンPAスピーカー、アリーナ最前列のオーディエンス向けの小型スピーカー、さらにステージ上に多数配置されたミュージシャン用のモニタリング・スピーカー、ギター・アンプをはじめとした生音、それら多種多様な出音を驚異的なまでに立体的なサウンドにて収録。
よってそのレンジの広い音色、残響や音の回り込みなどは皆無のダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感と、これだけのオーディエンス・サウンド・アイテムは、まさにワン・アンド・オンリー。
そしてあっという間に最終日となった30日の千秋楽は、まずセットにおいても”Junior's Farm”と”Jet”が入ったのが嬉しいところで、さらにアンコールではこの日のみ”Get Back”もついに披露。そして何より美しい水色に染まった東京ドーム全体の模様が話題となった”Hey Jude”での会場全体を埋め尽くす、サイリウムの美しさは今回のジャパン・ツアーのハイライトたる光景で、当日参加された方なら、音だけでもそのあたりの感動が蘇るのは間違いなし。
そして驚異のボーナス・トラックには、同日のサウンドチェック・パーティの模様も、ハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。

本公演前のVIP限定のサウンドチェックを、こちらも極上クオリティーで収録しており、この日のみ” Honey Hush”に”One After 909”そして”On My Wat To Work”などが披露されたあたりは要チェック。

とにかくこの驚きの内容とクオリティーを体感すれば、後発リリース予定の豪華ボックスへの期待も膨らむばかりで、今後のリリースを待てないファン、さらにピュアなオーディエンス・サウンドを堪能したいファンなどには必携の限定コレクターズ・エディション。
なお、限定プレ・リリースのブレス3CDゆえ、リリース即完売も予想されるため、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Junior's Farm 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. We Can Work It Out 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. Queenie Eye 02. New 03. The Fool On The Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live And Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Get Back 04. Hi, Hi, Hi 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

07. Intro 08. Jam 09. Honey Hush 10. One After 909 11. All My Loving 12. Let 'Em In 13. Miss Ann 14. On My Way To Work 15. San Fracisco Bay Blues 16. Ram On 17. Midnight Special 18. Massage Song / Lady Madonna
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

ポール、東京ドーム2日目も、サウンドチェックも含めた完全フル収録で。

evsd959p2.jpg



◆ Paul McCartney / One On One Tokyo Dome #2 Omnidirectional (プレス3CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年来日公演第3弾は、今後リリースのプレ・アイテムとして、4月29日、東京ドーム2日目公演を、サウンド・チェックも含めた、究極のオーディエンス音源を、限定ロー・プライス・プレス32CDにて。

過去2度の来日アイテムでも実証された、最強タッグEVSD+XAVELから、2017年の来日全4公演も驚愕アイテムの数々がリリース予定の中、そのイントロダクションとして、あのドーム2日目を、現代最高レベルのクオリティーのよるオーディエンス音源と、サウンドチェック・パーティもプラスしてリリース。

まずそのオーディエンス音源は単なる会場録音とは一線を画す、これぞ「フロント・ロー・レコーディング」の極地といえるもので、プロ・テーパーが最高の機材を投入して、ドームアリーナA中央ブロックの正真正銘フロント・ローにてレコーディング。
それは同レーベルの代名詞となった、ハイエンド無指向性マイクをもちろん使用し、左右の吊り下げメーンPAスピーカー、アリーナ最前列のオーディエンス向けの小型スピーカー、さらにステージ上に多数配置されたミュージシャン用のモニタリング・スピーカー、ギター・アンプをはじめとした生音、それら多種多様な出音を驚異的なまでに立体的なサウンドにて収録。
よってそのレンジの広い音色、残響や音の回り込みなどは皆無のダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感と、これだけのオーディエンス・サウンド・アイテムは、まさにワン・アンド・オンリー。
そしてこの日も”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いてこの日は”Junior's Farm”と”Letting Go”の代わりに”Save Us”そして”Jet”がセットインし、他にも”I've Just Seen a Face”や”I Saw Her Standing There”が組み込まれることに。なお結果的には”Save Us”と”I Saw Her Standing There”はこの日のみの演奏となり、よって最終日に向けての2日目は、最多曲数のフルセットであり、セット的にも最も魅力的な一夜。

そして驚異のボーナス・トラックには、同日のサウンドチェック・パーティの模様もハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。

本公演前のVIP限定のサウンドチェックを、こちらも極上クオリティーで収録しており、この日のみ”Honey Don’t”、”Sing the Changes”そして”It’s So Easy”などが披露されたあたりは要チェック。

とにかくこの驚きの内容とクオリティーを体感すれば、後発リリース予定の豪華ボックスへの期待も膨らむばかりで、今後のリリースを待てないファン、さらにピュアなオーディエンス・サウンドを堪能したいファンなどには必携の限定コレクターズ・エディション。
なお、限定プレ・リリースのブレス3CDゆえ、リリース即完売も予想されるため、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Save Us 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. I've Just Seen A Face 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. New 02. Queenie Eye 03. The Fool On the Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live And Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Hi, Hi, Hi 04. I Saw Her Standing There 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

07. Intro 08. Jam 09. Honey Don't 10. Flaming Pie 11. Drive My Car 12. Sing The Changes 13. Don't Let The Sun Catch You Cryin' 14. Let 'Em In 15. I've Just Seen A Face 16. It's So Easy 17. Ram On 18. Midnight Special 19. San Francisco Bay Blues 20. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月11日

ポール、東京ドーム初日を、サウンドチェックも含めた完全フル収録で。

evsd956p1.jpg



◆ Paul McCartney / One On One Tokyo Dome #1 Omnidirectional (プレス3CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年来日公演第2弾は、今後リリースのプレ・アイテムとして、4月27日、東京ドーム初日公演を、サウンド・チェックも含めた、究極のオーディエンス音源を、限定ロー・プライス・プレス3CDにて。

過去2度の来日アイテムでも実証された、最強タッグEVSD+XAVELから、2017年の来日全4公演も驚愕アイテムの数々がリリース予定の中、まずそのイントロダクションとして、あのドーム初日を、現代最高レベルのクオリティーのよるオーディエンス音源と、サウンドチェック・パーティもプラスしてリリース。

まずそのオーディエンス音源は単なる会場録音とは一線を画す、これぞ「フロント・ロー・レコーディング」の極地といえるもので、プロ・テーパーが最高の機材を投入して、ドームアリーナA中央ブロックの正真正銘フロント・ローにてレコーディング。
それは同レーベルの代名詞となった、ハイエンド無指向性マイクをもちろん使用し、左右の吊り下げメーンPAスピーカー、アリーナ最前列のオーディエンス向けの小型スピーカー、さらにステージ上に多数配置されたミュージシャン用のモニタリング・スピーカー、ギター・アンプをはじめとした生音、それら多種多様な出音を驚異的なまでに立体的なサウンドにて収録。
よってそのレンジの広い音色、残響や音の回り込みなどは皆無のダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感と、これだけのオーディエンス・サウンド・アイテムは、まさにワン・アンド・オンリー。
そして武道館同様、”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,「ワン・オン・ワン・ツアー」に添ったフル・セットとなるライブは、結果的には全39曲のセットとなるもので、ソロからの”New”や久しぶりの”Fool On The Hill”、リアーナ、カニエ・ウエストとのコラボ作”Four Five Seconds”、そして”Eleanor Rigby”など、武道館では演奏しなかった曲は、トータル12曲となることに。
なお武道館でも披露したクオリーメン時代の”In Spite of All the Danger”は、こちらも久しぶりのセットインとなる”You Won't See Me”をはさんで”Love Me Do”へと流れたり、この日も”I Wanna Be Your Man”、アンコールでの”Sgt. Pepper's (Reprise)”など、前回の来日にはなかったサプライズも続々と。
そして驚異のボーナス・トラックには、同日のサウンドチェック・パーティの模様もハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。

本公演前のVIP限定のサウンドチェックを、こちらも極上クオリティーで収録しており、この日のみ”Matchbox”、”Things We Said Today”そして”Every Night”などが披露されたあたりは要チェック。

とにかくこの驚きの内容とクオリティーを体感すれば、後発リリース予定の豪華ボックスへの期待も膨らむばかりで、今後のリリースを待てないファン、さらにピュアなオーディエンス・サウンドを堪能したいファンなどには必携の限定コレクターズ・エディション。
なお、限定プレ・リリースのブレス3CDゆえ、リリース即完売も予想されるため、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Junior's Farm 05. Can't Buy Me Love 06. Letting Go 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It 09. I've Got a Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred and Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. We Can Work It Out 14. In Spite of All the Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. Queenie Eye 02. New 03. The Fool on the Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band on the Run 12. Back in the U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live and Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Hi, Hi, Hi 04. Birthday 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

07. Intro 08. Jam 09. Matchbox 10. Coming Up 11. Drive My Car 12. C Moon 13. Miss Ann 14. Things We Said Today 15. Every Night 16. Ram On 17. Midnight Special 18. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.37