« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月24日

日本ロック史、演劇史が激震!

fj016.jpg>J・A・シーザー / 天井棧敷音楽作品集(5CDSET初回生産限定盤)

この商品はこちらから

1967年に寺山修司により設立された劇団天井棧敷の音楽を担当、寺山と並びその後のアンダーグラウンド カルチャーに多大な影響を与え続けた、孤高の音楽家J・A・シーザー。彼が所蔵し、門外不出としていた貴重なマスターテープ音源から劇団天井棧敷の歴史的未発表音源が遂に蘇る!! 1973年2月3日と4日に渡って行われたシーザーのリサイタルを収録し、日本サイケデリックロック、ヘビーロック史に輝く永遠の名盤としていまだロングセラーを続ける「J・A・シーザーリサイタル 国境巡礼歌」(オリジナルリリース:ビクター、1973年)だが、実際は140分程のリサイタル楽曲群から相当数の楽曲を編集、抜粋し、50分強にまとめたもの。今回はその「国境巡礼歌」に収録されなかった未発表楽曲群を加え、さらには リサイタル当時の演奏順に並び替えてリサイタルの実時間そのままを再現した「国境巡礼歌完全盤」! さらには、劇団天井棧敷の演目で使用された幻の劇中歌を発掘し収録。日本ロック史、演劇史上に残る貴重な資料的作品であり、この作品で聞けるJ・A・シーザーの時代を先取りしすぎた音楽センス、その破壊力は、演劇ファンだけでなく、サイケデリックロック、ヘビーロック、プログレッシヴロックファン全てを完全に打ちのめすこと確実! 本物のJ(呪詛)ロックはここにある! 貴重な台本、絵、写真を収録した豪華ブックレットも付いた歴史的な作品。


DISC1 J・A・シーザーリサイタル(国境巡礼歌完全盤)第1部

DISC2 J・A・シーザーリサイタル(国境巡礼歌完全盤)第2部

DISC3 青少年のための無人島入門(1971年)/ピンクフロイドばりの凄まじいスケールの劇中音楽!

DISC4 走れメロス(1972年)+恐怖の音楽(1972年)

DISC5 こども狩り(1978年)


2008年03月11日

ビョーク08年来日大阪公演!

pro103cd.jpgBJORK / JAPANESE LAST VOLTA 2008 (2CDR)

この商品はこちらから

2008年ジャパンツアーより最終日となった2月25日、大阪城ホールでのライブをDATレコーディングによる臨場感溢れるハイクオリティー・オーディエンスにて完全ノーカット収録。同ツアーの東京公演も素晴らしかった中、ここ大阪での公演は「POST」ツアーより12年ぶりということで、会場もオープニング前から異常な盛り上がり。そしてこの日も『Earth Intruders』からスタートし、続けざまに『Hunter』。その後東京公演と同じ流れかと思いきや、中盤は構成やセットリストをガラリと変えたステージングを。そんな中、ビョークの圧巻的パフォーマンスは当然ながら今回のツアーはサポートメンも素晴らしく、今や彼女のステージには欠かせないマーク・ベル(LFO)によるエレクトロニクスは、今回REACTABLE、TENORI-ONといった最新機材を投入し、バンド・サウンドに大きなカラーを。さらにもう1人のエレクトロニクスを担当するメンバーやドラマーにはアルバムにも参加し、ジム・オルークの恐山でもおなじみのクリス・コンサーノ、そして地元アイスランドからはド派手な衣装に身を包んだ10人の女性ブラス・セクション隊も帯同。その後後半は、もう名曲オンパレードに会場中が熱狂。全くアレンジを変えた「Army Of Me」や「I Miss You」、そしてアルバム「Medulla」の中で最もキャッチーな「Who Is It」、そしてイントロで鳥肌の立つ「Hyperballad」、本編ラストは不穏極まりない機械的なビートとライティングがまさしくカオスな「Pluto」まで、まさに会場総立ちのスペクタクル・ショー。そしてアンコールではビョークがパンク・バンドのボーカルのように「Raise Your Flag!」と連呼してアジテーションしまくり、ストロボ・ライトのハレーションや紙吹雪が乱れ飛ぶという最後のカオス状態での大団円。そのベスト・パフォーマンスをベスト・クオリティーにて。さらにシークレット・トラックまで追加されたファン必聴の1枚!


(at Osaka-Jo Hall, Japan, 25th February 2008)

Disc One 1
01. Intro - Brennið Þið Vitar
02. Earth Intruders
03. Hunter
04. Pagan Poetry
05 .Immature
06.Undo
07. All Is Full Of Love
08. Pleasure Is All Mine
09. Hidden Place
10. Desired Constellation
11. Army Of Me
12. I Miss You
13. Who Is It
14. Vökuró

Disc Two
01. Wanderlust
02. Hyperballad
03. Pluto
-encore-
04. Band Introduction
05. Oceania
06. Declare Independence


2008年03月10日

キース・リチャーズ、ソロ映像集!

jtdv018d.jpg>
>>KEITH RICHARDS / NEEDLE AND SPOON '69-'93 (1DVDR)

この商品はこちらから

-KEEF RIFF REWINDER #1-
キースのソロ・パフォーマンスを集約した究極の映像集第1弾が、JOINTRIPより!まず本タイトルは70年代にキースがメインボーカルを取った曲のスタジオ・ヴァージョンを映像で収録したものと1988-1993年のソロワークにおける全プロモーション・クリップをコンパイル。ソロ全P.Vクリップ、さらに”HAPPY”、”YOU GOT THE SILVER”や、初ソロ作としていまだに未CD化の”THE HARDER THEY COME”と”RUN RUDOLPH RUN”など、正式PVのない楽曲はオリジナル・クリップを収録。アニタと暮らした邸宅レッドランズの映像やトロント裁判の映像、伝説のBLIND DATE'79など貴重映像のオンパレード。さらに永遠の名演”LET'S GO STEADY”(スタジオ・テイク)や、トロント逮捕拘留中の"A STONE ALONE"までも網羅。その全てを現存するベスト・クオリティー映像と、最高のステレオ音声にて65分にわたりここに。詳細なデータ表記も一見の価値有りのファン永久保存アイテム!


[ KEEF RIFF REWINDER #1 : P.V. CLIPS & STUDIO WORKS ] TAKE IT SO HARD / MAKE NO MISTAKE / WICKED AS IT SEEMS / EILEEN / * YOU GOT THE SILVER(studio ver) / * HAPPY (studio version) / * RUN RUDOLPH RUN / * THE HARDER THEY COME / J.J.F. with ARETHA FRANKLIN / * LET'S GO STEADY (studio ver) / A STONE ALONE REEL (sound only) / 60's REEL / TAKE IT SO HARD (SNL'88) / STRUGGLE (SNL'88) / HOW I WISH (Town & Country Club'92) / 999 (Town & Country Club'92) / etc 順不同 * = Jointrip Exclusive Video Clips

2008年03月06日

ビョーク08年来日公演1日目!

pro102cd.jpg>>

BJORK / JAPANESE VOLTA 2008(2CDR)

この商品はこちらから

2008年ジャパンツアーより初日となった2月19日、日本武道館でのライブをDATレコーディングによる臨場感溢れるハイクオリティー・オーディエンスにて完全ノーカット収録。03年のフジロック、05年の「LIVE 8」での来日を除けば7年ぶりの単独公演ということで、会場もオープニング前から異常な盛り上がりの中、ビョーク登場!スカート部分がレインボーカラーのド派手なミニのドレス、額にやはり極彩色のメイクで『Earth Intruders』からスタート。後方で炎が上がり、力強いビートに合わせて歌い、ステージを踏みならす。電子音に動物的な声と動き、ド派手に一曲終わったところで続けざまに『Hunter』。その後も「ヴォルタ」からのナンバーはもちろん、過去のヒットチューンも織り交ぜ終盤では感動的な『Hyperballad 』に続き本編ラストの『Pluto』まで、あっという間に。そしてアンコールではブラス隊が彼女を取り囲み演奏される『Oceania』。ラストソング、『Declare Independence』まで、まさにカンペキなショーの模様を最高のクオリティーにてここに再現。


(at Nippon Budokan ,Tokyo Japan 2008.2.19)

Disc One 01. Intro - Brennið Þið Vitar 02. Earth Intruders 03. Hunter 04. Aurora 05. All Is Full Of Love 06. Pagan Poetry 07. Unravel 08. Vertebrae By Vertebrae 09. Jóga 10. Desired Constellation 11. Army Of Me 12. I Miss You 13. Five Years

Disc Two 01. Vökuró 02. Wanderlust 03. Hyperballad 04. Pluto  -encore- 05. Oceania 06. Declare Independence

2008年03月04日

クラプトン&ウィンウッド 再度夢の競演!

ecpro025.jpg>
STEVE WINWOOD & ERIC CLAPTON / BLIND 1ST NIGHT(2CDR)

この商品はこちらから

2007年の”Crossroads Guitar Fes.”に続き再び実現した夢の共演!2008年2月25、26、28日の3日間限定でNY,MSGで行われたクラプトンとスティーヴ・ウィンウッドのジョイント・コンサートより、初日となる25日のライヴをDATレコーディングによるAランク・オーディエンスにて完全ノーカット収録。その内容や進行で満員の観客の期待の高まる中、オープニングでいきなりブラインド・フェイスの”Had To Cry Today”でスタート。そのあとも”Presence Of The Load” ”Well Alright”もプレイし、なぜか3日間通して演奏された”Forever Man”、そして中盤では各々のソロもあり終盤は”Little Wing”、”Voodoo Chile”と続き、再びB・フェイスの”Can’t Find My Way Home”もプレイ!このショーの1週間前バンドメンバー全員がリハーサルの為にロンドンに集まり、ジャムりながら、それぞれの持ちネタから演奏曲を決めたという今回のセットリストは、ほぼ2人のキャリアから半々くらいにリストアップされており、さらに3日間いずれも微妙にセットチェンジされているため、やはり全て必聴。何よりまずこの記念すべきライブの初日ゆえファンは要チェック!


Live at Madison Square Garden NY,USA Monday 25 February, 2008

Eric Clapton - guitar, vocals Steve Winwood - hammond organ, guitar, vocals Chris Stainton - keyboards Willie Weeks - bass Ian Thomas - drums


Disc One: 01 Had To Cry Today 02 Low Down 03 Forever Man 04 Them Changes 05 Sleeping In The Ground 06 Presence Of The Lord 07 Glad 08 Well Alright 09 Double Trouble 10 Pearly Queen 11 Tell The Truth


Disc Two: 01 No Face, No Name, and No Number 02 After Midnight 03 Split Decision 04 Ramblin On My Mind (EC solo acoustic) 05 Georgia On My Mind (SW solo hammond) 06 Little Wing 07 Voodoo Chile 08 Can't Find My Way Home 09 Dear Mr Fantasy -Encore- 10 Crossroads

ecpro026.jpg>>
STEVE WINWOOD & ERIC CLAPTON / BLIND 2ND NIGHT(2CDR)

この商品はこちらから

2007年の”Crossroads Guitar Fes.”に続き再び実現した夢の共演!2008年2月25、26、28日の3日間限定でNY,MSGで行われたクラプトンとスティーヴ・ウィンウッドのジョイント・コンサートより、2日目となる26日のライヴをDATレコーディングによるAランク・オーディエンスにて完全ノーカット収録。この日もB・フェイスの”Had To Cry Today”でスタート。”Presence Of The Load” ”Well Alright”もプレイし、各々のソロチューンからクリーム、トラフィック、ジミ・ヘンのカヴァーまで互いのキャリア総括と云えるセットリスト。このショーの1週間前バンドメンバー全員がリハーサルの為にロンドンに集まり、ジャムりながら、それぞれの持ちネタから演奏曲を決めたという今回のセットはほぼ固定の中、ラストナンバーが前日の”Crossroads”から”Cocaine”に代わったり、曲順も微妙にセットチェンジされているため、やはり全て必聴。何より2人のプレイが絶好調!


Live at Madison Square Garden NY, USA Tuesday 26 February, 2008

Eric Clapton - guitar, vocals Steve Winwood - organ, guitar, vocals Chris Stainton - keyboards Willie Weeks - bass Ian Thomas - drums

Disc One: 01 Had To Cry Today 02 Low Down 03 Forever Man 04 Them Changes 05 Sleeping In The Ground 06 Presence Of The Lord 07 Glad 08 Well Alright 09 Double Trouble 10 Pearly Queen 11 Tell The Truth 12 No Face, No Name, and No Number


Disc Two: 01 After Midnight 02 Split Decision 03 Ramblin On My Mind (EC solo acoustic) 04 Georgia On My Mind (SW solo hammond) 05 Little Wing 06 Voodoo Chile 07 Can't Find My Way Home 09 Cocaine -Encore- 10 Dear Mr Fantasy


2008年03月03日

アイアン・メイデン 2008年来日決定版!

im08jcd.jpg
IRON MAIDEN / SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR JAPAN '08 (3CDR)

この商品はこちらから

2008年初期、中期のみの楽曲で構成されたツアー「SOMEWHERE BACK IN TIME WORLD TOUR '08 」におけるジャパンツアーより、2月15日パシフィコ横浜、そして翌16日幕張メッセの日本公演全2公演を、いずれもブルース・ディッキンソン使用のIEM(イン・イヤー・モニター)からのサウンドボード・ソースと、フロント・ローからのDATレコーディングによるハイクオリティー・オーディエンス・ソースをマトリックスにて収録!その迫力あるサウンドと音のクリアーさは、元々あまり音の良く無いコンベンション・ホールとは思えない臨場感で、全体のバランスも文句なし。何より1stアルバム『Iron Maiden』から『Seventh Son Of A Seventh Son』までの計7枚のアルバムの中からのセットリストは往年のメタルファンには涙もので、特に人気曲“Aces High”あたりでの観客の盛り上がりのすごさは鳥肌もの。もちろんパフォーマンスもメンバー全員年齢を感じさせないエネルギッシュさで、現役バリバリをアピール。そしてバンド・サウンドはサウンドボードで、熱気に満ちた観客の様子や大合唱は最高のオーディエンスで聞けるトータル220分は必聴かつ永久保存版!

DISC1
01.DOCTOR DOCTOR(Introduction) /02.Churchill's Speech /03.ACES HIGH /04.2 MINUTES TO MIDNIGHT / 05.REVELATIONS /06.THE TROOPER /07.WASTED YEARS /08.THE NUMBER OF THE BEAST /09.CAN I PLAY WITH MADNESS? /10.RIME OF THE ANCIENT MARINER /11.POWERSLAVE /12.HEAVEN CAN WAIT /13.RUN TO THE HILLS

DISC2
01.FEAR OF THE DARK /02.IRON MAIDEN /03.GOOD BYE TO MR.DICKY BELL /04.MOONCHILD /05.THE CLAIRVOYANT /06.HALLOWED BE THY NAME
(RECORDED LIVE AT MAKUHARI MESSE HALL,CHIBA,JAPAN FEB 16,2008)

07.DOCTOR DOCTOR(Introduction) /08.Churchill's Speech /09.ACES HIGH /10.2 MINUTES TO MIDNIGHT / 11.REVELATIONS /12.THE TROOPER /13.WASTED YEARS


DISC3
01.THE NUMBER OF THE BEAST /02.CAN I PLAY WITH MADNESS? /03.RIME OF THE ANCIENT MARINER 04.POWERSLAVE /05.HEAVEN CAN WAIT /06.RUN TO THE HILLS /07.FEAR OF THE DARK /08.IRON MAIDEN 09.MOONCHILD /10.THE CLAIRVOYANT /11.HALLOWED BE THY NAME


(RECORDED LIVE AT PACIFICO YOKOHAMA ,YOKOHAMA,JAPAN FEB 15,2008)