« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月26日

メタリカまたまたプロショット・ライブ!

pro055d.jpg
METALLICA / ROCK AM RING 2008 (Collector's 2DVDR)
この商品はこちらから
2008年5月下旬よりヨーロッパ各地で開催された野外フェスに積極的に参戦する中、ポルトガルで行われた「Rock In Rio」からわずか2日後となる6月7日ドイツで行われたこちらも恒例の「Rock Am Ring」に出演した際の模様を、おなじみロックパラスト・オンエアーによる、マスター・クオリティー、プロショットにて、トータル133分コンプリート収録!5月にF1第5戦・ヨーロッパGPが開催されたニュルブルクリンク・サーキットに集まった大観衆が待ち受ける中、3日間行われた2日目のヘッドライナーとして登場!大トリでの出演は恒例となっているものの、今回もその熱狂ぶりは鳥肌もの。セットリストも2日前のポルトガルとは3曲目以降から、かなりシフトチェンジしており、そちらも要チェック。またネット流通ソースでは一部音声がモノラルが多い中、こちらはTVオンエアー・ソースゆえ、リアルステレオにて。さらに初回限定ボーナスDVD-Rとして、この1週間前の5月30日に参戦したオランダの、こちらも恒例ピンク・ポップ・フェスティヴァルでのパフォーマンスも12曲収録。現地TVオンエアー映像ゆえ完全収録ではないものの、クオリティーは最高のプロショットでメインとなるナンバーはしっかり収録。さらに6月13日テネシー州マンチェスターで行われたボナルー・ミュージック&アートフェスからも2曲プラス。こちらもWEBキャストで生放送もされた中、ネット画像とは一線を画すTVオンエアー映像よりマスター・クオリティーにて。ボーナスDVDRにおいてもトータル109分、全てカンペキなクオリティーゆえ、08年型メタリカを少しでも多く体感したい方はお早めに!

Disc One: 133mins.

1.OPENING 2.ECSTASY OF GOLD 3.CREEPING DEATH 4.FOR WHOM THE BELL TOLLS 5.RIDE THE LIGHTNING 6.HARVESTER OF SORROW 7.BLEEDING ME 8.NO REMORSE 9.DEVIL'S DANCE 10....AND JUSTICE FOR ALL 11.FADE TO BLACK 12.MASTER OF PUPPETS 13.WHIPLASH 14.NOTHING ELSE MATTERS 15.SAD BUT TRUE 16.ONE 17.ENTER SANDMAN 18.PRINCESS OF THE NIGHT 19.DIE,DIE MY DARLING 20.MOTORBREATH 21.SEEK AND DESTROY

(Rock Am Ring : at Nurburgring,Eifel,Germany 7th June,2008)

Disc Two: 109mins.

1.OPENING 2.CREEPING DEATH 3.FOR WHOM THE BELL TOLLS 4.RIDE THE LIGHTNING 5.THE MEMORY REMAINS 6.FADE TO BLACK 7.MASTER OF PUPPETS 8.WHIPLASH 9.NOTHING ELSE MATTERS 10.SAD BUT TRUE 11.ONE 12.ENTER SANDMAN 13.SEEK AND DESTROY 14.JAMES HETFIELD INTERVIEW

(Pink Pop Festival : at Megaland,Landgraaf,Holland 30th May,2008)

15..SAD BUT TRUE 16.ONE

(Bonnaroo Music&Art Festival : at Manchester,Tennessee,USA 13th June,2008)

2008年06月24日

ポール・マッカートニー、最新ウクライナ・ライブ!

pro057d.jpg
PAUL McCARTNEY / INDEPENDENCE CONCERT 2008(1DVDR)
この商品はこちらから

ウクライナの富豪ヴィクトル・ピンチュークの財団「Victor Pinchuk Foundation」より要請を受けて2008年6月14日、ウクライナの首都キエフにある独立中央広場(Independence Square)の特設会場で、「Independence Concert(独立コンサート)」と名付けられたフリー・コンサートを開催。その歴史的と言えるライブの模様を、ネット流通とは一線を画す国内オンエアー・マスター映像より、2時間20分に渡り全33曲をコンプリート収録。このメイン会場となったIndependence Squareには、前ウクライナ大統領レオニード・クチマ、現グルジア大統領ミヘイル・サーカシヴィリらの姿もあり、独立国家となってからの一大ロック・イベントということもあり何と35万人を動員。その大観衆の熱狂ぶりもすさまじい中、悪天候にもかかわらず素晴らしいショーを披露。そしてセットリストもこの2週間前に行われたリバプール・ライブとほぼ同じ構成ながら、レアな「Mrs. Vanderbilt」、そしてプレイ前に”And now a little bit of history”(今、まさに歴史の瞬間だ。)と述べ、広場を大合唱の渦に巻き込んだ「Back In The USSR」などは最大の聞きどころ。まさに歴史的伝説の一夜となった感動のパフォーマンスをここに完全再現した必見マスト・アイテム!


1.Introduction 2.Drive My Car 3.Jet 4.All My Loving 5.Only Mama Knows 6.Flaming Pie 7.Got To Get You Into My Life 8.Let Me Roll It 9.C Moon 10.My Love 11.Let 'Em In 12.The Long And Winding Road 13.Dance Tonight 14.Blackbird 15.Calico Skies 16.I'll Follow The Sun 17.Mrs. Vanderbilt 18.Eleanor Rigby 19.Something 20.Good Day Sunshine 21.Penny Lane 22.Band On The Run 23.Birthday 24.Back In The USSR 25.I've Got A Feeling 26.Live And Let Die 27.Let It Be 28.Hey Jude 29.A Day In The Life 30.Give Peace A Chance 31.Lady Madonna 32.Get Back 33.I Saw Her Standing There 34.Yesterday 35.Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band 36.Finale
◆at Independence Square, Kiev, Ukraine, 14th June 2008


2008年06月23日

レディオヘッド、最新サウンドボード・ライブ!

pjz051c.jpg
RADIOHEAD / DAYDREAM FROM THE BASEMENT (1CDR+1DVDR)

この商品はこちらから

2008年ユーロツアーの一環として参加した6月12日スペイン・バルセロナで開催された「デイドリーム・フェスティバル」にメインアクトとして出演した際の模様を、ネット流通とは一線を画す、放送用マスター・ソースより、オフィシャル・クオリティー、ステレオ・サウンドボードにて収録。当日全24曲演奏した中の9曲のみでコンプリートではないものの、”In Rainbows”からのナンバーと過去の代表チューンをバランス良く収録。何より一大イベントの大トリということで、まるでサッカー観戦かのような異常な盛り上がりの中、クールに演奏するメンバーのプレイとトムの穏やかなヴォーカルが印象的。さらに初回限定ボーナス特典として08年5月3日ロンドン、おなじみのマイダ・ヴェイル・スタジオで行われたスタジオ・ライブ”From The Basement”を放送用マスターより9曲収録。高ビットレートの超クリアーな映像と無圧縮のLPCMステレオの音声はまさにオフィシャル・クオリティー。そのうえ、4月3日BBC-1でオンエアーされた”Friday Night With Jonathan Ross”よりこちらもスタジオ・ライブ2曲をオンエアー映像より。映像DVD-Rにおいてもトータル49分、カンペキなクオリティーで収録されているので、ボーナス希望の方はお早めに!

CDR:
01:Bodysnatchers 02:Nude 03:Arpeggi 04:Faust Arp 05:Videotape 06:Reckoner 07:Jigsaw Falling Into Place 08:House of Cards 09:Bangers & Mash

(Soundboard Live At Parc del Forum, Daydream Festival, Barcelona, Spain 06.12.2008)

DVDR: totaltime 49mins

◆"From The Basement", Maida Vale Studios, London (on 3th May 2008) 1 Bodysnatchers 2 Nude 3 Myxomatosis 4 Weird Fishes / Arpeggi 5 House Of Cards 6 15 Step 7 Optimistic 8 Reckoner 9 Where I End And You

◆FRIDAY NIGHT WITH JONATHAN ROSS 2008
10 Nude
11 15 Step (partial)

(Live At BBC Television Centre, London, UK April 3rd 2008)

2008年06月21日

復活マイブラの最新ライブ!

nm028cd.jpg
MY BLOODY VALENTINE / REUNION NIGHT (2CDR)
この商品はこちらから

2008年ついに復活を遂げたUKツアーより、記念すべき初日となる6月13日ロンドンでのコンサートを、クリアーかつバランスも最高のオーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。16年ぶりのライブということで会場も異常な興奮の中、ついにショーは「Only shallow 」で歓喜のスタート。そしてそのあとも、「You never should 」「Honey power」「Soon」などのファースト、セカンドからの名曲を再演。そして恍惚と化したホール全体を最後にブラックホールに叩きこんだのは、ラスト「You made me realise」での20分を超た爆音ノイズ!遂に伝説復活といえる記念すべきパフォーマンスを最高のクオリティーで!

(Institute of Contemporary Arts London, UK, June 13, 2008)

Disc 1: 01 intro 1:27/02 Only shallow 3:48/03 You never should 3:56/04 Honey power 3:06/05 I only said 6:22/06 Cigarette in your bed (false start) 0:45/07 Cigarette in your bed 4:00/08 Thorn 4:09/09 Nothing much to lose 3:50/10 To here knows when 6:43/11 When you sleep 4:22/12 Slow 4:13/13 Blown a wish 4:03/14 Soon 7:42/15 Feed me with your kiss 4:10
Disc 2: 16 Sueisfine 3:15/17 You made me realise 24:11

Kevin Shields - guitar, vocals/Colm O'Ciosoig - drums/Bilinda Butcher - guitar, vocals/Debbie Googe - bass

2008年06月19日

リンキン08年マドリッド・ライブ!

pro309cd.jpg
LINKIN PARK / ROCK IN RIO MADRID 2008 (1CDR)
この商品はこちらから

2008年、一大フェス「Rock In Rio」において6月7日のスペイン、マドリッド公演の模様を、ネット流通とは一線を画す、FMオンエアー・ソースよりマスター・クオリティー、ステレオ・サウンドボードにてコンプリート収録!前年リリースされたアルバム「ミニッツ・トゥ・ミッドナイト」からのナンバーをメインに、3枚のアルバムからまさにベスト・オブ・リンキンと云えるセットリストとパフォーマンスを披露。特に屋外ステージということで、ヘヴィ・ロックの中にヒップ・ホップやエレクトロニックの要素を取り込んだストリート色の強いノリノリ・サウンドに集まった大観衆も大熱狂。また前日のリスボン公演とはセットリストや曲アレンジにも変化があり、常に状況に合わせてスタイルを変える姿勢はさすが。
Madrid, La Cubierta de Leganes, Madrid, Spain, 7th June 2008

1. No More Sorrow 2. Lying From You 3. Somewhere I Belong 4. Wake 2.0 5. Given Up 6. Papercut 7. Points Of Authority 8. In Pieces 9. Numb 10. Pushing Me Away 11. Breaking The Habit 12. Shadow Of The Day 13. Crawling 14. Leave Out All The Rest 15. What I've Done 16. In The End 17. Bleed It Out 18. Cure For The Itch 19. A Place For My Head 20. Faint 21. One Step Closer


2008年06月17日

ビートルズの1966年武道館ライブ映像の決定版!!

mistb66d.jpg
THE BEATLES / LIVE IN JAPAN 1966 MEMORIAL(2DVD)
この商品はこちらから

misterclaudelレーベルより1966年日本武道館公演のまさに決定版と呼ぶに相応しい内容とクオリティーで、プレスDVD2枚に渡って収録。ライヴ・クロニクル・シリーズの名に恥じない、まさに決定版と呼ぶに相応しいアイテム。

まずディスク1は6月30日のコンサートで、映像が3バージョン、音声も3バージョン収録。本作の特長は、それぞれ組み合わせを選択して再生出来るため、3×3=9通りのバージョンが楽しめるという画期的なもの。そしてディスク2は7月1日のコンサートで、こちらは映像が2バージョン、音声が2バージョンの収録。こちらも2×2=4通りのバージョンがあり。そしてボーナス映像となるドキュメンタリー部分も、画質大幅アップはもちろん、コレクターズ・アイテムとしては初収録となる映像もあり。
過去多くのコレクターズ・アイテムとしてリリースされている中、決定盤としてのライヴ・クロニクル・シリーズDVD。そのクオリティーの差は、今までのリリースでも証明済み。永久保存プレス盤2枚組で日本語帯付。

2008年06月16日

ストーンズDACレーベル新タイトル!

dac082.jpg

ROLLING STONES / I THINK IT'S GONNA RAIN AGAIN TONIGHT(2CD)
この商品はこちらから

1973年冬の豪州ツアーより2月20日と21日の両日に渡って行われたオーストラリア、アデレードでの公演を収録。両日ともに屋外のテニス場にて行われたライブで、両公演とも前年の全米ツアーやこの後のユーロツアーとはまた雰囲気の異なるカラッとした空気の伝わってくる音源。まずDisc:1の20日の方はVGP盤「EAT MEAT ON STAGE」のDISC:2に収録されていた音源で、今回も同音源ながら、ロー・ジェネレーション・マスターの使用とDOCならではのデジタル・リマスタリングを施すことで、過去盤よりもヒスノイズの少ないクオリティーUPを実現。そしてDisc:2の21日においては、プレス盤としては初リリースで、前日がややスローダウンした演奏だったのに比べると、全編ノリの良いスピード感溢れたプレイを披露しており、これぞテイラー期と云えるパフォーマンスがここに。また20日のチャック・ベリー・ナンバーが「BYE BYE JOHNNY」で21日は「LITTLE QUEENIE」と日替わりでファン・サービスしているところも要チェック。 両公演とも1973年当時の水準でいけば、上々のオーディエンス・レコーディングと云える新たなDOCレーベルのマスト・アイテム。

DISC-1
(MEMORIAL DRIVE PARK, ADELAIDE,AUSTRALIA, FEBRUARY 20, 1973)

1. BROWN SUGAR2. BITCH3. ROCKS OFF4. GIMME SHELTER5. HAPPY6. TUMBLING DICE7. LOVE IN VAIN8. SWEET VIRGINIA9. YOU CAN'T ALWAYS GET WHAT YOU WANT10. HONKY TONK WOMEN11. ALL DOWN THE LINE12. MIDNIGHT RAMBLER13. BYE BYE JOHNNY14. JUMPING JACK FLASH15. STREET FIGHTING MAN
DISC-2
(MEMORIAL DRIVE PARK, ADELAIDE,AUSTRALIA, FEBRUARY 21, 1973)

1. BROWN SUGAR2. BITCH3. ROCKS OFF4. GIMME SHELTER5. HAPPY6. TUMBLING DICE7. SWEET VIRGINIA8. YOU CAN'T ALWAYS GET WHAT YOU WANT9. HONKY TONK WOMEN10. ALL DOWN THE LINE11. MIDNIGHT RAMBLER12. LITTLE QUEENIE13. JUMPIN

2008年06月15日

リンキン・パーク 「ロック・イン・リオ'08」ライブ映像!

pro052dvd.jpg
LINKIN PARK / ROCK IN RIO 2008 (1DVDR )
この商品はこちらから

2008年、2年ぶりにリスボンで開催となった恒例の一大フェス「Rock In Rio」において最終日となる6月6日のトリを飾った2時間に及ぶ圧巻のステージを、ネット流通とは一線を画す、ブロードキャスト・ソースよりマスター・クオリティー、プロショットにてほほコンプリート収録!5日間にわたり市内のベラ・ヴィスタ公園にて各特設ステージを設け、日々12時間以上のパフォーマンスが繰り広げられた中、最終日一番盛り上がったのはやはり彼ら。前年リリースされたアルバム「ミニッツ・トゥ・ミッドナイト」からのナンバーをメインに、3枚のアルバムからまさにベスト・オブ・リンキンと云えるセットリストとパフォーマンスを披露。特に屋外ステージということで、ヘヴィ・ロックの中にヒップ・ホップやエレクトロニックの要素を取り込んだストリート色の強いノリノリ・サウンドに集まった大観衆も大熱狂。トータル94分、08年ライブ・パフォーマンスの決定版アイテム!

01. Intro/02. What I've Done/03. Faint/04. No More Sorrow/05. Give Up/06. Lying From You/07. Don't Say/08. In Pieces/09. Somewhere I Belong/10. Points 11. Leave Out All The Rest/12. Numb/13. Shadow of the Day/14. Valentine's Day/15. Crawling/16. In The End/17. Bleed It Out/18. Pushing Me Away/ 19. Breaking The Habit/20. A Place For My Head/21. One Step Closer

(Live At Rock In Rio, Parque da Bela Vista, Lisboa, Portugal JUNE 6th 2008/94min.)

2008年06月14日

メタリカ「ロック・イン・リオ '08」ライブ映像!

pro051dvd.jpg
METALLICA / ROCK IN RIO 2008 (1DVDR )
この商品はこちらから
2008年、2年ぶりにリスボンで開催となった恒例の一大フェス「Rock In Rio」において4日目となる6月5日のトリを飾った2時間に及ぶ圧巻のステージを、MTVブロードキャスト・ソースよりマスター・クオリティー、プロショットにてコンプリート収録!2年前に続いてこのリスボンの地に登場、そのパフォーマンスのすごさと観客の盛り上がり方は今回のフェスの中でもトップクラスで、特に”Creeping Death”や”Master Of Puppets”あたりでの演奏やオーディエンスのノリは野外フェスならではのすさまじさ。そして新曲ナシのまさにベスト・オブ・メタリカと云えるセットリストもフェスならではで、この後に控えるオズフェストを含む各地でのフェス、そして同年秋にリリース予定のアルバムとそれに伴う本格的なツアーなど、全てにおいて期待が膨らむ現在進行形のメタリカがここに。尚、画・音質クオリティーもネット流通とは一線を画すマスター・クオリティーで特に音声はデジタル・リマスタリングによりリアル感バツグン!08年ライブ映像の決定版!

1.The Ecstacy Of Gold 2.Creeping Death 3.Fuel 4.Whereever I May Roam 5.Harvester Of Sorrow 6.Bleeding Me 7.King Nothing 8.No Remorse 9.Devil's Dance 10.(Welcome Home) Sanitarium 11.Master Of Puppets 12.Damage Inc. 13.Nothing Else Matters 14.Sad But True 15.One 16.Enter Sandman 17.Last Caress 18.So What? 19.Seek and Destroy 20.ending
(Rock In Rio, Parque da Bela Vista, Lisboa, Portugal, 5th June 2008)


2008年06月13日

ボン・ジョヴィ、08年ロック・イン・リオのライブ映像!

pro050dvd.jpg
BON JOVI / ROCK IN RIO 2008 (1DVDR )
この商品はこちらから

2008年、2年ぶりにリスボンで開催となった恒例の一大フェス「Rock In Rio」において2日目となる5月31日のトリを飾った2時間に及ぶ圧巻のステージを、ネット流通とは一線を画す、ブロードキャスト・ソースよりマスター・クオリティー、プロショットにてほぼコンプリート収録!5日間にわたり市内のベラ・ヴィスタ公園にて各特設ステージを設け、日々12時間以上のパフォーマンスが繰り広げられた中、観客動員や盛り上がりはやはりこの日が最高で、ジョンをはじめメンバー全員も野外フェスのリラックスした雰囲気で楽しげにプレイする姿が印象的。そしてオープニングの”Lost Highway”だけがオンエアーの際にカットされたため、未収録以外はエンディングまでフル収録。また通常のセットより数曲少ないイベント・ライブ用のセットゆえ、今回のツアーのようなレア・ナンバー等は無いものの、まさにベスト・セレクト・チューンで、合間にはストーンズの”Start Me Up”をはさんだりも。またWEB等で流出している映像がモノラル音声が多い中、こちらはTVオンエアー・マスターからのリアル・ステレオにて。08年ライブ映像の決定版!


1.OPENING 2.BORN TO BE MY BABY 3.YOU GIVE LOVE A BAD NAME 4.RAISE YOUR HANDS 5.RUNAWAY 6.I'LL SLEEP WHEN I'M DEAD /.MERCY / START ME UP 7.WHOLE LOT OF LEAVIN' 8.IN THESE ARMS 9.ALWAYS 10.WE GOT IT GOIN' ON 11.IT'S MY LIFE 12.KEEP THE FAITH 13.I'LL BE THERE FOR YOU 14.BLAZE OF GLORY 15.WHO SAYS YOU CAN'T GO HOME 16.HAVE A NICE DAY 17.BAD MEDICINE /.SHOUT 18.LIVIN' ON A PRAYER 19.SOMEDAY I'LL BE SATURDAY NIGHT 20.WANTED DEAD OR ALIVE
(Live at Parque da Bela Vista,Lisbon,Portugal 31 May,2008/122min.)


2008年06月08日

ポール・マッカートニー08年最新ライブ映像!

bf007dv.jpg
PAUL McCARTNEY / PLAYS LIVERPOOL SOUND 2008(Collector's 1DVDR)
この商品はこちらから

2008年6月1日故郷リバプールで行われた歴史的イベント”リバプール・サウンド・コンサート2008”をBBC-TVがオンエアーしたプロショット・マスターよりオフィシャル・クオリティーにて収録。実際演奏された全27曲から「ペニー・レイン」等数曲が放送の段階でカットされてはいるものの、初期ビートルズのレパートリー、「ヒッピー・ヒッピー・シェイク」のオープニングからフー・ファイターズのデイブ・グロールがゲスト出演する「バンド・オン・ザ・ラン」「バック・イン・ザ・USSR」、さらにはマンドリン伴奏による「サムシング」、そしてライブでは初披露となる「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」からジョンに捧げられた「平和を我等に」のメドレーなど、素晴らしい野外イベント・ライブ全19曲をマスター・クオリティーで!さらにボーナスとして同年2月20日ロンドン、アールズ・コートで行われた「ブリット・アワーズ」に出演した際のライブ映像も5曲プラス。トータル110分、2008年ポールの決定版ライブ映像を最高のクオリティーで!


The Liverpool Sound 2008.6.1:

1. Introduction by Peter Kay/2. Hippy Hippy Shake/3. Jet/4. Drive My Car/5. Got To Get You Into My Life/6. My Love/7. The Long And Winding Road/8. Dance Tonight/9. Blackbird/10. Eleanor Rigby/11. Something/12. Band On The Run*/13. Back In The USSR*/14. Live And Let Die/15. Let It Be/16. Hey Jude/17. Yesterday/18. A Day In The Life/19. Give Peace A Chance/20. I Saw Her Standing There*

(Live at Anfield Stadium,Liverpool, UK 1st June,2008/ *with Dave Grohl)

BRITS Awards 2008.2.20:

1. Introduction by Ozzy & Sharon/2. Pesentation/3. Dance Tonight/4. Live And Let Die/5. Hey Jude/6. Lady Madonna/7. Get Back

(Live at Exhibition Centre,Earls Court,London,UK 20th February,2008)


2008年06月05日

リユニオンVan Halen、最新ライブ!

pro194c.jpg
VAN HALEN / REUNION HERSHEY’S NIGHT (Collector's 2CDR)
この商品はこちらから

エディのアクシデントで順延となっていた2008年の再開全米ツアーより、セカンドレグ5月18日、ハーシー、ジャイアント・センター公演を、ネット流通とは別マスターによる超クリアー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。これまで定番セットで通してきた中で、終盤で”Little Guitars”がセット落ちしたものの、演奏やバンド・アンサンブルは完全に確立され、デイヴのヴォーカルも絶好調。そして何よりフロント・ローiwDATレコーディングされたクオリティーは、バランス、クリアーさ、全てにおいてカンペキで、分離感もヘタな直結ライン音源より遥かに素晴らしく、クオリティーだけなら間違いなく07/08ツアーのベストと言える必聴アイテム!
Disc 1/1. You Really Got Me 2. I'm The One 3. Runnin With The Devil 4. Romeo Delight 5. Somebody Get Me a Doctor 6. Beautiful Girls 7. Dance The Night Away 8. Atomic Punk 9. Everybody Wants Some! 10. So This Is Love? 11. Mean Street 12. (Oh) Pretty Woman 13. Drum Solo
Disc 2/1. Unchained 2. I'll Wait 3. And the Cradle Will Rock 4. Hot For Teacher 5. Little Dreamer 6. Jamie's Cryin 7. Ice Cream Man 8. Panama 9. Eddie Guitar Solo 10. Ain't Talkin Bout Love – encore- 11. 1984 12. Jump

(Recorded at Giant Center, Hershey, PA, USA 18th May 2008)

David Lee Roth - Vocal /Eddie Van Halen - Guitar /Alex Van Halen - Drums /Wolfgang Van Halen - Bass

2008年06月04日

ベイエリア・ファンク健在!タワー・オブ・タワー来日ライブ!

wild007c.jpg
TOWER OF POWER / IT’S SATURDAY NIGHT! (2CDR)
この商品はこちらから


活動40周年の節目の年となった2008年の来日ツアーより、5月24日の東京公演を1st、2ndセットともにDATオーディエンス・レコーディングによる高音質クオリティーにて完全コンプリート収録。今回の来日公演では、バンド結成以来40年の長きに亘り活動してきたエミリオ&ドクのTOPホーンズ2枚看板、そしてボトムを支える唯一無二のガリバルディ&ロッココンビというバンド中枢4人に加え、珠玉のハモンドソロを聴かせてくれるロジャー、バンドに躍動感溢れる生命力をもたらすトム、マイク、アドルフォ3人の若きホーンセクション、コンテの後任として期待に違わぬパフォーマンスを見せるビリー、そして往年のレニー・ウィリアムズを彷彿とさせるラリーという強力無比な10人編成によるショーを披露。その毎度恒例のノンストップ・ファンク・ショーは、タイトかつパワフルなものであり、節目の年を祝してのステージは新旧の楽曲を網羅したベスト・ライブ!


◆Live in Tokyo, 24th May 2008

(DISC 1) -1st set- 01.opening 02.We Came To Play 03.And You Know It 04.(To Say The Least) You're The Most 05.How Could This Happen To Me 06.Can't Stand To See Her Slaughter 07.It's Not The Crime 08.Time Will Tell 09.Ain't Nothin' Stoppin' Us Now 10.You Ought To Be Havin' Fun 11.Get Yo' Feet Back On The Ground 12.band introduction 13.Diggin' On James Brown 14.What Is Hip? (incl. Soul Power) encore; 15.Knock Yourself Out (incl. I Thank You)

(DISC 2) -2nd set- 01.opening 02.Stroke '75 03.Soul With A Capital "S" 04.You Strike My Main Nerve 05.Just Enough And Too Much 06.This Time It's Real 07.Clean Slate 08.As Surely As I Stand Here 09.Can't You See (You Doin' Me Wrong) 10.Only So Much Oil In The Ground 11.band introduction 12.So Very Hard To Go 13.Down To The Night Club 14.What Is Hip? (incl. Soul Power) encore; 15.You're Still A Young Man
◇Personnel; Emilio Castillo (tenor saxophone, vocal), Stephen "Doc" Kupka (baritone saxophone), Larry Braggs (vocal), Tom Politzer (tenor saxophone), "Iron" Mike Bogart (trumpet, flugelhorn), Adolfo Acosta (trumpet, flugelhorn), Roger Smith (keyboards), Mark Harper (guitar), Francis Rocco Prestia (bass), & David Garibaldi (drums)