« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009年08月26日

携帯サイト近日オープン!

こんにちは、Joe's Garageです。まずは残暑お見舞い申し上げます。
ここ数日でめっきり朝晩涼しくなり少し過ごしやすくなった気がします。

ところで以前よりご要望の多かった携帯サイトの方ですが、
9月中には開設にこぎつけるべく、今最後の追い込み作業中です。
従来よりさらにお手軽に当方のアイテムをご覧いただけるかと思います。
もちろん現状のウェブ・サイトも継続してさらに充実させていきます。
また正式に開設いたしましたら、ご案内させていただきます。

尚、ここ最近またジャズ関連のおすすめアイテムが順次入荷しています。
マイルスやパット・メセニー、さらにはECM関連のレア音源が充実しています。
これらのアイテムはこちらから

また来月のオフィシャル盤一斉リリースに先がけて、ビートルズ関連も
各種入荷中。特にポールの最新ツアー・アイテムは連日新タイトルが
入ってきています。
これらのアイテムはこちらから

まだ残暑のきびしい日も続くでしょうが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


2009年08月17日

ポール・マッカートニー09年ライブ映像決定版!

now09711d.jpg
◆PAUL McCARTNEY / HALIFAX COMMONS CONCERT 2009 (2DVDR) この商品はこちらから

2009年夏のUSツアー初日となる7月11日カナダ・ハリファクス公演の模様を、ペイパー・ビュー・TVオンエアーからのカンペキなプロショットにて収録。各種同映像が流出している中、本タイトルはハイビジョンTV映像のクオリティーそのままにダイレクトDVD化したもので、16:9ワイド・スクリーンとドルビー・デジタル/5.1サラウンド・サウンドによる、まさにオフィシャル同様の高画質・高音質アイテム。内容も”Drive My Car”から始まり、今回のツアーからセットインされた”Day Tripper”などのビートルズ・ナンバーやソロ、ウィングス、そしてファイアーマンのナンバーまでキャリア総括のベスト・ライブ。そしてこれまでもカナダでは必ず演奏している”Mull Of Kintyre”ももちろん収録されており、この後の”I Saw Her Standing There”だけが未収録以外は、153分にわたり記念すべき初日公演をカンペキなクオリティーでここに再現。さらにボーナス映像として同年”デヴィッド・レターマン”でのインタビューと、話題となったルーフトップ・コンサートをTVオンエアー・バージョンより収録。そのうえハリファックス公演でのサウンドチェックの模様も収録した本ツアー映像の決定版と云えるトータル185分。


DVD ONE:01. Opening/02. Drive My Car/03. Jet/04. Only Mama Knows/05. Flaming Pie/06. Got To Get You Into My Life/07. Let Me Roll It/08. Foxy Lady Jam/09. Highway/10. All My Loving/11. Long And Winding Road/12. My Love/13. Blackbird/14. Here Today/15. Dance Tonight/16. Calico Skies/17. Mrs.Vanderbilt/18. Eleanor Rigby/19. Sing The Changes/20. Band On The Run/21. Back In The USSR

DVD TWO:01. Something/02. I've Got A Feeling/03. Paperback Writer/04. A Day In The Life / Give Peace A Chance/05. Let It Be/06. Live And Let Die/07. Hey Jude/08. Day Tripper/09. Lady Madonna/10. Mull of Kintyre/11. Yesterday/12. Helter Skelter/13. Get Back/14. Sgt.Pepper's (reprise) / The End
[Live At Halifax Commons, Halifax, Nova Scotia, Canada July 11th 2009]
EXTRA VIDEO:
[LATE SHOW WITH DAVID LETTERMAN 2009]
15. Interview/16. Get Back/17. Sing The Changes
[HALIFAX EXTRA]
18. Message From Paul/19. Halifax Soundcheck (inc.Honey Hush)/20. Tour Rehearsals - Band On The Run


2009年08月11日

マイルス1973年の映像&音源の決定版!

hann007.jpg
◆ MILES DAVIS / LES PRELUDE (プレス 1CD+1DVD) この商品はこちらから

1973年ユーロ・ツアーより11月3日のオーストリア、ウィーン公演のサウンドボード音源と、11月1日ドイツ、ベルリン公演のプロショット映像を、ベスト・クオリティーによるプレスCD&DVDにてカップリング収録。まずCD(11/3オーストリア・ウィーン公演)では、近年の再放送に用いられたサウンドボード・マスターにリマスタリングを施しており、オリジナルのマスターではモノラル収録であったこの公演を、立体感溢れる素晴しい音質へと再生。演奏に関しても今さら説明不要といえる素晴らしさで、特にこの日は'73年ユーロ・ツアーの中でも、かなり殺気的なライヴを展開。マイルスのキレっぷりは勿論、リーブマンに続きコージーまでもがバシャバシャ音の向こうで超過激なソロを展開。伝説のジャパン・ツアーより5ヶ月後、この過激さが来るべきアガパン・バンドへと移行する、一種病的な匂いをまき散らした極限ライブがここに!そしてDVD(11/1ドイツ・ベルリン公演)においても、やはり近年の再放送に用いられたプロショット・マスターを使用。この再放送マスターは30分のみの収録という不完全なものであったため、欠落している後半の20分弱を旧ソースのプロショット・マスターで補完しており最高の仕上がりに。演奏は、バンドの一体感が益々タイトになったせいか、異常な殺気に満ちたステージが音を通してひしひしと伝導。その完全カオス状態が飽和するのは、オープニングのアナウンスに導かれ"Turnaroundphrase"で徐々にボルテージを上げ、"Ife"が鳴り出した瞬間からメンバー一丸となったJB&スライ直結の大グルーブ大会で!特にすっかりバンドに馴染んだコージーがここにきてハチャメチャぶりを発揮、それに増長されるかのようにリーブマン、レジーのソロもキレキレで、勿論マイルスも完全にイキまくり!この過激さこそが来るべきアガパン・バンドへと移行することになる、病的な匂いをまき散らした異様なライヴがここに。

[CD/◆Stadthalle, Vienna, Austria 3rd November 1973 (stereo soundboard recording / 2009 digitally remastered]
1. Turnaroundphrase 2. Tune In 5 3. Ife 4. Right Off 5. Prelude 6. Calypso Frelimo
[DVD/◆Philharmonie, Berlin, Germany 1st November 1973 (46min. Pro-shot / digitally remastered)
1. Turnaroundphrase 2. Tune In 5 3. Ife 4. Untitled Tune 5. Tune In 5

◇personnel; Miles Davis (tp, org), Dave Liebman (ss, ts, fl), Pete Cosey (elg, per), Reggie Lucas (elg), Michael Henderson (elb), Al Foster (ds), & Mtume (per)


2009年08月08日

オアシス FUJI ROCK 2009!

com008c.jpg
◆ OASIS / FUJI ROCK FESTIVAL 2009 (2CDR) この商品はこちらから

2009年3月の単独来日に続き、同年「Fuji Rock Festival」出演のため、再来日。そのフェス初日となる7月24日グリーン・ステージでヘッドライナーとして登場したパフォーマンスを、野外と思えないハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。当日はあいにくの降りしきる雨の中、それでもメンバーが登場すると待ちわびたファンからは弩号の歓声が。そして序盤は3月の来日時と同じ進行かと思いきや、6曲目でまず日本では久しぶりとなった”Roll With It”を披露。そして中盤以降から、”My Big Mouth”そして”Half The World Away”も3月のツアーでは未プレイ・ナンバー、そして極め付けは終盤でこちらも久しぶりのプレイとなった”Live Forever”ではこの夜一番の歓声が。悪天候を吹き飛ばす熱のこもったパフォーマンスを、臨場感バツグンのバランスも良好な録音で90分にわたり収録したメモリアル・アイテム。

01. Fuckin’ In The Bushes
02. Rock N Roll Star
03. Lyla
04. Shock Of The Lightning
05. Cigarettes And Alcohol
06. Roll With It
07. Waiting For The Rapture
08. The Masterplan
09. Songbird
10. Slide Away
11. Morning Glory
12. My Big Mouth
13. Half The World Away
14. I’m Outta Time
15. Wonderwall
16. Supersonic
17. Live Forever
18. Don’t Look Back In Anger
19. Champagne Supernova
20. I Am The Walrus
[Live At Naeba Ski Resort -Green Stage- , Nigata , Japan July 24th 2009]


2009年08月03日

サイモン&ガーファンクル、来日公演の映像も入荷!

JT9004d.jpg>◆ SIMON & GARFUNKEL / A BUDOKAN MEETING 2009 (3DVDR) この商品はこちらから

16年ぶりの来日であり、公演前に今回の来日公演が2人にとっての最後のツアーになることを示唆した2009年ジャパン・ツアーより、東京ドーム初日となる7月10日公演、及び東京公演3日目であり、唯一のアリーナ・ライブとなった7月15日武道館追加公演を、いずれも高画質デジタル・カメラ使用によるマスター・クオリティー、オーディエンス・ショットにて収録。いずれも携帯等のモバイル映像ではなく、フロント・ローからの安定アングルによるもので、その画・音質の素晴らしさは驚異的。まずDisc:1&2には15日武道館公演を、開演前のアナウンスから終演のアナウンスに至るまで145分にわたり収録。2曲ほどが画像未収録で音声のみではあるものの、ほぼ全編をカンペキに収めており、さらに特筆すべきはこちら武道館の映像は2台のデジタル・カメラを駆使し編集も施されたもので、しかも全曲ではないものの、オリジナル対訳字幕歌詞まで付けられた、まさに究極の映像アイテム。そしてDisc:3には10日の東京ドーム初日公演を、こちらもワンカメラながらクリアーな音声と映像でほぼコンプリート収録!その歴史的な一夜に35,000人以上のファンがつめかけたコンサートは、まさに至宝の名曲の数々で、透明感溢れるメロディとそのアコーステックギターの響き、そして何といっても抜群に美しい2人のハーモニーが会場全体を包んだ素晴らしいものに。その感動の2夜を来日関連としては決定版と云える内容とクオリティーでここに。

[DISC-1/2 ; LIVE AT BUDOKAN, TOKYO JULY 15 2009 / 2-CAMERA MIX + STEREO AUDIENCE RECORDING SOUND]
Opening - Venue - Video Interlude / America Intro / Old Friends (Bookends
Theme)/A Hazy Shade Of Winter / I Am A Rock / America / Kathy's Song / Hey Schoolgirl / Be-Bop-A-Lula /Scarborough Fair - Canticle / Homeward Bound / Video Interlude*sound:The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)/
Mrs. Robinson - Not Fade Away / Slip Slidin' Away / El Condor Pasa (If I
Could) /*Art Garfunkel set; Bright Eyes / A Heart In New York / Perfect Moment-Now I Lay Me Down To Sleep /
*Paul Simon set; The Boy In The Bubble / Graceland / Still Crazy After All
These Years /The Only Living Boy In New York / My Little Town / Bridge Over Troubled Water / encore #1 The Sound Of Silence / The Boxer e
encore #2 Leaves That Are Green / Cecilia - Band introduction -
Cecilia
[DISC-3 ; LIVE AT TOKYO DOME, TOKYO JULY 10 2009]
Opening - Venue - Video Interlude / America Intro / Old Friends (Bookends
Theme) /A Hazy Shade Of Winter / I Am A Rock / America / Kathy's Song / Hey Schoolgirl / Be-Bop-A-Lula / Scarborough Fair - Canticle / Homeward Bound Video Interlude*sound:The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)/
Mrs. Robinson -Not Fade Away / Slip Slidin' Away / El Condor Pasa (If I
Could) / *Art Garfunkel set; Bright Eyes / A Heart In New York / Perfect Moment - Now I Lay Me Down To Sleep /
*Paul Simon set; The Boy In The Bubble / Diamonds On The Soles Of Her Shoes / Still Crazy After All These Years /The Only Living Boy In New York / My Little Town / Bridge Over Troubled Water /encore #1 The Sound Of Silence / The Boxer / encore #2 Leaves That Are Green / Cecilia - Band introduction - /Cecilia


2009年08月02日

ジャズ・ファン必携の70年代来日音源!

coj003m.jpg
◆ BILL EVANS / LIVE IN OSAKA 1978 (2CDR) この商品はこちらから

1978年来日公演から9月13日大阪厚生年金会館での、第一部・第二部2回公演を、共に司会者のメンバー紹介から、過去流出していない新発掘されたオーディエンス・マスター・テープよりダイレクト収録。とにかく当時のオーディエンス録音とは信じ難いほどのクオリティーで、音質のクリアーさ、各パートのバランスや分離感・臨場感・迫力、どれをとっても素晴しいの一言。エヴァンスの類い希なる繊細なタッチも見事なまでに聴きとることができ、奥深いプレイの数々に酔いしれてしまう好演がここに。永遠にファンの心をとらえ、色褪せる事のない輝きを放ち続ける偉大なるピアニストの貴重な未発表ライブをこのクオリティーで聴く事が出来るのはファンとしては嬉しい限り。

 尚、同時期に来日公演を行っている、アート・ペッパー、ズート・シムスらのライブ音源も
同時入荷しています。詳細は同ページより。