« 2010年03月 | メイン | 2010年05月 »

2010年04月29日

ノエル、オアシス脱退後の初ライブ!

com014c.jpg


◆ NOEL GALLAGHER / TEENAGE CANCER TRUST 2010(2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

2010年で10周年となったロジャー・ダルトリー主催によるチャリティ・イベントは同年も、3月25&26日と2日間にわたりロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにて開催。その恒例イベントに参加した、ノエルのオアシス脱退後初となるソロ・ライブより、初日25日公演の模様を、ネット流通音源とは一線を画すDATマスターからのハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにて90分にわたりコンプリート収録。も元々音響の素晴らしいホールなうえに、フロント・ローからの録音はバランスも良好で、特にアコーステック主体のギターやノエルのボーカルは超クリアーに。そしてオアシス・ファンも多数つめかけた初のソロ・ライブに満員の観客が見守る中、ノエルの「ハロー」の掛け声に大観衆が応じてライブはスタート。バックにはゲム・アーチャーとオアシスのサポート・キーボードでおなじみジェイ・ダーリントンが参加しており、そして誰もが気になったセットリストはノエルが”Don't Go Away”をプレイ後、「今日は2年前にここでやったライブと同じセットだから」と語ったとおり、ほぼオアシスからのナンバーで締められ、何より観客とフレンドリーにやり取りするシーンも多く、和やかにショーは進行。そしてじょじょにヒートアップした中盤からは”Wonderwall”や”Slide Away”、そしてメインセットの”Whatever”ではいつもどおりの大合唱。尚、本編において”Cast No Shadow”ではクラウチ・エンド合唱団が、さらに”Don't Go Away”、”Sad Song”、そして”Wonderwall”などでは女性のみの8人編成オーケストラも加わり、流麗なストリングスでコンサートに花を。さらにアンコール3曲はもちろん再び大合唱で特にラスト”Don't Look Back In Anger”の観客の大合唱はあまりに感動的。

さらに初回限定100セットのみ、この当日と翌26日の映像をマトリックスしてコンサートを再現したオーディエンス映像を収めたDVD-Rをボーナスとしてプラス。
各種モバイル映像等もあるものの、すべて良質クオリティーによる画・音質で、この感動の一夜を見事に再現。プラス、UK:TV「ITV2」で後日放送されたノエルのインタビューと、当日のライブから”Wonderwall”と”Whatever”の2曲をプロショット収録したトータル94分。
尚、ボーナスDVD-Rは初回限定のみゆえ、ご希望の方はお早めに。


Disc One :
1. (It's Good) To Be Free
2. Talk Tonight
3. Fade Away
4. Cast No Shadow(with Crouch End Choir)
5. Half The World Away
6. Don't Go Away
7. The Importance Of Being Idle
8. Listen Up
9. Sad Song
Disc Two :
1. Wonderwall
2. Rockin' Chair
3. Slide Away
4. Digsy's Dinner
5. Whatever
- encore -
6. The Masterplan
7. Married With Children
8. Don't Look Back In Anger
[Live at Royal Albert Hall, London, UK 25th March 2010]

Limited DVD-R :
01. It's Good To Be Free
02. Talk Tonight
03.Fade Away
04. Cast No Shadow
05. Half The World Away
06. Don't Go Away
07. The Importance Of Being Idle
08. Listen Up
09. Sad Song
10. Wonderwall
11. Rockin' Chair
12. Slide Away
13. Digsy's Dinner
14. Whatever
- encore -
15. The Masterplan
16. Married With Children
17. Don't Look Back In Anger
[Live at Royal Albert Hall, London, UK 25&26th March 2010]
18. Wonderwall
19. Interview
20. Whatever
[UKTV Broadcast Pro.Shot]
Noel Gallagher - Vocal, Guitar / Gem Archer – Guitar / Jay Darlington - Keyboards / Terry Kirkbride – Drums

2010年04月24日

キャロル・キング&ジェームス・テイラー、奇跡の来日公演

xavel7879.jpg


◆ CAROLE KING & JAMES TAYLOR / BUDOKAN TWO NIGHTS COMPLETE (4CDR) この商品はこちらから

2010年「Troubadour Reunion Tour 2010」と銘打ち行われた、2人のジョイントによるジャパン・ツアーより、初日と2日目となった4月14&16日武道館公演の模様を、いずれも臨場感溢れるハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。まず初日14日は、会場の音響がベストではなかった中、アリーナAブロック最前方から録音されたオリジナル・マスターが使用されており、Danny CorchmarのギターとRuss Kunkelのドラムスの生音をくっきりと収録。もちろんキャロルとジェイムスのヴォーカルも抜けることなくはっきりと聴き取れ、この夢のような一夜を完全再現。またこの初日公演では、来日3公演で唯一『JT』収録の「Your Smiling Face」がセット・イン、また客からのリクエストに応じる形で完奏はされてないものの、「Pleasant Valley Sunday」を演奏しようとするサプライズも。さらに16日、2日目公演は音響もかなり改善されており、すっきりとクリアーかつ、武道館ならではの適度な中低音の鳴りが心地良い秀逸なサウンドにて再現。また初日同様にファン大満足の選曲・演奏となった充実のライブの中、シティ時代の「Hi-De-Ho (That Old Sweet Roll)」が、このバンド・メンバーのもとで再演されたことは、この日のハイライトと言えるもの。まさにメモリアルと云える2日間にわたる奇跡のショーをベスト・クオリティーにてここに。

[Nippon Budokan, Tokyo, Japan 14th April 2010]
Disc 1/ -1st set- 01. 1st set opening 02. Blossom 03. So Far Away 04. JT introduction of "Original Band" 05. Machine Gun Kelly 06. Carolina In My Mind 07. Way Over Yonder 08. Smackwater Jack 09. Country Road 10. Sweet Seasons 11. Your Smiling Face 12. Song Of Long Ago 13. Long Ago And Far Away 14. Beautiful 15. Shower The People 16. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman
Disc 2/ -2nd set- 01. 2nd set opening 02. Copperline 03. Crying In The Rain 04. Mexico 05. Pleasant Valley Sunday (snippet) 06. Sweet Baby James 07. Jazzman 08. Will You Love Me Tomorrow 09. Steamroller Blues 10. It's Too Late 11. Fire And Rain 12. I Feel The Earth Move 13. You've Got A Friend encore; 14. Up On The Roof 15. How Sweet It Is (To Be Loved By You) 16. Locomotion

[Nippon Budokan, Tokyo, Japan 16th April 2010]
Disc 3/ -1st set- 01. 1st set opening 02. Blossom 03. So Far Away 04. JT introduction of "Original Band" 05. Machine Gun Kelly 06. Carolina In My Mind 07. Way Over Yonder 08. Smackwater Jack 09. Country Road 10. Sweet Seasons 11. Mexico 12. Song Of Long Ago 13. Long Ago And Far Away 14. Beautiful 15. Shower The People 16. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman
Disc 4/ -2nd Set- 01. 2nd set opening 02. Copperline 03. Crying In The Rain 04. Hi-De-Ho (That Old Sweet Roll) 05. Sweet Baby James 06. Jazzman 07. Will You Love Me Tomorrow 08. Steamroller Blues 09. It's Too Late 10. Fire And Rain 11. I Feel The Earth Move 12. You've Got A Friend encore; 13. Up On The Roof 14. How Sweet It Is (To Be Loved By You) 15. Locomotion

◇Personnel; Carole King (vocal, piano, guitar), James Taylor (vocal, guitar, harmonica), Leland "Lee" Sklar (bass), Russ Kunkel (drums, percussion), Danny "Kootch" Kortchmar (guitar), Robbie Kondor (keyboard, piano, accordion, harmonica), Arnold McCuller (vocal), Kate Markowitz (vocal), & Andrea Zonn (vocal, fiddle)

尚、最終日の横浜公演も同ページに掲載しています。

2010年04月19日

ビートルズ最新入荷!

be42010D.jpg

◆ THE BEATLES / ROCKBAND COMPLETE EDITION (2DVDR) この商品はこちらから

2009年全世界的に話題を呼んだビートルズ・リマスターと同時発売された、史上初の公式ゲームソフト「ビートルズ・ロックバンド」は、ジャイルズ・マーティンが新たにミックスした音源が使われ、ゲームという性質上メンバー肉声のカウントが加えられたりエンディングが長かったりと新たにモッシュアップされており、通常のオフィシャル音源とは違ったゲーム用のリミックス&リマスター仕様。よってスタジオ・チャットやカウントが新たな編集によりこれまで聞けなかったパートやイントロやエンディングが長いといったバージョン違いが収録されているため、リリース後にも多用な音源や映像が流通していた中、ここではこのオリジナル・ゲーム・ソフトにセレクトされた全45曲をコンプリートで映像収録。各種編集されたコレクターズ・アイテムが出回っていましたが、不要なパートは全てカットし純粋な音源・映像だけをコンパイルしており、これさえあればロックバンド関連の映像は、他は一切不要!しかも音声はオリジナル・ステレオの他に5.1サラウンドでも収録されており、システム環境があればゲームをやらずとも音だけでも、CDリマスターとは別次元のサウンドでビートルズ体験できるというもの。内容もキャバーン・クラブとエド・サリヴァン・ショーを舞台としたゲーム画面から始まり、その後も"I Am The Warlus"のエンディング後の今まで聴けなかったSEや、ロング・ヴァージョンとなっている"Hey Bulldog"のエンディングで聴けるベースの強烈なフィルやジョンとポールのアドリブのツイン・ヴォーカル、"Good Morning Good Morning"のラストでの派茶目茶な別ヴォーカル。また"Dear Purudence"はイントロやエンディングがフェイドインでは無く、ジョンのギターは欠落なく完全に聴ける事ができたり、"Helter Skelter"では終盤のフェイド・イン/アウト部分が音量がそのままに聞こえ、今まで聴けなかったパートも初めて陽の目を。さらに"Paperback Writer"は一瞬のエンディングの為にわざわざ日本公演の音を繋いだというウワサも。そんな驚くべき新音源の数々を時系列で並べ視覚でも楽しめるように、既出の良質のビートルズのミュージック・クリップとシンクロして収録。音楽ソフトとして楽しみながら新音源の違いを考察・探求できるビギナーにもマニアにも満足できるような内容でここに。さらにボーナス映像としてメイキングやプレミアでの映像やトレイラー、シネマティックと題されたアニメーション・トレイラー、関連の予告編やプロモ・クリップ、1969年8月8日のアビーロード横断歩道を渡る4人が動いているCMクリップなども追加収録した必見のトータル3時間。


DISC ONE:01. ROCKBAND Cinematic Introduction/02. THE CAVERN '63/03. Twist And Shout/04. Boys/05. Do You Want To Know A Secret/06. I Saw Her Standing There/07. THE ED SULLIVAN SHOW '64:08. I Want To Hold Your Hand/09. Can't Buy Me Love/10. A Hard Day's Night/11. I Wanna Be Your Man/12. SHEA STADIUM '65
13. Ticket To Ride/14. I'm Looking Through You/15. Eight Days A Week/16. If I Needed Someone/17. I Feel Fine/18. BUDOKAN '66/19. Day Tripper/20. And Your Bird Can Sing/21. Drive My Car/22. Tax Man/23. Paperback Writer/24. ABBEY ROAD '66-'67:25. Yellow Submarine/26. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/ With A Little Help From My Friends/27. Lucy In The Sky With Diamonds/28. Getting Better/29. Within You Without You / Tomorrow Never Knows/30. Good Morning Good Morning/31. ABBEY ROAD '67-'68/32. I Am The Warlus/33. Hello Goodbye/34. Hey Bulldog
DISC TWO:01. ABBEY ROAD '67-'68:02. Back In The U.S.S.R./03. Dear Prudence/04. While My Guitar Gently Weeps/05. ABBEY ROAD '68-'69/06. Helter Skelter/07. Revolution/08. Birthday
09. Octopus's Garden/10. Something/11. Come Together/12. Here Comes The Sun/13. APPLE CORPS ROOFTOP '69/14. Dig A Pony/15. I've Got A Feeling/16. Don't Let Me Down/17. I Me Mine
18. I Want You (She's So Heavy)/19. Get Back/20. ENCORE/21. The End
[BONUS FEATURES]:22. The Beatles' Christmas Record/23. The First U.S.Visit Outtake/24. The Ed Sullivan Show Rehearsal, Miami 1964/25. The Beatles At Shea Stadium Excerpt/26. PAUL, GEORGE&RINGO At Abbey Road /27. ROCKBAND Cinematic Outroduction/28. ROCKBAND The End

2010年04月18日

ジェフ・ベック、2010年来日関連第2弾!

xavel074.jpg


◆ JEFF BECK / BECK'S ARIA IN JAPAN 1st HAIF (6CDR) この商品はこちらから

7年振りのアルバム「EMOTION & COMMOTION」をリリースし、前年に引き続き行われた2010年ジャパン・ツアーより、4月5日名古屋、7日大阪、8日尼崎の3公演をいずれも、フロント・ローからレコーディングされたDATマスター・ソースにデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティー・オーディエンスにてコンプリート収録。まず初日名古屋公演は大きな期待感で埋まるホールの観客が待ち受ける中、アルバム収録のインスト・ナンバーを序盤から積極的に取り入れたステージで、これまで以上に豊かなトーンを繰り出すベックのプレイにしばしホールは恍惚状態に。さらに本邦初披露となったナラダ&ロンダの躍動感溢れるリズム・セクションは想像以上に強力で、特にプリンスのサポートでも知られるロンダのパワフルなベースはファンク色も強く、ソロ・コーナーでのタッピングも強力。しかも"Rollin' And Tumblin'"などのボーカルもパワフルにこなす一面もあり、テクニカルだけど線の細さが感じられたタルとはまた違った存在感を。そして最も特筆すべきは、この初日公演のみ、今回のジャパン・ツアーで唯一「Freeway Jam」を含む2曲のセカンド・アンコールに応じており、結果的に来日6公演中最長の演奏時間に。そして2日目大阪公演は明らかに調子が上向きになったベックのプレイは素晴らしく、さらにナラダ&ロンダの強靭なリズム隊、そして”People Get Ready”のソロ等で強烈な存在感を放つジェイソンと、バンド・アンサンプルも明らかにパワー・アップ。またベックのプレイに関しては、これまでよりもライトハンド・タッピングを多用しており、少しラフで前日に比べミス・トーンも目立ったものの、そのあたりもライブならではのリアリティがあり。それでも”Mra Na h'Eireann”での流麗かつ泣くかのようなギター・トーンはまさに境地の極み。さらに3日目尼崎アルカイック・ホールは、故レス・ポールに捧げられた”How High The Moon”ではジェイソンがリズム・ギターを弾いたり"Rollin' And Tumblin'"ではそのジェイソンがボコーダーでボーカルも。またベックもスライの”(I Want To Take You) Higher”では、テレキャスに持ち替えたり、アンコールの”Nessun Dorma"終了後、観客のレスポンスに喜んだせいか、最前列の客にギターを渡すふりをしたりして、おどけてみせるシーンも。そして客電がついて終了かと思いや、すぐに消えて2度目のアンコールが始まり、前日の大阪ではなかった"Cause We've Ended As Lovers"を披露し、さらに観客からは最大級のレスポンスが。全公演、ホールの最前方中央席から録音されたオリジナル・マスターに入念なマスタリングも施されているため、各楽器をリアルに捉えた定位感抜群の極上サウンドで収録しており、来日ツアー前半の全てをベスト・クオリティーでコンパイルした限定メモリアル・アイテム!

Disc 1/ 01. opening 02. Eternity's Breath 03. Stratus 04. Corpus Christi Carol 05. Bass Solo 06. Led Boots 07. Mna Na h'Eireann 08. Hammerhead 09. People Get Ready 10. Rollin' & Tumblin' 11. Never Alone 12. Big Block 13. Over The Rainbow
Disc 2/ 01. Blast From The East 02. Angel (Footsteps) 03. Dirty Mind (incl. Drums Solo) 04. Brush With The Blues 05. (I Want To Take You) Higher 06. A Day In The Life encore #1; 07. How High The Moon 08. Nessun Dorma encore #2 09. Cause We've Ended As Lovers 10. Freeway Jam
[Chukyo Univ. Aurora Hall, Nagoya, Japan 5th April 2010]

Disc 3/ 01. opening 02. Eternity's Breath 03. Stratus 04. Led Boots 05. Corpus Chisti Carol 06. Hammerhead 07. Mra Na h'Eireann 08. Bass Solo 09. People Get Ready 10. Rollin' & Tumblin' 11. Never Alone
Disc 4/ 01. Big Block 02. Over The Rainbow 03. Blast From The East 04. Angel (Footsteps) 05. Dirty Mind (incl. Drums Solo) 06. Brush With The Blues 07. (I Want To Take You) Higher 08. A Day In The Life encore; 09. How High The Moon 10. Nessun Dorma
[Glan Cube Osaka, Osaka, Japan 7th April 2010]

Disc 5/ 01. opening 02. Eternity's Breath 03. Stratus 04. Led Boots 05. Corpus Chisti Carol 06. Hammerhead 07. Mra Na h'Eireann 08. Bass Solo 09. People Get Ready 10. Rollin' & Tumblin' 11. Never Alone
Disc 6/ 01. Big Block 02. Over The Rainbow 03. Blast From The East 04. Angel (Footsteps) 05. Dirty Mind (incl. Drums Solo) 06. Brush With The Blues 07. (I Want To Take You) Higher 08. A Day In The Life encore #1; 09. How High The Moon 10. Nessun Dorma encore #2; 11. Cause We've Ended As Lovers
[Archaic Hall, Amagasaki, Japan 8th April 2010]

Personnel; Jeff Beck (guitar), Jason Rebello (keyboards, guitar, vocal), Narada Michael Walden (drums, vocal), & Rhonda Smith (bass, vocal)

2010年04月16日

ディラン、60年代の決定版映像!

JPD535d.jpg



◆ BOB DYLAN / 1965-1966 REVISITED (2DVDR)
この商品はこちらから

ディランの突然の変心に世界が拒絶した1965年から、遂にフォーク・ロックの新たな時代の扉を開いた1966年まで、ロックの歴史に今尚語り継がれる激動の2年間を、圧倒的情報量と現存する貴重映像の全てを、オリジナル歌詞対訳日本語字幕付で織り交ぜ辿る究極の映像集。まず強力な映像インパクトを与えた元祖プロモ・クリップと言われる"サブタレニアン・ホームシック・ブルース"で聞ける頭韻と後韻が連続する歌詞革命を成し遂げたこの曲の意味は、英語圏のリスナーでさえも難解と云われた中で、それを視覚と聴覚で日本人にも捉えやすく構成。そうして幕を明けた1965年から時系列に構成され、同年のニュー・ポートでのロック転向ライヴ事件も全て日本語歌詞によりリアルに再現。そして1966年、ホークス母体のロック・バンドを従えての欧州ツアーで見せた激烈なるライヴ映像を徹底網羅。貴重ドキュメント"NO DIRECTION HOME"でも見れなかったI DON'T BELIEVE YOU、JUST LIKE A WOMANやMr. TAMBOURINEMANを含め、現存する映像と音源を使用し、不足部分は別音源などで補填しながら当時のセットを曲順通りに再現するファンの夢を実現。あの伝説の1966年欧州ツアーを疑似体験できるプロダクトに。とにかくこの時期は、ファークからロックへのサウンド面での転換はもとより、プロテスト・ソングの旗手からサイケデリックの時代へ先鋒を切るようにランボー、カフカそしてビートニク達に影響を受けた難解でシュールな歌詞世界への変換の時期でもあるため、その歌詞内容を独自のリアルなオリジナル翻訳により体験できる画期的内容で。さらに200セット限定で、特製カラー・ポストカードを封入。こちらは初回のみゆえご希望の方はお早めに。

[DISC-ONE :61mins]
01.JPD Opening of '65(日本語字幕解説付)
02.SUBTERRANEAN HOMESICK BLUES(JPD Exclusive Clip 歌詞対訳日本語字幕付)
03.UK TOUR 1965-EXCERPT from ”DON’T LOOK BACK"
04.LIKE A ROLLING STONE(歌詞対訳日本語字幕付)
05.NEW PORT FOLK FESTIVAL 1965
06.IF YOU GOTTA GO, GO NOW(歌詞対訳日本語字幕付)
07.LOVE MINUS ZERO/NO LIMIT(歌詞対訳日本語字幕付)
08.SOUNDCHECK REHEARSAL(7/25)
09. MAGGIE'S FARM(歌詞対訳日本語字幕付)
10. LIKE A ROLLING STONE(歌詞対訳日本語字幕付)
11.Mr. TAMBOURINEMAN(歌詞対訳日本語字幕付)
12.IT'S ALL OVER NOW, BABY BLUE(歌詞対訳日本語字幕付)
After The New Port / "Highway 61 Revisited"Recording
13.POSITIVELY 4th STREET(JPD Exclusive Clip 歌詞対訳日本語字幕付)
14.TOMBSTONE BLUES(HOLLYWOOD BOWL 9/3 1965/歌詞対訳日本語字幕付)
15.LIKE A ROLLING STONE(HOLLYWOOD BOWL 9/3 1965/歌詞対訳日本語字幕付)
16.CAN YOU PLEASE CRAWL OUT YOUR WINDOW ?(歌詞対訳日本語字幕付)
17.Ending of '65(日本語字幕解説付)
[DISC-TWO :85mins]
01. Opening of '66
[AUSTRALIAN TOUR 1966 ]
SHE BELONGS TO ME (歌詞対訳日本語字幕付)
[BLONDE ON BLONDE Release]
Blonde Medley(歌詞対訳日本語字幕付)
[EUROPEAN TOUR 1966- EXCLUSIVE SORTED SONG ORDER EDIT]
--Acoustic Set--
01.VISIONS OF JOHANNA(歌詞対訳日本語字幕付)
02.DESOLATION ROW(歌詞対訳日本語字幕付)
03.JUST LIKE A WOMAN(歌詞対訳日本語字幕付)
04.Mr. TAMBOURINEMAN(歌詞対訳日本語字幕付)
--Electric Set--
05.TELL ME MOMMA
06.I DON'T BELIEVE YOU(歌詞対訳日本語字幕付)
07.BABY LET ME FOLLOW YOU DOWN(歌詞対訳日本語字幕付)
08.JUST LIKE TOM THUM'S BLUES(歌詞対訳日本語字幕付)
09.LEOPARD-SKIN PILL-BOX HAT(歌詞対訳日本語字幕付)
10.ONE TOO MANY MORNINGS(歌詞対訳日本語字幕付)
11.BALLAD OF A THIN MAN(歌詞対訳日本語字幕付)
12.LIKE A ROLLING STONE(歌詞対訳日本語字幕付)
[JULY 29 1966 Motorcycle Affair]
End of '66
Bonus ; MOST LIKELY YOU GO YOUR WAY AND I'LL GO MINE(2007 Remix)


2010年04月15日

ジェフ・ベック2010年来日関連第1弾!

jb10410c.jpg


◆ JEFF BECK / LIVE AT JCB HALL 2010 (2CDR) この商品はこちらから

7年振りのアルバム「EMOTION & COMMOTION」をリリースし、前年に引き続き行われた2010年ジャパン・ツアーより、東京初日となった4月10日、JCBホールでのライブを、ベック本人がステージ上で使用の非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからレコーディングされたDATマスター・ソースとを、完全フル・マトリックス収録!

音質はクリアーだけでなく、音のダイレクト感や音圧感、そしてベックの絶妙なギタートーンや、アンプから出力されるノイズやスクラッチングなど細部に至るまでリアルに再現!しかも音響的には今回の来日公演中では最も素晴らしいと云われるホールだけに、オーディエンス・ソースだけでも充分すぎるクオリティーなうえに、前年はベックのモニター・ミックスは、ベースとキーボードがほとんどミックスされていなかったのが、今回は全てのパートを同じ比率でミックスしてモニタリングしており、まさにリアル・サウンドボード・クラスのクオリティーでこの一夜を再現。演奏もここまで3公演をこなしてきたせいか、バンド一体感は最高潮となっており、特にナラダとロンダのグルーヴ感溢れるリズム隊のコンビネーションが素晴らしく、タルとはまた違ったロンダのファンキーなベースも随所でフューチャー。そしてベックのプレイも、過去の定番ナンバーに加え、今回は新作からの壮大なオーケストラ・アレンジメントが施されたナンバーを随所に散りばめたセットにおいて、静と動の緩急変幻自在なプレイを披露。また途中オックスブラッドのレスポールを持ち出したり、アンコール・ラストは、”Cause We've Ended As Lovers”もプレイし、最後までイマジネーション溢れるプレイで観客を魅了。2010年ジャパン・ツアーにおいて音響クオリティーではベストと云える永久保存マスト・アイテム。

尚、同東京公演より12&13日の国際フォーラムも、
同時入荷しています。詳細は同ページに。

Disc One:
01. Intro
02. Eternity’s Breath
03. Stratus
04. Led Boots
05. Corpus Christi Carol
06. Hammerhead
07. Mna Na Eireann
08. Bass Solo by Rhonda
09. People Get Ready
10. Rollin & Tumblin
11. Never Alone
12. Big Block
13. Somewhere Over the Rainbow
14. Blast From The East
15. Angel (Footsteps)
Disc Two:
01. Dirty Mind / Narada Drum Solo
02. Brush With The Blues
03. I Want To Take You Higher
04. A Day In The Life
- encore 1-
05. How High The Moon (Tribute to Les Paul)
06. Nessun Dorma
- encore 2 -
07. Cause We've Ended as Lovers
Jeff Beck : Guitars / Jason Rebello : Keyboards, Guitar, Vocal / Narada Michael Walden : Drums, Vocal / Rhonda Smith : Bass, Vocal
[Live at JCB HALL, Tokyo, Japan, April 10, 2010]

2010年04月09日

マイルス・デイビス50&60年代のレア音源2タイトル!

mdam57b.jpg



◆ MILES DAVIS / AMSTERDAM NIGHT (プレス1CD) この商品はこちらから

50年代の貴重なライブ音源として知られる1957年8月12日アムステルダム公演の模様を、近年オークションにより発掘されたオープン・リール・マスターから初めて収録された過去最高のサウンドボード音源を、レジェンダリー・シリーズよりプレスCDにてここに。これまでビル・ラズウェルが関連していたセルロイド番や、それを元にしたリマスター・ヴァージョンなどが流通していた中、それらとは異なり、よりナチュラルで良質なマスター本来のクオリティーを損なわないもので、特にこれまでキンキンとした高音が耳障りだったのが抑えられたマイルドなサウンドになっており、またマイルスのバックを務めたルネ・ユルトルジェ・カルテットとのサウンド・バランスも飛躍的に向上。そしてこのライブは当時フランスにいたマイルスが地元のミュージシャンとプレイすることとなり、よってリハ不足を補うためか、全曲おなじみのヒット・チューンのオンパレードで、テーマやソロのパターンも定番化ばかり。それでもマイルスのノリは最高で、“A NIGHT IN TUNISIA“では新しいフレーズも飛び出したり、“ROUND ABOUT MIDNIGHT“も思い入れたっぷりに披露。また同ナンバーではバルネ・ウィランがいつものブリッジのパートを吹かずにマイルスが一人でプレイしており、自分のソロを、自分のパターンでしめるというレア演奏も。クオリティー的には50年代のモノラル・オープン・リールからのソースゆえ、一部テープが磁気を帯びてノイズが発生する箇所もあるものの、それを補ってもあまりある演奏が収められた永久保存プレス盤CDゆえファンは必聴。

1.WOODY'N YOU 2.BAG'S GROOVE 3.WHAT'S NEW 4.BUT NOT FOR ME 5.A NIGHT IN TUNISIA 6.FOUR 7.WALKIN' 8.WELL YOU NEEDN'T 9.ROUND ABOUT MIDNIGHT 10.LADY BIRD
[LIVE AT AMSTERDAM, THE NETHERLAND 08/12/1957]
MILES DAVIS(tpt), BARNEY WILEN(ts), RENE URTREGER(p) PIERE MICHELOT(b), KENNY CLARKE(dr)


2010年04月03日

デュラン・ジャパン・ツアー、第2弾!

xavelbb010.jpg



◆ BOB DYLAN / VOICE OF PROMISE #1 (プレス2CD) 2010.3.21
◆ BOB DYLAN / VOICE OF PROMISE #2 (プレス2CD) 2010.3.23
◆ BOB DYLAN / VOICE OF PROMISE #3 (プレス2CD) 2010.3.24
◆ BOB DYLAN / VOICE OF PROMISE #4 (プレス2CD) 2010.3.25
◆ BOB DYLAN / VOICE OF PROMISE #5 (プレス2CD) 2010.3.26
◆ BOB DYLAN / VOICE OF PROMISE #6 (プレス2CD) 2010.3.28
◆ BOB DYLAN / VOICE OF PROMISE #7 (プレス2CD) 2010.3.29
これらの商品はこちらから

2010年ジャパン・ツアーにおいて3月21日から29日まで7公演行われた、Zepp東京公演の模様を、全てハイクオリティー・オーディエンス・ソースに24bitデジタル・リマスタリングを施した限定プレスCDにてコンプリート収録。
いずれの公演もクオリティーも素晴らしいうえ、セットリストも違うので、
詳細を是非ご覧下さい。

2010年04月01日

マイケル・シェンカー感動の来日公演を映像で!

irdvd069s.jpg


◆ MICHAEL SCHENKER GROUP / LIVE 2010 (1DVDR) この商品はこちらから

MSG結成30周年を記念しサイモン・フィリップやニール・マーレーが参加した、あのファースト・アルバムのラインナップで行われた2010年日本限定のスペシャル・ツアーより、その来日公演ライブの模様を、放送用映像より、マスター・クオリティー、プロショットにて収録。同年1月の中野サンプラザ公演でのパフォーマンスにインタビューなども挿入したもので、マイケルの神業的プレイを細部までたっぷり堪能できるのはもちろん、メンバーならびに、なかなか話すことがないマイケル本人の貴重なインタビューもレア。約90分の収録でコンプリートではないものの、メイン・セットとなる全12曲を収めたメモリアル・アイテム。


01. Intro Solo 02. Armed And Ready –interview- 03. Cry For The Nations 04. Let Sleeping Dogs Lie –interview- 05. I Want You 06. A Night To Remember 07. Into The Arena –interview- 08. Lost Horizons –interview- 09. Rock My Nights Away –interview- 10. On And On 11. Attack Of The Mad Axeman –interview- 12. Ride On My Way 13. Rock Bottom
[Recorded Live at Nakano Sunplaza hall,Tokyo,Japan,Jan 2010]
◇Personnel; Michal Schenker (guitar), Gary Barden (vocal), Wayne Findlay (guitar, keyboards), Neil Murray (bass), & Simon Phillips (drums)

デュラン・ジャパン・ツアー、第一弾!

xavelsm008.jpg


◆ BOB DYLAN / MEMORIES IN NAGOYA SIDE A (2CD)

◆ BOB DYLAN / MEMORIES IN NAGOYA SIDE B (2CD)
これらの商品はこちらから

2010年ジャパン・ツアーより名古屋公演初日となる、3月18日ZEPP名古屋公演を、ハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにて収録したプレスCDがここに。3月11日の大阪公演を皮切りに、約3週間にわたり合計14公演によるライブハウス・ツアーで、大阪5公演と東京7公演の間にはさまれたこの名古屋公演の初日をカンペキに再現。しかも高品質オーディエンス・マスターに、さらに24bitデジタル・リマスタリングを施したそのクオリティーはまさに決定盤と云える逸品。そしてこの名古屋においても他と同様に、終盤以外はセットリストはがらりと変わっており、その素晴らしいパフォーマンスを永久保存プレスCDにて。
[Zepp Nagoya, Aichi, Japan 18th March 2010]
Disc 1/ 01. introduction 02. Rainy Day Women #12 & 35 03. The Man In Me 04. Beyond Here Lies Nothin' 05. A Hard Rain's A-Gonna Fall 06. The Levee's Gonna Break 07. Girl Of The North Country 08. Tweedle Dee & Tweedle Dum 09. Can't Wait 10. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met) 11. Love Sick
Disc 2/ 01. Highway 61 Revisited 02. Shelter From The Storm 03. Thunder On The Mountain 04. Ballad Of A Thin Man encore; 05. Like A Rolling Stone 06. Jolene 07. band introduction 08. All Along The Watchtower

◇Personnel; Bob Dylan (vocal, keyboards, harp), Tony Garnier (bass), George Recile (drums), Stu Kimball (rhythm guitar), Charlie Sexton (lead guitar), & Donnie Herron (trumpet, electric mandolin, pedal steel, lap steel)

尚、19日名古屋2日目も同時入荷。その他東京、大阪公演もすべて
今後リリース予定。