« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月31日

エルトン&レオン、夢の競演ライブ!

nd2382d.jpg


◆ ELTON JOHN & LEON RUSSELL / LIVE FROM BEACON THEATRE (2DVDR)
この商品はこちらから

2010年、エルトン・ジョンが敬愛するレオン・ラッセルと実現させた、コラボレーション・アルバム「ザ・ユニオン」のリリースに伴うジョイント・ツアーより、10月19日ニューヨーク・ビーコン・シアター公演の模様を、US:TV「Fuse TV」オンエアーによる、オフィシャル・クオリティー、プロショットにて2時間38分にわたりコンプリート収録。コンサートはまずレオンのソロからはじまり、その後話題のアルバム「ザ・ユニオン」から全曲を2人でライブ披露。そしてエルトンのソロと続き、アンコールでは2人で再び新曲を演奏するというあまりにゴージャスな内容。このコンビならではのR&Bから、ソウル、ゴスペル、カントリー、ポップス、ロックまで幅広いジャンルを網羅した、素晴らしいパフォーマンスをここに再現。さらにボーナスとしてこのコンサートの直前に出演したTVショー「グッドモーニング・アメリカ」からもプロショットで3曲追加収録したファン必見のトータル2時間55分。

DVD ONE:01. Concert Intro/Leon Russell :02. Tight Rope/03. Prince Of Peace / Out In The Woods/04. A Song For You /05. Delta Lady /06. Roll In My Sweet Baby's Arms/07. Stranger In A Strange Land/Elton John & Leon Russell :08. If It Wasn't For Bad /09. Eight Hundred Dollar Shoes /10. Hey Ahab /11. Gone To Shiloh /12. Jimmie Rodgers' Dream/13. There's No Tomorrow /14. Monkey Suit /15. The Best Part Of The Day /16. A Dream Come True /17. When Love Is Dying /18. I Should Have Sent Roses/19. Band Intro /20. Hearts Have Turned To Stone /21. Never Too Old (To Hold Somebody) /22. In The Hands Of Angels

DVD TWO :Elton John :01. Burn Down The Mission /02. Levon /03. Tiny Dancer /04. Ballad Of A Well-Known Gun /05. I Guess That's Why They Call It The Blues /06. Your Song/07. Take Me To The Pilot /08. Sad Songs (Say So Much) /09. The Bitch Is Back/Elton John & Leon Russell :10. Hey Ahab
[Live At Beacon Theatre ,New York, NY October 19th 2010]

11. Good Morning America Introduction/12. If It Wasn't For Bad /13. Hearts Have Turned To Stone /14. Tiny Dancer
[GOOD MORNING AMERICA 2010]

2010年10月30日

プログレ・ファン要チェック映像!

nd2397d.jpg


◆ YES / GOING FOR THE ONE SESSIONS (1DVDR)
この商品はこちらから

1977年アルバム「究極」レコーディング時にスイス、モントルーで行なわれた、スタジオ・セッションの様子を、クリアーなプロショット映像と、高音質ライン録音にて収録。パトリック・ラモーツが去り、リック・ウェイクマンが復帰したアルバムでの貴重なセッション映像で、ドキュメンタリー映像で知られる「Yes Years」でも一部使用されているものの、こちらは2時間にわたり各メンバーのソロ・パートまでカンペキに収めた「GOING FOR THE ONE SESSIONS」の決定版。

[Mountain Studios, Montreux, The Switzerland 1977]
01.Jam Session #1/02.Awaken #1/03.Steve Howe Solo #1/04.Rick Wakeman Solo/05.Turn Of The Century #1/ 06.Awaken #2/07.Turn Of The Century #2/08.Tour Details Discussion/09.Parallels #1/10.Chris & Steve Jam /11.Going For The One #1/12.Jon & Rick Solo/13.Jam #2/14.Steve Howe Solo #2/15.Improv/ 16.Wonderous Stories/17.Going For The One #2/18.Awaken #3/19.Technical Work/Awaken #4/20.Awaken #5/ 21.Parallels #2
◇Jon Anderson(Vocals) / Steve Howe(Guitars) / Chris Squire(Bass) / Rick Wakeman(Keyboards) / Alan White(Drums)

2010年10月24日

オジー、2010年来日公演の決定版!

sne143sp.jpg

◆ OZZY OSBOURNE / KILLER OF SCREAM 2010 (2CDR)
この商品はこちらから

通算10作目となる「SCREAM」を携え、2010年、実に8年振りとなるジャパン・ツアーより、その初日となった10月13日、東京国際フォーラム公演の模様を、オジーがステージ上で使用の非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからレコーディングされたDATマスター・ソースとを、完全フル・マトリックスにて収録!
その音質はクリアーだけでなく、音のダイレクト感や音圧感も素晴らしく、オジーのヴォーカル・ラインはもちろん、メンバーが築き上げる高水準なプレイを、細部に至るまでリアルに再現!そしてその演奏内容も、今回のワールド・ツアーにおいて、最長時間といわれたギリシャ公演と肩を並べる全20曲、135分に渡る熱演とノリの素晴らしさで、ベスト・パフォーマンスの声も高いもの。またオジーの健在ぶり発揮のボーカルを支える、Gus G.という新たなギター・ヒーローを得た事で、80年代絶頂期に若返ったかのようなバンドの初々しいプレイが印象的。またセットにおいても、「SCREAM」からは”Let Me Hear You Scream”の1曲のみで、1988年リリースの「No Rest for the Wicked」からのバンド初のライブ・プレイとなる”Fire in the Sky”、そして1986年「罪と罰ツアー」以来となる24年振りの”Killer of Giants”、さらにサバス・クラシックが6曲という、内容、プレイ共にポテンシャルの高い圧巻のステージ。これが最後の来日かという巷の噂を一蹴すべく、その奇跡のパフォーマンスを、サウンドボード・レベルのクオリティーでここに。

DISC:1 / Intro:O Fortuna (Carmina Burana) / Bark at the Moon / Let Me Hear You Scream / Mr. Crowley / I Don't Know / Fairies Wear Boots / Suicide Solution / Road to Nowhere / War Pigs / Fire in the Sky

DISC:2 / Band Intro / Shot in the Dark / Guitar Solo / Rat Salad / Drums Solo / Iron Man / Killer of Giants / Flying High Again / I Don't Want to Change the World / Crazy Train / Mama, I'm Coming Home / Paranoid / No More Tears / Into the Void / Outro: I Love You All

2010年10月23日

ビートルズ、赤盤&青盤リリース記念DVD!

sv2011sp.jpg

sv2012sp.jpg


◆ THE BEATLES / 1962-1966 COMPLETE VIDEO RED (プレス1DVD)
◆THE BEATLES / 1967-1970 COMPLETE VIDEO BLUE (プレス2DVD)

これらの商品はこちらから

2010年ビートルズ・ファンのバイブルというべき赤盤、青盤がリマスター・ヴァージョンでリリースされ話題となった中、そのビデオ映像コレクションが、レッド&ブルーの2タイトル、プレスDVDにて。
デビューから解散までの軌跡と云える、赤盤と青盤の曲順通りに全54曲、映像で完全再現したもので、60年代当時制作されたプロモーション・フィルムから、TVライブ映像や映画、レコーディング・スタジオでの撮影フィルム等、あらゆる映像を駆使し、2010年オリジナル編集バージョンで収録。さらに大画面対応した初のワイド・スクリーン&5.1サラウンドのフォーマットによる音と映像は、過去類のないプロフェッショナル仕様で、そのクオリティーの高さと内容は鮮烈。まさに21世紀にふさわしい決定版として、これ以上ない最高のビートルズ映像コレクション!
(詳細解説)
60年代当時からプロモ映像を製作していたビートルズの映像版ベストは過去実現しておらず、ビデオ版「アンソロジー」ではいくつかのプロモ映像やTVライブ等は収録されていたものの、ほとんどが不完全な状態。そんな中で海外ビートルズ・コレクター・サークルの映像エキスパートが中心となった、オリジナル編集による初登場バージョンが本2タイトル。過去流通とは全く次元の違う初登場の映像コレクションによるもので、基本的にオリジナルのプロモーション・フィルム等をベースに、同時期のフィルムや写真映像を織り交ぜた巧みな編集で「ラバー・ソウル」や「アビー・ロード」の楽曲も見事に映像再現しており、年代ごとに違和感なく見ることが出来る秀逸な作品に完成。またおなじみの映像にしても、元の映像音源ではなく、すべてオリジナル・スタジオ音源に準拠しているので微妙にバージョンが異なったバージョンとして改めて見応えもあり。そして高画質・高音質にこだわったクオリティーは、16:9ワイド・スクリーン・サイズにアップ・コンバートされており、音声もデジタル・リマスタリングのオリジナル・ステレオを、PCM音源収録。さらにドルビー・デジタル5.1サラウンドでも収録されており、大画面のTVモニターとホームシアター・システムでも十分鑑賞に堪えるクオリティーにて。まさに過去の映像タイトルとは別次元の、21世紀仕様の永久保存プレスDVDにて完全限定リリース。
[RED : 2010 DIGITAL REMASTERED VERSION]
01. Love Me Do 02. Please Please Me 03. From Me To You 04. She Loves You 05. I Want To Hold Your Hand 06. All My Loving 07. Can't Buy Me Love 08. A Hard Day's Night 09. And I Love Her 10. Eight Days A Week 11. I Feel Fine 12. Ticket To Ride 13. Yesterday 14. Help! 15. You've Got To Hide Your Love Away 16. We Can Work It Out 17. Day Tripper 18. Drive My Car 19. Norwegian Wood (This Bird Has Flown) 20. Nowhere Man 21. Michelle 22. In My Life 23. Girl 24. Paperback Writer 25. Eleanor Rigby 26. Yellow Submarine
(NTSC 16:9 Wide Screen - Color / B&W LPCM Stereo / Dolby Digital 5.1 Surround Sound :total duration 64min.)

[BLUE : 2010 DIGITAL REMASTERED VERSION]
DISC:1 / 01. Strawberry Fields Forever 02. Penny Lane 03. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 04. With A Little Help From My Friends 05. Lucy In The Sky With Diamonds 06. A Day In The Life 07. All You Need Is Love 08. I Am The Walrus 09. Hello Goodbye 10. Fool On The Hill 11. Magical Mystery Tour 12. Lady Madonna 13. Hey Jude 14. Revolution
DISC:2 / Back In The U.S.S.R. 02. While My Guitar Gently Weeps 03. Ob-La-Di, Ob-La-Da 04. Get Back 05. Don't Let Me Down 06. The Ballad Of John And Yoko 07. Old Brown Shoe 08. Here Comes The Sun 09. Come Together 10. Something 11. Octopus's Garden 12. Let It Be 13. Across The Universe 14. The Long And Winding Road
(NTSC 16:9 Wide Screen - Color / B&W LPCM Stereo / Dolby Digital 5.1 Surround Sound : total duration 51+49min.)

2010年10月16日

トリオU.K.の決定版ライブ音源!

prof215c.jpg

◆ U.K. / PARIS RENDEZVOUS 2.11 (3CDR)
この商品はこちらから

1979年テリー・ボジオを迎えトリオ編成となり、同年1月にはセカンドアルバム”Danger Money”をレコーディング。そしてそれに伴うツアーに向けて行われた2月11日パリ、パヴィリオンにおけるライブを、過去最高のマスター・ステレオサウンドボード・ソースにデジタル・リマスタリングを施した、まさにオフィシャル・クオリティーにて完全ノーカット収録!既流通音源ではオープニングやメンバーのソロ・インプロ・パートに一部カットもあった中、新たに発掘されたマスターはすべてをカンベキに収録。
そして何よりこのトリオによる初のライブ・デビューであり、まだアルバムもリリースされていない時期ながら、超絶テクニシャン3人によるプレイはすでに圧巻。特にザッパ・バンドでしか知られていなかったボジオのドラミングを初めて目にする観客の多くはそのすさまじさに唖然状態。セットリストも4人編成の時と大きく変わり、1stのナンバーをプレイする際はジョプソンがヴァイオリンでホールズワースのパートをカヴァー。中でも前年は常に2曲目にプレイされていた"Time To Kill"は終盤でプレイされ、そこでフィーチャーされたソロタイムでの熱演は必聴!また”Danger Money”で新たにスタジオ・レコーディングし直した”The Only Thing She Needs”や”Carrying No Cross”そして” Caesar's Palace Blues “の演奏はスタジオテイクに忠実で、4人で演奏した時のものとは別ものに。そしてアルバムリリース前ゆえ”Rendezous 6.02”や"Nothing To Lose"などのポップ・ナンバーもアルバムとは少し違ったヴァージョンにて聴けるのも要チェック。
そしてDisc:3にはこの後のUSツアーより、過去ほとんど流通していない、4月11日ヴァンクーバー、及び18日テキサス、ヒューストン公演を、いずれも当時のオーディエンス録音としてはAランクと云えるクオリティーにて収録。どちらもダイジェスト的な収録ながら、”Caesar's Palace Blues”などのアレンジがパリ公演などとは微妙に変化しており、この約1ヵ月後となるあの来日公演のアレンジや構成に近いあたりは要チェック。さらにボーナス・トラックとして、TVオンエアー・ソースからのスタジオ・ライブ・テイクを2曲、及びシングル・ヴァージョンも2曲追加収録した、トリオU.Kを知るにはマストの必聴アイテム!

disc one: 01. Introduction / Danger Money 02. The Only Thing She Needs 03. Rendezvous 6.02 04. Coda From By The Light Of Day 05. Presto Vivace 06. Terry Bozzio Drum Solo 07. In The Dead Of Night 08. Nothing To Lose 09. John Wetton Bass Solo 10. Thirty Years
disc two: 01. Carring No Cross 02. Alaska 03. Time To Kill 04. Eddie Jobson Solo 05.Time To Kill 06. Caesar's Palace Blues
[at Le Pavillion, Paris, France. February 11th 1979]

07. Night After Night (OGWT Studio Live 1979) 08. Caesar's Palace Blues (OGWT Studio Live 1979) 09. Nothing To Lose (Single Version) 10. In The Dead Of Night (Single Version)

disc three 01. Introduction / Danger Money 02. The Only Thing She Needs 03. Carring No Cross 04. By The Light Of Day Ending / Presto Vivace / In The Dead Of Night 05. Alaska
[at Sam Huston Coliseum, Houston, Texas USA. April 28th 1979]

06. Carrying No Cross 07. Alaska / Nothing To Lose 08. Caesar's Palace Blues
[at Pacific Coliseum, Vancouver, British Columbia, Canada April 11th 1979]
Eddie Jobson:Keyboards & Electric Violin / John Wetton:Lead Voice & Bass Guitar / Terry Bozzio:Drums & Percussion

2010年10月15日

ビートルズ好評「マルチ・トラック・セパレイト」シリーズの続編!

ww1718sp.jpg

◆ THE BEATLES / PSYCHEDELIC YEARS MULTI TRACKS SEPARATED Ⅱ (2CD)
これらの商品はこちらから

WWⅡレーベルより、1967年前後に収録された「サイケデリック・イヤーズ・マルチトラック」のパートⅡがここに。今回の収録ナンバーは、アルバム「サージェント・ペパーズ」の8曲に加え、「イエロー・サブマリン」の3曲を合わせた全11曲で、「Hey Bulldog」や「Yellow Submarine」のヴォーカル・パートのみのトラックでは、音に埋もれて聞えなかった様々なふざけたスタジオの様子までもしっかりと聴くことができるというもの。また「サージェント・ペパーズ」の独特の効果音の数々など、マルチトラックならではの聴きどころがたくさん。完全限定ファクトリー・プレス盤。

DISC ONE : (ALL YOU NEED IS LOVE) 01. Vocals and Backing Vocals 02. Brass, Strings, Horns, Guitars and others 03. Violin and Harpsichord 04. Bass 05. Drums (HEY BULLDOG) 06. Vocals 07. Guitars and Piano 08. Bass 09. Drums (YELLOW SUBMARINE) 10. Vocals and Backing Vocals 11. Guitars 12. Sound Effects 13. Bass 14. Drums (FIXING A HOLE) 15. Vocals and Backing Vocals 16. Guitars 17. Accordion 18. Bass 19. Drums and Accordion (SHE'S LEAVING HOME) 20. Vocals and Backing Vocals 21. Strings (BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE) 22. Vocals and Backing Vocals 23. Accordion and Organ 24. Bass 25. Drums

DISC TWO : (WITHIN YOU WITHOUT YOU) 01. Vocals 02. Percussions 03. Strings 04. Sitar (WHEN I'M SIXTY FOUR) 05. Vocals and Backing Vocals 06. Oboe 07. Bass 08. Drums (LOVELY RITA) 09. Vocals and Backing Vocals 10. Guitars and Piano 11. Piano 12. Bass 13. Drums (SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND REPRISE) 14. Vocals and Backing Vocals 15. Guitars 16. Sound Effects 17. Bass 18. Drums (A DAY IN THE LIFE) 19. Vocals and Backing Vocals 20. Acoustic Guitars and Orchestra 21. Piano 22. Bass 23. Drums

また既リリースの下記6タイトルも限定ながら、まだ在庫ございます。
詳細は上記タイトルと同ページに掲載していますので、ご覧ください。

◆ THE BEATLES / DAYS OF THE BEATLEMANIA MULTI TRACKS SEPARATED (2CD)
◆ THE BEATLES / PSYCHEDELIC YEARS MULTI TRACKS SEPARATED (2CD)
◆ THE BEATLES / ABBEY ROAD MULTI TRACKS SEPARATED (3CD)
◆ THE BEATLES / WHITE ALBUM MULTI TRACKS SEPARATED (2CD)
◆ THE BEATLES / LET IT BE MULTI TRACKS SEPARATED (2CD)
◆ THE BEATLES / RUBBER SOUL MULTI TRACKS SEPARATED (2CD)

2010年10月13日

話題のザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴュー

works070.jpg
◆ THE DUKES OF SEPTEMBER RHYTHM REVUE / 2010 HARDLY STRICTLY(2CDR)
この商品はこちらから

スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲン、元ドゥービー・ブラザースのマイケル・マクドナルド、そしてボズ・スキャッグスの3人による、2010年に結成された注目のスーパー・コラボレーション”ザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴュー。そして10月11日サンフランシスコで行われた「ハードリー・ストリクトリー・ブルーグラス・フェスティバル」に出演した際の模様を、DATデジタル・オーディエンス・レコーディングによるサウンドボード・クオリティーにてコンプリート収録。スペシャル・バンドによるこの夢のようなライブは、それぞれの代表ナンバーからカバー曲まで、極上のアメリカンAOR王道サウンドをたっぷりと披露。

DISC ONE:01. Heighty Hi/02. Don't Mess Up A Good Thing/03. Shakedown Street/04. You Never Can Tell/05. I've Got News For You/06. Green Flower Street/07. I Keep Forgetting/08. Rock Steady/09. Rag Mama Rag/10. The Shape I'm In/11. I Love the Life I Live
DISC TWO:01. Cadillac Walk/02. What A Fool Believes/03. I.G.Y/04. Lowdown/05. Takin' It to the Streets/06. Introductions/07. Reeling in the Years/08. Peg/09. Something In The Air/10. Them Changes/11. Love Train
[Live At Hardly Strictly Bluegrass Festival,Golden Gate Park, San Francisco, CA October 1st 2010]

2010年10月12日

ロジャー・ウォータース「ザ・ウォール2010」!

rw10920d.jpg

◆ ROGER WATERS / THE WALL IN CHICAGO (1DVDR)
この商品はこちらから

2010年ウォータースによる”ザ・ウォール”完全再現ツアーより、4公演目となる9月20日のシカゴ、ユナイテッド・センター、4daysの初日公演の模様を、アリーナ・センター後方からのハイビジョン・カメラ使用によるオーディエンス・ショットにて1時間50分に渡りコンプリート収録。まるで資料用に関係者がPA付近に三脚を立ててズームを効かせながら撮ったかのような画面は、音質も含めてプロショット・レベルで、レンガが徐々に組み上げられ、最後には崩れ落ちる様子やスクリーンでのイメージ映像までカンペキに再現。演奏中に徐々に積み上げられる白いブリック、それに効果的に投影される写真・アニメーション、円形スクリーンとのコンビネーションといった、現代テクノロジーの粋を結集したかのような高度なステージ効果を、ウルトラ・クリアーに捉えており、またMotherの後半での文字と赤を基調にした見事な映像、飛来する飛行機からの空襲のイメージが見事なGoodbye Blue Sky、会場内の観客を戦慄させるEmpty Spaces~What Shall We Do Now の大迫力、スタイリッシュなライティングとイメージが見事なYoung Lust、ロジャーの演劇的歌唱が見所のOne Of My Turns、ポリティカルなイメージ映像と企業ロゴが入り乱れる映像で構成されたAnother Brick In The Wall Part 3、赤いレンガのイメージが乱れ飛ぶ後に完全に完成した巨大な白い壁があらわになり、ひとつだけ空いたブリックからロジャーがGoodbye Cruel Worldを歌うというパフォーマンスもばっちりと。さらに後半では、完全にステージを覆っている壁の向こうでの演奏でどうやってステージを進行させていくかがはっきりと確認でき、Nobody Homeではロジャーがテレビを見ながら歌うクラシカルなシーンが登場、Veraでの映画風のイメージ映像からロジャーがセンターで歌う様がダイナミックなBring The Boys Back Homeまでスタイリッシュなイメージで大いに盛り上げ、ラストの真っ赤なライトに彩られた壁の崩壊でショーはエンド。
01. Introduction/02. In The Flesh? /03. The Thin Ice /04. Another Brick In The Wall Part 1 /05. The Happiest Days Of Our Lives /06. Another Brick In The Wall Part 2 / 07. Mother /08. Goodbye Blue Sky /09. Empty Spaces /10. What Shall We Do Now? / 11. Young Lust /12. One Of My Turns /13. Don't Leave Me Now / 14. Another Brick In The Wall Part 3 /15. The Last Few Bricks /16. Goodbye Cruel World/17. Hey You /18. Is There Anybody Out There? /19. Nobody Home /20. Vera /21. Bring The Boys Back Home /22. Comfortably Numb /23. The Show Must Go On /24. In The Flesh /25. Run Like Hell /26. Waiting For The Worms /27. Stop /28. The Trial /29. Outside The Wall
[Live At United Center, Chicago, IL september 20th 2010 /NTSC 16:9 Color Dolby Digital Stereo 111min.]
Roger Waters - Bass, Guitar & Vocals / Dave Kilminster - Guitar / G. E. Smith – Guitar / Snowy White - Guitar / Jon Carin – Keyboards / Graham Broad - Drums / Harry Waters – Keyboards / Robbie Wyckoff - Lead Vocals / Jon Joyce - Backing Vocals / Kipp Lennon - Backing Vocals / Mark Lennon - Backing Vocals / Pat Lennon - Backing Vocals

2010年10月06日

レインボー歴代ヴォーカリストが集結の来日ライブ!

ajd930sp.jpg

◆ ALCATRAZZ / LOAR OF THE RAINBOW (3CDR)
この商品はこちらから

3人のレインボー歴代ヴォーカリストが初めて同じステージに集結するという、日本だけのスペシャル・ライブ・ツアーとなった、アルカトラズ2010年のジャパン・ツアーより、最終日となった9月30日東京、渋谷C.C.Lemonホールでのライブを、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターよりコンプリート収録。しかも当日ジョイントで出演したジョー・リン・ターナーのバンドのライブも収録されており、まさに往年のレインボー・ファンにとっては夢のような一夜を完全再現。まず、アルカトラズはMSGナンバーでスタート。グラハム・ボネットのボーカルもこの日は安定しており、その後はレインボー・ナンバーも交えながら、イングウェイ時代の代表曲をメインに、ラストはジョーとドゥーギーも飛び入りし、”Long Live Rock'n'Roll”で大盛り上がりで終演。そして後半、日本人4人をバックにジョーが登場すると、もうまさにレインボー・クラシックのオンパレード。そして中盤には再結成レインボーの4代目シンガー、ドゥーギー・ホワイトも登場し、『孤高のストレンジャー』からのナンバーまで披露。その後は”Stargazer”からラストの”Power”まで、再びレインボー・キラー・チューンの連発。もう2度と観ることもないかもグラハム、ジョー、ドゥーギーによる歴史的パフォーマンスを最高のクオリティーで収めた必聴メモリアル・アイテム!

DISC ONE: 01. Intro / 02. Assault Attack / 03. Too Young To Die, Too Drunk To Live / 04. Since You Been Gone / 05. God Blessed The Video / 06. Love's No Friend / 07. Kree Nakoorie - Hiroshima Mon Amour - Kree Nakoorie / 08. Will You Be Home Tonight / 09. Sky Fire / 10. Suffer Me - Howie Guitar Solo /11. Bad Girl /12. Jet To Jet (incl.Dr Solo) / 13. Lost In Hollywood
DISC TWO: 01. All Night Long (w/ Joe&Doogie) / 02. Long Live Rock'n'Roll (w/ Joe&Doogie)
[ALCATRAZZ :Graham Bonnett (Vo) / Howie Simon (G) / Tim Luce (B) / Jeff Bowders (Ds)]
DISC THREE: 01. Intro / 02. Spotlight Kid / 03. I Surrender / 04. Drinking With The Davil / 05. Street Of Dreams 06. Black Masquerade (Doogie) / 07. Ariel (Doogie) / 08. Hall Of The Mountain King (Doogie) 09. The Temple Of The King (Doogie) / 10. Stargazer / 11. Can't Let You Go / 12. Can't Happen Here 13. Death Alley Driver / 14. Power (w/Doogie)
[JOE LYNN TURNER BAND]
Recorded Live at C.C Lemon Hall, Tokyo, Japan, Sep 30, 2010

2010年10月05日

メタリカ2010年来日公演の決定版アイテム!

see141c.jpg

◆ METALLICA / THE NIGHT OF THE SHIVER 2010 (4CDR)
この商品はこちらから

単独ツアーとしては2003年以来7年振りとなる、「デス・マグネティック」リリースを引っさげてのワールド・ツアーより、2010年来日公演2Daysの9月25&26日、さいたまスーパー・アリーナ公演の模様を、いずれもジェイムズがステージで使用しているノイズレスな比圧縮IEM(イン・イヤー・モニター)ソースと、24Bit/96kのDVDオーディオ規格で収録されたDATオーディエンス・マテリアルとを完全フル・マトリックスした、これ以上はあり得ないベスト・クオリティーにて2公演コンプリート収録。
オーディエンス録音のみでは再現しきれない、サウンドボードよりも表情豊かな三次元サウンドで、開演を告げるサクソンのB.G.Mからオープニング”Ecstasy Of Gold”に始まり、両公演ともに2時間15分にわたりカンペキなクオリティーで再現。そして演奏の方も、“Creeping Death”でジェイムズが相変わらずのヴォーカルで吠え、エモーショナルなロバート・トゥルージロのイントロがグッとくる“For Whom The Bell Tolls”、ステージ上で一発目のファイヤーが飛び出した“Fuel”あたりですでに最高潮。また“The Day That Never Comes”のラストでフロント3人によるスリリングなアンサンブルも素晴らしく、あちこちで高速モッシュが起こった“Master Of Puppets”ではジェームズの代名詞である超速ダウンピッキングが炸裂。そして“That Was Just Your Life”や“The End Of The Line”と「デス・マグネティック」からの楽曲も披露しながら初日は王道と云えるセットリストで、カークの泣きソロを挿み、“Nothing Else Matters”~“Enter Sandman”で本編のラストへ。そしてラストは指示により客電が点けられて“Seek And Destroy”でジ・エンド。
そして翌26日は前日とはセットリストも中盤からガラリと変え、”Through The Never”や”Fight Fire With Fire”といったレア・ナンバーもプレイしており、まさにファンにとっては至福の2日間。さらいボーナスとして24日に行われたサウンド・チェックの音源も2曲追加収録した、2010年来日公演の決定版マスト・アイテム!

DISC1 / Heavy Metal Thunder (B.G.M) / The Ecstacy Of Gold / Creeping Death / For Whom The Bell Tolls / Fuel / Harvester Of Sorrow / Kirk Doodle #1 /Fade To Black / That Was Just Your Life / The End Of The Line / Sad But True / Robert Doodle / The Day That Never Comes / Broken, Beat & Scarred
DISC2 / One : Intro / One / Master Of Puppets / Blackened / Kirk Doodle #2 / Nothing Else Matters / Enter Sandman / The Frayed Ends Of Sanity Jam / Am I Evil? / Whiplash / Seek and Destroy / Wasting My Hate Outro / Message / Cyanide (soundcheck)*
[Recorded Live At Saitama Super Arena, Saitama, Japan, 2010 Sep 25]

DISC3 / Heavy Metal Thunder (B.G.M) / The Ecstacy Of Gold / Creeping Death / Ride The Lightning / Through The Never / Disposable Heroes / The Memory Remains / That Was Just Your Life / Cyanide / Sad But True / Robert Doodle / The Unforgiven III / ...And Justice For All
DISC4 / One : Intro / One / Master Of Puppets / Fight Fire With Fire /Kirk Doodle / Nothing Else Matters / Enter Sandman / Suicide & Redemption Jam / Stone Cold Crazy / Motorbreath/ Seek and Destroy/ Wasting My Hate Outro / Message / Welcome Home (soundcheck)*
[Recorded Live At Saitama Super Arena, Saitama, Japan, 2010 Sep 26 2010]
(Sound-check from Sep 24, 2010)

2010年10月04日

新世代ギタリスト、オリアンティ!

line088d.jpg
◆ ORIANTHI / WILD FLOWER VIDEO COLLECTION (1DVDR) この商品はこちらから

オリアンティはオーストラリアのアデレードで生まれ、15歳でスティーヴ・ヴァイのサポート・メンバーとして初めてコンサートに出演し、18歳にしてカルロス・サンタナと共演。その後、プリンスとの共演、エリック・クラプトンが主催したクロスロード・ギター・フェスティバルへの参加などの実績を積み重ね、ついに2009年、マイケル・ジャクソンのコンサート、「THIS IS IT」のリード・ギタリストに起用されることになったことで、世界中にその名が知られることに。そんな彼女の2006年から2010年におけるライブ映像をトータル98分にわたりコンパイル収録。一部オーディエンス・ソースもあるものの、そのほとんどがオフィシャル・クオリティーのプロショット映像で、2010年リリースの「According To You」のプロモーション用ライブを中心に、ストレートなR&Rからハード・ナンバーまで豪快かつテクニカルなギター・プレイを披露。さらに敬愛するスティーヴ・ヴァイとの共演シーンも収めた彼女のヒストリー的映像集。

[Video Collection 2006-2010]
01. EPK / 02. According To You(Clip) / 03. Les Paul Tribute with Rick Nelson / 04. According To You with Jordan Staal & Patrick Kane 05. Drive Away(Acoustic Live) / 06. According To You(Key On Main) / 07. Drive Away(Acoustic Live) / 08. What's It Gonna Be / Bad News / 09. According To You(New Years Rock's Eve 2010) / 10. Making of Highly Strung ft. Steve Vai / 11. Highly Strung ft. Steve Vai / 12. According To You(ABC LIVE) / 13. Guitar Solo(1057 Music) / 14. According To You(Fox Tv Acoustic Live) / 15. According To You(ABC Live 2010) / 16. According To You(w/interview) / 17. According To You(Walmart Soundcheck) / 18. Feels Like Home / 19. interview / 20. According To You(94.3FM Studio) / 21. Feels Like Home(Best Buy Union Square) / 22. What's It Gonna Be(Best Buy Union Square) / 23. interview(Kiss FM) / 24. Song For Steve(Live) / 25. NAMM 2006 part.1 / 26. NAMM 2006 part.2