« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月30日

今年もありがとうございました。

2010年も終わろうとしていますが、
今年もお世話になりましてありがとうございました。

年末・年始の営業時間等につきまして、ご案内させていただきます。

よってご来店や電話でのお問い合わせ&ご注文は、
下記の時間内にてお願いいたします。

年末年始の営業
◇2010. 12.28(火) - 12.30(木) 12:00 - 20:00
◇12/31 & 1/1&2 (3日間)  CLOSED!!
◇2011. 1.3 (月) - 1.10 (月) 12:00 - 20:00
◇2011. 1.11 (火)より平常どおり 12:00 - 22:00

尚、WEBサイトは年末・年始もまったく通常通りご利用いただけます。
http://www.jgarage.com/index.php?main_page=products_new

京都に初詣、帰省等で来京の際は、是非お立ち寄り下さいませ。
では皆様も良いお年を!

----------------------------------------
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe's Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com

2010年12月26日

ポール・マッカートニー、最新ライブのおすすめ映像!

pmso10bds.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / UP AND COMING IN SOUTH AMERICA 2010 (2DVDR) この商品はこちらから

2010年『アップ・アンド・カミング』南米ツアーは11月7日ブラジルからスタート。そのうちハイライトと言えるアルゼンチン2公演、およびブラジル、サンパウロ公演の計3公演を、すべて現地TVオンエアー・マスターからのプロショット映像でコンパイルした、まさに本ツアーの映像決定版がここに。まずDisc:1には11月10&11日の2日間にわたり行われたアルゼンチン、ブエノスアイレス公演での、初日10日公演の模様を、2時間43分に及び完全コンプリート収録。本ツアーの中でもベストと言えるコンサートの模様を、完全再現したもので、しかも今回のツアーの定番セットによるショーは、おなじみ”Venus And Mars/Rock Show/Jet”でスタートし、日替わりのナンバーとしては、”Got To Get You Into My Life”や、”I'm Looking Through You”に” Two Of Us”等をプレイ。まさに2010年ツアーの全貌を知るには必見映像。さらにDisc:2の前半には2日目、11日公演の模様を、現地TVオンエアー・マスターから1時間のダイジェストで収録。コンプリートではないものの、特筆すべきはセット内容で、前日はこれまでのUSツアーと変わらないものながら、こちらの2日目は今までとは異なり、オープニングが”Magical Mystery Tour”にチェンジ。さらにアコースティック・コーナーでも1曲追加され、「Band On The Run」の再発もあってか、”Bluebird”をプレイ。本ツアー初の大幅セット・チェンジゆえにファンは要チェック。さらに後半には11月21&22日の2日間にわたり行われた最終公演地ブラジル、サンパウロ公演での、初日21日公演の模様を、こちらも現地TVオンエアー・マスターから1時間のダイジェストで収録。こちらもコンプリートではないものの、”Bluebird”もしっかり収録されており、鮮やかなブルー・ジャケットで登場したポールの雄姿と、大熱狂のスタジアム・ライブでの盛り上がりが伝わるトータル118分。2010年ツアーの締めくくりであり、決定版といえる必携マスト・アイテム!

DVD ONE:01. Concert Opening/02. Venus And Mars / Rock Show / Jet/03. All My Loving/04. Letting Go/05. Got To Get You Into My Life/06. Highway / 07. Let Me Roll It / Foxy Lady/08. The Long And Winding Road/09. Nineteen Hundred And Eighty Five/10. Let'Em In/11. My Love/12. I'm Looking Through You / 13. Two Of Us/14. Blackbird/15. Here Today//16. Dance Tonight/17. Mrs.Vanderbilt/18. Eleanor Rigby/19. Something/20. Sing The Changes/21. Band On The Run/22. Ob-La-Di, Ob-La-Da/23. Back In The U.S.S.R./24. I've Got A Feeling/25. Paperback Writer/26. A Day In The Life / Give Peace A Chance/27. Let It Be/28. Live And Let Die/29. Hey Jude / 30. Day Tripper/31. Lady Madonna/32. Get Back/33. Yesterday/34. Helter Skelter/35. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (reprise) / The End
[Pro-Shot Live At Estadio River Plate, Buenos Aires, Argentina 11.10.2010 NTSC 4:3 Color, Dolby Digital Stereo 163min.]

DVD TWO:01. TV Introduction/02. Magical Mistery Tour/03. Jet/04. All My Loving/05. My Love/06. Dance Tonight/07. Something/08. Band On The Run/09. Ob-La-Di, Ob-La-Da/10. Back In The U.S.S.R./11. Let It Be/12. Live And Let Die/13. Day Tripper/14. Get Back/15. Yesterday/16. Hey Jude
[TV Live At Estadio River Plate, Buenos Aires, Argentina 11.11.2010]
17. Venus And Mars / Rock Show / Jet /18. All My Loving /19. My Love /20. Blackbird/21. Dance Tonight/22. Band On The Run/23. Ob-La-Di, Ob-La-Da/24. Let It Be/25. Live And Let Die/26. Get Back/27. Yesterday/28. Helter Skelter/29. Sgt. Pepper's Loney Hearts Club Band (reprise) / The End
[TV Live At Morumbi Stadium, Sao Paulo, Brazil 11.21.2010]


2010年12月25日

ビートルズ定番ライブ映像のベスト・クオリティー!

tbwa64bdd.jpg



◆ THE BEATLES / LIVE AT WASHINGTON D.C. 1964 (1DVDR) この商品はこちらから

アメリカ初上陸の歴史的コンサートとして古くからおなじみの、1964年2月11日ワシントンD.C公演の映像が、ついに完璧な内容とクオリティーにて、完全決定版としてここに。まず過去流通していた映像は、プレス盤等で最高の画質と賞されて流通していたアイテムなども、全て劇場公開用の16mmフィルムを使用したもので、修正などされていたものの、やはり不完全収録だったうえ、クオリティー的にもベストとは言い難いものばかり。それが2010年関係者からついに、そのフィルム・バージョンとはまったく別で保管されていた、まさにオフィシャル・クオリティーのビデオ・バージョンが流出。マニアの間では「アップル・ビデオ・マスター」と称され、海外の一部マニアに大きな衝撃を与えたその映像は、まず開演アナウンスの後に聴衆に揉まれながら縫うようにしてステージに現れ、機材のセッティングやチューニングを行なう様子から始まり、最後にステージを降りるところまで、これまでとは比較にならない高画質かつサウンドで41分にわたり完全収録。そして特筆すべきは、これまで未収録だったり、一部しか流通していなかった”Twist And Shout”も全曲完全収録されており、さらにエンディングの”Long Tall Sally”もキチンと当日の映像でラストまで収められており、そして終演アナウンスや、ライブ終了後、会場に一礼し、ジョンとポールは楽器をそのまま自分の手で持っていき、ジョージだけは楽器を床に置いてステージを降りる、まさに当日のライブ・ドキュメントをリアルに再現。一部オークションに出品され話題も呼んだビデオ・ソースからのお蔵入りしていたこの完全版の登場は、ビートルズ・コレクターにとってまさに奇跡と言えるもので、オフィシャル・リリースがない限りはこれ以上望めないであろう必携マスト・アイテム。

01. Introduction/02. Concert Opening/03. Roll Over Beethoven/04. From Me To You/05. I Saw Her Standing There/06. This Boy/07. All My Loving/08. I Wanna Be Your Man/09. Please Please Me/10. Till There Was You/11. She Loves You/12. I Want To Hold Your Hand/13. Twist And Shout/14. Long Tall Sally

[At Washington Coliseum, Washington D.C. 11th February 1964 :2010 apple video master :41min.]

2010年12月23日

史上最年少グラミー受賞のテイラー・スウィフト映像集!

JPD566d.jpg



◆ TAYLOR SWIFT / 13 CHARM 2006-2009 ANTHOLOGY (2DVDR)この商品はこちらから

2010年史上最年少グラミー賞最優秀アルバム賞を受賞、カントリー界から出現し、この時点で全世界1,300万枚のアルバム・セールスを記録し、全ジャンルのリスナーを虜にした美貌のシンガーソングライター。その驚くほどロックなステージングを含めたテイラー・スウィフトの映像集第1弾がここに。まず2006年デビュー時からブレイクする2009年までのビデオ・クリップと様々なTVライヴを時系列に徹底的に網羅。全ての楽曲に発売時のデータ記載のオリジナル・スレートも映像に含まれており、データを確認しながら彼女のアーティストとしての成長過程を見る事ができるというもの。デビュー時のカントリー色濃い名曲群から、名曲"LOVE STORY"でブレイクし、デフ・レパードとの共演ライヴなど、この時期の彼女の魅力を余すところ無く伝える内容。さらにDisc:2には2010年10月、3度にわたり放映された特別プログラム"JOURNEY TO FEARLESS"を132分コンプリート収録。デビュー前の生い立ちから2010年FEARLESSツアーまでの秀逸なドキュメント番組でライヴ映像もたっぷり収録されており、会場の熱狂的観客一人一人をハグする光景などは感動もの。
(DISC-1:120mins) Opening / TIM McGRAW (2006 P.V)/ The Star-Spangled Banner (2006 Checker Auto Parts 500)/ TEARDROPS ON MY GUITAR (2007 P.V.)/ OUR SONG (2007 P.V)/ THE OUTSIDE (2007 Unplugged at Studio 330 CMT)/ TIM McGRAW (CMA 2007 November 7)/ CHRISTMAS WHEN YOU WERE MINE (Today Show
2007 Dec)/ PICTURE TO BURN (2008 P.V)/ PICTURE TO BURN (2008 CMT Music Awards)/ SHOULD'VE SAID NO (2008 Academy of CMA, May 18th 2008)/ I'M ONLY ME WHEN I'M WITH YOU (2008 P.V.)/ BEAUTIFUL EYES(2008 P.V.)/ CHANGE (2008 P.V)/ LOVE STORY (2008 P.V.)/ LOVE STORY (ELLEN Show 2008)/ LOVE STORY (CMA Awards 2008)/ I'M SORRY - WHITE HORSE (Grammy Nominations Concert'08)/ WHITE HORSE (2009 P.V.)/ CRAZIER (HANNAH MONTANA THE MOVIE)/ YOU BELONG WITH ME (2009 P.V)/ YOU BELONG WITH ME (Sydney Sound Relief)/ TEARDROPS ON MY GUITAR (Paul O´Grady Show)/ FIFTEEN (Jools Holland '09)/
LOVE STORY (Jools Holland '09)/ OUR SONG (TODAY SHOW '09)/
LOVE STORY (TODAY SHOW '09)/ YOU BELONG WITH ME (TODAY SHOW '09)/ RUN (George Strait Decade Concert)/ YOU BELONG WITH ME (CMT Music Awards '09)/ POUR SOME SUGAR ON ME (with DEF LEOPPARD, CMT Music Awards '09)

(DISC-2 :132mins)
[ TV Special "JOURNEY TO FEARLESS 2010" Episode 1-3]
Episode 1: You Belong With Me / "childhood/Nashville/Debut"/ Tim McGraw / "Highschool/Abigail"/ Fifteen / Teardrops On My Guitar /
"Fearless release"/ Our Song
Episode 2: Opening / Today Was A Fairytale 1/ "1st Headlining Tour"/ Today Was A Fairytale 2 / "Audition/Rehearse"/ Love Story / Hey Stephen / "Crime Movie/Backstage T Party"/ "The Band"/
Tell Me Why / "Mom and Dad"
Episode 3: "Tour 2009-2010"/ Fearless / "We Love Taylor"/ Forever And Always / "Tour Over The World"/ Picture To Burn / "Gillette Stadium, Foxboro. June 5 2010" / Shouldve Said No / Ending
(*Original run October 22, 2010- October 24, 2010)


2010年12月22日

追悼キャプテン・ビーフハート

freaks201c.jpg



◆ CAPTAIN BEEFHEART & THE MAGIC BAND / THE COMPLETE REPRISE (3CDR)この商品はこちらから

フランク・ザッパの盟友であり、60年代後半から80年代初めまでは自身のマジック・バンドを率い、ブルースに深くインスパイアされつつ、フリー・ジャズや現代音楽の要素を取り入れた実験的なサウンドを追求し続けたキャプテン・ビーフハートこと、ドン・ヴァン・ヴリート。その彼が2010年12月17日、合併症により69才で死去。実質的には1982年以降ミュージック・シーンから退き、それ以後は前衛的な絵画家としてとして活動しながらも、その高い音楽性で今尚多くのフォロワーを生み出し、彼を崇拝するミュージシャンも多数。そのビーフハートの、まさに音楽活動の絶頂期と言える1971年から72年、当時のワーナー傘下のリプリーズで吹き込んだ2枚のアルバム「KISS ME WHITE I CAN’T」と「BROWN STAR」のレコーディング&アウトテイク、及びセッション・テイクなど、その全てをカンペキなサウンドボード・ソースにて収録。これまでにも「THE SPOTLIGHT KID」のアウトテイクスとして、リプリーズの関係者から流出した音源が各方面に断片的に流通していた中、2010年初頭に全テイク、マスタリングも施されサウンド・バランスや定位などもキチンと整備され新たに流通した音源をコンパイルしたのが本タイトル。そしてその内容は、そのほとんどが1971年の10月から11月の短期間に、すさまじい集中力でレコーディングされたテイクで、「THE SPOTLIGHT KID」に収録されるナンバーのアウトテイクから、お蔵入りとなった2枚のアルバムに収録予定だったナンバー、そして「Pompadour Sessions」と称されるロング・セッションに、1972年初頭に行われた「The Acoustic Blues Session」まで、この当時の充実ぶりが凝縮。もちろんヴォーカル・パートにおけるビーフハートのハウリン・ウルフばりの吠えっぷりは、まさに絶好調。さらにマリンバのアート・トリップ、ギターのエリオット・イングバーら、変名を用いた元マザーズのメンツの参加により、ザッパの楽曲も含めた60’sマザーズ色の強いサウンドが聞けるあたり、ザッパ・ファンも要チェック。さらにボーナスとして、1978年のアルバム「Shiny Beast」レコーディング時のデモ・トラックを4曲追加収録。こちらもマスタリングされたサウンドボード・ソースで、ソリッドかつラフな演奏を18分にわたり披露。永遠のカリスマの貴重な音源を、3時間14分のフル・ヴォリュームで凝縮、ザッパ・ファンも必聴と言える追悼マスト・アイテム。


Disc One :
01. Drink Paint Run Run (7:28)
02. Seam Crooked Sam (Version 2) (2:18)
03. Dirty Blue Gene (Version 1) (2:54)
04. Sun Zoom Spark (Version 3) (4:12:283)
05. Kiss Me My Love (2:38)
06. Funeral Hill (Version 1) (6:46)
07. Harry Irene (jazzy guitar version) (2:51)
08. Open Pins (improved sound) (5:41)
09. Dual & Abdul (2:44)
10. Semi-Multicoloured Caucasian (Version 2 : different guitar outro) (3:05)
11. Balladino (2:27)
12. Clear Spot (Instrumental) (4:46)
13. Circumstances (marimba, harmonica, different to Clear Spot o/t) (9:09)
14. I’m Gonna Booglarize You, Baby (Instrumental) (5:54)
15. Low Yo Yo Stuff (Instrumental) (6:08:188)
16. Semi-Multicoloured Caucasian (Version 1) (4:11)
17. Little Scratch (iVersion 2 : improved) (2:53)

Disc Two :
01. Suzy Murder Wrist (3:47)
02. U Bean So Cinquo (2:51)
03. The Witch Doctor Life (3:51)
04. Little Scratch (Version 1) (4:48)
05. Flaming Autograph (4:44)
06. Love Grip (4:48)
07. No Flower Shall Grow (5:44)
08. Best Batch Yet (Version 1) (3:40)
09. Your Love Brought Me To Life (4:10)
10. That Little Girl (5:18)
11. Campfires (5:47)
12. Well Well Well (Lick My Decals Off Baby o/t) (1:57)
13. Funeral Hill (Version 3) (3:55)
14. Seam Crooked Sam (Version 1: improved sound) (2:15)
15. Alice In Blunderland (improved sound) (3:55)
16. Funeral Hill (Version 2 : improved sound) (3:17)
17. Best Batch Yet (Version 2 : improved sound) (2:14)
18. Dirty Blue Gene (Version 2 : : improved sound) (3:14)
[October-early November 1971 / Record Plant Studios, Los Angeles, CA, USA]

Disc Three :
01. Pompadour I (13:54) 2 takes
02. Pompadour II (12:41) 5 takes
03. Sun Zoom Spark (Version 1) (8:03)
04. Scratch My Back (1:51)
05. Blues Medley : Down In The Bottom / Key To The Highway / Grandpa Don’t Love Grandma No More (7:16)
06. Sun Zoom Spark (Version 2) (8:28)
[Acoustic Blues Session early 1972 / Amigo Studios, Sherman Oaks, North Hollywood, CA, USA]
◇LINEUP:
Captain Beefheart (Don Van Vliet) - vocals, harmonica, jingle bells
Zoot Horn Rollo (Bill Harkleroad) - guitar, slide guitar
Rockette Morton (Mark Boston) - bass, guitar
Drumbo (John French) - drums, percussion
Ed Marimba (Art Tripp) - drums, percussion, marimba, piano, harpsichord
Winged Eel Fingerling (Elliot Ingber) – guitar

07. Suction Prints
08. When I See Mommy, I Feel Like a Mummy
09. The Witch Doctor Life
10. Candle Mambo
[Shiny Beast Demos :14minutes / Van Nuys California, USA 1978]
◇LINEUP:
Don Van Vliet - vocals, harmonica, soprano sax, whistling
Jeff Moris Tepper - slide guitar, guitar
Bruce Lambourne Fowler - trombone, bass
Eric Drew Feldman - synthesizer, Rhodes piano, grand piano, bass
Richard Redus - bottleneck guitar, guitar, accordion, fretless bass
Robert Arthur Williams - drums, percussion


2010年12月21日

フレッド・フリス伝説の来日公演がついに国内盤CD化!

lsi2116.jpg



◆ フレッド・フリス / ライブ・イン・ジャパン (国内盤1CD)この商品はこちらから

鬼才ギタリストの1981年の初来日ツアーを収めた幻の2枚組限定LPがついにCD化!

前衛ロック・バンド、ヘンリー・カウ在籍時から "Guitar Solos" のLPシリーズやコンサートでソロの即興演奏を追究していたフレッド・フリス。ギターからより多様で豊かな音響を引き出す過程で、テーブルの上に横たえた2台のプリペアド・ギター(内1台はダブルネック)を様々な方法で演奏するスタイルを編み出し、その集大成となったのが81年(マサカーと同時期)の初来日ツアーだった。招聘元の音楽雑誌フールズ・メイト/Recommended Records Japan から翌年1000セット限定でリリースされた2枚組LPは、重要作にもかかわらずマスター・テープ紛失のためこれまで再発されることのなかったレア盤である。リリースから28年を経て、ヴィニール盤からの緻密な復元作業と最新のリマスタリング技術によってこのたび初めてCD化。

2010年12月19日

年末・年始のご案内です

いつもありがとうございます。
今年もあと残すところ2週間となりましたが、
年末・年始の営業時間等につきまして、ご案内させていただきます。

よってご来店や電話でのお問い合わせ&ご注文は、
下記の時間内にてお願いいたします。

年末年始の営業
◇2010. 12.28(火) - 12.30(木) 12:00 - 20:00
◇12/31 & 1/1&2 (3日間)  CLOSED!!
◇2011. 1.3 (月) - 1.10 (月) 12:00 - 20:00
◇2011. 1.11 (火)より平常どおり 12:00 - 22:00

尚、WEBサイトは年末・年始もまったく通常通りご利用いただけます。
http://www.jgarage.com/index.php?main_page=products_new

またショップも年内、まだまだ新タイトル入荷いたしますし、
ご好評のサービス・チケットも年内配布していますので、
お近くに来られた際には、是非ご来店下さい。

では今年も残りわずかとなりましたが、よろしくお願いいたします。

----------------------------------------
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe's Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com

js_newmap.jpg

2010年12月18日

31年前のケイト・ブッシュ、クリスマス映像の決定版!

impn029c.jpg



◆ KATE BUSH / KATE THE CHRISTMAS TV SHOW 1979 (1CD+1DVDR)この商品はこちらから

1979年12月28日にイギリスでテレビ放映された、ラスト・パッケージ・ショー『KATE』を、高音質セミ・ステレオ音源で収録したプレスCDと、同ショーのプロショット映像を最高画質&リマスター・サウンドで収録し、さらに全編に日本語字幕を施したDVD-Rとのカップリング収録したものが、IMPレーベルよりここに。

同年行ったコンサート・ツアーさながらに自身のバンドを従え、縦横無尽に妖艶なステージとパフォーマンスを展開したこのTVショーの最大の見所は、ゲストに迎えたP・ガブリエルが「Here Comes The Flood」をソロで熱唱し、さらに「Another Day」ではデュエットも披露。他にもショーの始まりを告げるOpening Scat、エリック・サティの「Gymnopedia No.1」、ガブリエルを紹介する混声アカペラなど、このショーでしか味わえないレア・セットが満載。もちろんケイトのパフォーマンスも素晴らしく、パンキッシュなロックンロールとエロティックな歌詞が炸裂する「Violin」、ロンドンの冬を俯瞰的ファンタジーで描く「December Will Be Magic Again」、映画からインスパイアされたサスペンス仕立ての「The Wedding List」、10代の失恋と苦悩、そして精神的解放を綴った私小説「Symphony In Blue」、そして当時20代前半とは思えぬシュールかつシニカルな視座の「The Ran Tan」等々、彼女の多彩で瑞々しい音楽的才能が万華鏡のごとく開花。そのサウンドボード音源に加えてCDには、さらにボーナス・トラックとして、1987年7月28日、ロンドンのアールズ・コートでのガブリエルのコンサートに飛び入りし「Don't Give Up」をデュエットした際の模様も収録!
さらにDVD-Rの映像は、UK:PALマスターからの高画質映像をダイレクトにDVD化しており、音質も、ワイドレンジ・サウンドにリプレイス。さらに難解と言われるケイトの妖しい情念とイノセントな心的情景とが交錯する歌詞の世界を解き明かし、葛藤と解放、セックス&ドラッグ、そしてファンタジーとリアリズムとの対比が織りなすその歌世界を、全編余すところ無く伝える日本語翻訳字幕入り。あの素晴らしいステージが、至福のビジュアル作品となり、まさにベスト・クオリティーのプラチナム・エディションで登場。


(DISC-1:CD) 01. Opening Scat /Violin 02. Gymnopedia No.1 / Symphony In Blue 03. Them Heavy People 04. A Cappella Introduction For Peter Gabriel / Here Comes The Flood 05. The Ran Tan 06. December Will Be Magic Again 07. The Wedding List 08. Another Day 09. Egypt 10. The Man With The Child In His Eyes 11. Don't Push Your Foot On The Heartbrake
12. Ending (Wuthering Heights) [Bonus Track : Live at Earls Court, London, June 28th 1987] 13. Don't Give Up (Duet with Peter Gabriel)

(DISC-2:DVD-R:日本語字幕入り) 01. Slate 02. Opening Scat 03. Violin 04. Gymnopedia No.1 05. Symphony In Blue 06. Them Heavy People 07. A Cappella Introduction For Peter Gabriel 08. Here Comes The Flood 09. The Ran Tan 10. December Will Be Magic Again 11. The Wedding List 12. Another Day 13. Egypt 14. The Man With The Child In His Eyes 15. Don't Push Your Foot On The Heartbrake 16. Ending (Wuthering Heights)


2010年12月15日

エドガイ&メタル・ファン必聴!

north05m.jpg



◆ TOBIAS SAMMETT'S AVANTASIA / LEGEND OF MASTERS (3CDR)この商品はこちらから

90年代以降、ジャーマン・メタル・シーンの中心バンドのひとつとして君臨するEDGUY。そのシンガーでありソングライターでもあるトビアス・サメットのソロ・プロジェクトとなるアヴァンタジアの、東京公演のみ行われた、2010年12月8日品川プリンス・ステラボール公演を、オリジナル・オーディエンス・マスターにデジタル・リマスタリングを施したサウンドボード・レベルのクオリティーにてコンプリート収録。なんと言ってもハイライトは、マイケル・キスク17年ぶりの来日公演と、アンコールのスピード・チューン「Shelter From the Rain」でマイケル・キスクと、ギタリストとしてのカイ・ハンセンの共演がハロウィン以来実現。そして同年の「High Voltage Festival」でのDIO Tributeで活躍し、前回公演も参加しているヨルン・ランデに、今回が初来日となるMAGNUMのボブ・カトレイも63歳という年齢を微塵も感じさせない素晴らしい歌声を披露。さらにギター、コーラスで参加していたAT VANCEの実力派シンガー、オリヴァー・ハートマンも「Stargazers」で一気に爆発。その劇的な一夜を、会場さながらの臨場感溢れるサウンドで再現しており、ソングライターとしても素晴らしい実力を発揮しているトビアス・サメットと、偉大なボーカリスト達による一夜だけの壮大なメタル・オペラは、永遠の伝説になること間違いなし。さらに2008年6月13日、同会場によるアンドレ・マトスが参加した来日公演から前半10曲を、こちらもオリジナル・マスターを用いたハイクオリティー・オーディエンス録音にてボーナス・トラックとして追加収録。

DISC 1:01. Intro 02. Twisted Mind 03. The Scarecrow(with Jorn Lande) 04. Promised Land(with Jorn Lande) 05. Serpents In Paradise(with Jorn Lande) 06. The Story Ain't Over(with Bob Catley) 07. Reach Out For The Sky(with Michael Kiske) 08. The Tower(with Michael Kiske) 09. Death Is Just A Feeling(with Kai Hansen) 10. Lost In Space 11. In Quest For(with Bob Catley)
DISC 2:01. Runaway Train(with Jorn Lande & Bob Catley) 02. Dying For Angel(with Michael Kiske) 03. Stargazers(with Michael Kiske & Jorn Lande, Oliver Hartmann ) 04. Farewell(with Amanda Somerville) 05. The Wicked Symphony(with Jorn Lande & Oliver Hartmann ) -enocore- 06. The Toy Master(with Kai Hansen) 07. Shelter From The Rain(with Michael Kiske & Bob Catley, Kai Hansen on Guitar)08. Avantasia(with Michael Kiske, Kai Hansen on Guitar)
DISC 3:01. Sign Of The Cross/The Seven Angels(All)
*Tobias Sammet (EDGUY, AVANTASIA) – Lead Vocals / Michael Kiske (ex HELLOWEEN, UNISONIC) – Vocals / Kai Hansen (GAMMA RAY, ex HELLOWEEN) – Guitar, Vocals/Jorn Lande (MASTERPLAN, JORN) – Vocals / Bob Catley (MAGNUM) – Vocals /Amanda Somerville – Vocals / Sascha Paeth (ex HEAVEN'S GATE) – Guitar / Oliver Hartmann (ex AT VANCE) – Guitar, Vocals / Michael “Miro” Rodenberg (AVANTASIA) – Keyboards / Robert Hunecke (ex HEAVEN'S GATE) – Bass / Felix Bohnke (EDGUY) – Drums
[Recorded at Shinagawa Prince Stellar Ball, Tokyo, Japan, December 8th, 2010]
02. Intro 03. Twisted Mind 04. The Scarecrow(with Jorn Lande) 05. Another Angel Down(with Jorn Lande) 06. Prelude 07. Reach Out For The Light(with Andre Matos) 08. Inside(with Andre Matos) 09. No Return(with Andre Matos) 10. The Story Ain't Over 11. Shelter From The Rain(with Andre Matos)
[Recorded at Shinagawa Prince Stellar Ball, Tokyo, Japan, June 13th, 2008]

2010年12月14日

根強いTOTOファンに送る必見ライブ

nd2461d.jpg



◆ TOTO / BOSPOP FESTIVAL 2010 (1DVDR)この商品はこちらから

2008年にTOTOとしての活動を一旦終えると、スティーヴ・ルカサーから発表され、事実上活動を停止していた彼等が、2010年の夏期間のみ限定での再結成ツアーを敢行。これはベースのマイク・ポーカロが2007年からALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病と闘っており、今回のコンサートの収益から難病の研究開発費用や、マイクの治療費にあてるというシリアスな面を持つものに。そしてそのメンバーはスティーブ・ルカサー、サイモン・フィリップスのほかデビッド・ペイチがステージに復活し、スティーヴ・ポーカロもカムバック。さらにベースには今回はネーサン・イーストが参加し、ボーカルにはジョセフ・ウィリアムズというメンバー構成ゆえに、80年代のナンバーなども多数セットイン。ここでは本ユーロ・ツアーより7月11日、オランダで開催された「BOSPOP FESTIVAL」に参加した際のステージを、TVオンエアー・マスターからのオフィシャル・クオリティー、プロショットにて74分にわたり収録。一部カットもあり、コンプリートではないものの、後半の”Africa”から”Rosanna”そしてアンコールの”Hold The Line”まで、メインと言えるTOTOクラシックはカンペキに網羅。何より、この強力なメンバーでのパフォーマンスがプロショットで見れるということで、ファンは必見マスト・アイテム。
[Bospop Festival, Weert, Holland July 11 2010]
01.Child's Anthem/02.Till The End/03.Afraid Of Love/04.Lovers In The Night/ 05.I Will Remember/06.Pamela/07.Somewhere Tonight/08.I Can't Stop Loving you/ 09.Keyboard Extravaganza/10.Africa/11.Rosanna/12.Home Of The Brave/13.Hold The Line


2010年12月13日

ボン・ジョヴィ、サークル・ジャパンこれぞ決定版!

sne144bj.jpg



◆ BON JOVI / 2010 CIRCLE OF PEACEFUL (Limited:6CDR)この商品はこちらから

2010年「グレイテスト・ヒッツ」リリース後となる『The Circle』ジャパン・ツアーより、初日となる11月30日と翌12月1日の2日間にわたり行われた東京ドームでのライブを、いずれもジョンがステージで使用しているノイズレスな非圧縮イヤー・モニター・ソースからのサウンドボード音源と、フロント・ローで録音されたバランスの良い、奥行きのある極上オーディエンス・ソースとを完全フル・マトリックスしたパーフェクト・クオリティーにてここに。

ジョンのボーカル&アコーステイック・ギターが全面に、表情豊かに再現された三次元サウンドで、芯が通ったドーム公演らしからぬ奥行き、臨場感の両方を兼ね備えた、極上のマテリアルとなっており、そしてセット内容も両日共に『The Circle』からの楽曲は3曲におさえられ、それ以外は全て新旧のヒット曲で固められた、アコースティック・セットも含む、まさにグレイテスト・ヒッツなライブ。まず初日は、翌日はセット落ちしてしまった”Have A Nice Day”と”Something For The Pain”を含む全24曲。さらに翌1日公演は、初日より1曲少なかったものの、” Raise Your Hands”がセットインした全23曲。いずれも2時間半に及ぶ最高のパフォーマンスを最高のクオリティーで、ここに再現。さらに また、両日開演前に行われたサウンド・チェックの模様も、16曲トータル約100分にも渡り、こちらもジョンのイヤー・モニター・ソースより非圧縮収録。東京公演が約2ヶ月振りのツアー再開のステージとなったため、初日が約60分、2日目が約45分という濃い内容のサウンド・チェックで、しかも本番では結局プレイされなかった、「GREATEST HITS」収録の”No Apologies”も繰り返しプレイ。
さらに初回限定100セットのみ、12月1日最終公演におけるジョンのイヤー・モニター・ミックス音源をマトリックス前の状態で、14曲セレクトし、79分に渡り収録したボーナスCD-Rと、今ツアーでジョンが使用しているギター・ピックのレプリカをプラス封入。
これらのボーナス・アイテムは初回完全限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。


DISC1 / This Is Our House(S.E.) / Introduction / Blood On Blood / We Weren't Born To Follow / You Give Love A Bad Name / Born To Be My Baby / Lost Highway / Whole Lot Of Leavin' / When We Were Beautiful / It's My Life / I'll Sleep When I'm Dead / We Got It Goin' On / Bad Medicine/Pretty Woman/Shout / Lay Your Hands On Me (Richie on VOX)
DISC2 / What Do You Got? / (You Want To) Make A Memory / I'll Be There For You / Something For The Pain / Someday I'll Be Saturday Night / Work For The Working Man / Runaway / Have A Nice Day / Who Says You Can't Go Home / Keep The Faith / Wanted Dead Or Alive / Livin' On A Prayer / Blood On Blood (Inst)* / Blues Jam*
[Recorded Live at Tokyo Dome, Japan, November 30th, 2010]

DISC3 / This Is Our House(S.E.) / Introduction / Blood On Blood / We Weren't Born To Follow / You Give Love A Bad Name / Born To Be My Baby / Lost Highway / Whole Lot Of Leavin' / When We Were Beautiful / It's My Life / I'll Sleep When I'm Dead / We Got It Goin' On / Bad Medicine/Roadhouse Blues / Lay Your Hands On Me (Richie on VOX)

DISC4 / What Do You Got? / (You Want To) Make A Memory / I'll Be There For You / Someday I'll Be Saturday Night / Work For Working Man / Runaway / Raise Your Hands / Who Says You Can't Go Home / Keep The Faith / Wanted Dead Or Alive / Livin' On A Prayer / Raise Your Hands+ / Blues Jam+
DISC5 / We Weren't Born To Follow* / Whole Lot Of Leavin'*/ What Do You Got?* / (You Want To) Make A Memory* / Something For The Pain #1* / Something For The Pain #2* / We Got It Goin' On* / No Apologies Session+ / No Apologies #1+ / No Apologies #2+ / No Apologies #3+ / We Weren't Born To Follow+
[at Tokyo Dome, Japan, November 30th & December 1st, 2010]
(*Sound-Check at Tokyo Dome, Japan, Nov 30, 2010)
(+Sound-Check at Tokyo Dome, ,Japan, Dec 01, 2010)

DISC6 / Blood On Blood / You Give Love A Bad Name / Born To Be My Baby / Whole Lot Of Leavin' / It's My Life / Lay Your Hands On Me (Richie on VOX) / (You Want To) Make A Memory / I'll Be There For You / Someday I'll Be Saturday Night / Runaway / Raise Your Hands / Keep The Faith / Wanted Dead Or Alive / Livin' On A Prayer
[Jon's Monitor Material taken from Dec 01 at Tokyo dome]

2010年12月11日

最初期ビートルズのライブ映像!

mcdv25sp.jpg



◆ THE BEATLES / COME TO DOWN OUTTAKES (1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、1963年11月20日マンチェスターのABCシアターで行なわれたコンサート映像がプレスDVDにてここに。
このコンサートは映画館で上映するために、『COME TO TOWN』という作品にするためカラーで撮影されたもので、部分的に「Complete Beatles」や「Anthology」を始め、様々なドキュメンタリーでも使用されている、お馴染みの貴重な初期のカラー映像。しかし、これまで「Come To Town」は本編映像しか陽の目を見ていなかった中、本タイトルは過去ほとんど流通していない8本のリールに収録されたアウトテイクを、すべてコンプリート収録。さらに時間軸、シーン別に再構築したものを含め、本編はもちろん、全アングル違いのカメラ別、さらに会場やバックステージの様子など、そのほとんどが初登場のこの日の映像を余すところなく収めており、実際の演奏シーン以外でも、当日の会場の様子、セキュリティの様子、さらには映画のためのやらせっぽいファンが会場に侵入するシーンなどまでも収録。またメンバーがバック・ステージでふざけながらくつろいでいるシーンなども微笑ましく、それらすべてが鮮明なカラー映像にて。まだ世界へ出る前の人気が駆け上がる直前のツアーの様子ゆえ、初々しさも溢れる貴重な映像を、永久保存プレス盤にて。

01. Introduction Scenes 02. Scene 1 : On Stage, Camera A 03. Scene 2 : On Stage, Camera B 04. Scene 3-1 : On Stage, Camera C
05. Scene 3-2 : On Stage, Camera C With A 06. Scene 4 : Inside, Outside, At The Theatre 07. Scene 5 : A Press Conference 08. Scene 6 : Fans Invading 09. Scene 7 : In A Dressing Room 10. Scene 8 : The Concert Reels 11. Reel #1 : Unused Scraps 1 12. Reel #2 : "Come To Town" 13. Reel #3 : "Come To Town" Rough Edit 14. Reel #4 : Unused Scraps 2 15. Reel #5 : "Come To Town" For Tv Broadcast 16. Reel #6 : B&W Working Reel 17. Reel #7 : "Come To Town" 70mm Print For Cinema 18. Reel #8 : "Come To Town" 35mm Print For Cinema Extras 19. Alternate Outtakes (Half Speed) 20. B&W Unused Stage Scene 21. B&W 8mm Print For Sale 22. Multi Angle (Switchable) 23. More "Pathe" Rare Films - Future Release -
[ABC Theatre Manchester Lancashire U.K. 20th November 1963]


2010年12月08日

メタリカ、ツアー・ファイナル・ライブ!

sne144sp.jpg



◆ METALLICA / FINAL APOCALYPSE (6CDR) この商品はこちらから

2010年9月の来日公演後、2年にも及ぶ大規模な「DEATH MAGNETIC」ワールド・ツアーのファイナルとなったオーストラリア、メルボルン公演3DAYSの模様を、全公演、ジェイムズがステージで使用しているノイズレスな非圧縮イヤー・モニター・ソースからのサウンドボード音源と、P.A.卓内で録音されたバランスの良い、奥行きのある極上オーディエンス・ソースとを完全フル・マトリックスしたパーフェクト・クオリティーにてここに。
オーディエンス録音のみでは再現しきれない、表情豊かなサウンドで、トータル420分にわたり、日本公演同様に聞き応え充分のパフォーマンスを再現。しかもHouse S.EのSAXON「Heavy Metal Thunder」から客出しのB.G.Mまでをもすべてリアルに完全収録しており、しかも空前絶後の大盛上がりを見せたオーストラリア・ツアーの中でも、千秋楽らしくレア・セットリストを含む、ツアー集大成ともいえる超究極の内容。特にセットリストが驚異で、3日間で定番曲以外で日替わりでプレイされた曲は全33曲。しかもその33曲中ダブりでプレイされたのは何と「Fade To Black」のみなので、なんと32曲が日替わりセットインという激レアなもの。特にThe Shortest Straw、Orion、Jump In The Fire、The God That Failed、My Apocalypse、The Outlaw Torn 、Dyers Eve、The Unforgiven III、The Call Of Ktulu 、Trapped Under Ice あたりはなかなかプレイされておらず、コアなファンにはたまらない選曲。そして特製オリジナル帯付きで、さらに特典として今ツアーの11月21日最終公演でのみ使用された「FINAL APOCALYPSE」と刻印されたギター・ピックのレプリカを初回盤に封入。オリジナルはメルボルン公演用に150枚程しか作られていない、こちらもレアな逸品ゆえ、必携マスト・アイテム!

DISC1: Heavy Metal Thunder/The Ecstasy Of Gold/That Was Just Your Life/ The End Of The Line/Harvester Of Sorrow/ The Shortest Straw/ Kirk Doodle #1/Fade To Black/The Memory Remains/I Disappear/ Sad But True/Robert Doodle/Turn The Page/Orion
DISC2 : One:Intro/One/Master Of Puppets/Damage, Inc./Kirk Doodle #2/Nothing Else Matters/Enter Sandman/The Frayed Ends Jam/Breadfan/ Jump In The Fire/Seek And Destroy/Wasting My Hate Outro/Happy Birthday Kirk/Message/Outro S.E. (One/Iron Horse)
[Recorded Live at Rod Laver Arena, Melbourne, Australia, November 18, 2010]

DISC3 : Heavy Metal Thunder/The Ecstasy Of Gold/That Was Just Your Life/ Cyanide/Ride The Lightning/Through The Never/Kirk Doodle #1/Welcome Home (Sanitarium)/The God That Failed/My Apocalypse/ Sad But True/Robert Doodle/No Leaf Clover/The Outlaw Torn
DISC4 : One:Intro/One/Master Of Puppets/Dyers Eve/Kirk Doodle #2/Nothing Else Matters/Enter Sandman/Suicide & Redemption Jam/Stone Cold Crazy/Phantom Lord/Seek And Destroy/Wasting My Hate Outro/Message/Outro S.E. (One/Iron Horse)
[Recorded Live at Rod Laver Arena, Melbourne, Australia, November 20, 2010]

DISC5 : Heavy Metal Thunder/The Ecstasy Of Gold/That Was Just Your Life/ Fuel/Disposable Heroes/The Thing That Should Not Be/Kirk Doodle #1/ Fade To Black/Of Wolf And Man/Leper Messiah/Sad But True/Robert Doodle/ The Unforgiven III/The Call Of Ktulu
DISC 6 : One:Intro/One/Master Of Puppets/Fight Fire With Fire/Kirk Doodle #2/Nothing Else Matters/Enter Sandman/Escape Jam/Die, Die My Darling/ Trapped Under Ice/James Speech/Seek And Destroy/Wasting My Hate Outro/ Message/Outro S.E. (One/Iron Horse)
[Recorded Live at Rod Laver Arena, Melbourne, Australia, November 21, 2010]

2010年12月05日

Bon Jovi来日公演の決定版アイテム!

xavels02021.jpg



◆ BON JOVI / 2010 FULL CIRCLE TOKYO NIGHT (プレス4CD) この商品はこちらから

2010年『The Circle』ジャパン・ツアーより、初日となる11月30日と翌12月1日の2日間にわたり行われた東京ドームでのライブを、両日ハイクオリティー・オーディエンス・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施し、プレス盤にてコンプリート収録。とにかく、東京ドームとは思えないないほどのミラクル・サウンドで、しかも『The Circle』からの楽曲は3曲におさえられ、それ以外は全て新旧のヒット曲で固められた、まさにグレイテスト・ヒッツなライブをここに完全再現。まず初日は、翌日はセット落ちしてしまった”Have A Nice Day”と”Something For The Pain”を含む全24曲。さらに翌1日公演は、初日より1曲少なかったものの、” Raise Your Hands”がセットインした全23曲。いずれも2時間半に及ぶ最高のパフォーマンスを最高のクオリティーで、永久保存メモリアル・アイテムとなるプレス4CDにてここに。

Disc 1/ 01. This Is Our House S.E. 02. Blood On Blood 03. We Weren't Born To Follow 04. You Give Love A Bad Name 05. Born To Be My Baby 06. Lost Highway 07. Whole Lot Of Leavin' 08. When We Were Beautiful 09. It's My Life 10. I'll Sleep When I'm Dead 11. We Got It Goin' On 12. Bad Medicine 13. Pretty Woman 14. Bad Medicine (reprise) 15. Shout 16. Lay Your Hands On Me (Richie Sambora on Vocals)
Disc 2/ 01. What Do You Got? 02. (You Want To) Make A Memory 03. I'll Be There For You 04. Something For The Pain 05. Someday I'll Be Saturday Night 06. Work For The Working Man 07. Runaway 08. Have A Nice Day 09. Who Says You Can't Go Home 10. Keep The Faith -encore- 11. Wanted Dead Or Alive 12. Livin' On A Prayer
[Recorded Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th November 2010]

Disc 3/01. This Is Our House S.E. 02. Blood On Blood 03. We Weren't Born To Follow 04. You Give Love A Bad Name 05. Born To Be My Baby 06. Lost Highway 07. Whole Lot Of Leavin' 08. When We Were Beautiful 09. It's My Life 10. I'll Sleep When I'm Dead 11. We Got It Goin' On 12. Bad Medicine 13. Roadhouse Blues 14. Bad Medicine (reprise) 15. Lay Your Hands On Me (Richie Sambora on Vocals)
Disc 4/ 01. What Do You Got? 02. (You Want To) Make A Memory 03. I'll Be There For You 04. Someday I'll Be Saturday Night 05. Work For The Working Man 06. Runaway 07. Raise Your Hands 08. Who Says You Can't Go Home 09. Keep The Faith –encore- 10. Wanted Dead Or Alive 11. Livin' On A Prayer
[Recorded Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st December 2010]

◇Personnel; Jon Bon Jovi (vocals, guitar), Richie Sambora (guitar, vocals), Tico Torres (drums, percussion), David Bryan (keyboards, backing vocals), Hugh McDonald (bass, backing vocals) & Bobby Bandiera (guitar, backing vocals)


2010年12月02日

私的思い入れの1枚・・

alhaigin1.jpg

もともとロックは誰もが知ってるようなレベルでしか知らず、
20才頃にロック喫茶をするようになってから、色んなバンドや音楽を知るように。

それまでは、誰のどこでの影響かも忘れてしまったけど、
音楽= マイルス、コルトレーンでした。
まあコルトレーンは高校生の時の確か同級生の影響強しだったのは覚えてます。
彼の家に行ったら、朝でも夜中でもコルトレーンでして、
当時活動休止中だったマイルスにとって変わるかの如くでした。
 でもやっぱりマイルスの方が、身体には合ってましたが・・

で、ちょっとピアノ・トリオとかも聴いてみたいなと思ったら、
周囲はもう、ピアノといえばエヴァンス・・がセオリーみたいな状態
でして、誰もが絶賛・賛美。
もちろんあの繊細さは10代の自分にもけっこうリリカルに響きまして、
他のピアニストもジャズ喫茶で色々聴かせてもらい、
その時に一番フィットしたのが、このアル・ヘイグ。
で、そうアルバムは「インビテーション」。

なんというか、うあ、いいやん、これ。
よく知らない人やけど、このピアノ、とにかくいいヤンッて感じで。

あとから知ったんですけど、この頃アル・ヘイグは50才前後くらいで、
当時の得意のレパートリーをとても良い調子の中で録音したとか、しないとか。
で、勢いもあって、和音の響きになんか美学があって、すごくジャズ・ピアノの
中でも個性と確たるスタイルを持ってたと思います。

もともとはスタン・ゲッツやパーカーのバックメンもしてたらしく、
もちろん上手いピアニストには間違いないわけで、
エヴァンスとタイプも似てる気もするんですが、
ビミョーにアプローチは違ったように、勝手に思ってました。

アルバム全曲良いんですが、やっぱり表題曲の「インビテーション」が
一番思い入れみたいなのがあります。
抑えられたリリシズムが匂い立つような演奏・・。
そんな表現が的確かどうかはわかんないですけど、
ピアノの一音一音に当時の情景が浮んできて、
それが甘すぎず、お洒落すぎず、よい加減で匂い立つんですよ。
レコードで聴くとこれがまたさらに増長される。

白人ピアニストで一番好きな人といえば、ボクの場合は
今も昔もこの人です。

2010年12月01日

ゼップ、72年オージー・ツアーの決定版!

wecd159.jpg

◆ LED ZEPPELIN / ON STAGE MELBOURNE (2CD)
この商品はこちらから

ウェンディ・レーベルより、1972年2月20日オーストラリア、メルボルン公演が登場。一連のオージー・シリーズの続編で、ジャケット写真に見られるように広い会場を埋め尽くす満員の聴衆を前に、温暖な気候も相まってのびのびとした演奏が聴ける本公演は、プラントが復調の兆しを見せ、危なげないながらも迫力あるパフォーマンスを披露。そしてまずクオリティーに関しては、メルボルン公演の現存する4つのソースを駆使して、最長かつ最良の構成で編集。因みにこの一連のオーストラリア・ツアーの音源は、どれもかなりステージ近くで録音されており、一般的なオーディエンス録音とは思えないくらい好条件で録られているものが多く、このメルボルン公演もその例外ではなし。よってこの4つのソースもそれぞれが高音質で、どれをメインに据えても良いような優れたものばかりで、まず本作がメインとしたのは、そんな中でも高音域がはっきりしている、いわゆるソース2。特に前半はレンジの広がりといい、クリアーな高音部分といい、ベストと言われるもの。さらに、一連のオーストラリア・ツアーに共通して言えることですが、楽曲を全部収録しようとするあまり、曲間が切れているものが多く、このソース2も同様に曲間が切れているのが既発盤の大きな欠点でした。そこで本タイトルはそれを別ソースで隙間なく補完し、このコンサートを通して切れ目なく聴けるよう編集を。また後半部分で音が若干悪くなる部分は、ソース4を使用。このように、複数あるソースの良い部分を選択し、ピッチの乱れも完璧に調整されており、ソースの変わり目の不自然な乱れもなし。メルボルン公演の決定版マスト・アイテムを永久保存プレスCDにてここに。


DISC ONE : 01. Introduction 02. Immigrant Song 03. Heartbreaker 04. BlackDog 05. Since I've Been Loving You 06. Stairway To Heaven 07. Going ToCalifornia 08. That's The Way 09. Tangerine 10. Bron-Y-Aur Stomp
DISC TWO : 01. Dazed And Confused 02. Rock And Roll 03. Whole Lotta Love
[Kooyong Tennis Courts, Melbourne, Australia February 20, 1972]