« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

2012年03月31日

マイルス、1972年レア・ライブがプレスCDにて

hann014c.jpg



◆ MILES DAVIS / TWO EXCITING SHOWS ON THE CORNER (2CD) この商品はこちらから

Hannibalレーベルより、1972年『On The Corner』期の名サウンドボード・ライブ2公演を、いずれも24bitデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティーにてカップリング収録。

まずDisc :1には同年9月10日にミシガン、アン・アーバーで開催された「Ann Arbor Blues & Jazz Festival」における野外ライブを収録。”Honky Tonk”と”Black Satin”の間にカットはあるものの、既発タイトルなどに見られた音抜けなどはなく現在のところ最長収録となっており、DJアナウンスに導かれ例によってグチャグチャとしたオープニングから弾き出されたのは、この4日前に「Get Up With It」でレコーディングされたばかりの”Rated X”。オリジナルではマイルスがペットを吹かず、オルガンをかき鳴らすだけだったのが、ライブではもちろんキレキレに吹きまくり。そしてキーボードのS・ローソンも呼応するかのように弾きまくりで、いきなり1発目からカオス状態。尚、前半で、”Turnaroundphrase”のフレーズが、早くもこの時期に出てくるのもファンとしては要チェック。さらに”Honky Tonk”ではレジーのロング・ギター・ソロでややクールダウンした後は、こちらも2ヶ月に「On The Corner」でレコーディングしたばかりの”Black Satin”で再び烈火のようなパフォーマンスを展開。ヘヴィ・ファンクなリズム隊にタブラ、シタールを加えたバックにマイルスのペットが炸裂するすさまじい72年型マイルスの演奏がここに。

さらにDisc :2には9月14日ボストンのポールズ・モールでのショーを、WBCNラジオでオン・エアーされた音源にデジタル・リマスタリングを施したことで、さらなる完璧なサウンドにて。1発目のチューニングから既に緊張感は高まっており、エレキ・シタールに絡むレジーのギターがワウり出したとたんから、もうそこはブラック・マイルス・ワールド。"ON THE CORNER"リリース後の更にファンク志向に磨きがかかった、パーカッシヴでカオスな前人未到の地に向かっている激しく美しい瞬間が全編に満ちており、硬質なサウンドとリズムの渦が最後まで脈々と展開。その最後には果てしなくノリノリのソロを繰り広げるマイルスに、メンバーも一丸でカオス状態という、同年のベスト・パフォーマンスと言えるもの。
そしてさらにボーナス・トラックとして、入手困難な7インチ・アナログ盤の「Molester(Black Satin)」プロモ・バージョンも追加収録。
エレキ・シタールやタブラなど、インド音楽導入の9人バンド編成における『On The Corner』期のベスト・ライブを永久保存のプレス2CDにてここに。
(Disc 1 : 56:34)
[Ann Arbor Blues & Jazz Festival : Live at Otis Spann Memorial Field, Ann Arbor, MI 10th September 1972]
1. Announcement 2. Rated X 3. Honky Tonk (cut out) 4. Black Satin (cut in) 5. Right Off 6. Sanctuary 7. Announcement
(Disc 2 : 57:04)
[Live at Paul's Mall, Boston, MA 14th September 1972]
1. Announcement 2. Black Satin 3. Rated X 4. Honky Tonk 5. Right Off ~ Sanctuary (closing theme) 6. Announcement
[Bonus Tracks : "Molester" Promo (7 inch analog)]
7. Molester Side A 8. Molester Side B
◇Personnel; Miles Davis (tp), Carlos Garnett (ss), Cedric Lawson (key, synth), Reggie Lucas (elg), Khalil Balakrishna (el-sitar), Michael Henderson (elb), Al Foster (ds), Mtume (per) & Badal Roy (tabla)


2012年03月29日

話題のケイト・ブッシュ、70年代サウンドボード・ライブ!

pro163c.jpg



◆ KATE BUSH / ON THE ROAD 1979 (2CDR) この商品はこちらから

70年代の貴重なライブ音源が、まさに奇跡的発掘といえる、サウンドボード・ソースによる、コンプリート・バージョンにてここに。2012年になって海外サイトを通じて突如流通したこの音源は、1979年ケイト唯一のユーロ・ツアーにおけるUKツアーより、4月10日のマンチェスターのアポロ・シアター公演を、なんとバックステージの模様からショーのエンディングまで、ライブを完全フル収録。

これはもともと当時イギリスのテレビ局グラナダTVが、ケイトのドキュメンタリー番組「On The Road」製作にあたり、本公演を全てライブ・レコーディングしていたものの、結局ケイトの意向もあってこの番組は放送されることもなく、これまでお蔵入りとなっていたもの。とにかくレコード・デビュー以来ほとんどライブ活動を行っていなかった中で、唯一当時オフィシャル・リリースされた同年のハマースミス・オデオン公演以外は、不完全なオーディエンス録音や、断片的なベネフィット・コンサートなどのライブ音源しか流通していなかったので、キチンとセパレートされたサウンドボードによるフル・ライブが聞けるということは、まさに長年のファンの夢が叶ったといえるもの。
そして時期的にも、セカンド「Lion Heart」リリース後でありながら、すでに翌年リリースの「Never for Ever」からの作品も取り上げており、まさに初期の名盤3枚からの全24曲は最高の選曲。またライブならではのアレンジや、繊細かつメルヘンチックなヴォーカルもリアルに聞け、なかなか生の声やバンド演奏を体験出来なかった中で、そのライブ・パフォーマンスの完成度の高さを改めて再確認。まさに歴史的価値としてもあまりに貴重な音源を最高のクオリティーでここに。

Disc One : 01. Overture 02. Moving 03. Saxophone Song 04. Room For The Life 05. Them Heavy People 06. Man With The Child In His Eyes 07. Egypt 08. L’Amour Looks Something Like You 09. Violin 10. The Kick Inside 11. In The Warm Room 12. Fullhouse 13. Strange Phenomena 14. Hammer Horror
Disc Two : 01. Kashka From Baghdad 02. Don’t Push Your Foot On The Heartbrake 03. Act III Opening 04. Wow 05. Coffee Homeground 06. In Search Of Peter Pan 07. Symphony In Blue 08. Feel It 09. Kite 10. James & The Cold Gun 11. Oh England My Lionheart 12. Wuthering Heights 13. Ending

[Recorded at Manchester Apollo Theatre, Manchester, UK April 10th 1979 : VHS of unbroadcast Granada TV 'On The Road' film taped on]

2012年03月28日

ビートルズ究極の「ホワイト・アルバム」コレクション!

sgcd36sp.jpg



◆ THE BEATLES / WHITE ALBUM SESSIONS (プレス8CD) この商品はこちらから

SECRET GARDENレーベルと、HELTER SKELTERレーベルの共同制作による、各アルバムごとのアウトテイク及びミックス違いを網羅した『back to basics』シリーズも後期に突入。その第9弾は、8枚組というフル・ヴォリュームによる『ホワイト・アルバム』!

ビートルズのアルバムごとにアウトテイクや別ミックスなどを網羅するセッションズ・シリーズも、いよいよ後期に。そしてこの「ホワイト・アルバム」は初のダブル・アルバムということ、各メンバーがスタジオで個々にレコーディングを行なったこと、そしてそれは必ずしもメンバー全員が揃わずともレコーディングが進められたことにより、膨大な数のアウトテイクが残され、その全体の把握は困難だった中、本タイトルはそれらをベスト・クオリティーにて網羅した大作。まずdisc:1は、ジョージの自宅で録音された、いわゆるキンファウンス・デモを収録しており、従来のキンファウンスでの音源は曲のみだったのが、本タイトルでは曲の前後や合間の会話、様子などをも収録しており、本作の収録が元々のテープの状態であり、最長収録と言えるもの。
そしてdisc:2からdisc:5までは、アルバム収録順に沿ってアウトテイク、別ミックス、モニター・ミックスなどを曲ごとに収録しており、最後にはアルバムからは漏れてしまった「What’s The New Mary Jane」のセッションも収録。さらにdisc:6は1枚全て「Revolution 1」のセッションに費やされており、disc7&8はアルバムには未収録ながら、同時期にレコーディングされた「Hey Jude」「The Inner Light」「Lady Madonna」「Not Guilty」の4曲のセッション・テイクまで収録。アルバムのアウトテイク、別ミックスなどを完全網羅したシリーズでもハイライトとなるであろう完全限定、永久保存タイトルがプレス8CDにてここに。


DISC ONE :
[DEMO RECORDINGS]
01. Julia 02. Blackbird 03. Rocky Raccoon 04. Back In The U.S.S.R. 05. Honey Pie 06. Mother Nature's Son 07. Ob-La-Di, Ob-La-Da 08. Junk 09. Dear Prudence 10. Sexy Sadie 11. Cry Baby Cry 12. Child Of Nature 13. The Continuing Story Of Bungalow Bill 14. I'm So Tired 15. Yer Blues 16. Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey 17. What's The New Mary Jane 18. Revolution 19. While My Guitar Gently Weeps 20. Circles 21. Sour Milk Sea 22. Not Guilty 23. Piggies 24. Happiness Is A Warm Gun 25. Mean Mr. Mustard 26. Polythene Pam 27. Glass Onion
[DEMO RECORDINGS V2]
28. Junk 29. Honey Pie

DISC TWO :
[DEMO RECORDINGS V2]
01. Sour Milk Sea 02. While My Guitar Gently Weeps
[BACK IN THE U.S.S.R.]
03. RM1 from take6 mono acetate 04. Unknown Take mono 05. RS from take6 stereo 06. Rcok Band Mix stereo
[DEAR PRUDENCE]
07. vocal overdub mono 08. take1 mono mix v1 mono 09. take1 mono mix v2 mono 10. Unknown Take mono 11. RS from take1 stereo 12. Rock Band Mix stereo
[GLASS ONION]
13. RM2 from take33 mono
[OB-LA-DI, OB-LA-DA]
14. take5 stereo 15. edit of take5 v1 with Christmas Time Is Here Again stereo 16. edit of take5 v2 stereo 17. take21 video mix stereo 18. take21 dvd mix stereo 19. RM21 from take23 mono 20. Unknown Edit of Takes mono 21. studio chat mono
[WILD HONEY PIE]
22. RM6 from take1 mono
[WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS]
23. take1 v1 mono 24. take1 v2 mono with stereo echo 25. take1 v3 mono with stereo echo 26. take1 v4 mono with stereo echo 27. take1 video mix stereo 28. take1 dvd mix stereo 29. monitor mixes a of take1 mono 30. monitor mixes b of take1 mono 31. monitor mixes c of take1 mono 32. monitor mixes d of take1 mono 33. studio chat mono 34. take1 partial v1 mono 35. take1 partial v2 stereo 36. take 27 partiam stereo 37. Unknown Take mono 38. Lady Madonna 39. monitor mix of take 40 mono 40. RS from take 25 stereo 41. Rock Band Mix stereo

DISC THREE :
[HAPPINESS IS A WARM GUN]
01. rough mix of take 65 mono 02. RS from take 65 stereo
[I'M SO TIRED]
03. edit of takes 3&6&9 stereo 04. rough mixes a of take 14 mono 05. rough mixes b of take 14 mono 06. rough mixes c of take 14 mono 07. rough mixes d of take 14 mono 08. rough mixes e of take 14 mono 09. rough mixes f of take 14 mono 10. rough mixes g of take 14 mono 11. take 14 video mix stereo 12. take 14 dvd mix stereo 13. RM1 from take14 acetate mono
[BLACKBIRD]
14. rehearsal a Blackbird / Congratulations 15. rehearsal b 16. rehearsal c 17. rehearsal d Helter Skelter / Blackbird 18. rehearsal e 19. tuning 20. rehearsal f 21. rehearsal g 22. rehearsal h 23. rehearsal i Blackbird / Mother Natures Son 24. rehearsal j 25. rehearsal k 26. rehearsal l 27. rehearsal m 28. rehearsal n 29. rehearsal o 30. rehearsal p 31. rehearsal q 32. rehearsal r 33. dialogue 34. dialogue 35. rehearsal s 36. take4 stereo 37. take unknown stereo 38. RM6 from take32 mono
[PIGGIES]
39. unknown takes dvd mix stereo 40. unknown takes video mix stereo 41. unused overdub v1 stereo 42. unused overdub v2 stereo
[ROCKY RACCOON]
43. take8 stereo 44. RM1 from take9 mono 45. take9 video mix stereo 46. take9 dvd mix stereo

DISC FOUR :
[DON'T PASS ME BY]
01. take3 video mix stereo 02. take3 dvd mix stereo 03. RS from takes3&5 stereo 04. unknown take mono 05. RM4 from take7 mono
[WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD?]
06. take4 mono 07. RS from takes4&5 video mix stereo 08. RS from takes4&5 dvd mix stereo
[I WILL]
09. take1 stereo 10. take1 video mix stereo 11. take1 dvd mix stereo 12. take19 (Can You Take Me Back) stereo 13. take30 (Down In Havana) stereo 14. take34 (Step Inside Love) stereo 15. take35 (Los Paranoias) stereo 16. take36 (The Way You Look Tonight) stereo 17. untitled jam stereo 18. take34 and edited version of take35 stereo 19. unknown take stereo 20. RS from take68 stereo
[JULIA]
21. take2 stereo 22. take3 w/dialogue video mix stereo 23. take3 w/dialogue dvd mix stereo
[BIRTHDAY]
24. RM1 from take19 acetate mono 25. Unknown take i mono 26. Unknown take ii mono 27. RS from take19 stereo 28. Rock Band Mix stereo
[YER BLUES]
29. RM3 from takes16&17 acetate mono
[MOTHER NATURE'S SON]
30. RS from takes16 &17 stereo 31. take12 stereo 32. take Unknown video mix stereo 33. take Unknown dvd mix stereo 34. RM8 from take 26 mono
[EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY]
35. RM5 from take12 acetate mono 36. RS from takes6&12 stereo
[SEXY SADIE]
37. take6 stereo 38. studio chat video mix stereo 39. studio chat dvd mix stereo 40. monitor mix of various takes (Fuck A Duckie) mono 41. monitor mix of various takes mono 42. monitor mix of various takes (Brian Epstein's Blues) mono 43. monitor mix of various takes mono 44. monitor mix of various takes mono 45. monitor mix of various takes mono 46. take 28 video mix stereo 47. take 28 dvd mix stereo 48. Unknown take mono 49. RM5 from take117 mono

DISC FIVE :
[HELTER SKELTER]
01. edit of take2 mono 02. Take 18 Partial + Take 19 Announcement mono 03. vocal fragment v1 mono 04. vocal fragment v2 mono 05. RM1 from take21 acetate mono 06. Unknown take i stereo 07. Unknown take ii mono 08. Unknown take iii mono 09. Unknown take iv mono 10. RS from take21 stereo 11. Rock Band Mix stereo
[LONG LONG LONG]
12. Unknown take I mono 13. Unknown take ii mono 14. Unknown take iii mono 15. Unknown take iv mono 16. RS from take 67 stereo
[SAVOY TRUFFLE]
17. RS from take 1 stereo
[CRY BABY CRY]
18. take1 stereo
[GOOD NIGHT]
19. edit of rehearsal take and take 34 stereo 20. Unknown take video mix stereo 21. Unknown take dvd mix stereo 22. RM6 from take34 mono
[WHAT'S THE NEW MARY JANE]
23. take2 video mix stereo 24. take2 dvd mix stereo 25. take 4 stereo 26. take 4 John Barrett Mix stereo 27. RS4 from take4 stereo 28. RS5 from take4 stereo 29. RS6 from take4 stereo 30. Unknown take mono 31. RS2? From take4 32. remix/edit of take4 v1 stereo 33. remix/edit of take4 v2 stereo

DISC SIX :
[REVOLUTION 1]
01. take 20 playback mono 02. take 20 playback mono 03. jamming mono 04. jamming mono 05. tuning/dialogue mono 06. jamming/rehearsal mono 07. jamming mono 08. take 20 overdub mono 09. take 20 playback mono 10. jamming mono 11. jamming mono 12. jamming mono 13. jamming mono 14. jamming mono 15. jamming mono 16. take 20 playback mono 17. take 20 playback mono 18. take 20 playback/overdub mono 19. take 20 playback mono 20. take 20 playback mono 21. jamming mono 22. jamming mono 23. jamming mono 24. jamming mono 25. take 20 playback mono 26. dialogue mono 27. dialogue mono 28. dialogue mono 29. take 20 playback mono 30. take 20 playback mono 31. dialogue mono 32. dialogue/tape loop mono 33. tape loop mono 34. dialogue mono 35. RM1 from take 20 mono 36. RM1 from take 20 mono

DISC SEVEN :
[HEY JUDE]
01. take2 ( When I Was A Robber) stereo 02. take2 stereo 03. rehearsal a mono 04. St Louis Blues a mono 05. rehearsal b mono 06. unknown take stereo 07. take 7 stereo 08. Las Vegas Tune stereo 09. St Louis Blues b stereo 10. St Louis Blues c stereo/mono 11. rehearsal c mono 12. take7 mono 13. take7 a chat mono 14. take7 b St Louis Blues stereo 15. take8 stereo 16. take9 stereo/mono 17. Alternate stereo mix of take9 stereo 18. take9 mono 19. RS1(?) stereo 20. studio chat mono 21. Unknown Track Edit (Unknown Takes) (mono) 22. By George! It's the David Frost Theme take 1 / It's Now Or Never mono 23. By George! It's the David Frost Theme takes 2 and 3 video mix mono 24. By George! It's the David Frost Theme takes 2 and 3 dvd mix mono 25. take1 mono 26. take2 mono 27. edit of takes 1+3 mono 28. edit of takes 1+2+3 video mix mono 29. edit of takes 1+2+3 dvd mix mono
[THE INNER LIGHT]
30. takes2&3,5&8 mono 31. take5 stereo 32. RS from take5 stereo
[WHITE ALBUM MEDLEY]
33. anthology DVD mix stereo

DISC EIGHT :
[LADY MADONNA]
01. take3 stereo 02. rough mix from take4 stereo 03. take4 stereo 04. take5 stereo 05. take5 stereo 06. monitor mixes from take4 mono 07. monitor mixes from take4 mono 08. monitor mixes from take4 mono 09. monitor mixes from take4 mono 10. RS from takes3&4&5 stereo 11. Unknown take mono 12. RS from takes4&5 v1 13. RS from takes4&5 v2
[REVOLUTION]
14. take15 mono 15. Unknown take mono 16. RS from take 16 v1 stereo 17. RS from take 16 v2 steroe 18. Rock Band Mix stereo 19. off Line Fragment mono 20. take1 video mix mono 21. take1 dvd mix mono 22. take2 mono 23. master take mono 24. RS from master take stereo
[NOT GUILTY]
25. RM1 from take102 mono 26. RM1 from take102 acetate mono 27. take102 John Barrett Mix Stereo 28. remix edit of take102 v1 stereo 29. remix edit of take102 v2 stereo


2012年03月25日

ポール・マッカートニーの映像アーカイヴ・シリーズ1!

mcdv33sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / Wings First Flight 1969-1974 (1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ウイングスのアーカイヴ・シリーズが登場。その第1弾は初期ウイングスの貴重な映像をコンパイル収録。

本タイトルはポールのソロから、初期ウイングス時代の貴重な映像記録といえるもので、その内容はプライベートに撮影された映像、ニュース・フィルム、リハーサルの様子、さらにコンサート会場からステージ映像まで盛りだくさん。まず1969年スコットランドやニューヨークで撮影されたプライベート・フィルムからスタート。ポールがビートルズの解散を訴えた際、裁判所から出てくる髭面のポール、さらにビートルズとしてグラミー賞授賞式にリンダと出席したときの映像、また面白いところでは、ミック・ジャガーの結婚式へ出席するために出発するヒースロー空港でのインタビューなども。そしてスコットランドの自宅農場でリンダと2人で歌っている断片では有名な映像も、ここでは3曲とも全曲収録。そしてウイングス結成後の映像は、まずは結成記念パーティ映像から。そしてファースト・リハーサルでは「The Mess」「Lucille」「Wild Life」を演奏時の映像が収録されており、まだ荒削りながら、これから始まるツアーに対する意気込みが非常に感じられるもの。さらにポールの自宅で行なわれたリハーサル映像での「Give Ireland Back To The Irish」は、スタジオ・バージョンとは大きく異なり、ポールの絶叫がとてつもない迫力。その後は当時リリースされたシングル「Mary Had A Little Lamb」を引っさげてのTV出演も。そして本タイトルのハイライトは、1972年から始まるツアーの映像で、ツアー・バスにのってヨーロッパ各地を回る様子が克明に記録されていることは驚き。今まで写真でしか見たことのない色彩鮮やかなツアー・バスのカラー映像は、実際のコンサートではお揃いのステージ衣装に身を包んだメンバーが、楽しそうに演奏しているのが伺えるというもの。またオスロ公演の映像では、会場前に入待ちのファンが集まっている中、バスに乗ってやってきたウイングスの各メンバーの様子、そして実際のコンサートの映像は、断片的ながら今回初登場の貴重なもの。特に「The Best Friend」や「Soily」をステージで演奏している映像などは超レア。さらに1973年の映像は、ステージのみならずニュー・キャッスルにおけるシティホールの、会場セッティングの様子からリハーサルの映像も収録。そして後半は1974年、通称バックヤードと呼ばれている映像で、音源のみは各タイトルに流用されていた中、ここではカメラを意識したポールの弾き語り映像も収録。そして最後はフェイセズのコンサートのバック・ステージの様子で、ロッドは「Maybe I’m Amazed」をカバーし、またポールはロッドに曲を提供するなど、この当時さかんに交流があった中、そのコンサート終了後のバック・ステージにポールが訪れた時の映像。以上、初公開のステージ映像をはじめ、今まで見ることの少なかった時代の映像を時系列に収録したレア・アーカイヴ映像を永久保存プレス盤にて。


01. PRIVATE FILM High Park, Campbeltown Scotland Fall Of 1969 02. PRIVATE FILM New York City NY December 1970 03. BBC NEWS London Royal Courts Of Justice February 19, 1971 04. THE 13th ANNUAL GRAMMY AWARDS March 16, 1971 05. OFF TO MICK JAGGER'S WEDDING Heathrow Airport London May 12, 1971 06. PRIVATE FILM High Park, Campbeltown Scotland Spring of 1971 07. MEDLEY High Park, Campbeltown Scotland Spring of 1971 a : I Am Your Singer b : Bip Bop c : Hey Diddle 08. WINGS UNITED DANCE PARTY Empire Ballroom London November 8, 1971 09. PRIVATE FILM Jamaica December 1971 10. WINGS REHEARSAL version #1 Institute Of Contemporary Arts London February 1972 a: The Mess b : Lucille 11. WINGS REHEARSAL version #2 Institute Of Contemporary Arts London February 1972 a : Wild Life b : Lucille 12. WINGS REHEARSAL Paul’s House Cavendish Ave, London March 7, 1972 a : Give Ireland Back To The Irish b : Interview c : Give Ireland Back To The Irish d : Give Ireland Back To The Irish 13. TOP OF THE POPS June 6, 1972 a : Mary Had A Little Lamb 14. THE FLIP WILSON SHOW June 6, 1972 a : Mary Had A Little Lamb 15. THE BASIL BRUSH SHOW June 6, 1972 a : Mary Had A Little Lamb 16. EUROPEAN TOUR 1972 Location Unknown Private Film a : Smile Away 17. INTERVIEW Stockholm Sweden August 7, 1972 18. HOME MOVIE Oslo Norway August 9, 1972 Wings Arrival 19. CONCERT FILM Oslo Norway August 9, 1972 a : The Best Friend b : Soily c : Say You Don’t Mind d : Wild Life e : Mary Had A Little Lamb f : Maybe I’m Amazed g : Long Tall Sally 20. HOME MOVIE Haag Netherlands August 21, 1972 a : Wild Life b : Hi Hi Hi c : Long Tall Sally 21. PRIVATE FILMS Location Unknown 22. CONCERT FILM #1 Cine Rome Antwerp Belgium August 22, 1972 23. CONCERT FILM #2 Cine Rome Antwerp Belgium August 22, 1972 24. BBC NEWS #1 Campbeltown Scotland March 6, 1973 25. CONCERT FILM Hard Rock Cafe London March 18, 1973 a : Hi Hi Hi 26. UK TOUR 1973 City Hall Newcastle Upon Tyne July 10, 1973 27. BAND ON THE RUN RECORDING Nigeria 1973 28. TODAY SHOW Soho Square London March 8, 1974 29. THE BACK YARD August 1974 a : Blackpool b : Peggy Sue c : Buddy's Number 30. THIS IS YOUR LIFE Abbey Road Studios November 6, 1974 31. TOP OF THE POPS BBC Television Centre London November 20, 1974 a : Junior's Farm 32. THE MIDNIGHT SPECIAL BACKSTAGE with FACES Odeon Theatre Lewisham November 27, 1974

2012年03月18日

ピーター・ウルフがカッコ良すぎの全盛期J.ガイルス!

JPD593d.jpg



◆ J. GEILS BAND / WINTERLAND 1977 Complete Edition (2DVDR) この商品はこちらから

1977年の全米ツアーより、11月5日のサンフランシスコ、ウインターランド公演の模様を、近年ビル・グラハムの「Wolfgang‘s Vault」映像より、モノクロながら、マスター・クオリティー、プロショットにてコンプリート収録。しかも音声には同「Wolfgang’s Vault」のステレオ・サウンドボード音源をマトリックスしたカンペキなクオリティーによるもので、さらに元々映像が存在しなかったアンコール5曲中の4曲も静止画像で音声パートはしっかり収録されており、結果116分にわたって、この全盛期のパフォーマンスを完全再現。そしてその内容は当時リリースされたばかりの「モンキー・アイランド」のナンバーを組み込みながらも、マジック・ディックのハープをフィーチャーした、彼ら独自のブルージーでファンキーな初期ナンバーもずらりとプレイ。この後次第にポップ志向へと移行する為、バンドにとって過渡期であり、まだまだ黒さもたっぷりの時期。そしてハイ・テンションなヴォーカルと、ラップMCで唸りまくるピーター・ウルフのパフォーマンスといい、全てがもう余りにカッコ良過ぎ。とにかく70年代アトランティック時代の絶頂期を記録した貴重ライヴゆえ、絶対必見もの。
さらに限定カップリングとして、disc:2にはピーター・ウルフの貴重なソロ時代から、1998年ボストンでの野外公演と、2004年シカゴPBS-TV「サウンドステージ」でのライヴを67分にわたり収録。こちらでは”Centerfold”などのヒット曲や、ミック・ジャガー参加で当時話題となった"Nothing But The Wheel"など、J.ガイルス時代同様のソウル風味溢れるパフォーマンスをたっぷりと。

Disc One : Somebody / Detroit Breakdown / Homework / It Ain't Right / Floyd's Hotel / Surrender / Sno-Cone / So Sharp / Gettin' Out / Start All Over Again / Looking For a Love / Monkey Island / I'm Falling / Intro Spoken / Musta Got Lost / Give It To Me / champagne cheers / Where Did Our Love Go / Whammer Jammer / Ain't Nothin' But A House Party – encore - Southside Shuffle (*no movie/sound only) / Serves You Right To Suffer (*no movie/sound only) / Cruisin' For A Love (*no movie/sound only) / Raise Your Hand / Make Up Your Mind (*no movie/sound only)
[Live at Winterland, San Francisco, California, USA 5th November 1977]

Bonus Disc : House Party / Give It To Me / Detroit Breakdown / Lights Out / Where Did Our Love Go / Centerfold / Come As You Are / Long Line / Love Stinks / Lookin' For A Love / Break This Chain
[PETER WOLF in BOSTON KISS FM CONCERT 1998]
Never Like This Before / Nothing But The Wheel / Homework / Give It To Me / Growin' Pain / Musta Got Lost
[SOUNDSTAGE, CHICAGO, PBS TV aired on July 2004]

2012年03月17日

ボス、2012年最新ライブ!

pjz365c.jpg



◆ BRUCE SPRINGSTEEN / LIVE AT THE APOLLO (2CDR) この商品はこちらから

2012年「レッキング・ボール」をリリース、その後ワールド・ツアーに先駆け、年3月9日ソウルの殿堂、ニューヨーク・アポロ・シアターで行われた、ネット・ラジオ「siriusxm」の記念イベントの模様を、オフィシャル・レベルのステレオ・サウンドボードにてコンプリート収録。セットも同アルバムからのナンバーはもちろん、これまでにも演奏されていた「Wrecking Ball」、19999年のE・ストリート・バンド再結成以来、バンドのテーマ曲的にファンからも愛され続けている「Land of Hope and Dreams」、そしてアポロ・シアターということで、テンプテーションズの「The Way You Do the Things You Do 」、ウィルソン・ピケットの「634-5789 」、ラストはサム&デイヴの「Hold On I'm Coming」を披露。

DISC ONE:01. Intro/02. Showtime/03. We Take Care Of Our Own/04. Wrecking Ball/05. Badlands/06. Death To My Hometown/07. My City Of Ruins/08. E Street Shuffle/09. Jack Of All Trades/10. Shackled And Drawn/11. Waiting On A Sunny Day/12. The Promised Land
DISC TWO:01. Mansion On The Hill/02. The Way You Do The Things You Do/03. 634-5789/04. The Rising/05. We Are Alive/06. Thunder Road/07. Rocky Ground/08. Land Of Hope And Dreams/09. 10th Avenue Freezeout/10. Hold On I’m Coming/11. Outro
[Soundboard Live At The Apollo Theater, New York, NY March 9th 2012]
Bruce Springsteen - vocals, guitar / Roy Bittan – piano / Nils Lofgren - guitar, vocals / Patti Scialfa - guitar, vocals / Garry W. Tallent – bass / Steve Van Zandt - guitar, vocals / Max Weinberg – drums / with Soozie Tyrell - violin, vocals / Charlie Giordano – keyboards / Cindy Mizelle – vocals / Curtis King – vocals / Clark Gayton – trombone / Curt Ramm – trumpet / Barry Danielian – trumpet / Ed Manion – saxophone / Jake Clemons – saxophone / Michelle Moore - vocals on "Rocky Ground"

2012年03月12日

フロイド「原子心母」究極のコレクターズ・アイテム!

mp002sp.jpg



◆ PINK FLOYD / Atom Heart Mother-The Spaces Between-(2DVD+1CD) この商品はこちらから

ロック名盤アルバムを、貴重な音源と映像でマニアックに追求するコレクターズ・エディション「マスターピース・プレミアム・シリーズ」から、『ピンク・フロイド/アトム・ハート・マザー』が登場。1970年に発表され全英初登場1位を記録、プログレ史に残る金字塔となった作品に関するレア音源や、2012年になって発掘された最新ドキュメンタリー含む貴重なTVライブ映像、さらに珍しいフィルム映像等をDVD2枚組に収録。
そしてCDには1970年BBCイン・コンサートをオリジナル・マスターコンプリート収録。音と映像全てのクオリティーこだわり編集された究極のコレクターズ・エディション。

まずDVD1枚目にはオリジナル・アルバム全曲の最新リマスターによる初登場5.1サラウンド音源と、今や貴重なQUAD4チャンネル・マスター
音源を収録。そして映像はすべて独自に編集されたビデオ・アルバムとなっており、いずれも短編映画のようなプロモ映像の仕上がりは、まさに
イマジネーション豊かなフロイドにぴったり。音もハイレゾ音源級の高音質で、通常の再生ではステレオとして聞け、サラウンド環境では立体的で迫力あるサウンドの5.1サラウンド音源にて。さらに現在入手困難なQUAD4チャンネル・マスター音源もあえてオリジナル・ミックスのままの4スピーカーによるサラウンド再生で収録。それぞれミックスの異なる音源をDVDビデオ形式で実現させた究極の内容。そしてこれまで「アトム・ハート・マザー」をライブ演奏したTV映像としておなじみの、1970年KQEDライブを、さらにアップ・グレードされたマスター映像よりコンプリート収録し、そのうえ注目は、2012年になって突如公開された1970年オシアッハ・フェスティバルをとらえた貴重なドキュメンタリー・フィルムもマスター・クオリティーで。こちらはこれまでお蔵入りしていたファン必見の激レア映像で、また2012年放送バージョンのKQEDライブ映像も2曲追加で。
そしてDVD2枚目には1970年ライブとしては最高のクオリティーと言えるTVカラー映像、サントロペ・フェスティバルや、フランス、ドイツでのTV映像、さらに伝説の1971年箱根アフロディーテのライブ映像も収録。
いずれも「アトム・ハート・マザー」の興味深いライブ演奏を含めた、当時の貴重映像を、すべて現状ベスト・クオリティーにて。またエクストラ映像には「アトム・ハート・マザー」を初めてオーケストラ共演で披露した1970年、イギリスで開催されたバス・フェスティバル、そして最後のライブ披露となった、1972年アムステルダム・ロック・サーカスでの珍しいフィルム映像も。共に歴史的記録の8mm映像ながら、本タイトルのコンセプトにははずせないもの。

そしてCDには1970年7月16日、BBCラジオ「イン・コンサート」をコンプリート収録。「アトム・ハート・マザー」をはじめ、当時未発表だった「エンブリオ」等を披露したBBCライブ音源を、放送オリジナル・マスターにデジタル・リマスタリングを施しコンプリート収録したもので、これまで数あるソースの中でも、最高のクオリティーと言えるもの。さらに1970年1月フランス・ラジオ音源も追加収録されており、こちらは「アトム・ハート・マザー」の原型「アメイジング・プディング」をサウンドボード放送で聞くことが出来る最古の音源として知られるもの。
公式ボックス・セットでは実現していない歴史的名盤を、内容的にはオフィシャルを凌駕するほどの充実したマテリアルにて完全網羅した完全限定プレス仕様による究極のコレクターズ・エディション。


@Masterpiece Premium : NTSC Color/B&W 4:3 / Dolby Digital Stereo /5.1 Surround Sound (136min. + 161min.)


DVD ONE :ORIGINAL ALBUM TRACKS 5.1 SURROUND SOUND AND ORIGINAL QUAD-MIX

01. Atom Heart Mother(a) Father's Shout (b) Breast Milky (c) Mother Fore (d) Funky Dung(e) Mind Your Throats Please (f) Remergence
02. If / 03. Summer '68 / 04. Fat Old Sun / 05. Alan's Psychedelic Breakfast(a) Rise and Shine (b) Sunny Side Up (c) Morning Glory
[KQED LIVE FROM SAN FRANCISCO 1970]
01. Atom Heart Mother / 02. Cymbaline / 03. Grantchester Meadows 04. Green Is The Color / 05. Careful With That Axe, Eugene / 06. Set The Controls For The Heart Of The Sun
(Live At KQED TV Studios, San Francisco, CA.USA April 30th 1970)

[EXTRA VIDEO :TV BROADCASTS 2012 OSSIACH FESTIVAL AUSTRIA 1971]
01. TV Documentary - Atom Heart Mother
(Live At Ossiach Festival Stitschoff, Ossiach, Austria July 1st 1971)

[KQED LIVE 1970 NEW VERSION]
02. Cymbaline / 03. Grantchester Meadows
(Live At KQED TV Studios, San Francisco, CA.USA April 30th 1970)


DVD TWO :
[ST.TROPEZ FESTIVAL 1970]
01. Soundcheck / 02. Atom Heart Mother / 03. The Embryo 04. Green Is The Color / 05. Careful With That Axe, Eugene / 06. Set The Controls For The Heart Of The Sun
(TV Live At Festival de Musique, St Tropez, France August 8th 1970)

[VARIOUS TV BROADCASTS 1970/1971 ORTF PARIS 1970]
01. Improvisation
(ORTF TV From Studios, Buttes Chaumont, Paris, France December 4/5th 1970)

[LIVE FROM GERMANY 1971]
02. Atom Heart Mother / 03. A Saucerful Of Secrets
(Excerpts From Live At Grosser Saal, Musikhalle, Hamburg, Germany February 25th 1971 & Live At Stadthalle, Offenbach, Germany February 26th 1971)

[ABBAY DE ROYAUMONT FRANCE 1971]
04. Cymbaline / 05. Set The Controls For The Heart Of The Sun
(ORTF TV From Live At Abbaye de Royaumont, Royaumont, France June 15th 1971

[HAKONE APHRODITE JAPAN 1971]
06. Atom Heart Mother
(Japanese TV Film From Hakone Aphrodite, Japan August 6th 1971)

[EXTRA VIDEO :RARE LIVE FILMS BATH FESTIVAL 1970]
01. Atom Heart Mother
(The Bath Festival of Blues and Progressive Music, Shepton Mallet, Somerset, England June 27th 1970)
[AMSTERDAM ROCK CIRCUS 1972]
01. Atom Heart Mother / 02. Careful With That Axe, Eugene 03. A Saucerful Of Secrets
(Live At Amsterdam Rock Circus, Amsterdam, Netherlands May 22nd 1972)

CD :
[BBC IN CONCERT 1970 AND THE AMAZING PUDDING]
01. Introduction / 02. The Embryo / 03. Fat Old Sun 04. Green Is The Colour / 05. Careful With That Axe, Eugene / 06. If / 07. Atom Heart Mother
(BBC Radio Broadcast Live At Paris Theatre, Lower Regent St, London, England July 16th 1970 : First broadcast on BBC Radio One "In Concert" July 19th 197)
08. Radio Announcement 09. The Amazing Pudding (Atom Heart Mother)
(French Radio Broadcast Live At Theatre des Champs Elysees, Paris, France January 23rd 1970)

2012年03月11日

レッチリ、2011年締めのプロショット・ライブ

com056c.jpg



◆ RED HOT CHILI PEPPERS / I’M WITH YOU IN PARIS (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

2011年『I'm With You』リリース後のワールド・ツアー、ヨーロッパ・レグより、12月19日フランス、パリにおける、ファンにはお馴染みのラ・シガールでのクラブ・ギグの模様を、音源と映像でカップリング収録。まず音源はラジオ・オンエアー・マスターからのステレオ・サウンドボードにてコンプリート収録。セット的には『I'm With You』ナンバーをメインにした、本ツアーの定番的なものではあるものの、”Blood Sugar Sex Magik”あたりが新たにセットインしているあたりは要チェック。
そして映像DVD-Rには、同日の模様を、TVオンエアー・マスターからオフィシャル・レベルのプロショットにて。こちらはアンソニーのMCなども含めて、曲間などもカットされていない、まさに当日のパフォーマンスをアンコール・ラストまでコンプリート収録したもので、また数百人収容の小ホールでのギグだけに、その臨場感や迫力は同ツアーの中でもベスト・ライブ映像と言えるもの。しかも2012年以降、アンソニーの足のケガによってツアー延期となり、このユーロ・ツアーからはプロショットやサウンドボード音源もほとんど流通しておらず、まさに必見といえるもの。
しかもさらにボーナスとして、同年11月6日、北アイルランドのベルファストで収録された、「MTV WORLD STAGE」からのTVライブからも9曲をプロショットで追加したトータル2時間30分のフル・ヴォリュームにて。

CD ONE:01. Monarchy Of Roses/02. Can’t Stop/03. Scar Tissue/04. Dani California/05. Look Around/06. Throw Away Your Television/07. Hard To Concentrate/08. The Adventures Of Rain Dance Maggie/09. Right On Time/10. Blood Sugar Sex Magik/11. Factory Of Faith/12. Under The Bridge/13. Higher Ground/14. Californiation
CD TWO:01. By The Way –encore- /02. Chad & Mauro Jam/03. Around The World/04. Meet Me At The Corner/05. Give It Away/06. Final Jam
[Soundboard Live At La Cigale, Paris, France December 19th 2011]

DVD-R : 01.Monarchy Of Roses/02.Can't Stop/03.Scar Tissue/04.Dani California/05.Look Around/06.Throw Away Your Television/07.Hard To Concentrate/08.The Adventures Of Rain Dance Maggie/09.Right On Time/10.Blood Sugar Sex Magik/11.Factory Of Faith/12.Under The Bridge/13.Higher Ground/14.Californication/15.By The Way/ -encore- 16.Chad & Mauro Jam/17.Around The World/18.Meet Me At The Corner/19.Give It Away/20.Final Jam
[Live At La Cigale, Paris, France December 19th 2011]

01.Opening/02.Monarchy Of Roses/03.Can't Stop/04.The Adventures Of Rain Dance Maggie/05.Dani California/06.Throw Away Your Television/07.Look Around/08.Under The Bridge/09.By The Way/10.Give It Away
[MTV World Stage : at Ulster Hall, Belfast, North Ireland November 6th 2011]

Anthony Kiedis – vocal / Flea – bass, piano / Josh Klinghoffer – guitar / Chad Smith – drums & Mauro Refosco – percussion / Mike Bulger – piano, trumpet

2012年03月09日

ビートルズ「サージェント・ペパーズ」のベーシック!

sgcd33sp.jpg



◆ THE BEATLES / SGT. PEPPER’S SESSIONS (プレス3CD) この商品はこちらから

SECRET GARDENレーベルと、HELTER SKELTERレーベルの共同制作による、各アルバムごとのアウトテイク及びミックス違いを網羅した『back to basics』シリーズも後期に突入。第8弾は、いよいよ『サージェント・ペパーズ』。
ビートルズのアルバムごとにアウトテイクや別ミックスなどを網羅するセッションズ・シリーズも、いよいよ後期に。このわずか8トラックのスタジオでレコーディングされたとは信じ難いスタジオ・ワークの粋を駆使した楽曲群は、現代でも色褪せず史上最高の名盤の誉れ高いもの。そしてその「サージェント・ペパーズ」のセッション音源のみならず、スタジオでのやり取りをも網羅した、シリーズでもハイライトとなるであろうタイトルが本作。
まずdisc:1には、オリジナル・アルバムのA面に相当する曲を収録。喧騒や途中の歓声が被らない「サージェントペパーズ」のアセテート音源、スタジオ・リハーサル音源などを収めており、「ルーシー」のレコーディングに入る前のスタジオでのやり取りは実に生々しく、ポールの指示をジョンが素直に聞いているのが興味深いところ。またジョンは喉の調子が悪く咳き込んでおり、その咳にも歌同様に深いエコーがかかっているのも伺えたり。また「ミスターカイト」では、エンジニアが”フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスターカイト!”とコールすると、タイトルにこだわりのあったジョンがすかさず"ビーイング!"と加える個所もあり、あのマーク・ルイソン著書「レコーディングセッション」の記述そのままなのに驚かされます。
続くdisc:2はアルバムB面に相当する曲となり、「サージェント・ペパーズ・リプライズ」のオープニングをレコーディングするため様々な音を出している様子から収録。イントロではオリジナル・バージョンでは聞けなかったポールの叫び声が入り、かなりいい加減に歌うバージョンもあり、これが明らかに仮の歌入れであることは判明。
さらにdisc:3は、これがまるごと1枚、「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」を収録。様々な試行錯誤を繰り返し、オーケストラまで導入したレコーディングの魅力を余すところなくたっぷりと収録。特にエンディングにおけるハミングで終わるバージョンは、今まで記述でのみ知られていたもので、実際に耳にしてみると、没になったとはいえ非常に興味深いもの。世紀の名盤のアウトテイク、別ミックスなどを完全網羅した永久保存プレス3CD。

DISC ONE :
[SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND]
01. RM1 From Take9 stereo 02. Unknown Take i mono 03. Unknown Take ii mono 04. Take10 stereo 05. Take10 multitracks mix stereo
[WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS]
06. Unknown Take mono 07. Take11 multitracks mix stereo
[SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND / WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS]
08. RS From Takes 9 and 10 V1 stereo 09. RS From Takes 10 and 11 V1 stereo 10. RS From Takes 9 and 10 V2 stereo 11. RS From Takes 10 and 11 V2 stereo 12. Rock Band Mix 13. Rock Band Mix
[LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS]
14. Take6 stereo 15. Unknown Take i stereo 16. Unknown Take ii stereo 17. RM20 From Take 8 mono 18. RS From Takes 6 and 7 and 8 19. RS From Takes 7 and 8 V1 20. RS From Takes 7 and 8 V2 21. RS From Takes 7 and 8 V3 22. Rock Band Mix
[GETTING BETTER]
23. Unknown Take i mono 24. Unknown Take ii mono 25. Unknown Take iii mono 26. Rock Band Mix
[FIXING A HOLE]
27. Unknown Take stereo 28. Rock Band Mix
[SHE’S LEAVING A HOME]
29. Take 9 Fragment stereo 30. Unknown Take i mono 31. Unknown Take ii mono 32. Take9 multitracks mix stereo 33. Rock Band Mix
[EING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE]
34. Rehearsal Take7 stereo 35. Rehearsal Take7 mono 36. Studio Chat mono 37. Take1 stereo 38. Take2 stereo 39. Take7 stereo 40. Sound Effects mono 41. Edit Of Takes7 and 9 stereo 42. Takes 1-7 Comp + False Start mono 43. False Start In Stereo stereo 44. Take9 stereo 45. Rock Band Mix

DISC TWO :
[WTHIN YOU WITHOUT YOU]
01. Take2 stereo 02. RS From Takes1 and 2 V1 stereo 03. Unknown Take stereo 04. RS From Takes1 and 2 V2 stereo 05. Rock Band Mix
[WHEN I’M SIXTY FOUR]
06. RS From Takes 2 and 4 stereo V1 07. Unknown Take mono 08. RS From Takes 2 and 4 stereo V2 09. RS From Takes 2 and 4 stereo V3 10. Rock Band Mix
[LOVELY RITA]
11. Unknown Takes i+ii stereo 12. Unknown Takes i+ii Different Versions mono 13. Rock Band Mix
[GOOD MORNING GOOD MORNING]
14. Take8 stereo 15. Unknown Take mono 16. Take 11 stereo 17. Rock Band Mix
[GT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND REPRISE]
18. Take5 mono 19. Unknown Take i mono 20. Unknown Take ii stereo 21. Rock Band Mix
[XTRA TRACKS]
22. Anthology DVD Mixes stereo 23. RM20 Sound Effects mono 24. RM20 Sound Effects mono 25. RM20 Sound Effects mono
[A DAY IN THE LIFE]
26. Take 1 stereo 27. Minitor Mix Of Take 1 mono 28. composite fragment of Take 1 stereo mono 29. Take 1+2 Intros Comp mono 30. take4 mono 31. RM1 from Take6 mono 32. Take6 mono 33. Edit Of Takes1 and2/RM1 From Take6 Orchestra / Chat stereo mono

DISC THREE :
[ DAY IN THE LIFE]
01. Take6 multitracks mix stereo 02. orchestra overdub stereo 03. orchestra overdub partial stereo 04. edit piece take 11 mono 05. edit piece take 9 V1 mono 06. edit piece take 9 V2 mono 07. RS 1 From Take 7 stereo 08. RS 2 From Take 7 stereo 09. RS 3 From Take 7 stereo 10. RS 4 From Take 7 stereo 11. RS 5 From Take 7 stereo 12. RS 6 From Take 7 stereo 13. RS 7 From Take 7 stereo 14. RS 8 From Take 7 stereo 15. RS 9 From Take 7 stereo 16. Edit Of RS12 From Take7/Edit Piece Take 9 V1 stereo 17. Edit Of RS12 From Take7/Edit Piece Take 9 V1 stereo 18. Edit Of RS12 From Take7/Edit Piece Take 9 V1 stereo 19. RS From Take 7 And Edit Piece Take 9 stereo 20. Rock Band Mix


2012年03月06日

裸のラリーズ、BOXシリーズ第2弾!

YOUTH160.jpg



◆ 裸のラリーズ/ Ignuitas Box (8CD+2DVD) この商品はこちらから

ignuitasレーベルより、裸のラリーズ関連で過去に発表され、現在は入手困難となっている8CD+DVD2枚を, 10枚組Boxにて完全限定リリース。
CDの内容は1970年~80年代のライブ音源、リハーサルセッションの音源がメインとなっており、DVDは1994年7月10日に京大西部講堂で行われた『首吊りの舞踏会』の模様を完全収録!
完全限定300セットのみゆえ、未購入の方はお早めに。

収録作品:CD:
disc 1: 『LIVE AT KINJOUGAKUEN UNIVERSITY Oct 30, 1976』
disc 2: 『LIVE AT SHIBUYA YANEURA May 25, 1975』
disc 3&4 : 『EVE NIGHT 1983 AT HOUSEI UNIVERSITY』(2CD)
disc 5: 『STUDIO REHEARSAL 1979』
disc 6: 『はなまつり -COMPLETE VERSION APRIL 20 1975-』
disc 7: 『OZ DAYS LIVE』
disc 8: 『TWIN SHILVER -MIZUTANI 2-』

収録作品:DVD
disc 9&10 : 『LIVE AT KYOTO UNIVERSITY July 10 1994 ”首吊りの舞踏会”』(2DVD)

2012年03月04日

ついにツアー開始のレディオヘッド!

md541r.jpg



◆ RADIOHEAD / IDENTIKIT 2012 (2CDR) この商品はこちらから

2011年待望の『キング・オブ・リムズ』を発表、そしてリミックス・アルバム『TKOL RMX 1234567』もリリース直後の9月に、突発的ライブをニューヨークで行って以来、ついに2012年2月から本格的なツアーがスタート。その記念すべき初日となる、2月27日マイアミ、アメリカン・エアラインズ・アリーナでのライブを、臨場感溢れるサウンドボード・レベルのデジタル・オーディエンス・マスターよりコンプリート収録。まず期待の高まる会場に、トムが長い髪をポニーテールにし、ベストと赤いパン姿で登場。そして”Bloom”でスタートしたライブは、前年のNY公演と一部準じた所もあるものの、エドが前年10月に「TKOL」中心のセットを組むと語っていた通り、「TKOL」から9曲と「OK Computer」以降の代表ナンバーをメインに。そして1998年のツアーではオープニングSEの使用でとどまっていた「OK Computer」のB面曲”Meeting in the Aisle”をライブのセット内で。さらに注目の新曲2曲”Identikit”と”Cut A Hole”も初披露。またトムがアンコールのMCで「こうしてまた演奏するのは楽しい。毎晩違うものにしたいね。」と語った通り、今後のセットの移り変わりも期待されることになる、キック・オフ・ライブをベスト・クオリティーにてここに。

DISC ONE:01. Bloom/02. The Daily /03. Morning Mr.Magpie /04. Staircase /05. The National Anthem /06. Meeting In The Aisles /07. Kid A /08.The Gloaming /09. Codex /10. You And Whose Army? /11. Nude/12. Identikit

DISC TWO:01. Lotus Flower/02. There There /03. Feral/04. Idioteque /05. Separator /06. Airbag/07. Bodysnatchers /08. Cut A Hole /09. Weird Fishes / Arpeggi /10. Give Up The Ghost /11. Reckoner /12. Karma Police

[Live At American Airlines Arena, Miami, Florida February 27th 2012]
Thom Yorke – lead vocals, guitars, keyboards, piano / Colin Greenwood – bass, keyboards / Jonny Greenwood – guitars, keyboards, Ondes Martenot, other instruments / Ed O'Brien – guitars, backing vocals / Phil Selway – drums, percussion Additional live members : Clive Deamer – drums, percussion

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37