« 2012年03月 | メイン | 2012年05月 »

2012年04月28日

ストーンズ&ジェフ・ベック両ファン、必携アイテム!

gp1202sp.jpg



◆ ROLLING STONES & JEFF BECK / BLACK & BLUE REHEARSALS (プレス4CD) この商品はこちらから

『ブラック・アンド・ブルー』制作時期のリハーサル・セッション音源を、初登場音源も含めた、CD4枚組のフル・ヴォリュームによる完全版として、過去最高のマスター・クオリティーにて収録。特にジェフ・ベックとのセッションにおいては、現存する音源を全て集約しベスト・クオリティーで収めた究極のコレクターズ・エディション。

まず1975年1月22日から2月9日にかけて、オランダ・ロッテルダムで行われたこのスタジオ・リハーサルは、ミック・テイラーの脱退により、後任ギタリストをオーディションしつつ進められたもので、ロニー・ウッド加入前に、ジェフ・ベックがこのセッションに参加していたことは周知の中、ここではそのベックが参加した歴史的セッション音源をすべてにわたり収録。そして当時『ブロウ・バイ・ブロウ』で新たにジャズ/フュージョンへの方向転換を図っていただけに、そのジャム・セッションは未完成ながらも興味深い演奏の数々が残されており、『ブラック・アンド・ブルー』に反映されるヘヴィでファンキーなリズム、レゲエ、そしてジャズ/フュージョン・エッセンスといったヴァリエーションに富んだ多彩なサウンドを展開。特に自らの「フリーウェイ・ジャム」をメンバーに披露してみたり、お得意のブルースを弾きまくるあたりは、ストーンズ・ファンのみならず、ベック・ファンこそ必聴もの。その様を現地モービル・スタジオ周辺において、数日間に渡りダイレクトにマイク録音した音源もあり、曲により多少のクオリティー差は既流出ソースと同様にあるものの、そのほとんどは良好なクオリティーで、これまでにも部分的に流出していたパートもほぼ時系列で収録。まさに『ブラック・アンド・ブルー』の製作過程ドキュメントとして資料的価値もある、ベック・ファンにもオススメの永久保存プレス4CDにて。
DISC ONE : 01. Slow Jam (keef riff) / 02. Slow Blues / 03. Slow Jam / 04. 12-Bar Blues / 05. Rock Rhythm #1 (with Jeff Beck) 06. Rock Rhythm #2 (with Jeff Beck) / 07. English Rose (vocals longer version) / 08. Man Eating Woman (vocals) / 09. Funky Jam / 10. Slow Blues 11. Boogie Jam #1 / 12. Boogie Jam #2 / 13. Boogie Jam #3 / 14. Boogie Jam #4 / 15. Jamming With Jeff Beck / 16. I Love Ledies (try out) 17. Outside The Studio - Mick and Charlie Interview
DISC TWO : 01. Warm Up Jam / 02. Worried About You #1 / 03. Worried About You #2 (rock rhythm) / 04. Slow Ballad / 05. Funky Stuff #1 06. Funky Stuff #2 / 07. Freeway Jam #1 (with Jeff Beck) / 08. Worried About You / 09. Freeway Jam #2 (with Jeff Beck) 10. Freeway Jam #3 (with Jeff Beck) / 11. Rock Rhythm / 12. English Rose (vocals) / 13. Man Eating Woman (vocals) / 14. Funky Jam (vocals) 15. Slow Blues (vocals) / 16. Wind Call #1 (playback) / 17. Waiting On A Friend (playback) / 18. Save Me (playback) / 19. Wind Call #2 (playback) 20. Wind Call #3 (playback) / 21. Tops (playback)
DISC THREE : 01. Crazy Mama (playback) / 02. Crazy Mama (playback - instrumental) / 03. I Got A Letter (playback - vocal overdub) 04. Cherry Oh Baby (playback - vocal overdub) / 05. Act Together (playback) / 06. Act Together (playback - guitar overdub) 07. Fool To Cry (playback with vocal) / 08. Melody (longer version - demo vocal) / 09. Boogie Jam (hardly audible vocal) / 10. Vagina (Slave) #1 11. Slow Riff / 12. Long Jam / 13. Slow Ballad / 14. Jamming With Jeff Beck / 15. Freeway Jam (with Jeff Beck) / 16. Shame Shame Shame 17. Vagina (Slave) #2 / 18. Boogie Jam #1 / 19. Boogie Jam #2 / 20. Boogie Jam #3
DISC FOUR : 01. Monkey Man (riff) / 02. Vagina (Slave) #1 (guitar only) / 03. Vagina (Slave) #2 (run through different beat) 04. Vagina (Slave) #3 (run through different beat) / 05. Vagina (Slave) #4 (guitars only) / 06. Vagina (Slave) #5 (run through different beat) 07. Vagina (Slave) #6 (run through different beat) / 08. Vagina (Slave) #7 / 09. Vagina (Slave) #8 / 10. Vagina (Slave) #9 / 11. Funky Riff #1 12. Funky Riff #2 / 13. Funky Riff #3 / 14. Slow Blues #1 / 15. Slow Blues #2 / 16. Funky Stuff / 17. Vagina (Slave) #10 / 18. Boogie Jam 19. 12-Bar Blues #1 / 20. 12-Bar Blues #2 / 21. 12-Bar Blues #3 / 22. Funky Rhythm / 23. More Funky Rhythm24. Blues With Jeff Beck (12-Bar Blues)
[Recorded Live from Rolling Stones Mobile Studio Unit at De Doelen, Rotterdam, Netherlands, 22nd January - 9th February 1975 : Complete Rotterdam Rehearsal Tapes 1975]


2012年04月26日

イエス、2012年最新来日ライブの決定盤!

sne181c.jpg



◆ YES / LIVE FROM TOKYO COMPLETE 2012 (6CDR) この商品はこちらから

「FLY FROM HERE」リリーに伴う、9年ぶりの来日となる2012年ジャパン・ツアーより、4月17&18&19日と、3公演行われた東京公演を、いずれもボーカル、ジョン・ディヴィソンがステージでステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた24bitデシタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスにて収録!

まず周知の通り、ジョン・アンダーソンやリック・ウェイクマンを欠いた編成ながら、新加入となったジョン・ディヴィソンは、無理のない高域のコントロール力を存分に発揮し、イエス・クラシックをほぼ完璧に再現。「燃える朝焼け」、「同志」、「スターシップ・トゥルーパー」、「ラウンドアバウト」などはもちろん、ショーのハイライトとなった25分にも及ぶ圧巻の組曲「フライ・フロム・ヒア」は全盛期さながらのテクニカルかつさ複雑な構成で観客を魅了。さらに日本では今回初めてプレイされた「ドラマ」からの「マシン・メシア」も初日のみながら初プレイ。また今回、スティーブ・ハウのプレイが特に素晴らしく、またほぼ固定のセットリストだった来日公演の中、彼のアコースティック・ソロだけは日替わりでヴァリエーション豊かなプレイを披露。その3日間のパフォーマンスを完全コンプリートしたのが本タイトルで、オーディエンス録音だけでも充分なクオリティーなうえにサウンドボード・ソースがマトリックスされているので、ハウの繊細なトーンから、クリス・スクワイアのゴリゴリな硬質ベースまで、別次元のクオリティーでここに再現。特に19日最終日はクリスの音頭で観客が総立ちとなった「スターシップ・トゥルーパー」あたりでの盛り上がりは鳥肌もの。2012年来日公演の決定盤であり、ファン必携の永久保存マスト・アイテム。

DISC 1 : Benjamin Britten's Young Person's Guide To The Orchestra (Intro) / Yours Is No Disgrace / Tempus Fugit / I've Seen All Good People (i. Your Move ii. All Good People) / And You And I (i. Cord Of Life ii. Eclipse iii. The Preacher The Teacher iv. Apocalypse) / Solitaire / Laughing With Larry / Fly From Here (i. Overture ii. We Can Fly iii. Sad Night At The Airfield /iv. Madman At The Screens v. Bumpy Ride vi. We Can Fly -Reprise-)
DISC 2 : Heart Of The Sunrise / Owner Of A Lonely Heart / Starship Trooper (i. Life Seeker ii. Disillusion iii. Würm) / Roundabout
[Live at Nippon Seinenkan Hall, Tokyo, Japan 17th April 2012]

DISC 3 : Benjamin Britten's Young Person's Guide To The Orchestra (Intro) / Yours Is No Disgrace / Tempus Fugit / I've Seen All Good People (i. Your Move ii. All Good People) / And You And I (i. Cord Of Life ii. Eclipse iii. The Preacher The Teacher iv. Apocalypse) / Solitaire / Ram / Fly From Here (i. Overture ii. We Can Fly iii. Sad Night At The Airfield / iv. Madman At The Screens v. Bumpy Ride vi. We Can Fly -Reprise-)
DISC 4 : Machine Messiah / Owner Of A Lonely Heart / Starship Trooper (i. Life Seeker ii. Disillusion iii. Würm) / Roundabout
[Live at Shibuya Kokaido, Tokyo, Japan 18th April 2012]

DISC 5 : Benjamin Britten's Young Person's Guide To The Orchestra (Intro) / Yours Is No Disgrace /Tempus Fugit / I've Seen All Good People (i. Your Move ii. All Good People) / And You And I (i. Cord Of Life ii. Eclipse iii. The Preacher The Teacher iv. Apocalypse) / Solitaire / Second Initial / Fly From Here (i. Overture ii. We Can Fly iii. Sad Night At The Airfield / iv. Madman At The Screens v. Bumpy Ride vi. We Can Fly -Reprise-)
DISC 6 : Heart Of The Sunrise / Owner Of A Lonely Heart / Starship Trooper (i. Life Seeker ii. Disillusion iii. Würm) / Roundabout
[Live at Shibuya Kokaido, Tokyo, Japan 19th April 2012]

Steve Howe - Guitars, Vocal / Chris Squire - Bass, Vocal / Alan White - Drums / Geoffrey Downes - Keyboards, Vocal / Jon Davison - Lead Vocal

2012年04月25日

ビートルズ、M・クローデル・レーベルからの新作!

mccd218.jpg



◆ THE BEATLES / 300,000 Beatle Fans Can't Be Wrong (1CD+2DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・・クローデル・レーベルより、1964年ワールド・ツアーにおける、アデレイド公演をメインとしたオーストラリア・ツアーの音源と映像をセットにしたアイテムがここに。

メルボルンのコンサートを収録した同レーベルの『THE BIGGEST ATTRACTION IN WHOLE WORLD』(2CD+1DVD)や『CHANNEL 9 MASTER’S MASTER』(1DVD)と並べることで、本オーストラリア・ツアーの全貌が明らかになる待望のアイテムで、今回も初登場映像及び音源を含んだ、ニュー・マテリアル。
まず音源CDのメインとなるのは、1964年6月12日アデレード公演を、地元のラジオ局が収録したという、バランスが悪いながらも高音質で古くから有名な音源をリマスター収録。こちらはピッチ調整を施し、正確なスピードであり、さらにジェネレーションが若いため音質もレンジが広く、特に高域の伸びは格段クオリティーUP。司会者のイントロから、終演の挨拶までをしっかりコンプリート収録しており、しかも「I Saw Her Standing There」から始まるセットリストはこの時期のみのレアなもの。さらに後半は初登場となる6月18日シドニー公演より2曲、「I Saw Her Standing There」と「You Can’t Do That」を収録。オーディエンス録音による、けして良い音質とはいえず、かつ断片的なものながら、当時の熱狂、ファンの様子などが伺い知れ、おそらくラジオ局の関係者が会場で録音したと思われるもの。
そして映像DVDのdisc:1には同日アデレードでの1日2回公演の、昼夜の映像を収録。まずアーリー・ショーは完全収録ではないものの、この手の映像としては比較的長く収録されており、若きビートルズの貴重な演奏シーンをプロショットにて収録。黒いスーツを着用しての、初めて訪れるオーストラリアでの熱演となるもので、この後のレイト・ショーでは、グレーのスーツに衣装替えを。またこれらとは別に、なんと当時の貴重なカラー映像を収録。サイレントの8mmフィルムながら、会場の前で並ぶファンの様子、当時のファンの様子が鮮やかなカラー映像でよみがえり、他にもオーストラリアのTVニュースの映像なども。大勢のファンをかきわけて進むビートルズを乗せた車、バルコニーに出てファンの声援に応える様子、さらにジョンの悪趣味なナチス式敬礼などもありで、またジミー・ニコルも同席してのリンゴの復帰記者会見なども収録。
さらに映像disc:2もまた驚きの映像が収録されており、なんと1964年6月18日シドニー公演のコンサートの模様で、このような映像が残されているとは驚きのもの。大歓声の中、ビートルズがステージに登壇し、リンゴ復帰のコンサート。もちろんコンプリートではないものの、当時のステージを知るには充分なもので、スタジアムを埋め尽くすファン、ライティングに浮かび上がる姿が印象的で、最後はコンサート終了後にステージを降りる様子までも収録。さらにコンサート映像の後は、当時オーストラリアで放送された『The Beatles At The Stadium』という、TVスポットを。さらにその後は時系列に沿って1964年6月11日にオーストラリアに降り立ってから、7月2日に次の目的地フランクフルトに到着するまでのドキュメンタリーを収録。空港、ホテル、記者会見、初めての、そして唯一のオーストラリア公演とあって、地元の注目も高く、コンサート以外でも数多くの映像が残されているのは驚きと言えるもの。
1964年アデレイド公演とシドニー公演の映像と音源、さらにツアーのドキュメンタリーと、初登場音源及び初登場映像を交えた、オーストラリア・ツアーの集大成を永久保存プレス盤にて。

CD DISC
[CENTENNIAL HALL ADELAIDE AUSTRALIA June 12, 1964]
01. Introduction 02. I Saw Her Stainding There 03. I Want To Hold Your Hand 04. All My Loving 05. She Loves You 06. Till There Was You 07. Roll Over Beethoven 08. Can’t Buy Me Love 09. This Boy 10. Twist And Shout 11. Long Tall Sally 12. Outroduction
[SYDNEY STADIUM SYDNEY AUSTRALIA June 18, 1964]
13. Introduction 14. I Saw Her Stainding There 15. You Can’t Do That #1 16. You Can’t Do That #2 17. Adelaide Press Conference 18. Sydney Press Conference 19. John Lennon Interview 20. Jimmy Nicol Interview
DVD DISC ONE :
(ADELAIDE TO MELBOURNE)
[THE CONCERT FILM[
01. CENTENNIAL HALL ADELAIDE June 12, 1964 early show 02. CENTENNIAL HALL ADELAIDE June 12, 1964 late show
[FILM ARCHIVE]
03. "BEATLES CONQUER AUSSIES" 04. "MANIA MOVIETONE NEWS" 05. ATV Live Broadcast Raw Video Master


DVD DISC TWO :
(SYDNEY TO BRISBANE)
[THE CONCERT FILM]
01. SYDNEY STADIUM SYDNEY June 18, 1964 02. SYDNEY STADIUM SYDNEY (raw)
[FILM ARCHIVE]
03. "AT THE STADIUM" complete long version
(TOUR DOCUMENT)
[JUNE 11, 1964] Mascot International Airport / Pathe Newsreel Sheraton Hotel / Sydney Press Conference
[JUNE 12, 1964]
South Australian Hotel / Adelaide Balcony / Appearance & Press Conference
[JUNE 13, 1964]
Southern Australian Hotel / News Report / Ringo Interview / London Heathrow Airport / San Francisco International Airport
[JUNE 14, 1964]
Ringo Arrives Australia / Interview with Brian Epstein / Beatles Leave Adelaide for Melbourne / Australian News / Ringo Arrives Essendon Airport / Australian News Pathe Footage / ATN News
[JUNE 15, 1964]
The Beatles Arrive in Melbourne / Southern Cross Hotel / Australian News GTV News / John Interview / Jimmy Nicol Interview / Essedon Airport Melbourne
[JUNE 16, 1964]
Balcony Appearance / Southern Cross Hotel
[JUNE 18, 1964]
Kingsford Smith Int's Airport / British Pathe Newsreel / Paul's 22nd Birthday / Sheraton Motor Hotel Sydney
[JUNE 21, 1964]
Internatinal Airport & Hotel St.George Wellington / New Zealand Newsreels News Reports
[JUNE 25, 1964]
Town Hall Auckland / TV News Report
[JUNE 26, 1964]
Dunedin Performance
[JUNE 27, 1964]
Christchurch Hotel Balcony
[JUNE 28, 1964]
Airport News Footage
[JUNE 29, 1964]
Brisbane Airport Brisbane / QLD British Bathe
[JULY 2, 1964]
Frankfort Airport Germany

2012年04月23日

ノエル、最新プロショット・ライブ!

nd3241d.jpg



◆ Noel Gallagher's High Flying Birds / Coachella 2012 (1DVDR) この商品はこちらから

2012年3月末からスタートした北米ツアーより、その合間に出演となった、例年この時期カリフォリニアで開催されている「コーチェラ・フェスティバル」でのライブを、マスター・クオリティー、プロショットにてコンプリート収録。4月13日から15日にかけて開催された中、14日に出演した際の模様を、コーチェラのYouTube特設サイトCoachella Liveでウェブ・キャストされた映像がマスターゆえ、クオリティーはオフィシャル・レベル。そしてこのUSツアーではフェス初出演となるもので、通常よりややコンパクトなセットリストではあるものの、基本的にはデビュー・アルバムからのナンバーを軸とした、本ツアー・セットに沿った構成にて全12曲、1時間ほどのステージをフル披露。なお野外フェスの夕方からの登場ということで、西日を受けながらの心地よいパフォーマンスは新鮮で、観客のノリも素晴らしく、このあとに登場するレディオヘッドとは対照的な開放的パフォーマンスを披露。
さらにカップリングとして、同USツアー序盤となる、3月31日ミシガン州ロイヤル・オーク公演を、モバイルも含む各種オーディエンス・ショットにて全14曲追加収録。コンプリートではないものの、全体的に安定した映像ソースばかりで、しかも音声は別レコーディングのDATオーディエンス・ソースをマトリックスしたクリアー音源にて。再来日に向けてファンは要チェックのトータル2時間。

01.(It's Good) To Be Free/02.Mucky Fingers/03.Everybody's On The Run/04.Dream On/05.If I Had A Gun.../06.The Death Of You And Me/07.AKA... What A Life!/08.Talk Tonight/09.Half The World Away/10.(Stranded On) The Wrong Beach/11.Little By Little/12.Don't Look Back In Anger
[Coachella Festival 2012 : Live At Empire Polo Fields, Indio, CA, USA April 14th 2012 : pro.shot]
01.(It's Good) To Be Free/02.Mucky Fingers/03.Everybody's On The Run/04.Dream On/05.If I Had A Gun.../06.The Death Of You And Me/07.Freaky Teeth/08.Supersonic/09.AKA... What A Life!/10.Talk Tonight/11.Whatever/12.Little By Little/13.The Importance Of Being Idle/14.Don't Look Back In Anger
[at Royal Oak Music Theatre, Royal Oak, MI USA, March 31st 2012 :audience shot.]
◇Personnel : Noel Gallagher (vocals, guitar), Tim Smith (guitar), Russell Pritchard (bass), Mike Rowe (keyboards) & Jeremy Stacey (drums)


2012年04月22日

エヴァンス、1978年来日公演を奇跡のクオリティーで!

be78jmc.jpg



◆ BILL EVANS / OSAKA 1978 (1CDR) この商品はこちらから

1978年最後の来日公演より、9月13日大阪公演、厚生年金会館での第一部・第二部2回公演を、テーパー所有のオープンリール・マスターから、驚異的レベルの超高音質オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。過去にも流出した音源ながら、即発盤は1999年に録音者が変換したものを使用。そして今回はリール・マスターそのものを最新機材を用いて24bitリマスタリングを施した、即発盤とは明らかに一線を画すハイ・クオリティー・サウンドでのリリースで、そのクオリティーは、当時のオーディエンス録音とは信じ難いもので、音質のクリアーさ、各パートのバランスや分離感・臨場感・迫力、どれをとっても素晴しいの一言。エヴァンスの類い希なる繊細なタッチも見事なまでに聴きとることができ、奥深いプレイの数々に酔いしれてしまう好演がここに。永遠にファンの心をとらえ、色褪せる事のない輝きを放ち続ける偉大なるピアニストの貴重な未発表ライブをこのクオリティーで聴く事が出来るのはファンとしては嬉しい限り。
なお、チケット販売当初はマイケル・ムーアが来日予定メンバーだった中、この年の4月から加入したマーク・ジョンソンに名ドラマー、フィりー・ジョー・ジョーンズとのライブならではの緊張感のある素晴らしい演奏で、エヴァンスの類い希なる繊細なタッチも見事なまでに聴きとることが出来、奥深いプレイの数々に酔いしれてしまう好演。とにかくオープン・リールでの録音という、今では信じられないオーディエンス・ソースならではの、広がりのある臨場感溢れるサウンドで、優美なエヴァンスのピアノを存分に堪能できる必聴マスト・アイテム。


(Disc 1 -First Show-) 01 Announcement 02 Midnight Mood 03 The Peacocks 04 Theme From M*A*S*H (Suicide Is Painless) 05 Gary’s Theme 06 In Your Own Sweet Way 07 But Beautiful 08 My Romance 09 Announcement

(Disc 2 -Second Show-) 01 Announcement 02 unknown title 03 Up With The Lark 04 Morning Grory 05 Someday My Prince will Come 06 I Do It For Your Love 07 Nardis 08 Encore Announcement 09 When I Fall In Love

◇ BILL EVANS: piano / MARC JOHNSON: bass / PHILLY JOE JONES: drums
[Recorded at Kouseinenkin Kaikan, Osaka, September 13th 1978]

2012年04月20日

レディオヘッド最新プロショット・ライブ!

nd3235d.jpg



◆ RADIOHEAD / COACHELLA FESTIVAL 2012 (1DVDR) この商品はこちらから

『キング・オブ・リムズ』リリース後の2012年USツアー第2弾は、4月9日シアトルから再スタート。そしてその合間に出演となった、例年この時期カリフォリニアで開催されている「コーチェラ・フェスティバル」でのライブを、マスター・クオリティー、プロショットにてコンプリート収録。
今回2回出演となった初日4月14日の模様を、コーチェラのYouTube特設サイトCoachella Liveでウェブ・キャストされた映像がマスターとなっており、よってクオリティーはオフィシャル・レベル。そして今ツアーではフェス初出演となるもので、通常よりややコンパクトなセットリストではあるものの、基本的には『キング・オブ・リムズ』からのナンバーを軸とした本ツアー・セットに沿った構成により、アンコール2回を含む全20曲を披露。中でも”Idioteque”では、トムの他にもエドもダンスを披露したり、”Everything In Its Right Place”では、イントロでニール・ヤングの”After The Gold Rush”をカヴァー。この流れは2006年6月の米アッパー・ダービー公演以来となる貴重なもの。
とにかく本ツアーで初めてとなるプロショットによるフル・ライブでもあり、同じフェスということで、同年のフジロックでの来日に向けて期待も膨らむファン必見のトータル111分。

01. Bloom /02. 15 Step /03. Weird Fishes / Arpeggi /04. Morning Mr.Magpie /05. Staircase /06. The Gloaming /07. Pyramid Song /08. The Daily Mail /09. Myxomatosis /10. Karma Police /11. Identikit /12. Lotus Flower /13. There There /14. Bodysnatchers /15. Idioteque /16. Lucky /17. Reckoner /18. Everything In It's Right Place (After The Gold Rush) /19. Give Up The Ghost /20. Paranoid Android
[Coachella Festival 2012 : Live At Empire Polo Fields, Indio, CA, USA April 14th 2012 : pro.shot / time approx 111min.]


2012年04月19日

ビートルズ「リ・トラックス・シリーズ」第4弾!

scd04sp.jpg



◆ THE BEATLES / Past Re:Tracks Masters Vol.1 (プレス2CD) この商品はこちらから

ビートルズ専門SGT.レーベルより、オリジナル・リマスター音源によるアルバム「リ・トラックス・シリーズ」第4弾は、「パスト・マスターズ」Vol.1の登場。本シリーズはオリジナル・アルバムから、マルチ・トラック音源、およびセッション音源から新たに作成されたリコンストラクション・トラックス、そして演奏だけのインストゥルメンタル・トラックス、さらにヴォーカルをメイン収録したヴォーカル・トラックスという、3種のコンセプトでアルバムを再構成。ここでしか聴くことの出来ないオリジナル・リミックス音源によるニュー・ヴァージョンにて、新たにアルバムをクローズアップするという興味深い内容。

そして既リリースの「サージェント・ペパーズ」「ラバー・ソウル」「アビー・
ロード」は、各オリジナル・アルバム全曲収録だった中、ここではそれらには未収録となっているマルチ・トラック音源を時系列に網羅。そのvol.11では1962年「ツイスト・アンド・シャウト」から、1965年の「イエスタデイ」までを収録。これまでの3タイトル同様、独自の楽器セパレーションが特徴の、ここでしか聴くことの出来ないオリジナル・リミックスと相まって、レコーディング・セッションの様子をエンジニアのように体感できるというもの。
まずはじめに収録されているリコンストラクション・トラックスは、マルチ・トラック・マスターからオリジナル最新リミックス音源によってアルバムを再構成したもの。これまでマルチ・トラック音源は「Rock Band」関連で、すでに知られている中、このシリーズではそうした既発音源をそのまま収録したものではなく、改めてマルチ・トラック・マスターから独自にリミックスされた音源を元に、演奏前のカウントやチャットを含む、セッション音源のスタジオ・アウトテイクも加えられたオリジナル編集バージョンによるもの。その特徴としてはヴォーカルが生々しくクローズ・アップされ、新たなステレオ・セパレーションによって各楽器のバランスもよりクリアーに。また通常の音源では埋もれている楽器の演奏を浮き彫りにしたインストゥルメンタル・トラック、さらにその逆に楽器演奏を廃しネイキッドな状態で、ヴォーカルだけをリアルに聞かせるヴォーカル・トラックと、いずれもオリジナル編集された最新バージョンでの収録。またリマスタリングにあたっては、48kHz/24bitフォーマットで取り込まれたマルチ・トラック・マスターからコンバートした、オリジナル音源が使われており、既発音源以上の高音質クオリティーで収められており、ヘッドフォンで聞き比べれば、各楽器のセパレーションの違いや、マスター・ダイレクトのヴォーカル・クオリティーなど、ここでしか聞けない独自のオリジナル編集によるハイクオリティー音源であることに納得いただけるはず。またマニアックな詳細ポイントに関わらず、オルタネイト・ミックス、およびインスト・アルバムとして純粋に楽しめる編集にもなっており、特定楽器のみのセパレート音源と違って作品として聞き通せる内容で、一連の「Rock Band」関連とは一線を画する編集企画。最新リマスタリングによってアルバムを再構成した永久保存プレス2CD。

CD ONE :
[RECONSTRUCTION TRACKS]
01. Twist And Shout 02. I Saw Her Standing There 03. Do You Want To Know A Secret 04. Boys 05. From Me To You 06. I Want To Hold Your Hand 07. I Wanna Be Your Man 08. Can't Buy Me Love 09. A Hard Days Night 10. And I Love Her 11. I Feel Fine 12. Eight Days A Week 13. Help! 14. You've Got To Hide Your Love Away 15. Another Girl 16. I Need You 17. Ticket To Ride 18. It's Only Love 19. Tell Me What You See 20. Yesterday
[INSTRUMENTAL TRACKS]
21. Twist And Shout 22. I Saw Her Standing There 23. Do You Want To Know A Secret 24. Boys 25. From Me To You 26. I Want To Hold Your Hand 27. I Wanna Be Your Man 28. Can't Buy Me Love

CD TWO :
[INSTRUMENTAL TRACKS]
01. A Hard Days Night 02. And I Love Her 03. I Feel Fine 04. Eight Days A Week 05. Help! 06. You've Got To Hide Your Love Away 07. Another Girl 08. I Need You 09. Ticket To Ride 10. It's Only Love
11. Tell Me What You See 12. Yesterday
[MAIN VOCAL TRACKS]
13. Twist And Shout 14. I Saw Her Standing There 15. Do You Want To Know A Secret 16. Boys 17. From Me To You 18. I Want To Hold Your Hand 19. I Wanna Be Your Man 20. Can't Buy Me Love 21. A Hard Days Night 22. And I Love Her 23. I Feel Fine 24. Eight Days A Week 25. Help! 26. You've Got To Hide Your Love Away 27. Another Girl 28. I Need You 29. Ticket To Ride 30. It's Only Love 31. Tell Me What You See 32. Yesterday


2012年04月17日

エヴァンス、晩年の名演がここに・・

jm103m.jpg



◆ BILL EVANS / THE LAST YEAR OF MY LIFE (1CDR) この商品はこちらから

エヴァンス没となる約7ヶ月前の、1980年2月22日、コネチカットのスプレイグ・メモリアル・ホールにおけるソロ・コンサートの模様を、近年ネット等で公開された、テーパー所有のオリジナル・オーディエンス・マスターより当時としては良好なクオリティーにてコンプリート収録。これまで全く流出していなかった、初めて発掘されたレアな音源によるもので、前月まではマーク・ジョンソン、ジョー・ラバーベラら、晩年おなじみのトリオで演奏活動を続けていた中、この日はオープニングの”「Waltz For Debby”のみ、エール・ジャズ・オーケストラとの共演で、それ以降は全てエヴァンスのソロ・ピアノのみの演奏という貴重なもの。よって演奏曲もトリオ編成とは異なり、いずれも繊細かつ優美なピアノ・タッチをフューチャーしたナンバーを取り上げており、このあたりは、クロード・ドビュッシー、モーリス・ラヴェルなどのクラシックに影響を受けたと云われる、印象主義的な和音を持ち入た、独自の解釈による素晴らしいアレンジで披露。この7ヶ月後には9日間連続のギグを行い、その後帰らぬ人となる、まさに“最終章”へと突入する晩年の貴重なソロ・パフォーマンスをここに最高のクオリティーで。

01 Waltz For Debby (*) 02 Noelle's Theme 03 Bill's Hit Tune 04 But Beautiful 05 The Two Lonely People 06 Reflections in D 07 I Loves You Porgy 08 For All We Know

[at Sprague Memorial Hall, New Haven, CT, USA, February 22nd 1980]
Bill Evans (Solo Piano) + Yale Jazz Orchestra(*)


2012年04月15日

レニー、感動の2012年イン・ジャパン!

xavel147s.jpg



◆ LENNY KRAVITZ / HIGH SPIRIT 2012 JAPAN (2CDR) この商品はこちらから

14年ぶりとなる2012年「Black And White」ジャパン・ツアーより、4月6日東京ドーム・シティ・ホールでのライブを、ハイクオリティー・オーディエンス・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施しコンプリート収録。とにかくホールの音響の素晴らしさも手伝い、レニーのヴォーカルを中心に、全ての楽器を完璧なバランスで捉えており、一聴すればサウンドボードかと思えるそのサウンド・クオリティーはまさに驚異的。そしてその内容も久しく待望の来日公演となっただけに、新旧の名曲群オンパレードによるもので、まさにベスト・オブ・レニーといえるもの。またバック陣も、David Bowieのバンドで知られるGail Ann DorseyやNo DoubtのホーンGabriel McNairを擁した強靭な布陣によるものでタイトなその演奏もパーフェクト。そして会場全体を巻き込んで熱狂の大団円となった、アンコール「Let Love Rule」まで、全開で疾走したレニー最高のパフォーマンスを、最高のクオリティーで再現したファン必聴メモリアル・アイテム。
Disc 1 : 01. Intro 02. Come On Get It 03. Always On The Run 04. American Woman 05. It Ain't Over Till It's Over 06. Mr. Cab Driver 07. Trumpet Solo 08. Black And White America 09. Fields Of Joy 10. Stand By My Woman
Disc 2 : 01. Believe 02. Stand 03. Rock And Roll Is Dead 04. Rock Star City Life 05. Where Are We Runnin'? 06. Fly Away 07. Are You Gonna Go My Way encore; 08. Band Introduction 09. Let Love Rule 10. Outro
[at Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 6th April 2012]

◇Personnel; Lenny Kravitz (vocals, guitar) Craig Ross (guitar) Gail Ann Dorsey (bass) Franklin Vanderbilt Jr. (drums) George Laks (keyboards) Ludovic Louis (trumpet) Gabriel McNair (trombone) Harold Todd (saxophone)

2012年04月11日

ストーンズ最新ミックス・ライブ第3弾は「L.A '75」!!

rsla75fr.jpg



◆ ROLLING STONES / L.A. FRIDAY – LIVE 1975 - (プレス2CD) この商品はこちらから

『The Brussels Affair』、『Hampton Coliseum』に続く、配信音源からの最新リミックス・バージョン第3弾は、1975年「Tour Of The Americas」より7月9日から13日まで5日連続となった、L.A.フォーラム公演最終日となる7月13日のライブを完全再現。

この5days公演はこの13日を筆頭に、名テーパー、マイク・ミラードの奇跡的クオリティーによるオーディエンス音源としても知られ、さらにビデオ時代から映像も存在する11日公演など、その内容、演奏の素晴らしさは周知の中、やはり今回もマルチ・トラックからのリアル・サウンドはカンペキと言えるもの。そしてそのライブの模様を、オープニング「庶民のファンフーレ」や一部曲間などにカットがある以外、演奏曲はすべてマスタリングされた最高のサウンドでコンプリート収録。そして演奏は骨太かつワイルドであり、黒いグルーヴも撒き散らしながら、強靭なリズムでグイグイ展開するあたりはまさにこの時期ならではで、さらにラスト”Sympathy For The Devil”では、あのジェシ・エド・ディヴィスもギターで参加。その決定盤を永久保存の限定ロー・プライス、プレスCDにて。

Disc One : 01. Honky Tonk Women 02. All Down The Line 03. If You Can't Rock Me 04. Get Off Of My Cloud 05. Star Fucker 06. Gimme Shelter 07. Ain't Too Proud To Beg 08. You Gotta Move 09. You Can't Always Get What You Want 10. Happy 11. Tumblin' Dice 12. Band Intros 13. It's Only Rock N Roll 14. Heartbreaker
Disc: Two : 01. Fingerprint File 02. Angie 03. Wild Horses 04. That’s Life 05. Outta Space 06. Brown Sugar 07. Midnight Rambler 08. Rip This Joint 09. Street Fighting Man 10. Jumping Jack Flash 11. Sympathy For The Devil (with Jesse Ed Davis on Guitar)

[Soundboard Recordings at Los Angeles Forum, LA, California, USA July 13th 1975]


2012年04月10日

クイーン、奇跡の1986年ウエンブリー・ライブ!

wardour096m.jpg



◆ QUEEN / WEMBLEY STADIUM 1986 (4CD+1DVDR) この商品はこちらから

1986年7月11&12日に行われたロンドン・ウェンブリー・スタジアム公演を、いずれも空前絶後と云える、超高音質オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。特にオフィシャル映像としても知られる2日目は、全てのクイーンのライブ音源においてもベストかと思えるほどの最高クオリティー。そして初日11日も、マスターならではの別物のクリアーで、音の鮮度を超越した最高にホットでハイグレードなサウンド。しかし問題は究極のオーディエンス録音と云える2日目で、オフィシャルからのコピーかと思えるほど、音の質感も感触も歓声も、オフィシャルを製作する時のアンビエントマイク・テイクの流出かと錯覚するほどの、あり得ない前代未聞のスーパー・テイク。とりあえず、言えることは、このウェンブリー2日目は、これまでリリースされたクイーンのオーディエンス録音のタイトルの中でも最も音質が優れているであろうという事実だけ。そしてオフィシャルではカット、エディット、修正されていた、「真のウェンブリー公演での演奏」が本盤の出現により、初めて明らかになることも要チェック。
さらに初回限定で、同ツアーから7月27日ハンガリー、ブダペスト公演を収録した、オフィシャル「LIVE IN BUDAPEST」の制作過程において使用された、編集前の素材映像の全てを1時間54分に渡って収録した映像DVD-Rをプラス。当日16台のカメラにより撮影された映像の全てを、16分割されたマルチ画面で同時に見ることができ、オフィシャルには使用されなかった映像の全てをまとめて見ることができるもので、音声が若干不安定になる箇所もあるものの、ライン録音なので十分に聴けるサウンドで収録されており、オフィシャルビデオ未収のAnother One Bites The Dust, You're So Square, Hello Mary Lou の3曲も収録している上、ビデオではカットされてしまったフレディの曲間MCも全て収録。そしてWho Wants To Live Foreverの前のフレディの観客へのお礼の言葉と「また帰ってくるよ」という言葉に感動の思いで聴き入ってしまうファンも多いハズ。そしてハンガリーのトラディッショナルソングTavaszi Szelは2ヴァージョン収録。あくまでも業務用の放送素材集であり、内容もマニアックながら、ファンなら間違いなく必見もの。

(Disc 1 58:19) 1. One Vision 2. Tie Your Mother Down 3. In The Lap Of The Gods...Revisited 4. Seven Seas Of Rhye 5. Tear It Up 6. A Kind Of Magic 7. Day-O 8. Under Pressure 9. Another One Bites The Dust 10. Who Wants To Live Forever 11. I Want To Break Free 12. Impromptu 13. Guitar Solo 14. Now I'm Here
(Disc 2 49:35) 1. Love Of My Life 2. Is This The World We Created? 3. (You're So Square) Baby I Don't Care 4. Hello Mary Lou 5. Tutti Frutti 6. Bohemian Rhapsody 7. Hammer To Fall 8. Crazy Little Thing Called Love 9. Radio Ga Ga 10. We Will Rock You 11. Friends Will Be Friends 12. We Are The Champions 13. God Save The Queen
[Live at Wembley Stadium, London, UK 11th July 1986]

(Disc 3 60:19) 1. One Vision 2. Tie Your Mother Down 3. In The Lap Of The Gods...Revisited 4. Seven Seas Of Rhye 5. Tear It Up 6. A Kind Of Magic 7. Day-O 8. Under Pressure 9. Another One Bites The Dust 10. Who Wants To Live Forever 11. I Want To Break Free 12. Impromptu 13. Guitar Solo 14. Now I'm Here
(Disc 4 49:23) 1. Love Of My Life 2. Is This The World We Created? 3. (You're So Square) Baby I Don't Care 4. Hello Mary Lou 5. Tutti Frutti 6. Gimme Some Lovin' 7. Bohemian Rhapsody 8. Hammer To Fall 9. Crazy Little Thing Called Love 10. Big Spender 11. Radio Ga Ga
12. We Will Rock You 13. Friends Will Be Friends 14. We Are The Champions 15. God Save The Queen
[Live at Wembley Stadium, London, UK 12th July 1986]

DVD-R : . One Vision 2. Tie Your Mother Down 3. In The Lap Of The Gods... Revisited 4. Seven Seas Of Rhye 5. Tear It Up 6. A Kind Of Magic 7. Day-O 8. Under Pressure 9. Another One Bites The Dust 10. Who Wants To Live Forever 11. I Want To Break Free 12. Impromptu
13. Guitar Solo 14. Now I'm Here 15. Love Of My Life 16. Tavaszi Szel (Hungarian Folk Song) Take #1 17. Tavaszi Szel (Hungarian Folk Song) Take #2 18. Is This The World We Created? 19. You're So Square (Baby I Don't Care) 20. Hello Mary Lou 21. Improvised Jam 22. Tutti Frutti 23. Bohemian Rhapsody 24. Hammer To Fall 25. Crazy Little Thing Called Love 26. Radio Ga Ga 27. We Will Rock You 28. Friends Will Be Friends 29. We Are The Champions 30. God Save The Queen
[Live at Nepstadion, Budapest, Hungary 27th July 1986 : PRO-SHOT(16 MULTI-CAM EDITION : NTSC Approx.114min.)


2012年04月08日

マリリン・マンソン健在ライブ!

mb002mm.jpg



◆ MARILYN MANSON / DEFINE REFLECTION 2012 (1CDR) この商品はこちらから

MM約2年半ぶりとなったジャパン・ツアー2012より、3月10日東京公演最終日となる、新木場スタジオ・コーストでのライブを、デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。既に伝えられているように、本ツアーは大阪公演を含め、本人のコンディションや機嫌(?)も良くなかったのか、シンプルで短いセットなうえ、本人もステージに上がったかと思えば、引っ込んでバンドのみの演奏があったりと、かなりムラのあった中、この最終公演も、わずか63分ほどのパフォーマンスで派手な演出も一切ナシ。それでも90年代からの代表曲のオン・パレードで詰め掛けたファンは一様に満足の内容だったようで、次の新作の期待が膨らむ中、よりダークにアーティスティックに進化するカリスマの、人間身が感じられたライブをここに再現。

01 Intro / 02 Antichrist Superstar / 03 Disposable Teens / 04 The Love Song / 05 Little Horn / 06 The Dope Show / 07 Rock Is Dead / 08 Tourniquet / 09 Personal Jesus / 10 mOBSCENE / 11 Sweet Dreams (Are Made Of This) / 12 Irresponsible Hate Anthem / 13 1996 / 14 The Beautiful People

[at Shinkiba Studio Coast, Tokyo, Japan, March 10th 2012]
Marilyn Manson - vo. / Twiggy Ramirez - g. / Fred Sablan - b. /Jason Sutter - ds.

2012年04月01日

マイケル・シェンカー、2012年来日ライブ!

mhcd1101m.jpg



◆ MICHAEL SCHENKER / LIVE N’ DRIVE JAPAN 1st HALF (4CDR) この商品はこちらから

2012年「TEMPLE OF ROCK」リリースに伴うジャパン・ツアーから、初日となる3月27日、大阪なんばハッチ公演と、翌28日名古屋クラブ・ダイアモンドホール公演を、、いずれもオーディエンス・マスターにデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティーにてコンプリート収録。前回の来日より2年、本ツアーはマイケルのソロ名義によるもので、ここ数回の来日公演と比べてもセットリストが大幅に変化しており、「Into The Arena」で幕を開けるライブ中盤以降は、同アルバムからの新ナンバーは「Hangin' On」1曲のみで、それ以外はもちろん、MSGの名曲からスコーピオンズ、そしてUFO時代までまさにキャリア総括と言えるもの。なお、曲順に少し変化がある以外は両日同セットリストにて。

Disc 1 : 01. Intro 02. Into The Arena 03. Armed And Ready 04. Love Drive 05. Another Piece Of Meat 06. Hangin' On 07. On And On 08. Shoot Shoot 09. Too Hot To Handle 10. Love To Love
Disc 2 : 01. Let It Roll 02. Natural Thing 03. Lights Out 04. Band Introduction 05. Rock You Like A Hurricane 06. Rock Bottom encore; 07. Blackout 08. Doctor Doctor 09. Outro
[Namba Hatch, Osaka, Japan 27th March 2012]

Disc 3 : 01. Intro 02. Into The Arena 03. Armed And Ready 04. Love Drive 05. Another Piece Of Meat 06. On And On 07. Hangin' On 08. Shoot Shoot 09. Too Hot To Handle 10. Love To Love
Disc 4 : 01. Let It Roll 02. Natural Thing 03. Lights Out encore #1; 04. Rock You Like A Hurricane 05. Rock Bottom encore #2; 06. Band Introduction 07. Blackout 08. Doctor Doctor 09. Outro
[Club Diamond Hall, Nagoya, Japan 28th March 2012]

◇Personnel; Michael Schenker (guitar), Michael Voss (vocals, guitar), Herman Rarebell (drums), Elliott "Dean" Rubinson (bass) & Wayne Findlay (keyboards, guitar)

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37