« 2012年05月 | メイン | 2012年07月 »

2012年06月30日

「アビー・ロード」究極のセッション・アルバム!

sgcd50sp.jpg



◆ THE BEATLES / ABBEY ROAD SESSIONS (プレス4CD) この商品はこちらから

SECRET GARDENレーベルと、HELTER SKELTERレーベルの共同制作による、各アルバムごとのアウトテイク及びミックス違いを網羅した『back to basics』シリーズも後期に突入。第11弾は、ラスト・レコーディングとなった『アビー・ロード』。

ビートルズのアルバムごとにアウトテイクや別ミックスなどを網羅するセッションズ・シリーズも、いよいよラスト・レコーディングとなった『アビーロード』のレコーディング・セッションの全貌を収録した本タイトルが登場。まず基本的にアルバム収録曲順に沿って編集がなされており、disc:1のオープニングは「Come Together」から。ジョンのヴォーカルが迫力あるtake 4など、声色を変えて試行錯誤している様子が非常に興味深いものに。そして「Something」はアセテート音源よりデモ・テイクから、徐々に曲が仕上がっていく様子が詳細に記録されており、「Maxwell’s Silver Hammer」はイントロ付のテイク、演奏前にピアノで遊ぶ様子、イントロに入りかけて一端取りやめ、リンゴが何度も同じドラム・フレーズを繰り返している様子なども収録。また「Oh Darling」のtake 26オーヴァーダブは、何度も歌入れをしたためか、ポールの声がかすれ、サビの部分に至っては裏声になっていたりも。
そしてdisc:2の、リンゴのドタバタするドラムの「Octopus’s Garden」は、いかにも仮の歌入れという感じで、あの印象的なコーラスが入らず、リンゴのシングルトラックによる独唱。「Here Comes The Sun」のtake 1はベースやドラムがアコースティック・ギターに絡み、清々しい美しさが際立ち、そして興味深いのは、リリース・バージョンには含まれなかったものの、実際のレコーディングではエレクトリック・ギターによるソロが加えられていた、その音。ジョージ・マーティンとダーニがスタジオでマルチ・トラックを聴いている音源ながら、オーケストレーションにかぶる形で、印象ががらりと変わるエレクトリック・ギターの音、さらにエレピの甲高い音までも含まれており、もしこれが採用されていたら、曲はまた違ったものになったハズ。そして「You Never Give Me Your Money」はメドレーに繋げられる前段階のもので、終わりが決まっておらず、ギターとピアノによる即興演奏が延々続くバージョンが興味深いところ。
そしてdisc:3はアルバムのハイライト、B面のメドレーに。まだメドレーとして繋がっていない段階で、それぞれの曲を仕上げていく様子が非常にスリリングで、あの完成度の高いB面も、やはり今まで通りのやり方で作られていた事、「Polythene Pam」と「She Came In Through The Bathroom Window」は2曲とはいえ、元々から一緒にレコーディングされたもので、ジョンとポールがお互い指示を出し合っているスタジオの様子も収録。そこはあのゲットバック・セッションとの違いは明らかで、協力して作品を仕上げよう、ビートルズ最後の作品として相応しいクオリティーのものを、という熱意を感じさせられるシーンも。そしてメドレーのフィナーレ「Golden Slumbers」「Carry That Weight」「The End」の3曲のメドレーに入り、ポールのピアノが怪しい初期テイクは、オフマイクでポールのヴォーカルが薄らと聴こえてくるパートも。さらに興味深いのは「The End」のtake 7で、例の聴き慣れたギターソロは、実際にはもっと長く、ここで聴くことの出来るのは、さらに冒頭の部分が長いもの。そして「Her Majesty」は元々メドレーの中に組み込まれていたということがマーク・ルイソンの著書により明らかになっていた中、ここではそのメドレーを収録。
最後のdisc:4は、アルバムには収録されなかったものの、同時期にレコーディングされた楽曲のアウトテイク等も収録という、名盤『アビーロード』のセッションを完全網羅した、永久保存プレス盤。

DISC ONE :
(COME TOGETHER)
01. take 1 stereo 02. take 4 partia l+ take 5 announcement mono 03. unknown take i mono 04. unknown take ii + iii mono 05. record producers stereo 06. rock band mix stereo
(SOMETHING)
07.take 1 v1 acetate mono 08. take 1 v2 mono 09. take 1 v3 stereo 10. unknown takes i - iii mono 11. unknown take iv miono 12. take 37 mono 13. RS from take 39 video mix stereo 14. RS from take 39 dvd mix v1 stereo 15. take 39 monitor mix 1 stereo 16. take 39 monitor mix 2 stereo 17. RS from take 39 dvd mix v2 stereo 18. rock band mix stereo
(MAXWELL’S SILVER HAMMER)
19. take 5 stereo 20. take 8 partial stereo 21. take 21 mono 22. rock band mix stereo
(OH DARLING)
23. Get Back Session 27.56 stereo 24. take 26 mono 25. unknown take stereo 26. vocal overdub session 1 mono 27. vocal overdub session 2 mono 28. vocal overdub session 3 mono 29. vocal overdub session 4 mono 30. vocal overdub session 5 mono

DISC TWO :
(OH DARLING)
01. vocal overdub + take 26 stereo 02. rock band mix stereo
(OCTOPUS’S GARDEN)
03. take 2 stereo 04. unknown takes stereo mono 05. take 32 mono 06. take 10 vocal only mono 07. take 10 stereo 08. rock band mix stereo
(I WANT YOU)
09. Edit of Takes 9,20,32 stereo 10. instlmental stereo 11. rock band mix stereo
(HERE COMES THE SUN)
12. take 1 partial mono 13. multi-track playback unused solo mono 14. RS from take 15 stereo 15. rock band mix stereo
(BECAUSE)
16. unknown take stereo 17. take16 vocals only v1 stereo 18. take16 vocals only v2 stereo 19. take16 half vocals only stereo 20. rock band mix stereo
(YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY)
21. take 30 mono 22. unknown take mono 23. rock band mix stereo

DISC THREE :
(SUN KING - MEAN MR.MUSTARD)
01. unknown take mono 02. rock band mix stereo
(POLYTHENE PAM - SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW)
03. unknown take mono 04. unknown take mono 05. takes 1+2 partial stereo 06. rock band mix stereo 07. Get Back Session21.78 steteo
(GOLDEN SLUMBER - CARRY THAT WEIGHT - THE END)
08. take1 monirtor mix mono 09. unknown take stereo 10. take 13 + 15 stereo 11. take 13 + 15 mono 12. rock band mix stereo
(THE END)
13. take 7 mono 14. take 7 stereo 15. rock band mix stereo
(HER MAJESTY)
16. unknown take mono 17. take 3 pre overdub stereo 18. take 3 mono 19. rock band mix stereo
(HUGE MEDLEY)
20. part 1 RS2? v1 Mono 21. part 1 RS2? V2 Mono 22. part 2 RS2? Mono 23. rock band mix stereo

DISC FOUR :
(THE BALLAD OF JOHN & YOKO)
01. take 10 partial mono 02. take 10 apple acetate stereo 03. take 10 New Zealand Censored mix stereo 04. take 10 EMI censored video version v1 mono 05. take 10 EMI censored video version v2 mono 06. take 10 Australia single mix mono 07. take 10 ealy fade out stereo 08. take 10 video mix v1 stereo 09. take 10 video mix v2 stereo 10. take 10 video mix v3 stereo 11. take 10 dvd mix stereo
(OLD BROWN SHOE)
12. take 2 v1 stereo 13. take 2 v2 stereo 14. take 4 Australia single mix mono
(ALL THINGS MUST PASS)
15. take 2 v1 stereo 16. take 2 v2 stereo
(COME AND GET IT)
17. take 1 monitor mix mono 18. take 1 1!2!3!4! Mix fake stereo 19. take1 Barrett tape mix stereo 20. take1 sessions mix fake stereo 21. take1 anthology mix fake stereo
(AIN’T SHE SWEET)
22. unknown take stereo
(BONUS TRACKS)
23. Come Together (Naked Mix) 24. Maxwell’s Silver Hammer (Naked Mix) 25. Octopus’s Garden (Solo Vocal Mix) 26. Because (Take 3)

2012年06月25日

裸のラリーズ・フリーク、必聴・必見!

youth178c.jpg



◆ LAPIZ × MAKI / Live 1995 (1CD+1DVD) この商品はこちらから

フリクション初代ギター「ラピス(LAPIZ)」、裸のラリーズのギタリスト「三浦真樹」、伝説の2人が組んだ幻の音源がついに発掘!!CD + DVD!!

フリクション初代ギター「ラピス(LAPIZ)」。そして裸のラリーズのギタリスト「三浦真樹」。94年~95年頃に数度だけ活動した、この幻のユニットだが、吉祥のMANDARAⅡと高円寺のショーボートなどでライブをし、当時アナログ機器として人気を博したラップマンを使い、深いサイケデリックなエコーの効いたギターサウンドに、ポップなメロディーと歌が浮遊する、摩訶不思議なR&Rである。
フリクションの初代ギターだったラピスは、1978年に脱退しツネマツに交代するが、1989年にフリクションのギターに復活し93年に再び脱退した直後であり、一方の三浦真樹は割礼や静香などの日本を代表するサイケデリックバンドのギターとして活動し、その後に後期「裸のラリーズ」のギタリストして加入する直前に、奇跡的に結成し活動したユニットだった。裸のラリーズやフリクションという、日本アンダーグラウンドを代表するバンドの中核を成した、ニューウェーブでサイケデリックで、そしてロックなギタリスト二人による、ポップな日本語ロックの世界が、20年の時を経てここに出現!!


2012年06月21日

TOTO、ジャーニー、シカゴのVo.競演!

xavel15960.jpg



◆ VOICE OF AOR / Voice Of Rock In Tokyo Complete (4CDR \7200) この商品はこちらから

TOTOのボビー・キンボール、「Isolation」でTOTOの2代目ボーカリストを務めたファーギー・フレデリクセン、再編ジャーニーでスティーブ・ペリーの後釜を務めたスティーヴ・オージェリー、80年代以降のシカゴを支えたビル・チャンプリンと、4人のボーカリストが一堂に会し、ベストヒットナンバーを披露するという、ファンにとってはまさに夢のような企画ライブ「VOICE OF AOR」2012年の来日ツアーより、6月11日中野サンプラザ公演と、6月13日渋谷公会堂公演をいずれも、良質オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティーにてコンプリートでカップリング収録。
まず1番手はファーギー・フレデリクセンで、「Isolation」ナンバーをあの強烈なハイトーン・ボイスで軽々と披露。そして2番手には、アコースティック・ギターを抱えたビル・チャンプリンが登場、シカゴ・ナンバーに加え、EW&Fに提供した”After Love Has Gone”も披露。また”Hard Habit To Break”ではファーギーとのデュエットも。そして後半では3番手のスティーヴ・オージェリー、トリのボビー・キンボールがジャーニー、TOTOのベスト・ヒット・ナンバーをオンパレード。まずボビーは近年のTOTOでは声が出ていない日も多い中、いずれも絶好調。ジョークも冴え渡りまくり、80年代初頭のヒットナンバーに加え、11日は自分が関わってないジョセフ・ウィリアム時代の”I'll Be Over You”まで披露。ビル・チャンプリンも再びステージに登場し、数曲キーボードをサブ的に担当し、アドリブ・ソロも。そしてラスト”Rossana”では全ボーカルが勢ぞろいし、大盛り上がり。また日変わりセットでは11日が”I'll Supply The Love”でボビーとファーギーのデュエット、13日がボビー・パートでは”Georgy Porgy”と”Gift With A Golden Gun”の2曲、さらにビルのセットでは”I Don't Wanna Live Without Your Love”を披露と、まさに楽しい東京2日間の模様をここに完全再現。


Disc 1 : 01. Intro Fergie Frederiksen; 02. Carmen [with Bill Champlin] 03. Angel Don't Cry 04. Endless 05. Isolation Bill Champlin; 06. You're Not Alone 07. Look Away 08. After The Love Has Gone 09. Hard Habit To Break [with Fergie Frederiksen] Steve Augeri; 10. Separate Ways (Worlds Apart) 11. Don't Stop Believin' 12. Faithfully 13. Any Way You Want It

Disc 2 : Bobby Kimball; 01. Girl Goodbye 02. Africa 03. I'll Be Over You 04. Rosanna encore; 05. Band Introduction 06. Child's Anthem 07. A Million Miles Away 08. I'll Supply The Love 09. Hold The Line 10. Outro
[Nakano Sun Plaza Hall, Tokyo, Japan 11th June 2012]

Disc 3 : 01. Intro Fergie Frederiksen; 02. Carmen [with Bill Champlin] 03. Angel Don't Cry 04. Endless 05. Isolation Bill Champlin; 06. You're Not Alone 07. Look Away 08. After The Love Has Gone 09. I Don't Wanna Live Without Your Love 10. Hard Habit To Break [with Fergie Frederiksen] Steve Augeri; 11. Separate Ways (Worlds Apart) 12. Don't Stop Believin' 13. Faithfully 14. Any Way You Want It
Disc 4 : Bobby Kimball; 01. Girl Goodbye 02. Africa 03. A Million Miles Away 04. Rosanna encore; 05. Introduction By Tommy Denander 06. Child's Anthem 07. Georgy Porgy 08. Gift With A Golden Gun 09. Hold The Line 10. Outro
[Shibuya Public Hall, Tokyo, Japan 13th June 2012]

◇Personnel; Bobby Kimball (Vocals, Keyboards), Bill Champlin (Vocals, Keyboards, Guitar), Fergie Frederiksen (Vocals), Steve Augeri (Vocals) and "Legends" from Sweden; Tommy Denander (Guitar), Sayit Dolen (Guitar), P-O Nilsson (Keyboards, Vocals), Ken Sandin (Bass) & Pontus Engborg (Drums)

2012年06月15日

ストーンズ60's BBCライブ・シリーズ第一弾!

gp1203sp.jpg



◆ ROLLING STONES / BBC Sessions 1963-1965 (2CD) この商品はこちらから

ストーンズ60年代BBCラジオ・セッションの集大成がここに。1963年9月BBC初出演から、1965年までUK:BBCラジオ放送でのスタジオ・ライブや、コンサート音源をほぼ年代順に収録しもので、しかもこれまでの既発音源とは違い、オリジナル・マスターからの最新デジタル・リマスタリングにより、過去最高のサウンド・クオリティーでの収録。

BBC音源に関してはビートルズやキンクス、フー等の有名どころのほとんどは公式リリースされてきました中、ストーンズだけは未だに公式リリースされずにいるのが現状。そしてこれまで不完全であったり、音質にバラつきがあったりと、各種問題のある音源が流通していたのが現状。そんな中で、今回のコンピレーションは可能な限りオリジナル・マスターをベースにした、2012年リマスタリング音源で基本的に当時の原音に忠実なMONOマスタリングにて収録。唯一、当時ステレオ収録された1964年5月の「リズム・イン・ブルース」はもちろんオリジナル・ステレオ音源ながら、それ以外は当時のラジオ・オンエアーは基本的にはモノラルによるもの。それでも80年代BBC音源の再オンエアーを元にした多くのタイトルでは、擬似ステレオ化して出回っていたのがほとんどだったのが、左右セパレーションでフラットな純正モノラル音源ですべて収録された本作こそ、最もナチュラルなサウンドによるもので、音質クオリティーも現状ベストと言えるもの。また再オンエアーのなかった音源の一部は、アナログ・レコードをマスターにしたものもある中、こちらも新たなマスタリングにより格段にアップデートされており、本来のクオリティーの格差はあるものの、全体として音質重視のベスト・ソースを基本に、細部の編集や調整を施した最新リストア・バージョンゆえ、類似のアイテムをお持ちの方も是非聞き比べてほしい永久保存プレスCD。

DISC ONE :
[SATURDAY CLUB : Brian Matthew]
1. Come On (Chuck Berry) 2. Memphis Tennessee (Chuck Berry) 3. Roll Over Beethoven (Chuck Berry)
[Recorded Maida Vale Studio, London, UK 23th September 1963 Broadcast 26th October 1963 SATURDAY CLUB : Brian Matthew]
4. Don't Lie To Me (Chuck Berry) 5. Mona (I Need You Baby) (Ellas McDaniel) 6. Walking The Dog (Rufus Thomas) 7. Bye Bye Johnny (Chuck Berry) 8. You Better Move On (Arthur Alexander) 9. I Wanna Be Your Man (John Lennon / Paul McCartney)
[Recorded BBC, London, UK 3rd February 1964 Broadcast 8th February 1964 SATURDAY CLUB]
10. Roll over Beethoven (Chuck Berry) 11. Beautiful Delilah (Chuck Berry)
[Recorded Live From UK Tour February/March 1964 Broadcast 8th March 1964 BLUES IN RHYTHM : Long John Baldry]
12. (Get Your Kicks On) Route 66 (Bobby Troup) 13. Cops And Robbers (Kent L. Harris) 14. You Better Move On (Arthur Alexander) 15. Mona (I Need You Baby) (Ellas McDaniel)
[Recorded Camden Theatre, London, UK 19th March 1964 Broadcast 9th May 1964 (Original Stereo Master) THE JOE LOSS POP SHOW : Joe Loss]
16. Hi-Heel Sneakers (Robert Higginbotham) 17. Little By Little (Nanker Phelge / Phil Spector) 18. I Just Want To Make Love To You (Willie Dixon) 19. I'm Moving On (Hank Snow)
[Recorded BBC, London, UK 10th April 1964 Broadcast 10th April 1964 SATURDAY CLUB : Brian Matthew]
20. I Just Want To Make Love To You (Willie Dixon) 21. Walking The Dog (Rufus Thomas) 22. Not Fade Away (Norman Petty / Charles Hardin Holly) 23. Beautiful Delilah (Chuck Berry) 24. Hi-Heel Sneakers (Robert Higginbotham) 25. Carol (Chuck Berry)
[Recorded BBC, London, UK 13th April 1964 Broadcast 18th April 1964]
DISC TWO :
[SATURDAY CLUB : Brian Matthew]
01. Down In The Bottom (Willie Dixon) 02. You Can Make It If You Try (Ted Jarrett) 03. (Get Your Kicks On) Route 66 (Bobby Troup) 04. Confessin' The Blues (Walter Brown / Jay McShann) 05. Down The Road Apiece (Don Raye)
[Recorded BBC, London, UK 25th May 1964 Broadcast 6th June 1964 THE JOE LOSS POP SHOW : Joe Loss]
06. It's All Over Now (Bobby & Shirley Womack) 07. If You Need Me (Wilson Pickett / Robert Bateman) 08. Confessin' The Blues (Walter Brown / Jay McShann) 09. Carol (Chuck Berry) 10. Mona (I Need You Baby) (Ellas McDaniel)
[Recorded BBC, London, UK 17th July 1964 Broadcast 17th July 1964 TOP GEAR : Brian Matthew]
11. Around And Around (Chuck Berry) 12. If You Need Me (Wilson Pickett / Robert Bateman) 13. I Can't Be Satified (McKinley Morganfield) 14. Crackin' Up (Ellas McDaniel)
[Recorded BBC, London, UK 17th July 1964 Broadcast 23rd July 1964]
15. Ain't That Loving You Baby (Jimmy Reed)
[Additional Data: RADIO RUXEMBOURG from 17th April 1964 to 8th May 1964 RHYTHM AND BLUES : Alexis Korner]
16. 2120 South Michigan Avenue (Naker Phelge)
[Recorded BBC, London, UK 8th October 1964 Broadcast 31st October 1964 TOP GEAR : Brian Matthew]
17. Everybody Needs Somebody To Love (Russell / Burke / Wexler) 18. Down The Road Apiece (Don Raye) 19. The Last Time (Mick Jagger / Keith Richards)
[Recorded Playhouse Theatre, London, UK 1st March 1965 Broadcast 6th March 1965 YEH! YEH! : Tony Hall / SATURDAY CLUB : Brian Matthew]
20. Interview With Mick Jagger And Brian Jones 21. Mercy Mercy (Don Covay / Ron Miller) 22. Oh Baby (We Got A Good Thing Going) (Barbara Lynn Ozen) 23. Interview With Mick Jagger 24. (I Can't Get No) Satisfaction (Mick Jagger / Keith Richards) 25. The Spider And The Fly (Mick Jagger / Keith Richards) 26. Interview With Mick Jagger 27. Cry To Me (Bert Russel) 28. Fanny Mae (Buster Brown / Robinson or Waymon Glasco)

◇ Definitive New Remaster Edition : Recorded BBC, London, UK 20th August 1965 : YEH! YEH! Broadcast 30th August 1965 : SATURDAY CLUB Broadcast 18th September 1965

2012年06月13日

レニー・クラヴィッツ、最新プロショット・ライブ!

nd3334d.jpg



◆ LENNY KRAVITZ / ROCK IN RIO LISBOA 2012 (1DVDR) この商品はこちらから


14年ぶりとなる2012年「Black And White」ジャパン・ツアー後は、ヨーロッパ・ツアーを敢行。その合間に出演となった6月1日ポルトガル、リスボンで行われた、恒例「ロック・イン・リオ」でのパフォーマンスを、TVライブ・オンエアーからの、オフィシャル・クオリティー、プロショットにて全15曲コンプリート収録。そしてその内容は来日公演とほぼ同セットとなる、「Black And White America」からの曲も含めた、新旧の名曲群オンパレードによるもので、まさにベスト・オブ・レニーといえるもの。また強靭な布陣によるタイトな演奏もパーフェクトで、会場全体を巻き込んで熱狂の大団円となった、アンコール「Let Love Rule」などは来日公演の再現かと思えるほど。さらにボーナスとして、前年から2012年2月までにプロモーションで出演したTVプログラムでのスタジオ・ライブなどもプロショットで追加収録した、2012年最高のパフォーマンスを、最高のクオリティーで収めた必見のトータル126分。

[Rock In Rio : Parque da Bela Vista, Lisboa, Portugal June 1st 2012]
01.Come On Get It/02.Always On The Run/03.American Woman/04.It Ain't Over 'Til It's Over /05.Mr. Cab Driver/06.Black And White America/07.Fields Of Joy/08.Stand By My Woman/09.Believe/10.Stand/11.Rock Star City Life/12.Where Are We Runnin'?/13.Fly Away/14.Are You Gonna Go My Way/15.Band Introduction/16.Let Love Rule
[The X-Facto :,Los Angeles, CA December 8th 2011]
17.Rock Star City Life/18.Are You Gonna Go My Way
[Jimmy Kimmel Live : Hollywood, CA December 15th 2011]
19.Interview/20.Come On Get It
[NFL Honors Show : Murat Theater, Indianapolis, IN February 4th 2012]
21.Come On Get It
[Super Bowl XLVI Pre-Game Show : Indianapolis, IN February 5th 2012]
22.Stand

2012年06月12日

レディオヘッド、最新プロショット・ライブ!

nd3333.jpg



◆ RADIOHEAD / BONNAROO FESTIVAL 2012 (1DVDR) この商品はこちらから

『キング・オブ・リムズ』リリース後の2012年USツアーは、4月の「コーチェラ・フェス」で一旦ブレイクとなり、5月末より再スタート。そしてその合間に出演となった、例年この時期アメリカ、マンチェスターで開催されている恒例「Bonnaroo Music & Arts Festival」でのライブを、YouTube公式チャンネルによる、WEB CASTオンエアー映像から、カンペキなプロショットにてコンプリート収録。フェス2日目の6月8日、ヘッドライナーでの出演となったこの日は、フェスの盛り上がりも素晴らしかったためか、なんとアンコール2回を含めて、今ツアー最多全25曲をプレイし、演奏時間も2時間20分と、こちらも本ツアー最長。そしてセットも本ツアーに準じた『キング・オブ・リムズ』を軸とした構成で、数万人の観客を終始圧倒。そしてその興奮を引きずったままの1回目のアンコールでは、まず”Supercollider”をジャック・ホワイトに捧げ、トムが「僕らは昨日彼に会った。理由を言うつもりはないけど、そのうちにわかると思うよ」という意味深い発言も。さらに2回目のアンコールの”Reckoner”は、翌日9日のヘッドライナーであるレッチリに捧げたもので、その盛り上がりのまま”Paranoid Android”でエンドという、まさに2012年最高のパフォーマンスをオフィシャル・レベルの映像でここに再現。

[Bonnaroo Music & Arts Festival” : Venue Great Stage Park, Manchester, TN June 8th 2012]
01.Bloom/02.15 Step/03.Kid A/04.Weird Fishes/Arpeggi /05.Staircase /06.The Daily Mail/07.I Might Be Wrong/08.The Gloaming/09.Separator/10.Nude /11.Morning Mr. Magpie/12.Identikit /13.Lotus Flower/14.There There/15.Karma Police/16.Feral/17.Idioteque/18.You And Whose Army?/19.House Of Cards/20.Supercollider/21.Bodysnatchers/22.True Love Waits/Everything In It's Right Place/23.Give Up The Ghost/24.Reckoner
/25.Paranoid Android


2012年06月11日

レッチリ、最新プロショット・ライブ!

nd3332d.jpg



◆ RED HOT CHILI PEPPERS / BONNAROO FESTIVAL 2012 (1DVDR) この商品はこちらから

『アイム・ウィズ・ユー』リリース後、順調にワールド・ツアーを続けていた中、2012年に入りアンソニーの足の治療ため、USツアーを一旦延期。そして4月からツアー再開となった後、6月7日から10日までの4日間にわたりアメリカ、マンチェスターで開催された恒例「Bonnaroo Music & Arts Festival」の9日、ヘッドライナーとして登場。その圧巻のパフォーマンスを、WEB CASTオンエアーによる、オフィシャル・クオリティー、プロショットにてコンプリート収録。2007年のツアー中に骨折して以来、ずっと引きずってきた右足もほぼ回復したアンソニーは、まさに全開パフォーマンスで、トリに相応しい盛り上がりを演出。またセットも前年ツアーに準じた内容ながら、ジョシュもすっかりバンドに溶け込み、多彩なギター・ワークを披露。2012年ライブからは初の完全プロショットであり、フル・ライブゆえファンは絶対必見。
さらにボーナス映像として、同年4月に行われた、「2012 Rock And Roll Hall Of Fame」のセレモニーからライブ・シーンも追加収録。こちらもカンペキなプロショットで、ラストではロニー・ウッドやスラッシュらも飛び入りし”Higher Ground”でエンディングという、こちらも必見のトータル128分。
[Bonnaroo Music & Arts Festival” : Venue Great Stage Park, Manchester, TN June 9th 2012]
01.Monarchy Of Roses/02.Can't Stop/03.Dani California/04.Scar Tissue/05.Look Around/06.Throw Away Your Television/07.Charlie/08.The Adventures Of Rain Dance Maggie
/09.Right On Time/10.If You Have To Ask/11.Factory Of Faith/12.Under The Bridge/ 13.Higher Ground/14.Californication/15.By The Way/16.Chad & Mauro Jam/17.Suck My Kiss/18.Ethiopia/19.Give It Away/Final Jam

[2012 Rock And Roll Hall Of Fame Induction Ceremony : Public Hall, Cleveland, OH April 14th 2012]
20.By The Way/Red Hot Chili Peppers 21.Give It Away/Red Hot Chili Peppers with Cliff Martinez and Jack Irons 22.Higher Ground/Red Hot Chili Peppers with Ronnie Wood,Slash & Many More

2012年06月09日

ビートルズ「ヘルプ!」の貴重映像!

mcdvd32sp.jpg



◆ THE BEATLES / HELP! The Lost Beatles Films (プレス1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、『ヘルプ!4人はアイドル』のアウトテイク・フィルム、及び撮影風景などを収録した初登場となる貴重映像を、永久保存プレスDVDにてここに。

本タイトルはこれまでほとんど流出していない貴重映像をコンパイル収録したもので、これまで「ヘルプ!」の撮影風景といえば、過去に一部ファンクラブ関連の特別会員のみに配られたものも存在する中、本作は、それとは全く別ソースとなる、当時のビートルズとその周囲の様子までも美しいカラー映像で写く出された、完全初登場となるフィルムを使用。まず移動の空港での風景や、メンバーが個々にカメラを携えて写真を撮っているシーンなどが印象的。さらに雪山での撮影は、スタッフや出演者と一緒にくつろぐ様子、またメンバーが何度も同じシーンを繰り返す様子からは、楽しんで撮影に臨んでいるのが伺えるもので、特にジョンの笑顔が印象的。そしておそらく実際に映画で使われたシーンを別カメラでとらえたようなショットも含まれており、このあたりはまさにレア。さらに海岸のシーンでは、待機中のビートルズと水着姿の女の子たちの様子、寝そべって下からのアングルで撮影を敢行するレスター監督、そして岩場での演奏シーンではポールが大爆笑しているのも和むシーン。そして撮影が終わって帰る際の空港でのファンの様子は、ヤラセではないかと思うくらいの歓迎ぶり。
さらに本タイトルには、初登場フィルム以外にも、映画「ヘルプ!」に関するレア映像も収録されており、まずは「ヘルプ!」のプロモ・フィルムは、ダーツがささらないクリーン・ヴァージョンを収録。さらにこれはあまり知られていないことで、実際に映画の冒頭で流されるダーツがささる映像と、プロモ・フィルムとはカメラの編集に違いがあり、単にダーツの有無だけではなく、その違いが分かるように、映画で使用されたプロモ・フィルムと見比べられるようにした映像も追加収録。因みにわずかな違いながら、画面によっては明らかに別テイクの映像が使われていることから、同時に何回か撮影されたということが伺え知れるもの。
映画『ヘルプ!四人はアイドル』の撮影風景の超貴重な初登場フィルム、そして若き4人が鮮やかなカラーで動いていることに改めて感動してしまうファン必携の永久保存プレスDVD。

01. 8mm Film #1
02. 8mm Film #2
03. 8mm Film #3
04. Help Promo Clip
05. Help Promo Clip comparison with the movie version
06. Making Of HELP news reels


2012年06月05日

カムバック、ジョニー・ウインター!

bj2012j.jpg



◆ JOHNNY WINTER / JAPAN 2012 REVISITED (3CDR) この商品はこちらから

2011年は東京のみで行われた初来日公演から1年、2012年5月の2度目の来日公演は、日比谷野音で開催された「ジャパン・ブルース&ソウル・カーニバル」への出演を含め6公演が実現。そのジャパン・ツアーより、2日目となる、5月24日名古屋ボトム・ライン公演、そしてハイライトとなった27日、日比谷野音での「ジャパン・ブルース・アンド・ソウル・カーニバル」でのライブを、いずれも24bitデジタル・マスターによるハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。今回の再来日は東京公演以外も、北海道から大阪まで行なわれ多くのファンを喜ばせてくれた中、今回もセットは充実したもので、フレディ・キングの「Hideaway 」、デビュー・アルバムからの「Good Morning Little School Girl」や、お馴染み「Johnny B. Goode」にジョン・レノンのカヴァーでも知られる「Bony Moronie」と、70年代の定番ナカバーが続々と。さらにアリゲーター時代の名盤「ギター・スリンガー」からの「Don't Take Advantage on Me」では圧巻のパフォーマンスで観客を唸らせ、そしてショーの締めくくりは、やはりディランの「Highway 61 Revisited」で大円団。さらに後半、ジャパン・ブルース&ソウル・カーニバルでのラスト「Dust My Broom」には、当日出演していたソニー・ランドルフもゲスト参加して熱いギター・バトルを披露するというサプライズも。2012年ジャパン・ツアーのメモリアルとしてファン必携のマスト・アイテム。

DISC ONE:01. Intro/02. Instrumental / Johnny Intro/03. Hideaway/04. She Likes To Boogie Real Low/05. Good Morning Little School Girl/06. Got My Mojo Working/07. Johnny B. Goode/08. Blackjack/09. Tore Down/10. Lone Wolf/11. Don't Take Advantage Of Me/12. Bony Moronie/13. It's All Over Now
DISC TWO:01. Dust My Broom/02. Highway 61 Revisited
[Live At The Bottom Line, Nagoya, Aichi-ken, Japan May 24th 2012]

03. Intro/04. Instrumental / Johnny Intro/05. Hideaway/06. She Likes To Boogie Real Low/07. Good Morning Little School Girl/08. Got My Mojo Working/09. Johnny B. Goode/10. Blackjack/11. Lone Wolf
DISC THREE:01. Don't Take Advantage Of Me/02. It's All Over Now/03. Highway 61 Revisited/04. Dust My Broom (with Sonny Landreth)
[JAPAN BLUES & SOUL CARNIVAL 2012: Live at Hibiya Open-Air Concert Hall, Tokyo, Japan May 27th 2012]

Johnny Winter - G, Vo / Paul Nelson – G / Scott Spray – B / Vito Liuzzi - Ds, Vo

2012年06月04日

メタリカ「ブラック・アルバム」完全再現ライブ!

nd3311d.jpg



◆ METALLICA / ROCK IN RIO LISBON 2012 (1DVDR) この商品はこちらから

2012年は5月7日チェコ、プラハからヨーロッパ・ツアーを開始、そして「BLACK ALBUM」リリース20周年ということもあり、アルバムを完全再現していることも最大の話題となっている中、本ツアー中に出演となった、5月25日ポルトガル、リスボンで行われた、恒例「ロック・イン・リオ」でのパフォーマンスを、TVライブ・オンエアーからの、オフィシャル・クオリティー、プロショットにてコンプリート収録。やはり注目は「BLACK ALBUM」をアルバム収録順とは逆の順番で全曲プレイしているところで、特に”THE STRUGGLE WITHIN”、”MY FRIEND OF MISERY!”そして”DON'T TREAD ON MEの3曲は、これまで一度もライブでは演奏されていなかったため、要チェック。そしてもちろん新旧のキラー・チューンも多数披露しており、フェス初日に登場しヘッドライナーとして圧巻のプレイで大観衆を魅了した132分に及ぶ壮絶なライブを、最高のクオリティーでここに完全再現!

01.The Ecstasy Of Gold/02.Hit The Lights/03.Master Of Puppets/04.Fuel/05.For Whom The Bell Tolls/06.Hell And Back/07.The Struggle Within/08.My Friend Of Misery/09.The God That Failed/10.Of Wolf And Man/11.Nothing Else Matters/12.Through The Never/13.Don't Tread On Me/14.Wherever I May Roam/15.The Unforgiven/16.Holier Than Thou/17.Sad But True/18.Enter Sandman/19.Fight Fire With Fire/20.One/21.Seek & Destroy

[Live at Parque da Bela Vista, Lisbon, Portugal 25th May, 2012]

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37