« 2012年09月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月30日

ビートルズ、BBCライブの最新リマスター、第2弾!

dap005sp.jpg



◆ THE BEATLES / LIVE AT THE BBC -Alternate Master – (2CD) この商品はこちらから

2012年結成50周年記念としてUK:BBCコレクションの、「at the Beeb」に続く第2弾は、初登場音源ソースを含む、新たなアップグレード音源を中心とした、BBCライブ音源の2012年版コレクション。

今回は現存するBBC音源の中でも、最も古い1962年7月から、最後のBBCセッションとなる1965年までのライブ音源を、時系列に収録したもので、公式アルバム「ライブ・アット・ザ・BBC」のオルタネイト・マスター・エディションというコンセプトのもと、オフィシャル未収録音源ばかりを収録。これまで数多くリリースされてきた同音源ながら、近年新たに発掘された音源や、アップグレード・ソースでまとめられたもので、オフィシャル盤の続編として聞き逃せない内容であると共に、BBC音源の補完アップデート版としても注目のアイテム。
そして同年BBCで再放送された「AT THE BEEB」を収録した第1弾とはまったく内容の異なるもので、第1弾は内容としては1982年版BBC放送プログラムのUKバージョンと、USバージョンを収録していた中、今回は1994年に公式リリースされたアルバムの続編的なもので、最初期EMIデビュー以前の珍しいカバーによる、貴重な1962年最古のセッション音源からはじまり、過去にリリースされてきた音源のロング・ヴァージョンであり、音飛びもない初登場音源ソースとなる「ア・テイスト・オブ・ハニー」や、オフィシャルをも上回るクオリティーにアップ・グレードした「ザッツ・オールライト」など、一部のオフィシャル収録曲ももちろん、別ソースの最新リマスター音源を使用。
まさにオルタネイト・エディションと言える、永久保存プレス2CD。

[Digital Remastered 2012 Edition : DIGITAL ARCHIVES PROMOTION]
CD ONE :
01. BBC Introduction - Pop Go The Beatles / From Us To You Teenager's Turn / Here We Go - 07.03.1962 02. Dream Baby Here We Go - 11.06.1962 03. A Picture Of You People And Places - 29.10.1962 04. A Taste Of Honey Saturday Club - 22.01.1963 05. Some Other Guy 06. Beautiful Dreamer Here We Go - 06.03.1963 07. Please Please Me Saturday Club - 16.03.1963 08. Misery 09. Too Much Monkey Business 10. Talkin' About You Pop Go The Beatles - 01.06.1963 11. Money (That's What I Want) Pop Go The Beatles - 17.06.1963 12. Anna (Go To Him) 13. Boys 14. Chains 15. P.S. I Love You 16. Twist And Shout Pop Go The Beatles - 02.07.1963 17. That's All Right (Mama) Pop Go The Beatles - 16.07.1963 18. Long Tall Sally 19. Please Please Me 20. She Loves You 21. I'll Get You 22. I Got A Woman Pop Go The Beatles - 16.07.1963 23. Words Of Love 24. Glad All Over 25. I Just Don't Understand 26. Devil In Her Heart 27. Slow Down Pop Go The Beatles - 01.08.1963 28. There's A Place Pop Go The Beatles - 03.09.1963 29. Lucille Pop Go The Beatles - 03.09.1963 30. Theme From The Flowerpot Men Saturday Club - 07.09.1963 31. Happy Birthday Saturday Club

CD TWO :
Easy Beat - 16.10.1963 01. I Saw Her Standing There 02. Love Me Do 03. Please Please Me 04. From Me To You 05. She Loves You Saturday Club - 17.12.1963 06. All I Want For Christmas 07. Crimble Medley From Us To You - 18.12.1963 08. Tie Me Kangaroo Down, Sport From Us To You - 18.12.1963 09. I Want To Hold Your Hand (1996 edit with missing) Saturday Club - 31.03.1964 10. I Call Your Name 11. You Can't Do That From Us To You - 01.05.1964 12. With Monday To You Top Gear - 14.07.1964 13. Promo Chat (outtake) 14. Long Tall Sally 15. If I Fell From Us To You - 17.07.1964 16. I'm Happy Just To Dance With You 17. Things We Said Today 18. I Should Have Known Better 19. A Hard Day's Night 20. From Us To You From Us To You Recording Session - 17.07.1964 21. From Us To You (outtake) 22. From Us To You (no voice-over) 23. I'm Happy Just To Dance With You (backing track) 24. I Should Have Known Better (false start) 25. I Should Have Known Better (single tracked) Top Gear - Recording Sessions - 17.11.1964 26. studio chat / I Feel Fine (false start) 27. I Feel Fine (single tracked vocal) Top Gear - 17.11.1964 28. I'm A Loser 29. Honey Don't (unedited) 30. She's A Woman 31. I'll Follow The Sun 32. I'll Follow The Sun (outtake) The Beatles Invite You To Take A Ticket To Ride - 26.05.1965 33. The Night Before EXTRA 34. George Martin Interview 1964

2012年10月28日

来日公演の余韻・・ボズのアンソロジー映像

jpd610w.jpg



◆ BOZ SCAGGS / VIDEO ANTHOLOGY 1971-2009 (2DVDR) この商品はこちらから

ボズ・スキャッグスの貴重なライヴ&ビデオ・クリップを、1971年から2009年にかけて時系列にコンパイル。しかもビデオ・クリップはステレオ・ヴァージョン、そしてジェフ・ポーカロ、デュアン・オールマンとの競演もあり。
まず超レアな1971年、セントラル・パークやフィルモアでのライブに始まり、70年代TOTO従えてのライヴ、そして一世を風靡したAOR期の数々のヒット曲のレアなビデオ・クリップは、全てステレオ音声で。さらに近年のオールマン・ブラザースとの共演までなども含めて、ボズの歴史を時系列で3時間にわたりここに。特にアトランティック時代、フィルモアを拠点としたライブは珍しく、中でもビーチ・ボーイズの前座を務めたセントラルパーク公演、そして名曲"I'll Be Gone"のフィルモア・ライブなどは近年ビル・グラハムの「Wolfgang‘s Vault」からの発掘映像ゆえクオリティーも文句ナシ。
そしてAOR期からは、故ジェフ・ポーカロとのスタジオ・ワークも見ることが出来る"Lowdown"、"Lido Shuffle"、そして"What Can I Say"などの絶頂期のライヴ映像やクリップも収録。さらに80年代に入ると日本公演も多く残されており、レアなところでは1980年のプロショット・ライヴを7曲収録。その後近年の活動からはジャズに挑んだアルバム「Speak Low」のEPKや、2003年ライブ、そして2009年オールマン・ブラザーズのビーコン・シアターでの共演まで、全3時間、ボズの歴史をここに集約。
さらに静止画映像となるものの、ボーナスとしてデュアン・オールマンの名演が伝説である1969年のデビュー・ソロ・アルバムから、デュアンの死後の1977年に現行ミックスに改訂される以前の、USファースト・アルバムに収録されたマイナー・ブルースの名曲"Loan Me a Dime"のオリジナル・ミックスも追加収録。


*DISC ONE : 117mins : ALL PROSHOT*
We Were Always Sweethearts (Central Park 1971) / I'll Be Gone (Fillmore West 1971) / Hollywood Blues (Fillmore West 1971) / Lido Shuffle (Stereo Version) / What Can I Say (Live Clip 1976) / Lowdown (Live Clip 1977,Oakland) / Lido Shuffle (Studio Footage/Live Clip 1976) / Lowdown (Saturday Night Live 1976) / What Can I Say (Saturday Night Live 1976) / Jojo (Video Clip 1980/Stereo Version) / Look What You've Done To Me (Live In Japan 1980) / Breakdown Dead Ahead (Live In Japan 1980) / Jojo (Live In Japan 1980) / We're All Alone (Live In Japan 1980) / Middle Man (Live In Japan 1980) / You're Mine (Live In Japan 1980) / You Can Have Me Anytime (Live In Japan 1980) / You Can Have Me Anytime (Video Clip 1980/Stereo Version) / We're All Alone (Japan 1983/Young Music Show) / Loan Me a Dime (sound only - Original Atlantic LP Mix 1969)

*DISC TWO : 108mins : ALL PROSHOT*
Breakdown Dead Ahead (Hot Sound In Tsukuba 1985) / Miss Sun (Hot Sound In Tsukuba 1985) / Heart Of Mine (Video Clip 1988/Stereo Version) / Drowning In The Sea Of Love (Live 1992/with Donald Fagen :Audience Shot) / Look What You've Done To Me (NHK Hall, Tokyo 1993) / Hard Times (NHK Hall, Tokyo 1993) / We're All Alone (Great American Music Hall 2003) / Slow Dancer (Great American Music Hall 2003) / Speak Low (EPK 2008) / It Takes A Lot To Laugh It Takes A Train To Cry (Beacon Run 2009 w/ ALLMAN BROTHERS) / Sick And Tired (Beacon Run 2009 w/ ALLMAN BROTHERS) / Ain't No Love In The Heart Of The City (Beacon Run 2009 w/ ALLMAN BROTHERS) / Loan Me a Dime (Beacon Run 2009 w/ ALLMAN BROTHERS)


2012年10月27日

レッチリ、最新のプロショット・ライブ!

nd3545d.jpg



◆ RED HOT CHILI PEPPERS / AUSTIN CITY LIMITS MUSIC 2012 (1DVDR) この商品はこちらから

2012年10月12日から14日にかけて、3日間にわたりテキサス州オースティンのジルカー・パークで開催された、恒例の「オースティン・シティ・リミッツ・フェスティバル」における最終日14日のヘッドライナーを飾ったライブを、ウェブ・キャスト配信のHDTV映像よりオフィシャル・クオリティー、プロショットにて、1時間41分にわたりコンプリート収録。『アイム・ウィズ・ユー』リリース後、順調にワールド・ツアーを続け、2012年に入っても各フェスなどで圧倒的なパフォーマンスを披露。そしてこの日もセットは今回のツアーに準じたものながら、とにかくノリと盛り上がりは3日間の最終日に相応しいすさまじいものゆえ、やはりファンは必見。

01.Monarchy Of Roses/02.Dani California/03.Can't Stop/04.Otherside/05.Look Around/06.She's Only 18/07.Snow ((Hey Oh))/08.Throw Away Your Television/09.Tell Me Baby/10.The Adventures Of Rain Dance Maggie/11.Right On Time/12.Suck My Kiss/13.Under The Bridge/14.Californication/15.By The Way/16.Chad & Mauro Jam/17.Sir Psycho Sexy/18.They're Red Hot/19.Give It Away

[Austin City Limits Music Festival 2012 : Live at Zilker Park, Austin, Texas, USA October 14th 2012]

2012年10月21日

ニール・ヤング、2012年最新ライブ!

nd3543d.jpg



◆ NEIL YOUNG / AUSTIN CITY LIMITS MUSIC FESTIVAL 2012 (2DVDR) この商品はこちらから

2012年10月12日から14日にかけて、3日間にわたりテキサス州オースティンのジルカー・パークで開催された、恒例の「オースティン・シティ・リミッツ・フェスティバル」における13日に出演した際のライブを、ウェブ・キャスト配信のHDTV映像よりオフィシャル・クオリティー、プロショットにて、約2時間にわたりコンプリート収録。アルバム『アメリカーナ』リリースに伴うクレイジー・ホースとのUSツアー中だけに、同アルバム・ナンバーも含みつつ、フェスということでやはりキラー・チューンのオンパレードで、特にラスト”Hey Hey, My My (Into The Black)”での盛り上がりは感動もの。
さらにdisc:1の後半とdisc:2には、同USツアーにおける10月6日カナダのロンドン、9日のピッツバーグ、そして11日シカゴ公演などの模様を、いずれもモバイルも含む各種良好オーディエンス・ショットで収録しています。いずれもコンプリートではないものの、見応えのある映像よりセレクトされており、こちらも充分楽しめるトータル155分。

DISC 1 :
[Austin City Limits Music Festival 2012 : Zilker Park, Austin, Texas USA October 13th 2012] 01.Introducion/02.Love And Only Love/03.Powderfinger/04.Born In Ontario/05.Walk Like A Giant/06.The Needle And The Damage Done/07.Twisted Road/08.Ramada Inn/09.Cinnamon Girl/10.Fuckin' Up/11.Psychedelic Pill/12.Down By The River/13.Hey Hey, My My (Into The Black)
[Budweiser Gardens,London, Ontario, Canada October 6th 2012]

01.Born In Ontario/02.The Needle And The Damage Done/03.Twisted Road/04.Cinnamon Girl/05.Hey Hey, My My (Into The Black)/06.Mr. Soul
DISC 2 :
[Petersen Events Center, Pittsburgh, PA October 9th 2012]
01.A Day In The Life/Star Spangled Banner/02.Love And Only Love/03.Powderfinger/04.Born In Ontario/05.Walk Like A Giant/06.The Needle And The Damage Done/07.Twisted Road/08.Ramada Inn/09.Cinnamon Girl/10.Fuckin' Up/11.Psychedelic Pill/12.Hey Hey, My My (Into The Black)/13.Like A Hurricane
[United Center, Chicago, IL October 11th 2012]
01.Powderfinger/02.The Needle And The Damage Done/03.Singer Without A Song/04.Ramada Inn/05.Cinnamon Girl/06.Mr. Soul/07.Hey Hey, My My (Into The Black)/08.Tonight's The Night

2012年10月18日

ビーチ・ボーイズ、50周年ライブ・ファイナル!

uxb465.jpg



◆ BEACH BOYS / THE 50TH ANNIVERSARY AT WEMBLEY (3CDR) この商品はこちらから

2012年、50周年再編ツアーの記念すべき最終公演となった、9月28日、ロンドンのウェンブリー・アリーナ公演を、ショー第1部、2部合わせて、トータル2時間52分にわたり、デジタル・オーディエンス・マスターよりコンプリート収録。ツアーの日程発表としては、このロンドン・ウェンブリーが、最終として発表されるや、チケットはソールドアウト。というのも、今後はマイク・ラブとブルース・ジョンストンがビーチ・ボーイズとしてツアーを続け、ブライアン・ウィルソン、マイク・ラヴ、アル・ジャーディンらはもうツアー及び活動には参加しないことが発表されたため、実質このロンドンライブが本当の最終公演と言うことになったため。そしてその熱狂的なムードによるショーは、第2部のスロウソングの2曲以外は、アリーナ席は終始総立ちとなるもので、同年リリースの「That's Why God Made The Radio」から、お馴染みの代表曲の数々まで、実に55曲を披露。まさにメモリアルとなるベスト・ライブをベスト・クオリティーにてここに。

Disc 1 : (1st Set) 1. Do It Again 2. Little Honda 3. Catch A Wave 4. Hawaii 5. Don't Back Down 6. Surfin' Safari 7. Surfer Girl 8. Please Let Me Wonder 9. This Whole World 10. Wendy 11. Getcha Back 12. Then I Kissed Her 13. You're So Good To Me 14. Kiss Me Baby 15. Isn't It Time 16. Come Go With Me 17. Why Do Fools Fall In Love 18. When I Grow Up To Be a Man 19. Dance Dance Dance
Disc 2 : 1. Darlin' 2. Disney Girls 3. It's OK 4. Cottonfields 5. Be True To Your School 6. Balled Of Ole Betsy 7. Don't Worry Baby 8. Little Deuce Coup 9. 409 10. Shut Down 11. I Get Around
(2nd Set) 12. Pet Sounds 13. Add Some Music To Your Day 14. Sail On Sailor 15. Heroes And Villains 16. I Just Wasn't Made For These Times 17. California Dreamin' 8. California Saga: California
Disc 3 : 1. In My Room 2. All This Is That 3. That's Why God Made The Radio 4. Summer's Gone 5. Forever 6. God Only Knows 7. Sloop John B 8. Wouldn't It Be Nice 9. Good Vibrations 10. California Girls 11. All Summer Long 12. Help Me Rhonda 13. Rock And Roll Music 14. Do You Wanna Dance 15. Surfin' USA 16. Kokomo 17. Barbara Ann 18. Fun, Fun, Fun

[Live at Wembley Arena, London, UK 28th September 2012]

2012年10月15日

ストーンズ、アザー・アーカイヴの1981年ライブ!

gp1207sp.jpg



◆ ROLLING STONES / BRIGHT LIGHTS, WINDY CITY (プレス2CD) この商品はこちらから

1981年USツアーから11月23日、シカゴのローズモント・ホライズン公演を、オフィシャル・クオリティー、ステレオ・サウンドボードにて2時間10分にわたりコンプリート収録。しかも2012年デジタル・リマスタリングを施した、本音源の決定盤を永久保存プレスCDにてここに。
まずこのライブ音源は、2012年突如解禁されたビル・グラハムの「Wolfgang‘s Vault」より登場したステレオ・ライン音源がソースとなっており、過去には卓流出と推測されるモノラル・ライン録音も存在したものの、ミックス・定位から全て完全別マスターであり、よりクリアーかつ、完璧にステレオ・セパレートされたもの。そしてさらにカットのあった箇所、音揺れ、ピッチのズレなど全て修正・補正のリストア作業とデジタル・リマスタリングを施したことで、まさにオフィシャル・アーカイブとしてリリースされてもおかしくないレベルにてここに。
またこのUSツアーのシカゴ公演は、ファンにはお馴染み、あのマディ・ウォータースとの歴史的セッションが行われた翌日となるもので、バンドとしての勢いやノリも最高潮。
カンペキなステレオ・マスターによる、高音質かつ最長のベスト・クオリティー・ライブを、永久保存の完全限定プレスCDにて収めた必聴マスト・アイテム!

DISC ONE : 1. Intro - Take The A Train 2. Under My Thumb 3. When The Whip Comes Down 4. Let’s Spend The Night Together 5. Shattered 6. Neighbours 7. Black Limousine 8. Just My Imagination 9. Twenty Flight Rock 10. Going To A Go Go 11. Let Me Go 12. Time Is On My Side 13. Beast Of Burden 14. Waiting On A Friend 15. Let It Bleed
DISC TWO : 1. You Can’t Always Get What You Want 2. Band Introductions 3. Little T&A 4. Tumbling Dice 5. She’s So Cold
6. Hang Fire 7. Miss You 8. Honky Tonk Women 9. Brown Sugar 10. Start Me Up 11. Jumping Jack Flash 12. (I Can't Get No)Satisfaction 13. Star Spangled Banner / School Days - Outro

[Digitally Remastered Stereo 2012 : Live At Rosemont Horizon, Des Plaines, Chicago, Illinois, USA November 23rd 1981 :Stereo soundboard recording from Bill Graham Concert Vault : Original Stereo Remaster 2012]

Mick Jagger - lead vocals / Keith Richard - guitar, vocals / Ronnie Wood - guitar, vocals / Bill Wyman – bass / Charlie Watts - drums, percussion / Ian McLagen - keyboards, vocals / Ian Stewart – piano / Ernie Watts – sax


2012年10月11日

ストーンズ50周年ビデオ・クリップ集

efr050sp.jpg



◆ ROLLING STONES / MUSIC VIDEO COLLECTION (1DVDR) この商品はこちらから

2012年に結成50周年を迎えての、海外TVプログラムでオンエアーされた、輝かしい歴史を彩る名曲のプロモ・クリップの数々を120分に凝縮した番組を、オフィシャル・クオリティーにて完全コンプリート収録。しかも同番組では放送されなかった3曲(「MIXED EMOTIONS」「DON’T STOP」「(I CAN’T GET NO)SATISFACTION)」も追加加収録したトータル27曲に及ぶ、2012年の最長決定版。
もちろんクオリティーは放送映像ゆえ、オフィシャル・レベルでしかもHDワイド・スクリーン仕様。これまで正式にリリースされていないプロモ・クリップばかりゆえ、当然貴重なうえ、”JUMPIN’ JACK FLASH”のプロモ・モノクロ・ヴァージョン、”GIMMIE SHELTER”のレアなニュー・ヴァージョン、”ANGIE”のハット・ヴァージョン、そして”WILD HORSES”のアンプラグド・ヴァージョンなど、このプロモ映像でしか聴くことの出来ない音源も多数。50thアニバーサリーの一環として、ファンとしては要チェックの永久保存アイテム。

[from TV BROADCAST PROGRAMS. Region Code Free. Wide Screen : Running Time Approx 120min.]
01. Jumpin' Jack Flash [B/W] / 02. Sympathy for the Devil [Rock And Roll Circus] / 03. Gimmie Shelter [New Version] 04. Brown Sugar [Live] / 05. Angie / 06. It's Only Rock 'n' Roll / 07. Miss You / 08. Start Me Up / 09. Wating On A Friend 10. Undercover of the Night / 11. Harlem Shuffle / 12. One Hit (To the Body) / 13. Ruby Tuesday [Live] / 14. I Go Wild 15. Love Is Strong / 16. Out Of Tears / 17. You Got Me Rocking / 18. Like A Rolling Stone / 19. Wild Horses [Unplugged] 20. Saint Of Me / 21. Anybody Seen My Baby ? / 22. Plundered My Soul / 23. Following the River / 24. Streets of Love / 25. Mixed Emotions / 26. Don't Stop / 27. (I Can't Get No) Satisfaction [Live]

2012年10月10日

ビートルズBBCライブの2012年最新決定盤!

dapb004sp.jpg



◆ THE BEATLES / AT THE BEEB (2CD) この商品はこちらから

2012年結成50周年記念としてUK:BBCラジオでオンエアーされた「The Beatles at the Beeb」」を、マスター・クオリティー、サウンドボードにてコンプリート収録。
1982年の放送プログラムながら、今回新たにオンエアーされたものは過去の音源やオフィシャル盤も上回る高音質クオリティのトラックが多数。しかも曲によって聞き比べると明らかに鮮度が高く、オフィシャル収録のリマスター処理された音と違って原音に近い状態であることも判明。よって公式盤のリマスター処理された音と違い、ストレートなオリジナル音源となっているのがポイントゆえ、今回あえてノイズ・リダクションやイコライジング処理等をせず、オンエアー・マスターそのままを収録。
さらにエクストラとして、1982年放送プログラムで、当時アメリカのみでオンエアーされた未収録トラックも追加収録。当時アメリカで放送された時には放送時間が2時間から3時間枠となり、曲数も増えており、今回はそのトラックもエクストラとして追加収録しており、まさにBBC音源の決定盤と云えるタイトルがここに。

[BBC Radio Broadcast 2012 Edition : All Tracks From BBC 6 Music Radio Broadcast 2012 : Edition EXTRA Tracks From "THE BEATLES AT THE BEEB" US(3 hours)1982 Edition]

CD ONE :
1. BBC Introduction - Pop Go The Beatles / From Us To You 2. The Hippy Hippy Shake 3. Memphis, Tennessee 4. Peter Pilbeam (comment) 5. Please Mr. Postman 6. Bernie Andrews (comment) 7. Too Much Monkey Buisiness 8. Brian Matthew (comment) 9. Do You Want To Know A Secret 10. I'll Be On My Way (excerpt) 11. Terry Henebery (comment) 12. Crying, Waiting, Hoping 13. Terry Henebery (comment) / Pop Go The Beatles 14. To Know Her Is To Love Her 15. Terry Henebery (comment) 16. Don't Ever Change 17. Andy Peebles (comment) 18. Carol 19. Isle Of Wight (george) 20. Soldier Of Love 21. Lend Me Your Comb 22. A Little Rhyme (john) 23. Clarabella 24. A Shot Of Rhythm And Blues 25. Matchbox 26. Sure To Fall (In Love With You) 27. Lonesome Tears In My Eyes 28. I Got A Woman 29. The Honeymoon Song / Andy Peebles (comment) 30. End Comment - From Us To You
[EXTRA] 31. Some Other Guy 32. That's All Right (Mama) 33. Sweet Little Sixteen 34. Nothin' Shakin' 35. I Just Don't Understand 36. So How Come (No One Loves Me) 37. Love Those Goon Shows! (john) / I Got To Find My Baby 38. From Us To You / Ending

CD TWO :
1. BBC Introduction - Pop Go The Beatles 2. From Us To You 3. All My Loving 4. Just A Rumour (george) 5. Roll Over Beethoven 6. From Fluff To You (paul) 7. Till There Was You 8. Lonely At The Back There (ringo) 9. I Wanna Be Your Man 10. I'm Not Blooming (john) 11. Can't Buy Me Love 12. From Us To You 13. Christmas Request (speech) 14. This Boy 15. Bernie Andrews (comment) 16. Long Tall Sally 17. Top Gear / Don't Pass Me By (speech) 18. And I Love Her 19. Crinsk Dee Night (speech) 20. A Hard Day's Night 21. Things We Said Today 22. I'm A Loser 23. Riding On A Bus (speech) 24. She's A Woman 25. I Feel Fine 26. Favourite Countries (speech) 27. Kansas City / Hey! Hey! Hey! Hey! 28. A Spaniard In The Works (speech) 29. Everybody's Trying To Be My Baby 30. Dizzy Miss Lizzy 31. Ticket To Ride
[EXTRA] 32. Andy Peebles (comment)
- Pop Go The Beatles / From Us To You 33. Rock And Roll Music 34. I'll Follow The Sun 35. Johnny B Goode 36. Honey Don't 37. BBC Program Ending

2012年10月05日

テデスキ・トラックス・バンド、待望のフル・ライブ!

nd3498d.jpg



◆ TEDESCHI TRUCKS BAND / RED ROCKS 2012 (1DVDR) この商品はこちらから

2011年6月、夫婦名義の“テデスキ・トラックス・バンド”で初のアルバム『レヴェレイター』をリリースした、スーザン・テデスキとデレク・トラックス。そのアルバム・リリース後、この夫婦バンドでは初来日となる2012年ジャパン・ツアーも大盛況に終わり、その後はUSツアーなども精力的に行う中、8月30日コロラド州モリソンで開催された恒例イベント「レッド・ロックス」に出演した際の模様を、TVオンエアー・マスターからのオフィシャル・クオリティー、プロショットにて2時間7分にわたりコンプリート収録。まずこの日はB.B.キングがが最初に登場し、その後での出演となっており、そのあたり意識してか、オリジナル・ナンバーの他、通常よりもカバー・ナンバーも多数プレイされており、また彼等なりのそのあたりのアレンジの妙も見所と言えるもの。そしてデレクの表現豊かなギター・サウンドと、スーザン・テデスキの美しい魅力溢れる歌声、そしてそれをサポートする超絶技巧集団、総勢11名によるバンドは、マイク・マティスンやバーブリッジ兄弟といったデレク・トラックス・バンドの面々も参加しているため、ソウルやR&B、ファンクなどの要素もふんだんに取り入れ、さらにブルース色も強く、さまざまなジャンルからの影響を受けたグルーヴィな音世界をたっぶり楽しめる充実のステージがここに。特に名曲"Bound For Glory"、ジョージ・ハリソンの"Isn't It A Pity"は絶品!

[Red Rocks : Amphitheatre, Morrison, CO USA, August 30th 2012]
01.Intro/02.Everybody's Talkin'/03.Don't Let Me Slide/04.Rollin' & Tumblin'/05.Isn't It A Pity/06.Bound For Glory/07.The Sky Is Crying/08.Shelter/09.Get What You Deserve/10.Mahjoun/11.Midnight In Harlem/12.Learn How To Love/13.That Did It/14.Band Intro Jam/15.Uptight/16.Bass/Drums Solo/17.Love Has Something Else To Say/18.Wade In The Water/19.Give It Up Or Let Me Go

2012年10月01日

エイジア・イン・ジャパン2012!

sne189c.jpg



◆ ASIA / XXX IN TOKYO (3CDR) この商品はこちらから

結成30周年、そしてアルバム「XXX」リリースに伴う2012年アニバーサリー・ジャパン・ツアーより、初日、2日目となった9月24&25日の東京公演を、いずれもジョン・ウェットンがステージでステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた24bitデシタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスにて収録!

しかもその素晴らしいバンド・アンサンブルを最優先とし、マトリックスする比率を1曲ごとに調整、徹底的にこだわり抜いてのマスタリングが施されており、臨場感の溢れるライヴ・サウンドをここに再現。
そしてセットにおいても、大金字塔のファースト・アルバムからの楽曲メインに、「XXX」からウェットンならではの"Tomorrow The World"、またICON:ウェットン/ダウンズによるデュオ"I Know How You Feel"、そしてセカンド「Alpha」からサプライズ・チョイスと言える"My Own Time (I'll Do What I Want)"など、聴き所満載のセットリスト。
特に2日目の25日は、ファースト・アルバム全9曲を全てプレイし、さらにはシングル "Heat Of The Moment"のB・サイド・ナンバー"Ride Easy"もバンド・ヴァージョンで初披露というサービスぶり。さらにボーナス・トラックとして、2008年の来日公演から"Don't Cry"のエレクトリック・バージョンを収録。これはS・ハウが全く気に入っていないため、なかなかバンドでプレイされなかったのが、唯一披露された2008年ツアーからの ピックアップ。
結成30周年を飾る2012年アニバーサリー・ツアーの世界初ライブがここ日本であり、その全貌を最高のクオリティーで捉えた、まさに永久保存メモリアル・アイテム。

DISC 1 :
Intro / Only Time Will Tell / Wildest Dreams / Face On The Bridge / Never Again / Time Again / Tomorrow The World / Masquerade (Steve Howe) / In The Course Of The Day (Steve Howe) / I Know How You Feel (Wetton/Downes) / Don't Cry (Wetton/Downes) / The Smile Has Left Your Eyes / Holy War / Carl Palmer Drums Solo
DISC 2 :
An Extraordinary Life / My Own Time (I'll Do What I Want) / Open Your Eyes / Sole Survivor / Heat Of The Moment / Outro
[Live at Shibuya Kokaido, Tokyo, Japan, September 24th 2012]

Intro / Only Time Will Tell / Wildest Dreams / Face On The Bridge / Time Again / Ride Easy / One Step Closer
DISC 3 :
Mood For A Day (Steve Howe) / Second Initial (Steve Howe) / I Know How You Feel (Wetton/Downes) / Don't Cry (Wetton/Downes) / The Smile Has Left Your Eyes / Without You / Cutting It Fine / Carl Palmer Drums Solo / Here Comes The Feeling / Open Your Eyes / Sole Survivor / Heat Of The Moment / Outro
[Live at Shibuya Kokaido, Tokyo, Japan, September 25th 2012]
(Bonus Track) Don't Cry -Electric Version- [Live In Tokyo 2008]


◆なお、この後の大阪・名古屋公演も同時入荷!

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37