« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月30日

ストーンズ、50th記念ライブ初日を音と映像で!

rso225cd.jpg



◆ ROLLING STONES / 50th LONDON FIRST NIGHT (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

2012年11月25日ロンドンO2アリーナでの、第1回50周年記念ライブの模様を、ベスト・クオリティーによる音と映像をカップリングしてここに完全再現。

世界中が注目したこの記念すべきは、オープニング”I Wanna Be Your Man”から、アンコール”Jumpin’ Jack Flash”まで全23曲を披露。さらにミック・テイラー、ビル・ワイマン、そしてジェフ・ベックらのスペシャル・ゲストの参加も大きな話題となった中、当日の模様をオープニング・パートからラストまで、現状ベスト・クオリティーと言える音源と映像で再現したもので、まず音源は、フロント・ローからの24bitオーディエンス・マスターにデジタル・リマスタリングを施した、バランス・臨場感、全てにベストと言えるオーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
そして映像DVD-Rは、現存する多数のオーディエンス映像をコンパイルし、トータル141分にわたり完全再現を実現。まずこの当日の模様は、ファン撮影による単発的な複数の映像がWEB上で乱立する中、コンプリート再現を目指すべく、各種オーディエンス・ソースからベスト・クオリティーなソースをセットリスト順にまとめたプレイリストを、海外ファン・サイトが作成し、全22曲コンプリートにてこの記念すべき一夜を、現状ベストと言えるクオリティーで再現。特にビル・ワイマン参加の2曲、”Midnight Rambler”でのミック・テイラーなどはベスト・ショットによるもので、また”Going Down”でのジェフ・ベックなどは、一人ギターの音が大きく、ちょっと浮いた感があるあたりもリアル。
とにかくサウンドボードやプロショット映像が出現するまでは、現状ベストといえる音源&映像による、50周年ライブ最初のコレクターズ・エディション!

CDR-ONE :
01. Introduction 02. I Wanna Be Your Man 03. Get Off Of My Cloud 04. It's All Over Now 05. Paint It Black 06. Gimme Shelter (with Mary J. Blige) 07. Wild Horses 08. All Down The Line 09. Going Down (with Jeff Beck) 10. Out Of Control 11. One More Shot 12. Doom And Gloom 13. It's Only Rock And Roll (with Bill Wyman) 14. Honky Tonk Women (with Bill Wyman)
CDR-TWO :
01. Band Introduction 02. Before They Make Me Run (Keith) 03. Happy (keith) 04. Midnight Rambler (with Mick Taylor) 05. Miss You 06. Start Me Up 07. Tumbling Dice 08. Brown Sugar 09. Sympathy For The Devil 10. You Can't Always Get What You Want (with the London Youth Choir) 11. Jumpin' Jack Flash
[24bit Digital Audience Master Recording]

DVD-R :
01.Introduction / 02.I Wanna Be Your Man / 03.Get Off Of My Cloud / 04.It's All Over Now / 05.Paint It Black/06.Gimme Shelter (with Mary J. Blige) / 07.Wild Horses /08.All Down The Line / 09.Going Down (with Jeff Beck) /10.Out Of Control / 11.One More Shot / 12.Doom And Gloom / 13.It's Only Rock And Roll (with Bill Wyman) / 14.Honky Tonk Women (with Bill Wyman) /15.Band Introduction / 16.Before They Make Me Run (Keith) / 17.Happy (Keith) / 18.Midnight Rambler (with Mick Taylor) /19.Miss You / 20.Start Me Up / 21.Tumbling Dice / 22.Brown Sugar / 23.Sympathy For The Devil / 24.You Can't Always Get What You Want (with the London Youth Choir) / 25.Jumpin' Jack Flash
[141mins. matrix audience shot : by Consequence of Sound]

◇ Recorded at O2 Arena, London, UK, Sunday November 25th 2012

2012年11月29日

ジョージ、1991年来日公演シリーズ第1弾!

mccd265sp.jpg



◆ GEORGE HARRISON / ROCK LEGENDS drei (プレス7CD) この商品はこちらから


ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ジョージ・ハリソンの1991年日本公演シリーズが登場。3公演づつ4セットに分けて、全12公演をすべて、その日のベストとなるクオリティーと内容になるもので、本作は、その第1弾。全て永久保存プレスCDセットにて。

まず本タイトルに収録されているのは、1991年12月10日、11日、12日となる、3日間の大阪城ホール公演で、特に12日大阪最終日は、クラプトンのモニター近くの席で録音されたゆえ、ギター・パートが大きく収録されているのが特徴。特に各曲のギター・ソロではクラプトンのプレイがはっきりクリアーに再現されており、それはクラプトンのソロ・コーナーでも同じで、ギターの音が眼前で聴こえるこのミックスは、コンサートを別の側面から見るような生々しさがあり。
さらにボーナス・ディスクとして、12月15日東京ドーム公演より4曲をサウンドボード・マスターより収録。これは流出音源ではなく、ファンなら周知の別音源となるもので、さらに来日記者会見の模様もすべて収録。記者の質問に、ジョージの事を知らないただの通訳がイラ立つところなど、時代を感じさせる代表質問、および記者会見の様子を克明に記録したもので、こちらも興味深い記録と言えるもの。
世界中で日本でのみとなった来日公演から、大阪3日間を過去最高の内容でコンパイルした、完全限定・永久保存マスト・アイテム。

なお、第2弾は、名古屋、広島、福岡の3日間のセット「ROCK LEGEND zwei」を予定。

DISC ONE : 01. I Want To Tell You 02. Old Brown Shoe 03. Taxman 04. Give Me Love 05. If I Needed Someone 06. Something 07. What Is Life 08. Dark Horse 09. Piggies 10. Pretending 11. Old Love 12. Badge 13. Wonderful Tonight
DISC TWO : 01. Got My Mind Set On You 02. Cloud Nine 03. Here Comes The Sun 04. My Sweet Lord 05. All Those Years Ago 06. Cheer Down 07. Devil's Radio 08. Isn't It A Pity 09. While My Guitar Gently Weeps 10. Roll Over Beethoven
[Recorded at Osaka Castle Hall, Osaka, Japan 10th December 1991]

DISC THREE : 01. I Want To Tell You 02. Old Brown Shoe 03. Taxman 04. Give Me Love 05. If I Needed Someone 06. Something 07. What Is Life 08. Dark Horse 09. Piggies 10. Pretending 11. Old Love 12. Badge 13. Wonderful Tonight
DISC FOUR
01. Got My Mind Set On You 02. Cloud Nine 03. Here Comes The Sun 04. My Sweet Lord 05. All Those Years Ago 06. Cheer Down 07. Devil's Radio 08. Isn't It A Pity 09. While My Guitar Gently Weeps 10. Roll Over Beethoven
[Recorded at Osaka Castle Hall, Osaka, Japan 11th December 1991]

DISC FIVE : 01. I Want To Tell You 02. Old Brown Shoe 03. Taxman 04. Give Me Love 05. If I Needed Someone 06. Something 07. What Is Life 08. Dark Horse 09. Piggies 10. Pretending 11. Old Love 12. Badge 13. Wonderful Tonight
DISC SIX : 01. Got My Mind Set On You 02. Cloud Nine 03. Here Comes The Sun 04. My Sweet Lord 05. All Those Years Ago 06. Cheer Down 07. Devil's Radio 08. Isn't It A Pity 09. While My Guitar Gently Weeps 10. Roll Over Beethoven
[Recorded at Osaka Castle Hall, Osaka, Japan 12th December 1991]

DISC SEVEN : 01. Taxman 02. Cloud Nine 03. Cheer Down 04. Davil’s Radio
[TOKYO DOME DECEMBER 15th 1991 : SOUNDBOARD RECORDING]
05. Press Conference
[CAPITOL TOKYU HOTEL NOVEMBER 29th 1991]
06. Interview About Japan Tour
[BRAY STUDIO WINDSOR U.K. NOVEMBER 24th 1991]

2012年11月28日

U.K. 2012年来日公演最終日の決定盤!

sne191cc.jpg



◆ U.K. / ETERNAL RENDEZOUS 621 (プレス2CD) この商品はこちらから

33年ぶりに実現したトリオU.K.による、2012年ジャパン・ツアーより、追加公演でありファイナルとなった6月21日川崎公演を、既リリースとは別マスターとなる、24bitデシタル・オーディエンス・マスターと、ジョン・ウェットン本人がステージ上で使用した、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源をフル・マトリックスしてコンプリート収録した、究極のアイテムが完全限定プレス2CDにてここに!

この最終日のマトリックス音源はこれまでも流通していた中、今回別ソースの登場によりメモラビリアの意を込めて再リリースとなったもので、まずそのフロント・ロー中央からの24bitオーディエンス・マテリアルは、その素晴らしいクオリティーを配慮し、一切手を加えていない非イコライジングのPAからの生の出音にこだわったもの。よってステレオ・セパレーションがさらに増しており、しかもイヤー・モニター・ソースとのフル・マトリックスを、曲のパート単位まで細かく掘り下げて再構築化した、既発のマトリックス音源をさらに激的にクオリティー・アップさせた究極のマテリアル・アイテムと云えるもの。
そして演奏面においてはすでに周知のとおり、最終日だけに公演ごとに高まって来た3人のケミストリーもピークに達し、絶好調のジョンのボーカル、パワーと躍動感溢れるテリーの変幻自在なドラミング、そして今回のツアーに並々ならぬ情熱を注いだエディ・ジョブソン、この3人が織りなす化学反応が、息を飲むほどのスリリングな空気感と相なり、このレベルでの同じプレイは2度と無いであろうと言える圧巻のパフォーマンスを披露。
さらにこの最終日においては、初めてセットリストが入れ替えられ、”As Long As You Want Me Here”の代わりに、先のUSツアーで話題となったFallen Angel”を、ついに日本で初披露。また”Nothing To Lose”もアンコールに持ってきたりと、ラストならではのサプライズもあり。
そしてさらにボーナスとして、その最終公演のセットから漏れた"As Long As You Want Me Here"は、19日大阪公演からのテイクを追加し、この大阪公演からはオープニング3曲をふくめ、計4曲を、最終公演同様の新たなフル・マトリックス音源にて。そのうえ本邦初登場となる、サウンド・チェック・セッションも、デジタル・オーディエンス・マスターより約11分に渡りエクストラとして追加収録。
2012年リユニオン日本公演最終日のメモリアルとして、永久保存決定版アイテム。
なお今回は初回完全限定プレス盤となります。ご希望の方はお早めに。

◇FULL DIGITALLY RE-MASTERING & RE-MATRIX Version from 24bit Original Master Recording Materials.
DISC ONE : 01 Alaska (06:21) 02 Night After Night (05:01) 03 Eddie's M.C. (02:07) 04 Thirty Years (07:56) 05 Rendezvous 6:02 (05:26) 06 Carrying No Cross (13:19) 07 Eddie Jobson Keyboards/Violin Solo incl. Prelude, Theme of Secrets&Nostalgia (16:34) 08 Terry Bozzio Drums Solo (15:48) 09 Eddie & John's M.C. (01:33) 10 Fallen Angel (Jobson/Wetton) (05:27)

DISC TWO : 01 Danger Money (08:50) 02 In The Dead of Night (05:34) 03 By The Light of Day (04:48) 04 Presto Vivace/In The Dead of Night (Reprise) (04:26) 05 Nothing To Lose (05:30) 06 Caesar's Palace Blues (05:48) 07 The Only Thing She Needs/Outro (09:15)
[Recorded Live at Club Citta, Kawasaki, Japan, June 21st 2012]

08 Alaska (06:29) 09 Night After Night (04:54) 10 Nothing To Lose (07:02) 11 As Long As You Want Me Here (Jobson/Wetton) (05:27)
[Recorded taken from Live at Namba Hatch, Osaka, Japan, June 19th 2012]
12 Alaska/Night After Night (05:13) 13 Caesar's Palace Blues/Prelude (06:06)
[Recorded taken from Sound-Check Session In During Japan Tour 2012]

2012年11月27日

フロイド・ネットワーク『EMBRYO』企画・製作による第3弾!

emb006p.jpg



◆ PINK FLOYD / THIS IS PRETTY AVANT GARDE (2CDR) この商品はこちらから

海外フロイド・ネットワーク『EMBRYO』企画・製作による第3弾は、1969年から「狂気」までのレア・トラック・コレクション。

コアなファンからは世界中で大きな反響を呼んでいる好評シリーズの第3弾は、vol.2の続編といえる、シド・バレットが正式脱退し、ギルモアが加入、再度4人で活動することになった1969から、1973年リリースとなるあの「狂気」までのレア・トラックスを年代順に収録。まず前半には1969年BBC:TV用の未発表曲や貴重なデモ音源、さらに今回もオフィシャル・リリースのシングル盤やプロモ音源のステレオ&モノ・ミックスを収録。そしてDisc:2には全編にわたり「狂気」関連となるモノ・プロモ音源、1972年アビー・ロード・スタジオでのアウトテイク&デモなど、今となっては入手困難な音源を、全て現存するベスト・クオリティー・マスターにて。この海外ネットワークならではの収集力とクオリティーは、まさに70年代中期フロイドの集大成といえる内容で、これまで同様、完全限定入荷ゆえ、ファンは必携マスト・アイテム。

DISC ONE : 01. Astronomy Domine (Live Short Version)/02. Embryo (Abbey Road Studios, London 1969)/03. Biding My Time (Abbey Road Studios, 1969)/04. ”this is pretty avant garde isn’t it” (During Roger Waters’ Speech)/05. ”and the wind cried…” /06. Moonhead (uncredited) (BBC TV 1969 July 20th)/07. ”here’s a loud announcement”/08. ”silence in the studio”/09. Green Is The Colour (Live)/10. Careful With That Axe, Eugene (Live Short Version)/11. Embryo (Live Short Version)/12. Set The Controls For The Heart Of The Sun (Live Short Version - Hamburg 1971 February 25th)/13. ”Relics” radio advert #1/14. ”Relics” radio advert #2/15. ”Meddle” radio advert/16. One Of These Days (Demo #1)/17. One Of These Days (Demo #2)/18. One Of These Days (mono edit - US promo single)/19. Fearless (mono edit - US promo single)/20. Roger The Hat Interview (Capital Radio broadcast 1972)

DISC TWO : 01. Breathe (mono - US promo EP)/02. On The Run (outtake - Abbey Road Studios 1972 November)/03. Time (demo - Abbey Road Studios 1972 June)/04. Time (stereo edit - “Us And Them” single)/05. Time (mono edit - US promo EP)/06. Money (demo)/07. Money (stereo edit)/08. Money (“soft” stereo edit - US promo single)/09. Money (“soft” mono edit - US promo single)/10. Money (alternate “soft” mono edit - US promo EP)/11. Us And Them (demo)/12. Us And Them (Outtake)/13. Us And Them (stereo edit - US promo single)/14. Us And Them (mono edit - US promo single)/15. Brain Damage / Eclipse (demo)/16. Brain Damage (outtake)/17. Brain Damage (outtake)/18. Eclipse (“mysterious ending tiny music”)

2012年11月26日

KISS最新ツアー初日をサウンドボード&プロショットで!

laf1626k.jpg



◆ KISS / FIRST NIGHT IN HELL OR BUENOS AIRES 2012 (2CDR+2DVDR) この商品はこちらから


2012年はアルバム「MONSTER」リリース、7月からモトリー・クルーとのダブル・ヘッドライナー・ツアー、そして1年ぶり第2回目となる「KISS KRUISE」と、近年でも稀に見る精力的活動を経て、ついに「MONSTER」ワールド・ツアーが11月よりスタート。その初日となった11月7日アルゼンチン、ブエノス・アイレス公演を、現地FM オンエアー・マスターからのステレオ・サウンドボードにてコンプリート収録。南米のラジオ放送と言うことで、一部ナレーションも入るものの、カンペキにセパレートされた音質はこのままオフィシャル・リリースも可能なレベル。そして「MONSTER」からのナンバーも5曲を含めた、まさに2012年型KISSのリアル・ライブをここに完全再現。
そしてさらにカップリング映像として、まずDVD-Rのdisc:1には、この日のライブの模様を、ステージ右サイド後方からの良好オーディエンス・ショットにてコンプリート収録。やや遠方からのショットながら、ステージ全体を安定したアングルで捉えており、とにかくこれまでとははるかにスケールの違う本ツアーならではの豪華なステージ・セットや演出等を存分に確認できるというもの。さらに音声パートは、同2CDのステレオ・サウンドボード音源をマトリックスしたド迫力サウンドにて。
そしてDVD-Rのdisc:2には、同日本公演前に、抽選にて選ばれた一部のファンのみを招いて行われた、ミート&グリートでのアコースティック・ライヴの模様も、良好オーディエンス・ショットにてコンプリート収録。こちらは「KISS KRUISE」でのアコースティック・ショーを彷彿とさせるもので、しかも本ツアーではプレイされていない曲を多数披露しており、まさに熱心なファンに向けた最高のプレゼント・ライブと言えるもの。ツアー初日にして早くも話題満載の、ファン必聴・必見のマスト・アイテム。

CD-R 1 : 1. INTRO/2. DETROIT ROCK CITY/3. SHOUT IT OUTLOUD/4. HELL OR HALLELUJAH/5. WALL OF SOUND/6. HOTTER THAN HALL/7. ALL FOR THE LOVE OF ROCK & ROLL/8. I LOVE IT LOUD/9. OUTTA THIS WORLD/10. TOMMY & ERIC JAM/11. WAR MACHINE/12. LONG WAY DOWN
CD-R 2 : 1. BASS SOLO/2.. GOD OF THUNDER/3. PSYCHO CIRCUS/4. CALLING DR. LOVE/5. LOVE GUN/6. BLACK DIAMOND/7. LICK IT UP/8. I WAS MADE FOR LOVIN' YOU/9. ROCK AND ROLL ALL NITE
[Live at Estadio River Plate, Buenos Aires, Argentina 7th November, 2012]

DVD-R 1 : 1. INTRO/2. DETROIT ROCK CITY/3. SHOUT IT OUTLOUD/4. HELL OR HALLELUJAH/5. WALL OF SOUND/6. HOTTER THAN HALL/7. ALL FOR THE LOVE OF ROCK & ROLL/8. I LOVE IT LOUD/9. OUTTA THIS WORLD/10. TOMMY & ERIC JAM/11. WAR MACHINE/12. LONG WAY DOWN/13. BASS SOLO/14. GOD OF THUNDER/15. PSYCHO CIRCUS/16. CALLING DR. LOVE/17. LOVE GUN/18. BLACK DIAMOND/19. LICK IT UP/20. I WAS MADE FOR LOVIN' YOU/21. ROCK AND ROLL ALL NITE
[Live at Estadio River Plate, Buenos Aires, Argentina 7th November, 2012]

DVD-R 2 : 1. TUNE UP/2. HARD LUCK WOMAN/3. MAGIC TOUCH/4. CHRISTEEN SIXTEEN/5. HIDE YOUR HEART/6. CALLING DR. LOVE/7. WALL OF SOUND/8. SHANDI/9. OUTTA THIS WORLD/10. FOREVER/11. LONG WAY DOWN/12. BETH
[Acoustic Live at Meet & Greet, Buenos Aires, Argentina 7th November, 2012]

2012年11月25日

ガンズ最新サウンドボード・ライブ&映像!

laf1630g.jpg



◆ GUNS N’ ROSES / APPETITE FOR DEMOCRACY 2012 (3CDR+1DVDR) この商品はこちらから

2011年から続く長期ツアーにおいて、終盤を迎えることとなる2012年秋、10月31日から11月24日まで、ラスベガスのハード・ロック・ホテル内のザ・ジョイントにて、なんと計12回のショーを行ったことが話題を呼んだ中、そのロングラン公演より11月9日のショーを、FMオンエアー・マスターからのステレオ・サウンドボードにてコンプリート収録。カンペキにセパレートされた音質はこのままオフィシャル・リリースも可能なレベルで、しかもセット・リストも同年前半までとは変化もあり、フーのカヴァー「THE SEEKER」、そして本公演前にブリッジ・スクール・ベネフィットにてニール・ヤングとの競演が話題となった「DON’T LET IT BRING YOU DOWN」などが新たにセットインしているあたり、ファンは要チェック。
さらにカッブリングDVD-Rには当日のショーから6曲、そして同ホールにおける14日公演から16曲を、モバイルも含む各種オーディエンス・ショットにて収めたライブ映像を収録。ダイジェストとよるトータル2時間弱の収録ながら、共にステージ至近距離からの安定したクローズ・ショットで捉えており、小ホールならではの臨場感とド迫力の映像は鳥肌もの。
なお、約3年振りの来日がこの1ヶ月後の12月18日、Zepp Tokyoで行なわれることが緊急決定。一夜限りのスペシャル・ギグ開催なるため、その前哨戦とも言える、ファン必聴・必見マスト・アイテム!

disc one : 1. INTRO/2. CHINESE DEMOCRACY/3. WELCOME TO THE JUNGLE/4. IT'S SO EASY/5. MR. BROWNSTONE/6. ESTRANGED/7. ROCKET QUEEN/8. BLACKLIGHT JESUS OF TRANSYLVANIA (Richard)/9. LIVE AND LET DIE/10. THIS I LOVE/11. MOTIVATION (Tommy)/12. NO QUARTER (Dizzy)/13. CATCHER IN THE RYE/14. STREET OF DREAMS
disc two : 1. YOU COULD BE MINE/2. BALLAD OF DEATH (DJ)/3. SWEET CHILD O' MINE/4. ANOTHER BRICK IN THE WALL PART 2 (Axl)/5. NOVEMBER RAIN/6. GLAD TO BE HERE (Bumblefoot)/7. DON'T CRY/8. THE SEEKER/9. DON'T LET IT BRING YOU DOWN/10. CIVIL WAR
disc three : 1.BETTER/2. KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR/3. JAM #1/4. NIGHTRAIN/5. JAM #2/6. MADAGASCAR/7. USED TO LOVE HER/8. THERE WAS A TIME/9. JAM #3/10. PATIENCE/11. JAM /#4/12. PARADISE CITY
[Live at the Joint at Hard Rock Hotel, Las Vegas, USA November 9th 2012]

DVD-R : 1. WELCOME TO THE JUNGLE/2. MR. BROWNSTONE/3. ROCKET QUEEN/4. THE SEEKER/5. DON'T LET IT BRING DOWN/6. THERE WAS A TIME
[Live at the Joint at Hard Rock Hotel, Las Vegas, USA November 9th 2012]
1. CHINESE DEMOCRACY/2. WELCOME TO THE JUNGLE/3. ESTRANGED/4. ROCKET QUEEN/5. LIVE AND LET DIE/6. THIS I LOVE/7. SWEET CHILD O' MINE/8. ANOTHER BRICK IN THE WALL PART 2/9. NOVEMBER RAIN/10. DON'T CRY/11. CIVIL WAR/12. NIGHTRAIN/13. JAM #1/14. PATIENCE/15. JAM #2/16. PARADISE CITY
[Live at the Joint at Hard Rock Hotel, Las Vegas, USA November 14th 2012]

2012年11月24日

ストーンズ「ベガーズ・バンケット」のコレクター・アイテム

gp1209sp.jpg



◆ ROLLING STONES / Beggars Banquet Sessions (2DVD+1CD) この商品はこちらから

『ベガーズ・バンケット』のセッション音源と、当時の貴重映像を盛り込んだ、2012年盤コレクターズ・エディションが、ストーンズ専門のGPレーベルよりここに。3時間以上に及ぶセッション音源やアルバム音源、そして初CD化のレア音源等で再構成されたオルタネイト・アルバムとなるもの。

まずDVD-1には、アルバム音源バリエーションとして、貴重なUKオリジナルMONO音源と、最新の5.1サラウンド・ミックス音源を収録。そしてトータル3時間以上に及ぶセッション音源が、時系列にセッション1-3でまとめられており、初登場音源のマルチ・トラック音源や、アップグレードされたリマスター・セッション音源等、『ベガーズ・バンケット』関連音源を完全網羅。さらにチャプター・タイトル付きのイメージ画像をガイドに、スタジオ・アウトテイクス音源をマスター・クオリティーでまとめて聴ける内容で、CD約5枚分のヴォリュームをフル・スペックでDVD1枚にコンパイルした、究極のミュージックDVD。
そしてDVD-2は、1968年の映像コレクションとなるもので、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」と「ストリート・ファイティング・マン」映像3パターンや、この時期の珍しいインタビュー映像等も収録した、トータル90分となるもの。
そしてCDにはオルタネイト・アルバムとして、全曲レア音源にてアルバムを再構築。初CD化音源となる「悪魔を憐れむ歌」や「ストレイ・キャット・ブルース」のマルチトラック・リミックス、そしてデモ音源やアーリー・ミックスまで、全てアップグレードされたベスト・クオリティーによるもので、DVD-1収録のセッション音源からのベスト編集、およびシングル音源が追加された独自のコンピレーション。永久保存プレスDVD+CD。
(* DVD1&2はDVDビデオ・フォーマットなので、通常のDVDDプレイヤー、PCで再生可)

DVD ONE :
[BEGGARS BANQUET SESSIONS 5.1 SURROUND&ORIGINAL MONO - COMPLETE ALBUM]
1. Sympathy For The Devil 2. No Expectations 3. Dear Doctor 4. Parachute Woman 5. Jigsaw Puzzle 6. Street Fighting Man 7. Prodigal Son 8. Stray Cat Blues 9. Factory Girl 10. Salt Of The Earth
(NTSC 16:9 time aprox. 40min. Dolby Digital 5.1 Surround Sound + Original MONO)

[SESSIONS ONE]
1. Stray Cat Blues (Session) 2. Stray Cat Blues (Back track) 3. Stray Cat Blues (Vocal track) 4. Stray Cat Blues (Alternate remix) 5. Jigsaw Puzzle (Take 1) 6. Jigsaw Puzzle (Take 2) 7. Jigsaw Puzzle (Take 3 to 5) 8. Jigsaw Puzzle (Take 6) 9. Jigsaw Puzzle (Take 7 & 8) 10. Jigsaw Puzzle (Take 9) 11. Jigsaw Puzzle (Take 10) 12. Jigsaw Puzzle (Take 11) 13. Jigsaw Puzzle (Take 12) 14. Jigsaw Puzzle (Take 13) 15. Jigsaw Puzzle (Take 14) 16. Parachute Woman (Early mix) 17. (Did Everybody) Pay Their Dues (aka.Street Fighting Man) 18. Child Of The Moon (Acoustic instrumental) 19. Child Of The Moon (Back track)
(Recorded At Olympic Sound Studios, London - 17th March to 3rd April 1968)

[SESSIONS TWO]
1. Jumpin' Jack Flash (Backing track) 2. Jumpin' Jack Flash (Promo single version) 3. Jumpin' Jack Flash (Promo film soundtrack) Recorded At Olympic Sound Studios, London - 20th to 27th April 1968 4. Street Fighting Man (Longer outro) 5. No Expectations (Acoustic version 1) 6. No Expectations (Acoustic version 2) 7. Factory Girl (Alternate fiddle mix) 8. Dear Doctor (Take 1) 9. Dear Doctor (Take 2) 10. Dear Doctor (Extended version) 11. Family (Electric version) 12. Blood Red Wine 13. Still A Fool (aka.Catfish / Two Train Blues) 14. Give Me A Hamburger To Go (aka.Stuck Out All Alone) 15. Prodigal Son (Alternate mix) Recorded At Olympic Sound Studios, London - 13rd or 21th to 23rd May 1968 16.Jigsaw Puzzle (without vocal overdubs) Recorded At Sunset Sound Studios, Hollywood, Los Angeles - 13rd or 21th to 23rd May 1968 17. Highway Child (aka.Highway Bound / The Vulture) Keith's House - February or July 1968
(Recorded At Olympic Sound Studios, London - 17th March to 3rd April 1968 or Stargloves, Newbury - October 1970)

[SESSIONS THREE]
1. Sympathy For The Devil (Alternate remix) 2. Sympathy For The Devil (Back track) 3. Sympathy For The Devil (Vocal track) Recorded At Olympic Sound Studios, London - 4th to 10th June 1968 4. Family (Acoustic version - without bass and vocal overdubs) 5. Family (Metamorphosis version - Metamorphosis) Recorded At Olympic Sound Studios, London - 28th June 1968 6. Salt Of The Earth (Early mix) Recorded At Sunset Sound Studios, Hollywood, Los Angeles - 7th to 25th July 1968 7. No Expectations (Rehearsals) 8. Parachute Woman (Rehearsals) Rock And Roll Circus Rehearsals Recorded At Intertel Studios, London - 10th December 1968 9. Memo From Turner (Mick Jagger demo) 10. Memo From Turner (Mick Jagger - "Performance" movie) Recorded At Unknown Studios, London - September 1968 11. Memo From Turner (Alternate vocal version) 12. Memo From Turner (Metamorphosis version) 13. Memo From Turner (Single version) (Recorded At Olympic Sound Studios, London - 17th November 1968 NTSC 16:9 dolby digital stereo/mono time approx.3h30min.)

DVD TWO :
[BEGGARS BANQUET VIDEO CLIPS]
1. Jumpin' Jack Flash (version 1 - b&w) 2. Jumpin' Jack Flash (version 1 - colour) 3. Jumpin' Jack Flash (version 2 - colour) 4. Child Of The Moon (promotion film) 5. Beggars Banquet Party 6. Street Fighting Man (montage film) 7. Street Fighting Man (italian movie) 8. Street Fighting Man (live) 9. Interview 1968 (Mick and Keith) 10. Sympathy For The Devil ("one plus one" movie) 11. Sympathy For The Devil ("frost on sunday" TV show) 12. Memo From Turner ("performance" movie)
(NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time aprox. 100min.)

CD :
[BEGGARS BANQUET ALTERNATE ALBUM] 1. Sympathy For The Devil (Alternate remix) 2. No Expectations (Acoustic version) 3. Dear Doctor (Extended version) 4. Parachute Woman (Early mix) 5. Jigsaw Puzzle (without vocal overdubs) 6. Street Fighting Man (Did Everybody Pay Their Dues) (Early version) 7. Prodigal Son (Alternate mix) 8. Stray Cat Blues (Alternate remix) 9. Factory Girl (Alternate fiddle mix) 10. Salt Of The Earth (Early mix)+11. Jumpin' Jack Flash (Original single mono version) 12. Child Of The Moon (Original Single mono version) 13. Street Fighting Man (Original Single mono version) 14. No Expectations (Original Single mono version) 15. Sympathy For The Devil (Alternate mono mix) 16. Blood Red Wine 17. Highway Child 18. Give Me A Hamburger To Go 19. Memo From Turner (Alternate loop mix)


2012年11月23日

フロイド・ネットワーク『EMBRYO』企画・製作による第2弾!

emb004c.jpg



◆ PINK FLOYD / LET'S ROLL ANOTHER ONE (2CDR) この商品はこちらから

海外フロイド・ネットワーク『EMBRYO』企画・製作による第2弾は、初期のレア・トラック・コレクション。
「ウマグマ・コレクション」に続くシリーズvol.2は、シド・バレット在籍時となる1967年デビュー時から、5人編成を経てバレットが正式に脱退、そしてギルモアを含めて4人の再スタートとなった1969年までのレア音源を年代順に収録したコンピレーション・アイテム。まず1967年8月ファースト・アルバム「夜明けの口笛吹き」リリース前のデモ音源、そしてアルバムには未収録となった現存する未発表ナンバー、さらにオフィシャル・リリースされたシングル盤や、アセテート音源のステレオ&モノ・ミックス等、今となっては全て入手困難な音源ばかりを、全42トラックコンパイル。特に”Arnold Layne”や”Candy And A Current Bun”のアセテート、”It Would Be So Nice”のプロモ・エディットなど、通常は入手不能なレア音源も多数収録されており、このフロイド・ネットワークならではの、初期フロイドの集大成といえる内容。海外コンピレーションとして完全限定入荷ゆえ、ファンは必携マスト・アイテム。

DISC ONE : 01. Lucy Leave (uncredited)/02. I’m a King Bee/03. Let’s Roll Another One/04. Arnold Layne (acetate)/05. Arnold Layne (mono)/06. Arnold Layne (fake stereo)/07. Candy And A Current Bun (acetate)/08. Candy And A Current Bun (mono)/09. Interstellar Overdrive (demo)/10. Interstellar Overdrive (sound techniques outtake)/11. Interstellar Overdrive (abbey road outtake)/12. Interstellar Overdrive (mono single version)/13. Scarecrow (abbey road outtake)/14. Scarecrow (mono)/15. Astronomy Domine (abbey road outtkake)/16. See Emily Play (actetate)/17. See Emily Play (mono)/18. See Emily Play (fake stereo)/19. Flaming (mono)/20. Sunshine/21. Silas Lane/22. Scream Thy Last Scream (mono)

DISC TWO : 01. Scream Thy Last Scream (stereo)/02. Vegetable Man (mono)/03. Vegetable Man (alternate mono)/04. Vegetable Man (stereo)/05. Remember A Day (mono short version)/06. Apples And Oranges (mono)/07. Apples And Oranges (stereo)/08. Paint Box (mono)/09. Paint Box (stereo)/10. Let There Be More Light (mono edit)/11. Corporal Clegg (video version)/12. It Would Be So Nice (mono)/13. It Would Be So Nice (promo edit)/14. It Would Be So Nice (fake stereo)/15. Julia Dream (demo)/16. Julia Dream (mono)/17. Julia Dream (stereo)/18. Point Me At The Sky (mono)/19. Point Me At The Sky (fake stereo)/20. Careful With That Axe, Eugene (mono)/21. Careful With That Axe, Eugene (stereo)

2012年11月20日

裸のラリーズ、最新ボックス・シリーズ10CDセット!

youth197c.jpg



◆ 裸のラリーズ / Disaster Sources Encyclopedia Of Rallizes Vol.2 (10CD BOX) この商品はこちらから

ignuitasレーベルより、「Disaster Sources」をマスターとしたレア・ライブ音源のコレクション第2弾であり、過去に発表されながら、現在は入手困難となっているものを10枚組Boxにて完全限定リリース。12月12日リリース予定。


Ignuitasレーベルからのボックス・シリーズとして「Les Rallizes Denudes 13 CDs BOX (13CD)」に続いて、新たに解禁となったのは、「Disaster Sources」として知られる名音源セットからのソースで、こちらも過去にはCD-R仕様で流通していたものの、すでに入手困難で高値で取引されていたコレクターズ・アイテム。
そのマスター・クオリティー音源を、10CDボックス仕様による完全限定300セットのプレス盤にてここに。今回は1983年5月7日の京大西部講堂を目玉に、同年8月11日の福生Chicken Shack、そして1993年2月13日のバウス・シアターなど、70年代から90年代初頭まで、幅広い年代の貴重な音源をコンパイルしており、轟音フィードバックによるサイケデリック・サウンドの洪水が湧き出た構築美が形成されたパフォーマンスが、全編にわたり堪能できる、終焉へと向かう集大成をここにベスト・クオリティーにて。
なお、初回完全限定300セットのリリースゆえ、ご希望の方はお早めに。


[DISC 1 : Live 1977-1987]
1. 夜より深く 2. 恋の物語(1983.03.29 屋根裏) 3. 鳥の声(1982.12.18 法政大) 4. The Last One(1983.03.29 屋根裏)
[DISC 2 : Live 1976 – 1983]
1. 夜より深く(1977.03.12 立川) 2. 白い目覚め 3. The Last One 4. 夜より深く
[DISC 3 : Live 1979 – 1983]
1. 夜より深く 2. 夜より深く Part 2 3. The Last One 4. 鳥の声
[DISC 4 : Rallizes Tour 1983.5.7 京大西部講堂]
1. 鳥の声 2. 夜、暗殺者の夜 3. Enter the Mirror
[DISC 5 : Rallizes Tour 1983.5.7 京大西部講堂]
1. お前を知った 2. The Last One 3. 造花の原野
[DISC 6 : Festival 1983]
1. 夜より深く 2. 天使 / 夜、暗殺者の夜 3. 氷の炎
[DISC 7 : Fuusa Days 1983.8.11 福生Chicken Shack]
1. 黒い悲しみのロマンセ 2. 造花の原野 3. 氷の炎 4. 記憶は遠い
[DISC 8 : Fuusa Days 1983.8.11 福生Chicken Shack]
1. 夜より深く 2. 鳥の声 3. Enter the Mirror 4. 不明(夢割草) 5. The Last One
[DISC 9 : Live 1993.2.13 バウス・シアター]
1. 夜の収穫者たち 2. 白い目覚め 3. 記憶は遠い
[DISC 10 : Live 1993.2.13 バウス・シアター]
1. Enter the Mirror 2. The Last One

2012年11月17日

ノラ・ジョーンズ、感動の来日公演メモリアル

xav8283s.jpg



◆ NORAH JONES / MY BUDOKAN NIGHTS COMPLETE 2012 (4CDR) この商品はこちらから

7年ぶりとなる待望の2012年ジャパン・ツアーより、4日目、11月8&9日と、2日連続で行われた日本武道館公演の模様を、いずれもフロント・ローからのハイクオリティー・オーディエンス・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施した、極上レベルにて約1時間30分に渡りコンプリート収録。とにかくホールの出音の素晴らしさも手伝い、まさにサウンドボード・レベルと云える臨場感溢れるサウンドで、当日を再現。そして期待高まるセットは、当然『リトル・ブロークン・ハーツ』を中心に、これまでの大ヒット曲は当然ながら、来日直前にリリースされた『カヴァーズ/私のお気に入り』からも伺い知れるように、彼女のルーツとなるカヴァー・ナンバーも随所に。そして日替わりソロパートでは初日はキース・リチャーズも取り上げた「The Nearness Of You」、他にも『Feels Like Home』収録の「Carnival Town」を披露、また2日目は「Painter Song」、そしてデッドの「It Must Have Been The Roses」を大阪に続けて披露と、両日セットリストも大幅に入れ替えているあたりも要チェック。
さらにボーナス・トラックとして、両日オープニング・アクトを務めたアメリカン・ルーツ・ミュージックに造詣が深いギタリスト、ジム・キャンピロンゴ・トリオのライブ・パフォーマンスも追加収録。まさに来日記念のメモリアルといえるコレクターズ・エディション!

Disc 1 : 01. Opening 02. Cold Cold Heart 03. Out On The Road 04. All A Dream 05. Little Broken Hearts 06. Say Goodbye 07. Take It Back 08. Chasing Pirates 09. Broken 10. Creepin' In 11. Black 12. Carnival Town 13. The Nearness Of You (Solo) 14. Don't Know Why (Solo)
Disc 2 : 01. Sinkin' Soon 02. Miriam 03. Happy Pills 04. Stuck 05. Lonestar –encore- 06. Sunrise 07. Come Away With Me
(08-13. Bonus Tracks : Jim Campilongo Trio -Opening Act)
[at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 8th November 2012]

Disc 3 : 01. Opening 02. Cold Cold Heart 03. What Am I To You? 04. Little Broken Hearts 05. Say Goodbye 06. After The Fall 07. Chasing Pirates 08. It's Gonna Be 09. Rosie's Lullaby 10. Tell Yer Mama 11. It Must Have Been The Roses 12. Black 13. Painter Song (Solo) 14. Don't Know Why (Solo)
Disc 4 : 01. Sinkin' Soon 02. Miriam 03. Happy Pills 04. Stuck 05. Lonestar –encore- 06. Sunrise 07. Creepin' In 08. Come Away With Me
(09-14. Bonus Tracks : Jim Campilongo Trio -Opening Act)
[at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 9th November 2012]

◇Personnel; Norah Jones (vocals, guitar, keyboards), Josh Lattanzi (bass), Pete Remm (keyboards), Jason Abraham Roberts (guitar) & Greg Wieczorek (drums)


2012年11月15日

ストーンズ、話題の2003年LICKSツアー、プロショット映像!

rscr003d.jpg



◆ ROLLING STONES / LICKS CIRCUS KRONE 2003 (1DVDR) この商品はこちらから

2012年秋、アーカイヴ音源とは別に海外ファンサイトで公開され、世界中で話題騒然となった、2003年LICKSユーロ・ツアーにおける、6月8日ミュンヘン、サーカス・クローネ公演を、マスター・プロショット映像にてコンプリート収録した映像DVDがここに。

本タイトルは2012年突如ファンサイトにアップされた映像+音源ソースを元にプロショット・ライブ映像をダイレクトDVD化したもので、2003年LICKSユーロ・ツアーから、ミュンヘン3日目となる6月8日、サーカス・クローネでのシアター・ショーを112分にわたりコンプリート収録。海外では4LP+1DVD+2CDのボックス・セットのリリースもアナウンスされた中、こちらは一部ネットでも流出した映像の、ライブ全長版となるもので、一部ノイズ箇所があったり、画質クオリティーも近年のデジタル仕様による、オフィシャル・レベルとはいかないまでも、充分なクオリティーで、さらに音声はリアル・ステレオ・レコーディングによるカンペキなもの。さらにこのLICKSツアーは大都市ではアリーナ、スタジアム、シアターとハコごとにセットを変えており、とりわけこのシアターでのライブはセットもレアながら、なんと観客2500人というまさにクラブ・ギグ仕様。そしてその観客を目の前にした臨場感溢れるギグは、バンド・コールの後、いきなりイントロでハズす”Jumping Jack Flash”でスタート。そしてレア・ナンバーとしては、”DancePart.1”や”That's How Strong My Love Is”、さらにキースの”The Nearness Of You”はこの日が初プレイとなっているあたり要チェック。そしてカヴァーも5曲演奏しており、特にアンコールの”I Can't Turn You Loose”はオフィシャルDVDにも収録されたレア映像。とにかく映像はもちろん、音声はこのままオフィシャル化も可能なステレオ・サウンドボードによる、貴重なクラブ・ギグの模様をカンペキに再現した、アーカイヴ・シリーズと並ぶ必携マスト・アイテム!

01. Opening 02. Jumping Jack Flash 03. Tumbling Dice 04. All Down The Line 05. Sweet Virginia 06. Worried About You 07. Stray Cat Blues 08. Everybody Needs Somebody To Love 09. Dance 10. That's How Strong My Love Is 11. Going To A Go Go 12. Band Introduction 13. The Nearness Of You 14. Before They Make Me Run 15. It's Only Rock 'n Roll 16. Can't You Hear Me Knocking 17. Honky Tonk Women 18. Start Me Up 19. Brown Sugar - encore - 20. I Can't Turn You Loose

[Recorded at Circus Krone, Munich, Germany June 8th 2003 : 9:35pm - 11:25pm : master quality Pro. Shot : 112min.]

2012年11月12日

ビートルズの「レア・マスターズ」シリーズ登場!

scd12007sp.jpg



◆ THE BEATLES / Rare Masters Rarities Around The World (2CD) この商品はこちらから

デビュー50周年となる2012年、新たに編集された「レア・マスターズ」がビートルズ専門のSGT.レーベルよりここに。かつて世界各国で存在したミックスや、編集の違う貴重なオフィシャル未収録音源を総括した究極のレアリティーズ・コレクションで、オフィシャルのステレオ・モノ・ボックスだけでは聴くことの出来ない、世界各国の珍しい音源ばかりを集大成した、ファン必携のレアリティーズ・コレクション。

ビートルズのオリジナル・ステレオ音源、およびモノ音源は2009年リマスターにより世界標準で統一された中、かつて世界各国で存在したミックスや編集の違うオルタネイト音源は公式リマスター化されずに葬られているのが現状。そしてかつてアナログ時代に未収録音源を集めた「レアリティーズ」は、その後「パスト・マスターズ」としてカタログ化されていた中、ここではカタログ化されなかった未収録オルタネイト音源を「レア・マスターズ」としてコンパイル。
まずdisc:1にはイギリスおよび世界各国でリリースされていた音源を中心に収録。ハイハットで始まる「オール・マイ・ラヴィング」や幻の「トゥモロウ・ネバー・ノウズ」(マトリクス1)、「ペニー・レイン」のトランペット・エンディング等の有名な音源から、「フロム・ミー・トゥ・ユー」「抱きしめたい」等のセパレーションがまったく異なるオルタネイト・ステレオ・ミックス、さらにアナログ時代ならではの”擬似ステレオ”やシングル・モノ音源まで基本的なレアリティーズを、ほぼ年代順に網羅。
そしてdisc:2には、USキャピトルでリリースされていた音源が中心で、オフィシャル化された「キャピトルBOX」に収録されていたステレオ・モノ音源には未収録のものからセレクトされており、コンセプトとしてはかつてのアメリカ編集アルバム「レアリティーズ」の現代版というべき内容。エコーやセパレーションが微妙に異なるミックスや、映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」のサントラ盤アルバム音源、さらにホワイト・アルバムのAMPEXリールに収録されていたエディット編集音源なども収録。
オフィシャルアルバム未収録を補完する「パスト・マスターズ」に準じて、かつて世界各国で出回りながらも公式リマスターでは聴くことの出来ない未収録音源ばかりを集めたこの「レア・マスターズ」はまさに必携のスタンダード・アイテムといえる永久保存プレスCD。


CD ONE :
[UK AND OTHER COUNTRY MASTERS]
01. Love Me Do - simulated stereo mix 02. From Me To You - alternate stereo mix 03. She Loves You - simulated stereo mix 04. I Want To Hold Your Hand - alternate stereo mix 05. This Boy - simulated stereo mix 06. All My Loving - hi-hat opening 07. A Hard Day's Night - UA 8 track extended version 08. And I Love Her - extended stereo mix 09. I Should Have Known Better - alternate stereo mix 10. I Feel Fine - alternate stereo mix 11. She's A Woman - stereo mix with count-in 12. Yesterday - alternate stereo remix 13. Ticket To Ride - short stereo mix 14. We Can Work It Out - alternate stereo mix 15. Day Tripper - alternate stereo mix 16. Norwegian Wood (This Bird Has Flown) - alternate stereo remix 17. Girl - alternate stereo remix 18. I'm Only Sleeping - alternate stereo remix 19. Tomorrow Never Knows - matrix 1 mono mix 20. Strawberry Fields Forever - alternate stereo mix 21. Penny Lane - promotional mix with trumpet ending 22. I Am The Warlus - alternate stereo remix 23. Hey Jude - short edit stereo mix 24. The Ballad Of John And Yoko - mono mix 25. Across The Universe - mono mix 26. Let It Be - mono mix 27. The Beatles Movie Medley

CD TWO :
[US CAPITOL MASTERS]
01. Twist And Shout - ferris bueller stereo mix 02. Misery - stereo mix 03. There's A Place - stereo mix 04. Don't Bother Me - canadian stereo mix 05. You Can't Do That - canadian stereo mix 06. I'll Cry Instead - extended mix from soundtrack 07. If I Fell - movie mix from soundtrack 08. And I Love Her - movie mix from soundtrack 09. Can't Buy Me Love - alternate mix from soundtrack 10. The Beatles Story Medley 11. Komm, Gib Mir Deine Hand - stereo mix 12. Sie Liebt Dich - stereo mix 13. You've Got To Hide Your Love Away - alternate stereo mix 14. Think For Yourself - alternate stereo mix 15. I'm Only Sleeping - mono mix 16. Dr. Robert - mono mix 17. And Yor Bird Can Sing - stereo mix 18. I'm Only Sleeping - stereo mix 19. Dr. Robert - stereo mix 20. Strawberry Fields Forever - stereo mix 21. I Am The Warlus - single mono mix 22. I Am The Warlus - stereo mix 23. Dear Prudence - ampex stereo reel tape edited mix 24. Glass Onion - ampex stereo reel tape edited mix 25. Don't Pass Me By - ampex stereo reel tape edited mix 26. Why Don't We Do It In The Road - ampex stereo reel tape edited mix 27. Yer Blues - ampex stereo reel tape edited mix 28. Helter Skelter - ampex stereo reel tape edited mix 29. Revolution #9 - ampex stereo reel tape edited mix

2012年11月11日

フロイドの「ウマグマ」オルタネイト・エディション!

emb001.jpg



◆ PINK FLOYD / UMMAGUMMA REVISITED (3CDR) この商品はこちらから


1969年10月にリリースされた「ウマグマ」は、ライブとスタジオ・レコーディングで構成されており、当時フロイドが精力的にライブ活動を繰り広げていた、そのライブ・パフォーマンスの一端が窺える名作。その2枚組アルバムの未発表スタジオ・アウトテイクスや、セッション音源、そして当時のライブ音源をコンパイルした、新たな内容のオルタネイト・コレクションとして再構築したのが本タイトルで、海外フロイド・ネットワーク『EMBRYO』企画・製作によるもの。
よってその内容・クオリティーはハイスペックなもので、まずスタジオ・アウトテイクにおいては、フロイドが前衛現代音楽の領域への挑戦として当時評論されたリック・ライト作の「シシファス組曲」の各レア・ヴァージョン、さらにオリジナル・アルバムには未収録となった「エンブリオ」や「バイディング・マイ・タイム」等の貴重なアウトテイクを、マスター・クオリティーで。
さらにオリジナル・アルバムでは4曲だけだったライブ音源も大幅にヴォリューム・アップした形で、この時期におけるアルバム・ナンバーの必聴音源ばかりを収録。特にギルモアのペンによる「ナロウ・ウェイ3部作」や、ウォータースの「グランチェスターの牧場」など実験的作品をライブを通じて構築していくあたりは、資料的価値も高いドキュメントと言えるもの。
海外ファン製作ならではの高いクオリティーによるコンピレーションゆえ、まさに究極のコレクターズ・エディションが完全限定入荷。

DISC ONE : Studio Album
01. Sysyphus - Part 1
02. Sysyphus - Part 2 /The Violent Sequence (The Riot Scene - early Us And Them)
03. Sysyphus - Part 3 /Several Species Of Small Furry Animals Gathered Together In A Cave
04. Sysyphus - Part 4 (1st half) / Grooving With a Pict (vocals only)
05. Sysyphus -Part 4 (2nd half)
06. Oenone / Selene (Moonhead)
07. Dythyramb From Grantchester Meadows
08. Careful With That Sickle, Cronus (Come In #51, Your Turn Is Up)
09. The Narrow Way - Part 1
10. The Narrow Way - Part 2
11. The Narrow Way - Part 3
12. The Embryo
13. The Grand Vizier’s Garden Party : Entrance
14. Heart Beat, Pig Meat
15. Nick’s Boogie / The Grand Vizier’s Garden Party : Entertainment
16. The Grand Vizier’s Garden Party : Exit
17. Biding My Time

DISC TWO : Live First Set
1. Grantchester Meadows/2. Astronomy Domino
[Live At Fillmore West, San Francisco, CA April 29th 1970]
3. Impro on Interstellar Overdrive and Moonhead/4. Grooving With A Pict/5. The Embryo (incl. The Massed Gadgets Of Auximenes)
[Live At Ernst-Merck Halle, Hamburg, Germany November 14th 1970]
6. Careful With That Axe, Eugene
[Live At Hallenstadion, Zurich, Switserland December 9th 1972]

DISC THREE : Live Second Set
1. Sysyphus
[Live At Town Hall, Birmingham, UK February 11th 1970]
2. The Narrow Way - Part 1 (Baby Blue Shuffle In D Major)
[Live At BBC Maida Vale Studios, London, UK December 2nd 1968]
3. The Narrow Way - Part 3/4. The Pink Jungle / Intro of The Labyrinth Of Auximenes
[Live At The Royal Festival Hall, London, UK April 14th 1969]
5. Heart Beat, Pig Meat
[Live At Town Hall, Birmingham, UK February 11th 1970]
6. Piano Improvisation / The Violet Sequence [Live At Fairfield Hall, Croydon, UK January 18th 1970/+ Des Champs-Elysl’s, Paris, France January 23rd 1970]
7. Biding My Time/8. Doing It
[Live At Concertgebouw, Amsterdam, Holland September 21st 1969]
9. Green Is The Colour/10. Beset By Creatures Of The Deep
[Live At University Of Southampton, Southampton, UK May 9th 1969]
11. Biding My Time (Just Another 12-ber)
[Live At Altes Casio, Montreux, Switserland November 22nd 1970]

2012年11月08日

デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴュー、来日公演

sne192c.jpg



◆ DUKES OF SEPTEMBER RHYTHM REVUE / DANSE MACABRE (2CDR) この商品はこちらから

-An Evening With...At Nippon Budokan 2012-
スーパー・ユニットによる2012年ジャパン・ツアーより、3公演目となる、11月1日東京、日本武道館公演を、ボズ・スキャッグスがステージでステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた24bitデシタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスにて収録!


スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲン、元ドゥービー・ブラザースのマイケル・マクドナルド、そしてボズ・スキャッグスの3人による、2010年に結成されたスーパー・コラボレーション、ザ・デュークス・オブ・セプテンバー・リズム・レヴュー。そして2012年待望のジャパン・ツアーから、ハイライトと言える武道館でのライブを2時間10分にわたり、まさにサウンドボード音源以上の、迫力満点フルスペック・サウンドにて完全収録したもので、セットリストは先の名古屋、大阪同様、ジェームス・ブラウンの「ファンキー・ソウル」からスタートし、その後はそれぞれの代表的ナンバーはもちろん、マービン・ゲイの「悲しいうわさ」や「トラブル・マン」、スライの「サンキュー」、そしてジャニス・ジョプリンの「ピース・オブ・マイ・ハート」などのカヴァーを含め、彼らのルーツや嗜好性が伺えるセットリストは、やはり全てが聞きどころ。そして極上のアメリカンAOR王道サウンドをたっぷりと披露しつつ、終盤、S・ダンの"Pretzel Logic"を3人で歌い継ぐなどあたりはニクイ演出。
さらにボーナス・トラックとして、当日行われたサウンド・チェック・セッションから、ボズの楽曲を中心に6曲を約30分にわたり追加収録。
なお、名ギタリスト、ジョン・ヘリントンをはじめとする、スティーリー・ダン・バンドのメンバーを含む総勢12名のバンド・アンサンブルも鉄壁で、60&70’sロックのオマージュといえる夢のような一夜を凝縮した、永久保存メモリアル・アイテム。

なお、初日の名古屋公演も同時入荷。

DISC ONE : 01. People Get Up And Drive Your Funky Soul / 02. Who's That Lady / 03. Sweet Soul Music / 04. I Keep Forgettin' (Every Time You're Near) / 05. Trouble Man / 06. Kid Charlemagne / 07. The Same Thing / 08. Miss Sun / 09. I Heard It Through The Grapevine / 10. You Never Can Tell / 11. Love's Gonna Live Here / 12. If You Don't Know Me By Now / 13. What A Fool Believes / 14. Hey Nineteen / 15. Love T.K.O. / 16. (Take A Little) Piece Of My Heart

DISC TWO : 01. Peg / 02. Lowdown / 03. Takin' It To The Streets / 04. Band Intro / 05. Reelin' In The Years / 06. Lido Shuffle / 07. Pretzel Logic / 08. Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin) / 09. Them Changes / 10. People Get Up And Drive Your Funky Soul (Reprise)
[Recorded Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, November 1st 2012]
11. Lowdown / 12. Love's Gonna Live Here / 13. I Heard It Through The Grapevine / 14. (Take A Little) Piece Of My Heart / 15. Miss Sun take #1 / 16. Miss Sun take #2
[Recorded taken from Sound-Check Sessions on same-day afternoon]

Donald Fagen : Keyboards and Vocals / Boz Scaggs : Guitar and Vocals / Michael McDonald : Keyboards and Vocals / Jon Herington : Guitar / Freddie Washington : Bass / Shannon Forrest : Drums / Michael Leonhart : Trumpet / Walt Weiskopf : Saxophone / Jay Collins : Horns / Jim Beard : Organ / Carolyn Leonhart-Escoffery : Backing Vocals / Catherine Russell : Backing Vocals

2012年11月06日

Chicago Live in Japan 2012!

gzm043s.jpg



◆ CHICAGO / BACK IN TOKYO 2012 (2CDR) この商品はこちらから

2012年ジャパン・ツアーより、初日となる10月20日、東京国際フォーラムでのコンサートを、高音質オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティーにてコンプリート収録。デビュー40周年を超え、さらに磨きのかかった貫禄のステージであり、セットリストも説明不要のベストの中、終盤で演奏された今ツアー最大の目玉といえる『Chicago 13』収録の「Street Player」では、やはりひときわ大きな歓声が。ブラス・セクションの繰り出すライブ・サウンドを臨場感満点の迫力で再現した、2012年来日ツアーのメモリアル・アイテム。

Disc 1 : 01. Opening 02. Ballet For A Girl In Buchannon 03. Does Anybody Really Know What Time It Is? 04. Dialogue Part I & II 05. Old Days 06. Alive Again 07. Call On Me 08. If You Leave Me Now 09. I've Been Searchin' So Long 10. Mongonucleosis 11. Hard Habit To Break 12. You're The Inspiration
Disc 2 : 01. Band Introduction 02. Beginnings 03. I'm A Man 04. Street Player 05. Just You 'n' Me 06. Saturday In The Park 07. Hard To Say I'm Sorry/Get Away 08. Feelin' Stronger Everyday -encore- 09. Free 10. 25 Or 6 To 4 11. Closing
[at International Forum, Tokyo, Japan 20th October 2012]
◇Personnel; Robert Lamm (vocal, keyboards, guitar), James Pankow (trombone, percussion, backing vocal), Lee Loughnane (trumpet, flugelhorn, vocal, percussion), Ray Herrmann (tenor, alto, & soprano saxophone, flute), Jason Scheff (vocals, bass), Tris Imboden (drums), Keith Howland (guitar, vocal), Lou Pardini (keyboards, vocal) & Walfredo Reyes (percussion)

2012年11月05日

ストーンズ・アーカイヴ第5弾は、2005年トロント・ライブ!

rstoronto2005.jpg



◆ ROLLING STONES / LIGHT THE FUSE - TORONTO 2005 (プレス1CD) この商品はこちらから

2012年アーカイヴ配信音源からの第5弾は、2005年「A Bigger Bang」ツアーのウォームアップ・ギグより、8月10日カナダ・トロントでのクラブ・ギグの模様を、マスター・クオリティー、サウンドボードにてコンプリート収録したタイトル。

まず特筆すべきは、これまでのアーカイヴ音源とは異なり、この日のシークレット・ギグはオーディエンス・ソースも含めて流出音源がほぼ皆無だったもの。そして演奏曲はもちろん完全収録で、ギグ前日にラジオで電撃発表され、幸運な1,000人のファンを前に全14曲を披露したこのライブは、アルバム『A Bigger Bang』からのまさに初披露となる、ちょっと危ういイントロの"Rough Justice"でスタート。そして"Oh No, Not You Again"、"Back Of My Hand"、"Infamy"あたりが同アルバムから初プレイされ、さらに思い切ったアレンジによる、"19th Nervous Breakdown"、1976年以来の"Ain't Too Proud To Beg"などは以外なセットイン・ナンバー。そしてボブ・マーリーの"Get Up, Stand Up"と、オーティス・レディングの"Mr.Pitiful"はライヴ初登場となるカヴァーで、しかもこの2曲はツアー開始後も序盤に3回ずつしか演奏されていないレア・ナンバー。そして終盤はかなり危うい"Tumbling Dice"を含む定番3曲でエンド。

なお、今回最高級ルビジウム・システムを用いて制作された特製プリマスターにより、レンジの広さ、歌や各楽器の定位と分離の改善に伴うクッキリと抜けた音の良さ等々、原音の質感と輝きを最大限に活かしたピュア・サウンドにてCD化を実現。さらに小ホールだけに、今までのアーカイヴ・ミックスと違い、臨場感に溢れエコーも少ない上、左右にクリアーにセパレートされているため、キースのギター・サウンドがはっきり聴こえるあたりは嬉しいかぎり。

1. Rough Justice / 2. Live With Me / 3. 19th Nervous Breakdown / 4. She's So Cold / 5. Dead Flowers / 6. Back Of My Hand / 7. Ain't Too Proud To Beg / 8. Band introduction / 9. Infamy / 10. Oh No, Not You Again / 11. Get Up, Stand Up / 12. Mr.Pitiful / 13. Tumbling Dice / 14. Brown Sugar / 15. Jumping Jack Flash
[at Phoenix Concert Theatre, Toronto, Canada. August 10th 2005]

2012年11月04日

スレイヤー in LOUD PARK 12!!

mhcd123c.jpg



◆ SLAYER / LOUD PARK 2012 (1CDR) この商品はこちらから

2012年10月27日、さいたまスーパーアリーナにて、前年同様1日開催となった「LOUD PARK 12」。そのメインステージのヘッドライナーとして出演した模様を、高音質オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティーにてコンプリート収録。
初開催となった2006年数えて、実に3回目となるヘッドライナーとしてのステージは、文字通り”スラッシュの帝王”の風格漂う凄まじいもので、別格の存在感をアピール。そしてオープニング「War Painted Blood」が始まると、すぐに後方ブロックでもサークル・ピットが始まり、それ以降も、リリースされたばかりの『血塗ラレタ世界』からの楽曲、そして定番の「War Ensemble」などで全開パフォーマンスで突っ走り、終盤「Angel Of Death」のイントロが鳴り響き、トム・アラヤのあの絶叫が轟き渡れば、それはラストスパートの証。そして「South Of Heaven」に続くオーラス、「Raining Blood」のあの不吉なSEが鳴り響くとエンド。新旧の楽曲を交えた全17曲の圧巻のステージは、直前の大阪・名古屋での単独公演に比べるとショート・セットながら、まさにソリッドかつ骨太に研ぎ澄まされたリフ・モンスターは、無駄な要素は一切削ぎ落としたかのよう。なお感染症の影響で不在のジェフ・ハンネマン(G)の代役で参加した元エクソダスのゲイリー・ホルトのプレイも注目の、大団円にふさわしい熱狂をダイレクトに伝えてくれるメモリアル・アイテム。

[Loud Park 2012 : Saitama Super Arena, Saitama, Japan 27th October 2012]
01. World Painted Blood 02. War Ensemble 03. Die By The Sword 04. Hate Worldwide 05. Dead Skin Mask 06. Silent Scream 07. Epidemic 08. Mandatory Suicide 09. Altar Of Sacrifice 10. Jesus Saves 11. Seasons In The Abyss 12. Hell Awaits 13. Postmortem 14. Snuff 15. Angel Of Death –encore- 16. South Of Heaven 17. Raining Blood
◇Personnel; Tom Araya (vocals, bass), Kerry King (guitar), Dave Lombardo (drums) & Gary Holt (guitar)


2012年11月01日

ストーンズ43年ぶり、奇跡の発掘音源ライブ!

imp018sc.jpg



◆ ROLLING STONES / PALM BEACH 1969 OFF REELS (プレス2CD) この商品はこちらから

ストーンズ専門のIMPレーベルより、1969年11月28日から30日まで、3日間にわたりフロリダで開催された『Palm Beach International Music And Art Festival』の最終日にストーンズが出演した際のライブを、43年の歳月を経てついにその封印が解かれた、リール・マスター・テープよりダイレクト収録したタイトルが登場!

まずこのビッグ・イベントはこの3ヵ月に行われた『ウッドストックl』に触発され開催されたもので、その最終日30日には、バーズ、カントリー・ジョー、ジェファーソン・エアプレイン、そしてスライ&ザ・ファミリー・ストーン、ジャニス・ジョップリンにジョニー・ウインター、ヴァニラ・ファッジとそうそうたるメンツが集結。そしてまずDisc:1には、その各アーティストのライブも、リール・オーディエンス・マスターより可能な限り収録。そしてこのライブが行われている頃、ストーンズ一行は11月28日あの「GET YER YA-YA'S OUT!」で知られるNY,MSG最終公演を経て、この一大フェスに参加するため、フロリダへ飛行することに。そして登場となったのはこの日最終日の大トリというハズが、日付が12月1日に変わった真夜中過ぎになっても、一向に現れず、仕方なくストーンズ一行を待つ間に突発的に行われた、ジャニスとJ・ウインターが即興ジャム「Foolish Woman Blues」を行い、そこにはV・ファッジも加わり、25分間にも及ぶセッションを繰り広げ、その貴重な音源も収録。
それでも遅れに遅れてストーンズがステージに登場したのは12月1日の早朝4:30で、その模様をdisc:2に今回初めて発掘・解禁されたリール・オーディエンス・マスターよりコンプリート収録。このフェスの出演料が10万ドルというストーンズが、極寒の野外ステージという悪コンディション中、寒さに耐えながら待っていた数千人のオーディエンスのため、熱いパフォーマンスを展開し、フェスのヘッドライナーを努め上げたという伝説のライブで、まずそのサウンド・クオリティーは、マスター・リールの太い音をそのまま活かしたクリアーかつ骨太なサウンドで、1969年ツアーのオーディエンス録音音源の中でも、上位レベルと言えるもの。しかも冒頭のMC部分も一切編集せずにそのまま収録され、後半のリール回転速度が遅くなって録音ピッチが上がった箇所も極力修正。なお終盤”Honky Tonk Women”の後に「ハーイ、ジャンキーズ!」と、ドラッグでハイなオーディエンスに呼びかけるミックのMCなどはあまりに生々しくリアル。
1969年全米ツアーの最終公演であり、この5日後、あのオルタモントの前哨戦ともなった貴重なライブを、43年を経て解禁されたマスター・リールからのダイレクト・トランスファーにて、ここに完全再現。
 なお、disc:1の同フェス各種アーティストのパフォーマンスはダイジェストで、ジャニスとJ・ウインターの即興ジャムは一部カットされているものの、全曲ほぼフル・コーラスで収録されており、5時間に及ぶ各種音源から、代表曲をコンパイルしており、こちらも必聴もの。
初回完全限定、英語帯付きの永久保存プレス2CDゆえ、ご希望の方はお早めに。

DISC ONE :
(THE BYRDS) 01. You Ain't Goin' Nowhere 02. Jesus Is Just Alright 03. Positively 4th Street 04. My Back Pages 05. Turn Turn Turn 06. Mr. Tambourine Man 07. Eight Miles High
(COUNTRY JOE & THE FISH) 08. Not So Sweet Martha Lorraine
(JEFFERSON AIRPLANE) 09. Somebody To Love 10. Greasy Heart 11. White Rabbit
(SLY & THE FAMILY STONE) 12. M'Lady
(JANIS JOPLIN) 13. Kozmic Blues 14. Maybe 15. Summertime 16. Try 17. Piece Of My Heart
(JANIS JOPLIN, JOHNNY WINTER & VANILLA FUDGE) 18. Foolish Woman Blues
[at International Raceway, West Palm Beach, Florida USA November 30th To December 1st 1969]

DISC TWO : THE ROLLING STONES
01. Introduction 02. Jumping Jack Flash 03. Carol 04. Sympathy For The Devil 05. Stray Cat Blues 06. Love In Vain 07. Under My Thumb 08. Midnight Rambler 09. Gimme Shelter 10. Live With Me 11. Little Queenie 12. (I Can't Get No) Satisfaction 13. Honky Tonk Women 14. MC "Hello Junkies" 15. Street Fighting Man
[at International Raceway, West Palm Beach, Florida USA December 1st 1969]

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37