« 2013年01月 | メイン | 2013年03月 »

2013年02月25日

「ツェッペリンⅡ」のマルチ・トラック・ヴァージョン!

evsd567z.jpg



◆ LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN Ⅱ MULTI TRACK MIXDOWNS (プレス1CD) この商品はこちらから

EMPRESS VALLEY レーベルより、衝撃のミックスダウンと言える「LED ZEPPELIN Ⅱ」の別ヴァージョン集がここに。

まず過去より流通している、「THE MAKING OF LED ZEPPELIN Ⅱ」には4曲分のマルチ・トラック、各8トラックが収録されていた中、本タイトルはそのトラックをミックスダウンすることで、それぞれ楽曲として完成させた。まず4曲ともに3バージョンが製作されており、”HEARTBREAKER”はさらに4バージョンがボーナスとして追加。
そしてそのミックスの詳細として、各曲の「MIX#1」はストレートにミックス・ダウンされたバージョン、「MIX#2」は全編リマスタリングされ、よりボンゾのドラムが強調されたサウンド・バランスに。そして「NO VOCAL MIX」はタイトルの如く、メイン・ヴォーカル・トラックがミックスされていない、いわゆるカラオケ状態。さらにボーナスとして収録されている4トラック分の”HEARTBREAKER”においては、「THE MAKING OF LED ZEPPELIN Ⅱ」の”HEARTBREAKER”は全てのトラックに3テイクが収録されていて、1テイク目も演奏は途中までで、これはその1テイク目と2テイク目をミックスダウンしたもの。確かに「THE MAKING OF LED ZEPPELIN Ⅱ」はゼップ・マニアにとって極めて衝撃的な内容だったものの、一般的なリスナーにおいては、あまりにコア過ぎた内容だっただけに、今回このミックスダウンの数々は、そういうのを耳にしたファンや、初めて聴くビギナーにも衝撃を与えるハズ。
よって本タイトルは結果として、「LED ZEPPELIN Ⅱ」の別ヴァージョン集として捉えるべき仕上がりとなっており、さらに音質クオリティーも、オフィシャルテイクと何ら変わらないレベルにて収録された、永久保存プレスCD。

1. WHOLE LOTTA LOVE (MIX#1) 2. WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE (MIX#1) 3. HEARTBREAKER (MIX#1) 4. RUMBLE ON (MIX #1) 5. WHOLE LOTTA LOVE (MIX#2) 6. WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE (MIX#2) 7. HEARTBREAKER (MIX#2) 8. RUMBLE ON (MIX #2) 9. WHOLE LOTTA LOVE (NO VOCAL MIX) 10. WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE (NO VOCAL MIX) 11. HEARTBREAKER (NO VOCAL MIX) 12. RUMBLE ON (NO VOCAL MIX ) 13. HEARTBREAKER (MIX#1-TAKE 1) 14. HEARTBREAKER (MIX#1-TAKE 2) 15. HEARTBREAKER (MIX#2-TAKE 1) 16. HEARTBREAKER (MIX#2-TAKE 2)

2013年02月21日

ポール、ウイングス・オーバー・アメリカの集大成!

mccd157sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY & WINGS / WINGS CONQUER AMERICA (3CD+2DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ウイングス1976年USツアーの、2つのソースを使ったボストン公演の最長収録盤やシアトルのサウンドボード音源、さらにDVD2枚に渡って時系列に沿って集められたツアー密着映像集を集大成したタイトルがここに。

まず音源CD、Disc1&2には1976年8月22日ボストン公演を、ロー・ジェネレーション・ソースよりコンプリート収録。元々高音質で知られる音源で、本ツアーではベストのひとつと言えるもので、しかも元となったテープには「Soily」が収録されておらず、不完全かと思いきや、この日はジミーとポールがアンコール待ちの短い間に殴り合いのケンカをしたらしく、「Soily」は演奏されなかったと記録にあり。また特筆すべきは、別ソースでMCパートなどを補完し、さらに完全を企図しており、より完璧なものに。またボーナス・トラックには、全て初登場となるアメリカの他の都市の公演から1曲づつ収録。ボストンでは演奏されなかった「Soily」はデンバーから、そしてシンシナティ、サンディエゴ、カンサスシティ公演からも、1曲づつピックアップ。
そして映像はDVD2枚に渡って、初日フォートワースから、最終日ロサンゼルスまで全米を縦横に渡って行なったツアーで撮影された映像の数々を、時系列に沿って収録。コンサートにおける演奏シーンはもちろん、空港到着などオフステージ、警備やファンの様子、そしてバックステージに訪れたリンゴとの歓談など、まさにツアー密着映像集で、さらにファンが撮影した貴重なオーディエンス・ショットから、ニュース映像に至るまでを網羅。永久保存プレス盤による、豪華スリップケース付、限定コレクターズ・エディション!

DISC ONE :
[BOSTON GARDENS BOSTON MA May 22nd 1976]
01. Introduction 02. Venus And Mars - Rock Show – Jet 03. Let Me Roll it 04. Spirits Of Ancient Egypt 05. Medicine Jar 06. Maybe I'm Amazed 07. Call Me Back Again 08. Lady Madonna 09. The Long And Winding Road 10. Live And Let Die 11. Picasso's Last Words 12. Richard Cory 13. Bluebird 14. I've Just Seen A Face 15. Blackbird 16. Yesterday 17. You Gave Me The Answer
DISC TWO : 01. Magneto And Titanium Man 02. My Love 03. Listen To What The Man Said 04. Let 'Em In 05. Time To Hide 06. Silly Love Songs 07. Beware My Love 08. Letting Go 09. Band On The Run 10. Hi Hi Hi

[McNICHOLS ARENA DENVER CO June 7th 1976] 11. Soily
[RIVERFRONT COLISEUM CINCINNATI OH May 27th 1976] 12. Silly Love Songs
[SPORTS ARENA SAN DIEGO CA June 16th 1976] 13. Beware My Love
[KEMPER ARENA KANSAS CITY MO May 29th 1976] 14. Letting Go

DISC THREE :
[SOUNDBOARD RECORDINGS KINGDOME SEATTLE WA June 10th 1976]
01. Venus And Mars - Rock Show – Jet 02. Let Me Roll it 03. Spirits Of Ancient Egypt 04. Medicine Jar 05. Maybe I'm Amazed 06. Call Me Back Again 07. Lady Madonna 08. The Long And Winding Road 09. Live And Let Die 10. Picasso's Last Words 11. Richard Cory 12. Bluebird 13. You Gave Me The Answer 14. My Love 15. Listen To What The Man Said 16. Let 'Em In

DVD ONE :
[TARRANT COUNTY CONVENTION HALL FORT WORTH TX May 3, 1976] 01. Equipment Moving 02. Security and Setting 03. Soundcheck [OLYMPIA STADIUM DETROIT MI May 7, 1976] 04. Moving 05. Home Movie #1 06. Home Movie #2 07. Silly Love Songs [MAPLE LEAF GARDENS TORONTO CANADA May 9, 1976] 08. Airport [RICHFIELD COLISEUM CLEVELAND OH May 10, 1976] 09. Before The Concert 10. Venus And Mars - Rock Show 11. Silly Love Songs 12. Yesterday 13. Live And Let Die 14. My Love 15. Lady Madonna 16. Jet 17. I've Just Seen A Face 18. Blackbird 19. Band On The Run 20. Lady Madonna 21. Live And Let Die 22. Bluebird 23. Yesterday 24. You Gave Me The Answer 25. My Love 26. Listen To What The Man Said 27. Let 'Em In 28. Time To Hide 29. Silly Love Songs 30. Beware My Love 31. Band On The Run 32. Jet 33. Live And Let Die [BOSTON GARDENS BOSTON MA May 22, 1976] 34. Airport 35. Boston Gardens Backstage 36. Time To Hide 37. Silly Love Songs 38. Band On The Run 39. Hi Hi Hi [NASSAU COLISEUM UNIONDALE NY May 21, 1976] 40. Concert Footage - Information for MSG Concerts [MADISON SQUARE GARDEN NEW YORK CITY NY May 24, 1976] 41. Before The Show 42. Venus And Mars - Rock Show – Jet 43. Metromedia TV News - Rock Show 44. Rock Show 45. Fans At The Madison Square Garden 46. Venus And Mars - Rock Show – Jet 47. Let Me Roll It 48. Spirits Of Ancient Egypt - Lady Madonna – Soily [MADISON SQUARE GARDEN NEW YORK CITY NY May 25, 1976] (Home Movie) 49. Venus And Mars - Rock Show 50. Spirits Of Ancient Egypt 51. Medicine Jar 52. Live And Let Die 53. Richard Cory 54. Blackbird 55. Yesterday 56. Magnetto And Titanium Man 57. Let 'Em In 58. Silly Love Songs 59. Beware My Love 60. Band On The Run [RIVERFRONT COLISEUM CINCINNATI OH May 27, 1976] 61. Backstage Footage [KEMPER ARENA KANSAS CITY MO May 29, 1976] (Home Movie) 62. Rock Show 63. Medicine Jar 64. Maybe I'm Amazed 65. Magnetto And Titanium Man 66. Soily [CHICAGO STADIUM CHICAGO IL May 31, 1976] 67. CBS News Rock Show 68. CBS News Raw Footage - Venus And Mars - Rock Show – Jet 69. Let Me Roll It 70. Spirit Of Ancient Egypt 71. Live And Let Die 72. Richard Cory 73. Yesterday 74. You Gave Me The Answer 75. Magnetto And Titanium Man [CHICAGO STADIUM CHICAGO IL June 1, 1976] 76. I've Just Seen A Face 77. Blackbird 78. Yesterday

DVD TWO :
[CIVIC CENTER ST.PAUL MN June 4, 1976] 01. Arrival Raw Footage 02. Before The Show 03. Venus And Mars - Rock Show – Jet 04. Let Me Roll It 05. Spirits Of Ancient Egypt 06. Medicine Jar 07. Call Me Back Again 08. Lady Madonna 09. Live And Let Die 10. Yesterday 11. You Gave Me The Answer 12. Magnetto And Titanium Man 13. Listen To What The Man Said 14. Let 'Em In 15. Soily 16. Raw Fottage (BGM) 17. Rock Show – Jet 18. Let Me Roll It 19. Lady Madonna 20. Bluebird 21. I've Just Seen A Face 22. My Love 23. Listen To What The Man Said 24. Let 'Em In 25. Time To Hide 26. Band On The Run 27. Jimmy's Birthday [COW PALACE SAN FRANCISCO CA June 13, 1976] 28. Venus And Mars - Rock Show – Jet Let Me Roll It Maybe I'm Amazed Live And Let Die Piccaso's Last Word Richard Cory Bluebird I've Just Seen A Face Blackbird Yesterday You Gave Me The Answer Magnetto And Titanium Man My Love Silly Love Songs Beware My Love Band On The Run [COMMUNITY CENTER TUCSON AZ June 18, 1976] 29. Paul's Birthday Party  [CARL WILSON'S HOME LOS ANGELES CA June 20, 1976] 30. Brian Wison's Birthday Party [GREAT WESTERN FORUM LOS ANGELES CA June 21, 1976] 31. Venus And Mars 32. Maybe I'm Amazed 33. Lady Madonna 34. Live And Let Die 35. Bluebird 36. I've Just Seen A Face 37. Yesterday 38. You Gave Me The Answer 39. Magnetto And Titanium Man 40. Go Now 41. My Love 42. Silly Love Songs 43. Band On The Run 44. Soily 45. Backstage with Ringo Starr [UNKNOWN VENUE 1976] 46. Rehearsal Jam 47. Children

2013年02月20日

マイブラ、壮絶な東京3daysをここに完全再現!

xav19092mv.jpg



◆ MY BLOODY VALENTINE / ON THE WHOLE COAST 2013 (6CDR) この商品はこちらから

2008年フジロックから5年、そしてジャパン・ツアーとしては、1991年以来22年振りとなる2013年来日公演より、東京3公演となる2月7&8&10日、新木場スタジオコーストでのライブを、全てハイクオリティー・オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施しコンプリート収録。
ファンにとっては待ちに待った単独来日公演であり、その東京3公演は、先の大阪同様、名盤『Loveless』の楽曲を中心に、粒揃いの編集盤『EP's 1988–1991』、デビューアルバム『Isn't Anything』から、そして来日ツアー直前に突如リリースされた『mbv』からの”New You”まで、30年近くに及ぶキャリアを総括したもの。しかもギター・サウンドの出力が大きいため、音のバランスが悪く、ヴォーカル等埋もれ気味だった大阪公演に比べ、ここではスタジオ・コーストというライブ会場の特性が最大に活かされており、ギターの迫力はそのままに、各パートからヴォーカルまでバランスも良好で、代名詞である轟音ギターノイズをこれ以上はないリアル・サウンドで再現。
そして3公演全てセットリストは同じで、ショーは『ラヴレス』収録”I Only Said”からスタート。フィードバックはやはりすごい中、比較的ミドルテンポのナンバーからの意外なオープニングとなり、その後3曲目で早くも新曲”New You”に。なお、初日7日は大阪同様、この”New You”や”To Here Knows When”で、ケヴィンがイントロに納得がいかず何度かやり直すシーンもあり、これもまさにリアルなライブならでは。その後も1曲ごとにケヴィンはギターを持ち代えつつ、シングルBサイドの”Honey Power”などもはさみ、終盤は”Soon”から”Feed Me With Your Kiss”、そして極めつけラストの”You Made Me Realise”においては、噂の「ノイズ・ピット」が15分以上にわたり挿入され、着ている服までびりびり振動するほどのすさまじいノイズで、オーディエンスを桃源郷に誘い込んでエンド。
さらにボーナス・トラックとして、それぞれの公演より、ケヴィンがステージ上で使用していたイヤー・モニター音源によるライン・ソースを10曲追加収録。会場ではどうしても轟音に埋もれていたヴォーカル・ラインを、サウンドボード・レベル・サウンドが堪能できる貴重なもの。
まさに東京3日間の全てをコンパイルさせたファン必携の永久保存メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 01. Opening 02. I Only Said 03. When You Sleep 04. New You #1 05. New You #2 06. New You #3 07. You Never Should 08. Honey Power 09. Cigarette In Your Bed 10. Come In Alone 11. Only Shallow 12. Thorn 13. Nothing Much To Lose 14. To Here Knows When #1 15. To Here Knows When #2
Disc 2 : 01. Slow 02. Soon 03. Feed Me With Your Kiss 04. You Made Me Realise
[at Shinkiba Studio Coast, Tokyo, Japan 7th February 2013]
05. I Only Said
[at Shinkiba Studio Coast, Tokyo, Japan 10th February 2013 (Kevin's IEM Source)]
06. Come In Alone 07. Only Shallow 08. Thorn
[at Shinkiba Studio Coast, Tokyo, Japan 8th February 2013 (Kevin's IEM Source)]

Disc 3 : 01. Opening 02. I Only Said 03. When You Sleep 04. New You 05. You Never Should 06. Honey Power 07. Cigarette In Your Bed 08. Come In Alone 09. Only Shallow 10. Thorn 11. Nothing Much To Lose 12. To Here Knows When
Disc 4 : 01. Slow 02. Soon 03. Feed Me With Your Kiss 04. You Made Me Realise
(Bonus Tracks : Kevin's IEM Source)
05. Nothing Much To Lose 06. To Here Knows When 07. Slow
[at Shinkiba Studio Coast, Tokyo, Japan 8th February 2013]

Disc 5 : 01. Opening 02. I Only Said 03. When You Sleep 04. New You 05. You Never Should 06. Honey Power 07. Cigarette In Your Bed 08. Come In Alone 09. Only Shallow 10. Thorn 11. Nothing Much To Lose 12. To Here Knows When
Disc 6 : 01. Slow 02. Soon 03. Feed Me With Your Kiss 04. You Made Me Realise
[at Shinkiba Studio Coast, Tokyo, Japan 10th February 2013]
05. Soon 06. Feed Me With Your Kiss 07. You Made Me Realise
[at Shinkiba Studio Coast, Tokyo, Japan 8th February 2013 (Kevin's IEM Source)]

Kevin Shields - Guitar,Vocal / Colm O'Ciosoig – Drums / Bilinda Butcher - Guitar,Vocal / Debbie Googe – Bass


2013年02月15日

70年代スコーピオンズの名曲オンパレード!

laf1676c.jpg



◆ ULI JON ROTH / BACK IN TRANCE 2013 (4CDR) この商品はこちらから

2013年スコーピオンズ加入40周年を記念して、なんとアンコール以外は、全曲スコーピオンズによるセット・リストで行わた北米ツアーより、2月1日デトロイト近郊のウェストランド、そして翌2日クリーヴランド公演を、いずれもデジタル・オーディエンス・マスターよりコンプリートでカップリング収録。
まず、自身のライブでは披露されている曲もある中、近年のスコーピオンズでは演奏されないレア・ナンバーが多数で、まさにウルトラ・レアな「They Need A Million」、そしてウリ時代の集大成名ライブ「TOKYO TAPES」のオープニング・ナンバー「All Night Long」。さらには「Longing For Fire」や「Crying Days」などはオールド・ファンにはたまらない演奏と言えるもの。しかも両日セットリストも異なっていて、いずれも2時間を越えるステージであり、特に後半クリーヴランドは150分以上にわたる熱演を、サウンドボード・レベルのクオリティーにて。

disc one : 1. INTRO/2. ALL NIGHT LONG/3. LONGING FOR FIRE/4. CRYING DAYS/5. YELLOW RAVEN/6. LIFE'S LIKE A RIVER/7. THE SAILS OF CHARON/8. HELL CAT/9. DRIFTING SUN/10. WE'LL BURN THE SKY/11. IN TRANCE
disc two : 1. I'VE GOT TO BE FREE/2. FLY TO THE RAINBOW/3. POLAR NIGHTS/4. DARK LADY/5. PICTURED LIFE/6. CATCH YOUR TRAIN/7. ALL ALONG THE WATCHTOWER/8. IF 6 WAS 9/9. LITTLE WING
[Live at the Token Lounge, Westland, Michigan, USA on February 1st 2013]

disc three : 1. INTRO/2.ALL NIGHT LONG/3. LONGING FOR FIRE/4. CRYING DAYS/5. THEY NEED A MILLION/6. LIFE'S LIKE A RIVER/7. HELL CAT/8. SUN IN MY HEAD/9. VIRGIN KILLER/10. THE SAILS OF CHANON/11. YELLOW RAVEN/12. WE'LL BURN THE SKY/13. IN TRANCE
disc four : 1. INSTRUMENTAL JAM/2. I'VE GOT TO BE FREE/3. FLY TO THE RAINBOW/4. POLAR NIGHTS/5. DARK LADY/6. PICTURED LIFE/7. CATCH YOUR TRAIN/8. SPEEDY'S COMING/9. ALL ALONG THE WATCHTOWER/10. LITTLE WING/11. PURPLE HAZE
[Live at Pirates Cove, Cleveland, Ohio, USA on February 2nd 2013]

Uli Jon Roth - guitars, vocals / Henning Basse - lead vocals / Ali Clinton - guitars, vocals / Elliott Rubinson – bass / Peter Holmes – drums / Paul Rahme - keyboards, vocals

2013年02月13日

60'sマザーズ最古のサウンドボード・ライブ!

freaks064c.jpg



◆ FRANK ZAPPA / ABSOLUTELY LIVE FREE (1CDR) この商品はこちらから

60’sマザースのまさに最初期のサウンドボード音源として、これまでも知られていた、1967年12月3日ミシガンのアン・アーバー、フィフス・ディメンションでのショーを、過去最高・最長のクオリティーと収録時間にてここに。これまでも一部断片的には流出していた中、近年ネット等で突如公開された本音源は、”Status Back Baby”こそ既流出同様に、途中カットで終わってしまうものの、20分弱に及ぶインプロ・パート、そして”King Kong”は17分にわたり、ほぼ完全にマスター・クオリティーで収められており、特に”King Kong”は最も最初期の演奏と思われ、現存するサウンドボード録音としては最古となるもの。
とにかく時期的には前年「フリーク・アウト」でデビューし、サンフランシスコ、フィルモアでその姿を表し、そしてこの1967年は前月まで初のヨーロッパ・ツアーを行い帰国。その後12月から翌68年8月まで各地で本格的ライブをスタートとなったうえ、ドン・プレストン、バンク・ガードナー、ビリー・ムンディといった新メンバーが参加し、まさに60年代マザーズの黄金メンバーがここに誕生。そのまさにツアー最初期の演奏を、このクオリティーで45分にわたり残されていたことは、資料的価値としても充分高いもの。なおザッパ自身もこのメンバーによる演奏・アレンジをいたく気に入っていたのは後年にも語られており、特にこの年リリースされた「アブソリュートリー・フリー」からのドゥ・ワップなナンバー、逆にフリー・ジャズ的アプローチによるインプロ・ナンバーの対比的演奏は、この初期ライブ時期ならでは。ザッパのルーツを知るにマストの必聴アイテム。

01. Big Leg Emma 02. Improvisation 03. America Drinks 04. Hungry Freaks Daddy 05. King Kong 06. Status Back Baby

[Live At Fifth Dimension, Ann Arbor, Michigan USA December 3rd 1967: soundboard recording / 45:44mins]
Frank Zappa – guitar, conductor, vocals / Jimmy Carl Black – drums, vocals / Ray Collins – vocals, tambourine / Roy Estrada – bass, vocals / Bunk Gardner – woodwinds / Billy Mundi – drums, percussion / Don Preston – keyboards / Motorhead Sherwood – baritone sax / Ian Underwood – woodwinds, keyboards

2013年02月11日

ジャズ&ロック・ファン必聴、ビリー・コブハム絶頂期!

silent066c.jpg



◆ BILLY COBHAM / LIVE ECLIPSE (2CDR) この商品はこちらから

マハヴィシュヌ・オーケストラ離脱後の1974年、3作目のリーダー・アルバム『Total Eclipse』リリース後となる、11月3日サンフランシスコのグレート・アメリカン・ミュージック・ホールにおけるライブを、現地KRE-FMブロードキャストによる、マスター・クオリティーにて94分にわたりコンプリート収録。この時期、サウンドの路線としてはソロ・デビュー作『Spectrum』や同年の『Crosswinds』延長線上といった、プログレ色も強いコンセプチュアルなサウンドながら、ライブにおいては、やはりコブハムの手数足数の多さと、ツー・バスでの圧倒的なパワー、そして怒濤の如く繰り出される超絶技巧の嵐が吹き荒れており、のちのライヴ盤『Shabazz』以上にすさまじいプレイの連続にただ呆然。
そしてメンバーも1970年にドリームスというグループに一緒に参加していたブレッカー・ブラザーズと、ギターのジョン・アバークロンビーら、強力な布陣によるもので、まずオープニングは、ずっしりと重厚なリズムに怒濤のタム&スネア・フレーズの嵐を織り交ぜた”Moon Germs”からスタート。ブラス・ロック感覚によるブレッカーの演奏が素晴らしく、その後もパワフルなホーン・アンサンブルとアバークロンビーのギター・ソロが印象的な”Solarization”や、メロウな雰囲気のオープニングから骨太のリズムにチェンジする”Total Eclipse”など、同アルバム・ナンバーはいずれも聞きどころばかり。そしてラジオMCをはさんだラストは、後の1980年にリリースされたライブ・アルバムでもおなじみの”Flight Time”で、ここではメイン・テーマの後、コブハムの怒濤のドラム・ソロを大フューチャー。そしてその音数の多いフレーズによる、彼独特のドライヴ感やグルーヴはまさに唯一無比。
なお、同年7月のモントルー・ジャズ・フェスでのパフォーマンスは映像も存在するものの、メンバーも若干違い、あちらは『Crosswinds』主体のセットで、さらに強靭かつロック色の強いものとなっており、しかも若き頃のジョン・アバークロンビーのプレイは、ジョン・マクラフリンを彷彿とさせる超絶技巧の爆発プレイゆえ、マハビシュヌ・ファンにも必聴と言える、クロスオーバーを超えた圧倒的演奏を、オフィシャル・クオリティーでここに。
Disc One : 01. Moon Germs 02. Snoopy's Search 03. Red Baron 04. Shabazz 05. Solarization 06. Total Eclipse
Disc Two : 01. Radio DJ MC 02. Flight Time
[Recorded At Great American Music Hall, San Francisco, California, USA November 3rd 1974 : from KRE-FM on Broadcast / soundboard master]
Billy Cobham – drums / John Abercrombie – guitar / Doug Rauch – Bass / Micho Leviev – Keyboards / Glen Ferris – Trombone / Michael Brecker – sax / Randy Brecker – Trumpet

2013年02月10日

ホールズワース在籍時の超絶技巧ライブ!

flac147c.jpg



◆ SOFT MACHINE / LIVE BUNDLES IN HOLLAND (2CDR)) この商品はこちらから

1975年アラン・ホールズワース在籍最後期であり、あの「バンドルズ」リリースに伴う、ヨーロッパ・ツアーからの貴重なライブ音源がここに。同年アルバム・リリース2ヶ月前にプロモーションとして行なわれたユーロ・ツアーから、1月10日オランダ、エンスヘーデのトゥウェンテ大学でのライブを、近年現地ラジオ局にてオンエアーされた放送用マスターより、サウンドボード音源にてコンプリート収録。
まずこの時期のライブ音源として、1月29日ドイツ、ブレーメン公演も公式リリースされたものの、ノーカットではなく、かなり編集もされ、フェードアウトされてしまう曲もあったりと不完全だったのに対し、こちらはエンディングまでフル収録のうえ、クオリティーもこのままオフィシャル・リリース可能なレベルにて、この貴重な時期の演奏を完全再現。そして演奏セットもホールズワースの小品”Gone Sailing”以外、なんとアルバム全曲をプレイしており、まさにタイトルどおり、「ライヴ・バンドルズ」と言えるもの。特に前年のライブでは全く未完成だった”The Floating World”をオープニングに、そしてスリリング極まりない”Hazard Profile”でのホールズワースの凄まじいプレイは、ソフツ史上最もフレシキヴィルと云えるもの。そして終盤における、インプロ・パートでのテクニカルなプレイの数々はとにかく圧巻で。ホールズワースの5拍子での脅威のアドリヴ、ニュークリアスからのリズム隊ロイの6弦ベースとジョンの超絶リズム・コンビネーションは鳥肌もの。
またどうしてもホールズワース中心に聴いてしまうこの時期、同様に素晴らしいのはバビントンとマーシャルのリズム隊で、さらに地味ながらリーダーとしてバンドの要所を締めているのはジェンキンス。ゆえにアルバムで感じられたパート間のバランスの澱みも気にならず、演奏の炸裂感もノリの良さも、スタジオ盤以上の迫力で迫る、ホールズワース期最高のライブを最高のクオリティーにてここに。

Disc One : 01. The Floating World 02. Bundles 03. Land Of The Bag Snake 04. Ealing Comedy 05. The Man Who Waved At Trains 06. Peff 07. North Point 08. Hazard Profile Part.1 09. Hazard Profile Part.2 10. Hazard Profile Part.3 11. Hazard Profile Part.4 12. Hazard Profile Part.5
Disc Two : 01. Four Gongs Two Drums 02. Improvisation 03. Song Of Aeolus 04. Improvisation

[Recorded at Vrijhof Cultuurcentrum, Universiteit Twente , Enschede, Holland January 10th 1975]
Allan Holdsworth - Guitar/ Mike Ratledge - Keyboards/ Roy Babbington - Bass /John Marshall - Drums / Karl Jenkins - Sax, Keyboards

2013年02月09日

マイブラ、来日音源の前に過去のレア・ライブを!

pro318c.jpg



◆ MY BLOODY VALENTINE / ECSTASY & SLOW (1CDR) この商品はこちらから

2月5日大阪のなんばハッチからスタートし、全5公演完全ソールドアウトの中、ツアーはスタート。そして会場で耳栓が配られたり、新作「m b v 」からは1曲のみで、、"New You"以外はすべて『ラヴレス』『イズント・エニシング』『EP's 1988-1991』からの楽曲というセットなど、話題満載のマイブラの過去の名演をここに。


1989年クリエイション・レーベルより移籍後初のフルアルバムとなる「Isn’t Anything」をリリース。その後のアルバム・プロモーションを兼ねたヨーロッパ・ツアーより、4月2日ドイツ、ドルトモントのクラブ、ライブ・ステーションでのライブを、近年発掘されたオーディエンス・マスターにデジタル・リマスタリングを施した過去最高のクオリティーにてコンプリート収録。当時のオーディエンス録音としてはまさに奇跡的なサウンドで収録されており、これまでマイブラのオーディエンス音源といえば、どうしてもギター・サウンドの出力が大きいため、音のバランスが悪く、ヴォーカル等埋もれてしまっていたものが多い中、ここではギターの迫力はそのままに、各パートからヴォーカルまでバランスも良好。そして2本のギター・サウンドがクリアーに聴け、フィードバック・ノイズや空間的サウンドの広がりの心地よさも凝縮された、普通に聞いていればサウンドボードかと思える、マイブラのオーディエンス音源では間違いなくベストといえるもの。
そしてあの名盤「LOVELESS」はまだリリースされていない時期ながら、ギター・ノイズの最高峰を極めたその轟音は、ライブでも迫力と美しさを兼ね備えており、特に本編ラストの”You Made Me Realise”においては、短いブレイクでギター音が一瞬完全にミュートされ、その静と動の緊張感はライブならでは。そしてアンコールにおいては、この後ほとんどプレイされていない初期作品”Lovely Sweet Dorlene”を披露しており、ケヴィンがヴォーカルをとるようになっての最初のナンバーであり、混沌の中にもポップなメロディ・ラインが心に残る名曲を、このサウンドで聞けることは嬉しいかぎり。さらにボーナスとしてこの前日に当たる4月2日ドイツ、オーバーハウゼンでのライブからも4曲、良好オーディエンス・レコーディングにて追加収録。こちらも名曲「Soon」と「You Made Me Realise」が収録されており、80年代後半においてシューゲイザー・ジャンルを代表するクリエイション時代の絶頂期であり、ケヴィン・シールズが最も輝きを放っていたパフォーマンスをここに再現!

01. Emptiness Inside 02. Nothing Much To Lose 03. Cigarette In Your Bed 04. Sueisfine 05. Cupid Come 06. Lose My Breath 07. Nothing Much To Lose 08. Thorn 09. I Can See It But I Can't Feel It) 10. Soft As Snow (But Warm Inside) 11. Feed Me With Your Kiss 12. (When You Wake) You're Still In A Dream 13. Slow 14. You Made Me Realise 15. Lovely Sweet Darlene 16.Paint a Rainbow
[Recorded at Live Station, Dortmund, Germany April 3rd 1989]

17. Cigarette In Your Bed 18. Lose My Breath 19. Slow 20. You Made Me Realise
[Recorded at Oberhausen, Germany April 2nd 1989]

Kevin Shields – guitar,vocals / Bilinda Butcher – guitar,vocals / Debbie Googe - bass / Colm O'Ciosoig - drums


2013年02月08日

ジャズ界の新星、エスペランサ・スポルディング!

rsdv028s.jpg



◆ ESPERANZA SPALDING / VIDEO SONGS 2012 (1DVDR) この商品はこちらから

2011年にはグラミー賞で最優秀新人賞を獲得したエスペランサ・スポルディングは、オレゴン州ポートランド出身で、おもにジャズ・ベーシスト、シンガーとして知られている中、その音楽ジャンルは多岐に渡っているマルチ・インストゥルメンタリスト。4歳でヴァイオリンを始め、14歳でベースに転向。そしてパット・メセニーやパティ・オースティンに才能を認められ、20歳の時には母校であるバークリー音楽大学の最年少講師に。また2009年にはノーベル平和賞授賞式にオバマ大統領の招待により登場、圧倒的なプレイで喝采をさらったその彼女の、2012年各地におけるライブ映像を、全て放送用マスターからのオフィシャル・クオリティー、プロショット映像にて、トータル124分にわたり収録。
11月6日ドイツでの恒例ジャズ・フェス「33th Leverkusener Jazztage」、7月19日スペインでの「36th Vitoria-Gasteiz Jazz Festival」、さらに5月22日イギリスBBCオンエアー用に収録されたスタジオ・ライブと、合計3ステージをコンパイルしたもので、いずれも同年2月におこなわれた「東京JAZZ 2012」でも、11人編成のバンドで圧巻のステージを見せてくれた来日公演と同様、前年にリリースされ大きな話題を呼んだ『チェンバー・ミュージック・ソサエティ』からのナンバーを多数とりあげており、ラテン・フレーヴァー溢れる珠玉のステージを披露。
ベース奏者、シンガーとしての類稀なる才能と美貌、天に二物を与えられたコンテンポラリー・ジャズの旗手のパフォーマンスを、最高のクオリティー映像で。

1. Smile Like That 2. I Can't Help It 3. Hold On Me 4. Crowned And Kissed 5. Black Gold 6. Cinnamon Tree 7. Look No Further
[33th Leverkusener Jazztage 2012 : Forum, Leverkusen, Germany 6th November 2012]

1. Hold On Me 2. Smile Like That 3. Cinnamon Tree 4. Black Gold 5. Endangered Species 6. Radio Song 7. Look No Further
[36th Vitoria-Gasteiz Jazz Festival : Mendizorrotza Sports Center, Vitoria-Gasteiz, Spain 19th July 2012]

8. Radio Song 9. Black Gold [Later with Jools Holland, BBC Television Centre, London, UK 22nd May 2012]

◇Radio Music Society : Esperanza Spalding (Bass, Vocals), Leala Cyr (Trumpet, Flugel Horn), Igmar Thomas (Trumpet), Jeff Galindo (Trombone), Corey King (Trombone), Tia Fuller (Alto Saxophone), Renato Caranto (Soprano & Tenor Saxophones, Flute), Brian Landrus (Tenor & Baritone Saxophones), Leo Genovese (Piano), Jef Lee Johnson (Guitar), Lyndon Rochelle (Drums) & Chris Turner (Vocals)

2013年02月07日

ビートルズ、貴重なデモ・トラックをコンパイル!

mccd299.jpg



◆ THE BEATLES / BIRDS SING OUT OF TUNE (プレス1CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クロ0デル・レーベルより、ビートルズ時代に各メンバーが個々でレコーディングした、デモ・トラックをコンパイルしたタイトルがここに。特にポールによる「愛なき世界」のデモ・テイクや、「ストロベリーフィールズ」の初登場デモは必聴。
まずこれらの音源は、後にビートルズとして正式にレコーディングした曲もあれば、他のアーティストに提供した曲などを、オリジナルの作者、つまりジョンやポールの演奏で聴けるもので、特に今回、最大の注目は、近年発掘された、ポールがピーター&ゴードンに提供した「愛なき世界(A World Without Love)」のデモ音源。こちらポールが自ら歌い、演奏しているバージョンが収録されており、これまで存在はウワサされていた中、この幻の音源を実際に聞くことが出来るのは2013年話題のひとつととえるもの。
さらに「ストロベリー・フィールズ」のデモ音源は、クオリティー的にはきびしいものの、今まで聴くことの出来なかった初登場ピースで、曲の出だしを何度も繰り返し練習しているジョンの様子が収録されており、こちらも短いながら貴重な音源であることには違いなし。
その他にも、かねてから有名なジョンによる「Bad To Me」や「I’m In Love」、ポールによる「One And One Is Two」、そしてジョージが独りで口ずさむように歌う「Don’t Bother Me」などは、美しいバージョンで、アンソロジーで聴けた「ホワイル・マイ・ギター」のアコースティックバージョンを彷彿させるもの。さらにジョンのファルセットが美しい「If I Fell」、ジョージとボブ・ディランが一緒にレコーディングしたデモ音源「Nowhere To Go」と「I’d Have You Any More」、ポールが歌う「Good Bye」は同テイクながら別ミックスも併録。貴重なデモ音源を多数収録し、初登場音源も要チェックゆえ、必携と言える永久保存プレスCD。
[1963]
(JOHN LENNON) 01. Bad To Me 02. I’m In Love
(GEORGE HARRISON) 03. Don’t Bother Me
(PAUL McCARTNEY) 04. Instrumental #1 05. Instrumental #2 06. Michelle 07. Instrumental #3 08. Instrumental #4 09. Instrumental #5 10. Three Coins In The Fountain
[1964]
(PAUL McCARTNEY) 11. A World Without Love 12. One And One Is Two
(JOHN LENNON) 13. If I Fell #1 14. If I Fell #2 15. If I Fell #3 16. If I Fell #4 17. If I Fell #5
(GEORGE HARRISON) 18. You Know What To Do
[1965]
(PAUL McCARTNEY) 19. We Can Work it Out 20. Michelle
[1966]
(PAUL McCARTNEY) 21. Eleanor Rigby
(JOHN LENNON) 22. Strawberry Fields Forever
[1967]
(PAUL McCARTNEY) 23. Step Inside Love (first home demo)
(PAUL McCARTNEY&CILLA BLACK) 24. Step Inside Love (rehearsal #1) 25. Step Inside Love (rehearsal #2) 26. Step Inside Love (demo take 1) 27. Step Inside Love (rehearsal #3) 28. Step Inside Love (rehearsal #4) 29. Step Inside Love (demo takes 2 & 3) 30. Step Inside Love (demo take 4)
(PAUL McCARTNEY) 31. The Fool On The Hill
[1968]
(GEORGE HARRISON& BOB DYLAN) 32. Nowhere To Go 33. I’d Have You Any Time
[1969]
(PAUL McCARTNEY) 34. Goodbye 35. Goodbye (new source, alternate mix)
(GEORGE HARRISON) 36. Isn’t it A Pity 37. All Things Must Pass 38. Old Brown Show 39. Something


2013年02月06日

70年代イタリアン・プログレ、奇跡のライブ!

it72pop.jpg



◆ VARIOUS ARTISTS / POP ITALIANO 1972 (3CDR) この商品はこちらから

70年代初頭のイタリアン・プログレッシヴ・ロックの祭典として知られる、伝説のイベント・フェス「CONTROCANZONISSIMA : POP ITALIANO 1972」が、近年イタリアで再オンエアーされたラジオ・オンエアー・ソースより、マスター・クオリティー、サウンドボードにて収録。

まずこの一大フェスは1972年1月28日イタリア、ローマのパイパー・クラブにて開催されたもので、その出演者はニュー・トロルスをメイン・アクトとする、若きイタリアン・ロック・バンドがなんと10バンド登場。そしてその中に、ザ・トリップ、レ・オルメ、PFM、そしてオザンナと、この後イタリアン・プログレ史に名を残すグループが多数出演していたことで、後世まで語り継がれており、その貴重なライブ音源が、このクオリティーで発掘されたことはまさに奇跡的と言えるもの。
そしてさらに驚くことにこの代表的なバンドの演奏が全てキチンと収録されており、まず最初のザ・トリップは、フリオ・キリコ加入前の4人編成時で、前年リリースされた「カロンテ」からのナンバーを中心にギターとハモンドを主体としたヘヴィ・サイケな演奏を披露。
そして続くレ・オルメは同年リリースされた「コラージュ」からタイトル・ナンバーを含めて3曲を披露し、そのキース・エマーソンを彷彿とさせるオルガン・ワークから「イタリアのEl&P」と呼ばれただけにラストラストはナイスの「ロンド」でエンド。
そしてハイライトのひとつPFMは、ファースト「幻想物語」が同月にリリースされた直後の時期で、その名を初めてイタリア全土に知られることになった、まさに本格的バンド・デビューとして初ライブとなるもの。よってセットは全て同アルバムからのナンバーで、特に「ハンスの馬車」でのマウロ・パガーニの初々しいヴァイオリン、フルート演奏は必聴。
さらに続くオザンナは、1&2枚目のナンバーはもちろん、なんと翌年にリリースされるサード「パレポリ」から、すでに「熱いとき」や組曲「すばやい獣たち」をプレイしており、ヘヴィなギターに絡むサックスや土俗的メロディがすでに確立され圧倒的なプレイを展開。
そしてラスト、メインとなるニュー・トロルスは、当時結成5年目となる、イタリアン・ロック界の草分け的存在だっただけに、観客の盛り上がりも最高で、そのライブ内容も前年にリリースされ最高傑作と称された「コンチェルト・グロッソ」からも「アダージョ」はセットインしているものの、どちらかといえば、同年リリースの「サーチング・フォー・ア・ランド」に近いアプローチによる演奏で、英語曲が多いのも特徴。そして時代背景もあり、ツェッペリンを彷彿とさせるブリティシュ・ハード的ナンバーも多く、「ブライト・ライツ」のヘヴィ・リフはもろゼップ、「「マディ・マダリエン」はパープル風。「トゥ・エディフエ」はエレガントなゼップ風大作、そして「ライイング・ヒア」の変拍子リフはジミー・ペイジ・スタイルと、随所にその影響が。
まさに2011年に開催された「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェス」の原点となるイベントであり、この貴重な記録を何と3時間40分にわたり収めた、全プログレ・ファン必携マスト・アイテム。

DISC ONE :
(THE TRIP)
01. Introduction/02. Caronre (pt.1)/03. Two Brothers/04. L' Ultima Ora e Ode a J.Hendrix/05. Fortuna
(LE ORME)
06. Introduction/07. Collage/08. Sguardo Verso Il Cielo/09. Evasione Totale/10. Cemento Armato/11. Rondo

DISC TWO:
(P.F.M)
:01. Introduction/02. E' festa (Celebration)/03. Dove e Quando (Incl “assoli & improvvisazioni”)/04. La Carrozza Di Hans
(OSANNA)
05. Introduction/06. Animale senza respire (pt.1 – incomplete)/07. In un vecchio cieco

DISC THREE:
(OSANNA)
01. Animale senza respire (pt. 2 – strumentale)/02. Oro caldo
(NEW TROLLS)
03. Introduction/04. Bright Lights/05. Muddy Madalein/06. To Edith/07. Adagio (Shadows)/08. A Land To Live A Land To Die/09. Lying Here (pt.1)/10. Assolo di chitarra/11. Lying Here (pt.2)/12. Assolo di batteria & finale

[Controcanzonissima : Live At Piper Club, Roma, Italy January 28th 1972 :Soundboard Recording]

2013年02月05日

70年代絶頂期のCAN、レアライブ音源!

flac097c.jpg



◆ CAN / MORE LIVE MUSIC 1975 (2CDR) この商品はこちらから

70年代中期の貴重なライブ音源が、マスター・クオリティーにてついに陽の目を。1975年UKツアーより、5月17日エセックス大学におけるライブの模様を、近年発掘された関係者流出によるリール・マスターからダイレクト収録されたもので、関係者が記録用にステージに持ち込んだオープン・リールにて録音されたこの音源は、これまでその一部が流通し、当初はモノラル・サウンドボードと云われていたもの。そしてそのマスターが今回ネット等を介して公開されたもので、まずそのクオリティーは音のクリアーさ、臨場感、各パートの分離といい、この時代としては奇跡的と言えるもので、サウンドボード音源以上の迫力によるもの。しかもこれまでカットされていた部分も全て発掘され、ラストの” Up The Floyd”まで、この貴重な時期のライブを完全再現。
そして時期的にもダモウが脱退し4人編成となり、ホルガー・シューカイが主導権を取りつつ、エレクトロニクスをライブに取り入れ出しており、まずシューカイとリーヴェツァイトの繰り出す拍動的リズムをバックに、カローリの暴力的なギターが暴れ狂う”Chain Reaction”でスタート。そしてこれまでの作品以外に、同年9月にリリースされる『ランディッド』からも、すでに”Half Past One”やメドレーに組み込まれた”Full Moon On The Highway”を披露。その中で、最大の聞きどころは、じわじわと高揚していくドラマテックな”Dizzy Dizzy”で、リズミカルなヴォーカルが印象的なこの名曲は、ダモウ時代とは違ったコマーシャルな側面も。
そして名曲”Vitamin C”なども含めて、専任のヴォーカリストを失ったことで、インスト・パートをフューチャーし、特にシューカイがこの後のソロにつながるSE/テープ・コラージュを使用しているあたりも興味深いところ。
なお、この日のパフォーマンスはあの、『ライブ・ミュージック (Live1971-1977)』にも収録されておらず、貴重な時期のライブをフル・セットで完全再現した、しかもこのままオフィシャル・ブートレグとしてリリースも可能なレベルゆえ、ファンは絶対必聴マスト・アイテム。

Disc One : 01. Chain Reaction 02. Bel Air 03. Bel Air (cont) 04. Dizzy Dizzy 05. Pinch / Mother Sky
Disc Two : 01. One More Night 02. Half Past One / Vitamin C 03. Meadow Street / The Gypsy / Full Moon On The Highway 04. Up The Floyd
[Recorded at University of Essex, Colchester, UK 17th May 1975 : from Original Reel Master Audience Recording]
Irmin Schmidt - keyboards, vocals / Michael Karoli - guitar, vocals, violin / Holger Czukay - bass, electronics / Jaki Liebezeit - drums, percussion /

2013年02月03日

パティ・スミス、感動の2013年来日公演!

gzm044s.jpg



◆ PATTI SMITH / MOMENTIA 2013 (2CDR) この商品はこちらから

2013年待望のジャパン・ツアーより、1月23日渋谷AXでのライブを、デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。この来日公演は、北は宮城から南は福岡まで、全国8箇所を巡るサーキット・ライブとなったもので、本タイトルは東京2日連日公演の初日を、高品質なオーディエンス・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施した臨場感とダイナミックさに溢れるサウンドにて再現。
そして今回の来日では、東日本大震災で大被害を受けた日本への復興支援曲「Fuji-san」、故エイミー・ワインハウスに捧げられた「This Is The Girl」といった、前年にリリースされたアルバム『Banga』に収録された作品、そして「Gloria」や「Because The Night」といった70年代の名曲から、アンセム・ナンバー「People Have The Power」まで、日本に向けてのメッセージもしっかり込められた、素晴らしい楽曲の数々を披露。そして盟友レニー・レイらによるバンドの演奏は、説明不要の鉄壁さで、パテイをサポート。
さらにボーナス・トラックとして、2012年9月12日イギリス、ブライトン公演から2曲を高音質オーディエンス・ソースより、そして10月10日サンタモニカでのライブは、7曲をステレオ・サウンドボード音源にて追加収録。特にブライトン公演からは、来日公演でも誰もが聴きたいと思っていた「Distant Fingers」と「Rock N’ Roll Nigger」の2曲ゆえ、こちらも要チェック。

Disc 1 : 01. Intro 02. April Fool 03. Redondo Beach 04. Free Money 05. Fuji-san 06. Ghost Dance 07. This Is The Girl 08. Dancing Barefoot 09. Beneath The Southern Cross 10. Nuggets Medley; Night Time/(We Ain't Got) Nothing Yet/Born To Lose/Pushin' Too Hard 11. Because The Night 12. Pissing In A River 13. Peaceable Kingdom 14. Gloria
Disc 2 : -encore- 01. Introduction by Patti Smith 02. Banga 03. People Have The Powerか  [at Shibuya AX, Tokyo, Japan 23rd January 2013]

04. Distant Fingers 05. Rock N' Roll Nigger
[at Dome, Brighton, UK 12th September 2012]
06. April Fool 07. Fuji-san 08. Maria 09. Beneath The Southern Cross 10. Interview 11. Ghost Dance 12. Peaceable Kingdom 13. Pissing In A River
[Soundboard Live at Apogee Electronics Studios, Santa Monica, CA 10th October 2012]

◇Personnel; Patti Smith (vocals, guitar), Lenny Kaye (guitar, vocals), Jay Dee Daugherty (drums), Tony Shanahan (bass, piano) & Jack Petruzzelli (guitar)

2013年02月01日

ボン・ジョヴィ、2013年最新プレミア・ライブ映像!

nd3715d.jpg



◆ BON JOVI / BBC IN CONCERT 2013 (2DVDR) この商品はこちらから

2013年2月からの大規模な北米ツアー、そして3月にアルバム「What About Now」リリースと、ついに本格的に始動開始となったボン・ジョヴィ。
そのアルバム発表前に各地で行なわれたプロモーション・ライヴの模様を、全てマスター・クオリティー、プロショット映像でコンパイルしたのが本タイトルで、まずdisc:1には、1月24日、ロンドンのBBCラジオ・シアターにて、7万人の中から抽選で選ばれたラッキーな200人の観客を前に行われた、ワールド・プレミア・ショーの模様を、「BBC Radio 2: IN Concert」オンエアーによる、オフィシャル・クオリティー、プロショット映像にて80分にわたりコンプリート収録。ここでもアルバムから”Because We Can”、”What About Now、Amen”、”What's Left Of Me”、”That's What The Water Made Me”、そして”Army Of One”の6曲が、ライヴで初披露されており、これまでと比べ、硬質でストロングかつソリッドな曲調と、ストレートなサウンドとなっており、2013年型ボン・ジョヴィの方向性を示す圧巻の演奏と言えるもの。さらにボーナスとして、番組内における司会者とのQ&A、音声のみながら、サウンドチェックの様子、この放送当日に出演したBBC:TVショー「The One Show」も追加したトータル134分。
そしてdisc:2には、この2日後となる1月26日ドイツ、シュトゥットガルトでのライブを、放送局「SWR3」からの配信映像からのプロショット映像にてコンプリート収録。こちらはWEBキャストからの映像ゆえ、BBCライブより、クオリティーはやや劣るものの、新曲を1曲多い7曲を披露。さらにアルバム発表とツアーの記者会見の模様も追加収録した95分の収録となる、トータル3時間50分に及ぶ、プレミア・ライブ映像の決定盤アイテム。

DISC 1 :
01.Introduction/02.Lost Highway/03.Because We Can/04.It's My LIfe/05.What About Now/06.We Got It Goin On/07.Whole Lot Of Leavin'/08.Amen/09.Whats Left Of Me/10.You Give Love A Bad Name/11.Livin' On A Prayer/12.We Weren't Born To Follow/13.That's What The Water Made Me/14.Who Says You Can't Go Home/15.Army Of One/16.Wanted Dead Or Alive/17.Webcast Q & A Jon Bon Jovi with Jo Whilley/18.Soundchecks (audio only) Because We Can/Who Says We Can't Go Home/19.Because We Can Tour Trailer
[from BBC Radio 2 IN Concert : at BBC Radio Theatre, London, UK 24th January, 2013]
20.Jon Bon Jovi Interview
[BBC The One Show : 24th January, 2013]

DISC 2 :
01.Intro/02.Lost Highway/03.Because We Can/04.It's My Life/05.What About Now/06.We Got It Going On/07.Whole Lot Of Leavin'/08.Amen/09.What's Left Of Me/10.You Give Love A Bad Name/11.We Weren't Born To Follow/12.That's What The Water Made Me/13.Who Says You Can't Go Home/14.Livin' On A Prayer/15.Army Of One/16.I'm With You/17.Wanted Dead Or Alive/18.Bad Medicine
[from AWR3 :Live at Zapata, Stuttgart, Germany 26th January, 2013]
19.Press Conference [Absolute Radio]

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37