« 2013年08月 | メイン | 2013年10月 »

2013年09月30日

ボス、ロック・イン・リオ 2013!

nd4163d.jpg



◆ BRUCE SPRINGSTEEN / ROCK IN RIO 2013 (2DVDR) この商品はこちらから

2013年も9月19日から22日の4日間をハイライトとして、ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで開催された「ロック・イン・リオ」。その21日のヘッドライナーとして出演した際の模様を、TVオンエアーからのマスター・クオリティー、プロショットにてコンプリート収録。

まずユーロ・ツアーのあとインターバルしていた「Wrecking Ball Tour」を、9月12日チリ、サンティアゴから南米ツアーとして開始し。その間での出演となったもので、まずオープニング”Sociedade Alternativa”は、ブラジル伝説の歌手、ラウル・セイシャスの曲で、その曲をポルトガル語で歌いはじめたことで、リオの観客の心を一気につかむことに。さらに最大のハイライトは6曲目から、アルバム「Born In The U.S.A.」を完全再現しているところで、収録順にすべてカンペキに披露。そしてその後もボスは声枯れも疲れも見せることなく、トータル3時間にわたりエネルギッシュに歌いきり、翌々日の23日には64歳の誕生日を迎えるとはとても思えないこの驚異的なライブは、「ロック・イン・リオ、史上最高のものの一つ」とブラジルの各メディアから絶賛を浴びることに。
さらにボーナスとして9月18日サンパウロ公演からオーディエンス・ショットながら8曲を追加収録したトータル205分は、本ツアーから初の完全コンプリート収録フル・ライブのプロショットということもあり、ファンは絶対必見。

DISC 1 : 01.Sociedade Alternativa/02.Badlands/03.Death To My Hometown/04.Spirit In The Night/05.Hungry Heart/06.Born In The U.S.A./07.Cover Me/08.Darlington County/09.Working On The Highway/10.Downbound Train/11.I'm On Fire/12.No Surrender/13.Bobby Jean/14.I'm Goin' Down/15.Glory Days/16.Dancing In The Dark/17.My Hometown
DISC 2 : 01.Shackled And Drawn/02.Waitin' On A Sunny Day/03.The Rising/04.Land Of Hope And Dreams/05.Thunder Road/06.Born To Run/07.Tenth Avenue Freeze-Out/08.Twist And Shout/La Bamba/09.This Hard Land
[Rock In Rio : Cidade do Rock, Rio de Janeiro, Brazil September 21st 2013]

01.Sociedade Alternativa/02.We Take Care Of Our Own/03.Bobby Jean/04.Hungry Heart/05.The River/06.The Rising/07.Thunder Road/08.We Are Alive
[at Espaco das Americas, Sao Paulo, Brazil, September 18th 2013]

2013年09月29日

メイデン、ロック・イン・リオ 2013!

nd4165d.jpg



◆ IRON MAIDEN / ROCK IN RIO 2013 (1DVDR) この商品はこちらから

2013年も9月19日から22日の4日間をハイライトとして、ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで開催された「ロック・イン・リオ」。その最終日22日のヘッドライナーとして出演した際の模様を、TVオンエアーからのマスター・クオリティー、プロショットにて111分にわたりコンプリート収録。
まず1988年にリリースされたライブ映像「Maiden England 1988」がDVD化されるに伴いスタートした2013年「MAIDEN ENGLAND」ワールド・ツアー中での出演となったもので、ここでもそのツアーそのままのセット内容を披露。よって全17曲中11曲が「Maiden England」に収録されているレパートリーとなっており、今回もまた前年同様1988年の『Seventh Son Of A Seventh Son Tour』のステージ内容を踏襲する形で組まれており、Run To The Hillsでは巨大エディがステージを歩き回り、Iron Maidenでは1988年ツアー以来となる「Seventh Son Of A Seventh Son」のジャケを再現する巨大エディの演出を再現。また演出・バックドロップから過去ツアーの内容を踏襲しながらも、2013年らしい高度なステージプロダクションにより、よりスケールアップ。そしてブラッシュ・アップされた、現代的手法による演出を楽しむことができるというもの。なお、合計7日間に渡る全日程の最後を飾ったのは、記念すべき1985年の第1回ロック・イン・リオにも出演している彼等というあたり、南米でのすさまじい人気を象徴しており、何より本ツアーから初の完全コンプリート収録フル・ライブのプロショットということもあり、ファンは絶対必見。
01.Intro/Moonchild/02.Can I Play With Madness/03.The Prisoner/04.2 Minutes To Midnight/05.Afraid To Shoot Strangers/06.The Trooper/07.The Number Of The Beast/08.Phantom Of The Opera/09.Run To The Hills/10.Wasted Years/11.Seventh Son Of A Seventh Son/12.The Clairvoyant/13.Fear Of The Dark/14.Iron Maiden/15.Churchill's Speech/Aces High/16.The Evil That Men Do/17.Running Free
[Rock In Rio : Cidade do Rock, Rio de Janeiro, Brazil September 22ndt 2013]
◇ Bruce Dickinson - Vocal / Steve Harris - Bass / Dave Murray - Guitar / Adrian Smith – Guitar / Janick Gers - Guitar / Nicko McBrain - Drums

2013年09月27日

ボン・ジョヴィ、ロック・イン・リオ 2013!

nd4161d.jpg



◆ BON JOVI / ROCK IN RIO 2013 (2DVDR) この商品はこちらから

2013年も9月19日から22日の4日間をハイライトとして、ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで開催された「ロック・イン・リオ」。その20日のヘッドライナーとして出演した際の模様を、TVオンエアーからのマスター・クオリティー、プロショットにてコンプリート収録。
7月27日からのインターバル以来、約2ヶ月ぶりのライブとなるもので、相変わらずリッチー不在、ドラマーもピンチヒッターと、決して万全の状態ではなかった中、フェス仕様のベスト・セットだけにその盛り上がりはあまりにすさまじく、ジョンがフロントにせり出してきた時には、会場の女性たちが涙を流しながら絶叫するシーンなども。さらにその象徴となるのがね30代の女性ファンがステージに上げられた時で、ジョンはその女性を見るとみずから自分の唇を指差し、その女性にキスをさせるや、その瞬間、会場全体が嫉妬と祝福の大きな歓声が。
さらにボーナスとして、7月5日ロンドンのハイド・パークで開催された「British Summer Time」でのパフォーマンスも、6曲のみながら、こちらもプロショット映像で追加収録したトータル2時間40分は、同年12月の来日に向けてファンは絶対必見マスト・アイテム。

DISC 1 : 01.That's What The Water Made Me/02.You Give Love A Bad Name/03.Raise Your Hands/04.Runaway/05.Lost Highway/06.Whole Lot Of Leavin'/07.It's My Life/08.Because We Can/09.What About Now/10.We Got It Goin' On/11.Keep The Faith/12.(You Want To) Make A Memory/13.Captain Crash & The Beauty Queen From Mars/14.We Weren't Born To Follow/15.Who Says You Can't Go Home/16.I'll Sleep When I'm Dead/Start Me Up/17.Bad Medicine/Shout
DISC 2 : 01.Wanted Dead Or Alive/02.Have A Nice Day/03.Livin' On A Prayer/04.Always
[Rock In Rio : Cidade do Rock, Rio de Janeiro, Brazil September 20th 2013]

05.That's What The Water Made Me /06.What About Now/07.Someday I'll Be Saturday Night/08.Bad Medicine/09.Wanted Dead Or Alive/10.Livin' On A Prayer
[British Summer Time : at Hyde Park, London UK, July 5th 2013]


2013年09月26日

メタリカ、ロック・イン・リオ 2013!

nd4166d.jpg



◆ METALLICA / ROCK IN RIO 2013 (1DVDR) この商品はこちらから

2013年も9月19日から22日の4日間をハイライトとして、ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで開催された「ロック・イン・リオ」。その19日のヘッドライナーとして出演した際の模様を、TVオンエアーからのマスター・クオリティー、プロショットにて135分にわたりコンプリート収録。
超大作3Dライヴ・フィルム「THROUGH THE NEVER」の、全世界での上映プロモーションのためのワールド・ツアーの一環で登場したもので、まず何より嬉しいのは、「サマソニ2013」での大阪公演に準じたセットリストとなっており、"Hit The Lights"をオープニングに配置したセットは、"Harvester of Sorrow"や"And Justice For All"などの、オールド・ファン感涙のリフ・オリエンテッドなファスト&ヘヴィネス・ナンバーをインクルードし、アンコールも通常のカヴァー曲では無く、"Creeping Death"、"Battery"の必殺スラッシュ・チューンから"Seek&Destroy"になだれ込みというたまらない展開。
とにかく本ツアーにおいて初の完全コンプリート収録フル・ライブのプロショットゆえ、ファンは絶対必見。
01.The Ecstasy Of Gold/Hit The Lights/02.Master Of Puppets/03.Holier Than Thou/04.Harvester Of Sorrow/05.Kirk Hammett Solo/06.The Day That Never Comes/07.The Memory Remains/08.Wherever I May Roam/09.Robert Trujillo Solo/10.Welcome Home (Sanitarium)/11.Sad But True/12....And Justice For All/13.One/14.For Whom The Bell Tolls/15.Blackened/16.Kirk Hammett Solo/17.Nothing Else Matters/18.Enter Sandman/19.Creeping Death/20.Battery/21.Seek & Destroy
[Rock In Rio : Cidade do Rock, Rio de Janeiro, Brazil September 19th 2013]


2013年09月15日

ビル・エヴァンス、幻の60年代の映像!

rsdv029s.jpg



◆ BILL EVANS TRIO / LOST SESSION IN COPENHARGEN (1DVDR) この商品はこちらから

60年代半ば、トリオとして最高の時期と言える1966年ヨーロッパ・ツアーにおける、超レアなスタジオ・セッション、リハーサルの模様が映像にて奇跡の発掘。

1966年10月25日デンマーク、コペンハーゲンで行われたスタジオ・リハーサルの模様を、関係者流出による、マスター・クオリティのモノクロ・プロショット映像にて45分にわたり収録したもので、当時、新進気鋭のベーシスト、エディ・ゴメスを迎えて、新たなステージへの飛躍を模索し始めた貴重な時期のライブ。
そしてこの時期、ドラマーは流動的で、アラン・ダーソン、フィリー・ジョー・ジョーンズといった大御所とのセッションも重ねつつ、ツアーでは現地のミュージシャンを雇ったりもしていた中、このセッションではアレックス・リエルがスポット参戦。そしてこのトリオでの欧州ツアーのライブ・テイクとしては、10月28日のオスロ公演のプロショット映像、そして10月24日、このリハの前日に行なわれたコペンハーゲンでの放送用ライブ音源ぐらいしか確認されていなかっただけに、この映像の発掘はまさに奇跡的と言えるもの。
さらにボーナス映像として、モニカ・ゼッターランドのボーカルをフィーチャーしての、同コペンハーゲンでのトリオ・ライブから、「Once Upon A Summertime」と「Waltz For Debby」も追加収録。
60’sエバンス・トリオの絶頂期を知るにマストと云えるファン必見アイテム。

01. Rehearsal / Discussion 02. Very Early (partial) 03. Who Can I Turn To (partial) 04. Autumn Leaves (partial) 05. If You Could See Me Now (partial) 06. Discussion 07. Very Early 08. Who Can I Turn To 09. If You Could See Me Now 10. Autumn Leaves 11. Five 12. Discussion of Five 13. Five (two partial takes) 14. Five
[Studio Rehearsal in Copenhagen, Denmark 25th October 1966]

15. Once Upon A Summertime(*) 16. Waltz For Debby(*)
[Monica Zetterlund with Bill Evans Trio Live in Copenhagen, Denmark October 1966]
◇Personnel; Bill Evans (piano), Eddie Gomez (bass), Alex Riel (drums) & * Monica Zetterlund (vocals)


2013年09月12日

ストーンズ、1990年来日最終公演!

rs900227c.jpg



◆ ROLLING STONES / LIVE IN JAPAN TOKYO DOME 1990 FEB 27 (プレス2CD) この商品はこちらから

1990年「スティール・ホイールズ・ジャパン・ツアー」最終日となる、2月27日東京公演を、Wolfgang's Vaultのマスター音源に、デジタル・リマスタリングを施した、最高のステレオ・サウンドボードにてコンプリート収録した限定2プレスCDがここに。

まずネット公開された音源ゆえ、既に各種リリースされている中、本タイトルは24bit/88.2khzでレコーディングし、ハイビットをキープしたうえでデジタル・リマスタリング、そして原音を損なわずトリートメントされたソースからマスター・カッティングしているため、高音をイコライジングにより上げることで、別タイトルではこもった感じのする別タイトルとは別次元のクオリティーによるもの。よって元々のWolfgang's Vault音源のマイルドな質感を損なわず調整それているので、まさにこのままオフィシャル・ブートレグとして通用するレベル。
また元々がややラフなミックスで、前日26日のアーカイヴ音源のような完璧なステレオ・サウンドボードとは違うものの、左右にキチンとステレオ・セパレートされ、ノイズもなく、特にミックのヴォーカルがオン気味なのも特徴。そして内容はもう周知の通り、歴史的な初来日公演の最終公演ということで、ドームの熱気もすさまじく、ミックの日本語MCに"Angie"、そしてキースのソロ・コーナーに湧きあがる歓声あたりは鳥肌もの。
また後に『FLASHPOINT』に採用された"Ruby Tuesday"はほとんどそのまんまで、逆に"Jumping Jack Flash"は、ヴォーカルもギターもかなりオーバー・ダビングされているのがわかるあたりは興味深いところ。
記念すべき来日ライブを、最高のクオリティーと、コーティング紙ジャケットで収めたプレス2CD、完全限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Continental Drift 02. Start Me Up 03. Bitch 04. Sad Sad Sad 05. Harlem Shuffle 06. Tumbling Dice 07. Miss You 08. Ruby Tuesday 09. Angie 10. Rock And A Hard Place 11. Mixed Emotions 12. Honky Tonk Women 13. Midnight Rambler 14. You Can't Always Get What You Want
Disc 2 : 01. Can't Be Seen 02. Happy 03. Paint It Black 04. 2000 Light Years From Home 05. Sympathy For The Devil 06. Gimme Shelter 07. Band Introduction 08. It's Only Rock 'N Roll 09. Brown Sugar 10. (I Can't Get No) Satisfaction 11. Jumping Jack Flash
[at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th February 1990 : Stereo Soundboard Recording / 24bit Digitally Remastered]


2013年09月09日

ストーンズ、1994年ツアーからのコレクターズ・エディション!

gp1305dv.jpg



◆ ROLLING STONES / HOODOO U VOODOO (1DVD+2CD+2CDR) この商品はこちらから

ストーンズ専門GPレーベルより、1994年「ヴードゥー・ラウンジ・ツアー」を代表するマイアミ公演を、完全映像と貴重なリハーサル音源をセットにした1DVD-DL+2CD、さらに初回限定2CDRもプラスしたコレクターズ・エディションにてここに。

1994年11月25日マイアミのジョー・ロビー・スタジアムで行われたライブは、当時リアルタイムでTV中継され、後にはオフィシャル映像もリリースされた中、本タイトルには最新リマスタリングによる、ライブ映像の完全版と、新発掘音源として話題のリハーサル音源をセットにしたもの。
そして周知の通り、世界同時衛星中継されるコンサートとあって、豪華なゲストが参加したことでも知られ、シェリル・クロウ、ロバート・クレイ、そしてボ・ディドリーとの共演が話題となった中も今回はこの公演前日に行われたリハーサル・テイクもプレス2CDにコンプリート収録。特に”Stop Breaking Down”でのロバート・クレイとのセッション、ボ・ディドリーとの”Who Do You Love”などは何度も納得がいくまで繰り返されているあたりは興味深いところ。これまで未公開だった貴重なサウンドボード音源によるリアルな生々しい演奏は必聴もの。
そしてライブ本編映像DVDは、コンサート完全版映像のコンプリート・ブロードキャスト・バージョン(154分)と、現在は入手困難なビデオ・エディット・バージョン(94分)の両方を収録しており、収録曲数だけでなく、カメラ・アングルや編集が異なるので両バージョン共に必見。また今回、高画質クオリティを維持するため二層式(ダブル・レイヤー)プレスDVDでの収録となっており、映像アイテムとしてベストクオリティーの決定版といえるもので、DVDは最新リマスタリングによるワイド・スクリーン仕様の16:9画面、そして本編映像はノー・トリミングのオリジナル4:3での収録。
そしてさらに初回限定50セットには、ライブ・コンプリート版に最新デジタル・リマスタリングを施した2CD-Rをプラス。
過去から流通しているライブ本編の音源ながら、リハーサル音源同様、新たに公開されたライブ音源は、映像完全版と内容は同じにも関わらず、映像サウンドトラックとは若干異なるミックスによるよるもの。
永久保存マスト・アイテムといえるコレクターズ・エディション。

DVD :
(COMPLETE BROADCAST VERSION) 1. Introduction (by Whoopi Goldberg) 2. Not Fade Away 3. Tumbling Dice 4. You Got Me Rocking 5. Rocks Off 6. Sparks Will Fly 7. Live With Me (with Sheryl Crow) 8. (I Can't Get No) Satisfaction 9. Beast Of Burden 10. Angie 11. Dead Flowers 12. Sweet Virginia 13. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker) 14. It's All Over Now 15. Stop Breaking Down (with Robert Cray) 16. Who Do You Love (with Bo Diddley) 17. I Go Wild 18. Miss You 19. Band Introductions 20. Honky Tonk Women 21. Before They Make Me Run 22. The Worst 23. Voodoo Lounge / Sympathy For The Devil 24. Monkey Man 25. Street Fighting Man 26. Start Me Up 27. It's Only Rock'N'Roll (But I Like It) 28. Brown Sugar 29. Jumpin' Jack Flash (with Whoopi Goldberg) 30. End Credits
(ALTERNATE EDITED VIDEO VERSION) 1. Introduction (by Whoopi Goldberg) 2. Not Fade Away 3. Tumbling Dice 4. You Got Me Rocking 5. (I Can't Get No) Satisfaction 6. Angie 7. Sweet Virginia 8. It's All Over Now 9. Stop Breaking Down (with Robert Cray) 10. Who Do You Love (with Bo Diddley) 11. Miss You 12. Band Introductions 13. Honky Tonk Women 14. The Worst 15. Voodoo Lounge / Sympathy For The Devil 16. Start Me Up 17. It's Only Rock'N'Roll (But I Like It) 18. Brown Sugar 19. Jumpin' Jack Flash (with Whoopi Goldberg)
[Live At Joe Robbie Stadium, Miami, Florida November 25th 1994 : The Concert was Broadcast as a Pay-Per-View TV Special : DVD Dual Layer/NTSC 16:9 (original 4:3 format) Dolby Digital Stereo time aprox. 154+94 min.]

CD ONE : 1. Stop Breaking Down 1 2. Stop Breaking Down 2 3. Angie 1 (broken off) 4. Beast Of Burden 1 (instrumental) 5. Beast Of Burden 2 (part only) 6. Angie 2 7. Dead Flowers 8. Sweet Virginia 9. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker) 10. Live With Me 1 (intro only - instrumental) 11. Live With Me 2 (short instrumental) 12. Live With Me 3 (with Sheryl Crow) 13. Live With Me 4 (intro only - instrumental) 14. Live With Me 5 (with Sheryl Crow)
CD TWO : 1. Who Do You Love 1 (with Bo Diddley - broken off instrumental) 2. Who Do You Love 2 (with Bo Diddley - broken off) 3. Who Do You Love 3 (with Bo Diddley) 4. Who Do You Love 4 (with Bo Diddley - short instrumental) 5. Who Do You Love 5 (with Bo Diddley) 6. Who Do You Love 6 (with Bo Diddley) 7. Who Do You Love 7 (with Bo Diddley - instrumental jam) 8. Stop Breaking Down 3 (with Robert Cray - broken off instrumental) 9. Stop Breaking Down 4 (with Robert Cray) 10. Stop Breaking Down 5 (with Robert Cray - broken off instrumental) 11. Stop Breaking Down 6 (with Robert Cray) 12. Stop Breaking Down 7 (with Robert Cray - instrumental jam) 13. Stop Breaking Down 8 (with Robert Cray - instrumental jam)
[Rehearsals At Joe Robbie Stadium, Miami, Florida November 24th 1994 : soundboard recording]

2013年09月08日

ポール、こちらも来日に向けての要チェック。

dapp006.jpg



◆ PAUL McCARTNEY /MORE LIVE FROM OUT THERE (1CD+1DVDR) この商品はこちらから

2013年8月9日、アウトサイドランズ・フェスティバルにおけるコンサートからサウンドボード音源全曲、そしてボーナス音源も多数収録したCDと、限定DVD-Rには同日のライブ映像などを収録したカップリング仕様のタイトルがここに。

まず音源には2013年「アウト・ゼア・ツアー」7月からのUSツアー中、 8月9日サンフランシスコで開催された「Outside Lands Music & Arts Festival 2013」に出演した際のライブからサウンドボード音源を全曲、さらにクロノス・クァルテットが参加した「イエスタデイ」のリハーサルも収録。さらに後半には2012年12月ニューヨークMSGで行われた、ニルヴァーナのメンバーとの共演を含めた「12-12-12」からも全曲をサウンドボードにて。そしておまけにサタデイ・ナイト・ライブでの「ワンダフル・クリスマスタイム」まで追加で。
そして初回限定DVD-Rには、まずWEBキャスト生中継からのプロショット映像にて『アウトサイド・ランズ』を8曲収録に加え、クロノス・クァルテットが参加した「イエスタデイ」のリハーサルも収録。そして「12-12-12」コンサートとサタデイ・ナイト・ライブからも、CD以上の内容で、共にニルヴァーナ・メンバーとの共演を含む全編を収録。そしてエクストラ映像でもオーディエンス・ショットながら、ニルヴァーナ3人との再演が注目のシアトル公演を、アンコール以降コンプリート収録している他、「ミッシェル」や「夢の旅人」といったレア・ナンバーが披露されたカナダ公演等も収録。トータル2時間半以上の内容で、CDでは時間的に収録しきれなかった分も含めて、来日公演に向けて必携のコレクターズ・エディション。
CD :
(OUTSIDE LANDS 2013 : Soundboard Live At Outside Lands Music & Arts Festival, Golden Gate Park, San Francisco, CA, USA August 9th 2013) 1. Eight Days A Week 2. Junior's Farm 3. Magical Mystery Tour 4. Nineteen Hundred And Eighty Five 5. Something 6. Talk About Russia 7. Let It Be 8. Band On The Run 9. Live And Let Die 10. Yesterday (Kronos Quartet Rehearsals)
(NEW YORK 2012: Soundboard Live At 12-12-12 : The Concert For Sandy Relief Madison Square Garden, New York, NY, USA December 12th .2012) 11. Helter Skelter 12. Let Me Roll It 13. Nineteen Hundred And Eighty Five 14. My Valentine (with Diana Krall) 15. Blackbird 16. Cut Me Some Slack (with Dave Grohl, Krist Novoselic and Pat Smear) 17. I've Got A Feeling 18. Live And Let Die
[SNL 2012 : Saturday Night Live, New York, NY, USA December 15th 2012]
19. Wonderful Christmastime

LIMITED EDITION DVD-R :
[OUTSIDE LANDS 2013] 1. Eight Days A Week 2. Junior's Farm 3. Magical Mystery Tour 4. Nineteen Hundred And Eighty Five 5. Something 6. Talk About Russia 7. Let It Be 8. Band On The Run 9. Live And Let Die 10. Yesterday (Kronos Quartet Rehearsals)
[NEW YORK 2012] 11. Helter Skelter 12. Let Me Roll It 13. Nineteen Hundred And Eighty-Five 14. My Valentine (with Diana Krall) 15. Blackbird 16. Cut Me Some Slack (with Dave Grohl, Krist Novoselic and Pat Smear) 17. I've Got A Feeling 18. Live And Let Die 19. Empire State Of Mind (Alicia Keys) 20. Backstage Interviews
[SATURDAY NIGHT LIVE 2012] 21. My Valentine (with Joe Wash) 22. Cut Me Some Slack (with Dave Grohl, Krist Novoselic and Pat Smear) 23. Holiday Pageant 24. Wonderful Christmastime (with The New York City Children's Chorus)
[EXTRA VIDEO] 25. The Christmas Song (Chesnuts Roasting On An Open Fire) - Recording Documents 26. The Christmas Song (Chesnuts Roasting On An Open Fire) 27. Cut Me Some Slack - Sound City
[LIVE EXTRA] 1. Mull Of Kintyre (Canadian Tire Centre, Ottawa, ON, Canada 7.07.2013) 2. Day Tripper 3. Cut Me Some Slack* 4. Get Back* 5. Yesterday 6. Long Tall Sally* 7. Helter Skelter* 8. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End* (Safeco Field, Seattle, WA, USA 7.19.2013 : *=with Dave Grohl, Krist Novoselic and Pat Smear9
9. Michelle (Les Plaines D'Abraham, Quebec City, QC, Canada 7.23.20139
10. Yesterday 11. Mull Of Kintyre (Mosaic Stadium, Regina, SK, Canada 8.14.2013)
- NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx.150min.-

2013年09月04日

ポール、来日に向けての要チェック・アイテム。

pccd155.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / Outside Lands Festival 2013 (プレス3CD+1DVD) この商品はこちらから

ポール・マッカートニー専門のピカデリー・サーカス・レーベルより、2013年8月9日、アウトサイドランズ・フェスティバルにおけるコンサートの模様を、音と映像でカップリング収録したタイトルがここに。

2013年「アウト・ゼア・ツアー」7月からのUSツアー中、 8月9日サンフランシスコで開催された「Outside Lands Music & Arts Festival 2013」に出演した際の模様を、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて3時間にわたり完全コンプリート収録。DATデジタル・オーディエンス・マスターからのダイレクト収録によるもので、本ツアーのオーディエンス音源としては間違いなくベストのひとつと言えるもの。
また、基本的に通常のセットリストながら、”All My Loving”の代わりにこのツアーでは初披露となる”Magical Mystery Tour”をプレイ、さらにご当地ソングと言える”San Francisco Bay Blues”も披露されたり、”Yesterday”ではクロノス・クァルテットの弦楽生演奏が加わるなど、聞きどころは随所に。
さらにボーナス・トラックとして、この日のライブから8曲を、サウンドボード音源にて追加収録。また他にもこのツアーで演奏されたレアな曲を4曲収録しており、カナダでは毎回お馴染みとなった「夢の旅人」は、今回7月7日オタワ州でのコンサートで登場、バグパイプ楽団がステージいっぱいに広がっての共演。そして7月23日ケベック州でのコンサートでは、フランス語圏なだけに「Michiell」を披露。さらに今回の目玉音源のひとつが、7月19日シアトル公演から、アンコールで演奏された2曲、「Cut Me Some Slack」と「のっぽのサリー」で、 この時はデイヴ・グロールが登場し共演しており、この日のみのスペシャル・ソング。

そして映像DVDは、モバイルも含む各種オーディエンス・ショットとウェブ・キャストされた、プロショット映像を混成し、コンサート・フル収録。プロショット映像は8曲で、メインはオーディエンス映像ながら、ステージを綺麗にとらえており見応え充分で、音だけでは今まで伺い知ることが出来なかったスクリーンの演出やステージでのアクションもばっちり捉えており、さらに複数の良好映像ソースをうまく編集し、当日のステージの模様を、可能な限りリアルに再現。また音声も別レコーディングされたDATデジタル・オーディエンス・マスターをマトリックスした迫力あるものにて。
さらにボーナス映像としては、CDにも収録されていたオタワ公演における「夢の旅人」、シアトル公演における「Cut Me Some Slack」「のっぽのサリー」の3曲も追加。
11年ぶりの来日に向けて、ファン要チェックの永久保存プレスCD&DVD。

DISC ONE : 01. Introduction 02. Eight Days A Week 03. Junior's Farm 04. Magical Mystery Tour 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty-Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. San Francisco Bay Blues 14. We Can Work It Out 15. Another Day 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today
DISC TWO : 01. Your Mother Should Know 02. Lady Madonna 03. All Together Now 04. Lovely Rita 05. Mrs.Vanderbilt 06. Eleanor Rigby 07. Being For The Benefit Of Mr.Kite 08. Something 09. Ob-La-Di, Ob-La-Da 10. Band On The Run 11. Back in the U.S.S.R. 12. Let It Be 13. Live And Let Die 14. Hey Jude 15. Day Dripper 16. Hi Hi Hi 17. Get Back 18. Yesterday
DISC THREE : 01. Helter Skelter 02. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
[Outside Lands Music Festival : At Golden Gate Park, San Francisco, CA August 9th 2013]

03. Eight Days A Week 04. Junior's Farm 05. Magical Mystery Tour 06. Nineteen Hundred And Eighty-Five 07. Something 08. Band On The Run 09. Let It Be 10. Live And Let Die
[Soundboard Recording : Outside Lands Music Festival : At Golden Gate Park, San Francisco, CA August 9th 2013]

11. Mull Of Kintyre
[SCOTIABANK PLACE OTTAWA CANADA July 7, 2013]
12. Cut Me Some Slack 13. Long Tall Sally
[SAFECO FIELD SEATTLE WASHINGTON July 19, 2013]
14. Michelle
[PLAINS OF ABRAHAM QUEBEC CITY CANADA July 23, 2013]


DVD DISC :
01. Introduction 02. Eight Days A Week * 03. Junior's Farm * 04. Magical Mystery Tour * 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty-Five * 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. San Francisco Bay Blues 14. We Can Work It Out 15. Another Day 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. Your Mother Should Know 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita 23. Mrs.Vanderbilt 24. Eleanor Rigby 25. Being For The Benefit Of Mr.Kite 26. Something * 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band On The Run * 29. Back in the U.S.S.R. 30. Let It Be * 31. Live And Let Die * 32. Hey Jude 33. Day Dripper 34. Hi Hi Hi 35. Get Back 36. Yesterday 37. Helter Skelter 38. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
[Outside Lands Music Festival : At Golden Gate Park, San Francisco, CA August 9th 2013 / (*) Pro.Shot]

39. Mull Of Kintyre
[SCOTIABANK PLACE OTTAWA CANADA July 7, 2013]
40. Cut Me Some Slack 41. Long Tall Sally
[SAFECO FIELD SEATTLE WASHINGTON July 19, 2013]

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37