« 2013年09月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月30日

アトムス・フォー・ピース、来日前に必見!

boxx147d.jpg



◆ ATOMS FOR PEACE / ACL FESTIVAL 2013 (1DVDR) この商品はこちらから

トム・ヨークをメインとし、レッチリのフリー、レディオヘッドのプロデューサーのナイジェル・ゴドリッチ、R.E.M.のドラムス、ジョーイ・ワロンカー、そしてブラジル出身のマルチ・プレイヤー、マウロ・レフォスコらによるスーパー・バンドは、2009年より活動を開始。
そして2013年2月アルバム『アモック』を日本先行リリースした後、7月からは本格的にツアーをスタートさせた中、再開されたUSツアー中の出演となった恒例の「オースティン・シティ・リミッツ」でのライブを、HDTVソースからの極上プロショット・マスターより、デジタル・リマスタリングを施し、カンベキなクオリティーにてここに。
ストリーミング配信もされたこの日のライブながら、本タイトルでは1080pのHDTVプロショット・マスターに、デジタル・リマスタリングを施すことで、Youtube等にアップロードのストリーミング映像とは比較にならない映像とサウンドで、2回の出演のうち、10月13日2回目のショーを、ベスト・クオリティーで再現。
そしてセットや内容ともに今回のツアーに準じたもので、よって前回のツアーではトムのソロ『The Eraser』のナンバーやカヴァーがメインだった中、今回はもちろん『アモック』からのナンバーを中心に、ファースト・シングル”Default”を含め、さらにレディオヘッドの”Paperbag Writer”もアンコールで披露されるなど、バンドの新境地となるパフォーマンスを展開。しかも悪天候のため、ステージも変更され、スタートも大幅に遅れ10時過ぎからの開演となったにもかかわらず、2回のアンコールも含めて独自の世界観をアピールし、多くのファンを魅了。
さらにボーナスとしてスタジオ・リハーサルの模様も追加収録したトータル118分というフル・ヴォリュームで、なお、翌11月の初の単独公演となる再来日は、ソールド・アウト続出という過熱ぶりゆえ、ジャパン・ツアーに向けてファンは必見マスト・アイテム。
01. Intro 02. Before Your Very Eyes.. 03. Default 04. The Clock 05. Ingenue 06. Unless 07. And It Rained All Night 08. Harrowdown Hill 09. Dropped 10. Cymbal Rush 11. Feeling Pulled Apart by Horses 12. Rabbit in Your Headlights 13. Paperbag Writer 14. Amok 15. Atoms for Peace 16. Black Swan 17. Bonus Footage -Rehearsal #1-#9-
[ACL Festival, The Moody Theater, Austin, TX 13th October 2013 : HDTV Source Pro-shot / Digitally Remastered Sound & Picture]

Thom Yorke - vocals, guitar, piano / Flea - bass, melodica / Nigel Godrich – keyboards, guitar / Joey Waronker – drums / Mauro Refosco – drums, percussion


2013年10月28日

エアロ、2013年ツアー初の完全プロショット・ライブ!

nd4226d.jpg



◆ AEROSMITH / MONSTERS OF ROCK 2013 (1DVDR) この商品はこちらから

012年より続き、来日公演も行われた「グローバル・ウォーニング・ツアー」より、ついに初の完全プロショット・ライブ映像がここに。
2013年10月20日ブラジル、サンパウロで開催された恒例「モンスターズ・オブ・ロック」で、ヘッドライナーを務めた際のパフォーマンスを、WEBキャスト・オンエアー・マスターより、カンペキなプロショット映像にて115分にわたりコンプリート収録。残念ながらトム・ハミルトンが病気のため、再度不参加ではあるものの、”Back In The Saddle”からスタートするフェス仕様の勢いあるセットは、ジャパン・ツアーとはかなり構成も違い、何より本ツアーから初のプロショットによるフル・ライブということで、ファンは絶対必見。

01.Back In The Saddle/02.Love In An Elevator/03.Toys In The Attic/04.Oh Yeah/05.Pink/06.Dude (Looks Like A Lady)/07.Rag Doll/08.Cryin'/09.Last Child/10.Jaded/11.Boogie Man/Combination/12.Eat The Rich/Whole Lotta Love/13.What It Takes/14.Livin' On The Edge/15.I Don't Want To Miss A Thing/16.No More No More/17.Come Together/18.Mother Popcorn/Walk This Way/19.Dream On/20.Sweet Emotion
[MONSTERS OF ROCK BRASIL 2013: Live at Arena Anhembi, São Paulo, Brazil October 20th 2013]

2013年10月27日

ポール、最新サウンドボード&プロショット・ライブ!

jm161pm.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / BBC RADIO 2 IN CONCERT
(1CDR+1DVDR)
この商品はこちらから

2013年アルバム「NEW」リリース後、そのプロモーション的に行われた10月16日ロンドン、マイダ・ヴェイル・スタジオでの2回のショーを、サウンドボード音源とプロショット映像にて、いずれもオフィシャル・クオリティーで収録。
まず音源は「BBC2 In Concert」でオンエアーされたファースト・ショーを70分にわたり収録。ライブは1時間で、最後にステージ上のポールに9分間のインタビューが行われているという内容で、まず今回のツアーの定番どおり”Eight Days A Week”からスタートするこの久々のBBCスタジオ・ライヴは、小規模会場ならではの独特の生々しさが充満。そして「NEW」からも4曲が演奏されており、中でもライヴ初演となる”Queenie Eye”は聴き所。そしてショート・セットながら、同企画のハリウッド公演とは全く違う曲順セットで、後半には”Being For The Benefit Of Mr. Kite!”も披露。
そして映像DVD-Rには「BBC6 Music Live at Maida Vale」にてストリーミング配信された、セカンド・ショーを31分にわたり収録。まずオープニングは今回初となる”Coming Up”からのスタートで、その後も「NEW」からの2曲に加え、ファースト・ショーでは演奏されなかった”Junior's Farm”と”Ob-La-Di, Ob-La-Da”もセットイン。
とにかく来日公演に向けて1ヶ月前となるパフォーマンスをカンペキなサウンドボードとプロショット映像でセットしてるアイテムゆえ、ファンは絶対要チェック。

(CDR : 1st Show)
1. Intro 2. Eight Days A Week 3. Save Us 4. Jet 5. My Valentine 6. Nineteen Hundred And Eighty-Five 7. Another Day 8. Everybody Out There 9. Things We Said Today 10. New 11. Queenie Eye 12. Lady Madonna 13. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 14. Band On The Run 15. Back In The U.S.S.R. 16. Hey Jude 17. Interview
(DVDR : 2nd Show)
1. Opening2. Coming Up 3. Save Us 4. Interview 1 5. Junior's Farm 6. New 7. Interview 2 8. Ob-La-Di, Ob-La-Da 9. Get Back
[Live at Maida Vale Studios, London, UK 16th October 2013]

Paul McCartney (Lead Vocals, Bass, Acoustic Guitar, Piano, Electric Guitar, ) / Rusty Anderson (Backing Vocals, Electric Guitar, Acoustic Guitar) / Brian Ray (Backing Vocals, Bass, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Tambourine) / Abe Laboriel, Jr. (Backing Vocals, Drums, Percussion) / Paul Wickens (Backing Vocals, Keyboards, Percussion)


2013年10月26日

KISS来日公演初日をベスト・クオリティーで!

sne209k.jpg



◆ KISS / INVADES MESSE 2013 (2CDR) この商品はこちらから

2013年「MONSTER」リリースに伴うジャパン・ツアーより、初日であり、発売即ソールド・アウトとなった10月19日千葉、幕張メッセ公演を、ポール・スタンレーがステージ上で使用した、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた、24bitデシタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録してここに!

とにかく音質はクリアーだけでなく、耳障りなオーディエンス・ノイズは一切無し。そして音圧豊かでクリアーなLRバランスの分離も申し分なく、24Bit/96kの極上オーディエンス・マテリアルとして、P.A.直のソリッドで生々しい臨場感溢れるライヴ感を存分に体感出来る圧巻のミックスは、このままオフィシャル・ブートレグとして通用するレベル・クオリティーによるもの。そしてこれら全ての音を、完璧な分離とステレオ定位で聴き取ることができる、これ以上はあり得ないクオリティーと断言。
そしてセットも噂通りのメガ・スケールなスパイター・"セットを大駆使し、パイロ等も欧米ツアーと何ら遜色の無いステージ・プロダクションで観客を圧倒。開演を告げるお馴染みのイントロ、終演を告げるS.E."God Gave Rock 'n' Roll To You II "まで、一切カット編集無しによる、トータル115分は永久保存メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 01. Opening 02. Psycho Circus 03. Shout It Out Loud 04. Do You Love Me 05. I Love It Loud 06. Hell Or Hallelujah 07. War Machine 08. Sukiyaki 09. Heaven's On Fire 10. Calling Dr. Love 11. Say Yeah 12. Shock Me/Outta This World 13. Tommy Thayer Guitar & Eric Singer Drums Solos
Disc 2 : 01. Gene Simmons Bass Solo 02. God Of Thunder 03. Lick It Up (incl. Won't Get Fooled Again) 04. Love Gun 05. Rock And Roll All Nite –encore- 06. Detroit Rock City 07. I Was Made For Lovin' You 08. Paul Stanley Guitar Solo 09. Black Diamond 10. Outro (God Gave Rock 'n' Roll To You II)
[Recorded Live at Makuhari Messe ,Chiba ,Japan ,October 19th 2013]

Paul Stanley (Vocals, Guitar) / Gene Simmons (Vocals, Bass) / Tommy Thayer (Guitar, Vocals) / Eric Singer (Drums, Vocals)


2013年10月21日

ビートルズ「ウィズ・ザ・ビートルズ」の50周年盤!

sgtae002.jpg



◆ The Beatles / With The Beatles 50th Anniversary (プレス1CD+1DVD) この商品はこちらから

2013年、リリース50周年となるセカンド・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』が、CD+DVDによるアニバーサリー・エディションとして、ビートルズ専門のSGT.レーベルよりここに。
CDには2013年最新ミックスによるヴォーカル・センターのリアル・ステレオを実現した「アニバーサリー・ステレオ・ミックス」、そしてアルバム収録曲やシングル・ヒット曲を、現存するBBC音源のライブ演奏で再現。
そしてDVDはアルバム全曲をオリジナル編集の映像で再現した、ビデオ・アルバムで、シングル「抱きしめたい」「シー・ラブス・ユー」等のTV映像やプロモ・ビデオをまとめたビデオ・クリップス、現存する全テイク音源を時系列にまとめたレコーディング・セッション、さらにミックス違い音源をまとめたオルタネイトが収録されており、トータル3時間46分に渡る、見応え聴き応えたっぷりの永久保存プレス盤。

この50周年アニバーサリー・エディションは第1弾の『プリーズ・プリーズ・ミー』に続く、同企画第2弾として、今回もアルバム収録曲の映像と音源マテリアルを徹底収集した、コレクターズ・アイテムとなっており、まずCDには、2013年最新ミックスによるヴォーカル・センターのリアル・ステレオを実現した、「アニバーサリー・ステレオ・ミックス」を収録。公式ステレオ・ミックスでボーカルと演奏が左右分離された、前時代的ステレオはお馴染みながら、ここではヴォーカル・センターで演奏を分離させたリアル・ステレオ・ミックスを実現。まさに最新技術によって、ステレオ化した不自然さの無いリアル・ステレオ・ミックスとなるもので、ヘッドフォンで聞き比べるとその違いがよりはっきりと聴き取れるハズ。またアルバム全曲に続いて「フロム・ミー・トゥ・ユー」「シー・ラブス・ユー」「抱きしめたい」のシングルAB面も同様のミックスにて。
さらに後半はアルバム収録曲とシングル曲を現存するBBC音源のライブ演奏から集めたもので、スタジオとは違う演奏が聴きもの。
そして映像DVDは、4つのセクションが収録されており、まず「ビデオ・アルバム」はアルバム全曲を当時の貴重なTV映像や8mmフィルム等を元にオリジナル編集の映像で再現し、音声も切り替えオプションでステレオ&モノ両方を収録。そして「ビデオ・クリップス」には、シングル曲を中心に、TV映像やプロモ映像のバージョン違いをまとめて収録。さらに「レコーディング・セッション」、そして「オルタネイト」はスライド・ショー形式で関連音源がまとめて収録されており、CD2枚組以上の音源を、チャプター付画像で聴くことができるというもの。
アルバム制作のドキュメントといえる、アビーロード・スタジオでのアウトテイクを、現存する全テイク音源で時系列に収録している他、ミックス違いやシングル、後のキャピトル編集までまとめられており、関連音源はここにすべてコンパイル。DVD計3時間46分に渡り、映像と音源それぞれのマテリアルを完全網羅した『プリーズ・プリーズ・ミー』同様、こちらも必携限定マスト・アイテム。

CD : 2013 Digital Remastered
[ANNIVERSARY STEREO MIX]
1. It Won't Be Long 2. All I've Got To Do 3. All My Loving 4. Don't Bother Me 5. Little Child 6. Till There Was You 7. Please Mister Postman 8. Roll Over Beethoven 9. Hold Me Tight 10. You Really Got A Hold On Me 11. I Wanna Be Your Man 12. Devil In Her Heart 13. Not A Second Time 14. Money (That's What I Want)
[SINGLES-ANNIVERSARY STEREO MIX]
15. From Me To You 16. Thank You Girl 17. She Loves You 18. I'll Get You 19. I Want To Hold Your Hand 20. This Boy
[LIVE AT THE BBC]
21. All My Loving 22. Till There Was You 23. Please Mister Postman 24. Roll Over Beethoven 25. You Really Got A Hold On Me 26. I Wanna Be Your Man 27. Devil In Her Heart 28. Money (That's What I Want) 29. From Me To You 30. Thank You Girl 31. She Loves You 32. I'll Get You 33. I Want To Hold Your Hand 34. This Boy

DVD : NTSC 16:9 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 226min. (33+25+80+88)
[VIDEO ALBUM – stereo & mono]
It Won't Be Long All I've Got To Do All My Loving Don't Bother Me Little Child Till There Was You Please Mister Postman Roll Over Beethoven Hold Me Tight You Really Got A Hold On Me I Wanna Be Your Man Devil In Her Heart Not A Second Time Money (That's What I Want)
[VIDEO CLIPS]
It Won't Be Long I Wanna Be Your Man From Me To You Thank You Girl She Loves You I'll Get You I Want To Hold Your Hand This Boy I Want To Hold Your Hand (Capitol Promo Version) She Loves You / I Want To Hold Your Hand (VH-1 Version) Moonlight Bay
[RECORDING SESSIONS]
(5th March 1963) From Me To You (Take 1-8/9-13 Edit Piece1,2) Thank You Girl (Take 1-13) One After 909 (Take 1-5)
(30th July 1963) Piano And drums Instrumental Please Mister Postman (Take 3/9) It Won't Be Long (Take 7/10)
(12th September 1963) Message To Australia Hold Me Tight (Studio Chat/Take 20-29) Don't Bother Me (Take 10-13)
(17th October 1963) I Want To Hold Your Hand (Take 1/2/4/9/Intro/Partial) This Boy (Take 4/11/13/Partial)

[ALTERNATES]
It Won't Be Long (Anthology Stereo) All My Loving (Hi-Hat Intro Stereo) Don't Bother Me (Canadian Capitol Error Stereo) Please Mister Postman (Anthology Stereo) Roll Over Beethoven (US Rock'n'roll Music Stereo) Roll Over Beethoven (Anthology Stereo) I Wanna Be Your Man (US Rock'n'roll Music Stereo) I Wanna Be Your Man (Anthology Stereo) I Wanna Be Your Man (Rockband Stereo Remix) Money (That's What I Want) (US Rock'n'roll Music Stereo) Money (That's What I Want) (Pre-Mix Mono) From Me To You (US 1962-1966) From Me To You (1982 Stereo 1) From Me To You (1982 Stereo 2) Thank You Girl (US Duophonic Stereo) Thank You Girl (1982 Stereo 1) Thank You Girl (1982 Stereo 2) She Loves You (UK Oldies Duophonic Stereo) She Loves You (US Duophonic Stereo) She Loves You (1982 Duophonic Stereo 1) She Loves You (1982 Duophonic Stereo 2) I'll Get You (US Capitol Duophonic Stereo) I Want To Hold Your Hand (1963 Australian Stereo) I Want To Hold Your Hand (1965 German Stereo) I Want To Hold Your Hand (US Duophonic Stereo) I Want To Hold Your Hand (Anthology Stereo) I Want To Hold Your Hand (Rockband Stereo Remix) This Boy (US Duophonic Stereo) This Boy (1982 Stereo) This Boy (US Love Song Stereo) This Boy (Anthology Stereo) One After 909 (1982 Mono) One After 909 (Boardroom Mono) One After 909 (1,2,3,4! Duophonic Stereo) One After 909 (Sessions Version 1 Mono) One After 909 (Sessions Version 2 Duophonic Stereo) One After 909 (Sessions Version 3 Mono)


2013年10月20日

アトムス・フォー・ピース、来日前に要チェック!

nd4215d.jpg



◆ ATOMS FOR PEACE / AMOK TOUR IN NORTH AMERICA (2DVDR) この商品はこちらから

トム・ヨークをメインとし、レッチリのフリー、レディオヘッドのプロデューサーのナイジェル・ゴドリッチ、R.E.M.のドラムス、ジョーイ・ワロンカー、そしてブラジル出身のマルチ・プレイヤー、マウロ・レフォスコらによるスーパー・バンドは、2009年より活動を開始。
そして2013年2月アルバム『アモック』を日本先行リリースした後、7月からは本格的にツアーをスタートさせた中、再開されたUSツアーより、ツアー序盤の模様を、モバイルも含む各種良好オーディエンス・ショットにて収録。いずれも複数ソースをうまく編集し、音声も別レコーディングされたDATデジタル・オーディエンス・マスターをマトリックスし、今回のツアーの全貌を98分にわたりほぼコンプリートで再現。
まずdisc:1には再開されたUSツアー初日となる、9月24日フィラデルフィア公演と、ボーナスとして9月25日に出演したTV番組「The Daily Show」をこちらはWEBキャスト、プロショットで。
さらにdisc:2は5公演目となる10月3日ナッシュビル公演を収録しており、いずれもセットは、前回のツアーではトムのソロ『The Eraser』のナンバーやカヴァーがメインだった中、今回はもちろん『アモック』からのナンバーを中心に、ファースト・シングル”Default”を含め、さらにレディオヘッドの”Paperbag Writer”もアンコールで披露されるなど、バンドの新境地となるパフォーマンスを展開。今回はもちろん『アモック』からのナンバーを中心に、ファースト・シングル”Default”を含めた、バンドの新境地となるパフォーマンスを展開。
なお、翌11月の初の単独公演となる再来日は、ソールド・アウト続出という過熱ぶりゆえ、ジャパン・ツアーに向けて、この2公演トータル3時間はファン必見。

 なお、同時期のオースティン・リミット・フェスのサウンドボード音源(2CDR)も同時入荷。

DISC 1 : 01.Before Your Very Eyes/02.Default/03.The Clock/04.Ingenue/05.Stuck Together Pieces/06.Unless/07.And It Rained All Night/08.Harrowdown Hill/09.Dropped/10.Cymbal Rush/11.Skip Divided/12.Feeling Pulled Apart By Horses/13.Rabbit In Your Headlights/14.Paperbag Writer/15.Amok/16.Atoms For Peace/17.Black Swan
[at Temple University Liacouras Center, Philadelphia, PA September 24th 2013]
18.Default [The Daily Show : September 25th 2013]

DISC 2 : 01.Before Your Very Eyes/02.Default/03.The Clock/04.Ingenue /05.Black Swan/06.Stuck Together Pieces/07.Unless/08.Harrowdown Hill/09.Dropped/10.Cymbal Rush/11.The Eraser/12.Feeling Pulled Apart By Horses/13.What The Eyeballs Did/14.Paperbag Writer/15.Amok/16.Atoms For Peace
[at War Memorial Auditorium, Nashville, TN October 3rd 2013]

Thom Yorke - vocals, guitar, piano / Flea - bass, melodica / Nigel Godrich – keyboards, guitar / Joey Waronker – drums / Mauro Refosco – drums, percussion

2013年10月07日

ビートルズ「プライベート・レアリティーズ」新タイトル!

scd13002.jpg



◆ THE BEATLES / PRIVATE RARITIES 2(プレス2CD) この商品はこちらから

ビートルズ専門SGT.レーベルより、貴重なデモ録音や秘蔵のアセテート盤音源中心のレアリティーズを、時系列に集めた、2013年編集によるプライベート音源アンソロジー第2弾がここに。
制作過程でプライベートに録音された様々なデモ音源や、アビーロードで関係者用にカッティングされたアセテート盤音源を、ほぼ年代順に収録したもので、本タイトルには2013年になって新発掘音源として話題となった,1962年キャバーン・クラブでの「カンサス・シティ」や、ポールがドラムの1965年「ウーマン」のレコーディング・セッション、そしてジョンとジョージが参加した、レディ・ステディ・ゴーでの「アイ・ニード・ユア・ラヴィン」等から、1969年アップル・アセテート音源まで、すべてリマスタリングでクオリティーUPされたレア音源コレクション。


まずdisc:1には、キャバーン・クラブでのライブから始まり、「サム・アザー・ガイ」2バージョンと、2013年になって新発掘音源として公開された「カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ」をイントロから始まるコンプリート・バージョンで収録。また「ハロー・リトル・ガール」はザ・フォアモストのレコーディング・セッションから、1963年スウェーデンでのライブ音源は最新アップグレード完全版にて。そして「アイ・ニード・ユア・ラヴィン」はジョンとジョージがアダム・フェイス、ドリス・トロイと一緒に歌った”レディ・ステディ・ゴー”でのライブで、貴重な記録音源のひとつ。1965年「ウーマン」のレコーディング・セッションで、ポールがドラム演奏で参加したアーリー・テイクも2013年新発掘音源のひとつで、また映画「ヘルプ!」「イエロー・サブマリン」のフィルム・プロダクツもアップグレード・リマスター音源にて。
そしてdisc:2の「サージェント」から「マジカル」期のアセテート音源も、新規リマスターのベスト・クオリティーにて。またBBCラジオ音源からの「オール・トゥゲザー・オン・ザ・ワイアレス・マシーン」やタイニー・ティムの「ノーウエア・マン」、アップル・スタジオ・テスト・テープ等も収録。
さらにボーナスとして、第1弾収録の「愛なき世界(ワールド・ウィズアウト・ラブ)」のポールのデモ録音を、初公開のピーター・アッシャーによるコンベンション音源にて収録。この第2弾も、マニアックな音源から有名音源のアップグレードまで、永久保存プレスCDにて。
CD ONE : 1. SOME OTHER GUY (take 1) 2. SOME OTHER GUY (take 2) 3. KANSAS CITY / HEY HEY HEY HEY (complete) - Live At Cavern Club September 5th 1962 4. HELLO LITTLE GIRL (The Fourmost) 5. HELLO LITTLE GIRL (recording session) - The Fourmost Recording Sessions July 24th 1963 6. INTRODUCTION 7. I SAW HER STANDING THERE 8. FROM ME TO YOU 9. MONEY (THAT'S WHAT I WANT) 10. ROLL OVER BEETHOVEN 11. YOU REALLY GOT A HOLD ON ME 12. SHE LOVES YOU 13. TWIST AND SHOUT - Live At Karlaplansstudion, Stockholm, Sweden October 24th 1963 14. THIS BOY (studio sessions)- Recording Sessions October 17th 1963 15. LEAVE MY KITTEN ALONE (take 5)- Recording Sessions August 14th 1964 16. I NEED YOUR LOVIN' (Adam Face)- Ready Steady Go! (with John and George) April 16th 1964 17. HELP! 18. THE NIGHT BEFORE 19. YOU'VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY 20. I NEED YOU 21. ANOTHER GIRL 22. YOU'RE GOING TO LOSE THAT GIRL 23. YOU LIKE ME TOO MUCH - Film Production Acetate 1965 24. WOMAN (Peter And Gordon)- Recording Sessions (Paul On drums) December 1st 1965 acetate 25. GIRL (take 2)- Recording Sessions November 11th 1965 26. PENNY LANE (overdub session)- Recording Sessions January 9th 1967 27. PENNY LANE (capitol promotion mono)- Remix 11 January 17th 1967 29. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (acetate) 28. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (capitol promotion mono)

CD TWO : 1. SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (acetate)- Recording Sessions March 3rd 1967 2. A DAY IN THE LIFE (acetate)- Recording Sessions February 22nd 1967 3. MAGICAL MYSTERY TOUR (acetate) - Recording Sessions May 3rd 1967 4. I AM THE WALRUS (acetate) - Recording Sessions September 6th 1967 5. BLUE JAY WAY (acetate)- Recording Sessions September 7th 1967 6. YOUR MOTHER SHOULD KNOW (acetate)- Recording Sessions August 23rd 1967 7. ALL TOGETHER ON THE WIRELESS MACHINE - BBC Radio One "Where It's At" November 25th 1967 8. THE INNER LIGHT (bombay sessions - instrumental) - Recording Sessions January 12th 1968 9. YELLOW SUBMARINE 10. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 11. SGT.PEPPER'S (applouse) 12. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 13. ALL TOGETHER NOW 14. GOOD MORNING, GOOD MORNING 15. IT'S ALL TOO MUCH 16. ALL YOU NEED IS LOVE- Yellow Submarine Movie Soundtrack Sessions 17. RADIO PROMO (YELLOW SUBMARINE MOVIE)- Promo KHJ Radio Ad 1968 18. SOUR MILK SEA (demo)- Home Demo with Radio Announce 1968 19. ST.LOUIS BLUES 20. I'M SO TIRED (acetate)- Take 14 Remix 1 Apple Acetate 1968 21. NOWHERE MAN (Tiny Tim) - George In New York November 1968 22. APPLE STUDIO TEST TAPE 23. OLD BROWN SHOE (acetate) 24. ALL THINS MUST PASS (acetate) 25. ROCK OF AGES (acetate) 26. SOMETHING (guitar demo) 27. LET IT BE (get back acetate)- Apple Acetate 1969
+ bonus track 28. A WORLD WITHOUT LOVE (peter asher introducing)


2013年10月03日

ポール、来日に向けての要チェック。

dap007sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / NEW LIVE FROM OUT THERE (2CD+1DVDR) この商品はこちらから

2013年ポール来日記念として緊急リリース! サウンドボード・ライブ音源CD+プロショット映像DVDシリーズの第3弾は、9月23日ハリウッド・ブールヴァードを封鎖して行われた、TVショーをコンプリート収録。しかも直前の「iHEARTミュージック・フェスティバル」やボーナス音源もプラスされ、さらに映像もWEBキャスト中継された、両法のライブを、HDマスター・クオリティー、プロショットにて。
さらにTVショーでのインタビュー、ツアーのドキュメンタリーやライブ映像を含めて3時間以上に及ぶフル・ヴォリューム。


まずdisc:1は、9月23日「ジミー・キンメル・ライブ」で、TVオンエアーのため行われたハリウッドでのライブを、サウンドボード音源にてコンプリートで収録し、またTVオンエアーされた別バージョン2曲も追加で。
そしてdisc:2は、9月21日ラスベガスで行われた「iHEARTフェスティバル」でのライブを、こちらもサウンドボードでコンプリート収録し、さらに新曲”New”のアコースティック・バージョンや”リップ・イット・アップ”、さらにシリーズ第2弾に未収録だった「サタデイ・ナイト・ライブ」の音源と、ジミー・ファロン・ショーからも2曲収録。特にジミー・ファロンと歌う「イエスタデイ」の原曲「スクランブルド・エッグ」の笑える披露は聴きどころ。
さらに映像DVDは音源のハリウッド・ライブと、ラスベガス・フェスをそれぞれストリーミング中継からのコンプリート収録ながら、WEBキャストとは一線を画す、HDクオリティーの高画質素材からの収録によるもの。さらにライブ本編以外にも、カナダTVで放送されたツアー・ドキュメンタリーでは、各メンバーのインタビューの合間に、ライブやリハーサル・シーンもプラス。そして「ジミー・キンメル・ライブ!」もコンプリートで収録しており、コンサートからは2曲だけの中継だったのが、ここではスタジオでのインタビューやコメディも含めた、TVショー自体を収めており、またジミー・ファロンとの「スクランブル・エッグ」映像をはじめ、ツアーからの公開映像の数々をまとめて収録し、トータル3時間以上となるため、DVD2枚分相当の内容を、プレスDVD2層式に収めた、まさに保存版。来日公演に向けて必携のコレクターズ・エディション。


CD 1 : 1. Magical Mystery Tour 2. Save Us 3. Junior's Farm 4. Jet 5. New 6. Lady Madonna 7. Birthday 8. Another Day 9. Everybody Out There 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Day Tripper 14. Let It Be 15. Hey Jude 16. New (TV version) 17. Lady Madonna (TV version)
[Live At El Capitan Outdoor Stage, Hollywood Boulevard, Hollywood, CA, USA 9.23.2013]

CD 2 : 1. Intoroduction 2. Magical Mystery Tour 3. Save Us 4. Let Me Roll It/Foxy Lady 5. Everybody Out There 6. Another Day 7. New 8. Lady Madonna 9. Live and Let Die 
[iHEART RADIO MUSIC FESTIVAL 2013 :Live At MGM Grand Garden Arena, Las Vegas, NV, USA 9.21.2013]

10. New (Acoustic version) 11. Rip It Up (Backstage) 12. My Valentine (Saturday Night Live) 13. Cut Me Some Slack - with Nirvana (Saturday Night Live) 14. Here Today (Late Night with Jimmy Fallon) 15. Scrambled Eggs (Late Night with Jimmy Fallon)

DVD : Magical Mystery Tour / Save Us / Junior's Farm / Jet / New / Lady Madonna / Birthday / Another Day / Everybody Out There / Ob-La-Di, Ob-La-Da / Band On The Run / Back In The U.S.S.R. / Day Tripper / Let It Be / Hey Jude
[Live At El Capitan Outdoor Stage, Hollywood Boulevard, Hollywood, CA, USA 9.23.2013]

Intoroduction / Magical Mystery Tour / Save Us / Let Me Roll It (Foxy Lady) / Everybody Out There / Another Day / New / Lady Madonna / Live And Let Die
[iHEART RADIO MUSIC FESTIVAL 2013 : Live At MGM Grand Garden Arena, Las Vegas, NV, USA 9.21.2013]

[A RENDEZ-VOUS WITH PAUl McCARTNEY]
Backstage Exclusive Interviews Canada CBC-TV 7.19.2013

◇ TV SHOW AND EXTRA
[JIMMY KIMMEL LIVE! TV SHOW]
Introduction / Comedy Sketch / Interview / New (Live) / Lady Madonna (Live)
[EXTRA]
New (Lyric Version) / New (Acoustic) / Here Today (Late Night with Jimmy Fallon) / Scrambled Eggs (Late Night with Jimmy Fallon)
[OUT THERE TOUR 2013 EXTRACTS]
Paul McCartney Is Getting Out There / Hey! Everyybody Out There / Goiania (Glasshopper Stage Invation!) / Out There In Orlando / Out There In Austin / Out There In Memphis / Out There In Quebec City / Out There In New York / Out There In Bonnaroo 1&2 / Out There In Warsaw (Message For Vienna) / Out There In Warsaw (Rip It Up) / Out There In Verona 1&2 / Out There In Vienna / Out There In Boston / Out There In San Francisco / Japan Tour EPK

* DVD-Double Layer NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx.62/30/22/75 : 190min.*

2013年10月02日

ファンクの帝王、JBの1971年絶頂期ライブ!

life011d.jpg



◆ JAMES BROWN / FUNKY DYNAMITE ITALY 1971 (1DVDR) この商品はこちらから

JB絶頂期、ブーツィー・コリンズらを中心とする新生JB’sを始動させ行われた、1971年のヨーロッパ・ツアーは、数々の名演が知られており、特に3月のパリ公演を収めたオフィシャル・ライブ「Love Power Peace」など、伝説のライブなども存在する中、同時期の貴重なライブ映像がマスター・クオリティー、プロショットにてここに。

まずメインとなるのは同年8月イタリア、ボローニャでのライブで、過去その一部が流通していた中、2013年になって初めて発掘された、コンプリートによるマスター・クオリティー映像にて、1時間にわたりフル収録。
なんといっても、フレッド・ウイズリーら擁するJB’sに、ホビー・バード、そしてキャット・フィッシュと若き日のブーツィーによるコリンズ・ブラザーズがギター&ベースという、もう鉄壁強力メンバーによる演奏は、火傷する様な熱気と骨太グルーヴが充満。
特に"Ain't It Funky Now"のキャット・フィッシュのギターの炸裂っぷりや、まだ控えめながらも存在感バリバリのブーツィーのベースは鳥肌もので、他にもカバー曲"Sunny"、そしてJBファミリーとしてお馴染みヴィッキー・アンダーソンのソロ迄もしっかり収録。そしてゲロッパ!"Sex Machine"や、"Soul Power"等の振り切れ具合も凄まじく、ボビー・バードとの掛け合いや、ジョン・ジャボ・スタークスのドラミングもこの上なくタイトという、まさに「Revolution Of The Mind」時期と双璧を成すソウル・パワーが全開。
さらに追加収録となる同年4月24日ローマでのライブも、過去から流通しているソースながら、今回2012年の再オンエアー・マスターを使用しているため、クオリティーはもう別次元。
さらに同年のアポロ・シアターや、有名なマイク・ダグラス・ショーの映像も追加したトータル89分は、まさに絶頂期ファンキー・プレジデント、JBを知るにマストな、全ソウル・ファン、絶対必見アイテム。

[Live in Bologna, Italy August 1971]
01. Soul Power (partial) 02. Intro Jam 03. Brother Rapp 04. Aint It Funky Now? 05. Sunny 06. JB plays organ on unidentified tune 07. Bobby Byrd - I Need Help (I can't Do It Alone) 08. Jam 09. There Was A Time 10. Sex Machine 11. Papa's Got A Brand New Bag/I Got The Feeling 12. Give It Up Or Turn It Loose 13. It's A Man's Man's World 14. Please, Please, Please 15. Super Bad 16. Get Up, Get Into It, Get Involved

[Apollo Theater, NY July 1971] 17. It's A New Day
[Mike Douglas Show 14th May 1971] 18. Chicago 19. Georgia On My Mind 20. Interview
[Live in Rome, Italy 24th April 1971]
01. Intro 02. Give It Up or Turn It Loose 03. Sex Machine 04. It's A Man's Man's Man's World 05. Soul Power 06. Get Up, Get Into It, Get Involved 07. Sunny (outro)

◇Personnel; James Brown: vocals, organ / Bobby Byrd: MC, vocals, organ / Darryl "Hasaan" Jamison: trumpet / Clayton "Chicken" Gunnells: trumpet / Fred Wesley: trombone / St. Clair Pinckney: tenor saxophone / Phelps "Catfish" Collins: lead guitar / Hearlon "Cheese" Martin: rhythm guitar / William "Bootsy" Collins: bass guitar / John "Jabo" Starks: drums / Don Juan "Tiger" Martin: drums / Vicki Anderson: vocals

2013年10月01日

Over The 27 Years・・

shop2013a.jpg

「あまちゃん」が終わってしまい、朝起きてからの楽しみが空虚な
週初めでしたが、本日10月1日、おかげさまでオープン27年目を
迎えることができました。

なんとかこのキビシイ現状の中、
ここまで継続できたのも、やっぱり根強い音楽ファンの皆様の
おかげにつきます。
改めていつもありがとうございます。

[Joe's Garage 27周年記念セールのご案内]
10月1日から、オープン27年目を迎えるにあたって、
恒例のAnniversary Sale を実施中。

◇期間  10月1日(火) ~ 10月8日(火) [8days 12:00 - 22:00]
◇Sale価格
* USED アイテム ALL 20%OFF (中古CD&レコード)
* NEW アイテム ALL 10%OFF
(新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、Tシャツなど)

廃盤、貴重盤も含めて、中古アナログ、CDは連日追加放出してます。
尚、遠方で直接ご来店できない方も、通販をご利用下さい。
その旨、お電話やメールで、
ご希望商品をお知らせいただけたらけっこうです。

先月ここ京都は、台風の被害を受け、一部では観光シーズン
に向けて大変な地域もございますが、当方は特に大きな影響もなく、
平常どおり営業させていただいてます。
今の京都は時節的にも一番良い頃かと思いますので、
観光がてらにも、是非お立ち寄りください。

ではまた28年目に向けて、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

----------------------------------------
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe's Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com


カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37