« 2013年11月 | メイン | 2014年01月 »

2013年12月22日

年末年始のショップ営業のお知らせ

shop2.jpg


◇年末年始のショップ営業時間です。
*12月28,29,30日 12:00 ~18:00
*12月31日,1月1&2日  正月休み
*1月3日(金) - 13日(月) 12:00 ~ 20:00 (短縮営業)
*1月14日(火) - 12:00 ~ 22:00 (平常営業)


あと毎年恒例の「ニュー・イヤー・セール」、
今年も行ないます。

◆ 2014年ニュー・イヤー・セール

* 1. 3 (金) - 1. 11 (土) [12:00 - 20:00]
* USED アイテム ALL 20%OFF
(中古CD&レコード)
* NEW アイテム ALL 10%OFF
(新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、Tシャツなど)

特に中古アナログ、CDは連日追加放出いたします。
尚、遠方で直接ご来店できない方も、通販をご利用下さい。
その旨、お電話やメールで、
ご希望商品をお知らせいただけたらけっこうです。

尚、WEBサイトは年末・年始もまったく通常通りご利用いただけます。
今年はそれにしてもビッグ・ネームの来日ラッシュで、
年明けにはストーンズ、そしてデュランまで来るということで、
なんかもう大変ですね(笑)

では今年もあとわずかですが、よろしくお願いいたします。

----------------------------------------
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe's Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com


2013年12月21日

ボン・ジョヴィ、来日後の絶対必見ライブ!

nd4339d.jpg



◆ BON JOVI / BECAUSE WE DID (2DVDR) この商品はこちらから

2013年2月からスタートした「Because We Can」ワールド・ツアーにおいて、来日公演後のオーストラリアが、本ツアーのラスト・レグとなることに。そしてそのまさにラストとなる12月17日ブリスベン公演の模様を、WEBキャスト・オンエアーによる配信映像から、オフィシャル・クオリティー、プロショットにて3時間にわたりコンプリート収録。
まず何といっても、ジョンの風邪による体調不良のため、日本では最低限のセット・リストとなったのが、このオーストラリアで完全復帰。そして最終レグに相応しく、どの公演もバンドのコンディション、テンション共に最高の状態で行われ、特にこの最終日は本ツアー最多となる全29曲、3時間に及ぶ素晴らしいステージを披露。
そしてここでもリッチー・サンボラの代役を務めるフィルXが、演奏面・コーラス・ワーク両方おいて、カンペキなプレイを発揮しており、特に「I’LL SLEEP WHEN I’M DEAD」では来日時同様、AC/DCの「HIGHWAY TO HELL」でメイン・ヴォーカルでほぼ完奏。さらに千秋楽ならではの展開や見所のシーンも多数あり、リッチー不在とはいえその演奏内容や、映像・音質クオリティー、全てにおいて本ツアーの決定盤と断言出来るもの。
そしてさらにボーナス映像としてこのオーストラリア・ツアーからのベスト・セレクトした映像16曲を、すべてモバイルも含む各種オーディエンス映像にて追加収録とにかくこのオーストラリアは全てジョンのコンディションも最高で、特に15日シドニー公演では時期的なこともあり、ジョン・レノンの”Happy Xmas (War Is Over)”も披露。
来日公演を思い起こす映像として、これ以上はないと断言できる、トータル4時間半に及ぶ、必見マスト・アイテム。

DISC 1 : 01.That's What The Water Made Me/02.You Give Love A Bad Name/03.Raise Your Hands/04.Lost Highway/05.Whole Lot Of Leavin'/06.It's My Life/07.Because We Can/08.What About Now/09.We Got It Goin' On/10.Keep The Faith/11.Amen/12.Someday I'll Be Saturday Night/13.Diamond Ring/14.(You Want To) Make A Memory/15.Captain Crash & The Beauty Queen From Mars/16.Born To Be My Baby/17.We Weren't Born To Follow/18.Who Says You Can't Go Home/19.I'll Sleep When I'm Dead/Jumpin' Jack Flash/Start Me Up/Wipe Out/Highway To Hell/20.Bad Medicine/Shout

DISC 2 : 01.I'll Be There For You/02.Wanted Dead Or Alive/03.Have A Nice Day/04.In These Arms/05.Livin' On A Prayer/06.These Days/07.Always/08.Run Rudolph Run/09.I Love This Town
[Live at Suncorp Stadium, Brisbane, Australia December 17th 2013]

(Because We Can Australia Tour)
[at Etihad Stadium, Melbourne, Australia December 7th 2013]
01.Lost Highway/02.Livin' On A Prayer
[at Etihad Stadium, Melbourne, Australia December 8th 2013]
03.You Give Love A Bad Name/04.Dry County
[at AAMI Stadium, Adelaide, Australia December 11th 2013]
05.Who Says You Can't Go Home/06.Start Me Up/Great Balls Of Fire/Dancing In The Street/You Shook Me All Night Long/07.Bad Medicine/Shout
[at Perth Arena, Perth, Australia December 12th 2013]
08.The Radio Saved My Life Tonight/09.Thick As Thieves
[at ANZ Stadium, Sydney, Australia December 14th 2013]
10.Old Time Rock & Roll with Kid Rock
[at Sydney Entertainment Centre, Sydney, Australia December 15th 2013]
11.When We Were Beautiful/12.Love's The Only Rule/13.Hallelujah/14.The Fighter/15.Blood On Blood/16.Happy Xmas (War Is Over)

◇ Jon Bon Jovi (Vocals, Guitar) David Bryan (Keyboards) Tico Torres (Drums, Percussion) Hugh McDonald (Bass) Bobby Bandiera (Rhythm Guitar, Vocals) Phil X (Lead Guitar, Vocals)

2013年12月13日

ビートルズ、「バレット・テープス」の決定盤!

barrettv1.jpg



◆ The Beatles / The Complete Barrett Tapes (プレス6CD) この商品はこちらから

ビートルズ専門のEXCAVATIONレーベル・シリーズから、「バレット・テープ」のコンプリート・アイテムが永久保存プレスCDにてここに。

ビートルズが録音した未公開のテープは、録音から10年以上、アビー・ロードの倉庫で手付かずのまま眠っており、その倉庫の重い扉が開き始めたのは、1980年代になってからのこと。そして関係者の指示で、若手エンジニアであるジョン・バレット氏が、スタジオ・セッションの全貌を調査して、詳細なデータを記録する作業を敢行。その記録は、マーク・ルイソンの名著「ビートルズ/レコーディング・セッション」で活用され、1983年のアビーロード・スタジオの一般公開のイベント用で上映されたビデオ、結局企画のみで未発表となったLP「SESSIONS」等のプロジェクトに活用されることに。
そしてそのアビーロード・スタジオで公開されたビデオで聞けたアウトテイクやLP「SESSIONS」の音源、未発表アルバムの企画段階で、会議室で視聴された通称「ボード・ルーム音源等が登場して、ようやく未発表曲を聞くことができるようになったものの、それでもまだわずかな曲のみ。
そして1988年になると世に衝撃を与えたTSPレーベルの『ULTRA RARE TRAX』がリリースされ、本物のスタジオ・アウトテイクが、高音質で収録されたこの音源は、流出経路は全く不明ながら、通称「ロジャー・スコット音源」と呼ばれ、ここから怒涛のリリースがスタート。
その後、収録レーベルをイエロー・ドッグに変えて勢いは増し、膨大な数のスタジオ・セッション音源が放出された中、それとは全く別に1990年代末になって突然登場したのが、通称「バレット音源」と呼ばれるもの。スタジオで作業中に、バレットがカセット・テープにダビングしたと言われているもので、一部「ロジャー・スコット音源」と重複している曲もあるものの、初めて登場する部分が大半で、ファンに驚きを与えることに。
そして2005年になって、そのすべての音源と初登場の細かい音源も含んだ6枚組セットがリリースされるや、早期に完売。またその数年後に、リマスター版の紙ジャケットなどもリリースされるも、やはり入手困難に。
そこで今回のリリースは、以前のマスターを遥かに上回る新発見の高音質のマスター音源を使用。従来はスタジオ・プロ用とはいえカセット・テープ由来だったため、こもり気味でヒス・ノイズもあった中、ここでは鮮明で迫力のある高音質で収録されており、しかも以前のものより長い曲間となっており、一部では初めて聞けるテープ音や楽器の音や声も収録されているあたりは興味深いところ。
なお、全部で15巻のテープから構成されており、まず「VOLUME ONE」 は、第1巻から第12巻まで収録。第1巻から第9巻までは、各プロジェクトに直結した内容ではなく、セッション途中のものから後年のリミックスまで、1963年から1968年までランダムに選ばれたマスター・テープから収録され、第10巻と第11巻は1969年と1970年のテープで、解散直前の音源を収録。なお10巻は「Teddy Boy」のリミックスが2種類と、ジョージ一人で録音した2曲も収録。第11巻は、未発表となったアルバム『ゲット・バック』で、アナログ時代から出回っていたものとは違う「通称「グリンジョンズ・ミックス」と呼ばれるもので、この「バレット音源」で初登場。またボーナス・トラックとして収録されているのは、未発表アルバム『SESSIONS』の初期段階のもので、この「バレット音源」とは切っても切れないもの。アナログ時代より様々に出回った1985年リリース予定だった最終版ではなく、前年の1984年に製作された『ONE-TWO-THREE-FOUR』という仮題の付けられた別バージョン。で、「クリスマス・タイム・イズ・ヒア・アゲイン」が、オープニングとエンディングに効果的に使用。
さらに「VOLUME TWO」は、第12巻から第15巻を収録。第12巻は、第1巻から第9巻までと同じく、各プロジェクトに直結した内容ではなく、セッション途中のものから後年のリミックスまで、1963年から1968年までランダムに選ばれたマスター・テープから収録。第13巻は「JOHN BARRETT COMP」と名付けられ、1976年4月21日にバレットが作成したマスター・テープ”E10197”で、当時企画されていた未発表アルバム「SESSIONS」の製作のために選曲されたもの。第14巻は1983年7月にアビーロード・スタジオで行われた公開イベントで上映されたビデオ用に作成された音源で、初公開の未発表曲やスタジオ・セッション音源が使用。そして第15巻は解散前後に録音されたポールを除くソロの音源を収録。ジョンとプラスティック・オノ・バンドのアバンギャルドな未発表曲、リンゴのソロ・アルバムのアウトテイクやテレビ放送用に演奏だけ別人に差し替えた「オクトパス・ガーデン」、ジョージのスタジオ・セッションも収録しています。またボーナス・トラックとして、「バレット音源」のバリエーションで、マイナーCDRにのみ収録されていた微妙に異なるミックスの3曲も。
初回限定仕様となる、紙ジャケット+カラー・インサート封入+日本語帯付の永久保存コレクターズ・アイテム。

DISC-1 :
* "THE BEATLES - X1" 1 She Loves You (RS1) 2 She Loves You (RS2) Exp.Mixes on E621752- 8.11.1966 from EP4242 3PM 3 Strawberry Fields Forever (RM 3/Take 7) from E62495- 28/29.11.1966 4 Strawberry Fields Forever (RM9/Take 26) from E62495- 15.12.1966 * "THE BEATLES - X2" 5 This Boy (RS15) from E62241- 11.10.1966 * "THE BEATLES - X3" 6 That Means A Lot (Tk 20 & 21) 7 That Means A Lot (Tk 23 & 24) 8 That Means A Lot (test) from E55741 remake- 30.5.1965 * "THE BEATLES - X4" 9 Don't Bother Me (Tk10) 10 Don't Bother Me (Tk11) 11 Don't Bother Me (Tk12) 12 Don't Bother Me (Tk13) from E50527/8 remake- 12.9.1963 13 One After 909 (Tk1) 14 One After 909 (Tk2) 15 One After 909 (Tk3) 16 One After 909 (Tk4) 17 One After 909 (Tk5) from E49016- 5.3.1963 18 Hold Me Tight (Tk20a) 19 Hold Me Tight (Tk20b) 20 Hold Me Tight (Tk21) 21 Hold Me Tight (Tk22) 22 Hold Me Tight (Tk23) 23 Hold Me Tight (Tk24) 24 Hold Me Tight (Tk25) 25 Hold Me Tight (Tk26) 26 Hold Me Tight (Tk27) 27 Hold Me Tight (Tk28) 28 Hold Me Tight (Tk29) from E50527- 12.9.1963 * "THE BEATLES - X5" 29 Penny Lane (RM8)ya 30 Penny Lane (RM9) 31 Penny Lane (RM10) from E61647- 9/10/12/17.1.967 Demo mix with extra trumpet from E62822-9/10.1.1967 * "THE BEATLES - X6" 32 Mr.Moonlight (LP2 Tk 4) 33 Mr.Moonlight (LP2 Tk 4) from E53614-14.8.1964 34 Ob-La-Di Ob-La-Da (Tk 5) from E68768-5.7.1968 35 What You're Doing (Tk 11) from E53967-30.9.1964

DISC-2 :
* "THE BEATLES - X7" 1 From Me To You (Wthout harmonica but with vocal intro) 2 From Me To You (with harmonica intro) from E49015-5.3.1963 3 Thank You Girl (Tk14 with edit end from Take 30) 4 Thank You Girl (Tk 30 edited best)from E49015-5.3.1963 5 Yes It Is (RS1 best)from E55319-16.2.1965 * "THE BEATLES - X8" 6 (Down In Havana) 7 Step Inside Love /Los Paranoias(acc gtr Paul +) 8 The Way You Look Tonight (acc gtr Paul +) 9 Jamming 10 (Can You Take Me Back)from E70549-16.9.1968 * "THE BEATLES - X9 "11 It's All Too Much (Mono long version)12 It's All Too Much (2T long version)from E63801-25/26.3.1967 Bonus:* "THE BEATLES - Sessions" Early Version, Summer 1984. at the time as "1,2,3,4!""13 Christmas Time Is Here Again (Intro) 14 Come and Get It 15 Leave My Kitten Alone 16 Not Guilty 17 Im Looking Through You 18 Whats The New Mary Jane 19 How Do You Do It 20 Besame Mucho 21 One After 909 22 That Means A Lot 23 While My Guitar Gently Weeps 24 Mailman Blues 25 Ob La Di Ob La Da/ Christmas Time (Reprise)

DISC-3 :
* "THE BEATLES - X10" 01 Teddy Boy (Remixed from 8T by Johns/Martin) from E69738-Z-24.1.1969 02 Teddy Boy (Remixed from 8T by Brown/Spector RS2 cut out for LP)from E097103-Z-25.3.1970 03 Old Brown Shoe (Take 2)from E98644-25.2.1969 04 All Things Must Pass (Take 2)from E98644-25.2.1969 * "THE BEATLES - X11" Glyn Johns Mixes- 5.1.1970, at Olympic Studio 05 One After 909 06 Link 07 Rock And Roll/ Chat 08 Don't Let Me Down 09 Dig A Pony 10 I've Got A Feeling 11 Get Back 12 Let It Be 13 For You Blue 14 Two Of Us 15 Maggie Mae 16 Dig It 17 The Long And Winding Road 18 I Me Mine 19 Across The Universe 20 Get Back (reprise)

DISC-4 :
THE BEATLES - X12"01 That Means A Lot (Tk 1)from E55318-4T+pre recorded o/takes-23.2.1965 02 That Means A Lot (Tk 2)from E55322-4T-20.2.1965 03 This Bird Has Flown (Tk 1)from E57714-4T-12.10.1965 04 This Bird Has Flown (Tk 2)05 This Bird Has Flown (Tk 4)from E57716-4T-21.10.1965 06 I'm Looking Through You (Tk 1)from E57717-4T-24.10.1965 07 I'm Looking Through You (Tk 4)from E57720-6/10.11.1965 08 12-Bar Original (Tk 1&2)from E57719-4/5.11.1965 * "X-13 JOHN BARRETT COMP (to E10197- 21.4.1976)" 09 How Do You Do It? (unedited mono)from E47730-4.9.1962 10 One After 909 (Tk 2) 11 One After 909 (master edit of Tk 4 & 5)from E47730-5.3.1963 12 Leave My Kitten Alone (Tk 5)from E53615-14.8.1964 13 If You've Got Troubles (alternative original stereo master)from E55322-18.2.1965 14 That Means A Lot (mixed mono)from E55322-23.2.1965 15 This Bird Has Flown (Tk 1) - 10/12/65from E47730-5.3.1963 16 I'm Looking Through You (Tk 1)from E57714-12.10.1965 17 Not Guilty (Tk 102) - 8/12/68from E69830-12.8.1968 18 What's The New Mary Jane (Tk4 remix w/overdubs)from E69229-14.8.1968 19 Come And Get It (alternate stereo mix with double tracked vocal)from E94227-24.7.1969 20 Rip It Up / Shake Rattle And Roll (Get Back session) 21 Rock Jamming (Kansas City/ Miss Ann/ Lawdy Miss Clawdy) (Get Back session ) 22 Blue Suede Shoes (Get Back session) 23 Not Fade Away(Get Back session)from E90505-29.1.1969 24 Mailman Bring Me No More Blues (Get Back Session - no fade) from Get Back Session-29.1.1969 25 12-Bar Original (Tk 2 - complete 1965 mono mix)from E57719-4/5.11.1965

DISC-5 :
* "X-14 "1983 Abby Road Show" Video Extracts" 01 Love Me Do (Tk18) 02 How Do You Do It? (Tk2; excerpt) 03 I Saw Her Standing There (Tk2, 11&12) 04 Twist And Shout (Tk1 -RS1- 25.2.1963) 05 One After 909 (Tk 4; incomplete) 06 Don't Bother Me (Tk11&12; incomplete) 07 A Hard Day's Night (Tks2&3 - false starts; Tk9-RS2) 08 Leave My Kitten Alone (Tk5; excerpt) 09 I'm A Loser (Tk8) 10 She's A Woman (Tk1, excerpt)/Ticket To Ride (Tk2) 11 Help! (Tk5; instrumental) 12 This Bird Has Flown(Tk1; incomplete)/ I'm Looking Through You (Tk1; incomplete) 13 Paperback Writer (Tk2-RS3; 31.10.1966) 14 Rain (Tk7-RS1) 15 Penny Lane (Tk9-RS1)/ Strawberry Fields Forever (medley-Tk 1) 16 Strawberry Fields Forever (medley-Tk 7) 17 Strawberry Fields Forever (medley-Tk 26)/ A Day In the Life (with count-in) 18 Hello, Goodbye (Tk22-RS2)/ Lady Madonna (Tk4) 19 Hey Jude (Tk9; incomplete) 20 While My Guitar Gently Weeps (unedited Tk1; acoustic) 21 Because (Tk7; alternate mix with a capella first half) 22 #9 Dream (spoken intro by Ringo)

DISC-6 :
* "X-15 LENNON/STARR/HARRISON"*J.Lennon P.Ono Band 1 Slow Blues 2 Fast Rocker *R. Starr 3 The Wishing Book (Beaucoups Of Blues outtake)4 Nashville Freakout (longer version)5 Stormy Weather (Sentimental Journey outtake)6 Octopus's Garden (alternate version for George Martin TV special) 7 Wine, Women, Loud Songs 8 Coochy Coochy *George Harrison 9 I Live For You 10 Dera Dera Doon 11 Gopala Krishna 12 Going Down To Golders Green 13 Get Back 1969 (George's demo for Doris Troy) 14 Pete Drake's Talking Steel Guitar Bonus:* Another "Barrett Tapes" version 15 Mr.Moonlight (LP2 Tk 4 from E53614-14.8.1964) 16 Ob-La-Di, Ob-La-Da (take 5 from E68768-5.7.1968) 17 Can You Take Me Back (from E70549-16.9.1968)

2013年12月11日

ボン・ジョヴィ、来日公演の決定盤アイテム!

sne213b.jpg



◆ BON JOVI / BECAUSE WE CAN THE TOUR 2013 JAPAN (4CDR) この商品はこちらから

2013年2公演のみとなったジャパン・ツアーより、12月3&4日、大阪・東京ドーム公演を、いずれもジョンが、ステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースをミックスしたライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた24bit/96kデシタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスにて収録。

バランスの良い、奥行きのある極上オーディエンス・マテリアルとの マトリックスで、しかもジョンのボーカル&アコーステイック・ギターを全面に出した三次元サウンドで、ドーム公演らしからぬ奥行き、臨場感の両方を兼ね備えた、まさに最高峰と言えるクオリティー。
なお今回の来日で、またもやジョンが風邪をこじらせてしまい、東京は今ツアー最短となる21曲135分のセットとなってしまい、1曲 "Runaway"の多い大阪公演は22曲130分となるもの。
それでもリッチー・サンボラの代役を務めるフィルXが、演奏面・コーラス・ワーク両方おいて、不調のジョンを支えるべく素晴らしいプレイを発揮。またセットも大阪では”In These Arms”が中盤に披露されるという珍しいパターンで、ここではキーボードのディヴィッド・ブライアンがボーカルを披露。他にも”I'll Sleep When I'm Dead”のメドレーではフィルXがバックマン・ターナー・オーバードライブの”Taking Care Of Business”などもプレイ。そして東京でもそのカヴァー曲メドレーに変化があり、「Rockin' All Over The World (John Fogerty)」と、「You Shook Me All Night Long (AC/DC)がセット・イン。また「You Shook Me All Night Long」でヴォーカルをとるのはフィルで、こちらもちょっとした聞きどころ。
さらにボーナスとして、東京公演の開演前に行われたサウンド・チェックの模様を、6曲トータル約30分に渡って追加収録。ジョンは "Because We Can"を最後に「風邪しんどいから楽屋帰るわ。ボビー、"I'll Be There For You"のチェックやっといて。」と言ってサウンド・チェック途中でステージを降りてしまい、結果ボビーがボーカルを取る"I'll Be There For You"はレアであり、結局本番では演奏されていないので、このあたりもファンにとっては嬉しいところ。
9・11のテロ以降、メッセージ色を強く全面に打ち出した、社会性のあるストレートな楽曲に変化して来たジョンの楽曲は、ステージの方も良質でピュア、そしてエネルギッシュなヒット・チューンを網羅した緩急を付けたセットで、不調ながらも素晴らしいパフォーマンスを披露してくれた2公演を、ベスト・クオリティーにてここに。

DISC ONE : Intro / That's What The Water Made Me / You Give Love A Bad Name / Raise Your Hands / Lost Highway / Whole Lot Of Leavin' / It's My Life / Because We Can / What About Now / We Got It Goin' On / Keep The Faith / (You Want to) Make A Memory / Captain Crash And - The Beauty Queen From Mars / Born To Be My Baby / We Weren't Born To Follow
DISC TWO : Who Says You Can't Go Home / I'll Sleep When I'm Dead / Rockin' All Over The World / Start Me Up / Great Balls Of Fire / You Shook Me All Night Long / I'll Sleep When I'm Dead (Reprise) / Bad Medicine / Shout / Interlude / In These Arms / Have A Nice Day / Wanted Dead Or Alive / Livin' On A Prayer
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 4th December 2013]
What About Now / Lost Highway / Because We Can
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 4th December 2013]

DISC THREE : Intro / That's What The Water Made Me / You Give Love A Bad Name / Raise Your Hands / Lost Highway / Whole Lot Of Leavin' / It's My Life / Because We Can / What About Now / In These Arms (David on Vocal) / We Got It Goin' On / Keep The Faith / (You Want To) Make A Memory / Born To Be My Baby / We Weren't Born To Follow
DISC FOUR : Who Says You Can't Go Home / I'll Sleep When I'm Dead / Great Balls Of Fire / Jumpin' Jack Flash / Start Me Up / Taking Care Of Business / I'll Sleep When I'm Dead (Reprise) / Bad Medicine / Interlude / Captain Crash And The Beauty Queen From Mars / Have A Nice Day / Wanted Dead Or Alive / Runaway / Livin' On A Prayer
[Live at Kyocera Dome, Osaka, Japan 3rd December 2013]
I'll Be There For You / You Shook Me All Night Long #1 / You Shook Me All Night Long #2 / That's What The Water Made Me
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 4th December 2013]

◇Personnel; Jon Bon Jovi (Vocals, Guitar) David Bryan (Keyboards) Tico Torres (Drums, Percussion) Hugh McDonald (Bass) Bobby Bandiera (Rhythm Guitar, Vocals) Phil X (Lead Guitar, Vocals)

2013年12月09日

ポール、東京初日公演の映像決定盤!

wc001psp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / OUT THERE TOKYO DOME FIRST DAY (プレス2DVD) この商品はこちらから

ポール専門レーベル、ピカデリー・サーカスより、「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2013」の、東京では初日となった11月18日東京ドーム公演を、ネット流通映像とは一線を画す、HDデジタル・カメラからの高品質オーディエンス映像にて完全コンプリート収録したタイトルが、永久保存プレス2DVDにてここに。
なお、プレス盤仕様ゆえ完全限定リリースなので、ご希望の方はお早めに。


すでに日本公演の映像も断片的ものを含めて各種流通している中、東京ドーム初日公演をオリジナル映像にて収録したのが本タイトルで、まず開演前の会場の様子から、照明が暗転しポールが登場する瞬間、そしてその後は、同レーベルのアリーナから撮影された福岡公演の映像とはまた違ったアングルにより、ポールのステージ上の動き、表情、そして演出など、全体的な雰囲気を重視する撮影となっており、まるで当日その場にいるような感覚に陥る内容。
例えば「Eight Days A Week」や「All Together Now」では、どのようなスクリーン映像が演出としてなされるのか。「Paperback Writer」のエンディングではフロントの3人が各々ギターをアンプに近付けて音を歪ませる様子や、ラスティがギターを放り投げるシーンなども克明に。
また「Blackbird」と「Here Today」では、ステージがせり上がり高い立方体の上にポールが乗り、その足元にスクリーンが設置され、まるで滝の流れる上で演奏しているような演出がなされてるシーンや、「Live And Let Die」で立ち上る炎、炸裂するマグネシウム、白煙に包まれるステージ、迫力満点の当日の会場の様子なども鮮明に。
そしてラストのアビーロード・メドレーでは、ギターソロをポールがひとりひとり、指差しながらソロをとっていく様子なども見ごたえ充分。
とにかくYoutubeなどの中途半端な映像とは比較にならないクオリティーであり、ラストまでコンプリート収録ゆえ、来日公演のメモリアル・アイテムとしては必携といえる、完全オリジナル映像DVD。
限定プレスDVDゆえ、お早めに。


DISC ONE : 01. Opening Film 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. All My Loving 05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today
18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now
DISC TWO : 01. Lovely Rita 02. Everybody Out There 03. Eleanor Rigby 04. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band On The Run 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live And Let Die 11. Hey Jude 12. Day Tripper 13. Hi Hi Hi 14. Get Back 15. Yesterday 16. Helter Skelter 17. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 18th November 2013]


2013年12月08日

ボン・ジョヴィ、東京初日公演!

xahm013b.jpg



◆ BON JOVI / PEACE ISLAND Live at Tokyo Dome 2013 (2CDR) この商品はこちらから

2013年ジャパン・ツアーより、東京公演初日となる、12月4日、東京ドーム公演を、ジョンとギターのフィルXの3人が、ステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースをミックスしたライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた24bit/96kデシタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスにて収録。

まず先のツアー同様、リッチー・サンボラ不在のまま来日となったものの、代役を務めるフィルが、演奏面・コーラス・ワーク両方おいて、不調のジョンを支えるべく素晴らしいプレイを発揮。また定番となっている「I'll Sleep When I'm Dead」から始まるカヴァー曲メドレーも、前日の大阪公演から変化があり、「Rockin' All Over The World (John Fogerty)」と、「You Shook Me All Night Long (AC/DC)がセット・イン。また「You Shook Me All Night Long」でヴォーカルをとるのはフィルで、こちらもちょっとした聞きどころ。
さらにボーナスとして、この日の開演前に行われたサウンド・チェックの模様を、こちらもジョン・フィル両名のIEMソースをミックス収録。本番では演奏されていない「I'll Be There For You」もプレイされており、このあたりもファンにとっては嬉しいところ。

Disc 1 : 01. Opening 02. That's What The Water Made Me 03. You Give Love A Bad Name 04. Raise Your Hands 05. Lost Highway 06. Whole Lot Of Leavin' 07. It's My Life 08. Because We Can 09. What About Now 10. We Got It Goin' On 11. Keep The Faith 12. (You Want To) Make A Memory 13. Captain Crash & The Beauty Queen From Mars 14. Born To Be My Baby 15. We Weren't Born To Follow
Disc 2 : 01. Who Says You Can't Go Home 02. I'll Sleep When I'm Dead 03. Rockin' All Over The World (John Fogerty cover) 04. Start Me Up (Rolling Stones cover) 05. Great Balls of Fire (Jerry Lee Lewis cover) 06. You Shook Me All Night Long (AC/DC cover) 07. I'll Sleep When I'm Dead Reprise 08. Bad Medicine 09. Shout / Bad Medicine Reprise –encore- 10. In These Arms 11. Have A Nice Day 12. Wanted Dead Or Alive 13. Livin' On A Prayer 14. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 4th December 2013]
15. What About Now 16. Lost Highway 17. Because We Can 18. I'll Be There For You
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 4th December 2013]

◇Personnel; Jon Bon Jovi (Vocals, Guitar) David Bryan (Keyboards) Tico Torres (Drums, Percussion) Hugh McDonald (Bass) Bobby Bandiera (Rhythm Guitar, Vocals) Phil X (Lead Guitar, Vocals)

2013年12月06日

ポール、ウィングス時代のレア映像集、第1弾!

igls035p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY & WINGS / CHRONOLOGY #1 1970-1976 (3DVDR) この商品はこちらから

ビートルズ関連専門の映像レーベルInner Grooveより、ポールのソロ/ウイングス時代のレア映像をコンパイルしたクロノロジー・シリーズ、第1弾がここに。

本タイトルはビートルズ脱退後のポールが、ウイングスで再び成功を収めることとなる、1976年途中までの足跡を、あらゆる映像ソースを網羅して、時系列で追うレーヘル独自のプロダクトとなるもの。
そしてまず、"恋することのもどかしさ"、"3 Legs"などのソロ初期のクリップから、"ハイ・ハイ・ハイ"、"マイ・ラブ"、"バンド・オン・ザ・ラン"などのウイングス期のクリップはもちろん、ライヴ・ツアーの素材から制作された"ワインカラーの少女"、"ヴィーナス&マース"などのクリップやTVショー、そしてリハーサルや、秘蔵ライヴ映像、客席から撮影された8ミリ映像などを、年代・日付順に徹底的にコンパイル。
トータル3時間46分に及ぶヴォリュームで、この時期のほぼ全ての映像記録を一挙に網羅。
さらに 初回限定として1975年豪州ツアーにおける11月13日のメルボルン公演を、マスター・クオリティー、プロショットで、112分にわたり収録したボーナス1DVDRも追加。
こちらは初回限定エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

DISC ONE :
Opening [Slate with Japanese Subtutles] / 1970 - slate [music; junk] / Maybe I'm Amazed [video clip 1970] / album"RAM" / Another Day [slate / montage clip] / Heart Of The Country [video clip 1971] / 3 Legs [video clip 1971] / '71 WINGS debut / "WILDLIFE" [1971 Give Ireland Back to the Irish (Rehearsal)] / 72 Feb : ICA Rehearsal [Wild Life / The Mess / Lucille ] / Mary Had A Little Lamb #1 [video clip 1972] / Mary Had A Little Lamb #2 [The Flip Wilson Show 1972] / 1972 8/09 NORWAY, OSLO [Best Friend / Maybe I'm Amazed .. etc] / 1972 8/21 HOLLAND, HAGUE [Wild Life / Hi Hi Hi .. etc] / 1972 8/22 BELGIUM, ANTWERP [Mumbo / I Am Your Singer / Cottonfields ...etc] / Hi Hi Hi [video clip 1972] / C Moon [video clip 1972]/ The Mess / Maybe I'm Amazed / Long Tall Sally [James Paul McCartney Show 1973] / My Love [video clip 1973] / Live And Let Die [James Paul McCartney Show '73] / 1973 7/10 NEW CASTLE, UK [Little Woman Love / C Moon] / Helen Wheels [video clip 1973] / Band On The Run Trailer [Album Promo Trailer 1973] / Jet [One Hand Clapping 1974] / Mamunia [video clip 1974] / Band On The Run [video clip 1974] / '74 : One Hand Clapping [One Hand Clapping Theme] / Soily [One Hand Clapping Theme] / Bluebird [One Hand Clapping Theme] / Suicide [One Hand Clapping Theme] / Nineteen Hundred and Eighty Five [One Hand Clapping Theme] / Junior's Farm [TOTP 1974] / Mine For Me [FACES with Paul & Linda 1974]

DISC TWO :
1975 "VENUS & MARS" Slate [slate] / Listen to What the Man Said [Exclusive montage clip] / 1975 9/06 Tour Rehearsal London [Jet / Live and Let Die ..etc] / 1975 9/12: MANCHESTER, UK [Letting Go] / 1975 9/21 : SCOTLAND [Apollo, Glasgow, Scotland] / Letting Go [video clip (Live 1975)] / Venus And Mars / Rock Show [video clip (Live 1975)] / 1975 11/01 : AUSTRALIA [Yesterday/ Blackbird (Rehearsal)/ Hi, Hi, Hi ...etc] / 1975 11/05 : AUSTRALIA [Venus And Mars / Band on the Run ...etc] / 1975 11/08 : AUSTRALIA [Scrambled Eggs(Rehearsal) / Leaving the Stage] / 1975 11/10 : AUSTRALIA [Soily] / 1975 11/11 : AUSTRALIA [Richard Cory] / Band On The Run [Video Clip from the Tour 1975] / Aborted JAPAN Tour [Venus And Mars/Rock Show , Nov 13th Melbourne] / 1976 3/25 : HOLLAND [Venus And Mars/Rock Show] / 1976 3/26 : FRANCE [Silent Film] / Silly Love Songs [video clip 1976] / 1976 5/03 : FORT WORTH [US Tour Opening Night Document] / 1976 5/07 : DETROIT 1st [Spirits Of Ancient Egypt / Bluebird ...etc] / 1976 5/08 : DETROIT 2nd [Silent Film] / 1976 5/10 : OHIO [Lady Madonna / My Love / Silly Love Songs] / 1976 5/12 : PHILADELPHIA [Maybe I'm Amazed / Lady Madonna ...etc] / 1976 5/22 : BOSTON [Time To Hide / Silly Love Songs ...etc] / 1976 5/24 : NYC M.S.G. [Venus And Mars / Rock Show / Jet]

BONUS Limited DVD-R:
Venus and Mars / Rock Show / Jet / Let Me Roll It / Spirits of Ancient Egypt / Little Woman Love / C Moon / Maybe I'm Amazed / Lady Madonna / The Long and Winding Road / Live and Let Die / Picasso's Last Words / Richard Cory / Bluebird / I've Just Seen a Face / Blackbird / Yesterday / You Gave Me the Answer / Magneto and Titanium Man / Go Now / Call Me Back Again / My Love / Listen to What the Man Said / I Letting Go / Medicine Jar / Junior's Farm / Band on the Run / Hi, Hi, Hi / Soily /
[at Sidney Myer Music Bowl, Melbourne, Australia, November 13th 1975 :122mins./Pro.Shot]


2013年12月01日

アトムス・フォー・ピース、来日公演の決定盤!

xahm01112.jpg



◆ ATOMS FOR PEACE / TOKYO 1ST & 2ND NIGHT 2013 (4CDR) この商品はこちらから

トム・ヨークをメインとし、レッチリのフリー、レディオヘッドのプロデューサーのナイジェル・ゴドリッチ、R.E.M.のドラムス、ジョーイ・ワロンカー、そしてブラジル出身のマルチ・プレイヤー、マウロ・レフォスコらによるスーパー・バンドは、2009年より活動を開始。
そして2013年2月アルバム『アモック』を日本先行リリースした後、7月からは本格的にツアーをスタートさせた中、待望の単独来日となった2013年ジャパン・ツアーより、東京2連続公演の初日と2日目となる、11月21&22日、新木場スタジオ・コースト公演を、フリー、トム・ヨーク、ナイジェル・ゴドリッチの3人が、ステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースをミックスしたライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた24bit/96kデシタル・オーディエンス・マスターを、両日完全フル・マトリックスにて収録。
まず複数のモニター・ソースをミックス処理することで、素晴らしいステレオ感を演出しており、左にナイジェル、右にフリー、中央にトム・ヨークのソースを配置した定位感は、通常のオーディエンス・ソースとは一線を画すもので、特に2日目は、もうこれ以上のリアル・サウンドはあり得ないと断言できるもの。
そしてセットリストも、1回目のアンコールで初日の”Reverse Running”から、2日目は”The Hollow Earth”にシフト・チェンジしているあたりもファンは要チェック。さらにボーナス・トラックとして、両日オープニング・アクトで登場したANSTAMのライブも、デジタル・オーディエンス・マスターからコンプリート収録。いずれも即ソールド・アウトとなったプレミアム・ライブであり、その模様をベスト・クオリティーで完全再現した、ファン必携のコレクターズ・エディション。


Disc 1 : 01. intro 02. Before Your Very Eyes... 03. Default 04. The Clock 05. Ingenue 06. Unless 07. And It Rained All Night 08. Harrowdown Hill 09. Dropped 10. Cymbal Rush -encore 1- 11. Feeling Pulled Apart by Horses 12. Reverse Running
Disc 2 : 01. Rabbit in Your Headlights 02. Paperbag Writer 03. Amok –encore 2- 04. Atoms for Peace 05. Black Swan (Bonus Track) 06. Opening Act : ANSTAM
[at Shinkiba Studio Coast, Tokyo, Japan 21st November 2013]

Disc 3 : 01. intro 02. Before Your Very Eyes... 03. Default 04. The Clock 05. Ingenue 06. Unless 07. And It Rained All Night 08. Harrowdown Hill 09. Dropped 10. Cymbal Rush -encore 1- 11. Feeling Pulled Apart by Horses 12. The Hollow Earth
Disc 4 : 01. Rabbit in Your Headlights 02. Paperbag Writer 03. Amok –encore 2- 04. Atoms for Peace 05. Black Swan (Bonus Track) 06. Opening Act : ANSTAM
[at Shinkiba Studio Coast, Tokyo, Japan 22nd November 2013]
Thom Yorke - vocals, guitar, piano / Flea - bass, melodica / Nigel Godrich – keyboards, guitar / Joey Waronker – drums / Mauro Refosco – drums, percussion

* なお、各日のバラ売り(各2CDR)や、来日のライブ映像関連なども同時入荷。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37