« 2013年12月 | メイン | 2014年02月 »

2014年01月25日

ジョージあの名盤のセッション・コンプリート盤!

mccd348.jpg



◆ GEORGE HARRISON / All Things Must Pass Sessions (プレス6CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ジョージの不朽の名盤『オール・シングス・マスト・パス』のセッション・テイクを完全網羅したタイトルが永久保存プレス6CDのフル・ヴォリュームにてここに。

1970年発表以来、ジョージの金字塔的作品として名高い同アルバムは、全米No.1ヒットとなった「マイ・スィート・ロード」を始め、シングル・カットされた「美しき人生」、エリックが歌い改めて名曲だと再確認させられた「ビウェア・オブ・ダークネス」など、楽曲の良さはもちろん、フィル・スペクターの重厚なプロデュースなども功績のひとつ。そして本作は、その現存するアルバム・セッション・テイクをベスト・クオリティーでで網羅した決定盤となるもので、特にdisc:1には、フィル・スペクターに手渡す前の最初期となるデモ音源も。シンプルながらすでに楽曲の美しさは際立っているのがわかり、その後は実際のアルバムの曲順に沿って、現存するアウトテイクや、各楽曲ごとの別ミックスなどを網羅した6枚組の大作。本作があれば、すべて関連タイトルは不要と断言できる永久保存の完全限定プレス盤。


DISC ONE :
[DEMO TAPE for PHIL SPECTOR : ABBEY ROAD STUDIOS May 27, 1970]
01. Run Of The Mill 02. Art Of Dying 03. Everybody, Nobody 04. Wah-Wah 05. Window, Window 06. Beautiful Girl 07. Beware Of Darkness 08. Let It Down 09. Tell Me What Has Happened To You 10. Hear Me Lord 11. Nowhere To Go 12. Cosmic Empire 13. Mother Divine 14. I Don't Wanna Do It 15. If Not For You 16. Let it Down #2 (Guitar Overdubs onto Demo take 1) 17. Beware of Darkness
[RECORDING SESSIONS May-October, 1970]
[ I’D HAVE YOU ANY TIME] 18. stereo remix RS1 announcement 19. Early take
[MY SWEET LORD] 20. Demo Take 1 21. Rough Mix 22. basic track with vocal stereo remix RS1 23. Single version

DISC TWO :
[WAH-WAH] 01. Take 3, Rough Mix 1 02. Take 3, Rough Mix 2 additional overdubs 03. Take 3, RS1
[ISN’T IT A PITY (Version One)] 04. Early stereo remix with count-in WHAT IS LIFE 05. Backing Track with vocal guide 06. Backing Track with Overdubs 1 07. Backing Track with Overdubs 2 08. Rough Mix 09. RS1, Take 25 10. Instrumental with Horn Overdubs
[IF NOT FOR YOU] 11. Rough Mix 12. RS1
[BEHIND THE LOCKED DOOR] 13. Demo Take 1 14. Rough Mix 1 15. Rough Mix 2 16. RS1

DISC THREE :
[LET IT DOWN] 01. Take 8 02. Take 8 Rough Mix Overdubs 1 03. Take 8 Rough Mix Overdubs 2 04. Take 8 Rough Mix Overdubs 3 05. Rough Vocal take 1 RS1 06. Rough Vocal take 2
[RUN OF THE MILL] 07. Rough Vocal take 08. Rough Mix with Overdubs 1 09. Rough Mix with Overdubs 2 10. Stereo Remix RS1 (False Start) 11. Stereo Remix RS2
[BEWARE OF DARKNESS] 12. Early vocal take RS1 13. Basic Track 14. Rough Mix with Overdubs 1 15. Rough Mix with Overdubs 2 16. Rough Mix with Overdubs 3

DISC FOUR :
[APPLE SCRUFFS] 01. take #1 breakdown 02. take #2 03. take #3 breakdown with false start 04. take #4 breakdown 05. take #5 breakdown 06. take #6 breakdown 07. take #7 08. take #8 breakdown 09. take #9 breakdown 10. take #10 breakdown 11. take #11 breakdown 12. take #12 breakdown 13. take #13 14. "Mama You’ve Been On My Mind" take #14 15. take #15 16. take #16 17. take #17 18. take #18 19. Take 18 Rough Mix with Overdubs 1 20. Take 18 Rough Mix with Overdubs 2 21. Take 18 Rough Mix with Overdubs 3
[BALLAD OF SIR FRANKIE CRISP (LET IT ROLL)] 22. Rough Mix 23. RS1
[AWAITING ON YOU ALL] 24. Take 1 “Awaiting FOR you All” 25. Backing track 26. Rough Mix with Overdubs 27. Rough Mix Horn Overdubs 28. Instrumental Rough Mix 29. RS1 (instrumental) 30. Monitor Mix

DISC FIVE :
[ALL THINGS MUST PASS] 01. Take 1 02. Alternate take 03. Rough Mix 1 (false start) 04. Rough Mix 2
[I DIG LOVE] 05. Take 20 RS1 06. Take 20 RS2
[ART OF DYING] 07. Take 9 (Ringo on drums) 08. Take 26 Rough Mix 1 09. Take 26 Rough Mix with Overdubs 1 10. Take 26 Rough Mix with Overdubs 2 11. Take 26 RS1
[ISN’T IT A PITY (Version Two)] 12. Rough Mix Take 30 13. RS1 Take 30
[HEAR ME LORD] 14. Baisc track with Rough vocal Guide 15. Rough Mix with Overdubs 16. Early Stereo Remix
[THANKS FOR THE PEPPERONI] 17. Unedited and longer jam- stereo

DISC SIX :
[OUT OF THE BLUE] 01. RS1
[IT’S JONNY’S BIRTHDAY] 02. Alternate Mix 1 03. Alternate Mix 2
[PLUG IN ME] 04. Unedited and longer jam –stereo 05. RS1 06. RS2
[I REMEMBER JEEP] 07. Unedited and longer jam- stereo Outtakes from the ATMP Sessions 08. Woman, Don’t You Cry for Me
[I LIVE FOR YOU] 09. Studio outtake 1 10. Studio outtake 2 11. Studio outtake 3 12. Down To the River - Whenever / I Still Love You 13. Rehearsal 14. Takes 43 & 44 15. Dehra Dun 16. Going Down To Golders Green 17. Gopala Krishna 18. Get Back

2014年01月24日

ブラー、感動の来日公演をここに再現!

xavels030b.jpg



◆ BLUR / BUDOKAN 2014 (プレス2CD) この商品はこちらから

2014年、2003年のサマソニから数えて実に11年の再来日となったブラーの2夜限りの日本公演より、チケット販売開始から即ソールド・アウトとなった1月14日本武道館公演を、超高品質オーディエンス・マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティーにてプレス2CD仕様にてここに。
かつてはオアシスと人気を二分した90年代ブリティッシュ・ポップ・バンドの代表として、数多くの名曲を残しつつ、2004年ごろに活動停止。そして2009年に再始動してからも初の再結成ライブをここ日本で披露。そして前日が追加公演となったため、この日が2日目となる中、オリジナル・メンバー以外にキーボードやホーン・セクションも加えたゴージャズな布陣で90年代の名曲を次々と披露し、そのほとんどが大合唱。なお、セットも前日からさらに「Young & Lovely」「No Distance Left To Run」そして「Death Of A Party」の3曲を追加という、ファン感涙もの。
音質・内容ともにまさに最高と言える、再来日を記念した限定プレス盤リリースゆえ、ファンはお早めに。

Disc 1 : 01. Opening (Theme From Retro) 02. Girls & Boys 03. There's No Other Way 04. Beetlebum 05. Young & Lovely 06. Out Of Time 07. Trimm Trabb 08. Caramel 09. Coffee & TV 10. No Distance Left To Run 11. Tender
Disc 2 : 01. To The End 02. Country House 03. Parklife (with Phil Daniels) 04. End Of A Century 05. Death Of A Party 06. This Is A Low -encore- 07. Yuko & Hiro 08. Under The Westway 09. For Tomorrow 10. The Universal 11. Song 2
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 14th January 2014]
◇Personnel; Damon Albarn (Vocals, Keyboards, Guitar) Graham Coxon (Guitar, Vocals) Alex James (Bass) Dave Rowntree (Drums)


2014年01月23日

ボール・マッカートニー、奇跡の2002年来日ライブ・ボックス!

mccd360c.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / DRIVING JAPAN TOUR 2002 (プレス10CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、噂を呼んでいた、ポール2002年来日公演を完全コンプリートしたボックス・セットのリリースがついに実現。しかもこの奇跡の歴史的音源は、史上初公開となる完全オリジナル・オーディエンス・ソースを使用した、サウンドボード・レベルの奇跡的クオリティーによるもので、東京・大阪計5公演を全て超高音質で完全再現。
しかも東京ドーム初日となる11月11日の模様を、ベスト・クオリティー・オーディエンス映像で収録したDVDも付いたプレス10CD+1DVD仕様となる、まさに永久保存超レア・コレクターズ・アイテム。

2013年の来日公演の記憶も新しい中、2014年に入りついに以前よりその存在がウワサを呼んでいた、ポールマッカートニー2002年の来日公演のコンプリート・ボックスが登場。しかも本邦初公開となる完全オリジナルの未発表ソースなうえ、驚くのはその音質クオリティー。まるでサウンドボード音源と思える、クリアーかつ迫力あるサウンドで、これは所有テーパー本人が当時DATレコーディングした後、そのまま保管していた全くの未発表ソースとなるもの。その録音者本人の提供により、ミスター・クローデル独占で、今回陽の目を見ることになったこのソースは、過去に唯一、大阪最終日のみ、「MAIDO IN OSAKA」というタイトルで流通した中、今回その公演もマスターDATから新たにマスタリングされ、全5公演、まさに奇跡的なサウンドボード・レベルによるもの。
耳障りなオーディエンス・ノイズも無く、高音の伸びや重低音の響きまでバランス良く、さらに程よいオーディエンスの雰囲気や、その場の空気感までも収録されており、まさにこれ以上はあり得ないと言える、当時のDAT機器がいかに優れていたかという証明でもあり。
さらに同じテーパーが同じ機材、同じ場所でレコーディングしていたため、全公演ほぼ均一のクオリティを保持しているという点も大きなポイントで、当時のアルバム『Driving Rain』と共に全世界を席巻した日本での素晴らしいパフォーマンスを全てコンパイル。
なお当時日本では、後のシルク・ド・ソレイユ『LOVE』に繋がるサーカス的なパフォーマンスが行なわれ、ステージ上のスクリーンにバイオリン・ベースのシルエットが投影、ギターのフィード・バックに誘われてポールが登場するという、今でも思い出すと胸の高まる演出でスタートし、そしてオープニングが初めてライヴ演奏するビートルズの「Hello Goodbye」というあたり、往年のファンは懐かしいところ。
他にも日本語のMCをふんだんに挿入したり、世界初の試みとして日本語の同時通訳がスクリーンに映されていたのも思い起こされるところ。
そして演奏自体も、「Let Me Roll It」にはまだ「Foxy Lady」のジャムがつかないシンプルなアレンジ、「Fool On The Hill」にはマジック・ピアノのイントロが加えられ、「Something」は途中でバンドに移行せず最初から最後までウクレレで演奏。そしてこの時のみの、あまりに美しい「She’s Leaving Home」や、最後を締めくくるのはアビーロード・メドレーではなく、「SGT. Pepper’s Reprise」と「The End」の特別メドレーと、全てが懐かしくも想い出深いものばかり。
さらにカップリングで初日となる11日東京ドーム公演を、良好アングルによるオーディエンス・ショットでコンプリート収録したDVDもプラス。
こちら特筆すべきは音声が5.1chサラウンド仕様になっており、前後左右のスピーカーに加え、正面とウーハーから、それぞれ独立した音声が出力されるため、臨場感のあるサウンドで当日の模様を再現。因みに過去5.1chサラウンドというのは、単に同じ音声がそれぞれのスピーカーから流れる程度のものがほとんどで、しかもオーディエンス録音におけるその効果はステレオ感に乏しかった中、本作はオーディエンス・ソースが複数存在する利点に着目し、左右のスピーカーと後左右のスピーカーと、まったく異なるソースを使用することにより、今までの単一ソースでは得られない臨場感と音の広がりを出すことに成功。まさに東京ドームの真ん中に位置してコンサートを鑑賞するそのままを追体験できるスグレもの。

歴史的大発掘と言える2002年ポールの来日公演を全5公演、さらに映像もセットにした永久保存アイテムは、完全限定仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。


DISC ONE : 01. Opening Performances 02. Hello Goodbye 03. Jet 04. All My Loving 05. Getting Better 06. Coming Up 07. Let Me Roll It 08. Lonely Road 09. Driving Rain 10. Your Loving Frame 11. Blackbird 12. Every Night 13. We Can Work It Out 14. You Never Give Me Your Money - Carry That Weight 15. The Fool On The Hill 16. Here Today 17. Something 18. Eleanor Rigby 19. Here There And Everywhere
DISC TWO : 01. Michelle 02. Band On The Run 03. Back In The U.S.S.R. 04. Maybe I'm Amazed 05. Let 'Em In 06. My Love 07. She's Leaving Home 08. Can't Buy Me Love 09. Live And Let Die 10. Let It Be 11. Hey Jude 12. The Long And Winding Road 13. Lady Madonna 14. I Saw Her Standing There 15. Yesterday 16. Sgt. Pepper's Reprise - The End
[at TOKYO DOME November 11th 2002]

DISC THREE : 01. Opening Performances 02. Hello Goodbye 03. Jet 04. All My Loving 05. Getting Better 06. Coming Up 07. Let Me Roll It 08. Lonely Road 09. Driving Rain 10. Your Loving Frame 11. Blackbird 12. Every Night 13. We Can Work It Out 14. You Never Give Me Your Money - Carry That Weight 15. The Fool On The Hill 16. Here Today 17. Something 18. Eleanor Rigby 19. Here There And Everywhere
DISC FOUR : 01. Michelle 02. Band On The Run 03. Back In The U.S.S.R. 04. Maybe I'm Amazed 05. Let 'Em In 06. My Love 07. She's Leaving Home 08. Can't Buy Me Love 09. Live And Let Die 10. Let It Be 11. Hey Jude 12. The Long And Winding Road 13. Lady Madonna 14. I Saw Her Standing There 15. Yesterday 16. Sgt. Pepper's Reprise - The End
[at TOKYO DOME November 13th 2002]


DISC FIVE : 01. Opening Performances 02. Hello Goodbye 03. Jet 04. All My Loving 05. Getting Better 06. Coming Up 07. Let Me Roll It 08. Lonely Road 09. Driving Rain 10. Your Loving Frame 11. Blackbird 12. Every Night 13. We Can Work It Out 14. You Never Give Me Your Money - Carry That Weight 15. The Fool On The Hill 16. Here Today 17. Something 18. Eleanor Rigby 19. Here There And Everywhere 20. Michelle
DISC SIX : 01. Band On The Run 02. Back In The U.S.S.R. 03. Maybe I'm Amazed 04. Let 'Em In 05. My Love 06. She's Leaving Home 07. Can't Buy Me Love 08. Live And Let Die 09. Let It Be 10. Hey Jude 11. The Long And Winding Road 12. Lady Madonna 13. I Saw Her Standing There 14. Yesterday 15. Sgt. Pepper's Reprise - The End
[at TOKYO DOME November 14th 2002]

DISC SEVEN : 01. Opening Performances 02. Hello Goodbye 03. Jet 04. All My Loving 05. Getting Better 06. Coming Up 07. Let Me Roll It 08. Lonely Road 09. Driving Rain 10. Your Loving Frame 11. Blackbird 12. Every Night 13. We Can Work It Out 14. You Never Give Me Your Money - Carry That Weight 15. The Fool On The Hill 16. Here Today 17. Something 18. Eleanor Rigby 19. Here There And Everywhere 20. Calico Skies
DISC EIGHT : 01. Michelle 02. Band On The Run 03. Back In The U.S.S.R 04. Maybe I'm Amazed 05. Let 'Em In 06. My Love 07. She's Leaving Home 08. Can't Buy Me Love 09. Live And Let Die 10. Let It Be 11. Hey Jude 12. The Long And Winding Road 13. Lady Madonna 14. I Saw Her Standing There 15. Yesterday 16. Sgt. Pepper's Reprise - The End
[at OSAKA DOME November 17th 2002]

DISC NINE : 01. Opening Performances 02. Hello Goodbye 03. Jet 04. All My Loving 05. Getting Better 06. Coming Up 07. Let Me Roll It 08. Lonely Road 09. Driving Rain 10. Your Loving Frame 11. Blackbird 12. Every Night 13. We Can Work It Out 14. You Never Give Me Your Money - Carry That Weight 15. The Fool On The Hill 16. Here Today 17. Something 18. Eleanor Rigby 19. Here There And Everywhere 20. Calico Skies
DISC TEN : 01. Michelle 02. Band On The Run 03. Back In The U.S.S.R. 04. Maybe I'm Amazed 05. Let 'Em In 06. My Love 07. She's Leaving Home 08. Can't Buy Me Love 09. Live And Let Die 10. Let It Be 11. Baby Face 12. Hey Jude 13. The Long And Winding Road 14. Lady Madonna 15. I Saw Her Standing There 16. Yesterday 17. Sgt. Pepper's Reprise - The End
[at OSAKA DOME November 18th 2002]

DVD DISC : 01. Hello Goodbye 02. Jet 03. All My Loving 04. Getting Better 05. Coming Up 06. Let Me Roll It 07. Lonely Road 08. Driving Rain 09. Your Loving Frame 10. Blackbird 11. Every Night 12. We Can Work It Out 13. You Never Give Me Your Money - Carry That Weight 14. The Fool On The Hill 15. Here Today 16. Something 17. Eleanor Rigby 18. Here There And Everywhere 19. Michelle 20. Band On The Run 21. Back In The U.S.S.R. 22. Maybe I'm Amazed 23. Let 'Em In 24. My Love 25. She's Leaving Home 26. Can't Buy Me Love 27. Live And Let Die 28. Let It Be 29. Hey Jude 30. The Long And Winding Road 31. Lady Madonna 32. I Saw Her Standing There 33. Yesterday 34. Sgt. Pepper's Reprise - The End
[at TOKYO DOME November 11th 2002]


2014年01月22日

レインボー、1979年のプロショット・ライブが奇跡の発掘!

nd4387d.jpg



◆ RAINBOW / GRAHAM BONNET DAYS (1DVDR) この商品はこちらから

グラハム・ボネット在籍時となる1979年「Down To Earth」リリース時のレア・ライブ映像が、マスター・クオリティー、プロショット映像にてここに。

2013年末、突如ネット公開された、1979年のUSツアーからの、12月1日ニュージャージー、パサイックのキャピトル・シアター公演を、ビル・グラハムの「Wolfgang‘s Vault」公開による良好プロショット映像にて76分にわたり収録。これは関係者流出によるモノクロ映像ながら、カンペキなマルチカメラ・プロショットによるもので、ネット・アップされたものよりクオリティーも良好と言えるもの。そして何よりオープニング一部がカットされている以外は、この貴重な時期のパフォーマンスをほぼコンプリート・プロショットで収めたもので、グラハム時代の映像であのモンスターズ・オブ・ロックも30分ほどの収録だっただけに、まさに奇跡の歴史的大発掘と言えるもの。
そしてその映像はイントロは未収録ながら、コンサート1曲目の「Eyes Of The World」からスタート。曲の序盤こそ一部欠落もあるものの、曲中盤からは安定し、そのままラストまで、的確なクローズ・アップ・アングルと、完璧なサウンドボード音質にて収められており、ライブはそのまま当日のメイン・アクトだったスコーピオンズを讃えるグラハムのMCに続き、曲は「Love's No Friend」へ。そしてこの日は「Since You Been Gone」が演奏されず、「Brandenburg Concerto」から「Over The Rainbow」へ直結するパターンで、その後間髪をいれずに「All Night Long」が始まる場面は鳥肌もの。さらに「All Night Long」の後半では、グラハムと観客とのコール&レスポンスもあり、そしてヤマ場と言える「Lost In Hollywood」へ。グラハムのシャウトが炸裂する怒涛の曲本編から、リッチーの「Beethoven 9th」、そしてコージーの「1812 Overture」まで、全てが一連の流れが、カンペキにプロショットで観れるというのはまさに感涙もの。
そしてアンコールは「Lazy」をイントロに配した「Man On The Silver Mountain」から始まり、「Long Live Rock 'n' Roll」からラストのギター・クラッシュは、これぞ本タイトル最大の魅せ場。ギターをアンプや床に叩きつけるド派手なアクションを繰り広げるリッチーに、発火したキャビネットなど、あの伝説の狂気のパフォーマンスをここに完全再現し、貴重な映像はエンド。
なお、本タイトルは他にもグラハム時代のプロモ・クリップ2曲、さらにその後は1980年ユーロ・ツアーから2月1日ベルギー公演の模様を、8mmビデオのフィルムより収録した映像は、かなり細切れで、クオリティーはきびしいもものの、レア度は大。そしておなじみ同年の、コージーが脱退の意思表示をし、ラスト・ライブに決定した8月16日、伝説のモンスター・オブ・ロックもマスター・クオリティー、プロショットにて追加収録。
1979年の奇跡的な発掘映像も含めて、最も人気の高いグラハム期レインボーの映像の全てをここにコンパイルした、トータル129分は、往年のファン絶対必見のマスト・アイテム!

[Promotion Video]
01.All Night Long/02.Since You've Been Gone
[at Capitol Theatre, Passaic, NJ USA, December 1st 1979]
03.Eyes Of The World/04.Love's No Friend/05.Over The Rainbow/06.All Night Long/07.Lost In Hollywood (with Guitar, Keyboard And Drum Solos)/08.Lazy/09.Man On The Silver Mountain/10.Blues/11.Long Live Rock And Roll/12.Kill The King/Long Live Rock And Roll (Reprise)
[at Brussels, Belgium February 1st 1980]
13.Eyes Of The World/14.Love's No Friend/15.All Night Long/16.Catch The Rainbow /17.Lost In Hollywood/18.Man On The Silver Mountain/19.Will You Still Love Me Tomorrow/20.Long Live Rock And Roll
[Monsters of Rock 1980 : at Donington Park, Castle Donington, UK August 16th 1980]
21.Eyes Of The World/22.Catch The Rainbow/23.Guitar Solo/24.Lazy/25.All Night Long/26.Will You Still Love Me Tomorrow?/27.Long Live Rock And Roll/28.Kill The King/Long Live Rock And Roll (Reprise)


2014年01月20日

エンプレス・バレイ・レーベルから、ついにポールの来日映像が!

pm13slanD.jpg



◆ Paul McCartney / Out There Japan 2013 (プレス2DVD+1BDR) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ・レーベル制作総指揮による、ポールの「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2013」映像版がついに登場。
11月18日と21日東京ドーム公演を、最高峰と言える映像クオリティーで収録した、プレスDVDとブルーレイのセットの永久保存版としてここに。


エンプレス・バレイとザヴェル・ジャパンの共同プロデュースによる、「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2013」(プレス19CD)豪華ボックス・セッは、ファン・サイトでも来日関連音源では最高峰と評されたベスト・クオリティーによるもので、その同レーベルから、ついに待望の映像作品も登場。
そしてその内容は、ジャパン。ツアーのハイライトとなった東京3公演から、初日18日と、最終日の模様を、完全初登場となるオリジナル・オーディエンス・マスターから驚愕のクオリティーにて収録。両公演完全収録ではないため、18日と21日の映像をマトリックスし、セットリスト通りのワンコンサートとして仕上げたもので、特に初日の映像は、ポールの真正面からのショットとなるもので、超クローズド・ショットゆえ、一見するとプロショットかと観間違うほどのクリアーさとクオリティー。また最終日の映像もステージ向かってやや左側からのショットながら、絶妙のカメラ・ワークでステージを捉えており、こちらも超アップ映像も多数。
さらに大きなポイントは、音声パートには、先にリリースされた同レーベルのプレス19CD・豪華ボックス・セットの音源を完全フル・マトリックスするというこだわりよう。
エンプレス・バレイとザヴェル・ジャパンの共同プロデュースによる今回の来日6公演は、最先端の録音機材とマスタリング設備など、レーベルが誇る技術力の粋を結集した渾身のハイクオリティー・サウンドによるもので、ポールのヴォーカルを中心に、全ての楽器を完璧なバランスで捉えた恐るべきダイナミックな音質は、まさにプロフェッショナル・テーパー&マスタリング・エンジニアの仕事ぶりと言えるもの。
その音源をフル使用しているだけにサウンド面はもうオフィシャル・レベルと言えるクオリティーで、しかも今回は、そのビットレイトを落とさないためにも、高画質ブルーレイRと、プレスDVD2枚組というコンボでのリリースとなり、しかもDVDにはボーナス・トラック映像も追加収録。
まさにジャパン・ツアー映像はオフィシャル・リリース以外ではこれ以上のものは無いと言い切れる、完全限定・永久保存マスト・アイテム。


Blu-ray Disc :
01. Opening #1 02. Opening #2
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 21st November 2013]
03. Eight Days A Week 04. Save Us 05. All My Loving 06. Listen To What The Man Said 07. Let Me Roll It/Foxy Lady 08. Paperback Writer 09. My Valentine 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 18th November 2013]
19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita 23. Everybody Out There 24. Eleanor Rigby 25. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 26. Something 27. Ob-La-Di, Ob-La-Da 28. Band On The Run 29. Back In The U.S.S.R 30. Let It Be 31. Live And Let Die 32. Hey Jude
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 21st November 2013]
33. Day Tripper 34. Hi Hi Hi 35. Get Back 36. Yesterday 37. Helter Skelter 38. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

DVD 1 :
01. Opening #1 02. Opening #2
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 21st November 2013]
03. Eight Days A Week 04. Save Us 05. All My Loving 06. Listen To What The Man Said 07. Let Me Roll It/Foxy Lady 08. Paperback Writer 09. My Valentine 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 18th November 2013]
19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita
DVD 2 :
01. Interval
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 18th November 2013]
02. Everybody Out There 03. Eleanor Rigby 04. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band On The Run 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live And Let Die 11. Hey Jude
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 21st November 2013]
12. Day Tripper 13. Hi Hi Hi 14. Get Back 15. Yesterday 16. Helter Skelter 17. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End
[Bonus Track : Tokyo 2nd Night Audio]
18. Jet (18th & 21st Video Mix) 19. Things We Said Today (Slide Show) 20. I Saw Her Standing There (Paul Arrived Japan&Slide Show)

2014年01月15日

またまたポールの、今度は初来日の超レア音源!

imp038p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / THE FABULOUS TOKYO TAPES 1990 (プレス4CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のIMPレーベルより、ポールの初来日となる1990年東京ドーム5日目、3月11日公演を、近年発掘されたニュー・オーディエンス・マスターからコンプリート収録。
さらに初回限定盤は、3月3日初日公演を、こちらも初登場となるオーディエンス・マスターからコンプリート収録した2CDもプラスし、しかも4CD厚型プラケース+英語オビ付きの特別仕様盤にて。

1990年3月ついに実現した来日公演において、本作はその5日目の模様を、アリーナ最前ブロック5列目でレコーディングされたオーディエンス・テープを、テーパー所有マスターからのダイレクト・トランスファーしたもので、とにかくそのクオリティーは東京ドームで録音されたとは思えないほど近く明確な音質によるもの。そしてボーカル及び各楽器の分離も良く、クリアーかつ好バランスで記録されており、さらに
テープ・チェンジで欠落した”The Fool On The Hill”前のMC一部や、”Coming Up”前のMCからイントロ、曲途中、そして”Yesterday”は、同日公演の別良好音源にて補完し、コンプリート収録を実現。なお、客席ノイズも少ないのも特長で、ポールのボーカルやコーラス・ワーク、そしてバンド・アンサンブルまで、この当時の録音機器を思えば、奇跡的といえるもの。
1980年に成田で逮捕され全公演がキャンセルされた後の初来日とあって、メディアの扱いも別格で、多くのビートルズ・ファンの想いが詰まったジャパン・ツアー。よってこの初来日に思い入れがある人も多いハズ。
さらに初回限定ボーナスとして、ツアー初日の3月3日の模様を、こちらも初めて陽の目を見たオーディエンス・マスターから全曲コンプリート収録したプレス2CDをプラス。
同じくテーパーマスターからのダイレクト・トランスファーで、11日公演と比較すれば、若干粗いクオリティーながら、歌・演奏ともに大きくハッキリと録音されており、何より初めて日本のファンの前に姿を表したポールを目の前に、その熱気と興奮が伝わるあたりは感動もの。
2013年の来日公演でもその健在ぶりを示したポールの、記念すべき初来日ツアーの感動が甦る高音質アイテムが、IMPよりここに。
なお、この特典2CD付きの4CDコレクターズ・エディション仕様は、初回入荷限定ゆえ、ご希望の方は是非お早めに。

Disc One : 01. Figure Of Eight 02. Jet 03. Got To Get You Into My Life 04. Rough Ride 05. Band On The Run 06. We Got Married 07. Let'em In 08. The Long And Winding Road 09. The Fool On The Hill 10. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 11. Good Day Sunshine 12. Can't Buy Me Love 13. Put It There / Hello Goodbye 14. Things We Said Today 15. Eleanor Rigby
Disc Two : 01. This One 02. My Brave Face 03. Back In The U.S.S.R. 04. I Saw Her Standing There 05. Coming Up 06. Let It Be 07. Ain't That A Shame 08. Live And Let Die 09. The Hustle 10. Hey Jude 11. Yesterday 12. P.S. Love Me Do 13. Get Back 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Tokyo Dome, Tokyo March 11th 1990(5th Show)]

Disc Three : 01. Figure Of Eight 02. Jet 03. Got To Get You Into My Life 04. Rough Ride 05. Band On The Run 06. We Got Married 07. Let'em In 08. The Long And Winding Road 09. The Fool On The Hill 10. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 11. Good Day Sunshine 12. Can't Buy Me Love 13. Put It There / Hello Goodbye 14. Things We Said Today 15. Eleanor Rigby
Disc Four : 01. This One 02. My Brave Face 03. Back In The U.S.S.R. 04. I Saw Her Standing There 05. Coming Up 06. Let It Be 07. Ain't That A Shame 08. Live And Let Die 09. If I Were Not Upon The Stage 10. Hey Jude 11. Yesterday 12. Get Back 13. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End / 14. Announcement
[Bonus 2CD only for the 1st Edition : Live at Tokyo Dome, Tokyo March 3rd 1990(1st Show)]


2014年01月08日

ビートルズ・ファン要チェックの1963年レア音源!

ar1963sp.jpg



◆ THE BEATLES / ARCHIVE RECORDINGS 1963 (プレス2CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン注目の、2014年レア音源コレクションとして「アーカイヴ・レコーディングス1963」がここに。初登場音源を含めたスタジオ・レコーディング、BBCライブ、そしてデモ音源などが新たに再編集され、アップグレードした改訂版として永久保存プレス2CDにて。

まずオフィシャル未発表だったブートレッグ音源を中心に、2013年12月突如ネット上で配信リリースされた「ブートレッグ・レコーディングス・1963」は、初登場音源となるスタジオ・レコーディングのステレオ・ミックスや、クオリティー・アップしたBBC音源、そしてデモ・トラックが含まれ、大きく注目された一方、BBC音源では曲が頭ギレとなっている不完全編集も複数あり。そこでこの「アーカイヴ・レコーディングス」では、そうした音源を補填修正した上で、カットされた前後のMCや、連続したライブ音源は曲を加えることで、より自然な形のコンプリート収録とし、内容修正を施したアップグレード編集版ゆえ、BBC音源のほとんどがマスターよりも長い収録時間を実現。また曲の日付クレジットも一部間違いがあった中、そうした点も正確なデータ記載に訂正。
さらにデモ音源もポールの「ミッシェル」、ジョージの「ドント・バザー・ミー」等の1963年音源を追加収録し、マスター収録59トラックだった内容が、ここでは計68トラックということに。
ファン必修となる「ブートレッグ・レコーディングス」を、より完璧な形で修正し永久保存のプレス盤でお届けする、リヴァイスド&エクスパンデッド・コレクターズ・エディション。プレス限定仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。

DISC ONE :
(STUDIO RECORDINGS) 1. There's A Place - Take 5 & 6 2. There's A Place - Take 8 3. There's A Place - Take 9 4. Do You Want To Known A Secret - Track 2/Take 7 5. A Taste Of Honey - Track 2/Take 6 6. I Saw Her Standing There - Take 2 7. Misery - Take 1 8. Misery - Take 7 9. From Me To You - Take 1 & 2 10. From Me To You - Take 5 11. Thank You Girl - Take 1 12. Thank You Girl - Take 5 13. One After 909 - Take 1 & 2 14. Hold Me Tight - Take 21 15. Money (That's What I Want) - RM 7 Undubbed
(BBC RECORDINGS : recording date/on air date) 16. Some Other Guy 17. Love Me Do - "Saturday Club" 22nd January 1962 / 26th January 1963 18. Too Much Monkey Business - "Pop Go The Beatles" 1st June 1963 / 11th June 1963 19. I Saw Her Standing There - "Saturday Club" 16th March 1963 / 16th March 1963 20. Do You Want To Know A Secret 21. From Me To You- "Saturday Club" 21st May 1963 / 25th May 1963 22. I Got To Find My Baby 23. Roll Over Beethoven - "Saturday Club" 24th June1963 / 29th June1963 24. A Taste Of Honey - Live At BBC For "Easy Beat" 19th June 1963 / 23rd June 1963 25. I Saw Her Standing There 26. Love Me Do 27. Please Please Me 28. Now Hush, Hush (speech) 29. From Me To You 30. She Loves You - "Easy Beat" 16th October 1963 / 20th October 1963 31. I Want To Hold Your Hand  32. Till There Was You 33. Roll Over Beethoveen 34. Happy Christmas (speech) - "Saturday Club" 17th December 1963 / 21st December 1963

DISC TWO :
(BBC RECORDINGS : recording date/on air date) 1. You Really Got A Hold On Me 2. The Hippy Hippy Shake - "Pop Go The Beatles" 24th May 1963 / 4th June 1963 3. Till There Was You - "Pop Go The Beatles" 1st June 1963 /11th June 1963 4. A Shot Of Rhythm And Blues 5. A Taste Of Honey 6. Money (That's What I Want) - "Pop Go The Beatles" 1st June 1963 / 18th June 1963 7. Anna (Go To Him) - "Pop Go The Beatles" 17th June 1963 / 25th June 1963 8. Love Me Do - "Pop Go The Beatles" 3rd September 1963 / 10th September 1963 9. She Loves You - "Pop Go The Beatles" 3rd September 1963 / 24th September 1963 10. I'll Get You 11. A Taste Of Honey - "Pop Go The Beatles" 3rd September 1963 / 10th September 1963 12. Boys 13. Chains 14. You Really Got A Hold On Me - "Pop Go The Beatles" 3rd September 1963 / 17th September 1963 15. I Saw Her Standing There - "Pop Go The Beatles" 3rd September 1963 / 24th September 1963 16. She Loves You - "Pop Go The Beatles" 3rd September 1963 / 10th September 1963 17. Twist And Shout - "Pop Go The Beatles" 3rd September 1963 / 24th September 1963 18. Misery 19. Do You Want To Know A Secret 20. Please Please Me - "Here We Go" 6th March 1963 / 12th March 1963 21. Long Tall Sally 22. Chains 23. Boys 24. A Taste Of Honey - "Side By Side" 1st April 1963 / 13th May 1963 25. Roll Over Beethoven 26. All My Loving 27. She Loves You 28. Till There Was You - "From Us To You" 18th December 1963 / 26th December 1963
(DEMOS) 29. Bad To Me 30. I'm In Love 31. Michelle 32. Three Coins In The Fountain 33. Don't Bother Me 34. Studio Jam


2014年01月06日

ポール、好評の映像クロノロジー・シリーズ、第2弾。

igls036p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY & WINGS / CHRONOLOGY #2 1976-1979 (4DVDR) この商品はこちらから

ビートルズ関連専門の映像レーベルInner Grooveより、ポールのソロ/ウイングス時代のレア映像をコンパイルしたクロノロジー・シリーズ、第2弾がここに。

本タイトルは大成功を収めた10年振りの1976年全米ツアーの後半から、
1979年の結果的にウイングスとしてラストとなったUKツアー、そして1980年悪夢の来日公演中止までの足跡を、あらゆる映像ソースを網羅して、時系列で追うレーベル独自のプロダクトとなるもの。
そして1976年ツアーでソロとして成功を収めた後、休止期間からまたまた「夢の旅人」の世界的大ヒット。そしてメンバー・チェンジなどを経て迎えた1978年から1979年「BACK TO THE EGG」の制作と、ロッケストラでの豪華メンバーによるレコーディング・ドキュメントまで。今改めて検証すると、やっぱり素晴らしかったと再認識させられる1979年のラスト・ツアーなどは、映像を伴うとさらに理解が深まるといえるもので、そんなウイングス時代最後の活動を年代順・日付順に並べ、現存するビデオ・クリップや、プロショット・ライヴ映像。さらにTVライブや、ファン撮影の秘蔵ライヴ映像などを徹底的にコンパイル。トータル6時間近くに及ぶヴォリュームで、この時期のほぼ全ての映像記録を一挙に網羅。
さらに 初回限定として1976年USツアーにおけるシアトル、キング・ドーム公演を、マスター・クオリティー、プロショットで、94分にわたり収録したボーナス1DVDRも追加。
こちらは初回限定エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

*DISC ONE*
1976 5/25 : M.S.G. NYC [34mins : Venus And Mars / Rock Show / Jet / Medicine Jar / The Long And Winding Road ]
1976 5/29 : KANSAS CITY [Rock Show / Medicine Jar / Maybe I'm Amazed ]
1976 5/31 : CHICAGO 1st [PROSHOT 14mins : Venus And Mars / Let Me Roll It ]
1976 6/01 : CHICAGO 2nd [I've Just Seen A Face / Blackbird / 43mins : Venus And Mars / Rock Show / Jet]
1976 6/04 : MINNESOTA [Lady Madonna / Live And Let Die / My Love / etc]
1976 6/10 : SEATTLE [PROSHOT : "Jet" Original Edit]
1976 6/13 : SAN FRANCISCO [Blackbird/Silly Love Songs/etc]
1976 6/18 : ARIZONA [HAPPY BIRTHDAY PAUL]

*DISC TWO*
1976 6/21 : LOS ANGELES [14mins : Venus And Mars / Rock Show / Maybe I'm Amazed / Go Now / Silly Love Songs / etc]
1976 6/22 : LOS ANGELES [PROSHOT Excerpts from "ROCKSHOW" Jet / Bluebird ]
1976 6/22 : LOS ANGELES [PROSHOT Excerpts from "ROCKSHOW" Listen To What The Man Said]
EUROPE TOUR '76 : [with Japanese Subtitles ]
1976 9/25 : VENICE, ITALY [Jet / Go Now / Band On The Run ]
1976 10/19 : WEMBLEY, LONDON [Venus And Mars / Titanium Man ]
1977 [with Japanese Subtitles]
Mull Of Kintyre #1 [Video Clip 1977]
Mull Of Kintyre #2 Elstree [Video Clip 1977 - Elstree version -]
1978 [with Japanese Subtitles]
With A Little Luck [Video Clip 1978]
I've Had Enough [Video Clip 1978]
London Town [Video Clip 1978]
London Town [Outtake Video Clip 1978]
Good Night Tonight [Back To The Egg Video Clip 1979]
Getting Closer [Back To The Egg Video Clip 1979]
Baby's Request [Back To The Egg Video Clip 1979]
Spin It On [Back To The Egg Video Clip 1979]
Winter Rose/Love Awake [Back To The Egg Video Clip 1979]
Again And Again And Again [Back To The Egg Video Clip 1979]
Arrow Through Me [Back To The Egg Video Clip 1979]
Old Siam Sir [Back To The Egg Video Clip 1979]
Good Night Tonight #2 [Back To The Egg Video Clip 1979]
Baby's Request #2 [Back To The Egg Video Clip 1979]
Wonderful Christmastime [Video Clip 1979]

*DISC THREE*
The Making of ROCKESTRA 1978 [PROSHOT : 3rd October 1978 / EMI Studio, Abbey Road with Guests]
BUDDY HOLLY WEEK 1979 [PROSHOT : London / 14th September]
Raining In My Heart(Denny Laine) / It's So Easy( MACCA) / Bo Diddley(MACCA) / Outro /
1979 11/23 : LIVERPOOL [PROSHOT : Rehearsal & LIVE]
1979 11/26 : LIVERPOOL [Getting Closer / Every Night]
1979 12/16 : GLASGOW [Goodnight Tonight]
WINGS in CONCERT for KAMPUCHEA 1979 [41mins : PROSHOT : Hammersmith Odeon/Dec 29th] Got To Get You Into My Life (sound: LP MIX) / Getting Closer / Every Night / Old Siam Sir / Hot As Sun / Coming Up / Lucille / Let It Be / Rockestra Theme
Rehearsal for JAPAN TOUR [PROSHOT 13mins : Eleanor Rigby..etc]
BUSTED IN JAPAN 1980 [News Clips 1980]

*BONUS DVDR*
[SEATTLE KING DOME 1976 : PROSHOT LIVE : 94mins.]
Venus and Mars / Rock Show(Exclusive Video Mix) / Jet / Let Me Roll It / Spirits of Ancient Egypt / Medicine Jar / Maybe I'm Amazed / Call Me Back Again / Lady Madonna / The Long and Winding Road / Live and Let Die / Picasso's Last Words / Richard Cory / Bluebird / I've Just Seen A Face / Blackbird / You Gave Me the Answer / My Love (part) / Listen To What The Man Said / Let 'Em In / Beware My Love / Horns Introductions / Letting Go / Band On The Run


2014年01月03日

A HAPPY NEW YEAR!

2014jg1.jpg

新年あけましておめでとうございます。

本年もまたどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて恒例のニュー・イヤー・セール」本日から実施中です。

◆ 2014年 NEW YEAR SALE
* 1月3日 (金) - 1月11日(土) [12:00 - 20:00]
* USED アイテム ALL 20%OFF
(中古CD&レコード)
* NEW アイテム ALL 10%OFF
(新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、Tシャツなど)

特に中古アナログ、CDは連日追加放出いたします。
尚、遠方で直接ご来店できない方も、通販をご利用下さい。
その旨、お電話やメールで、
ご希望商品をお知らせいただけたらけっこうです。


◇年始の営業時間
1月 3日(金) -13日(月) 12:00 ~ 20:00 (短縮営業)
1月14日(火) - 12:00 ~ 22:00 (平常営業)


尚、WEBサイトは年末・年始もまったく通常通りご利用いただけます。
http://www.jgarage.com/index.php?main_page=products_new

初詣や観光で京都に来られる機会がございましたら、
是非お立ち寄りください。
ではよろしくお願い申し上げます。

----------------------------------------
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe's Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37