« 2014年06月 | メイン | 2014年08月 »

2014年07月31日

『ア・ハード・デイズ・ナイト』50thアニバーサリー・アイテム

sgtae003.jpg



◆ THE BEATLES / A Hard Day’s Night 50th Anniversary (プレス1CD+2DVD) この商品はこちらから

2014年、リリース50周年となるサード・アルバム『ア・ハード・デイズ・ナイト』が、CD+DVDによるアニバーサリー・エディションとして、ビートルズ専門のSGT.レーベルよりここに。
CDには2014年最新アニバーサリー・ミックスをはじめ、オルタネイト・ミックス、アセテート音源やセッション音源を収録。
そしてDVD ONEには、アルバム全曲をオリジナル編集の映像で再現したビデオ・アルバム、さらにレコーディング・セッションには、現存するアウトテイク音源やミックス違い音源をスライド・ショー形式で一挙収録。
さらにDVD TWOは、オリジナル映画本編を、上下トリミングされていない4:3オリジナル画像でコンプリート収録。また注目は今となっては貴重な日本語吹き替え音声と、オリジナル・モノ英語音声の2種音源がセレクト可能で、日本語吹き替えのカット・シーンには、レーベル・オリジナル日本語字幕も追加。またエクストラ・ビデオには映画未収録曲や、劇場トレイラー、珍しいTV映像、さらにカラー加工映像までも収録。

この50周年アニバーサリー・エディションは、同企画第3弾として、今回もアルバム収録曲の映像と音源マテリアルを徹底収集した、コレクターズ・アイテムとなっており、1964年7月に本国でリリースされた、初の主演映画のサウンドトラック盤となる『ア・ハード・デイズ・ナイト』を徹底解剖。
特に映像DVDが秀逸で、1枚目にはアルバム全曲をオリジナル編集のワイド映像で再現した”ビデオ・アルバム”を収録。当時の貴重なTVやフィルム映像、珍しい映画の撮影映像等を元にオリジナル編集された映像は必見で、また映画本編のモノ音源に対し、こちらはリアル・ステレオ音源で収録。また”レコーディング・セッション”パートには、現存するアウトテイク音源やミックス違い音源をスライド・ショー形式で一挙にまとめて収録。メニュー・セレクトで一発選曲出来るうえ静止画像に曲目表記もあり、数多いセッション音源をCD以上に便利に聴くことが可能。
さらにDVD2枚目に収録のオリジナル映画本編は、現在ワイド画像の公式版とは違う、上下がトリミングされていない4:3オリジナル映像にて完全収録。これまで出回ったビデオやTV放送を元にした映像とは、比較にならないクオリティーで収録された、過去最高のオリジナル版映像。そして注目は今となっては貴重な日本語吹き替え音声とオリジナル・モノ英語音声の2種音源がセレクト可能となっていて、ただしかつてTV放送された日本語吹き替え版は、オリジナル映像に比べ数か所に渡りカットされていたため、今回は日本語吹き替えのカット・シーンには、英語音声にオリジナル日本語字幕を追加表記。全編続けて視聴できる上、どこがカットされたかが判るというもの。
他にも映画未収録曲や劇場トレイラー、珍しいTV映像やさらにカラー加工映像まで、DVDだけでも合計4時間近い収録となっており、映像と音源それぞれのマテリアルを完全網羅した前2タイトル同様、こちらも必携限定マスト・アイテム。


CD:
[ANNIVERSARY EDITION ALBUM]1. A Hard Day's Night (Anniversary Stereo Remix) 2. I Should Have Known Better (Anniversary Stereo Remix) 3. If I Fell (Anniversary Stereo Remix) 4. I'm Happy Just To Dance With You (Movie Stereo Remix) 5. And I Love Her (Anniversary Stereo Remix) 6. Tell Me Why (Movie Stereo Remix) 7. Can't Buy Me Love (Anniversary Stereo Remix) 8. Any Time At All (US Mono Mix) 9. I'll Cry Instead (Stereo Remix) 10. Things We Said Today (Anniversary Stereo Remix) 11. When I Get Home (US Mono Mix) 12. You Can't Do That (Anniversary Stereo Remix) 13. I'll Be Back (US Mono Mix)
[ANNIVERSARY EDITION EXTRA] 14. A Hard Day's Night (Rockband Stereo Remix) 15. I Should Have Known Better (Reel Music - Capitol Stereo Remix) 16. And I Love Her (Extended Stereo Mix) 17. You Can't Do That (Capitol Stereo Remix) 18. A Hard Day's Night (Film Acetate) 19. If I Fell (Film Acetate)20. And I Love Her (Film Acetate) 21. A Hard Day's Night (Instrumental) 22. Can't Buy Me Love (Instrumental)
[AROUND THE BEATLES SESSIONS] 23. Twist And Shout 24. Roll Over Beethoven 25. I Wanna Be Your Man 26. Long Tall Sally 27. Medley : Love Me Do / Please Please Me / From Me To You / She Loves You / I Want To Hold Your Hand 28. Can't Buy Me Love 29. Shout 30. I Wanna Be Your Man (Stereo) 31. Long Tall Sally (Stereo) 32. Boys (Stereo) 33. Shout (Stereo) 34. Medley : She Loves You / I Want To Hold Your Hand (Stereo) Digital Remastered 2014

DVD ONE :
[VIDEO ALBUM - 16:9 wide screen stereo] A Hard Day's Night / I Should Have Known Better / If I Fell / I'm Happy Just To Dance With You / And I Love Her / Tell Me Why / Can't Buy Me Love / Any Time At All / I'll Cry Instead / Things We Said Today / When I Get Home / You Can't Do That / I'll Be Back
[RECORDING SESSIONS] 01 to 09 - A Hard Day's Night (Take 1-9) 10 - (Take 1 Anthology Mix) 11 to 16 - (Take 1-6 Monitor Mix) 17 - (RS from Take 9 Stereo Film Mix) 18 - (RS from Take 9 Stereo 10 guitar-riff) 19 - (UA 8 Rare 8 Track Mono Mix) 20 - (RS1 Stereo Anthology TV Mix) 21 - (Rockband Stereo Mix) 22 - I Should Have Known Better (Take 8 Stereo DVD Mix) 23 - (Take 11 Stereo DVD Mix) 24 - (Take 8 Stereo Video Mix) 25 - (Take 11 Stereo Video Remix) 26 - (Unknown Take) 27 - (RS of Take 22 v1 Fragment) 28 - (Reel Music 1982 Stereo Remix) 29 - (RS from Take 22 v2 Anthology DVD) 30 - If I Fell (Unknown Montage) 31 - (RS from Take 15 v1 Stereo) 32 - (RS from Take 15 v2 Stereo Anthology DVD TV Mix) 33 - And I Love Her (Take 2 Mono Anthology Edit) 34 - (Take 11 + Take 21 Announcement Stereo DVD Mix) 35 - (Stereo VHS Mix) 36 - (Unknown Take Stereo) 37 - (RS from Take 21 Fragments Stereo) 38 - (German Stereo Mix) 39 - Tell Me Why (Take 2 Partial Stereo) 40 - (Take 4 Mono DVD Mix) 41 - (Take 4 Mono VHS Mix) 42 - (RM from Take 8 v1 Mono Film Mix) 43 - (RM from Take 8 v1 Stereo Film Mix) 44 - (RS from Take 8 v2 Stereo) 45 - Can't Buy Me Love (Take 1 Monitor Mix) 46 to 47 - (Take 2-3 Stereo) 48 - (Take 3 Longer Monitor Mix Mono) 49 - (Take 4 Intro Monitor Mix Mono) 50 - (Edit of Takes 1 and 2 Anthology) 51 - (RS from Take 4 V1 Partial Stereo) 52 - (RS from Take 4 V2 Anthology Stereo) 53 - (Rockband Mix) 54 - Any Time At All (RS from Take 11 Anthology DVD Mix) 55 - Things We Said Today (RS from Take 3 Stereo Anthology DVD) 56 - You Can't Do That (Take 6 mono Anthology) 57 - (Unknown Take Intro Stereo) 58 - (Rock'N Roll Music 1976 Stereo Mix) 59 - (RS from Take 9 Stereo) 60 to 61 - I'll Be Back (Take 2-3 Anthology) 62 to 63 - (Take 2-3 Anthology DVD) 64 to 67 - (Take 12-15 Stereo) 68 to 71 - (Take 12-15 Video Mix Mono) 72 - (RS from Take 16 Anthology TV Mix)

DVD TWO :
[ORIGINAL MOVIE - 4:3 standard / Japanese overdub + subtitles / original mono soundtrack] Opening - A Hard Day's Night / Train Sequence / I Should Have Known Better / I Wanna Be Your Man / Don't Bother Me / All My Loving / Press Conference / If I Fell / Can't Buy Me Love / Production Offices / And I Love Her / I'm Happy Just To Dance With You / Ringo's Theme (This Boy) / Can't Buy Me Love / Tell Me Why / If I Fell / I Should Have Known Better / She Loves You / A Hard Day's Night - End Credits
* AUDIO1=Japanese Overdub + Subtitles (Partial) AUDIO2=Original Mono Soundtrack

[EXTRA VIDEO] I'll Cry Instead (Video Montage) / You Can't Do That (Movie Outtakes) / I Should Have Known Better (TV show) / Movie Trailers And I Lover Her (Color) / Tell Me Why (Color) / She Loves You (Color) / You Know What To Do


2014年07月28日

「ジョンの魂」のセッション集大成音源!

mccd391.jpg



◆ JOHN LENNON / PLASTIC ONO BAND SESSIONS (プレス5CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ジョンのファースト・ソロとなる「ジョンの魂」の、デモ、アウトテイク、ラフ・ミックス、モニター・ミックスなどを集大成したタイトルがここに。

ジョンの初ソロ・アルバムとなる「ジョンの魂」は、シンプルな楽器編成でありながら、それゆえに力強いパワーが溢れており、ジョンの魅力が素の状態で凝縮された歴史的名盤として名高いアルバム。歌詞内容も詩的で美しく、またそれぞれの楽曲は「マザー」や「悟り」「孤独」といった個人的なものから、「労働階級の英雄」などディランぽい楽曲まで幅広く、「母の死」といった極私的なものまで、この時期に傾倒していた「プライマリーセラピー」(原初療法)の影響も色濃く反映されているのも特長。
そしてそのセッション音源となる本タイトルは、そんな歴史的名盤の貴重な音源を、すべてマスター・クオリティー、サウンドボード音源にて5枚のディスクに網羅。これさえあれば決定盤というもので、またアルバム収録曲のみならず、同時期のデモ音源やシングルのみの曲なども含め、初登場音源を含み、特に今回初登場の「人々に力を」のオルタネイト・テイクはアセテートからの音源で、今まで完全未発表のもの。永久保存5CDプレス盤にて。

DISC ONE:
[MOTHER] 01. Demo 02. Alternate Take #1 03. Alternate Take #2 04. Rough Take #1 05. Rough Take #2 06. Instrumental Backing (with voice over) 07. Monitor Mix 08. Acetate Rough Mix
[HOLD ON] 09. Rock version Take 1 (breakdown) 10. Rock version Take 2 11. Take 1 12. Take 2 13. Take 3 14. Take 4 15. Take 5 16. Take 6 17. Takes 7, 8 & 9 18. Take 10 19. Take 11 20. Take 12 21. Takes 13 & 14 22. Takes 15, 16 & 17 23. Take 18 24. Take 19 25. Takes 20 & 21 26. Glad All Over (jam) 27. Takes 22 & 23 28. Takes 24, 25, 26, 27 & 28 29. Take 29 (fast version) 30. Take 30

DISC TWO :
[HOLD ON] 01. Take 31 02. Take 32 03. Monitor Mix
[I FOUND OUT] 04. Demo #1 05. Demo #2 06. Alternate Rough take #1 07. Alternate Rough Take #2 08. Alternate Rough Take #3
[WORKING CLASS HERO] 09. Alternate Take - Well Well Well (coda) 10. Censored version
[ISOLATION] 11. Alternate Take #1 (breakdown) 12. Alternate Take #2 13. Alternate Take #3 14. Rehearsal
[REMENBER] 15. Piano Demo 16. Rehearsal / God (coda) 17. It’ll be me (improvisation) 18. Take 1 19. Take 2 20. Take 3 21. Take 4

DISC THREE :
[REMEMBER] 01. Take 5 / Tutti Frutti (coda) 02. Takes 6 & 7 03. Take 8 04. Takes 9 & 10 05. Take 11 06. Take 12 07. Take 13 08. Takes 14, 15 & 16 09. Take 17 (Rough Mix)
[LOVE] 10. Demo 11. Acoustic Rehearsal 12. (You’re So Square) Baby I Don’t Care 13. Rehearsal #1 14. Rehearsal #2 15. Rehearsal #3 16. Rehearsal #4 17. Rehearsal #5 18. Rehearsal #6 19. Piano Rehearsal
20. Take 11 21. Take 12 22. Improvisation 23. Take 14 24. Take 15

DISC FOUR :
[LOVE] 01. Take 16 02. Takes 17 & 18 03. Take 19 04. Take 20 05. Take 21 06. Take 22 (engineer mistake “Take 21”) 07. Take 23 08. Take 24 09. Take 25 10. Take 31 11. Take 32 12. Take 36 13. Takes 37 & 38 14. Stereo Remix
[WELL WELL WELL] 15. Demo 16. Alternate Rough Take
[LOOK AT ME] 17. Demo Take 1 18. Demo Take 2 19. Rehearsal 20. Alternate Take 21. Alternate Rough Mix #1 22. Alternate Rough Mix #2 with overdubs
[GOD] 23. Demo #1 24. Demo #2 25. Demo #3 26. Demo #4 27. Alternate Take #1 28. Alternate Take #2

DISC FIVE :
[GOD] 01. Monitor Mix
[MY MUMMY'S DEAD] 02. Demo #1 03. Demo #2 1970 DEMOS 04. Yoko Ono Poem Game
[WHEN A BOY MEETS A GIRL] 05. Demo #1 06. Demo #2

[STUDIO OUTTAKES & JAM]
07. Long Lost John 08. That’s All Right (Mama) 09. Glad All Over #2 10. Honey Don’t - Don’t Be Cruel – Matchbox
[YOKO ONO PLASTIC ONO BAND SESSIONS JAM]
11. Something More Abstract 12. Between The Takes 13. Slow Blues 14. Fast Rocker
[FLY FILMING SESSIONS DECEMBER 1970] 15-Acoustic improvisations
[POWER TO THE PEOPLE SESSION 1971] 16. Rehearsal 17. Alternate Take 18. Alternate Rough Take #1 19. Alternate Rough Take #2 20. Rough Mix
[GOD SAVE US SESSION] 21. Demo 22. Alternate Take #1 23. Alternate Take #2 24. Acetate Version

2014年07月23日

Joe's Garage、サマー・セールのご案内

shop09b.JPG

こんにちは、Joe's Garageです。 いつもありがとうございます。
毎年恒例の「サマー・セール」のご案内をさせていただきます。
まとめ買い等には、この機会を是非ご利用下さい。

◇期間  7月26日(土) ~ 8月3日(日) [9days 12:00 - 22:00]
* なお26日のみ 12:00 - 19:00
◇Sale価格
* USED アイテム ALL 20%OFF (中古CD&レコード)
* NEW アイテム ALL 10%OFF
(新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、Tシャツなど)

特に中古アナログ、CDは連日追加放出いたします。
尚、遠方で直接ご来店できない方も、通販をご利用下さい。
その旨、お電話やメールで、
ご希望商品をお知らせいただけたらけっこうです。

また、観光などで京都に来られることがございましたら、
是非ショップにもお立ち寄りください。
店頭にてその旨お伝えいただけたら、その場で割引させていただきます。
では全国的に梅雨も明けて、本格的に暑くなってまいりましたが、
また今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

----------------------------------------
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe's Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com


2014年07月19日

アークティック・モンキーズ、来日前の要チェック・アイテム

jm210a.jpg



◆ ARCTIC MONKEYS / AM TOUR COMPILATION 2014 (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

サマソニ2014のヘッドライナーとしての来日前となる、2014年アルバム「AM」リリースに伴うワールド・ツアーから、5月6日オーストラリア、シドニーでのライブを、現地FMオンエアー・マスターより、オフィシャル・クオリティー、ステレオ・サウンドボード音源にてコンプリート収録。
アルバムのプロモーションを兼ねたツアーだけに、世界各国で大絶賛されている「AM」収録曲のほとんどが演奏されており、ほかにも「I Bet You Look Good on the Dancefloor」をはじめとした、過去3枚のアルバムからのシングル・カット曲なども含め、ライブにおけるパフォーマンスも安定感抜群の自信に満ち溢れたもの。そしてさらに一回り巨大化したバンドの現在の姿を伝えてくれる最高のドキュメントで、何より音質が完璧で、このままオフィシャル・ライブ盤としてリリース出来るほどの極上アイテム。
さらにカップリング映像DVD-Rには、同年7月13日、スコットランドで開催された恒例フェス「T in the Park」出演時の模様を、TVオンエアー・マスターからのカンペキなプロショット映像にてコンプリート収録。こちらはフェス用に過去のヒット曲もふんだんにセットインしており、よりボトムに重点を置いたへヴィなグルーヴが象徴的な、バンドが提示した新たな方向性を、ダイレクトに感じ取ることが出来る素晴らしいパフォーマンス。さらに前年6月13日デンマークで行われた「Northside Festivalでのパフォーマンスもプロショットで追加した、トータル124分のオフィシャル・レベルの映像は、来日に向けての予習版として最高・最適なアイテム。

DISC 1 : 01. Do I Wanna Know? 02. Snap Out Of It 03. Arabella 04. Brianstorm 05. Don't Sit Down 'Cause I've Moved Your Chair 06. Dancing Shoes 07. Library Pictures 08. Crying Lightning 09. One For The Road 10. Fireside 11. I Bet You Look Good On The Dancefloor
DISC 2 : 01. She's Thunderstorms 02. No 1 Party Anthem 03. Cornerstone 04. Knee Socks 05. Fluorescent Adolescent 06. 505 07. Why'd You Only Call Me When You're High? 08. I Wanna Be Yours 09. R U Mine?
[Live at Qantas Credit Union Arena, Sydney, Australia, May 6th 2014]

DVD-R : 01. Do I Wanna Know? 02. Snap Out of It 03. Arabella 04. Brianstorm 05. Don't Sit Down 'Cause I've Moved Your Chair 06. Dancing Shoes 07. Crying Lightning 08. Knee Socks 09. My Propeller 10. I Bet You Look Good on the Dancefloor 11. Library Pictures 12. Fireside 13. No. 1 Party Anthem 14. She's Thunderstorms 15. Why'd You Only Call Me When You're High? 16. Fluorescent Adolescent  17. 505  18. A Certain Romance(acoustic) 19. One for the Road 20. I Wanna Be Yours 21. R U Mine?
[T in the Park 2014 : at Kinross, Scotland, July 13th 2014]
22. Do I Wanna Know? 23. Brianstorm 24. Dancing Shoes 25. Crying Lightning 26. Old Yellow Bricks 27. I Bet You Look Good On The Dancefloor 28. Do Me a Favour 29. Suck It And See 30. R U Mine 31. Flourescent Adolescent
[Northside Festival 2013 : at Aarhus, Denmark, June 13th 2013]
◇ Alex Turner - vocals, guitars / Jamie Cook – guitars / Matt Helders – drums / Nick O'Malley - bass

2014年07月16日

ビートルズ1965年USツアーの集大成!

mccd429.jpg



◆ THE BEATLES / NORTH AMERICAN TOUR 1965 (プレス2CD+2DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルから、2度目の北米ツアーとなる、1965年夏のツアーを集大成したタイトルが音と映像のカップリングにてリリース。

前年の初のUSツアーがハード・スケジュールの中で長期に渡ったのに対し、この年はスタジアムを中心とした大会場で演奏することにより、動員数を図りつつ、公演数を減らすといったスケジュールが組まれることに。そして今や伝説であるシェア・スタジアム公演は、このツアーの初日にあたるのは有名な話。
そしてここでは、既に単体でリリースされているシェア・スタジアム、ハリウッド・ボウル、そしてヒューストン公演を除いた、それら以外の1965年のUSツアーの音源と映像を集大成しており、まずCDのディスク1には、8月18日アトランタ公演を収録。90年代後半になって発掘された音源で、その音質はもとより、ポールがベースの弦を切るくらいの迫力ある演奏が堪能できるとして有名な公演で、本作はソースの異なる2種類の音源をそれぞれ収録。
このアトランタ公演は、出所不明ながら現地のラジオ局が秘密裏に録音していたのではないかと言われている音源で、まず前半は最も高音質と言われるサウンドボード・バージョンを収録。既発盤ではオーバーレベル気味であったり、高音が強調されシンバルの音がうるさかったり、ピッチが不安定と、難点も見られた中、ここではまずピッチを正常な数値に合わせ、本来その場で演奏されたどおりのものに修正し、に音質も高音を抑え自然な響きを再現。
そして後半はクレジットではブロードキャスト・バージョンとなってるものの、ラジオで放送されたという記録はなく、いまだ持って出所は不明ながら、変な雑音がなく、演奏や歌唱の細部まではっきり聴きとることができるというもの。
なお、このアトランタ公演を語る際に、常に話題になるのは「Baby’s In Black」で、このイントロで大元のソースではギターの音がビンビンと二度ダブる部分があり、これが単なるテープのミスなのか、実際にこのように演奏されたのかは不明。ただし本タイトルではテープに録音ないしダビングする際のミスと判断し、前半のサウンドボード・バージョンではこの箇所に修正し、後半のブロードキャスト・バージョンは、本来のソースに忠実に収録ということで、ダブりはそのまま残すことに。
また同様に「涙の乗車券」のエンディング・リフレインの音飛びも、修正したものとそのままのものと両バージョンを収録。
そしてCDディスク2は、2000年代に入って発掘された8月21日ミネアポリス公演を収録。当時のオーディエンス録音で、けしてクオリティーは良くないものの、現状ベストの形で収録しており、さらに後半はいずれも初登場となる、このツアーにおけるライブ音源を収録。
ツアー最終地カウパレスてせの昼夜2公演より、現存する音源、さらにボーナストラックとして、メルヴィン・レコードからリリースされていたアナログ・ブート『VISIT TO MINNEAPOLIS』から「ツイスト・アンド・シャウト」「シーズ・ア・ウーマン」「みんないい娘」の3曲も追加で。
これはタイトルこそミネアポリスながら、実際はヒューストン公演の音源によるもの。

そして映像DVDのまずのディスク1は、コンサート映像、そしてディスク2はドキュメンタリー演奏をそれぞれ収録。
とにかく貴重な初登場映像が満載で、今まで誰も見た事のないコンサート映像をたっぷり収録しており、初日のシェア・スタジアムから時系列に沿って珍しい映像を惜しげもなく投入。なおシェア・スタジアムにおける客席から撮影された8mmフィルム、トロントはメープル・リーフ・ガーデン、写真は有名ですが、それが実際に動いているサム・ヒューストン・コロシアムの映像、その他ポートランドやカウパレスなど、これほどの映像が残されていたとは驚きのひとこと。
そしてディスク2にはオフステージのビートルズ、各地で熱狂的に迎えられる様子などが、こちらもたっぷりと収録。
1965年夏の北米ツアーの音源と映像を集大成したタイトルを、完全限定永久保存プレス2CD+2DVD仕様にて。


CD DISC ONE:
[FULTON COUNTRY STADIUM ATLANTA GA U.S.A. August 18, 1965]
(SOUNDBOARD VERSION) 01. Introduction by Paul Drew 02. Twist And Shout 03. She’s A Woman 04. I Feel Fine 05. Dizzy Miss Lizzy 06. Ticket To Ride 07. Everybody’s Trying To Be My Baby 08. Can’t Buy Me Love 09. Baby’s In Black 10. I Wanna Be Your Man 11. Help! 12. I'm Down
(BROADCAST VERSION) 13. Introduction by Paul Drew 14. Twist And Shout 15. She’s A Woman 16. I Feel Fine 17. Ticket To Ride 18. Everybody’s Trying To Be My Baby 19. Can’t Buy Me Love 20. Baby’s In Black 21. I Wanna Be Your Man 22. Help! 23. I'm Down

CD DISC TWO :
[COMISKEY PARK CHICAGO August 20, 1965 AFTERNOON SHOW]
(SOURCE A) 01. Twist And Shout
(SOURCE B) 02. Opening Applause 03. Twist And Shout 04. I Feel Fine 05. Dizzy Miss Lizzy 06. Can’t Buy Me Love 07. Baby’s In Black

[METROPOLITAN STADIUM BLOOMINGTON MN U.S.A. August 21, 1965] 08. She’s A Woman 09. I Feel Fine 10. Dizzy Miss Lizzy 11. Ticket To Ride 12. Everybody’s Trying To Be My Baby 13. Can’t Buy Me Love14. Baby’s In Black 15. I Wanna Be Your Man 16. A Hard Day’s Night 17. Help! 18. I’m Down 19. Press Conference

[COW PALACE DALY CITY August 31, 1965 AFTERNOON SHOW]
(SOURCE A) 20. Twist And Shout 21. A Hard Day’s Night 22. I Wanna Be Your Man
(SOURCE B) 23. I Wanna Be Your Man
(SOURCE C) 24. Twist And Shout #1 25. Twist And Shout #2 26. Twist And Shout #3 27. A Hard Day’s Night 28. Can’t Buy Me Love 29. I Wanna Be Your Man 30. Twist And Shout #4
(EVENING SHOW) 31. Introduction 32. Twist And Shout 33. She’s A Woman
[VISIT TO MINNEAPOLIS from MELVIN RECORDZ MMEP001A/B]
34. Twist And Shout 35. She’s A Woman 36. Everybody’s Trying To Be My Baby

DVD DISC ONE :
01. Opening "Help!" - Tour Dates SHEA STADIUM NEW YORK CITY August 15, 1965
02. News Film
03. Home Movie MAPLE LEAF GARDENS TORONTO CANADA August 17, 1965
04. Afternoon Show News Film
05. Evening Show News Film SAM HOUSTON COLISEUM HOUSTON August 19, 1965
06. Afternoon Show News Report
07. Afternoon Show Home Movie
08. Evening Show Home Movie COMISKEY PARK CHICAGO August 20, 1965
09. Afternoon Show News Film #1
10. Afternoon Show News Film #2
11. Afternoon Show News Film #3 MEMORIAL COLISEUM PORTLAND August 22, 1965
12. Evening Show Home Movie BALBOA STADIUM SAN DIEDGO August 28, 1965
13. Home Movie COW PALACE DALY CITY August 31, 1965
14. Afternoon Show News Film #1
15. Afternoon Show News Film #2
16. Evening Show News Film BLACKPOOL NIGHT OUT ABC THEATRE, BLACKPOOL U.K. August 1, 1965 17. I Feel Fine 18. I’m Down 19. Act Naturally 20. Ticket To Ride 21. Yesterday 22. Help 23. Ending

DVD DISC TWO :
Opening "Can't Buy Me Love" - Tour Collage Beatles' interview about this U.S. tour at the Capitol Records Tower New York Airport Arrival and Tour Press Conference at the Warwick Hotel, New York Press Conference Stadium, Atlanta Sheraton - Lincoln Hotel, Houston Metropolitan Stadium, Bloomington In San Francisco TV News Report Press Conference at the Cow Palace Raw Archive (also inc. 1966 concert)


2014年07月10日

あの『ビートルズ・カートゥーン・ショー』がブルーレイで

dapbr1sp.jpg



◆ THE BEATLES / CARTOON COMPLETE (3Bru-Ray) この商品はこちらから

60年代世界を席巻したビートルズ旋風の中で、1965年から全米で放送されたTVプログラム『ビートルズ・カートゥーン・ショー』がブルーレイ・コレクションとしてここに。

まず子供向けのアニメーションながら、全編公式オリジナル楽曲を使用しており、制作担当のキング・フィーチャーズ・シンジゲートの一部スタッフは、映画『イエロー・サブマリン』の制作にも関わるなど、今となっては60年代当時を伝える貴重なビートルズ・コレクションの映像マテリアルといえるもの。
そして過去海外製DVD等も流通した中、全放送分はトータル12時間近くのヴォリュームゆえ、分売されていたのが、今回のブルーレイ化で全3巻セットにて一挙収録。なお映像ソースは80年代再オンエアーのものながら、60年代制作TV放送がマスターなのでもDVD同等のクオリティー。
その収録内容は、まずvol.1には放送シーズン1のエピソード1から20までの、20話分を約6時間収録。Vol.2は放送シーズン1のエピソード21から、放送シーズン2及び、3の最終回エピソード39までの19話分を5時間46分収録しており、全米オリジナル放送はこの2巻ですべてを網羅。そしてvol.3には懐かしの日本版『アニメ・ザ・ビートルズ』を15話分まとめて収録。日本語吹き替えによるバージョンはやはり必見といえるもので、さらにエクストラ・ビデオとして、収録楽曲をステレオに作り変えたファン・メイド映像や、アニメ作品としてアップルが制作したプロモ映像なども追加し、トータル4時間分をひとまとめにコンパイル。

[THE BEATLES CARTOON COMPLETE VOL.1]
SEASON ONE (1965-3/1966) EPISODE 01 – 20
(NTSC 16:9 (SD 4:3) PCM Stereo time approx.5h55min.)

[THE BEATLES CARTOON COMPLETE VOL.2]
SEASON ONE (1965-3/1966) EPISODE 21 – 26 / SEASON TWO (9-10/1966) EPISODE 27- 33 / SEASON THREE (9-10/1967) EPISODE 34- 39
(NTSC 16:9 (SD 4:3) PCM Stereo time approx.5h46min.)

[THE BEATLES CARTOON COMPLETE VOL.3]
JAPANESE VERSION = ANIME THE BEATLES STORY 01 – 15 / (EXTRA VIDEO) IT WON'T BE LONG stereo / THANK YOU GIRL stereo / YOUNGBLOOD stereo / BABY'S IN BLACK stereo / EIGHT DAYS A WEEK stereo / TELL ME WHAT YOU SEE stereo / I'M DOWN stereo / I'M LOOKING THROUGH YOU stereo / ELEANOR RIGBY stereo / I'M ONLY SLEEPING stereo / GOOD DAY SUNSHINE stereo / STRAWBERRY FIELDS FOREVER stereo / I AM THE WARLUS stereo / BACK IN THE USSR stereo / BAND ON THE RUN stereo / EIGHT DAYS A WEEK cartoon making / I FEEL FINE animation promo / COME TOGETHER animation promo

(NTSC 16:9 (SD 4:3) PCM Stereo time approx.240min.)

2014年07月02日

ツェッペリン1stアルバムのスペシャル・エディション

mpp03sp.jpg



◆ LED ZEPPELIN / 1969 The Only Way To Fly (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから

衝撃のファースト・アルバムのオルタネイト・コレクションとなるタイトルが、マスターピース・プレミアム・シリーズよりここに。

まずDVDにはアルバムのミックス違い音源、オリンピア公演の未編集放送音源によるオーディオ・セクションと、貴重な映像をまとめたビデオ・セクションを収録。そしてCD:1にはファースト・プレスのディファレント・ミックスと、1969年コペンハーゲン公演のサウンドボード放送音源を。さらにCD:2にはスタジオ・セッション音源を収録した、歴史的名盤関連の音と映像マテリアルを、コンパイルしたスペシャル・コレクターズ・エディション。

◇ DVDはオーディオ・セクションとビデオ・セクションの構成で、オーディオ・セクション(静止画像音源再生)には、アルバムのミックス違い音源の聴き比べが出来るオーディオ・セレクトにより、オリジナル・アナログ音源、ファースト・プレス・ディファレント・ミックス、そしてクラシック・レコーズ・リマスター音源と、3種の異なるアルバム・ミックスを収録。再生しながらオーディオ・オプションでどう違うミックスかを、簡単に聴き比べることが出来る、便利なリファレンス・オーディオ機能での収録で、マニアックな音源研究として見逃せない内容。
続いて公式リリースされるも短縮編集されてしまった1969年10月のパリ、オリンピア公演を、未編集放送音源マスターからのオーディオ音源をコンプリート収録。そして貴重な映像をまとめたビデオ・セクション(動画映像)には、この時期のプロモ、TVライブ等を収録しており、ビート・クラブ映像や公式では編集されていたパリTV「TOUS EN SCENE」など、レア映像コレクション仕様に。
◇ CD:1 には、アルバムのファースト・プレス・ディファレント・ミックスと、1969年デンマーク、コペンハーゲン公演のサウンドボード放送音源を収録。コンプリートではないものの、パリ・オリンピア公演同様、この時期のサウンドボード音源として重要なマテリアルを、オンエアー前のプリ・マスターから収録。
そしてCD:2にはオフィシャルでは未収録となった、スタジオ・セッション音源をまとめて収録。これまで知られた音源ながら、アップ・グレード・クオリティーにて収められており、これらすべて含めて、ファースト・アルバム関連マテリアルをコンパイルした永久保存プレスCD+DVD。



DVD AUDIO SECTION:
LED ZEPPELIN I : ORIGINAL ALBUM - COMPARE AUDIO CHOICE : Good Times Bad Times/Babe I'm Gonna Leave You/You Shook Me/Dazed And Confused/Your Time Is Gonna Come/Black Mountain Side/Communication Breakdown/I Can't Quit You Baby/How Many More Times
(AUDIO1=ORIGINAL ANALOG STEREO MIX : AUDIO2=FIRST PRESSING DIFFERENT MIX : AUDIO3=CLASSIC RECORDS REMASTERED)

LIVE AT THE OLYMPIA - PARIS, FRANCE (October 10, 1969) : Live At Olympia, Paris, France October 10th 1969
(NTSC COLOR/B&W 16:9 WIDE SCREEN inc4:3 INCLUDED : DOLBY DIGITAL STEREO : AUDIO SECTION 45min. + 78min. VIDEO SECTION 32min.)
Unedited Audio/Introduction/Good Times Bad Times/Communication Breakdown/I Can't Quit You Baby/Heartbreaker/Dazed And Confused/White Summer/You Shook Me/How Many More Times

(VIDEO SECTION)
Communication Breakdown – Promo / Babe I'm Gonna Leave You - Beat Club / You Shook Me - Beat Club / Communication Breakdown - Tous En Scene - Paris TV / Dazed And Confused - Tous En Scene - Paris TV / Communication Breakdown (Rehearsal) Tous En Scene - Paris TV / Fillmore East, New York (January 31, 1969) - Film Archive / Communication Breakdown - Japanese TV

CD ONE :
[LED ZEPPELIN I : ORIGINAL ALBUM - DIFFERENT MIX]
01. Good Times Bad Times 02. Babe I'm Gonna Leave You 03. You Shook Me 04. Dazed And Confused 05. Your Time Is Gonna Come 06. Black Mountain Side 07. Communication Breakdown 08. I Can't Quit You Baby 09. How Many More Times
[LIVE AT TIVOLIS - COPENHAGEN, DENMARK (March 16, 1969) : Pre-FM Broadcast Live At Tivolis koncertsal, Copenhagen, Denmark March 16th 1969]
10. I Can't Quit You Baby 11. I Gotta Move 12. Dazed And Confused 13. How Many More Times

CD TWO :
[STUDIO SESSIONS : Recorded At Olympic Sound Studios, Barnes, London, UK September 27th - October 10th 1968]
01. Babe I'm Gonna Leave You (Take 8) 02. Babe I'm Gonna Leave You (Take 9 - Intro) 03. Babe I'm Gonna Leave You (Take 9) 04. You Shook Me (Take 1) 05. Baby Come On Home (Tribute To Bert Berns) (Take 1) 06. Baby Come On Home (Tribute To Bert Berns) (Take 2) 07. Baby Come On Home (Tribute To Bert Berns) (Take 3) 08. Guitar And Organ (Take 1) 09. Guitar And Organ (Take 2) 10. Guitar And Organ (Take 3) 11. Guitar And Organ (Take Unknown) 12. Guitar And Organ (Take 4) 13. Guitar And Organ (Take Unknown - Complete) 14. Guitar And Organ (Take 7)


2014年07月01日

マイルス1971年名ライブ映像の最長版がここに

moon044d.jpg



◆ MILES DAVIS / BERLIN 1971 Long Version (1DVDR) この商品はこちらから

過去より70’sマイルスの定番映像として知られる、1971年11月6日ベルリン公演が、過去流通映像より10分以上長い、70分収録のロング・ヴァージョンにてここに。

まず2008年秋にドイツの音楽プログラム「@Festival」でTVオンエアーされたマスターを元に、2014年同じくドイツのWDETVで再放送されたこの映像は、これまで2回放送され、前半部分と2回目の後半部分が、大幅にカットされていた箇所を1festivalの映像をプラスさせることで完全収録。よって実際のライブ83分のうちの70分が映像化されることで、コンプリートではないものの、その全貌をほぼここに再現。
そしてもちろん全編カラー映像、音質、バランス、音圧共に安定しており、オフィシャル・リリースでもない限りこれ以上のクオリティーのものは無いと断言。
そして演奏の方もファンなら周知の通り、エレクトリック・マイルス時代の幕開けとなる時期で、一発目の“Directions“から驚異的な音質とバランスでM・ヘンダーソンのファンク・ベースが地響きを立て、それに伴うようにのたうち廻るジャレットのエレピ&オルガンとの格闘シーンはあまりに鮮明。そして派手なパーカッションに暴走するマイルスに触発されメンバー一丸となってノンストップで突き進み、”It’s About That Time”あたりでのジャレットとパーカッションのデュエットを経て、マイルスの哀愁あふれるペットの後は一気にエンディングへ。「ビッチェズ・ブリュー」をさらにヘヴィーかつ原始的にした名演を、過去最高のクオリティーと最長時間にて。マイルス・ファンのみならず、全ジャズ&ロック・ファンも必見マスト・アイテム。

1.DIRECTION  2.HONKY TONK  3.WHAT I SAY 4. SANCTUARY 5.IT'S ABOUT THAT TIME  6.FUNKY TONK / SANCTUARY
[Recorded at Philharmonie, Berlin,Germany November 6th 1971: On Air Germany WDE TV /Totaltime :70min]

MILES DAVIS(tp) GARY BARTZ(ss, as) KEITH JARRETT(elp,org) MICHAEL HENDERSON(elb) NDUGU LEON CHANCLER(ds) CHARLES DON ALIAS(per) JAMES MTUME FOREMAN(per)


カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37