« 2014年07月 | メイン | 2014年09月 »

2014年08月31日

クラフトワークinサマソニ2014を、音と映像で!

xavel258k.jpg



◆KRAFTWERK / Landing On Makuhari Part.2 (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源では定評のXAVELレーベルより、サマソニ2014、マウンテン・ステージに登場した際の、8月17日幕張メッセでのショーを、音と映像で完全再現。

まず音源は24bitデジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。本レーベルならではの安定感抜群のハイクオリティー音源によるもので、毎年カッティング・エッジなエレクトロ&ダンス系のアクトが多数エントリーするソニックマニアに、まさにその系譜の「元祖」と呼ぶべきレジェンドのライブということで、フロアはスタート前から異常な熱気をはらむ中、今回も前回公演同様に、事前に3Dグラスが配布され、音と映像と光の計算しつくされた完璧な演出を披露。
そしてそのパフォーマンスは、まさに近未来のコンサートそのものといえるもので、「アウトバーン」や「ヨーロッパ急行」等の代表ナンバー、そして日本を意識した「デンタク」等、キャリア総括的な内容となることに。
そしてカップリングDVD-Rには、オープニング「The Robot」から、ラストの「Musique Non Stop」のラルフ退場シーンまで、PA卓前ほぼド真ん中のベスト・ポジションから、メンバー4人と背後のスクリーンをカンペキに捉えたド迫力映像にて、一夜の模様を82分にわたりコンプリート収録。
あの飛び出す3D映像を視覚的に観ることで、会場で感じたあの興奮を今一度体感できるというもので、フェス仕様のショートバージョン・セットであったり、5.1chサラウンドではなかったりと、たしかに不満要素も散見されるライブながら、前回2013年の来日とはリミックスのアレンジもマイナー・チェンジが施されており、映像も追加要素が随所に見られ、デビューから40年以上にわたり、エレクトロ、テクノ、エクスペリメンタル、ダンス・ミュージック、そしてあらゆる電子音楽に影響を与え、今なおインスピレーションの源で在り続けている彼らの普遍性がここに。

なお、ソニックマニアでのライブも、音と映像のカップリング・アイテムにて同時入荷!


Disc One : 01. Opening 02. Intro 03. The Robots 04. Spacelab 05. The Model 06. Man Machine 07. Numbers 08. Computer World 09. Computer World 2 10. It's More Fun To Compute 11. Home Computer 12. Computer Love 13. Dentaku
Disc Two : 01. Autobahn 02. Geiger Counter 03. Radioactivity 04. Trans Europe Express 05. Abzug 06. Metal On Metal 07. Tour De France 1983 08. Tour De France 2003 09. Boing Boom Tschak / Musique Non Stop
DVD-R : 01. Intro 02. The Robots 03. Spacelab 04. The Model 05. Man Machine 06. Numbers 07. Computer World 08. Computer World 2 09. It's More Fun To Compute 10. Home Computer 11. Computer Love 12. Dentaku 13. Autobahn 14. Geiger Counter 15. Radioactivity 16. Trans Europe Express 17. Abzug 18. Metal On Metal 19. Tour De France 1983 20. Tour De France 2003 21. Boing Boom Tschak / Musique Non Stop
[Summer Sonic Tokyo : at Makuhari Messe, Chiba, Japan 17th August 2014]

2014年08月30日

ツェッペリン、究極の映像アーカイヴをブルーレイ化!

priz01sp.jpg



◆ LED ZEPPELIN / THE FILM ARCHIVE (1Bru-Ray) この商品はこちらから

ツェッペリンの貴重なライヴ映像を、オフィシャル・サイトでWEB公開された映像ソースなどの、高画質プロショット映像をメインに、年代順に完全網羅した、6時間17分に及ぶライヴ・アーカイヴ・アイテムをブルーレイ化。

本タイトルはブルーレイ・エディションによる、ゼップの貴重な映像記録を、年代順に収録した究極のコレクターズ・アイテムで、海外のTVオンエアー・ソースや未公開プロショット、そしてハイクオリティーWEBブロードキャスト・マスター映像等をメインに、すべてプロショット映像マテリアルにてコンパイル。
そして1969年デビュー当時から、1980年最後のヨーロッパ・ツアーまで、現存するライブ・フィルム映像や、インタビュー映像を時系列に収めたもので、特に1969年の歴史的なフィルモア・イーストや1970年バス・フェスティバル、さらに1971&1972年の2度となる伝説の日本公演、そして1975年、1977年のLAフォーラム公演から、1980年のファイナル・ツアーに至るまで、時代的に断片的なフィルム映像がほとんどながら、クオリティー的には現状これ以上のレベルは有り得ないといえるもの。
なお過去に流通していた映像も、編集が違ったり、音源をマトリックスさせクオリティー・アップし、再編集したリストア・バージョンなども多く、さらにマスターはフィルム映像ながら、高画質HDクオリティーにアップ・コンバート。
まさに数々の伝説を記録映像としてで垣間見ることも出来るファン必携マスト・アイテム。

(1969)
FILLMORE EAST NEW YORK - January 31, 1969 / ATLANTA POP FESTIVAL - July 5, 1969 / CLEVELAND MUSICARNIVAL (Slideshow) - July 20, 1969 / TEXAS INTERNATIONAL POP FESTIVAL - August 31, 1969 / CLEVELAND PUBLIC HALL (Slideshow) - October 24, 1969. / BACKSTAGE FOOTAGE - With The Who, October 1969
(1970)
CHARLOTTE - Charlotte Coliseum, April 7, 1970 / ICELAND NEWS FILM - with Robert Plant Interview June 1970 / BATH FESTIVAL - West Showground, June 28, 1970 / BERLIN GERMANY - Deutschlandhalle, July 19, 1970 / HEARTBREAKER IN BERLIN - Deutschlandhalle, July 19, 1970 / HAWAII - International Center Arena - September 6, 1970 / NEW YORK INTERVIEW - September 19, 1970
(1971)
MILAN ITALY - Vigorelli Velodrome - July 5, 1971 / MONTREUX CASINO - August 7, 1971/ HOUSTON - Sam Houston Coliseum, August 26, 1971 / CHICAGO - International Amphitheatre, September 5, 1971 / TOKYO JAPAN - Budokan, September 23, 1971
(1972)
SYDNEY AUSTRALIA - Showground, February 27, 1972 / SYDNEY PRESS REPORT 1972 / SAN BERNARDINO - Swing Auditorium, June 22, 1972 / TUCSON Community Center Tucson, AZ, June 28, 1972/ TOKYO JAPAN - Budokan, October 2, 1972
(1973)
LYON FRANCE - Palais de Sports, March 26, 1973 / LOS ANGELES - The Forum, May 31, 1973 / SAN FRANCISCO - Kezar Stadium, June 2, 1973 / PITTSBURGH - Three Rivers Stadium, July 24, 1973/ NEW YORK - Madison Square Garden, July 28, 1973 / NEW YORK - Madison Square Garden, July 29, 1973
(1975)
ROBERT PLANT INTERVIEW - Brussels, Belgium, January 12, 1975 / CHICAGO - Chicago Stadium, January 21, 1975 / PHILADELPHIA - Spectrum, February 8, 1975 / LANDOVER - Capital Centre, February 10, 1975 / TEXAS - Tarrant County Convention Center, March 3, 1975 / DALLAS - Memorial Auditorium, March 4, 1975 / LONG BEACH - Long Beach Arena, March 12, 1975 / SEATTLE - Seattle Center Coliseum, March 17, 1975 / SEATTLE - Seattle Center Coliseum, March 21, 1975 / ROBERT PLANT INTERVIEW - Midnight Special TV, March 1975 / L.A.FORUM (PART 1) - Los Angeles, March 24, 1975 / L.A.FORUM (PART 2) - Los Angeles, March 24, 1975 / OVER THE HILLS AND FAR AWAY - Los Angeles, March 25, 1975 / THE SONG REMAINS THE SAME - Los Angeles, March 25, 1975 / KASHMIR - Los Angeles, March 25, 1975/ TRAMPLED UNDERFOOT - Los Angeles, March 25, 1975 / WHOLE LOTTA LOVE - Los Angeles, March 25, 1975 / L.A.FORUM (PART 3) - Los Angeles, March 27, 1975
(1977)
CHICAGO - Chicago Stadium, April 10, 1977 / BIRMINGHAM ALABAMA - Jefferson Memorial Coliseum, May 18, 1977 / BATON ROUGE - LSU Assembly Center, May 19, 1977 / LANDOVER - Capital Centre, May 30, 1977 / GREENSBORO - Coliseum, May 31, 1977 / PLAZA HOTEL NEW YORK - June 7, 1977NEW YORK - Madison Square Garden, June 7, 1977 / THE SONG REMAINS THE SAME / SICK AGAIN- Madison Square Garden, June 10, 1977 / WHOLE LOTTA LOVE / ROCK AND ROLL- Madison Square Garden, June 14, 1977 / SAN DIEGO TV NEWS - Sports Arena, June 19, 1977/ LOS ANGELES - The Forum, June 22, 1977 / SICK AGAIN - The Forum, Los Angeles, June 23, 1977/ ACHILLES LAST STAND - The Forum, Los Angeles, June 23, 1977 / KEITH MOON ON STAGE - The Forum, Los Angeles, June 23, 1977. / KASHMIR - The Forum, Los Angeles, June 26, 1977/ IT'LL BE ME - The Forum, Los Angeles, June 26, 1977. / OAKLAND (PART 1) - Alameda County Coliseum, July 23, 1977 / OAKLAND (PART 2) - Alameda County Coliseum, July 23, 1977
(1979 & 1980)
KNEBWORTH CROWD - Knebworth Festival, August 4, 1979 / KNEBWORTH (PART 1) - Knebworth Festival, August 4, 1979 / KNEBWORTH (PART 2) - Knebworth Festival, August 11, 1979 / DORTMUND - Westfalen Halle, June 17, 1980 / ROTTERDAM - Ahoy Halle, June 21, 1980 / ZURICH - Hallenstadion, June 29, 1980
/ MUNICH - Olympia Halle, July 5, 1980

[The Concert Timeline Film Archive Collection 1969-1980 / NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx. 377min]


2014年08月29日

ガガ、2014年イン・ジャパン!

alxbd013s.jpg



◆ LADY GAGA / ArtRAVE in Makuhari 1st Night Film (1Bru-Ray) この商品はこちらから

2年ぶりの来日となる2014年、幕張QVCマリンフィールドにて2DAYSで行われたライブより、公演初日となる8月13日の模様を、ハイクオリティー・オーディエンス・ショットにて収録された映像を、ダイレクトにブルーレイ化。

プレミアム・スタンディング・エリアから、クローズ・ショットも多用し撮影された映像は、トータル96分にわたり見ごたえ充分で、しかも音声はデジタル・リマスタリングされたハイクオリティー・オーディエンス音源をマトリックス。
まずアルバム「ARTPOP」リリースに伴うジャパン・ツアーは、この幕張での2日間のみで、初日となるこの日はチケットもソールド・アウト。そして当日はあいにく天候には恵まれず、ライブ終盤の「Bad Romance」あたりから小雨も降りつつも、同アルバム・ナンバー連発でスタート。そして続いて「Just Dance」から始まるファースト・アルバム・メドレーをはさんで、中盤にはライブの定番となっているピアノによる独奏パート、そして随所に派手な衣装チェンジを行いながら、いつも通りのエンターテイメントなショーを進行。
初日公演のメモリアルとなるファン必携マスト・アイテム。

なお、翌日14日公演の映像も同時入荷。

01. Opening 02. ARTPOP 03. G.U.Y. 04. Donatella 05. Venus 06. MANiCURE 07. Just Dance 08. Poker Face 09. Telephone 10. Paparazzi 11. Do What U Want 12. Dope 13. Born This Way 14. The Edge of Glory 15. Judas 16. Aura 17. Sexxx Dreams 18. Alejandro 19. Bad Romance 20. Applause 21. Swine –encore- 22. Gypsy 23. Closing
[at QVC Marine Field, Chiba, Japan 13th August 2014]


2014年08月28日

リッチー・サンボラinサマソニ

alxbd015s.jpg



◆ RICHIE SAMBORA / SUMMER SONIC TOKYO 2014 Film (1bru-Ray) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2014年ジャパン・ツアーにおけるサマソニ参戦となった、その2日目となる8月17日東京公演のライブの模様を、ハイクオリティー・オーディエンス・ショットにて収録された映像を、ダイレクトにブルーレイ化。
アリーナ前方2ポジションからの、良好オーディエンス映像にて61分にわたりコンプリート収録。しかも音声はデジタル・リマスタリングされたハイクオリティー・オーディエンス音源をマトリックス。
そしてライブ自体は悪天候の中、ソロ作「Aftermath of The Lowdown」、ボン・ジョヴィ・ナンバーさらにファースト・ソロ「Stranger In This Town」やオリアンティの曲、渋いカバーなど、フェス仕様のショート・セットながら逆にベスト的な選曲となり、特に序盤ボン・ジョヴィの「Lay Your Hands On Me」から早くも盛り上がり、オリアンティとボーカルを分け合う「Livin' On A Prayer」、そして締めの「Wanted Dead Or Alive」と、やはりこのあたりが聞き所、見所となるもの。
なお、リッチーの歌うボン・ジョヴィの曲は、ジョンよりソウルフルかつ、ブルージーなテイストで楽しめ、他にもリッチーとオリアンティの掛け合いなどは、ギター・ファンも要チェック。

01. A Song For You (Leon Russell) 02. Lay Your Hands On Me 03. Nowadays 04. It's My Life 05. Every Road Leads Home To You (Orianthi on Vocals) 06. According To You 07. I'll Be There For You 08. Burn The Candle Down 09. Stranger In This Town 10. Livin' On A Prayer 11. Wanted Dead Or Alive
[at QVC Marine Field, Chiba, Japan 17th August 2014]
Richie Sambora - Guitar, Vocal / Orianthi - Guitar, Vocal / Curt Schneider – Bass / Luke Ebbin - Keyboards, Guitar / Mike Farrell - Keyboards / Aaron Sterling - Drums


2014年08月25日

ゼップ伝説のネプワースを完全収録!

evsd825sl.jpg



◆ LED ZEPPELIN / BLIND DATE (プレス6CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、当レーヘル保有の高音質なサウンドボード・マスターにて、あの伝説の1979年ネブワース・フェスにおける2公演を、いずれも過去最高のクオリティーでコンプリート収録したタイトルがここに。

今回ネブワース・フェスティバルの、ニューマスター・ブルーレイのリリース記念として登場したもので、結局本国イギリスでの最終公演となった1979年8月4&11日、ネブワース・フェスでのライブを、ベスト・クオリティーにて完全再現。
当時ツェッペリンが母国のステージに姿を現すのは4年ぶりということもあり、初日4日土曜日の夜、怒涛の歓声の中、「永遠の詩」でショーは激しくスタート。そしてオーディエンスは最後まで狂喜乱舞の中、「丘の向こうに」でのハイテンション・プレイ、そして「ここまでついてきてくれたみんな、今日はなんだか、ブラインドデートみたいだったね。11年間どうもありがとう」というプラントのMCなど、奇跡の2daysをリアルに再現。最後のオリジナル・アルバム「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」製作後であり、終焉に向かうまでの究極のパフォーマンスを、限定ロー・プライス、永久保存プレス6CDにて。

DISC 1 : 01. The Song Remain The Same 02. Celebration Day 03. Black Dog 04. Nobody's Fault But Mine 05. Over The Hills And Far Away 06. Misty Mountain Hop 07. Since I've Been Loving You 08. No Quarter
DISC 2 : 01. Ten Years Gone 02. Hot Dog 03. The Rain Song 04. White Summer 05. Black Mountain Side 06. Kashmir 07. Trampled Underfoot 08. Sick Again
DISC 3 : 01. Achilles Last Stand 02. In The Evening 03. Stairway to Heaven 04. Rock And Roll 05. Whole Lotta Love 06. Heartbrekaer
[Knebworth Festival Stevenage, UK : 4th August 1979]

DISC 4 : 01. The Song Remain The Same 02. Celebration Day 03. Black Dog 04. Nobody's Fault But Mine 05. Over The Hills And Far Away 06. Misty Mountain Hop 07. Since I've Been Loving You 08. No Quarter
DISC 5 : 01. Ten Years Gone 02. Hot Dog 03. The Rain Song 04. White Summer 05. Black Mountain Side 06. Kashmir 07. Trampled Underfoot 08. Sick Again
DISC 6 : 01. Achilles Last Stand 02. In The Evening 03. Stairway to Heaven 04. Rock And Roll 05. Whole Lotta Love 06. Communication Breakdown
[Knebworth Festival Stevenage, UK : 11th August 1979]


2014年08月21日

クイーン2014年来日ライブの決定盤映像!

hvqa01sp.jpg



◆ QUEEN + ADAM LAMBERT / SUMMER SONIC 2 DAYS (1Bru-Ray) この商品はこちらから

2014年クイーン+アダム・ランバーとして来日し、サマソニ参戦となった中、その8月16日大阪、17日東京公演の模様を、いずれもデジタルHDカメラを駆使し、複数の高画質オーディエンス映像を編集・マルチショットで収めたマトリックス映像をブルーレイ化!

なお音質もロジャーのドラム、ブライアンのギターはもちろん、ベースやピアノ等すべてのパートがカンペキで、臨場感溢れるサウンドは野外とは思えないクオリティーによるもの。
そしてQUEEN + Paul Rodger」名義での来日以来9年振りとなる2公演は、今回のワールド・ツアーは約2時間強のセットながら、日本ではフェス仕様のため約90分に短縮され、各ソロの見せ場や "Tie Your Mother Down"、"The Show Must Go On"など数曲のカットはあったものの、逆にほぼ全編がクライマックスと言えるベスト・ヒット・ライブとなることに。
さらに日本のファンに向けて、ブライアンのボーカルでアコースティック・バージョンによる、日本だけ特別に披露された"Teo Torriatte"、そしてアダムの伸びのあるハイトーンが素晴らしい、こちらもTVドラマの主題歌で日本のみ大ヒットした"I Was Born To Love You"、さらに大阪公演でのみ披露された"Somebody To Love"あたりは必見もの。
なお、フレディの未発表音源を駆使して「Queen Forever」と題されたアルバムを、2014年末リリースに向けて製作中といわれる中、メモリアルといえる来日2公演を、トータル2時間40分にわたり、ベスト・クオリティー映像にてここに。

Procession / Now I’m Here / Stone Cold Crazy / Another One Bites The Dust / Fat Bottomed Girls / Seven Seas Of Rhye / Killer Queen / Somebody To Love / Teo Torriatte / Love Of My Life / These Are The Days Of Our Lives / Under Pressure / Who Wants To Live Forever / Radio Gaga / I Was Born To Love You / Crazy Little Thing Called Love / Bohemian Rhapsody / We Will Rock You / We Are The Champions / God Save The Queen
[Summer Sonic Osaka : at Maishima Open Air Festival Site, Osaka, Japan, August 16th 2014]

Procession / Now I’m Here / Stone Cold Crazy / Another One Bites The Dust / Fat Bottomed Girls / In The Lap Of The Gods / Seven Seas Of Rhye / Killer Queen / I Want It All / Teo Torriatte / Love Of My Life / These Are The Days Of Our Lives / Under Pressure / I Was Born To Love You / Radio Ga Ga / Crazy Little Thing Called Love / Bohemian Rhapsody / We Will Rock You / We Are The Champions / God Save The Queen
[Summer Sonic Tokyo : at QVC Marine Field, Makuhari, Chiba, Japan, August 17th 2014 : NTSC 16:9 HD1080p Dolby Digital Stereo time approx.160min]

Brian May - Guitar, Vocals / Roger Taylor - Drums, Vocals / Adam Lambert – Vocals / Spike Edney - Keyboards, Backing Vocals / Rufus Tiger Taylor - Drums, Percussion / Neil Fairclough - Bass

2014年08月07日

またまたビートルズのコレクターズ・エディション!

mccd437.jpg



◆ THE BEATLES / BLACK ALBUM (プレス2CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、アナログ時代から名盤として知られる「ブラック・アルバム」を、クレード・アップ・ヴァージョンにてリリシュー。

まず本タイトルはアナログからの針落としではなく。マスター・テープからの収録となり、 よって当然音質クオリティーは、従来より格段にグレード・アップ。そして内容は、ファンなら周知の通り、1969年1月の「ゲット・バック・セッション」からの収録で、 長尺セッションのベスト的なものとなっており、SWEET APPLE TRAXと共に、このセッションのエッセンスを集約したことで、古くから名盤として知られるもの。
特にジョンがけだるく歌う「朝日のあたる家」や、ポールが後に正式レコーディングした「Honey Hush」も、ここではジョンのヴォーカル・バージョンで収録されているあたり聞きどころ。また面白いのはジョンがメイン・ヴォーカルをとる元気いっぱいの「Get Back」ハード・アレンジ・バージョンは、テンポもリリース・バージョンと比べかなり速く、 途中ジョンがミスるも、リンゴが上手く合わせて中断することなく演奏は継続。
そして「Get Back」といえば、アンオフィシャル音源ながら歌詞が物議を醸した「No Pakistanis」も収録されており、他にも「Let It Be」のセッションも興味深いもので、ポールがピアノを弾きながら各メンバーに指示を出している様子、コードを言いながら演奏を引っ張っている様子なども。また「Be Bop A Lula」はゆったりとした演奏で、ポールがわざと低い声で歌っていたり、ドイツ語のカウントで始まる「She Came In Through The Bathroom Window」は、ジョンが茶化してふざけて歌うと、続くポールもそれに感化されて、同様にふざけて歌っていたり。
他にもジョージの「I Me Mine」を、ポールが何度も繰り返し練習している様子も興味深く、「Too Bad About Sorrow」はポールのバージョンではなく、 ジョンが歌うバージョンだったりと、これらすべてがまさにベスト・オブ・ゲットバック・セッションという内容で、 膨大な量が残されているテープの中から、聴きどころを集約した内容は、名盤の名にふさわしいセンスあるもの。 永久保存プレス盤にて。

DISC ONE : 01. Tennessee 02. The House Of The Rising Sun 03. Commonwealth 04. White Power 05. Winston Richard and John 06. Honey Hush 07. For You Blue 08. Let It Be 09. Get Back 10. Don’t Let Me Down 11. Two Of Us 12. Baa Baa Black Sheep 13. Don’t Let Me Down 14. Suzy Parker 15. I’ve Got A Feeling 16. No Pakistanis 17. Let It Be 18. Be Bop A Lula 19. She Came In Through The Bathroom Window 20. High Heel Sneekers 21. I Me Mine 22. I Me Mine 22. I’ve Got A Feeling 24. One After 909

DISC TWO : 01. Norwegean Wood 02. She Came In Through The Bathroom Window 03. Penia 04. Shakin’ In The Sixties 05. Move It 06. Good Rockin’ Tonight 07. Across The Universe 08. Two Of Us 09. Ramblin’ Woman 10. I Threw It All Away 11. Mama You‘ve Been On My Mind 12. Early In The Morning - Honey Hush 13. Stand By Me 14. Hare Krishna Mantra 15. Two Of Us 16. Don’t Let Me Down 17. I’ve Got A Feeling 18. One After 909 19. Too Bad About Sorrows 20. Just Fun 21. She Said She Said 22. Mean Mr. Mustard 23. Don’t Let Me Down 24. All Things Must Pass 25. Fool Like Me 26. You Win Again 27. Improvisation 28. She Came In Through The Bathroom Window 29. Mean Mr. Mustard 30. Watching Rainbows 31. Jam #1 32. Jam #2 33. Jam #3


2014年08月05日

『レット・イット・ビー』の決定盤ブルーレイ・エディション!

sv2014Bsp.jpg



◆ THE BEATLES / LET IT BE Ultimate Bru-Ray Edition (2Bru-Ray) この商品はこちらから

ビートルズ最後のドキュメントとなった映画『レット・イット・ビー』の、究極のコレクターズ・アイテムとして、決定盤的映像がブルーレイ・エディションとしてここに。

まず本編は最高画質クオリティーによる、フルスクリーン・エディション、そして5.1サラウンドを含む、ワイドスクリーン・エディション、さらにオリジナル・スタンダードの映画本編と、数多くのエクストラ映像、また時系列に、貴重な映画には未収録の映像も含む「ゲット・バック・セッション」、さらに追加映像として、1984年に日本国内でTVオンエアーされた放送用バージョンも収録。
なお、今回のブルーレイ化に際して、マスターをハイビジョンHD画質にアップ・コンバートしたことにより、大画面モニターでもオリジナル日本語字幕付きで、現存する最高クオリティーでの視聴を実現。
映画『レット・イット・ビー』の本編を合計4パターン、さらに3時間40分に及ぶ、「ゲット・バック・セッション」や関連映像まで、過去最高のクオリティーとヴォリュームによる究極のプルーレイ・エディション。

(内容詳細)
まずdisc:1には、現状映画本編において、最高のクオリティーとリマスター・ステレオ音声による、フルスクリーン・エディションを最初に収録。画面両端がトリミングされた4:3スタンダードに対して、左右がよりワイドになり情報量が増え、16:9ワイドで収録したこのバージョンが、現時点では映画本編の決定版といえるもの。
続くドキュメンタリーは、映画本編以外の貴重なシーンがハイクオリティーで収録された、こちらも必見映像。そしてワイドスクリーン・エディションは、16:9ワイド画面フル表示バージョンで、上下トリミングがあるものの、現在のワイド標準TVサイズにて、画面一杯に映し出されており、また音声セレクトで5.1サラウンドも収録。サラウンド環境で再生すると、映画冒頭の足音が後方から前方へ移動するなどの、立体的な音像も体感できるというもの。
なおいずれも、オリジナル日本語字幕付きで、もちろん字幕はON/OFF選択可能。
続いてDisc:2には、かつてVHSビデオやLDでオフィシャル発売されていた4:3スタンダードにて映画本編を収録。こちらにもオリジナル日本語字幕切り替えもあり。さらに続く「レット・イット・ビー・エクストラ」では別編集バージョンや、ネイキッド関連映像などもまとめて収録。なお、「ゲット・バック・セッション」は3時間40分に渡り、映画未収録の貴重なドキュメント映像を時系列に収録しており、まさに映画のメイキング素材集として必見。そしてラストには1984年に日本でTVオンエアーされ「ジャパニーズ・TV・ブロードキャスト」映像を、当時録画されたVHSビデオよりコンプリート収録。クオリティー的にはやはり他のバージョンより劣るものの、独自の字幕によるTV放送ヴァージョンとして、懐かしく思うオールド・ファンも多いハズ。
映画『レット・イット・ビー』の決定版として、永久保存映像がブルーレイ・スペシャル・エディションにてここに。

BLU-RAY ONE :
(LET IT BE COMPLETE FULLSCREEN EDITION)
01. Introduction 02. Piano Improvisation 03. Don't Let Me Down 04. Let's Sing The Corny One 05. Maxwell's Silver Hammer 06. Shocktric Shocks 07. Two Of Us 08. I've Got A Feeling 09. Coming Down To The Faster 10. I've Got A Feeling 11. Oh! Darling 12. One After 909 13. Boogie Woogie Piano 14. Two Of Us 15. Across The Universe 16. Dig A Pony 17. Suzy Parker 18. I Me Mine 19. For You Blue 20. I Dig A Pygmy 21. Besame Mucho 22. Octpus's Garden 23. Jamming With Heather 24. You Really Got A Hold On Me 25. The Long And Winding Road 26. Rip It Up / Shake Rattle And Roll 27. Kansas City / Miss Ann / Lawdy Miss Clawdy 28. Dig It 29. Talk About The Movie
30. Two Of Us 31. Let It Be 32. The Long And Winding Road 33. Rooftop Concert 34. Get Back 35. Don't Let Me Down 36. I've Got A Feeling 37. One After 909 38. Dig A Pony 39. Get Back 40. The End
[NTSC Color 16:9 FULL SCREEN with Japanese Subtitle : LPCM Stereo New Remaster / Original Movie Mono Soundtrack time approx. 80min]

(LET IT BE DOCUMENTARY)
[NTSC Color 16:9 (4:3) with Japanese Subtitle : LPCM Stereo time approx. 22min]
(LET IT BE WIDE SCREEN&REMASTER EDITION 01 - 40. Movie Chapter :Same as Fullscreen Edition)
[NTSC Color 16:9 WIDE SCREEN with Japanese Subtitle : LPCM Stereo Remaster / Dolby Digital 5.1 Surround Sound : time approx. 80min]


BLU-RAY TWO :
(LET IT BE ORIGINAL STANDARD MOVIE EDITION 01 - 40. Movie Chapter: Same As All Movie Edition)

(LET IT BE EXTRA ALTERNATE VIDEO)
41. Don't Let Me Down - Movie Remaster 42. Dig A Pony - Movie Remaster 43. Don't Let Me Down - Imagine Rough Cut 1988 44. Don't Let Me Down - Imagine 1988 45. Don't Let Me Down - Anthology Director's Cut 1993 46. Don't Let Me Down - Let It Be Naked 1999 47. Get Back - 1969 release remastered 48. Get Back - Anthology 1995 LET IT BE...NAKED 49. Get Back 1999 (Promo Video) 50. Trailer One 51. Trailer Two 52. Trailer Three 53. Long Trailer with captions 54. Long Trailer without captions 55. 30 second spots 56. Two Of Us 1999 (Promo Video) 57. Japan AD 58. Sony TV Special 59. Target AD
[NTSC Color 16:9 (4:3) with Japanese Subtitle Dolby Digital Stereo (Original Movie Mono Soundtrack) time approx. 144min]

(GET BACK SESSIONS)
1. JANUARY 2ND 1969 (THURSDAY)Setup / Tuning - Dialog / Don't Let Me Down/ Dialogue / I've Got A Feeling / Two Of Us 2. JANUARY 3RD 1969 (FRIDAY)Adios For Strings / Don't Let Me Down/ All Things Must Pass Rehearsals / Feedback/ All Things Must Pass / Maxwell's Silver Hamm 3. JANUARY 6, 1969 (MONDAY)Oh! Darling / Dialogue / Don't Let Me Down Rehearsals/ Dialogue / Don't Let Me Down / Dialogue - The Fight / Two Of Us 4. JANUARY 7, 1969 (TUESDAY) Get Back / Dialogue / Maxwell's Silver Hammer/ Across The Universe / Dig A Pony 5. JANUARY 8, 1969 (WEDNESDAY)I Me Mine / Two Of Us / I've Got A Feeling/ All Things Must Pass Rehearsals / I Me Mine / Goodbyes 6. JANUARY 9, 1969 (THURSDAY)Two Of Us / Suzy Parker / I've Got A Feeling / One After 909/ Get Back / Tennessee / House Of The Rising Sun / Commonwealth/ Goodnight 7. JANUARY 10, 1969 (FRIDAY) Get Back / I'm Talking About You - George Quits / Jamming With Yoko 8. JANUARY 13, 1969 (MONDAY)Dialogue on filming / 9. JANUARY 14, 1969 (TUESDAY) Piano Boogie / John and Yoko Interview for the CBC/ Peter Sellers Visits / Mal Tears Down Equipment / 10. JANUARY 21, 1969 (TUESDAY) John Films Rock'n'Roll Circus Introduction/ My Baby Left Me / Dig A Pony Playback / Dig A Pony / Dialogue / Don't Let Me Down 11. JANUARY 22, 1969 (WEDNESDAY)Dig A Pony / Dialogue / Billy Preston Arrives 12. JANUARY 23, 1969 (THURSDAY)Beatles Arrive at Apple / Billy Preston Arrives / Jamming with Yoko/ Billy's Original / Get Back Rehearsal 13. Get Back Rehearsals I'll Get You / Get Back / I've Got A Feeling / Help! / Please Please Me / Help! 14. Get Back Playbacks 15. JANUARY 24, 1969 (FRIDAY) Dialogue - Jamming / Get Back Playbacks / Dialogue 16. JANUARY 25, 1969 (SATURDAY) Two Of Us Rehearsals / For You Blue Rehearsals / Playbacks / For You Blue / For You Blue Rehearsal / Let It Be Rehearsals / Playback 17. JANUARY 26, 1969 (SUNDAY) / Octopus's Garden / Let It Be Rehearsals / Dig It / Shake Rattle And Roll / Miss Ann / Kansas City / You Really Got A Hold On Me / Jamming/ The Long And Winding Road 18. JANUARY 27, 1969 (MONDAY)Dig It Playback / Dialogue / Let It Be Rehearsals / Jamming / Break for Lunch/ Get Back - single recording / I've Got a Feeling 19. January 28, 1969 (TUESDAY)For You Blue Playback / Get Back Playback / Jamming/ I've Got a Feeling / Every Day Is Like a Week / I Want You 20. JANUARY 29, 1969 (WEDNESDAY)Dialogue / All Things Must Pass / Besame Mucho 21. JANUARY 30, 1969 (THURSDAY)Discussion Before Rooftop ROOFTOP CONCERT - JANUARY 30, 1969 (THURSDAY)22. Rooftop Entrance / Rehearsal 23. Get Back 24. Don't Let Me Down 25. I've Got A Feeling 26. One After 909 27. Dig A Pony 28. God Save The Queen 29. I've Got A Feeling 30. Don't Let Me Down 31. Get Back 32. JANUARY 31, 1969 (FRIDAY) Two Of Us / The Long And Winding Road / Let It Be 33. Let It Be - with Movie Trailer 1970
[NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo&Mono time approx. 220min]

(LET IT BE MOVIE JAPANESE TV BROADCAST)
01. Japanese TV Opening and CM 02.-27. Movie Chapter 28. Intermission 29.-42. Movie Chapter 43. Japanese TV Ending Credit and CM Movie Chapter (Same as Fullscreen Edition)
[NTSC Color 16:9 (4:3) inc.Japanese Subtitle Dolby Digital Stereo (Original Movie Mono Soundtrack) time approx. 88min]

2014年08月04日

フロイドのレア映像が最高のクオリティーでブルーレイ化!

hrv01bdsp.jpg



◆PINK FLOYD / VIDEO ANTHOLOGY VOL.1&2 (2Bru-Ray) この商品はこちらから

海外ピンク・フロイド・ネットワークでお馴染みの、HARVESTEDレーベル監修による「ビデオ・アンソロジー」が、2014年新たなコンテンツと、最高のクオリティーにて、ブルーレイ・エディションとして登場。

本タイトルはシド・バレット在籍時の1966年最初期映像から、80年代「ファイナル・カット」までの、記録映像、プロモ・ビデオ、TVスタジオ・ライブからレア・ライブ・フィルムまで、現存するフロイドの映像を、すべてベスト・クオリティーで完全コンパイルしたもの。
その究極の映像コレクションは、これまで世界中のフロイド・ファンから絶賛のマスト・アイテムであった中、さらに2014年アップ・グレード・ヴァージョンとしてここに登場することに。
しかもこれまでDVDでは約7時間分の内容だったのが、このブルーレイ・エディションは、さらに近年新たに発掘された初登場映像や、既流通映像もさらに高画質クオリティーで収録されており、トータル10時間以上のフル・ヴォリューム・サイズにて。
まさに現状ではこれ以上は有り得ない内容とクオリティーとなる、フロイド・ファン必携の永久保存マスト・アイテム。

[Bru-Ray VOL.1 :1966-1970 : Total running time: Approx 5 hours 32 minutes]
(1966-1967)
London 66 - 67 / Peter Whitehead Film Scene Special, UFO Club, London / Granada TV 1967 Excerpt From Dope / Film Die Jungen Nachtwandler / German TV Arnold Layne / Wittering Beach Promo Arnold Layne / Bouton Rouge Promo Look of The Week / BBC TV Top of the Pops / BBC TV Scarecrow / Pathe Newsreel American Bandstand / ABC TV Tomorrow’s World / BBC TV Jugband Blues / Promo
(BONUS CLIPS)
Gog Magog Hills / Home Movies San Francisco / Film Abbey Road Studio / Home Movies Outtakes from the Scarecrow
(1968)
Promo Films with David Gilmour / RTB TV Bouton Rouge / ORTF TV Discorama / ORTF TV The Sound of Change / BBC TV Rome Piper Club / RAI TV Rome Pop Festival / ARD TV Kastival 1968 / BRT TV Samedi et Compagnie / ORTF TV Surprise Partie / ORTF TV Tous en Scene / ORTF TV Point Me At The Sky / Promo Film
(BONUS CLIP)
A l'Affiche du Monde / ORTF TV
(1969)
Forum Musiques / ORTF TV Royal Festival Hall / Anthony Stern Film P-1 / SDR TV Essen International Pop & Blues Festival / ZDF TV Actuel Festival / Music Power Film KQED KQED Studios, San Francisco, California 30 April, 1970 Atom Heart Mother, Cymbaline, Grantchester Meadows, Green is the Colour, Careful With That Axe Eugene, and Set The Controls For The Heart Of The Sun

[Bru-Ray VOL.2 : 1970-1983 : Total running time: Approx 5 hours 17 minutes]
(1970'S)
Holland Pop Festival / Film Pop Deux - St.Tropez / ORTF TV Roland Petit Special / ORTF TV Aspekte / ZDF TV Cinq Grand Sur La Deux / ORTF TV Get To Know / ABC TV The Dome / Film Various Ballet Footage / ORTF TV Knebworth 1975 / TF1 TV
(A COLLECTION OF GREAT DANCE VIDEOS)
Crystal Voyager / French Windows 1972 / Dark Side Of The Moon Concert Films 1974 – 1975 / Shine On You Crazy Diamond Concert Film 1975 / Welcome To The Machine / Pig Launch Film : Battersea Power Station / Another Brick In The Wall (Part 2) / When The Tigers Broke Free / The Final Cut Video EP
(BONUS CLIPS)
Bath Festival of Blues and Progressive Music '70 / Blackhill's Garden Party - Hyde Park Free Concert / Musikforum Ossiachersee, Austria 1971 / Hakone Aphrodite Japan 1971 / Amsterdam Rock Circus 1972 / Poitiers, France 1972


2014年08月03日

ビートルズ、奇跡の発掘1964年ライブ音源!

evsd736b.jpg



◆ THE BEATLES / AT JOHANNESHOV 1964 (プレス1CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、世界初登場ライブ音源となる、1964年7月28日ストックホルム公演を、マスター・クオリティー・サウンドボードにて収録したタイトルが永久保存プレスCDにてここに。

2014年に入り世界中で大きな話題となった初の発掘音源となるもので、1964年の北欧ツアーにおける7月28日ストックホルム、ヨハネスホフでのライブ音源7曲は、とにかく初期の熱い勢いあるパフォーマンスとなるもの。
そしてオープニング「I SAW HER STANDING THERE」が、マスター起因により曲途中からのスタートながら、それ以降はラストまで現存する中ではベスト・クオリティーにて収録されており、まずこのコンサートは公式にステレオでライブ・レコーディングはされたものの、片方のチャンネルが損傷していて、ジョンのボーカルとギター、さらにリンゴのマイクがオフなのが、唯一残念なところ。それでもジョンのボーカルは、ポールのマイクを通して遠めに聴く事ができたり、ポールと1本のマイクを分け合ってのコーラスなどは問題なし。
さらにピッチ修正やノイズのエディット、デジタル・リマスタリングを施したマスタリング・バージョンと、マスターそのままのオリジナル・バージョンの2パターンを収録した、まさにこのこの歴史的発掘音源の決定盤といえるアイテムを、限定紙ジャケット&ピクチャーCD仕様にてここに。


(Mastering Version)
01. I SAW HER STANDING THERE 02. YOU CAN'T DO THAT 03. SHE LOVES YOU 04. ALL MY LOVING 05. ROLL OVER BEETHOVEN 06. CAN'T BUY ME LOVE 07. I WANNA BE YOUR MAN
(Original Version) 01. I SAW HER STANDING THERE 02. YOU CAN'T DO THAT 03. SHE LOVES YOU 04. ALL MY LOVING 05. ROLL OVER BEETHOVEN 06. CAN'T BUY ME LOVE 07. I WANNA BE YOUR MAN
[Recorded Live at Johanneshov, Isstadion, Stockholm 28th July 1964 : soundboard recording]


2014年08月01日

カムバック!ジェイク・E・リー

mhcd167s.jpg



◆ RED DRAGON CARTEL / Tokyo Dragon Trust Live In Tokyo 2014 (2CDR) この商品はこちらから

オジー・オズボーン・バンドとバッドランズで、1980年代に活躍してきたギター・ヒーロー、ジェイクは約17年のあいだ、表舞台から遠ざかってきた中、2014年新バンド、レッド・ドラゴン・カーテルを率いてついにカムバック。そしてデビュー・アルバム、リリース後のジャパン・ツアーより7月10日、渋谷クラブ・クアトロでのライブを、ハイクオリティー・オーディエンス・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施した最上級クオリティーにてコンプリート収録。ジェイクのギターを中心に当日の出音をバランス良く、かつド迫力で捉えたサウンドはこの記念すべき一夜を完全再現。
そしてアルバムはオジー時代の「Bark At The Moon」に代表される、シャープかつソリッドなギター・プレイを大々的にフィーチュアした、完全復活作となるもので、今回のライブでも同アルバム、オジー、そしてバッドランズのナンバーをバランス良くセットインさせているところは、ファンとしては嬉しいかぎり。
特にオジー・ナンバーでスタートし、序盤”Deceived”などは、「Bark At The Moon」の頃を彷彿とさせるリフで攻め、続く”War Machine”はサバスへのオマージュといえるナンバー。とにかくその後もジェイクのリフの組み上げ方から、メロディアスかつブルージーなソロまで、すべてが素晴らしく、また元Harem ScaremのD.J.スミスのボーカルも、このバンドには見事にフィット。
そして超満員となった当日のクアトロは、往年のファンの盛り上がりも素晴らしく、ラストの”Bark At The Moon”では、会場全てが一体となった素晴らしい合唱でエンド。まさに今後の活動が楽しみなファンにとっては、最上のメモリアル・アイテム
Disc 1 : 1. Opening 2. The Ultimate Sin 3. Deceived 4. War Machine 5. Highwire 6. Shine On 7. Shout It Out
Disc 2 : 1. In A Dream 2. Rumblin' Train 3. Sun Red Sun 4. Wasted 5. Feeder -encore- 6. Bark At The Moon 7. Closing
[at Shibuya Club Quattro, Tokyo, Japan 10th July 2014]

◇Personnel: Jake E. Lee (Guitar)/D.J. Smith (Vocals)/Jonas Fairley (Drums)/Ronnie Mancuso (Bass)


カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37