« 2014年09月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月31日

ボス伝説の初来日公演、大阪城ホール・ライブ!

gw04sp.jpg



◆ BRUCE SPRINGSTEEN / JAPAN TOUR 1985 FINAL (プレス3CD) この商品はこちらから

これぞボス最高絶頂期の、「BORN IN THE USA」リリース後となる1985年ワールド・ツアーより、記念すべき初来日となった伝説のジャパン・ツアーにおける最終日、4月23日大阪城ホールでのライブを、当時としてはAランクと言える良好オーディエンス・マスターより、コンプリート収録。とにかく今や語り草となっている熱い初来日公演のコンプリート音源は、ほとんど皆無だっただけに、資料的価値も高い貴重な音源と言えるもの。
そしてもちろんセットは「Born In The USA」でスタートし、アンコールでのプレスリー・ナンバー、さらに「Twist And Shout」と「Do You Love Me」のメドレーまで、その長時間に渡る伝説のコンサートを完全再現。
さらにボーナス・トラックとしては、前日22日の同大阪公演より、本編の最終公演で演奏されなかった「The River」など5曲を追加収録した、永久保存プレス3CD。

DISC ONE : 01. Born In The USA 02. Out In The Street 03. Darlington County 04. Atlantic City 05. Point Blank 06. Working On The Highway 07. Prove It All Night 08. Glory Days 09. The Promised Land 10. My Hometown
DISC TWO : 01. Badlands 02. Thunder Road 03. Cover Me 04. Dancing In The Dark 05. Hungry Heart 06. Cadillac Ranch 07. Sherry Darling 08. No Surrender 09. Backstreets 10. Rosalita (Come Out Tonight)
DISC THREE : 01. Bobby Jean 02. Born To Run 03. Can't Help Falling In Love 04. Twist And Shout - Do You Love Me
[Live at Osaka Castle Hall, Osaka, Japan, April 23th 1985]

05. Johnny 99 06. Darkness On The Edge Of Town 07. The River 08. I'm On Fire 09. Born To Run 10. Devil With A Blue Dress On
[Live at Osaka Castle Hall, Osaka, Japan, April 22th 1985]

2014年10月30日

『ビートルズ・フォー・セイル』50thアニバーサリー・アイテム

sgtae004.jpg



◆ THE BEATLES / Beatles For Sale 50th Anniversary (プレス1CD+1DVD) この商品はこちらから


2014年、リリース50周年となる4thアルバム『フォー・セール』が、CD+DVDによるアニバーサリー・エディションとして、ビートルズ専門のSGT.レーベルよりここに。

CDには2014年最新アニバーサリー・ミックスをはじめ、オルタネイト・ミックス、アセテート音源やセッション音源を全22トラック収録。
そしてDVD には、アルバム全曲をオリジナル編集の映像で再現した、ビデオ・アルバム。さらにプロモ映像や1964年TVショー「シンディグ」、「サンク・ユア・ラッキー・スターズ」そして「レディ・ステディ・ゴー」も収録し、さらに「レコーディング・セッションには、現存するアウトテイク音源やミックス違い音源を、スライドショー形式で、2時間以上に渡り75トラック一挙収録。

CD :
[ANNIVERSARY EDITION ALBUM]
1. No Reply (Studio Chat + New Remix) 2. I'm A Loser (Studio Chat + Short Remix) 3. Baby's In Black (Studio Chat + New Remix)4. Rock And Roll Music (Backing Track) 5. I'll Follow The Sun (No Read Guitar Remix) 6. Mr. Moonlight (No Organ Remix)7. Kansas City / Hey, Hey, Hey, Hey! (New Remix) 8. Eight Days A Week (Studio Chat + New Remix) 9. Words Of Love (Backing Track)10. Honey Don't (Studio Chat + Backing Track) 11. Every Little Thing (Studio Chat + No Piano and Timpani Remix) 12. I Don't Want To Spoil The Party (New Remix) 13. What You're Doing (Backing Track) 14. Everybody's Trying To Be My Baby (Studio Chat + New Remix)
[ANNIVERSARY EDITION EXTRA]
15. I Feel Fine (Studio Chat + New Remix) 16. She's A Woman (Extended Intro + Take4) 17. I Feel Fine (Backing Track) 18. Eight Days A Week (Backing Track) 19. I Feel Fine (Naked Vocal) 20. Eight Days A Week (Naked Vocal) 21. Leave My Kitten Alone (New Remix) 22. I Feel Fine (UK Test Pressing) Digital Remastered 2014

DVD : NTSC 16:9 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 202min.
[VIDEO ALBUM - 16:9 wide screen stereo]
No Reply / I'm A Loser / Baby's In Black / Rock And Roll Music / I'll Follow The Sun / Mr. Moonlight / Kansas City / Eight Days A Week / Words Of Love / Honey Don't / Every Little Thing / I Don't Want To Spoil The Party / What You're Doing / Everybody's Trying To Be My Baby
[VIDEO EXTRA]
I Feel Fine (Anthology Version) / I Feel Fine (Promotion Film) / Kansas City (Shindig!) / I'm A Loser (Shindig!) / Boys (Shindig!) / I Feel Fine (Thank Your Lucky Stars) / She's A Woman (Thank Your Lucky Stars) / I'm A Loser (Thank Your Lucky Stars) / Rock And Roll Music (Thank Your Lucky Stars) / I Feel Fine (Ready Steady Go!) / She's A Woman (Ready Steady Go!) / Baby's In Black (Ready Steady Go!) / Kansas City (Ready Steady Go!) / I Feel Fine (Alternate) / Eight Days A Week (Animate Version)

=RECORDING SESSIONS=
[NO REPLY] 01. Take 1 (stereo) 02. Take 2 (mono) 03. Take 1 (Clean Video Mix with breathe at top - mono) 04. Unknown Partial Take 1 (stereo) 05. Unknown Partial Take 2 (mono)
[I'M A LOSER] 06. Take 1 (stereo) 07. Take 2 (stereo)08. Take 3 (stereo) 09. Take 4 (stereo) 10. Take 5 (stereo) 11. Take 6 (stereo) 12. Take 7 (stereo) 13. Take 8 Partial (stereo) 14. RS from Take 8 (stereo)
[BABY’S IN BLACK] 15. Take 7 Partial (mono)
[ROCK AND ROLL MUSIC] 16. RS from Take 1 V1 (1976 US Rock And Roll Music - stereo)17. RS from Take 1 V2 (Anthology Mix with crowd overdubs - stereo)
[I'LL FOLLOW THE SUN] 18. RS from Take 8 (Anthology Mix - stereo) MR. MOONLIGHT 19. Take 1 (stereo) 20. Take 2 Partial (stereo)21. Take 4 (mono) 22. Take 1 (Clean Video Mix with unclipped top - mono) 23. Take 2 Partial (Clean Video Mix - mono) 24. RS from Take 4 (stereo)
[KANSAS CITY / HEY, HEY, HEY, HEY!] 25. RS from Take 1 (1976 US Rock And Roll Music - stereo) 26. Take 2 (stereo)
[EIGHT DAYS A WEEK] 27. Take 1&2 (mono) 28. Take 4 (mono) 29. Take 5 (mono) 30. RS from Takes 13&15 (Unedited Anthology Mix - stereo) 31. Rockband Mix (stereo)
[HONEY DON'T] 32. Unknown Take 1 (mono) 33. Unknown Take 2 (mono) 34. Backing Track (mono)
[EVERY LITTLE THING] 35. Unknown Take (mono) 36. No Piano and Timpani Mix
[WHAT YOU’RE DOING] 37. Take 11 (stereo) 38. Unknown Take (stereo) 19. Unknown Take (Clean Video Mix - mono)
[EVERYBODY’S TRYING TO BE MY BABY] 40. Take 1 Partial (mono) 41. RS from Take 1 (1976 US Rock And Roll Music - stereo)
[SHE’S A WOMAN] 42. Take 1 Pre-Talk V1 (mono) 43. Take 1 Pre-Talk V2 (Extended Edit - mono) 44. Take 1 Pre-Talk V3 (Clean Tuning - mono) 45. Take 1 Partial (fake stereo) 46. Take 1 Partial (mono) 47. Take 2 (stereo) 48. Take 3 (stereo) 49. Take 4 (stereo) 50. Take 5 or 7 (stereo) 51. Take 6 (stereo) 52. Take 5 or 7 (Acetate Mix with faded end - mono) 53. Take 6 (Acetate Mix - mono) 54. RS1 from Take 6 (with Extended Intro - stereo) 55. RM from Take 6 (Reverve Mix - mono)
[I FEEL FINE] 56. Take 1 (stereo) 57. Take 2 (stereo) 58. Take 5 (stereo) 59. Take 6 (stereo) 60. Take 7 (stereo) 61. Take 8 (stereo) 62. Take 9 (stereo) 63. RM from Take 9 V1 (Reverve Mix - mono) 64. RM from Take 9 V2 (Reverve Mix - mono) 65. RS from Take 9 V1 (Japanese Reverb Mix - stereo) 66. RS from Take 9 V2 (Unedited RS1 - stereo) 67. RS from Take 9 V3 (stereo) 68. Rockband Mix (stereo)
[LEAVE MY KITTEN ALONE] 69. Take 4 (mono) 70. Take 5 (mono) 71. RS from Take 5 V1 (Early Sessions Mix - fake stereo) 72. RS from Take 5 V1 (Sessions Reverve Mix - mono) 73. RM from Take 5 V2 (John Barrett Mix - mono) 74. RS from Take 5 V2 (Anthology CD Mix - fake stereo) 75. RS from Take 5 V3 (Anthology DVD Mix - stereo)


この50周年アニバーサリー・エディションの、同企画第4弾として、今回もアルバム収録曲の映像と音源マテリアルを徹底収集した、コレクターズ・アイテムとなっており、1964年12月に本国でリリースされた、4作目となる『フォー・セール』を徹底解剖。
まずCDのアルバム+エクストラ全22トラックは、これまで断片的だったスタジオ・チャットを含めた、セッション音源やミックス違いもアルバム全曲を収録し、いずれも最新編集により初登場となるバージョンもあり。
さらに映像DVDには、シリーズ・コンセプトであるアルバム全曲をオリジナル編集の映像で再現したビデオ・アルバムに、プロモ映像やTVショーなど、それぞれ画質クオリティーはこれまで以上にアップ・グレードしたもの。
また「レコーディング・セッション」での約2時間以上にわたる75トラックは、メニュー・セレクトで一発選曲出来るうえ、静止画像に曲目表記もあり数多いセッション音源をPCやTV画面で便利に再生出来るという、これまでの編集もの以上に音源も追加された、ハイスペック・コンピレーションゆえ、ファンはやはり必携マスト・アイテム。

2014年10月28日

ジョン「イマジン」のセッション集大成音源!

mccd396j.jpg



◆ JOHN LENNON / IMAGINE SESSIONS (プレス6CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ジョンの不朽の名品となる「イマジン」の、デモ、アウトテイク、ラフ・ミックス、モニター・ミックスなどを集大成したタイトルがここに。

説明不要のこの名盤は、ジョンの代表曲と呼ばれる名曲が並んでおり、ビートルズ解散後、ジョンにとって最も充実した時期であったことが伺え、本作はそのアルバムのスタジオ・セッションを、ディスク6枚に網羅した、質量ともに従来にないクオリティーで集大成したもの。
まずdisc:1は「イマジン」「クリップル・インサイド」「ジェラス・ガイ」「イッツ・ソー・ハード」の4曲のアウトテイクを収録。デモから始まりスタジオで徐々に完成されていく様子が生々しく収録されており、「ジェラス・ガイ」に関しては、元々「Child Of Nature」というタイトルで、同じメロディでありながら歌詞が全く異なるという興味深いもの。
disc:2は「イッツ・ソー・ハード」、「兵隊にはなりたくない」「真実が欲しい」の3曲のアウトテイクを収録。特に「真実が欲しい」は、ジョンが早口でまくしたてるヴォーカルが素晴らしいアルバムのハイライトともいえるナンバーで、そのアウトテイクや別ヴォーカルはまさにレア。
続くdisc:3は、ほとんどが「Oh My Love」で、美しいメロディを持ち、それを最大限活かすためか、簡素なアレンジで仕上げられている中、それに反してスタジオではこのように繰り返しテイクが重ねられているのが驚き。
そしてdisc:4は、全て「How Do You Sleep」のセッションを収録。ポールへのあてつけの曲といわれるこのナンバーは、「サージェント・ペパーズ」風のイントロから始まり、「イエスタディ」をポール初のソロ・シングル「アナザー・ディ」を引き合いに出し皮肉を加えるなど、歌詞内容は辛辣なもので、ジョンがバンドに対し「もっと憎しみを込めてやれ!」などと指示を出しているのは、さらに辛辣。
disc:5は「How」「Oh Yoko」の他、同時期のアルバム未収録曲のアウトテイク、ピアノ・デモを収録。重苦しい空気が一気に晴れるような美しい「How」に始まり、陽気な「Oh Yoko」でアルバムを締めくくるという、この2曲でアルバム全体が救われたような絶妙の曲順といえるもの。
そして最後のdisc:6は、1970年に収録されたピアノ・デモの他、ショート・フィルム「Clock」のサウンドトラック、そして「イマジン」のラフ・ミックスを収録したアセテート音源を収録。
初登場音源を含め、同アルバムのアウトテイク関連としては決定盤といえるタイトルを、永久保存プレス6CDセットにて。

DISC ONE:
[IMAGINE] 01. Studio Demo (complete) 02. Take 1 (complete) 03. Take 2 (complete) 04. Take 3 05. Offline Monitor Mix from Version #1 06. Alternate Take Double Piano Overdub (partial) 07. Version 2, take 1 08. Version 2, Alternate Take 09. Version 2, Take 7 10. Mixing Session Offline Monitor Mix
[CRIPPLED INSIDE] 11. Take 1 (breakdown) 12. Take 2 13. Take 3 (breakdown) 14. Take 17 15. Alternate Rough Take
[JELOUS GUY] 16. Piano Demo #1 “Child Of Nature” (1970) 17. Piano Demo #2 “Child Of Nature” (1970)18. Take 1 19. Take 2 20. Take 7 21. Take 7 Vocal Overdub 22. Vocal Take 20
[IT'S SO HARD] 23-Take 2 Overdub Session 24. John Talks About King Curtis 25. King Curtis Arrival 26. Playbacks And Discussions 27. Demostrations

DISC TWO:
[IT'S SO HARD] 01. Rehearsal 02. Saxophone Overdub Take 1 03. Saxophone Overdub Take 2 04. Discussion 05. Saxophone Overdub Take 3 06. Playback 1 07. Discussion 08. Playback 2 09. Playback 3 10. Playback 4
[I DON’T WANNA BE A SOLDIER MAMA] 11. Studio Rehearsal 12. Take 1 (complete) 13. Take 2 (complete) Overdub Session 14. Discussion 15. Playback 16. Playback 17. Playback 18. discussion 19. Saxophone Overdub Take 1 20. Discussion 21. Saxophone Overdub Take 2 22. Saxophone Overdub Take 3 23. Saxophone Overdub Take 4
[GIMME SOME TRUTH] 24. Take 1 (breakdown) 25. Take 2 26. Take 3 (breakdown) 27. Alternate Vocal 28. Vocal Overdub Session

DISC THREE:
[OH MY LOVE : Rehearsal Session] 01. Piano Demostration 02. Rehearsal #1 03. Rehearsal #2 04. Rehearsal #3 05. Rehearsal #4 06. Rehearsal #5 Studio Session 07. Make Love, Not War 08. Rehearsal Take 1 09. Run-through 10. Take 1 11. Take 2 12. Middle Eight #1 rehearsal 13. Take 3 (breakdown) 14. Take 3 15. Take 4 (breakdown) 16. Take 4 with rehearsal 17. Take 5 (breakdown) 18. Take 6 19. Take 7 (breakdown) 20. Take 8 (slate as “Take 7”) (breakdown) 21. Take 9 (breakdown) 22. Take 10 (breakdown) 23. Take 11 (slate as “Take 10”) (breakdown) 24. Take 12 (breakdown 1) 25. Take 12 (breakdown 2) 26. Take 12 with false start and breakdown 27. Take 13 (breakdown) 28. Take 14 (breakdown) 29. Take 15 (breakdown) 30. Take 16 (breakdown) 31. Take 17 with False start (erroneously known as Take 2) 32. Take 18 (breakdown) 33. Take 19 (breakdown) 34. Take 20 (fade out)
[HOW DO YOU SLEEP?] 35. Piano Demo 36. Piano Rehearsal 37. Rehearsal 1 38. Rehearsal 2

DISC FOUR:
[HOW DO YOU SLEEP?] 01. Rehearsal 3 02. Rehearsal 4 (breakdown) 03. Rehearsal Take 1 04. Rehearsal Take 2 05. Breakdown 06. Breakdown 07. Rehearsal Take 3 08. Breakdown 09. Breakdown 10. Breakdown 11. Take 1 12. Studio Chat 13. Take 2 14. Rehearsal (cut) 15. Alternate Take Version 2 #1 16. Alternate Take Version 2 #2 17. Alternate Take Version 2 #3 18. Alternate Take Version 3 19. Take 4 (breakdown) 20. Take 5 (breakdown) + Take 6 21. Alternate Vocal A 22. Alternate Vocal B 23. Double tracked chorus
DISC FIVE:
[HOW?] 01. Demo #1 (1970) 02. People Get Ready - How? Demo #2 (1970) 03. Demo #3 (1970) 04. Demo #4 (1970) 05. Take 1 06. Take 2 07. Take 12 08. Alternate Vocal A 09. Alternate Vocal B 10. Vocal Recording 11. Monitor Mix
[OH YOKO] 12. Demo #1 (1970) 13. Demo #2 (1970) 14. Take 7 15. Take 9 16. Vocal Overdub session #1 17. Vocal Overdub session #2 18. Vocal Overdub session #3
[STUDIO OUTTAKES] 19. San Francisco Bay Blues 20. Well (Baby Please Don’t Go)
[PIANO DEMO 1970] 21. Sally And Billy #1 22. Sally And Billy #2 23. Help! 24. I’m Having a Baby My Love (improvisation) 25. Instrumental

DISC SIX :
[PIANO DEMO 1970] 01. Christmas Message #1 02. Christmas Message #2 03. Somewhere in My Sky (improvisation) 04. Can’t Believe You Wanna Leave #1 05. Can’t Believe You Wanna Leave #2 06. Mailman Bring Me No More blues 07. I’m Not As Strong As You Think 08. You Know How Hard it is (improvisation) 09. Happy Girl 10. I’ll Make you Happy #1 11. I’ll Make you Happy #2 ‘Clock’ Soundtrack St Regis Hotel, NY, Sep.1971 12. Shazam 13. Honey Don’t #1 14. Honey Don’t #2 15. Glad All Over 16. Lend Me Your Comb 17. New York City 18. Wake Up Little Susie 19. Vacation Time 20. Not Fade Away 21. (You’re So Square) Baby I Don’t Care 22. Heartbeat 23. Peggy Sue Got Married 24. Peggy Sue #1 25. Peggy Sue #2 26. Maybe Baby 27. Mailman, Bring Me No More Blues 28. Rave On 29. Instrumental “Exit Piece”
[IMAGINE ROUGH ACETATE MIX] 30. Imagine 31. Crippled Inside 32. Jealous Guy 33. It’s So Hard 34. I Don’t Wanna Be A Soldier Mama 35. Gimme Some Truth 36. How?

2014年10月27日

ドリーム・シアター、来日公演の決定盤!

xavelsm038d.jpg



◆ DREAM THEATER / AN EVENING WITH DT TOKYO 2014 (プレス3CD+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2014年来日公演における、「ラウドパーク14」に続く2日目、10月20日ZEPP東京でのライブを、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録したタイトルが、永久保存プレス3CDにてここに。

ラウドパーク14翌日のこのZepp東京公演は、大阪同様、15分の休憩をはさんだトータル3時間にも及ぶ、今回のツアーのフル・セットとなったもので、その圧倒的パフォーマンスを、カンペキなクオリティーで完全再現したもの。そしてペトルーシ、マンジーニ、ルーデスの使用するIEMソースに、さらにはラブリエが使用しているワイヤレスマイク・ソースもミックスし、1曲ごとにミックス・バランスも調整し、マスタリングを施すことで、まさにステレオ・サウンドボード・レベルのクオリティーを実現。全編にわたり各楽器の分離感、定位感ともにカンペキで、とりわけペトルーシのギター・サウンドのリアルさは特筆に値するもの。
そしてセットも本ツアーのコンセプトどおり、開演前の映像SEから、アルバムのリード・トラック「The Enemy Inside」でスタート。続く過去の曲の断片を巧みに並べて再構築した「The Shattered Fortress」では、読み解きが面白い曲構成が印象的。そして大曲「The Looking Glass」はドラマチックな楽曲構造が素晴らしく、「Enigma Machine」も躍動するリズムの中で、積み重ねる各楽器の応酬が聞きどころ。また「Breaking All Illusions」は曲が持っている美しさがよく出た鮮烈な演奏で、深い興奮を場に残して第1部を締めくくるというもの。
そして第2部は、2014年はアルバム『AWAKE』の発表20周年に当たることから、そのアルバム後半の「The Mirror」からラスト・トラック「Space-Dye Vest」までほぼノンストップで再現。中でも名曲「Lifting Shadows Off A Dream」の鮮やかな表現は鳥肌モノで、他にも「Space-Dye Vest」は、オリジナルに忠実な演奏でありながらも微妙に異なる部分も。さらに「Illumination Theory」は曲調が一転する中間部突入後の微細な部分や後半突入後のタフな演奏が聞きところで、これでメイン・セットはエンド。
そしてアンコール「Overture 1828」も立ち上がりから鮮烈で、序盤から巨大な雪崩の様なプレイが炸裂。さらに「The Dance of Eternity」も、カンペキなユニゾン進行、そしてラスト「Finally Free」は、映像で流れる朗読シーンや車のエンジン音といった情景音もしっかり収録し、演奏ももちろんパーフェクト。
またボーナス・トラックとして、ラウドパークでは演奏され、この日はセット落ちした、「Pull Me Under」のリミックス・テイクも収録。
さらに初回限定特典として、この東京公演でペトルーシが演奏したギター・ソロのパートを、ダイジェスト編集したボーナスDVD-Rをプラス。

安定したHDカメラからの超クリアー映像で収録された、超人的なギター・ソロの数々を、この目でまた確認できるというもので、それらも含めて、バンドの音楽的集大成とも言うべきアイデアが具現化された現在も進化するパフォーマンスを、ベスト・クオリティーで収めたファン必携アイテム。
なお、特典DVD-Rは初回リリース分のみゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : (1st Set) 01. Intro. SE 02. False Awakening Suite 03. The Enemy Inside 04. The Shattered Fortress 05. On the Backs of Angels 06. The Looking Glass 07. Trial of Tears 08. Enigma Machine
Disc 2 : 01. Along for the Ride 02. Breaking All Illusions 03. Intermission 04. Film (2nd Set) 05. The Mirror 06. Lie 07. Lifting Shadows Off a Dream 08. Scarred 09. Space-Dye Vest
Disc 3 : 01. Illumination Theory –encore- 02. Overture 1928 03. Strange Deja Vu 04. The Dance of Eternity 05. Finally Free 06. Show Closing
[at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 21nd October 2014 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source = Matrix Recording]
07. Pull Me Under(Remix)
[at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 19th October 2014 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source = Matrix Recording]

James LaBrie - Lead Vocals / John Petrucci - Guitar, Backing Vocals / Jordan Rudess - Keyboards / John Myung - Bass / Mike Mangini – Drums

2014年10月20日

ボストン2014年来日公演の最終日決定盤!

xavels037b.jpg



◆ BOSTON / Heaven On The East 2014 (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2014年ジャパン・ツアーにおける、その最終日となる10月9日日本武道館のライブを、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録したタイトルがプレス2CDにてここに。
しかも同日のベスト・クオリティー映像も、プレスDVDでカップリングした限定コレクターズ・エディション!


実に35年ぶりの再来日公演が実現し、国内各地でそのスペーシーかつ、ぶ厚いボストン・サウンドに、往年のファンから大絶賛の中、本タイトルはその千秋楽9日公演の模様を、カンペキなクオリティーで110分にわたり完全再現したもので、ステージ上で使用されている各々ミックス・バランスの異なる複数のIEMソースと、会場アリーナ最前方で録音されたオーディエンス・ソースを巧みにミックス・ダウン。
よってLチャンネルにトムのギター、Rチャンネルにゲイリーのギター、センターにヴォーカル、そしてドラム(ハイハットからタムの配列までバッチリとベース、といった具合に、ステージ上の立ち位置を可能な限り忠実に再現すべく定位づけられた、凄まじいステレオ・サウンドによるもので、特にギターのツイン・リードの分離感などは鳥肌もの。
なお、同レーベル・リリースの東京初日や名古屋公演では、やや抜け気味だったキンバリーとシヴォーンのヴォーカルもカンペキにミックスされており、まさに永久保存のプレスCDに相応しい完成度の高いアイテムといえるもの。
そして本編終了後には、ボーナス・トラックとして、この日のサウンド・チェックより「Rock & Roll Band」他9曲を追加収録。
さらにカップリングの映像DVDは、ステージ正面からの1Fスタンド席から、安定感抜群のオーディエンス・ショットにて110分にわたりコンプリート収録。前方の視界が遮られることもなく、トム・シュルツの手元へのクローズ・ショットも多々見られるため、ファンにはたまらないもの。さらに音声は、オーディエンス録音用マイクのトップブランドである、ドイツのMK4カプセルを使用したハイスペック・オーディエンス・ソースを、映像にカンペキにシンクロさせており、特にギターのツイン・リードの分離感などは鳥肌もの。
そしてセット内容もこれまでのジャパ・ツアーと全く同じセットリスト&プロダクションながら、最終日ということもあってか、演奏が始まる前から手拍子が起こるなど、オーディエンスも初日以上の盛り上がり。また、トム・シュルツのプレイも絶好調の中、Walk On MedlyのGet Organ-ized、/Foreplayなどで、普段より長めにフィーチャーされたオルガン・ソロなども要チェック。
まさに記念すべき一夜を珠玉のサウンドと映像で再現した永久保存メモリアル・アイテム。
なおプレス仕様の限定リリースゆえ、お早めに。

CD 1 : 01. Opening 02. Rock & Roll Band 03. Smokin' 04. Feelin' Satisfied 05. Last Day of School 06. Life, Love & Hope 07. Peace of Mind 08. It's Been Such a Long Time Interlude 09. Cool the Engines 10. Surrender to Me 11. Don't Look Back 12. Something About You 13. Amanda 14. The Launch 15. More Than a Feeling(*) 16. Instrumental
CD 2 : 01. A New World 02. To Be a Man 03. Walk On(*) 04. Get Organ-ized 05. Walk On (*) 06. Foreplay / Long Time(*) –encore- 07. Band Introduction 08. I Think I Like It(*) 09. Party(*)
[Live At Nippon Budokan, Tokyo, Japan October 9th 2014 : Multiple IEM Sources + Audience Source Matrix Recording]

10. Rock & Roll Band 11. Smokin' 12. Peace of Mind 13. Amanda 14. The Launch 15. More Than a Feeling 16. Walk On 17. Last Day of School 18. Life, Love & Hope
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 9th October 2014]

DVD : 01. Opening 02. Rock & Roll Band 03. Smokin' 04. Feelin' Satisfied 05. Last Day of School 06. Life, Love & Hope 07. Peace of Mind 08. It's Been Such a Long Time Interlude 09. Cool the Engines 10. Surrender to Me 11. Don't Look Back 12. Something About You 13. Amanda 14. The Launch 15. More Than a Feeling(*) 16. Instrumental 17. A New World 18. To Be a Man 19. Walk On(*) 20. Get Organ-ized 21. Walk On (*) 22. Foreplay / Long Time(*) –enncore- 23. Band Introduction 24. I Think I Like It(*) 25. Party(*)
[Live At Nippon Budokan, Tokyo, Japan October 9th 2014]
Tom Scholz (guitar, keyboards, vocals), Gary Pihl (guitar, keyboards, vocals), Kimberley Dahme (bass, keyboards, vocals), Jeff Neal (drums, vocals), Tommy DeCarlo (lead vocals, keyboards), Tracy Ferrie (bass, vocals) and the special guest; Siobhan Magnus (*=vocals)

2014年10月19日

パット・メセニー、感動の来日公演を完全再現

jm234p.jpg



◆ PAT METHENY UNITY BAND / LIVE IN TOKYO 2014 LAST NIGHT (3CDR) この商品はこちらから

パット・メセニーのユニティ・バンドによる、2013年に続く、2014年来日公演より、東京公演最終日となる10月10日、すみだトリフオニーホールでのライブを、ハイクオリティー・オーディエンス・マスターに、デジタル・リマスタリングを施しコンプリート収録。
まず特筆すべきは、クリス・ポッター(ts)、ベン・ウィリアムス(b)、アントニオ・サンチェス(ds)のおなじみのメンバーに、先のUSツアーから、マルチ・インストゥルメンタリストのジュリオ・カルマッシが参加しており、ピアノやトランペットで、メセニーのギターの音色を際立たせる幻想的な音像を演出することで、サウンドに厚みが生まれ、スタジオ録音とはまた異なった印象を受けるハズ。
そしてそのセットもリリースされたばかりのアルバム「Kin(←→)」からは”Kin” “Rise Up”、”Born” “Genealogy”そして”On Day One”の5曲がセットインしており、15分もの長編”On Day One”をはじめとして、10分以上のナンバーが4曲並ぶことで、それぞれのメンバーがインプロヴィゼーションを展開できる、インスピレーショナルな空間もたっぷりと。
また前年同様、メセニーのギターと同じくらい、クリス・ポッターのサックスもフューチャーされており、かつてマイケル・ブレッカーと疾駆した爽快感が再び帰ってきたかのよう。ほかにもベースとドラムスの安定感の上に、透明感溢れるギターと絡み合うサックス、そしてエイトビートの疾走が、全編を通して一気に駆け抜ける様は、あまりに心地良く、またコンサートも熱を帯びたため、なんとアンコールに5回応え、7曲を披露。そんな素晴らしい3時間にも及ぶライブを、臨場感溢れる高音質サウンドで再現した、2014年来日公演の決定盤。

DISC 1 : 01. Pikasso 02. Come And See 03. Roofdogs 04. The Bat 05. Police People 06. Folk Song 07. MC 08. Kin
DISC 2 : 01. Rise Up 02. Born  03. Genealogy 04. On Day One 05. Bright Size Life 06. All Things You Are 07. Dream Of The Return 08. Go Get It 09. Have You Heard
DISC 3 : 01. Are You Going With Me 02. Solo Guitar Medley - Phase Dance / Minuano / Antonia / Last Train Home - 03. The Good Life 04. Beyond The Missouri Sky 05. And I Love Her 06. Breakdealer  07. Song For Bilbao
[Live at Sumida Triphony Hall, Tokyo, Japan, October 10th 2014]
◇ Pat Metheny – guitar / Chris Potter – saxophone / Ben Williams - bass / Antonio Sanchez - drums / Giulio Carmassi - piano, vocals, trumpet


2014年10月17日

ホールズワース、最後の来日公演!

wild137a.jpg



◆ALLAN HOLDSWORTH / GIANT STEPS 2014 (2CDR) この商品はこちらから

2014年の引退ツアー/フェアウェル・ツアーと発表された、来日公演より、追加公演となった東京初日の9月30日、ビルボード東京での2ショーを、いずれもハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。この日のファースト・ショー、セカンド・ショーはどちらもセットは同様ながら、これが最後の来日公演となるとやはり感慨深いものが。
そして今日まで長らく行動を共にしてきたゲイリー・ハズバンド、そして元々はイエロージャケッツのオリジナル・メンバーでもあった、こちらも盟友ジミー・ハスリップとのトリオによる演奏は、まさに最後の華を飾るにふさわしいものに。いつかまた復活を願いつつ、メモリアルとなるラスト・ライブを最高のクオリティーにてここに。

(Disc 1 :1st show) 1. Intro 2. Texas 3. Fred 4. Water On The Brain Pt. II 5. Devil Take The Hindmost 6. Gas Lamp Blues 7. Leave Them On 8. Letters Of Marque –encore- 9. Red Alert
(Disc 2 : 2nd show) 1. Intro 2. Texas 3. Fred 4. Water On The Brain Pt. II 5. Devil Take The Hindmost 6. Gas Lamp Blues 7. Leave Them On 8. Letters Of Marque -encore- 9. Red Alert
[Live in Tokyo, Japan 30th September 2014]

◇Allan Holdsworth (guitar), Jimmy Haslip (bass) , Gary Husband (drums)


2014年10月16日

STUFF、70年代最後の名ライブ、パート2

hannibal017.jpg



◆ STUFF / Hot Stuff! Lost Sessions from NY 1979 Part Two (プレス4CD) この商品はこちらから

1979年12月14日から4日連続で行われた、ニューヨークの有名クラブ、ミケールズでのショーより、このパート2には後半16&17日の全4回のショーを、すべてオフィシャル・クオリティー、ステレオ・サウンドボードにてコンプリート収録。

まずこのミケールズでのライブは、15日のレイト・ショーがライブ・アルバム「イン・ニューヨーク」としてオフィシャル・リリースもされているものの、サウンド・クオリティーはあまり良いものとは言えず、しかも編集が酷く、演奏部分でフェードイン、フェードアウトされるなど、とてもオフィシャルとは言いがたい内容だったのは周知の事実。
そんな中で今回この4日間すべてのライブ音源を、関係者流出によるサウンドボード・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施した、まさにオフィシャル・レベルのクオリティーでコンプリート収録したのが本タイトルで、こちらのパート2には、後半2日間計4ステージを、いずれも最高音質ステレオ・サウンドボードにて。
まずパート1同様に音質が本当に素晴らしく、デュプリーとゲイルのツイン・ギター、ガッドとパーカーのダブル・ドラムがLRチャンネルに完璧にステレオ分離されており、6人の演奏の細部にいたるまで、はっきりと聴き取れるという、恐ろしく解像度の高いサウンドによるもの。
そして演奏内容も、彼らのホームグランドであるミケールズだけに、しかも来日時は不参加だったクリス・パーカーを含む6人編成でのギグとなれば、リミッター解除されたかのような凄まじいもの。
特に「Duck Soup」、「Sometimes Bubba Gets Down」、「Real McCoy」、「How Long Will It Last」あたりは、ステージごとに全く異なる表情を見せ、ノリに乗ったテンションの高い圧巻の演奏にて。また洗練された都会的なグルーヴの「Signed Sealed Delivered I'm Yours」、そしてこれぞスタッフといえる「Ain't No Mountain High Enough」や「I Heard It Through The Grapevine」など、70年代エレクトリック・ジャズ&クロスオーヴァーの真骨頂といえるその内容は、すべてのジャズ・ファン、マスター・ピースとなるもの。
なおこの4公演はオフィシャル・ライブ・レコーディング用に機材が持ち込まれての録音ということもあり、メンバーもそのあたりは理解したうえで、この後半2日間は、前半2日よりも日を追うごとにインタープレイの濃密度を上げた、熱いプレイの連続で、特に最終日のファースト・ショーにおけるガッドとパーカーによるドラム・バトルなどは卒倒もの。さらに「Ode To Billie Joe」や「The Letter」といったレア・ナンバーも飛び出す、とにかく70’sジャズメンの聖地ミケールズならでは、ホットな2夜の貴重な記録を、美麗コーティング紙ジャケット、帯つき仕様による完全限定4CDプレス盤にて。
パート1とセットで必携のマスター・ピース・アイテム!

disc one : 01. Ode To Billie Joe 02. Shuffle 03. You Make It Easy 04. Sometimes Bubba Gets Down 05. Duck Soup 06. Real McCoy 07. Signed Sealed Delivered I'm Yours / Drums Solo / Stuff's Stuff 08. Foots 09. You Are A Great Girl 10. How Long Will It Last
[Recorded at Mikells, New York, NY USA, 16th December 1979 : First Show / Master Quarity Stereo Soundboard Recording]

disc two : 01. Shuffle 02. You Make It Easy 03. Duck Soup 04. Love The Stuff / Drums Solo / Ain't No Mountain High Enough / Stuff Theme 05. Real McCoy 06. My Sweetness 07. How Long Will It Last 08. You Are A Great Girl 09. Signed Sealed Delivered I'm Yours / Drums Solo / Stuff's Stuff / Stuff Theme
[Recorded at Mikells, New York, NY USA, 16th December 1979 : Second Show / Master Quarity Stereo Soundboard Recording]

disc three : 01. Foots 02. You Are A Great Girl 03. Duck Soup 04. Real McCoy 05. You Make It Easy 06. Signed Sealed Delivered I'm Yours / Drums Solo 07. Dixie / Up On The Roof 08. How Long Will It Last
[Recorded at Mikells, New York, NY USA, 17th December 1979 : First Show / Master Quarity Stereo Soundboard Recording]

disc four : 01. The Letter 02. Shuffle 03. You Make It Easy 04. Duck Soup 05. Love The Stuff / Drums Solo / Ain't No Mountain High Enough 06. Sometimes Bubba Gets Down 07. Real McCoy 08. You Are A Great Girl 09. How Long Will It Last
[Recorded at Mikells, New York, NY USA, 17th December 1979 : Second Show / Master Quarity Stereo Soundboard Recording]

Gordon Edwards – Bass / Cornell Dupree – Guitar / Eric Gale – Guitar / Richard Tee - Piano, Electric piano, Organ / Steve Gadd – Drums / Chris Parker – Drums


2014年10月15日

STUFF、70年代最後の名ライブ、パート1

hannibal016.jpg



◆ STUFF / Cool Stuff! Lost Sessions from NY 1979 Part One (プレス3CD) この商品はこちらから

1979年12月14日から4日連続で行われた、ニューヨークの有名クラブ、ミケールズでのショーより、まずこのパート1には前半14&15日の模様を、すべてオフィシャル・クオリティー、ステレオ・サウンドボードにてコンプリート収録。

まずこのミケールズでのライブは、15日のレイト・ショーがライブ・アルバム「イン・ニューヨーク」としてオフィシャル・リリースもされているものの、サウンド・クオリティーはあまり良いものとは言えず、しかも編集が酷く、演奏部分でフェードイン、フェードアウトされるなど、とてもオフィシャルとは言いがたい内容だったのは周知の事実。
そんな中で今回この4日間すべてのライブ音源を、関係者流出によるサウンドボード・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施した、まさにオフィシャル・レベルのクオリティーでコンプリート収録したのが本タイトルで、まずこのパート1には、初日14日の2ステージ、そして翌15日のファースト・ショーを、最高音質ステレオ・サウンドボードにて。
まず音質がとにかく素晴らしく、デュプリーとゲイルのツイン・ギター、ガッドとパーカーのダブル・ドラムがLRチャンネルに完璧にステレオ分離されており、6人の演奏の細部にいたるまで、はっきりと聴き取れるという、恐ろしく解像度の高いサウンドによるもの。
そして演奏内容も、彼らのホームグランドであるミケールズだけに、しかも来日時は不参加だったクリス・パーカーを含む6人編成でのギグとなれば、リミッター解除されたかのような凄まじいもの。
特に「Duck Soup」、「Sometimes Bubba Gets Down」、「Real McCoy」、「How Long Will It Last」あたりは、ステージごとに全く異なる表情を見せ、ノリに乗ったテンションの高い圧巻の演奏にて。また洗練された都会的なグルーヴの「Signed Sealed Delivered I'm Yours」、そしてこれぞスタッフといえる「Ain't No Mountain High Enough」や「I Heard It Through The Grapevine」など、70年代エレクトリック・ジャズ&クロスオーヴァーの真骨頂といえるその内容は、すべてのジャズ・ファン、マスター・ピースとなるもの。
なおこの4公演はオフィシャル・ライブ・レコーディング用に機材が持ち込まれての録音ということもあり、メンバーもそのあたりは理解したうえで、この前半2日間は、総じて言うならばアップ的かつ、都会的なクールな演奏という印象。
その貴重な記録を、美麗コーティング紙ジャケット、帯つき仕様による完全限定3CDプレス盤にて。

disc one : 01. That's the Way of the World 02. Shuffle 03. You Make It Easy 04. Duck Soup 05. Signed Sealed Delivered I'm Yours / Drums Solo / Stuff's Stuff (fade out) 06. Sometimes Bubba Gets Down (fade in) 07. Real McCoy 08. You Are A Great Girl 09. Subway 10. How Long Will It Last
[Recorded at Mikells, New York, NY USA, 14th December 1979 : First Show / Master Quarity Stereo Soundboard Recording]

disc two : 01. Shuffle 02. You Make It Easy 03. Duck Soup 04. Foots 05. Real McCoy 06. Sometimes Bubba Gets Down 07. You Are A Great Girl 08. How Long Will It Last 09. Love The Stuff / Drums Solo / (Lady Madonna) / Ain't No Mountain High Enough / Stuff Theme
[Recorded at Mikells, New York, NY USA, 14th December 1979 : Second Show / Master Quarity Stereo Soundboard Recording]

disc three : 01. Subway 02. Sometimes Bubba Gets Down 03. You Make It Easy 04. Duck Soup 05. I Heard It Through The Grapevine / Drums Solo 06. Real McCoy 07. You Are A Great Girl 08. How Long Will It Last 09. Dixie / Up On The Roof 10. Foots / Stuff Theme
[Recorded at Mikells, New York, NY USA, 15th December 1979 : First Show / Master Quarity Stereo Soundboard Recording]

Gordon Edwards – Bass / Cornell Dupree – Guitar / Eric Gale – Guitar / Richard Tee - Piano, Electric piano, Organ / Steve Gadd – Drums / Chris Parker – Drums


2014年10月14日

ボストン、35年ぶり来日公演の映像もブルーレイにて!

alx021bd.jpg



◆ BOSTON / Meet Life, Tokyo! Film (1Bru-Ray) この商品はこちらから

35年ぶりの2014年ジャパン・ツアーにおける、その初日となる10月2日日本武道館公演の模様を、ハイクオリティー・オーディエンス・ショットにて収録された映像を、ダイレクトにブルーレイ化。

まず映像カメラはステージ向かって西スタンド前列からのショットで、特大アングルも多用された見応え抜群の映像で、109分にわたりコンプリート収録されており、特にトム・シュルツの手元へのクローズ・ショットも多々見られるため、ファンにはたまらないもの。
さらに音声は、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターをマトリックスし、映像にカンペキにシンクロさせており、ステージ上の立ち位置を可能な限り忠実に再現すべく定位づけられた、凄まじいステレオ・サウンドによるもので、特にギターのツイン・リードの分離感などは鳥肌もの。
そしてセット内容も先の全米ツアーと全く同じセットリスト&プロダクションとなっており、一部スクリーン回りのセットは簡素化されていたものの、あの分厚いボストン・サウンドは完璧で、35年前と同じオープニング"Rock & Roll Band"からスタートし、"Don't Look Back" や "More Than A Feeling"、そして日本では初演となる「Third Stage」以降の"Amanda"など、ドラマティックかつダイナミックな音の洪水がこれでもかと。そして叙情的でありながら緊張感も同居しつつ、”Foreplay”での生のオルガンなどは、これも感動といえる、奇跡の一夜をここに完全再現。
01. Opening 02. Rock & Roll Band 03. Smokin' 04. Feelin' Satisfied 05. Last Day of School 06. Life, Love & Hope 07. Peace of Mind 08. It's Been Such a Long Time Interlude 09. Cool the Engines 10. Surrender to Me 11. Don't Look Back 12. Something About You 13. Amanda 14. The Launch 15. More Than a Feeling(*) 16. Instrumental 17. A New World 18. To Be a Man 19. Walk On(*) 20. Get Organ-ized 21. Walk On(*) 22. Foreplay / Long Time(*) –encore- 23. Band Introduction 24. I Think I Like It(*) 25. Party(*)
[Recorded Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, October 2th 2014 : Multiple IEM Sources + Audience Source Matrix Recording]
◇ Tom Scholz (guitar, keyboards, vocals), Gary Pihl (guitar, keyboards, vocals), Kimberley Dahme (bass, keyboards, vocals), Jeff Neal (drums, vocals), Tommy DeCarlo (lead vocals, keyboards), Tracy Ferrie (bass, vocals) Siobhan Magnus (*=vocals)

なお、2日目の10月4日名古屋公演の映像ブルーレイや音源、さらに大阪公演の音源なども同時入荷!


2014年10月13日

裸のラリーズ、1976年未発表ライブ&トリビュート!

srcd050.jpg



◆ 裸のラリーズ / Tribute to Les Rallizes DeNudes (ブレス2CD) この商品はこちらから

2014年、ラリーズの1976年のライブ音源&ラリーズをリスペクトするアーティストによる、カバー&インスパイア曲トリビュート・アルバムがここに。

まずdisc:1のトリビュート盤には、ゲストで初音ミク+非常階段も参加した、フォロワー・アーティストによるそれぞれの解釈でカヴァーされたトラックを全9曲収録。なおマスタリングは、日本のエレクトロニカの雄であり続ける、電子音楽家PsysEx(サイセクス)こと糸魚健一氏によるもの。
そしてdisc:2には、1976年2月15日東京・渋谷屋根裏でのライブ音源をマスター・クオリティーにて収録。この年ほぼ月1回行われていた屋根裏でのライブは、他の公演はこれまでにもいくつか音源も流通していた中、この2月のライブはほとんど出回っていなかった貴重な音源となるもので、しかも当時多かったカセット録音ではなく、ライン音源をソースにマスタリングされたもの。
70年代ラリーズのライブをここまでのクオリティーで聞けるのは快挙であり、まさに歴史的発掘音源といえるもので、トリビュートと合わせて、必携・必聴の1枚。
さらにアートワークは、ラリーズの元ギタリストで、現在は写真家の中村Kyo氏による、当時の貴重なフォトを用いたブックレットと、四つ折りポスターを封入。

DISC 1 :
01. 白い目覚め / 初音階段+非常階段
02. 微睡から眩暈 remix / ichion
03. 夜、暗殺者の夜 / OUTATBERO
04. torinokoe remix / dagshenma
05. 白い目覚め / Rent:A*Car with 松石ゲル
06. madoromi destructive ensemble / avant-gals
07. この静寂がいい / marron aka dubmarronics feat. FeedbachOrchestra
08. 1967 ~Inspired by Rallizes / PsysEx
09. the last one / ゆーきゃん
[Various Artist : Tribute to Les Rallizes DeNudes]

DISC 2 : 01. まどろみ 02. 夜より深く 03. 眩暈 04. 白い目覚め 05. 氷の炎 06. 鳥の声 07. 造花の原野 08. Enter the mirror 09. the last one
[Live at Shibuya Yaneura, Tokyo, Japan, February 15th 1976]

2014年10月11日

ボストン、35年ぶり来日公演の初日!

sne227b.jpg



◆ BOSTON / HEAVEN ON BUDOKAN FIRST NIGHT (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILレーベルより、2014年ジャパン・ツアーにおける、その初日となる10月2日日本武道館のライブを、トム・ショルツがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、24/96スペックの極上オーディエンス・マテリアル・マスターを、完全フル・マトリックス収録したタイトルがここに。

実に35年ぶりの再来日公演が実現し、国内各地でそのスペーシーかつ、ぶ厚いボストン・サウンドに、往年のファンから大絶賛の中、本タイトルはその記念すべき初日の模様を、カンペキなクオリティーで110分にわたり完全再現したもので、トム・ショルツのギターをメインに、すべてのインストルメンタル・パートがミックスされた生々しいイヤモニ・ソースを中心とした、そして臨場感と緊張感が溢れる、ライヴならではのドライヴ感も存分に体感出来るサウンドは、まさにオフィシャル・レベルといえるもの。
そしてセット内容も先の全米ツアーと全く同じセットリスト&プロダクションとなっており、一部スクリーン回りのセットは簡素化されていたものの、あの分厚いボストン・サウンドは完璧で、35年前と同じオープニング"Rock & Roll Band"からスタートし、"Don't Look Back" や "More Than A Feeling"、そして日本では初演となる「Third Stage」以降の"Amanda"など、ドラマティックかつダイナミックな音の洪水がこれでもかと。そして叙情的でありながら緊張感も同居しつつ、”Foreplay”での生のオルガンなどは、これも感動といえる、奇跡の一夜をここに再び。
さらに当日に行われたサウンド・チェックの模様も、デジタル・オーディエンス・マスターから全11トラックを追加した、まさに決定盤となる逸品。

DISC ONE : B.G.M -Tora, Tora, Tora (Out With The Boys)- / Tom Scholz Guitar Intro / Rock & Roll Band / Smokin' / Feelin' Satisfied / Last Day Of School / Life, Love & Hope / Peace Of Mind / It's Been Such A Long Time (Interlude) / Cool The Engines / Surrender To Me / Don't Look Back / Something About You / Amanda / The Launch: a) Countdown b) Ignition c) Third Stage Separation / More Than A Feeling / Tom Scholz guitar solo / Instrumental Jam

DISC TWO : A New World / To Be A Man / Walk On / Get Organ-ized / Walk On (Some More) / Foreplay / Long Time / Band Introduction / I Think I Like It / Party
[Recorded Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, October 2th 2014]
Instrumental-check / Rock & Roll Band / Smokin' #1 / Smokin' #2 / Peace Of Mind #1 / Peace Of Mind #2 / Amanda #1 / Amanda #2 / The Launch / More Than A Feeling / Guitar solo
[Sound-check at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, October 2th 2014]

Tom Scholz (guitar, keyboards, vocals), Gary Pihl (guitar, keyboards, vocals), Kimberley Dahme (bass, keyboards, vocals), Jeff Neal (drums, vocals), Tommy DeCarlo (lead vocals, keyboards), Tracy Ferrie (bass, vocals) and the special guest; Siobhan Magnus (vocals)


2014年10月07日

伝説のペイジ&プラント、1996年来日公演パート2

terbd2sp.jpg



◆ PAGE & PLANT / TOKYO 3 CONCERTS 1996 (2Bru-Ray) この商品はこちらから

すでに伝説と化している1996年ペイジ&プラントの1996年ジャパン・ツアーより、ツアー序盤となる、2月6&8&9日東京・武道館3公演を、現存する最上級の映像&音源をアップコンバートし、ブルーレイ化。

当時ゼップの再来として注目を集め、しかも全10公演行われたジャパン・ツアーのセットリストが、すべて日替わりで披露されるという、まさに伝説的な唯一の来日公演は、過去にも数多くの音源と映像が残されてきた中で、今回ブルーレイ化にあたり、まずライブ映像に関しては、VHS時代から当時のオーディエンス・ショットとしては奇跡的なプロショット・レベルで知られた「THIRD EYE PRODUCTIONS」の映像マスターを使用。そして海外コレクターが編集したデジタル・リマスター映像バージョンをベースとし、さらにHDクオリティーにアップコンバートしてブルーレイ・フォーマットに変換。さらに音声パートは、3公演いずれもサウンドボード・レベルのオーディエンス音源をデジタル・リマスタリングも施しマトリックスするというこだわり。
よってかつての同内容のVHSやDVDと比較すれば、オリジナル映像とベスト・ソースに編集し直されたライブ音源によるレストア作業により、そのクオリティーの違いはあまりに歴然。
そしてこの時のみのツアー・バンド、エジプシャン・ユニットの帯同、日本のオーケストラとの共演、日々変化するセットと、そのすべてをこのクオリティーで観れるということは奇跡的といえるもの。
さらにボーナス映像としてエジプシャンのバックステージや、当時のTVニュース、さらに1994年のプロモーション来日時、唯一TVで披露された「天国への階段」のアコースティック・バージョンや、記者会見、リハーサルの様子も追加収録された、トータル7時間30分は、必見マスト・アイテム。

DISC ONE :
(BUDOKAN TOKYO 2.06.1996 : 116mins) Babe I'm Gonna Leave You / Bring It On Home / Heartbreaker / Thank You / Gallows Pole / Hurdy Gurdy Solo / Nobody's Fault But Mine / Going To California / Since I've Been Loving You / Band Introduction / Dancing Days / Yallah / Four Sticks/ In The Evening / Kashmir / Tangerine / Whole Lotta Love (inc. In The Light, Break On Through, Dazed And Confused) / Rock And Roll
[Live at Budokan Hall, Tokyo 2.06.1996 with Audience Recording]

(BUDOKAN TOKYO 2.08.1996 : 166mins) Introduction / Celebration Day / Bring It On Home / Heartbreaker / What Is And What Should Never Be / The Rain Song / Hurdy Gurdy Solo / When The Levee Breaks / Gallows Pole / Tea For One / The Song Remains The Same / Babe, I'm Gonna Leave You / Whole Lotta Love (inc. Down By The Seaside, Break On Through, Dazed And Confused) / Yallah / Four Sticks / Egyptian Intro / In The Evening / Kashmir / Black Dog / Rock And Roll
[Live at Budokan Hall, Tokyo 2.08.1996 with Audience Recording]
(BONUS SECTION - Turning Japanese / The Egyptians / Japanese TV News Spots 2.5.1996 / Budokan Tokyo 2.05.1996)

DISC TWO :
(BUDOKAN TOKYO 2.09.1996 : 173mins) The Rain Song / No Quarter / Babe I'm Gonna Leave You / Wanton Song / Heartbreaker / Ramble On / Hurdy Gurdy Solo / Gallows Pole / Whole Lotta Love (inc. Spoonful, Break On Through, Dazed And Confused) / Tea For One / Dancing Days / Yallah / Four Sticks / In The Evening / Kashmir / Black Dog / Rock And Roll
[Live at Budokan Hall, Tokyo 2.09.1996 with Audience Recording]
(BONUS SECTION - Japanese TV Interview 11.11.1994 / Stairway To Heaven 11.11.1994 / Press Conference Tokyo 11.11.1994)

◇1080p High Definition NTSC 16:9 (4:3) Linear PCM Stereo


2014年10月06日

伝説のペイジ&プラント、1996年来日公演パート1

terbd1sp.jpg



◆ PAGE & PLANT / TOKYO & OSAKA 1996 (1Bru-Ray) この商品はこちらから

すでに伝説と化している1996年ペイジ&プラントの1996年ジャパン・ツアーより、2月13日東京・武道館公演と、2月15日大阪城ホール公演を、現存する最上級の映像&音源をアップコンバートし、ブルーレイ化。

当時ゼップの再来として注目を集め、しかも全10公演行われたジャパン・ツアーのセットリストが、すべて日替わりで披露されるという、まさに伝説的な唯一の来日公演は、過去にも数多くの音源と映像が残されてきた中で、今回ブルーレイ化にあたり、まずライブ映像に関しては、VHS時代から当時のオーディエンス・ショットとしては奇跡的なプロショット・レベルで知られた「THIRD EYE PRODUCTIONS」の映像マスターを使用。そして海外コレクターが編集したデジタル・リマスター映像バージョンをベースとし、さらにHDクオリティーにアップコンバートしてブルーレイ・フォーマットに変換。さらに音声パートは、この2公演は過去より知られる、関係者流出によるサウンドボード音源が存在しており、こちらをデジタル・リマスタリングも施しマトリックスするというこだわり。
よってかつての同内容のVHSやDVDと比較すれば、オリジナル映像とベスト・ソースに編集し直されたライブ音源によるレストア作業により、そのクオリティーの違いはあまりに歴然。
そしてこの時のみのツアー・バンド、エジプシャン・ユニットの帯同、日本のオーケストラとの共演、日々変化するセットと、そのすべてをこのクオリティーで観れるということは奇跡的といえるもの。
さらにボーナス映像としてバックステージやリハーサルの様子も収録された、トータル4時間44分は、必見マスト・アイテム。

(BUDOKAN TOKYO 2.13.1996 : 157mins) Introduction / Thank You / Custard Pie / Black Dog / Tangerine / Hurdy Gurdy Solo / Gallows Pole / Tea For One / The Song Remains The Same / Going To California / Babe I'm Gonna Leave You / Whole Lotta Love (inc.King Bee, Break On Through, Dazed and Confused) / Friends / Yallah / Four Sticks / Kashmir / What Is And What Should Never Be / Rock And Roll
[Live at Budokan Hall, Tokyo 2.13.1996 with Soundboard Recording]
(BONUS SECTION - Backstage Budokan / Turning Japanese / Rehearsals / Osaka 2.15.1996)

(CASTLE HALL OSAKA 2.15.1996 : 127mins) Introduction / Custard Pie / Bring It On Home / Heartbreaker / What Is And What Should Never Be / Hurdy Gurdy Solo / Gallows Pole / Wonderful One / Going To California / Ten Years Gone / Babe, I'm Gonna Leave You / Whole Lotta Love (inc. Break On Through, Dazed And Confused) / Tea For One / Friends / Yallah / Four Sticks / Kashmir / Black Dog / Rock And Roll
[Live at Castle Hall, Osaka 2.15.1996 with Soundboard Recording]

◇1080p High Definition NTSC 16:9 (4:3) Linear PCM Stereo


2014年10月04日

ジョージの「LIVING IN THE MATERIAL WORLD」レア音源!

mccd454.jpg



◆ GEORGE HARRISON / Building The Material World (プレス3CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ジョージの「LIVING IN THE MATERIAL WORLD」のアルバム・セッションや、スタジオ・アウトテイクをコンパイルしたタイトルがここに。

このアルバムはリリースこそ1973年ながら、70年代初頭から断続的にレコーディングが行なわれていたらしく、ここではそのアルバムに繋がるセッションを大きく4つに分類して収録。
そしてまずdisc:1は、ジョージが参加したディランのアルバム「NEW MORNING」のため、1970年5月1日にニューヨークで行なわれたセッションを収録。このレコーディングのため、ジョージはデレク・テイラーを伴い、ニューヨークに飛び、およそ1週間のレコーディングに参加しており、そのセッション音源は30分リール2本に収録され、それがここに収録されていることに。中でもカール・パーキンスやビートルズ・ナンバーを演奏しているのも興味深く、他にも2人両方のバージョンが存在する「If Not For You」ももちろん収録。
続くdisc:2はまず、1970年ピーター・ドレイクとのセッションで、これはギター・エフェクトを駆使した実験的なもので、「電子音楽の世界」を彷彿とさせるもの。そして1971年ロンドンのアップル・スタジオで行なわれたフィル・スペクター、ロニー・スペクターと共に3人で行なったセッションでは、アルバム「ジョージ・ハリスン帝国」の1曲目を飾るポップな曲の初登場ラフミックスを2テイクと、別テイク、そして後半はロニー・スペクターとジョージによるジャムも収録。
そしてdisc:3は、アルバム「マテリアル・ワールド」のセッションを曲ごとに収録。元々のアルバムのボリュームが異なるので単純に比較はできないものの、数多くセッション音源が聴ける「オール・シングス・マスト・パス」と異なり、このアルバムからはあまり音源が流出しておらず、それでもラフ・ミックスを含めると、アルバム全曲を何らかの形で別バージョンにて。なお本作には「ギヴ・ミー・ラヴ」のB面として発表されたアルバム未収録の「ミス・オデール」の別バージョンも追加。
アルバム「マテリアル・ワールド」と、そこに繋がるセッションを収録した、初登場音源を多数含む、永久保存プレス3CD。


DISC ONE :
(BOB DYLAN “NEW MORNING” SESSIONS Columbia Studios New York May 1, 1970)
01. If Not For You 02. Song to Woody 03. Mama You've Been On My Mind 04. Don’t Think Twice It’s All Right 05. Yesterday 06. Just Like Tom Thumb's Blues 07. Da Doo Ron Ron 08. One Too Many Mornings Take 1 09. One Too Many Mornings Take 2 10. Ghost Riders In The Sky 11. Cupid 12. All I Have To Do Is Dream 13. Gates Of Eden 14. I Threw It All Away 15 I Don’t Believe You 16. Matchbox 17. Your True Love 18. When’s My Swamp Gonna Catch Fire? 19. I’m A Goin’ Fishin’ 20. Honey Just Allow Me One More Chance 2. Rainy Day Women #12 & 35 22. Working On A Guru 23. Time Passes Slowly #1 24. Time Passes Slowly #2 25. Went To See The Gypsy

DISC TWO :
(POST - ALL THINGS MUST PASS SESSIONS Studios Unknown London May 1970 : PETE DRAKE and HIS AMAZING TALKING GUITAR)
01. Recording Session with ´Danny Boy’ & ‘Bridge Over Troubled Water’ 02. Complete Unreleased Acetate
(RONNIE SPECTOR SESSIONS Apple Studios London February 1971)
03. Early Take with Rough Vocal 04. Backing Track Rough Mix RS1 05. Backing Track Rough Mix RS2
(JAM SESSION Recorded by PHIL SPECTOR : GEORGE HARRISON with RONNIE SPECTOR)
06. I’ll Be Your Baby Tonight 07. River Deep Mountain High 08. Save The Last Dance For Me 09. Bring It On Home To Me 10. Remember – God 11. Your Cash Ain’t Nothing But Trash 12. Money Honey 13. Tonight’s The Night 14. You Better Move On 15. Down In The Valley 16. I Went To Your Wedding 17. The Great Pretender 18. Baby Let’s Play House 19. Bluebird Over The Mountain 20. Ob-La-Di Ob-La-Da 21. Let It down - Hokey Pokey 22. I Hear You Knockin’ #1 23. I Hear You Knockin’ #2 24. That’ll Be The Day 25. Let It Down #2 (fragment) 26. Leaning On A Lamppost

DISC THREE :
(LIVING IN THE MATERIAL WORLD SESSIONS : Apple Studios London Oct. - Nov. 1972 & Jan. - Mar. 1973)
[GIVE ME LOVE (GIVE ME PEACE ON EARTH)] 01. Early Take Rough Mix 02. Promotional Mono Version
[SUE ME SUE YOU BLUES] 03. Demo #1 (original version) 04. Demo #2 (upgrade & fixed version) 05. Rough Mix Take 2
[THE LIGHT THAT HAS LIGHTED THE WORLD] 06. Demo 07. Alternate Take
[DON’T LET ME WAIT TOO LONG] 08. Rough Mix Take 29
[WHO CAN SEE IT] 09. Rough Mix
[LIVING IN THE MATERIAL WORLD] 10. Rough Mix
[THE LORD LOVES THE ONE (THAT LOVES THE LORD)] 11. Rough Mix
[BE HERE NOW] 12. Take 2
[TRY SOME, BUY SOME February 1971] 13. Original version recorded for Ronnie Spector 14. Re-make Acetate longer version
[THE DAY THE WORLD GETS ‘ROUND] 15. Rough Mix
[THAT IS ALL] 16. Rough Mix
[MISS O’DELL] 17. Version 1 18. Version 2 (upgrade)


2014年10月03日

ツェッペリン、最新映像アーカイヴ・アイテム!

jpd705lz.jpg



◆ LED ZEPPELIN / VIDEO SAMPLER 2014 (2DVDR) この商品はこちらから

2014年ゼップのリマスター・プロジェクト関連の映像を完全網羅した映像アイテムがここに。
ジミー・ペイジ主導によるZEPのオリジナル・スタジオ・アルバム群の
拡大版リイシュー・プロジェクトは、2014年6月からスタートし、年代順に各アルバムが順次リリースされ、世界中で大きな話題となることに。
そしてまず、デビュー・アルバムには、未発表ライブして有名な、1969年10月10日パリ・オランピア劇場公演が、正規に収録される事になった中、その同劇場にて、2014年5月21日に開催された、ジミーが登壇し観客を入れてのリスニング・パーティの模様を、マスター・クオリティー、プロショット映像にて72分収録。司会者に紹介されてジミー・ペイジがステージに登場しての挨拶から、サードまでのリマスター&ボーナス音源の試聴会の模様、そして最後にジミーへの質疑応答形式でのインタビューが収録されたもので、今回のリマスター・プロジェクトに合わせて制作されたレア映像が使われた宣伝用映像が、会場に映し出され、新音源が鳴り響くとライブさながらに観客から歓声も上がるというもの。そしてその宣伝用映像関連のトレイラーなども、4thアルバムまでたっぷりと収録。
さらにカップリングとしてdisc:2には、ゼップのプビデオ・クリップや、代表的プロショット・ライヴを年代順に時系列に収録。1969年から1979年までのバンドの足跡を、ライブ映像を中心に収めたプロダクトで、ロバート・プラントのブロンド長髪を振り乱してのシャウト、ジミー・ペイジの派手なステージ・アクションと弓を使ったボウイング奏法、ギブソンSGダブルネック・ギター。さらにボンゾのスティック回しからの怒涛のフィルと、ジョンジーのローに来る低重心のベース・プレイとキーボード・ワーク。そんな神がかりパフォーマンスを、こちらは99分にわたり全編プロショット映像にて。

Disc One : [VIDEO SAMPLER 2014] 01.Opening Slate [PARIS LISTENING PARTY 2014 : with JIMMY PAGE at O'lympia Paris France 21th may 2014] 02.PARIS LISTENING PARTY 03.I,II & III Trailer 04.Greetings from an emcee 05.Introducing Jimmy Page 06."Good Times Bad Times"/"Communication Breakdown" 07."You Shook Me" 08."Heartbreaker" (Rough Mix with Vocal) 09."Whole Lotta Love" (Rough Mix with Vocal) 10."Gallows Pole" (Rough Mix) 11."Since I've Been Loving You" (Rough Mix of First Recording) 12."The Immigrant Song" (Alternate Mix) 13."Key to the Highway/Trouble in Mind" (Rough Mix) 14.Interview with Jimmy Page 15."Whole Lotta Love" (Rough Mix with Vocal) video clip 2014 16.Ending
[EPK 2014] 1.LED ZEPPELIN (SUPER DELUXE EDITION) Unboxing
2.Led Zeppelin "LED ZEPPELIN (DELUXE EDITION)" 3.Good Times Bad Times / Communication Breakdown Live in Paris, 1969 4.LED ZEPPELIN II (SUPER DELUXE EDITION) Unboxing 5.Led Zeppelin "LED ZEPPELIN II (Deluxe Edition)" 6.Led Zeppelin "Whole Lotta Love (Rough Mix With Vocal) (Radio Edit)" 7.LED ZEPPELIN III (SUPER DELUXE EDITION) Unboxing 8.Led Zeppelin "LED ZEPPELIN III (Deluxe Edition)" 9.Led Zeppelin "LED ZEPPELIN IV (Deluxe Edition)"

Disc Two : Communication Breakdown (video clip 1969) / Dazed and Confused (1969 London Super show) / Communication Breakdown (1969 June 19 / Paris) / Travelling Riverside Blues (video clip / Recorded on 1969) / Long Tall Sally (1970 Royal Albert Hall / Outtake) / Immigrant Song (Sydney Australia 1972) / Stairway To Heaven (1975 London Earls Court) / Over The Hills And Far Away (video clip / Recorded on 1973) / Kashmir (1975 London Earls Court) / Whole Lotta Love (1977 Seattle King Dome) / Rock and Roll (1977 Seattle King Dome) / Over The Hills And Far Away (1977 Seattle King Dome) / The Song Remains the Same (1979 Knebworth England) / Celebration Day (1979 Knebworth England) / Black Dog (1979 Knebworth England) / No Quarter (1979 Knebworth England) / Ending
[LIVE SAMPLER 1969 - 1979]

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37