« 2014年12月 | メイン | 2015年02月 »

2015年01月28日

ビートルズ「アーカイヴ・レコーディングス」の第2弾登場!

ar1964asp.jpg



◆ THE BEATLES / ARCHIVE RECORDINGS 1964 (プレス2CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン注目の、レア音源コレクションとして「アーカイヴ・レコーディングス1964」が「1963」に続き第2弾としてここに。今回も初登場音源を含めたスタジオ・レコーディング、BBCライブ、そしてデモ音源などが新たに再編集され、アップグレードした改訂版として永久保存プレス2CDにて。

まず公式未発表だったPD(パブリック・ドメイン)音源を中心に、配信リリースされた「ブートレッグ・レコーディングス1963」の続編となる、「アーカイヴ・レコーディングス」第2弾の1964年版は、前タイトル同様のコンセプトとなるもので、基本的な構成は同じくスタジオ・レコーディング、BBC音源、そしてデモ音源の中から、これまで公式リリースされていなかった1964年のPD音源をコンパイル。
そしてスタジオ・レコーディングやデモ音源は、これまで知られたセッション・テイクの中でも、2013年以降発掘された初登場音源や、アップ・グレード音源が収録されており、特に「キャント・バイ・ミー・ラブ」「シーズ・ア・ウーマン」「アイ・フィール・ファイン」はこれまでよりも長いセッション・テイクにて。また話題となったポールのデモ音源「ア・ワールド・ウィズアウト・ラブ」、また補填修正された初登場の「アイル・フォロー・ザ・サン」、さらにはジミー・ペイジが演奏していたと噂の「ハード・デイズ・ナイト」に挿入された「トレイン・ミュージック」の新発掘アセテート音源なども収録。
またBBCに関しては公式2タイトルには未収録だった、1964年の収録トラックはここにすべて収録されており、高音質アップ・グレード音源や、セッション・アウトテイクも含めて、1964年BBC音源の最新バージョンとしてこちらも注目。
ファン必修となる「ブートレッグ・レコーディングス」を、より完璧な形で修正し永久保存のプレス盤でお届けする、リヴァイスド&エクスパンデッド・コレクターズ・エディション。プレス限定仕様ゆえ、ご希望の方はお早めに。

DISC ONE : STUDIO RECORDINGS
1. Can't Buy Me Love - Take 2 2. Can't Buy Me Love - Take 3 3. Can't Buy Me Love - Take 4 4. A Hard Day's Night - Take 1 5. A Hard Day's Night - Take 2 6. A Hard Day's Night - Take 3 7. A Hard Day's Night - Take 4 8. A Hard Day's Night - Take 5 (Announced 4) 9. A Hard Day's Night - Take 6 10. A Hard Day's Night - Take 7 11. A Hard Day's Night - Take 8 12. A Hard Day's Night - Take 9 13. She's A Woman - Take 1 (partial) 14. She's A Woman - Take 2 15. She's A Woman - Take 3 16. She's A Woman - Take 4 17. She's A Woman - Take 5 18. She's A Woman - Take 6 19. She's A Woman - Take 7 20. I Fell Fine - Take 1 21. I Fell Fine - Take 2 22. I Fell Fine - Take 5 23. I Fell Fine - Take 6 24. I Fell Fine - Take 7 25. I Fell Fine - Take 8 (partial) 26. I'm A Loser - Take 1 27. I'm A Loser - Take 2 28. I'm A Loser - Take 3 29. I'm A Loser - Take 4 30. I'm A Loser - Take 5 31. I'm A Loser - Take 6 32. I'm A Loser - Take 7 33. I'm A Loser - Take 8 34. What You're Doing - Take 11 35. Leave My Kitten Alone - Take 4 36. Leave My Kitten Alone - Take 5 DEMOS 37. One And One Is Two 38. If I Fell 39. A World Without Love 40. I'll Follow The Sun 41. Train Music - Acetate (Bonus Track)

DISC TWO : BBC RECORDINGS (recording date / on air date)
1. All My Loving 2. Money (That's What I Want) 3. The Hippy Hippy Shake 4. I Want To Hold Your Hand 5. Roll Over Beethoven 6. I Wanna Be Your Man 7. You Can't Do That - "Saturday Club" 7th January 1964 / 15th February 1964 8. Please Mr. Postman 9. This Boy - "From Us To You" 28th February 1964 / 30th March 1964 10. Everybody's Trying To Be My Baby 11. I Call Your Name 12. You Can't Do That 13. Can't Buy Me Love 14. Sure To Fall (In Love With You) 15. Long Tall Sally - "Saturday Club" 31st March 1964 / 4th April 1964 16. Whit Monday To You 17. I Saw Her Standing There 18. Kansas City / Hey! Hey! Hey! Hey! 19. You Can't Do That 20. Sure To Fall (In Love With You) 21. Can't Buy Me Love 22. Matchbox 23. Honey Don't - "From Us To You" 1st May 1964 / 18th May 1964 24. Long Tall Sally 25. If I Fell 26. I'm Happy Just To Dance With You 27. Things We Said Today 28. I Should Have Known Better 29. Boys 30. Kansas City / Hey! Hey! Hey! Hey! 31. A Hard Day's Night - "From Us To You" 17th July 1964 / 3rd August 1964 32. I'm Happy Just To Dance With You - Backing Track 33. I Should Have Known Better - False Start 34. I Should Have Known Better - No Overdub Track 35. I'll Follow The Sun – Outtake - BBC Recording Session

2015年01月27日

シンディ、感動の2015年来日最終公演!

xavel264c.jpg



◆ CYNDI LAUPER / Happy New Year, Tokyo! 2015 (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年ジャパン・ツアーにおける最終日、1月20日日本武道館公演を、オリジナル・オーディエンス・ソース(MK4マスター)に、デジタル・リマスタリングを施し、ここにコンプリート収録。

まずフロント・ローからの極上のオーディエンス・ソースに入念なマスタリングを施す事で、本レーベルならではの、ステレオ・サウンドボードさながらのクオリティーを実現。
そしてセット内容においても、いきなりの大ブレイクとなった、ソロ・デビューアルバム『She's So Unusual』のリリース30周年を記念して行われたツアーだけに、「When You Were Mine」を除く同アルバム収録ナンバーを全曲披露。さらにもちろんこれまでの代表チューンもオンパレードなうえ、さらにスペシャル・ゲストとして、フーターズのロブ・ハイマンも参加するなど、往年のファンにとってはたまらない一夜を最高のクオリティーでここに再現。

Disc 1 : 01. Intro 02. She Bop 03. I'll Kiss You 04. He's So Unusual 05. Yeah Yeah 06. Witness 07. All Through the Night 08. Into the Nightlife 09. Sex Is In the Heel 10. Wa Su Re Naiwa (I'll Never Forget You) 11. Time After Time
Disc 2 : 01. Girls Just Want to Have Fun 02. Money Changes Everything –encore- 03. Sukiyaki 04. Hat Full of Stars 05. Shine 06. Change of Heart 07. Imagine 08. True Colors 09. Outro
[ She's So Unusual 30th Anniversary Japan Tour :at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 20th January 2015 (EX-Audience Recording -Original MK4 Master-)]

◇Cyndi Lauper (vocals) Keith Mack (guitar) Steve Gaboury (keyboards) Rob Hyman (keyboards) Scooter Warner (drums) William Wittman (bass) Elaine Caswell (backup vocals)

2015年01月26日

ストーンズ60年代セッション・シリーズ第3弾!

mf067s.jpg



◆ ROLLING STONES / STUDIO SESSIONS 1965-1966 (プレス2CD) この商品はこちらから

ストーンズ専門のMayflowerレーベルより、60年代のスタジオ・セッションがシリーズ化。そして本タイトルは、1965年と1966年のスタジオ・アウトテイクをコンパイルした、第3弾タイトルによるもの。

まずこのシリーズの特長として、アルバム収録順ではなく、あくまで史実に即して、レコーディング順に収録されている点が挙げられるもので、本タイトルも1964年11月2日LAレコーディングから、1966年11月のロンドン、オリンピック・スタジオでのセッションまで、リハやバッキング・テイク、デモ音源も含めて、完全網羅されているのが大きなポイント。初期スタジオ・セッション・シリーズの第3弾として、やはりファンなら抑えておきたい永久保存2CDプレス盤。

DISC ONE :
[LOS ANGELES, HOLLYWOOD, RCA Studios November 2, 1964]
01. Oh Baby (We Got A Good Thing Goin’)
[LONDON WEST HAMSTEAD, DECCA STUDIOS February 1965]
02. I’d Much Rather With The Boys I (Without slide guitar) 03. I’d Much Rather With The Boys II (Demo for The Toggerty Five)
[LOS ANGELES, HOLLYWOOD, RCA Studios May 11&12, 1965]
04. (I Can’t Get No) Satisfaction (Backing track) 05. The Spider And The Fly 12/05/65 (Backing track) 06. Good Times II (aka Let The Good Times Roll) 9/07/63 (With backing vocals) 07. I’ve Been Loving You Too Long (To Stop Now) 08. My Girl
[LOS ANGELES, HOLLYWOOD, RCA Studios September 6, 1965]
09. Looking Tired
[LOS ANGELES, HOLLYWOOD, RCA Studios December 3-8, 1965]
10. 19th Nervous Breakdown 11. 19th Nervous Breakdown (Right channel outfake) 12. Mother’s Little Helper (Backing track) 13. Goin’ Home 14. Think (Horns overdubs at the end) 15. Ride On Baby 16. Sittin’ On A Fence
[LOS ANGELES, HOLLYWOOD, RCA Studios March 6-9, 1966]
17. Paint It Black (Backing track) 18. Lady Jane (Backing track) 19. Out Of Time (Backing track) 20. If You Let Me
[LONDON, PORTLAND PLACE, IBC STUDIOS March 15, 1966]
21. Con Le Me Lacrime I (Without harpishord) 22. Con Le Me Lacrime II

DISC TWO :
[LONDON, PYE Studios April 27-30, 1966]
01. Out Of Time (Demo for Chris Farlowe)
[LOS ANGELES, HOLLYWOOD, RCA Studios August 3-11, 1966]
02. Yesterday’s Papers (Early demo) 03. Yesterday’s Papers (Backing track) 04. My Obsession (Backing track) 05. All Sold Out (Backing track) 06. Please Go Home (Backing track) 07. Complicated (Backing track) 08. Let’s Spend the Night Together I (Backing track) 09. Get Yourself Together I 10. Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow? (Backing track) 11. Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow? (Alternate)
[LONDON, OLYMPIC Studios November 8-26, 1966]
12. Let’s Spend the Night Together II (Backing track with chorus) 13. Ruby Tuesday (Backing track) 14. Sometimes Happy Sometimes Blue (Dandelion demo) 15. Get Yourself Together II (Backing track of III) 16. Get Yourself Together III 17. Trouble In Mind 18. All I Want Is My Baby 19. Each And Everyday Of The Year 20. So Much In Love 21. Stu Ball 22. Out Of Time 23. Paint It Black


2015年01月25日

ビートルズ、新たな映像シリーズ第3弾!

mcdvd38sp.jpg



◆ THE BEATLES / RECOVERED ARCHIVES VOL.3 (プレス1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、新たな映像シリーズがスタート、本タイトルはその第3弾。

「RECOVERED ARCHIVES」と名付けられた本シリーズは、その名の通り、発見されたアーカイブというもので、これまで誰も見たことのない初登場映像、そして今までの画質クオリティーをアップ・グレードした映像などのみで構成された、発掘映像シリーズとなるもの。
まず、ビートルズの初登場マテリアルは、ここ近年飛躍的に増加しており、またビートルズを巡る様々な動きが、このような発掘を促進したとも言え、そんな世界中に埋もれていたビートルズの映像アーカイブの中から、近年になって新たに発掘された超貴重な映像の数々を、ここに新たなシリーズとして順次紹介していくのが、「RECOVERED ARCHIVES」のコンセプトといえるもの。
そしてこのVOL.3の内容詳細も前タイトル同様、どれも初登場映像、初登場アップ・グレード映像で占められており、今まで見る事の出来なかったクオリティーのものばかり。特に映像が数多く撮影された最初のアメリカン・ツアーが中心となっており、初登場のライヴ映像が盛り沢山で、この時代にしては貴重なカラー・フィルムや、興味深いアングルでのライブ・シーンもありで、このシリーズでも、特に充実した内容といえるもの。
本レーベルが威信をかけて投入する新シリーズは今度もリリースを予定しているので、期待も高まる永久保存プレスDVD。


[SD - STANDARD DEFINITION]
(August 20, 1964 Convention Hall Las Vegas NV U.S.A. upgrade and NO LOGO) a : Documentary b : Twist And Shout
(August 22, 1964 Empire Stadium Vancouver Canada previously unreleased)
(August 23, 1964 Hollywood Bowl Los Angeles CA U.S.A.) a : news film, previously unreleased #1 b : news film, previously unreleased #2 c : news film, previously unreleased #3 A : Documentary B : All My Loving C : Boys D : Audience E : All My Loving
F : Can’t Buy Me Love d : A Hard Day’s Night camera A, Upgrade and Stabilized
(August 26, 1964 Red Rocks Amphitheatre Denver CL U.S.A. upgrade) a : Opening Acts b : The Beatles August 28, 1964 Folest Hills New York City NY U.S.A. previously unreleased
(September 04, 1964 Milwaukee Arena Milwakee WI U.S.A. previously unreleased sequence)
(September 12, 1964 Boston Garden Boston MA U.S.A. previously unreleased) a : Opening Acts b : The Beatles
(September 13, 1964 Civic Center Baltimore MD U.S.A. previously unreleased)
(September 15, 1964 Public Auditorium Cleveland OH U.S.A.) a : Concert Film previously unreleased b : Concer Film color home movie, previously unreleased
(September 18, 1964 Memorial Auditorium Dallas TX U.S.A. color home movie, previously unreleased)
(October 03, 1964 TV Show “Shindig” upgrade) a : Opening b : Kansas City - Hey Hey Hey Hey c : I’m A Loser d : Boys e : Ending
(October 14, 1964 Granada TV Centre, Manchester, U.K. upgrade) a : I Shoud Have Known Better Rehearsal #1 b : I Shoud Have Known Better Rehearsal #2
(November 23, 1964 TV Show “Ready Steady Go” I Feel Fine upgrade)
[WIDE SCREEN]
(September 06, 1964 Olympia Stadium, Detroit) a : Opening Acts b : The Beatles
(August 23, 1964 Hollywood Bowl Los Angeles CA U.S.A.)

2015年01月20日

デレク&ザ・ドミノスの「フィルモア・ライブ・コンプリート」がリマスターで

padd30d.jpg



◆DEREK & THE DOMINOS / COMPLETE FILLMORE TAPES (プレス10CD) この商品はこちらから

永らく入手困難だったデレク&ザ・ドミノスの「コンプリート・フィルモア」が、全編デジタル・リマスタリングを施した、ベスト・クオリティーにて完全限定リリシュー。全テイク、現存するフィルモア・コンサートのマスター・テープを完全網羅した永久保存プレス10CDBOXセットにてここに。

クラプトン関連専門のPADDINGTONレーベルより、ついにあのフィルモア・ライブが、全編24bitデジタル・リマスタリングを施し、再リリースとなり、初回リリース同様、10枚組ボックス・セット仕様にて登場。
以前の同レーベルよりリリースされていたものは、長期にわたり入手困難でオークションでも高値で取引されていたので、しかもグレード・アップ・ヴァージョンゆえ、ファンとしてはまさに待望といえるもの。

まず、このフィルモアでのライブは、1970年10月23&24日にわたり、それぞれアーリー・ショウとレイト・ショウの2回、合計4回のステージが行なわれることに。
そしてこの4回のステージの中で、23日の2回のショー、そして24日のレイト・ショーの模様を、サウンドボード&オーディエンス音源を問わず、現存するソース全てを、完全に収録するというコンセプトのもとで製作された、まさにコンプリート・フィルモア・テープスと言うべき内容となるもの。
そこでまずdisc:1には、23日アーリー・ショウのサウンドボード音源を収録。全4曲とコンプリートではないものの、「Little Wing」はこの音源でのみ聴ける貴重なもので、またフィルモア初日の最初のショーながら、大規模なツアーをこなしてきただけに余裕が垣間見れる演奏となるもの。
続くdisc:2は、このアーリー・ショウのオーディエンス・ソースを収録しており、当時の録音としては高音質の部類と言えるクオリティーで、これまで聴くことのできなかった「Blues Power」「Have You Ever Loved A Woman」「Tell The Truth」の3曲が、この音源にて初登場したことは、貴重な発掘となるもの。
さらにdisc3&4、この23日のレイト・ショーを、サウンドボード・ソースにて収録。まずこのサウンドボード・テープは、テープのジェネレーションの違いから、「Let It Rain」が含まれているものと、欠落しているものの2種類が存在しており、欠落した「Let It Rain」を24日の演奏で補填したアイテムも流通していた中、ここではもちろんきちんと当日の音源にて収録。とにかくもともとサウンドボード音源として素晴らしいクオリティーと内容として知られる中でも、ベストなサウンドであると断言。
そしてdisc5&6は、この23日レイト・ショーの模様を、完全初登場音源となるオーディエンス・ソースにて収録。当日の客席で聴くことのできた音でリアルに再現しており、司会者による冒頭のメンバー紹介など、サウンドボード音源では聴くことのできなかった部分なども収録されているため、熱心なファンは要チェック。
この後は24日公演からの音源で、まずdisc7&8は、レイト・ショーを、初登場マスターからのサウンドボード・ソースより収録。ここで注目すべきポイントは、今回入手したマスターでは「Bottle Of Red Wine」が未収録だったことで、このマスター音源自体、流出の過程ですでに欠落していたため、既発盤では前日の音源で補填していたことが判明。そして最後のdisc9&10は、そのレイト・ショーのオーディエンス・ソースを収録。まずこの音源は、途切れている曲や繋がっている曲が混在し、マスター・テープを聴く限り、正確な曲順が不明だった中で、本タイトルでは緻密な編集作業により、本来あるべきセットリストに再構成。しかも既発盤ではかなり遅かったピッチも、正常に補正され、現状ではベストといえるクオリティーにて良好サウンドを実現。
フィルモア3公演を6種類のソースにて収録し、マスタリングを含めて、マスター製作やデザインまで、職人集団で構成されたプロジェクト・チームが丹念に作り上げた、永久保存マスト・アイテム。

(Disc 1): =23rd Oct. 1970 Early Show Audience Source=
01.Introduction / 02.Got To Get Better In A Little While / 03.Why Does Love Got To Be So Sad / 04.Blues Power / 05.Have You Ever Loved A Woman / 06.Tell The Truth / 07.Presence Of The Lord

(Disc 2): =23rd Oct. 1970 Early Show Soundboard Source=
01.Introduction / 02.Got To Get Better In A Little While / 03.Why Does Love Got To Be So Sad / 04.Presence Of The Lord / 05.Little Wing

(Disc 3): =23rd Oct. 1970 Late Show Audience Source=
01.Introduction 02.Got To Get Better In A Little While 03.Key To The Highway 04.Tell The Truth 05.Why Does Love Got To Be So Sad 06.Blues Power 07.Have You Ever Loved A Woman
(Disc 4): 01.Bottle Of Red Wine / 02.Presence Of The Lord / 03.Little Wing / 04.Let It Rain / 05. Crossroads

(Disc 5): =23rd Oct. 1970 Late Show Soundboard Source=
01.Got To Get Better In A Little While / 02.Key To The Highway / 03.Tell The Truth / 04.Why Does Love Got To Be So Sad / 05.Blues Power
(Disc 6): 01.Have You Ever Loved A Woman / 02.Bottle Of Red Wine / 03.Presence Of The Lord / 04.Little Wing / 05.Let It Rain / 06.Crossroads

(Disc 7): =24th Oct. 1970 Late Show Audience Source=
01.Blues Power / 02.Have You Ever Loved A Woman / 03.Key To The Highway / 04 Let It Rain
(Disc 8): 01.Why Does Love Got To Be So Sad / 02.Presence Of The Lord / 03.Bottle Of Red Wine / 04.Roll It Over / 05.Little Wing

(Disc 9): =24th Oct. 1970 Late Show Soundboard Source=
01.Introduction / 02.Got To Get Better In A Little While / 03.Blues Power / 04.Have You Ever Loved A Woman / 05.Key To The Highway / 06.Tell The Truth / 07.Nobody Knows You When You Down And Out
(Disc 10): 01.Let It Rain / 02.Why Does Love Got To Be So Sad? / 03.Presence Of The Lord / 04.Roll It Over / 05.Little Wing

[Live At The Fillmore East New York NY U.S.A. 23rd EARLY & LATE SHOW & 24th LATE SHOW October 1970]
◇Eric Clapton - Guitar, Vocals / Carl Radle - Bass / Jim Gordon – Drums / Bobby Whitlock - Keyboards, Vocals

2015年01月12日

ビートルズ、新たな映像シリーズ第2弾!

mcdvd37.jpg



◆ THE BEATLES / RECOVERED ARCHIVES VOL.2 (プレス1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、新たな映像シリーズがスタート、本タイトルはその第2弾。

「RECOVERED ARCHIVES」と名付けられた本シリーズは、その名の通り、発見されたアーカイブというもので、これまで誰も見たことのない初登場映像、そして今までの画質クオリティーをアップ・グレードした映像などのみで構成された、発掘映像シリーズとなるもの。
まず、ビートルズの初登場マテリアルは、ここ近年飛躍的に増加しており、またビートルズを巡る様々な動きが、このような発掘を促進したとも言え、そんな世界中に埋もれていたビートルズの映像アーカイブの中から、近年になって新たに発掘された超貴重な映像の数々を、ここに新たなシリーズとして順次紹介していくのが、「RECOVERED ARCHIVES」のコンセプトといえるもの。
そしてこのVOL.2の内容詳細も前タイトル同様、どれも初登場映像、初登場アップ・グレード映像で占められており、今まで見る事の出来なかったクオリティーのものぱかり。レーベルが威信をかけて投入する新シリーズは今度もリリースを予定しているので期待も高まる永久保存プレスDVD。

[SD - STANDARD DEFINITION]
(January 15, 1964 Cinema Cyrano Versailles, France previously unreleased Associated Press source / a : TORINI LOPEZ Green Green b : SILVIE VARTAN Si je chante c : THE BEATLES From Me To You)
珍しい、AP通信社が撮影したコンサート映像。初登場映像。
(January 16, 1964 Cinema Cyrano Versailles, France upgrade and NO LOGO)
これまではwebで公開されていたロゴ入りの低解像度映像しか見ることができなかったが、初めてロゴ無しで、高解像度の映像を収録。
(January 16, 1964 Olympia Theatre Paris, France upgrade)
いくつかあるこの会場のコンサート映像のうち、これまであまり画質の良くないものしか出回っていなかったフィルムの、画質が大幅に向上された映像。
(February 11, 1964 Washington DC. U.S.A. upgrade / a : Twist And Shout b : She Loves You)
ビデオ映像の高ビットレートによる別ソース。
(March, 1964 Sequences from "A Hard Day's Night" colorise / a : Tell Me Why b : And I Love Her)
カラーライズ映像。
(April 26, 1964 Empire Pool Wembley U.K. upgrade / a : She Loves You b : Twist And Shout)
アップグレード映像。2曲のみだがタイムコード無しで臨場感のある音のバージョン。
(June 04, 1964 K.B. Hallen Copenhagen, Denmark / a : news film previously unreleased b : The Beatles She Loves You previously unreleased)
よく知られているニュース映像とは別ショットのコンサート映像。
(/ c : The Hitmakers home movie previously unreleased d : The Beatles home movie previously unreleased)
客席から撮られた白黒の8mm映像。前座も含まれていて初登場。
(June 04, 1964 London Airport, Heathrow to Kobenhavns Lufthavn, Kastrup June 05, 1964 Amsterdam Luchthaven Schiphol, Haarlemmermeer, The Netherlands June 06, 1964 Veilinghal Blokker, The Netherplands news film previously unreleased / a : "In Holland" TCR b : "In Holland" long version no TCR #1 c : "In Holland" long version no TCR #2)
「In Holland」と題された記録フィルム。一部タイムコード入りで出回ったものの、本作に収録はタイムコードなしのロングバージョン。ブロッカーでのコンサートシーンに注目!
(June 16, 1964 Festival Hall Melbourne, Australia color home movie previously unreleased)
珍しいカラー映像。
(June 17, 1964 Festival Hall Melbourne, Australia upgrade / a : All My Loving b : Can’t Buy Me Love c : Roll Over Beethoven d : You Can’t Do That e : Boys f : Long Tall Sally g : Twist And Shout h : She Loves You)
2006年の「Channel 9 Master」制作時には既にビデオテープのマスターが痛んでしまっていたが、これはテープが痛む前に保管されていた別コピーで、Channel 9 Masterでみられたドロップアウトが無い。
(June 22, 1964 Sydney Stadium Sydney, Australia previously unreleased)
初登場シドニーでのコンサート映像。

2015年01月10日

あのストーンズ「ロックンロール・サーカス」のセッション集大成

mccd485d.jpg



◆ V.A. / ROCK&ROLL CIRCUS SESSIONS (プレス3CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ジョン・レノンの参加でも知られる、ストーンズ「ロックンロール・サーカス」のセッションが、初登場音源&映像を含む、究極のセットにてここに。


「ロックンロール・サーカス」は、1968年12月10日から12日明け方まで収録が行なわれ、オフィシャル・リリースもされた映像作品で、映画『レットイットビー』と同じ、マイケル・リンゼイ・ホッグが監督を務めており、出演者はジョンレノン、クラプトン、ミッチ・ミッチェル、ザ・フーなど、ビッグネームが一同に会することに。
またホスト役のストーンズにとっては、ブライアン・ジョーンズが人前で最後の演奏になったのも、重要な記録といえるもの。
そして本タイトルはオフィシャル未収録のテイクをコンパイルしたもので、まず音源CD ONEには、本番のリアル・ステレオ・バージョンを収録。公式に1996年にCD化された際には、ほとんどモノラル状態だったのが、ここでは音像の広がりが格段に異なり、きっちり左右に分離したリアル・ステレオで収録されていて、しかもヴォーカルがよりオンに。またジョンがストーンズを紹介する部分も完全に収録しており、オフィシャルでは聴くことの出来なかった細かい内容にも違いがあり。
そして続くCD TWO2はリハーサルとアウトテイクを収録。まずストーンズの「パラシュート・ウーマン」と「無情の世界」はそれぞれ2テイクを収録。そしてジョンの「Yer Blues」は、かなり複雑に様々なバージョンがあり、全てを把握しづらい中、まず最初のアカペラ・バージョンは、ジョンとミックが戯れで口ずさむもの。またリハーサル・テイクは1テイクで、ヴォーカルがオフ気味で演奏が強調された音源で、その延長上でジャムが繰り広げられており、これは本番では「Whole Lotta Yoko」に発展する曲となるもの。
そして「Yer Blues」の本番テイクは大きく分けると2テイクが収録されており、これがあのダーティ・マックの演奏となるもので、スタジオ・テイクよりもかなりハードなアレンジで、ジョンの鬼気迫るヴォーカルが聴きモノ。また最後はザ・フーの「A Quick One」も3テイク収録。
そしてCD THREEの前半は、本編に収録されなかった本番のアウトテイクを、そして後半はIBCアセテート音源を収録しています。このIBCアセテート音源で、ロックンロール・サーカス関連は、ダーティ・マックとフーのみながら、同じアセテートに何故かジミヘン・ナンバー2曲も収録されており、ここではIBCアセテートという括りのため収録。
 そして映像DVDは、大きく分類して6種類の映像を収録。
まず最初は、本編のラフ・カット映像で、これは実際のリリース・バージョンとカット割り、アングルが全く異なっており、単なるカメラのスイッチングの違いだけではなく、全くの別物といってもいいほど。そしてリリース・バージョンと、このラフ・カットの段階のものと、どれくらい異なるか、並列して見比べるようにしたものが、続く「Rough Cut vs Final Cut」で、出演者がサーカス・テントに入場してくる冒頭のシーンから、全く異なるあたりは驚き。
さらにマリアンヌ・フェイスフルの「Something Better」などは、ほぼ同じアップ映像でありながら、明らかにカメラが異なるもの。
そして続く「Dirty Mac Outtakes」は、「Yer Blues」のリリース・バージョンとは異なるカット割りで、世界各国で放送されたバージョンを収録しており、ドイツやオーストリアなどでオンエアーされたバージョンの、別カット映像を収めたもの。
そして、本作の目玉のひとつが「Dirty Mac Multi-angle」で、ジョンの「Yer Blues」は、公式リリースされたDVDのボーナス映像として、4つのカメラの映像を4分割画面で比較できるようになっていたのが、実は当日回されていたカメラはさらにあり、本作ではなんと全6分割画面での収録。
とにかく伝説の映像を細部に渡るまで克明に記録した本作は、全貌を明らかにする意味でも資料価値の高い、永久保存プレス3CD+DVD。日本語帯付。


DISC ONE :
[GENUINE STEREO MIX] 01. Entry Of The Gladiators (JETHRO TULL) 02. Song For Jeffrey (THE WHO) 03. A Quick One (TRAPEZE ARTISTS) 04. Over The Waves (TAJ MAHAL) 05. Ain't That A Lot Of Love (MARIANNE FAITHFULL) 06. Something Better (PERFORMANCE) 07. Fire Eater And LUNA (THE DIRTY MAC) 08. John And Mick 09. Yer Blues (YOKO ONO & IVRY GITLIS) 10. Whole Lotta Yoko (ROLLING STONES) 11. Jumping Jack Flash 12. Parachute Woman 13. No Expectations 14. You Can't Always Get What You Want 15. Sympathy For The Devil 16. Salt Of The Earth 17. Ending Parade

DISC TWO :
[REHEARSALS & OUTTAKES] (ROLLING STONES) 01. Parachute Woman #1 02. Parachute Woman #2 03. You Can't Always Get What You Want #1 04. You Can't Always Get What You Want #2 (THE DIRTY MAC) 01. Yer Blues a capella #1 02. Yer Blues a capella #2 03. Yer Blues rehearsal take from Nagra reel 04. Blues Jam 05. Yer Blues take 1 from Nagra reel 06. Yer Blues take 1 vocal track 07. Yer Blues take 2, stereo mix 08. Whole Lotta Yoko stereo mix 09. Yer Blues take 2 mono mix 1 10. Yer Blues take 2 mono mix 2 (THE WHO) 11. A Quick One take 1 12. A Quick One take 2 13. A Quick One take 3 stereo mix "TKAAL" sound track

DISC THREE :
[OUTTAKES] (TAJ MAHAL) 01. Checkin' Up On My Baby 02. Leavin' Trunk 03. Corina (JULIUS KATCHEN) 04. Sonata In C, First Movement [IBC ACETATES] (DIRTY MAC) 05. Yer Blues 06. Whole Lotta Yoko (THE WHO) 07. A Quick One (JIMI HENDRIX) 08. Purple Haze 09. Wild Thing

DVD :
[ROUGH CUT EDITION] 01. Entry Of The Gladiators (JETHRO TULL) 02. Song For Jeffrey (PERFORMANCE) 03. Fire Eater And LUNA (THE WHO) 04. A Quick One (TAJ MAHAL) 05. Ain't That A Lot Of Love (MARIANNE FAITHFULL) 06. Something Better (THE DIRTY MAC) 07. John And Mick 08. Yer Blues (YOKO ONO & IVRY GITLIS) 09. Whole Lotta Yoko (ROLLING STONES) 10. You Can't Always Get What You Want 11. Sympathy For The Devil 12. Salt Of The Earth
[ROUGH CUT vs FINALCUT] 01. Entry Of The Gladiators (JETHRO TULL) 02. Song For Jeffrey (PERFORMANCE) 03. Fire Eater And LUNA (THE WHO) 04. A Quick One (TAJ MAHAL) 05. Ain't That A Lot Of Love (MARIANNE FAITHFULL) 06. Something Better (THE DIRTY MAC) 07. Yer Blues (YOKO ONO & IVRY GITLIS) 08. Whole Lotta Yoko
[THE DIRTY MAC OUTTAKES] (THE DIRTY MAC) 01. Yer Blues take 2 in color 02. Yer Blues German TV Documentary "Piece Of His Mind" 03. Yer Blues "John And Yoko" 04. Yer Blues Austria TV Archive
[B&W VIDEO VERSION] (ROLLING STONES) 01. Jumping Jack Flash 02. Parachute Woman 03. No Expectations 04. You Can't Always Get What You Want
[THE WHO MULTIANGLE] (THE WHO) 01. A Quick One
[DIRTY MAC MULTIAGNLE] (THE DIRTY MAC) 01. Yer Blues

[at The Intertel Studio, Wycombe Road, Wembley U.K. December 10, 11 & 12th, 1968]


2015年01月09日

フロイド『狂気』の、映像関連をブルーレイ化

zex003bd.jpg



◆PINK FLOYD / THE DARK SIDE OF THE MOON Compared 2014 (1Blu-ray) この商品はこちらから

フロイドの永遠の金字塔である『狂気』をマニアックに追求した、映像比較研究コレクション「コンペアード・エディション」が、全編オフィシャル・クオリティー、プロショット映像にてブルーレイ化。

まず最初の「VIDEO REMIX 2014」は2014年コレクターズ編集によるアルバムの映像化で、あの「ライブ8」や70年代のライブ映像等を駆使しており、しかも高画質HDクオリティーで編集された必見映像となるもの。
さらに2013年UK:BBCラジオでオンエアーされたラジオ小説「ダークサイド」をイメージ映像にてコンプリート収録。ここではサウンドトラックはもちろん、『狂気』全編が使われており、さらに1994年のオルタネイト・ビューは、アールズ・コートでの『狂気』完全再現ライブの模様を、TVオンエアー映像と、ビデオ版の編集違いを見比べるダブル・アングルにて収録。
そして70年代コンサート・スクリーン素材を元に編集された、オリジナル・フィルムスと、『狂気』を徹底比較できる、3時間16分に及ぶ究極の映像集を、永久保存ブルーレイにて。

[THE DARK SIDE OF THE MOON - VIDEO REMIX 2014]
SPEAK TO ME / BREATHE / ON THE RUN / TIME / THE GREAT GIG IN THE SKY / MONEY / US AND THEM / ANY COLOUR YOU LIKE / BRAIN DAMAGE / ECLIPSE
[TOM STOPPARD - DARKSIDE (RADIO PLAY) 2013]
DARKSIDE / PROMOTION TRAILER
[THE DARK SIDE OF THE MOON - EARL’S COURT 1994 ALTERNATE VIEW]
SPEAK TO ME / BREATHE / ON THE RUN / TIME / THE GREAT GIG IN THE SKY / MONEY / US AND THEM / ANY COLOUR YOU LIKE / BRAIN DAMAGE / ECLIPSE
[THE DARK SIDE OF THE MOON - ORIGINAL FILMS]
SPEAK TO ME / BREATHE / ON THE RUN / TIME / THE GREAT GIG IN THE SKY / MONEY / US AND THEM / ANY COLOUR YOU LIKE / BRAIN DAMAGE / ECLIPSE

◇ HD1080p NTSC 16:9 LPCM Stereo : Total running time: approx 204min. (3h16min.)

2015年01月08日

フロイド『原子心母』の、映像関連をブルーレイ化

zex002bd.jpg



◆PINK FLOYD / ATOM HEART MOTHER Compared 2014 (1Blu-ray) この商品はこちらから

フロイド70年代初頭の名品『原子心母』をマニアックに追求した、映像比較研究コレクション「コンペアード・エディション」が、全編オフィシャル・クオリティー、プロショット映像にてブルーレイ化。

まず最初に、『原子心母』の共作者である、ロン・ギーシンが出演したラジオ・フランスによる、2012年オーケストラ・バージョンを、高画質HDクオリティーのマスターより収録。そしてフロイド70年の代表的映像記録であるサントロペでのライブと、1971年TVコレクション映像も収録。ここではオーストリアでのレアな映像や、伝説の初来日における、箱根アフロディーテでの『原子心母』などもコンパイル。
さらに映像クオリティーはやや劣るものの、マニアックなレア・ライブ・フィルムを3本追加収録しており、オーケストラ初演となった1070年バス・フェスティバルや、貴重な発掘映像となる同年のハイドパーク、そして1972年のアムステルダム公演と、いずれも歴史的記録として見逃せない映像ばかりで、それら3時間43分に及ぶ究極の映像集を、永久保存ブルーレイにて。

[ORCHESTRAL REVISED - RON GEESIN : LIVE IN PARIS 2012]
ATOM HEART MOTHER / INTRODUCING RON GEESIN
( Orchestre Philharmonique de Radio France with Ron Geesin : Live At The Theatre du Chatelet, Paris, France January 12th 2012)
[PINK FLOYD LIVE AT ST.TROPEZ 1970]
ATOM HEART MOTHER / THE EMBRYO / GREEN IS THE COLOUR / CAREFUL WITH THAT AXE, EUGENE / SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN / CYMBALINE soundcheck
(Live At St.Tropez Festival De Musique, Saint-Tropez, France August 8th 1970)

[LIVE IN GERMANY 1971]
ATOM HEART MOTHER / A SAUCERFUL OF SECRETS
(Live At Musikhalle, Hamburg, Germany February 25th 1971 and Stadthalle, Offenbach, Germany February 26th 1971)
[LIVE IN AUSTRIA 1971]
ATOM HEART MOTHER (Colour+B/W)
( Live At Stiftshof, Ossiach, Austria July 1st 1971)
[LIVE IN JAPAN 1971]
ATOM HEART MOTHER (Film)
(Live At Hakone Aphrodite, Japan August 6th 1971)

[BATH FESTIVAL 1970]
ATOM HEART MOTHER
(The Bath Festival of Blues and Progressive Music : Shepton Mallet, Somerset, England June 27th 1970)
[HYDE PARK 1970]
ATOM HEART MOTHER / INTRODUCTION / THE EMBRYO - GREEN IS THE COLOUR / CAREFUL WITH THAT AXE EUGENE (fragment) / SET THE CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN
(Live At Blackhills Garden Party, Hyde Park, London, UK July 18th 1970)
[AMSTERDAM ROCK CIRCUS 1972]
ATOM HEART MOTHER / CAREFUL WITH THAT AXE, EUGENE / A SAUCERFUL OF SECRETS
(Live At Amsterdam Rock Circus, Amsterdam, Netherlands May 22th 1972)
◇HD1080p NTSC 16:9 LPCM Stereo Total running time: approx 223min. (3h43min.)

2015年01月07日

フロイド最新アルバムの映像関連をブルーレイ化

zex001bd.jpg



◆PINK FLOYD / THE ENDLESS RIVER PROMOTIONS 2014 (1Blu-ray) この商品はこちらから

フロイド最後のアルバムとして2014年11月にリリースされた『エンドレス・リバー』に伴う映像関連を、すべてオフィシャル・クオリティー、プロショット映像にてブルーレイ化。

まずアルバム・プロモーション映像や、メンバーへのインタビュー、そしてイタリアにてアルバム発売前にオンエアーされた90分のフロイドTVスペシャルには、アルバム・ナンバーや、過去のプロモや貴重なライブ映像なども高画質で収録。
さらにデイブ・ギルモアの2014年TV出演プログラムと、ロジャー・ウォータースが「イマジン」等を披露した2013年のライブ映像なども追加収録した、トータル2時間49分に及ぶ、2014年版映像コンピレーション。

[THE ENDLESS RIVER PROMOTIONS 2014]
SOUTHBABK TIMELAPSE / LOUDER THAN WORDS / SURFACING / THE ENDLESS RIVER (Full EPK) / A CONTINUOUS FLOW / SOMETHING COMPLETELY DIFFERENT / THE ENDLESS RIVER (Short EPK) / DELUXE EDITION AND VINYL UNBOXING / EXCLUSIVE Q&A
[SPECIALE PINK FLOYD - RTL ITALIAN TV 2014]
INTRODUCTION / LOUDER THAN WORDS (Slideshow) / ANOTHER BRICK IN THE WALL PART 2 / HIGH HOPES / MONEY / COMFORTABLY NUMB / SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND / WISH YOU WERE HERE / ANISINA (Slideshow) / RUN LIKE HELL / US AND THEM / THE GREAT GIG IN THE SKY / LEARNING TO FLY / LOUDER THAN WORDS (Slideshow)
(Special about Pink Floyd from Italian TV with an interview to Nick Mason. The interview is only audio)

[EXTRA VIDEO]
(DAVID GILMOUR - BBC LATER WITH JOOLS HOLLAND 2014) EXCLUSIVE INTERVIEW
(ROGER WATERS - STAND UP FOR HEROES 2013)
INTRODUCTION / HALLELUJAH (Leonard Cohen) / IMAGINE (John Lennon) / A CHANGE IS GONNA COME (Sam Cooke) / COMFORTABLY NUMB (Pink Floyd)
(Stand Up For Heroes 2013 Concert : Live At Madison Square Garden, New York, NY 11-06-2013)

◇HD1080p NTSC 16:9 LPCM Stereo : Total running time: Approx 169min.(2h49min)

2015年01月04日

あけましておめでとうございます

DSC2015.jpg

2015年もスタートしましたね。
本年もまたよろしくお願いいたします。
それにしても年明け早々、全国各地で大雪となり、道路や電車など交通機関にも
大きな影響となったことで、帰省の皆さんは大変だったことかと。

そしてここ京都も同様で、元旦夜から豪雪、そして2日の朝、22cmの積雪は
61年ぶりのこととかで、確かにこのような光景は初めて目にしました。
因みに写真はショップの所在地よりまだ数キロ北となる加茂川ですが、
今朝でもまだこのような見事な雪景色です。


さて恒例の「ニュー・イヤー・セール」、実施中です。

◆ 2015年ニュー・イヤー・セール

* 1. 3 (土) - 1. 12 (月) [12:00 - 20:00]
* USED アイテム ALL 20%OFF
(中古CD&レコード)
* NEW アイテム ALL 10%OFF
(新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、Tシャツなど)

特に中古アナログ、CDは連日追加放出いたします。
尚、遠方で直接ご来店できない方も、通販をご利用下さい。
その旨、お電話やメールで、
ご希望商品をお知らせいただけたらけっこうです。

そして年始がてら、京都に来られる機会がございましたら、
ぜひショップにもお立ち寄りいただけたら幸いです。
もう雪も大丈夫かなと。
では改めて本年もよろしくお願いいたします。

◇年始のショップ営業時間です。
*1月3日(土) - 12日(月) 12:00 ~ 20:00 (短縮営業)
*1月13日(火) - 12:00 ~ 22:00 (平常営業)

----------------------------------------
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe's Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37