« 2015年01月 | メイン | 2015年03月 »

2015年02月28日

ビートルズ、最初期の1963年レア音源&映像!

sg15003sp.jpg



◆ THE BEATLES / LIVE FROM LIVERPOOL (プレス1CD+1DVD) この商品はこちらから

イギリスでセンセーショナルな旋風を巻き起こした1963年の記録をまとめたライブ・アーカイブ・コレクション第3弾がここに。
同年12月に故郷リバプールのエンパイア劇場で行われ、BBCで放送されたライブ・ショー「イッツ・ザ・ビートルズ」のサウンドボード完全版音源と、現存する映像を中心に初のカラー・ライブ映像「ビートルズ・カム・トゥ・タウン」の貴重な初登場未編集マテリアル、さらにTVショーや「ジューク・ボックス・ジュリー」の完全版まで2時間以上にわたり収録されたDVDをセットで。

まず音源CDには、ビートルズのライブ音源のまとまったサウンドボード音源としては、最古といわれる1963年12月7日リバプール、エンパイア劇場でのライブを、2015年最新リマスターのサウンドボード・コンプリート版にて。映像は不完全ながら、音源としては全曲が残されている奇跡の歴史的ライブ音源をベスト・クオリティーで聴けるというもので、さらに「ビートルズ・カム・トゥ・タウン」と「モーカム・アンド・ワイズ・ショー」からオリジナル・ライブ音源も収録。そしてエクストラ・トラックスには、これまで公式BBCライブ・アルバムはもちろん、かつては記録でも確認されていなかった”ポップ・ゴー・ザ・ビートルズ#13”での、「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」を追加しており、これまでのBBC関連アイテムには収録されたことがない新発掘音源となるもの。
そして映像DVDには、初のカラー・ライブ映像としてお馴染みの、1963年11月20日、PATHEニュースがマンチェスターで収録した「ビートルズ・カム・トゥ・タウン」を、16:9ワイドのリマスター映像と、4:3トリミングのオリジナル・ニュース映像にて。また続く「レイト・ナイト・エクストラ」は、BEATAXカメラでお馴染みの「抱きしめたい」「ディス・ボーイ」に加えて、ケン・ドット・インタビューもコンプリート収録しており、過去最高のクオリティーとなるもの。なお、リバプール・エンパイアでの「イッツ・ザ・ビートルズ」は、音源のようにコンプリートではないものの、現状ではベスト・クオリティーの編集で後半部分を収録。
さらにこの時期収録のTVショー「モーカム・アンド・ワイズ・ショー」も一部は”アンソロジー”で見られたものの、ここではコンプリートで。
そしてエクストラ・フィーチャーには、「ビートルズ・カム・トゥ・タウン」の貴重な初登場未編集マテリアルと、リバプール・エンパイア劇場での「イッツ・ザ・ビートルズ」のオルタネイト映像も追加で。「ビートルズ・カム・トゥ・タウン」の方はノー・トリミングのワイド完全版に加え、貴重な未編集映像の数々も収めており、元ソース無音のフィルムに音声をリストア編集した最新編集バージョンとなるもの。また「イッツ・ザ・ビートルズ」のオルタネイト映像も、不完全ながら本編未収録パートが含まれており、最後の「シー・ラブス・ユー(マージー・サウンド)」も高画質クオリティーで。
なおDVD最後には「イッツ・ザ・ビートルズ」と同じ12月7日のエンパイア劇場でライブ前に収録したBBC:TVショー「ジューク・ボックス・ジュリー」完全版の音源を、スライド・ショー形式にて。存する映像はなく写真でしか未だ確認できないものの、CD未収録のこの番組の音源をこちらで完全再現しており、ビートルズの演奏はないものの、エルビスやマージービート系等の様々な曲紹介と共に、バラエティ番組に出演したビートルズの様子をとらえた貴重な記録といえるもの。
今回も2015年アップグレード編集による決定版として、ファン必携のライブ・アーカイブ・コレクション。



CD :
(IT'S THE BEATLES (LIVE FROM LIVERPOOL 1963)
1. OPENING / FROM ME TO YOU 2. I SAW HER STANDING THERE 3. ALL MY LOVING 4. ROLL OVER BEETHOVEN 5. BOYS 6. TILL THERE WAS YOU 7. SHE LOVES YOU 8. THIS BOY 9. I WANT TO HOLD YOUR HAND 10. MONEY (THAT'S WHAT I WANT) 11. TWIST AND SHOUT 12. FROM ME TO YOU / THIRD MAN'S THEME ENDING
[Live At Empire Theatre, Liverpool, U.K. December 7th 1963]

(THE BEATLES COME TO TOWN)
13. SHE LOVES YOU 14. TWIST AND SHOUT
[Live At ABC Cinema, Manchester, U.K. November 20th 1963]

(THE MORECAMBE AND WISE SHOW)
15. THIS BOY 16. ALL MY LOVING 17. I WANT TO HOLD YOUR HAND 18. BOYS, WHAT WAS I THINKING 19. MOONLIGHT BAY 20. SHOW ENDING
[TV Show At Elstree Studio Centre, Borehamwood, U.K. December 2nd 1963 / April 18th 1964 aired]

(EXTRA TRACKS)
21. TILL THERE WAS YOU (Unreleased BBC) "Pop Go The Beatles #13" September 3rd 1963 / September 10th 1963 aired 22. SHE LOVES YOU (The Mersey Sound) Live At Little Theatre, Southport, U.K. August 27th 1963

DVD :
(LIVE AND TV SHOW:THE BEATLES COME TO TOWN)
SHE LOVES YOU - wide remaster / TWIST AND SHOUT - wide remaster / THE BEATLES COME TO TOWN – original / SHE LOVES YOU – original / TWIST AND SHOUT – original
[Live At ABC Cinema, Manchester, U.K. November 20th 1963]

(LATE SCENE EXTRA)
I WANT TO HOLD YOUR HAND / THIS BOY / KEN DOTT INTERVIEWS – complete
[TV Show At Granada TV Centre, Manchester, U.K. November 25th 1963 / November 27th 1963 aired]

(IT'S THE BEATLES : LIVE FROM LIVERPOOL 1963)
I WANT TO HOLD YOUR HAND / SPEECH / MONEY (THAT'S WHAT I WANT) / TWIST AND SHOUT / FROM ME TO YOU / THIRD MAN'S THEME / ENDING
[Live At Empire Theatre, Liverpool, U.K. December 7th 1963]

(THE MORECAMBE AND WISE SHOW)
THIS BOY / ALL MY LOVING / I WANT TO HOLD YOUR HAND / BOYS, WHAT WAS I THINKING / MOONLIGHT BAY / SHOW ENDING
[TV Show At Elstree Studio Centre, Borehamwood, U.K. December 2nd 1963 / April 18th 1964 aired]
PATHE TV NEWS / LET'S ALL BE BEATLES!

(EXTRA FEATURE)
:THE BEATLES COME TO TOWN - original wide screen / outtakes I / outtakes II (B&W) / outtakes III
:IT'S THE BEATLES / LIVE FROM LIVERPOOL - outtakes I / outtakes II / outtakes III
:BONUS VIDEO SHE LOVES YOU - The Mersey Sound

SLIDESHOW : JUKE BOX JURY (audio only) :
01 - Hit And Miss (John Barry) 02 - Introduction 03 - I Could Write A Book (The Chants) 04 - The Beatles 05 - Kiss Me Quick (Elvis Presley) 06 - The Beatles 07 - Hippy Hippy Shake (The Swinging Blue Jeans) 08 - The Beatles 09 - Did You Have A Happy Birthday (Paul Wanka) 10 - The Beatles 11 - The Nitty Gritty (Shirley Ellis) 12 - The Beatles 13 - I Can't Stop Talking About You (Steve Lawrence) 14 - The Beatles 15 - Do You Really Love Me Too (Billy Fury) 16 - The Beatles 17 - There I've Said It Again (Bobby Vinton) 18 - The Beatles 19 - Love Hit Me (The Orchids) 20 - The Beatles 21 - I Think of You (The Merseybeats) 22 - The Beatles 23 - Hit And Miss (John Barry) TV Show At Empire Theatre, Liverpool, U.K. December 7th 1963

NTSC 16:9 (4:3) Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time approx.138min.

2015年02月27日

ビートルズ、新たな映像シリーズ第4弾!

mcdvd39.jpg



◆ THE BEATLES / RECOVERED ARCHIVES VOL.4 (プレス1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、新たな映像シリーズがスタート、本タイトルはその第4弾。

「RECOVERED ARCHIVES」と名付けられた本シリーズは、その名の通り、発見されたアーカイブというもので、これまで誰も見たことのない初登場映像、そして今までの画質クオリティーをアップ・グレードした映像などのみで構成された、発掘映像シリーズとなるもの。
まず、ビートルズの初登場マテリアルは、ここ近年飛躍的に増加しており、またビートルズを巡る様々な動きが、このような発掘を促進したとも言え、そんな世界中に埋もれていたビートルズの映像アーカイブの中から、近年になって新たに発掘された超貴重な映像の数々を、ここに新たなシリーズとして順次紹介していくのが、「RECOVERED ARCHIVES」のコンセプトといえるもの。
そしてこのVOL.4の内容詳細も前タイトル同様、どれも初登場映像、初登場アップ・グレード映像で占められており、今まで見る事の出来なかったクオリティーのものばかり。特に1965年イタリア、ローマ公演のカラー映像、1966年ミュンヘンや武道館のアップグレード映像など、今回も素晴らしい初登場マテリアルが多数で、さらに1967年9月から10月にかけて撮影が行なわれた「マジカル・ミステリー・ツアー」のアウトテイク映像なども収録。
本レーベルが威信をかけて投入する新シリーズは今度もリリースを予定しているので、期待も高まる永久保存プレスDVD。

[SD - STANDARD DEFINITION]
(April 11, 1965 Empire Pool London U.K. upgrade)
a : She’s A Woman b : Ticket To Ride c : Long Tall Sally
(June 22, 1965 Palais d'Hiver Lyon, France upgrade and NO LOGO)
(June 25, 1965 Palazzo dello Sport Genoa, Italy color home movie, upgrade)
(June 27, 1965 Teatro Adriano Roma, Italy : color home movie, previously unreleased)
(July 02, 1965 Plaza de Toros de Las Ventas Madrid, Spain)
a : news film, upgrade b : upgrade and NO TCR
(August 01, 1965 TV SHOW "Blackpool Night Out" encolored)
(August 15, 1965 Shea Stadium New York City NY U.S.A. Upgrade)
(November 23, 1965 TV SHOW "The Lennon And McCartney Show" June 24, 1966 Circus Crone Munich, Germany)
a : Baby’s In Black upgrade b : If I Needed Someone B&W 16mm film, upgrade c : Documentary B&W 16mm film, upgrade d : color film upgrade
(July 01, 1966 Budokan Hall Tokyo, Japan upgrade)
a : Nowhere Man b : Paperback Writer c : Nowhere Man
(August 12, 1966 International Amphi Theatre Chicago IL, U.S.A. : color home movie, upgrade and audio syncronised)
(August 14, 1966 Municipal Stadium Cleveland OH, U.S.A. : color home movie, previously unreleased)
(August 17, 1966 Maple Leaf Gardens Toronto, Canada : news film, previously unreleased)
(August 21, 1966 Crosley Field Cincinnati OH, U.S.A. : color home movie, previously unreleased)
(August 23, 1966 Shea Stadium New York City NY, U.S.A.)
a : color home movie, previously unreleased b : News Film, previously unreleased
(August 29, 1966 Candlestick Park San Francisco CA, U.S.A.)
a : B/W film b : color home movie, previously unreleased c : news archive
(September - October 1967 “MAGICAL MYSTERY TOUR” Film Outtakes : August 24, 1967 Hilton Hotel London)

[WIDE SCREEN]
(August 28, 1965 Balboa Stadium, San Diego CA, U.S.A.)
(June 25, 1966 Grugahalle Essen, Germany : color , B&W home movie, previously unreleased)

2015年02月23日

ポール、来日前に要チェックのライブ・コンパイル

pccd207sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / SEARCHING FOR HIM EVERYWHERE (プレス4CD) この商品はこちらから

ポール・ファン必携のピカデリー・サーカス・レーベルより、2001年から2014年までのライヴ・ドキュメントとなるタイトルがここに。
ここでは2001年から再開されたワールド・ツアーから現在に至るまでの、それぞれのツアーならではのセット・ナンバーを、ベスト・クオリティー音源からコンパイルしたもので、レギュラーで演奏されている定番曲ではなく、レア・ナンバーで占められているのが、最大のポイント。
本レーベルならではのセレクトとなるライヴ・アンソロジーゆえ、再来日に向けてファンは再検証しておきたい、永久保存プレス盤。日本語帯付。


DISC ONE :
[2001] 01. I'm Down (October 10, 2001) 02. From Lover To A Friend (October 10, 2001) 03. Your Loving Flame (December 11, 2001)
[2002] 04. Hello Goodbye (November 2, 2002) 05. Getting Better (November 2, 2002) 06. Lonely Road (November 2, 2002) 07. Driving Rain (November 3, 2002) 08. Mother Nature's Son (May 13, 2002) 09. Vanilla Sky (May 13, 2002) 10. Something (November 3, 2002) 11. C Moon (May 13, 2002) 12. Her Majesty (June 3, 2002) 13. You Never Give Me Your Money - Carry That Weight (September 24, 2002) 14. She's Leaving Home (September 24, 2002) 15. Freedom (September 24, 2002)
[2003] 16. Midnight Special (May 10, 2003) 17. Things We Said Today (May 10, 2003) 18. Honey Don't (May 10, 2003) 19. Volare (May 10, 2003) 20. Maggie Mae (June 1, 2003) 21. I Lost My Little Girl (June 1, 2003)
[2004] 22. Flaming Pie (June 26, 2004) 23. Penny Lane (June 26, 2004) 24. You Won't See Me (May 30, 2004) 25. She's A Woman (May 30, 2004) 26. I'll Follow The Sun (May 30, 2004) 27. For No One (May 30, 2004)

DISC TWO :
[2004] 01. All Things Must Pass (May 13, 2004)
[2005] 02. I'll Get You (November 1, 2005) 03. Till There Was You (November 1, 2005) 04. In Spite Of All Danger (November 1, 2005) 05. I Will (November 1, 2005) 06. Jenny Wren (November 1, 2005) 07. Fixing A Hole (November 1, 2005) 08. English Tea (November 1, 2005) 09. Follow Me (October 27, 2005) 10. Too Many People-She Came In Through The Bathroom Window (October 27, 2005) 11. I've Got A Feeling (October 27, 2005) 12. Please Please Me (October 27, 2005)
[2006] 13. Fine Line (February 8, 2006) 14. Helter Skelter (February 8, 2006)
[2007] 15. Coming Up (July 7, 2007) 16. Only Mama Knows (July 7, 2007) 17. That Was Me (July 7, 2007) 18. Nod Your Head (July 7, 2007) 19. Match Box (July 7, 2007) 20. Dance Tonight (October 25, 2007) 21. Calico Skies (October 25, 2007) 22. Here Today (June 28, 2007) 23. House Of Wax (June 28, 2007) 24. I Saw Her Standing There (June 28, 2007)

DISC THREE :
[2008] 01. Hippy Hippy Shake (June 1, 2008) 02. In Liverpool (June 1, 2008) 03. Mrs.Vanderbilt (July 14, 2008) 04. Birthday (July 20, 2008) 05. A Day In The Life - Give Peace A Chance (July 20, 2008)
[2009] 06. Honey Hush (April 17, 2009) 07. Highway (April 17, 2009) 08. Sing The Changes (July 11, 2009) 09. Day Tripper (July 11, 2009) 10. Mull Of Kintyre (July 11, 2009) 11. I Want To Come Home (December 20, 2009)
[2010] 12. Venus And Mars - Rock Show - Jet (May 28, 2010) 13. Shine A Light In Mexico (May 28, 2010) 14. Ob La Di Ob La Da (November 21, 2010) 15. Letting Go (November 11, 2010) 16. 1985 (November 11, 2010) 17. Bluebird (November 11, 2010) 18. Paperback Writer (November 10, 2010) 19. I'm Looking Through You (November 10, 2010) 20. Two Of Us (November 10, 2010) 21. Ram On (June 27, 2010)

DISC FOUR :
[2010] 01. One After 909 (December 13, 2010) 02. And I Love Her (December 13, 2010) 03. Petrushka (December 13, 2010) 04. Hitch Hike (December 13, 2010) 05. Wonderful Christmas Time (December 13, 2010)
[2011] 06. Come And Get It (December 14, 2011) 07. The Word - All You Need Is Love (December 14, 2011)
[2012] 08. Junior's Farm (May 8, 2012) 09. The Night Before (May 8, 2012) 10. My Valentine (May 8, 2012) 11. Hope Of Deliverance (May 8, 2012)
[2013] 12. San Francisco Bay Blues (August 9, 2013) 13. Your Mother Should Know (August 9, 2013) 14. Save Us (October 16, 2013) 15. Everybody Out There (October 16, 2013) 16. New (October 16, 2013) 17. Quenee Eye (October 16, 2013) 18. Eight Days A Week (November 21, 2013) 19. Listen To What The Man Said (November 21, 2013) 20. All Together Now (November 21, 2013) 21. Lovely Rita (November 21, 2013) 22. Being For The Benefit Of Mr.Kite! (November 21, 2013)
[2014]
23. On My Way To Work (July 5, 2014) 24. Long Tall Sally (August 14, 2014)


2015年02月22日

スラッシュ、2015年来日関連の決定盤!

xavelh042s.jpg



◆SLASH / Set The Coast On Fire Tokyo 1st Night 2015 (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年スラッシュのジャパン・ツアーから、東京初日となる2月10日新木場コーストでのライブを、ステージ上でメンバーが使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、オリジナル・オーディエンス・ソース(MK4マスター)を、完全フル・マトリックスしたタイトルがここに。

まずベーシスト兼、何曲かでリード・ヴォーカルも務めるトッド・カーンのイヤー・モニター・ソースを使用しており、しかもこのトッドのIEMには、マイルス・ケネディのヴォーカル、スラッシュのギターもオンで入っているため、ダイレクトに収録されたスラッシュの強烈なギター音を核に、会場PAの音響では埋もれ気味であったヴォーカル、キーボード、ドラム、ベースといった各楽器の音が、モニター・ソースによって完璧に補完された、まさにサウンドボード・レベルとなるもの。
そして前回の単独来日公演は、東日本大震災により中止、その後オズフェスへの参加はあったものの、フルセットの来日公演は久しぶりとなるもので、前年9月にリリースされた「WORLD ON FIRE」からのナンバーはもちろん、今回のツアーではこれまでのガンズ定番ナンバーに加えて”Double Talkin' Jive”が初めてもセットリストに加わり、往年のファンには嬉しいところ。しかも中盤の日替わり楽曲パートでは、前日の大阪公演の”Out Ta Get Me”に変わって”You're Crazy”がセット入りなど、ファンとしては全公演要チェックといえる、来日関連の決定盤メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 01. Intro 02. You're A Lie 03. Nightrain 04. Halo 05. Dirty Girl 06. Back From Cali 07. Stone Blind 08. Ghost 09. Double Talkin' Jive 10. You Could Be Mine 11. Doctor Alibi (Todd Kerns on lead vocals) 12. You're Crazy (Todd Kerns on lead vocals)
Disc 2 : 01. The Dissident 02. Beneath The Savage Sun 03. Rocket Queen 04. Battleground 05. World On Fire 06. Anastasia 07. Sweet Child O' Mine 08. Slither –encore- 09. Paradise City 10. Outro
[at Shinkiba Studio Coast, Tokyo, Japan 10th February 2015 [IEM Source + Original Audience Master = Matrix Recording]
Slash (lead guitar) / Myles Kennedy (vocals, guitar) / Todd Kerns (bass, vocals) / Brent Fitz (drums) / Frank Sidoris (guitar)

*なお、東京2日目、2月12日公演も同時入荷。

2015年02月20日

ビートルズ1966年のラスト・ライブ!

mccd475sp.jpg



◆ THE BEATLES / LAST CONCERT AT CANDLESTICK PARK 1966 (1CD+2DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、1966年8月29日キャンドルスティック公演に焦点を当てた、ビートルズ最後のコンサートの音源と映像を集大成したタイトルがここに。

まず音源CDは、本公演を収録したテープからで、これはトニー・バロウがポールの依頼により、ステージ下で録音された音源として有名なもの。なお、バロウの回顧録ではわずかにテープが足りず、最後の「のっぽのサリー」の途中で終わってしまったとあり、ポールに渡したうえで、自分用に保管していたのが、いつの間にか流通してしまったとのこと。
そしてこの音源はポールに渡す際に、その「のっぽのサリー」に、スタジオ・テイクが繋げられていたということで、本タイトル収録の「RAW VERSION」の音源を聴くと、テンポが全く異なるライヴ・バージョンと、スタジオ・バージョンがくっつけられているのがわかり、その現状で最も若いジェネレーション音源をここに収録。
さらに後半の「RE-MASTER VERSION」は、テープのヨレが特に酷かった「Baby’s In Black」を含めて、リマスターのみならずテープの修復を行ない、この部分を極力軽減。またそれ以外でも細かいレストア作業が施し、現状ベストといえるクオリティーで、さらにボーナスとして、1966年当時のコンサート告知のラジオ・スポットも追加収録。

続いて映像のDVDには、まずキャンドルスティック・パーク公演に焦点を当てた、1987年制作のドキュメンタリー「ONE LAST TIME」を収録。このドキュメンタリーは、コンサートを撮影したバリー・ホッド氏が、地元の映像会社を使って自主制作したもので、同年には早くもVHSソフトとして限定販売もされたものの、自主制作の限定品とあって、あまり出回ることなく、そのVHSから転用された映像がこれまで流通することに。しかし本タイトルでは、U-matic直のデジタル化して収録したもので、そのクオリティーの向上は歴然。
また1991年にも、バリー・ホッド氏が素材を提供し、地元ケーブルTVが別のドキュメンタリーを制作したのが、「IN SANFRANCISCO」で、こちらにしか収録されていない映像もあり、本タイトルは、この2つを同時収録となるもの。
そして「UNSEEN BEATLES」は、1996年にローカル局により制作されたドキュメンタリーで、従来の映像とはまた別の、全く別アングルからのショットを紹介。しかも1966年だけでなく、サンフランシスコにおける1964年と1965年のコンサートも紹介されている貴重なドキュメンタリーながら、今までほとんど流通していなかった中、本作はそれを初めて収録。
また「1966・TV REPORT」は、コンサートを伝える当時のニュース映像を集めたもの。そしてこれらのドキュメンタリー映像とは別に、コンサートを収録した8mm映像をそれぞれ別途で収録しており、会場設営の様子、まだ日が明るい間からステージを組んでいる様子、さらにビートルズが会場入りする様子など、おそらく1987年ドキュメンタリー制作時のラフ・カットだと思われる映像が多数。またなんと今まで一切使われていない、カラー8mmによるステージ正面からのショットもあり、ホッド氏ではなく、別の人が撮影した映像とのことで、短いながらも、今まで一切流通したことのない、本作で初登場のステージ映像となるもの。
さらにボーナス映像として、1964&1965年のサンフランシスコでのライヴ映像も収録されており、結果的に、1964、1965、1966年と、3回の全米ツアーにおけるサンフランシスコ公演の集大成となることに。
とにかく関連する音源および、初登場映像を含む当日の映像を集大成したタイトルで、初登場映像のみならず、既発映像も大幅のグレード・アップゆえ、ファンには必携といえる、永久保存プレス盤。

CD :
(RAW VERSION #1) 01. Rock And Roll Music 02. She's A Woman 03. If I Needed Someone 04. Day Tripper 05. Baby's In Black 06. I Feel Fine 07. Yesterday 08. I Wanna Be Your Man 09. Nowhere Man 10. Paperback Writer 11. Long Tall Sally
(RE-MASTER VERSION) 12. Rock And Roll Music 13. She's A Woman 14. If I Needed Someone 15. Day Tripper 16. Baby's In Black 17. I Feel Fine 18. Yesterday 19. I Wanna Be Your Man 20. Nowhere Man 21. Paperback Writer 22. Long Tall Sally
(EXTRA) 23. Radio Spot 24. Press Conference

DVD ONE :
[ONE LAST TIME] 01. Opening 02. Before The Concert 03. Press Conference 04. Stage Constructing 05. Opening Act 06. Rock And Roll Music 07. She's A Woman 08. If I Needed Someone 09. Day Tripper 10. Baby's In Black 11. I Feel Fine 12. Yesterday 13. I Wanna Be Your Man 14. Nowhere Man 15. Paperback Writer 16. Out Of The Stadium
[THE UNSEEN BEATLES] 01. Introduction 02. Cow Palace #1 03. Cow Palace #2 04. Candlestick Park
[8mm FILM #1] 01. Arrival & Opening Acts 02. Beatles Appearing 03. Rock And Roll Music 04. If I Needed Someone 05. Day Tripper
[8mm FILM #2] 01. Stage Constructing 02. Beatles Appearing
[8mm FILM #3] 01. Before The Concert #1 02. Before The Concert #2
[1966 TV REPORT] 01. Report At The Stadium 02. Twist And Shout 03. A Hard Day's Night 04. I Wanna Be Your Man 05. Press Conference 06. Twist And Shout 07. Report At Cow Palace 08. I Wanna Be Your Man 09. Concert & Press Conference 10. She's A Woman 11. Nowhere Man

DVD TWO :
[IN SAN FRANCISCO] 01. Opening 02. Ed Sullivan Show 03. Arrival At The Airport 04. Concert & Press Conference 05. About The Poster 06. Concert Footage 07. Monterey Pop Festival
[COCNERT FOOTAGES] 01. 1964 CONCERT 02. 1965 CONCERT #1 03. 1965 CONCERT #2 04. 1965 CONCERT #3


2015年02月18日

ストーンズ、76年パリ公演関連の決定盤!

gp1501psp.jpg



◆ ROLLING STONES / LIVE IN PARIS 1976 (プレス2DVD+2CD) この商品はこちらから

1976年ユーロ・ツアーにおけるあのパリ公演を、新発掘映像を含めたプロショット映像と、サウンドボード音源のセットにまとめたコレクターズ・エディションとして、永久保存プレス盤にてここに。

本タイトルは、2015年最新リマスタリングによる、ベスト・クオリティーで編集されたあの6月6日パリ公演の、完全コンプリート映像と、新発掘映像である6月5日公演、さらにTVオンエアーされた別映像や、ドキュメンタリー等をまとめた関連映像集大成となるもので、公式ライブ・アルバム『ラブ・ユー・ライブ』にも一部収録され、当時TVオンエアーもされたことで、70年代ストーンズの代表的定番の決定盤となるもの。
そしてまず映像DVD1枚目には、TVオンエアーの大元となった6月6日公演を、コンプリート収録したワーキング映像を収録。複数公演を編集したTVオンエアー映像とは違って、この日のショーを全曲収録したもので、しかも最新リストア編集により「Ain't Too Proud To Beg」のドロップアウトや「Hot Stuff」のカット等も修復。
また音声はオリジナルのモノラル・サウンドトラックに加え、最新リマスターによるヴァーチャル・ステレオ・リマスター音源も収録しており、音声切り替えで比べると、よりクリアーで迫力を増したリマスターとの音の違いが一聴瞭然。
さらにDVD2枚目には、近年までその存在すら確認されていなかった6月5日公演の初登場映像を収録。完全収録ではなくワンカメラ・アングルのプロショット映像ながら、ネット流通の低ビットレートではない高画質クオリティーとなるもので、しかもマスター映像は「無情の世界」後半でカットされているのが、ここではドキュメンタリー映像を繋いだ編集となるもの。またエクストラ映像として、撮影日違いのTVオンエアー・バージョンやBBCインタビュー、さらに海外制作によるライブ・アルバム『ラブ・ユー・ライブ』音源に差し替えた編集映像なども追加収録。
最後に音源CD2枚には、6月6日公演のサウンドボード・リマスター音源をコンプリート収録。また収録時間の都合で、追加ボーナスとして分割収録ながら、新発掘である5日公演からのサウンドボード・リマスター音源も全曲収録。
これまでにも数多くのアイテムを生み出してきた本公演の、現存するプロショット映像とサウンドトラック音源をすべてコンパイルした決定版アイテムとなる必携マスト・アイテム。

DVD ONE : Concert Opening / Honky Tonk Women / If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud / Hand Of Fate / Hey Negrita / Ain't Too Proud To Beg / Fool To Cry / Hot Stuff / Star Star / Angie / You Gotta Move / You Can't Always Get What You Want / Band Introduction / Happy / Tumbling Dice / Nothing From Nothing (Billy Preston) / Outta Space (Billy Preston) / Midnight Rambler / It's Only Rock 'n' Roll / Brown Sugar / Jumping Jack Flash / Street Fighting Man / Concert Closing / La Marseillaise / Arrival & Backstage Footages
[Live At Pavillon de Paris (Les Abattoirs), Paris, France June 6th 1976 : NTSC 4:3 Dolby Digital Stereo time aprox. total 119min. : AUDIO OPTION 1: VIRTUAL STEREO REMASTER 2: ORIGINAL MONO SOUNDTRACK]

DVD TWO : Concert Opening / Honky Tonk Women / If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud / Hand Of Fate / Hey Negrita / Ain't Too Proud To Beg / Fool To Cry / Hot Stuff / Angie / Star Star / You Gotta Move / You Can't Always Get What You Want / Tour Documentary
[Live At Pavillon de Paris (Les Abattoirs), Paris, France June 5th 1976]

(PARIS – EXTRA)
French TV Introduction / Fool To Cry - June 7th 1976 / Hot Stuff - June 7th 1976 / Angie - June 4th 1976 / Tumbling Dice - June 7th 1976 / Outta Space - June 7th 1976 / Midnight Rambler - June 7th 1976 / Honky Tonk Women (Love You Live) - June 5th 1976 / Hot Stuff (Love You Live) - June 7th 1976 / Star Star (Love You Live) - June 6th 1976 / Tumbling Dice (Love You Live) - June 7th 1976 / Brown Sugar (Love You Live) - June 6th 1976 / French TV Outroduction / The Old Grey Whistle Test - BBC 1976
[NTSC 4:3 Dolby Digital Stereo time aprox. total 143min. : AUDIO OPTION 1: VIRTUAL STEREO REMASTER 2: ORIGINAL MONO SOUNDTRACK]

CD ONE : 1. Concert Opening 2. Honky Tonk Women 3. If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud 4. Hand Of Fate 5. Hey Negrita 6. Ain't Too Proud To Beg 7. Fool To Cry 8. Hot Stuff 9. Star Star 10. Angie 11. You Gotta Move 12. You Can't Always Get What You Want 13. Band Introduction 14. Happy 15. Tumbling Dice + JUNE 5TH 1976 Part 1 16. Honky Tonk Women 17. If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud 18. Hand Of Fate
CD TWO : 1. Nothing From Nothing (Billy Preston) 2. Outta Space (Billy Preston) 3. Midnight Rambler 4. It's Only Rock 'n' Roll 5. Brown Sugar 6. Jumping Jack Flash 7. Street Fighting Man 8. Concert Closing / La Marseillaise + JUNE 5TH 1976 Part 2 9. Hey Negrita 10. Ain't Too Proud To Beg 11. Fool To Cry 12. Hot Stuff 13. Angie 14. Star Star 15. You Gotta Move 16. You Can't Always Get What You Want
[Soundboard Recorded Live At Pavillon de Paris (Les Abattoirs), Paris, France June 6th 1976 + June 5th 1976 (Original CD Remastering 2015)]


2015年02月09日

ビートルズ、ルーフトップ・コンサートの映像&音源!

mccd461.jpg



◆ THE BEATLES / COMPLETE ROOFTOP CONCERT (プレス3CD+2DVD) この商品はこちらから


ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルのライヴ・クロニクル・シリーズより、あの「ルーフトップ・コンサート」の完全版音源に加えて、映画「レットイットビー」のノートリミング、ベスト・クオリティー関連映像のDVDがセットになったタイトルがここに。

まず、「ゲットバック・セッション」として知られる、ライヴ・ショーのためのリハーサルとドキュメンタリーの撮影は、1969年1月2日にトゥイッケナムにある映像スタジオで開始。しかしジョージがセッションの途中で抜け出すなどのハプニングもあり、色々難航すること。そしてジョージの復帰の条件として、セッション全体のコンセプトを、アルバムのレコーディングと、その模様を捉えた劇場映画の制作に変更することで、約1週間のインターバルを置き、1月21日からサヴィル・ロウのアップル・ビルの地下に設営されたスタジオでセッションが再開され、これが通称「GET BACK SESSION」と呼ばれるもので、前半と後半では主旨が全く異なることに。
そして1か月に渡るセッションからは、膨大な量の映像と音源が収録され、それらを編集し映画「レットイットビー」を制作。当初テレビ用の企画だったため16mmフィルムで撮影されたのが、後に映画劇場公開用に35mmフィルムにブロー・アップ。なお80年代にビデオやLDなどで公式リリースされるも、アレン・クラインがビートルズ側の了承をとらずに商品化されたもので、当然すぐに発売中止に。
ただ日本を始め各国で放送されたこともあり、目にすることは比較的容易ながら、正式なソフト化がなされていないことから、それぞれトリミングやクレジットが異なったり、あるいは画質にバラツキがあるなど、多数のバージョンが存在し、現在でも混乱を招く状況となっているのは周知の事実。
そんな中、まず本作のDVDディスク1の本映像はノー・トリミングで、他のバージョンでは入っていない部分までしっかりと収録。
さらに当時作られたオリジナルの予告編(トレイラー)も追加で。
またDVDディスク2は、映画「レットイットビー」のアウトテイク映像を収録。膨大な量の映像が残されている中、本作では良好な演奏シーンを中心に、映画で見れる場面以外の映像を収録しており、またスタジオとは別に、ルーフ・トップ・コンサートに特化した映像、そして最後に、もう一度映画「レットイットビー」も収録。
こちらはディスク1のノー・トリミング・バージョンとは異なり、ワイド・スクリーン・バージョンで、画質・内容いずれももベストの「レット・イット・ビー」2種類がここに。

そしてこの映画のクライマックスとして、1969年1月30日、ビートルズ最後のライブ演奏となる、通称「ルーフ・トップ・コンサート」が行われ、それに対して複数台のカメラがその様子を撮影しており、もちろんそれら全てのカメラに対応する音源を収録すべく、同時進行でリールが回されたため、プレイバックを含めると、残された音源もソース違いで数多いものとなり、本タイトルでは、その全ての音源をCD3枚に収めた完全コンプリート版となるもの。
まずDisc:1は、複数のリールを編集し、このコンサートを最長収録。マーク・ルイソンの本によると、コンサートは42分間に渡って行なわれたとある中、本作はパフォーマンスの前後を含め44分の収録になっており、仮にこの先マルチ・トラック・テープが全て流出したとしても捉えられていない部分も収めた真の完全版。
なお1曲目はきちんとした演奏ではなく、軽いウォーム・アップで、軽い音合わせをしてスタート。なお「GET BACK」を最初に2回、さらに最後でもう1回演奏していることから、この曲がセッションを象徴するナンバーだということが伺え、また映画を想定しての演奏らしく、ジョンの歌う、歌詞があやふやだった「DON’T LET ME DOWN」「I’VE GOT A FEELING」は、複数テイクを演奏。さらに曲の合間には「I WANT YOU」や「A PRETTY GIRL IS LIKE A MELODY」などもお遊びで。なお、マルチ・トラックのテープ交換がされている間に演奏された「GOD SAVE THE QUEEN」もしっかりと収録し、さらに後半には、同じルーフ・トップ・コンサートでも、映画「LET ITBE」よりフィルム・サウンド・トラック音源も収録しており、実際に映画に使われたミックスと選曲で比較できるというもの。
そしてDisc2&3は、この時に収録された全ロールを、ロールごとに収録。まずDisc:2はAロール、ROLL562とROLL563と、メインで収録されたロールで、音質や収録場所など、最もまとまった収録で、従来既発盤では、このロールのみでリリースされていたものがほとんど。
しかし本作ではさらにROLL1146B、ROLL1147B、ROLL1148B、 ROLL1149Bと4本のBロール部分も収録。こちらはサブ的な収録ながら、Aロールに含まれない部分を含むため、要チェックといえる内容に。さらにインタビューが中心ながら、屋上ではなく、アップル・ビルの前の通りで収録されたロールは、現地ではどのようにこのコンサートが聴こえていたのかという貴重な記録。
とにかくここにあるもので、ルーフ・トップ音源は完璧という内容で、映像も含め、ラスト・ライブと「レットイットビー」を再検証するにマストといえる永久保存プレスCD+DVDのコレクターズ・エディション。


CD ONE :
(Complete Rooftop Concert Apple Building London UK January 30, 1969)
01. Stage Settings 02. Get Back #1 [DDSI.30.01] 03. Get Back #2 [DDSI.30.02] 04. I Want You [DDSI.30.03] 05. Get Back #3 [DDSI.30.04] 06. Don't Let Me Down #1 [DDSI.30.05] 07. I've Got A Feeling #1 [DDSI.30.06] 08. One After 909 #1 [DDSI.30.07] 09. One After 909 #2 [DDSI.30.08] 10. Danny Boy [DDSI.30.09] 11. Dig A Pony #1 [DDSI.30.10] 12. Dig A Pony #2 [DDSI.30.11] 13. God Save The Queen [DDSI.30.12 P] 14. I've Got A Feeling #2 [DDSI.30.13] 15. A Pretty Girl Is Like A Melody [DDSI.30.14] 16. Get Back #4 [DDSI.30.15] 17. Don't Let Me Down #2 [DDSI.30.16] 18. Get Back #5 [DDSI.30.17]
(Rooftop Concert :Movie Film Soundtrack : at Apple Building London UK January 30, 1969)
19. Stage Settings 20. Get Back 21. Don't Let Me Down 22. I've Got A Feeling 23. One After 909 24. Danny Boy 25. Dig A Pony26. Get Back

CD TWO :
(01. 4 Cameras, 1 Is Wild Camera A, Roll 562 : Take 2 All Cameras Take 3)
Get Back #2 [DDSI.30.02] / Get Back #3 [DDSI.30.04] / Don't Let Me Down #1 [DDSI.30.05] / I've Got A Feeling #1 [DDSI.30.06] / One After 909 #1 [DDSI.30.07] / One After 909 #2 [DDSI.30.08] / Danny Boy [DDSI.30.09] / Dig A Pony #2 [DDSI.30.11]
(02. Camera A, Roll 563)
I've Got A Feeling #2 [DDSI.30.13] / A Pretty Girl Is Like A Melody [DDSI.30.14] / Get Back #4 [DDSI.30.15] / Don't Let Me Down #2 [DDSI.30.16] / Get Back #5 [DDSI.30.17]
(03. Camera B1, Roll 1146 Slate 1 Various 'Views)
Get Back #1 Warm Up Jam [DDSI.30.01] / Get Back #2 [DDSI.30.02] / I Want You [DDSI.30.03] / Get Back #3 [DDSI.30.04] / Don't Let Me Down #1 [DDSI.30.05] / I've Got A Feeling #1 [DDSI.30.06]
(04. Camera B1, Roll 1147 Various Interviews)
One After 909 #2 [DDSI.30.08] / Danny Boy [DDSI.30.09] / Dig A Pony #1 [DDSI.30.10] / Dig A Pony #2 [DDSI.30.11] / God Save The Queen [DDSI.30.12] / I've Got A Feeling #2 [DDSI.30.13] / Don't Let Me Down #2 [DDSI.30.16] / Get Back #5 [DDSI.30.17]

CD THREE :
(01. Camera B1, Roll 1148 Take 3) Announcement Only
(02. Camera B1, Roll 1149 Beatles In Apple Studio)
God Save The Queen [DDSI.30.12 P] / I've Got A Feeling #2 [DDSI.30.13 P] / A Pretty Girl Is Like A Melody [DDSI.30.14 P] / Get Back #4 [DDSI.30.15 P] / Don't Let Me Down #2 [DDSI.30.16 P] / Get Back #5 [DDSI.30.17 P]
(03. Camera B3, Roll Saville Row Street)
People's Reactions / I've Got A Feeling #2 [DDSI.30.13] / Don't Let Me Down #2 [DDSI.30.16] / Get Back #5 [DDSI.30.17]
(04. Camera C Recordings At Apple Reception Desk)
I've Got A Feeling #1 [DDSI.30.06] / One After 909 #2 [DDSI.30.08] / Danny Boy [DDSI.30.09] / Dig A Pony #1 [DDSI.30.10] / Dig A Pony #2 [DDSI.30.11]
(05. Camera D, Roll 1 Take 3 Rooftop)
Get Back #2 [DDSI.30.02] / Get Back #3 [DDSI.30.04] / Don't Let Me Down #1 [DDSI.30.05] / I've Got A Feeling #1 [DDSI.30.06] / One After 909 #2 [DDSI.30.08] / Danny Boy [DDSI.30.09] / Dig A Pony #2 [DDSI.30.11]
(06. Camera D, Roll 3 Rooftop)
I've Got A Feeling #2 [DDSI.30.13] / A Pretty Girl Is Like A Melody [DDSI.30.14] / Get Back #4 [DDSI.30.15] / Get Back #5 [DDSI.30.17]


DVD ONE :
[LET IT BE The Movie No-triming Version]
01. Opening 02. Don’t Let Me Down 03. Maxwell’s Silver Hammer 04. Two Of Us 05. I’ve Got A Feeling 06. Oh Darling 07. One After 909 08. Piano Improvisation 09. Two Of Us 10. Discussion 11. Across The Universe 12. Dig A Pony 13. Suzy Parker 14. I Me Mine 15. Old Brown Shoe 16. Discussion 17. Besame Mucho 18. Octopus’ Garden 19. You Really Got A Hold On Me 20. Shake Rattle And Roll 21. Dig It 22. Two Of Us 23. Let It Be 24. The Long And Winding Road 25. Get Back 26. Don’t Let Me Down 27. I’ve Got A Feeling 28. One After 909 29. Dig A Pony 30. Get Back
[4 VERSIONS COMPARISON]
01. Opening 02. Don’t Let Me Down 03. Maxwell’s Silver Hammer 04. Two Of Us 05. I’ve Got A Feeling
[MOVIE TRAILER] 01. Motion Picture Trailer

DVD TWO :
[LET IT BE The Movie OUTTAKES SEQUENCE]
01. Opening 02. I’ve Got A Feeling 03. Discussion 04. Improvisation with Yoko 05. Don’t Let Me Down 06. I Me Mine 07. Old Brown Shoe #1 08. Old Brown Shoe #2 09. Get Back 10. Help! 11. Two Of Us 12. The Long And Winding Road 13. Let It Be #1 14. Let It Be #2
[ROOFTOP SEQUENCE]
01. Get Back #1 02. Get Back #2 03. Don’t Let Me Down #1 04. Don’t Let Me Down #2 05. Don’t Let Me Down #3 06. Get Back
[LET IT BE The Movie BBC WIDE SCREEN VERSION]
01. Opening 02. Don’t Let Me Down 03. Maxwell’s Silver Hammer 04. Two Of Us 05. I’ve Got A Feeling 06. One After 909 07. Across The Universe 08. Dig A Pony 09. Suzy Parker 10. I Me Mine 11. Old Brown Shoe 12. Besame Mucho 13. Octopus’ Garden 14. You Really Got A Hold On Me 15. The Long And Winding Road 16. Shake Rattle And Roll 17. Kansas City 18. Dig It 19. Two Of Us 20. Let It Be 21. The Long And Winding Road 22. Get Back 23. Don’t Let Me Down 24. I’ve Got A Feeling 25. One After 909 26. Dig A Pony 27. Get Back


2015年02月08日

イングウェイ一夜かぎりの来日公演!

xavelm041y.jpg



◆ YNGWIE MALMATEEN / Dinosaur Rising in Tokyo 2015 (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年2月2日一夜かぎりの日本公演となった、渋谷公会堂でのライブを、ステージ上でヴォーカル兼キーボーのニックが使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、オリジナル・オーディエンス・ソース(MK4マスター)を、完全フル・マトリックスしたタイトルがここに。

まず会場1F最前方やや右寄り、巨大な壁のようにそそり立つマーシャルのギター・アンプの目の前で収録された極上音質のオリジナル・オーディエンス・ソース(MK4マスター)は、ステージの半分以上を埋め尽くす圧巻のギター・アンプから、ダイレクトに収録されたイングヴェイの強烈なギター音を核に、会場PAの音響では埋もれ気味であったヴォーカル、キーボード、ドラム、ベースといった各楽器の音が、モニター・ソースによって完璧に補完された、まさにサウンドボード・レベルとなるもの。
そして近年のインギーの来日公演といえば、パープルとの帯同ツアーやLoud Parkなど、いずれもショート・セットのステージが多かった中、久しぶりの単独公演となるもので、しかも東京一夜のみのプレミアム・ショーだったこともあり、会場の盛り上がりも相当なもの。
そしてセットも「Seventh Sign」、「Kree Nakoorie」、「Black Star」など、代表曲のオンパレードとなる、近年稀に見る充実のパフォーマンスで、まさに完全燃焼といえる最高の一夜をここに再現。
さらにボーナス・トラックとして、この日開場前に行なわれたサウンドチェックの模様を追加収録。エレクトリック、アコースティックと持ち替えながら、気の向くままに弾きたおす様はこちらも聞きどころいっぱいで、サバスの「パラノイド」「N.I.B.」のリフや、本番では演奏されなかった「Never Die」、そして「Smoke On The Water」といった、リハーサルならではのレアな演奏もたっぷりと。

Disc 1 : 01. Opening 02. Guitar Intro 03. Rising Force 04. Spellbound 05. Razor Eater 06. Damnation Game 07. Repent 08. Overture / From a Thousand Cuts / Arpeggios from Hell 09. Seventh Sign 10. Kree Nakoorie 11. Guitar Solo / Badiniere 12. Icarus' Dream Suite Op.4 / Adagio / Far Beyond the Sun 13. Acoustic Paraphrase 14. Dreaming (Tell Me) 15. Into Valhalla 16. Guitar Solo 17. Trilogy Suite Part 1 Op.5 18. Pyramid Of Cheops / Guitar Solo 19. Magic City
Disc 2 : 01. Fugue / Guitar Solo 02. Drums Solo 03. Heaven Tonight –encore- 04. Acoustic Cadenza 05. Black Star 06. Cherokee Warrior 07. I'll See the Light Tonight 08. Closing
[Live at Shibuya Kokaido, Tokyo, Japan 2nd February 2015 : IEM Source + EX-Audience Source = Matrix Recording]

09. Guitar Solo / Paranoid / N.I.B. 10. Guitar Solo 11. Acoustic Guitar Solo 12. Never Die 13. Spellbound 14. Guitar Solo / Smoke On The Water
[Soundcheck at Shibuya Kokaido, Tokyo, Japan 2nd February 2015]

◇Yngwie Malmsteen (guitars, vocals), Ralph Ciavolino (bass, vocals), Mark Ellis (drums, percussion), Nick Marino (keyboards, vocals)

2015年02月05日

ツェッペリン、1975年アールズ・コートの決定盤!

wecd231.jpg



◆ LED ZEPPELIN / EARL'S COURT May 24 1975 (プレス4CD+2DVD) この商品はこちらから

ゼップ・ファン必携のWendyレーベルより、ついに1975年5月24日アールズコート公演の決定盤アイテムが、音と映像のセットとなりここに。

過去アナログ時代から音源はもちろん、映像もVHS時代から幾度となくリリースされ続けてきた1975年のアールズ・コート。そのベスト・アイテムと言えるであろうものが、本タイトルで、まず音源は過去最長かつ最高のクオリティーとなるサウンドボード・ソースにて、4CDのフル・ヴォリューム収録。開演前のざわめきから、司会者の登場、そして軽くチューニングをして、1発目の「ロックン・ロール」になだれ込み、そのまま最後までフルスロットルで展開されるライブを、カンペキなクオリティーで収録しており、古くから有名な音源でありながら、クオリティー的に難があるものも多く、逆に本作は従来のサウンドを凌駕する、リアル・サウンドボードによる音質となるもの。
さらにマスターからサウンドボード音源に欠落のあった「カリフォルニア」などの欠落部分は、当日のベスト・クオリティー、オーディエンス・ソースで補完し、過去最長の完全コンプリートを実現。
そして映像DVDは、音源が早くからサウンドボードで流出していたのに対し、映像が流出したのは2000年代に入ってからで、その後もハーフ・オフィシャル的な不完全なものも流通していた中、本タイトルは新たにイギリス経由によるオリジナル・マスターを使用、色彩や質感、そして鮮明度など、DVDクオリティーとしては、は現在考え得る最高の品質となるもの。
さらに映像に付随する音声サウンドは、4種類の音源を切り替え可能となっており、オーディオ1のサウンドボード音源のみならず、オーディオ2では、当日のオーディエンス音源と共に、鑑賞できることになっていて、もちろんサウンド・クオリティーは、サウンドボードにはかなわないものの、臨場感や当日の雰囲気を体感するという観点では、このオーディエンス・ソースの映像も必見といえるもの。
なお、オーディオ3&4は、それぞれ配分を変えた2種類のサウンドボード音源とオーディエンス音源のミックスも収録というこだわり。
ゼップの定番音源&映像を、今までにないハイ・クオリティー・サウンドと、ニュー・マスターによる最高画質クオリティーで収めた永久保存プレス4CD+2DVD。

CD ONE : 01. Introduction 02. Rock And Roll 03. Sick Again 04. Over The Hills And Far Away 05. In My Time Of Dying 06. The Song Remains The Same 07. The Rain Song 08. Kashmir
CD TWO : 01. No Quarter 02. Tangerine 03. Going To California 04. That’s The Way 05. Bron Yr Aur Stomp
CD THREE : 01. Trampled Underfoot 02. Moby Dick
CD FOUR : 01. Dazed And Confused 02. Stairway To Heaven 03. Whole Lotta Love 04. Black Dog

DVD ONE : 01. Introduction 02. Rock And Roll 03. Sick Again 04. Over The Hills And Far Away 05. INn My Time Of Dying 06. The Song Remains The Same 07. The Rain Song 08. Kashmir 09. No Quarter 10. Tangerine
DVD TWO : 01. That’s The Way 02. Bron Yr Aur Stomp 03. Trampled Underfoot 04. Moby Dick 05. Dazed And Confused 06. Stairway To Heaven 07. Whole Lotta Love 08. Black Dog
(DVDAUDIO SELECT : AUDIO #1 - SOUNDBOARD SOURCE / AUDIO #2 - AUDIENCE SOURCE / AUDIO #3 - SBD & AUD MIX ver.1 / AUDIO #4 - SBD & AUD MIX ver.2)

[Live At The Earl’s Court London U.K. MAY 18th 1975]

2015年02月01日

ストーンズ「14 on Fire」豪州ツアーの決定盤!

evsd782789.jpg



◆ ROLLING STONES / Perth Arena 2 Days Complete (8CD & Bonus 1CD) この商品はこちらから

エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパンによる、ストーンズ「14 ON FIRE」豪州ツアーの決定盤となる、BOXセットが完全限定でここに。
共同プロデュースによる8枚組プレスCD(+ボーナス1CD)となる、セットで、使用されている音源は、全てここでしか聴けない門外不出の完全オリジナル・ソース。予約完売必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。


「14 On Fire」ツアー最終ラウンドで、仕切り直しで行われた豪州ツアーより、10月29日と11月1日、オーストラリアのパース・アリーナでの2公演を、両日ともに2種類のハイ・クオリティー・サウンドにてコンプリート収録したもので、1日ごとの単発リリースもある中、この2Daysセットには、両日開場前におこなわれたサウンド・チェックの音源を収録した、限定プレス・ボーナスCDも付属した9CDセットとなるもの。
そしてまずdisc1&2には、同年の日本公演でもファンの度肝を抜いた本レーベルならではのマルチIEMマトリクッス音源を収録し、さらにdisc3&4にはまさに至高のオーディエンス・レコーディングとでも形容すべき、MK4マスターによる素晴らしいサウンド・バランスのオリジナル・オーディエンス音源を収録。
そのステレオ・サウンドボード録音のような質感のマルチIEMマトリックス音源と、レンジの素晴らしく広い最高峰のオーディエンス音源という、全くキャラクターの異なる2つの音源を一度に楽しむことが出来るというもので、全編通してオーディエンス・ノイズも皆無、また「無情の世界」等における、要所の合唱パートも最高の臨場感で再現されており、これ以上は有り得ないクオリティーであると断言。
そしてライブも、最終的に合計8公演がおこなわれた本ツアーの中で、唯一、同一会場における2公演が行われたこともあり、そのため2日間でセットリストも大幅に入れ替えられているのもポイント。
特にキースのソロ・パート、また初日のリクエストが「Bitch」、そして2日目は「Loving Cup」が、2006年11月17日アトランティック・シティで演奏されて以来のセットインというあたりは要チェック。また他にも「All Down the Line」をはじめ、日本公演では演奏されなかった楽曲も多数。
そしてさらにボーナスで付属しているサウンド・チェック音源では、おもに日替わりでセットに組み込まれる楽曲群の、入念なリハーサルを確認することができ、こちらもファン必聴となるもの。
2日間ともに、美麗コーティング紙ジャケ、帯つき仕様の限定プレス4CDが2セット、そしてボックスのみのボーナス1CDをプラスした9CDセットは完全限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Opening 02. Start Me Up 03. Get Off of My Cloud 04. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It) 05. Tumbling Dice 06. Worried About You 07. Doom and Gloom 08. Bitch 09. Out of Control 10. Honky Tonk Women 11. Band Introduction 12. You Got the Silver (Keith Richards on lead vocals) 13. Can't Be Seen (Keith Richards on lead vocals) 14. Midnight Rambler (with Mick Taylor)
Disc 2 : 01. Miss You 02. Gimme Shelter 03. Jumpin' Jack Flash 04. Sympathy for the Devil 05. Brown Sugar –encore- 06. You Can't Always Get What You Want (with the Giovanni Consort Choir) 07. (I Can't Get No) Satisfaction (with Mick Taylor) 08. Closing
[at Perth Arena, Perth, Australia 29th October 2014 : Multiple IEM Sources + Audience Source = Matrix Recording]

Disc 3 : 01. Opening 02. Start Me Up 03. Get Off of My Cloud 04. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It) 05. Tumbling Dice 06. Worried About You 07. Doom and Gloom 08. Bitch 09. Out of Control 10. Honky Tonk Women 11. Band Introduction 12. You Got the Silver (Keith Richards on lead vocals) 13. Can't Be Seen (Keith Richards on lead vocals) 14. Midnight Rambler (with Mick Taylor)
Disc 4 : 01. Miss You 02. Gimme Shelter 03. Jumpin' Jack Flash 04. Sympathy for the Devil 05. Brown Sugar –encore- 06. You Can't Always Get What You Want (with the Giovanni Consort Choir) 07. (I Can't Get No) Satisfaction (with Mick Taylor) 08. Closing
[at Perth Arena, Perth, Australia 29th October 2014 : EX Audience Source (Cardioid / MK4 Master) Recording ]

Disc 5 : 01. Opening 02. Jumpin' Jack Flash 03. You Got Me Rocking 04. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It) 05. Tumbling Dice 06. Loving Cup 07. Doom and Gloom 08. All Down the Line 09. Out of Control 10. Honky Tonk Women 11. Band Introduction 12. Before They Make Me Run (Keith Richards on lead vocals) 13. Happy (Keith Richards on lead vocals) 14. Midnight Rambler (with Mick Taylor)
Disc 6 : 01. Miss You 02. Gimme Shelter 03. Start Me Up 04. Sympathy for the Devil 05. Brown Sugar –encore- 06. You Can't Always Get What You Want (with the Giovanni Consort Choir) 07. (I Can't Get No) Satisfaction (with Mick Taylor) 08. Closing
[at Perth Arena, Perth, Australia 1st November 2014 : Multiple IEM Sources + Audience Source = Matrix Recording]

Disc 7 : 01. Opening 02. Jumpin' Jack Flash 03. You Got Me Rocking 04. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It) 05. Tumbling Dice 06. Loving Cup 07. Doom and Gloom 08. All Down the Line 09. Out of Control 10. Honky Tonk Women 11. Band Introduction 12. Before They Make Me Run (Keith Richards on lead vocals) 13. Happy (Keith Richards on lead vocals) 14. Midnight Rambler (with Mick Taylor)
Disc 8 : 01. Miss You 02. Gimme Shelter 03. Start Me Up 04. Sympathy for the Devil 05. Brown Sugar –encore- 06. You Can't Always Get What You Want (with the Giovanni Consort Choir) 07. (I Can't Get No) Satisfaction (with Mick Taylor) 08. Closing
[at Perth Arena, Perth, Australia 1st November 2014 : EX Audience Source (Cardioid / MK4 Master) Recording]

Bonus Disc : 01. Bitch 02. Get Off of My Cloud 03. Worried About You 04. You Got the Silver 05. You Can't Always Get What You Want
[Soundcheck at Perth Arena, Perth, Australia 29th October 2014]
06. All Down the Line 07. Loving Cup 08. You Got Me Rocking 09. Before They Make Me Run 10. Doom and Gloom (Mick's Guitar)
[Soundcheck at Perth Arena, Perth, Australia 1st November 2014]

◇Personnel; Mick Jagger (vocals, guitar), Keith Richards (guitar, vocals), Charlie Watts (drums), Ronnie Wood (guitar), Tim Ries (saxophone), Karl Denson (tenor saxophone), Chuck Leavell (keyboards), Darryl Jones (bass), Lisa Fischer (background vocals), Bernard Fowler (background vocals) & Mick Taylor (guitar)

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37