« 2015年03月 | メイン | 2015年05月 »

2015年04月29日

ストーンズ、話題の未発表音源集の決定盤!

hl5001w.jpg



◆ ROLLING STONES / THE STUDIO JOINT 1979-1985 (プレス2CD) この商品はこちらから

IMP系列Hot Lipsレーベルより、1979年から1985年の高音質スタジオ・レコーディング・テイクを、レコーディング・データごとに時系列に沿ってコンパイルしたタイトルがここに。

2015年「Foxes In The Boxes」というタイトルで、突如3回に分けてネット公開されたJEMS音源マスターは、貴重な初登場スタジオ・セッション音源を収録したコンピレーションとなるもので、1979年『エモーショナル・レスキュー』からから1983年『アンダー・カバー』、1985年『ダーティ・ワーク』のレコーディング・セッション、さらにはキースのソロ・レコーディングまで、すべて未発表バージョン、もしくはアップ・グレード・バージョンにて初公開されたもので、その内容とクオリティーの高さで、世界中のストーンズ・ファンの中で大きな話題となることに。
とにかく音質クオリティーは全てオフィシャル・レベルゆえ、あの「Static In The Attic」以上のレア度の内容で、全編そのレア度はマックスな中でも、特に”Neighbors”はこれまで全く流通していない超レア・バージョンで、初期テイクながら完成度は高し。また他にも”Keep It Cool”などは”アウト・オブ・コントロール”のプロト・タイプながら、「アンダー・カバー」時のアウトテイクであったことは驚きで、そのクールでジャジーな演奏はまた別モノの素晴らしさ。
ほかにも、”Loving You Is Sweeter Than Ever”でも、そのクオリティーはケタ違い、1988年にキースのソロで発表された「トーク・イズ・チープ」や「ハッド・イット・ウィズ・ユー」の初期バージョンや「キャント・カット・ザ・マスタード」、「ヴィクトル・ユーゴ」などのレア・トラックなど、すべて未発表バージョン、もしくはアップ・グレード・バージョンにて初公開されたもの。とにかく全編その内容の素晴らしさとアウトテイクの完成度の高さは他のこれまでのセッション音源アイテムとは一線を画すものゆえ、ファンは154分24秒、永久保存プレス2CDのマスト・アイテム。

DISC-1 : 01. Let's Go Steady Again 02. I Think I'm Going Mad
[Compass Point Studios 1979]
03. Neighbors 04. No Use In Crying 05. Emotional Rescue (Early Long Version) 06. Indian Girl 07. Where The Boys Go (Long Version) 08. Summer Romance 09. We Had It All 10. Emotional Rescue
[Pathe Marconi Studios & Electric .Lady Studios 1979]
11. All I Have To Do Is Dream (FS) 12. All I Have To Do Is Dream 13. Piano Fragment
[Keef in Long View Farm 1981]
14. Keep It Cool (Long Version) 15. Keep It Cool
[Pathe Marconi Studios 1982]

DISC-2 : 01. She Was Hot 02. Tried To Talk Her Into It 03. Can't Find Love (1) 04. Can't Find Love (2) 05. Eliza 06. High School Girl 07. Stop That
[Pathe Marconi Studios & Others 1982]
08. Undercover Of The Night
[The Hit Factory or Somewhere 1983]
09. Loving You Is Sweeter Than Ever 10. Talk Is Cheap 11. What Am I Supposed To Do 12. Stick It Where It Hurts 13. You Can't Cut The Mustard (1) 14. You Can't Cut The Mustard (2) 15. You Can't Cut The Mustard (Frag.) 16. Victor Hugo
[Pathe Marconi Studios 1985]

2015年04月28日

ノエル、大阪2daysも最高のクオリティーで!

xavelh049n.jpg



◆ Noel Gallagher's High Flying Birds / 2 Days In Osaka 2015 (4CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年ジャパン・ツアーにおける、初日&2日目となった4月6&7日、大阪フェスティバル・ホールでの2公演を、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録したタイトルがここに。

すっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、さらに国内屈指の会場の音響の良さも手伝い、MK4マスターによるオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、まず初日は、1種類のIEMソースのみを使用し、最高峰のオーディエンス音源でしか再現できない、分厚くウォーミーなサウンドとなるもの。
さらに2日目では、数種類のIEMソースを巧みにマトリクスしており、
ステレオ・サウンドボードに比肩する圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感が、全く違和感無くブレンドされた驚愕のサウンド・クオリティーとなるもの。
なお、セットリストはいずれも同様ながら、この大阪2Daysでは「Don't Look Back in Anger」をアコースティック・バージョンでプレイしており、このあとの広島公演以降は通常のエレクトリック・バージョンに切り替えられたため、そのあたりもファンは要チェックといえる、永久保存メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 01. Opening 02. Intro (Shoot a Hole Into the Sun) 03. Do the Damage 04. (Stranded On) The Wrong Beach 05. Everybody's on the Run 06. Fade Away 07. In the Heat of the Moment 08. Lock All the Doors 09. Riverman 10. The Death of You and Me 11. You Know We Can't Go Back 12. Champagne Supernova
Disc 2 : 01. Ballad of the Mighty I 02. Dream On 03. The Dying of the Light 04. The Mexican 05. AKA... Broken Arrow 06. Digsy's Dinner 07. If I Had a Gun... –encore- 08. Don't Look Back in Anger (Acoustic) 09. AKA... What a Life! 10. The Masterplan 11. Closing
[at Festival Hall, Osaka, Japan 6th April 2015 :IEM Source + EX-Audience Source = Matrix Recording]

Disc 3 : 01. Opening 02. Intro (Shoot a Hole Into the Sun) 03. Do the Damage 04. (Stranded On) The Wrong Beach 05. Everybody's on the Run 06. Fade Away 07. In the Heat of the Moment 08. Lock All the Doors 09. Riverman 10. The Death of You and Me 11. You Know We Can't Go Back 12. Champagne Supernova
Disc 4 : 01. Ballad of the Mighty I 02. Dream On 03. The Dying of the Light 04. The Mexican 05. AKA... Broken Arrow 06. Digsy's Dinner 07. If I Had a Gun... –encore- 08. Don't Look Back in Anger (Acoustic) 09. AKA... What a Life! 10. The Masterplan 11. Closing
[at Festival Hall, Osaka, Japan 7th April 2015 :IEM Source + EX-Audience Source = Matrix Recording]

◇ Noel Gallagher (vocals, guitar) / Mike Rowe (digital synthesizer, keyboards) / Jeremy Stacey (drums) / Tim Smith (guitar, backing vocals) / Russell Pritchard (bass, backing vocals)

2015年04月23日

最速入荷!ポール来日公演の初日オオサカ!

app018sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / OUT THERE IN OSAKA JAPAN TOUR 2015 (3CDR) この商品はこちらから

ついに再来日が実現した「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015」より、初日となった4月21日、大阪京セラ・ドームでのライブを、フロント・ローからの24bitデジタル・オーディエンス・レコーディングにて2時間40分にわたり完全コンプリート収録。

まず音響には定評のある京セラ・ドームだけに、全編にわたり臨場感やバランスも安定した音質にて、最後までカンペキなクオリティーで、しかもアリーナ前方からハイエンド・マイクを使用しているため、音源を圧縮することなく、さらに24bitデジタル・リマスタリングを施すことで、ドーム特有の残響音なども一切なく、分離感のあるダイレクト・サウンドとなるもの。
そして約40分遅れのスタートとなった中、期待のオープニング・ナンバーは「Magical Mystery Tour」で、ついにショーはスタート。その後も、とにかく元気いっぱいのポールの姿に、4万人のオーディエンスのボルテージも常に最高潮。
またセットリストも、基本的には前回の来日時に準じたものながら、「Can't Buy Me Love」や「I Saw Her Standing There」などは嬉しいセット入りで、さらに話題の新曲「Hope For The Future」が、この大阪で世界初披露となったことも大きなポイント。そして感動のエンディングまで、全てが至福の時間だった、この記念すべき初日の一夜を最高のクオリティーでここに完全再現。

DISC 1 : 01. Opening 02. Magical Mystery Tour 03. Save Us 04. Can't Buy Me Love 05. Jet 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred & Eighty-Five 10. The Long & Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. Hope For The Future 16. And I Love Her
DISC 2 : 01. Blackbird 02. Here Today 03. New 04. Queenie Eye 05. Lady Madonna 06. All Together Now 07. Lovely Rita 08. Eleanor Rigby 09. Being For The Benefit Of Mr. Kite 10. Something 11. Ob-La-Di, Ob-La-Da 12. Band On The Run 13. Back In The USSR 14. Let It Be
15. Live & Let Die 16. Hey Jude
DISC 3 : 01. Day Tripper 02. Hi Hi Hi 03. I Saw Her Standing There 04. Yesterday 05. Helter Skelter 06. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Kyocera Dome, Osaka, Japan, April 21st 2015]
Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion

ノエル、来日武道館2days公演を完全コンプリートで!

sne235n.jpg



◆ Noel Gallagher's High Flying Birds / at Judo Arena 2015 (4CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILレーベルより、2015年ジャパン・ツアーにおける、ハイライトとなった4月15&16日、武道館2公演を、ステージ上でノエルが使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録したタイトルがここに。

おなじみのマトリックス音源は、迫力あるオーディエンス・マテリアルの臨場感を損なわず、表情豊かな奥行きと厚みのある三次元サウンドによるもので、過剰なイコライジングは極力抑え、武道館特有のグルーヴ感のうねりそのままを再現。
そして即日完売となった本公演、そしてその追加公演と、ジャパン・ツアー最終の優秀の美を飾る2Daysをコンプリート収録のうえ、さらに両日共に、当日のサウンドチェックの主要部分の約45分も収録されており、ここではフーの"Won't Get Fooled Again"をインストで延々とプレイしているところは要チェック。
そして本編ライブにおいても、今ツアーではツアー先々で現地調達されたご当地ホーン・セクション達が参加し、ゴージャスにバンド・サウンドに華を添えていたり、また期待のオアシス・ナンバー5曲は、やはりライブの中で一番盛り上がる瞬間となるもの。
2015年来日公演のメモリアルといえるファン必携マスト・アイテム。

DISC 1 : Tomorrow Never Knows (Leftside Wobble Edit) / Shoot a Hole Into The Sun /Do The Damage / (Stranded On) The Wrong Beach / Everybody's On The Run /Fade Away / In The Heat of The Moment / Lock All The Doors / Riverman /The Death of You And Me / You Know We Can't Go Back / Champagne Supernova /Ballad of The Mighty I / Dream On / The Dying of The Light / The Mexican / AKA... Broken Arrow
DISC 2 : Digsy's Dinner / Don't Look Back In Anger / If I Had A Gun... / AKA... What A Life! /The Masterplan / Outro
[Recorded at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 15th 2015]
Dream On / The Death of You And Me / Jam / Do The Damage / Riverman /Everybody's On The Run / The Mexican / The Dying of The Light /You Know We Can't Go Back / In The Heat of The Moment / Don't Look Back In Anger
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 15th 2015]

DISC 3 : Hello, I Love You (Adam Freeland Fabric Mix) / Shoot a Hole Into The Sun /Do The Damage / (Stranded On) The Wrong Beach / Everybody's On The Run /Fade Away / In The Heat of The Moment / Lock All The Doors / Riverman /The Death of You And Me / You Know We Can't Go Back / Champagne Supernova /Ballad of The Mighty I / Dream On / The Dying of The Light / The Mexican
DISC 4 : Noel M.C. / AKA... Broken Arrow / Digsy's Dinner / Don't Look Back In Anger /If I Had A Gun... / AKA... What A Life! / Band Intro / The Masterplan / Outro
[Recorded at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 16th 2015]

Message In A Bottle / Won't Get Fooled Again / Do The Damage / Riverman /Everybody's On The Run / The Mexican / The Dying of The Light /You Know We Can't Go Back / In The Heat of The Moment / Don't Look Back In Anger
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 16th 2015]

2015年04月07日

KISS、2015年ジャパン・ツアー、大阪公演の決定盤!

xavelsm040.jpg



◆ KISS / Loves You Osaka! 2015 (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年40周年記念ツアーを兼ねたジャパン・ツアーから、2公演目となる2月25日大阪城ホール公演を、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録したタイトルがここに。しかもプレス2CD、日本語帯付仕様にて。

すっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、さらに今回は会場アリーナ席の中でも音響がベストのポジションで録音されたオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックス。左チャンネルにポールのギター、センターにジーンのベース、右チャンネルにトミーのギター、そしてドラムとヴォーカルが前面に押し出た迫力のライブ・サウンドは、ステレオ・サウンドボードに比肩する圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感による、驚愕・クオリティーとなるもの。
そしてセットも「Creatures of the Night」「Parasite」「Deuce」「Samurai Son」といった楽曲を含む今ツアーならではのセットリストによるもので、幕開け公演となった名古屋でのステージから、曲順を微妙に入れ替えるなど、マイナー・チェンジを施したこの日のライブは、続く広島や仙台公演も同様のステージ進行となったことが物語るように、この日のステージはバンドとしても満足のゆくものであったよう。
さらにボーナス・トラックには、今回のジャパン・ツアーにおいて名古屋公演でしか演奏されなかった「Hide Your Heart」を既流通とは別の異なるマトリクス・バランスでマスタリング収録。
最高のロックン・ロール・ショーとなった、2015年大阪公演のメモリアルとなる、ファン必聴マスト・アイテム。

Disc 1 : 01. Opening (Rock and Roll) 02. Film Intro 03. Detroit Rock City 04. Creatures of the Night 05. Psycho Circus 06. Parasite 07. Shout It Out Loud 08. War Machine 09. Do You Love Me 10. Deuce 11. Hell or Hallelujah 12. I Love It Loud
Disc 2 : 01. Sukiyaki 02. Lick It Up 03. Bass Solo 04. God of Thunder 05. Love Gun 06. Black Diamond –encore- 07. I Was Made for Lovin' You 08. Samurai Son 09. Rock and Roll All Nite 10. Closing (God Gave Rock 'N' Roll to You II)
[40th Anniversary Tour : at Osaka-Jo Hall, Osaka, Japan 25th February 2015 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]
11. Hide Your Heart
[at Nippon Gaishi Hall, Nagoya, Japan 23rd February 2015]

Paul Stanley (Vocals, Guitar) / Gene Simmons (Vocals, Bass) / Tommy Thayer (Guitar, Vocals) / Eric Singer (Drums, Vocals)

2015年04月06日

ジャクソン・ブラウン、感動の来日公演、東京最終日

xavelsm042j.jpg



◆ JACKSON BROWNE / All The Words Spoken 2015(プレス3CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、7年振りの単独来日2015年ジャパン・ツアーから、東京3daysの最終日、3月13日渋谷オーチャード・ホールでのライブを、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録したタイトルがここに。しかもプレス3CD、日本語帯付仕様にて。

すっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、さらに今回は会場の音響の良さも手伝い、MK4マスターによるオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、ステレオ・サウンドボードに比肩する圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感が、全く違和感無くブレンドされた驚愕のサウンド・クオリティーとなるもの。

そしてまず前年リリースされた『Standing In The Breach』を携えての今回のツアーにおいては、同アルバム収録のナンバーを軸に、もちろん過去の代表曲も多数セットインし、さらに随所でファンの要望に応えて日替わりのリクエスト曲が組み込まれるという、素晴らしいステージを毎夜披露。そしてとりわけこの東京3公演では、近年演奏されることの無かった多くの楽曲が日替わりでサプライズ演奏されたため、往年のファンにとっては全ての公演がたまらない内容となったもの。
そして特にこの3日目は、観客からのリクエストが凄いこともあり、大リクエスト大会となり、オーディエンスの盛り上がりも素晴らしく、前日とは全く違うセットリストとなるもの。中でもなんといっても、「レイト・フォー・ザ・スカイ」がこの日初登場。第2部の4曲目会場からの”Late For The Sky, please~”という声に、当初ギターを抱えていたにも関わらず、そのままピアノに移動し、大歓声の中、静かにピアノでイントロを奏で始めると、そのあまりの美しく感動的な演奏に、曲が終わると鳴りやまぬ大歓声が。
なおこの夜、初登場曲はこの「レイト・フォー・ザ・スカイ」と「レッド・ネック・フレンド」、「ウォールズ・アンド・ドアーズ」、「ジャマイカ・セイ・ユー・ウィル」、そしてアンコールのラストに「アイ・アム・ア・パトリオット」(スティーヴ・ヴァン・ザントのカヴァー)で、「青春の日々」も復活。結局先の日本ツアー初登場5曲と合わせて、6曲が昨日と入れ替わっており、さらにレア・ナンバーとしては、昨日に引き続き「サムシング・ファイン」、「ザ・レイト・ショー」も披露。
また「ウォールズ・アンド・ドアーズ」も披露したことで、『スタンディング・イン・ザ・ブリーチ』から10曲中8曲も演奏したことも特筆すべきといえるもの。
またジャクソンのヴォーカルとギターを軸に、今ツアー最大の聴きどころでもある、グレッグ&ヴァルのツイン・ギターを完璧なステレオ分離で捉え、もちろん観客との掛け合いも全てリアルに収録されており、あの感動の一夜をこれ以上は有り得ないクオリティーで再現。
さらにボーナス・トラックには、初日11日と2日目)公演から、この最終夜ではセット落ちしてしまった全11曲と、ジャクソンが飛び入りしたCS&Nの東京初日公演における「The Crow On The Cradle」も追加した永久保存メモリアル・アイテム。

Disc 1 : (1st set) 01. Opening 02. The Barricades Of Heaven 03. Something Fine 04. The Long Way Around 05. Leaving Winslow 06. These Days 07. Redneck Friend 08. Walls And Doors 09. I'm Alive 10. You Know The Night 11. For A Dancer
Disc 2 : (2nd set) 01. Your Bright Baby Blues 02. Jamaica Say You Will 03. If I Could Be Anywhere 04. Late For The Sky 05. Which Side? 06. Standing In The Breach 07. Looking East 08. The Birds Of St. Marks 09. The Late Show 10. Doctor My Eyes 11. Running On Empty
Disc 3 : (1st Encore) 01. Take It Easy 02. Our Lady Of The Well (2nd Encore) 03. I Am A Patriot
[Live At Shibuya Orchard Hall, Tokyo, Japan March 13th 2015 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]

04. Looking Into You 05. Just Say Yeah 06. Sleep's Dark And Silent Gate 07. The Pretender
[Live At Shibuya Orchard Hall, Tokyo, Japan March 11th 2015]
08. Shaky Town 09. Fountain Of Sorrow 10. Rock Me On The Water 11. Call It A Loan 12. In The Shape Of A Heart 13. For A Rocker 14. Before The Deluge
[Live At Shibuya Orchard Hall, Tokyo, Japan March 12th 2015]
15. The Crow On The Cradle
[CS&N with Jackson Browne : at International Forum, Tokyo, Japan 5th March 2015]

◇Jackson Browne (Vocals, Guitar, Piano) / Greg Leisz (Pedal Steel, Guitar) / Val McCallum (Guitar) / Mauricio Lewak (Drums) / Bob Glaub (Bass) / Jeff Young (Keyboards) / Chavonne Stewart (Chorus) / Alethea Mills (Chorus)

2015年04月05日

KISS、2015年ジャパン・ツアー、仙台公演の決定盤!

xavelhm046k.jpg



◆ KISS / Loves You Sendai! 2015 (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年40周年記念ツアーを兼ねたジャパン・ツアーから、4公演目となる2月28日仙台、セキスイハイム・スーパー・アリーナ公演を、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録したタイトルがここに。

すっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、さらに今回は会場アリーナ席の中でも音響がベストのポジションで録音されたオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、ステレオ・サウンドボードに比肩する圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感が、全く違和感無くブレンドされた驚愕のサウンド・クオリティーとなるもの。
そしてセットも来日記念盤の「ベスト・オブ・KISS」にも収録されている”HELL OR HALLELUJAH”までの代表ナンバーのオンパレードで、アンコールには話題の”SAMURAI SON”ももちろん披露。また“Creatures of the Night”、”Parasite”そして”Deuce”といった楽曲も今ツアーならではのセットで、またセットリスト的には、ツアー2日目の大阪公演以降、大きな変化は無いものの、そのぶん安定感抜群の最高のロックン・ロール・ショーを披露しており、また唯一の東北公演ということで盛り上がりも最後まで最高潮。
2015年仙台公演のメモリアルとなるファン必聴マスト・アイテム。

Disc 1 : 01. Opening (Rock and Roll) 02. Film Intro 03. Detroit Rock City 04. Creatures of the Night 05. Psycho Circus 06. Parasite 07. Shout It Out Loud 08. War Machine 09. Do You Love Me 10. Deuce 11. Hell or Hallelujah 12. I Love It Loud
Disc 2 : 01. Sukiyaki 02. Lick It Up 03. Bass Solo 04. God of Thunder 05. Love Gun 06. Black Diamond –encore- 07. I Was Made for Lovin' You 08. Samurai Son 09. Rock and Roll All Nite 10. Closing (God Gave Rock 'N' Roll to You II)
[40th Anniversary Tour : at Sekisui Heim Super Arena, Sendai, Japan 28th February 2015 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]
Paul Stanley (Vocals, Guitar) / Gene Simmons (Vocals, Bass) / Tommy Thayer (Guitar, Vocals) / Eric Singer (Drums, Vocals)

2015年04月03日

KISS、2015年ジャパン・ツアー、広島公演の決定盤!

xavelm045k.jpg



◆ KISS / Loves You Hiroshima! 2015 (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年40周年記念ツアーを兼ねたジャパン・ツアーから、3公演目となる2月26日広島・サンプラザ公演を、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録したタイトルがここに。

すっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、さらに今回は会場アリーナ席の中でも音響がベストのポジションで録音されたオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、ステレオ・サウンドボードに比肩する圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感が、全く違和感無くブレンドされた驚愕のサウンド・クオリティーとなるもの。
そしてセットも来日記念盤の「ベスト・オブ・KISS」にも収録されている”HELL OR HALLELUJAH”までの代表ナンバーのオンパレードで、アンコールには話題の”SAMURAI SON”ももちろん披露。また“Creatures of the Night”、”Parasite”そして”Deuce”といった楽曲も今ツアーならではのセットで、また来日公演も3日目ということでバンドのパフォーマンス、ステージ進行ともにもどっしりと固まってきており、名古屋公演ではヴォーカルがオフ気味になる箇所など、バランスの悪くなる箇所もあったのがここにきて改善もされており、最後まで安定したサウンドで全編思う存分楽しめるというもの。
2015年広島公演のメモリアルとなるファン必聴マスト・アイテム。

Disc 1 : 01. Opening (Rock and Roll) 02. Film Intro 03. Detroit Rock City 04. Creatures of the Night 05. Psycho Circus 06. Parasite 07. Shout It Out Loud 08. War Machine 09. Do You Love Me 10. Deuce 11. Hell or Hallelujah 12. I Love It Loud
Disc 2 : 01. Sukiyaki 02. Lick It Up 03. Bass Solo 04. God of Thunder 05. Love Gun 06. Black Diamond –encore- 07. I Was Made for Lovin' You 08. Samurai Son 09. Rock and Roll All Nite 10. Closing (God Gave Rock 'N' Roll to You II)
[40th Anniversary Tour : at Hiroshima Sun Plaza, Hiroshima, Japan 26th February 2015 :Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]
Paul Stanley (Vocals, Guitar) / Gene Simmons (Vocals, Bass) / Tommy Thayer (Guitar, Vocals) / Eric Singer (Drums, Vocals)

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37