« 2015年04月 | メイン | 2015年06月 »

2015年05月29日

ストーンズ、「ZIP CODE TOUR」ついにキックオフ!

nd5216r.jpg



◆ ROLLING STONES / ZIP CODE SAN DIEGO 2015 (1DVDR) この商品はこちらから

2015年5月24日よりついに開始された「ZIP CODE TOUR」北米レグの、記念すべきキックオフとなる、カリフォルニア、サンディエゴ公演を、モバイルも含む各種オーディエンス映像をセレクト・編集して収録。メンバー紹介や曲間にカットがある以外は、2時間にわたりライブの全貌はほぼコンプリート収録されており、クリアーかつ、安定したアングルが多く、至近距離からの複数の良好ショットも随所に織り込み、さらに音声は別レコーディングのデジタル・オーディエンス・ソースをマトリックスした迫力あるサウンドによるもの。
そして今回はミック・テイラーが不参加、ボビー・キーズももちろん不在という中、ステージ・セットは変わらないものの、オープニング映像は前年までとは全く違うものになっており、とにかく初日ということで、ミックを筆頭に全員が元気かつ、熱いプレイで一丸と。
またセット面でもこの4日前のウォーム・アップ・ギグにて、『STICKY FINGERS』のデラックス版リリースに伴い、アルバム全10曲を完全再現したことが大きな話題となり、本ツアーでも期待が膨らんだ中、中盤で”Bitch”、”Moonlight Mile”そして”Can't You Hear Me Knocking”が3連発でプレイされたあたりは今後に期待も高まるところ。
なお、その”Bitch”では当日オープニング・アクトを務めたゲイリー・クラークJr.がゲスト参加したり、キースのソロ・パートでは"Can't Be Seen"と言いつつ"Happy"の、イントロを弾きだし、実際"Before They Make Me Run"だったというキースらしい一面もしっかりと。
さらにボーナスとして、5月20日にロスの小シアターで行われた、シークレット・ギグの模様を伝えるWEB配信映像も収録。『STICKY FINGERS』の全曲再現が垣間見れる、こちらも要チェックの、トータル133分。
01.Tour AD/02.Introduction/03.Jumpin' Jack Flash/04.It's Only Rock & Roll (But I Like It)/05.All Down The Line/06.Tumbling Dice/07.Doom And Gloom/08.Bitch with Gary Clark Jr./09.Moonlight Mile/10.Can't You Hear Me Knocking/11.Street Fighting Man (by request)/12.Honky Tonk Women/13.Slipping Away/14.Before They Make Me Run/15.Midnight Rambler/16.Miss You/17.Gimme Shelter/18.Start Me Up/19.Sympathy For The Devil/20.Brown Sugar/21.You Can't Always Get What You Want with The Members Of The Bob Cole Conservatory Choir/22.(I Can't Get No) Satisfaction
[at Petco Park San Diego, CA, USA May 24th 2015]
23.Plays Sticky Fingers
[at Fonda Theatre Los Angeles, CA, USA May 20th 2015]

Mick Jagger - Vocals, Guitar, Harmonica / Keith Richards - Guitars, Vocals / Charlie Watts - Drums / Ronnie Wood - Guitars
Darryl Jones - Bass, Vocal / Chuck Leavell - Keyboards, Backing Vocals / Lisa Fischer - Backing Vocals, Percussion / Bernard Fowler - Backing Vocals, Percussion / Tim Ries - Horns, Keyboard / Matt Clifford – Keyboard, French Horn

2015年05月28日

ビートルズ、「ヘルプ!!」の50thアニヴァーサリー・エディション!

sgtae005sp.jpg



◆ THE BEATLES / HELP! 50th ANNIVERSARY EDITION (1CD+2DVD) この商品はこちらから

2015年、リリース50周年となる『ヘルプ!』が、CD+DVDによるアニバーサリー・エディションとして、ビートルズ専門のSGT.レーベルよりここに。

CDには2015年最新アニバーサリー・ミックスをはじめ、オルタネイト・ミックス、エキストラ・トラックなど全31トラックを収録。
そしてDVD ONEには、アルバム全曲をオリジナル編集の映像で再現したビデオ・アルバム、さらにレコーディング・セッションには、現存するアウトテイク音源やミックス違い音源を、スライド・ショー形式で3時間以上にわたり、92トラックを一挙収録。
さらにDVD TWOは、オリジナル映画本編を、上下トリミングされていない4:3オリジナル画像に、オリジナル・モノラル・サウンドトラックの英語音声に加え、日本語吹き替え音声(一部日本語字幕)も収録。今となってはどちらも貴重なオーディオ・オプションで、さらにプロモ映像各バージョンや、ニュース映像等も合わせた、アルバム50周年エディションとして、今回も内容充実の集大成となる究極のコレクターズ・アイテム。

この50周年アニバーサリー・エディションは、同企画第5弾として、今回もアルバム収録曲の映像と音源マテリアルを徹底収集した、コレクターズ・アイテムとなっており、1965年8月に本国でリリースされた、5作目のオリジナル・アルバム『ヘルプ!』を徹底解剖。
これまで同様CD+DVDによるアルバム編集に加え、映画本編も貴重なフォーマットで収録された注目の内容で、まずCDには2015年最新編集のアルバム全曲を、オルタネイト音源で収録、エクストラ音源もたっぷりと。
そしてDVDの1枚目には、これまでのシリーズ・コンセプトで、アルバム全曲をオリジナル編集映像で再現した「ビデオ・アルバム」を収録。映画本編とは編集の異なるアウトテイク映像や、当時のニュースやフィルム映像を元に、オリジナル編集された映像は必見もの。そして「レコーディング・セッション」には、現存するアウトテイク音源やミックス違い音源が、スライドショー形式で約3時間以上92トラックまとめて収録。数多いセッション音源をメニュー・セレクトで一発選曲出来るうえ、PCやTV画面で便利に再生出来るすぐれもの。
そしてDVD2枚目には、映画本編をオリジナル・フォーマットで収録。現在の公式版とは違う、上下がトリミングされていない4:3オリジナル映像と、リマスター・ステレオに変更される前の曲も、ミックスの異なるオリジナル・モノラル音源で収録。そして以前の『ハード・デイズ・ナイト』同様、注目なのが貴重な日本語吹き替え音声も同時収録しており、今回も日本語吹き替えのカット・シーンには、英語音声にオリジナル日本語字幕を追加。さらにエクストラ・ビデオにはプロモ映像の各バージョン違い、またニュース映像や映画トレイラーなども追加収録。
DVDだけでもトータル5時間を超える内容で、これまで以上に充実したアニヴァーサリー・エディションとなる永久保存プレス1CD+2DVD。

CD :
[ANNIVERSARY EDITION ALBUM]
1. Help! (New Remix 2015) 2. The Night Before (New Remix 2015) 3. You've Got To Hide Your Love Away (Studio Chat + New Remix) 4. I Need You (Single Vocal Remix) 5. Another Girl (Guitarless Remix) 6. You're Going To Lose That Girl (Naked Remix) 7. Ticket To Ride (New Remix 2015) 8. Act Naturally (Live at Shea Stadium Stereo Mix) 9. It's Only Love (Single Vocal Remix) 10. You Like Me Too Much (Production Acetate) 11. Tell Me What You See (No Organ - Naked Remix) 12. I've Just Seen A Face (Single Vocal Remix) 13. Yesterday (No Strings - Naked Remix) 14. Dizzy Miss Lizziy (Live at Shea Stadium Stereo Mix)
[ANNIVERSARY EDITION EXTRA]
15. I'm Down (New Remix 2015) 16. Help! (Studio Chat + New Remix) 17. It's Only Love (4 Track Remix) 18. Tell Me What You See (4 Track Remix) 19. I Need You (Naked Vocal Remix) 20. Ticket To Ride (Studio Chat + New Remix) 21. Help! (Production Acetate) 22. The Night Before (Production Acetate) 23. You've Got To Hide Your Love Away (Production Acetate) 24. I Need You (Production Acetate) 25. Another Girl (Production Acetate) 26. You're Going To Lose That Girl (Production Acetate) 27. Ticket To Ride (Production Acetate) 28. Yes It Is (Production Acetate) 29. Help! (Instrumental) 30. Ticket To Ride (Instrumental) 31. Yesterday (Vocal Track) Digital Remastered 2015

DVD ONE :
[VIDEO ALBUM - 16:9 wide screen stereo] Help! / The Night Before / You've Got To Hide Your Love Away / I Need You Another Girl / You're Going To Lose That Girl / Ticket To Ride / Act Naturally / It's Only Love / You Like Me Too Much / Tell Me What You See / I've Just Seen A Face / Yesterday / Dizzy Miss Lizzy (SINGLES) Yes It Is / I'm Down
[RECORDING SESSIONS] HELP! Take 1 (Stereo) / Take 2 (Stereo) / Take 3 (Stereo) / Studio Chat Pre-Take 4 (Stereo) / Take 4 (Stereo) / Take 5 (Stereo) / Take 6 (Stereo) / Take 7 (Stereo) / Take 8 (Stereo) / Take 9 (Stereo) / Take 10 (Stereo) / Take 11 (Stereo) / Take 12 (Stereo) / Alternate Mix aka ‘Take 13’ (Stereo) / Production Acetate (Mono) / Original Film Mix with New Vocals (Mono) /Promo Video Mix (Stereo) / “ANTHOLOGY” DVD Mix Partial (Stereo) / “HELP!” DVD Mix (Stereo) THE NIGHT BEFORE Production Acetate (Mono) / Original Film Mix (Mono) / US “ROCK ‘N’ ROLL MUSIC”Mix (Stereo) / “ANTHOLOGY”DVD Mix Partial (Stereo) / “HELP!” DVD Mix (Stereo)YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY Take 1 (Mono) / Take 5 (Mono with Reverb) / Production Acetate (Mono) / UK “LOVE SONGS” Mix (Stereo) / “ANTHOLOGY” DVD Mix (Stereo) / “HELP!” DVD Mix (Stereo) I NEED YOU Production Acetate (Mono) / Original Film Mix (Mono) / UK “LOVE SONGS” Mix (Stereo) / “HELP!” DVD Mix (Stereo) ANOTHER GIRL Production Acetate (Mono) / “ANTHOLOGY”DVD Mix Partial (Stereo) / “HELP!” DVD Mix (Stereo) YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL Production Acetate (Mono) / Original Film Mix (Mono) / UK “LOVE SONGS” Mix (Stereo) / “ANTHOLOGY” DVD Mix (Stereo) / “HELP!” DVD Mix (Stereo) TICKET TO RIDE Take 1 Partial - Clean Version / Longer Version with Voiceover (Mono) / Take 2 - Wide Stereo Mix (Stereo) / Take 2 - Narrow Stereo Mix (Stereo) / Production Acetate (Mono) / Original Film Mix (Mono) / 1993 Promo Video Mix (Stereo) / “ANTHOLOGY” DVD Mix Partial (Stereo) / “HELP!”DVD Mix (Stereo) / “ROCKBAND” Mix (Stereo) IT’S ONLY LOVE Take 2 (Mono with Reverb) / Take 3 (Mono with Reverb Partial)/ UK “LOVE SONGS” Mix (Stereo) YOU LIKE ME TOO MUCH Production Acetate (Mono) TELL ME WHAT YOU SEE UK “LOVE SONGS” Mix (Stereo) YESTERDAY Take 1 with Take Announcement (Stereo/Mono) / Take 2 Pre-Overdub 1987 Mix (Mono) DIZZY MISS LIZZY US “ROCK ‘N’ ROLL MUSIC” Mix (Stereo) YES IT IS Take 1 (Stereo) / Take 2 (Stereo) / Take 3 / 4 / 5 / 6 (Stereo) / Take 7 (Stereo) / Take 8 (Stereo) / Take 9 (Stereo) / Take 10 (Stereo) / Take 11 Partial (Stereo) / Take 14 (Stereo) / Edit of Takes 2 & 14 (Mono with Reverb/Stereo) / Production Acetate (Mono) / UK “LOVE SONGS” Mix (Stereo) IF YOU’VE GOT TROUBLE / Take 1 (Stereo) / “BOARDROOM TAPE” (Mono) / “SESSIONS” Mix 1st Verse Cut (Fake Stereo) / “ANTHOLOGY 2”Album Mix (Fake Stereo) / “ANTHOLOGY” DVD Mix (Fake Stereo) THAT MEANS A LOT Take 1 Dry Mix (Stereo) / Take 3 Rehearsal Take (Stereo) / Take 20 (Stereo) / Take 21 (Stereo) / Take 23 (Stereo) / Take 24 (Stereo) / Rehearsal Take 2 - Test (Stereo) / “BOARDROOM TAPE” Mix (Mono) / “1,2,3,4! Mix (Fake Stereo) / Low Reverb (Mono) / “ ANTHOLOGY 2” Mix (Fake Stereo) I’M DOWN Take 1 (Stereo) / US “ROCK ‘N’ ROLL MUSIC” Mix (Stereo) / “ANTHOLOGY” DVD Mix Partial (Stereo) BAD BOY US “ROCK ‘N’ ROLL MUSIC” Mix (Stereo) THAT MEANS A LOT - Covered by Interviews (Stereo) / “HELP!” MOVIE RADIO SPOTS (Mono) / THE BARBER OF SEVILLE from “HELP!” Movie (Stereo)

DVD TWO :
[ORIGINAL MOVIE - 4:3 standard / Japanese overdub + subtitles / original mono soundtrack]
Opening - Kaili : HELP! : Lovery Lads : In the House : Hey Beatle : Five More Attempt : YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL : Indian Restaurant : The Specialists : YOU’VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY : Intermission : Small Paul : Tubeway : TICKET TO RIDE : In Alps : To London : Scotlandyard : I NEED YOU : Battlefiend : THE NIGHT BEFORE : A Well Known Palace : Attack In The Palace : The Tigar : Bahamas : ANOTHER GIRL : To The Temple : The Very Famous Plan : HELP! (FINALE) : End Credits AUDIO1 = Japanese Overdub + Subtitles (Partial) AUDIO2 = English Original Mono Soundtrack
[EXTRA VIDEO] HELP! (Promo 1 mono) TICKET TO RIDE (Promo 2015 mono) HELP! (Promo 2 mono) TICKET TO RIDE (Top Of The Pops) DIZZY MISS LIZZY (Live At Shea Stadium Promo) HELP! (Promo 1 version 1996 stereo) TICKET TO RIDE (Promo 2000 stereo) HELP! (Promo 2 stereo) NEWS REEL COMPILATION HELP! MOVIE TRAILER 1 HELP! MOVIE TRAILER 2

*NTSC 16:9 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono DVD1 = time approx. 229min. (33+5+191) DVD2 = time approx. 120min. (91+30)

2015年05月22日

ピカデリー・レーベルからのポール武道館、完全盤!

pccd234p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / JUST ONE NIGHT AT JUDO ARENA 2015 (プレス4CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のピカデリー・サーカス・レーベルより、ポール「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015」のハイライト、4月28日、日本武道館でのライブを、サウンドチェック&本編ライブを完全コンプリート収録したタイトルが、4CDプレス盤にてここに。

まずdisc1&2には同日のライブ本編を、同レーベルから別ソースとなる、24bitデジタル・オーディエンス・レコーディングにて完全コンプリート収録。ドーム公演とは異なり、武道館の座席は完全抽選により、本公演は最前列でのないものの、アリーナ席からのリアルな臨場感溢れるサウンドは、日本では入手不可能のドイツ製特注品使用ゆえ、会場の出音のみならず、コンサート会場を包む独特の空気感まで、その場の全てを余すところなく完全収録。
そしてこの特別な一夜の模様は、すでに各方面でのコメントで周知の通り、1時間半の遅れはあったものの、まさに武道館だけのスペシャルなセットとなるもので、”Can't Buy Me Love”でスタートするや、その後も、”One After 909” “Dance Tonight” “Got to Get You into My Life”そしてアンコールの” Birthday”などは2013年以降、日本では初めての披露となるもので、さらに極めつけとなる”Another Girl”にいたっては、ポールのライブ史上において初めて演奏されるという超プレミアム・ナンバー。
このようにセットリストにおいても特別であった至福の一夜を完全再現しており、さらにdisc3&4には、ライブ当日の開場前におこなわれたサウンドチェックを、ポール・ウィッケンズの使用する、ステレオ・イヤー・モニター・ソースをマスターとして収録。
disc:3には、開始を告げるカウント音から、ポール到着直前のバンド・ジャムまでを収録。各楽器のセッティング、チェックと、メンバーによるセッションを主体としたポール不在のリハながら、バンド・メンバーの演奏力の高さを再確認出来る興味深い内容となるもの。
そしてdisc:4は、ポールも到着し入念におこなわれた、サウンドチェックの模様を、「レディ・マドンナ」まで収録しており、特にライブでは結局演奏されなかった「Penny Lane」を繰り返しリハーサルするあたりも、素晴らしいサウンドで再現。
いずれも受信不良のようなノイズもなく、約2時間半に渡ってコンプリートとなるもので、深味と厚みのある骨太の音で収録されているのは、他の類似タイトルと一線を画すところ。永久保存プレス盤、日本語帯付。

DISC ONE : 01. Opening Annoucement 02. Before The Show Music 03. Introduction 04. Can’t Buy Me Love 05. Save Us 06. All My Loving 07. One After 909 08. Let Me Roll It 09. Paperback Writer 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I’m Amazed 13. I’ve Just Seen A Face
DISC TWO : 01. Another Day 02. Dance Tonight 03. We Can Work It Out 04. And I Love Her 05. Blackbird 06. New 07. New – Reprise 08. Lady Madonna 09. Another Girl 10. Got To Get You Into My Life 11. Being For The Benefit Of Mr.Kite! 12. Ob La Di Ob La Da 13. Back In The U.S.S.R. 14. Let It Be 15. Live And Let Die 16. Hey Jude 17. Yesterday 18. Birthday 19. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 28th 2015]

DISC THREE : 01. Soundcheck Starts 02. Hope For The Future #1 03. Hope For The Future #2 04. Listen To What The Man Said #1 05. Listen To What The Man Said #2 06. Lady Madonna 07. Testing Keyboards 08. Listen To What The Man Said #3 09. Testing Drums 10. Testing Keyboards and Drums 11. Penny Lane #1 12. Penny Lane #2 13. Penny Lane #3 14. Lady Madonna #1 15. Hope For The Future 16. Rusty and Brian joins 17. Got To Get You Into My Life #1 18. Got To Get You Into My Life #2 19. Temporary Secretary 20. Jam #1 21. Jam #2 22. Testing Piano 23. Jam #3 24. Hope For The Future #3 25. Jam #4 26. Jam #5 27. Band On The Run - Jam#6 28. The Long And Winding Road 29. Jam #7 30. Jam #8 31. Testing Piano
DISC FOUR : 01. Paul joins and Greetings 02. Match Box 03. Honey Don't 04. Flaming Pie 05. Penny Lane #1 06. Got To Get You Into My Life 07. Another Girl 08. Another Girl 09. Penny Lane #2-#4 10. Penny Lane #5 11. Martha My Dear 12. C Moon 13. Celebration 14. It's So Easy 15. San Francisco Bay Blues 16. Midnight Special 17. Dance Tonight 18. Bluebird 19. Time For Massage 20. Lady Madonna
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 28th 2015]

◇Personnel; Paul McCartney (Vocals, Bass, Piano, Guitar, Ukulele), Paul "Wix" Wickens (Keyboards, Wind Synthesizer, Accordion, Guitar, Backing Vocals), Abe Laboriel, Jr. (Drums, Percussion, Backing Vocals), Rusty Anderson (Guitar, Backing Vocals) & Brian Ray (Bass, Guitar, Percussion, Backing Vocals)

2015年05月20日

エンプレス・バレイからのポール武道館のボックス・セット予約中

evsd849sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / BACK TO BUDOKAN Limited Edition (6CD Box Set) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの4月28日、日本武道館公演の最終決定盤アイテムが、6CDボックス・セット仕様にてここに。
なおこちらのリミテッド・エディションは、限定ナンバリング入りの完全限定300セット・リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。


[アイテム概要]
本アイテムは以下の2枚組×3セット、計6枚のプレスCDによる構成。
*武道館サウンドチェック完全盤(2CD) : ステレオ・イヤー・モニター・ソース
*武道館ライブ完全版(2CD) : ステレオ・イヤー・モニター・ソース+オリジナルMK4マスター=マトリクス音源
*武道館ライブ完全版(2CD) : オリジナルAUDソース(無指向性マイク使用)

[装丁]
*もはやアートの域にまで到達したと絶賛されている、EVSDおなじみのボックス仕様。(147mm×147mm)
*サウンドチェックを収録した紙ジャケットと、本編ライブを収録した紙ジャケットの2種がボックスに収納されております。帯付き。
*リトグラフ・バージョンとブドウカン・バージョンの2種類をご用意。
*リトグラフ・バージョンは300セット限定でナンバリング入り。(内容は共通で同じ)
*チケット・レプリカ付き。(両バージョンに付属)

[音源詳細]
(サウンドチェック : 武道館サウンドチェック完全盤(2CD)ステレオIEMソース)
ライブ当日の開場前におこなわれたサウンドチェックを、ポール・ウィッケンズの使用する、ステレオ・イヤー・モニター・ソースをマスターとして収録。すでに流通の既発音源が圧縮されたモノラル音源であるのに対し、こちらはウィッケンズの使用するものと同一の機材を使用して収録された、極上音質のリアル・ステレオ音源。低音から高音までナチュラルな質感で収録されたダイナミクス・レンジの広いサウンドは、本物の音響用の受信機材ならではの素晴らしいクオリティー。
まず、disc:1には、開始を告げるカウント音から、ポール到着直前のバンド・ジャムまでを収録。各楽器のセッティング、チェックと、メンバーによるセッションを主体としたポール不在のリハながら、バンド・メンバーの演奏力の高さを再確認出来る興味深い内容となるもの。
そしてdisc:2は、ポールも到着し入念におこなわれた、サウンドチェックの模様を、「レディ・マドンナ」終演後の、最終ピアノ・チェック「1985年」まで完全コンプリート収録。特にライブでは結局演奏されなかった「Penny Lane」を繰り返しリハーサルするあたりも、素晴らしいサウンドで再現。

(ライブ本編 : 武道館ライブ完全版(2CD)ステレオIEMソース+オリジナルMK4マスター=マトリクス音源)
まずdisc1&2は「ステレオIEMソース+オリジナルMK4マスター=マトリクス音源」となるもの。珠玉のオーディエンス音源(MK4マスター)に、楽器の輪郭のメリハリを強化すべく、ステレオIEMソースをマトリクスしたこの音源には、間違いなく聴く者すべてが腰を抜かすことかと。
ドイツSchoeps社の、MK4カプセルを搭載した純正マイクに、純正マイク・プリアンプを使用、現行最高のスペックを誇るレコーダーを使用したオリジナル・オーディエンス音源は、分厚く暖かみのあるサウンドで、これにサウンドチェック同様、ポール・ウィッケンズの使用するものと、同一機材にて収録されたリアル・ステレオIEMソースを丁寧にミックス、よってステレオ・サウンドボード音源同様のクリアーな極上音質となることに、。
また単一指向性のマイク特性を反映して、煩わしい周囲のオーディエンス・ノイズも皆無、よって全編においてバンドの繰り出す全ての音に没頭出来るという、同レーベルの編集能力の高さも再確認できる仕上がりに。

(ライブ本編 : 武道館ライブ完全版(2CD) オリジナル・オーディエンス・ソース/無指向性マイク)
そしてdisc 3&4は、オリジナル・オーディエンス・ソース(無指向性マイク)にてコンプリート収録。ザヴェル・ジャパンのレーベル発足以来、一貫して使用されてきた高級無指向性マイクを使用したこのレコーディングは、録音ポジションの良さも含めて、これまでの武道館録音の総決算と言えるもの。また入念なリマスタリングによるこの音源は、デdisc1&2のマトリックス音源とは対照的な、ライブ会場の空気感までダイレクトに伝わってくる極上オーディエンス・サウンドとなるもので、あたかも会場の特等席でライブを鑑賞しているよう。

[総括]
以上、レーベル最高峰のクオリティーによる究極のボックスで、しかも限定ナンバリング入り、300セット限定コレクターズ・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Wind Synthesizer & Keyboards Soundcheck 02. Keyboards Soundcheck (Hope for the Future) 03. Keyboards & Wind Synthesizer Soundcheck (Listen to What the Man Said) 04. Keyboards & Wind Synthesizer Soundcheck (Lady Madonna / Listen to What the Man Said) 05. Drums & Synthesizer Soundcheck 06. Drums & Synthesizer Soundcheck (Penny Lane / Let Me Roll It) 07. Drums & Synthesizer Soundcheck (Lady Madonna / Queenie Eye) 08. Drums & Synthesizer Soundcheck (Hope for the Future) 09. Band Soundcheck (Got to Get You into My Life / Temporary Secretary / Jam) 10. Drums Soundcheck 11. Band Soundcheck (Hope for the Future) 12. Piano Jam ("Keith Jarrett and the New Beatles") 13. Band Soundcheck (Band On The Run / Instrumental Jam) 14. Band Soundcheck (The Long and Winding Road / I Don't Live Today / Third Stone From The Sun) 15. Band Soundcheck (When The Levee Breaks) 16. Piano Soundcheck Disc 2 : 01. Intro 02. Matchbox 03. Honey Don't 04. Flaming Pie 05. Penny Lane #1 06. Got To Get You Into My Life 07. Another Girl #1 08. Another Girl #2 09. Penny Lane #2 10. Penny Lane #3 11. Martha My Dear Intro/C Moon 12. Celebration 13. It's So Easy 14. San Francisco Bay Blues 15. Midnight Special 16. Dance Tonight 17. Bluebird 18. Massage Song / Lady Madonna 19. Outro / Piano Soundcheck (Nineteen Hundred and Eighty-Five)
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 28th April 2015 [Stereo IEM Source Recording]

Disc 1 : 01. Before the Opening 02. Opening SE (Besame Mucho - Money (That's What I Want) - I Wanna Be Your Man - Twist and Shout - And I Love Her - Octopus's Garden - Let 'Em In - Uncle Albert/Admiral Halsey - No More Lonely Nights - With A Little Luck - Goodnight Tonight - Silly Love Songs - Temporary Secretary - The End 03. Can't Buy Me Love 04. Save Us 05. All My Loving 06. One After 909 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. Paperback Writer 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen a Face
Disc 2 : 01. Another Day 02. Dance Tonight 03. We Can Work It Out 04. And I Love Her 05. Blackbird 06. New / New (Reprise) 07. Lady Madonna 08. Another Girl 09. Got to Get You into My Life 10. Being for the Benefit of Mr. Kite! 11. Ob-La-Di, Ob-La-Da 12. Back in the U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live and Let Die 15. Hey Jude Encore: 16. Yesterday 17. Birthday 18. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 19. Closing
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 28th April 2015 : Stereo IEM Source + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]

Disc 3 : 01. Before the Opening 02. Opening SE (Besame Mucho - Money (That's What I Want) - I Wanna Be Your Man - Twist and Shout - And I Love Her - Octopus's Garden - Let 'Em In - Uncle Albert/Admiral Halsey - No More Lonely Nights - With A Little Luck - Goodnight Tonight - Silly Love Songs - Temporary Secretary - The End 03. Can't Buy Me Love 04. Save Us 05. All My Loving 06. One After 909 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. Paperback Writer 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen a Face
Disc 4 : 01. Another Day 02. Dance Tonight 03. We Can Work It Out 04. And I Love Her 05. Blackbird 06. New / New (Reprise) 07. Lady Madonna 08. Another Girl 09. Got to Get You into My Life 10. Being for the Benefit of Mr. Kite! 11. Ob-La-Di, Ob-La-Da 12. Back in the U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live and Let Die 15. Hey Jude Encore: 16. Yesterday 17. Birthday 18. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 19. Closing
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 28th April 2015 :EX-Audience Source (Original Omnidirectional Master) Recording]

◇Personnel; Paul McCartney (Vocals, Bass, Piano, Guitar, Ukulele), Paul "Wix" Wickens (Keyboards, Wind Synthesizer, Accordion, Guitar, Backing Vocals), Abe Laboriel, Jr. (Drums, Percussion, Backing Vocals), Rusty Anderson (Guitar, Backing Vocals) & Brian Ray (Bass, Guitar, Percussion, Backing Vocals)


2015年05月19日

ポール、2015年大阪公演の映像決定盤!

pccd226d.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / OUT THERE JAPAN 2015 OSAKA 21 (プレス1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のピカデリー・レーベルより、ポール「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015」の、初日となった4月21日、大阪京セラ・ドームでのライブを、2台のデジタル・カメラをミックス・編集したHDクオリティー・オーディエンス映像にてコンプリート収録したタイトルが、限定プレスDVDにてここに。

まず特筆すべきは2台のデジタル・カメラを駆使した映像を、見事な編集で収めており、クローズ・アップからステージ全体、そして時折スクリーン・ショットも交えた、見ごたえ充分な内容となるもの。
そしてライブは約40分遅れのスタートとなった中、期待のオープニング・ナンバーは「Magical Mystery Tour」で、ついにショーはスタート。その後も、とにかく元気いっぱいのポールの姿に、4万人のオーディエンスのボルテージも常に最高潮。
またセットリストも、基本的には前回の来日時に準じたものながら、「Can't Buy Me Love」や「I Saw Her Standing There」などは嬉しいセット入りで、さらに話題の新曲「Hope For The Future」が、この大阪で世界初披露となったことも大きな話題となることに。
その記念すべき2015年公演を完全再現した永遠のメモリアル・アイテムとなるプレス1DVD。

01. Magical Mystery Tour 02. Save Us 03. Can’t Buy Me Love 04. Jet 05. Let Me Roll It 06. Paperback Writer 07. My Valentine 08. Nineteen Hundred And Eighty-Five 09. The Long and Winding Road 10. Maybe I’m Amazed 11. I’ve Just Seen A Face 12. We Can Work It Out 13. Another Day 14. Hope For The Future 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today 18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita 23. Eleanor Rigby 24. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 25. Something 26. Ob-La-Di, Ob-La-Da 27. Band On The Run 28. Back In The U.S.S.R. 29. Let It Be 30. Live And Let Die 31. Hey Jude 32. Day Tripper 33. Hi Hi Hi 34. I Saw Her Standing There 35. Yesterday 36. Helter Skelter 37. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
[Live at Kyocera Dome, Osaka, Japan, April 21st 2015]
Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion

2015年05月16日

ポール武道館公演のサウンドチェック最長版と本編ライブ!

pm15tko4.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / OUT THERE JAPAN 2015 BUDOKAN NIGHT (4CDR) この商品はこちらから

ポール「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015」のハイライト、4月28日、日本武道館でのライブを、本編ライブはデジタル・オーディエンス・レコーディングで、さらに当日のサウンドチェックは、既流出では未収録だったパートも含む、最長収録となるコンプリート音源を、関係者流出による、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるサウンドボード音源から収録した、まさにこの1日を完全再現したタイトルがここに。

まずセットリストにおいても特別であった至福の一夜を完全再現しており、さらに本タイトルの目玉は、当日の開演前のサウンドチェックの模様を、2時間27分にわたりまさに完全収録しているところで、“Matchbox”以降のリハ後半パートは、公演後すぐにネット等にも流出した中、ここでは未収録だったリハ前半パートや、ジャム・セッションなども含む最長収録となるもの。
その模様を関係者流出による、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースからのサウンドボード音源にて収録しており、disc:1はまさにサウンドチェックといえる、出音チェックを兼ねたリハの模様を68分にわたり収録。
そしてdisc:2の本番さながらのリハーサル79分にわたり収録されており、序盤はサウンドチェック・パーティでおなじみのレパートリーが続く中、「Got To Get You Into My Life」からは完全に武道館モードへと切り替わり、続いては世界初公開となった「Another Girl」は2テイク収録。その完成度の高さはあの本番での感動が蘇るというもので、さらに興味深いのは、この後の「Penny Lane」で、5テイクも繰り返されているにも関わらず、結局セット落ちしてしまったあたりは非常に残念なところ。また一瞬ながら、「C Moon」の前でポールが「Martha My Dear」のイントロをサラリと弾くシーンなどは、公開サウンドチェックではなかったことゆえ、このあたりも是非聞いておきたいところ。そして特筆すべきは、他のドーム公演と違い、この日のサウンドチェックは一般公開されておらず、その全てがこのクオリティーで聞けるというのはまさに驚きの一言。
そして本編ライブは、アリーナ前方ブロックからの最新デジタル機材使用による、オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。武道館としては、究極的なクオリティーとなるもので、しかも会場の出音のみならず、コンサート会場を包む独特の空気感まで、その場の全てを余すところなく完全収録。そしてこの特別な一夜の模様は、まさに武道館だけのスペシャルなセットとなるもので、”Can't Buy Me Love”でスタートするや、その後も、”One After 909” “Dance Tonight” “Got to Get You into My Life”そしてアンコールの” Birthday”などは2013年以降、日本では初めての披露となるもので、さらに極めつけとなる”Another Girl”にいたっては、ポールのライブ史上において初めて演奏されるという超プレミアム・ナンバー。
武道館での1日を完全コンプリートした、必携マスト・アイテム。

disc1 : 1. Hope For The Future #1/2. Listen To What The Man Said (part 1)/3. Listen To What The Man Said (part 2)/4. Penny Lane (1-5)/5. Lady Madonna (1-3)/6. Got To Get You Into My Life (1-2)/7. Jamming #1/8. Hope For The Future #2/9. Jamming #2/10. Band On The Run/11. The Long And Winding Road
disc 2 : 1. Jamming #3/2. Piano Jamming/3. Matchbox/4. Honey Don’t/5. Flaming Pie/6. Penny Lane (take 1)/7. Got To Get You Into My Life/8. Another Girl (take 1)/9. Another Girl (take 2)/10. Penny Lane (take 2)/11. Penny Lane (take 3)/12. Penny Lane (take 4)/13. Martha My Drear/14. C Moon/15. Celebration/16. It’s So Easy/17. San Francisco Bay Blues/18. Midnight Special/19. Dance Tonight/20. Bluebird/21. It’s Time For My Massage/22. Lady Madonna
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 28th 2015]

disc 3 : 1. Intro/2. Can’t Buy Me Love/3. Save Us/4. All My Loving/5. One After 909/6. Let Me Roll It / Foxy Lady/7. Paperback Writer/8. My Valentine/9. 1985/10. Mabe I’m Amazed/11. I’ve Just Seen A Face/12. Another Day/13. Dance Tonight/14. We Can Work It Out/15. And I Love Her/16. Blackbird/17. New/18. Lady Madonna/19. Another Girl
disc 4 : 1. Got To Get You Into My Life/2. Being For The Benefit Of Mr. Kite !/3. Ob-La-Di, Ob-La-Da/4. Back In The U.S.S.R./5. Let It Be/6. Live And Let Die/7. Hey Jude/8. Yesterday/9. Birthday/10. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End/11. Outroduction
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 28th 2015]

Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion


2015年05月15日

U.K.ファイナル・ライブを最高のクオリティーで

sne241u.jpg



◆ U.K. / 1977 - 2015 Final World Tour 2015 In Japan (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILLレーベルより、2015年ファイナル・ワールド・ツアーがアナウンスされたU.K.の、最後のジャパン・ツアーの2日目であり、まさにこのラスト・ツアーでも最後の公演となった、4月30日東京・中野サンプラザでのライブを、ジョン・ウェットンがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、完全コンプリートしたタイトルがここに。

おなじみ同レーベルの、ノイズレスな非圧縮ステレオ・イヤー・モニター・ソースからのサウンドボード音源と、フロント・ローからのハイエンド24/96No EQオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、ステレオ・サウンドボードに比肩する圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感が、全く違和感無くブレンドされた驚愕のサウンド・クオリティーとなるもの。
そして近年幾度かの再結成ツアーを日本でも行ってきた中、ついに2015年に入り正式なラスト・ツアーが告知され2月からヨーロッパ・レグを開始し、ここ日本でも最後のライブが大阪・東京で計2回のみ行われることになり、そのファイナルとなるもので、まず事前にメンバーはドリーム・シアターのマイク・マンジーニと、チャド・ワッカーマンによるダブル・ドラムとなることが予定されていたものの、チャドが家庭の事情でやもなく不参加となり、メインの2人、そしておなじみアレックス・マカチェックによる4ピース体制となることに。

そしてセット・リストは先の大阪公演同様、“Thirty Years”で厳かにスタートし、その後のヘヴィなアンサンブルによる"Carrying No Cross"、爆低音の壁となる"Alaska"、そして"Night After Night"や"Nothing To Lose"では、マイク・マンジーニのタイトかつ、要所ではクリックをも使用し、的確にタムやシンバルの フィル・インを入れてくる、テクニカル・プレイも聞きどころ。
そしてアンコールでの”Caesar's Palace Blues”からエディのソロ、そして”The Only Thing She Needs”と流れるあたりは圧巻で、中盤から後半に向かう演奏で観客を圧倒し、”Carrying No Cross”をリプライズしてエンドという構成も見事。
なおボーナス・トラックには当日のサウンドチェックから、”Thirty Years”も1曲追加収録。
この日を持って長い活動にピリオドとなった、憂国の四士たちによる有終の美に相応しい一夜をオフィシャル・レベルで収めた、必携メモリアル・アイテム。

CD ONE : 1. Thirty Years/2. Nevermore/3. Carrying No Cross/4. Alaska/5. Time To Kill/6. Night After Night/7. Disturbance In Vienna/8. Drum Solo
CD TWO : 1. Drum Solo/2. Rendezvous 6:02/3. Nothing To Lose/4. In The Dead Of Night/5. By The Light Of Day/6. Presto Vivace/7. In The Dead Of Night (reprise)/8. Forever Until Sunday/9. Caesar’s Palace Blues/10. The Only Thing She Needs/11. Carrying No Cross (reprise) / 12. Thirty Years (*)
[Live at Nakano Sun Plaza, Tokyo, Japan April, 30th 2015 : (*) =Soundcheck]
John Wetton - Bass, Vocals / Eddie Jobson - Keyboards, Violin / Alex Machacek – Guitar / Mike Mangini – Drums


2015年05月13日

ポール武道館公演をサウンドチェックもフル収録した、まさに完全盤!

app031co.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / COMPLETE LIVE AT THE BUDOKAN 2015 (3CDR) この商品はこちらから

ポール「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015」のハイライトであり、ビートルズ以来、半世紀ぶりの公演となった4月28日、日本武道館でのライブを、本編ライブはもちろん当日のサウンドチェックの模様も、24bitデジタル・オーディエンス・レコーディングにて完全コンプリート収録したタイトルがここに。

まず本編ライブは、アリーナ前方ブロックから、非圧縮の24bit/96khzによる4Kマイクを使用、武道館でのオーディエンス・レコーディングとしては、これ以上有り得ないであろう究極的なクオリティーとなるもので、しかも会場の出音のみならず、コンサート会場を包む独特の空気感まで、その場の全てを余すところなく完全収録。
そしてこの特別な一夜の模様は、すでに各方面でのコメントで周知の通り、1時間半の遅れはあったものの、まさに武道館だけのスペシャルなセットとなるもので、”Can't Buy Me Love”でスタートするや、その後も、”One After 909” “Dance Tonight” “Got to Get You into My Life”そしてアンコールの” Birthday”などは2013年以降、日本では初めての披露となるもので、さらに極めつけとなる”Another Girl”にいたっては、ポールのライブ史上において初めて演奏されるという超プレミアム・ナンバー。

このようにセットリストにおいても特別であった至福の一夜を完全再現しており、さらにdisc:3には、この日の開演前のサウンドチェックの模様も、関係者流出によるモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによる、ハイクオリティー・サウンドにて、約70分にわたりコンプリート収録。

まず特筆すべきは、他のドーム公演と違い、この日のサウンドチェックは一般公開されておらず、その全てがこのクオリティーで聞けるというのはまさに驚きの一言。そして序盤はサウンドチェック・パーティでおなじみのレパートリーが続く中、「Got To Get You Into My Life」からは武道館モードのリハーサルへと切り替わり、続いては世界初公開となった「Another Girl」は2テイク収録。その完成度の高さはあの本番での感動が蘇るというもので、さらに興味深いのは、この後の「Penny Lane」で、5テイクも繰り返されているにも関わらず、結局セット落ちしてしまったあたりは非常に残念なところ。
また一瞬ながら、「C Moon」の前でポールが「Martha My Dear」のイントロをサラリと弾くシーンなどは、公開サウンドチェックではなかったことゆえ、このあたりも是非聞いておきたい、武道館公演を完全コンプリートした、必携マスト・アイテム。

DISC 1 : 01. Opening 02. Intro 03. Can't Buy Me Love 04. Save Us  05. All My Loving 06. One After 909 07. Let Me Roll It 08. Paperback Writer 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. Another Day 14. Dance Tonight
DISC 2 : 01. We Can Work It Out 02. And I Love Her 03. Blackbird  04. New 05. Lady Madonna 06. Another Girl 07. Got To Get You Into My Life 08. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 09. Ob-La-Di, Ob-La-Da 10. Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die  13. Hey Jude –encore-14. Yesterday 15. Birthday 16. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 17. Outro
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 28th 2015]

DISC 3 : 01. Introduction 02. Matchbox 03. Honey Don’t 04. Flaming Pie 05. Penny Lane(take1) 06. Got To Get You Into My Life 07. Another Girl(take1) 08. Another Girl(take2) 09. Penny Lane(take2) 10. Penny Lane(take3) 11. Penny Lane(take4) 12. Penny Lane(take5) 13. Martha My Dear(Intro) 14. C Moon 15. Celebration 16. It’s So Easy
17. San Francisco Bay Blues 18. Midnight Special 19. Dance Tonight 20. Bluebird 21. It's Time For My Massage 22. Lady Madonna
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 28th 2015]

Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion

2015年05月12日

テイラー・スイフト・イン・ドームをブルーレイにて!

alxbd032t.jpg



◆ TAYLOR SWIFT / Tokyo 2nd Night Film (1Blu-ray) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年来日公演における、5月5&6日、東京ドーム2公演の2日目、6日のライブを、複数台のカメラを駆使したショットを編集した、マルチ・カメラ映像にて、2時間にわたりコンプリート収録した映像を、ブルーレイ化したタイトルがここに。

まず当日の模様を、4Kカメラを含む、複数台のデジタル・カメラを駆使した映像を編集し、マルチ・カメラ・ショットにて完全再現した映像は、いずれもが安定感抜群のオーディエンス・ソースとなる、ここでしか見ることが出来ない完全オリジナルの高画質映像によるもので、視界をさえぎるものも無く、要所でのクローズ・ショットもカンペキで、その映像素材のクオリティーを落とすことなく、非圧縮HDバージョン・ブルーレイにて。
しかも音声パートは、同レーベル監修の、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録した音源マルチIEM音源をシンクロさせるというこだわりの仕様。
そしてリリースされたばかりの「1989」を携えての今回のワールド・ツアーは、この東京ドームが世界初の封切ライブとなっており、この日も前日以上にヒートアップしたパフォーマンスを披露。そして「1989」からのナンバーをメインとし、以前のカントリー色は後退し、ポップス感覚に溢れるエンターテイメント・ライブは、派手な舞台装置や演出等、やはり視覚的に楽しみたいところで、それらを通常のオーディエンス映像とは、全く別の次元のクオリティーで完全再現している2015年来日公演のメモリアルといえるファン必携マスト・アイテム。

01. Opening 02. Welcome to New York 03. New Romantics 04. Film 05. Blank Space 06. I Knew You Were Trouble 07. I Wish You Would 08. Film 09. How You Get the Girl 10. Instrumental Jam 11. I Know Places 12. All You Had to Do Was Stay 13. Film 14. You Are in Love 15. Clean 16. Love Story 17. Film 18. Style 19. This Love 20. Bad Blood 21. We Are Never Ever Getting Back Together 22. Film 23. Wildest Dreams 24. Out of the Woods 25. Film 26. Shake It Off 27. Closing
[Recorded Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 6th May 2015]

2015年05月11日

ノエル武道館2日目のライブもブルーレイにて!

alxbd031n.jpg



◆ Noel Gallagher's High Flying Birds / 2015 Budokan 2nd Night (1Blu-ray) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年ジャパン・ツアーにおける、最終公演となった4月16日、武道館2日目のライブを、複数台のカメラを駆使したショットを編集した、マルチ・カメラ映像にて、101分にわたりコンプリート収録した映像を、ブルーレイ化したタイトルがここに。

まず当日の模様を、1&2Fスタンド席最前方からの、複数台のカメラを駆使した映像を編集し、マルチ・カメラ・ショットにて完全再現した映像は、いずれもが安定感抜群のオーディエンス・ソースとなる、ここでしか見ることが出来ない完全オリジナルの高画質映像によるもので、視界をさえぎるものも無く、要所でのクローズ・ショットもカンペキで、その映像素材のクオリティーを落とすことなく、非圧縮HDバージョン・ブルーレイにて。
しかも音声パートは、①同レーベル監修の、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録した音源マルチIEM音源、②同レーベル監修のデジタル・オーディエンス・ソースの、2パターンから選択可能というこだわりの仕様。
そして追加公演となった本公演は、今回のツアーではツアー先々で現地調達されたご当地ホーン・セクション達が参加し、ゴージャスにバンド・サウンドに華を添えていたり、本編セットは翌日最終日と同様ながら、期待のオアシス・ナンバー5曲は、やはりライブの中で一番盛り上がる瞬間となるもの。
それらを通常のオーディエンス映像とは、全く別の次元のクオリティーで完全再現している2015年来日公演のメモリアルといえるファン必携マスト・アイテム。
01. Opening 02. Intro (Shoot a Hole Into the Sun) 03. Do the Damage 04. (Stranded On) The Wrong Beach 05. Everybody's on the Run 06. Fade Away 07. In the Heat of the Moment 08. Lock All the Doors 09. Riverman 10. The Death of You and Me 11. You Know We Can't Go Back 12. Champagne Supernova 13. Ballad of the Mighty I 14. Dream On 15. The Dying of the Light 16. The Mexican 17. AKA... Broken Arrow 18. Digsy's Dinner 19. Don't Look Back in Anger –encore- 20. If I Had a Gun... 21. AKA... What a Life! 22. The Masterplan 23. Closing
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 16th April 2015 :101min. Multi-Cam. Audience-Master]

Noel Gallagher (vocals, guitar) Mike Rowe (digital synthesizer, keyboards) Jeremy Stacey (drums) Tim Smith (guitar, backing vocals) Russell Pritchard (bass, backing vocals)


2015年05月10日

ノエル武道館初日ライブをブルーレイにて!

alxbd030n.jpg



◆ Noel Gallagher's High Flying Birds / 2015 Budokan 1st Night (1Blu-ray) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年ジャパン・ツアーにおける、ハイライトとなった4月15&16日、武道館2公演の初日15日のライブを、複数台のカメラを駆使したショットを編集した、マルチ・カメラ映像にて、97分にわたりコンプリート収録した映像を、ブルーレイ化したタイトルがここに。

まず当日の模様を、1Fスタンド席最前方からの、複数台のカメラを駆使した映像を編集し、マルチ・カメラ・ショットにて完全再現した映像は、いずれもが安定感抜群のオーディエンス・ソースとなる、ここでしか見ることが出来ない完全オリジナルの高画質映像によるもので、視界をさえぎるものも無く、要所でのクローズ・ショットもカンペキで、その映像素材のクオリティーを落とすことなく、非圧縮HDバージョン・ブルーレイにて。
しかも音声パートは、①同レーベル監修の、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録した音源マルチIEM音源、②同レーベル監修のデジタル・オーディエンス・ソースの、2パターンから選択可能というこだわりの仕様。
そして即日完売となった本公演は、今回のツアーではツアー先々で現地調達されたご当地ホーン・セクション達が参加し、ゴージャスにバンド・サウンドに華を添えていたり、また期待のオアシス・ナンバー5曲は、やはりライブの中で一番盛り上がる瞬間となるもの。
それらを通常のオーディエンス映像とは、全く別の次元のクオリティーで完全再現している2015年来日公演のメモリアルといえるファン必携マスト・アイテム。
01. Opening 02. Intro (Shoot a Hole Into the Sun) 03. Do the Damage 04. (Stranded On) The Wrong Beach 05. Everybody's on the Run 06. Fade Away 07. In the Heat of the Moment 08. Lock All the Doors 09. Riverman 10. The Death of You and Me 11. You Know We Can't Go Back 12. Champagne Supernova 13. Ballad of the Mighty I 14. Dream On 15. The Dying of the Light 16. The Mexican 17. AKA... Broken Arrow 18. Digsy's Dinner 19. Don't Look Back in Anger –encore- 20. If I Had a Gun... 21. AKA... What a Life! 22. The Masterplan 23. Closing
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 15th April 2015 :97min. Multi-Cam. Audience-Master]

Noel Gallagher (vocals, guitar) Mike Rowe (digital synthesizer, keyboards) Jeremy Stacey (drums) Tim Smith (guitar, backing vocals) Russell Pritchard (bass, backing vocals)


2015年05月04日

ポール武道館公演を音と映像で!

pccd223e.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / OUT THERE JAPAN 2015 TOKYO 28 (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のピカデリー・レーベルより、ポール「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015」のハイライトであり、ビートルズ以来、半世紀ぶりの公演となった4月28日、日本武道館でのライブを、フロント・ローからの24bitデジタル・オーディエンス・レコーディングにて完全コンプリート収録した音源と、良好なオーディエンス映像を収めたDVDとのセットにて収録したタイトルが、限定プレス2CD+1DVD仕様にてここに。

まず音源には、4月28日、日本武道館でのライブを、フロント・ローからの24bitデジタル・オーディエンス・レコーディングにて完全コンプリート収録。同レーベルからリリースの4回のドーム公演とは異なり、武道館の座席は完全抽選により、本公演のみ最前列でのないものの、アリーナ席からのリアルな臨場感溢れるサウンドは、日本では入手不可能のドイツ製特注品使用ゆえ、会場の出音のみならず、コンサート会場を包む独特の空気感まで、その場の全てを余すところなく完全収録。
そしてこの特別な一夜の模様は、すでに各方面でのコメントで周知の通り、1時間半の遅れはあったものの、まさに武道館だけのスペシャルなセットとなるもので、”Can't Buy Me Love”でスタートするや、その後も、”One After 909” “Dance Tonight” “Got to Get You into My Life”そしてアンコールの” Birthday”などは2013年以降、日本では初めての披露となるもので、さらに極めつけとなる”Another Girl”にいたっては、ポールのライブ史上において初めて演奏されるという超プレミアム・ナンバー。
このようにセットリストにおいても特別であった至福の一夜を完全再現しており、さらにカップリングとして、アリーナ席から撮影された良好オーディエンス・ショットによるDVDもプラス。
“Another Day”、”Blackbird”そして最後のアビー・ロード・メドレーが未収録ゆえ、コンプリートではないものの、至近距離からのクローズ・アップ映像は見応え充分で、当日武道館に臨場された方はもちろん、参加出来なかった人も当日を追体験することができるというもの。
武道館公演の伝説がよみがえる、永遠のメモリアル・アイテム、日本語帯付にて。
Disc One : 01. Opening 02. Can't Buy Me Love 03. Save Us 04. All My Loving 05. One After 909 06. Let Me Roll It / Foxy Lady 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred and Eighty-Five 10. Maybe I'm Amazed 11. I've Just Seen a Face
Disc Two : 01. Another Day 02. Dance Tonight 03. We Can Work It Out 04. And I Love Her 05. Blackbird 06. New 07. New (Reprise) 08. Lady Madonna 09. Another Girl 10. Got to Get You into My Life 11. Being for the Benefit of Mr. Kite! 12. Ob-La-Di, Ob-La-Da 13. Back in the U.S.S.R. 14. Let It Be 15. Live and Let Die 16. Hey Jude –encore- 17. Yesterday 18. Birthday 19. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

DVD : 01. Audience Wave 02. Before The Show Music 03. Appearance 04. Can’t Buy Me Love 05. Save Us 06. All My Loving 07. One After 909 08. Let Me Roll It 09. Paperback Writer 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I’m Amazed 13. I’ve Just Seen A Face 14. Dance Tonight 15. We Can Work It Out 16. And I Love Her 17. New 18. New (Reprise) 19. Lady Madonna 20. Another Girl 21. Got To Get You Into My Life 22. Being For The Benefit Of Mr.Kite! 23. Ob La Di Ob La Da 24. Back In The U.S.S.R. 25. Let It Be 26. Live And Let Die 27. Hey Jude 28. Yesterday 29. Birthday
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan, April 28th 2015]
Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion

2015年05月03日

ポール来日公演の初日大阪の完全収録盤!

pccd211p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / OUT THERE JAPAN 2015 OSAKA 21 (プレス3CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のピカデリー・レーベルより、ポール「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015」の、初日となった4月21日、大阪京セラ・ドームでの本編ライブとサウンドチェックの両方を、アリーナ最前列からのハイクオリティー、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて完全コンプリート収録したタイトルが、限定プレス3CDにてここに。

まず特筆すべきはその録音ポジションで、アリーナ最前列のスピーカー真ん前という、これ以上ないという所で完璧にレコーディングされたもので、その音源ソースを、本来CDは音楽データをサンプリング周波数44.1kHz、ビット深度16bit、チャンネル数2.0chステレオで記録されている中、ここでは録音の段階にて、将来のハイレゾ・オーディオ・システムに対応すべく、サンプリング周波数96kHzのビット深度24bitで収録し、それをダウンサイジングしてCD規格とすることに。
よってCDメディアとしては、変換の過程で音質を全く劣化させることなく、最大限その規格の能力を活用し、さらに録音に使用された高感度マイクは、日本では入手不可能のドイツ製特注品で、この特注マイクを経由することで、会場の出音のみならず、コンサート会場を包む独特の空気感まで、その場の全てを余すところなく完全収録。
実際に聴けば、目の前に飛び出してくるようなバスドラのアタック感、伸びゆく高音の美しさ、そして2.0chステレオとは思えない奥行ある立体感は、まさに筆舌に尽くしがたいクオリティーといえるもの。
また本シリーズは全て最前列において録音されたものゆえ、録音環境にも優れており、周囲の雑音なども皆無なのも大きなポイントとなるところ。
そしてライブは約40分遅れのスタートとなった中、期待のオープニング・ナンバーは「Magical Mystery Tour」で、ついにショーはスタート。その後も、とにかく元気いっぱいのポールの姿に、4万人のオーディエンスのボルテージも常に最高潮。
またセットリストも、基本的には前回の来日時に準じたものながら、「Can't Buy Me Love」や「I Saw Her Standing There」などは嬉しいセット入りで、さらに話題の新曲「Hope For The Future」が、この大阪で世界初披露となったことも大きな話題となることに。
そしてさらにdisc:3には、コンサート前に行なわれたサウンドチェックの模様もコンプリート収録。主催者の注意事項の説明から、ポールが登場し本人の挨拶、そしてコンサート本編では演奏しないサウンドチェックならではの選曲で、新たなオープニングとなった「マジカルミステリーツアー」、日本ではいまだ演奏したことのない「ジュニアズ・ファーム」、ウクレレによる「ラム・オン」からそのまま続けて演奏される「ビッグ・バーン・ベッド」など、充実の内容を、こちらも最高のクオリティーで。
永遠のメモリアル・アイテムとなるプレス3CD、日本語帯付にて。
DISC ONE :01. Opening Film 02. Magical Mystery Tour 03. Save Us 04. Can’t Buy Me Love 05. Jet 06. Let Me Roll It 07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty-Five 10. The Long and Winding Road 11. Maybe I’m Amazed 12. I’ve Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. Hope For The Future 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. New 20. Queenie Eye 21. Lady Madonna
DISC TWO :01. All Together Now 02. Lovely Rita 03. Eleanor Rigby 04. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 05. Something 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Band On The Run 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live And Let Die 11. Hey Jude 12. Day Tripper 13. Hi Hi Hi 14. I Saw Her Standing There 15. Yesterday 16. Helter Skelter 17. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
[Live at Kyocera Dome, Osaka, Japan, April 21st 2015]

DISC THREE :01. Equipments Checking 02. Attention&Enjoy The Show! 03. Paul’s Appearance & Greeting 04. Honey Hush 05. Blue Suede Shoes 06. Magical Mystery Tour 07. Junior's Farm 08. C Moon 09. Let 'Em In 10. San Fransico Bay Blues 11. Every Night 12. Midnight Special 13. Ram On 14. Big Barn Bed 15. Bluebird 16. Queenie Eye 17. Lady Madonna 18. Paul’s Greeting
[Soundcheck at Kyocera Dome, Osaka, Japan, April 21st 2015]
Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37