« 2015年05月 | メイン | 2015年07月 »

2015年06月26日

マイケル・シェンカー&グラハムの来日最終日!

sne242m.jpg



◆ MICHEAL SCHENKER / GRAHAM IS GOD Japan Tour Final 2015 (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILレーベルより、2015年ジャパン・ツアーの追加公演にしてファイナルとなった、6月19日東京・中野サンプラザでのライブを、メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、完全コンプリートしたタイトルがここに。


おなじみ同レーベルの、ノイズレスな非圧縮ステレオ・イヤー・モニター・ソースからのサウンドボード音源と、マイケルのキャビネット真正面からわずか数メートルからのハイエンド24/96No EQオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、ステレオ・サウンドボードに比肩する圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感が、全く違和感無くブレンドされた驚愕のサウンド・クオリティーとなるもの。
そして特筆すべきはメインのマイケルはもちろん、オープニングを務めたグラハム・ボネット・バンドに、2人の共演2曲も含めたこの一夜の全てを、2時間35分にわたり全て収録しているところ。
まず今回の来日ツアーは、3回の東京公演が当日券を含め全て売り切れるという、近年稀に見る盛り上がりとなった要因として、マイケルが1982年に発表した「黙示録」のレコーディングのみ参加し、短期間で脱退してしまったグラハムとの33年振りの共演が大きな話題となることに。
そんな大きな期待の中、まず50分ほどのステージとなったグラハムは、期待通りにレインボー、アルカトラス・ナンバーを順当に披露し、さらにはグラハムもギターを手にして新曲"Mirror Lies"もプレイし、現役感をアピール。
そしてメインのマイケルは同年リリースの「SPIRIT ON A MISSON」からのナンバーを軸に、UFOが5曲、SCORPIONSが6曲、そしてMSGナンバーと、来日前のUSツアーにほぼ準じたセットながら、観客の期待通り、まず本編最後のあたりにグラハムが登場し"Desert Song"を。さらにはアンコールで再度登場して"Assault Attack"と、期待された"Dancer"は残念ながら披露されなかったものの、この2曲の競演はここ日本だけのスペシャルなものだけに、奇跡の一瞬といえるもの。その感動を完全再現した、ファン必携の永久保存メモリアル・アイテム。

DISC ONE :
(Graham Bonnet Band) Intro / All Night Long / Love's No Friend / God Blessed Video / Makin' Love / Band Intro / Since You Been Gone / Suffer Me / Mirror Lies / Night Games / Lost in Hollywood

(Michael Schenker's Temple of Rock) Intro / Doctor Doctor / Live And Let Live / Lights Out / Where The Wild Winds Blow / Natural Thing / Victim of Illusion
DISC TWO : Lovedrive / Coast To Coast / Vigilante Man / Saviour Machine / Shoot Shoot / Before The Devil Knows You're Dead / Lord of The Lost and Lonely / Desert Song (w/ Graham Bonnet) / Rock You Like A Hurricane / Rock Bottom –encore- / Holiday / Assault Attack (w/ Graham Bonnet) / Blackout / Message
[Live at Nakano Sun-Plaza Hall, Tokyo, Japan, June 19th 2015]
Michael Schenker - Guitars / Doogie White - Vocals / Wayne Findlay - Keyboards, Guitars / Herman Rarebell - Drums / Francis Buchholz - Bass


2015年06月25日

海外製作によるビートルズ『ジョン・バレット・マスター・コレクション』

cpj001sp.jpg



◆ THE BEATLES / JOHN BARRETT MASTER COLLECTION (5CD+1DVD) この商品はこちらから

2015年海外製作によるビートルズ、レア・コンピレーション『ジョン・バレット・マスター・コレクション』が、限定プレス5CD+1DVD仕様にてここに。

数多くのスタジオ・セッション音源の大元となった『ロジャー・スコット・マスター・コレクション』に続き、ついにその源流である『ジョン・バレット・マスター・コレクション』が登場。まずこれまで”ジョン・バレット・テープス”として知られてきた音源は、様々な仕様があった中、その多くは不完全であったり、無関係な音源が追加されてきたのが現状。
そんな中で今回のコンピレーションは、100%ピュアなジョン・バレット音源を完全コンパイルしたうえ、貴重な関連音源を追加収録。また未発表アルバム「ゲット・バック」+セッションや、ソロ・コンピレーション、さらに本来映像が元である「アット・アビー・ロード・スタジオ」を別セットとさせることで、ビギナーにもわかりやすい形で再編集したもの。
よって質量共にかつてない完璧な内容であり、しかも映像版「アット・アビー・ロード・スタジオ」は、1983年に公開されて以来、TVオンエアーもなかったため、オリジナル映像は当時のビデオ・コピーしか存在しないながら、今回はそのオリジナル映像版に加え、2015年の最新映像コンピレーションをメインに収録。オリジナルに比べて、より内容も改良され、もちろんクオリティーも格段にアップデートされた映像に生まれ変わった最新版は必見。『ロジャー・スコット・マスター・コレクション』と合わせて、ビートルズ・セッション音源のベーシック・コレクションはこれで完璧といえる、ファン必携コレクターズ・エディション。


[JOHN BARRETT MASTER COLLECTION : THE ESSENTIAL OF THE BEATLES STUDIO RECORDINGS]
DISC 1 :1. She Loves You (RS 1)2. She Loves You (RS 2)3. This Boy (RS of take 15)4. That Means A Lot (takes 20 remake)5. That Means A Lot (takes 23 and 24)6. That Means A Lot (test take)7. Strawberry Fields Forever (RM 3 of take 7)8. Strawberry Fields Forever (RM 9)9. Penny Lane (RM 8)10. Penny Lane (RM 9)11. Penny Lane (RM10)12. Mr. Moonlight (stereo version)13. Mr. Moonlight (take 4)14. Ob-La-Di, Ob-La-Da (take 5)15. What You're Doing (take 11)16. From Me To You (stereo master edit)17. From Me To You (edit of takes 8 and master edit)18. Thank You Girl (take 14 with end from take 30)19. Thank You Girl (take 30)20. Yes It Is (RS 1)21. Down In Havana22. Step Inside Love / Los Paranoias23. The Way You Look Tonight24. Jamming25. Can You Take Me Back (take 19)26. Not Guilty (take 102)27. What's The New Mary Jane (incomplete remix)28. Come And Get It (alternate stereo mix)

DISC 2 : 1. That Means A Lot (take 1)2. That Means A Lot (take 2)3. Norwegian Wood (take 1)4. Norwegian Wood (take 2)5. Norwegian Wood (take 4)6. I'm Looking Through You (take 1)7. I'm Looking Through You (take 4)8. 12-Bar Original (takes 1 and 2)9. How Do You Do It (unedited mono mix)10. One After 909 (take 2)11. One After 909 (edit of takes 4 and 5)12. Leave My Kitten Alone (take 5)13. If You've Got Troubles (alternate stereo master)14. That Means A Lot (original mono mix)15. Norwegian Wood (take 1 original stereo master)16. I'm Looking Through You (take 1 alternate mix)17. 12-Bar Original (take 2 complete mono mix) ADDITIONAL TRACKS18. It's All Too Much (take 4 unedited mono)19. It's All Too Much (movie soundtrack stereo)20. Can You Take Me Back (incomplete)21. 12-Bar Original (rehearsal)

DISC 3 : 1. One After 909 2. Rocker3. Save The Last Dance For Me4. Don't Let Me Down5. Dig A Pony6. I've Got A Feeling7. Get Back8. Let It Be9. For You Blue10. Two Of Us11. Maggie Mae12. Dig It13. The Long And Winding Road14. I Me Mine15. Across The Universe16. Get Back (reprise)17. Rip It Up / Shake Rattle And Roll18. Kansas City / Miss Ann / Lawdy Miss Clawdy19. Blue Suede Shoes20. Cannonball / Not Fade Away / Hey Little Girl / Bo Diddley21. Mailman Bring Me No More Blues22. Teddy Boy (Glyn Johns mix)23. Teddy Boy (Phil Spector mix)24. Old Brown Shoe (take 2)25. All Things Must Pass (take 2)

DISC 4 : 1. Plastic Ono Band - Slow Blues Jam2. Plastic Ono Band - Fast Rocker3. Ringo Starr - The Wishing Book4. Ringo Starr - Nashville Freakout5. Ringo Starr - Stormy Weather6. Ringo Starr - Octopus's Garden7. Ringo Starr - Wine, Women And Loud Happy Song8. Ringo Starr - Coochy Coochy9. George Harrison - I Live For You10. George Harrison - Dehra Dun11. George Harrison - Om Hare Om (Gopala Krishna)12. George Harrison - Going Down To Golders Green13. George Harrison - Get Back14. George Harrison - Pete Drake's Talking Steel GuitarADDITIONAL TRACKS 15. Ringo Starr - Nashville Freakout (long version)16. George Harrison - I Live For You (edited finished version)17. George Harrison - Dehra Dun (diff-edited mix)18. George Harrison - Gopala Krishna (edited mix)19. George Harrison - Going Down To Golders Green (final version)

[THE BEATLES AT ABBEY ROAD STUDIOS : JOHN BARRETT MASTER COLLECTION]
DISC 5 : 1. Love Me Do (RS 1)2. How Do You Do It (incomplete)3. I Saw Her Standing There (composite of takes 1, 6, 11, 10, and 12)4. Twist And Shout (edit)5. One After 909 (take 4 - incomplete)6. Don't Bother Me (takes 11 and 12 edit - incomplete)7. A Hard Days Night (composite takes 2, 3, 4, and 9)8. Leave My Kitten Alone (incomplete)9. I'm A Loser10. She's A Woman (take 1)11. Help (take 4)12. Norwegian Wood (take 1) / I'm Looking Through You (take 1)13. Paperback Writer14. Rain15. Penny Lane / Strawberry Fields Forever (take 1)16. Strawberry Fields Forever (take 7 - incomplete)17. Strawberry Fields Forever (take 26 - incomplete)/ A Day In The Life (RS12+edit piece 9)18. Hello Goodbye / Lady Madonna (take 4 - incomplete)19. Hey Jude (take 9 - incomplete)20. While My Guitar Gently Weeps (unedited take 1)21. Because (Barrett mix)22. #9 Dream (spoken intro by Ringo)

DVD : 16:9 NTSC Dolby Digital Stereo time approx. 71+75min.
(ABBEY ROAD VIDEO SHOW 2015)
Introduction - Abbey Road Studio / Land Of Hope And Glory - London Symphony Orchestra / Walking Back To Happiness - Helen Shapiro / Love Me Do / How Do You Do It / I Saw Her Standing There / Twist And Shout / One After 909 / Don't Bother Me / A Hard Days Night / Leave My Kitten Alone / I'm A Loser / She's A Woman / Ticket To Ride / Help! / Norwegian Wood / I'm Looking Through You / Paperback Writer / Rain / Penny Lane / Strawberry Fields Forever / A Day In The Life / Hello Goodbye / Lady Madonna / Hey Jude / While My Guitar Gently Weeps / Because / #9 Dream - Outroduction

(THE BEATLES AT ABBEY ROAD 1983)
Introduction - Abbey Road Studio / Love Me Do / How Do You Do It / I Saw Her Standing There / Twist And Shout / One After 909 / Don't Bother Me / A Hard Days Night / Leave My Kitten Alone / I'm A Loser / She's A Woman / Ticket To Ride / Help! / Norwegian Wood / I'm Looking Through You / Paperback Writer / Rain / Penny Lane / Strawberry Fields Forever / A Day In The Life / Hello Goodbye / Lady Madonna / Hey Jude / While My Guitar Gently Weeps / Because / #9 Dream – Outroduction

2015年06月24日

ストーンズ1970年ユーロ・ツアーの決定盤!

gp1502sp.jpg



◆ ROLLING STONES / LIVE FROM THE RADIO PARIS 1970 (プレス2CD) この商品はこちらから

1970年ヨーロッパ・ツアーから、唯一現存するサウンドボード音源として知られる、フランス・パリ2公演が最新リマスター・エディションとしてここに。

いずれもラジオ・オンエアーされた貴重なサウンドボード音源となるもので、フランスのラジオ局「EUROPE1」で当時オンエアーされたベスト・クオリティー音源、さらに2015年に再オンエアーされた音源も含むもの。
そしてまずdisc:1には、パリ公演初日の9月22日を収録「EUROPE 1」で生中継されたもので、DJアナウンスが曲中でかぶるのが難点ながら、当時のコンサートを完全中継したサウンドボード音源として、そのレア度は大。なお、ラジオ・イントロからコンサート終了後のバックステージでのコメントまでの収録に加え、当時オープニング・アクトで出演していたバディ・ガイ&ジュニア・ウェルズのステージに、クラプトンが飛び入りした音源も収録しており、当時オンエアーされた音源としては最長ヴァージョンとなるもの。
そしてdisc:2には翌日23日公演を収録。こちらはDJアナウンスのないコンプリート音源として知られる中、これまで不完全な形で流通していたものが多く、今回新たなリマスターにより現存する音源をベスト・クオリティーでコンプリート収録し、さらに後に再オンエアーされた高音質アップグレード音源となる、「悪魔を憐れむ歌」と「ブラウン・シュガー」の2曲も追加。1970年ツアーの代表音源であり、唯一のフル・サウンドボード・ライブの決定版を、永久保存プレス2CDで。

DISC ONE : 01. Radio Introduction 02. Jumpin' Jack Flash 03. Roll Over Beethoven 04. Sympathy For The Devil 05. Stray Cat Blues 06. Love In Vain 07. Dead Flowers 08. Midnight Rambler 09. Live With Me 10. Little Queenie 11. Let It Rock 12. Brown Sugar 13. Honky Tonk Women 14. Street Fighting Man 15. Radio Outroduction 16. Backstage Radio Report 17. It's My Life Baby (Buddy Guy and Junior Wells with Eric Clapton)
[Live At Palais Des Sports, Paris, France 22nd September 1970 : Radio Broadcast EUROPE 1]

DISC TWO : 01. Jumpin' Jack Flash 02. Roll Over Beethoven 03. Sympathy For The Devil 04. Stray Cat Blues 05. Love In Vain 06. Dead Flowers 07. Midnight Rambler 08. Live With Me 09. Little Queenie 10. Let It Rock 11. Brown Sugar 12. Honky Tonk Women 13. Street Fighting Man 14. Sympathy For The Devil (rebroadcast) 15. Brown Sugar (rebroadcast)
[Live At Palais Des Sports, Paris, France 23rd September 1970 : Radio Broadcast EUROPE 1]

ROLLING STONES : Mick Jagger - lead vocals / Keith Richard - guitar, vocals / Mick Taylor - guitar, vocals / Bill Wyman – bass / Charlie Watts - drums, percussion
Nicky Hopkins – piano / Bobby Keys – sax / Jim Price - trumpet

2015年06月23日

ビートルズ1963&64年スウェーデン公演の集大成!

mccd466.jpg



◆ THE BEATLES / IN SWEDEN 1963-1964 (プレス2CD+2DVD+BOOKLET) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルのライヴ・クロニクル・シリーズより、1963&1964年のスウェーデン公演を集大成したタイトルがここに。アップグレードはもちろん、初登場音源や映像も含まれ、さらにスウェーデン公演の写真をふんだんに使った当時の特集号ブックレットを封入した究極のコレクターズ・アイテムを永久保存プレス盤にて。

今回は1963&1964年の2度にわたるスウェーデン・ツアーを集大成したもので、時系列に沿ってビートルズの演奏のみならず、オフ・ステージを含めた、残存するマテリアルを全て網羅。
まずCDのDisc:1には、ライブ音源を中心に収録。最初は1963年10月24日カープラン公演で、80年代にはオフィシャル・リリースされる予定もあったという噂があった、高音質音源として古くから知られるもの。しかも高音質であるだけでなく、その凄まじいばかりの熱気に溢れた名パフォーマンスとしても有名で、内容的には不完全であるものの、1995年アンソロジー・プロジェクトでやっと陽の目を見た音源の完全版。さらに同じ完全版でも、既発盤はビートルズの演奏部分のみの収録だったのが、ここでは共演者ノースメンの紹介とアウトロも初登場で収録されたもの。
そして初登場音源として、1963年10月26日ストックホルム公演から、「I Saw Her Standing There」と「She Loves You」の2曲を収録。両曲とも短い収録ながら、初登場の貴重なライヴ音源となるもので、続くDROP INは、映像でもお馴染みの音源で、ビートルズは4曲を披露。そして1964年7月28日ストックホルム公演は、近年になってスウェーデンのラジオ番組で「All My Loving」がまず放送され、ジョンのマイクがオフというバランスの悪いものながら、その全長版が流出し、その全てをここに収録。完全コンプリートではないにしろ、余裕たっぷり、ちょっと悪ノリ気味の様子が克明に。
そしてCDのDisc:2には、そのストックホルム公演のラジオ・プログラムを完全コンプリート収録。ストックホルム公演の「All My Loving」はこのプログラムの目玉として最後に放送されたもので、それ以外でも興味深い内容のラジオ・プログラム。単にビートルズの曲を流すだけでなく、関係者のインタビューやライブ音源を交えての驚きの内容で、ピート・ベストやジミー・ニコルらに交じり、初めてビートルズのレコードをNEMSで買い求めたという伝説の人物、レイモンド・ジョーンズまでがインタビューに答えているのが特に興味深いところ。

続いて映像はまずDVDのdisc:1には、1963年の映像関連をコンパイル。初めてのスウェーデン・ツアーに向かうロンドン空港から、ストックホルムの空港に到着して、大勢のファンが出迎える中、車に乗ってホテルに向かう様子など、当時のニュース映像から貴重なドキュメンタリー映像を収録。特に1963年10月26日ストックホルムのコンサート映像は、短いながら超貴重なもので、その中でも「蜜の味」の演奏シーンは、同曲をライヴで演奏している唯一残されている映像。さらに翌日10月27日の映像は、前座の演奏から、ビートルズ登場、そして演奏シーンまで、なんと美しいカラー映像で収録されているのは必見。
そして後半には1963年10月30日に収録されたTV番組「Drop In」を2種のソースで収録。最初の「ALTERNATE VERSION」はビートルズのシーンのみながら、タイムコードが入らず、画質もアンソロジー収録と同様のクオリティー。そして「COMPLETE VERSION」はタイムコードが入り、画質はやや劣るものの、当日の放送を完全収録。
さらにDVDのdisc:2は1964年の関連映像をコンパイル。こちらも空港で大勢のファン、そして吹奏楽団までがビートルズを歓迎する様子から始まり、記者会見ではフランクな私服姿でタバコを吹かしながら、足を投げ出し、リラックスして質問に答える様子も。そして注目は、近年ライブ音源が流出した1964年7月28日ストックホルム公演の映像で、こちらも短い収録ながら、当日の映像ということでやはり貴重なもの。
続いては「PA Ne Sverigeturne」という、スウェーデンで制作されたドキュメンタリー番組を収録。当時の映像をふんだんに使用し、レアな映像、ファンが提供したと思しきフィルム、そしてメモラビリアなどを散りばめ、さすが地元ならではのドキュメンタリーといえるもの。
さらに後半は現存が確認されている「Drop In」の、1963年12月1日放送分、1965年1月13日放送分の2回分を完全収録。ビートルズは出演していないものの、同時期のアーティストが数多く出演しており、注目は1963年放送分にペースメーカーズが出演しているところで、この時の映像から「How Do You Do It」が部分的に映像版アンソロジーに使用された中、本作にはその完全版のみならず、もう1曲「A Shot Of Rhythm & Blues」も収録。アンソロジーCDにはビートルズの演奏も収録されているものの、こちらの方が断然出来が良く、ビートルズのメンバーがノリ気でなかった、結局ボツになった理由がここにあり。
最後に本作には当時のツアーの様子を特集したブックレットりーのレプリカを付属。

これは当時のビンテージのレア・アイテムとして前述のドキュメンタリーでも紹介されていた、スウェーデンのみで発売されていた貴重なもので、残存数も少なくほとんど流通していないもの。とにかくスウェーデンにおけるステージ写真、オフの写真など、当時の熱狂を余すところなく伝えてくれる充実したもので、未見の方も多いハズゆえこちらも要チェック。

CD ONE :
[Karlaplans Studio, Stockholm October 24th 1963]
01. Introduction by Klas Burling 02. I Saw Her Standing There 03. From Me To You 04. Money 05. Re-introduction The Norsemen 06. Roll Over Beethoven 07. You Really Got A Hold On Me 08. She Loves You 09. Twist And Shout
[Kungliga Hallen, Stockholm October 26th 1963]
10. I Saw Her Standing There 11. She Loves You
[DROP IN October 30th 1963]
12. Drop In Signature Tune 13. introduction by Klas Burling 14. She Loves You 15. Twist And Shout 16. I Saw Her Standing There 17. Long Tall Sally 18. Drop In Signature Tune
[The Johnneshovs Isstadion Stockholm July 28th 1964]
19. introduction 20. I Saw Her Standing There 21. You Can’t Do That 22. She Loves You 23. All My Loving 24. Roll Over Beethoven 25. Can’t Buy Me Love 26. I Wanna Be Your Man

CD TWO :
[RADIO PROGRAM in SWEDEN]
01. From Us To You 02. Introduction 03. Raunchy 04. That'll Be The Day 05. Ain't She Sweet 06. Raymond Jones Interview 07. My Bonnie 08. Love Of The Loved 09. Ken Thompson Interview 10. Love Me Do 11. Pete Best Interview 12. How Do You Do It 13. George Harrison Interview 14. Love Me Do 15. Please Please Me 16. Ask Me Why 17. Beatles Introducing Themself 18. Drop In Introduction - She Loves You 19. Paul McCartney Interview 20. Till There Was You 21. Rattle Your Jewerly 22. Komme Gimme Dine Hand 23. Twist And Shout 24. Fans Interview 25. Jimmy Nicol Interview 26. Beatles Interview 27. All My Loving 28. Beatles Interview
[Klas Burling MEETS The Beatles]
29. Interview #1 30. Interview #2 31. Interview #3 32. Interview #4

DVD ONE :
[1963 DOCUMENTARY]
01. London Airport 02. Stockholm Airport 03. Beatles’ Arrival #1 04. Beatles’ Arrival #2 05. Beatles’ Arrival #3
[Kungliga Hallen, Stockholm October 26th 1963]
01. A Taste Of Honey - She Loves You
[Cirkus, Goteborg October 27th 1963]
01. Opening Acts 02. Beatles Concert Footage
[TV SHOW “DROP IN” October 30th 1963]
(ALTERNATE VERSION) 01. Introduction 02. She Loves You 03. Twist And Shout 04. I Saw Her Standing There 05. Long Tall Sally 06. Drop In Theme
(COMPLETE VERSION) 01. Drop In Signature Tune 02. Leva Livet 03. Bossanova U.S.A. 04. Hully Gully Holiday 05. Save all Your Love For Me 06. She Loves You 07. Twist And Shout 08. I Saw Her Standing There 09. Long Tall Sally 10. Drop In Signature Tune 33. Interview #5 34. Interview #6

DVD TWO :
[1964 DOCUMENTARY]
01. Stockholm Airport #1 02. Stockholm Airport #2 03. Fans Waiting for The Beatles 04. Interview #1 05. Interview #2 06. Interview #3
[The Johnneshovs Isstadion Stockholm July 28th 1964]
01. Can’t Buy Me Love 02. Airport #1 03. Airport #2
[Beatles P.A Ne Sverigeturne]
01. Opening 02. Unknown Artist 03. London Palladium 04. Interview #1 05. Interview #2 06. Foto Martin Dyfverman 07. Foto Sture Karlsson 08. She Loves You 09. I Saw Her Standing There
[TV SHOW “DROP IN” December 1, 1963]
01. Drop In Signature Tune (Michael Cox) 02. Stand Up 03. I've Been Thinking (The Telstars and Gals & Pals) 04. Five Hundred Miles (Monika Lind) 05. Jag Maste Ga I Skolan (Osten Warnerbring) 06. Unknown Song #1 07. Unknown Song #2 (GERRY & THE PACEMAKERS) 08. A Shot Of Rhythm & Blues 09. How Do You Do It?
[TV SHOW “DROP IN” January 13th 1965] 01. Drop In Signature Tune (The Dee Jays) 02. Farmer John 03. Long Tall Shorty (Git Hill) 04. Downtown 05. Hundred Sixty (Bob Asklof) 06. I Love You 07. I Who Have Nothing (The Honeycombs) 08. Have I The Right 09. Is It Because 10. That's The Way 11. She's Too Way Out 12. Drop In Signature Tune
[ALTERNATE VERSION] 01. How Do You Do It?


2015年06月21日

ポール地元リバプールでの、ライブ+サウンドチェック!

pccd242p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / ECHO ARENA LIVERPOOL 2015 (プレス3CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のピカデリー・レーベルより、ポール「アウト・ゼア・UK・ツアー2015」の、ハイライトとなった5月28日、リバプール公演の、本編ライブとサウンドチェックの両方を、アリーナ最前列からのハイクオリティー、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて完全コンプリート収録したタイトルが、限定プレス3CDにてここに。

まず特筆すべきはその録音ポジションで、VIP最前列のスピーカー真ん前という、これ以上ないという所で完璧にレコーディングされたもので、しかも同レーベルの来日公演同様、使用された高感度マイクは、日本では入手不可能のドイツ製特注品で、この特注マイクを経由することで、会場の出音のみならず、コンサート会場を包む独特の空気感まで、その場の全てを余すところなく完全収録。実際に聴けば、目の前に飛び出してくるようなバスドラのアタック感、伸びゆく高音の美しさ、そして2.0chステレオとは思えない奥行ある立体感は、まさに筆舌に尽くしがたいクオリティーといえるもの。
そして日本、韓国に続いてのUKツアーから、4公演目であり本ツアー唯一の地元開催ゆえ、その盛り上がりはやはり特別なもの。
またセットリストもロンドン2日目と同じで、レアなものとなっており、武道館の感動が蘇る”Got To Get You Into My Life”に、おなじみになった「McCARTNEYⅡ」収録の”テンポラリー・セキュレタリー”。そして中盤の”I'm Looking Through You”、すっかり定着した”Hope For The Future”、そしてアンコールではまたまた武道館の感動と驚きが蘇る”Another Girl”など、セットリスト的には武道館と並ぶレア度となるもの。
そしてさらにdisc:3後半には、来日時同様、コンサート前に行なわれたサウンドチェックの模様もコンプリート収録。
ここではまず日本でもプレイされていない曲が多数披露されているところが大きなポイントで、まず”Honey Don’t”に”Blue Suede Shoes”と、オールディーズ・ナンバーでスタート。そして意外なところでは”Get Back”は本ツアー本編では演奏されておらず、また武道館のサウンドチェックでかなり時間をかけていた”Penny Lane”も再び演奏され、他にも「NEW」の”Alligator”も結局サウンドチェックだけの披露となることに。
これら全てを、レーベル・オリジナル音源にて完全収録した、永久保存3CDプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE : 01. Introduction 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. Got To Get You Into My Life 05. Listen To What The Man Said 06. Temporary Secretary 07. Let Me Roll It 08. Paperback Writer 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. The Long And Winding Road 12. Maybe I'm Amazed 13. I'm Looking Through You 14. We Can Work It Out 15. Another Day 16. Hope For The Future17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
DISC TWO : 01. New 02. Queenie Eye 03. Lady Madonna 04. All Together Now 05. Lovely Rita 06. Eleanor Rigby 07. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 08. Something 09 Ob-La-Di, Ob-La-Da 10. Band On The Run 11 Back In The U.S.S.R. 12. Let It Be 13. Live And Let Die 14. Hey Jude 15. Another Girl 16. Hi Hi Hi 17. Can't Buy Me Love
DISC THREE : 01. Yesterday 02. Helter Skelter 03. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
[Live at Echo Arena, Liverpool, UK May 28th 2015]

04. Paul’s Greeting 05. Honey Don't 06. Blue Suede Shoes 07. Flaming Pie 08. Get Back 09. Penny Lane #1 10. Penny Lane #2 11. C Moon 12. Celebration 13. Let 'Em In 14. Alligator 15. It's So Easy 16. Every Night 17. Midnight Special 18. Ram On 19. Bluebird 20. Massage Introduction 21. Lady Madonna
[Soundcheckat Echo Arena, Liverpool, UK May 28th 2015]

Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion

2015年06月20日

ポールUKツアー初日の、ライブ+サウンドチェック!

pccd238p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / THE O2 LONDON 2015 (プレス3CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のピカデリー・レーベルより、ポール「アウト・ゼア・UK・ツアー2015」の、初日となった5月23日、ロンドン、O2アリーナ初日の、本編ライブとサウンドチェックの両方を、アリーナ最前列からのハイクオリティー、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて完全コンプリート収録したタイトルが、限定プレス3CDにてここに。

まず特筆すべきはその録音ポジションで、VIP最前列のスピーカー真ん前という、これ以上ないという所で完璧にレコーディングされたもので、しかも同レーベルの来日公演同様、使用された高感度マイクは、日本では入手不可能のドイツ製特注品で、この特注マイクを経由することで、会場の出音のみならず、コンサート会場を包む独特の空気感まで、その場の全てを余すところなく完全収録。実際に聴けば、目の前に飛び出してくるようなバスドラのアタック感、伸びゆく高音の美しさ、そして2.0chステレオとは思えない奥行ある立体感は、まさに筆舌に尽くしがたいクオリティーといえるもの。
そして日本、韓国に続いて、この日からはUKツアーがスタート。その初日となった23&24日、2日連続公演となった、ロンドン、O2アリーナ初日の期待のセットリストは”Eight Days A Week”でスタートと、東京2日目の4月25日のセットに準じたものかと思いきや、5曲目になんと”McCARTNEYⅡ”収録の「テンポラリー・セキュレタリー」を世界初プレイ。そしてすっかり定着した「ホープ・フォー・ザ・フューチャー」、アンコールでは武道館の感動と驚きが蘇る「アナザー・ガール」などもセットイン。さらにその後「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」ではデイブ・グロールがギターを手に登場し、ポールと1本のマイクを分け合うというサプライズもあり、大熱狂の中、初日公演はエンド。
そしてさらにdisc:3後半には、来日時同様、コンサート前に行なわれたサウンドチェックの模様もコンプリート収録。

ここではまず日本でもプレイされていない曲が多数披露されているところが大きなポイントで、まずファイアーマンの”Highway”も2009年にはレギュラー・セットとして本編で演奏されていたものの、久しぶり。また”I’ll Follow The Sun”も約10年ぶり、アルバム「NEW」の”On My Way To Work”もは一度だけ2014年USツアー初日に演奏されたのみという、こちらもレアなナンバー。
これら全てを、レーベル・オリジナル音源にて完全収録した、永久保存3CDプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE : 01. Introduction 02. Eight Days A Week 03. Save Us 04. Can’t Buy Me Love 05. Listen To What The Man Said 06. Temporary Secretary 07. Let Me Roll It 08. Paperback Writer 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. The Long And Winding Road 12. Maybe I'm Amazed 13. I've Just Seen A Face 14. We Can Work It Out 15. Another Day 16. Hope For The Future 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today 20. New
DISC TWO : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. All Together Now 04. Lovely Rita 05. Eleanor Rigby 06. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 07. Something 08 Ob-La-Di, Ob-La-Da 09. Band On The Run 10 Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die 13. Hey Jude 14. Another Girl 15. Hi Hi Hi 16. I Saw Her Standing There with Dave Grohl
DISC THREE : 01. Yesterday 02. Helter Skelter 03. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
[Live at O2 Arena, London, UK May 23th 2015]

04. Paul’s Greeting 05. Matchbox 06. Honey Don’t 07. Back In London 08. Flaming Pie 09. Highway 10. C Moon 11. Let 'Em In 12. I’ll Follow The Sun 13. It's So Easy 14. On My Way To Work 15. Midnight Special 16. Ram On 17. Bluebird 18. Massage Introduction 19. Lady Madonna
[Soundcheck at O2 Arena, London, UK May 23th 2015]

Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion


2015年06月14日

ニッケルバック、2015年来日公演を完全再現!

xavelmh056.jpg



◆ NICKELBACK / Fixed to the Edge in Tokyo 2015 (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年来日公演における、5月30日、東京体育館でのライブを、ステージ上でメンバーが使用していた、複数のモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録したタイトルがここに。

まずすっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、オーディエンス録音の最高峰と賞される、MK4マスターによるオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感が、全く違和感無くブレンドされた驚愕のサウンドは、ステレオ・サウンドボードに比肩するクオリティーとなるもの。
そしてアルバム『No Fixed Address』リリースに伴う今回の来日公演は、もはやモンスター・バンドとしての風格すら漂うパフォーマンスとなるもので、新旧のヒット曲はもちろん、映画「スパイダーマン」の主題歌「Hero」、そしてゼップ、イーグルス、ブライアン・アダムス、さらにはボン・ジョヴィ、フー・ファイターズといった、リスペクトに満ち溢れたカヴァーも秀逸。キャリアに裏打ちされた確かな演奏力とパフォーマンスは、唯一無比といえるファン必携メモリアル・アイテム。
Disc 1 : 01. Million Miles an Hour 02. Something in Your Mouth 03. Photograph 04. Hero 05. Gotta Be Somebody 06. Far Away 07. Edge of a Revolution 08. Master of Puppets 09. Too Bad 10. Wanted Dead or Alive 11. Someday
Disc 2 : 01. Band Introduction 02. Animals 03. Moby Dick/Drums Solo 04. She Keeps Me Up 05. Summer of '69/Hotel California 06. Rockstar 07. When We Stand Together 08. Figured You Out 09. How You Remind Me –encore- 10. Everlong 11. Burn It to the Ground
[at Tokyo Metropolitan Gymnasium, Tokyo, Japan 30th May 2015]

◇ Chad Kroeger (Vocals, Guitar), Ryan Peake (Guitar, Vocals), Mike Kroeger (Bass, Backing Vocals), Daniel Adair (Drums, Backing Vocals), Tim Dawson (Guitar)


2015年06月11日

ポール、2015年大阪公演の映像、永久保存プレス盤!

igd001Lw.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / OSAKA DOME 2015 (プレス2DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のIMP系列innergrooveレーベルより、ポール「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015」の、初日となった4月21日、大阪京セラ・ドームでのライブを、ベスト・クオリティー映像で完全再現したタイトルが、限定プレス2DVDにてここに。

まずその映像は、3塁側1Fスタンド前列から捉えたポール中心のクローズ・ショットと、ステージ全体&スクリーンを捉えたショットなど、複数のデジタル・カメラをミックス・編集した、HDクオリティー・オーディエンス映像にて2時間50分にわたりコンプリート収録。良好な映像を、見事な編集で収めており、クローズ・アップからステージ全体、そして時折スクリーン・ショットも交えた、見ごたえ充分な内容となるもので、さらに音声パートは、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターをマトリックス。
そしてライブは約40分遅れのスタートとなった中、期待のオープニング・ナンバーは「Magical Mystery Tour」で、ついにショーはスタート。その後も、とにかく元気いっぱいのポールの姿に、4万人のオーディエンスのボルテージも常に最高潮。
またセットリストも、基本的には前回の来日時に準じたものながら、「Can't Buy Me Love」や「I Saw Her Standing There」などは嬉しいセット入りで、さらに話題の新曲「Hope For The Future」が、この大阪で世界初披露となったことも大きな話題となることに。
とにかく開演前のスタンドやアリーナの様子、終演後の会場外の模様まで余す事なく完全収録した本タイトルは、オーディエンス映像としては最高峰と言える永遠のメモリアル・アイテムとなるプレス2DVD。

DVD 1 : 01. Intro 02.Magical Mystery Tour 03.Save Us 04.Can't Buy Me Love 05.Jet 06.Let Me Roll It 07.Foxy Lady 08.Paperback Writer 09.My Valentine 10.Nineteen Hundred And Eighty-Five 11.Long And Winding Road 12.Maybe I'm Amazed 13.I've Just Seen A Face 14.We Can Work It Out 15.Another Day 16.Hope For The Future (live premiere) 17.And I Love Her 18.Blackbird 19.Here Today 20.New 21.Queenie Eye 22.Lady Madonna
DVD 2 : 01.All Together Now 02.Lovely Rita 03.Eleanor Rigby 04.Being For The Benefit Of Mr. Kite! 05.Something 06.Ob-La-Di, Ob-La-Da  07.Band On The Run 08.Back In The U.S.S.R. 09.Let It Be 10.Live And Let Die 11.Hey Jude –encore- 12.Day Tripper 13.Hi, Hi, Hi 14.I Saw Her Standing There 15.Yesterday 16.Helter Skelter 17.Golden Slumbers/Carry That Weight/The End
[Live at Kyocera Dome, Osaka, Japan, April 21st 2015]
Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion


2015年06月01日

ビートルズUSシングルの究極のコレクション6CD

bt5010spcr.jpg



◆ THE BEATLES / US SINGLES & EPs REMASTRED COLLECTION (プレス6CD) この商品はこちらから

1962年から1986年までに、アメリカでリリースされたアナログ7インチ盤、シングル&EP盤を、新たにリマスターし集大成したコレクションが完全限定プレス6CDにて。

まずdisc:1からdisc:4の17曲目までは、1962年から1986年までに米国内でリリースされたシングル盤を時系列に収録。
そのDISC-1には、1962年の米国初のシングル「マイ・ボニー」から収録。今さらポリドール音源?という意見はともかく、1曲目DECCA盤は英語のイントロ、11曲目のMGM盤は、イントロ無しの異なるバージョンとなっており、また29曲目「エイント・シー・スイート」等のATCO盤には、独自に全く無関係のミュージシャンの演奏を重ね合わせた独特なバージョンが使われている等、すべてウラUS盤ミックスとも呼べるもの。なお、VEE-JAY関連盤は、『THE VEE JAY MASTERS』 にかべて収録されていた中、ここにもVEE-JAY盤4枚、TOLLIE盤2枚が完全収録。他にSWANレーベル盤も2枚あって、キャピトル盤は3枚だけと、初期の米国における混乱期のリリース状況が良くわかる内容に。
続くDISC-2は、すべてがキャピトル盤のリリースで、LP盤と同様、オリジナルの英国盤とは違う米国独自のリリースもあり、単純なキャピトル・ミックスの羅列ではない新鮮な選曲。そして17曲目から28曲目は、1965年秋にアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』の権利をようやく手に入れて作ったSTARLINEシリーズで、同じ趣旨で出した『アーリー・ビートルズ』とは違い、なぜか「カンサス・シティ」も収録。
そしてDISC-3は、1966年5月の「ペイパーバック・ライター」から、1970年3月の「レット・イット・ビー」までを完全収録。
DISC-4は、1970年5月の「ロング・アンド・ワインディング・ロード」で現役時代のシングル盤のリリースは終了となり、次に来るのは1976年の「ヘルター・スケルター」に。その後は「ジュリア」、「サージェント・ペパー」、「リール・ミュージック」「ラブ・ミードゥ」等、とその時期の編集LP盤や関連盤のリリースに連動したラインナップに。また最後の収録は1986年の「ツイスト・アンド・シャウト」の再発となり、以降はアンソロジー関連等、CDと同じ音源のリリースになるので未収録。
またDISC-4の後半に収録されているのは、「E.P.COLLECTION」で、これは米国ではあまりEP盤は作られておらず、VEE-JAYの『SOUVENIER OF THEIR VISIT TO AMERICA』、キャピトルの『FOUR BY THE BEATLES』と『4 BY THE BEATLES』の3枚12曲の収録となることに。

そしてDISC-5の24曲とDISC-6の26曲は、本編4枚の追補的な内容で、「EXTRA SINGLES & E.Ps COLLECTION」と題された、オフィシャル・リリース以外の様々な7インチ盤のコレクションを収録。
まず、DISC-5の1~6曲目と10~16曲目は、ジューク・ボックス専用EP盤。7曲目と16曲目は、アルバムのリリースに合わせて、放送局に配布されたプロモ用インタビュー盤で、ビートルズの「解答」のみを収録。
そして8,9,17,18,19,21曲目は、1964年のビートルズ旋風吹き荒れる中、米国各地のラジオ局やDJが勝手にリリースした便乗レコード。基本インタビューながら、自称「5人目のビートルズ」であるマレー・ザ・K氏のレコードには「シー・ラブズ・ユー」や「アラウンド・ザ・ビートルズ」収録時に生録音した「シャウト」等の演奏も入っている禁断もの。22は、キャピトルが大々的なプロモーション用に作成したソノシートで、10代向けの様々な雑誌に挟み込む方法で配布したと言われているもの。23,24曲目は、シラ・ブラックとピーターとゴードンを売り込むためのプロモ盤で、ジョンとポールによる紹介のイントロをプラス。
最後のDISC-6は、ブレイク後から解散後までにリリースされたものが集められており、さらにディープな内容で、7&8曲目は英国で出されていたジョンの親父の歌うシングル盤を米国でもリリースしたもので、声が似てるので、一聴の価値あり。9曲目の「ペニーレイン」は1967年のキャピトル・プロモ盤だけに収録されたバージョンで、「リミックス10」と呼ばれるエンディングが大きく異なるこれでしか聞けないバージョンで、後にアルバム『レアリティーズ(2)』に収録されたリミックスとは別。10曲目は映画『レット・イット・ビー』のプロモーション用に作られたもので、歌と演奏はほんのさわりだけで、ほとんどは映画の中の会話部分を収録。11,12曲目は、英国で出されていた「FUT」のシングルを米国で何者かが勝手にリリースしたもの。ジョンの歌声に酷似しており、当時はビートルズの未発表曲と信じられて、ブートレグの素材にもよく使われ、ジョン本人がラジオ番組で否定したことでも有名。
そして13,14曲目の「ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」は1976年のシングル・リリース用のプロモーション盤で、独自のミックスを施されており、アルバム『ロックン・ロール・ミュージック』とも違うミックス。
15,16曲目はアルバム『ラブ・ソングス』のシングル・カットに予定されたが中止となったもの。17はアルバム『リール・ミュージック』のプロモ用で1964年の映画『ア・ハード・ディズ・ナイト』について語っている内容。18と22曲目はデッカ・オーディションの音源で、雑誌や書籍の付録に付けられたソノシート。19と20曲目は1962年末のドイツ・スター・クラブでのライブ音源をシリーズにしたシングル盤より。ここでは特別に最新の高音質リマスタリング音源で収録。
21曲目はストア限定配布用にキャピトルが作成した4種類の販促用の非売品ソノシートの一枚で、唯一既発音源とは違うクリスマスレコードの音源と、ドイツ語バージョンをメドレーに編集した特別な音源を使用したレア盤。
23,24曲目はアルバム『セッションズ』と同時リリース予定だったのがアルバムと同じく発売中止になったシングル。最後には、ボーナスとして、最近発掘されたBBCラジオ出演時の新音源2曲を収録。特に注目すべきは「ラブ・ミー・ドゥ」で、フェイドアウトせずに完奏するエンディングは衝撃的。

なお音質クオリティーは、当時のアナログ盤からの針起こしながら、最新のデジタル・リマスタリングで、ごく一部を除き、ノイズレスでクリアーな高音質で収録。装丁は見開きの紙ジャケットで旗帯とFOREVER(丸)帯のリバーシブル帯付。すべての収録曲の原盤の写真とデータを記した12面解説書にもなる折込ポスターも封入。
しかもリーズナブルな希少な海外プレス盤。完全限定250セットのリリース。

DISC 1:
[U.S.SINGLES COLLECTION]
01.My Bonnie 02.The Saints 03.Please Please Me 04.Ask Me Why 05.From Me To You 06.Thank You Girl 07.She Loves You 08.I'll Get You 09.I Want To Hold Your Hand 10.I Saw Her Standing There 11.My Bonnie 12.The Saints 13.Please Please Me 14.From Me To You 15.Twist And Shout 16.There's A Place 17.Can't Buy Me Love 18.You Can't Do That 19.Do You Want To Know A Secret 20.Thank You Girl 21.Why 22.Cry For A Shadow 23.Love Me Do 24.P.S. I Love You 25.Sie Liebt Dich 26.I'll Get You 27.Sweet Georgia Brown 28.Take Out Some Insurance On Me Baby 29.Ain't She Sweet 30.Nobody's Child 31.A Hard Day's Night 32.I Should Have Known Better

DISC 2: 01.I'll Cry Instead 02.I'm Happy Just To Dance With You 03.And I Love Her 04.If I Fell 05.Slow Down 06.Matchbox 07.I Feel Fine 08.She's A Woman 09.Eight Days A Week 10.I Don't Want To Spoil The Party 11.Ticket To Ride 12.Yes It Is 13.Help! 14.I'm Down 15.Yesterday 16.Act Naturally 17.Twist And Shout 18.There's A Place 19.Love Me Do 20.P.S. I Love You 21.Please Please Me 22.From Me To You 23.Do You Want To Know A Secret 24.Thank You Girl 25.Roll Over Beetoven 26.Misery 27.Kansas City 28.Boys 29.We Can Work It Out 30.Day Tripper 31.Nowhere Man 32.What Goes On

DISC 3:01.Paperback Writer 02.Rain 03.Yellow Submarine 04.Eleanor Rigby 05.Strawberry Fields Forever 06.Penny Lane 07.All You Need Is Love 08.Baby, You're A Rich Man 09.Hello, Goodbye 10.I Am The Walrus 11.Lady Madonna 12.The Inner Light 13.Hey Jude 14.Revolution 15.Get Back 16.Don't Let Me Down 17.The Ballad Of John And Yoko 18.Old Brown Shoe 19.Something 20.Come Together 21.Let It Be 22.You Know My Name (Look Up The Number)

DISC 4:01.The Long And Winding Road 02.You Blue 03.Got To Get Into My Life 04.Helter Skelter 05.Ob-La-Di, Ob-La-Da 06.Julia 07.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 08.With a Little Help from My Friends 09.A Day in the Life 10.Movie Medley 11.I'm Happy Just To Dance With You 12.Love Me Do 13.P.S. I Love You 14.I Want to Hold Your Hand 15.I Saw Her Standing There 16.Twist And Shout 17.There's A Place

[U.S.EP COLLECTION]
18.MISERY 19.TASETE OF HONEY 20.ASKE ME WHY 21.ANNA 22.Roll Over Beethoven 23.All My Loving 24.This Boy 25.Please Mister Postman 26.Honey Don’t 27.Im A Loser 28.Mr Moonlight 29.Everybodys Trying To Be My Baby

DISC 5:
[EXTRA SINGLES & EPs COLLECTION]
01.It Wont Be Long 02.This Boy 03.All My Loving 04.Don't Bother Me 05.All Ive Got To Do 06.I Wanna Be Your Man 07.Promo Meet The Beatles Open-End Interview 08.WQAM Beatles In Miami(side 1) 09.WQAM Beatles In Miami(side 2) 10.Thank You Girl 11.Devil In Her Heart 12.Money 13.Long Tall Sally 14.I Call Your Name 15.Please Mister Postman 16.Promo SECOND [OPEN END INTERVIEW]
17.Remember,We Don't Like Them,We Love Them(side 1) 18.Remember,We Don't Like Them,We Love Them(side 2) 19.Murray The K - As It Happened(side 1) 20.Murray The K - As It Happened(side 2) 21.Promo MUSIC CITY KFW BEATLES 22.Promo Capitol magazine Flexi 23.Promo The Beatles Introduce New Songs/ It's For You 24.Promo The Beatles Introduce New Songs/ I Don't Want To See You Again

DISC 6:01.I'll Cry Instead 02.And I Love Her 03.Slow Down 04.If I Fell 05.Tell Me Why 06.Matchbox 07.That's My Life (My Love And My Home) 08.The Next Time You Feel Important 09.Promo Penny Lane 10.Promo Dialogue from The Beatles Motion Picture Let It Be 11.Have You Heard The Word 12.Futting 13.Got To Get You Into My Life 1976 Promo 14.Got To Get You Into My Life 1976 Promo 15.Girl 16.Youre Going to Lose That Girl 17.The Beatles Movie Medley Fab Four On Film 18.Like Dreamers Do 19.I Saw Her Standing There 20.Shimmy Like Kate 21.The Beatles German Medley 22.Three Cool Cats 23.Leave My Kitten Alone 24.Ob-La-Di Ob-La-Da (BONUS) 25.Till There Was You 26.Love Me Do


カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37