« 2015年07月 | メイン | 2015年09月 »

2015年08月30日

ストーンズ「ZIP CODE TOUR」からマトリックス・ライブvol.2!

xavels047.jpg



◆ ROLLING STONES / ROLLING STONES / ZIP CODE : INDIANAPOLIS 46222 (プレス2CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、ストーンズ2015年「ZIP CODE TOUR」北米レグ、12公演目7月4日インディアナ、インディアナポリスでのライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、それぞれバランスの異なるモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、コンプリートしたタイトルがここに。

まずすっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、MK4マスターによるオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、左チャンネルにロニー、右チャンネルにキース、センターにミックといった具合に、完璧な定位で全ての楽器をクリアーに聴きとることができ、ステレオ・サウンドボード音源と同レベルのパーフェクトなサウンド・バランス。
そしてセットもこの終盤からシフト・チェンジしており、”Let's Spend the Night Together”が入り、”Doom And Gloom”の代わりに前年の欧州ツアーでは披露されていた”Out Of Control”がセットイン。そして『STICKY FINGERS』セットからは、”Wild Horses”と”Bitch”、日替わりリクエストでは" Let It Bleed "も久々に登場。
ホログラム加工の美麗アートワーク、日本語帯つき仕様でのリリースで、200セット限定ナンバリング・シート付属のプレス2CDゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Opening 02. Jumpin' Jack Flash 03. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It) 04. Let's Spend the Night Together 05. Tumbling Dice 06. Out Of Control 07. Let It Bleed (Song Vote Winner) 08. Wild Horses 09. Bitch 10. Honky Tonk Women 11. Band Introduction 12. Before They Make Me Run (with Keith on lead vocals) 13. Happy (with Keith on lead vocals) 14. Midnight Rambler
Disc 2 : 01. Miss You 02. Gimme Shelter 03. Start Me Up 04. Sympathy For The Devil 05. Brown Sugar –encore- 06. You Can't Always Get What You Want (with the Butler University Chorale) 07. (I Can't Get No) Satisfaction 08. Closing with Fireworks
[Live at Indianapolis Motor Speedway, Speedway, IN, USA 4th July 2015 : Multiple IEM Sources + Audience Source = Matrix Recording]

Personnel : Mick Jagger (Vocals, Guitar), Keith Richards (Guitar, Vocals), Charlie Watts (Drums), Ronnie Wood (Guitar), Chuck Leavell (Keyboards), Darryl Jones (Bass), Lisa Fischer (Background Vocals), Bernard Fowler (Background Vocals), Tim Ries (Saxophone), Karl Denson (Tenor Saxophone) & Matt Clifford (Keyboards, French Horn)

2015年08月29日

ストーンズ「ZIP CODE TOUR」からマトリックス・ライブvol.1!

xavels046.jpg



◆ ROLLING STONES / ROLLING STONES / ZIP CODE: RALEIGH 27607 (プレス2CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、ストーンズ2015年「ZIP CODE TOUR」北米レグ、11公演目7月1日ノース・キャロライナ、ローリーでのライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、それぞれバランスの異なるモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、コンプリートしたタイトルがここに。

まずすっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、MK4マスターによるオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、左チャンネルにロニー、右チャンネルにキース、センターにミックといった具合に、完璧な定位で全ての楽器をクリアーに聴きとることができ、ステレオ・サウンドボード音源と同レベルのパーフェクトなサウンド・バランス。
そしてライブ内容としては、終盤にきてこれまで定番セットだった”Doom And Gloom”がついにセット落ちし、代わりに”Out Of Control”が。そして『STICKY FINGERS』セットからは、”Bitch”に”Moonlight Mile”と続き、日替わりリクエストでは"Shine A Light"もセットインし、『STICKY FINGERS』からは計4曲を披露というもの。
ホログラム加工の美麗アートワーク、日本語帯つき仕様でのリリースで、200セット限定ナンバリング・シート付属のプレス2CDゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Opening 02. Jumpin' Jack Flash 03. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It) 04. Let's Spend the Night Together 05. Tumbling Dice 06. Out Of Control 07. Bitch 08. Moonlight Mile 09. Shine A Light (Song Vote Winner) 10. Honky Tonk Women 11. Band Introduction 12. Before They Make Me Run (with Keith on lead vocals) 13. Happy (with Keith on lead vocals) 14. Midnight Rambler
Disc 2 : 01. Miss You 02. Gimme Shelter 03. Start Me Up 04. Sympathy For The Devil 05. Brown Sugar –encore- 06. You Can't Always Get What You Want (with The Duke Vespers Ensemble) 07. (I Can't Get No) Satisfaction 08. Closing
[Live at Carter-Finley Stadium, Raleigh, NC, USA 1st July 2015 : Multiple IEM Sources + Audience Source = Matrix Recording]

◇Personnel : Mick Jagger (Vocals, Guitar), Keith Richards (Guitar, Vocals), Charlie Watts (Drums), Ronnie Wood (Guitar), Chuck Leavell (Keyboards), Darryl Jones (Bass), Lisa Fischer (Background Vocals), Bernard Fowler (Background Vocals), Tim Ries (Saxophone), Karl Denson (Tenor Saxophone) & Matt Clifford (Keyboards, French Horn)


2015年08月26日

ビートルズ「ハリウッドボウル」の最新リマスター・アイテム!

ccp001sp.jpg



◆ THE BEATLES / HOLLYWOOD BOWL COMPLETE MASTER REEL COLLECTION (2CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズの歴史的ライブとしてあまりに有名な、1964&65年ハリウッド・ボウル公演の音源と映像を完全網羅した、2015年5最新リマスターによる『コンプリート・マスターリール・コレクション』がここに。
現存するマスター・リール音源と、アセテート原盤による2CD、そしてDVD映像には数ある素材を駆使し、1964年のコンサートを完全コンプリート収録。また貴重なドキュメンタリー・フィルムやニュース映像、1965年公演の貴重なカラー映像等も収録した注目のプレス2CD+1DVD。


まず音源CDには、60年代にアメリカ・キャピトル・レコード主導で、ライブ・アルバムの発売が企画され、1964&65年ロサンゼルスでのハリウッド・ボウル公演を、3トラック・サウンドボード・レコーディングしたものの、当時はリリースされずにお蔵入りとなった、現存するライブ音源をコンプリート収録。Disc:1には1964年8月23日公演を2015年リマスターのステレオ・サウンドボード音源と、モノラル・アセテート音源にて。さらにdisc:2には1965年8月29&300日公演を、こちらも2015年リマスターのステレオ・サウンドボード音源にて。
そして映像DVDには、1964年公演を複数のフィルムやニュース映像を編集しコンプリート収録し、また未編集のコンサート・フィルム映像やニュース映像、クオリティーが向上したインタビューやライブ映像なども収録。さらに数少ない貴重な映像記録といえる1965年公演も、カラー・フィルムと白黒ニュース映像で収め、近年発掘の新映像マテリアルも含めて、トータル90分の収録となることに。
ビートルズ・ライブのマスト・アイテムとして必携のハリウッド・ボウル2015年版ベスト・コレクション。

CD ONE :
(8-23-1964 : STEREO REMASTER) 1. INTRODUCTION 2. TWIST AND SHOUT 3. YOU CAN'T DO THAT 4. ALL MY LOVING 5. SHE LOVES YOU 6. THINGS WE SAID TODAY 7. ROLL OVER BEETHOVEN 8. CAN'T BUY ME LOVE 9. IF I FELL 10. I WANT TO HOLD YOUR HAND 11. BOYS 12. A HARD DAY'S NIGHT 13. LONG TALL SALLY 14. WE WANT THE BEATLES
(8-23-1964 : MONO ACETATE MASTER) 15. INTRODUCTION 16. TWIST AND SHOUT 17. YOU CAN'T DO THAT 18. ALL MY LOVING 19. SHE LOVES YOU 20. THINGS WE SAID TODAY 21. ROLL OVER BEETHOVEN 22. CAN'T BUY ME LOVE 23. IF I FELL 24. I WANT TO HOLD YOUR HAND 25. BOYS 26. A HARD DAY'S NIGHT 27. LONG TALL SALLY
[Live At The Hollywood Bowl, Hollywood, CA, USA August 23rd 1964]

CD TWO :
(8-29-1965 : STEREO REMASTER) 01. INTRODUCTION 02. TWIST AND SHOUT 03. SHE'S A WOMAN 04. I FEEL FINE 05. DIZZY MISS LIZZY 06. TICKET TO RIDE 07. EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 08. CAN'T BUY ME LOVE 09. BABY'S IN BLACK 10. I WANNA BE YOUR MAN 11. A HARD DAY'S NIGHT 12. HELP! 13. I'M DOWN
[Live At The Hollywood Bowl, Hollywood, CA, USA August 29th 1965]
(8-30-1965 : STEREO REMASTER) 14. INTRODUCTION 15. TWIST AND SHOUT 16. SHE'S A WOMAN 17. I FEEL FINE 18. DIZZY MISS LIZZY 19. TICKET TO RIDE 20. EVERYBODY'S TRYING TO BE MY BABY 21. CAN'T BUY ME LOVE 22. BABY'S IN BLACK 23. I WANNA BE YOUR MAN 24. A HARD DAY'S NIGHT 25. HELP! 26. I'M DOWN 27. OUTRODUCTION
[Live At The Hollywood Bowl, Hollywood, CA, USA August 30th 1965]

DVD : NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 90min.
[LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL 1964] INTRODUCTION / TWIST AND SHOUT / YOU CAN'T DO THAT / ALL MY LOVING / SHE LOVES YOU / THINGS WE SAID TODAY / ROLL OVER BEETHOVEN / CAN'T BUY ME LOVE / IF I FELL / I WANT TO HOLD YOUR HAND / BOYS / A HARD DAY'S NIGHT / LONG TALL SALLY
[VIDEO EXTRA] HOLLYWOOD BOWL 1964 NEWSREELS ORIGINAL CONCERT FILMS 1 / ORIGINAL CONCERT FILMS 2 / A HARD DAY'S NIGHT (CBS NEWS) / AP NEWS INTERVIEW 1964 / LA INTERVIEWS 1965 / CONCERT COLOUR FILM 1965 / INTERVIEW 1965 / CONCERT REPORT 1965


2015年08月19日

レインボー初来日公演の限定ボックス・セット!

evsd793sl.jpg



◆ RAINBOW / RETURN OF SATAN 「魔王降臨」 (6CD BOX +LTD. 1CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより2015年春にリリース同時に、初回限定盤は即日完売した幻のアイテムが、200セット限定のセカンド・プレス・ボックスとして登場。

発売前から大きな話題を呼んでいた、レインボー1976年初来日公演の東京3公演をコンパイルしたもので、12月2日東京体育館、そして12月6日の日本武道館公演は昼夜2回のライブを、いずれもコンプリートで。特にその音質クオリティーは各方面で絶賛済みで、特に東京体育館と武道館のイヴニング・ショーは驚異的なもの。
そして今回のセカンド・エディションにおいては、「KNIGHTS OF RAINBOW -虹色の騎士- :東京体育館(2CD)」、そして「THE CROWN OF KING -覇者の王冠」- :日本武道館(4CD)」が、帯付紙ジャケット仕様にて収納。
さらに限定ボーナス・プレスCDとして、FMでオンエアー大阪公演もプラスされ、こちらも過去最高音質のサウンドボード音源となるもの。
そして紙ジャケット・デザインは、プロモーション用に、当時配布されたソノシート盤のデザインとなっており、因みに本ボックスのアートワークに使用された写真は、全て当日の未発表写真ゆえ、音源のみならず、アートワークでもその凄さを確認するというもの。
なお、初回限定盤とはボックスの一部のデザインと、ディスク・レーベル面のデザインが異なる以外、内容等に関しては全く同じなので、初回盤が入手できなかった方も、今回も限定200セットゆえお早めに。

◇RAINBOW / KNIGHTS OF RAINBOW 「虹色の騎士」東京体育館
DISC 1 : 1. OPENING 2. OVER THE RAINBOW 3. KILL THE KING 4. MISTREATED INTRODUCTION / PROMOTER'S ANNOUNCEMENT 5. MISTREATED 6. GREENSLEEVES 7. SIXTEENTH CENTURY GREENSLEEVES 8. BWV147 9. CATCH THE RAINBOW 10. BAND INTRODUCTION 11. LAZY / WHITE CHRISTMAS 12. MAN ON THE SILVER MOUNTAIN 13. BLUES 14. STARSTRUCK / MAN ON THE SILVER MOUNTAIN
DISC 2 : 1. TONY CAREY KEYBOARD SOLO 2. STARGAZER 3. STILL I'M SAD 4. COZY POWELL DRUM SOLO 5. 1812 OVERTURE 6. STILL I'M SAD 7. DO YOU CLOSE YOUR EYES 8. OVER THE RAINBOW : PROMOTER'S ANNOUNCEMENT
[Live at Tokyo Metropolitan Gymnasium, Tokyo, Japan 2nd December 1976]

◇ THE CROWN OF KING 「覇者の王冠」日本武道館
DISC 1 : 01. OPENING 02. OVER THE RAINBOW 03. KILL THE KING 04. MISTREATED 05. GREENSLEEVES 06. SIXTEENTH CENTURY GREENSLEEVES 07. BWV147 08. CATCH THE RAINBOW 09. BAND INTRODUCTION 10. MAN ON THE SILVER MOUNTAIN 11. STARSTRUCK / MAN ON THE SILVER MOUNTAIN
DISC 2 : 01. TONY CAREY KEYBOARD SOLO 02. A LIGHT IN THE BLACK 03. WHITE CHRISTMAS 04. STILL I'M SAD 05. COZY POWELL DRUM SOLO 06. 1812 OVERTURE 07. STILL I'M SAD 08. OVER THE RAINBOW / PROMOTER'S ANNOUNCEMENT
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 16th December 1976 : Afternoon Show]

DISC 3 : 01. OPENING / JINGLE BELL 02. OVER THE RAINBOW 03. KILL THE KING 04. MISTREATED 05. GREENSLEEVES 06. SIXTEENTH CENTURY GREENSLEEVES 07. BWV14 08. CATCH THE RAINBOW 09. LAZY : WHITE CHRISTMAS 10. MAN ON THE SILVER MOUNTAIN 11. STARSTRUCK / MAN ON THE SILVER MOUNTAIN
DISC 4 : 01. TONY CAREY KEYBOARD SOLO 02. STARGAZER 03. STILL I'M SAD 04. COZY POWELL DRUM SOLO 05. 1812 OVERTURE 06. STILL I'M SAD 07. DO YOU CLOSE YOUR EYES 08. OVER THE RAINBOW /PROMOTER'S ANNOUNCEMENT
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 16th December 1976 : Evening Show]

2015年08月18日

フジロック最終日の大トリ、ノエルを音と映像で完全再現!

xavelhm065.jpg



◆ Noel Gallagher's High Flying Birds / Fuji Rock 2015 (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年フジロックにおいて、最終日の大トリを務めた際のライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、それぞれバランスの異なるモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、完全コンプリートしたタイトルがここに。

まずすっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、オーディエンス録音の最高峰と賞される、MK4マスターによるオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感が、全く違和感無くブレンドされた驚愕のサウンドは、ステレオ・サウンドボードに比肩するクオリティーとなるもの。
そして4月の来日ツアーから3ヶ月後、再び日本の地を踏んだノエルは、公約どおり、ここでは”Whatever”も披露してくれ、しかも今回は久々のエレクトリック・ヴァージョンゆえ、その感動もひとしお。さらにエンディング”Don't Look Back In Anger”の大合唱はいつ聞いても圧巻であり、苗場の山にこだまする様子は、この3日間を締めるに相応しいもの。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様を会場に設置されたモニター映像を、固定カメラにて撮影した良質オーディエンス・ショットにて、こちらもコンプリート収録。

ライブ全編を安定したスクリーン・ショットで観れるうえ、音声パートはハイクオリティーなCD音源ソースをマトリックスするというこだわりよう。2015年フジロックでのファイナル・パフォーマンスを、音と映像で完全再現した、ファン必携のメモリアル・アイテム。


Disc 1 : 01. Opening 02. Everybodys On The Run 03. Lock All The Doors 04. In The Heat Of The Moment 05. Fade Away 06. Riverman 07. The Death Of You And Me 08. You Know We Can't Go Back 09. Champagne Supernova 10. Dream On
Disc 2 : 01. Talk Tonight 02. Whatever 03. The Mexican 04. If I Had A Gun 05. Digsy's Dinner 06. Half The World Away 07. The Masterplan 08. AKA...What A Life! 09. Don't Look Back In Anger 10. Closing
[Fuji Rock 2015 : at Naeba Ski Resort, Niigata, Japan 26th July 2015 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]

DVD-R : 01. Opening 02. Everybodys On The Run 03. Lock All The Doors 04. In The Heat Of The Moment 05. Fade Away 06. Riverman 07. The Death Of You And Me 08. You Know We Can't Go Back 09. Champagne Supernova 10. Dream On 11. Talk Tonight 12. Whatever 13. The Mexican 14. If I Had A Gun 15. Digsy's Dinner 16. Half The World Away 17. The Masterplan 18. AKA...What A Life! 19. Don't Look Back In Anger 20. Closing
[Fuji Rock 2015 : at Naeba Ski Resort, Niigata, Japan 26th July 2015]


2015年08月17日

フジロック2日目のトリ、ミューズを音と映像で完全再現!

xavelhm064.jpg



◆ MUSE / Night of Naeba Drones Fuji Rock 2015 (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年フジロックにおいて、2日目、7月25日のヘッドライナーを務めた際のライブを、マシュー・ベラミーとクリス・ウォルステンホルムがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、完全コンプリートしたタイトルがここに。

まずすっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、オーディエンス録音の最高峰と賞される、MK4マスターによるオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感が、全く違和感無くブレンドされた驚愕のサウンドは、ステレオ・サウンドボードに比肩するクオリティーとなるもの。
そして来日前の6月に3年振り、通算7作目のアルバム「Drones」をリリースしただけに、同アルバム・ナンバーを軸に、もちろん過去の代表曲も織り交ぜて、英国ロック・バンドとして破格の存在感を放つ、最強の3ピース・バンドであることをアピール。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様を会場に設置されたモニター映像を、固定カメラにて撮影した良質オーディエンス・ショットにて、こちらもコンプリート収録。

ライブ全編を安定したスクリーン・ショットで観れるうえ、音声パートはハイクオリティーなCD音源ソースをマトリックスするというこだわりよう。5年ぶりのフジロックでのパフォーマンスを音と映像で完全再現した、ファン必携のメモリアル・アイテム。

CD 1 : 01. Drill Sergeant / Psycho 02. Supermassive Black Hole 03. The Handler 04. Plug In Baby 05. Dead Inside 06. Uprising 07. Hysteria 08. Munich Jam
CD 2 : 01. Citizen Erased 02. Apocalypse Please 03. Starlight 04. Burning Bridges Intro 05. Time Is Running Out 06. Reapers 07. Madness 08. Mercy 09. Man With A Harmonica / Knights Of Cydonia 10. Closing
[Fuji Rock 2015 : at Naeba Ski Resort, Niigata, Japan 25th July 2015 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]

DVD-R : 01. Drill Sergeant / Psycho 02. Supermassive Black Hole 03. The Handler 04. Plug In Baby 05. Dead Inside 06. Uprising 07. Hysteria 08. Munich Jam 09. Citizen Erased 10. Apocalypse Please 11. Starlight 12. Burning Bridges Intro 13. Time Is Running Out 14. Reapers 15. Madness 16. Mercy 17. Man With A Harmonica / Knights Of Cydonia 18. Closing
[Fuji Rock 2015 : at Naeba Ski Resort, Niigata, Japan 25th July 2015]

2015年08月16日

フジロック初日のトリ、フー・ファイターズを音と映像で完全再現!

xavelhm063.jpg



◆ FOO FIGHTERS / Dave Says Hi! Fuji Rock 2015 (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年フジロックにおいて、初日24日のヘッドライナーを務めた際のライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、それぞれバランスの異なるモニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、完全コンプリートしたタイトルがここに。

まずすっかりおなじみとなった同レーベルの、マルチIEMソース+オーディエンス・ソース音源において、オーディエンス録音の最高峰と賞される、MK4マスターによるオーディエンス音源を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしており、圧倒的な分離とクリアネス、そして分厚い低音と臨場感が、全く違和感無くブレンドされた驚愕のサウンドは、ステレオ・サウンドボードに比肩するクオリティーとなるもの。
そして来日直前のアメリカ・ツアー中にデイブが足を骨折し、ツアー日程をキャンセルする事態になっていたため、来日も心配された中、まだ歩けないものの、無事に元気な姿を待ちわびた観客に披露。そして”Everlong”からスタートするや、ラストまでフルスロットル全開のライブを見せつけ、初日の締めるに相応しいパフォーマンスは爽快かつ圧巻もの。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様を会場に設置されたモニター映像を、固定カメラにて撮影した良質オーディエンス・ショットにて、こちらもコンプリート収録。

ライブ全編を安定したスクリーン・ショットで観れるうえ、音声パートはハイクオリティーなCD音源ソースをマトリックスするというこだわりよう。2015年フジロックでのパフォーマンスを、音と映像で完全再現した、ファン必携のメモリアル・アイテム。

CD 1 : 01. Opening 02. Everlong 03. Monkey Wrench 04. Learn To Fly 05. Something From Nothing 06. Pretender 07. Big Me 08. Congregation 09. Walk 10. Band Introduction
CD 2 : 01. Cold Day In The Sun 02. My Hero 03. Times Like These 04. Under Pressure 05. All My Life 06. Outside 07. Breakout 08. Best Of You 09. Closing
[Fuji Rock 2015 : at Naeba Ski Resort, Niigata, Japan 24th July 2015 : Multiple IEM Sources + EX-Audience Source (Original MK4 Master) = Matrix Recording]

DVD-R : 01. Opening 02. Everlong 03. Monkey Wrench 04. Learn To Fly 05. Something From Nothing 06. Pretender 07. Big Me 08. Congregation 09. Walk 10. Band Introduction 11. Cold Day In The Sun 12. My Hero 13. Times Like These 14. Under Pressure 15. All My Life 16. Outside 17. Breakout 18. Best Of You 19. Closing
[Fuji Rock 2015 : at Naeba Ski Resort, Niigata, Japan 24th July 2015]

2015年08月09日

ジョンのホーム・レコーディング集大成シリーズvol.1

mccd497.jpg



◆ JOHN LENNON / COMPLETE HOME DEMO RECORDINGS VOL.1 (プレス5CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ジョンのハウスハズバンド期と呼ばれる、1975年から1980年にかけてレコーディングされたデモ音源等を、初登場音源も含みて完全コンパイルしたタイトルの第1弾がここに。

ジョンの残した音源は膨大な数にのぼり、体系的にまとめた資料がこれまで無かったため、その全体の把握は困難な状況で、80年代後半に話題を呼んだラジオ・プログラム『THE LOST LENNON TAPES』でも、断片的に初登場音源が収録されていたり、また近年になっても新たな音源が出てくるといった、実に混沌とした現状において、ここではその音源を体系的にまとめるべく、1975年から1980年までのデモ音源を、体系的に収録。
5枚X2セットのシリーズとなるその第1弾が本タイトルで、デモ音源という曲作りの初期段階の音源を聴くことにより、曲が完成するまでの過程が非常によくわかるもので、例えば「スターティング・オーヴァー」が当初「Don’t Be Crazy」という曲名だったこと、そして歌詞が大幅に異なっていたこと、さらに元々は別の曲として作られた曲を再構築して1曲にまとめたことなどが、このデモ音源集からうかがい知ることができるというもの。
そして重要なのが、デモ音源の特性上、楽器は最小限のものであって、あくまでメインはジョンのヴォーカルという点で、ヴォーカリストとしてのジョンをシンプルな演奏ゆえに、より充分に堪能できるという点が、デモ音源の最大の魅力と言えるもの。
なお、リリースを前提としていない時代のデモ音源だけあって、今でも公式には未発表のままになっている楽曲が多いのが特長で、その中には1995年にビートルズの新曲として発表された「Free As A Bird」と「Real Love」はもちろんのこと、第三の新曲として検討された「Now And Then」も収録。そして1979年くらいからは、後に「ダブル・ファンタジー」として陽の目を見る楽曲の初期デモが多く並び、アルバムを発表しようという意識を伺い知れるもの。永久保存5CDプレス盤にて。

DISC 1:
[PIANO DEMO] 01. Tennessee (Take 1) (Watching the Wheels) 02. Tennessee (Take 3) 03. Tennessee (Take 4) 04. Tennessee (Take 5) 05. Sally And Billy (Take 2) (Only People) 06. Sally And Billy (Take 3) 07. Everybody(Nobody Told Me)
[1976 PIANO DEMO] 08. Cookin' (In The Kitchen Of Love)(Take 1) 09. Cookin' (In The Kitchen Of Love)(Unknown take) 10. Cookin' (In The Kitchen Of Love)(Take 8) 11. She Is A Friend Of Dorothy's (Take 2 complete) 12. She Is A Friend Of Dorothy's (Take 7)
[ACOUSTIC GUITAR DEMO] 13. Mucho Mungo 1977
[PIANO DEMO] 14. Now and Then (I Don't Want To Lose You original source) 15. Now and Then (I Don't Want To Lose You) (restored Beatle reunion master) 16. Free As A Bird (Take 1) 17. Free As A Bird (Take 3)
[ACOUSTIC GUITAR DEMO] 18. Whatever Happened To...? (Partial take 1 with voiceover) 19. Whatever Happened To...? (Take 2)
[PIANO DEMO] 20. Mirror, Mirror (Take 1) 21. Mirror, Mirror (Take 2) 22. Mirror, Mirror (Take 3) 23. Mirror, Mirror (Take 4) 24. Mirror, Mirror (Take 5)
ACOUSTIC GUITAR DEMO] 25. One Of The Boys (Take 1) 26. One Of The Boys (Take 2)

DISC 2 :
[PIANO DEMO] 01. Sea Medley: - When I Was Young and In My Prime- My Old Man’s A Dustman - I Do Like To Be Beside The Seaside- Leaning On A Lam post - Chinese Laundry Blues 1978 02. Maurice DuPont (Act I) 03. Maurice DuPont (Act II) 04. Maurice DuPont (Act III)
[ACOUSTIC GUITAR DEMO] 05. Too Much Monkey Business - Subterranean Homesick Blues 06. Rock Island Line 07. Brown Eyed Handsome Man - Get Back 08. Beyond The Sea - Blue Moon - Young Love 09. Satire 1 (“Lord, Take this Makeup Off Me”) 10. Satire 2 (“News Of The Day”) 11. Satire 3 - Maggie Mae 12. Falling In Love Again 13. I'm A Man 14. "'Twas a night like Ethel Merman" 15. Dialogue “Search For Tomorrow”16. The Great Wok
[1979 ACOUSTIC GUITAR DEMO] 17. I Don't Wanna Face It #1 (Early demo take 2) 18. I Don't Wanna Face It #2 (Early demo unknown take) 19. I Watch Your Face 20. The Diary Tape September 5, 1979
[PIANO DEMO] 21. Serve Yourself #1 22. Serve Yourself #2 23. That's The Way The World Is (Real Love/I’m Stepping Out)(Take 1) 24. That's The Way The World Is (Take 2) 25. Don't Be Crazy (Take 1)((Just Like) Starting Over) 26. Don't Be Crazy (Take 2) 27. Baby Make Love To You (Real Love) 28. Baby Make Love To You - Girls And Boys #1

DISC 3 :
[PIANO DEMO] 01. Girls And Boys #2 (Real Love) 02. Real Life #1 (Take 1- complete)(I’m Steeping Out/Real Love) 03. Real Life #2 (Take 2) 04. Real Life #3 (Take 3- complete) 05. Real Life #4 (Take 4- complete) 06. Real Life #5 (Composite demo fragment) (I’m Steeping Out) 07. Real Life #6 (‘Let Go’ bridge 1)(Real Love/I’m Steeping Out) 08. Real Life #7 (‘Let Go’ bridge 2) 09. Serve Yourself #3 10. Serve Yourself #4 11. Girls And Boys #3 12. Girls And Boys #4 (fragment with voice over)
[ACOUSTIC GUITAR DEMO] 13. It’s Real 14. The Diary Tape October 10, 1979 15. Not For Love Nor Money 16. The Diary Tape Oct - Nov, 1979 17. The Diary Tape November 22, 1979 (Sean’s ‘Little Help’/With A little Help from My Friends) 18. Sean's "In The Sky" 19. Sean's "Loud" 20. Sean's "Serve Yourself - Be-Bop-A-Lula" LATE 1979 to EARLY 1980
[GUITAR DEMO] 21. Beautiful Boy (instrumental jam with voice over) 22. Electric guitar with drum machine improvisation

DISC 4 :
[GUITAR with DRUM MACHINE DEMO] 01. Beautiful Boy (12 minute version) 02. Rock Island Line 03. Hawling At The Moon 04. Beautiful Boy - Howling At The Moon - Across The River 05. She Runs Them Round In Circles - Beautiful Boy 06. Many Rivers To Cross - My Girl 07. Help Me To Help Myself 08. Life Begins At 40 09. Across The River 10. India India 11. Improvisation #1 12. Improvisation #2
[1980 ACOUSTIC DEMO] 13. Girls And Boys (Early Take)(Real Love) 14. Girls And Boys (take 4)(Real Love) 15. Girls And Boys (take 5)(Real Love) 16. Girls And Boys (take 6)(Real Love)
[PIANO DEMO] 17. Emotional Wreck (take 1)(Watching The Wheels) 18. Emotional Wreck (take 2)(Watching The Wheels) 19. Watching The Wheels #1 - Howling The Moon 20. Watching The Wheels #2 - Howling The Moon 21. Watching The Wheels #3 22. Watching The Wheels #4 (take 18) 23. Watching The Wheels #5 (take 19) 24. Watching The Wheels #6 (take 20) 25. Watching The Wheels #7 (take 91) 26. Watching The Wheels #8 (take 1)

DISC 5 :
[PIANO DEMO] 01. Watching The Wheels #9 (take 1) 02. Watching The Wheels #10 (take 6) 03. Watching The Wheels #11 04. Watching The Wheels #12 (I’m Crazy) (“Side Two- Take 1”) 05. Watching The Wheels #13 (“After Lunch, Take 1”) 06. Watching The Wheels #14 07. Strangers Room #1 (I’m Losing You) 08. John Henry #1 09. Strangers Room #2 (I’m Losing You) 10. Strangers Room #3 (I’m Losing You)
[GUITAR DEMO] 11. John Henry #2 12. John Henry #3 13. Watching The Wheels (complete) 14. Corrina Corrina
[ACOUSTIC DEMO] 15. My Life #1 (take 1 - complete) ((Just Like) Starting Over) 16. My Life #2 (take 2) ((Just Like) Starting Over) 17. My Life #3 (take 3 - complete) ((Just Like) Starting Over) 18. My Life #4 (unknown take)((Just Like) Starting Over)
[PIANO DEMO] 19. Serve Yourself #5 20. Serve Yourself #6 21. Memories - Howling At The Moon #1 22. Cathy's Clown 23. You Send Me 24. Memories - Howling At The Moon #2


2015年08月07日

ポール最新プロショットライブが、ブルーレイにて

nd5358bd.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / Lollapalooza Chicago 2015 BDR (1Blu-ray) この商品はこちらから

ポール「アウト・ゼア・ツアー2015」ユーロ&USツアーのあと、7月31日には北米ツアーの最終公演となった、恒例のロラパルーザ・フェスの初日にヘッドライナーとして出演。その際の模様を、WEBキャストにてオンエアーされた、ブロードキャスト・ソースからのプロショット映像をダイレクトにブルーレイ化。
オンエアーされたのが全13曲ゆえ、ダイジェスト的ではあるものの、オープニングの”Magical Mystery Tour”、”We Can Work It Out”とのメドレーと言う形による、リアーナとカニエ・ウェストとの共演で話題を呼んだ”FourFiveSeconds”、アンコールでこの日同じステージに立っていた、アラバマ・シェイクスのブリタニー・ハワードがゲスト参加した”Get Back”など見所はしっかりと。
さらにボーナスとして、リンゴ・スターが同年受賞した「Rock And Roll Hall Of Fame」関連の映像、またリリース前の「Archive Collection」からの”Tug Of War”と、”Pipes Of Peace”のプロモーション映像も追加収録した、トータル86分。

01.Magical Mystery Tour/02.Got To Get You Into My Life/03.My Valentine/04.Nineteen Hundred And Eighty-Five/05.Maybe I'm Amazed/06.FourFiveSeconds/We Can Work It Out/07.Here Today/08.Lady Madonna/09.Live And Let Die10.Hey Jude/11.Hi, Hi, Hi/12.Get Back with Brittany Howard/13.Golden Slumbers/Carry That Weight/The End
[Lollapalooza 2015 : at Grant Park, Chicago, IL USA, July 31th 2015]

14.Paul McCartney Speach/15.Ringo Starr Speach/16.With A Little Help From My Friends with Paul McCartney & All Casts/17.I Wanna Be Your Man with Paul McCartney & All Casts/18.Behind The Scenes
[30th Rock And Roll Hall Of Fame Induction : at Ceremony, Public Hall, Cleveland, OH, USA April 18th 2015]
19.Tug Of War/20.Pipes Of Peace
[from Archive Collection AD]

Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37