« 2015年09月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月25日

ジェフ・ベック2015年来日公演の映像決定盤!

alxbd034j.jpg



◆ JEFF BECK / Tour 2015 Live in Tokyo Film BDR (1Blu-ray) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年来日3公演の、初日となる9月25日東京ZEPP公演の模様を、2カメラ・ミックスによる、ハイクオリティー・オーディエンス映像をコンプリート収録しブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーによる映像とサウンドは、オーディエンス映像としては最高峰といえるもの。そして2F席最前列からのショットをメインに、ギター・ソロなどの要所パートは、で1F席中段からのクローズ・ショットを挿入しており、前方の観客の手や頭といった視界を遮る煩わしい障害物も皆無。さらに音声パートは、本タイトルのCDのマルチIEMマトリックス音源をシンクロさせるというこだわりよう。
そして今回のツアーにおいては、ヴォーカルのジミー・ホールを帯同して来たことで、「Morning Dew」「Going Down」といった原点回帰ナンバーもセットイン。そして新旧の代表曲やサム・クックの「A Change Is Gonna Come」、故B.B.に捧げられた「The Thrill Is Gone」などバラエティ豊かなセットとなることに。
2015年ツアーの決定的な映像アイテムゆえ、ファンは必見。
01. Intro 02. Even Odds 03. Hammerhead 04. You Know You Know 05. Stratus 06. Morning Dew 07. A Change Is Gonna Come 08. Yemin 09. Lonnie on the Move 10. Nine 11. Nadia 12. Little Wing 13. Cause We've Ended as Lovers 14. Superstition 15. Big Block 16. A Day in the Life 17. Corpus Christi Carol 18. Rollin' and Tumblin' 19. Going Down –enncore- 20. Danny Boy 21. The Thrill Is Gone 22. Outro
[Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 25th September 2015 (Total Approx. 104min. / EX-Audience Shot (Original Master) 2 Camera Mix / Audio: Multiple IEM Matrix Source)]

◇Personnel; Jeff Beck (guitar), Rhonda Smith (bass), Jonathan Joseph (drums), Nicolas Meier (guitar) & Jimmy Hall (vocals, harmonica)


2015年10月21日

ポール、「ロンドン・タウン」セッション音源の集大成。

pms002sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / LONDON TOWN SESSIONS (プレス3CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、1978年ウイングスのアルバム「ロンドン・タウン」のセッション音源を集大成したタイトルがここに。

まずdisc:1にはアルバムのためのテスト・プレス・アセテート音源を収録。ほぼ完成形に近い段階での、リリース・バージョンに近いもので、アセテート特有の生々しい音触と目の前で演奏しているかのような臨場感が味わえるというもの。
そしてdisc:2からがセッション音源になり、まず「I Keep On Believing」は未発表曲で、なんと「Love Awake」とのメドレーになっているのが特長。もっともメドレーとはいえ、やや不自然なもので、「バック・トゥ・ジ・エッグ」に収録されたときは別の曲とのメドレーになっており、いずれにせよ「Love Awake」が独立した単独の楽曲ではなく、元々メドレーを構成するためのものであったことが伺えるもの。そして後半はヴァージン諸島でのレコーディング・セッション音源で、デモより少し進んだ段階での歌入れのような感じで、ポールのヴォーカルをメインに、コーラスなどがまだ手探りの状態であることが伺え、まだまだ荒削りで、これから洗練されてまさに最終形になる過程。「With A Little Luck」などは、シンプルな演奏で、コーラスの類は一切入っておらず、ポールが単独で丁寧に歌い、どのように歌い回しにアクセントをつけていくかを決定していく過程かと。
そして最後のdisc:3は再びロンドンに戻ってからのセッション音源になり、軽くスキャットで歌われる「なつかしの昔よ」、未発表曲「After You Have Gone」「Boil Crisis」などを収録。全体としてスタジオでポールがリズム・マシーンを使い宅録しているかのようなトラックで、「夢の旅人」はあの特徴的なバグパイプの部分を、キーボードで仮当てしていたりも。また後半には、同時期にレコーディングされたリンダがヴォーカルをとる「シーサイド・トゥ・Bサイド」のリミックスを3バージョン追加収録した、ファン必携の永久保存3CDプレス盤。日本語帯付。

DISC ONE : (TEST PRESSING ACETATES 1978) 01. London Town 02. Cafe On The Left Bank 03. I’m Carrying 04. Backwards Traveller 05. Cuff Link 06. Children Children 07. Girlfriend 08. I’ve Had Enough 09. With A Little Luck 10. Famous Groupies 11. Deliver Your Children 12. Name And Address 13. Don’t Let It Bring You Down 14. Morse Moose And The Grey Goose

DISC TWO : (RUDE STUDIO CAMPBELTOWN February 1977) 01. Suicide 02. I Keep On Believing - Love Awake
(ABBEY ROAD STUDIO LONDON February 1977) 03. London Town
(PLANT MOBILE STUDIO VIRGIN ISLAND May 1977) 04. Sea Melody 05. A Fairy Tale
(WATERMELON BAY SESSIONS VIRGIN ISLAND May 1977) 06. Cafe On The Left Bank 07. I’m Carrying 08. I’ve Had Enough #1 09. I’ve Had Enough #2 10. With A Little Luck #1 11. With A Little Luck #2 12. Famous Groupies 13. Deliver Your Children 14. Don’t Let The It Bring You Down 15. Morse Moose And The Grey Goose 16. Find A Way Somehow 17. Waterspout #1 18. Waterspout #2 19. Waterspout #3 20. Waterspout #4

DISC THREE : (SPRIT OF RANACHAN STUDIO CAMPLEITOWN August 1977) 13. Mull Of Kintyre #1 14. Mull Of Kintyre #2 15. With A Little Luck 16. I’ve Had Enough
(ABBEY ROAD STUDIO LONDON March 16th 1977) 17. B-Side To Seaside Single Version 1977 18. B-Side To Seaside Remix Version 1986 19. B-Side To Seaside Extended Remix 1986
(WINGSPAN RE-MIX) 20. With A Little Luck

2015年10月19日

オアシス1998年来日公演を、音と映像で!

bw05sp.jpg



◆ OASIS / THE LAST NIGHTS IN A JUDO ARENA (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから

オアシス1998年来日公演より、最終日2月20日の武道館公演を音と映像でカップリングしたタイトルがここに。

いずれもマスター・クオリティー、サウンドボード音源と、プロショット映像でコンプリート収録したもので、武道館3夜連続公演ラスト・ナイトを、過去最高のクオリティーと収録時間で完全再現したもの。
まず素材としては、もともとVHSに録画されたソースを初めてデジタル変換されたものが元になっており、またサウンドボード音源が存在しないパートは、2種類のオーディエンス・ソースで補完。
また映像DVDは、①オリジナル音声、②リマスター音声、③オーディエンス音声、④5.1サラウンド音声の、4種類の音声が収録されており、プレイ時に選択ができる他、視聴途中でも切り替えが可能。
さらにボーナス映像として、短いながら、同日本公演より、本編の前々日1998年2月18日の武道館公演のプロショット映像も追加で。
そして内容としても、各パートで聞きどころがあり、このツアーから始まった「Cigarettes & Alcohol」からの「Whole Lotta Love」ジャムは、この日は「Heartbreaker」リフも飛び出す激レア・アレンジ。そして「Live Forever」から「Champagne Supernova」への流れがプロショット映像で残されたというのも嬉しいところ。
なお、音源CDにもボーナス・トラックとして1998年のレア音源を収録しており、サンタモニカのパブにおけるラジオの公開収録でのノエルの弾き語り、リアムVo.のバンド編成での「Don’t Go Away」や、武道館でも演奏されている、弾き語り「Help!」の現存する唯一のスタジオ音源と言われているホーラプリマ等、1988来日公演時の盛り上がりが今プレイバックされる、永久保存プレス盤。日本語帯付。

DISC ONE : 01. Be Here Now 02. Stand By Me 03. Supersonic 04. Roll With It 05. D'You Know What I Mean? 06. Cigarettes & Alcohol 07. Don't Go Away 08. Help! 09. Setting Sun 10. Fade In-Out
DISC TWO : 01. Don't Look Back In Anger 02. Wonderwall 03. Live Forever 04. Champagne Supernova 05. Acquiesce 06. (Interview) 07. (Interview)
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 20th February 1998]

08. Don't Go Away
[Patriot Center(Backstage), Fairfax, Washington, DC,USA 9th January 1998]
09. Stand By Me
[Rockline, USA 19th January 1998]
10. Live Forever 11. Slide Away
[at The Kings Head Pub, Santa Monica LA, CA, USA 28th January 1998]
12. Don't Go Away
[at Keenan Ivory Wayans Show LA, CA, USA 31st January 1998]
13. Don't Go Away
[at Capitol Tokyu Hotel, Tokyo, Japan 20th February 1998]
14. Don't Go Away 15. Help!
[Hora Prima : MTV Latin America Argentina, 19th March 1998]

DVD : 01. Be Here Now 02. Stand By Me 03. Supersonic 04. Roll With It 05. D'You Know What I Mean? 06. Cigarettes & Alcohol 07. Don't Go Away 08. Help! 09. Setting Sun 10. Fade In-Out 11. Don't Look Back In Anger 12. Wonderwall 13. Live Forever 14. Champagne Supernova 15. Acquiesce
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 20th February 1998]
16. Be Here Now / Stand By Me / Supersonic
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 18th February 1998]


2015年10月18日

ビートルズ映像コレクション、ブルーレイ・シリーズvol.3

ccpd003sp.jpg



◆ THE BEATLES / TELEVISION ARCHIVE VOL.3 (1Blu-ray) この商品はこちらから

ビートルズのTV出演映像を、時系列にまとめた海外編集映像コレクションが、2015年リマスタリングのブルーレイ・エディションとしてシリーズで登場。

まず初期映像を網羅したVol.1からVol.3までは、1962年キャバーンでのライブ映像から、全世界にビートル・マニア旋風を巻き起こした1964年まで初期のTVスタジオ・ライブやコンサート、インタビューに寸劇披露なども含むTVショーを時系列に収録。
そしてこの第3弾VOL.3は、1964年春からの、60年代英国の人気TVショー「レディ・ステディ・ゴー」、シェイクスピア寸劇を演じる「アラウンド・ザ・ビートルズ」、そして怒涛の熱演で知られる「NMEポール・ウイナーズ・コンサート」あたりまでを、トータル115分にわたり収録。
そして現時点でベスト・クオリティーの映像素材を厳選し、HDクオリティーにアップ・コンバートしたブルーレイ・バージョンとして収録。
なお(*)マークのプログラムでは、オーディオ・オプションでリマスター音源以外に、オリジナル音源も選択可能で、シェイクスピア寸劇カラー版は日本語字幕付き。

[VOLUME 3 : NTSC 16:9 (4:3) LPCM Stereo / Mono time approx. 115min]
READY STEADY GO!* Opening / It Won't Be Long / Interview / This Boy / Interview / You Can't Do That / Interview / Can't Buy Me Love / Ending - Please Mr. Postman Associated Rediffusion, London, UK 20 March 1964 ROUNDUP John and Paul Interview Theatre Royal, Glasgow, UK 30 April 1964 THE ED SULLIVAN SHOW Opening / Interview / You Can't Do That / Ending Scala Theatre, Charlotte Street & the garden of Les Ambassadeurs, London, UK 31 March & 17 April 1964 AROUND THE BEATLES* Opening / Shakespeare's "A Midsummer Night's Dream" / Twist And Shout / Roll Over Beethoven / I Wanna Be Your Man / Long Tall Sally / Paul Introduction / Medley Of Hits / Can't Buy Me Love / Shout Associated Rediffusion, London, UK 19/28 April 1964 AROUND THE BEATLES (IN COLOUR) Shakespeare's "A Midsummer Night's Dream" (with Japanese Subtitle) NME POLLWINNER'S CONCERT 1964 Opening / She Loves You / You Can't Do That / Twist And Shout / Long Tall Sally / Can't Buy Me Love / Ending Empire Pool, Wembley, London, UK 26 April 1964 THE BEATLES IN NEDERLANDS* Opening - Interview / Into The Studio / She Loves You / All My Loving / Twist And Shout / Roll Over Beethoven / Long Tall Sally / Can't Buy Me Love / Ending VARA TV, Treslong cafe-restaurant, Hillegom, Nederlands 5 June 1964 THE BEATLES IN BLOKKER I Saw Her Standing There Exhibition Hall, Blokker, Nederlands 6 June 1964

2015年10月17日

ビートルズ映像コレクション、ブルーレイ・シリーズvol.2

ccpd002sp.jpg



◆ THE BEATLES / TELEVISION ARCHIVE VOL.2 (1Blu-ray) この商品はこちらから

ビートルズのTV出演映像を、時系列にまとめた海外編集映像コレクションが、2015年リマスタリングのブルーレイ・エディションとしてシリーズで登場。

まず初期映像を網羅したVol.1からVol.3までは、1962年キャバーンでのライブ映像から、全世界にビートル・マニア旋風を巻き起こした1964年まで初期のTVスタジオ・ライブやコンサート、インタビューに寸劇披露なども含むTVショーを時系列に収録。
そしてこの第2弾VOL.2は、1963年末から、60年代英国の人気TVショー「レディ・ステディ・ゴー」を含めた各UK:TVプログラム、リバプール凱旋コンサートとなった「イッツ・ザ・ビートルズ」、そしてオフィシャルには未収録の「エド・サリバン・ショー」のリハーサルなど、トータル119分にわたり収録。
そして現時点でベスト・クオリティーの映像素材を厳選し、HDクオリティーにアップ・コンバートしたブルーレイ・バージョンとして収録。
なお(*)マークのプログラムでは、オーディオ・オプションでリマスター音源以外に、オリジナル音源も選択可能。

[VOLUME 2 : NTSC 16:9 (4:3) LPCM Stereo / Mono time approx. 119min]
MORECAMBE AND WISE SHOW Opening / This Boy / All My Loving / I Want To Hold Your Hand / Interview / Moonlight Bay / Ending Studio C, Elstree Studio Centre, Borehamwood, UK 2 Dec 1963 SCENE AT 6:30 I Want To Hold Your Hand / Chat with Ken Dodd / This Boy Granada TV studios, Manchester, UK 25 Nov 1963 IT'S THE BEATLES Opening - From Me To You / I Saw Her Standing There / All My Loving / Roll Over Beethoven / Boys / Till There Was You / She Loves You / This Boy (slideshow with audio) / I Want To Hold Your Hand / Money (That's What I Want) / Twist And Shout / From Me To You - Ending (Third Man Theme) Empire Theatre, Liverpool, UK 7 Dec 1963 THANK YOUR LUCKY STARS - LUCKY STARS ON MERSEYSIDE* Opening / I Want To Hold Your Hand / All My Loving / Twist And Shout / George Martin / She Loves You Rec: Alpha Television Studios, Birmingham, 15 Dec 1963 SUNDAY NIGHT AT THE LONDON PALLADIUM Opening - I Want To Hold Your Hand / This Boy / All My Loving / Money (That's What I Want) / Twist And Shout / Ending (slideshow with audio) London Palladium, London, UK 12 Jan 1964
THE ED SULLIVAN SHOW (REHEARSAL) She Loves You / This Boy / All My Loving / I Saw Her Standing There / From Me To You / I Want To Hold Your Hand / Ending Deauville Hotel, Miami, USA 16 Feb 1964 BIG NIGHT OUT* Interview / Opening / All My Loving / I Wanna Be Your Man / Till There was You / Please Mr. Postman / I Want To Hold Your Hand ABC TV’s Teddington Studio Centre, UK 23 Feb 1964

2015年10月15日

ビートルズ映像コレクション、ブルーレイ・シリーズvol.1

ccpd001sp.jpg



◆ THE BEATLES / TELEVISION ARCHIVE VOL.1 (1Blu-ray) この商品はこちらから

ビートルズのTV出演映像を、時系列にまとめた海外編集映像コレクションが、2015年リマスタリングのブルーレイ・エディションとしてシリーズで登場。

まず初期映像を網羅したVol.1からVol.3までは、1962年キャバーンでのライブ映像から、全世界にビートル・マニア旋風を巻き起こした1964年まで初期のTVスタジオ・ライブやコンサート、インタビューに寸劇披露なども含むTVショーを時系列に収録。
そしてこの第1弾VOL.1は、最初期ドキュメンタリーとして知られる「ザ・マージー・ビート」や、皇室観覧の中でジョンの名言が飛び出す1963年11月の「ロイヤル・バラエティ・ショウ」あたりまでを、トータル112分にわたり収録。
そして現時点でベスト・クオリティーの映像素材を厳選し、HDクオリティーにアップ・コンバートしたブルーレイ・バージョンとして収録。
なお(*)マークのプログラムでは、オーディオ・オプションでリマスター音源以外に、オリジナル音源も選択可能。

[VOLUME 1 : NTSC 16:9 (4:3) LPCM Stereo / Mono time approx. 112min]
KNOW THE NORTH Some Other Guy (version 1) / Some Other Guy (version 2) / One After 909 - Kansas City The Cavern, Liverpool, UK 22 Aug 1962 SCENE AT 6:30 Twist And Shout Granada TV, Manchester, UK 14 Aug 1963 THE MERSEY SOUND Opening / Twist And Shout / Love Me Do / She Loves You Little Theatre, Southport & BBC House, Manchester, UK 27-30 Aug 1963 BIG NIGHT OUT* Opening / From Me To You / She Loves You / Twist And Shout / Ending Didsbury Studio Centre, Manchester, UK 1 Sep 1963 READY STEADY GO!* Opening / Twist And Shout / Interview / Look Who It Is (Helen Shapiro) / Interview / Let's Jump The Bloomstick / Interview / I'll Get You / Interview / She Loves You / Ending Television House, London, UK 4 Oct 1963 SUNDAY NIGHT AT THE LONDON PALLADIUM Opening / From Me To You / I'll Get You / She Loves You / Twist And Shout / Ending (slideshow with audio) London Palladium, London, UK 13 Oct 1963 THANK YOUR LUCKY STARS* All My Loving (fragment) / Money (That's What I Want) Alpha Television Studios, Birmingham, UK 20 Oct 1963 DROP IN Opening / She Loves You / Twist And Shout / I Saw Her Standing There / Long Tall Sally / Drop In – Ending Narrenteatern, Stockholm, Sweden 30 Oct 1963 THE ROYAL VARIETY SHOW Opening / From Me To You / She Loves You / Till There Was You / Twist And Shout / Ending - God Save The Queen Prince Of Wales Theatre, London, UK 4 Nov 1963

2015年10月13日

ジェフ・ベック2015年来日公演の最終日大阪!

had004sp.jpg



◆ JEFF BECK / ONE NIGHT IN OSAKA 2015 (2CDR) この商品はこちらから

2015年来日公演における、最終日となった9月28日大阪 ZEPP NAMBAでのライブを、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。

マトリックス音源ではなく、ステレオ・オーディエンス・マテリアルながら、抜群の音圧によるPAダイレクトなリアル・サウンドにて、今回全3公演の最終日の模様を、カンペキなクオリティーにてここに。
しかもこの日は、東京公演の基本セット中盤に「Loaded」が追加された、今ツアー最長のセットリストであり、近年の来日公演の中でも、特に素晴しいパフォーマンスと評され、ベックを筆頭にバンドが一丸となった絶好調のプレイを披露。
そして全体としては、前年の来日公演とはセット内容を一新し、前年8月のUSツアー中に録音されたマテリアルを元に制作された、ライヴ・ アルバム「LIVE+」とほぼ同じ流れを配した内容となるもの。
特に中盤から後半にかけてのベックは、全開絶好調なポテンシャルによる素晴らしいプレイで、初日の東京、横浜での野外フェス、そしてここにきて最高の状態となっており、それは「A Change Is Gonna Come」の絶叫シーンで、感極まって床に倒れこんだジミー・ホールのパフォーマンスでも象徴的。正に2015年の大団円、有終の美を飾る大熱演をベスト・クオリティーで収録した、必聴メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 01. Intro 02. Even Odds 03. Hammerhead 04. You Know You Know 05. Stratus 06. Morning Dew 07. A Change Is Gonna Come 08. Yemin 09. Lonnie on the Move 10. Loaded 11. Nine 12. Nadia
Disc 2 : 01. Little Wing 02. Cause We've Ended as Lovers 03. Superstition 04. Big Block 05. A Day in the Life 06. Corpus Christi Carol 07. Rollin' and Tumblin' 08. Going Down –encore- 09. Danny Boy 10. The Thrill Is Gone 11. Outro
[Live at Zepp Namba, Osaka, Japan 28th September 2015]

◇Personnel; Jeff Beck (guitar), Rhonda Smith (bass), Jonathan Joseph (drums), Nicolas Meier (guitar) & Jimmy Hall (vocals, harmonica)

2015年10月12日

ジェフ・ベック2015年来日公演の東京初日

sne244j.jpg



◆ JEFF BECK / ZEPP+ Japan Tour 2015 (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILレーベルより、2015年来日公演における、9月25日ZEPP TOKYOでのライブを、スタッフがステージ袖で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、フル・マトリックスし、完全コンプリートしたタイトルがここに。

まず約1年半振りの来日となった今回は、「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN」への出演をメインに、あとは東京と大阪でクラブハウスにて行うという全3回公演となることに。そしてベックの関東公演としては、史上初の1,000人規模によるスタンディング形式のクラブ・ギグとなり、その熱気と臨場感が溢れるワン・ナイト・オンリーの貴重なステージを完全再現したもの。そしてその模様を、本レーベルならではの、おなじみマトリックス音源で収録、また楽曲に合わせて各曲ごとに丹念にマトリックス調整を施し、当日の出音とジェフのギターを最大限に生かした、ミックス・マテリアルとなるもの。
そしてライブ自体も、前年と違うのは、ヴォーカルのジミー・ホールを帯同して来たことで、「Morning Dew」「A Change Is Gonna Come」「Superstition」そして「Going Down」「The Thrill Is Gone」といったボーカル・ナンバーが大量に導入され、前年も演奏した「Little Wing」「Rollin' and Tumblin’」もヴォーカル入りで披露し、パワフルでソウルフルなボーカルはバンド・アンサンブルの1つとして見事に調和。
さらに他のメンバーもジョナサン・ジョセフ、マルチ・プレイヤー、ニコラス・メイヤー、そしてベースは近年おなじみのロンダ・スミスと、磐石の体性によるもので、全体の流れとしては、前年8月のUSツアー中に録音されたマテリアルを元に制作された、ライヴ・アルバム「LIVE+」とほぼ同じ流れを汲んだセットとなるもの。
そしてアンコール・ラストは同年5月に逝去したB.B.キングに捧げる「The Thrill Is Gone」でエンド。そしてさらにボーナス・トラックとして、当日に行われた1時間以上にも渡るサウンド・チェック・マテリアルから、約50分の貴重なサウンド・チェック音源も追加収録した、2015年来日公演の必携メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 1. Intro 2. Even Odds 3. Hammerhead 4. You Know You Know 5. Stratus 6. Morning Dew 7. A Change Is Gonna Come 8. Yemin 9. Lonnie On The Move 10. Nine 11. Nadia 12. Little Wing 13. 'Cause We Ended as Lovers 14. Superstition 15. Big Block 16. A Day In The Life
Disc 2 : 1. Corpus Christi Carol 2. Rollin' and Tumblin' 3. Going Down 4. Band Introduction 5. Danny Boy 6. The Thrill Is Gone 7. Outro
[Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 25th September 2015]

8. You Know You Know 9 Superstition 10. Big Block 11. The Thrill Is Gone 12. Goodbye Pork Pie Hat 13. Yemin 14. Danny Boy 15. Corpus Christi Carol 16. Lonnie On The Move 17. Little Wing 18. Going Down 19. Where Were You
[Sound-check at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 25th September 2015]
Jeff Beck - Guitar / Nicolas Meier - Guitar / Rhonda Smith - Bass / Jonathan Joseph – Drums / Jimmy Hall – Vocals


2015年10月11日

ジェフ・ベック2015年来日公演の決定盤!

xavels15je.jpg



◆ JEFF BECK / Tour 2015 Live in JAPAN (プレス6CD+1DVD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2015年来日3公演全てを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、コンプリートしたタイトルがここに。さらに初回分のみ、9月25日の東京公演をコンプリート収録したプレスDVDも付属した、6CD(美麗コーティング紙ジャケ、日本語帯付)が、完全100セット限定ナンバリング・カード付にて。

ベックの2015年来日ツアー全3公演(東京、横浜、大阪)を、すべてステレオ・サウンドボード録音と同レベルの、パーフェクト・クオリティーでコンプリート収録した限定盤プレス6CD盤。しかも東京と大阪公演のボーナス・トラックには、開場前のサウンド・チェックの模様を追加収録。
そして特筆すべきは、前回の2014年来日ツアーにおいても、同レーベルよりIEMマトリクス音源がリリースされた中、あれから使用機材・マスタリング環境といった、音質面を左右する重要なファクターが飛躍的な進化を遂げたことにより、今回の3公演全て前回アイテムを上回るクオリティーであることを断言。
さらに初回予約オーダー分には、東京公演を2カメラ・ミックスによる、素晴らしいアングルのオーディエンス映像を収録したプレスDVDもプラス。
こちらは完全100セット限定ゆえ、予約完売も予想されるため、ご希望の方はお早めに。


なお、各公演の詳細は下記の通り。

◇2015年9/25、東京(Zepp Tokyo)公演
2015年来日ツアーの初日。今回のツアーにおいては、ヴォーカルのジミー・ホールを帯同して来たことで、「Morning Dew」「Going Down」といった原点回帰ナンバーもセットイン。そして新旧の代表曲やサム・クックの「A Change Is Gonna Come」、故B.B.に捧げられた「The Thrill Is Gone」などバラエティ豊かなセットとなることに。
そしてその記念すべき初日の東京公演をオフィシャル・レベルのクオリティーで完全収録。ドラマーのジョナサン・ジョセフ、ヴォーカルのジミー・ホール、ミキシング・エンジニアらが使用する、各々ミックス・バランスの異なる複数のIEMソースと、極上クオリティーのオリジナル・オーディエンス・ソースとを絶妙のバランスでステレオ・ミックス。左チャンネルにジェフ、右チャンネルにニコラスと完璧にセパレートした2本のギター、そしてセンターにジミーのヴォーカルとロンダの太いベース、強烈なステレオ分離でボトムを支えるジョナサンのドラム・サウンドという完璧な音質に仕上がっており、ベックのギター・タッチの細部に亘りはっきりと確認可能なほど。
さらにボーナス・トラックには、この日開場前におこなわれたサウンド・チェックより「Going Down」他、全7曲も追加収録。

Disc 1 : 01. Intro 02. Even Odds 03. Hammerhead 04. You Know You Know 05. Stratus 06. Morning Dew 07. A Change Is Gonna Come 08. Yemin 09. Lonnie on the Move 10. Nine 11. Nadia 12. Little Wing 13. Cause We've Ended as Lovers 14. Superstition
Disc 2 : 01. Big Block 02. A Day in the Life 03. Corpus Christi Carol 04. Rollin' and Tumblin' 05. Going Down –encore- 06. Danny Boy 07. The Thrill Is Gone 08. Outro
[Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 25th September 2015]

09. Yemin 10. Danny Boy 11. Corpus Christi Carol 12. Lonnie on the Move 13. Little Wing 14. Going Down 15. Jam
[Soundcheck at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 25th September 2015]

◇2015年9/27、横浜(赤レンガ倉庫)公演
2015年来日ツアー2日目は、トリを務めた屋外フェスのライブ。まず初日東京公演と比べ、冒頭に「Loaded」が追加され、代わりに「Hammerhead」「Stratus」「The Thrill Is Gone」の3曲がセット落ちというフェス仕様のセットに。それでもジャズ・フェスであっても「Little Wing」「A Day in the Life」といった名曲はオーディエンスの反応も上々。もちろん音質面も東京公演同様の完璧な、ライヴ・サウンドを体感でき、次世代のライヴ録音”マルチIEMマトリクス音源”の真骨頂ここにあり、といったパーフェクト・バランスとなるもの。

Disc 1 : 01. Intro 02. Loaded 03. Even Odds 04. You Know You Know 05. Morning Dew 06. A Change Is Gonna Come 07. Yemin 08. Lonnie on the Move 09. Nine 10. Nadia
Disc 2 : 01. Little Wing 02. Cause We've Ended as Lovers 03. Superstition 04. Big Block 05. Corpus Christi Carol 06. A Day in the Life 07. Rollin' and Tumblin' –encore- 08. Danny Boy 09. Going Down 10. Outro
[Live at Red Brick Warehouse, Yokohama, Japan 27th September 2015

◇2015年9/28、大阪(Zepp Namba)公演
2015年来日最終日は、近年の来日公演の中でも、特に素晴しいパフォーマンスで、ベックを筆頭にバンドが一丸となった絶好調のプレイを披露。
そして東京公演の基本セット中盤に「Loaded」が追加された、今ツアー最長のセットリストで、「A Change Is Gonna Come」の絶叫シーンで、感極まって床に倒れこんだジミー・ホールのパフォーマンスも象徴的な、正に大団円、有終の美を飾る大熱演がここに。そして音質ももちろんカンペキで、「Loaded」でのクリック音さえ無ければ、流出ステレオ・サウンドボードと同クオリティーといえるもの。
またさらなる聴き所のボーナス・トラックでは、この日のサウンド・チェックを全編11トラックにわたり収録している中、結局今ツアーでは演奏されなかった「Red House」を聴けるあたりは要チェック。

Disc 1 : 01. Intro 02. Even Odds 03. Hammerhead 04. You Know You Know 05. Stratus 06. Morning Dew 07. A Change Is Gonna Come 08. Yemin 09. Lonnie on the Move 10. Loaded 11. Nine 12. Nadia 13. Little Wing 14. Cause We've Ended as Lovers 15. Superstition 16. Big Block
Disc 2 : 01. A Day in the Life 02. Corpus Christi Carol 03. Rollin' and Tumblin' 04. Going Down –encore- 05. Danny Boy 06. The Thrill Is Gone 07. Outro
[Live at Zepp Namba, Osaka, Japan 28th September 2015]
08. Drums Soundcheck 09. Jam (Work Song / Same Thing) 10. Even Odds 11. Lonnie on the Move 12. Corpus Christi Carol 13. Nadia 14. Red House 15. Hammerhead 16. Cause We've Ended as Lovers 17. Superstition 18. Loaded
[Soundcheck at Zepp Namba, Osaka, Japan 28th September 2015]

◇Limited DVD :2015年9/25、東京(Zepp Tokyo)公演
2015年来日ツアーの記念すべき初日の模様を、2カメラ・ミックスによる、ハイクオリティー・オーディエンス映像にてコンプリート収録。2F席最前列からのショットをメインに、ギター・ソロなどの要所パートは、で1F席中段からのクローズ・ショットを挿入しており、前方の観客の手や頭といった視界を遮る煩わしい障害物も皆無。さらに音声パートは、本タイトルのCDのマルチIEMマトリックス音源をシンクロさせるというこだわりよう。2015年ツアーの決定的な映像アイテムで、初回限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

DVD : 01. Intro 02. Even Odds 03. Hammerhead 04. You Know You Know 05. Stratus 06. Morning Dew 07. A Change Is Gonna Come 08. Yemin 09. Lonnie on the Move 10. Nine 11. Nadia 12. Little Wing 13. Cause We've Ended as Lovers 14. Superstition 15. Big Block 16. A Day in the Life 17. Corpus Christi Carol 18. Rollin' and Tumblin' 19. Going Down –enncore- 20. Danny Boy 21. The Thrill Is Gone 22. Outro
[Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 25th September 2015 (Total Approx. 104min. / EX-Audience Shot (Original Master) 2 Camera Mix / Audio: Multiple IEM Matrix Source)]

◇Personnel; Jeff Beck (guitar), Rhonda Smith (bass), Jonathan Joseph (drums), Nicolas Meier (guitar) & Jimmy Hall (vocals, harmonica)

2015年10月05日

ポール、ウイングス時代の名ライブ!

mccd520.jpg



◆ PAUL McCARTNEY & WINGS / LAST FLIGHT definitive edition (プレス5CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ポールのウイングス時代の名ライブとして知られる、1979年12月17日グラスゴー公演のリマスター&拡充盤タイトルがここに。

まず同レーベルから『LAST FLIGHT』というタイトルで既にリリースもされている中、今回はさらに最新機材によるリマスターを施し、内容的にも拡充させており、まずdisc:1&2には、本公演を、サウンドボードにてコンプリート収録。既発のこもった音とはまったく別物で、致命的欠陥だった「I’ve Had Enough」の音飛びもなく、音質もオフィシャル。・レベルとなるもの。
そしてdisc3&4には同公演を、初登場のオーディエンス・マスターより収録。「Spin It On」「Twenty Flight Rock」「Go Now」の3曲が欠落しているものの、サウンドボード音源と比べ、当時のオーディエンスの熱狂を客席録音で楽しむことができ、コンサートが客席でどのような感じだったのか、聴き比べてみるのも良いもの。
さらにdisc:5には、1979年ツアーのサウンドボード音源をコンパイル。最初の2曲はシングルとしてリリースされた「Coming Up」を2バージョン収録しており、同日のグラスゴー公演が使われており、全米No.1ヒットとなったのは、スタジオ・バージョンではなく、ここに収録されているライヴ・バージョンだったというのは有名な話。続いて1979年12月29日ハマースミス・オデオンで行われた『ROCKESTRA』からサウンドボード音源も収録。特に「I’ve Had Enough」と「Twenty Flight Rock」のサウンドボード音源は015年になって発掘されたもので貴重なもの。さらに1979年11月リバプールで極秘裏に行われたツアーリハーサルより「Again And Again And Again」。ツアー最初の地リバプール公演から、1979年11月25日「Every Night」「Getting Closer」の2曲、11月29日「Got To Get You Into My Life」「Yesterday」の2曲、合計4曲を収録。そして本編の前日、1979年12月16日グラスゴー公演からは「Good Night Tonight」、そしてツアーではなく、1979年9月14日バディ・ホリー・ウィークから「Raining In My Heart」「It's So Easy」「Bo Diddley」の3曲も収録。
いずれも今まで聴くことの出来なかった音源もあり、1979年ツアーの集大成といえる、永久保存プレス5CD。


DISC ONE : 01. Got To Get You Into My Life 02. Getting Closer 03. Every Night 04. Again And Again And Again 05. I've Had Enough06. No Words 07. Cook Of The House 08. Old Siam Sir 09. Maybe I'm Amazed 10. The Fool On The Hill 11. Let It Be 12. Hot As Sun
DISC TWO : 01. Spin It On 02. Twenty Flight Rock 03. Go Now 04. Arrow Through Me 05. Wonderful Chirstmas Time 06. Coming Up 07. Goodnight Tonight 08. Yesterday 09. Mull Of Kintyre 10. Band On The Run
[APOLLO THETRE GLASGOW UK December 17th 1979 : SOUNDBOARD RECORDING]

DISC THREE : 01. Got To Get You Into My Life 02. Getting Closer 03. Every Night 04. Again And Again And Again 05. I've Had Enough 06. No Words 07. Cook Of The House 08. Old Siam Sir 09. Maybe I'm Amazed 10. The Fool On The Hill 11. Let It Be
DISC FOUR : 01. Hot As Sun 02. Arrow Through Me 03. Wonderful Chirstmas Time 04. Coming Up 05. Goodnight Tonight 06. Yesterday 07. Mull Of Kintyre 08. Band On The Run
[APOLLO THETRE GLASGOW UK December 17th 1979 : AUDIENCE RECORDING]

DISC FIVE : 01. Coming Up (Single Version) 02. Coming Up (Edit Version)
[December 17th 1979]
03. Got To Get You Into My Life 04. Every Night 05. Coming Up 06. Lucille 07. Let It Be 08. Rockestra Theme 09. I've Had Enough 10. Twenty Flight Rock 11. Hot As Sun 12. Getting Closer - Arrow Through Me
[ROCKESTRA December 29th 1979]
13. Introduction - Tuning 14. Again And Again And Again
[TOUR REHEARSAL in LIVERPOOL November 1979]
15. Everynight 16. Getting Closer
[Liverpool November 25th 1979]
17. Got To Get You Into My Life 18. Yesterday
[Liverpool November 29th 1979]
19. Goodnight Tonight
[Glasgow December 16th 1979]
20. Raining In My Heart 21. It's So Easy 22. Bo Diddley
[BUDDY HOLLY WEEK September 14th 1979]

2015年10月01日

Joe's Garage、29周年記念セールのご案内

2015joes.jpg


本日10月1日、今年もおかげさまで、オープン29年目を迎えることができました。

29年前といえば1986年。左京区北白川の京大農学部のすぐ横にオープンしたわけですが、
もともとがカフェ・バーだったお店を、知り合いからの紹介で借りることに。
なのでテープル席だったところは、全てレコードの陳列棚として使うのは良しとして、
バー・カウンターがそのまま残っていたもんで、さあこれをどうしようかと。
で、もちろんとっぱらって商品を置くなり、作業場として使うなり出来たのですが、
ちょっとしたカフェ・カウンターのあるレコード屋も悪くないかも。。という、思いつきで
結局そのままコーヒーも飲めるスペースとして10席分のカウンターを残しました。

レコード探しの途中なり、後でちょっと一服..そしてこちらも当時はまだ店がヒマだった
こともあり、色んなお客さんと色々な音楽の話をしては、1日があっという間に過ぎたものでした。
まあゆったりした時代だったのか、あの場所柄というのもあったのか、
そこで色んな方々とコミュニケーションを取れたことで、こちらも色々なジャンルや
マニアックな話など、たくさん勉強させていただいた次第です。
いつかまた、色んなことに余裕が出来たら、今の時代だから逆に
そういう空間と時間も大事かなと思うので、そんなスペースを持てればいいなと、
30年目に向けて、そんなことを妄想しています。

[Joe's Garage 29周年記念セールのご案内]
本日より、オープン29年目を迎えるにあたって、
恒例のAnniversary Sale を実施しています。


◇期間  10月1日(木) ~ 10月9日(金) [9days 12:00 - 22:00]
◇Sale価格
* USED アイテム ALL 20%OFF (中古CD&レコード)
* NEW アイテム  ALL 10%OFF
(新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、Tシャツなど)

廃盤、貴重盤も含めて、中古アナログ、CDは連日追加放出してます。
尚、遠方で直接ご来店できない方も、通販をご利用下さい。
WEBに掲載商品も全て10%off となりますので、
その旨、お電話やメールで、
ご希望商品をお知らせいただけたらけっこうです。

今日はあいにくの雨ですが、今の京都は一年を通じても一番良い頃かと
思いますので、観光がてらにでも、またお立ち寄りいただけたら。

ではまた30年目に向けて、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

----------------------------------------
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe's Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37