« 2016年03月 | メイン | 2016年05月 »

2016年04月30日

追悼プリンスTVライブ・コレクション、Vol.1

nd5845p.jpg



◆ PRINCE / Goodnight, Sweet Prince Vol.1 (2DVDR) この商品はこちらから

2016年4月21日、世界中のファンに衝撃となったプリンスの訃報。享年57歳というあまりの突然の死に対して、この天才アーティストを追悼する声明が各方面からコメントされる中、本タイトルはプリンス追悼として、アメリカでオンエアーされたTVプログラムを、全編マスター・クオリティー、プロショット映像にて収録したコンピレーション映像アイテム。
そしてこの第1弾は、アメリカの人気番組「Saturday Night Live」など、デビュー最初期の1980年から、2004年までのTVライブを、3時間6分にわたり収録。まず1978年のアルバム・デビュー以来、コンスタントなTV出演も行なっていたため、そのTVパフォーマンスも膨大な数となる中、ここでは1980年テレビ初出演となった「Midnight Special」から、2004年グラミー賞でのビヨンセとのパフォーマンスや、同年にリリースされた「Musicology」関連の最初のライブ・パフォーマンスまでを収録。
いずれも過去から流通している映像ながら、再オンエアー映像からの収録ゆえ、クオリティー的にはベストといえるもので,しかも時系列に貴重なTVパフォーマンスを網羅しているタイトルはこれまでもほとんどなかったため、この続きとなる「Vol.2」と合わせて、熱心なファンにもビギナーにもオススメの映像コレクション。

DISC 1 : 01.Party Up (Saturday Night Live 1981) 02.I Wanne Be Your Lover (Midnight Special 1980) 03.Why You Wanna Treat Me So Bad? (Midnight Special 1980) 04.I Wanne Be Your Lover (American Band stand 1980) 05.Why You Wanna Treat Me So Bad? (American Band stand 1980) 06.1999 (Solid Gold 1982) 07.Little Red Corvette (Solid Gold 1983) 08.Prince, Michael, JB (1983) 09.Purple Rain (American Music Awards 1985) 10.Baby I'm A Star (Grammy Awards 1985) 11.Intro/Raspberry Beret/Delirious/Controversy/Mutiny (MTV"Under The Cherry Moon Premiere" 1986) 12.Sign O' The Times (MTV Video Music Awards 1987) 13.Play In The Sunshine (MTV Video Music Awards 1987) 14.Electric Chair (Saturday Night Live 24 1989) 15.Diamonds And Pearls (Victory & Valor - International Special Olympics 1991) 16.Let's Go Crazy/Baby I'm A Star/Push/Peter Gunn Theme (Victory & Valor - International Special Olympics 1991) 17.Gett Off (MTV Video Music Awards 1991) 18.Endorphinmachine (Nulle Part Ailleurs 1994)

DISC 2 : 01.Face Down (Chris Rock Show 1997) 02.Baby Knows with Larry Graham (The Harald Smith Show 1999) 03.The Greatest Romance Ever Sold (The Clucksspirale Show 1999) 04.The Greatest Romance Ever Sold (The Clucksspirale Show 1999) 05.Baby Knows (Septimo 1999) 06.Prettyman (Septimo 1999) 07.Sometimes I Feel Like A Motherless Child (Septimo 1999) 08.The Jam/Everyday People (Septimo 1999) 09.The Work Pt. 1 (The Tonight Show 2001) 10.The Ballad Of Dorothy Parker (The Tonight Show 2001) 11.The Everlasting Now (The Tonight Show 2002) 12.1999/Baby I'm A Star/Shhh (Hong Kong Harbor Feast 2003) 13.Purple Rain/Baby I'm a Star/Crazy in Love/Let's Go Crazy with Beyonce(46th Grammy Awards 2004) 14.Reflection with Wendy (The Travis Smily Show 2004) 15.Musicology (The Tonight Show 2004) 16.Soul Man/Kiss (Ellen Degeneres Show 2004) 17.Nothing Compares 2 U (Ellen Degeneres Show 2004) 18.I Feel 4 U (Ellen Degeneres Show 2004)


2016年04月27日

追悼。。プリンス最後の来日公演の超レアライブ音源

uxb560p.jpg



◆ PRINCE / HAMAMATSU 2002: WHOLE LOTTA LOVE (2CDR) この商品はこちらから

2016年4月21日、世界中のファンに衝撃となったプリンスの訃報。享年57歳という、あまりの突然の死に対して、この天才アーティストを追悼する声明が各方面からコメントされる中、本タイトルはプリンスにとって結果的に最後の来日公演となった「ONE NITE ALONE... TOUR 2002」ジャパン・ツアーより、全9公演行なわれた中の2公演目となる、2002年11月17日アクトシティ浜松でのライブを、テーパー所有のオリジナル・マスター・テープよりダイレクトにコンプリート収録。
まずそのクオリティーは、まさに全編通してサウンドボードかと聞き間違うほどのクオリティーで、ほとんどオフィシャル・ライブ盤レベルといって過言ではないもの。
しかも最後のジャパン・ツアーでありつつ、実はこの浜松公演は本ツアーでもかなり短いセットリストだった中、オフィシャル・ライブ『ONE NITE ALONE... LIVE!』とはまるで違い、約半分がオフィシャルでは聴けない曲というところが大きなポイント。
特に「Love Rollercoaster」「Whole Lotta Love」「Family Name」「Joy In Repetition」「All The Critics Love U In Hamamatsu」に至っては、この日が日本では初演奏となるもので、なかでもゼップの「Whole Lotta Love」は、グルーヴィなブレイクから「Family Name」へと繋がれ、12分を超える熱いパフォーマンスとなるもの。またギタリスト、プリンスとしては「Joy In Repetition」において、オリジナルを大きく上回る9分超のロング・バージョンで、哀愁漂うギター・ソロをたっぷりと披露。
また最後の「All The Critics Love U In Hamamatsu」では、この日のダンス・コンテストも行われ、NPG Music Club会員(FAM)が25名、ステージに上がって13分にわたりダンスを披露し、エンディングを盛り上げることに。
生涯6度の来日で38公演を行なったプリンスの、その中でも特別な一夜となった、最初で最後の浜松公演を最高のサウンド・クオリティーにて残した永久保存メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 1. Prince Drum Solo 2. Rainbow Children 3. Muse 2 The Pharaoh 4. Pop Life 5. Purple Rain 6. The Work pt.1 7. Mellow 8. 1+1+1 is 3/Love Rollercoaster 9. The Question Of U/Drums Solo 10. Strange Reletionship 11. Pass The Peas
Disc 2 : 1. Whole Lotta Love/Family Name 2. Take Me With U 3. Raspberry Beret 4. The Everlasting Now 5. Joy In Repetition 6. All The Critics Love U In Hamamatsu
[Live at Act City, Hamamatsu, Japan 17th November 2002]
Prince - Vocal, Guitar, Piano, keyboard, Bass, Drums / John Blackwell - Drums / Rhonda Smith - Bass / Renato Neto – keyboards / Maceo Parker - Alt Sax / Eric Leeds - Tenor Sax / Greg Boyer – Trombone / Dudley D. - Turntables


2016年04月22日

ストーンズ、2016年キューバ公演の決定盤

gp1601bd.jpg



◆ ROLLING STONES / 2016 HAVANA CUBA (プレス2CD+1Blu-ray) この商品はこちらから

2016年南米ツアーにおけるライブの模様を、すべてHDクオリティーの複数映像を素材とし、マルチ・アングルのベストで映像で編集した、海外オリジナル製作エディションが、完全限定ブルーレイにてここに。

そして本タイトルはツアー最後を飾ることとなり、ついに実現した3月25日キューバ、ハバナ公演の模様を、最高のクオリティーによる、音と映像でカップリング収録。
まず2CDは、本ツアーにおいて初登場となる驚異的クオリティーによる音源を収めたもので、現地にて最高の機材とベスト・ポジションにて、この歴史的コンサートを完全収録。そして、50万人以上が熱狂した野外フリー・コンサートとは思えないほど、クリアーかつ、バランスの良いサウンドによるもので、そのうえ観客のノイズもほとんどなく、音の粒立ちがハッキリとした上に分離感もカンペキという、一聴すれば、サウンドボードに匹敵するほどのレベル。
さらに映像ブルーレイは、この一夜を、超ド迫力のステージ至近距離ショットから、プロショット・レベルの安定アングルまで、HDクオリティー映像ソースをメインにカンペキなマルチ編集を施しコンサート全編を完全収録。

しかも音声は最高クオリティーのCD音源を全編にわたりマトリックスし、PCMステレオによる迫力あるサウンドにて収録。
そしてツアー直前に急遽決定したキューバ史上初めてとなるロック・コンサートは、オバマ大統領が訪ねた数日後に実現した歴史的コンサートとなるもので、そういう意味でも世界中のメディアから大きな注目となった中、セットはやはり全18曲とコンパクトになるものの、初めての土地ということで、ほぼベスト・セットによるショーを進行。そして”Jumpin' Jack Flash”をオープニングに配し、リクエスト・ナンバーとして”All Down The Line”がセットイン。 最終的には120万人以上が集まったとも言われる、歴史的フリー・コンサートであり、ツアー最終を飾るに相応しい一夜の全てをここに。
なおブルーレイにはボーナスとして、現地の様子を捉えた南米TVニュースも追加収録した、トータル2時間40分となるもので、このプレス2CDとのカップリング仕様は限定100セットゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD ONE : 1. Introduction 2. Jumping Jack Flash 3. It’s Only Rock’n’ Roll (But I Like It) 4. Tumbling Dice 5. Out Of Control 6. All Down The Line 7. Angie 8. Paint It Black 9. Honky Tonk Women 10. Band Introduction 11. You Got The Silver 12. Before They Make Me Run
CD TWO : 1. Midnight Rambler 2. Miss You 3. Gimme Shelter (with Sasha Allen) 4. Start Me Up 5. Sympathy For The Devil 6. Brown Sugar 7. You Can’t Always Get What You Want 8. (I Can't Get No) Statisfaction
[Live at Ciudad Deportiva, Havana, Cuba March 25th 2016]

Blu-ray : INTRODUCTION / CONCERT OPENING / JUMPING JACK FLASH / IT'S ONLY ROCK'N'ROLL / TUMBLING DICE / OUT OF CONTROL / ALL DOWN THE LINE / ANGIE / PAINT IT BLACK / HONKY TONK WOMEN / BAND INTRODUCTION / YOU GOT THE SILVER / BEFORE THEY MAKE ME RUN / MIDNIGHT RAMBLER / MISS YOU / GIMME SHELTER / START ME UP / SYMPATHY FOR THE DEVIL / BROWN SUGAR / YOU CAN'T ALWAYS GET WHAT YOU WANT (with Choir) / SATISFACTION /+ TV NEWS EXTRAS
[Live at Ciudad Deportiva, Havana, Cuba March 25th 2016 : HD 1920x1080 Wide Screen 16:9 NTSC PCM stereo : time approx.160min]

Mick Jagger (lead vocals, guitar, harmonica, percussion) / Keith Richards (guitar, vocals) / Ronnie Wood (guitar, vocals) / Charlie Watts (drums)
Darryl Jones (bass, backing vocals) / Chuck Leavell (keyboards, backing vocals) / Karl Denson (saxophone) / Tim Ries (horns, keyboards) / Matt Clifford (french horn, keyboards) / Sasha Allen (backing vocals, percussion) / Bernard Fowler (backing vocals, percussion)

2016年04月21日

ビートルズ『サージェント・ペパーズ』のオーディオ・ファイル・コレクション

ccp003ssp.jpg



◆ THE BEATLES / SGT.PEPPER'S COLLECTION (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズの名盤オーディオ・ファイル・シリーズより、『サージェント・ペッパーズ・コレクション』が登場。2015年最新リマスターによる、マルチトラック音源CDと、「ロックバンド」マルチトラック映像、そして貴重なヴィンテージ・アナログ音源として、ファン垂涎の「ウルトラ・モービルUHQR」と、「NIMBUSスーパー・カット」からの音源も含むDVDを、いずれも永久保存プレス盤にてカップリングした、ファン必携の、オーデイオ・ファイル・コレクション第3弾。

まずCDには2015年に、新たに編集し直されたマルチトラック・アルバム・リミックスを、3バージョン収録。演奏前後のスタジオ・チャットを含めた、レコーディング・セッションのドキュメントといえる内容でアルバム全曲を再構成。
そして「MULTITRACK COMPLETE REMIX」は、最も完成形に近い形で、オフィシャル音源とは別次元でこの名盤を新たに再構築。また「MULTITRACK EXPANDED RAW REMIX」は、スタジオ・チャットが最も長く収録され、まさにレコーディング・スタジオの様子が生々しく再現された編集で、各曲ごとのセッション・ドキュメントとしても注目の内容。またCD2枚にまたがって収録されている「MULTITRACK NAKED REMIX」は、オーバーダブを重ねる前の最もベーシック・トラックに近い編集で、こちらも興味深いもの。
なお3バージョンいずれもミックスが異なり、まさに歴史的名盤の制作過程を紐解く貴重な記録といえるもので、他のアルバム以上に驚異的なスタジオ・セッションの様子を捉えており、ここまでまとめて聴けるのは初となるもの。
さらにDVDには、マルチトラック・リミックス音源を「ロックバンド」で公開された、3D映像付き(ゲーム画面ではないHDワイド収録は注目)にて収録。

オーディオ・オプションでマスター音源に加えて、インスト・トラックとヴォーカル・オンリー・トラックも収録しており、3ウェイ・オーディオでの映像DVD化は初登場で、再生しながら音声切り替えで3種音源の聴き比べも容易に。
またボーナス映像では、バージョン違いの映像も追加収録しており「ロックバンド」関連の映像コレクションとしても初登場の内容。
さらに「ヴィンテージ・オーディオ・コレクション」として、貴重なオリジナル・アナログ音源も収録。『サージェント・ペッパーズ』究極のアナログ・レコードとして、ファン垂涎の「ウルトラ・モービルUHQR」と、「NIMBUSスーパー・カット」からのステレオ音源と、UKオリジナルMONO初盤からのモノラル音源も収録。いずれも現在超入手困難な音源となるもので、これらを含めて、『サージェント・ペッパーズ』をマニアックに追求するコレクターズ・アイテムとして、必携タイトル。

CD ONE : 1. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND/ WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 2. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 3. GETTING BETTER 4. FIXING A HOLE 5. SHE'S LEAVING HOME 6. BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE 7. WITHIN YOU WITHOUT YOU 8. WHEN I'M SIXTY FOUR 9. LOVELY RITA 10. GOOD MORNING GOOD MORNING 11. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 12. A DAY IN THE LIFE
[MULTITRACK COMPLETE REMIX]
13. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 14. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 15. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 16. GETTING BETTER 17. FIXING A HOLE 18. SHE'S LEAVING HOME 19. BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE 20. A DAY IN THE LIFE (backing track)
[MULTITRACK NAKED REMIX side 1]

CD TWO : 1. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 2. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 3. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 4. GETTING BETTER 5. FIXING A HOLE 6. SHE'S LEAVING HOME 7. BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE 8. WITHIN YOU WITHOUT YOU 9. WHEN I'M SIXTY FOUR 10. LOVELY RITA 11. GOOD MORNING GOOD MORNING 12. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 13. A DAY IN THE LIFE
[MULTITRACK EXPANDED RAW REMIX]
14. WITHIN YOU WITHOUT YOU 15. WHEN I'M SIXTY FOUR 16. LOVELY RITA 17. GOOD MORNING GOOD MORNING 18. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 19. A DAY IN THE LIFE (version 1) 20. A DAY IN THE LIFE (version 2)
[MULTITRACK NAKED REMIX side 2]

DVD : 1. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 2. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 3. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 4. GETTING BETTER 5. FIXING A HOLE 6. SHE'S LEAVING HOME 7. BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE 8. WITHIN YOU WITHOUT YOU 9. WHEN I'M SIXTY FOUR 10. LOVELY RITA 11. GOOD MORNING GOOD MORNING 12. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 13. A DAY IN THE LIFE
[MULTITRACK VIDEO COLLECTION]

SGT. PEPPER'S TRAILER / LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (version) / BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE (version) / WITHIN YOU WITHOUT YOU (version) / SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) (version) / A DAY IN THE LIFE (version)

[HD16:9 ROCKBAND VIDEO CLIPS with 3 AUDIO SELECTION] MULTITRACK REMIX / INSTRUMENTAL TRACK / VOCAL TRACK
[VINTAGE AUDIO COLLECTION]
UHQR BY MFSL STEREO and UK MONO AUDIO
[ALBUM STILL IMAGE with 2 AUDIO SELECTION]
NIMBUS SUPERCUT STEREO AUDIO

◇16:9 NTSC Dolby Digital Stereo time approx. 55min. x 3 AUDIO OPTION + 39min. x 3 AUDIO OPTION

2016年04月20日

ビートルズ『ラバー・ソウル』のオーディオ・ファイル・コレクション

ccp002asp.jpg



◆ THE BEATLES / RUBBER SOUL COLLECTION (プレス1CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズの名盤オーディオ・ファイル・シリーズより、『ラバー・ソウル・コレクション』が登場。2015年最新リマスターによる、マルチトラック音源CDと、「ロックバンド」マルチトラック映像、そして貴重なヴィンテージ・アナログ音源を含めたDVDを、いずれも永久保存プレス盤にてカップリングした、ファン必携の、オーデイオ・ファイル・コレクション第2弾。

まずCDには2015年に、新たに編集し直されたマルチトラック・アルバム・リミックスを収録。演奏前後のスタジオ・チャットを含めた、レコーディング・セッションのドキュメントといえる内容で、アルバム全曲を再構成。さらにシングル2曲と、DVDとは異なるミックスのインスト・バージョンも追加収録。
さらにDVDには、マルチトラック・リミックス音源を「ロックバンド」で公開された、3D映像付き(ゲーム画面ではないHDワイド収録は注目)にて収録。

オーディオ・オプションでリミックス音源に加えて、インスト・トラックとヴォーカル・メイントラックも収録しており、3ウェイ・オーディオでの映像DVD化は初登場となるもの。さらに「ヴィンテージ・オーディオ・コレクション」として、貴重なオリジナル・アナログ音源も収録。まずUKオリジナル・ステレオは、モービル・フィデリティ音源から収録し、UKオリジナル・モノは初盤ラウドカットにて収録。さらに収録曲の異なるUSキャピトル音源も3種類収録しており、あえてアナログからのオリジナル・ステレオ&モノ音源に加えて、当初東海岸プレスのみで聴くことが出来たキャピトル特有のエコー処理が施されたデクスタライズド・ミックスも収録。こちらはCDと違いDVD音声切り替えにより、ステレオ・ミックスの違いが一聴瞭然。現在入手困難な音源も含めて、トータルでアルバム全曲8種のオーディオ音源の聴き比べが出来る、『ラバー・ソウル』をマニアックに追求するコレクターズ・アイテムとして、必携タイトル。

CD : 1. DRIVE MY CAR 2. NORWEGIAN WOOD (THIS BIRD HAS FLOWN) 3. YOU WON'T SEE ME 4. NOWHERE MAN 5. THINK FOR YOURSELF 6. THE WORD 7. MICHELLE 8. WHAT GOES ON 9. GIRL 10. I'M LOOKING THROUGH YOU 11. IN MY LIFE 12. WAIT 13. IF I NEEDED SOMEONE 14. RUN FOR YOUR LIFE
[MULTITRACK ALBUM REMIX]
15. DAY TRIPPER (mutitrack remix) 16. DAY TRIPPER (vocal track) 17. DAY TRIPPER (backing track) 18. WE CAN WORK IT OUT (mutitrack remix) 19. WE CAN WORK IT OUT (vocal track) 20. WE CAN WORK IT OUT (backing track) 21. DRIVE MY CAR (instrumental remix) 22. YOU WON'T SEE ME (instrumental remix) 23. NOWHERE MAN (instrumental remix) 24. THINK FOR YOURSELF (instrumental remix) 25. MICHELLE (instrumental remix) 26. WHAT GOES ON (instrumental remix) 27. GIRL (instrumental remix) 28. IF I NEEDED SOMEONE (instrumental remix) 29. RUN FOR YOUR LIFE (instrumental remix)

DVD : 1. DRIVE MY CAR 2. NORWEGIAN WOOD (THIS BIRD HAS FLOWN) 3. YOU WON'T SEE ME 4. NOWHERE MAN 5. THINK FOR YOURSELF 6. THE WORD 7. MICHELLE 8. WHAT GOES ON 9. GIRL 10. I'M LOOKING THROUGH YOU 11. IN MY LIFE 12. WAIT 13. IF I NEEDED SOMEONE 14. RUN FOR YOUR LIFE 15. DAY TRIPPER (multitrack section only)

[MULTITRACK ALBUM COLLECTION]
(ROCKBAND VIDEO CLIPS with 3 AUDIO SELECTION) MULTITRACK REMIX / INSTRUMENTAL TRACK / VOCAL TRACK
[VINTAGE AUDIO COLLECTION – UK]
(ALBUM STILL IMAGE with 2 AUDIO SELECTION : UK STEREO - MOBILE FIDELITY LP RECORD / UK MONO - ORIGINAL LOUD CUT LP)
I'VE JUST SEEN A FACE / NORWEGIAN WOOD (THIS BIRD HAS FLOWN) / YOU WON'T SEE ME / THINK FOR YOURSELF / THE WORD / MICHELLE / IT'S ONLY LOVE / GIRL / I'M LOOKING THROUGH YOU / IN MY LIFE / WAIT / RUN FOR YOUR LIFE
[VINTAGE AUDIO COLLECTION – US]
(ALBUM STILL IMAGE with 3 AUDIO SELECTION)
US CAPITOL STEREO LP - ORIGINAL MIX / US CAPITOL STEREO LP - DEXTERIZED MIX (echo enhanced) / US CAPITOL MONO LP

◇16:9 NTSC Dolby Digital Stereo time approx. 39min. x 3 AUDIO
OPTION + 35 x 2 AUDIO OPTION + 29min. x 3 AUDIO OPTION

2016年04月19日

ビートルズ『ホワイト・アルバム』のオーディオ・ファイル・コレクション

ccp001wsp.jpg



◆ THE BEATLES / WHITE ALBUM COLLECTION (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズの名盤オーディオ・ファイル・シリーズより、『ホワイト・アルバム・コレクション』が登場。2016年最新リマスターによる、注目の初登場音源「モノ・ミックス・イン・ステレオ」による、アルバム完全収録のCD2枚と、5.1サラウンド・ミックスとMFSL(モービル)ステレオ音源を収録したDVDをいずれも永久保存プレス盤にてカップリングした、ファン必携の、オーデイオ・ファイル・コレクション。

まず本タイトルはマルチ・トラック・リミックス音源とは違い、オリジナル音源に忠実ながらも、公式音源では聴くことが出来ないモノラル・ミックスをステレオ化したものをCD2枚に収録。熱心なファンなら周知の通り、『ホワイト・アルバム』は1968年リリース当時は、モノラルとステレオの両バージョンが存在し、今ではそのどちらもリマスターCD化されることに。
そしてヴォーカルや楽器のセパレーションが異なるミックス違いのみならず、SEやバッキングの有無、さらには曲のピッチや長さが違うなど、モノラルとステレオでは大きく印象が異なり、興味深いミックス違いの宝庫として知られるもの。
そしてそのオリジナル・モノラル音源をステレオ化し、オリジナル・ステレオ音源とも違う「モノ・ミックス・イン・ステレオ」を実現としたのが本2CDで、単に疑似ステレオ化したような安直なものではなく、丹念にモノラル・ミックス音源をリアル・ステレオ化しており、音質劣化のないクリアーなステレオ・ミックスとして、これまでミックス違いを聴き込んでいるファンにも、新鮮な驚きと新たな発見が楽しめる「オルタネイト・ホワイト・アルバム」となることに。
さらにDVDにはモノラル音源とは対極の、ドルビー・デジタル5.1サラウンド音源と、究極のアナログ・レコードとしてコレクター垂涎の「MFSL(モービル)」からのステレオPCM音源を収録。

映像収録はないものの、DVDビデオ・フォーマットでそれぞれの音源セレクトが出来るのはもちろん、各曲が1968年当時に行われた、伝説のフォト・セッション「マッド・デイ・アウト」からの、レア写真満載のスライド・ショー形式で収録されており、名盤『ホワイト・アルバム』をマニアックに追求するコレクターズ・アイテムとして、必携タイトル。

CD ONE : 1. Back In The U.S.S.R. 2. Dear Prudence 3. Glass Onion 4. Ob-La-Di, Ob-La-Da 5. Wild Honey Pie 6. The Continuing Story Of Bungalow Bill 7. While My Guitar Gently Weeps 8. Happiness Is A Warm Gun
9. Martha My Dear 10. I'm So Tired 11. Blackbird 12. Piggies 13. Rocky Raccoon 14. Don't Pass Me By 15. Why Don't We Do It In The Road? 16. I Will 17. Julia
CD TWO : 1 Birthday 2. Yer Blues 3. Mother Nature's Son 4. Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey 5. Sexy Sadie 6. Helter Skelter 7. Long, Long, Long 8. Revolution 1 9. Honey Pie 10. Savoy Truffle 11. Cry Baby Cry 12. Revolution 9 13. Good Night
[MONO MIXES IN STEREO REMASTERED]

DVD : 1. Back In The U.S.S.R. 2. Dear Prudence 3. Glass Onion 4. Ob-La-Di, Ob-La-Da 5. Wild Honey Pie 6. The Continuing Story Of Bungalow Bill 7. While My Guitar Gently Weeps 8. Happiness Is A Warm Gun 9. Martha My Dear 10. I'm So Tired 11. Blackbird 12. Piggies 13. Rocky Raccoon 14. Don't Pass Me By 15. Why Don't We Do It In The Road? 16. I Will 17. Julia 18 Birthday 19. Yer Blues 20. Mother Nature's Son 21. Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey 22. Sexy Sadie 23. Helter Skelter 24. Long, Long, Long 25. Revolution 1 26. Honey Pie 27. Savoy Truffle 28. Cry Baby Cry 29. Revolution 9 30. Good Night
[WHITE ALBUM DVD AUDIO COLLECTION : 16:9 NTSC Dolby Digital 5.1 Surround / MFSL PCM Stereo time approx. 93min. x 2 AUDIO OPTION]

2016年04月18日

ポール「ワン・オン・ワン」USツアーがついにスタート

nd5824p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / One On One Tour 2016 in Fresno (2DVDR) この商品はこちらから

2016年ポールの新たなライブ・ツアー「ワン・オン・ワン」USツアーが、ついに4月13日からスタート。その記念すべき初日となるカリフォルニア、フレズノ公演の模様を、モバイルも含む各種オーディエンス映像にて2時間45分にわたりほぼコンプリート収録。
複数の別アングルから捉えた映像は、数箇所でカットはあるものの、演奏曲は全て収録されており、全般的に安定したアングルが多く、至近距離からの複数の良好ショットも随所に織り込み、しかも16,000人収容の中規模なアリーナゆえ、音質も含めて臨場感溢れる、いずれもかなりの良好クオリティーによるもの。
そして注目のオープニングは、なんとビートルズで1965年に演奏して以来となる”A Hard Day's Night”でスタート。そして前回の「アウト・ゼア・ツアー」からは”Letting Go”、“The Fool on the Hill”、”In Spite of All the Danger”など、トータル8曲がセットリスト変換されており、特にまず”Love Me Do”の完奏はビートルズ以来。他にも”Here, There And Everywhere”も久しぶりのセットインで、しかも今回はポールはピアノを弾きながら歌うというパフォーマンスで、これも初めて。さらに”You Won't See Me”は、USツアーでは初披露となり、しかもアコースティック・バージョンとなるもの。
なおこの中盤のアコースティック・セットは1993年ツアーと同様、ステージの中心に集まってのアンプラグド・セットのような形となっており、これも前回のツアーではなかったパターンにて。
そして終盤はおなじみの代表ナンバー、オンパレードでアンコール・ラストはやはりアビー・ロード・メドレーでエンドという、ファンにはたまらないセット内容。
なお今回も長期ツアーの予定が早々に決定しており、今後のセットリストの変化、そして来日公演への期待も高まる、ファン必見アイテム。

DISC 1 : 01.One On One Tour Announces/02.Opening/03.A Hard Day's Night/04.Save Us/05.Can't Buy Me Love/06.Letting Go/07.Temporary Secretary/08.Let Me Roll It/Foxy Lady/09.I've Got A Feeling/10.My Valentine/11.Nineteen Hundred And Eighty-Five /12.Here, There And Everywhere/13.Maybe I'm Amazed/14.We Can Work It Out/15.In Spite Of All the Danger/16.You Won't See Me/17.Love Me Do/18.And I Love Her/19.Blackbird/20.Here Today

DISC 2 : 01.Queenie Eye/02.New/03.The Fool On The Hill/04.Lady Madonna/05.FourFiveSeconds/06.Eleanor Rigby/07.Being For The Benefit Of Mr. Kite!/08.Something/09.Ob-La-Di, Ob-La-Da/10.Band On The Run/11.Back In The U.S.S.R./12.Let It Be/13.Live And Let Die/14.Hey Jude/15.Yesterday/16.Hi, Hi, Hi/17.Birthday/18.Golden Slumbers/Carry That Weight/The End
[Live at Save Mart Center, Fresno, CA, USA April 13th 2016]

Paul McCartney - lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, electric guitar / Rusty Anderson - backing vocals, electric guitar, acoustic guitar / Brian Ray - backing vocals, bass, electric guitar, acoustic guitar, tambourine / Abe Laboriel, Jr - backing vocals, drums, percussion / Paul Wickens - backing vocals, keyboards, percussion

2016年04月17日

テデスキ・トラックス・バンド、2016年来日公演の武道館ライブ!

xavel279t.jpg



◆ TEDESCHI TRUCKS BAND / BUDOKAN 2016 (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2016年来日公演から最終日であり、ハイライトとなった、4月1日日本武道館公演を、フロント・ローからの、ハイクオリティーなデジタル・オーディエンス・マスターより、コンプリート収録したタイトルがここに。

まず同レーベルならではの、世界最高峰の評価を受けるドイツS社のマイクロフォンMK4を使用したサウンドは、オーディエンス録音としては別次元と言い切れるクオリティーに達し、今回もステレオ・サウンドボードに匹敵するレベルによるもので、大所帯のバンドが繰り出す全ての出音からの演奏を、驚くほどの分離と解像度で捉えたもの。
そしてアルバム『Let Me Get By』リリースに伴う、2014年以来となったこの来日公演は、さらにスケール・アップしており、テデスキ・スーザンのソウルフルなヴォイスと、デレク・トラックスとのスライドを駆使したギターとの絡み、そしてホーン・セクション、コーラス、キーボード&フルート、それらの音を支えるツイン・ドラムとベースの総勢12名が奏でるそのサウンドはまさに唯一無比。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様を西スタンド1F席正面からと、アリーナ前方からとの2台のHDカメラ映像を編集した、マルチカメラによる良好オーディエンス・ショットにて、コンプリート収録。

スタンドからの映像は抜群の安定感で、前方をふさぐ障害物は皆無なうえに、アリーナからのシューティングは、さらにクオリティーの高いクローズ・ショットによるもので、デレクの手元まで鮮明に映し出された映像はあまりにリアル。しかも音声は、別レコーディングのデジタル・オーディエンス・ソースをフル・マトリックスするというこだわりよう。
まさに2016年来日公演の決定盤といえる、永久保存コレクターズ・エディション。
Disc 1 : 01. Intro 02. Made Up Mind 03. Bound for Glory 04. Don't Know What It Means 05. Midnight in Harlem 06. Crying Over You 07. The Sky Is Crying 08. Keep On Growing 09. Anyhow My Lord / Anyhow 10. Idle Wind
Disc 2 : 01. Sticks and Stones 02. Band Introduction 03. I Pity the Fool 04. Let Me Get By 05. Jam 06. The Storm –encore- 07. I Love Japan 08. I Want More 09. With a Little Help From My Friends

DVD-R : 01. Intro 02. Made Up Mind 03. Bound for Glory 04. Don't Know What It Means 05. Midnight in Harlem 06. Crying Over You 07. The Sky Is Crying 08. Keep On Growing 09. Anyhow My Lord / Anyhow 10. Idle Wind 11. Sticks and Stones 12. Band Introduction 13. I Pity the Fool 14. Let Me Get By 15. Jam 16. The Storm –encore- 17. I Love Japan 18. I Want More 19. With a Little Help From My Friends
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 1st April 2016]

2016年04月15日

2016年リユニオン・ガンズの2日目のライブ映像も登場!

nd5819g.jpg



◆ GUNS N’ ROSES / Not In This Lifetime Tour Las Vegas 2nd Night (1DVDR) この商品はこちらから

2016年4月、ついにクラシック・ラインナップからアクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンの3人による、「Not In This Lifetime Tour」北米ツアーがスタート。その4月8&9日ラスベガスにて2日連続となった2日目となる、9日のライブを、モバイルも含む各種オーディエンス映像にて2時間34分にわたりコンプリート収録。
複数の別アングルから捉えた映像は全般的に安定したアングルが多く、至近距離からの複数の良好ショットも随所に織り込み、小ホールゆえステージ間近の見上げたショットも含めて、いずれもかなりの良好クオリティーにて。そしてオリジナル3人に、ディジー・リード(Key)、リチャード・フォータス(G)、フランク・フェラー(Dr)という6人編成による、待望のリユニオン・ライブ2回目は、アクセル前日同様、椅子に座りながらのパフォーマンスとなったものの、前日で手ごたえを感じたかのように、この夜はまさに90年代全盛期さながらのライブ・アクトとなることに。
さらに基本的なセットリストは初日のものとほぼ同様ながら、”New Rose”の代わりに”Attitude”、そして”My Michelle”に、アンコールにおいては”Patience”の代わりに”Don't Cry”と、シークレット・ギグでも披露した、フーのカヴァー”The Seeker”らが新たにセットインし、前日より2曲多い全24曲となることに。
しかも”My Michelle”では、盟友セバスチャン・バッハがゲスト出演し、アクセルとWボーカルをも見ることも出来るという往年のファンにはたまらない一夜となることに。
なおバンドはこのあと恒例のフェス「コーチェラ・フェスティヴァル」への参加も決定しており、今後の本格的ツアーに向けて、ファン必見マスト・アイテム。
01.Intro/02.It's So Easy/03.Mr. Brownstone/04.Chinese Democracy/05.Welcome To The Jungle/06.Double Talkin' Jive/07.Estranged/08.Live And Let Die/09.Rocket Queen/10.You Could Be Mine/11.Attitude/12.Band Introductions/13.This I Love/14.Coma/15.Speak Softly Love (Love Theme From The Godfather)/16.Sweet Child O' Mine/17.Better/18.Civil War/19.My Michelle with Sebastian Bach/20.Wish You Were Here/21.Layla/22.November Rain/23.Knockin' On Heaven's Door/24.Nightrain/25.Don't Cry/26.The Seeker/27.Paradise City
[Live at T-Mobile Arena, Las Vegas, NV, USA, April 9th 2016]

2016年04月14日

追悼キース・エマーソン、1992年EL&P来日公演

virtuoso282e.jpg



◆ E.L&P / BLACK MOON IN OSAKA (2CD+1DVDR) この商品はこちらから

2015年から大反響となっているキニー録音のオリジナル・カセット・シリーズより、再結成E.L&P、1992年ジャパン・ツアーにおける9月14日、大阪厚生年金会館でのライブを収録したタイトルがここに。

これまで同様アナログLPを元にCD化してきたシリーズが、今回もかつて『RONDO(209141/209142)』として知られる、キニーのオリジナルDATから最新技術でCD化したもので、削除されていたMCも含めて、この日の完全コンプリートを実現。
そして東京では壮絶なチケット争奪戦が巻き起こった20年ぶり再来日において、大阪公演はこの日限りということで、ピンと張り詰めた空気感と緊張感の中、彼らの演奏も凄まじいもので、
そしてオープニングより"Karn Evil 9"、"Tarkus"、"Knife Edge"と3人での復活をお披露目するかのような圧倒的な演奏を披露。その後は「BLACK MOON」からの曲ももちろん取り上げられ、グレッグのアコースティック・タイムではメロウな"Lucky Man"で感動を呼び、ラストは"Fanfare For The Common Man"、"America"、"Rondo"を組み合わせたメドレーという組曲に、リアレンジしたエンディングに相応しいセット。
さらに初回入荷限定で、日本公演より2ヶ月後となる、1992年11月21日ミラノ公演の模様を、現地のローカルTV局で放送されたプロショット映像を、65分にわたり収録したDVD-Rをプラス。

クオリティー的には当時のアナログ・ビデオによるエアチェック・レベルながら、サウンドはカンペキなサウンドボードなうえ、表情・手元のドアップまで多用されたプロショットの見応えはたっぷり。カール・パーマーのアップにしてもドラムにありがちな固定アングルではなく、グリグリと移動しながら撮影されており、キース・エマーソンに至っては正面、背後、上空とさまざまなアングルから捉えられ、「Rondo」での格闘シーンでも手元を外さない徹底ぶり。
放送用映像ゆえコンプリートではないものの、全盛期に匹敵するほどのパフォーマンスが蘇える、こちらも必見アイテム。
なおボーナスDVD-Rは完全限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : :1. Karn Evil 9 2. Tarkus 3. Knife Edge 4. Paper Blood 5. Black Moon 6. Close To Home 7. Creole Dance 8. From The Beginning 9. Still You Turn Me On 10. Lucky Man 11. Romeo And Juliet
Disc 2 : 1. Pirates (Pictures At An Exhibition) 2. Promenade 3. The Gnome 4. Promenade 5. The Hut Of Baba Yaga 6. Drum Solo 7. The Hut Of Baba Yaga 8. The Great Gates Of Kiev –encore- 9. Fanfare For The Common Man/America/Rondo 10. Finale
[Live at Koseinenkinkaikan, Osaka, Japan 14th September 1992]

DVD-R : PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx. 65min.
1. Tarkus 2. Knife Edge 3. Paper Blood 4. Creole Dance 5. Still...You Turn Me On 6. Honky Tonk Train Blues 7. Pictures At An Exhibition 8. Drum Solo 9. Great Gates Of Kiev 10. Fanfare For The Common Man 11. America 12. Rondo
[Live at Palatrussardi, Milan, Italy 21st November 1992]


2016年04月12日

ストーンズ「LOVE YOU LIVE」のレア・アウトテイク!

spr001sl.jpg



◆ ROLLING STONES / LOVE YOU LIVE MIXES (プレス1CD) この商品はこちらから

ライブ・アルバム「LOVE YOU LIVE」における、16トラック・マスター・テープから、関係者流出による別ミックス音源が、オフィシャル・クオリティー、サウンドボード音源にて、海外直輸入となる完全限定盤でここに。

5曲のみの収録ながら、なんといっても一番の目玉は、オフィシャルには未収録の「Angie」、「Hey Negrita」「You Gotta Move」がカンペキなサウンドボードで聞けるところ。
そして以下がその流出元となる当時のサウンド・エンジニアからのコメントで、経緯詳細はこちらを参照。

『僕は1980年の秋にフィラデルフィアにあるアルファ・インターナショナル・レコーディング・スタジオでプロとしてのレコーディング・エンジニアの仕事を始めたんだ。最初の数年間はアシスタント・エンジニア、そしてオーバーダブ・セッションの仕事を長くしていた時、次の仕事が入って来るまでの間、暇な時にマルチ・トラックのマスターをミックスする練習をしていたんだ。
で、その前の1977年の夏の暮れ頃、ミックとキースが、このスタジオがビジネスを始める前に見つけてね。彼らは人知れずに『Love You Live』の2インチの16トラックのマスター・テープに、少しオーバーダブが出来るプロフェッショナルなスタジオを探していたんだ。というのも、キースはカナダでヘロインで逮捕された後でマスコミを避けていて、ちょうどスタジオはその隠れ蓑になったんだ。
そしてスタジオ・セッションで、ミックが5曲のボーカル、そしていくつかのテイクをオーバーダブしたんだ。で、そのマスターは元々の16トラック製作され、オリジナルのマスターは、アルファ・テープの倉庫に保管されたんだけど、そのマスターは結局ストーンズ・サイドや、レコード・レーベルの誰からも返却を求められることはないままに。
で、当然僕は世界最高のR&Rバンドのミックスをいじってみたい気分になり、アルファの他のエンジニア・スタッフも全員、その貴重なマスターを使って自分用のミックスを作ったんだ。そうしてるうちに、僕にもそのチャンスが巡って来たんだ。
まずその貴重なマスターには、正規リリースのアルバムから「Hot Stuff」と「Star Star」しか残されていなかったんだけど、あと未発表のパリでのコンサートで録音された「Angie」と「Hey Negrita」、そしておそらく1976年のクリーヴランドでのライブからも「You Gotta Move」も残っていたんだ。で、自分の耳でストーンズがどう聴こえるべきかを自分の解釈でミックスし始めて、十分な時間もなかったんで、全5曲を3時間でミックスし終えた。
まずチャーリーのドラム、キック、スネア、そしてタムとシンバルのオーバーダブは、4曲に関してはかなり良い状態で録音されていたから、スネアから良いスナップを抽出することも出来た。あとビルのベースは直に録音されたものではなくて、マイク越しに録音されたみたいで、マイクはアンプに近い部分で録音されたんだと思う。だから僕はベースの音が団子にならないように注意を払ったんだ。あとキースロンのギターはもともと素晴らしいサウンドで録音されていた。そしてビリーのハモンドB-3はモノ・トラックだったので、僕は昔からよく使う技法で、テープの音をずらすことで疑似ステレオにして、「Angie」では左右に振り分けたんだ。それが上手く行って、ヘッドフォンで聴くとよく聴こえるようになったよ。他にも「You Gotta Move」ではロニーのスライドでテープを遅らせた。再び疑似ステレオを使ったかは確かじゃないんだけど、結果としてこうなったんだ。
そしてミックのボーカルは、ライブで彼が歌詞を忘れたりすると、かなりずさんなもので音も歪んでいた。でもそれらはスターリー・スタジオでのオーバーダブよりは完成されたものになっていて、僕はオリジナルのコンサートでのボーカルをメインのボーカルとして残しておいた。あとミックの「Star Star」の2つのコーラスのオーバーダブを、キース、ロニー、そしてビリーのバック・ボーカルにブレンドするように左右に振り分けたりもした。
最後に僕は1/4インチのリールに15ipsでノイズ除去装置を使ってミックスしたんだけど、当時の僕にはそれが精いっぱい出来るベストなことだった。でもその録音したカセット・テープはあまり良い状態じゃあなかったから、2002年に僕はソニーのミニディスクのレコーダーで、ソニーのDATにリール・テープをフィリップスのCDRにコンバートしたんだ。そして最近になってそれをMP3/320hlzに移行したのが、このCDで聞けることになったんだ。』

1. HOT STUFF 2. STAR STAR 3. ANGIE(*) 4. HEY NEGRITA(*) 5. YOU GOTTA MOVE(*)

Taken (*) = Previously Unreleased Live Performance
Tracks 1-4 Recorded in Paris, France 1976
Tracks 5 Recorded in Cleaveland, Ohio 1975

2016年04月11日

ついにスタートしたリユニオン・ガンズの初日ライブ!

nd5813g.jpg



◆ GUNS N’ ROSES / Not In This Lifetime Tour Las Vegas 1st Night (1DVDR) この商品はこちらから

2016年4月、ついにクラシック・ラインナップからアクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンの3人による、「Not In This Lifetime Tour」北米ツアーがスタート。その4月8&9日ラスベガスにて2日連続となったオープニング・ショーの初日となる、8日のライブを、モバイルも含む各種オーディエンス映像にて2時間28分にわたりほぼコンプリート収録。
複数の別アングルから捉えた映像は全般的に安定したアングルが多く、至近距離からの複数の良好ショットも随所に織り込み、小ホールゆえステージ間近の見上げたショットも含めて、いずれもかなりの良好クオリティーにて。
そしてまずアクセルは、この日に先駆けて行なわれた、4月1日LAのクラブで行なわれたウォーミング・アップ・ギグで足をすべらせ、左足を骨折。そのため、椅子に座りながらのパフォーマンスとなったのが、実はこの椅子は、デイヴ・グロールが前年のツアー中に骨折した際に使用していたものを借りたもので、そのあたりのいきさつやもアクセルからのデイヴへの感謝の言葉などもちょっとした話題となることに。
そしてオリジナル3人に、ディジー・リード(Key)、リチャード・フォータス(G)、フランク・フェラー(Dr)という6人編成による、1993年7月17日以来の23年ぶりとなるもの、待望のリユニオン・ライブは、シークレット・ギグとややセットも変わり、”It's So Easy”からアンコール・ラスト”Paradise City”までの全22曲はあの当時のナンバーだけでなく、『Chinese Democracy』から”Bitter”などの2曲も披露され、これはスラッシュにとっては初プレイとなるあたりは要チェック。他にもダムドのカヴァー”New Rose”なども含めて、今後のセット内容の変化も楽しみな、ファン必携マスト・アイテム!

01.Introduction/02.It's So Easy/03.Mr. Brownstone/04.Chinese Democracy
/05.Welcome To The Jungle/06.Double Talkin' Jive/07.Estranged/08.Live And Let Die/09.Rocket Queen/10.Band Introductions/11.You Could Be Mine/12.New Rose/13.This I Love/14.Coma/15.Speak Softly Love (Love Theme From The Godfather)/16.Sweet Child O' Mine/17.Better/18.Civil War/19.Wish You Were Here/20.Layla/21.November Rain/22.Knockin' On Heaven's Door/23.Nightrain –encore- 24.Patience/25.Paradise City
[Live at T-Mobile Arena, Las Vegas, NV, USA, April 8th 2016]


2016年04月09日

デヴィット・ギルモア、2016年ソロ・ライブの決定盤

xavelm068d.jpg



◆ DAVID GILMOUR / L.A. 3RD NIGHT :ロス・アンゼルス飛翔伝説 エピソードⅢ (プレス2CD) この商品はこちらから

恒例となってきたXAVELレーベルの海外遠征シリーズより、2016年「RATTLE THAT LOCK WORLD TOUR」北米レグ、3日目となる、3月27日ロサンゼルス公演の模様を、おなじみのIEMマトリックス音源にてコンプリート収録したタイトルが永久保存プレス2CDにてここに。

本レーベルからの海外レコーディング・ソースとなるもので、まずこのイヤー・モニター・マトリックス音源は、2016年さらなる飛躍を遂げ、新たな次元に突入したと言い切れるクオリティーに達し、今回もステレオ・サウンドボードと同レベルとなっており、バンドメンバーが使用する複数のIEMソースを、ハイクオリティーなマトリックス技術でミックスした、まさにこのままオフィシャル・リリースも可能と思えるほどの域に。
そしてライブ自体は前年ツアーからほぼ同様のセット内容となる2部構成となるもので、もので、やはりフロイドの名曲群でわき起こる後半のどよめきは感動もの。また一部『THE DIVISION BELL』の「What Do You Want From Me」などがセットインしているところも要チェックで、加えてアルバムを共同プロデュースしたフィル・マンザネラのプレイも必聴の2016年ソロ・ツアーのベスト・クオリティー・アイテムと断言できる、永久保存プレス2CD。
Disc 1 : (1st set) 01. Opening S.E. 02. 5 A.M. 03. Rattle That Lock 04. Faces of Stone 05. Wish You Were Here 06. What Do You Want From Me 07. A Boat Lies Waiting 08. The Blue 09. Money 10. Us and Them 11. In Any Tongue 12. High Hopes (2nd set) 13. Astronomy Domine
Disc 2 :: 01. Shine On You Crazy Diamond (Parts I-V) 02. Fat Old Sun 03. Coming Back to Life 04. Band Introduction 05. The Girl in the Yellow Dress 06. Today 07. Sorrow 08. Run Like Hell –encore- 09. Time 10. Breathe (Reprise) 11. Comfortably Numb
[Live at The Forum, Inglewood, CA, USA 27th March 2016 :Multiple IEM + AUD Matrix Source]

David Gilmour - guitars, lead vocals / Phil Manzanera - guitars, backing vocals / Guy Pratt - bass guitars, vocals / Jon Carin - keyboards, guitars, vocals / Kevin McAlea - keyboards / Steve DiStanislao - drums, percussion, backing vocals / Joao Mello - saxophones, keyboards / Louise Clare Marshall - backing vocals / Lucita Jules - backing vocals / Bryan Chambers - backing vocals

2016年04月08日

XAVELレーベルより、ストーンズ2016年南米ツアーの決定盤!

xavelm060s.jpg



◆ ROLLING STONES / EL LIBERTADOR : サンティアゴの解放者 (プレス4CD+1DVD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、ストーンズ2016年南米ツアー初日となる、2月3日のチリ、サンティアゴ公演の模様を、おなじみのIEMマトリックス音源と、オーディエンス録音の最高峰MK4マスター音源の2種類をカップリングしたタイトルがここに。

本レーベルからの「ZIP CODE TOUR」のマトリックス・ライブ4タイトルに続く、海外レコーディング・ソースとなるもので、特にIEMマトリクス音源は、2016年さらなる飛躍を遂げ、新たな次元に突入したと言い切れるクオリティーに達し、今回もステレオ・サウンドボードと同レベルのクオリティーとなっており、大所帯のバンドが繰り出す全ての出音からの演奏を、驚くほどの分離と解像度で捉えたもの。なお今回の2種類のソースの詳細は以下の通り。

[ソース1:マルチIEMマトリクス音源(2CD)]
ステージ上で各メンバーが使用する、各々ミックスバランスの異なるIEMソース群と、高品質なオリジナル・オーディエンス・ソース(後述ソース2のMK4マスターとは別ソース)を、絶妙のバランスでステレオ・ミックスしたマルチIEMマトリクス音源。2016年を迎え、技術面での大幅改良が加えられ、さらなるクオリティー・アップを実現。クリアネス、分離感、音色のリッチさなど、全てにおいてこれまでのIEMマトリクス音源とは一線を画す仕上がりとなっており、冒頭「Start Me Up」の途中までは機材トラブルがあり、ギターが薄めのミックスとなっているものの、、それ以降は安定のステレオ・ライン音源にて収録。
[ソース 2:オリジナル・オーディエンス音源*MK4マスター(2CD)]
オーディエンス・レコーディングの最高峰マイクMK4を使用した極上ライヴ・レコーディングによるもので、暖かみのある倍音豊かな迫力のサウンドは、巨大スタジアム・ライヴの臨場感を存分に伝えてくれるものであり、ソース1のIEMマトリクス音源とは全く異なるキャラクターながら、オーディエンス・ノイズも皆無。
それでいて出音はとても近く、南米の大観衆の熱気が充満したスタジアムの雰囲気までひしひしと伝わってくるというもので、またキースのギター音が大きめに捉えられている点もファンには嬉しいところ。さらに本編終了後のボーナス・トラックには、開場前のサウンド・チェックをミックのIEMソースより追加収録。
さらに初回200セット限定で、会場タン・ピット内の至近距離からHDカメラにて撮影された、迫力満点のオーディエンス・ショット映像を収録したプレスDVDをプラス。

タン・ピット内キース側の至近距離からのこのワン・カメラ映像は、Youtubeやネットでアップされた、小型のデジカメで撮影された類ではなく、ハイビジョン・デジタル・カメラによる美しいもので、しかもオープニング・フィルムから、終演のメンバー退場シーンまでをほほコンプリート収録。一部南米のファンでひしめくタン・ピット内だけあって、視界が埋もれてしまったり、暗転してしまうシーンもあるものの、要所でのクローズ・ショットもばっちりで、そのカメラ・ワークは奇跡的といえるもの。
最後にセット内容は前回の「ZIP CODE TOUR」を踏まえたものながら、とにかく南米特有の盛り上がりと熱気は、やはりすさまじいもので、それに応えるミックを始め、メンバー全員の元気な姿も嬉しいところ。またこの日のリクエスト・ナンバーは”She's A Rainbow”で、これは1998年以来の演奏となるあたりも要チェック。
プレス4CD、美麗コーティング紙ジャケット、日本語帯+公演のポスターをモチーフにしたホログラム・カードが付属。
さらにDVDをご希望の方は初回完全限定ゆえ、お早めに。

Disc 1 : 01. Opening Film 02. Start Me Up 03. It's Only Rock 'n' Roll 04. Let's Spend the Night Together 05. Tumbling Dice 06. Out of Control 07. She's a Rainbow 08. Wild Horses 09. Paint It Black 10. Honky Tonk Women 11. Band Introduction 12. You Got the Silver (Keith Richards on lead vocals) 13. Happy (Keith Richards on lead vocals) 14. Midnight Rambler
Disc 2 : 01. Miss You 02. Gimme Shelter 03. Jumpin' Jack Flash 04. Sympathy for the Devil 05. Brown Sugar –encore- 06. You Can't Always Get What You Want (with Estudio Coral de Santiago) 07. (I Can't Get No) Satisfaction 08. Closing
[①EL LIBERTADOR: IEM MATRIX MASTER :Multiple IEM + AUD Matrix Source]

Disc 3 : 01. Pre-show SE (Lonely Boy) 02. Opening Film 03. Start Me Up 04. It's Only Rock 'n' Roll 05. Let's Spend the Night Together 06. Tumbling Dice 07. Out of Control 08. She's a Rainbow 09. Wild Horses 10. Paint It Black 11. Honky Tonk Women 12. Band Introduction 13. You Got the Silver (Keith Richards on lead vocals) 14. Happy (Keith Richards on lead vocals) 15. Midnight Rambler
Disc 4 : 01. Miss You 02. Gimme Shelter 03. Jumpin' Jack Flash 04. Sympathy for the Devil 05. Brown Sugar –encore- 06. You Can't Always Get What You Want (with Estudio Coral de Santiago) 07. (I Can't Get No) Satisfaction 08. Closing
[②EL LIBERTADOR: MK4 MASTER :Original MK4 Source]
09. Tumbling Dice 10. Gimme Shelter 11. You Can't Always Get What You Want (with Estudio Coral de Santiago)
[Soundcheck at Estadio Nacional, Santiago, Chile 3rd February 2016]

DVD : 01. Opening Film 02. Start Me Up 03. It's Only Rock 'n' Roll 04. Let's Spend the Night Together 05. Tumbling Dice 06. Out of Control 07. She's a Rainbow 08. Wild Horses 09. Paint It Black 10. Honky Tonk Women 11. Band Introduction 12. You Got the Silver (Keith Richards on lead vocals) 13. Happy (Keith Richards on lead vocals) 14. Midnight Rambler 15. Miss You 16. Gimme Shelter 17. Jumpin' Jack Flash 18. Sympathy for the Devil 19. Brown Sugar –enncore- 20. You Can't Always Get What You Want (with Estudio Coral de Santiago)

[Live at Estadio Nacional, Santiago, Chile 3rd February 2016]

2016年04月01日

レインボー1976年初来日大阪公演の決定盤!

risingarrow052.jpg



◆ RAINBOW / OSAKA 1976 1ST NIGHT (プレス3CD) この商品はこちらから

2015年から大反響となっているキニー録音のオリジナル・カセット・シリーズより、1976年初来日における12月5日、大阪厚生年金会館でのライブを収録したタイトルがここに。

これまで同様アナログLPを元にCD化してきたシリーズが、今回も、かつて『ON TOUR 1976: STARGAZER(RS76121)』として知られるアナログ・ソース・マスターに、デジタル・リマスタリングを施した仕様となるもので、しかも既発より収録時間も長く、一部カットがあったパートなども別ソースよりカンペキな補填を施し、104分にわたり、マスター・ダイレクトなサウンドで、この記念すべき一夜を再現。
そして来日2公演目であり、大阪初見参となるこの日はとにかくその熱狂ぶりと、もちろん演奏も素晴らしく、またこの日は公式にレコーディングされており、録音に臨む気合いも十分となるパフォーマンスを披露し、アンコール、凄絶な「Do You Close Your Eyes」でのアーミングの激烈さまで、まさに全てが狂気。
さらに初回入荷限定で、名盤の至高バージョンである、『RISING: JAPANESE 1976 ORIGINAL LP』のプレスCDをプラス。

本作は、1976年に日本でリリースされたオリジナルLP『RISING(MWF 1004)』をCD化したもので、世界中の、ありとあらゆる『RISING』でもっとも優れたサウンドの1枚といわれるもので、これは通常なら母国UK盤のオリジナル・プレスLPからのマスター・テープからプレスするのが、ほとんどの場合はクオリティーが落ちるとのこと。しかし『RISING』に限っては、1976年の日本盤がもっとも優れていると言われていて、それはマニアの検査でも実証済み。そしてミント・コンディションのLPを元に、使用機材もハイエンド環境による本作は、まさに聴いたこともない『RISING』。
まったくのノン・マスタリングにも関わらず、完璧なCD化であり、それ以上に驚きなのがあまりにも鮮やかなサウンドそのもので、いかにマスター・テープに吹き込まれていたサウンドを残しているか、という次元で、日本盤オリジナルLPが最も優れていたことを証明するもの。
なおこのボーナス・プレスCDは完全限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 1. Over The Rainbow 2. Kill The King 3. Mistreated 4. Sixteenth Century Greensleeves 5. Catch The Rainbow
Disc 2 : 1. Lazy 2. Man On The Silver Mountain 3. Blues 4. Starstruck / Man On The Silver Mountain 5 .Keyboard Intro. 6. Stargazer 7. Still I'm Sad incl. Keyboard Solo 8. Drum Solo feat. 1812 Overture 9. Still I'm Sad (reprise) 10. Do You Close Your Eyes 11. Over The Rainbow
[Live at Koseinenkin Kaikan, Osaka, Japan 5th December 1976 : from Original Masters]

Bonus CD : 1. Tarot Woman 2. Run With The Wolf 3. Starstruck 4. Do You Close Your Eyes 5. Stargazer 6. A Light In The Black
[Special Bonus CD : for limited numbered stickered edition of OSAKA 1976 1ST NIGHT]
Ritchie Blackmore - Guitar / Ronnie James Dio - Vocal / Cozy Powell – Drums / Jimmy Bain - Bass / Tony Carey - Keyboards

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.37