« 2017年05月 | メイン | 2017年07月 »

2017年06月30日

サンタナ、2017年武道館3公演のサウンドボード・ライブ

xavelm125s.jpg



◆ SANTANA / Budokan 2017 Definitive Edition (プレス2CD+1CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年ジャパン・ツアーの最終日となった4月27日、日本武道館公演を、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスしたタイトルが永久保存プレス2CDにて。

すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、ステージに設置されたモニター・スピーカー用のライン・ソースも含めた、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして2013年以来4年ぶりとなる「TRANSMOGRIFY」全4公演のジャパン・ツアー最終日も、ベストな選曲でおこなわれた2時間超のノンストップ・ライブで、とにかくパワフル。そして”Europa”をはじめ、代表チューンがぎっしりの中で、”While My Guitar Gently Weeps”、”Summertime”、”I Feel The Earth Move”など、随所でロック・アンセムも挿入。
さらに初回限定100セットのみ、当日開場前のサウンドチェックの模様を収録した限定CD-Rをプラス。
なお、プレス2CD、日本語帯つき仕様で、ボーナスCD-R付きは完全限定リリースのメモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Intro 02. Are You Ready People / When I Look Into Your Eyes 03. Toussaint L'Ouverture 04. Maria Maria 05. Foo Foo 06. Corazón espinado 07. Incident at Neshabur 08. Happy Birthday 09. Europa
Disc 2 : 01. Jingo 02. Evil Ways 03. A Love Supreme 04. Orinoco / Rain / Kate 05. She's Not There 06. Black Magic Woman/Gypsy Queen 07. Oye como va 08. Soul Sacrifice / Drum Solo 09. Smooth 10. Love, Peace and Happiness
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 27th April 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

ノラ・ジョーンズ、2017年武道館3公演のサウンドボード・ライブ

xavelm124n.jpg



◆ NORAH JONES / Budokan 2017 Soundboard Collection (プレス2CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年ジャパン・ツアーのハイライトとなった、4月13&14&15日の3日連続、日本武道館公演を、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスしたタイトルが永久保存プレス2CDにて。

すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そしてこの4年半ぶりの来日公演は、武道館3daysを含む全9公演のジャパン・ツアーとなり、しかも日によってセットリストが変わり、全公演大絶賛で終わった中、まずdisc:1には3日目15日のライブ本編の模様をコンプリート収録。そしてdisc:2には初日と2日目のステージから、3日目とかぶらない楽曲をセレクトして収録。今回の固定アンコールだった「Sunrise」「Creepin' In」そして「Come Away With M」の3曲は省かれているものの、夢のようだった3夜の中で披露された曲を、すべてオフィシャル・クオリティーで聞けるのはファンとしては嬉しいかぎり。
なお、プレス2CD、日本語帯つき仕様の完全限定リリースのメモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. The Long Way Home 02. I've Got To See You Again 03. Day Breaks 04. Out On The Road 05. Sinkin' Soon 06. Tragedy 07. Chasing Pirates 08. Nightingale 09. Lonestar 10. Stuck 11. Don't Know Why 12. Seven Years 13. Little Broken Hearts 14. The Nearness of You 15. Peace 16. Flipside 17. Carry On
(3rd Night - Saturday 15th April)

Disc 2 : 01. Waiting 02. Something Is Calling You 03. Don't Be Denied 04. Don't Know What It Means 05. Wake Me Up 06. It's a Wonderful Time for Love 07. Humble Me 08. Painter Song
(1st Night - Thursday 13th April)
09. Burn 10. What Am I to You? 11. Say Goodbye 12. Rosie's Lullaby 13. Black 14. Tell Yer Mama 15. And Then There Was You 16. Travelin' On Ain't No Sunshine –encore- 21. Next to You 22. Every Breath You Take -encore 2- 23. Fragile
(2nd Night - Friday 14th April)

[Recorded at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 2017 : Stereo Soundboard Matrix Recording]

2017年06月29日

スティング、大阪公演をベスト・クオリティーの音と映像でカッブリング!

xavem129st.jpg



◆ STING / Live in Osaka 2017 Definitive Edition (2CD+1BDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、アルバム『57TH & 9TH』リリースに伴う、2017年ジャパン・ツアーの6月10日大阪公演を、ベスト・クオリティーの音と映像でカッブリングし、さらにブルーレイ付きは、100セット完全限定仕様にて。

まず音源プレス2CDは、最終日となった大阪市中央体育館でのライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。
すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、センターにスティングのヴォーカルとベース、左チャンネルにドミニク、右チャンネルにルーファスと完璧にセパレートした2本のギター、そしてジョシュのドラムにジョー+ラスト・バンドレロスの面々によるバックアップ・ヴォーカルまで、それぞれプロユースによるカンペキなミックスで定位させており、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そしてついに最終日となったこの日もシンプルかつぜい肉を削ぎ落としたような骨太な演奏を披露しており、武道館の初日&2日目とセットリストは同様ながら、同アルバム・ナンバーはもちろん、ソロの代表曲も含めて、ロック・スタイルの中に、時折りのぞくメランコリーさは、やはりスティングならでは。また息子ジョー+ラスト・バンドレロスによる演奏パートや親子共演も含め、まさに完全コンプリート収録にて。
さらに映像DVD-Rには、当日の模様を、ステージ左サイド至近距離からによるハイクオリティー・オーディエンス・ショットにて、コンプリート収録。

こちらはラスト・バンドレロスのオープニング・アクトは未収録ながら、スティングの左サイドからの安定特大ショットを中心にライブの全貌を捉えており、あの感動が再び蘇るかのよう。
そして初回100セット限定で、同内容収録のブルーレイもボーナスもセットで。
こちらはブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーによるもので、DVDよりもさらに超美麗な映像にて。
なお、このプレス2CD+1DVDR、日本語帯つき、ボーナス1Blu-rayつきは、完全限定のメモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : (Sting) 01. Heading South on the Great North Road (Joe Sumner) 02. Looking For Me Looking For You 03. Don't Change the Love 04. Drink 05. Jelly Bean (The Last Bandoleros) 06. Maria 07. River Man 08. I Don't Want to Know 09. Where Do You Go? 10. Take Me to It (Sting) 11. Synchronicity II 12. Spirits in the Material World 13. Englishman in New York 14. I Can't Stop Thinking About You 15. Every Little Thing She Does Is Magic 16. One Fine Day 17. She's Too Good for Me
CD 2 : 01. Mad About You 02. Fields of Gold 03. Petrol Head 04. Down, Down, Down 05. Shape of My Heart 06. Message in a Bottle 07. Ashes to Ashes (Joe Sumner on vocals) 08. 50,000 09. Walking on the Moon 10. So Lonely 11. Desert Rosev 12. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 13. Next to You 14. Every Breath You Take -encore 2- 15. Fragile

DVD-R & Blu-ray : Same Set
01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Down, Down, Down 13. Shape of My Heart 14. Message in a Bottle 15. Ashes to Ashes 16. 50,000 17. Walking on the Moon 18. So Lonely 19. Desert Rose 20. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 21. Next to You 22. Every Breath You Take -encore 2- 23. Fragile

[Live at Chuo Gymnasium, Osaka, Japan 10th June 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

2017年06月28日

エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作による、ポール2017年武道館公演ボックス・セットのセカンド・エディション登場!

esvd9652nd.jpg



◆ Paul McCartney / One On One at BUDOKAN definitive edition Second Edition (6CD BOX) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年4月25日、日本武道館公演の最終決定盤アイテムが、完全限定6CDボックス・セット仕様にてここに。

[アイテム概要・仕様詳細]
2013年も2015年に続き、今回の来日公演もまずは開幕ステージとなった、武道館公演の決定版ボックスから満を持して登場。おなじみEVSDの超美麗な豪華ボックス(日本語帯つき)で、豪華な装丁と驚愕のパーフェクト・サウンドを誇る内容にて。

[音源詳細]
①ライブ前日(4/24)リハーサル-プレスCD
まずは武道館における前日サウンドチェックの模様を、モニター用サウンドボード・ソースなどの、複数の高音質ステレオ・ライン音源にて全曲収録。EVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源で、ファン驚愕の激レア・テイク「Here There And Everywhere」をはじめ、「I've Got A Feeling」「I Wanna Be Your Man」「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)」といった今ツアーの聴き所となった楽曲群、そして「Matchbox」をはじめとしたサウンドチェック・パーティの定番曲など、トータル1時間以上に及ぶ熱の入ったリハーサルを、間違いなくベストのサウンド・バランスにて。なお武道館の思い出を語ったり、翌日のサウンドチェック・パーティの有無を確認したりといった、曲間におけるポールの何気ない会話も聴き取ることが出来るのも要チェック。

②ライブ当日(4/25)リハーサル-プレスCD
当日開場前の非公開のサウンドチェックを、モニター用サウンドボード・ソースなどの、複数のステレオ・ライン音源にてコンプリート収録。こちらももちろんEVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源で、前日に入念な音合わせを行ったこともあり、この日は通常のサウンドチェック・パーティにおけるような、各楽器の音チェックを主体とした軽めの内容となることに。そしてややノイジーな箇所のある前日リハーサルと比べ、準備万端で録音されたこの日は、プロ・ユースの機材で録音されたリアル・ステレオ・ライン音源による、まさにパーフェクト・サウンド。また今回の東京公演サウンドチェック・パーティでは演奏されることのなかった「Bluebird」を聴くことが出来る点も大きなポイント。

③4/25武道館公演-マルチIEM+α・マトリクス音源-プレス2CD
これが本ボックスのメイン中のメイン音源。今回の来日ツアー、そして近年のポールのライブ音源の中でも、別格に位置づけられるであろう突出した完成度を誇るマトリックス音源で、もはや流出ステレオ・サウンドボード音源にしか聴こえないアイテム。もちろん本ボックスでしか聴くこと出来ないオリジナル初登場音源。
まずおなじみの「マルチIEMマトリックス音源」をはじめとし、XAVELレーベルが全面的にプロデュースする渾身のライブ音源。ステージ上に設置されたモニタリング用スピーカーのステレオ・ライン音源、そして複数のステレオIEMソースなどを、正真正銘プロユースの機材を用いてステレオ・ミックスし、さらに入念なマスタリング工程を経てここに。
因みに、ポール・ウィッケンスの使用するステレオIEMソースを使用したマトリックス音源や、モノラル受信機を使用して傍受録音しIEM音源をミックスした擬似ステレオIEM音源など、すでに様々なIEMマトリックス音源流通している中、本作はそれらとは次元の違う、文字通りの最終決定版音源。ポールの声をセンターに据え、全ての楽器とコーラスを最高のバランスと素晴らしいステレオ定位で配置したワン・アンド・オンリーのミラクル・サウンドは本レーベル面目躍如たる究極の逸品。

④4/25武道館公演-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス2CD
本ボックスのもうひとつのメイン音源。オーディエンス録音の最高峰、ドイツが誇るSchoepsのMK4マイクロフォンを用いて録音された、オーディエンス・レコーディングの決定盤音源で、もちろんこのボックスでしか聴くこと出来ないオリジナルの完全初登場音源。
すでに数多くのオーディエンス音源が流通している中、マルチIEMマトリッス音源と同様の、"完全なる別格クオリティー"と断言できるゆえ、こちらも絶対必聴。
なお同レーベルからは無指向性の高級マイクロフォンを使用したプレス2CD「One On One at BUDOKAN –Omnidirectional Source-」)も先行リリースされているも、本作はそれとは別マスターで、この音源最大の魅力は、「単一指向性」というマイク・キャラクターを利して録音された、PAスピーカー直の不純物無しの超高級サウンドなところ。
ります。煩わしい周囲のオーディエンス・ノイズは皆無でありながら、「Love Me Do」の手拍子や「Hey Jude」など要所での大合唱はしっかりと捉えられており、過剰なイコライジングも排し、ナチュラルかつ骨太な音質に仕上げた本タイトルは、マトリックス音源とはまた違ったハイエンド・サウンドによって、当日の感動をよりリアルに再現。

[総括]
以上、今回もレーベル最高峰のクオリティーによる究極のボックスで、これまでのポール来日ボックスと同様完売必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : 01. Jam 02. Match Box 03. Honey Hush 04. I've Got A Feeling 05. Junior's Farm 06. I Wanna Be Your Man 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back In The U.S.S.R. 09. Jam 10. My Valentine 11. Miss Ann 12. Here There And Everywhere 13. Everynight 14. I've Just Seen A Face 15. Being For The Benefit Of Mr.Kite 16. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-965 (1:6:1:453) : Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Monday, 24th April 2017 (Stereo Soundboard Master)]

CD 2 : 01. Instrumental Soundcheck 02. Jam 03. Honey Don't 04. Magical Mystery Tour 05. Magical Mystery Tour (SE) 06. Save Us 07. Let 'Em In 08. Love Me Do 09. Queenie Eye 10. Bluebird 11. Ram On
[EVSD-966 (1:18:35:613) : Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (Stereo Soundboard Master)]

CD 3 : 01. Pre-show SE 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior's Farm 07. Let Me Roll It / Foxey Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today
CD 4 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-967&968 (2:12:82:640) : Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (Multiple IEM + Stereo Soundboard Source Original Matirx Master)]

CD5 : 01. Pre-show SE 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior's Farm 07. Let Me Roll It / Foxey Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today
CD 6 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-969&970 (2:22:78:1533) : Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (EVSD & XAVEL Original Audience Master -MK4 Cardioid Microphone-)]

2017年06月25日

2017年のリッチー・ブラックモアズ・レインボー、限定ライブの初日

nd6611r.jpg



◆ Ritchie Blackmore's Rainbow / Stone Free Festival 2017 (1DVDR) この商品はこちらから

2016年奇跡の復活ライブを行い、世界中のHRファンから大反響を呼んだ中、2017年も公約通り再びリッチー・ブラックモアズ・レインボーとして、限定ライブを行うことに。
その記念すべき初日となった6月17日、ロンドンで開催された「ストーン・フリー・フェスティバル」に出演時の模様を、モバイルも含む各種オーディエンスにて114分にわたりほぼコンプリート収録。
複数の別アングルから捉えた映像は、全般的に安定したアングルが多く、ズームも含めた良好な映像ソースをセレクト・編集しており、しかも音声はCDに使用されているデジタル・オーディエンス・マスターを、フル・マトリックスした迫力あるサウンドにて。


そして当然この日のヘッドライナーとして登場し、大きな期待の中でスタートしたライブは、まず前年定番だったオープニング「Highway Star」残念ながらセット落ちしたものの、「Spotlight Kid」で始まるあたりはまさに80年代レインボーそのもの。そして続く「I Surrender」は今回初めて披露され、大いに盛り上がり、その後も快調に飛ばす中で、今回はこの後「Perfect Strangers」もセット落ちした代わりに、「All Night Long」と「Still I'm Sad」が初セットインという、前年に比べてレインボー色が強くなっているのが大きなポイント。
そして全体の流れは”Burn”も披露された、前年のベスト・アクトと言われたバーミンガム公演をベースにしつつ、さらにスケール・アップした「Stargazer」からドラム・ソロも含めた「Still I'm Sad」そして「Long Live Rock 'n Roll」へと流れは、全盛期レインボーを知るファンにはたまらない流れ。また「Since You Been Gone」では作者のラス・バラードもギターでゲスト参加するあたりも要チェック。
またステージ・セットも前年から様変わりしており、あのおなじみの虹アーチが姿を消して、後部の巨大モニターが今回の演出のメインに。そしてそこに映し出される映像がとにかく素晴らしく、「Child in Time」では『STRAIGHT BETWEEN THE EYES』のジャケで知られる巨大な目玉が登場したり、「Still I'm Sad」では当時のフライヤーやジャケットが次々現れたり、さらに「Burn」では巨大な炎が燃え上がったり。
そして最も胸に迫るのは「Man on the Silver Mountain」と「Long Live Rock 'n' Roll」で、若かりし日のロニーが映し出され、リッチーと並び立ち、熱唱している映像は、あまりに感動的。
また、この後予定されていた3公演のうち、6月22日のマンチェスター公演は、あの爆破テロ事件の発生で中止となり、2017年も実質3回のみの可能性もあるため、ファンはやはりすべて要チェックの必携コレクターズ・エディション。

01.Land Of Hope And Glory/02.Over The Rainbow/03.Spotlight Kid/04.I Surrender/05.Mistreated/06.Since You Been Gone with Russ Ballard/07.Man On The Silver Mountain/Woman From Tokyo/08.Soldier Of Fortune/09.All Night Long/10.Difficult To Cure/11.Child In Time/12.Stargazer/13.Still I'm Sad/Drum Solo/14.Long Live Rock 'n' Roll/15.Black Night/16.Burn/17.Catch The Rainbow/18.Smoke On The Water
[STONE FREE FESTIVAL 2017 : at the O2 Arena, London, UK 17th June 2017]
Ritchie Blackmore - Guitar / Ronnie Romero - Vocal / Bob Nouveau – Bass /Jens Johansson - Keyboards / David Keith - Drums / Candice Night - Backing Vocal / Christina Lynn Skleros - Backing Vocal

2017年06月23日

スティング、日本武道館3公演をすべてコンパイル!

xavel300s.jpg



◆ STING / 57th & 9th Tour Tokyo 3 Days Complete (6CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2016年、ロック回帰を宣言した『57TH & 9TH』アルバム・リリースに伴う2017年ジャパン・ツアーの、6月6&7&8日の東京・日本武道館3daysを、いずれもハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録したタイトルがここに。

まず同レーベルならではのオリジナル高品質マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施し、全3公演をベスト・バランスにて収録。
そしてこれまで行われていた直前の南米ツアーなどと同様、評判通りのシンプルかつぜい肉を削ぎ落としたような骨太な演奏を全日披露しており、しかも先の南米ツアーからセットインした”Every Little Thing She Does Is Magic”を含めてポリス・ナンバーが8曲も披露されているのは嬉しいかぎり。
そしてもちろん同アルバム・ナンバーはもちろん、ソロの代表曲も含めて、ロック・スタイルの中に、時折りのぞくメランコリーさは、やはりスティングならでは。また他にも息子ジョーのボーカルによるボウイの”Ashes to Ashes”や、”Heading South on the Great North Road”、”Shape of My Heart”での親子共演なども聞き所なうえ、また6&7日公演はセットリストに変化はなかったのが、最終日は”Down, Down, Down”の代わりに、”Seven Days”がセットインしているあたりも要チェック。
とにかく連日ソールド・アウトとなった2017年来日公演のメモリアル・アイテムとして、ファン必携のコレクターズ・エディション。

disc 1 : 01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Down, Down, Down 13. Shape of My Heart
disc 2 : 01. Message in a Bottle 02. Ashes to Ashes 03. 50,000 04. Walking on the Moon 05. So Lonely 06. Desert Rose 07. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 08. Next to You 09. Every Breath You Take -encore 2- 10. Fragile
[1st Night : Live at Nippon Budokan, Tokyo Japan 6th June 2017]

disc 3 : 01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Down, Down, Down 13. Shape of My Heart
disc 4 : 01. Message in a Bottle 02. Ashes to Ashes 03. 50,000 04. Walking on the Moon 05. So Lonely 06. Desert Rose 07. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 08. Next to You 09. Every Breath You Take -encore 2- 10. Fragile
[2nd Night : Live at Nippon Budokan, Tokyo Japan 7th June 2017]

disc 5 : 01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Seven Days 13. Shape of My Heart
disc 6 : 01. Message in a Bottle 02. Ashes to Ashes 03. 50,000 04. Walking on the Moon 05. So Lonely 06. Desert Rose 07. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 08. Next to You 09. Every Breath You Take -encore 2- 10. Fragile
[3rd Night : Live at Nippon Budokan, Tokyo Japan 8th June 2017]

◇Sting - vocals, bass, acoustic guitar / Dominic Miller - guitars, backing vocals / Rufus Miller - guitars, backing vocals / Josh Freeze - drums / Joe Sumner - backing vocals / Diego Navaira, Derek James, Jerry Fuentes and Emilio Navaira (The Last Bandoleros)

2017年06月18日

ジョン・ケイルによる、奇跡のVUファースト・アルバム完全再現ライブ!

jpds017jc.jpg



◆ JOHN CALE / VU 50th ANNIVERSARY CELEBRATON (2DVDR) この商品はこちらから

2017年5月26日、イギリス、リバプールで開催された野外イベントに、ジョン・ケイルが登場。そしてあのVUのファースト・アルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ』の発売50周年記念として、なんとアルバム全曲再現ライブを行った模様を、各種オーディエンス映像をもとに、マルチ・カメラミックス仕様にて、93分にわたりコンプリート収録。

数種類の良好オーディエンス映像を、プロユースの編集により、パートによってはプロショット・レベルのクオリティーによるもので、安定したアングルをメインに、至近距離からの良好ショットも随所に挿入。
そしてまさに奇跡の一夜と言われたこのスペシャル・ライブは、現存するオリジナル・メンバーであるケイルが、自身のトリオ・バンドに現在イギリスのアンダーグラウンド・シーンで活躍するアーティスト達をゲストで迎え、VUナンバーを披露するという形式で、ケイト・モスの元夫ジェイミー・ヒンス率いるザ・キルズをはじめ、反体制を貫く究極のインディ・バンド、ファット・ホワイト・ファミリー、さらにスーパー・ファーリー・アニマルズや、全員が医師の衣装に身を包んだ異色バンド、クリニックに、ワイルド・ビースツなど、多彩なゲストが参加。
そして大きな期待の中始まったライブは、ケイルがピアノを連打してスタートする”I'm Waiting for the Man”で幕を開け、なんといきなり客席へステージから大量のバナナが投げ込まれる演出も。そしてセカンドからの”White Light White Heat”につなぎ、その後はあのバナナ・アルバムのナンバーが次々と披露され、”Venus in Furs”ではもちろんケイルのヴィオラもフューチャー。
さらに”Femme Fatale”や”Sunday Morning”では、ニコを思い起こすは女性ボーカルが華を添え”Black Angel's Death Song”、”European Son”と、陰鬱かつ様式美に溢れた世界観を表現し、ラストはルー・リードへの追悼の意も込めて”Heroin”で本編はエンド。
そして大観衆のアンコールに応じて始まったのは、当日のゲストも全員登場しての”Sister Ray”!! まさに60年代VUの象徴とも言える、ノイズ・ミュージックの原点ナンバーを、アルバム以上にいつ果てることもなく20数分間にわたり撒き散らし大団円。
この一夜かぎりの奇跡のライブを、ベスト・クオリティーにて収録のうえ、さらにdisc:2には、ケイルの2011年以降の活動の中で製作されたビデオ・クリップに、2012年のスタジオ・ライブなどもプロショット映像にて71分にわたり追加収録。
特に盟友ルー・リードに捧げるため、新しくレコーディングされた"If You Were Still Around"では、在りし日のルーとニコの映像も使われていたり、2016年に再録された名曲"Hallelujah”は、サスペンス仕立ての意味深な映像となっており、加えて2012年シアトルでのスタジオ・ライブも、”Guts”などが披露されクールなロック・サウンドを展開。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド誕生から50年の時空を超えて、新たな伝説が今ここに。

Disc 1 : Opening / I'm Waiting for the Man (w/ Jamie Hince from The Kills on guitar) / White Light White Heat ( w/ Jamie Hince and Alison Mosshart from The Kills / All Tomorrow's Parties (w/ Fat White Family) / Venus in Furs / I'll Be Your Mirror (w/ Wild Beasts) / Run Run Run (w/ Clinic) / Black Angel's Death Song (w/ Gruff Rhys) / Femme Fatale (w/ Nadine Shah) / There She Goes Again (w/ Wild Beasts) / Lady Godiva's Operation (w/ Gruff Rhys) / European Son (w/ Clinic) / Sunday Morning (w/ The Kills) / Heroin (w/ Fat White Family) / Sister Ray w(/ all guests) / End Credits
[Liverpool Sound City Festival : at Liverpool ,UK May 26th 2017 :93mins. ]
◇ John Cale - vocals, keyboards, viola / Dustin Boyer - lead guitar, samples / Joey Maramba - bass Deantoni Parks: drums, samples

Disc 2 : Opening / Catastrofuk (PV 2011) / Whaddya Mean By That (PV 2011) / Face To The Sky (PV 2012) / If You Were Still Around (PV 2015) / Close Watch (PV 2015) / Hallelujah (PV 2016)
[JOHN CALE Video Clips 2011-2016]
You Know More Than I Know / December Rains / Interview / I Wanna Talk 2 You / Guts
[Live on KEXP 2012]

2017年06月14日

ついにエンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作による、ポール2017年武道館公演の決定盤登場!

evsd965sample.jpg



◆ Paul McCartney / One On One at BUDOKAN definitive edition (6CD BOX) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年4月25日、日本武道館公演の最終決定盤アイテムが、6CDボックス・セット仕様にてここに。
なお今回もこちらのリミテッド・エディションは、豪華写真集付き、限定ナンバリング入りの完全限定300セット・リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。

[アイテム概要・仕様詳細]
2013年も2015年に続き、今回の来日公演もまずは開幕ステージとなった、武道館公演の決定版ボックスから満を持して登場。武道館限定リトグラフをモチーフにした、おなじみEVSDの超美麗な豪華ボックス(日本語帯つき)で、豪華な装丁と驚愕のパーフェクト・サウンドを誇る内容のうえ、しかも今回は完全未発表写真を使用した、24ページの「武道館公演写真集」が限定特典として付属。しかも写真に写ったポールのマイク・スタンドを見れば、本当に真正面から撮影された写真であり、それらすべてが公式ショットかと疑うくらいの素晴らしいフォトで、もちろんすべて4月25日武道館公演当日のもの。

[音源詳細]
①ライブ前日(4/24)リハーサル-プレスCD
まずは武道館における前日サウンドチェックの模様を、モニター用サウンドボード・ソースなどの、複数の高音質ステレオ・ライン音源にて全曲収録。EVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源で、ファン驚愕の激レア・テイク「Here There And Everywhere」をはじめ、「I've Got A Feeling」「I Wanna Be Your Man」「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)」といった今ツアーの聴き所となった楽曲群、そして「Matchbox」をはじめとしたサウンドチェック・パーティの定番曲など、トータル1時間以上に及ぶ熱の入ったリハーサルを、間違いなくベストのサウンド・バランスにて。なお武道館の思い出を語ったり、翌日のサウンドチェック・パーティの有無を確認したりといった、曲間におけるポールの何気ない会話も聴き取ることが出来るのも要チェック。

②ライブ当日(4/25)リハーサル-プレスCD
当日開場前の非公開のサウンドチェックを、モニター用サウンドボード・ソースなどの、複数のステレオ・ライン音源にてコンプリート収録。こちらももちろんEVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源で、前日に入念な音合わせを行ったこともあり、この日は通常のサウンドチェック・パーティにおけるような、各楽器の音チェックを主体とした軽めの内容となることに。そしてややノイジーな箇所のある前日リハーサルと比べ、準備万端で録音されたこの日は、プロ・ユースの機材で録音されたリアル・ステレオ・ライン音源による、まさにパーフェクト・サウンド。また今回の東京公演サウンドチェック・パーティでは演奏されることのなかった「Bluebird」を聴くことが出来る点も大きなポイント。

③4/25武道館公演-マルチIEM+α・マトリクス音源-プレス2CD
これが本ボックスのメイン中のメイン音源。今回の来日ツアー、そして近年のポールのライブ音源の中でも、別格に位置づけられるであろう突出した完成度を誇るマトリックス音源で、もはや流出ステレオ・サウンドボード音源にしか聴こえないアイテム。もちろん本ボックスでしか聴くこと出来ないオリジナル初登場音源。
まずおなじみの「マルチIEMマトリックス音源」をはじめとし、XAVELレーベルが全面的にプロデュースする渾身のライブ音源。ステージ上に設置されたモニタリング用スピーカーのステレオ・ライン音源、そして複数のステレオIEMソースなどを、正真正銘プロユースの機材を用いてステレオ・ミックスし、さらに入念なマスタリング工程を経てここに。
因みに、ポール・ウィッケンスの使用するステレオIEMソースを使用したマトリックス音源や、モノラル受信機を使用して傍受録音しIEM音源をミックスした擬似ステレオIEM音源など、すでに様々なIEMマトリックス音源流通している中、本作はそれらとは次元の違う、文字通りの最終決定版音源。ポールの声をセンターに据え、全ての楽器とコーラスを最高のバランスと素晴らしいステレオ定位で配置したワン・アンド・オンリーのミラクル・サウンドは本レーベル面目躍如たる究極の逸品。

④4/25武道館公演-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス2CD
本ボックスのもうひとつのメイン音源。オーディエンス録音の最高峰、ドイツが誇るSchoepsのMK4マイクロフォンを用いて録音された、オーディエンス・レコーディングの決定盤音源で、もちろんこのボックスでしか聴くこと出来ないオリジナルの完全初登場音源。
すでに数多くのオーディエンス音源が流通している中、マルチIEMマトリッス音源と同様の、"完全なる別格クオリティー"と断言できるゆえ、こちらも絶対必聴。
なお同レーベルからは無指向性の高級マイクロフォンを使用したプレス2CD「One On One at BUDOKAN –Omnidirectional Source-」)も先行リリースされているも、本作はそれとは別マスターで、この音源最大の魅力は、「単一指向性」というマイク・キャラクターを利して録音された、PAスピーカー直の不純物無しの超高級サウンドなところ。
ります。煩わしい周囲のオーディエンス・ノイズは皆無でありながら、「Love Me Do」の手拍子や「Hey Jude」など要所での大合唱はしっかりと捉えられており、過剰なイコライジングも排し、ナチュラルかつ骨太な音質に仕上げた本タイトルは、マトリックス音源とはまた違ったハイエンド・サウンドによって、当日の感動をよりリアルに再現。

[総括]
以上、今回もレーベル最高峰のクオリティーによる究極のボックスで、しかもこの24P「武道館公演写真集」限定特典と、限定ナンバリング入り仕様は、300セット限定コレクターズ・アイテムゆえ、これまでのポール来日ボックスと同様、予約完売必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : 01. Jam 02. Match Box 03. Honey Hush 04. I've Got A Feeling 05. Junior's Farm 06. I Wanna Be Your Man 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back In The U.S.S.R. 09. Jam 10. My Valentine 11. Miss Ann 12. Here There And Everywhere 13. Everynight 14. I've Just Seen A Face 15. Being For The Benefit Of Mr.Kite 16. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-965 (1:6:1:453) : Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Monday, 24th April 2017 (Stereo Soundboard Master)]

CD 2 : 01. Instrumental Soundcheck 02. Jam 03. Honey Don't 04. Magical Mystery Tour 05. Magical Mystery Tour (SE) 06. Save Us 07. Let 'Em In 08. Love Me Do 09. Queenie Eye 10. Bluebird 11. Ram On
[EVSD-966 (1:18:35:613) : Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (Stereo Soundboard Master)]

CD 3 : 01. Pre-show SE 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior's Farm 07. Let Me Roll It / Foxey Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today
CD 4 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-967&968 (2:12:82:640) : Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (Multiple IEM + Stereo Soundboard Source Original Matirx Master)]

CD5 : 01. Pre-show SE 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior's Farm 07. Let Me Roll It / Foxey Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today
CD 6 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-969&970 (2:22:78:1533) : Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (EVSD & XAVEL Original Audience Master -MK4 Cardioid Microphone-)]

2017年06月05日

ポール東京ドーム最終公演を、2種類の映像で収録したブルーレイ+DVD+CD !!

nank006sp.jpg



◆ Paul McCartney / One On One Dome 3 Complete(4BDR+4DVDR+3CDR) この商品はこちらから

2017年「ワン・オン・ワン」ジャパン・ツアーの、最終日となった4月30日東京ドーム公演の模様を、会場設置のスクリーン・ショットと、バルコニー席からのオーディエンス・ショットの、2種類のHDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像を、ダイレクトにブルーレイ化。さらに同内容のDVD-R、そしてデジタル・リマスタリングを施した音源CDもセットにしたタイトルがここに。なんとブルーレイ4枚、DVD-R4枚、CD-R3枚というフル・ヴォリュームにて。

まず各方面からリリースされているドーム関連の映像・音源の中で、本シリーズの映像は、別アングルによる2種類のオーディエンス・マスターを収録しており、まず「タイプA (Film-A)」は、バルコニー席からのステージ・オーディエンス・ショットで、迫力満点のポールを中心に臨場感のあるショットが満載。
そしてカップリング収録の「タイプB (Film-B)」は、会場設置のスクリーンのみを捉え続けたショットで、プロショット感覚にて当日の模様を再現したもの。
そしてその2パターンの映像をブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、いずれも2時間38分にわたりコンプリートでカップリング。
そしてあっという間に最終日となった30日の千秋楽は、まずセットにおいても”Junior's Farm”と”Jet”が入ったのが嬉しいところで、さらにアンコールではこの日のみ”Get Back”もついに披露。そして何より美しい水色に染まった東京ドーム全体の模様が話題となった”Hey Jude”での会場全体を埋め尽くす、サイリウムの美しさは今回のジャパン・ツアーのハイライトたる光景で、当日参加された方なら、そのあたりの感動が蘇るのは間違いなし。
そして同内容による4DVD-Rと、さらに音源3CDRには、当日のサウンドチェック音源も追加収録。
分離感やオーディエンスの歓声とのバランスが絶妙で、あの感動と興奮のライブの音をそのまま閉じ込めたもので、
当日参戦された方はもちろん、参戦出来なかった人にもメモリアルなコレクターズ・エディション。

[Type A : Audience Shot - Blu-ray & DVDR : Same Set : totaltime 158mins]
[Type B : Screan Shot - Blu-ray & DVDR : Same Set : totaltime 163mins]
Blu-ray & DVD DISC 1 : 1. Intro. 2. A Hard Day's Night 3. Junior's Farm 4. Can't Buy Me Love 5. Jet 6. Temporary Secretary 7. Let Me Roll It 8. I've Got A Feeling 9. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. In Spite Of All the Danger 14. You Won't See Me 15. Love Me Do 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. Queenie Eye 20. New

Blu-ray & DVD DISC 2 : 1.The Fool On The Hill 2. Lady Madonna 3. FourFiveSeconds 4. Eleanor Rigby 5. I Wanna Be Your Man 6. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 7. Something 8. Ob-La-Di, Ob-La-Da 9. Band On The Run 10. Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die 13. Hey Jude 14. Yesterday 15 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 16. Get Back 17. Hi, Hi, Hi 18. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

CD 1 : 1. Intro. 2. A Hard Day's Night 3. Junior's Farm 4. Can't Buy Me Love 5. Jet 6. Temporary Secretary 7. Let Me Roll It 8. I've Got A Feeling 9. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. In Spite Of All the Danger 14. You Won't See Me 15. Love Me Do 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. Queenie Eye 20. New
CD 2 : 1. The Fool On The Hill 2. Lady Madonna 3. FourFiveSeconds 4. Eleanor Rigby 5. I Wanna Be Your Man 6. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 7. Something 8. Ob-La-Di, Ob-La-Da 9. Band On The Run 10. Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die 13. Hey Jude  
CD 3 : 1. Yesterday 2. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 3. Get Back 4. Hi, Hi, Hi 5. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
(SOUNDCHECK) 6. Ready For Sound-Check 7. Jam 8. Honey Hush 9. One After 909 10. All My Loving11. Let 'Em In 12. Miss Ann 13. On My Way To Work 14. San Francisco Bay Blues 15. Ram On 16. Midnight Special 17. Lady Madonna

[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017]
◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年06月01日

ビートルズ、オーディオファイル・シリーズ、『ホワイト・アルバム』も登場

amcb011wsp.jpg



◆ THE BEATLES / AUDIOPHILE MASTER : WHITE ALBUM (2CD+2DVD) この商品はこちらから

ビートルズのオリジナル・アルバムを、新次元のハイブリッドMONO/STEREOリマスターCDと、5.1サラウンド&超高音質96kHz/24bitハイレゾ音源オーディオDVDによって、究極の音源コレクションとしてお届けするオーディオファイル・マスター・コレクション。

そのシリーズもいよいよ終盤となる、第11弾が『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』で、
まずCDには、2017年最新リマスターによる、ハイブリッドMONO/STEREO音源を収録。さらにエクストラとしてUSリール・テープに収録されていたエディット・バージョン7曲と、この後にジョージ・マーティンがキャピトル編集盤用にリミックスしたバージョンとさらに『ラヴ』バージョン6曲も収録。
さらにDVDにはアルバム全曲の5.1サラウンド・ミックスと、UK原盤オリジナル・モノのハイレゾ音源(48/24bit)、さらにモービル・フィデリティ原盤(MFSL)ステレオ・ハイレゾ音源(96/24bitも収録。
名盤『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』のバージョン違いをすべて網羅した究極の音源コレクションで、以下、それぞれのさらなる詳細は以下の通り。

[CD=HYBRID MONO/STEREO REMASTER]
60年代モノラル・ミックスを最新デジタル編集によりステレオ化。数多くのミックス違いが存在するモノラル音源が、リアル・ステレオで甦り、オリジナルに忠実ながら、通常のモノ・ステレオ・ミックスとは異なる、斬新なステレオ・リマスター音源を初CD化したもので、ヘッドフォンで聞き比べるとその違いは歴然。
[DVD AUDIOPHILE DISC]
DVDオーディオ専用機の必要はなく、通常のDVDプレイヤーやパソコンのDVDビデオ・フォーマットで再生可能。 (オーディオ・ディスクにつき動画は未収録ながら、各音源のアルバム・ジャケットやレーベル写真が画面表示)
◇AUDIO 1 : DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX
サラウンドAVシステムで再生すると、通常のステレオ以上に立体感が増幅され、ヴォーカルや各楽器のセパレーションも、さらに分離した迫力あるマルチ・チャンネル、5.11サラウンド・ミックス仕様。またサラウンド再生でない場合でも、通常のステレオ2chにミックスダウンされた音源として再生可能。
◇AUDIO 2 : HD 96kHz/24bit PCM STEREO (MFSL)
◇AUDIO 3 : HD 96kHz/24bit PCM MONO (U.K.ORIGINAL)
CD以上に高音質スペックとなる、極上レベルのHD96kHz/24bitハイレゾ・フォーマットによるステレオ音源は、アナログ盤コレクター垂涎の『モービル・フィデリティ』原盤から初のハイレゾ化音源を収録。
これまでは、Dr.EbbettsのCD化が知られていた中、今回はそのCDをも凌駕するクオリティーで、新たにダイレクト・トランスファーされた初登場のHDハイレゾ・スペック音源。
またモノラル音源も、UKオリジナル・モノラル原盤からダイレクト・トランスファーで初のハイレゾ化音源を収録。ハイレゾ・スペック対応であれば、CDとは別次元の原音に忠実な最高音質で再生可能。またハイレゾ対応でない場合でも、通常のDVDプレイヤーやパソコン等でCDスペックにコンバートされて再生することも可能。

以上、世界中のビートルズ・コレクターに知られる数ある音源ソースの中でも、注目すべきオーディオ・ファイルを網羅した本シリーズは、すべて海外直輸入限定プレス盤ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD ONE :
[HYBRID MONO/STEREO REMASTER]
1. BACK IN THE U.S.S.R. 2. DEAR PRUDENCE 3. GLASS ONION 4. OB-LA-DI, OB-LA-DA 5. WILD HONEY PIE 6. THE CONTINUING STORY OF BUNGALOW BILL 7. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 8. HAPPINESS IS A WARM GUN 9. MARTHA MY DEAR 10. I'M SO TIRED 11. BLACKBIRD 12. PIGGIES 13. ROCKY RACCOON 14. DON'T PASS ME BY 15. WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD? 16. I WILL 17. JULIA
[EXTRA : U.S. REEL TAPE EDIT VERSION]
18. DEAR PRUDENCE 19. GLASS ONION 20. DON'T PASS ME BY 21. WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD? 22. YER BLUES 23. HELTER SKELTER 24. REVOLUTION 9

CD TWO :
[HYBRID MONO/STEREO REMASTER]
1. BIRTHDAY 2. YER BLUES 3. MOTHER NATURE'S SON 4. EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY 5. SEXY SADIE 6. HELTER SKELTER 7. LONG, LONG, LONG 8. REVOLUTION 1 9. HONEY PIE 10. SAVOY TRUFFLE 11. CRY BABY CRY 12. REVOLUTION 9 13. GOOD NIGHT
[EXTRA : U.S. CAPITOL REMIX AND LOVE VERSION]
14. BACK IN THE U.S.S.R. (U.S. Capitol remix) 15. HELTER SKELTER (U.S Capitol remix) 16. BIRTHDAY (U.S. Capitol remix) 17. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (LOVE version) 18. REVOLUTION (LOVE version) 19. BACK IN THE U.S.S.R. (LOVE version)

DVD :
[AUDIOPHILE DISC ONE&TWO]
1. BACK IN THE U.S.S.R. 2. DEAR PRUDENCE 3. GLASS ONION 4. OB-LA-DI, OB-LA-DA 5. WILD HONEY PIE 6. THE CONTINUING STORY OF BUNGALOW BILL 7. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 8. HAPPINESS IS A WARM GUN 9. MARTHA MY DEAR 10. I'M SO TIRED 11. BLACKBIRD 12. PIGGIES 13. ROCKY RACCOON 14. DON'T PASS ME BY 15. WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD? 16. I WILL 17. JULIA 18. BIRTHDAY 19. YER BLUES 20. MOTHER NATURE'S SON 21. EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY 22. SEXY SADIE 23. HELTER SKELTER 24. LONG, LONG, LONG 25. REVOLUTION 1 26. HONEY PIE 27. SAVOY TRUFFLE 28.. CRY BABY CRY
29. REVOLUTION 9 30. GOOD NIGHT

(DVD AUDIOPHILE DISC ONE)
AUDIO 1) DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX
AUDIO 2) HD 48kHz/24bit PCM MONO U.K.ORIGINAL
(DVD AUDIOPHILE DISC TWO)
AUDIO 3) HD 96kHz/24bit PCM STEREO MFSL
[NTSC 16:9 Wide Screen - selected audio only in DVD format - Dolby Digital 5.1 Surround / PCM Stereo / Mono]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.37