« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

2017年11月30日

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの東京最終日のベス・ヒット・ライブも、ベスト・クオリティーで

uxb755h.jpg



◆ HUEY LEWIS & THE NEWS / TOKYO 2017 FINAL NIGHT (2CDR) この商品はこちらから

2017年、4年ぶりに来日公演より、11月20日から22日まで東京・オーチャードホールにて、3日連続公演となったその最終日、22日のライブを、サウンドボード・レベルのデジタル・オーディエンス・マスターから94分にわたりコンプリート収録。
まずホールの会場音響の素晴らしさも手伝い、低音から高音まで見事なバランスで収録されており、特にホーン・セクションの鮮やかな鳴りは驚異的。
そして大阪を含めて全4公演のうち、どうしても極のグレイテス・トヒッツ・ショーとなった東京3日目が注目された中、ここでももちろん多数のヒット曲を軸にしながら、現在進行形のパフォーマンスも披露しているのが要チェック。
そしてこの日は東京は2公演の予定が好評のため、追加公演となった日で、しかもただの追加ではなく、大阪も含め他3公演は最新ツアーに準じた内容だったのが、この日だけは特別コンセプトとして「ALL THE HITS」と題され、ヒット・チューンだけを演奏するという、一夜限りのスペシャル・ライブとなることに。
よって事前に当日のセットリストまで告知されていた中、その豪華ぶりは演奏された17曲すべてがシングル曲で、全米No.1の「The Power Of Love」「Jacob's Ladder」「Stuck With You」を筆頭に、トップ10ヒットがズラリと並ぶというすさまじさ。
しかもバンドにとっては、これがキャリアを通じて全世界初の試みとなるもので、追加公演決定を受けて、ヒューイ・ルイスとマネージャーが話し合って思いついたアイディアだったというもの。
とにかくバンド初となるまさに世界で一夜だけのスペシャル・ライブをベスト・クオリティーで再現した、ファン永久保存の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. The Heart Of Rock & Roll 2. If This Is It 3. Jacob's Ladder 4. Hip To Be Square 5. I Know What I Like 6. Do You Believe In Love 7. Doing It All For My Baby 8. Perfect World 9. Walking On A Thin Line
Disc 2 : 1. Member Introduction 2. Little Bitty Pretty One 3. Back In Time 4. Heart And Soul 5. I Want A New Drug 6. Couple Days Off 7. The Power Of Love 8. Stuck With You 9. Workin' For A Livin'
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 22nd November 2017]
◇ Huey Lewis - lead vocals, harmonica / Johnny Colla - rhythm guitar, saxophone, backing vocals / Stef Burns - lead guitar, backing vocals / Sean Hopper - keyboards, backing vocals / John Pierce - bass / Bill Gibson - drums, percussion / Johnnie Bamont - saxophone / Marvin McFadden - trumpet / Rob Sudduth - saxophone

2017年11月29日

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの東京2日目のライブを、ベスト・クオリティーで

uxb754h.jpg



◆ HUEY LEWIS & THE NEWS / TOKYO 2017 2ND NIGHT (2CDR) この商品はこちらから

2017年、4年ぶりに来日公演より、11月20日から22日まで東京・オーチャードホールにて、3日連続公演となったその2日目、21日のライブを、サウンドボード・レベルのデジタル・オーディエンス・マスターから1時間半にわたりコンプリート収録。
まずホールの会場音響の素晴らしさも手伝い、低音から高音まで見事なバランスで収録されており、特にホーン・セクションの鮮やかな鳴りは驚異的。
そして大阪を含めて全4公演のうち、どうしても極のグレイテス・トヒッツ・ショーとなった東京3日目が注目された中、ここでももちろん多数のヒット曲を軸にしながら、現在進行形のパフォーマンスも披露しているのが要チェック。
そして『SPORTS』や『FORE!』代表曲の他にも、メジャー・ランスの「Um, Um, Um, Um, Um, Um, Um」、ヴァレンタインズの「Lookin' For A Love」といったカバー、そして2018年リリース予定のアルバムから、キレのある「Remind Me Why I Love You Again」、タイトルに引っかけたヒューイの悪戯も面白い「Her Love Is Killing Me」、しみじみと聞かせる「While We're Young」など、新曲もしっかり聞かせてくれるあたり、ファン必聴のメモリアル・アイテム。

Disc 1 : 1. The Heart Of Rock & Roll 2. Remind Me Why I Love You Again 3. Doing It All For My Baby 4. I Want A New Drug 5. Her Love Is Killing Me 6. Jacob's Ladder 7. Hip To Be Square 8. Um, Um, Um, Um, Um, Um, Um
Disc 2 : 1. MC Intro 2. Lookin' For A Love 3. While We're Young 4. Back In Time 5. Heart And Soul 6. But It's Alright 7. We're Not Here For A Long Time (We're Here for a Good Time) 8. The Power Of Love 9. Stuck With You 10. Workin' For A Livin'
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 21st November 2017]
◇ Huey Lewis - lead vocals, harmonica / Johnny Colla - rhythm guitar, saxophone, backing vocals / Stef Burns - lead guitar, backing vocals / Sean Hopper - keyboards, backing vocals / John Pierce - bass / Bill Gibson - drums, percussion / Johnnie Bamont - saxophone / Marvin McFadden - trumpet / Rob Sudduth - saxophone

2017年11月22日

究極のツェッペリン・ヒストリー映像が、完全限定7DVDボックス仕様にて!

evsdzdvd1.jpg



◆ LED ZEPPELIN / HISTORY LESSON : レッド・ツェッペリンの歴史 (プレス6DVD+初回限定1DVD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、貴重な映像でたどるツェッペリンのヒストリー映像が、デュアル・レイヤー仕様のプレス6DVDセットにてここに。

まずバンド誕生から解散、そして再結成までの全ての映像関係を網羅した本タイトルは、構想、制作期間に1年をかけ、収録合計時間はなんと17時間以上となる力作で、もちろんそのクオリティーも、エンプレス・バレイならでは選び抜かれた映像素材から厳選したもの。
なお時系列にここまで網羅された映像タイトルは史上初で、映像クオリティーの向上はもちろん、今回初めてDVD化となるフィルムも収録されたまさにゼップ映像作品の頂点といえるもの。
さらに初回限定のボーナス・ディスクには、1958年から1968年のバンド結成までの、アーリー・ヒストリーを収録したプレスDVDをプラス。
こちらもペイジが14歳の時のTV出演映像から、ヤードバーズ期までを網羅したもので、貴重な映像も多数。
なお本レーベルならでは美麗装丁、紙ジャケット、帯付のボックス・セット仕様で、しかもボーナス・プレスDVDは初回完全限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

[DVD 1 : 1969-1971]
* 1969.01.31 (Fillmore East, NYC, New York Source: 8mm, synced)
* 1969.03.00 (Communication Breakdown : Source: Japan TV Broadcast, lip-sync :Notes: Filmed at Thee Image Club, Miami, FL.)
* 1969.03.27 (Babe I'm Gonna Leave You : Beat Club, Radio Bremen ARD, Germany : Source: TV broadcast, lip-sync)
* 1969.03.27 (You Shook Me : Beat Club, Radio Bremen ARD, Germany : Source: TV broadcast, lip-sync)
* 1969.03.27 (Whole Lotta Love : Beat Club, Radio Bremen ARD, Germany : Source: TV broadcast, lip-sync)
* 1969.05.25 (Merriweather Post Pavilion, Columbia, Maryland : Source: 8mm, silent)
* 1969.06.19 (Tous En Scene Antenne Culturelle du Kremlin-Bicêtre, Paris, France : Source: TV Broadcast)
* 1969.07.05 (Atlanta Pop Festival, Atlanta, Georgia : Source: 8mm, slightly synced)
* 1969.08.31 (Texas International Pop Festival, Dallas, Texas : Source: 16mm, professionally filmed, synced)
* 1969.08.31 (Dazed and Confused : Texas International Pop Festival, Dallas, Texas : Source: 16mm, professionally filmed, synced / Note: Full song, featured on documentary “Got No Shoes, Got No Blues”
* 1970.01.09 (Long Tall Sally : Royal Albert Hall, London, U.K : Source: Multicamera, professionally recorded)
* 1970.01.09 (Royal Albert Hall, London, U.K Source: Single-camera, professionally recorded)
* 1970.04.07 (Coliseum, Charlotte, North Carolina : Source: 8mm, silent)
* 1970.04.23 (White Summer : Julie Felix Show, BBC TV Lime Grove Studios : Source: TV broadcast)
* 1970.06.22 (Interview & Live : Reykjavik Arts Festival, Iceland : Source: TV Broadcast)
* 1970.06.22 (Laugardalsholl Hall, Reykjavik, Iceland : Source: 8mm, synced)
* 1970.06.29 (Pavilion, Bath Festival, U.K. : Source: 8mm, synced)
* 1970.07.29 (Deutschlandhalle, Berlin, Germany : Source: 8mm, sync
Notes: filmed by journalist Chris Welch. shows band sightseeing in Berlin, and live performance)
* 1970.09.06 (International Civic Arena, Honolulu, Hawaii : Source: 8mm, silent)
* 1970.09.16 (interview, Robert Plant & John Bonham : BBC Nationwide : Source: TV Broadcast)
* 1970.09.16 (NBC News : Source: TV Broadcast)
* 1970.09.18 (Interview, Jimmy Page & Robert Plant : Press Conference, Plaza Hotel, NYC, NY : Source: Professionally filmed. Notes: Two sources)
* 1971.00.00 (Headley Grange : Source: 8mm, silent)
* 1971.04.08 (Interview, Peter Grant : Old Grey Whistle Test Source: TV broadcast)
* 1971.07.05 (Velodromo Vigorelli, Milan, Italy : Source: 8mm, silent)
* 1971.08.07 (Montreux, CH : Source: 8mm, silent)
* 1971.08.22 (The Forum, Inglewood, California : Source: 8mm, sync)
* 1971.08.26 (Sam Houston Coliseum, Houston, Texas : Source:16mm, sync)
* 1971.09.05 (International Amphitheatre, Chicago, Illinois : Source: 8mm, sync with Toronto 9/4/71)
* 1971.09.23 (Budokan Hall, Tokyo, Japan : Source: 8mm, sync)
* 1971.10.00 (Home movies Japan : Source: 8mm, silent)

[DVD 2 : 1972-1973]
* 1972.02.13 (Home Movies Bombay, India : Source: 8mm, silent)
* 1972.02.28 (Australian Press Party : Source: Professionally recorded)
* 1972.02.27 (Showground, Sydney, Australia : Source: Professionally recorded)
* 1972.02.27 (Showground,Sydney, Australia : Source 1: 8mm, synced)
* 1972.02.27 (Showground,Sydney, Australia : Source 2: 8mm, synced)
* 1972.02.27 (Showground,Sydney, Australia : Source 3: 8mm, synced)
* 1972.02.27 (Showground,Sydney, Australia : Source 4: 8mm, synced)
* 1972.05.27 (R.A.I. Amsterdam, Holland : Source: Television Broadcast)
* 1972.06.22 (Swing Auditorium, San Bernardino, California : Source: 16mm, sync)
* 1972.06.28 (Tucson Community Center, Tucson, Arizona : Source: 8mm, sync)
* 1972.10.02 (Budokan Hall, Tokyo, Japan : Source: 8mm, silent)
* 1973.03.26 (Palais des Sports, Lyon, France : Source: 8mm, sync)
* 1973.05.04 (Braves Stadium, Atlanta, Georgia : Source: Newsreels footage)
* 1973.05.05 (Tampa Stadium, Tampa, Florida : Source: Professionally recorded, newsreel)
* 1973.05.31 (The Forum, Inglewood, California Source: 8mm, sync)
* 1973.06.02 (Kezar Stadium, San Francisco, California : Source: Professionally recorded, newsreel)
* 1973.06.02 (Kezar Stadium, San Francisco, California : Source: 8mm, Sync)
* 1973.07.24 (Three Rivers Stadium, Pittsburgh, Pennsylvania : Source: 8mm, sync)
* 1973.07.27 (Aboard the Starship Source: Professionally recorded, newsreel)
* 1973.07.27 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: 8mm, sync)
* 1973.07.28 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: 8mm, sync)
* 1973.07.29 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: 8mm, sync)
* 1973.00.00 (The First Cut : Source Professionally recorded Notes: Outtakes of the The Song Remains The Same)
* 1973.07.30 (Robbery, Press conference at Plaza Hotel, NYC, NY Source: Professionally recorded, newsreel
* 1973.08.31 (NBC News : Source: TV Broadcast)

[DVD 3 : 1975]
* 1975.01.12 (Robert Plant Interview : Old Grey Whistle Test : Source: TV Broadcast)
* 1975.01.21 (Chicago Stadium, Chicago, Illinois : Source: 8mm with sound)
* 1975.02.00 (interview, Peter Grant : Source: Professionally recorded)
* 1975.02.07 (News Report : Source: NBC, TV Broadcast)
* 1975.02.07 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: Professionally recorded)
* 1975.02.08 (The Spectrum, Philadelphia, Pennsylvania : Source: 8mm, sync)
* 1975.02.10 (Capital Centre, Landover, Maryland : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.03 (Tarrant County Convention Center, Fort Worth, Texas Source: 8mm, sync)
* 1975.03.04 (Convention Center, Dallas, Texas : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.11 (Civic Arena, Long Beach, California : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.17 (Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.21 (Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.24 (The Forum, Inglewood, California : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.25 (The Forum, Inglewood, California : Source 1: 8mm, sync)
* 1975.03.25 (The Forum, Inglewood, California : Source 2: 8mm, sync, black & white)
* 1975.03.27 (The Forum, Inglewood, California Source: 8mm, sync)
* 1975.03.00 (Interview, Robert Plant : Midnight Special : Source: TV broadcast)

[DVD 4 : 1977]
* 1976.10.20 (Trailer, The Song Remains The Same : Source: 16mm, professionally recorded : Note: 2x version. 60 second, 30 second).
* 1976.11.02 (Robert Plant & Peter Grant Interview : Old Grey Whistle Test : Source: TV Broadcast)
* 1977.00.00 (KFMB News, San Diego, CA : Source: TV broadcast)
* 1977.04.09 (Chicago Stadium, Chicago, Illinois : Source: 8mm, sync)
* 1977.04.10 (Chicago Stadium, Chicago, Illinois Source: 8mm, sync)
* 1977.05.18 (Jefferson Memorial Coliseum, Birmingham, Alabama Source: 8mm, sync)
* 1977.05.19 (Louisiana State University Assembly Centre, Baton Rouge, Louisiana : Source: 8mm, synced with Birmingham 5/18/77)
* 1977.05.30 (Capital Centre, Landover, Maryland : Source: 8mm, sync)
* 1977.05.31 (Coliseum, Greensboro, North Carolina Source: 8mm, : sync with Landover 5/30/77)
* 1977.06.10 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: 8mm, sync)
* 1977.06.11 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: 8mm, sync)
* 1977.06.14 (Plaza Hotel, NY C, NY : Source, 8mm, silent)
* 1977.06.14 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source 1: 8mm, sound)
* 1977.06.14 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source 2: 8mm, sync)
* 1977.06.14 (Madison Square Garden, NYC, NY :: Source 3: 8mm, sync)

[DVD 5 : 1977-1980]
* 1977.06.22 (The Forum, Inglewood California : Source, 8mm, sync)
* 1977.06.23 (The Forum, Inglewood California : Source, 8mm, sync)
* 1977.06.26 (The Forum, Inglewood California : Source 1, 8mm, sync)
* 1977.06.26 (The Forum, Inglewood California : Source 2, 8mm, sync)
* 1977.07.17 (Kingdome, Seattle, Washington : Source: Professionally recorded)
* 1977.07.23 (Oakland/Alameda County Coliseum, Oakland, California : Source 1: 8mm, sync)
* 1977.07.23 (Oakland/Alameda County Coliseum, Oakland, California : Source 2: 8mm, sync)
* 1977.07.23 (Oakland/Alameda County Coliseum, Oakland, California : Source 3: 8mm, sync)
* 1979.08.04 (Ariel footage Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source: Professionally recorded)
* 1979.08.04 (Heartbreaker : Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source: Single-camera, professionally recorded)
* 1979.08.04 (Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source 1: 8mm, sync)
* 1979.08.04 (Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source 2: 8mm, sync)
* 1979.08.11 (Hot Dog : Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source 2: professionally recorded)
* 1979.08.11 (Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source 1: 8mm, sync)
* 1979.08.11 (Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source 2: 8mm, sync)
* 1979.12.29 (Concert for Kampuchea at Hammersmith Odeon, London U.K. : Source: TV Broadcast / Notes; Robert Plant joins Rockpile for Little Sister. Plant, Jones and Bonham play on Lucille.)
* 1980.06.17 (Westfalen Halle, Dortmund, Germany : Source: 8mm, sync)
* 1980.06.18 (Sporthalle, Cologne, Germany : Source: 8mm, sync)
* 1980.06.21 (Ahoyhallen, Rotterdam, Netherlands : Source: 8mm, sync)
* 1980.06.29 (Hallenstadion, Zurich, Switzerland : Source: 8mm, sync)
* 1980.07.05 (Interview, John Bonham Alright Now : Source: TV broadcast)
* 1980.07.05 (Olympiahalle, Munich, Germany : Source: 8mm, sync)
* 1980.09.26 (John Bonham News Reports (6x) : Source: TV broadcast)
* 1980.10.10 (John Bonham Funeral Rushock Parish Church in Worcestershire, U.K. : Source: Professionally recorded)

[DVD 6 : REUNIONS]
* 1985.07.13 (Live Aid at John F. Kennedy Stadium, Philadelphia, PA Source: TV Broadcast)
* 1985.07.13 (Interview, Page, Plant Jones Live Aid John F. Kennedy Stadium, Philadelphia, PA : Source: TV Broadcast)
* 1988.05.00 (Rehearsals NYC, NY : Source: Camcorder)
* 1988.05.14 (Dressing Room : Atlantic 40th Anniversary at Madison Square Garden, NYC, NY :Source: Camcorder)
* 1988.05.14 (Atlantic 40th Anniversary at Madison Square Garden, NYC, NY :Source: TV Broadcast)
* 1995.01.12 (Rock & Roll Hall of Fame at Waldorf-Astoria, NYC, NY :Source: TV Broadcast)

-PROMOS-
* 1990.09.17 (Over The Hills and Far Away : Box Set)
* 1990.09.17 (Traveling Riverside Blues : Box Set)
* 1997.09.00 (Whole Lotta Love : Single Release)
* 2000.02.31 (Kashmir : Latter Days)
* 2014.06.03 (Whole Lotta Love -rough mix w/ vocals- : Remastered series)
* 2014.10.27 (Rock and Roll -alternate mix- : Remastered series)
* 2016.09.16 (What Is and What Should Never Be –BBC- : Remastered series)
-ADVERTISEMENTS-
* 1990.11.00 (Box Set : MTV Week In Rock)
* 1991.10.00 (Remasters 1. US TV / 60 second spot 2. US TV / 120 second spot 3. UK TV)
* 1991.10.00 (Rough mix, Remasters 1. revision #5 - conceptual revision #5 / 2. revision #8 - conceptual revision #8 -w/ runtime on- / 3. 60 second TV slug sent to stations to air
* 2002.11.00 (Early Days/Latter Days :UK TV)
* 2003.05.27 (How The West Was Won/DVD UK TV : Japan TV)
* 2007.11.09 (Mothership : 1. 30 second spot / 2. 60 second spot / 3. 90 second spot)
* 2007.10.17 (Celebration Day)
*2014-2016 (Unboxing promos : LZ1 thru BBC)
-
INTERVIEWS-
* 2003.05.27 (Today Show, NBC)
* 2006.05.22 (Poor Music Prize, Sweden)
* 2013.01.04 (Charlie Rose)

[ Limited BONUS DVD : 1958-1968]
* 1958.04.06 (All Your Own : Source: TV broadcast)
* 1963.00.00 (Interview)
* 1965.02.26 (She Just Satisfies : Source: 8mm, silent)
* 1966.07.02 (Music Hall de France :Source: TV broadcast)
* 1966.10.00 (Stroll On Blow Up Movie :Source: Professional recorded Note: Filmed in Borehamwood, Herts, UK on October 12, 13, 14)
* 1966.12.02 (Milton Berle Show :Source: TV broadcast)
* 1967.03.15 (Beat, Beat, Beat :Source: German TV broadcast)
* 1967.04.30 (Grand Spectacle de Jeunee :Source: TV broadcast)
* 1967.07.07 (Let’s Go :Source: Canada TV broadcast)
* 1968.03.09 (Bouton Rouge : Maison de Radio, Paris, France :Source: French TV)
* 1968.04.25 (Heart Full of Soul : Upbeat, WUAB TV studio)

2017年11月19日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、ビートルズの1965年アトランタ・スタジアム・ライブも登場!

egsh13w.jpg



◆ THE BEATLES / ATLANTA 1965 (プレス1CD)  この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第13弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてそのビートルズの7タイトル目は、1965年全米ツアーより、8月18日史上空前規模となったアトランタ・スタジアム公演を、現存する最上級のヴィンテージ・マスター音源に、今回もデジタル・リマスタリングも施し、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにてここに。!
まずあの伝説のシェイ・スタジアム公演から3日後、ビートルズのライヴ史上でも一、二を争うパフォーマンスとして知られるもので、それは巨大会場ツアーとなった1965年夏の北米公演旅行の中でも、当時最新設備を備えて完成したアトランタ・スタジアムは、まだまだ最低限の音響設備しかなかった他会場とは違い、モニター環境も行き届いていたので、ビートルズ自身も自分たちの演奏がモニタリングされており、演奏もボーカルもズレることもなく最後まで素晴らしいパフォーマンスを披露。
よって1曲目"Twist And Shout"から素晴らしいオープニングとなり、特に続くポールの"She's A Woman"やラストの"I'm Down"などは、ファンからはライブ史最高の演奏と評価されるほど。
またMCの言葉に反応する観客にジョンも終始ゴキゲンで、思わず「聞こえてるんだ?!グレート!」と叫び"I Feel Fine"や”涙の乗車券”でシャウトを聴かせ、呼応してジョージの"みんないい娘"も最高の出来となり、さらにリンゴのソロでは、これまでシェイ・スタジアムなどでの"アクト・ナチュラリー"から急遽変更して"彼氏になりたい"を久々に披露。これがまた凄まじい演奏となりノリ過ぎたポールはベース弦を切ってしまうハプニングもあり。
そしてこのビートルズ屈指の名ライブ自体は、当時ラジオ放送されたなどの記録もなく、これまで同様ミキサー卓経由で録音されたマスターが大元になっているため、「Dizzy Miss Lizzy」に一部カットあるのと、さらに本ツアーで毎回演奏されていた"A Hard Day's Night"が収録されていないないのは、ポールの弦切れ中断によりカットされたのか、実際に演奏されなかったのか、そのあたりは永遠の謎のまま。
とにかくビートルズ全米ツアー中屈指の名ライブに、さらに彼らがアメリカ初上陸を果たした1964年2月16日、おなじみ「エド・サリバン・ショー」でのTVショー・ライブも、過去最高クオリティーで6曲を追加収録した、ファン必携の限定コレクターズ・エディション。

*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。


01. Introduction 02. Twist And Shout 03. She's A Woman 04. I Feel Fine 05. Dizzy Miss Lizzy 06. Ticket To Ride 07. Everybody's Trying To Be My Baby 08. Can't Buy Me Love 09. Baby's In Black 10. I Wanna Be Your Man 11. Help! 12. I'm Down
[Live at Atlanta Stadium, Atlanta, USA August 18th 1965]
13. Introduction 14. She Loves You 15. This Boy 16. All My Loving 17. I Saw Her Standing There 18. From Me To You 19. I Want To Hold Your Hand
[Ed Sullivan Show, at Miami, USA February 16th 1964]

2017年11月17日

MUSEの横浜2公演を、ベスト・クオリティーの音と映像でカップリング!

xavelm10506m.jpg



◆ MUSE / Live at Yokohama Arena 2017 Complete (6CDR+2DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日ツアーの10月13&14日横浜アリーナでの2日間のライブを、いずれもベスト・クオリティーの音と映像でカップリングしたタイトルがここに。

まず音源はもうおなじみの、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにて、当日の模様をコンプリート収録。
マシュー、クリス、ドムの3人と、サポート・メンバーのモーガンがステージ上で使用する、各々ミックス・バランスの異なるステレオIEMソースと、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、絶妙のバランスでミックス。よってマシューのエモーショナルなヴォーカルとギター、クリスのヴォーカル&ベース&ハーモニカ、ドムのタイトなドラム、そしてバンドの屋台骨を影で支えるモーガンのキーボード&ギターを演奏の細部にわたり完璧なクオリティーで再現したサウンドは、ステレオ・サウンドボードと遜色のないもの。
なお一部の楽曲でIEM音源特有のクリックが薄く聴こえる箇所も、耳障りなガイド音は全てカットするこだわりよう。
そして2013年以来4年ぶりとなる来日公演は、両日ニュー・シングル「ディグ・ダウン」で幕を開け、その後は来日前の各国でのフェスに近い最新セットリストとなるもので、しかも2夜かぎりの横浜公演ゆえ、両日大幅にセットを入れ替えているのも嬉しいところ。
よって初日は「Map Of The Problematique」、そして2001年以来久しぶりとなる「Showbiz」もセットインし、翌2日目は人気の「Hysteria」「Stockholm Syndrom」そして「Take A Bow」がセットインと入れ替えられ、特に2日目公演はバンドのオフィシャルSNSページでもストリーミング配信されたものの、サウンド・クオリティーは本アイテムのほうが数ランク上であることを保証。
さらにボーナス・トラックとして、初日13日のサウンドチェックも追加のうえ、両日の模様をフロント・ローからデジタル・レコーディングされた、オーディエンス・ソースのみの音源も収録。

マトリクスで使用されたハイクオリティーなオーディエンス・マスターは、会場の空気感をリアルに伝えてくれるもので、当日会場に足を運んだファンなら、あの感動がダイレクトに蘇ること間違いなし。
そしてさらにカップリングDVD-Rには、両日会場に設置されたスクリーン映像をフル収録。
こちらはHDカメラにてステージ・サイドに設置された巨大スクリーンを、エンディングまでコンプリート収録したもので、一見するとプロショットかと思えるクオリティーにて、この一夜の模様を再現。
なお、各日ごとの単体リリースもありますが、この両日コンプリート・タイトルは、完全限定100セットのみのコレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

disc 1: 01. SFX Intro / Dig Down 02. Drill Sergeant / Psycho 03. Map Of The Problematique / Who Knows Who Outro 04. Plug In Baby 05. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 06. Showbiz / Ashamed Outro 07. The Handler 08. Supermassive Black Hole 09. New Kind of Kick 10. Madness 11. Who Knows Who Intro / Dead Inside 12. Munich Jam 13. Starlight 14. Time Is Running Out 15. Mercy
disc 2 : 01. The Globalist 02. Drones –encore- 03. Uprising (Extended Outro) 04. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 13th November 2017 : Multiple IEM Matrix Recording]

05. SFX Intro / Dig Down 06. Drill Sergeant / Psycho 07. Map Of The Problematique / Who Knows Who Outro 08. Plug In Baby 09. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 10. Showbiz / Ashamed Outro 11. The Handler 12. Supermassive Black Hole 13. New Kind of Kick 14. Madness
disc 3 : 01. Who Knows Who Intro / Dead Inside 02. Munich Jam 03. Starlight 04. Time Is Running Out 05. Mercy 06. The Globalist 07. Drones –encore- 08. Uprising (Extended Outro) 09. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 13th November 2017 : EX-Audience Recording]
10. The Globalist 11. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia Intro 12. Dig Down 13. The 2nd Law: Isolated System
[Soundcheck at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 13th November 2017]

disc 4 : 01. SFX Intro / Dig Down 02. Drill Sergeant / Psycho 03. Interlude / Hysteria / Back In Black Outro 04. Plug In Baby 05. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 06. Reapers Intro / Stockholm Syndrome / Endless Nameless Outro 07. Supermassive Black Hole 08. Take A Bow 09. New Kind Of Kick 10. Madness 11. Who Knows Who Intro / Dead Inside 12. Munich Jam 13. Starlight 14. Voodoo Child Intro / Time Is Running Out 15. Mercy
disc 5 : 01. The Globalist 02. Drones –encore- 03. Uprising (Extended outro) 04. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 14th November 2017 : Multiple IEM Matrix Recording]

05. SFX Intro / Dig Down 06. Drill Sergeant / Psycho 07. Interlude / Hysteria / Back In Black Outro 08. Plug In Baby 09. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 10. Reapers Intro / Stockholm Syndrome / Endless Nameless Outro 11. Supermassive Black Hole 12. Take A Bow 13. New Kind Of Kick
disc 6 : 01. Madness 02. Who Knows Who Intro / Dead Inside 03. Munich Jam 04. Starlight 05. Voodoo Child Intro / Time Is Running Out 06. Mercy 07. The Globalist 08. Drones –enncore- 09. Uprising (Extended outro) 10. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 14th November 2017 : EX-Audience Recording]
11. Who Knows Who Outro 12. Dead Inside 13. Madness 14. Showbiz
[Soundcheck at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 13th November 2017]

DVD disc one : 01. SFX Intro / Dig Down 02. Drill Sergeant / Psycho 03. Map Of The Problematique / Who Knows Who Outro 04. Plug In Baby 05. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 06. Showbiz / Ashamed Outro 07. The Handler 08. Supermassive Black Hole 09. New Kind of Kick 10. Madness 11. Who Knows Who Intro / Dead Inside 12. Munich Jam 13. Starlight 14. Time Is Running Out 15. Mercy 16. The Globalist 17. Drones –encore- 18. Uprising (Extended Outro) 19. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 13th November 2017]

DVD Disc two : 01. SFX Intro / Dig Down 02. Drill Sergeant / Psycho 03. Interlude / Hysteria / Back In Black Outro 04. Plug In Baby 05. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 06. Reapers Intro / Stockholm Syndrome / Endless Nameless Outro 07. Supermassive Black Hole 08. Take A Bow 09. New Kind Of Kick 10. Madness 11. Who Knows Who Intro / Dead Inside 12. Munich Jam 13. Starlight 14. Voodoo Child Intro / Time Is Running Out 15. Mercy 16. The Globalist 17. Drones –encore- 18. Uprising (Extended outro) 19. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 14th November 2017]

2017年11月16日

U2『The Joshua Tree』30周年ツアーの決定盤ボックスが限定で

u2josbox1.jpg



◆ U2 / DON’T LOOK BACK IN ANGER (プレス4CD) この商品はこちらから

2017年『The Joshua Tree』のリリース30周年を記念して行われた、北米とヨーロッパでのスペシャル・ツアーから、そのヨーロッパ・ツアーのオープニングとなった7月8&9日イギリス、ロンドン公演を、両日バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスしてコンプリート収録。

まずエンプレス・バレイおなじみのマルチIEMサウンドボードは、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして基本的セット構成はこの前のUSツアーに準じた内容ながら、この2日間はポール・マクギネスに捧げられたショーとなり、さらに初日8日はオープニング・アクトを務めたノエル・ギャラガーがアンコールに登場し、ボノと”DON’T LOOK BACK IN ANGER”を一緒に歌うというサプライズも。さらにアダムの娘のために会場全体で”HAPPAY BIRTHADAY”を合唱したこともあり、本ツアー最長時間となったり、客席にはニック・スチュアート、エルビス・コステロ、アシュレイ・ジャッド、サイモン・コーウェルの姿があったりと、話題も尽きないロンドン公演となることに。
なお今回も初回200セット限定盤の帯付き紙ジャケット仕様であり、さらに同時リリースのパリ公演(4CD)とセットでご購入の方には、既リリースり4タイトル(バンクーバー、シアトル、ベルリン、ブリュッセル)と、今回の2タイトル全てが収納できる豪華美麗ヨシュア・トゥリー・ボックス、さらにオープニングを務めたノエル・ギャラガーの、7月25&26日パリ公演の2日分を収録したボーナス・ディスク(プレス2CD)をプレゼント。
ただし、このボックスは初回限定100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。



DISC 1 : 1. OPENING - THE WHOLE OF THE MOON 2. SUNDAY BLOODY SUNDAY 3. NEW YEAR’S DAY 4. BAD 5. PRIDE 6. WHERE THE STREETS HAVE NO NAME 7. I STILL HAVEN’T FOUND WHAT I’M LOOKING FOR 8. WITH OR WITHOUT YOU 9. BULLET THE BLUE SKY 10. RUNNING TO STAND STILL 11. RED HILL MINING TOWN
DISC 2 : 1. INTRODUCTION 2. IN GODS COUNTRY 3. TRIP THROUGH YOUR WIRES 4. ONE TREE HILL 5. EXIT 6. MOTHERS OF THE DISAPPEARED 7. MISS SARAJEVO 8. BEAUTIFUL DAY 9. ELEVATION 10. VERTIGO 11. HAPPY BIRTHDAY 12. ULTRA VIOLET (LIGHT MY WAY) 13. ONE 14. THE LITTLE THINGS THAT GIVE YOU AWAY 15. DON’T LOOK BACK IN ANGER
[Recorded at Twickenham Stadium, London, UK 8th July 2017 : Multiple IEM Sources + EX-Audience = Matrix Recording]

DISC 3 : 1. OPENING - THE WHOLE OF THE MOON 2. SUNDAY BLOODY SUNDAY 3. NEW YEAR’S DAY 4. BAD 5. PRIDE 6. WHERE THE STREETS HAVE NO NAME 7. I STILL HAVEN’T FOUND WHAT I’M LOOKING FOR 8. WITH OR WITHOUT YOU 9. BULLET THE BLUE SKY 10. RUNNING TO STAND STILL 11. RED HILL MINING TOWN
DISC 4 : 1. INTRODUCTION 2. IN GODS COUNTRY 3. TRIP THROUGH YOUR WIRES 4. ONE TREE HILL 5. EXIT 6. MOTHERS OF THE DISAPPEARED 7. MISS SARAJEVO 8. BEAUTIFUL DAY 9. ELEVATION 10. VERTIGO 11. MYSTERIOUS WAYS 12. ULTRA VIOLET (LIGHT MY WAY) 13. ONE
[Recorded at Twickenham Stadium, London, UK 9th July 2017 : Multiple IEM Sources + EX-Audience = Matrix Recording]

2017年11月13日

ジョン・マクラフリンの、70年代マハヴィシュヌ再現ライブ映像!

vs305jmBD.jpg



◆ JOHN McLAUGHLIN & 4TH DIMENSION / THE MEETING OF THE SPIRITS IN NY 2017 (1Blu-ray) この商品はこちらから

ジョン・マクラフリン率いる4thディメンションが、現代ジャズ・シーンにおいて、世界中のギター・フリークスが注目する超絶技巧ギタリスト、ジミー・ヘリングとジョイント・ツアー「ザ・ミーティング・オブ・ザ・スピリッツ」ツアーを、2017年秋からスタート。

そのうち11月4日ニューヨークのポートチェスターでのライブを、WEBライブ・ストリーミングで実況配信されたプロショット映像を、3時間18分にわたり、オフィシャル・クオリティーでブルーレイ化。
まずブルーレイの大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティー映像に加え、音質もカンペキなPCMステレオ・サウンドボードで収録されており、既に流通しているyoutubeアップの同映像や、それをマスターにしたDVDとは次元の違うクオリティーとなるもの。
そしてこのツアーはまずお互いのバンドでのセット、そして最大の目玉は、両バンド共演による70年代マハヴィシュヌ・オーケストラの再現というもので、すでに世界中のジャズ・ファンの間で大きな話題となっているもの。
そしてライブはオールマンやザ・デッドなど、サザン・ロック/ジャム・バンド系での活動から、数多くのジャズ・フュージョン系の共演などで、そのスゴ腕ぶりがギター通の間で絶賛されたジミー・ヘリング・バンドから始まり、続いてのマクラフリンは、今回フォース・ディメンションとはラスト・ツアーと銘打たれているのも要チェック。
そしていよいよメインはそこにジミー・ヘリング・バンドが加わった9人編成による70年代マハヴィシュヌの再現で、2大ギタリストを軸に、当時の超絶難曲の数々を大迫力サウンドで展開。しかもオープニングの”Meeting of the Spirits”をはじめ、その後も”Eternity's Breath”に”Birds Of Fire”、そして”The Dance Of Maya”など、その全てが代表曲ばかりで、そのすさまじいプレイの応酬は全ジャズ・ファン必見の、2017年ジャズ・フュージョン最大の映像タイトルを、オフィシャル・クオリティーで。


(Jimmy Herring)
1. Intro/2. John McLaughlin/3. Les Brers In A Minor/4. Jungle Book/5. 1911/6. Matt's Funk/7. Black Satin/8. Scapegoat Blues
(John McLaughlin and the 4th Dimension)
9. Intro/10. Kiki/11. Miles Beyond/12. Gaza City/13. El Hombre Que Sabia/14. Senor CS/15. Echoes From Then
(John McLaughlin and the 4th Dimension with Jimmy Herring)
16. Meeting of the Spirits/17. Trilogy/18. A Lotus on Irish Streams/19. Eternity's Breath/20. Dawn/21. Birds Of Fire/22. Earth Ship/23. The Dance Of Maya/24. Be Happy
[Live at Capitol Theatre, Port Chester, NY, USA November 4th 2017 : NTSC 16:9 Linear PCM Stereo 198min.

2017年11月10日

ガンズ1987年NYリッツでのライブ映像が奇跡の発掘!

zod276cr.jpg



◆ GUNS N' ROSES / RITZ 1987 (プレス1DVD+1CD) この商品はこちらから

2017年突然の発掘で、世界中のガンズ・ファンを驚愕させた、1987年リッツ公演のプロショット映像とサウンドボード音源が、永久保存プレス盤にてここに。

まずその衝撃映像は「1987年10月23日のニューヨーク、リッツ公演を、1時間にわたりプロショット映像で収めたもので、因みにこれまでガンズのリッツと言えば、MTVでもオンエアーされた1988年のライブが有名だった中、こちらは前年1987年、『APPETITE FOR DESTRUCTION』リリースから3ヶ月という、まさにデビュー最初期のもので、これまでオーディエンス音源は流通していたものの、30年の時を経て、まさかの完全プロショット・ライブが奇跡的に発掘されることに。
そしてGEFFENより関係者流出したと言われているマスター映像は、さすがにオフィシャル・レベルとは云えず、公式プロショットとは違い、客席後方から2台のカメラを用い、そこに画面分割やワイプ、ストップモーション、遠景とズームの重ねなどの映像編集が施されたもので、おそらくレコード会社関係者が記録用に撮影したソースが流出したと思われるところ。
それでもアクセルの表情、スラッシュの手元までカメラはしっかり捉え、観客の影で視界が遮られる事もなく、終始安定かつ、スムーズでダイナミックなカメラワークにて、この貴重なパフォーマンスを再現。
さらに驚きは音声で、完璧にセパレート&ミックスされたサウンドボード音源を映像にマトリクスしており、映像は冒頭の4曲が未収録のため、「Welcome To The Jungle」の途中からスタートするものの、それでも1時間にわたり全11曲をノンストップで収録。
なおメンバー紹介時に27秒、「Mama Kin」冒頭に15秒ほどのカットがあり、そこはオーディエンス録音+静止画で補完されており、さらに驚くのは「Knockin' On Heaven's Door」のサビをアクセルが歌っているところへ、なんとメガデスのデイヴ・ムステインが登場し、一緒に歌おうと歩み寄るものの、ローディにつまみ出されてしまうのという珍シーンもしっかりと。
さらにカップリングのプレスCDには当日の模様を、映像で使用されているサウンドボード音源に、冒頭4曲は良好なオーディエンス・ソースで補完し、80分にわたりコンプリート収録を実現。

しかも全体のバランスを考慮し、全編マスタリングを施し、さらに抜けの良いサウンドに仕上げており、オーディエンス・パートとともほとんど違和感なく自然に聞けるよう微調整も。
とにかく奇跡の発掘映像&音源を永久保存プレスDVD&CDにて収録した本タイトルは、完全限定コレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

DVD : PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.60min.
1. Welcome To The Jungle 2. My Michelle 3. Don't Cry 4. Rocket Queen 5. Nightrain 6. Sweet Child O' Mine 7. Knockin' On Heaven's Door 8. You're Crazy 9. Paradise City 10. Reckless Life 11. Mama Kin

CD : 1. It's So Easy 2. Move To The City 3. Out Ta Get Me 4. Mr. Brownstone 5. Welcome To The Jungle (3:25-soundboardrecording) 6. My Michelle 7. Don't Cry 8. Rocket Queen 9. Nightrain 10. Sweet Child O' Mine 11. Knockin' On Heaven's Door 12. You're Crazy 13. Paradise City 14. Reckless Life 15. Mama Kin
[Live at the Ritz, NYC, NY, USA 23rd October 1987 : PRO-SHOT/SBD+AUD]

2017年11月07日

ジャクソン・ブラウン、2017年東京3公演をすべてサウンドボードにて!

xavelm152jb.jpg



◆JACKSON BROWNE / 3 Days in Tokyo 2017 Complete (プレス6CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年ジャパン・ツアーから、オーチャードホールにおける、10月17&18&19日の東京3日連続公演の模様を、全てステレオ・サウンドボード音源にてコンパイルしたタイトルが、永久保存プレス6CDでここに。

まず同レーベルでは、マルチIEMマトリクス音源などがここ近年おなじみの中、本作はそれ以上に完璧な分離とクリアネス、定位で捉えた、リアル・ステレオ・サウンドボード音源で、オフィシャル・ライブ盤と比べても、何も遜色のないサウンド・クオリティーによるもの。
そして本ジャパン・ツアー全6公演の、前半3公演がこの東京での3daysで、まず特筆すべきは、来日6公演でのセットリストは、共通していたのはなんと7曲のみで、ここ東京でもオープニングはすべて、10月に急逝したトム・ペティに捧げられた「孤独な世代(The Waiting)」で幕を開け、その後は各日全く異なったセット内容となることに。
よっておなじみの「Late for the Sky」「The Late Show」はもちろん、近年のライブでは珍しい「Farther On」「Love Needs a Heart」そして「Somebody's Baby」や、「Sky Blue and Black」「Here Come Those Tears Again」など。さらにはウォーレン・ジヴォンの「Lawyers, Guns and Money」、「Carmelita」から、グレッグ・オールマンに捧げた「Melissa」はこの後の名古屋でも披露されたものの、過去ステージで歌ったのは、数回という激レアなカヴァー。
またバンド・メンバーも2年前の来日公演と同じで、ジャクソンが“ドリーム・バンド”と呼ぶだけあって、全員が一流にして呼吸感もピッタリ。特にグレッグ・リーズとヴァル・マッカラムの2人のギタリストが素晴らしく、ペダルスティールを操るグレッグと、テレキャスターやファイアバードを駆使するヴァルとのコンビネーションはバツグンで、「The Long Way Around」ではヴァルがエレキでソロを取ると、グレッグが繊細なアコギのバッキングを絡ませ、「Looking East」や「Running on Empty」ではペダルスティールとファイアバードが互いにスリリングなソロをかけ合うあたりは鳥肌もの。
そしてさらにボーナス・トラックとして、各公演の開場前におこなわれたサウンドチェック・リハーサルより、本編では披露されなかった3曲を追加収録という、まさに2017年来日公演の必携コレクターズ・エディション。
なお、本ジャパン・ツアーのマトリクス&サウンドボード・シリーズは、今回も完全限定プレス6CD、美麗ホログラム・ジャケ日本語帯つき仕様のメモリアル・アイテムとなります。よって早期完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : (1st Set) 01. The Waiting 02. Some Bridges 03. The Long Way Around 04. Rock Me on the Water 05. Looking East 06. Farther On 07. These Days 08. Just Say Yeah 09. Your Bright Baby Blues (2nd Set) 10. Something Fine 11. Lawyers, Guns and Money 12. The Naked Ride Home
Disc 2 : 01. Fountain of Sorrow 02. Lives in the Balance 03. Call It a Loan 04. Love Needs a Heart 05. The Barricades of Heaven 06. The Pretender 07. Doctor My Eyes 08. Running on Empty –encore- 09. Somebody's Baby 10. Take It Easy
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo , Japan 17th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : STEREO SOUNDBOARD RECORDING]
11. You Love The Thunder
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 17th October 2017]

Disc 3 : (1st Set) 01. The Waiting 02. Some Bridges 03. The Long Way Around 04. For a Dancer 05. Looking East 06. Late for the Sky 07. Here Come Those Tears Again 08. These Days 09. Melissa (2nd Set) 10. Something Fine 11. Sleep's Dark and Silent Gate 12. The Naked Ride Home
Disc 4 : 01. I'm Alive 02. For Everyman 03. Lives in the Balance 04. Love Needs a Heart 05. The Pretender 06. Doctor My Eyes 07. Running on Empty –encore- 08. Take It Easy 09. Our Lady of the Well 10. I Am a Patriot
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo , Japan 18th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : STEREO SOUNDBOARD RECORDING]
11. The Crow on the Cradle
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 18th October 2017]

Disc 5 : (1st Set) 01. The Waiting 02. Some Bridges 03. The Late Show 04. The Long Way Around 05. Looking East 06. Sky Blue and Black 07. These Days 08. In The Shape of a Heart 09. Just Say Yeah 10. Your Bright Baby Blues (2nd Set) 11. The Birds of St. Marks 12. I'll Do Anything
Disc 6 : 01. Fountain of Sorrow 02. Carmelita 03. Late for the Sky 04. Lives in the Balance 05. Culver Moon 06. The Pretender 07. Running on Empty –encore- 08. Take It Easy 09. Our Lady of the Well
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo , Japan 19th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : STEREO SOUNDBOARD RECORDING]
10. Before The Deluge
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 19th October 2017]

◇ Jackson Browne (Vocals, Guitar, Piano), Greg Leisz (Pedal Steel, Guitar), Val McCallum (Guitar), Mauricio Lewak (Drums), Bob Glaub (Bass), Jeff Young (Keyboards), Chavonne Stewart (Chorus) Alethea Mills (Chorus)

2017年11月05日

ナイト・レンジャー、東京2日目公演はサウンドボード音源で!

xavelm150n.jpg



◆ NIGHT RANGER / 2017 Tokyo 2nd Night (プレス2CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年「35TH ANNIVERSARY TOUR」ジャパン・ツアーから、最終日の10月9日東京ドーム・シティ・ホール公演を、ステレオ・サウンドボード音源にてコンプリート収録したタイトルが、永久保存プレス2CDでここに。

まず同レーベルでは、マルチIEMマトリクス音源などがここ近年おなじみの中、本作はさらにそれらを上回るリアル・ステレオ・サウンドボード音源で、初日8日公演はマルチIEMマトリクス音源ですでにリリースされたうえで、こちらはオフィシャル・ライブ盤と比べても、何も遜色のないサウンド・クオリティーによるもの。
そして本ジャパン・ツアーは7日の大阪公演などは、ほぼ定番のグレイテストヒッツ・ライブだったのが、この東京最終公演はガラッとセットを変えており、21曲中、7曲が被っておらず、もちろん前日とも違うセットで、リリース間もない『DON'T LET UP』からの「Truth」や、「This Boy Needs to Rock」「Seven Wishes」といった懐かしいナンバーを披露し、さらにはダム・ヤンキーズの「Coming of Age」、アリス・クーパーの「School's Out」、オジー・オズボーンの「Crazy Train」といったカバーまで登場。
さらには「This Boy Needs to Rock」には「Highway Star」も盛り込まれたりと、聞きどころはたっぷり。なおデビュー・アルバムからの「Penny」もセットインしたりと、このあたりは初来日の想い出がフラッシュバックするところ。
またさらにボーナス・トラックとして、前日の東京初日8日公演からも5曲を追加収録した、ファン必聴の来日限定メモリアル・アイテム。
なお、本ジャパン・ツアーのマトリクス&サウンドボード・シリーズは全て、完全限定プレス2CD、日本語帯つき仕様のメモリアル・アイテムとなります。よって早期完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Opening (You Shook Me All Night Long) 02. This Boy Needs To Rock (incl. Highway Star) 03. Seven Wishes 04. Sing Me Away 05. Coming Of Age (Damn Yankees) 06. Sentimental Street 07. Growin Up In California 08. The Secret Of My Success 09. School's Out 10. Crazy Train 11. Night Ranger 12. High Enough 13. Day and Night
Disc 2 : 01. Goodbye 02. Four in the Morning 03. When You Close Your Eyes 04. Don't Tell Me You Love Me –encore- 05. Passion Play 06. Penny 07. Sister Christian 08. (You Can Still) Rock in America
[Live at Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 9th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Stereo Soundboard Recording]
09. Rumours in the Air 10. High Road 11. Eddie's Comin' Out Tonight 12. Forever All Over Again 13. Touch of Madness
[Live at Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 8th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Stereo Soundboard Recording]

2017年11月04日

マイケル・シェンカー・フェストの来日2公演もマトリクス音源で!

xavelm151ms.jpg



◆ MICHAEL SCHENKER FEST / Live in Japan 2017 Complete (プレス4CD+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年「ラウド・パーク17」で再来日を果たした中、その10月15日ラウパでのライブと、唯一の単独公演となった、10月16日大阪グランキューブでのライブを、いずれもマルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにてコンプリート収録したタイトルが、完全限定プレス4CDにてここに。

まずここ近年おなじみとなったバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、今まで以上に使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースを、特にマイケルのギターをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。

そして前年に続くラウド・パークでのライブは、まずこのプロジェクトではシンガーを厳密には固定しておらず、海外では1人だけの場合もある中、今回の来日ではゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、そしてロビン・マッコーリーがしっかり揃い踏みすることに。
そしてマイケルのプレイは近年どおりのキレッぷりな上、とにかくボーカル3人も、前年以上の好調さで、しかも昨年のセットに加えて、今回はさらに「No Time For Losers」「Bad Boys」、そして「Broken Promises」なども披露され、特に『黙示録』からの「Broken Promises」は、2016年は札幌公演だけセットインしたのが、今回はここでもついに登場。
さらに翌日大阪グランキューブでのライブは、単独公演ゆえフルセットとなるもので、この大阪でも「Broken Promises」「No Time For Losers」そして「Bad Boys」はそのままセットインし、さらにアンコールではUFOの「Natural Thing」「Lights Out」もプレイされたのはやはり嬉しいところ。
さらにボーナス・トラックとして、大阪公演当日のサウンドチェックまでも追加収録。
そしてさらに初回限定100セットのみ、さいたまスーパーアリーナでのラウドパークの模様を、会場に設置されたスクリーン映像をフル収録したボーナスDVD-Rをプラス。


こちらはHDカメラにてステージ・サイドに設置された巨大スクリーンを、エンディングまでコンプリート収録したもので、一見するとプロショットかと思えるクオリティーにて、この一夜の模様を再現。

なお、ボーナスDVD-R付き、美麗ホログラム・ジャケ、日本語帯つき仕様の本タイトルは完全限定100セットのみです。よって予約完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Searching for Freedom 02. Into the Arena 03. Let Sleeping Dogs Lie 04. Victim of Illusion 05. Cry for the Nations 06. Attack of the Mad Axeman 07. Armed and Ready 08. Coast to Coast 09. Desert Song 10. Dancer
Disc 2 : 01. Broken Promises 02. Assault Attack 03. Captain Nemo 04. No Time for Losers 05. This Is My Heart 06. Save Yourself 07. Bad Boys 08. Rock Bottom 09. Doctor Doctor
[Loud Park 17 : at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 15th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Sources Matrix Recording]

Disc 3 : 01. Searching for Freedom 02. Into the Arena 03. Let Sleeping Dogs Lie 04. Victim of Illusion 05. Cry for the Nations 06. Attack of the Mad Axeman 07. Armed and Ready 08. Coast to Coast 09. Desert Song 10. Dancer 11. Broken Promises 12. Assault Attack 13. Captain Nemo 14. No Time for Losers 15. This Is My Heart
Disc 4 : 01. Save Yourself 02. Bad Boys 03. Rock Bottom 04. Doctor Doctor 05. Natural Thing 06. Lights Out
[Live at Grand Cube, Osaka, Japan 16th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Sources Matrix Recording]
07. Searching for Freedom 08. Rock Bottom 09. Broken Promises 10. Natural Thing 11. Doctor Doctor 12. Coast to Coast 13. Desert Song
[Soundcheck at Grand Cube, Osaka, Japan 16th October 2017]

Limited DVD-R : 01. Searching for Freedom 02. Into the Arena 03. Let Sleeping Dogs Lie 04. Victim of Illusion 05. Cry for the Nations 06. Attack of the Mad Axeman 07. Armed and Ready 08. Coast to Coast 09. Desert Song 10. Dancer 11. Broken Promises 12. Assault Attack 13. Captain Nemo 14. No Time for Losers 15. This Is My Heart 16. Save Yourself 17. Bad Boys 18. Rock Bottom 19. Doctor Doctor
[Loud Park 17 : at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 15th October 2017 : SCREEN SHOT]

◇ Michael Schenker - Guitar / Gary Barden - Vocal / Graham Bonnet - Vocal / Robin McAuley – Vocal / Chris Glen - Bass / Ted McKenna - Drums / Steve Mann - Guitar, Keyboards

2017年11月03日

ガンズ2017年来日公演より、ついにマトリクス・ライブCDが、まず大阪公演より登場!

xavelm136g.jpg



◆ GUNS N' ROSES / OSAKA 2017 Definitive Edition (プレス2CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日公演の初日となる、1月21日大阪・京セラドームでのライブを、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにてコンプリート収録したタイトルが、完全限定プレス2CDにてついに登場。

まずライブ終了から10ヶ月以上を経て、ついに満を持してリリースとなるガンズ2017年ジャパン・ツアーのマトリクス・ライブの第1弾は、やはり初日の大阪公演で、数多く流通したアイテムの中で、やはり同レーベルからの圧倒的なサウンド・クオリティーは、間違いなく決定盤と言えるもの。
さらにここ近年おなじみとなったバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、今まで以上に使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースを、特にアクセルとスラッシュをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。

なお「Sweet Child O' Mine」と「November Rain」の2曲のみ、アクセルのIEMに不具合が生じたため、ヴォーカルがややオフ気味ながら、それ以外は完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
なおライブ自体もこの3人では24年ぶりの来日となるゆえ、観客の期待も大きく膨らむ中、今回はほぼ定刻でついにショーはスタート。そしてその後セットリストに関しては、前年までの北米・南米ツアーに準じたもので、”It’s So Easy”から始まりガンズ・クラシックはもちろん、スラッシュやダフが不在だった「Chinese Democracy」からのナンバー、アンコールでのフーのカヴァー”The Seeker”まで、まさに80&90年代全盛期を彷彿させる内容。さらにはアクセルも終始ゴキゲンの絶好調、そしてとにかくスラッシュのギターが素晴らしく、バッキングからソロまでキレキレのプレイを最後まで披露。
なお、本ジャパン・ツアーのマトリクス・シリーズは全て、完全限定300セットのプレス2CD、大阪公演のリトグラフをモチーフにした美麗ホログラム・ジャケ、ナンバリング・カード付属、日本語帯つき仕様のメモリアル・アイテムとなります。よって予約完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

disc one : 01. Opening 02. It's So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin' Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. Attitude 13. This I Love 14. Civil War
disc two : 01. Coma 2. Band Introduction 03. Love Theme From The Godfather 04. Sweet Child O' Mine 05. Wish You Were Here 06. November Rain 07. Knockin' on Heaven's Door 08. Nightrain -encore- 09. Patience 10. The Seeker 11. Paradise City 12. Ending

[Recorded at Kyocera Dome, Osaka, Japan January 21th 2017 : [XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

2017年11月02日

ジャクソン・ブラウン、2017年名古屋公演をベスト・クオリティーで!

uxb743jb.jpg



◆JACKSON BROWNE / NAGOYA 2017 (2CDR) この商品はこちらから

デビュー45周年を迎え、2015年に続く来日公演より、2017年10月21日Zepp Nagoya公演の模様を、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて、2時間21分にわたりコンプリート収録。
まず全6公演のうち東京、オーチャードホール3日連続公演に続く4公演目となるもので、全編にわたり距離感をまるで感じさせないダイレクト感と繊細なサウンドをカンペキに再現。
そして今回の6公演でのセットリストは、共通していたのは7曲のみで、ここ名古屋も全22曲の中、2/3が日替わり曲なうえ、リクエストに応えた「Redneck Friend」も、ここ名古屋公演でだけ披露。
さらにもう1曲、リクエストに応えたのがオールマンの「Melissa」で、「何?グレッグの曲?OK。俺たちは彼を愛してるからね」と言って始まるこのトリビュート・ナンバーは、東京2日目にも演奏されたものの、過去ステージで歌ったのは、数回という激レアなカヴァー。
またバンド・メンバーも2年前の来日公演と同じで、ジャクソンが“ドリーム・バンド”と呼ぶだけあって、全員が一流にして呼吸感もピッタリ。特にグレッグ・リーズとヴァル・マッカラムの2人のギタリストが素晴らしく、ペダルスティールを操るグレッグと、テレキャスターやファイアバードを駆使するヴァルとのコンビネーションはバツグンで、「The Long Way Around」ではヴァルがエレキでソロを取ると、グレッグが繊細なアコギのバッキングを絡ませ、「Looking East」や「Running on Empty」ではペダルスティールとファイアバードが互いにスリリングなソロをかけ合うあたりは鳥肌もの。
そんな感動の一夜をベスト・クオリティーでここに。

Disc 1 : (Set 1) 1. Intro 2. Some Bridges 3. The Long Way Around 4. The Late Show 5. Looking East 6. These Days 7. Redneck Friend 8. Just Say Yeah 9. Your Bright Baby Blues 10. For A Dancer (Set 2) 11. Intro 12. The Birds of St. Marks
Disc 2 : 1. I'll Do Anything 2. Lives In The Balance 3. Fountain Of Sorrow 4. For Everyman 5. I'm Alive 6. Melissa 7. The Pretender 8. Running On Empty 9. Take It Easy 10. Our Lady of the Well 11. Doctor My Eyes 12. I Am A Patriot
[Live at Zepp Nagoya, Nagoya, Japan 21st October 2017]
◇ Jackson Browne (Vocals, Guitar, Piano), Greg Leisz (Pedal Steel, Guitar), Val McCallum (Guitar), Mauricio Lewak (Drums), Bob Glaub (Bass), Jeff Young (Keyboards), Chavonne Stewart (Chorus) Alethea Mills (Chorus)

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.37