« 2018年03月 | メイン | 2018年05月 »

2018年04月30日

ハロウィン、ジャパン・ツアーの映像コレクションをブルーレイのセットで!

alxbd06469.jpg



◆ Helloween / 2018 Pumpkins United in Japan Film (6Blu-ray) この商品はこちらから

2018年「PUMPKINS UNITED」ジャパン・ツアー全7公演から、札幌公演を除く6公演を、すべてステージほぼ正面から、HDカメラで撮影した良質オーディエンス映像よりブルーレイ化し、6枚組セットにて。
まず全てのライブを、ブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーで収録したもので、どの映像もほぼ障害物なしの見晴らし良好な環境にて、安定したアングルと、要所ではクローズ・ショットも織り込み、コンプリート収録。(なお東京初日16日、2曲目「Halloween」は音声のみの収録)

またさらに全公演の音声パートはXAVELレーベルからの、CD音源のマルチIEMマトリクス・ソースを、フル・マトリックスしており、音声はサウンドボード・クオリティーゆえ安定感抜群のオーディエンス・ショット・ソースを元に、サウンドも迫力満点となるもの。
そして全7公演の来日公演は、アンディ・デリスの体調不良から、札幌以降曲数が減ったり、通常のセットリストを少しシフト・チェンジしたりとアクシデントはあったものの、デリスの不調を埋めるべく、マイケル・キスクとカイ・ハンセンが素晴らしいボーカルを披露し、また今回日本のみのアレンジやセット入りしたナンバーもあり。またそのデリスも終盤にきてかなり回復し、ツアー終盤の公演ではバンドと観客も一体となった感動的なライブを披露。
よって「パンプキンズ・ユナイテッド・ジャパン・ツアー」の来日映像アイテムとしては、まさに集大成といえる、完全限定コレクターズ・エディション。

DISC 1 : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Rise and Fall 08. Waiting for the Thunder 09. Perfect Gentleman 10. Starlight 11. Ride the Sky 12. Judas 13. Heavy Metal (Is the Law) 14. Forever and One (Neverland) 15. A Tale That Wasn't Right 16. I Can 17. Drums Solo 18. Livin' Ain't No Crime 19. A Little Time 20. Why? 21. Sole Survivor 22. Power 23. How Many Tears -encore 1 - 24. Invitation 25. Eagle Fly Free 26. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 27. Pumpkins United 28. Guitar Solo 29. Future World 30. I Want Out 31. Closing
[at EX Theater Roppongi, Tokyo, Japan 16th March 2018 : Original Audience Shot]

DISC 2 : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Rise and Fall 08. Perfect Gentleman 09. Starlight 10. Ride the Sky 11. Judas 12. Heavy Metal (Is the Law) 13. A Tale That Wasn't Right 14. I'm Alive 15. Pumpkins United 16. Drums Solo 17. Livin' Ain't No Crime 18. A Little Time 19. Why? 20. Power 21. How Many Tears -encore 1- 22. Invitation 23. Eagle Fly Free 24. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 25. Guitar Solo 26. Future World 27. I Want Out
[at Zepp Osaka Bayside, Osaka, Japan 21st March 2018 : Original Audience Shot]

DISC 3 : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Rise and Fall 08. Perfect Gentleman 09. Starlight 10. Ride the Sky 11. Judas 12. Heavy Metal (Is the Law) 13. A Tale That Wasn't Right 14. I'm Alive 15. Pumpkins United 16. Drums Solo 17. Livin' Ain't No Crime 18. A Little Time 19. Why? 20. Power 21. How Many Tears -encore 1- 22. Invitation 23. Eagle Fly Free 24. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 25. Guitar Solo 26. Future World 27. I Want Out
[at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 23rd March 2018 : Original Audience Shot]

DISC 4 : 01. Opening 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Kids of the Century 08. Perfect Gentleman 09. Starlight 10. Ride the Sky 11. Judas 12. Heavy Metal (Is the Law) 13. A Tale That Wasn't Right 14. I'm Alive 15. Pumpkins United 16. Drums Solo 17. Livin' Ain't No Crime 18. A Little Time 19. Why? 20. Power 21. How Many Tears -encore 1- 22. Invitation 23. Eagle Fly Free 24. Blue Suede Shoes 25. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 26. Guitar Solo 27. Future World 28. I Want Out
[at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 24th March 2018 : Original Audience Shot]

DISC 5 : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Kids of the Century 08. Perfect Gentleman 09. Starlight 10. Ride the Sky 11. Judas 12. Heavy Metal (Is the Law) 13. A Tale That Wasn't Right 14. I'm Alive 15. Pumpkins United 16. Drums Solo 17. Livin' Ain't No Crime 18. A Little Time 19. Why? 20. Power 21. How Many Tears -encore 1- 22. Invitation 23. Eagle Fly Free 24. Blue Suede Shoes 25. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 26. Guitar Solo 27. Future World 28. I Want Out
[at Zepp Nagoya, Nagoya, Japan 25th March 2018 : Original Audience Shot]

DISC 6: 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. If I Could Fly 05. Are You Metal? 06. Kids of the Century 07. Perfect Gentleman 08. Where the Sinners Go 09. Starlight 10. Ride the Sky 11. Judas 12. Heavy Metal (Is the Law) 13. A Tale That Wasn't Right 14. I'm Alive 15. Pumpkins United 16. Drums Solo 17. Livin' Ain't No Crime 18. A Little Time 19. Sole Survivor 20. Power 21. How Many Tears -encore 1-22. Invitation 23. Eagle Fly Free 24. Blue Suede Shoes 25. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 26. Guitar Solo 27. Future World 28. I Want Out
[at Zepp DiverCity Tokyo, Tokyo, Japan 27th March 2018 : Original Audience Shot]

◇Andi Deris – vocals / Michael Weikath – guitar / Sascha Gerstner – guitar / Markus Grosskopf – bass / Daniel Loeble – drums / Kai Hansen - guitar, vocals / Michael Kiske - vocals

2018年04月27日

ポール&ウイングスの1975年オーストラリア・ツアーの集大成アイテム

dapp100ltd.jpg



◆ PAUL McCARTNEY&WINGS / OVER AUSTRALIA 1975 PREMIUM (3CD+3DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のDAPレーベルのライブ・アーカイブ・シリーズから、ポール&ウイングスの1975年オーストラリア・ツアーの集大成となる『ウィングス・オーバー・オーストラリア』と、『ウイングス・フライ・サウス』の2タイトルをセットにした、プレミアム・リミテッド・エディションが、完全限定100セット・オンリー(限定シリアル・ナンバー入り&スペシャル・ポストカード付)にてリリース。
なお本タイトルは単体リリースもあるものの、2タイトルをオリジナル・ジャケットDVDトールケース仕様にまとめて収録したもので、レギュラー仕様のオリジナルCDジャケット表裏(厚型サイズ)に加えて、限定シリアル・ナンバー入り、さらにスペシャル・ポストカードも付属しており、価格も単体で購入するよりも割安となる完全限定セット。
よって100セットのみの証明となるナンバリングと、このセットだけのオリジナル・ジャケットによる、永久保存限定コレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

そして2タイトルの詳細内容は下記の通り。
◇PAUL McCARTNEY&WINGS / WINGS OVER AUSTRALIA (2CD+1DVD)
まず『ウィングス・オーバー・オーストラリア』は1975年オーストラリア・ツアーの、11月13日最終地メルボルン公演の模様を、最新リマスターを施したサウンドボード音源と、コンサート全曲をプロショット映像で収録したDVDにて。
まず同ツアーからのライブ定番として知られるこのメルボルン公演は、翌年の全米ツアーを記録した『ロックショウ』とは異なった内容による、1975年ツアーからの唯一となるコンサート完全収録版。そしてセットリストも翌全米ツアーと異なり、『スピード・オブ・サウンド』がまだリリースされていないので、その収録曲がない代わりに、「リトル・ウーマン・ラブ/Cムーン」「ジュニアズ・ファーム」がセットイン。
なお定番音源ながらも過去流通の音源は、基本的には映像からモノラル・ソースを用いていたため、それほど状態は良くなかったのに対して、今回新たに複数の素材をマスターとし、CDはオリジナルのモノラル音源を元にステレオ・エンハンストされた最新リマスター音源にて。またDVD映像もこれまで流通していたものは、冒頭や途中でドロップアウトの激しいものや、一部日本語が出るTVバージョンに差し替えたものも出回っていたのに対して、こちらはそれらとは異なる初登場となる新たな編集バージョンによるもので、複数の素材を元に映像補正も行われ、音声も新たにリマスターされた最新リストア・バージョンにて。
よったて当時のビデオ画像ながら、過去流通よりも確実に数段クオリティー・アップしたDAPならではのコレクターズ・エディション仕様。

CD 1 : 1. INTRODUCTION 2. VENUS AND MARS 3. ROCK SHOW 4. JET 5. LET ME ROLL IT 6. SPIRITS OF ANCIENT EGYPT 7. LITTLE WOMAN LOVE / C MOON 8. MAYBE I'M AMAZED 9. LADY MADONNA 10. THE LONG AND WINDING ROAD 11. LIVE AND LET DIE 12. PICASSO'S LAST WORDS 13. RICHARD CORY 14. BLUEBIRD 15. I'VE JUST SEEN A FACE 16. BLACKBIRD 17. YESTERDAY
CD 2 : 1. YOU GAVE ME THE ANSWER 2. MAGNETO AND TITANIUM MAN 3. GO NOW 4. CALL ME BACK AGAIN 5. MY LOVE 6. LISTEN TO WHAT THE MAN SAID 7. HORN MEMBERS INTRODUCTION 8. LETTING GO 9. MEDICINE JAR 10. JUNIOR'S FARM 11. BAND ON THE RUN 12. HI, HI, HI 13. SOILY
[Live at Sidney Myer Music Bowl, Melbourne, Australia 13th November 1975 : soundboard recording]

DVD : INTRODUCTION / VENUS AND MARS-ROCK SHOW / JET / LET ME ROLL IT / SPIRITS OF ANCIENT EGYPT / LITTLE WOMAN LOVE-C MOON / MAYBE I'M AMAZED / LADY MADONNA / THE LONG AND WINDING ROAD / LIVE AND LET DIE / PICASSO'S LAST WORDS / RICHARD CORY / BLUEBIRD / I'VE JUST SEEN A FACE / BLACKBIRD / YESTERDAY / YOU GAVE ME THE ANSWER / MAGNETO AND TITANIUM MAN / GO NOW / CALL ME BACK AGAIN MY LOVE / LISTEN TO WHAT THE MAN SAID / HORN MEMBERS INTRODUCTION / LETTING GO / MEDICINE JAR / JUNIOR'S FARM / BAND ON THE RUN / HI, HI, HI / SOILY
[Live at Sidney Myer Music Bowl, Melbourne, Australia 13 November 1975 :
NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo time approx. 118min]

◇PAUL McCARTNEY&WINGS / WINGS FLY SOUTH (1CD+2DVD)
そして『ウィングス・フライ・サウス』は、ツアー初日となるパース公演を、当時現地ラジオでオンエアーされたサウンドボード音源の最新リマスターCDと、映像DVDには、当時のツアーを時系列に記録した「オーストラリア・ツアー・ダイアリー」、さらにオーストラリアの後に予定されていた初の日本公演が直前になって中止となったため、れ急遽TVオンエアーされた、日本独自のメルボルン公演のTVバージョンを含めた「ヴィンテージTVアーカイブ」を収録。
特に映像DVDは見所が多く、「オーストラリア・ツアー・ダイアリー」は、現地到着から最終日までを、2時間半に渡って貴重なサウンドチェックやライブ映像、さらにプライベート・オフショット等を含めたドキュメンタリー映像集。
そして今回初登場となる「ヴィンテージTVアーカイブ」では、来日中止を受け当時日本のみで世界初公開として放送されたTBSサンデイ・スペシャル『ポール・マッカートニーのすべて』を収録。
こちにはライブ映像だけのコンサート・バージョンと、当時放送された番組内容をCMも含めて、ノーカット収録したコンプリート・バージョン。
なお1975年11月30日に放送されたこの番組は、当時リアルタイムで見ていた往年のファンには感涙もので、何より当時オンエアーされてからその後再放送をされることもなかったので、この映像の貴重度は絶大。また世界初公開されたコンサート映像は、メルボルン公演からのものながら、完全版とはカメラ・アングルや編集の異なる独自の編集となるライブ映像で、過去にも流通はしていたものの、今回番組エンドロールにある通りの曲目だけが本当のTV放送分で、当然ながらこれまでのものに比べ画・音質も良く、こちらのレア度も大。
よって『ウィングス・オーバー・オーストラリア』同様、DAPならではのコレクターズ・エディション仕様ゆえ、ファンは必携。

CD : 1. VENUS AND MARS / ROCK SHOW 2. JET 3. LET ME ROLL IT 4. SPIRITS OF ANCIENT EGYPT 5. LITTLE WOMAN LOVE / C MOON 6. THE LONG AND WINDING ROAD 7. BLACKBIRD 8. YESTERDAY 9. MY LOVE 10. LETTING GO 11. BAND ON THE RUN 12. HI, HI, HI
(ORIGINAL RADIO BROADCAST) 13. THE LONG AND WINDING ROAD 14. YESTERDAY 15. BAND ON THE RUN 16. HI, HI, HI 17. MY LOVE 18. BLACKBIRD 19. AFTER THE CONCERT (Interview) 20. LETTING GO 21. TALKS ABOUT THE BEATLES (Interview)
[Live at Perth Entertainment Centre, Perth, Australia 1st November 1975]

DVD 1 : (October 28th 1975) TICKET SALES NEWS REPORT / PERTH ARRIVAL / REPORT / PERTH AIRPORT / PERTH AIRPORT(ALTERNATE FOOTAGE) / NEWS REPORT / PRINTING SHOP
(October 29th 1975) PERTH ENTERTAINMENT CENTRE / DENNY LAINE'S BIRTHDAY (October 30th 1975) PERTH REHEARSALS (November 1st 1975) PERTH AUDITORIUM / THE NORMAN GUNSTON SHOW 1 / THE NORMAN GUNSTON SHOW 2 / PRESS CONFERENCE /OFF TO THE SOUNDCHECK / PERTH AUDITORIUM SOUNDCHECK / HI HI HI (LIVE IN PERTH) / AFTER THE CONCERT
(November 4th 1975) FROM PERTH TO ADELAIDE / OFF SHOT ADELAIDE (November 5th 1975) LIVE AT APOLLO STADIUM ADELAIDE / CONCERT HIGHLIGHTS (November 6th 1975) VISITING THE HORSES / SYDNEY AIRPORT INTERVIEW (November 8th 1975) SYDNEY HORDERN PAVILION
(November 9th 1975) PALM BEACH (November 10th 1975) SOILY :LIVE IN BRISBANE (November 11th 1975) KOALA SANCTUARY BRISBANE RICHARD CORY :LIVE IN BRISBANE (November 12th 1975) MELBOURNE AIRPORT NEWS 1 / MELBOURNE AIRPORT NEWS 2 / MELBOURNE AIRPORT NEWS 3 (November 13th 1975) MELBOURNE SOUNDCHECK / THE MIKE WASH SHOW / THE MIKE WASH SHOW :UNEDITED (November 14th 1975) FILMING FOR JAPAN (BLUBIRD) / HORNS REHEARSAL / LAST SHOW IN AUSTRALIA :MELBOURNE (Bonus Extra) THIS DAY TONIGHT
[AUSTRALIA TOUR DIARY : NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo time approx. 148min]

DVD 2 : (VINTAGE TV ARCHIVE) "ALL ABOUT PAUL McCARTNEY" WINGS LIVE IN AUSTRALIA 1975 / CONCERT VERSION / VENUS AND MARS / ROCK SHOW / JET / LET ME ROLL IT / MAYBE I'M AMAZED / I'VE JUST SEEN A FACE / BLACKBIRD / YESTERDAY / LISTEN TO WHAT THE MAN SAID / CALL ME BACK AGAIN / LETTING GO / BAND ON THE RUN / HI, HI, HI
(COMPLETE VERSION) TV OPENING / CM 1 / TV COMMENTARY 1 / MESSAGE TO JAPAN / VENUS AND MARS / ROCK SHOW / JET / CM 2 / TV COMMENTARY 2 / YOU'RE GONNA LOSE THAT GIRL / TICKET TO RIDE / LET ME ROLL IT / MAYBE I'M AMAZED / CM 3 / TV COMMENTARY 3 / I'VE JUST SEEN A FACE / BLACKBIRD / YESTERDAY / CM 4 / TV COMMENTARY 4 / LISTEN TO WHAT THE MAN SAID / CALL ME BACK AGAIN / LETTING GO / CM 5 / BAND ON THE RUN / HI, HI, HI / YESTERDAY (REPRISE) / JET (END ROLL)
[Live at Sidney Myer Music Bowl, Melbourne, Australia 13th November 1975 : Japanese TV Broadcast at TBS-SUNDAY SPECIAL 30th November 1975 : NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo time approx. 48+80=128min.]

2018年04月25日

デレク&ドミノスのデラックス・ボックス・エディション!

mvr850sample.jpg



◆ DEREK & THE DOMINOS / SOUL MATES (プレス4CDBOX ) この商品はこちらから

クラプトン・ファン必携のミッドバレイ・レーベルより、1970年12月1日、デュアン・オールマンが全編にわたり参加した唯一のタンパ公演の模様を、2種類のオーディエンス・マスターより収録したタイトルが、2018年度版デラックス・ボックス・エディションにて完全限定200セット・リリース。
1970年USツアー終盤となるこのタンパ公演は、まず当日のデュアンの参加はふせられていて、しかも数曲のみの参加予定だったのが結果的に全曲最後までプレイしていることで知られ、しかもこの5人でプレイされる"Layla"のライブ・テイクはこれのみということもあり、各種流通しているドミノスのライブ音源の中でも最も人気の高いもの。
そしてその貴重な音源を近年流通していソフト・バージョンと、ラウド・バージョンと呼ばれているマスターを初CD化しカップリングしたもので、しかもCD化に際して、アナログ・カセットからデジタル化するときに発生したデジタル・ノイズも全て除去。
そしてまずメンバー紹介に続いて、いきなりあのイントロで「Layla」からスタート。
ここでは2人のギターもしっかり聴き分けることができるクオリティーで、そしてその後も数ヶ月に及ぶツアーで楽曲の構成やバンド・アンサンブルもかなり息の合った時期であり、2曲目「Got To Get Better In A Little While」以降はこの時期の黄金のパターンとなるもの。
そして押さえ気味のイントロ・リフから、一気にスパークし、ゆったりと流れるように次々とフレーズを紡ぎ出すクラプトンのプレイは、充実感溢れるもので、デュアンとの絡みもめいっぱいブルージーな雰囲気で、特に「Why Does Love Got To Be So Sad」でも、切ないヴォーカルに続いて魂が咽び泣くようなギター・ソロあたりも必聴。
なお、この5日後の12月6日が、クラプトンがデレク&ザ・ドミノスとしての最後のステージとなっており、まさに終焉に向けての貴重なライブであり、デュアンとの唯一のフル・プレイだけにファンは必携。
すべてコーティング紙ジャケット仕様&帯付、また使用フォトは超レアな写真で、解説にも今回初登場となる当時のタンパの地元紙の記事の写真などが掲載されたこだわり仕様の限定豪華ボックスゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : 1 Layla 2 Got To Get Better In A Little While 3 Key To The Highway 4 Why Does Love Got To Be So Sad
CD 2 : 1 Blues Power 2 Have You Ever Loved A Woman 3 Bottle Of Red Wine 4 Let It Rain
Recorded live at Curtis Hixson Hall, Tampa, FL, USA 1st December 1970
[SOFT VERSION : Recorded live at Curtis Hixon Hall, Tampa, Florida USA 1st December 1970]

CD 3 : 1 Layla 2 Got To Get Better In A Little While 3 Key To The Highway 4 Why Does Love Got To Be So Sad
CD 4 : 1 Blues Power 2 Have You Ever Loved A Woman 3 Bottle Of Red Wine 4 Let It Rain
Recorded live at Curtis Hixson Hall, Tampa, FL, USA 1st December 1970
[LOUD VERSION : Recorded live at Curtis Hixon Hall, Tampa, Florida USA 1st December 1970]

◇Eric Clapton - Guitar, Vocals / Carl Radle – Bass / Jim Gordon – Drums / Bobby Whitlock – Keyboards / Duane Allman – Guitar

2018年04月24日

今年もやります、恒例のGWセールのご案内です

shop18gw.jpg

今年も恒例の「GWセール」のご案内をさせていただきます。
店内全商品が、最大20%オフとなりますので、まとめ買い等には
是非ご活用ください。

◆ 4月28日(土) - 5月6日(日) 12:00 - 22:00 9days

* USED アイテム ALL 20%OFF
(中古CD&レコード)
* NEW アイテム ALL 10%OFF
(新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、ブルーレイ、Tシャツなど)

特に中古アナログ、CDは連日追加放出いたします。
またハロウィン、ギズモドローム、スティーヴ・ハケット等の来日アーティスト関連も
各種入荷していますので、是非ご覧ください。

尚、遠方で直接ご来店できない方も、通販でご利用下さい。
その旨、お電話やメールで、
ご希望商品をお知らせいただけたらけっこうです。

◇ 尚、5月はセール中も含めて、営業時間の変更が下記の通りです。
* 4月 27日 (金) 12:00 - 18:00
* 5月 5日 (土) 12:00 - 20:00
* 5月 6日 (日) 12:00 - 18:00

ではGW中、観光などでも京都や烏丸近辺に来られる際は、
是非お立ち寄り下さい。よろしくお願いいたします。

----------------------------------------
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe's Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com

2018年04月20日

スーパー・グループ、ギズモドロームの初来日公演!

uxb828g.jpg



◆GIZMODROME / JAPAN TOUR 2018 (6CDR) この商品はこちらから

2018年スーパー・グループの登場ということで世界中の話題となったギズモドロームの初来日公演より、4月8日大阪、メルパルクホールと翌99日東京、オーチャードホール公演を、いずれもサウンドボード・レベルのデジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
まずこのバンドはエイドリアン・ブリューとポリスののスチュワート・コープランド、そしてPFMのヴィットリオ・コスマにLEVEL 42のマーク・キングという、驚きのメンバーが集まり結成され、デビュー作『GIZMODROME』もコープランドの曲を、この達人たちが奇天烈変態ポップ・サウンドに仕上げたことで、そのライブも大いに期待されることに。
そしてその来日公演の模様を大阪公演は2種、東京は1種のオーディエンス・ソースにてコンパイルしたのが本タイトルで、特に大阪の音源はどちらも甲乙つけがたいクオリティーによるもの。
そして期待のセットはまずデビュー作からは「Stark Naked」以外の全曲を披露し、その他はもちろんそれぞれのキャリアからのナンバーもセレクトされ、まずコープランドはもちろんポリスから、「Miss Gradenko」「Does Everyone Stare」「Darkness」「Bombs Away」の4曲と、さらにクラーク・ケントの「Excesses」、スタン・リッジウェイとのデュオで発表された「Don't Box Me In」を。そしてブリューはソロの「Young Lions」とクリムゾンの「Elephant Talk」「Thela Hun Ginjeet」を披露。
また曲によって4人がボーカルを分け合うのも面白く、ポリスの「Miss Gradenko」ではまさかのブリューがメインを歌い、マークが「Darkness」を歌うという遊び心も。そしてもちろん超絶ワザを誇るメンバーだけに、メインで歌うコープランドはサポート・ドラマーにLEVEL 42のピート・レイ・ビギンを迎えてはいるものの、もちろん随所でステックさばきも見せ、マークも高速スラッピングで絡み、ピートも交えたリズム隊はやはり強力。そしてもちろん、ブリューの変態ギターも全開なら、強烈個性の3人を見事にまとめ上げるヴィットリオのキーボードも素晴らしく、特に全員主役で演奏され、個性が融合していく「Elephant Talk」あたりは感動もの。
その類い希なるステージを2公演すべてカンペキに再現した、来日記念限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. Intro. 2. Amaka Pipa 3. Man in the Mountain 4. Stay Ready 5. Miss Gradenko 6. Summer's Coming 7. Sweet Angels (Rule the World) 8. Elephant Talk 9. Does Everyone Stare 10. Zombies in the Mall
Disc 2 : 1. Ride Your Life 2. Excesses 3. I Know Too Much 4. Darkness 5. Zubatta Cheve 6. Young Lions 7. Strange Things Happen 8. Don't Box Me In 9. Spin This 10. Thela Hun Ginjeet 11. Bombs Away
[Live at Mielparque Hall, Osaka, Japan 8th April 2018 : Recorder 1]

Disc 3 : 1. Intro. 2. Amaka Pipa 3. Man in the Mountain 4. Stay Ready 5. Miss Gradenko 6. Summer's Coming 7. Sweet Angels (Rule the World) 8. Elephant Talk 9. Does Everyone Stare 10. Zombies in the Mall
Disc 4 : 1. Ride Your Life 2. Excesses 3. I Know Too Much 4. Darkness 5. Zubatta Cheve 6. Young Lions 7. Strange Things Happen 8. Don't Box Me In 9. Spin This 10. Thela Hun Ginjeet 11. Bombs Away
[Live at Mielparque Hall, Osaka, Japan 8th April 2018 : Recorder 2]

Disc 5 : 1. Intro. 2. Amaka Pipa 3. Man in the Mountain 4. Band Introductions 5. Stay Ready 6. Miss Gradenko 7. Summer's Coming 8. Sweet Angels (Rule the World) 9. Elephant Talk 10. Does Everyone Stare 11. Zombies in the Mall
Disc 6 : 1. Ride Your Life 2. Excesses 3. I Know Too Much 4. Darkness 5. Zubatta Cheve 6. Young Lions 7. Strange Things Happen 8. Don't Box Me In 9. Spin This 10. Thela Hun Ginjeet 11. Bombs Away
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 9th April 2018]

◇ Stewart Copeland - drums, vocals / Adrian Belew - guitar, vocals / Mark King - bass, vocals / Vittorio Cosma - keyboards, vocals / Pete Ray Biggin - drums, percussion

2018年04月18日

話題のストーンズ『フォーティ・リックス』アウトテイクがオフィシャル・クオリティーにて

gp1801sp.jpg



◆ ROLLING STONES / FORTY LICKS SESSIONS (プレス1CD) この商品はこちらから

2002年『フォーティ・リックス』リリースに向けて行なわれた未発表スタジオ・セッションの音源に、これまで未公開の貴重な音源含むアウトテイクやリハーサル音源も追加して収録したタイトルが、限定ロー・プライス、プレスCDにて。
まずこの音源は2018年春、突如WEB公開されトレント等にアップされたものの、すぐに削除された関係者流出によるアウトテイク集で、2002年結成40周年記念にリリースされたベスト・アルバム『フォーティ・リックス』への収録のため、同年5月から6月にかけて、プロデューサーにドン・ウォズを迎えフランス、パリ郊外で行われたセッションからのもの。
そしてWEB上でアップされたのはアウトテイクが9トラックのみだったのが、ここでは他にも完全未発表のトラックやリハーサル音源、アーリー・ミックスなども加えたフル・ヴォリュームの内容となっており、しかもそれらすべてがマスター・クオリティーのステレオ・サウンドボード音源で、このままオフィシャル・ブートレグとして通用するレベルにて。
そしてその内容もまずキース作「トラブル」の原曲といえる「ジャスト・ビコーズ」に始まり、後に『ア・ビガー・バン』に収録される「孤独な旅人」の原型となる「クライド・アウト」、さらに「ドント・ストップ」や「キーズ・トゥ・ユア・ラブ」のアーリー・ミックス、そしてブルース・ナンバーの「ユー・ベター・リーブ・ザット・マン・アローン」に、キースによるアコースティック・ナンバー「オンリー・ファウンド・アウト・イエスタデイ」、「ハリケーン」まで、まだ原型をとどめていないテイクから、完成形にかなり近い形のものまで、すべてが貴重な音源ばかり。
それらを海外直輸入オリジナル・プレス盤にて、限定ロー・プライスでのリリースゆえ、ご希望の方はお早めに。

1. JUST BECAUSE 2. DREAMS 3. CRIED OUT 4. LOVE IS A TEST 5. WHEN I CALL YOUR NAME 6. U DON'T WANNA 7. DON'T STOP (early mix) 8. KEYS TO YOUR LOVE (early mix) 9. JUST BECAUSE (studio chat) 10. JUST BECAUSE (rehearsal take) 11. WELL WELL (edit version) 12. REHEARSAL 13. KEYS TO YOUR LOVE (rehearsal take) 14. LOSING MY TOUCH (rehearsal take) 15. DON'T STOP (rehearsal take) 16. YOU BETTER LEAVE THAT MAN ALONE 17. EXTREME WESTERN GRIP 18. WELL WELL 19. DON'T STOP 20. KEYS TO YOUR LOVE 21. STEALING MY HEART 22. LOSING MY TOUCH 23. ONLY FOUND OUT YESTERDAY 24. HURRICANE

[Sessions at Studio Guillaume Tell, Suresnes, France 13th May -7th June 2002 : stereo soundboard recording : Producers / The Glimmer Twins & Don Was Sound Engineer : Ed Cherney]
Mick Jagger (vocal, guitar, harmonica, percussion) Keith Richards (guitar, vocal) Ronnie Wood (guitar, pedal steel) Charlie Watts (drums) Darryl Jones (bass) Chuck Leavell (keyboards) Blondie Chaplin (backing vocal, percussion)

2018年04月17日

XAVELレーベルよりハロウィン、ジャパン・ツアーの名古屋公演も音と映像で!

xavelm113h.jpg



◆ Helloween / Pumpkins United in Nagoya (3CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年「PUMPKINS UNITED」ジャパン・ツアーから、その終盤6日目となる3月25日、ZEPP名古屋公演を、ベスト・クオリティーの音と映像でカップリングしたタイトルがここに。
まず音源はもうおなじみの、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、カンペキなサウンドボード同等クオリティーにて、当日の模様をコンプリート収録。
バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、キスク&デリスのツイン・ヴォーカルをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。
なお初日の六本木でのステージのみ、今回のワールト・ツアーに基づいたフル・セットで、その後は周知の通り、アンディ・デリスの体調不良から、曲数が減ったり、通常のセットリストを少しシフト・チェンジしたりとアクシデントはあったものの、ここ名古屋公演ではかなり復調しており、多彩なツイン・ヴォーカルのアレンジも披露し、「Kids of the Century」や「I'm Alive」も聴けたのは、長年のファンとしては嬉しいところ。、
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様をステージほぼ正面から撮影した良質オーディエンス・ショットにて収録。
ライブ全編をフルHDクオリティーの安定感抜群のオーディエンス・ショット・ソースで、視界も良好なうえ、音声も素晴らしく、あの熱い名古屋の夜の感動が蘇ること間違いなし。
よって2018年来日記念のメモリアル・アイテムとして、ファン必携の日本語帯つき仕様による、来日完全限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Kids of the Century 08. Perfect Gentleman
Disc 2 : 01. Starlight 02. Ride the Sky 03. Judas 04. Heavy Metal (Is the Law) 05. A Tale That Wasn't Right 06. I'm Alive 07. Pumpkins United 08. Drums Solo 09. Livin' Ain't No Crime 10. A Little Time 11. Why? 12. Power 13. How Many Tears
Disc 3 : -encore 1- 01. Invitation 02. Eagle Fly Free 03. Blue Suede Shoes 04. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 05. Guitar Solo 06. Future World 07. I Want Out
[at Zepp Nagoya, Nagoya, Japan 25th March 2018 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Matrix Recording]

DVD-R : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Kids of the Century 08. Perfect Gentleman 09. Starlight 10. Ride the Sky 11. Judas 12. Heavy Metal (Is the Law) 13. A Tale That Wasn't Right 14. I'm Alive 15. Pumpkins United 16. Drums Solo 17. Livin' Ain't No Crime 18. A Little Time 19. Why? 20. Power 21. How Many Tears -encore 1- 22. Invitation 23. Eagle Fly Free 24. Blue Suede Shoes 25. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 26. Guitar Solo 27. Future World 28. I Want Out
[at Zepp Nagoya, Nagoya, Japan 25th March 2018 : Original Audience Shot]

◇Andi Deris – vocals / Michael Weikath – guitar / Sascha Gerstner – guitar / Markus Grosskopf – bass / Daniel Loeble – drums / Kai Hansen - guitar, vocals / Michael Kiske - vocals

2018年04月16日

XAVELレーベルよりハロウィン、ジャパン・ツアーの東京3日目も音と映像で!

xavelm112h.jpg



◆ Helloween / Pumpkins United in Tokyo 3rd Night (3CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年「PUMPKINS UNITED」ジャパン・ツアーから、その5公演目となる3月24日、東京・EXシアター六本木公演を、ベスト・クオリティーの音と映像でカップリングしたタイトルがここに。
まず音源はもうおなじみの、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにて、当日の模様をコンプリート収録。
バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、キスク&デリスのツイン・ヴォーカルをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。
なお初日の六本木でのステージのみ、今回のワールト・ツアーに基づいたフル・セットで、その後は周知の通り、アンディ・デリスの体調不良から、曲数が減ったり、通常のセットリストを少しシフト・チェンジしたりとアクシデントはあったものの、デリスの不調を埋めるべく、マイケル・キスクとカイ・ハンセンは絶好調で、歌いっぷりも素晴らしいうえ、「Kids of the Century」が「Rise and Fall」と入れ替えでこの日から導入されたあたりは、喜んだファンも多いハズ。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様をステージほぼ正面から撮影した良質オーディエンス・ショットにて収録。
ライブ全編をフルHDクオリティーの安定感抜群のオーディエンス・ショット・ソースで、視界も良好なうえ、音声も素晴らしく、あの感動が蘇ること間違いなし。
よって2018年来日記念のメモリアル・アイテムとして、ファン必携の日本語帯つき仕様による、来日完全限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Kids of the Century 08. Perfect Gentleman
Disc 2 : 01. Starlight 02. Ride the Sky 03. Judas 04. Heavy Metal (Is the Law) 05. A Tale That Wasn't Right 06. I'm Alive 07. Pumpkins United 08. Drums Solo 09. Livin' Ain't No Crime 10. A Little Time 11. Why? 12. Power 13. How Many Tears
Disc 3 : -encore 1- 01. Invitation 02. Eagle Fly Free 03. Blue Suede Shoes 04. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 05. Guitar Solo 06. Future World 07. I Want Out
[at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 24th March 2018 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Matrix Recording]

DVD-R : 01. Opening 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Kids of the Century 08. Perfect Gentleman 09. Starlight 10. Ride the Sky 11. Judas 12. Heavy Metal (Is the Law) 13. A Tale That Wasn't Right 14. I'm Alive 15. Pumpkins United 16. Drums Solo 17. Livin' Ain't No Crime 18. A Little Time 19. Why? 20. Power 21. How Many Tears -encore 1- 22. Invitation 23. Eagle Fly Free 24. Blue Suede Shoes 25. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 26. Guitar Solo 27. Future World 28. I Want Out
[at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 24th March 2018 : Original Audience Shot]

◇Andi Deris – vocals / Michael Weikath – guitar / Sascha Gerstner – guitar / Markus Grosskopf – bass / Daniel Loeble – drums / Kai Hansen - guitar, vocals / Michael Kiske - vocals

2018年04月15日

XAVELレーベルよりハロウィン、ジャパン・ツアーの大阪公演も音と映像で!

xavelm111h.jpg



◆ Helloween / Pumpkins United in Osaka (3CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年「PUMPKINS UNITED」ジャパン・ツアーから、その3日目となる3月21日、ZEPP大阪ベイサイド公演を、ベスト・クオリティーの音と映像でカップリングしたタイトルがここに。
まず音源はもうおなじみの、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、カンペキなサウンドボード同等クオリティーにて、当日の模様をコンプリート収録。
バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、キスク&デリスのツイン・ヴォーカルをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。
そしてショーは初日・東京から基本的な構成を維持しつつ、デリスの体調不良のため、曲数が減ってきているのが少し残念ではあるものの、メンバーの調子は登り調子で、特にマイケル・キスクは絶好調で、歌いっぷりも素晴らしいうえ、アンディの「Why?」をデュエット・バージョンで聴けるのは嬉しいサプライズ。
また札幌ではカットされた「Perfect Gentleman」と「Power」も復活し、他にも「I'm Alive」の追加や、貴重なデュエットの「Why?」、カイ・メドレーにキスクの歌う「Eagle Fly Free」&「Keeper of the Seven Keys」など聞きどころはたっぷり。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様をステージほぼ正面から撮影した良質オーディエンス・ショットにて収録。
ライブ全編をフルHDクオリティーの安定感抜群のオーディエンス・ショット・ソースで、視界も良好なうえ、音声も素晴らしく、あの熱い大阪の夜の感動が蘇ること間違いなし。
よって2018年来日記念のメモリアル・アイテムとして、ファン必携の日本語帯つき仕様による、来日完全限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Rise and Fall 08. Perfect Gentleman
Disc 2 : 01. Starlight 02. Ride the Sky 03. Judas 04. Heavy Metal (Is the Law) 05. A Tale That Wasn't Right 06. I'm Alive 07. Pumpkins United 08. Drums Solo 09. Livin' Ain't No Crime 10. A Little Time 11. Why? 12. Power
Disc 3 : 01. How Many Tears -encore 1- 02. Invitation 03. Eagle Fly Free 04. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 05. Guitar Solo 06. Future World 07. I Want Out
[at Zepp Osaka Bayside, Osaka, Japan 21st March 2018 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Matrix Recording]

DVD-R : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Rise and Fall 08. Perfect Gentleman 09. Starlight 10. Ride the Sky 11. Judas 12. Heavy Metal (Is the Law) 13. A Tale That Wasn't Right 14. I'm Alive 15. Pumpkins United 16. Drums Solo 17. Livin' Ain't No Crime 18. A Little Time 19. Why? 20. Power 21. How Many Tears -encore 1- 22. Invitation 23. Eagle Fly Free 24. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 25. Guitar Solo 26. Future World 27. I Want Out
[at Zepp Osaka Bayside, Osaka, Japan 21st March 2018 : Original Audience Shot]

◇Andi Deris – vocals / Michael Weikath – guitar / Sascha Gerstner – guitar / Markus Grosskopf – bass / Daniel Loeble – drums / Kai Hansen - guitar, vocals / Michael Kiske - vocals

2018年04月14日

2018年リッチー・ブラックモアズ・レインボーのツアー初日の映像をブルーレイで

nd7183r.jpg



◆RAINBOW / FIRST NIGHT IN RUSSIA 2018 (1Blu-ray) この商品はこちらから

2016年より新たなラインナップで再始動し、2017年に続き、2018年も全5公演が行なわれることに。
そしてその「Moemories In Rock 2018」の初日となる4月8日ロシア、モスクワでのライブを、全編にわたりマスター・クオリティーのオーディエンス映像でコンパイルし、ブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーの映像素材は、2F席左やや左サイドからの、リッチーをメインとしてクローズ特大・安定したショットにて、トータル1時間58分にわたりアンコール・ラストまでフル収録で、しかもも音声パートもカンペキなPCMステレオで収録されており、既に流通しているyoutubeアップの同映像などとは次元の違うクオリティーとなるもの。
そして期待のセット内容は、ほぼ前年のツアーと同内容の流れではあるものの、この日は終盤でドラム・ソロを導入した”Still I'm Sad”は久しぶりの登場で、ファンには嬉しいところ。
そして明らかにバンド全体の演奏クオリティーはグレード・アップし、リッチーも全編にわたり流麗な指さばきとプレイを披露しており、このあたりはリッサチー曰く、現在のメンバーがこれまでの中でベスト・ラインナップと賞するのも納得。
なおツアー前には前年のライブを収めたアルバム『メモリーズ・イン・ロックII:ライヴ・イン・イングランド2017』もリリースされ、そのボーナスCDには新曲も収録されていたのが、この初日はプレイされなかったため、今後のセットの変化も期待できる、レインボーとしては初のロシア公演であり、その記念すべき初日の模様を、ブルーレイならでは高画・音質で収めたファン必見のコレクターズ・エディション。

01.Land Of Hope And Glory/02.Over The Rainbow/03.Spotlight Kid/04.I Surrender/05.Mistreated/06.Since You Been Gone/07.Man On The Silver Mountain/Woman From Tokyo/08.Perfect Strangers/09.Difficult To Cure/10.Child In Time/11.All Night Long/12.Stargazer/13.Long Live Rock 'n' Roll/14.Still I'm Sad- Drum Solo /15.Burn/16.Black Night/17.Smoke On The Water
[Live at Olympijskiy Stadium, Moscow, Russia 8th April, 2018 : time 118min. :Full HD Linear PCM Stereo]

Ritchie Blackmore - Guitar / Ronnie Romero - Vocal / Bob Nouveau – Bass /Jens Johansson - Keyboards / David Keith - Drums / Candice Night - Backing Vocal / Christina Lynn Skleros - Backing Vocal

2018年04月13日

XAVELレーベルよりハロウィン、ジャパン・ツアーの札幌公演が登場!

xavelhm110h.jpg



◆ Helloween / Pumpkins United in Sapporo(3CDR+1CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年「PUMPKINS UNITED」ジャパン・ツアーから、その2日目となる3月18日、ZEPP札幌公演を、おなじみの、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにて、当日の模様をコンプリート収録。
バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、キスク&デリスのツイン・ヴォーカルをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。
そして歴代の名曲が続くグレイテスト・ヒッツは、アンディ・デリスもマイケル・キスクも自分の持ち歌を担当する中、この日はデリスの体調不良により急遽キスクのパートを増やしてのセットとなり、曲数はやや少なくなったものの、内容的には貴重なセット構成となっており、なにより珍しい北海道公演であることが大きなポイント。
さらにボーナスとして3月27日の東京最終公演前に行われたリハーサルの模様を収録した1CD-Rもプラス。
こちらも良好なオーディエンス・ソースにて収録されており、本番さながらの真剣なリハを聞けるあたりはファンとしては嬉しいかぎり。
以上、2018年来日記念のメモリアル・アイテムとして、ファン必携の日本語帯つき仕様による、来日完全限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Rise and Fall
Disc 2 : 01. Starlight 02. Ride the Sky 03. Judas 04. Heavy Metal (Is the Law) 05. A Tale That Wasn't Right 06. Pumpkins United 07. Drums Solo 08. Livin' Ain't No Crime 09. A Little Time 10. Why? 11. I'm Alive
Disc 3 : 01. How Many Tears -encore 1- 03. Eagle Fly Free 04. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 05. Guitar Solo 06. Future World 07. I Want Out
[at Zepp Sapporo, Sapporo, Japan 18th March 2018 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Matrix Recording]

◇Andi Deris – vocals / Michael Weikath – guitar / Sascha Gerstner – guitar / Markus Grosskopf – bass / Daniel Loeble – drums / Kai Hansen - guitar, vocals / Michael Kiske - vocals

2018年04月12日

XAVELレーベルよりハロウィン、ジャパン・ツアーの東京初日!

xavelm109h.jpg



◆ Helloween / Pumpkins United in Tokyo 1st Night (3CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年「PUMPKINS UNITED」ジャパン・ツアーから、その初日となる3月16日、東京・EXシアター六本木公演を、ベスト・クオリティーの音と映像でカップリングしたタイトルがここに。

まず音源はもうおなじみの、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにて、当日の模様をコンプリート収録。
バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、キスク&デリスのツイン・ヴォーカルをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。
そして歴代の名曲が続くグレイテスト・ヒッツは、アンディ・デリスもマイケル・キスクも自分の持ち歌を担当する中、オープニングの「Halloween」や「Dr. Stein」「Perfect Gentleman」「Forever And One (Neverland)」「Keeper Of The Seven Keys」「I Want Out」ではデュエットで。さらに初期の名曲「How Many Tears」や、この日が世界初演となる「Pumpkins United」ではカイも加わってのトリプル・ヴォーカルとなるあたりは要チェック。
また中盤にはカイのメドレーもあり、そこにはオールド・ファン感涙の初期の名曲がズラリで、「Starlight」「Heavy Metal (Is The Law)」では歓声も上がり、そのうえマイケル・キスクによる「守護神伝」の名曲パートも必聴。そして最大のハイライトの「Eagle Fly Free」は今回の豪華プロジェクトでも特別なもので、コーラスのカイと2人の声が合わさるあたりは鳥肌もの。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様をステージほぼ正面から撮影した良質オーディエンス・ショットにて収録。
ライブ全編をフルHDクオリティーの安定感抜群のオーディエンス・ショット・ソースで、視界も良好なうえ、音声も素晴らしく、あの感動が蘇ること間違いなし。
よって2018年来日記念のメモリアル・アイテムとして、ファン必携の日本語帯つき仕様による、来日完全限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Rise and Fall 08. Waiting for the Thunder 09. Perfect Gentleman 10. Starlight 11. Ride the Sky 12. Judas 13. Heavy Metal (Is the Law)
Disc 2 : 01. Forever and One (Neverland) 02. A Tale That Wasn't Right 03. I Can 04. Drums Solo 05. Livin' Ain't No Crime 06. A Little Time 07. Why? 08. Sole Survivor 09. Power 10. How Many Tears
Disc 3 : -encore 1- 01. Invitation 02. Eagle Fly Free 03. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 04. Pumpkins United 05. Guitar Solo 06. Future World 07. I Want Out 08. Closing
[at EX Theater Roppongi, Tokyo, Japan 16th March 2018 :XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Matrix Recording]

DVD-R : 01. Opening (Let Me Entertain You) 02. Halloween 03. Dr. Stein 04. March of Time 05. If I Could Fly 06. Are You Metal? 07. Rise and Fall 08. Waiting for the Thunder 09. Perfect Gentleman 10. Starlight 11. Ride the Sky 12. Judas 13. Heavy Metal (Is the Law) 14. Forever and One (Neverland) 15. A Tale That Wasn't Right 16. I Can 17. Drums Solo 18. Livin' Ain't No Crime 19. A Little Time 20. Why? 21. Sole Survivor 22. Power 23. How Many Tears -encore 1 - 24. Invitation 25. Eagle Fly Free 26. Keeper of the Seven Keys -encore 2- 27. Pumpkins United 28. Guitar Solo 29. Future World 30. I Want Out 31. Closing
[at EX Theater Roppongi, Tokyo, Japan 16th March 2018 : Original Audience Shot]

◇Andi Deris – vocals / Michael Weikath – guitar / Sascha Gerstner – guitar / Markus Grosskopf – bass / Daniel Loeble – drums / Kai Hansen - guitar, vocals / Michael Kiske - vocals

2018年04月11日

dabd01sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY & WINGS / BAND ON THE RUN : SOUND & VISION AUDIOPHILE (2Blu-ray) この商品はこちらから

ポール・マッカートニーのHDデジタル・アーカイブ・コレクションとして、「バンド・オン・ザ・ラン」をハイレゾ・オーディオ音源と、ビデオ映像アルバムを収録した、究極のオーディオ・ファイルをブルーレイで。

本タイトルはブルーレイならではの特性を生かしたハイスペックの高音質・高画質による、究極のオーディオファイル・コレクターズ・アイテムで、ビデオ映像とオーディオ音源の各セクションをディスクごとに収録。

まずdisc:1のビデオ映像はこれまでのビデオ・アルバムをブルーレイ仕様にHDアップ・コンバートし、またDVD等とは異なる映像もあり、それらもすべてアップ・グレード。しかも音声はPCMステレオとドルビー・デジタル5.1サラウンドでセレクト可能で、さらにエキストラには新たな発掘映像も含めTて、Vライブ映像はすべてハイクオリティー・ハイビジョン映像にて。
さらにdisc:2のブルーレイ・オーディオ音源セクションには、その音の良さもあり、中古市場でも高額取引されているDCC24KゴールドCDや、初の公式サラウンド化されたマルチ・チャンネル音源を収録したDTSサラウンドCDなど、現在廃盤や入手困難になっている貴重なオーディオ・ファイルを高音質ハイレゾ音源フォーマットにて収録。
特に超レアな高額プレミア・レコードとして知られる、NIMBUSスーパーカットのオリジナル盤は96/24bitハイレゾ音源で収録し、さらにDTSサラウンドCDもドルビー・デジタル5.1サラウンド変換にて。
なおこちらの再生画面には、曲目表記と共に各アイテムのジャケット写真やレーベル写真も収録。よって今や貴重なアイテムをハイレゾ・オーディオとしてまとめて収録した音源は映像とともに、ファン必携のデジタル・アーカイブ・コレクション。

DISC ONE : BLURAY VIDEO
[VIDEO ALBUM] BAND ON THE RUN / JET / BLUEBIRD / MRS. VANDEBILT / LET ME ROLL IT / MAMUNIA / NO WORDS / PICASSO'S LAST WORDS / NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE / HELEN WHEELS
[EXTRA VIDEO] BAND ON THE RUN (2016 Remaster) / BAND ON THE RUN (Original Video) / NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE (Remix) / BAND ON THE RUN (Lyric Video) / SATURDAY NIGHT LIVE 2010 : BAND ON THE RUN – JET / LATER WITH JOOLS HOLLAND 2010 : OPENING - NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE - JET - BAND ON THE RUN - LET ME ROLL IT
◇NTSC 16:9 WIDESCREEN : time approx. 45+50min. : High Rosolution 96khz/24bit : PCM Stereo + Dolby Digital 5.1 Surround Sound

DISC TWO : BLURAY AUDIO
[DCC 24K GOLD CD REMASTER] BAND ON THE RUN / JET / BLUEBIRD / MRS. VANDEBILT / LET ME ROLL IT / MAMUNIA / NO WORDS / HELEN WHEELS / PICASSO'S LAST WORDS / NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE
[NIMBUS SUPERCUT ORIGINAL ANALOG LP RECORD] BAND ON THE RUN / JET / BLUEBIRD / MRS. VANDEBILT / LET ME ROLL IT / MAMUNIA / NO WORDS / PICASSO'S LAST WORDS / NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE / HELEN WHEELS (Bonus 45rpm)
[HD 5.1 SURROUND DTS-CD MIX] BAND ON THE RUN / JET / BLUEBIRD / MRS. VANDEBILT / LET ME ROLL IT / MAMUNIA / NO WORDS / HELEN WHEELS / PICASSO'S LAST WORDS / NINETEEN HUNDRED AND EIGHTY FIVE
◇NTSC 16:9 WIDESCREEN : time approx. 45+45+45min. : High Rosolution 96khz/24bit : PCM Stereo + Dolby Digital 5.1 Surround Sound]

2018年04月09日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、ジミヘンの第2弾登場!

egro0007j.jpg



◆ JIMI HENDRIX / Making of AXIS : BOLD AS LOVE (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズより。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。
本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてついに解禁となったジミヘンの2タイトル目は、セカンド「アクシス:ボールド・アズ・ラブ」レコーディング時の完全未発表のアウトテイクや別テイクを、アルバム全曲の別ヴァージョンにて収録。
ちなみにこれまでオフィシャル・ボックス等にも一切収録おらず、アルバム全曲を曲順通りに収録した未発表音源シリーズの第2弾となるもの。
そして今回は、ジミヘンのガールフレンドが所持していた、通称「サザビーズ・テープ」収録のラフ・ミックス音源を中心に、1967年のUK初回プレス/ステレオLP盤でしか聴けない、別ミックスやアセテート盤音源などを含めて、アルバム制作途中の貴重な別ヴァージョンを収録。
なお「スパニッシュ・キャッスル・マジック」、「明日まで待って」、「砂のお城」などの音源は、ボーカルがまだシングル・トラックだったり、左右に振れるギターの定位が違っていたり、エンディングが長かったりと興味深いものがたっぷり。
さらに1967年のUK初回プレス音源では、「リトル・ウィング」が1番の歌が終わり、ブレイク部でドラムのフィルが入った瞬間、ジミがチョーキングをぬ発入れるヴァージョンで、これは70年代初期の日本盤LPでも確認できたテイクながら、現行CDでは聴けないもの。
他にもタイトル曲「ボールド・アズ・ラヴ」は、サザビーズ・テープでは別ボーカルが聴け、オリジナリ・モノ音源ではエンディングが長く収録され、さらにデイヴ・メイソンが参加した未発表曲2テイクも追加収録した、トータル56分。
*なお内ジャケには公式テイクとの違いなどを記した日本語解説も掲載されており、ライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

EXP (Sotheby tape) / Up from the Skies (UK track records mix 1967) / Spanish Castle Magic (Inst/Sotheby tape) / Wait Until Tomorrow (Sotheby tape) / Ain't No Telling (Sotheby tape) / Little Wing (UK track records mix 1967) / If 6 Was 9 (original mono) / You Got Me Floatin' (UK track records mix 1967) / Castles Made of Sand (Sotheby tape) / She's So Fine (alt mix) / One Rainy Wish (Sotheby tape) / Little Miss Lover #1(acetate mix) / Bold as Love #1 (Sotheby tape) / Bold as Love #2 (original mono) / Stars That Play With Laughing Sam's Dice (acetate mono) / Little One #1(unreleased) / Little One #2(unreleased) / Little Miss Lover #2 (UK track records mix 1967)

2018年04月08日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、クリームの第3弾!

egro0008c.jpg



◆ CREAM / DETROIT WHEEL 1967 (プレス2CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズより。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。
本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてクリームの3タイトル目は、1967年、3ヶ月に及ぶ全米ツアー最終日となる、10月15日デトロイト・ホイール公演を、なんと本邦初公開となる鮮度の高いオーディエンス・マスターから、2時間にわたりコンプリート収録。
まずこの1967年USツアーからの音源はほとんど流通しておらず、しかもその最終公演がこのようなリアル・サウンドで残っていたのは奇跡的なこと。
そしてセカンド「カラフル・クリーム」レコーディング後のこの全米ツアーから、長尺なアドリブやインプロを重視したライブが展開されるより、これまで4分ほどだった曲も、10分を越える演奏に進化していくことに。
そして嵐の前の静けさのように始まる「英雄ユリシーズ」も、途中からクラプトンのワウが炸裂し、怒涛の「N.S.U.」へ移るとブルースのベースは唸りをあげ、ベイカーはフィルの嵐となり、クラプトンはまさにスローハンドなフィンガリングで、スケールアウトお構いなしのフレーズを披露。
そしてチャイコフスキーの「1812序曲」をインクルードしたラストの「I'm So Glad」まで、彼らが求めたブルース・ロックの真髄がここにあり。
さらにボーナスとして1967年5月、ジミヘンも出演時したイギリスでのイベント会場での特別ライブから、「サンシャイン・ラヴ」と「間違いそうだ (We're Going Wrong)」の2曲も追加で。、
ジミヘンらも出演した、1967年5月の英国チューリップ・オークション・イベント会場での特別ライヴから追加収録。
トータル127分、当時の状況や曲目などの解説文を内ジャケに掲載した、全編必聴の限定コレクターズ・エディション。なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

DISC 1 : Tales Of Brave Ulysses / N.S.U. / Sitting On Top Of The World
/ Sweet Wine / Rollin' And Tumblin' / Spoonful
DISC 2 : Stepping Out / Traintime / Toad / I'm So Glad
[Live at Grande Ballroom, Detroit, MI, US, October 15th 1967]
Sunshine Of Your Love / We're Going Wrong
[Lve at Tulip Bulb Auction Hall, Spalding, Lincolnshire, UK May 29th 1967]

2018年04月07日

リアム・ギャラガー、2018年南米「ロラパルーザ」全公演を、すべてプロショット映像で

uxb821lg.jpg



◆LIAM GALLAGHER / LOLLAPALOOZA 2018 (2DVDR) この商品はこちらから

2017年『As You Were』リリース後、精力的にライブ活動を継続する中、2018年3月南米で開催された恒例フェス「ロラパルーザ 2018」に参戦。
その全ての出演時の模様を、、WEBキャスト・オンエアーによる、マスター・クオリティー、プロショット映像にてコンプリート収録。


まずdisc:1は17日のアルゼンチン公演で、リアムは気合十分でステージに挑んでいながらも、ツアー前から患っていたという肺の感染症の影響で、かなり歌うのが苦しい様子が見え隠れすることに。
なお昨年の秋からセットインし始めたオアシスの「Some Might Say」は、何とかオリジナル・キーで歌いきるシーンもあるものの、、翌日18日のチリでは声の不調を訴え、ライブ開始からわずか4曲で打ち切りとなることに。
そしてdisc:2には25日のブラジル公演を収録。この日はトリのキラーズのステージに、リアムが飛び入りしたことも話題となった中、1週間のスパンのおかげで、いつも通りの快調なパフォーマンスを披露。
なお前年からのソロ・ツアーは時期ごとにセットリストが変化しており、ここブラジルでは「You Better Run」とオアシスの「Slide Away」がカットされた代わりに新曲「I Get By」がセットイン。
さらに最後には問題となった18日チリ公演からの4曲も収録。「Wall of Glass」途中で止めて一旦は引っ込み、演奏が終わると再び登場して「声の調子が悪くて歌えない、申し訳ない」と詫びてステージを後にすることに。
それら貴重なシーンも含め、熱い南米でのフェス・ライブをすべてコンパイルした、ファン必見のトータル135分。

Disc 1 : 1. Intro. 2. Rock 'n' Roll Star 3. Morning Glory 4. Greedy Soul 5. Wall of Glass 6. Bold 7. For What It's Worth 8. Some Might Say 9. Slide Away 10. You Better Run 11. Be Here Now 12. Wonderwall 13. Supersonic 14. Cigarettes & Alcohol 15. Live Forever
[Lollapalooza Argentina : at Hipodromo de San Isidro, Buenos Aires, Argentina 17th March 2018]

Disc 2 : 1. Intro. 2. Rock 'n' Roll Star 3. Morning Glory 4. Greedy Soul 5. Wall of Glass 6. Bold 7. For What It's Worth 8. Some Might Say 9. I Get By 10. Be Here Now 11. Wonderwall 12. Supersonic 13. Cigarettes & Alcohol 14. Live Forever
[Lollapalooza Brasil : at Autodromo de Interlagos, Sao Paulo, Brazil 25th March 2018]
15. Rock 'n' Roll Star 16. Morning Glory 17. Greedy Soul 18. Wall of Glass
[Lollapalooza Chile : at Parque O'Higgins, Santiago, Chile 18th March 2018]

2018年04月06日

レッチリ2018年南米「ロラパルーザ」3公演を、すべてプロショット映像で

uxb822rh.jpg



◆RED HOT CHILI PEPPERS / LOLLAPALOOZA 2018 (3DVDR) この商品はこちらから

2016年の『ザ・ゲッタウェイ』リリース後、精力的にライブ活動を継続する中、2018年3月南米で開催された恒例フェス「ロラパルーザ 2018」に参戦。その全ての出演時の模様を、、WEBキャスト・オンエアーによる、マスター・クオリティー、プロショット映像にて3公演すべてコンプリート収録。

まずdisc:1は16日のアルゼンチン公演を96分にわたり収録。しかも既に流通している映像では配信のせいで分的に静止画になってしまうものもある中、マスター起因による音切れが一部発生する以外はカンペキなクオリティーにて。
なおこの3公演はもちろんセットリストに変化つけており、このアルゼンチン公演では、久しぶりの「Strip My Mind」に「Hump De Bump」や、なんと22年ぶりの「Nevermind」は驚きのセット入り。
そしてdisc:2の翌17日チリ公演は、オフィシャル・クオリティーにて95分のフル収録で、しかもこの日のセットリストは、入れ替え曲が盛りだくさんで、アルゼンチンでは演奏しなかったナンバーは9曲で、しかも8曲がこの日のみ。特にFUNKADELICの「What Is Soul?」のジャム、STOOGESの「I Wanna Be Your Dog」、そしてジョシュの弾き語りによる、ジェフ・バックリーの「Lover, You Should've Come Over」などのカヴァーはいずれもレア。
そして最後のdisc:3は、23日ブラジル公演を、こちらもこのままオフィシャル・リリースできるクオリティーにて、96分にわたりフル収録。
この日も入れ替え曲が多く、7曲がこの日だけのナンバーで、特にジョシュの弾き語りの「Menina Mulher Da Pele Preta」は、ジョルジ・ベンジョールという、オ・デ・ジャネイロ出身の国民的シンガーの曲で、これには観客も大熱狂。盛大な歓声が贈られるのです。
また、この日はブラジル出身の、ツアーにも度々同行しているパーカッショニスト、マウロ・レフォスコも登場し、アルバムにも参加した「The Adventures Of Rain Dance Maggie」の他、「Hump De Bump」や「Give It Away」でも共演。
なおレッチリの2018年のライブはこの3公演以外はアナウンスされておらず、この先休止の可能性もあるため、ファン必見の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. God Bless the Child 2. Intro Jam 3. Can't Stop 4. Snow ((Hey Oh))5. The Zephyr Song 6. Dark Necessities 7. Strip My Mind 8. Nevermind 9. Go Robot 10. Californication 11. Tell Me Baby 12. If 13. Higher Ground 14. Hump De Bump 15. Under the Bridge 16. By the Way 17. Goodbye Angels 18. Give It Away
[Lollapalooza Argentina : at Hipodromo de San Isidro, Buenos Aires, Argentina 16th March 2018]

Disc 2 : 1. Intro Jam 2. Can't Stop 3. Dani California 4. Scar Tissue 5. Dark Necessities 6. Strip My Mind 7. I Wanna Be Your Dog 8. Right On Time 9. Go Robot 10. Californication 11. What Is Soul 12. Don't Forget Me 13. If 14. Hump De Bump 15. Suck My Kiss 16. Soul To Squeeze 17. By The Way 18. Lover, You Should've Come Over 19. Goodbye Angels 20. Give It Away
[Lollapalooza Chile : at Parque O'Higgins, Santiago, Chile 17th March 2018]

Disc 3 : 1. Intro Jam 2. Can't Stop 3. Snow (Hey Oh) 4. Otherside 5. Dark Necessities 6. Menina Mulher Da Pele Preta 7. Sick Love 8. Nevermind 9. Californication 10. Aeroplane 11. Blood Sugar Sex Magik 12. Hump De Bump 13. The Adventures Of Rain Dance Maggie 14. Pea 15. Higher Ground 16. Under The Bridge 17. By The Way 18. Encore Jam 19. Goodbye Angels 20. Give It Away
[Lollapalooza Brasil : at Autodromo de Interlagos, Sao Paulo, Brazil 23rd March 2018]

2018年04月05日

ハロウィン2018年ジャパン・ツアー、東京・大阪に続き名古屋公演も!

sha894he.jpg



◆ HELLOWEEN / NAGOYA 2018 (3CDR) この商品はこちらから

ついに日本でも実現した2018年「PUMPKINS UNITED WORLD TOUR」ジャパン・ツアーより、、その6公演目となる3月25日、名古屋・ZEPP NAGOYAでのライブを、2時間46分にわたり、デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
まずカイ・ハンセンとマイケル・キスクが復帰し、トリプル・ヴォーカル&トリプル・ギターの7人編成となったスペシャル・ツアーは、来日前の南米・ユーロ・ツアーでも話題を呼び、その期待は日本でも大爆発。
そして全7公演の終盤名古屋公演の模様を、会場の雰囲気もリアルに伝わる高音質で収録しており、一聴すればサウンドボードかと思えるほどのクオリティーで再現。
なお初日の六本木でのステージのみ、今回のワールト・ツアーに基づいたフル・セットで、その後は周知の通り、アンディ・デリスの体調不良から、曲数が減ったり、通常のセットリストを少しシフト・チェンジしたりとアクシデントはあったものの、デリスの不調を埋めるべく、マイケル・キスクとカイ・ハンセンは絶好調で、歌いっぷりも素晴らしいうえ、「Kids of the Century」が「Rise and Fall」と入れ替えで東京3日目から導入されたあたりは、喜んだファンも多いハズ。
なおアンディもここ名古屋公演ではかなり復調しており、多彩なツイン・ヴォーカルのアレンジも披露。そして「Kids of the Century」や「I'm Alive」も聴けた、2018年名古屋公演の永久保存メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 1. Let Me Entertain You 2. SE / Halloween 3. Dr. Stein 4. March of Time 5. If I Could Fly 6. Are You Metal? 7. Kids of the Century 8. Perfect Gentleman 9. Starlight 10. Ride the Sky 11. Judas 12. Heavy Metal (Is the Law)
Disc 2 : 1. MC 2. A Tale That Wasn't Right 3. I'm Alive 4. Pumpkins United 5. Drum Solo 6. Livin' Ain't No Crime 7. A Little Time 8. Why? 9. Power 10. How Many Tears
Disc 3 : 1. Invitation 2. Eagle Fly Free 3. Blue Suede Shoes 4. Keeper of the Seven Keys 5. Future World 6. I Want Out 7. Abgang:Braveheart Soundtrack(SE)
[Live at Zepp Nagoya, Nagoya, Japan 25th March 2018]

Andi Deris – vocals / Michael Weikath – guitar / Sascha Gerstner – guitar / Markus Grosskopf – bass / Daniel Loeble – drums / Kai Hansen - guitar, vocals / Michael Kiske - vocals

2018年04月04日

プリンスの1986年バースデイ・ライブを音と映像にて!

pga015sp.jpg



◆ PRINCE / PRINCE'S BIRTHDAY PARADE (プレス1CD+DVD) この商品はこちらから

1986年6月7日、プリンスのバースデイ・ライブとして知られるデトロイト公演を、ベスト・クオリティーによる音と映像で収録したプレスCD&DVDが、限定ロー・プライスのスペシャル・エディションとして新たに登場。

このコンサートはプリンス28才のバースデイ・コンサートとして、当時国内やヨーロッパ各国にてその一部がTVオンエアーされた、馴染みのある映像ながら、それぞれ編集内容が違い、曲のカットや音声のクオリティーにもバラつきがあった中、今回新たに現存するベスト・マスターに最新のデジタル・リマスタリングも施し、過去最高の決定版コレクションとなることに。
そしてまずCDは最長のサウンドボード音源を、ピッチ修正や音ギレなもキチンと補正し、ショーの全貌をほぼコンプリートで。
また映像DVDも、メインとなる「ジャパンTVバージョン」は、当時オンエアーされたステレオ・ビデオ・マスターから新たにダイレクト収録したものでリマスターを施したこともあり、これまでの海外製作などとは別格のクオリティーにて。さらにMTVでオンエアーされた『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』プレミア・ライブも、初登場のマスター・クオリティー映像にて追加収録。そしてさらにエクステンディッド・バージョンとして、ジャパンTVではカットされオンエアーされていない曲やシーンも含めた、海外オンエアー映像とのマトリクス・バージョンも収録。
こちらはクオリティー的には若干落ちるものの、現存する映像では本公演の最長ロング・ヴァージョン。
とにかく『パレード』ツアーを代表する最高のパフォーマンスを、最新リマスターの決定版にてここに。

CD : 1. AROUND THE WORLD IN A DAY 2. CHRISTOPHER TRACY'S PARADE 3. RASPBERRY BERET 4. CONTROVERSY 5. MUTINY 6. HAPPY BIRTHDAY 7. (HOW MUCH IS) THAT DOGGIE IN THE WINDOW? 8. AUTOMATIC 9. D.M.S.R. 10. ANOTHERLOVERHOLENYOHEAD 11. SOFT AND WET 12. I WANNA BE YOUR LOVER 13. HEAD (ELECTRIC MAN) 14. POP LIFE 15. LIFE CAN BE SO NICE 16. WHOLE LOTTA SHAKIN' GOIN' ON 17. MOUNTAINS 18. KISS
[Live at Cobo Arena, Detroit, MI. U.S.A. June 7th 1986]
19. INTRODUCTION / RASPBERRY BERET 20. DELIRIOUS 21. CONTROVERSY 22. MUTINY
[MTV Under The Cherry Moon Premiere Party : at Holiday Inn Sheridan-Convention Center, Sheridan, Wyoming, U.S.A. July 1st 1986]
23. A LOVE BIZARRE (Sheila E.)
[Live at Warfield Theatre, San Francisco, CA. U.S.A. March 8th 1986]

DVD : NTSC 16:9 / 4:3 Dolby Digital Stereo time approx. 52+69=121min.
AROUND THE WORLD IN A DAY / CHRISTOPHER TRACY'S PARADE / MUTINY / HAPPY BIRTHDAY / (HOW MUCH IS) THAT DOGGIE IN THE WINDOW? / AUTOMATIC / ANOTHERLOVERHOLENYOHEAD HEAD / LIFE CAN BE SO NICE / WHOLE LOTTA SHAKIN' GOIN' ON / MOUNTAINS / KISS
[JAPANESE TV VERSION : Live at Cobo Arena, Detroit, MI. U.S.A. June 7th 1986]

INTRODUCTION RASPBERRY BERET / DELIRIOUS / CONTROVERSY / MUTINY
[MTV Under The Cherry Moon Premiere Party : Live at Holiday Inn Sheridan-Convention Center, Sheridan, Wyoming, U.S.A. July 1st 1986

AROUND THE WORLD IN A DAY / CHRISTOPHER TRACY'S PARADE / RASPBERRY BERET / CONTROVERSY / MUTINY / HAPPY BIRTHDAY / (HOW MUCH IS) THAT DOGGIE IN THE WINDOW? / AUTOMATIC / D.M.S.R. / ANOTHERLOVERHOLENYOHEAD / SOFT AND WET / I WANNA BE YOUR LOVER / HEAD (ELECTRIC MAN) / POP LIFE / LIFE CAN BE SO NICE / WHOLE LOTTA SHAKIN' GOIN' ON / MOUNTAINS / KISS
[EXTENDED VERSION : Live at Cobo Arena, Detroit, MI. U.S.A. June 7th 1986]
A LOVE BIZARRE (Sheila E.)
[Live at Warfield Theatre, San Francisco, CA. U.S.A. March 8th 1986]

◇Prince (vox, guitar, keyboard), Bobby Z. (drums), Brown Mark (bass), Wendy Melvoin (guitar, vox), Lisa Coleman (keyboards, vox), Dr. Fink (keyboards), Miko Weaver (guitar), Eric Leeds (saxophone, flute), Atlanta Bliss (trumpet), Jerome Benton (dance, vox), Wally Safford (dance, vox), Greg Brooks (dance, vox), Susannah Melvoin (guest vox), André Cymone (guest vox)

2018年04月03日

プリンスのアルバム・エクスパンデッド・シリーズから「パレード」!

pga014sp.jpg



◆ PRINCE / PARADE COLLECTOR'S EDITION (プレス2CD) この商品はこちらから

プリンスのリミックス&リマスター・エクスパンデッド・シリーズから、『パレード』のレア・アウトテイク集が限定ロー・プライス、プレス2CDのコレクターズ・エディションにて。

アルバムと映画で世界的な成功を収めた『パープル・レイン』に続き、自ら監督した映画『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』のサントラとして制作された、1986年のアルバム『パレード』。
そしてシリーズ化し好評を得ている今回の「リミックス&リマスター・エクスパンデッド」では、まずdisc:1に、同アルバムの未収録トラックやリミックス音源を駆使したトラックを収録。そのオリジナル以上に充実した内容は世界中のプリンス・コレクターからのお墨付きで、音質クオリティーはもちろん、その斬新な造りは、まさにオリジナル・アルバムの進行形といえるもの。
そしてさらにdisc:2には、映画『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』のオリジナル・サントラ・バージョンや”KISS”のアコースティック・デモなどを収録。
よって今回も名盤『パレード』の最終完成形ともいうべき、必聴コレクターズ・アイテム。

CD 1 : 1. CHRISTOPHER TRACY'S PARADE 2. NEW POSITION 3. I WONDER U 4. UNDER THE CHERRY MOON 5. GIRLS & BOYS 6. LIFE CAN BE SO NICE 7. 4 THE TEARS IN YOUR EYES 8. VENUS DE MILO 9. MOUNTAINS (Full Stroke) 10. DO U LIE? 11. KISS (Extended) 12. ANOTHERLOVERHOLENYOHEAD (Extended) 13. LOVE OR $ (Long Stretch) 14. SOMETIMES IT SNOWS IN APRIL 15. ALEXA DE PARIS 16. ALL MY DREAMS
[DJ Foefur's Remix and Remasters]

CD 2 : 01. ALL MY DREAMS 02. AN HONEST MAN 03. MIA BOCCA INTRO 04. LITTLE GIRL WENDY'S PARADE 05. NEW POSITION 06. SUSANNAH'S PAJAMAS 07. KISS (NEVER GONNA CUT OUR HAIR) 08. FOR LOVE 09. LIFE CAN BE SO NICE 10. NEON TELEPHONE 11. IT AIN'T OVER 'TIL THE FAT LADY SINGS 12. ALEXA DE PARIS 13. MIA BOCCA 14. MOUNTAINS
[Under The Cherry Moon Soundtrack]
15. KISS (Acoustic Version) 16. KISS (Mazarati Version) 17. AN HONEST MAN (1998 Version)

2018年04月02日

プリンスの1993年名ライブが限定プレス2CDにて!

pga013sp.jpg



◆ PRINCE / ROCK OVER GERMANY (プレス2CD) この商品はこちらから

1993年9月3日「Rock Over Germany」でのライブを、過去最高のクオリティーでコンプリート収録したタイトルが、限定ロー・プライス、プレス2CDのコレクターズ・エディションにて。

プリンス&ニュー・パワー・ジェネレーションによる1993年ヨーロッパ・ツアーの一環で出演した、このドイツ、リューネブルグでの開催されたフェス「Rock Over Germany」でのライブ音源は、これまでも放送用サウンドボード音源として流通していた中、今回これまでのモノラル音源から、新たにデジタル・リマスタリングでステレオ化されており、カンペキにセパレートされたクリアーなサウンドは、過去流通と聞き比べるとその差は歴然。
そして何よりもNPGの強靭なアンサンブルを擁する、90年代を代表するパフォーマンスとして、未聴の方は必聴。
さらに同年のサウンドボード音源として、イギリスのシェフィールド公演やBBCでのシークレット・ギグ、さらにミュンヘンでのMTVアフター・ショーなども追加したNPG次代を代表する名演を、すべてオフィシャル・クオリティーにて。

CD 1 : 1. MY NAME IS PRINCE 2. SEXY M.F. 3. THE BEAUTIFUL ONES 4. LET'S GO CRAZY 5. KISS 6. IRRESISTIBLE BITCH 7. SHE'S ALWAYS IN MY HAIR 8. RASPBERRY BERET 9. THE CROSS 10. SIGN "O" THE TIMES 11. PURPLE RAIN 12. THUNDER 13. WHEN DOVES CRY 14. NOTHING COMPARES 2 U 15. AND GOD CREATED WOMAN 16. DIAMONDS AND PEARLS 17. PIANO INSTRUMENTAL 18. VENUS DE MILO 19. I LOVE U IN ME 20. STROLLIN' 21. SCANDALOUS 22. GIRLS & BOYS 23. ARABIC INTRODUCTION 24. 7
CD 2 : 1. MAYTE'S INTRODUCTION (German) 2. 1999 3. BABY I'M A STAR 4. ROCK THE HOUSE 5. AMERICA 6. D.M.S.R. 7. GETT OFF 8. POPE 9. IT'S GONNA BE A BEAUTIFUL NIGHT 10. PEACH
[Live at Flugplatz, Lueneburg, Germany September 3rd 1993]

11. LET'S GO CRAZY 12. KISS 13. THE CROSS 14. PURPLE RAIN
[Live at Sheffield Arena, Sheffield U.K. August 2nd 1993]
15. 1999 16. BABY I'M A STAR 17. ROCK THE HOUSE 18. AMERICA 19. D.M.S.R. 20. POPE 21. IT'S GONNA BE A BEAUTIFUL NIGHT 22. PEACH
[BBC Radio One : at BBC Radio Concert Hall, London, UK September 7th 1993]
23. KRISTIANE BACKER INTRO 24. JAILHOUSE ROCK 25. CALHOUN SQUARE 26. RACE 27. OUTRO
[MTV during the aftershow : at Flughafen München-Riem Terminal 2, Munich, Germany August 28th 1993]

◇Prince (vox, guitar), Michael B. (drums), Sonny T. (bass), Levi Seacer, Jr. (guitar), Tommy Barbarella (keyboards), Morris Hayes (keyboards), Michael Nelson (trombone), Brian Gallagher (tenor saxophone), Kathy J. (baritone saxophone), Dave Jensen (trumpet), Steve Strand (trumpet), Mayte (dance)

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.37