« ジョン・メイヤー2019年武道館初日の模様を、ベスト・クオリティーで再現! | メイン | ジューダス2019年『ダウンロード・ジャパン』の決定盤音源&映像がここに! »

ジョン・メイヤー2019年武道館2日目も、ベスト・クオリティーで再現!

uxb1007jm.jpg



◆JOHN MAYER / BUDOKAN 2019 2ND NIGHT (2CDR) この商品はこちらから

2019年、5年ぶりの来日は4月10&11日の武道館2公演のみとなった中、、その2日目11日の模様を、アリーナ席からのデジタル・オーディエンス・レコーディングにて、2時間36分にわたりコンプリート収録。フロント・ローからのハイエンド器機による録音は、距離感をほとんど感じないサウンドがダイレクトに収録され、武道館特有のホール鳴りが素晴らしく、ギター・トーンやピッキングのニュアンスまで繊細に再現。
そしてまず今回のセットは大きく4セットに分かれており、「バンドセット#1(10曲)」→「アコースティック(3曲)」→「バンドセット#2(9曲)」そして「アンコール(2曲)」という構成で、この流れは両日共通しているものの、同一会場の2日連続ということで、がらりと初日とはセットを変えており、両日とも全24曲の演奏曲のうち、カブっているのはたった8曲だけなので、これはもう全く別モノといえるライブ構成にて。
ちなみにこの初日も『ROOM FOR SQUARES』から、『THE SEARCH FOR EVERYTHING』まで、『HEAVIER THINGS』以外のアルバムからまんべんなくピックアップし、特に『CONTINUUM』からは5曲、『THE SEARCH FOR EVERYTHING』からは6曲と多めで、ほかにも2曲の新曲と、中盤のアコースティックでのディランのカヴァーなど、とにかくバラエティ溢れる内容にて。
またお馴染みのデヴィッド・ライアン・ハリスとディアンジェロのギタリストとして有名なアイザイア・シャーキーの2人を従え、彼らも随所でフューチャーされ、オープニング“Belief”ではまずアイザイアのソロが披露され、それにジョンが絡むといういきなりの見せ場が。
さらに続く『ザ・サーチ・フォー・エヴリシング』からの“Moving On and Getting Over”は、アイザイアをメインしたアドリブのイントロが披露され、ポップ・ファンクのキーボード・リフが鳴り出し、ベースのピノ・パラディーノの生み出すグルーヴに乗っかって軽快に展開。
そしてR&Bバラード“I Don't Trust Myself (With Loving You)”では憂いに満ちたメロディを歌い、ギターはブルース・ソロもてっぷりと。
さらにアコースティック・ギターに持ち替えての“Who Says”、カントリー色の強い“Waiting On The Day”と続き、前半を“New Light”で締め、後半の序盤ジョンだけのアコースティック・セットでの“Neon”では、ジョンの名手ぶりを見せつける圧倒的パフォーマンスを披露と、その後も最後まで驚異的なプレイを連発。
なお前日公演も同時リリースであり、セットもかなり違うのでファンとしてはどちらも必携の来日限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. Intro. 2. Belief 3. Moving On and Getting Over 4. I Don't Trust Myself (With Loving You) 5. Who Says 6. Waitin' on the Day 7. Love on the Weekend 8. Something Like Olivia 9. Changing 10. Why Georgia 11. New Light 12. Intro. 13. In Your Atmosphere 14. Buckets of Rain 15. Your Body Is a Wonderland
Disc 2 : 1. Neon 2. I Guess I Just Feel Like 3. Rosie 4. In the Blood 5. Slow Dancing in a Burning Room 6. The Age of Worry 7. If I Ever Get Around to Living 8. Waiting on the World to Change 9. Band Introductions 10. Dear Marie 11. You're Gonna Live Forever in Me 12. Gravity

[Live at Budokan, Tokyo, Japan 11th April 2019]
◇ John Mayer - guitar, vocal / Pino Palladino - bass / David Ryan Harris – guitar / Isiah Sharkey - guitar / Aaron Sterling - drums / Aaron draper – percussion / Jamie Muhoberac - keyboards / Carlos Ricketts - vocal / Tiffany palmer - vocal

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.37