« プリンスのアーカイヴ・コレクションから、究極の未発表曲集が登場! | メイン | テデスキ・トラックス・バンド、東京3連続公演もすべてベスト・クオリティーで! »

テデスキ・トラックス・バンド2019年来日公演の初日関西公演!

uxb1051tt.jpg



◆ TEDESCHI TRUCKS BAND / AMAGASAKI 2019 (2CDR) この商品はこちらから

2019年、3年ぶりのジャパン・ツアーより、、その初日となった6月11日、あましんアルカイックホールでのライブを、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて、119分にわたりコンプリート収録。
まず今回来日の全5公演を通して必ず演奏された曲は1つもなく、その日ごとにめまぐるしく選曲は変化しており、因みにこの初日のセットで言えば、『REVELATOR』からはMidnight In Harlem、Bound For Glory、『MADE UP MIND』からのPart Of Me、『』LET ME GET BY』からDon't Know What It Means、Laugh About It、I Want More、そして『SIGNS/HIGH & MIGHTY』からのShame、Hard Case、High & Mightyとなっており、さらにおなじみのカバーでは、The Letter(THE BOX TOPS)、Down In The Flood(ボブ・ディラン)、Somebody Pick Up My Pieces(ウィリー・ネルソン)、Get Out Of My Life, Woman(リー・ドーシー)、How Blue Can You Get?(ジョニー・ムーア)という選曲にて。なお「High & Mighty」は『SIGNS』セッションで録音されつつ、アルバムには未収録となりシングルで発売された曲であり、またカバーは東京初日に近いセレクションで、「How Blue Can You Get?」はどちらかといえばB.B.キングでお馴染みのスタンダードで、この日の演奏もそれに近いものに。
そして急逝したコフィ・バーブリジュの代わりにゲイブ・ディクソンを迎え、ベースもブランドン・ブーンに交代した新編成ながら、そのアンサンブルは従来とおり強固かつテッペキで、もちろんデレクのスライド、スーザンのディープで芳醇なボーカルも、この初日からグルーヴ感たっぷりにと披露。

Disc 1 : 1. Intro 2. Shame 3. Part of Me 4. Don't Know What It Means 5. The Letter 6. Down in the Flood 7. Somebody Pick Up My Pieces 8. High & Mighty 9. Laugh About It 10. Hard Case
Disc 2 : 1. Get Out of My Life, Woman 2. Midnight in Harlem 3. I Want More 4. How Blue Can You Get? 5. Bound for Glory
[Live at Amashin Archaic Hall, Amagasaki, Japan 11th June 2019]
◇ Susan Tedeschi - Guitar, Vocals / Derek Trucks - Guitar / Brandon Boone – Bass / Gabe Dixon - Keyboards / Tyler Greenwell - Drums, Percussion / JJ Johnson - Drums, Percussion / Kebbi Williams - Saxophone / Elizabeth Lea - Trombone / Ephraim Owens – Trumpet / Mike Mattison - Vocals / Mark Rivers - Vocals / Alecia Chakour - Vocals

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.37