« プリンスのエクスパンデッド・シリーズから、『イマンシペイション』のオルタネイト・コレクション登場 | メイン | アダム・ランバート+クイーン、2019年ライブのプロショット・ライブ映像がブルーレイで! »

フォーカス2019年2回限りの感動の来日公演を、ベスト・クオリティーで!

amity579f.jpg



◆ FOCUS / KAWASAKI 2019 1ST NIGHT (2CDR) この商品はこちらから

結成50周年にして16年ぶりとなる2019年来日公演は、9月22&23日クラブチッタ川崎での2公演のみとなった中、その初日の模様を、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて2時間22分にわたりコンプリート収録。
これまでイギリスや母国オランダにて秋ツアーを行なってきての来日で、また2日のみということもあり、両日セットにかなり違いがあるのが今回大きなポイントで、因みに”Hocus Pocus”、”Sylvia”そして”Answers? Questions! Questions? Answers!”などの定番の代表ナンバー11曲は両日共通。
そしこの初日のみとなっているのが「Focus IV[MOTHER FOCUS]」、「Focus V[SHIP OF MEMORIES]」、「Focus VI[REFLECTIONS]」、「Who's Calling[FOCUS]」、「Focus 8[FOCUS 8]」の5曲となっており、2日目に比べるとこの初日の方がバラエティに富んだ感があり、タイス・ファン・レールのソロ名義だった『REFLECTIONS』やヤン・アッカーマンとの連名だった『FOCUS』といった80年代作品からも幅広くセレクトされており、また「Focus」シリーズで、あまり演奏されない中期・後期もたっぷりと披露。
なお熱心なファンには両日かなりセットが違うので、同時リリースの2日目とセットでどうぞ。

Disc 1 : (Part 1) 1. Intro 2. Focus 1 / Anonymus / House Of The King 3. Eruption 4. Focus 4 5. Sylvia (Part 2) 6. Intro 7. All Hens On Deck 8. Focus 5 & 6 9. Who's Calling
Disc 2 : 1. Focus 7 2. Focus 8 3. Harum Scarum (incl. guitar & bass solos) 4. Hocus Pocus (incl. drum solo) 5. Focus III 6. Answers? Questions! Questions? Answers!
[Live at Club Citta, Kawasaki, Japan 22nd September 2019]
◇ Thijs van Leer - keyboards, flute, vocals / Pierre van der Linden - drums, percussion / Menno Gootjes - guitar, backing vocals / Udo Pannekeet - bass

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.37