メイン

2018年02月17日

ビートルズの来日50周年のアニバーサリー・エディション!

sgtbd12sp.jpg



◆ THE BEATLES / IN JAPAN 1966 50th Anniversary Edition (2Blu-ray) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のSGT.レーベルより、1966年日本公演から50周年のアニバーサリー・エディションが、2枚組みブルーレイ仕様にて新たに登場。
伝説の武道館公演新を、新発掘オリジナル・マスター映像完全版に加えて、各TVオンエアーによる3バージョンと、さらに貴重な初登場ドキュメンタリーを含めた、トータル8時間近くになる日本公演究極の映像コレクション。
現存する武道館2公演の映像を、新発掘オリジナル・マスターから初収録。そして来日40周年特番『ビートルズの103時間』と、『ビートルズ来日・嵐の5日間』を初収録し、さらに1966年当時に放送された幻のTVドキュメンタリー&ニュース映像も。
なお、来日記者会見の模様も、日本語字幕付映像で完全再現。
さらに今や貴重な1978年初のTV放送映像と、今回初収録となるポール逮捕騒動時期の1980年、さらに1988年と、過去に放送されたすべてのTV放送3バージョンも収録。

*内容詳細*
まずdisc:1には現存する武道館2公演を新発掘のオリジナル・マスターから収録。TV放送や既発ビデオのような曲表記やテロップのない未編集映像は、オリジナル・マスター・コピーからの完全収録で、これまで編集された形でしか見ることの出来なかった6月30日公演の未編集映像は、50年目にして初めて陽の目を見る注目の初登場映像。
また7月1日公演もオープニング・アクトも含めて、過去最長かつ最高クオリティーで初登場となるもの。
さらに1966年当時の貴重なTVドキュメンタリーと来日記者会見を、日本語字幕付にて完全再現して収録しているほか、来日40周年を記念して放送されたドキュメンタリー『ビートルズの103時間』も収録。
そしてdisc:2には、1966年以降にTVオンエアーされた3回のバージョンをすべて収録。
6月30日公演が初めて公開された1978年のバージョンと、今回が初収録となるポール逮捕騒動で日本公演中止となり放送された1980年バージョン、そして当時画像補正が施され注目された1988年バージョンをすべて収録。
さらに貴重なドキュメンタリー『20世紀のファイルから:ビートルズ来日・嵐の5日間』も今回初収録で、エクストラにも初収録のニュース映像も追加。
よって内容的にはトータル8時間近くにも及び、音声もすべてドルビー・デジタルから最高音質のPCM音源にて。
まさに50周年に相応しい究極のコレクターズ・アイテムと云える決定版を、永久保存ブルーレイで。

DISC ONE :
[6.30 EVENING CONCERT : Live At The Budokan Hall, Tokyo, Japan June 30th 1966]
1. ORIGINAL VIDEO DOCUMENTARY2. CONCERT OPENING3. ROCK AND ROLL MUSIC 4. SHE'S A WOMAN5. IF I NEEDED SOMEONE 6. DAY TRIPPER 7. BABY'S IN BLACK 8. I FEEL FINE 9. YESTERDAY 10. I WANNA BE YOUR MAN 11. NOWHERE MAN 12. PAPERBACK WRITER 13. I'M DOWN

[7.01 AFTERNOON CONCERT : Live At The Budokan Hall, Tokyo, Japan July 1st 1966]
1. OPENING2. ROCK AND ROLL MUSIC 3. SHE'S A WOMAN 4. IF I NEEDED SOMEONE 5. DAY TRIPPER 6. BABY'S IN BLACK 7. I FEEL FINE8. YESTERDAY 9. I WANNA BE YOUR MAN 10. NOWHERE MAN 11. PAPERBACK WRITER 12. I'M DOWN

[DOCUMENTARY IN JAPAN]
YEAH YEAH YEAH - NEWS FILM / 1966 TV DOCUMENTARY
[PRESS CONFERENCE COMPLETE]
INTRODUCTION / PHOTO SESSION PRESS CONFERENCE PART 1 PRESS CONFERENCE PART 2 PRESS CONFERENCE PART 3 At Pink Pearl Ballroom, Hilton Hotel Tokyo June 29th 1966
[103 HOURS OF THE BEATLES IN JAPAN PART 1/2/3/4]

◇ NTSC 16:9 (4:3) LPCM Stereo / Mono - Japanese Subtitle time approx. 30+46+38+49+59 = total 224min.

DISC TWO :
[TV BROADCAST 1978 VERSION]
TV INTRODUCTION / OPENING ACT / CONCERT OPENING / ROCK AND ROLL MUSIC / SHE'S A WOMAN / IF I NEEDED SOMEONE / DAY TRIPPER / BABY'S IN BLACK / I FEEL FINE / YESTERDAY / I WANNA BE YOUR MAN / NOWHERE MAN / PAPERBACK WRITER / I'M DOWN / ENCORE / YESTERDAY TV OUTRODUCTION
[TV BROADCAST 1980 VERSION]
TV INTRODUCTION / PAPERBACK WRITER / PAUL NEWS IN JAPAN / THE BEATLES STORY pt.1 / THE BEATLES STORY pt.2 / THE BEATLES STORY pt.3 / CONCERT OPENING / ROCK AND ROLL MUSIC / SHE'S A WOMAN / IF I NEEDED SOMEONE / DAY TRIPPER / BABY'S IN BLACK / I FEEL FINE / YESTERDAY / I WANNA BE YOUR MAN / NOWHERE MAN / I'M DOWN / TV OUTRODUCTION
[TV BROADCAST 1988 VERSION]
TV INTRODUCTION / ROCK AND ROLL MUSIC / SHE'S A WOMAN / IF I NEEDED SOMEONE / DAY TRIPPER / BABY'S IN BLACK / I FEEL FINE / YESTERDAY / I WANNA BE YOUR MAN / NOWHERE MAN / PAPERBACK WRITER / I'M DOWN
[HISTORY AND EXTRA 20TH CENTURY FILE : BEATLES 5 DAYS IN JAPAN NEWS ARCHIVE 1/2]

◇NTSC 16:9 (4:3) LPCM Stereo / Mono time approx. 39+72+43+55 = 209min.

2018年02月13日

ジョージ、1991年来日公演のメモリアル・アイテム

sme2002sp.jpg



◆ GEORGE HARRISON / ROCK LEGENDS: TOKYO DOME 1ST NIGHT (2CD+1DVD) この商品はこちらから

今となってはビートルズ以来唯一の来日公演となったクラプトンとの1991年ジャパン・ツアーより、東京初日公演となる12月14日東京ドーム公演の模様を、ベスト・クオリティーの音源と映像にてカップリングし、200セット限定ナンバリング入りのプレス2CD+1DVDにてここに。
まず音源CDは、近年新たに発掘された過去最高のクオリティーとなるオーディエンス・マスターに、最新のデジタル・リマスタリングを施し、さらに未収録パートは別音源で補填した、カンペキなコンプリート・バージョン。
これまでも流通していた日本公演音源の中でも屈指の優良レベルと断言できるサウンドで収録されており、しかもテープ・チェンジで未収録の「マイ・スイート・ロード」と、その前後一部不完全だったパートも優良な別音源で補填し、この記念すべき一夜の模様を完全再現。
なおこのマスタリング音源も各種流通している中で、本タイトルではそれ以外の補填も数カ所に存在し、その素晴らしい編集技術も評価されるところで、その細かな修正パートは曲クレジックにキチンと表記。また大元マスターも既存の音源やDATとされる録音などよりも格段に音の近さや厚み、バランスなど、すべてにおいて数ランク上と断言できるところ。
さらにカップリングの当日の映像を収録したプレスDVDも、映像ソースは過去流通しているものと同じソースのオーディエンス・ショットながら、差別化を図るべく、今回のマスター素材はコレクターから提供を受けて、ネットではなくトレーダー間に流通するバージョンを使用。そして頭出しの位置を見直し、メニュー画面を追加し、しかも2層プレス盤ゆえ、圧縮して詰め込んだりはせず、素材クオリティーを保持。
なお映像はあくまでマニア向けのボーナス的なもので、ステージ脇のスクリーンを撮影したショットが全般に多く、クラプトンの”Badge”のギター・ソロでカットがあるのは既発同様。
それでもビートルズ・ナンバーからソロでの代表曲を中心にしたベス・セットリストで、中盤のクラプトン・パートも含め、2人にとっても貴重なライブ記録となるもので、アンコール「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」の演奏後、ジョージが“エリック・クラプトン、サイコー!”と日本語で絶賛したことでも知られる、伝説の東京ドーム初日公演を最高のクオリティーで。
なお200セット限定リリースのナンバリング入りで、ジャケット内側にナンバーはスタンプされており、早期完売も予想されますので、ご希望の方はお早めに。

DISC 1 : 01. Introduction (補填) 02. I Want To Tell You (カットイン補填) 03. Old Brown Shoe 04. Taxman 05. Give Me Love (Give Me Peace On Earth) 06. If I Needed Someone 07. Something 08. What Is Life 09. Dark Horse 10. Piggies (若干カットアウト部補填) 11. Pretending (序盤若干別ソースで差し替え) 12. Old Love 13. Badge 14. Wonderful Tonigh
DISC 2 : 01. Got My Mind Set On You 02. Cloud Nine 03. Here Comes The Sun (カットアウトを補填) 04. My Sweet Lord (楽曲未収のため別ソースで補填) 05. All Those Years Ago (頭1分ほどを別ソースで補填) 06. Cheer Down 07. Devil's Radio 08. Isn't It A Pity 09. While My Guitar Gently Weeps 10. Roll Over Beethoven 11. Ending

DVD : Coulor NTSC Approx. 138min
01. I Want To Tell You 02. Old Brown Shoe 03. Taxman 04. Give Me Love 05. If I Needed Someone 06. Something 07. What Is Life 08. Dark Horse 09. Piggies 10. Pretending 11. Old Love 12. Badge 13. Wonderful Tonight 14. Got My Mind Set On You 15. Cloud Nine 16. Here Comes The Sun 17. My Sweet Lord 18. All Those Years Ago 19. Cheer Down 20. Devil's Radio 21. Isn't It A Pity 22. While My Guitar Gently Weeps 23. Roll Over Beethoven 24. Ending
[Live At Tokyo Dome, Tokyo, Japan December 14th 1991]

2018年02月11日

プリンスのライブ・アンソロジー・シリーズ第3弾!

pga010psp.jpg



◆ PRINCE / LIVE ANTHOLOGY VOL.3 : ON THE WEB COLLECTION (プレス2CD) この商品はこちらから

90年代からプリンス自身のHPやNPGクラブ等のWEBサイトで、限定公開やストリーミング配信されてきた音源などをメインに貴重な音源をまとめたライブ・アンソロジー・シリーズが、全て限定ロー・プライス、プレス2CDにて。

本シリーズはWEB配信のサウンドボード・ライブを中心としつつ、ペイズリー・パークでのスタジオ・ライブ、さらにはリハーサルに至るまでのレア・トラックをコンパイルしたもので、古くは1986年の「パレード・ツアー」からのライブ音を源はじめ、各年代の歴史的パフォーマンス、そして2013年サード・アイ・ガールとのスタジオ・リハーサルまで、まさにプリンスのライブ・キャリアを総括した内容で、しかも今となっては入手困難な音源も多数。

そしてこのVol.3は、まず2007年「21NIGHTS」として知られるロンドンO2アリーナでのライブに始まり、20099年パリでのマイケル・ジャクソン・カバー「シェイク・ユア・ボディ」が飛び出す、ラジオ及びTVショーのアコースティック・セッション、さらに2012年NPGツアー・リハーサル、そして2012年から2013年にかけてサード・アイ・ガールとのリハーサルまで、ライブの真骨頂といえるパフォーマンス音源を網羅したコレクション第3弾!

CD ONE :
1. Controversy (incl. I Feel 4 U) 2. Somewhere Here On Earth 3. Musicology 4. Chelsea Rodgers 5. The Beautiful Ones 6. Little Red Corvette 7. Purple Rain 8. Take Me With U 9. Guitar 10. Kiss
[Live at The 02 Arena, London, U.K. 21st September 2007]
11. Joy In Repetition 12. Anotherloverholenyohead 13. Peach
[Live at The 02 Arena, London U.K. 3rd August 2007]
14. 1999
[Live at Le Grand Palais, Paris, France 11th October 2009]
15. Feel Better, Feel Good, Feel Wonderful 16. Mountains 17. Shake You Body (Down To The Ground)
[Radio Show at RTL Le Grand Studio, Paris, France 12th October 2009]
18. Dance 4 Me 19. No More Candy 4 U 20. 1999 21. I Feel For You (aborted) 22. Controversy
[TV Show at Le Grand Journal de Canal +, Paris, France 14th October 2009]

CD TWO :
1. The Dance Electric 2. Mutiny / Ice Cream Castles 3. Days Of Wild / Wild And Loose
[Rehearsals at Paisley Park, Chanhassen, MN, USA mid-April 2012]
4. Old Friends 4 Sale 5. Dark
[Rehearsals at Paisley Park, Chanhassen, MN, USA September 2012]
6. I Like It There
[Rehearsals at Paisley Park, Chanhassen, MN, USA November 2012]
7. Bambi
[Rehearsals at Paisley Park, Chanhassen, MN, USA December 2012]
8. Let's Go Crazy (Reloaded) 9. Plectrum Electrum 10. Boom / Stratus
[Rehearsals at Paisley Park, Chanhassen, MN, USA March 2013]

2018年02月10日

プリンスのライブ・アンソロジー・シリーズ第2弾!

pga009psp.jpg



◆ PRINCE / LIVE ANTHOLOGY VOL.2 : ON THE WEB COLLECTION (プレス2CD) この商品はこちらから

90年代からプリンス自身のHPやNPGクラブ等のWEBサイトで、限定公開やストリーミング配信されてきた音源などをメインに貴重な音源をまとめたライブ・アンソロジー・シリーズが、全て限定ロー・プライス、プレス2CDにて。
本シリーズはWEB配信のサウンドボード・ライブを中心としつつ、ペイズリー・パークでのスタジオ・ライブ、さらにはリハーサルに至るまでのレア・トラックをコンパイルしたもので、古くは1986年の「パレード・ツアー」からのライブ音を源はじめ、各年代の歴史的パフォーマンス、そして2013年サード・アイ・ガールとのスタジオ・リハーサルまで、まさにプリンスのライブ・キャリアを総括した内容で、しかも今となっては入手困難な音源も多数。

そしてこのVol.2には、ビートルズやレディオヘッドのカバーが話題となった2008年のコーチェラ・フェスから2009年のモントルー・ジャズ・フェス、さらには2011年アンディ・アロー・フェイスブックで公開されたユーロ&USツアーからのライブを収録。ここではスライやパーラメントのカバー、またビートルズ「カム・トゥゲザー」のジャムなど、聴きどころ満載の第2弾!

CD ONE :
1. Shhh 2. Seven 3. Come Together 4. Creep
[Live at Coachella Festival, Empire Polo Field, Indio, CA, USA 26th April 2008]
5. When Eye Lay My Hands On U 6. Little Red Corvette 7. Eye Love U, But Eye Don't Trust U Anymore 8. Peach
[Live at Auditorium Stravinski, Montreux, Switzerland 18th July 2009]
9. Why You Wanna Treat Me So Bad ?
[Rehearsal at Paisley Park, Chanhassen, MN, USA 21st September 2009]

CD TWO :
1. Stratus
[Live at Umbria Jazz Festival, Perugia, Italy 15th July 2011]
2. Little Red Corvette
[Live at Ahoy, Rotterdam, the Netherlands 26th July 2011]
3. Love Is A Losing Game
[Live at Oslo Spektrum, Oslo, Norway 3rd August 2011]
4. Come Together Jam
[Live at Oslo Spektrum, Oslo, Norway 2nd August 2011]
5. Alphabet St.
[Live at Oslo Spektrum, Oslo, Norway 3rd August 2011]
6. Hot Thing
[Live at The Way Out West Festival, Gothenburg, Sweden 12th August 2011]
7. Shockadelica
[Live at Rexall Place, Edmonton, AB, Canada 13th December 2011]
8. The Look Of Love
[Live at Amager Strandpark, Copenhagen, Denmark 7th August 2011]
9. Take Me With U
[Live at Rogers Arena, Vancouver, BC, Canada 16th December 2011]
10. Stand!
[Live at MTS Centre, Winnipeg, MB, Canada 8th December 2011]
11. Flashlight 12. What's My Name
[Live at The Max, Amsterdam, the Netherlands 26th July 2011]
13. Angel
[Live at Air Canada Center, Toronto, ON, Canada 27th November 2011]
14. Funky
[Live at Amager Strandpark, Copenhagen, Denmark 7th August 2011]

2018年02月09日

プリンスのライブ・アンソロジー・シリーズ第1弾!

pga008psp.jpg



◆ PRINCE / LIVE ANTHOLOGY VOL.1 : ON THE WEB COLLECTION (プレス2CD) この商品はこちらから

90年代からプリンス自身のHPやNPGクラブ等のWEBサイトで、限定公開やストリーミング配信されてきた音源などをメインに貴重な音源をまとめたライブ・アンソロジー・シリーズが、全て限定ロー・プライス、プレス2CDにて。

本シリーズはWEB配信のサウンドボード・ライブを中心としつつ、ペイズリー・パークでのスタジオ・ライブ、さらにはリハーサルに至るまでのレア・トラックをコンパイルしたもので、古くは1986年の「パレード・ツアー」からのライブ音を源はじめ、各年代の歴史的パフォーマンス、そして2013年サード・アイ・ガールとのスタジオ・リハーサルまで、まさにプリンスのライブ・キャリアを総括した内容で、しかも今となっては入手困難な音源も多数。
そしてこのVol.1は、1997年のローズランド公演から始まり、1993年ラジオ・シティ・ミュージック・ホールや、1986年「パレード・ツアー」のハンブルグ、1995年ペイズリー・パークでのスタジオ・ライブ、そして2002年パリのバタクラン公演に、NPGミュージック・クラブでのパフォーマンスを収録。クールかつスリリングなライブ・パフォーマンスを凝縮した最高のライブ・コンピレーションといえる第1弾!

CD ONE :
1. Jam Of The Year 2. Face Down
[Live at Roseland, New York, NY, USA 11th January 1997]
3. Damn U 4. The Max
[Live at Radio City Music Hall, New York, NY, USA 25th March 1993]
5. Gett Off
[Live at Ruby Skye, San Francisco, CA, USA 3rd December 2000]
6. Talkin' Loud And Sayin' Nothing
[Live at Brixton Academy, London, U.K. 28th August 1998]
7. We Gonna Make It Funky
[Live at Paisley Park Studio, Chanhassen, MN, USA 13th June 2001]
8. 1+1+1=3
[Live at Paisley Park Studio, Chanhassen, MN, USA 26th June 2002]
9. Strange Relationship 10. Mellow
[Live at Murat Theatre, Indianapolis, IN, USA 11th March 2002
11. I Wonder U 12. Raspberry Beret 13. Delirious 14. Controversy 15. A Love Bizarre
[Live at Alsterdorfer Sporthalle, Hamburg, West Germany 31st August 1986]
16. Vicki Waiting
[Live at Paisley Park Studio, Chanhassen, MN, USA 22 October 1995]
17. Satisfied
[Live at Rio Hotel & Casino, Las Vegas, NV, USA 1st April 2007]

CD TWO :
1. Let's Go Crazy 2. Kiss 3. Irresistible Bitch 4. She's Always In My Hair 5. When You Were Mine 6. Insatiable 7. Scandalous
[Live at Radio City Music Hall, New York, NY, USA 26th March 1993]
8. Live 4 Love
[Live at Sydney Entertainment Centre, Sydney, Australia April / May 1992]
9. Days Of Wild
[Live at Paisley Park Studio, Chanhassen, MN, USA 9th December 1995]
10. Days Of Wild (NPG Ahdio Show)
[Live at Paisley Park Studio, Chanhassen, MN, USA 23rd October 1999]
11. Xenophobia
[Live at Murat Theatre, Indianapolis, IN, USA 11th March 2002]
12. NPG In This Funky House 13. All The Critics Love U In Paris
[Live at Le Bataclan, Paris, France 29th October 2002]
14. The Question Of U 15. The One 16. Fallin'
[Live at Qwest Center, Omaha, NE, USA 7 April 2004]

2018年02月08日

ビートルズのアナログ・リリシュー・シリーズからの第2弾!

cbm009sp.jpg



◆ THE BEATLES / The Golden Analog Experience VOL.2 (プレス3CD+Bonus 1CDR) この商品はこちらから

ビートルズのレアなアナログ盤を独自な視点と手法でリリシューしCD化しているレーベル「Contra Band Music」より、ヨーロッパでコピー盤が出回ってしまうほどの人気タイトル「The Golden Analog Experience」の続編が、プレス3CDにてここに。
*なお初回リリースの300セットは、永久仕様の限定ナンバリング入り愛蔵盤。

まず今回も2IN1のCDが3枚ゆえ、LP6枚分の収録となっており、そのdisc:1前半には、「Please Please Me /German loud cut」を収録。
これは近年ファンの間で話題になっているドイツ盤の「Please Please Me」の再プレス盤で、左右のチャンネルを中央寄りにした上に、異常なまでに低音をブーストしたミックスが収録されており、これまでにないほどの迫力にて。
そして後半は「The Beatles Beat / German MONO」で、そのイカしたジャケットで人気のドイツ編集アルバム。
なお国旗帯シリーズで国内盤もリリースされた中、ここではドイツ・オリジナルのモノラル盤からの収録。
そしてdisc :2はまず「Original Motion Picture Soundtrack A Hard Day's Night」、つまりおなじみ、北米編集の「A Hard Day's Night」を収録。
こちらは近年キャピトル・ボックスの1枚としてオフィシャルCD化もアナウンスされた中、ここではカナダ盤のモノラル盤を収録。さらに後半は、「Something New / German Loud Cut」で、こちらはUS Capitol編集の「Something New」のドイツでのリリース・ヴァージョン。こちらアメリカ盤とは違うマスターが使用されており、これがパワフルでクリアーなうえ、ドイツ語盤"I Want To Hold Your Hand"の疑似ステレオ盤はここにしか収録されていないレア・ミックスゆえ要チェック。
そして最後のdisc :3の前半は「The Beatles' Greatest」で、これも国旗帯の国内盤がリリースされた中、ここではオリジナルのオランダ盤を収録。
注目はハイハット・カウント付きの"All My Loving"の初出典はここからと云う所で、またイントロでビートを刻む音が聴こえる"I Want To Hold Your Hand"のミックス違いも目玉。さらに"I Feel Fine"にも深いエコーがかかっていて、これはキャピトル盤とは別ミックスかと思われ、金色のカラー・レコードもリリースされたものの、そこではマスターが差し替えられてしまっており、オリジナル音源は本盤のみということに。
そして後半の「Por Siempre Beatles」は、1971年にスペインでリリースされた編集盤で、こちらがまたLP1枚全部が疑似ステレオというトンデモナイ内容で、聴き始めとたんにビックリすること間違いナシ。
しかもおそらく不手際としか思えない、イントロがフェイド・インするトラックが複数ある上、いくつかの曲では純正のモノラル・ミックスが採用されているのに、疑似ステレオ処理のためすっかり別物になっているという、全く持って不思議なアルバムながら、聴き所は満載。

なお、6枚全てのLPは可能な限りの状態の良いものを厳選し、CBMならではの丁寧なトランスファーで最良のサウンドを再現。ただし聴感上どうしても気になるノイズ等だけは、ピンポイントの手作業で除去する以外、音源全体をノイズ・フィルターで覆うような処理は一切ナシ。

またとにかくナチュラルな音とレコードの質感を重んじ、曲間のノイズも未加工で、それが本シリーズのコンセプトでもあり、まさにアナログ世代には納得の究極のコレクターズ・エディション。
そしてさらに初回限定150セットのみ、ブラジル盤「Beatles Forever」を収録した1CD-Rをプラス。

こちらはスペイン盤「Por Siempre Beatles」(いつでもビートルズという意味)と同内容ながら、別マスターを使用したブラジル盤で、ほとんど市場には流通していないレア・アナログからの復刻ゆえ、初回盤をお見逃しないよう。

◇よってボーナス付きアイテムは、初回入荷で完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01.I Saw Her Standing There 02.Misery 03.Anna (Go To Him) 04.Chains 05.Boys 06.Ask Me Why 07.Please Please Me 08.Love Me Do 09.P.S. I Love You 10.Baby It's You 11.Do You Want To Know A Secret 12.A Taste Of Honey 13.There's A Place 14.Twist And Shout
[Please Please Me / German loud cut]
15.She Loves You 16.Thank You Girl 17.From Me To You 18.I'll Get You 19.I Want To Hold Your Hand 20.Hold Me Tight 21.Can't Buy Me Love 22.You Can't Do That 23.Roll Over Beethoven 24.Till There Was You 25.Money (That's What I Want) 26.Please Mr. Postman
[The Beatles Beat / German MONO]

Disc 2 : 01.A Hard Day's Night 02.Tell Me Why 03.I'll Cry Instead 04.I Should Have Known Better (Inst.) 05.I'm Happy Just To Dance With You 06.And I Love Her (Inst.) 07.I Should Have Known Better 08.If I Fell 09.And I Love Her 10.This Boy (Inst.) 11.Can't Buy Me Love 12.A Hard Day's Night (Inst.)
[Original Motion Picture Soundtrack A Hard Day's Night]
13.I'll Cry Instead 14.Things We Said Today 15.Any Time At All 16.When I Get Home 17.Slow Down 18.Match Box 19.Tell Me Why 20.And I Love Her 21.I'm Happy Just To Dance With You 22.If I Fell 23.Komm,Gib Mir Deine Hand
[Something New / German Loud Cut]

Disc 3 : 01.I Want To Hold Your Hand 02.Twist And Shout 03.A Hard Day's Night 04.Eight Days A Week 05.I Should Have Known Better 06.Long Tall Sally 07.She Loves You 08.Please Mr.Postman 09.I Feel Fine 10.Rock And Roll Music 11.Ticket To Ride 12.Please Please Me 13.It Won't Be Long 14.From Me To You 15.Can't Buy Me Love 16.All My Loving
[The Beatles' Greatest]
17.Day Tripper 18.Yes It Is 19.I'm Down 20.The Fool On The Hill 21.Strawberry Fields Forever 22.We Can Work It Out 23.Your Mother Should Know 24.Penny Lane 25.Baby You're Rich Man 26.I Call Your Name 27.The Inner Light 28.Blue Jay Way
[Por Siempre Beatles]

2018年02月07日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、ジェフ・ベック・グループも!

egro04jw.jpg



◆ JEFF BECK GROUP / THE LOST BBC SESSIONS 1967 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズより。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。
そしてついに解禁となった第1期ジェッフ・ベック・グループの記念すべき1タイトル目は、1967年に3回出演したBBCライブ音源を、トータル56分にわたり時系列に収録。
まず1967年3月、7月、11月と計3回出演となったBBCライブ。
そして周知の通りイギリスのBBC放送局では既にマスター・テープが残されていないため、ここでも音質的にやや問題のある音源(track.5,11,12,13,14)も含まれているものの、それらは近年発掘された良好な別マスターからの収録し現状ベストなクオリティーにて収録。
そしてまずは外部の作曲家によりあてがわれた1曲目の"Hi Ho Silver Lining"では、ベックは不慣れなボーカルをダブルトラック録音で挑み、途中ソロはかなり鋭角的なフレーズで、公式シングル盤よりハードなものに。
そしてその後ロッド・スチュワート参加以降は、この後に代表曲となっていく"ロック・マイ・プリムソウル"、"迷信嫌い"、"レット・ミー・ラヴ・ユー"など、全テイクがラウドで迫力ある演奏にて。
またこの時期ならではの、未発表曲も数多く披露されていて、本格的ブルース曲"Stone Cold Crazy"、フォートップスのカバー"Loving You I Sweeter Than Ever"、さらに最大のサプライズはバート・バカラックの"You'll Never Get to Heaven"で、ベックの爆音コードが鳴らされると、主旋律は何とロン・ウッドのベース・ソロが受け継ぎ、ロッドを中心にメンバーによるアカペラ・コーラスへと進行と、オリジナルのソフト・ロックな雰囲気を再現しており、超レアなトラック。
さらにボーナスとして、同年のロンドン、マーキー・クラブでのギグより、エルモア・ジェイムスのカバー"Talk To Me Baby"や、ロン・ウッドのゴリゴリなベースが印象的な「ジェフス・ブギー」など4曲も追加収録した、全編必聴の限定コレクターズ・エディション。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

Hi Ho Silver Lining (Jeff Beck Vocal) / Let Me Love You / (I Know) I'm Losing You / Stone Crazy * / I Ain't Superstitious / Jeff Beck interview
[at Saturday Club, rec. date: March 7th 1967]
Rock My Plimsoul / I Think I'll Be Leaving Early This Morning * / Tallyman (Jeff Beck Vocal)
[at Saturday Club, rec. date: July 4th 1967]
I Ain't Superstitious / Beck's Bolero / You'll Never Get to Heaven (If You Break My Heart)* / You Shook Me / Loving You I Sweeter Than Ever *
[at Top Gear, rec. date: Nov. 1st 1967]
Talk To Me Baby * /Jeff's Boogie / Wee Baby Blues * / Oh, Pretty Woman *
[Live at Marquee Club, London UK September 26th 1967]
*=未発表曲
◇ Jeff Beck (Guitar) Vocal on track 01 & 09 / Rod Stewart (Vocal) / Ron Wood (Bass) / Rod Coombes (Drums) on track 01-05 / Aynsley Dunbar (Drums) on track 07-09 / Mickey Waller (Drums) on track 10-14

2018年02月06日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、クリームの第1弾!

egro03cww.jpg



◆ CREAM / ANTHOLOGY Vol.1 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズより。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。
本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてついに解禁となったクリームの記念すべき1タイトル目は、1966年から67年にかけての未発表スタジオ・セッション&ライブ・トラック集で、デビュー作「フレッシュ・クリーム」とセカンド「カラフル・クリーム」、初期2作品の制作過程におけるレコーディング・セッション音源を、徹底的にこだわって収録した未発表音源シリーズの第1弾。
そして聴きどころは随所にある中で、特にオフィシャルとは全く違うギター・フレーズで構成される「猫とリス(Cat's Squirrel)」と「スリーピィ・タイム」は、試聴用に記録されたアセテート盤から奇跡的に収録されたもので、盤おこしのため針音ノイズも時折混じるものの、レア度は大。
ちなみに「猫とリス」はギター・ソロが別テイクで、伴奏と一瞬リズムがずれる箇所があり、それが没テイクになった要因かと。
他にも公式には今まで一切の別テイクが発表されていない「Take It Back」では、クラプトンのギターが炸裂しており、また曲前にイントロのフレーズを繰り返して試し弾きしているところから収録。
そして「カラフル・クリーム」はアトランティック・スタジオで録音が行われ、その際ブッカーTが「サンシャイン・ラブ」をシングル・カットするよう勧めたりと、数々の逸話も残されている中、そのセッションから世界初公開となる仮歌が入れられた「The Clearout」や、オフィシャル・ボックスでは、1番がカットされてしまった「Weird Of Hermiston」のフル・パフォーマンスもしっかり収録。
また貴重なライヴ・トラックもいくつか収録されており、まず「Stepping Out」は有名な1967年3月3日ストックホルム公演からの音源ながら、過去流通のものはテープ再生速度が狂っていたのを、ここではキチンと修正。
ほかにも1曲目「サンシャイン・ラブ」は、1967年のロンドン、レヴォリューション・クラブでのライブ・テイクも、過去流通のものはDJアナウンスがかぶっていたのが、ここではクリーンなヴァージョンにて収録と、トータル62分、全編必聴の限定コレクターズ・エディション。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

Sunshine of Your Love (Revolution Club Live 1967) / Rollin' And Tumblin' (Early version) / Stepping Out (Stockholm 1967 / pitch corrected) / Cat's Squirrel (acetate version) / I'm So Glad (acetate version) / Sweet Wine (acetate version) / Sleepy Time Time (acetate version) / N.S.U. (Stockholm 1967) / The Clearout (vocal try-out take 2) / Take It Back (clapton's intro guitar try-out) / Take It Back (take 1 / Instrumental) / Weird Of Hermiston (take 2 / Complete version) / We're Going Wrong (Incl. Try-out intro jam) / Falstuff Beer Commercial (take 1/ Long version) / Toad (Early version, run-thru take) / Sitting On Top Of The World (Ricky Tick Club, 1967) / Spoonful (Ricky Tick Club, 1967)

2018年02月05日

ビートルズの公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、BBCライブ第3弾!

egdr03w.jpg



◆ THE BEATLES / THE LOST BBC SESSIONS #3 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズより。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてこのビートルズ、BBCライブ・シリーズ「ロストBBCセッションズ Vol.3」は、これまで同様オフィシャル・リリース・テイクとは一切ダブりのない、完全未発表テイクを全26トラック収録。
まずビートルズ出演のBBC番組は大きく分けて「POP GO BEATLES」と「FROM US TO YOU」などがある中、このシリーズ第3弾では「SATURDAY CLUB"出演の音源を中心に収録。
そして番組冒頭に流れるテーマ音楽からスタートし、以降はほぼ時系列で貴重なスタジオ・ライブが続々と収録されており、因みに第1集、第2集と好評だった本シリーズにおいて、今回は音質がワンランク落ちるものの、史上初公開となるBBC初出演(1963年3月8日放送)時の「ドリーム・ベイビー」を収録しているのが大きなポイント。
さらにいまだ未公開の「すてきなダンス」のBBCライブや、デビュー・アルバムではポールのカウントで始まる「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」が、ここではジョンと思われるカウントで始まり、曲中でもジョンの雄叫びが遠くに聞こえるテイクなどは必聴。
またBBC収録では珍しい、観客をスタジオに入れて収録された番組「EASY BEAT」からも「ラブ・ミー・ドゥ」「プリーズ・プリーズ・ミー」の2曲を収録。さらにメロディに乗せて自分達の曲名を次々と歌う”Crimble Medley”や「彼氏になりたい」をリンゴが歌うバックで、衝動をこらえきれず叫び声に似たシャウトをくりだすシーンなど、とにかくエネルギッシュな若さ溢れる雰囲気がスタジオに充満しているトータル56分は、ビートルズ・BBCライブ・シリーズの第3弾であり、これまで同様ファン必携の限定コレクターズ・エディション。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

*Saturday Club Opening (Saturday Jump) [SATURDAY CLUB rec. 7th September 1963 / trans. 5th October 1963]
*She Loves You [POP GO THE BEATLES (VOL.11) rec. 1st August / trans. 27th August 1963]
*From Me To You [SATURDAY CLUB rec. 24th June 1963 / trans. 29th June 1963]
*Too Much Monkey Business [POP GO THE BEATLES (VOL.2) rec. 1st June 1963 / trans. 11th June 1963]
*Do You Want To Know A Secret? [SATURDAY CLUB rec. 21st May 1963 / trans. 25th May 1963]
*I'll Get You [POP GO THE BEATLES (VOL.13) rec. 3rd September 1963 / trans. 10th September 1963]
*Whit Monday To You [FROM US TO YOU (VOL.3) rec. 1st May 1964 / trans. 18th May 1964]
*I Saw Her Standing There [POP GO THE BEATLES (VOL.15) rec. 3rd September 1963 / trans. 24th September 1963]
*You Really Got A Hold On Me [POP GO THE BEATLES (VOL.14) rec. 3rd September 1963 / trans. 17th September 1963]
*Long Tall Sally [FROM US TO YOU (VOL.4) rec. 17th July 1964 / trans. 3rd August 1964]
*Boys [FROM US TO YOU (VOL.1) rec. 18th December 1963 / trans. 26th December 1963]
*Till There Was You [FROM US TO YOU (VOL.1) rec. 18th December 1963 / trans. 26th December 1963]
*Love Me Do [EASY BEAT rec. 16th Octobe 1963 / trans. 20th October 1963]
*Please Please Me [EASY BEAT rec. 16th Octobe 1963 / trans. 20th October 1963]
*Happy Christmas (speech) [SATURDAY CLUB rec. 17th December 1963 / trans. 21st December 1963]
*Crimble Medley (paroy song) [SATURDAY CLUB rec. 17th December 1963 / trans. 21st December 1963]
*Money (That's What I Want) [SATURDAY CLUB rec. 21st May 1963 / trans. 25th May 1963]
*Roll Over Beethoven [SATURDAY CLUB rec. 7th January 1964 / trans. 15th February 1964]
*I Wanna Be Your Man [SATURDAY CLUB rec. 7th January 1964 / trans. 15th February 1964]
:Chains [POP GO THE BEATLES (VOL.14) rec. 3rd September 1963 / trans. 17th September 1963]
*I'm Happy Just To Dance With You [FROM US TO YOU (VOL.4) rec. 17th July 1964 / trans. 3rd August 1964]
*Matchbox [FROM US TO YOU (VOL.3) rec. 1st May 1964 / trans. 18th May 1964]
*Honey Don't (John) [FROM US TO YOU (VOL.3) rec. 1st May 1964 / trans. 18th May 1964]
*Hippy Hippy Shake [SATURDAY CLUB rec.trans.live 16th March 1963]
*A Taste Of Honey [SIDE BY SIDE rec. 1st April 1963 / trans. 13th May 1963]
*Dream Baby [TEENAGER'S TURN rec. 7th March 1962 / trans. 8th March 1962]
*Never Mind, interview (speech) [POP GO THE BEATLES (VOL.15) rec. 3rd September 1963 / trans. 24th September 1963]
*Twist And Shout [POP GO THE BEATLES (VOL.15) rec. 3rd September 1963 / trans. 24th September 1963]
*You Can't Do That [FROM US TO YOU (VOL.3) rec. 1st May 1964 / trans. 18th May 1964]
*From Us To You(Ending) [FROM US TO YOU (VOL.4) rec. 17th July 1964 / trans. 3rd August 1964]

2018年02月04日

ポール・ウェラー、東京2日目も音と映像でカップリング!

xavel304pw.jpg



◆ PAUL WELLER / 2018 TOKYO 1ST NIGHT (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年来日公演における、東京初日となった1月22日、六本木EXシアターでのライブを、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
同レーベルならではの高品質オーディエンス・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティーによるもので、その驚愕のサウンドは、一聴すればサウンドボード音源かと思えるほど。
そして1月19日の大阪を皮切りに20日の横浜、そして22&23日の東京と、全4公演が行われた中、この日は記録的な豪雪のため開催も懸念された中、降りしきる雪の中に集った熱い観客達の息吹もリアルに再現。
そしてリリースされたばかりの『A KIND REVOLUTION』を軸としながらジャム、スタイル・カウンシル、そしてソロとすべての時代の曲を網羅するベスト・セットとなっており、因みに同シアターでの連続公演ということで、セットに変化もつけており、この初日は新作から5曲が演奏され、これは今回の来日でも最多なうえ、前年2月に発表されたドラマ“JAWBONE”のテーマソング「The Ballad of Jimmy McCabe」、さらにこの日だけの「The Weaver」「Hopper」「The Impossible Idea」「All On A Misty Morning」「Gravity」なども披露。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様をステージ正面2F席最前列から撮影した良質オーディエンス・ショットにて収録。
ライブ全編をフルHDクオリティーの安定感抜群のオーディエンス・ショット・ソースを元に、DVDサイズにコンバートしたもので、ライブ本編はほぼフル収録されており、曲と曲の間のMC部分、一部の楽曲中の映像欠落部分は静止画像にて補完。

よって2018年来日記念のメモリアル・アイテムとして、ファン必携の限定コレクターズ・エディション。
Disc 1 : 1. Intro. 2. Peacock Suit 3. White Sky 4. Long Time 5. The Weaver 6. My Ever Changing Moods 7. She Moves With the Fayre 8. Saturns Pattern 9. Going My Way 10. Have You Ever Had It Blue 11. Man in the Corner Shop 12. Into Tomorrow 13. Hung Up 14. The Impossible Idea 15. Shout to the Top! 16. Woo Se Mama
Disc 2 : 1. The Cranes Are Back 2. Friday Street 3. Porcelain Gods 4. Come On/Let's Go 5. 22 Dreams 6. Start! 7. The Ballad of Jimmy McCabe 8. Gravity 9. All on a Misty Morning 10. Wild Wood 11. Hopper 12. Out of the Sinking 13. From the Floorboards Up 14. The Changingman 15. Be Happy Children

DVD-R : 1. Intro. 2. Peacock Suit 3. White Sky 4. Long Time 5. The Weaver 6. My Ever Changing Moods 7. She Moves With the Fayre 8. Saturns Pattern 9. Going My Way 10. Have You Ever Had It Blue 11. Man in the Corner Shop 12. Into Tomorrow 13. Hung Up 14. The Impossible Idea 15. Shout to the Top! 16. Woo Se Mama 17. The Cranes Are Back 18. Friday Street 19. Porcelain Gods 20. Come On/Let's Go 21. 22 Dreams 22. Start! 23. The Ballad of Jimmy McCabe 24. Gravity 25. All on a Misty Morning 26. Wild Wood 27. Hopper 28. Out of the Sinking 29. From the Floorboards Up 30. The Changingman 31. Be Happy Children

[Live at EX Theater Roppongi, Tokyo, Japan 22nd January 2018]

2018年02月03日

ポール・ウェラー、東京初日公演を音と映像でカップリング!

xavel303pw.jpg



◆ PAUL WELLER / 2018 TOKYO 2ND NIGHT (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2018年来日公演における、東京2日目であり最終公演となった1月23日、六本木EXシアターでのライブを、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
同レーベルならではの高品質オーディエンス・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティーによるもので、その驚愕のサウンドは、一聴すればサウンドボード音源かと思えるほど。
そして1月19日の大阪を皮切りに20日の横浜、そして22&23日の東京と、全4公演が行われた中、この日は前日の悪天候も落ち着き、客入りも大盛況の中、この最終日もリリースされたばかりの『A KIND REVOLUTION』を軸としながらジャム、スタイル・カウンシル、そしてソロとすべての時代の曲を網羅するベスト・セットに。
なお同シアターでの連続公演ということで、セットにかなり変化もつけており、前日の新作メインとはうってかわって、ジャムのナンバーがポイントで、初日でも「Start!」「Wild Wood」「Man In The Corner Shop」を演奏していた中、さらに「That's Entertainment」「The Eton Rifles」「Monday」「English Rose」も追加し、計7曲も演奏しているあたり、ファンとしては嬉しい限り。
さらにカップリングDVD-Rには、当日の模様をステージ正面2F席最前列から撮影した良質オーディエンス・ショットにて収録。
ライブ全編をフルHDクオリティーの安定感抜群のオーディエンス・ショット・ソースを元に、DVDサイズにコンバートしたもので、ライブ本編はほぼフル収録されており、ステージ全体を映した映像からウェラーのクローズ・ショットなども随所に織り込んだ見事なカメラ・ワークは必見。
よって2018年来日記念のメモリアル・アイテムとして、ファン必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. Intro. 2. White Sky 3. Long Time 4. My Ever Changing Moods 5. Nova 6. The Eton Rifles 7. Saturns Pattern 8. Going My Way 9. Woo Se Mama 10. She Moves With the Fayre 11. Into Tomorrow 12. Man in the Corner Shop 13. Have You Ever Had It Blue 14. Up in Suze's Room 15. Hung Up
Disc 2 : 1. Shout to the Top! 2. Let It Be Me 3. The Cranes Are Back 4. 22 Dreams 5. Peacock Suit 6. Friday Street 7. Come On/Let's Go 8. Start! 9. That's Entertainment 10. English Rose 11. Monday 12. Wild Wood 13. Foot of the Mountain 14. From the Floorboards Up 15. Town Called Malice

DVD-R : 1. Intro. 2. White Sky 3. Long Time 4. My Ever Changing Moods 5. Nova 6. The Eton Rifles 7. Saturns Pattern 8. Going My Way 9. Woo Se Mama 10. She Moves With the Fayre 11. Into Tomorrow 12. Man in the Corner Shop 13. Have You Ever Had It Blue 14. Up in Suze's Room 15. Hung Up 16. Shout to the Top! 17. Let It Be Me 18. The Cranes Are Back 19. 22 Dreams 20. Peacock Suit 21. Friday Street 22. Come On/Let's Go 23. Start! 24. That's Entertainment 25. English Rose 26. Monday 27. Wild Wood 28. Foot of the Mountain 29. From the Floorboards Up 30. Town Called Malice
[Live at EX Theater Roppongi, Tokyo, Japan 23rd January 2018]

2018年02月02日

ボウイ1976年「ホワイト・デューク・ツアー」から限定2タイトル

spe015dbsp.jpg



◆DAVID BOWIE / NEO EXPRESSIONISM: MASTER KUT (2CD+Limited 2CD) この商品はこちらから

1976年「STATION TO STATION」リリースに伴うUSツアーより、名オーディエンス音源で知られる2月28日クリ-ヴランド公演のアップグレード・ヴァージョンと、初回限定のエクストラ・ディスクとして、3月17日ボストン公演もプラスし、限定ロー・プライス、プレス4CD仕様にて。

まずメインのクリ-ヴランド公演は、当時としては貴重なステレオ・オーディエンス・レコーディングということで、アナログ時代から高い評価を得ていた音源で、しかもその演奏内容の素晴らしさ、さらには”TVC 15”数回やり直すという珍しいシーンも含めて、本ツアーでもトップクラスの人気となるもの。
そして今回その音源から近年ネット・トレーダー間に流通した、オリジナル・アナログ・マスターからのデジタルトランスファー音源にデジタル・リマスタリングを施しCD化したのが本タイトルで、しかも過去流通に比べ、収録時間がかなり長くなっているのもポイント。
それはまさにマスターならではで、ライブ・スタート前のイントロは既発より11分以上も長く、さらに終盤”Diamond Dogs”から”Rebel Rebel”の曲間も1分半近く長く、逆にCD化にあたり余計なカット部となっていた”Changes”から”TVC15”の曲間の重複パートはカットしたりと、丁寧な編集により元のライブ通りにシームレス復旧。
なお全体的にピッチを可変で調整しており、ライブ前のピッチが乱れていた箇所などもキレイに修正しており、全編そのアナログ・マスターからのダイレクトなサウンドと質感は、まさに最終決定盤。
そして初回限定のボーナスとして、同ツアーから3月17日ボストンのガーデン ・アリーナ公演も。当時としては高音質オーディエンス録音でコンプリート収録したものを、こちらもプレス2CDにてプラス。
こちらはモノラル・オーディエンス・レコーディングゆえ、本編ほどのクオリティーではないものの、こちらも一部低域を若干カットし、高域をわずかに上げたり、”Station To Station”曲中のカットも補正したり、ノイズ・トリートメントを施したりとマスタリング補正も。
そしてさらに初回入荷分のみ限定で、折込ポスター(240x240サイズ)を付属。
今回のフロントジャケットを模したデザインの両面仕様になっており、レーベル・オリジナルの美麗ポスターでこちらもコレクターズ・エディションとして是非。
なおボーナスのプレスCD、および折込ポスターはいずれも初回完全限定のセットゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 :01. Introduction 02. Station To Station 03. Suffragette City 04. Fame 05. Word On A Wing 06. Stay 07. Waiting For The Man 08. Queen Bitch
Disc 2 : 01. TVC 15 (false start #1) 02. Life On Mars? 03. Five Years 04. TVC 15 (false start #2) 05. Panic in Detroit 06. Band Introduction 07. Changes 08. TVC 15 09. Diamond Dogs 10. Rebel Rebel 11. The Jean Genie
[Live at Public Auditorium, Cleveland, OH. USA 28th February 1976]

Disc 3 : 01. Station To Station 02. Suffragette City 03. Fame 04. Word On A Wing 05. Stay 06. Waiting For The Man 07. Queen Bitch
Disc 4 : 01. Life On Mars? 02. Five Years 03. Panic In Detroit 04. Band Introduction 05. Changes 06. TVC 15 07. Diamond Dogs 08. Rebel Rebel 09. The Jean Genie
[Live at Boston Gardens, Boston, MA. USA 17th March 1976]

◇David Bowie - Vocals / Carlos Alomar - Guitar / Stacy Heydon - Guitar / Dennis Davis – Drums / Tony Kaye - Keyboards / George Murray - Bass

ボウイ1976年「ホワイト・デューク・ツアー」から限定2タイトル

spe014dbsp.jpg



◆DAVID BOWIE / THE DAWN OF THE DUKE (2CD+Limited DVD) この商品はこちらから

1976年「STATION TO STATION」リリースに伴うUSツアーより、名オーディエンス音源で知られる2月3日シアトル公演のアップグレード・ヴァージョンと、初回限定のエクストラ・ディスクとして、そのツアー初日バンクーバーでの通しリハーサルの模様を、プロショット映像で収録したプレスDVDをプラス。
まずこのシアトル公演は数々の名音源で知られる「JEMS」が近年ネット公開した新音源のマスターリールからのダイレクト・デジタル音源をリマスター収録したもので、過去流通も多数ある中、今回のCD化にあたり最新のリマスターでピッチ修正を施し、さらに数カ所に散見されたノイズもピンポイントで除去した、まさにベスト・サウンドとなるもの。
そしてUSツアー後半、そしてその後のヨーロッパ・ツアーで聴ける堂々とした勢い溢れるパフォーマンスとはまた違った、ストレートかつソリッドな、この時期ならではの演奏を1時間32分にわたりたっぷりと。なお、前日2月2日バンクーバーでのリハーサル映像を見たかぎり、ボウイは決して調子の良いものではなく、ドラッグのせいもあり、ボウイの覇気の無さはともかく、バックの演奏は素晴らしく、1976年の公演としては目玉のひとつである「Panic In Detroit」でのアドリブなどは聴きもの。
そして初回限定のボーナスとして、ツアー初日バンクーバーでの通しリハーサルの模様を、プロショットで収録した映像をプレスDVDにて。
こちらも現状最高のクオリティーにて1時間半に渡って収録したもので、当時のフィルム映像としては十分に良好なクオリティーで、この時期ならではのセットと76年ツアーの布陣による演奏をたっぷりと。鉄壁のバック陣と共に、ボウイは本番さながらのパフォーマンスを披露しており、1曲目のStation To Stationの途中で、コーラスとうまく合わず、ボウイが思わず笑ってしまうシーンや、Five Yearsではミスったところから再度やり直すという貴重なシーンなども。また曲間でリアルなサウンドチェックやメンバー間やスタッフとのやり取りが見れるのも興味深いところ。資料的価値も高い必見映像。
なおボーナスのプレスDVDの付属は初回完全限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 1. Introduction 2. Station To Station 3. Suffragette City 4. Waiting For The Man 5. Word On A Wing 6. Stay 7. TVC 15
Disc 2 : 1. Sister Midnight 2. Life On Mars? 3. Five Years 4. Panic In Detroit incl. Drum Solo 5. Fame 6. Changes 7. The Jean Genie 8. Queen Bitch 9. Rebel Rebel
[Live at Seattle Center Coliseum, Seattle. WA. USA 3rd February 1976]

Limited DVD : 1. Station To Station 2. Suffragette City 3. Waiting For The Man 4. Word On A Wing 5. Stay 6. TVC15 7. Sister Midnight 8. Life On Mars? 9. Five Years #1 10. Five Years #2 11. Five Years #3 12. Panic In Detroit 13. Fame 14. Changes 15. The Jean Genie 16. Queen Bitch 17. Rebel Rebel
[Live at PNE Coliseum, Vancouver, Canada 2nd February 1976 : PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx. 89min :4:3 Dolby Digital]

◇ David Bowie - Vocals / Carlos Alomar - Guitar / Stacy Heydon - Guitar / Dennis Davis – Drums / Tony Kaye - Keyboards / George Murray - Bass

2018年01月30日

ポールの2007年スペシャル・ライブを記録した音源と映像

dapp023sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / LIVE AT THE OLYMPIA 2007 (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のレーベル、DAP (DIGITAL ARCHIVES PROMOTION)より、ポールの2007年パリ、オリンピア劇場で行われた一夜限りのスペシャル・ショーを、最新リマスター・サウンドボード音源と、初登場バージョン含めたプロショット映像にてコンパイルした、究極のコレクターズ・エディションが登場。

まず音源CDには、1964年ビートルズでの演奏以来となるフランスの歴史的殿堂パリ、オリンピア劇場にて2007年10月22日に行われた一夜限りのライブを、最新デジタル・リマスタリング仕様にて収録。
まずショーは"Blackbird"のアコースティック・ギターでの独演からスタート。さらに2曲目"Dance Tonight"ではマンドリンに持ち替え、そのまま一人で演奏する中、途中からステージの幕が開きバックメンバーが登場すると言う粋な演出。その後フランス語を交えながらの軽快なトークで会場を沸かせるポールのMCも和やかに進み、当時のアルバム『メモリー・オールモスト・フル』からの曲や、おなじみのナンバーや、先のロンドン公演では演奏されなかった"Michelle"に続く"Band On The Run"ではキーボードが入りをミスりやり直すというシーンもある中、フランス語で合唱が沸き起こるあたりは感動的。
さらにボーナス・トラックとして、当日のサウンドチェックや、同時期にWEBサイトで限定公開されたアコースティック・セッション、ポール自ら曲の演奏解説をしている”How To Play”など収録。
そして映像DVDには、当時TVオンエアーも行われたコンサート完全収録のプロショット映像を、ワイド・スクリーン・バージョンにて収録。
これまでの4:3画面に比べ、音声も新たにリマスターされた、今回初登場のアップグレード映像で、さらにこちらもエクストラとしてサウンドチェックやWEBサイトで限定公開されたアコースティック・セッションの映像も追加収録した、トータル138分。
ポールの貴重なスペシャル・ライブを、を音と映像でまとめた永久保存プレス仕様による限定コンクターズ・エディション。

CD 1 : 1. OPENING 2. BLACKBIRD 3. DANCE TONIGHT 4. ONLY MAMA KNOWS 5. FLAMING PIE 6. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 7. C'MOON 8. THE LONG AND WINDING ROAD 9. I'LL FOLLOW THE SUN 10. THAT WAS ME 11. HERE TODAY 12. CALICO SKIES 13. ELEANOR RIGBY 14. MICHELLE 15. BAND ON THE RUN 16. BACK IN THE U.S.S.R. 17. HOUSE OF WAX 18. I'VE GOT A FEELING
CD 2 : 1. LIVE AND LET DIE 2. HEY JUDE 3. LET IT BE 4. LADY MADONNA 5. I SAW HER STANDING THERE 6. GET BACK
[Live at L'Olympia Bruno Coquatrix, Paris, France 22th October 2007]
7. SOUNDCHECK (website exclusive) 8. FEET IN THE CLOUDS 9. TWENTY FLIGHT ROCK 10. THAT WAS ME 11. EVER PRESENT PAST 12. VINTAGE CLOTHES 13. O SOLE MIO 14. HOW TO PLAY - EVER PRESENT PAST

DVD : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 138min.
OPENING / BLACKBIRD / DANCE TONIGHT / ONLY MAMA KNOWS / FLAMING PIE / GOT TO GET YOU INTO MY LIFE / C'MOON / THE LONG AND WINDING ROAD / I'LL FOLLOW THE SUN / THAT WAS ME / HERE TODAY / CALICO SKIES / ELEANOR RIGBY / MICHELLE / BAND ON THE RUN / BACK IN THE U.S.S.R. / HOUSE OF WAX / I'VE GOT A FEELING / LIVE AND LET DIE / HEY JUDE / LET IT BE / LADY MADONNA / I SAW HER STANDING THERE / GET BACK
[Live at L'Olympia Bruno Coquatrix, Paris, France 22th October 2007]
(EXTRAS) SOUNDCHECK / INTERVIEW IN PARIS (website exclusive) FEET IN THE CLOUDS / TWENTY FLIGHT ROCK / THAT WAS ME / EVER PRESENT PAST / VINTAGE CLOTHES / O SOLE MIO

2018年01月27日

初期フロイド、究極のレア・コンピレーション2CD

scpf6768sp.jpg



◆PINK FLOYD / ASTRAL NAVIG/ATION (プレス2CD) この商品はこちらから

初期フロイドの究極のレアリティーズ・コンピレーションが、完全限定ロー・プライス、プレス2CDにて。
オフィシャルのボックスからは漏れたアウトテイクなどを、シド・バレット在籍時の音源をメインに、初収録となる音源も含めて、全トラック、マスター・クオリティーにて収録したコンピレーション・アイテム。
しかもフロントジャケは二つ折りで、内側には曲目の詳細なクレジットを記載し、さらにミニカードも付属。
なお海外リリースによる少数入荷ゆえご希望の方はお早めに。

DISC ONE :
01. Arnold Layne (Acetate) : 90年代からSophisticated Colours (CD)(DIYE 18)などのコレクターズ盤により定番中の定番であったアセテート盤音源。今回はネットのHarvestedからのリマスター収録。イントロがフェードインし中間部がカットされているのはSophisticated Coloursなどと同様。 本アセテート(とCandy And A Currant Bun: Tr.10参照)を以て フロイドはEMIとのレコーディング契約を交わしたとされる。
02. Arnold Layne (Simulated Stereo Mix #1)
03. Arnold Layne (Simulated Stereo Mix #2)
: 1992年の"Shine On" CD Boxにてリアル・モノラルのシングル集がCD化されるまでは定番であった、さまざまな公式疑似ステレオミックス。"Shine On"ボックス以降の公式リイシューではオリジナルに準拠したリアル・モノラル・ミックスでの収録が標準化されたことで、近年では疑似ステレオが使用される事が一切なくなり、レアリティーズ音源としての位置づけがより明確となったと言うもの。
Tr.2は独 "Masters Of Rock" LPより。Tr.3はオーストラリアでのみ早くからCD化されていた"Relics"CDからの収録。ここでは互いに若干ながら疑似ステレオ処理の違いが確認できる。

04. Arnold Layne (Multitrack, Partial #1)
05. Arnold Layne (Multitrack, Partial #2)
06. Arnold Layne (Multitrack, Partial #3)
07. Arnold Layne (Multitrack, Partial #4)
08. Arnold Layne (Multitrack, Partial #5)
09. Arnold Layne (Simulated Stereo, Partial, Fake)
: 2011年にBBC Radioで放送された番組から。ここでは貴重な初公開マルチトラックを操作する様子が収録されており、部分的ながらも単独で各パートが聞けると言うのが驚きもの。終始ナレーターが被るのが惜しまれますが、ベースやドラムのパーツ、フレーズなどが鮮烈な印象をもって聞くことができる。Tr.9はそのマルチトラックを利用して30秒ほどをステレオ・リミックスしてみたフェイク素材。

10. Candy And A Currant Bun (Acetate, Alternate Lyrics) : Tr.1同様に90年代初期にSophiscated Colours(DIYE 18)でCD化以降、定番のアセテート盤で、オフィシャルとは歌詞が異なり、リリース用には改めた歌詞で録り直された。ここでも中間部がカットされている。本トラックはネットのHarvestedからのリマスター収録。

11. Candy And A Currant Bun (Simulated Stereo Mix) : この楽曲の疑似ステレオミックスは意外とレアで、過去のCDアイテムでも殆ど未収録。 これは90年代アイテムの定番元ネタCD "Rarities On CD"に収録されていたのが元々モノラルミックスだったため。 本トラックは"Masters Of Rock" LPからの収録。

12. Candy And A Currant Bun (Multitrack, Partial #1)
13. Candy And A Currant Bun (Multitrack, Partial #2)
: Tr.4-8と同様に貴重なマルチトラックを部分的に操作する様子を収録。

14. Let’s Roll Another One (1967 Rehearsal) : 近年になり流通したと思われる音源で、音質はHome Demo風の域を出ない厳しい音質だが、それでも十分貴重な'67年初期の演奏。
15. See Emily Play (Acetate #1 Different Ending) : 近年になり流通したアセテート盤。リリース盤との違いが明確で、エンディングが異なり、リリース盤では聞こえないギターがオーバーダブされている。
16. See Emily Play (Acetate #2) : 90年代にリリースされたアイテムに定番的に収録されていたアセテート盤。リリース盤よりもエンディングのフェードアウトが早い。
17. See Emily Play (Simulated Stereo Mix #1)
18. See Emily Play (Simulated Stereo Mix #2)
19. See Emily Play (Simulated Stereo Mix #3)
: 本盤Tr.2-3同様に1990年代初頭まで定番であった疑似ステレオミックス。疑似ステレオ処理は各国独自に行われるのか、どれもが互いに異なる処理がなされ、結果様々なバージョンが存在することになったため、把握はかなり困難な状況。Tr.17はレアな初期US 1st LPタワー盤からの収録で恐らく世界初CD化。Tr.18は独"Masters Of Rock"LPからの収録。Tr.19はオーストラリア "Relics" 80年代リリースCD盤からの収録。

20. Flaming (US Single Mono Mix) : 1967年当時、アメリカでは3rd シングルに"Apples And Oranges"の代わりにこちらが独自にミックスされシングルカットされたとされる。残念ながら今回原盤シングルが入手できなかったため、ここでは定番"Rarities On CD"をリマスタリングしノイズ除去とピッチ修正を行う。同曲はUSタワー盤 1st LPには未収録で、またUS 1stのモノラル盤LPは、ステレオミックスをモノラルにミックスダウンしたものらしいので、このシングルもそれが正体ではないかといわれるもの。
21. Interview & Interstellar Overdrive (1967 CBC Interview & Outtake, Partial) : カナダのCBCラジオによるインタビューで、ロンドンのCBCスタジオで収録されたとされる。インタビュー中に、星空のドライブの初期アウトテイクが挿入されている。インタビューを含め本音源そのものは古くから様々なアイテムに収録されたもので、録音日等に関する詳細は未だ確定していないものの、近年は67年1月録音とされてことに。

22. Astronomy Domine (1967 Outtake, Partial)
23. Interstellar Overdrive (1967 Outtake, Partial)
24. Scarecrow (1967 Outtake, Partial)
: BBCで放送されたとされる1stアルバムからのアウトテイクの断片で2000年代に入り流通したと思われる、 本当に部分的なパーツ。

25. Sunshine (1967 Outtake, The Last Section of "Matilda Mother", Partial) : "Matilda Mother"の追加セッションとされている短い断片。"Sunshine"と言うクレジットで別の短いビートの利いたインストが収録される場合があるが、それは恐らくクレジットミスであり、それは実際は"Experiment"(本盤Disc2 #18参照)のことであると判断し、今回のクレジットとすることに。
26. Matilda Mother (Live at UFO Club 27th Jan. 1967, Partial #1)
27. Matilda Mother (Live at UFO Club 27th Jan. 1967, Partial #2)
28. Interstellar Overdrive (Live at UFO Club 27th Jan. 1967)
: イギリスのGranada TVの番組からの抜粋収録。2016年の大型ボックスに"星空"のナレーションが被る映像が収録されているが、ここではボックス未収録の"Matilda"の断片2種とナレーションの被らない"星空"を収録。Tr.27の"Matilda"はトレードでは"星空"あるいは"インプロ"とクレジットされている断片音源で、 最後の数秒がテープの早回しでおかしな事に。ここではその早回し部を本盤独自に修復すると、"Matilda"の歌詞一節を歌っていることが確認できたというもの。

29. Improvisation (Live at Market Hall, St Albans, 3rd Mar. 1967, Partial) : アングラ映画"Dope"からの演奏シーン。日付クレジットは最近の検証から引用。
30. One In A Million (Live at The Star Club, Copenhagen 13th Sept. 1967) : 古くから定番のライブ音源からの抜粋。かつては音の悪いライブ音源の代名詞だったが、近年になりロージェネレーションの音源が出回ったことで、かなり聞きやすい音質と正確なピッチにて。

DISC TWO :
01. Remember A Day (UK Mono LP)
02. Remember A Day (US Single Mono Edit)
03. Remember A Day (Instrumental, Fake Material)
: Tr.1は現在をもって未だ公式リリースされていない貴重なモノラルミックス。UKモノLP現物からのリマスター収録。Tr.2はネット音源からの収録で、レアなUS独自シングルバージョン。Tr.3は"Remember A Day"という映像からの収録でインストミックスですが、実際はフェイクとされるもの。ここではFake Materialと記載したうえで敢えて収録。

04. Set The Controls For The Heart Of The Sun (UK Mono LP)
05. Set The Controls For The Heart Of The Sun (Belgian Promo Film Mix)
: Tr.4はTr.1同様UKモノLP現物からのリマスター収録。Tr.5は68年にベルギーで放送されたプロモ映像からの独自別ミックス。このベルギーのプロモ・フィルムは2016年公式ボックスにもDVDで収録された中、そこでは通常ミックスに差し替えられてしまっており、ここでもアウトテイクとしての位置づけが明確になってしまったと言う代物。ステレオミックスをモノラルに落とし込んだような質感。

06. Corporal Clegg (Belgian Promo Film Mix)
: Tr.6はTr.1、4同様UKモノLP現物からのリマスター収録。Tr.7はTr.5同様68年のベルギー・プロモ映像からの独自別ミックス。これも2016年公式ボックスでは通常バージョンに差し替わってしまっているもの。エンディングがここでしか聞けない演奏になっており、非常に面白いバージョン。

07. Jugband Blues (UK Mono LP)
08. Jugband Blues (Canadian "A Nice Pair" LP Mix)
: Tr.7はTr.1、4、6同様UKモノLP現物からのリマスター収録。Tr.8はカナダ盤"ナイスペア"LPでのみ聞ける別ミックスとのフレコミでネットにアップされたもので、カセットテープを経由。カナダ盤の同アルバムの1stと2ndイシューにのみ収録されているとされる。しかし該当LPの現物を確認してみると、何故か通常のレギュラーミックスが収録されており、実態は不明の旨クレジットを入れてあります。

09. Scream Thy Last Scream (1974 Stereo Mix)
10. Scream Thy Last Scream (1975 BBC "Breakthrough")
11. Scream Thy Last Scream (1987 Rough Mix)
: Tr.9-11は定番音源。2016年の公式ボックスにも収録されましたが、そこでは2010年にミックスされたバージョンが収録されたことで、これらかつてのバージョンは真のアウトテイクという位置づけに収まることに。Tr.9のステレオミックスは2000年前後にCDに収録されるようになってきたと思われるもの。Tr.10は1974Mixがラジオで放送されたもののようで、流通するものはモノラルぽい収録。90年代初期のCD"Sophiscated Colours"(DIYE 18)などに収録されているのは恐らくこの75年のバージョン。Tr.11はよくモノミックスとクレジットされて流通しているバージョンですが、ステレオ空間で鳴るモノラル演奏と言った質感で決してモノラルではないよう。74年、75年版に比べ音の鮮度も良く、エンディングの処理が74年、75年版と大きく異なる。シドの1988年のコンピレーション"OPEL"用にマルコム・ジョーンズによりミックスされたとされるもの。

12. Vegetable Man (1974 Stereo Mix)
13. Vegetable Man (1975 BBC "Breakthrough")
14. Vegetable Man (1987 Rough Mix)
15. Vegetable Man (1967 Mix)
16. Vegetable Man (1967 Rehearsal Jam)
: こちらも2016年の公式ボックスに収録されましたが、やはり2010年にミックスされたバージョンが収録。Tr.12のステレオミックスは音は悪いが90年代のCD"Sophiscated Colours"(DIYE 18)で聞けるものがこれかも知れない。Tr.13は"Magnesium Proverbs"(SD-10)などで聞けたもの。Tr.14は2000年頃になってCD化されるようになってきたと思われる87年ミックス。Scream Thy Last Scream同様にOPEL企画時に取り上げられたものが流通したもの。Tr.15-16は67年のアウトテイクとリハ-サルとされる音源で、ニック・メイスンが69年頃のインタビュー時にラジオで流したものとされる。音質は苦しい。

17. Reaction In G (1967 Outtake) : これは結構珍しい"神秘"録音時のアウトテイクで近年になり流通したもので、1967年8月15-16日の録音とされる。ドイツのテレビで放送された短い断片ですが、ライブではなくアウトテイクをオンエアー。
18. Untitled Instrumental(1967 Outtake, a.k.a. "Experiment", Partial) :レアリティーズの定番音源で短いインスト音源。"Sunshine"とクレジットされることもありますが、ここでは最新の文献により"Experiment"とクレジット。 正確な収録日は不明ながら今回は67年9月4日とクレジット。
19. In The Beechwoods (1967 Outtake) : こちらは2010年ミックスが2016年ボックスにCDで収録。音は悪いですが、印象が異なるものなので敢えてアングラバージョンで収録。Tr.15-16同様にニック・メイスンが1969年のラジオインタビュー時に流したとされる音源で、1967年ミックスとされる。ここではラジオの音声をマイクで拾ったものが元となっているかも知れません。
20. Green Onions ("Tomorrows World" BBC TV, 12th Dec. 1967) : お馴染みBBC音源。2016年公式ボックスにもDVDで収録されている68年1月に放送されたTV番組からの音源ですが、イントロ的に流れた本トラック部分はボックスでは未収録。

21. Reaction In G (Live at De Oude Ahoy Hallen, Rotterdam, 13th Nov. 1967)
22. Scream Thy Last Scream (Live at De Oude Ahoy Hallen, Rotterdam, 13th Nov. 1967)
: 1967年の有名なライブ音源より、リマスター収録。オーディエンス録音であり、ボーカルがオフながら過去に比べクオリティー・アップ。

23. Silas Lang (Take1, May 1968, NOT PINK) : 過去に1967年フロイドのアウトテイクとして散々収録されてきたアウトテイクですが、実際は1968年のシドのセッション音源がその正体。今回は敢えてその旨クレジットした上で、最後の収録。今後フロイド名義のCDに収録されることは永遠にないハズ。ピアノのピッチがずれていますが、これはピアノのみ元々音のヨレたものミックスされているため。

24. Empty Spaces (Backmasked Message) :昔から有名なWALLのEmpty Spaces中で聞ける逆回転で収録されたメッセージ。既発Magnesium Proverbs(CD)(SD-10)などで聞けたもの。ここでは独自に逆回転処理とメッセージを聞きやすくするためにモノラル処理して収録。

2018年01月25日

クイーン1977年ヒューストン公演の40周年アニバーサリー・アイテム!

mw1701sp.jpg



◆QUEEN / ROCK THE SUMMIT LIVE IN HOUSTON 1977 (2CD+2DVD) この商品はこちらから

クイーン1977年のアルバム『世界に捧ぐ』リリース40周年アニバーサリー・アイテムとして、同年の代表的ライブといえるヒューストン公演を、最新リマスター音源と映像のカップリングによる限定コレクターズ・エディションにてここに。

まず1977年「News Of The World」ツアーからの、12月11日ヒューストン公演は、過去よりプロショット映像の存在があったため、映像はもちろん音源も多数流通していた中、今回40周年オフィシャル・ボックス・セットのリリースに伴って、ついに既発とは一線を画す、過去最高のクオリティー映像によるコンサート完全版が登場。
そしてまず音源プレス2CDは、これまでとは別次元の高音質エンハンスト・ステレオ・リマスターによる、アップグレード・ヴァージョンにてコンプリート収録。収録時間も最長となり、イコライジングやコンプレッサー処理、ヒス・ノイズの除去などを行わずに、ライブ・サウンドそのものを、最新リマスターにて再現。
さらにメインのDVDのDisc:1には、オリジナル編集が施されたこちらも過去最高のクオリティーにて114分にわたりコンプリート収録。
フレディのダイヤ・カット・タイツや銀ラメ・スーツ、またプライアンのフリル衣装など、まだ視覚的にはアイドル然としていた最後の時期だけに、その姿がこのクオリティーで見れるのは感動もの。
またオーディオ・オプションとして、3種類の音源ソースを収録しており、CDにも採用されたエンハンスト・ステレオ・リマスターに加えて、モノラル・リマスター、さらには今回どれだけ音質が向上したかが判る、オリジナル・サウンドトラック音源もあえて収録し、音声切り替えも即座に可能。
そしてDisc:2には、2017年にUK:BBCでTVオンエアーされた、1977年のツアーから、2017年クイーン+アダム・ランバートまでを含めた最新ドキュメンタリー・プログラム、そして「伝説のチャンピオン」のレア映像バリエーションや、プロモ映像等をエキストラとして、トータル85分にわたり収録。こちらももちろんオフィシャル・クオリティーのよる映像で、全編まさに40周年アニバーサリーに相応しい、1977年ヒューストン公演の決定版アイテム。
なお、永久保存プレス2CD+2DVD仕様による完全限定コレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : 01.We Will Rock You(Slow) -A Day At The Races(Intro) / 02.We Will Rock You(Fast) / 03.Brighton Rock / 04.Somebody To Love / 05.Death On Two Legs / 06.Killer Queen / 07.Good Old Fashioned Lover Boy / 08.Get Down Make Love / 09.The Millionaire Waltz / 10.You're My Best Friend / 11.Liar / 12.Love Of My Life / 13.' 39 / 14.My Melancholy Blues
CD 2 : 01.White Man / 02.The Prophet's Song / 03.Guitar Solo / 04.Now I'm Here / 05.Stone Cold Crazy / 06.Bohemian Rhapsody / 07.Keep Yourself Alive / 08.Tie Your Mother Down / 09.We Will Rock You / 10.We Are The Champions / 11.Sheer Heart Attack / 12.Jailhouse Rock / 13.God Save The Queen
[Recorded at The Summit, Houston, Texas, USA 11th December 1977 : soundboard recording]

DVD 1 : 01.We Will Rock You(Slow) -A Day At The Races(Intro) / 02.We Will Rock You(Fast) / 03.Brighton Rock / 04.Somebody To Love / 05.Death On Two Legs / 06.Killer Queen / 07.Good Old Fashioned Lover Boy / 08.Get Down Make Love / 09.The Millionaire Waltz / 10.You're My Best Friend / 11.Liar / 12.Love Of My Life / 13.' 39 / 14.My Melancholy Blues / 15.White Man / 16.The Prophet's Song / 17.Guitar Solo / 18.Now I'm Here / 19.Stone Cold Crazy / 20.Bohemian Rhapsody / 21.Keep Yourself Alive / 22.Tie Your Mother Down / 23.We Will Rock You / 24.We Are The Champions / 25.Sheer Heart Attack / 26.Jailhouse Rock / 27.God Save The Queen
[Live at The Summit, Houston, Texas, USA 11th December 1977 : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo :time approx.114min. /AUDIO OPTION 1=ANNIVERSARY STEREO REMASTER : 2=ANNIVERSARY MONO REMASTER : 3=ORIGINAL SOUNDTRACK]

DVD 2 : 1. WE WILL ROCK YOU 2. RECORDING SESSION 3. STARTING THE SHOW 4. SOUNDCHECK 5. AFTER PARTY 6. AMERICA 2017
(ROCK THE WORLD – UK:BBC DOCUMENTARY 2017)
WE ARE THE CHAMPIONS (Recording Session) / ALL DEAD ALL DEAD (Hybrid Version) / WE ARE THE CHAMPIONS (Recording Session Alternate Edit) / WE ARE THE CHAMPIONS (Top Of The Pops Version) / WE ARE THE CHAMPIONS (Backing Track) / MAKING VIDEO / AFTER PARTY / NEWS OF THE WORLD TRAILER / 11 THINGS NEWS OF THE WORLD / ANNIVERSARY EDITION UNBOXING
[EXTRAS : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 85min.]

2018年01月20日

ポール&ウイングス、1973年UKツアーの決定盤!

se2005psp.jpg



◆ Paul McCartney & Wings / Manchester & Newcastle 1973 (プレス4CD+1CDR) この商品はこちらから

ウイングス1973年UKツアーのベスト・クオリティー公演をセット・カップリングしたタイトルが、完全限定ナンバイング入り仕様のプレス4CDにて。さらに初回入荷分のみ、ボーナス1CD-Rもプラス。

まずdisc:1には本ツアーのオーディエンス音源としては間違いなくベスト・クオリティーと断言できる、5月17日マンチェスター公演を収録。モノラル・オーディエンス・ソースながら終始良好な安定したサウンドで、今回同セットのニューキャスル公演音源を所有していた海外コレクター提供によるもの。
そして”My Love”のエンディングにわずかなカットがある以外は1時間強にわたりコンプリートに近い形で収録されており、しかもCD化にあたり若干のピッチ修正と、片チャンネルの僅かなEQ補正、音切れの修復など必要最小限の処理も実施。
なお既発ではモノラルなのに左右の音量が大きく異なることで、不快なデジタル的な歪みが生じていたのが、マスターだけにそのような不具合なく、さらにライブ・データの日付に関しても、ライブ終演時のポールのMCなので2日目の17日公演であるというのもはっきり判明し、これについてはジャケ裏にも提供者の短文コメントを掲載するこだわりよう。
そしてdisc:2には7月4日シェフィールド公演を、こちらもモノラル・オーディエンス・ソースより1時間にわたり収録。
こちらはネット公開された音源に、特定帯域のヒスノイズ除去、ピッチ修正、音量調整、音切れ等のリペア後に片チャンネルを使用しリアル・モノラル化し、現状ベストと云えるクオリティーにブラッシュ・アップ。
そしてdisc:3には本タイトルの目玉といえる、7月10日ニューキャッスル公演を、最新リマスターによるサウンドボード音源にて69分にわたり収録。
まず過去より定番で知られる名音源を、サウンドボード・ソースをメインにし、まずオープニング部分とエンディングなどの一部欠落していたパートは、今回初発掘のオーディエンス・ソースを補填したことで、初のコンプリート収録を実現。
さらに過去より知られる音源ながら、不具合も多くさまざまな問題もあった中、ここではまず3種種類のサウンドボードからセレクトしたソースを各曲ごとに丁寧にリマスター作業を行い、オーディエンス音源もスムーズに補填し、まさに本ツアーの最高クオリティーの決定盤となることに。
そして最後のdisc:4には、この補填に使用されたオーディエンス・ソースの全長盤を68分収録。収録パートによってはサウンドボード音源より長いパートもあるうえ、この音源は近年ネットにも粗悪なノイズまみれのものも出回った中、こちらは海外ファン提供によるオリジナル音源で、もちろんこちらの方が明らかに上質なサウンドにて。
そしてさらに初回入荷分のみ、同ツアーの5月19日リーズ大学公演を過去最長の63分にわたり収録したCD-Rをプラス。

こちらもモノラル・オーディエンス・ソースをメインとした、アナログ時代から有名な音源で、さすがに本編プレスCDのクオリティーには劣るものの、不備のあった箇所はは別ソースを補填し、テープ・スピードの狂いや音ヨレのパートも補正し、現状でのベスト・クオリティーにて。なおこの日は”Long Tall Sally”を2回演奏していることでも有名。
以上、限定シリアルナンバリング入りの永久保存プレス仕様であり、特にボーナスCD-R付きは初回入荷のみゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 1. Introduction 2. Soily 3. Big Barn Bed 4. When The Night 5. Wild Life 6. Seaside Woman 7. Little Woman Love 8. C Moon 9. Little Woman Love (Reprise) 10. Live And Let Die 11. Maybe I’m Amazed 12. My Love 13. Go Now 14. Say You Don’t Mind 15. The Mess 16. Hi, Hi, Hi 17. Long Tall Sally
[Live at The Hardrock Concert Theatre, Manchester, UK 17th May 1973 : master audience recording]

Disc 2 : 1. Introduction 2. Soily 3. Big Barn Bed 4. When The Night 5. Seaside Woman 6. Wild Life 7. Little Woman Love 8. C Moon 9. Little Woman Love (Reprise) 10. Maybe I’m Amazed 11. My Love 12. Live And Let Die 13. Go Now 14. Say You Don’t Mind 15. The Mess 16. Hi, Hi, Hi
[Live at City Hall, Sheffield, UK 4th July 1973 : master audience recording]

Disc 3 : 1. Introduction 2. Soily 3. Big Barn Bed 4. When The Night 5. Seaside Woman 6. Wild Life 7. Turkey In The Straw (Audience Recording) 8. Little Woman Love 9. C Moon 10. Little Woman Love (Reprise) 11. Maybe I’m Amazed 12. My Love 13. Live And Let Die 14. Go Now 15. Happy Birthday Denny Seiwell (Audience Recording) 16. Say You Don’t Mind (Audience Recording) 17. The Mess 18. Hi, Hi, Hi 19. Long Tall Sally (with Brinsley
[Live at City Hall, Newcastle Upon Tyne, UK 10th July 1973 : stereo soundboard recording]

Disc 4 : 1. Introduction 2. Soily 3. Big Barn Bed 4. When The Night 5. Seaside Woman 6. Wild Life 7. Turkey In The Straw 8. Little Woman Love 9. C Moon 10. Little Woman Love (Reprise) 11. Maybe I’m Amazed 12. My Love 13. Live And Let Die 14. Go Now 15. Happy Birthday Denny Seiwell 16. Say You Don’t Mind 17. The Mess 18. Hi, Hi, Hi 19. Long Tall Sally (with Brinsley Schwarz
[Live at City Hall, Newcastle Upon Tyne, UK 10th July 1973 : master audience recording]

Limited CD-R : 1. Introduction 2. Soily 3. Big Barn Bed 4. When The Night 5. Wild Life 6. Seaside Woman 7. Little Woman Love 8. C Moon 9. Little Woman Love (Reprise) 10. Live And Let Die* 11. Maybe I'm Amazed** 12. My Love** 13. Go Now** 14. The Mess 15. Hi, Hi, Hi 16. Long Tall Sally 17. Long Tall Sally
[Live at Leeds University, Leeds, UK 19th May 1973 : master audience recording / * Patching from LP Source / ** LP Source : LP Source taken from LP "Leeds England" (King Kong Records / PM-1050)]

2018年01月14日

ポール&ウイングス最後のUKツアーを記録した音源と映像

dap022psp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY & WINGS / LAST FLIGHT U.K.TOUR 1979 (プレス2CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のレーベル、DAP (DIGITAL ARCHIVES PROMOTION)より、1979年ウイングス最後のUKツアーを記録した音源と映像を、最新リマスター・サウンドボード音源と、初登場バージョン含めたプロショット映像にてコンパイルした、究極のコレクターズ・エディションが登場。

まず音源CDには、1979年ツアーで唯一のサウンドボード音源でコンプリート・ライブとしてお馴染みの12月17日グラスゴー公演を、2017年最新デジタル・リマスタリング仕様にて収録。アルバム『バック・トゥ・ジ・エッグ』収録曲や、当時のヒット・シングル「グッドナイト・トゥナイト」、さらにライブ初披露だった「カミング・アップ」や「ワンダフル・クリスマスタイム」など、この時期ならではのセットリストによるライブで、その模様を過去最高のクオリティーで。さらに「カンボジア救済コンサート」として知られるロンドン・ハマースミス公演からも現存するサウンドボード音源9曲と、リハーサルや「カミング・アップ」のエディット・バージョン、バディ・ホリー・ウイークでのライブまで、最後期の貴重な主要ライブ音源はすべてコンパイル。
そして映像DVDには、当時TVオンエアーも行われた「カンボジア救済コンサート」の、編集違いの各バージョンをすべて収録。
特に当時モノラルだったTVオンエアーの最新リストア映像&リマスター・ステレオによる初登場バージョンは最高のクオリティーで、他にもVH-1:TVヴァージョンに放送未収録曲を追加したロング・バージョン、さらにオンエアー編集前やアングル違いも含めたオルタネイト・バージョン、衛星放送バージョンまでも網羅。さらに貴重なリハーサルやリバプール公演を収めたツアー・リポート、そしてバディ・ホリー・ウイークやロッケストラの映像までこの時期のプロショット映像を2時間22分にわたりまとめて収録。
ウイングス最後のツアー関連ライブを、を音と映像でまとめた永久保存コンクターズ・エディション。

CD ONE : 1. INTRODUCTION 2. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 3. GETTING CLOSER 4. EVERY NIGHT 5. AGAIN AND AGAIN AND AGAIN 6. I'VE HAD ENOUGH 7. NO WORDS 8. COOK OF THE HOUSE 9. OLD SIAM SIR 10. WHEN THE RED, RED ROBBIN 11. MAYBE I'M AMAZED 12. THE FOOL ON THE HILL 13. LET IT BE 14. HOT AS SUN 15. SPIN IT ON 16. TWENTY FLIGHT ROCK 17. TIPTOE THRU THE TULIPS WITH ME 18. GO NOW 19. HORNS INTRODUCTION 20. ARROW THROUGH ME 21. WONDERFUL CHIRSTMAS TIME 22. COMING UP 23. GOODNIGHT TONIGHT 24. YESTERDAY
CD TWO : 1. MULL OF KINTYRE 2. BAND ON THE RUN
[Live At Apollo Centre, Glasgow, U.K. December 17th 1979]

3. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 4. EVERY NIGHT 5. COMING UP 6. LUCILLE 7. LET IT BE 8. ROCKESTRA THEME 9. I'VE HAD ENOUGH 10. HOT AS SUN 11. TWENTY FLIGHT ROCK
[Concerts For The People Of Kampuchea : Live At Hammersmith Odeon, London, U.K. December 29th 1979]

12. RANACHAN ROCK (Rehearsals) 13. COMING UP (Rehearsals) 14. WITH A LITTLE LUCK (Rehearsals) 15. COMING UP (Single edit) 16. COMING UP (Wingspan edit) Buddy Holly Week In London 1979 17. RAINING IN MY HEART 18. IT'S SO EASY 19. BO DIDDLEY WINGS [Extra Tracks : U.K.TOUR 1979]

DVD : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 142min.
(CONCERTS FOR THE PEOPLE OF KAMPUCHEA TV BROADCAST STEREO VERSION) GOT TO GET YOU INTO MY LIFE / EVERY NIGHT / COMING UP / ROCKESTRA INTRODUCTION / LUCILLE / LET IT BE / ROCKESTRA THEME
(VVH-1 PLUS LONG VERSION) OPENING / GOT TO GET YOU INTO MY LIFE / GETTING CLOSER (partial) / EVERY NIGHT / OLD SIAM SIR (partial) / HOT AS SUN / ARROW THROUGH ME (partial) / COMING UP / GOODNIGHT / TONIGHT (partial) / ROCKESTRA INTRODUCTION / LUCILLE / LET IT BE / ROCKESTRA THEME
(RAW FOOTAGE ALTERNATE VERSION) INTRO / GOT TO GET YOU INTO MY LIFE / GETTING CLOSER (partial) / EVERY NIGHT / ARROW THROUGH ME (partial) / COMING UP / ROCKESTRA INTRODUCTION / LUCILLE / EVERY NIGHT (clean)
(UK TOUR REPORT IN LIVERPOOL) TWENTY FLIGHT ROCK / AGAIN AND AGAIN AND AGAIN / GOT TO GET YOU INTO MY LIFE / YESTERDAY
(BUDDY HOLLY TRIBUTE CONCERT) RAINING IN MY HEART / IT'S SO EASY / BO DIDDLEY
(BUDDY HOLLY TRIBUTE : MTV VERSION) RAINING IN MY HEART / IT'S SO EASY / BO DIDDLEY
(CONCERTS FOR THE PEOPLE OF KAMPUCHEA : JAPANESE SATELLITE TV VERSION) GOT TO GET YOU INTO MY LIFE / EVERY NIGHT / COMING UP / LUCILLE / LET IT BE / ROCKESTRA THEME / ROCKESTRA FILM ROCKESTRA THEME

◇Paul McCartney - lead vocals, bass / Linda McCartney - keyboards, vocals / Denny Laine - guitar, vocals / Laurence Juber – guitar / Steve Holley – drums / Tony Dorsey – trombone / Thaddeus Richard – saxophone / Howie Casey – saxophone / Steve Howard - trumpet

ビートルズ、レア音源を8CDセットにてCCPレーベルより。

ccphdc01sp.jpg



◆ THE BEATLES / HOME DEMO RECORDINGS MASTER COLLECTION (プレス8CD) この商品はこちらから

ビートルズ音源コレクターには欠かせないCCP(CORE COLLECTION PROJECT)レーベルより、新発掘の初CD化音源を含め、1993年から1994年の再集結までの貴重なホーム・デモやリハーサル音源等を、時系列にコンパイルしたコレクターズ・シリーズの決定盤が、2CDx4の8枚組セットにてここに。

本タイトルは『ロジャー・スコット』、『ジョン・バレット』そして『アセテート・アンド・デモ』に続く、同レーベルからの4タイトル目となる『ザ・ホーム・デモ・レコーディングス・マスター・コレクション』。
その内容は前回はスタジオ・セッションにおけるアセテート音源が中心だったのに対し、今回は曲作りの制作過程やプライベートな記録をとらえたホーム・デモ音源をメイン収録。その多くはアコースティック・ギターやピアノ等でシンプルに演奏されており、ビートルズ・ナンバーの原型を聴くことが出来るというもので、まずVol.1には2017年9月にオークション公開され、世界中のビートルズ・コレクターを驚かせた、『ラバー・ソウル』収録のリンゴが歌う「消えた恋(ホワット・ゴーズ・オン)」の、1963年ジョンによるデモ音源、そして近年話題となったポールの「愛なき世界」「イッツ・フォー・ユー」などをまとめて収録。またサージェント50周年でセッション音源が注目された「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」は、原曲「イッツ・ノット・トゥー・バッド」からアコースティック・ギターで徐々に誕生していく過程を克明にとらえた必聴音源。
そしてVol.2にはサイケデリック時代を象徴する実験的なインストや、インド・リシケシュでの即興演奏を、さらにVol.3では、今回初登場音源のソースとして注目といえる、「ホワイト・アルバム」のレコーディングに先駆けジョージのキンファウンス邸宅にメンバーが集まり録音された、アコースティック・セッション「イーシャー・デモ」を初めて、モノラル&ステレオ両音源にてコンプリート収録。本格的なAMPEX4トラック・リール・トゥ・リール・レコーダーで録音されたこの音源自体は、これまでも数多く出回ってきた中、今回は過去最高クオリティーによるモノラル・リマスターと、4トラックから編集されたリアル・ステレオ・リマスターは、これまでの同種音源とは別ソースとなるアップグレード音源にて。
そして最後のVol.4には、ジョン&ヨーコのベッド・インでの「平和を我等に」やポール&ドノヴァンのセッション、さらにアンソロジー・プロジェクトで再集結したビートルズ3人によるジャム・セッションまでを収録。
これまでのシリーズ同様ファンにとってはやはり見逃せない重要音源を、時系列にまとめた必携限定コレクターズ・エディション。

[VOL.1 : DISC 1]
1. BAD TO ME May 1963 - Green Street, London 2. TAMMY (radio sing-along) 3. OVER THE RAINBOW (radio sing-along) 4. GUITAR INSTRUMENTAL #1 5. GUITAR INSTRUMENTAL #2 6. MICHELLE 7. GUITAR INSTRUMENTAL #3 8. GUITAR INSTRUMENTAL #4 9. GUITAR INSTRUMENTAL #5 10. THREE COINS IN A FOUNTAIN 11. ROCKIN' AND ROLLIN' (basic track) 12. ROCKIN' AND ROLLIN' (trumpet overdub) 13. ROCKIN' AND ROLLIN' (vocal overdub) 14. ROCKIN' AND ROLLIN' (stereo mix) July 1963 - Green Street, Mayfair, London 15. DIALOGUE 16. UNINTELLIGIBLE (speech) July 1963 - Menlove ave, Liverpool 17. READING 1 KINGS (with Gerry Marsden) 18. SINGING PSALMS (with Gerry Marsden) 19. ASKING DIRECTIONS (with Gerry Marsden) July 1963 Royal Pier Hotel, London 20. DON'T BOTHER ME / GUITAR INSTRUMENTAL August 1963 Palace Court Hotel, London 21. JOHN TAPES (with Cynthia and Julian) 22. CYNTHIA THE CLINIC 23. CYNTHIA AND DOT READING FAN MAIL 24. MARY, MARY QUITE CONTRARY 25. I'M IN LOVE 26. WHAT GOES ON (John's demo)July/October 1963 - Green Street, London 27. IF I FELL January 1964 - Emperor's Gate, London 28. A WORLD WITHOUT LOVE 19. I'LL FOLLOW THE SUN January 1964 - Wimpole Street, LONDON 30. ONE AND ONE IS TWO February 1964 - Hotel George V, Paris 31. TALKING GUITAR BLUES February 1964 - Deauville Hotel, Miami Beach 32. IT'S FOR YOU (take 1) March 1964 ? London 33. PAUL'S PIANO PLAY March 1964 - Film Studios, Twickenham, London 34. GAVOTTE EN RONDEAU / BOURREE IN E MINOR June 1964 - Hotel St. George, Wellington
[VOL.1 : DISC 2]
1. WE CAN WORK IT OUT 2. MICHELLE September 1965 - Cavendish Ave, London 3. PAUL'S UNFORGETTABLE CHRISTMAS (excerpts) December 1965 - 57 Winpole Street, London 4. HE SAID, HE SAID (take 1) September 1965 / June 1966 - Kenwood, London 5. ELEANOR RIGBY 6. MONTAGU SQUARE EXPERIMENTS March 1966 - Montagu Square, London 07. SHE SAID SHE SAID (take 1) 08. SHE SAID SHE SAID (take 2 with false starts) 09. HOLD ON, I'M COMING 10. MELLOTRON MUSIC #1 11. MELLOTRON MUSIC #2 12. MELLOTRON MUSIC #3 13. MELLOTRON MUSIC #4 14. MELLOTRON MUSIC #5 June 1966 - Kenwood, London 15. INSTRUMENTAL 16. IT'S NOT TOO BAD (take 1) 17. IT'S NOT TOO BAD (take 2) 18. IT'S NOT TOO BAD (take 3) 19. IT'S NOT TOO BAD (take 4) 20. IT'S NOT TOO BAD (take 5/6) 21. IT'S NOT TOO BAD (fragment) September/ November 1966 - Santa Isabel, Spain 22. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (rehearsal) 23. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (guitar overdub) 24. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (vocal overdub) 25. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (guitar rehearsal) 26. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (take 1) 27. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (take 2/6) 28. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (take 7) 29. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (take 8) 30. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (take 9) 31. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (Mellotron overdub on takes 3/6) 32. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (Mellotron overdub on takes 7) 33. BACKWARD SPEECH AND MELLOTRON FLUTES 34. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (anthology mix) November 1966 - Kenwood; London

[VOL.2 : DISC 1]
1. JOHN AND RINGO #1 2. JOHN AND RINGO #2 3. JOHN AND RINGO #3 4. JOHN AND RINGO #4 5. JOHN AND RINGO #5 6. JOHN AND RINGO #6 7. JOHN AND RINGO #7 8. JOHN AND RINGO #8 late 1966 / 1967 - Kenwood, London 9. TAPE LOOP EXPERIMENTS #1 10. TAPE LOOP EXPERIMENTS #2 11. TAPE LOOP EXPERIMENTS #3 (SOME OTHER GUY) 12. TAPE LOOP EXPERIMENTS #4 13. TAPE LOOP EXPERIMENTS #5 14. TAPE LOOP EXPERIMENTS #6 (MICHELLE) 15. THE TALE OF MRS. TIGGY-WINKLE 16. STRANGER IN MY ARMS 17. CHI-CHI'S CAFE 18. DOWN IN CUBA 19. PEDRO THE FISHERMAN 20. DOWN IN EASTERN AUSTRALIA I MET HER 21. UNKNOWN PIANO SONG #1 22. UNKNOWN PIANO SONG #2 23. GOOD MORNING GOOD MORNING 24. TESTING THE EQUIPMENT #2 / THERE'S A BLUE RIDGE 'ROUND MY HEART 25. TESTING THE EQUIPMENT #3 (mellotron) 1967 - Kenwood, London
[VOL.2 : DISC 2]
1. JESSIE'S DREAM 2. I HAVE TRAVELLED November 1967 3. ALL TOGETHER ON THE WIRELESS MACHINE November 1967 - St.John's Wood, London 4. STEP INSIDE LOVE November 1967 - Cavendish Ave, London 5. GUITAR TUNING 6. CRY BABY CRY (guitar demo) 7. NOODLING 8. CRY BABY CRY / ACROSS THE UNIVERSE / NOTHING BUT HOLD TIGHT (piano demos) 9. HEY BULLDOG / SET ME FREE / ACROSS THE UNIVERSE 10. SHE'S WALKING PAST MY DOOR / YOU KNOW MY NAME December 1967 / January 1968 - Cavendish Ave, London 11. MEDLEY: THE SAINTS / YOU ARE MY SUNSHINE / JINGLE BELLS /COMING AROUND THE MOUNTAIN / HAPPINESS RUNS / GUITAR INSTRUMENTAL/ BLOWIN' IN THE WIND / HARE KRISHNA MANTRA / O SOLE MIO / CATCH THE WIND 12. SPIRITUAL REGENERATION / HAPPY BIRTHDAY TO YOU / SPIRITUAL REGENERATION March 1968 ? Rishikesh 13. JULIA (false start) 14. JULIA (take 1) 15. JULIA (take 2) 16. JULIA (stereo mix) 17. JULIA (basic track) April / August 1968 - Kenwood, London 18. PEACE ON MIND (unknown tape) 19. RAVI SHANKAR AND GEORGE (Rishkash 1968)

[VOL.3 : DISC 1]
(ESHER DEMO RECORDINGS 1968 MONO REMASTER)
1. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 2. SOUR MILK SEA One Track Recordings May 1968 - Esher, Kinfauns, London 3. JULIA 4. BLACKBIRD 5. ROCKY RACCOON 6. BACK IN THE USSR 7. HONEY PIE 8. MOTHER NATURE'S SON 9. OB-LA-DI, OB-LA-DA 10. JUNK 11. DEAR PRUDENCE 12. SEXIE SADIE 13. CRY BABY CRY 14. CHILD OF NATURE 15. THE CONTINUING STORY OF BUNGALOW BILL 16. I'M SO TIRED 17. YER BLUES 18. EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT FOR ME AND MY MONKEY 19. WHAT'S THE NEW MARY JNAE 20. REVOLUTION 21. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 22. CIRCLES 23. SOUR MILK SEA 24. NOT GUILTY 25. PIGGIES Two Track Recordings May 1968 - Kinfauns, Esher, Surrey
[VOL.3 : DISC 2]
(ESHER DEMO RECORDINGS 1968 STEREO REMASTER)
1. JULIA 2. BLACKBIRD 3. ROCKY RACCOON 4. BACK IN THE USSR 5. HONEY PIE 6. MOTHER NATURE'S SON 7. OB-LA-DI, OB-LA-DA 8. JUNK 9. DEAR PRUDENCE 10. SEXIE SADIE 11. CRY BABY CRY 12. CHILD OF NATURE 13. THE CONTINUING STORY OF BUNGALOW BILL 14. I'M SO TIRED 15. YER BLUES 16. EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT FOR ME AND MY MONKEY 17. WHAT'S THE NEW MARY JNAE 18. REVOLUTION 19. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 20. CIRCLES 21. SOUR MILK SEA 22. NOT GUILTY 23. PIGGIES May 1968 - Kinfauns, Esher, Surrey 24. HONEY PIE (anthology mix) 25. JUNK (anthology mix)

[VOL.4 : DISC 1]
1. HAPPINESS IS A WARM GUN 2. MEAN MR. MUSTARD 3. POLTHENE PAM 4. GLASS ONION June/September 1968 Kenwood, Weybridge, Surrey 5. APPLAUSE/EFFECTS TAPE 6. MUSIC/EFFECTS TAPE August 1968 - Sunny Heights, Weybridge, Surrey 7. HOW DO YOU DO 8. BLACKBIRD 9. THE UNICORN 10. LALENA 11. HEATHER 12. MR. WIND 13. THE WARLUS AND THE CARPENTER 14. THE LAND OF GISH Paul McCartney And Donovan Postcard Session November 1968 - EMI Studio, London 15. NOWHERE TO GO #1 16. NOWHERE TO GO #2 17. I'D HAVE YOU ANYTIME George Harrison and Bob Dylan November / December 1968 ? Woodstock 18. JOCK AND YONO (rough mix) 19. ONCE UPON A POOL TABLE (rough mix) November / December 1968 - Kenwood, Weybridge, Surrey 20. OH MY LOVE (TAKE 1) 21. OH MY LOVE (TAKE 2) 22. OH MY LOVE (Yoko a cappella) 23. OH MY LOVE (demo) 24. A CASE OF THE BLUES 25. EVERYONE HAD A HARD YEAR 26. DON'T LET ME DOWN #1 27. DON'T LET ME DOWN #2 28. EVERYONE HAD A HARD YEAR December 1968 - Kenwood, Weybridge, Surrey 29. GOODBYE February 1969 - Cavendish Ave, London 30. DON'T LET ME DOWN / THOSE WERE THE DAYS 31. BED PEACE 32. STAY IN BED 33. HAVA NAGILA / I WANT YOU (SHE'S SO HEAVY) 34. YERUSHALAIM (JERUSALEM) 35. GOOD NIGHT (a cappella) March 1969 - Amsterdam Hilton, Room 902 36. WOMAN IS THE NIGGER OF THE WORLD 37. I WANT YOU 38. THE MAHARISHI SONG April / May 1969 - Tittenhurst Park, London Road 39. TWO VIRGINS (outtake) 40. ROCKIN' MAN (outtake) 41. KANSAS CITY YEAH YEAH YEAH (outtake) May 1969 - Kenwood, Weybridge, Surrey
[VOL.4 : DISC 2]
1. GIVE PEACE A CHANCE (solo rehearsal) 2. GIVE PEACE A CHANCE (group rehearsal) 3. GIVE PEACE A CHANCE (basick track edit) 4. GIVE PEACE A CHANCE (full ending version) 5. RADIO PEACE #1 6. RADIO PEACE #2 8. GET IT TOGETHER 9. HAPPINESS IS A WARM GUN 10. BECAUSE 11. OH YOKO! 12. GIVE PEACE A CHANCE May / June 1969 - Hotel Reine-Elizabeth, Montreal 13. COLD TURKEY (demo take 1) 14. COLD TURKEY (demo take 1 with vocal&guitar overdub) 15. COLD TURKEY (demo take 1 with Yoko overdub) 16. COLD TURKEY (stereo mix) August 1969 - Tittenhurst Park, London Road 17. MELLOTRON IMPROVISATION December 1969 - Tittenhurst Park, London Road 18. GIVE PEACE A CHANCE (solo rehearsal) 19. MESSAGE TO JAPAN December 1969 - Ronnie Hawkin's Farm 20. FREE AS A BIRD (basic demo) 21. REAL LOVE (basic demo) John's Home Demos 22. RAUNCHY 23. THINKING OF LINKING 24. BLUE MOON OF KENTUCKY 25. BABY WHAT DO YOU WANT ME TO DO 26. I WILL / DERA DUHN 27. AIN'T SHE SWEET Anthology Jam Sessions June 1994 - Friar Park Studios, Henley-on-Thames, U.K.

2018年01月13日

U2『The Joshua Tree』30周年ツアーからのマトリクス・ライブ

xavelm133u.jpg



◆U2 / 2 Days in Amsterdam 2017 (プレス4CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルからの海外公演タイトルとして、2017年7月29&30日、オランダ、アムステルダムでの2回公演を、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、永久保存プレス4CDにて。

すでに同レーベルおなじみのマルチIEMマトリクス・ソースによるもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、今回も先にリリースされたローマ2公演同様の、別次元のステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして『The Joshua Tree』のリリース30周年を記念したヨーロッパ・ツアーの中でも、特に両日絶賛された2日間は、この欧州レグより変更となったイントロ「The Whole of the Moon」からなだれ込んで、「Sunday Bloody Sunday」「New Year's Day」の『WAR』ナンバー連打から会場のヴォルテージは早くも最高潮。そして『ヨシュア・トゥリー』完全再現パートは、その不朽の美しさと存在感を改めて感じるもので、しかも本編終了後のアンコールは同場所での2公演ということで日替わりセットとなっているところも要チェック。
さらにボーナス的に30日のサウンドチェックも追加収録された、ローマ2days(4CD)とセットで、こちらも必携コレクターズ・エディション。
なお200セット限定ナンバリング・カード付属、ホログラム・ジャケ、日本語帯つき仕様の完全限定プレス4CDゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Intro (The Whole of the Moon) 02. Sunday Bloody Sunday 03. New Year's Day 04. Bad (incl. Heroes / Where Are We Now?) 05. Pride (In The Name Of Love) 06. Where the Streets Have No Name (incl. California (There Is No End To Love)) 07. I Still Haven't Found What I'm Looking For 08. With or Without You 09. Bullet the Blue Sky (incl. War / America (West Side Story)) 10. Running To Stand Still 11. Red Hill Mining Town
Disc 2 : 01. In God's Country 02. Trip Through Your Wires 03. One Tree Hill 04. Exit (incl. Wise Blood / Eeny Meeny Miny Moe) 05. Mothers Of The Disappeared -encore- 06. Miss Sarajevo 07. Beautiful Day (incl. Starman) 08. Elevation 09. Vertigo (incl. Rebel Rebel) 10. Mysterious Ways 11. Ultraviolet (Light My Way) 12. One (incl. Hear Us Coming)
[Live at Amsterdam ArenA, Amsterdam, Netherlands 29th July 2017 (1st Night) :XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple Stereo IEM Sources + Original Audience Source = Matrix Recording]

Disc 3 : 01. Intro (The Whole of the Moon) 02. Sunday Bloody Sunday 03. New Year's Day 04. A Sort Of Homecoming 05. Pride (In The Name Of Love) 06. Where the Streets Have No Name / All You Need Is Love (snippet) / Live Forever (snippet) 07. I Still Haven't Found What I'm Looking For / Stand By Me (snippet) 08. With or Without You / Shine Like Stars (snippet) 09. Bullet the Blue Sky / War (snippet) 10. Running To Stand Still 11. Red Hill Mining Town
Disc 4 : 01. In God's Country 02. Trip Through Your Wires 03. One Tree Hill 04. Exit / Wise Blood (snippet) / Eeny Meeny Miny Moe (snippet) 05. Mothers Of The Disappeared -encore- 06. Miss Sarajevo 07. Beautiful Day / Starman (snippet) 08. Elevation 09. Vertigo / The Jean Genie (snippet) 10. Ultraviolet (Light My Way) 11. One / Hear Us Coming (snippet) 12. I Will Follow -Bonus Track- 13. Soundcheck at Amsterdam ArenA
[Live at Amsterdam ArenA, Amsterdam, Netherlands 30th July 2017 (2nd Night) :XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple Stereo IEM Sources + Original Audience Source = Matrix Recording]

2018年01月12日

ガンズ、2017年大阪に続き神戸公演もマトリックス・ライブにて

xavelm137g.jpg



◆GUNS N' ROSES / KOBE 2017 Definitive Edition (プレス2CD) 4,800円 この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日公演の2日目となる、1月22日神戸ワールド記念ホールでのライブを、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにてコンプリート収録したタイトルが、完全限定プレス2CDにてついに登場。

まずライブ終了から1年近くを経て、ついに満を持してリリースとなるガンズ2017年ジャパン・ツアーのマトリクス・ライブの第2弾は、数多く流通した同日アイテムの中で、やはり同レーベルからのサウンド・クオリティーは、間違いなく決定盤と言えるもの。
さらにここ近年おなじみとなったバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、今まで以上に使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースを、特にアクセルとスラッシュをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。
なおオフエア・マイクのアクセルの音声なども見事にオミットされ、また大阪公演で一部発生したIEMの不具合もなく、まさにこのままオフィシャル・リリースも可能なクオリティーにて。

なおライブ自体もこの3人では24年ぶりの来日となるゆえ、観客の期待も大きく膨らむ中、この日も定刻ショーはスタート。。そしてその後セットリストに関しては、前日と基本的な流れは同じながら、まずダフのソロは”Attitude”から”New Rose”にシフト・チェンジ。そしてこの日は”Sweet Child O' Mine”の後に”Out Ta Get Me”が追加され、さらにアンコールでは”Patience”は外されたものの、代わりに”Sorry”と”Don't Cry”が披露され、結果的には大阪よりも2曲多くなることに。
因みに”Out Ta Get Me”はセットリストには含まれていなかったのが、”Sweet Child O' Mine”のエンディングで、アクセルの指示により急遽プレイされ、突然のことに慌てふためくスタッフ、どよめくオーディエンスの様子なども目に浮かぶかのよう。
なお、本ジャパン・ツアーのマトリクス・シリーズは全て、完全限定300セットのプレス2CD、大阪公演のリトグラフをモチーフにした美麗ホログラム・ジャケ、ナンバリング・カード付属、日本語帯つき仕様のメモリアル・アイテムとなります。よって予約完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Intro (Looney Tunes / The Equalizer) 02. It's So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin' Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. You Can't Put Your Arms Around a Memory Intro / New Rose 13. This I Love 14. Civil War
Disc 2 : 01. Coma 02. Band Introduction 03. Slash Guitar Solo / Speak Softly Love (Love Theme From The Godfather) 04. Sweet Child O' Mine 05. Out Ta Get Me 06. Wish You Were Here 07. November Rain 08. Knockin' on Heaven's Door 09. Nightrain –encore- 10. Sorry 11. Don't Cry 12. The Seeker 13. Paradise City

[Recorded at World Halll, Kobe, Japan January 22th 2017 : [XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
◇ Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

2018年01月11日

ストーンズ、サタニック・マジェスティーズ』の50周年記念コレクターズ・エディション

gp1702sp.jpg



◆ ROLLING STONES / THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST SESSIONS: 50TH ANNIVERSARY COLLECTOR'S EDITION (2CD+2DVD+1BDR) この商品はこちらから

ストーンズ・ファン必携のGOLDPLATEレーベルより、『サタニック・マジェスティーズ』の50周年記念コレクターズ・エディションが、レア音源や映像を完全コンパイルし、2CD+2DVD+1blu-ray仕様にてここに。

なおブルーレイもセットとなるこのスペシャル・リミテッド・エディションは、初回完全限定100セット・オンリーのリリースゆえ、ご希望の方はお早めに。

1967年にリリースされるも、発売当初から賛否両論が渦巻いたストーンズ史上最大の異色アルバムとなった本作品は、「シーズ・ア・レインボウ」や「2000光年のかなたに」など近年でもライブ演奏されることで再認識もされ、そのセッションではニッキー・ホプキンスの素晴らしいピアノをはじめ、ジョン・ポール・ジョーンズ、そしてビートルズからジョンとポールも一部参加したことで知られるもの。
そしてその膨大なセッション音源や映像関連をコンパイルしたのが今回のリリース50周年記念のコレクターズ・エディショ、公式未発表の現存する貴重なセッション音源や、近年発掘された最新編集映像などをフル・ヴォリュームで収録。
そしてまず音源CDには、現存する膨大なセッション音源からクオリティーの高いものや、聴きどころをセレクトし再構成リミックスした音源を収録。シングル「この世界に愛を」からアルバム収録曲全曲と未収録のままお蔵入りの「ソウル・ブルース」や「ゴールド・ペインテッド・ネイルズ」そして「マジェスティーズ・ホンキー・トンク」といった貴重なアウトテイク、さらにはアセテート音源まで、当時のスタジオ・セッションのハイライトとなるパートを収録。
そして映像DVDには、まず2017年に公開されたアルバム全曲を、サイケデリックなコラージュと歌詞で再現したビデオ映像、そしてこの時期に制作されたプロモ・ビデオ3曲を収録。さらに現存する膨大なセッション音源を、時系列にスライドショー形式でも収録。
CDのハイライト編集とは違い、当時のスタジオ・セッションの過程を記録した、トータル7時間半に渡る貴重な音源すべてを収録しており、アルバム未収録のジャム・セッションからは、次作の『ベガーズ・バンケット』に通ずる興味深い演奏も聞かれるあたり要チェック。
また各曲の数多いテイク違いはDVDの特性を生かしてメニューから容易に選曲出来る編集となっており、膨大なセッションの現存する音源を完全網羅した、まさに決定版といえるもの。
さらに初回完全限定100セット・オンリーで、2DVDと同内容となるブルーレイもセットで。
こちらは内容的には同じながら、DVD収録のビデオ・アルバムをフルHDビデオ&ハイレゾ・オーディオ仕様で収録しており、オーディオ・オプションとして、96/24ハイレゾ高音質ステレオ&モノ、ドルビー・デジタル5.1サラウンド音源を収録しており、当然DVD以上の高画質&高音質クオリティーで、ブルーレイならではのハイスペック映像アイテム。
ただし完全限定のオプションゆえ、早めに確保しておきたい究極のコレクターズ・エディション。

CD ONE : 1. We Love You (take 4) 2. We Love You (take 16,intro&end from diff-takes) 3. Sing This All Together (See What Happens) (intro+take 7) 4. Citadel (takes 21,24,34&piano overdub) 5. In Another Land (rehearsal) 6. In Another Land (chorus - retake 3) 7. 2000 Man (takes 9,4/5,8) 8. 2000 Man (takes 2,11,2/3) 9. She's A Rainbow (takes 1,2,3 intro 5) 10. The Lantern (take 5) 11. Gomper (take 2) 12. 2000 Light Years From Home (takes 14, retake 3, Rehearsal, takes 1/15) 13. On With The Show (takes 6,3,8,11) 14. Cosmic Christmas 15. Organ Intermezzo (She Smiled Sweetly)

CD TWO : 1. 5 Part Jam Part 1 (takes remix) 2. Soul Blues (take 3) 3. Jam One [Dream Pipe] (takes14,1,8,9,12) 4. Blues #3 (retake 4) 5. Gold Painted Nails (takes 2,4,6,23,12) 6. Gold Painted Nails (take 17) 7. Title 15 [Dream Pipe] (take 1, rehearsal) 8. Title 15 [Dream Pipe] (take 6,7) 9. Majesties Honky Tonk (takes 15-17) 10. Child Of The Moon (take 10) 11. Child Of The Moon (take 12) 12. The Lantern (acetate mix) 13. In Another Land (acetate mix) 14. On With The Show (acetate mix) 15. She's A Rainbow (promo version) 16. The Lantern (vocal / guitar overdub) 17. Sing This All Together (See What Happens) (vocal / guitar overdub)
[Recorded at Olympic Sound Studios, London - 17thMay to 23rd October 1967 All Tracks Remastered and Reconstruction]

DVD ONE :
[LYRIC VIDEO ALBUM]
Sing This All Together Citadel In Another Land 2000 Man Sing This All Together (See What Happens) She's A Rainbow The Lantern Gomper 2000 Light Years From Home On With The Show
[EXTRA VIDEO]
We Love You 2000 Light Years From Home Child Of The Moon
[STUDIO SESSIONS - AUDIO TRACKS]
She’s A Rainbow [aka Flowers In Your Bonnet] (Takes 1-2) She’s A Rainbow [aka Flowers In Your Bonnet] (Takes 3-7) recorded at Olympic Sound Studios, London - 17th to 21th May 1967
*Citadel [aka After Five] (Take 1) Citadel [aka After Five] (Takes 2-4) Citadel [aka After Five] (Take 5) Citadel [aka After Five] (Takes 6-7)
*Citadel [aka After Five] (Take 8) Citadel [aka After Five] (Takes 9-10) Citadel [aka After Five] (Takes 11-15) Citadel [aka After Five] (Take 16)
*Citadel [aka After Five] (Takes 17-18) Citadel [aka After Five] (Takes 19-24) Citadel [aka After Five] (Takes 25-31) Citadel [aka After Five] (Takes 32-33) Citadel [aka After Five] (Take 34) Citadel [aka After Five] (with piano overdubs) recorded at Olympic Sound Studios, London - 9th June 1967
* In Another Land [aka Acid In The Grass / Bill's Tune] (Rehearsal) In Another Land [aka Acid In The Grass / Bill's Tune] (Takes 1-3)
*In Another Land [aka Acid In The Grass / Bill's Tune] (Takes 4-8) In Another Land [aka Acid In The Grass / Bill's Tune] (Take 9)
*In Another Land [aka Acid In The Grass / Bill's Tune] (ReTakes 1-2) In Another Land [aka Acid In The Grass / Bill's Tune] (ReTake 3)
*In Another Land [aka Acid In The Grass / Bill's Tune] (ReTakes 5-14) Sing This All Together (See What Happens) [aka God Bless You] (Intro)
*Sing This All Together (See What Happens) [aka God Bless You] (Take 7) recorded at Olympic Sound Studios, London - 2nd to 22nd July 1967
[EXTRAS]
She’s A Rainbow III (Promo version) The Lantern [aka Fly My Kite / Flying High] (electric guitar overdubs) / Sing This All Together [aka God Bless You] (electric guitar overdubs)

◇NTSC 16:9 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time. 56min.+2h4min.

DVD TWO :
[STUDIO SESSIONS - AUDIO TRACKS]
*We Love You [aka Old King Cole] (Take 4) We Love You [aka Old King Cole] (Takes 15-16) We Love You [aka Old King Cole] (Takes 17-19)
*The Lantern [aka Fly My Kite / Flying High] (Take 1) The Lantern [aka Fly My Kite / Flying High] (Takes 2-3)
*The Lantern [aka Fly My Kite / Flying High] (Takes 4-5) The Lantern [aka Fly My Kite / Flying High] (Takes 10-12)
*The Lantern [aka Fly My Kite / Flying High] (Take 14) The Lantern [aka Fly My Kite / Flying High] (Takes 15-17)
*The Lantern [aka Fly My Kite / Flying High] (ReTakes 1-3) On With The Show [aka Surprise Me] (Takes 1-3) On With The Show [aka Surprise Me] (Takes 4-6)
*On With The Show [aka Surprise Me] (Takes 7-10) On With The Show [aka Surprise Me] (Takes 11-12, 14) 5 Part Jam part 1 (Takes 1-2)
*5 Part Jam part 1 (Takes 3-5) 5 Part Jam part 2 (Takes 1-5) 5 Part Jam part 3 (Takes 1-5) 5 Part Jam part 4 (Takes 1-10) 5 Part Jam part 4 (Takes 11-15)
*5 Part Jam part 5 (Takes 1-3) Majesties Honky Tonk (Takes 1-2) Majesties Honky Tonk (Take 3) Majesties Honky Tonk (Takes 4-9)
*Majesties Honky Tonk (Takes 10) Majesties Honky Tonk (Takes 11-12) Majesties Honky Tonk (Takes 15-17) Title 15 [aka Dream Pipe] (Rehearsal)
*Title 15 [aka Dream Pipe] (Takes 1-3) Title 15 [aka Dream Pipe] (Take 4) Title 15 [aka Dream Pipe] (Take 5) Title 15 [aka Dream Pipe] (Take 6)
*Title 15 [aka Dream Pipe] (Take 7) Jam One [aka Dream Pipe] (Takes 1-7) Jam One [aka Dream Pipe] (Takes 8-9) Jam One [aka Dream Pipe] (Takes 10-15)
◆ recorded at Olympic Sound Studios, London - 2nd to 22nd July 1967

*Organ Intermezzo (She Smiled Sweetly)
*2000 Man [aka I Want People To Know] (Takes 1-3) 2000 Man [aka I Want People To Know] (Takes 4-5) 2000 Man [aka I Want People To Know] (Take 6-8) 2000 Man [aka I Want People To Know] (Takes 9-15) 2000 Man [aka I Want People To Know] (intro Takes 1-6)
*2000 Man [aka I Want People To Know] (intro Takes 7-14) 2000 Man [aka I Want People To Know] (middle part Takes 1-5)
*2000 Man [aka I Want People To Know] (middle part Take 10-13) 2000 Man [aka I Want People To Know] (end Takes 1-3) Gomper (Take 1)
*Gomper (Take 2) Gomper (Takes 3-5) Gomper part1 (Take 1) Gomper part1 (Take 2) 2000 Lights Years From Home [aka Title 12 / Aftermath] (Rehearsal)
*2000 Lights Years From Home [aka Title 12 / Aftermath] (Take 1) 2000 Lights Years From Home [aka Title 12 / Aftermath] (Takes 2, 4)
*2000 Lights Years From Home [aka Title 12 / Aftermath] (Takes 5-6) 2000 Lights Years From Home [aka Title 12 / Aftermath] (Takes 7-10)
*2000 Lights Years From Home [aka Title 12 / Aftermath] (Take 11) 2000 Lights Years From Home [aka Title 12 / Aftermath] (Takes 12-13)
*2000 Lights Years From Home [aka Title 12 / Aftermath] (Takes 14-15) 2000 Lights Years From Home [aka Title 12 / Aftermath] (ReTakes 3-4)
*Soul Blues (Take 1) Soul Blues (Take 2) Soul Blues (Take 3) Blues #3 (Takes 27-31) Blues #3 (Takes 32-39) Blues #3 (Takes 40-44)
Blues #3 (ReTakes 1-2) Blues #3 (ReTake 3) Blues #3 (ReTakes 4-5) recorded at Olympic Sound Studios, London - 10th August to 7th September 1967
*Gold Painted Nails (Take 1) Gold Painted Nails (Take 2) Gold Painted Nails (Takes 3-4) Gold Painted Nails (Takes 5-9) Gold Painted Nails (Takes 10-11) Gold Painted Nails (Take 12) Gold Painted Nails (Takes 13-16) Gold Painted Nails (Take 17) Gold Painted Nails (ReTakes 1-5 called takes 18-22) Gold Painted Nails (ReTake 3 called take 23) Child Of The Moon (Take 10) Child Of The Moon (Takes 11-12) Cosmic Chrismas
◆ recorded at Olympic Sound Studios, London - 16th,21st&23rd October 1967

*ACETATE MIX Gomper (short) (part 1 - take 2 edited acetate mix) Gomper (long) (part 1 - take 2 acetate mix) Soul Blues (take 3 - acetate mix) Title 15 [aka Dream Pipe] (take 17 edited acetate mix) The Lantern [aka Fly My Kite / Flying High] (acetate mix) In Another Land [aka Acid In The Grass / Bill's Tune] (acetate mix) On With The Show [aka Surprise Me] (acetate mix) London 15th September 1967

◇ NTSC 16:9 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time. 5h28min.

BLURAY EDITION : 100 Set Only Special Edition
*LYRIC VIDEO ALBUM Sing This All Together Citadel In Another Land 2000 Man Sing This All Together (See What Happens) She's A Rainbow The Lantern Gomper 2000 Light Years From Home On With The Show
* AUDIO OPTION 1) High Resolution 96khx/24bit PCM stereo 2) High Resolution 96khx/24bit PCM mono 3) Dolby Digital 5.1 Surround
* VIDEO EXTRAS We Love You 2000 Light Years From Home Child Of The Moon
[Full HD VIDEO 1920x1080 NTSC 16:9 Wide Screen - time. 56min.]

◇ Mick Jagger - lead vocals, percussion / Keith Richards - guitars, backing vocals / Brian Jones - guitars, flute, percussion, sax, organ, mellotron etc. / Bill Wyman - bass guitar, percussion, keyboards, lead and backing vocals / Charlie Watts - drums, percussion
(Additional Musicians) Nicky Hopkins - piano, organ, harpsichord / John Paul Jones - string arrangement / Ronnie Lane - backing vocals / Steve Marriott - backing vocals / Eddie Kramer – claves / John Lennon - backing vocals, tambourine, handclaps / Paul McCartney - backing vocals, maracas, handclaps

2018年01月10日

WEBサイト復旧と新年の新入荷アイテムのお知らせ

dap021bsp.jpg

こんにちは、Joe's Garageです。
まずは新年早々から当方のWEBサイトがシステム・エラーにより
開かない状態となっていましたが、現状ほぼ復旧いたしました。
まだ一部開くのに時間のかかるページもございますが、
そのあたりも現在手直ししていまして、それ以外はこれまでどおり閲覧、
そしてカートご利用でのご購入も可能です。
お時間かかり申し訳ありませんでしたが、これに懲りず
改めて本年もまたよろしくお願いいたします。



◆ THE BEATLES / MAGICAL MYSTERY TOUR: RECORDING SESSIONS (プレス6CD) この商品はこちらから

ビートルズ・ファン必携のレーベル、DAP (DIGITAL ARCHIVES PROMOTION)より、1967年『マジカル・ミステリー・ツアー』の貴重なセッション記録といえる、リハーサルやスタジオ・アウトテイク、またリミックス音源などを、時系列にまとめた究極のコレクターズ・エディションがここに。

1967年『サージェント・ペパーズ』のレコーディングに続いて始まった『マジカル・ミステリー・ツアー』の、究極の音源コレクション「レコーディング・セッションズ・クロノロジー」が本タイトルで、全世界に衛星生中継された画期的な「愛こそはすべて」のレコーディング過程や、当時ミュージック・ライフ誌の取材の中で、アビー・ロード・スタジオ記録された通称「ルミ・テープ」で知られる「フール・オン・ザ・ヒル」の珍しいリハーサル模様などを、2017年最新リマスター音源にて収録した、日本へのメッセージ含めてまさに歴史的発掘音源というべき貴重な記録。
さらにビートルズ自らが企画制作したTV番組『マジカル・ミステリー・ツアー』の、サウンドトラックとなる「アイ・アム・ザ・ウォルラス」等から、シングル「ハロー・グッドバイ」「レディ・マドンナ」、また当時未発表となった「ヘイ・ブルドッグ」や「アクロス・ザ・ユニヴァース」の初期テイクまで、1967年5月から始められたレコーディング・セッション記録を、ほぼ時系列に収録。
これら全て近年新発掘されたアップグレード音源や、今回初登場のリマスター音源などを含めて、現存する関連音源をベスト・クオリティーで全162トラック、時間にして約8時間にわたり完全網羅しており、ここまでコンパイルされた内容としては、類を見ないスタジオ・セッション集大成ゆえ、音源研究には欠かせない究極のコレクターズ・アイテム。

CD ONE :
[ABBEY ROAD STUDIO april 25th - may 4th 1967] (MAGICAL MYSTERY TOUR) 1. Sound Effect 2. take 8 backing overdub 3. take 9 vocal overdub 4. RM4 mono 5. take 9 brass overdub 6. RM7 mono
[ABBEY ROAD STUDIO may 11th 1967] (BABY YOU'RE A RICH MAN) 7. take 12 8. take 12 brass and vocals overdub 9. take 12 lead vocal 10. take 2 from take 12 guitars overdub 11. take 2 from take 12 backing vocals 12. RM1 mono
[ABBEY ROAD STUDIO may 12th 1967] (ALL TOGETHER NOW) 13. take 9 14. take 9 vocals overdub 15. take 9 additional overdub 16. RM6 mono
[ABBEY ROAD STUDIO may 17th 1967] (YOU KNOW MY NAME -LOOK UP THE NUMBER) 17. part 1 take 9
[ABBEY ROAD STUDIO may 25th 1967] (IT'S ALL TOO MUCH) 18. take 4 19. take 2-4 vocals and percussion overdub 20. take 2-4 brass overdub
[ABBEY ROAD STUDIO june 7th - 9th 1967] (YOU KNOW MY NAME -LOOK UP THE NUMBER) 21. part 1-5
[ABBEY ROAD STUDIO june 14th - 26th 1967] (ALL YOU NEED IS LOVE) 22. unknown take version 1 23. unkown take with voiceover 24. take 10 partial 25. take 10 26. take 10 backing vocals overdub 27. takes 34-43 simulated

CD TWO :
[ABBEY ROAD STUDIO june 14th - 26th 1967] (ALL YOU NEED IS LOVE) 1. unknown take version 2 2. unknown take version 3 3. warm-up take 4. takes 44-47 simulated 5. take 58 6. take 58 overdub 7. take 59 mono 8. take 59 with studio chat 9. take 59 backing track 10. SI onto take 10 + take 59 vocal track 11. rough mono mix 12. RM11 mono 13. RM14 mono
[ABBEY ROAD STUDIO august 22nd - 23rd 1967] (YOUR MOTHER SHOULD KNOW) 14. take 8 15. take 9 reduction mix 16. take 9 backing vocals
[ABBEY ROAD STUDIO september 5-6th 1967] (I AM THE WARLUS) 17. unkown take partial 18. take 7 monitor mix 19. take 8 monitor mix 20. take 9 monitor mix 21. rehearsals monitor mix 22. take 16 /17 23. take 17 bass and drums tracks 24. take 17 + take 25 vocal overdub 25. take 17 complete 26. RM4 mono 27. king lear speech isolated 28. radio mix 29. take 17 backing track

CD THREE :
[ABBEY ROAD STUDIO september 5th 1967] (THE FOOL ON THE HILL) 1. take 1
[ABBEY ROAD STUDIO september 5-7th 1967] (BLUE JAY WAY) 2. take 1 3. take 2 reduction mix 4. take 3 vocals overdub
[ABBEY ROAD STUDIO september 8th 1967] (FLYING) 5. take 6 6. take 8 reduction mix overdub 7. RM4 mono
[ABBEY ROAD STUDIO september 16th 1967] (YOUR MOTHER SHOULD KNOW) 8. take 27 BLUE JAY WAY 9. RM1
[ABBEY ROAD STUDIO september 25th 1967] (THE FOOL ON THE HILL) 10. take 3 partial 11. take 3/4 12. take 4 (THE FOOL ON THE HILL rehearsal from RUMI TAPE) 13. message from paul 14. message from george 15. message from ringo 16. rehearsal report 17. rehearsal report continue 18. message to japan (THE FOOL ON THE HILL) 19. take 4 vocals overdub 20. take 4 recorder and percussion overdub
[ABBEY ROAD STUDIO september 26th 1967] (THE FOOL ON THE HILL) 21. take 5 overdub 22. take 6 vocal track 23. take 5 with vocal overdub 24. take partial vocal overdub I AM THE WARLUS 25. take 20 26. take 25 reduction mix FLYING 27. take 8 sound effect overdub 28. RM6 mono

CD FOUR :
[ABBEY ROAD STUDIO september 26th 1967] (FLYING) 1. take 8 + overdub takes 1-5
[ABBEY ROAD STUDIO september 29th 1967] (I AM THE WARLUS) 2. RM23 3. king lear speech (YOUR MOTHER SHOULD KNOW) 4. take 52 reduction mix 5. take 52 organ overdub 6. RM20 simulated
[ABBEY ROAD STUDIO october 2nd 1967] (YOUR MOTHER SHOULD KNOW) 7. RM25 mono (HELLO GOODBYE) 8. unkown rehearsal 9. take 1 10. take 14
[ABBEY ROAD STUDIO october 6th 1967] (BLUE JAY WAY) 11. take 3 cello and tambourine overdub
[ABBEY ROAD STUDIO october 12th 1967] (IT'S ALL TOO MUCH) 12. RM1
[ABBEY ROAD STUDIO october 19th 1967] (HELLO GOODBYE) 13. take 16 14. take 16 guitars overdub 15. take 16 vocal overdub 16. take 17 backing track 17. take 17 reduction mix 18. RS2 barrett mix
[ABBEY ROAD STUDIO october 20th-25th 1967] (THE FOOL ON THE HILL) 19. RM12 mono 20. take 6 flutes and brass harmonica overdub
[ABBEY ROAD STUDIO november 1st 1967] (ALL YOU NEED IS LOVE) 21. yellow submarine mono mix

CD FIVE :
[ABBEY ROAD STUDIO february 4th 1968] (ACROSS THE UNIVERSE) 1. take 2 2. take 2 monitor mix 3. RM take 7 4. RS3
[ABBEY ROAD STUDIO february 6th 1968] (LADY MADONNA) 5. unknown take 6. RS take 4 7. take 4 (ACROSS THE UNIVERSE) 8. take 2 monitor mix LADY MADONNA 9. take 4 monitor mix 1 10. take 4 monitor mix 2 11. take 4 monitor mix 3 12. take 5 13. RS take 3/4/5 14. overdub monitor playback
[ABBEY ROAD STUDIO february 11th 1968] (HEY BULLDOG) 15. unknown take 1 version 1 16. unknown take 1 version 2 17. unknown take 1 version 3 18. take 10 19. take 10 with overdub backing track 20. take 10 vocal overdub 21. RM2 take 10
[EMI STUDIO BOMBAY INDIA january 12th - february 8th 1968] (THE INNER LIGHT) 22. take 3 false start 23. take 5 partial 24. take 8 25. take 2/3 false start 26. take 2/3 + 5/8 partial 27. almost shankara 28. take 5 instrumental
◇BONUS TRACKS
[ABBEY ROAD STUDIO february 1st 1967] (FREE NOW) 29. unknown take
[ABBEY ROAD STUDIO may 19th 1967] (CHRISTMAS TIME -IS HERE AGAIN) 30. take 1 mono
[ABBEY ROAD STUDIO october 13th 1967] (SHIRLEY'S WILD ACCORDION) 31. RS unknown take (I HAVE TRAVELLED) 32. unkown composition (JESSIE'S DREAM) 33. movie soundtrack

CD SIX : [ALTERNATE MIXES]
1. MAGICAL MYSTERY TOUR (takes 8/9 video mix) 2. BLUE JAY WAY (takes 1/3 video mix) 3. YOUR MOTHER SHOULD KNOW (take 52 video mix) 4. I AM THE WARLUS (takes 16/17/20/25 video mix) 5. MAGICAL MYSTERY TOUR (takes 7/8/9 no fx anthology mix) 6. THE FOOL ON THE HILL (takes 5/7 anthology mix) 7. I AM THE WARLUS (anthology mix) 8. HELLO GOODBYE (takes 14/16/17/22 anthology mix) 9. ALL YOU NEED IS LOVE (take 59 anthology mix) 10. LADY MADONNA (takes 4/5 anthology mix) 11. MAGICAL MYSTERY TOUR (blu-ray remix) 12. THE FOOL ON THE HILL (blu-ray remix) 13. FLYING (blu-ray remix) 14. BLUE JAY WAY (blu-ray remix) 15. YOUR MOTHER SHOULD KNOW (blu-ray remix) 16. I AM THE WARLUS (blu-ray remix) 17. HELLO GOODBYE (blu-ray remix) 18. LADY MADONNA / HEY BULLDOG (multitrack playback) 19. HEY BULLDOG (rockband remix) 20. HELLO GOODBYE (rockband remix) 21. I AM THE WARLUS (rockband remix) 22. ALL YOU NEED IS LOVE (rockband remix) 23. CHRISTMAS TIME (IS HERE AGAIN) (take 1 flexidisc mix) 24. CHRISTMAS TIME (IS HERE AGAIN) (take 1 edit stereo)

2017年12月26日

プリンス「パープル・レイン・ツアー」最終公演の決定盤!

pga005sp.jpg



◆ PRINCE & THE REVOLUTION / PURPLE RAIN TOUR FINAL AT MIAMI ORANGE BOWL 1985 (プレス3CD) この商品はこちらから

1985年「パープル・レイン・ツアー」最終公演を、サウンドチェックも含めてサウンドボード音源に最新リマスターを施したタイトルが、完全限定ロー・プライスのプレス2CDにて。

アルバムと映画で一躍世界を席巻した「パープル・レイン」が大ヒットとなり、当時絶頂期を迎えていた1985年ツアーから、そのファイナルとなった、4月7日マイアミ公演を、最新デジタル・リマスタリングを施した過去最高のクオリティーにてコンプリート収録。
まず過去より本ツアーの定番ライン音源として知られる中、マスター起因により、一部カットやラストの”Purple Rain”で音飛びする箇所があったのが、ここではプロユースのマスタリングによりカンペキに修正され、サウンド・クオリティーも文句ナシで、リアルかつド迫力サウンドで、レヴォルーション時代の絶頂期の圧巻のパフォーマンスを凝縮。
そしてオープニング・アクトのシーラEからもしっかり収録されており、ここでの「エロティック・シティ」ではプリンスも参加、そして本編プリンスのライブは劇的なオープニングから、アンコール・ラストの過剰なほどにエモーショナルな「パープル・レイン」まで、一気に突き抜けるパフォーマンスをここに。
とにかく、妥協することなきポップの領域の侵犯であり、スタイリッシュな実験作品と、当時の音楽シーンを驚愕させたアルバム「パープル・レイン」のほぼ全曲と、「1999」までの代表曲によるセットは、この時期ならでは。
そしてさらにdisc:3には同日に行われたサウンドチェックの模様も、マスター・クオリティー、サウンドボードにて収録。

こちらは同日のライブ本編とは全く異なるセットリストで、後に『サイン・オブ・ザ・タイムス』に収録される「ストレンジ・リレーションシップ」や未発表ナンバーの「ハイ・ファッション」、さらには本家JBも吹っ飛ぶ勢いの「ボディヒート」など、単なるサウンドチェックに留まらず、この頃からすでに実験的試行を繰り返していたプリンスのあくなき姿勢がここに。
これまで様々な形態で流通していた音源ながら、貴重なサウンドチェックも含めて、決定盤といえる永久保存プレス限定仕様のコレクターズ・エディション。

DISC 1 : (Sheila E) 01. Shortberry Strawcake/02. The Belle Of St.Mark/03. Oliver’s House/04. Next Time Wipe The Lipstick Off You Collar/05. Erotic City (with Prince)/06. The Glamorous Life/07. Percussion Jam
(Prince & The revolution) 08. Let’s Go Crazy/09. Delirious/10. 1999/11. Little Red Corvette/12. Take Me With You/13. Yankee Doodle Dandy/14. Do Me Baby/15. Irresistible Bitch/16. Possessed
DISC 2 : 01. How Come U Don’t Call Me Anymore/02. Temptation/03. Let’s Pretend We’re Married/04. International Lover/05. God/06. Computer Blue/07. Darling Nikki/08. The Beautiful Ones/09. When Doves Cry/10. I Would Die 4 U/11. Baby I’m a Star/12. Purple Rain
[Live At Orange Bowl, Miami, Florida USA April 7th 1985 : 24bit Digital Remaster Soundboard Recording]

DISC 3 : 01. Controversy – Mutiny/02. I Got Some Help I Don’t Need (as Blues In G)/03. Drums & Keyboards Check/04. Erotic City/05. Something In The Water (Does Not Compute)/06. Bodyheat/07. Strange Relationship /08.High Fashion/09. 17Days Jam/10. Groove In A/11. Groove In F#
[Soundcheck At Orange Bowl, Miami, Florida USA April 7th 1985]

◇Prince & The revolution : Prince (vox, guitar, keyboard), Bobby Z. (drums), Brown Mark (bass), Wendy Melvoin (guitar), Lisa Coleman (keyboards), Dr. Fink (keyboards), Eric Leeds (saxophone) GUESTS=Jerome Benton (dance), Greg Brooks (dance), Wally Safford (dance), Sheila E. (percussion), Miko Weaver (guitar), Eddie M. (saxophone), Juan Escovedo (percussion), Susie Davis (tambourine)

2017年12月25日

プリンスとマイルスによる歴史的セッションと幻の『THE FLESH』をコンパイル

pga006sp.jpg



◆ PRINCE & MILES DAVIS / CANiPLAYwithU? :THE FLESH sessions (プレス4CD) この商品はこちらから

プリンスとマイルスによる歴史的スタジオ・セッションと、マイルス影響下によって制作された、幻のジャズ・ファンク・アルバム『THE FLESH』の全貌に迫る未発表セッション音源をコンパイルしたタイトルが、完全限定ロー・プライスのプレス4CDにて。

プリンスとマイルス・デイヴィスという2人の天才が行うべくして行った、歴史的セッション「キャン・アイ・プレイ・ウィズ・ユー」、そしてその同時期となる1985年から翌年にかけて、プリンスがマイルスに影響を受けて取り組んだと云われる、幻のジャズ・ファンク・アルバム『THE FLESH』のアルバム再現と、そのスタジオ・セッションの模様を時系列にコンパイル。
もちろん全編未発表音源を現存するベスト・クオリティー、サウンドボード・ソースにて集大成したもので、まずプリンスが追加録音した最終完成形となった「キャン・アイ・プレイ・ウィズ・ユー」から始まり、ここでは同時のマイルス・バンドから、マーカス・ミラーも参加しているあたりも要チェック。
そしてその後は結局未リリースのままお蔵入りとなったアルバム『THE FLESH』を完全再現。マイルスに触発されシーラEやエリック・リーズ、さらにウェンディ&リサも後に加わりスリリングなサウンド構成で作り上げたそのインスト・セッションは、ジャズ・テイストとファンキーなグルーヴ感が溢れる、超絶クールな究極のジャズ・ファンクで、アルバムとして完成されたにも関わらず結局陽の目を見ぬままに。
なおこれまでこれらのセッション音源は、その一部であったり曲単位では流通していた中、ここでは関連のセッション音源も含めて、すべて時系列に記録にあるセッション音源をすべて極上ステレオ・サウンドボード音源にてコンパイル。
さらにはエキストラ・トラックとして同時期のハリウッド・セッション音源も追加しており、この時期アルバム『パレード』と映画『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』を制作しながらも、マイルス影響下でこれだけクリエイティブな創作もこなしていたことに改めて驚く、貴重なスタジオ・セッションもたっぷりと。
以上トータル5時間を越す『THE FLESH』セッションの決定盤といえる本タイトルは、永久保存プレス限定仕様のコレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD ONE :
01. CAN I PLAY WITH U? (prince final version - additional overdub) - sunset sound studio, hollywood, CA 26/27 december 1985 - overdub at capitol recording studio, LA 1 march 1986 plus additional overdub during spring/summer 1986
◇Prince (all vocals and instruments) Miles Davis (trumpet) Eric Leeds (saxophone) Adam Holzman (synth) Marcus Miller (bass guitar)

02. JUNK MUSIC (edit version) - sunset sound studio, hollywood, CA 5 january 1986 sessions III / 03. UP FROM BELOW - sunset sound studio, hollywood, CA 5 january 1986 sessions III / 04. Y'ALL WANT SOME MORE - sunset sound studio, hollywood, CA 5 january 1986 sessions III / 05. A COUPLE OF MILES - sunset sound studio, hollywood, CA 26 december 1985 / 06. MILES IS NOT DEAD (LETTER 4 MILES) - paiseley park studio, MN 30 september 1991/february 1992 / 07. CAN I PLAY WITH U? - sunset sound studio, hollywood, CA 26/27 december 1985
[THE FLESH unreleased album : Prince assembled an album by "The Flesh" entitled Junk Music 22 January 1986]
08. SLAUGHTERHOUSE (pt.1&2) 09. MADRID 10. BREATHLESS 11. RUN AMOK
[THE FLESH sessions I - sunset sound studio, hollywood, CA 28 december 1985]

CD TWO :
01. U JUST CAN'T STOP / 02. 12 KEYS (THE QUESTION OF U) / 03. HIGH CALONIC / 04. MOBILE
[THE FLESH sessions II - sunset sound studio, hollywood, CA 30 december 1985]
05. U GOTTA SHAKE SOMETHING / 06. VOODOO WHO (VILLANOVA JUNCTION / IS IT A CRIME) / 07. DAMN / 08. SLOW GROOVE IN G MAJOR 09. GROOVE IN G FLAT MINOR
[THE FLESH sessions III - sunset sound studio, hollywood, CA 5 january 1986]

◇Prince (guitar, keyboards, percussion, drums) Sheila E. (percussion, drums) Levi Seacer, Jr. (bass) Eric Leeds (saxophone) = sessions I&II
+ Jonathan Melvoin (percussion) Lisa Coleman (piano) Wendy Melvoin (guitar) = sessions III

CD THREE :
01. JUNK MUSIC (full version) - sunset sound studio, hollywood, CA 5 january 1986 sessions III / 02. MOST STRONGEST WHISKEY - sunset sound studio, hollywood, CA 30 december 1985 sessions II / 03. GROOVE IN C MINOR - sunset sound studio, hollywood, CA 5 january 1986 sessions III /
04. MADRID (edit) - sunset sound studio, hollywood, CA 28 december 1985 sessions I
[THE FLESH sessions extra]
◇Prince (guitar, keyboards, percussion, drums) Sheila E. (percussion, drums) Levi Seacer, Jr. (bass) Eric Leeds (saxophone) = sessions I&II
+ Jonathan Melvoin (percussion) Lisa Coleman (piano) Wendy Melvoin (guitar) = sessions III

CD FOUR :
01. CAN I PLAY WITH U? (miles davis rough mix) - sunset sound studio, hollywood, CA 26/27 december 1985 / overdub at capitol recording studio, LA 1 march 1986
◇Prince (all vocals and instruments) Miles Davis (trumpet) Eric Leeds (saxophone) Adam Holzman (synth) Marcus Miller (bass guitar)
02. G-SPOT (jimmy destri remix) - sunset sound studio, hollywood, CA 30 january 1986 / 03. EUPHORIA HIGHWAY - sunset sound studio, hollywood, CA 17 february 1986 / 04. IT'S A WONDERFUL DAY - sunset sound studio, hollywood, CA 30 january 1986 / 05. COVERSATION PIECE - sunset sound studio, hollywood, CA 12 january 1986 / 06. WONDERFUL ASS - sunset sound studio, hollywood, CA 27 september 1984 / 07. COME ELEKTRA TUESDAY - sunset sound studio, hollywood, CA 26 may 1985 / 08. HEAVEN - sunset sound studio, hollywood, CA 26 may 1985 / 09. GET ON UP - sunset sound studio, hollywood, CA 3 may 1986 / 10. IN A LARGE ROOM WITH NO LIGHT - sunset sound studio, hollywood, CA 4 may 1986 / 11. BABY GO-GO - sunset sound studio, hollywood, CA 12 june 1986 / 12. JOY IN REPETITION - sunset sound studio, hollywood, CA 17 july 1986 / 13. CRUCIAL - sunset sound studio, hollywood, CA 6 november 1986 / 14. WITNESS 4 THE PROSECUTION - sunset sound studio, hollywood, CA 6 october 1986 / 15. COSMIC DAY - sunset sound studio, hollywood, CA 15 november 1986 / 16. ETERNITY - sunset sound studio, hollywood, CA december 1985 / 17. MILES TALK ABOUT PRINCE - 'Les Enfants Du Rock' 1986 and 'The Arsenio Hall Show' 1989 / 18. CAN I PLAY WITH U? (miles davis final mix) - sunset sound studio, hollywood, CA 26/27 december 1985 : overdub at capitol recording studio, LA 1 march 1986
[HOLLYWOOD sessions 1985/1986]

2017年12月21日

ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』リリース50周年アニバーサリー・エディション

sgt010full.jpg



◆ THE BEATLES / MAGICAL MYSTERY TOUR 50th Complete Edition (1CD+5DVD) この商品はこちらから

2017年、リリース50周年となる『マジカル・ミステリー・ツアー』が、CD+DVDによるアニバーサリー・エディションのシリーズ第10弾として、ビートルズ専門のSGT.レーベルよりここに。
さらに貴重なオリジナル・モノ・フィルムからBBCドキュメンタリーまで、すべて日本語字幕付きバージョンで収録したTVアーカイブス(プレス2DVD)もセットにした限定フル・ヴォリューム・エデイション。
2017年の最新編集音源と初登場最新編集ビデオ・アルバム&新発掘の未発表映像、あとは4時間半に及ぶスタジオ・セッションを加えた1CD+3DVD。さらに50周年スペシャル・エディションとして『マジカル・ミステリー・ツアー』のTVアーカイブス/ジャパニーズ・コレクションもセットで。なお単品リリースもある中、こちらのセットでまとめて購入された方がお得です。


まずCDにはこれまで同様「アニヴァーサリー・リミックス&リマスター」を、エクストラ含め全24曲収録。
そしてメインとなる映像のまずDVD:1には最新オリジナル編集映像で全曲再現した、ビデオ・アルバム、さらにプロモ映像やマジカル映像版の再編集ロング・バージョンといえる海外編集『リヴィジテッド』を収録。アルバムA面にあたる前半は『マジカル・ミステリー・ツアー』の映像版とは別の、全曲すべてオルタネイト編集バージョンで収録し、B面にあたるシングル集もすべてオリジナルのプロモ映像とは異なるオルタネイト編集バージョンにて。またプロモ・ビデオ・エクストラは、ビデオ・アルバムには未収録の「ハロー・グッドバイ」と「ヘイ・ブルドッグ」と、同映像の編集違いである「レディ・マドンナ」の各バージョン違いも。さらに『マジカル・ミステリー・ツアー・リヴィジテッド』は、海外コレクター編集による、再編集ロング・バージョンといえる内容で、マジカル映像本編にアルバムB面にあたるシングル集の曲を含めて曲順や編集を入れ替えた新たな映像バージョン。
そして続くDVD:2には、2017年に新発掘された未発表フィルムによる『マジカル・ミステリー・ツアー』のオルタネイト・エディションとアウトテイク映像集を。これまで見ることの出来なかった珍しい未発表シーンを多数含めて、公式映像とはまったく違う編集となった貴重なバージョンとなるもの。
そして最後のDVD:3には、オーディオDVDとして1967年後半のスタジオ・セッションを、スライドショー形式で収録。トータル4時間39分にわたり、曲ごとにまとめて聞くことができ、映像メニューからセレクトして再生できる便利なアウトテイク音源データ・コレクション。
そしてセットとなる2DVDは、50周年スペシャル・エディションとして『マジカル・ミステリー・ツアー』のTVアーカイブス/ジャパニーズ・コレクション。

こちらのまずdisc:1には、国内で最初にリマスターされて1998年に初めて日本で発売された、かつてのビデオ・バージョンによる本編を収録。ジョージ・マーティンによる初のステレオ・リミックス、そしてロン・ファーマネクにより映像修復された初のリストア・バージョンに、日本語字幕付きでリリースされたこのバージョンは、現在のオフィシャル・バージョンとは音源ミックスも異なり、さらに誤訳も含め字幕も当時ならではの編集にて。
また後半には2012年に、新たなバージョンでリリースされた、当時BBCで放送されたドキュメンタリー特番『BBCアリーナ:マジカル・ミステリー・ツアー・リヴィジテッド』も収録。ポールやリンゴをはじめ、当時を振り返るインタビューや珍しいアウトテイク・シーン含めたドキュメンタリーで、当時1度だけオンエアーされた日本語字幕付きの貴重なTVバージョン。
さらにdisc:2には、70年代に日本で初めて字幕入りで発売された、オリジナル・モノ・フィルムからの8mm映像バージョンを収録。すでに廃盤となって以降、入手困難となっているこの映像は、後のビデオよりクオリティーはやはり劣るものの、オリジナル・モノ音源のサウンドトラックで収録されており、今となっては貴重なバージョンで、しかもこの時代ならではの独特な日本語字幕も要チェック。
さらに後半には海外でTVオンエアーされ、VHSビデオ化もされたドキュメンタリー『マジカル・ミステリー・ツアー・メモリーズ』の日本語字幕TVバージョンを収録。こちらも当時の出演者の回想を中心に、レア映像も含まれた内容となるもので、これも含めてすべて日本語字幕付きで収録された、スペシャル映像コレクション。
以上、アルバム50周年エディションとして、音と映像マテリアルを網羅した、今回も内容充実の集大成となる究極のコレクターズ・アイテム。

CD : 1. MAGICAL MYSTERY TOUR 2. THE FOOL ON THE HILL 3. FLYING 4. BLUE JAY WAY 5. YOUR MOTHER SHOULD KNOW 6. I AM THE WALRUS 7. HELLO GOODBYE 8. STRAWBERRY FIELDS FOREVER 9. PENNY LANE 10. BABY YOU'RE A RICH MAN 11. ALL YOU NEED IS LOVE
[50TH ANNIVERSARY REMIX AND REMASTER]
12. MAGICAL MYSTERY TOUR (original voice over remix) 13. THE FOOL ON THE HILL (soundtrack remix) 14. FLYING PART.1 (soundtrack remix) 15. FLYING PART.2 (soundtrack remix) 16. I AM THE WALRUS (soundtrack remix) 17. BLUE JAY WAY (soundtrack remix) 18. YOUR MOTHER SHOULD KNOW (soundtrack remix) 19. MAGICAL MYSTERY TOUR (REPRISE) (soundtrack remix) 20. HELLO GOODBYE (new create remix) 21. MAGICAL MYSTERY TOUR (paul's voice over remix) 22. LADY MADONNA (anthology remix) 23. ALL YOU NEED IS LOVE (anthology remix) 24. CHRISTMAS TIME (IS HERE AGAIN) (stereo mix)
[EXTRA TRACKS]

DVD ONE : NTSC 16:9 / 4:3 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono : time approx. 125min.
MAGICAL MYSTERY TOUR / THE FOOL ON THE HILL / FLYING / BLUE JAY WAY / YOUR MOTHER SHOULD KNOW / I AM THE WALRUS / HELLO GOODBYE / STRAWBERRY FIELDS FOREVER / PENNY LANE / BABY YOU'RE A RICH MAN / ALL YOU NEED IS LOVE
[VIDEO ALBUM]
HELLO GOODBYE (Top Of The Pops) / LADY MADONNA (Anthology Mix) / LADY MADONNA (Version 1) / LADY MADONNA (Version 2) / HEY BULLDOG
[PROMO VIDEO EXTRA]
INTRODUCTION / THE MAGICIANS / MAGICAL MYSTERY TOUR / RINGO AND AUNT JESSIE / PENNY LANE / GOOD MORNING MISS WINTERS / THE FOOL ON THE HILL / MAGIC IS BEGINNING / STRAWBERRY FIELDS FOREVER / FLYING / BLUE JAY WAY / MY DEAR LADY / ALL YOU NEED IS LOVE / SGT.SPINETTI / I AM THE WALRUS / JESSIE'S DREAM / HELLO GOODBYE / MAGICAL MYSTERY MARATHON / BABY YOU'RE A RICH MAN / SINGALONG ON THE BUS / A DAY IN THE LIFE / DEATH CAB FOR CUTIE (The Bonzo Dog Doo-Dah Band) / YOUR MOTHER SHOULD KNOW / MAGICAL MYSTERY TOUR (Reprise) / HELLO GOODBYE (Finale) / HELLO GOODBYE (Bonus)
[MAGICAL MYSTERY TOUR REVISITED]

DVD TWO : NTSC 16:9 / 4:3 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono : time approx. 121min.
INTRODUCTION / MAGICAL MYSTERY TOUR / RINGO AND AUNT JESSIE / THE FOOL ON THE HILL / SGT.SPINETTI / MAGICAL MYSTERY MARATHON / FLYING / STRAWBERRY FIELDS FOREVER (Sequence) / NAT'S DREAM / WAITING ON A BUS / I'M GOING IN A FIELD (Ivor Cutler) / ALL MY LOVING (Sequence) / I AM THE WALRUS / JESSIE'S DREAM / DINING SCENE / JESSIE ON DRUMS / YESTERDAY / HERE WE GO ROUND THE MULBERRY BUSH (Traffic) / HELLO GOODBYE (FISH AND CHIPS) / INTO THE TENT / BLUE JAY WAY / I AM THE WALRUS (Sequence) / YOU MADE ME LOVE YOU / JESSIE'S BLUES / THE WALLS OF JERICHO / DEATH CAB FOR CUTIE (The Bonzo Dog Doo-Dah Band) / YOUR MOTHER SHOULD KNOW / MAGICAL MYSTERY TOUR (Reprise) / HELLO GOODBYE (Finale)
[MAGICAL MYSTERY TOUR - ALTERNATE EDITION]
MAGICAL MYSTERY TOUR / MAGICAL MYSTERY MARATHON / I AM THE COURIER / I AM THE WALRUS / FLYING / BLUE JAY WAY / DINING SCENE / JESSIE ON DRUMS / NAT'S DREAM / YOUR MOTHER SHOULD KNOW / ON THE BUS (Interviews) / BBC:IVOR CUTLER (Documentary)
[MAGICAL MYSTERY TOUR – OUTTAKES ON TV - DECEMBER 26th 1967]

DVD THREE : NTSC 16:9 / 4:3 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono : time approx. 4h39min.
MAGICAL MYSTERY TOUR 1. RM4 2. RM7 THE FOOL ON THE HILL 3. Take 1 4. Take 3 - Partial 5. Take 4 6. Take 5 - With Vocal Overdubs 7. Si Onto Take 5 - Partial Vocal Overdub FLYING 8. Flying (Rm4) (Mono) 9. Take 8+Overdub Takes 1-5 BLUEJAY WAY 10. RM1 YOUR MOTHER SHOULD KNOW 11. Take 8 12. Take 27 I AM THE WARLUS 13. Take Unknown - Partial 14. Take 7 - Monitor Mix 15. Take 8 - Monitor Mix 16. Take 9 - Monitor Mix 17. Rehearsal - Monitor Mix 18. Take 17 – Complete 19. Rm4 20. BBC King Lear - Isolated Speech 21. Radio Mix 22. Take 17 - Backing Track 23. Si Onto Take 17+Si Onto Take 25 - All Vocal Overdubs 24. Rs From Takes 16+17 HELLO GOODBYE 25. Unknown Rehearsal Take 26. Take 1 27. Take 16 28. Take 17 - Backing Track 29. Si Onto Take 16 - Vocal Overdubs 30. RS2 - Dry Barrett Mix ALL YOU NEED IS LOVE 31. Unknown Take I V1 32. Unknown Take Ii With Voiceover 33. EMI Take 10 - Partial 34. Warmup Take 35. Take 59 36. Take 59 - Partial Clean Studio Chat 37. Take 59 - Backing Track 38. Si Onto Take 10 + Si Onto Take 59 - Vocal Track 39. Rm11 ALL TOGETHER NOW 40. RM6 IT'S ALL TOO MUCH 41. RM1 ACROSS THE UNIVERSE 42. Take 2 43. RM From Take 7+FX 44. RS3 LADY MADONNA 45. Unknown Take 46. RS From Take 4 47. Take 4 48. Take 5 49. RS From Takes 3,4+5 50. Overdubs - Monitor Playback HEY BULLDOG 51. Unknown Take 1 - Partial 52. Unknown Take 2 – Partial 53. Unknown Take 3 - Partial 54. Take 10 55. Take 10 with Overdubs - Backing Track 56. Si Onto Take 10 - All Vocal Overdubs 57. RM2 From Take 10 THE INNER LIGHT 58. Take 3 - False Start 59. Take 5 Partial 60. Take 8 61. Take 2 - False Start 62. Takes 2-3, 5+8 Partial 63. Almost Shankara (Take 1) 64. Take 5 - Without Vocal Extraction 65. Take 5 - Without Vocal FREE NOW 66. Take Unknown CHRISTMAS TIME (IS HERE AGAIN) 67. Take 1
[STUDIO SESSIONS - AUDIO TRACKS slideshow]
68. Shirley's Wild Accordion (Rs From Unknown Take - Blu-Ray Mix) 69. I Have Travelled (Unknown Composition - Blu-Ray Mix) 70. Jessie's Dream (Blu-Ray Mix) 71. Magical Mystery Tour (Rs From Takes 8+9 - Home Video Mix) 72. Blue Jay Way (Rs From Takes 1+3 - Home Video Mix) 73. Your Mother Should Know (Rs From Take 52 - Home Video Mix) 74. I Am The Walrus (Rs From Takes 16,17,20+25 - Home Video Mix)
[SOUNDTRACK]
75. Magical Mystery Tour (Rs From Take 7,8+9 - Anthology 5.1 Stereo Dvd Mix - No Bus Fx) 76. The Fool On The Hill (Rs From Takes 5+7 - Partial Anthology Dvd Mix) 77. I Am The Walrus (Rs From Takes 16,17,20+25 - Anthology Dvd Mix) 78. Hello Goodbye (Rs From Takes 14,16,17+22 - Anthology Dvd Mix) 79. All You Need Is Love (Rs Of Take 59 - Anthology Dvd Mix) 80. Lady Madonna (Rs From Takes 4+5 - Anthology Dvd Mix) 81. Magical Mystery Tour (Rs From Take 8+9 - Blu-Ray Mix) 82. The Fool On The Hill (Rs From Takes 5+7 - Blu-Ray Mix) 83. Flying (Rs From Take 8 - Blu-Ray Mix) 84. Blue Jay Way (Rs From Takes 1+3 - Blu-Ray Mix) 85. Your Mother Should Know (Rs From Take 52 - Blu-Ray Mix) 86. I Am The Walrus (Rs From Takes 16,17,20+25 - Blu-Ray Mix) 87. Hello Goodbye (Rs From Takes 14,16,17+22 - Partial Blu-Ray Mix) 88. Christmas Time (Is Here Again) (Edit Of Take 1 - Flexi Disc Mix) 89. Christmas Time (Is Here Again) (Edit Of Take 1) 90. Across The Universe (Take 2 - Longer Monitor Mix) 91. Lady Madonna (Take 4 - Monitor Mix 1) 92. Lady Madonna (Take 4 - Monitor Mix 2) 93. Lady Madonna (Take 4 - Monitor Mix 3) 94. Lady Madonna + Hey Bulldog (Multi-Track Playback) 95. All You Need Is Love (Unknown Take I V2 - Anthology Dvd Mix) 96. All You Need Is Love (Unknown Take I V3 - Rockband Alternates) 97. I Am The Walrus (Rs From Takes 16,17,20+25 - Rockband Mix) 98. Hello Goodbye (Rs From Takes 14,16,17+22 - Rockband Mix) 99. All You Need Is Love (Rs Of Take 59 - Rockband Mix) 100. Hey Bulldog (Rs From Take 10 - Rockband Mix)
[ALTERNATES AND REMIXES]

DVD FOUR : NTSC 4:3 in 16:9 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 110min
MAGICAL MYSTERY TOUR / THE FOOL ON THE HILL / SHE LOVES YOU (Orchestra) / FLYING / ALL MY LOVING (Orchestra) / I AM THE WALRUS / BLUE JAY WAY / DEATH CAB FOR CUTIE (The Bonzo Dog Doo-Dah Band) / YOUR MOTHER SHOULD KNOW / MAGICAL MYSTERY TOUR / HELLO GOODBYE (Finale)
[MAGICAL MYSTERY TOUR : STEREO REMASTER 1998]
PART 1 - BOXING DAY 1967 / PART 2 - MADE LIKE ART FILM / PART 3 - THE BEATLES AS ITS READERS / PART 4 - PSYCHEDELIC ELEMENTS / PART 5 - COMING TO TAKE YOU WAY
[BBC ARENA : MAGICAL MYSTERY TOUR REVISITED 2012]

DVD FIVE : NTSC 4:3 in 16:9 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 108min
MAGICAL MYSTERY TOUR / THE FOOL ON THE HILL / SHE LOVES YOU (Orchestra) / FLYING / ALL MY LOVING (Orchestra) / I AM THE WALRUS / BLUE JAY WAY / DEATH CAB FOR CUTIE (The Bonzo Dog Doo-Dah Band) / YOUR MOTHER SHOULD KNOW / MAGICAL MYSTERY TOUR / HELLO GOODBYE (Finale)
[MAGICAL MYSTERY TOUR : ORIGINAL MONO FILM]
PART 1 - FROM LONDON TO CORNWALL / PART 2 – NEWQUAY / PART 3 – KENT / PART 4 - WEST MALLING
[MAGICAL MYSTERY TOUR MEMORIES 2008]

2017年12月20日

クラプトン2017年ライブの集大成ボックス・セット!

mvr833sl.jpg



◆ ERIC CLAPTON / THE COMEBACK KID (プレス9CD SET) この商品はこちらから

クラプトン・ファン必携のミッドバレイ・レーベルより、2017年音楽活動50周年を祝うコンサート「A Celebration Of 50 Years Of Music」の秋の全6公演を、ベスト・クオリティーでコンパイルしたタイトルが、100セット完全限定のナンバリング入り仕様にて。

2017年9月、この年の3月と5月に続いて、またニューヨークとロサンゼルスで行なわれるたこのコンサートは、7&8日がマジソン・スクエア・ガーデンにて。さらに13日から18日にかけて4回公演となった、ロスアンゼルスのイングルウッド・フォーラムと、トータル6公演が行われ、その全てをテジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
そして基本的なセットは全般的には同じながら、同年3月にはなかった”Lay Down Sally”がセットインしたり、マジソン・スクエア・ガーデン2公演でのみ”Sunshine Of Your Love”が披露されたりと、シフト・チェンジはいくつかあり。
また中盤では久しぶりの”White Room”が全日披露され、後半でのワウペダルを踏みまくってのソロ・パートはやはり鳥肌もの。
さらにいずれもオープニング・アクトを務めた、盟友ギタリストのジミー・ヴォーンとゲイリー・クラーク・Jr.が飛入りしており、そのあたりも要チェックのファン必携の完全限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. Intro 2. Somebody's Knocking 3. Key to the Highway 4. I'm Your Hoochie Coochie Man 5. I Shot the Sheriff 6. Driftin' Blues 7. Lay Down Sally 8. Nobody Knows You When You're Down and Out 9. Layla 10. Tears in Heaven 1. White Room 12 Wonderful Tonight
Disc 2 : 1. Crossroads 2. Little Queen of Spades 3. Cocaine 4. Sunshine of Your Love 5. Before You Accuse Me (with Jimmie Vaughn & Gary Clark Jr.)
[Live at Madison Square Garden, New York, NY. USA 7th September 2017]

6. Somebody's Knocking 7. Key to the Highway 8. I'm Your Hoochie Coochie Man 9. I Shot the Sheriff 10. Driftin' Blues 11. Lay Down Sally
Disc 3 : 1. Nobody Knows You When You're Down and Out 2. Layla 3. Tears in Heaven 4. White Room 5. Wonderful Tonight 6. Crossroads 7. Little Queen of Spades 8. Cocaine 9. Sunshine of Your Love 10. Before You Accuse Me (with Jimmie Vaughn & Gary Clark Jr.)
[Live at Madison Square Garden, New York, NY. USA 8th September 2017]

Disc 4 : 1. Somebody Knocking 2. Key To The Highway 3. Hoochie Coochie Man 4. I Shot The Sheriff 5. Driftin' Blues 6. Lay Down Sally 7. Nobody Knows You When You're Down And Out 8. Layla 9. Tears In Heaven 10. White Room 11. Wonderful Tonight
Disc 5 : 1. Crossroads 2. Little Queen Of Spades 3. Cocaine 4. Before You Accuse Me (with Jimmie Vaughan and Gary Clark Jr.)
[Live at The Forum, Inglewood, CA, USA September 13th 2017]

5. Somebody Knocking 6. Key To The Highway 7. Hoochie Coochie Man 8. I Shot The Sheriff 9. Driftin' Blues 10. Nobody Knows You When You're Down And Out 11. Lay Down Sally

Disc 6 : 1. Layla 2. Tears In Heaven 3. White Room 4. Wonderful Tonight 5. Crossroads 6. Little Queen Of Spades 7. Cocaine 8. Before You Accuse Me (with Jimmie Vaughan and Gary Clark Jr.)
[Live at The Forum, Inglewood, CA, USA September 15th 2017]

Disc 7 : 1. Somebody Knocking 2. Key To The Highway 3. Hoochie Coochie Man 4. I Shot The Sheriff 5. Driftin' Blues 6. Lay Down Sally 7. Nobody Knows You When You're Down And Out 8. Layla 9. Tears In Heaven 10. White Room 11. Wonderful Tonight
Disc 8 : 1. Crossroads 2. Little Queen Of Spades 3. Cocaine 4. Before You Accuse Me (with Jimmie Vaughan and Gary Clark Jr.)
[Live at The Forum, Inglewood, CA, USA September 16th 2017]

5. Somebody Knocking 6. Key To The Highway 7. Hoochie Coochie Man 8. I Shot The Sheriff 9. Driftin' Blues 10. Lay Down Sally
Disc 9 : 1. Nobody Knows You When You're Down And Out 2. Layla 3. Tears In Heaven 4. White Room 5. Wonderful Tonight 6. Crossroads 7. Little Queen Of Spades 8. Cocaine 9. Before You Accuse Me (with Jimmie Vaughan and Gary Clark Jr.)
[Live at The Forum, Inglewood, CA, USA September 18th 2017]

◇ Eric Clapton - guitar, vocals / Chris Stainton - piano, keyboards / Walt Richmond - organ, keyboards / Nathan East - bass / Steve Gadd – drums / Sharlotte Gibson - backing vocals / Sharon White - backing vocals

2017年12月14日

ビートルズの公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、BBCライブ第2弾も!

egdr02w.jpg



◆ THE BEATLES / THE LOST BBC SESSIONS #2 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第15弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてそのビートルズの9タイトル目は、BBCライブの「ロストBBCセッションズ Vol.2」で、VOL.1同様オフィシャル・リリース・テイクとは一切ダブりのない、完全未発表テイクを全27トラック収録。
よって初期ヒット・ナンバーの、貴重スタジオ・ライブ・テイクから、ラジオ番組のテーマソングなど、あまり知られていないレア・トラックなども多数。
まずビートルズはイギリスBBCのラジオ番組に、1962年3月の初出演から、19655年5月まで全52回の出演とライブ収録を行い300曲近い貴重な録音を残した中で、これまで公式発表されたテイクは95曲。
それは当時録音されたマスター・テープの大半は消去されるのが常で、BBCにもやはりマスターは残されておらず、よって一般的にはこれまでオフィシャルで発表された95曲が全てということに。
それでもこれまで関係者流出や、放送用ディスク・コピー、ファンが記録していたテープなどのいくつかの音源は流通しており、今回また新たに発掘されたマスターも含め、現存する最上級のヴィンテージ・マスター音源に、デジタル・リマスタリングも施し、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにてここに。
そしてこのVol.2では、ブレイク後1963年12月からスタートした、「FROM US TO YOU」というメインとなった番冠組から、1965年までの各種スタジオ・ライブがたっぷり収録されており、その番組名を冠した「From Me To You」の替え歌"From Us To You"は、オフィシャルに収録されなかった初回放送のレア・テイクからスタート。
なおVol.1と重複している曲も、違うギター・フレーズなどを織り込んでいるあたりは興味深く、また"Tie Me Kangaroo Down, Sport"は、番組DJのロルフ・ハリスのヒット曲で、ビートルズもコーラス参加。そしてオフィシャルでは未発表の”I Should Have Know Better”、さらに”The Night Before”は唯一のライブ演奏トラックで、このあたりはファン必聴のライブ・トラック。
ビートルズ・BBCライブ・シリーズの第2弾であり、ファン必携の限定コレクターズ・エディション。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

*From Us To You (Programme theme) [FROM US TO YOU (VOL.1) rec. 18th Dec. 1963]
*Introduction [FROM US TO YOU (VOL.1) rec. 18th Dec. 1963]
*She Loves You [POP GO THE BEATLES (VOL.9) rec. 16th July 1963]
*Devil In Her Heart [POP GO THE BEATLES (VOL.10) rec. 16th July 1963]
*Roll Over Beethoven [FROM US TO YOU (VOL.1) rec. 18th Dec. 1963]
*Anna (Go To Him) [POP GO THE BEATLES (VOL.4) rec. 17th June 1963]
*I Got To Find My Baby [SATURDAY CLUB rec. 24th June 1963]
*I Saw Her Standing There [FROM US TO YOU (VOL.1) rec. 18th Dec. 1963]
*Tie Me Kangaroo Down, Sport [FROM US TO YOU (VOL.1) rec. 18th Dec. 1963 w/Rolf Harris]
*I'll Get You [SATURDAY CLUB rec. 30th July 1963
*There's A Place [POP GO THE BEATLES (VOL.5) rec. 2nd July 1963]
*You Can't Do That [SATURDAY CLUB rec. 31st March 1964]
*Long Tall Sally [SATURDAY CLUB rec. 31st March 1964]
*Kansas City / Hey Hey Hey Hey! [FROM US TO YOU (VOL.3) rec. 1st May 1964]
*Please Mr. Postman [FROM US TO YOU (VOL.2) rec. 28th February 1964]
*JL with Alan Freeman (Interview) [FROM US TO YOU (VOL.2) rec. 28th February 1964]
*This Boy [FROM US TO YOU (VOL.2) rec. 28th February 1964]
*All I Want For Christmas (Interview/ad-liv) [SATURDAY CLUB rec. 17th Dec. 1963 / Xmas message]
*I Want To Hold Your Hand [SATURDAY CLUB rec. 17th Dec. 1963]
*Till There Was You [SATURDAY CLUB rec. 17th Dec. 1963]
*If I Fell [FROM US TO YOU (VOL.4) rec. 17th July 1964]
*Things We Said Today [FROM US TO YOU (VOL.4) rec. 17th July 1964]
*I Should Have Know Better [FROM US TO YOU (VOL.4) rec. 17th July 1964]
*Let's Have A Look (Interview) [FROM US TO YOU (VOL.4) rec. 17th July 1964]
*Boys [FROM US TO YOU (VOL.4) rec. 17th July 1964]
*A Hard Day's Night [FROM US TO YOU (VOL.4) rec. 17th July 1964 / John Double Track Vocal]
*I'm A Loser [THE BEATLES Invite You to TAKE A TICKET TO RIDE rec. 26th May 1965]
*John, Paul, George And Denny (Interview) [THE BEATLES Invite You to TAKE A TICKET TO RIDE rec. 26th May 1965]
*The Night Before [THE BEATLES Invite You to TAKE A TICKET TO RIDE rec. 26th May 1965]
*She's A Woman [THE BEATLES Invite You to TAKE A TICKET TO RIDE rec. 26th May 1965]
*Ticket To Ride [THE BEATLES Invite You to TAKE A TICKET TO RIDE rec. 26th May 1965]
*From Us To You (Programme theme#2) [FROM US TO YOU (VOL.2) rec. 28th February 1964]

2017年12月12日

ビートルズの公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、BBCライブ第1弾が登場

egdr01w.jpg



◆ THE BEATLES / THE LOST BBC SESSIONS #1 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第14弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてそのビートルズの8タイトル目は、BBCライブの「ロストBBCセッションズ Vol.1」で、このVOL.1にはオフィシャル・リリース・テイクとは一切ダブりのない、完全未発表テイクを全29トラック収録。
よって”She Loves You”や”Please Please Me”など初期ヒット・ナンバーの、貴重スタジオ・ライブ・テイクから、ラジオ番組のテーマソングなど、あまり知られていないレア・トラックなども多数。
まずビートルズはイギリスBBCのラジオ番組に、1962年3月の初出演から、19655年5月まで全52回の出演とライブ収録を行い300曲近い貴重な録音を残した中で、これまで公式発表されたテイクは95曲。
それは当時録音されたマスター・テープの大半は消去されるのが常で、BBCにもやはりマスターは残されておらず、よって一般的にはこれまでオフィシャルで発表された95曲が全てということに。
それでもこれまで関係者流出等でいくつかの音源は流通しており、今回また新たに発掘されたマスターも含め、現存する最上級のヴィンテージ・マスター音源に、デジタル・リマスタリングも施し、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにてここに。
そしてブレイク後の1963年6月から「POP GO THE BEATLES」、同年12月からは「FROM US TO YOU」(こちらは本シリーズ#2に収録)という、メインとなった番冠組もスタートし、本タイトルはその番組タイトル名を冠した"Pop Go The Beatles"から幕を開け、若き4人が躍動するスタジオ・ライブがたっぷりと。
また楽曲トラック以外に司会者とのウィットに富んだメンバー達のコメントも楽しく、ポールのバースデーを祝うtrack.15などもあり、またラジオならではのユニークな番組ソング"Side By Side"のテーマなども貴重。
ビートルズ・BBCライブ・シリーズの第1弾であり、ファン必携の限定コレクターズ・エディション。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

*Pop Go The Beatles (Short version) [POP GO THE BEATLES (VOL.10) rec. 16th July 1963]
*She Loves You [POP GO THE BEATLES (VOL.10) rec. 16th July 1963]
*All My Loving [FROM US TO YOU (VOL.1) rec. 18th December 1963]
*I Saw Her Standing There [POP GO THE BEATLES (VOL.4) rec. 17th June 1963]
*Memphis Tennessee [SATURDAY CLUB rec. 24th June 1963]
*Roll Over Beethoven [SATURDAY CLUB rec. 24th June 1963]
*You Really Got A Hold On Me [POP GO THE BEATLES (VOL.9) rec. 16th July 1963]
*I'll Get You [POP GO THE BEATLES (VOL.9) rec. 16th July 1963]
*Till There Was You [POP GO THE BEATLES (VOL.2) rec. 1st June 1963]
*A Shot Of Rhythm and Blues [POP GO THE BEATLES (VOL.3) rec. 1st June 1963]
*Side By Side Theme (w/the karl denver trio) [SIDE BY SIDE rec. 4th April 1963 / Previously Un-Released]
*Too Much Monkey Business [SIDE BY SIDE rec. 4th April 1963]
*From Me To You [SIDE BY SIDE rec. 4th April 1963 / without Harp
*Long Tall Sally [SATURDAY CLUB rec. 21st May 1963]
*Happy Birthday Paul (Interview/ad-lib) [POP GO THE BEATLES (VOL.3) rec. 1st June 1963]
*A Taste Of Honey [POP GO THE BEATLES (VOL.3) rec. 1st June 1963]
*Money (That's What I Want) [POP GO THE BEATLES (VOL.3) rec. 1st June 1963]
*Do You Want To Know A Secret? [HERE WE GO rec. 6th March 1963]
*Please Please Me [HERE WE GO rec. 6th March 1963]
*Chains [SIDE BY SIDE rec. 1st April 1963]
*Brackets! (Interviw) [POP GO THE BEATLES (VOL.14) rec. 3rd September 1963]
*Boys [POP GO THE BEATLES (VOL.14) rec. 3rd September 1963]
*Twist And Shout [POP GO THE BEATLES (VOL.4) rec. 17th June 1963]
*Love Me Do [POP GO THE BEATLES (VOL.13) rec. 3rd September 1963]
*Misery [POP GO THE BEATLES (VOL.14) rec. 3rd September 1963]
*The Hippy Hippy Shake [SATURDAY CLUB rec. 7th January 1964]
*I Want To Hold Your Hand [SATURDAY CLUB rec. 7th January 1964]
*Sure To Fall (In Love With You) [SATURDAY CLUB rec. 31st March 1964]
*Kansas City / Hey Hey Hey Hey! [FROM US TO YOU (VOL.4) rec. 17th July 1964]
*You Can't Do That [FROM US TO YOU (VOL.2) rec. 28th February 1964]
*Programme Ending (MC) [POP GO THE BEATLES (VOL.4) rec. 17th June 1963] / Pop Go The Beatles (Long version) same as above / with the Lorne Gibson Trio / Previously Un-Released Song

2017年12月10日

エンプレス・バレイからゼップ1975年の名ライブがリリシュー

evsd564lz.jpg



◆ LED ZEPPELIN / SNOW BLIND (プレス6CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、1975年ツアー屈指の名演奏と言われる3月19&20日のバンクーバー2daysをカップリングした名アイテム「SNOW BLIND」が、新装帯付き紙ジャケット仕様の限定200セットでここに。

過去にもシークレット・ディスク付属仕様などで、幾度かリリースされては即ソールド・アウトとなっていた名品が、今回は価格も抑えた新タイプ仕様にてリリシューされたもの。
そしてその内容はすでに周知のファンも多い中、1975年USツアーにおいて全39公演終盤で、過去より名演と言われていたバンクーバー公演を、世界初登場となる高音質サウンドボード音源にて両日の模様をコンプリート収録。音のクリアーさから各パートの音圧、プラントのヴォーカルから観客の声まで素晴らしいバランスでレコーディングされており、いずれも3時間あまりにわたり、最後まで奇跡的なテンションで繰り広げられる絶頂期ZEPPの最高のパフォーマンスとなるもの。
なおセット面も本編は同様ながら、初日のアンコールは"BLACK DOG"、翌日は"HEARTBREAKER"で、何よりもこの3月17日から21日までの4公演の演奏は神がかりと言われており、演奏のミスさえ名演へと昇華させてしまう勢いで、特に両日の"TRAMPLED UNDERFOOT"の凄まじさは鳥肌もので、初日はペイジの多彩なフレーズ、翌日はプラントがミスが引き起こすもライブならではのミラクル・バージョンとなるあたりは必聴。
なお今回ジミー・ペイジ、カバーの最終入荷ゆえ、ご希望の方はお早めに。
DISC 1 : 1. ROCK AND ROLL 2. SICK AGAIN 3. OVER THE HILLS AND FAR WAY 4. IN MY TIME OF DYING 5. THE SONG REMAINS THE SAME 6. THE RAIN SONG 7. KASHMIR
DISC 2 : 1. NO QUARTER 2. TRAMPLED UNDERFOOT 3. MOBY DICK
DISC 3 : 1. DAZED AND CONFUSED 2. STAIRWAY TO HEAVEN 3. WHOLE LOTTA LOVE 4. BLACK DOG
[Live in Vancouver, British Columbia, Canada 19th March 1975]

DISC 4 : 1. ROCK AND ROLL 2. SICK AGAIN 3. OVER THE HILLS AND FAR WAY 4. IN MY TIME OF DYING 5. THE SONG REMAINS THE SAME 6. THE RAIN SONG 7. KASHMIR
DISC 5 : 1. NO QUARTER 2. TRAMPLED UNDERFOOT 3. MOBY DICK
DISC 6 : 1. DAZED AND CONFUSED 2. STAIRWAY TO HEAVEN 3. WHOLE LOTTA LOVE 4. HEARTBREAKER
[Live in Vancouver, British Columbia, Canada 20th March 1975]

2017年12月08日

ジャクソン・ブラウン、大阪公演も高音質サウンドで限定リリース!

evjb17os.jpg



◆JACKSON BROWNE / ONE FOR YOU, ONE FOR ME (プレス2CD) この商品はこちらから

デビュー45周年を迎え、2015年に続く来日公演より、2017年10月23日大阪オリックス劇場でのライブを、デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録したタイトルが、100セット・リリースの完全限定盤にてここに。

まず全編にわたり距離感をまるで感じさせないクリアーかつ、ダイレクト感と繊細なサウンドで大阪の一夜をカンペキに再現。
そして今回の6公演でのセットリストは、共通していたのは7曲のみで、特にここ大阪は古くから熱心なファンも多いことで有名でもあり、その熱気を受けてか東京3公演、名古屋を終えているにも関わらずなんと8曲が初登場となることに。
特に後半"Somebody's Baby"からアンコール・ラストまでのセットはまさに神がかりで、すでにアンコールまでにかなりの曲数をプレイしていたゆえ、"Tale it Easy"でエンドかと思いきや、メンバーはステージから降りたのに、ジャクソンだけが残り、おもむろにピアノの前に座った後、あのイントロから"The Load-Out / Stay"が。
そしてメンバーも再び戻りバンド演奏へと流れ感動のエンドという、誰もがこのジャパン・ツアー中、ベスト・プレイ&セットリストだったと賞賛の一夜を完全限定永久保存プレス2CDにて。
なお、100セット限定ナンバリング入りのコレクターズ・エディションです。早期完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. The Birds of St. Marks 02. Some Bridges 03. You Love the Thunder 04. The Long Way Around 05. Love Needs a Heart 06. Looking East 07. Late for the Sky 08. Here Come Those Tears Again 09. Never Stop 10. These Days 11. Before the Deluge 12. Something Fine 13. The Naked Ride Home
Disc 2 : 01. I'm Alive 02. Linda Paloma 03. Somebody's Baby 04. Doctor My Eyes 05. Boulevard 06. That Girl Could Sing 07. In the Shape of a Heart 08. Band Introduction 09. The Pretender 10. Running on Empty 11. Take It Easy 12. Our Lady of the Well 13. The Load-Out / Stay
[Recorded at ORIX Thater, Osaka, Japan. 23rd October 2017]
◇ Jackson Browne (Vocals, Guitar, Piano), Greg Leisz (Pedal Steel, Guitar), Val McCallum (Guitar), Mauricio Lewak (Drums), Bob Glaub (Bass), Jeff Young (Keyboards), Chavonne Stewart (Chorus) Alethea Mills (Chorus)

2017年12月07日

エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパンから、ポール来日後のレア・ライブが限定リリース!

xavelm148p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / ONE ON ONE at MSG COMPLETE (限定プレス6CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年「One On One」北米ツアー・セカンド・レグのハイライトとなった、9月15&17日ニューヨーク、MSG公演を、いずれもステレオ・サウンドボード音源と同レベルで収録したタイトルが、200セット限定プレス6CDでここに。

まず同年の来日公演同様、エンプレス・バレイとタッグを組んだおなじみの、マルチ・ステレオIEM+サウンドボード・マトリクス録音によるオリジナル・マスターを使用。よってあの武道館や東京ドーム3公演のボックスと同クオリティーとなる、リアル・ステレオ・サウンドボードのレベルゆえ、オフィシャル・ライブ盤と比べても、何も遜色のないサウンド・クオリティーにて。
そして来日後の各地のコンサートの中でも、ここマジソン・スクエア・ガーデンはやはり特別なもので、しかも2回公演ということでセット内容ももちろんシフト・チェンジ。さらに最大の聞きどころは初日15日のアンコール”I Saw Her Standing There”にて、ブルース・スプリングスティーンとスティーヴ・ヴァン・ザントが飛び入りし、しかも2回続けて演奏するというのが大きな話題となることに。
それらも含めてジャパン・ツアー以後のベスト・ライブを、流出ステレオ・サウンドボード音源で聴けるということで、再び日本公演の感動が蘇る、ファン必携のコレクターズ・エディション。
なお今回も200セット限定リリース(ナンバリング・カード付属)、美麗ホログラム・ジャケ、日本語帯つき仕様のメモリアル・アイテムで、早期完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Junior's Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Jet 06. All My Loving 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen a Face 13. In Spite of All the Danger
Disc 2 : 01. You Won't See Me 02. Love Me Do 03. And I Love Her 04. Blackbird 05. Here Today 06. Queenie Eye 07. New 08. Lady Madonna 09. FourFiveSeconds 10. Eleanor Rigby 11. I Wanna Be Your Man 12. Being for the Benefit of Mr. Kite! 13. Something 14. A Day in the Life / Give Peace a Chance 15. Ob-La-Di, Ob-La-Da
Disc 3: 01. Band on the Run 02. Back in the U.S.S.R. 03. Let It Be 04. Live and Let Die 05. Hey Jude –encore- 06. Yesterday 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Helter Skelter 09. I Saw Her Standing There #1 * 10. I Saw Her Standing There #2 * 11. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Recorded at Madison Square Garden, NYC, NY, USA 15th September 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM + Stereo Soundboard Source / Matirx Recording / (*) with Bruce Springsteen & Steven Van Zandt]

Disc 4 : 01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Save Us 04. Can't Buy Me Love 05. Letting Go 06. Got to Get You Into My Life 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. In Spite of All the Danger
Disc 5 : 01. You Won't See Me 02. Love Me Do 03. And I Love Her 04. Blackbird 05. Here Today 06. Queenie Eye 07. New 08. Lady Madonna 09. FourFiveSeconds 10. Eleanor Rigby 11. I Wanna Be Your Man 12. Being for the Benefit of Mr. Kite! 13. Something 14. A Day in the Life / Give Peace a Chance
Disc 6 : 01. Ob-La-Di, Ob-La-Da 02. Band on the Run 03. Back in the U.S.S.R. 04. Let It Be 05. Live and Let Die 06. Hey Jude –encore- 07. Yesterday 08. Day Tripper 09. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 10. Helter Skelter 11. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Recorded at Madison Square Garden, NYC, NY, USA 17th September 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM + Stereo Soundboard Source / Matirx Recording]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年12月02日

ガンズ2017年USツアー最終日は、バンド最長・最多曲のライブ!

mc069gsl.jpg



◆ GUNS N' ROSES / LISTEN TO THIS, IZZY ! (プレス3CD) この商品はこちらから

2017年も長期にわたり敢行された「Not In This Lifetime Tour」も、11月18日から29日にかけて、カリフォルニア・エリアでの6回公演で、2017年の北米ツアーは一旦終了となることに。
その最終日であり、USツアー・ファイナルとなる、11月29日イングルウッド・フォーラムでのライブを、ステレオ・サウンドボードにてコンプリート収録したタイトルが、完全限定ロー・プライスのプレス3CDにて。

まずファイナルということで、WEBキャストにて公開されたこのライブは、カンペキなサウンド・クオリティーで、このままオフィシャル・リリースも可能なレベル。
しかも演奏時間が3時間53分と、これはガンズのこれまでのライブ・キャリアの中でも最長であり、よって本ツアーで日替わりでプレイされたナンバーなども、この日はほぼセットインされ、当然曲数も過去最多というすさまじいパフォーマンスとなることに。
とにかくガンズのみならず、これだけの演奏時間はロック・バンドのライブにおいても近年ではほぼ例がなく、ファンだけでなく全てのロック・ファン必聴の永久保存コレクターズ・エディション。

disc 1 : 1. Introduction 2. It's So Easy 3. Mr. Brownstone 4. Chinese Democracy 5. Welcome To The Jungle 6. Double Talkin Jive 7. Better 8. Estranged 9. Live & Let Die 10. Catcher In The Rye 11. Rocket Queen 12. Sorry 13. You Could Be Mine 14. You Can't Put Your Arms Around a Memory 15. Attitude
disc 2 : 1. This I Love 2. Prostitute 3. Civil War 4. Yesterdays 5. Coma 6. Band Introdution 7. Jam 8. The Godfather Theme 9. Sweet Child O' Mine 10. Wichita Lineman 11. Used To Love Her 12. My Michelle 13. Out Ta Get Me 14. Wish You Were Here 15. Layla
disc 3 : 1. November Rain 2. Black Hole Sun 3. Knockin' On Heaven's Door 4. Nightrain 5. Patience 6. Whole Lotta Rosie 7. There Was A Time 8. Don't Cry 9. Madagascar 10. The Seeker 11. Paradise City

[Recorded at The Forum, Inglewood, California, USA November 29th 2017 : stereo soundboard recording]
◇Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

2017年12月01日

ゼップ・ライブの最高峰が3種の限定ボックス・セットにて!

evsd993z7Big.jpg



◆ LED ZEPPELIN / 永遠の聖典 ライブ! (7CD BOX SET) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、ゼップ・ライブの頂点と賞される1975年3月21日シアトル公演を、3種類の完全限定ボックス・セットにてリリース。そして本タイトルはこの21日と先の17日公演をセットにしたプレス7CDセットで、初回限定100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
なお、全セット全て帯付き紙ジャケット、そしてト豪華ミニ写真集も特典とし添付。


まずツェッペリンのライヴ史上において、頂点を極めた演奏と内容で最大級の評価を受けている、1975年3月21日シアトル公演を、完璧なステレオ・サウンドボードにて完全コンプリート収録。
そして通称「シアトル2日目」とファンから長く親しまれているこのライブは、1975年USツアーにおいて全39公演終盤であり、3時間半以上にわたるマラソン・ライブとして本ツアーでも屈指の名演ライブとして知られるもの。
そして“アメリカン・リターン・オブ・レッド・ツェッペリン!”とのMCに導かれ登場し、余裕のプレイを展開し、プラントの声の調子もしり上がりに良くなっていく中、この日は1975年ツアーでは珍しい"SINCE I'VE BEEN LOVING YOU"と"COMMUNICATION BREAKDOWN"の2曲が披露されているのが最大のポイント。
また中盤"NO QUARTER"の素晴らしい演奏、終盤"STAIRWAY TO HEAVEN"からの"BLACK DOG"、"HEARTBREAKER"あたりの白熱したプレイも鳥肌もの。
そしてその本公演を、まずオフィシャル・クオリティーのサウンドボード音源と、先に行われた同シアトルでの3月17日公演も、同じくサウンドボード音源にて収録。
なお初回限定100セットのみのリリースゆえ、即完売も必至。ご希望の方はお早めに。

DISC 1 : 1. ROCK AND ROLL 2. SICK AGAIN 3. OVER THE HILLS AND FAR AWAY 4. IN MY TIME OF DYING 5. THE SONG REMAINS THE SAME 6. THE RAIN SONG 7. KASHMIR
DISC 2 : 1. NO QUARTER 2. SINCE I’VE BEEN LOVING YOU 3. TRAMPLED UNDERFOOT
DISC 3 : 1. MOBY DICK 2. DAZED AND CONFUSED
DISC 4 : 1. STAIRWAY TO HEAVEN 2. WHOLE LOTTA LOVE 3. BLACK DOG 4. COMMUNICATION BREAKDOWN 5. HEARTBREAKER
[Recorded at Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington, USA. 21st March 1975 : soundboard recording]

DISC 5 : 1. ROCK AND ROLL 2. SICK AGAIN 3. OVER THE HILLS AND FAR AWAY 4. IN MY TIME OF DYING 5. THE SONG REMAINS THE SAME 6. THE RAIN SONG 7. KASHMIR
DISC 6 : 1. NO QUARTER 2. SINCE I’VE BEEN LOVING YOU 3. TRAMPLED UNDERFOOT 4. MOBY DICK 5. DAZED AND CONFUSED
DISC 7 : 1. STAIRWAY TO HEAVEN 2. WHOLE LOTTA LOVE 3. BLACK DOG 4. COMMUNICATION BREAKDOWN 5. HEARTBREAKER
[Recorded at Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington, USA. 17th March 1975 : soundboard recording]

ゼップ・ライブの最高峰が3種の限定ボックス・セットにて!

evsd999z8Big.jpg



◆ LED ZEPPELIN / レッド・ツェッペリンに花束を (8CD BOX SET) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、ゼップ・ライブの頂点と賞される1975年3月21日シアトル公演を、3種類の完全限定ボックス・セットにてリリース。そして本タイトルは、同日の模様をサウンドボード+オーディエンス音源で収録したプレス8CDセットで、初回限定100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
なお、全セット全て帯付き紙ジャケット、そしてト豪華ミニ写真集も特典とし添付。


まずツェッペリンのライヴ史上において、頂点を極めた演奏と内容で最大級の評価を受けている、1975年3月21日シアトル公演を、完璧なステレオ・サウンドボードにて完全コンプリート収録。
そして通称「シアトル2日目」とファンから長く親しまれているこのライブは、1975年USツアーにおいて全39公演終盤であり、3時間半以上にわたるマラソン・ライブとして本ツアーでも屈指の名演ライブとして知られるもの。
そして“アメリカン・リターン・オブ・レッド・ツェッペリン!”とのMCに導かれ登場し、余裕のプレイを展開し、プラントの声の調子もしり上がりに良くなっていく中、この日は1975年ツアーでは珍しい"SINCE I'VE BEEN LOVING YOU"と"COMMUNICATION BREAKDOWN"の2曲が披露されているのが最大のポイント。
また中盤"NO QUARTER"の素晴らしい演奏、終盤"STAIRWAY TO HEAVEN"からの"BLACK DOG"、"HEARTBREAKER"あたりの白熱したプレイも鳥肌もの。
そしてその本公演を、そのオフィシャル・クオリティーのサウンドボード音源と、こちらも最上級クオリティーによるオーディエンス・マスター音源にて、いずれもコンプリート収録。
なお初回限定100セットのみのリリースゆえ、即完売も必至。ご希望の方はお早めに。

DISC 1 : 1. ROCK AND ROLL 2. SICK AGAIN 3. OVER THE HILLS AND FAR AWAY 4. IN MY TIME OF DYING 5. THE SONG REMAINS THE SAME 6. THE RAIN SONG 7. KASHMIR
DISC 2 : 1. NO QUARTER 2. SINCE I’VE BEEN LOVING YOU 3. TRAMPLED UNDERFOOT
DISC 3 : 1. MOBY DICK 2. DAZED AND CONFUSED
DISC 4 : 1. STAIRWAY TO HEAVEN 2. WHOLE LOTTA LOVE 3. BLACK DOG 4. COMMUNICATION BREAKDOWN 5. HEARTBREAKER
[Recorded at Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington, USA. 21st March 1975 : soundboard recording]

DISC 5 : 1. ROCK AND ROLL 2. SICK AGAIN 3. OVER THE HILLS AND FAR AWAY 4. IN MY TIME OF DYING 5. THE SONG REMAINS THE SAME 6. THE RAIN SONG 7. KASHMIR
DISC 6 : 1. NO QUARTER 2. SINCE I’VE BEEN LOVING YOU 3. TRAMPLED UNDERFOOT
DISC 7 : 1. MOBY DICK 2. DAZED AND CONFUSED
DISC 8 : 1. STAIRWAY TO HEAVEN 2. WHOLE LOTTA LOVE 3. BLACK DOG 4. COMMUNICATION BREAKDOWN 5. HEARTBREAKER
[Recorded at Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington, USA. 21st March 1975 : audience recording]

ゼップ・ライブの最高峰が3種の限定ボックス・セットにて!

evsd993z14Big.jpg



◆ LED ZEPPELIN / デウス・エクス・マキナ (14CD BOX SET) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、ゼップ・ライブの頂点と賞される1975年3月21日シアトル公演を、3種類の完全限定ボックス・セットにてリリース。そして本タイトルは3種の中でも最も豪華仕様となるプレス14CDセットで、初回限定100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。
なお、全セット全て帯付き紙ジャケット、そしてト豪華ミニ写真集も特典とし添付。


まずツェッペリンのライヴ史上において、頂点を極めた演奏と内容で最大級の評価を受けている、1975年3月21日シアトル公演を、完璧なステレオ・サウンドボードにて完全コンプリート収録。
そして通称「シアトル2日目」とファンから長く親しまれているこのライブは、1975年USツアーにおいて全39公演終盤であり、3時間半以上にわたるマラソン・ライブとして本ツアーでも屈指の名演ライブとして知られるもの。
そして“アメリカン・リターン・オブ・レッド・ツェッペリン!”とのMCに導かれ登場し、余裕のプレイを展開し、プラントの声の調子もしり上がりに良くなっていく中、この日は1975年ツアーでは珍しい"SINCE I'VE BEEN LOVING YOU"と"COMMUNICATION BREAKDOWN"の2曲が披露されているのが最大のポイント。
また中盤"NO QUARTER"の素晴らしい演奏、終盤"STAIRWAY TO HEAVEN"からの"BLACK DOG"、"HEARTBREAKER"あたりの白熱したプレイも鳥肌もの。
そしてその本公演を、そのオフィシャル・クオリティーのサウンドボード音源と、こちらも最上級クオリティーによるオーディエンス・マスター音源にて、いずれもコンプリート収録。さらにこの14CDボックスには、同シアトルでの3月17日公演も、同じくサウンドボード音源と、オーディエンス音源にて収録。
なお初回限定100セットのみのリリースゆえ、即完売も必至。ご希望の方はお早めに。

DISC 1 : 1. ROCK AND ROLL 2. SICK AGAIN 3. OVER THE HILLS AND FAR AWAY 4. IN MY TIME OF DYING 5. THE SONG REMAINS THE SAME 6. THE RAIN SONG 7. KASHMIR
DISC 2 : 1. NO QUARTER 2. SINCE I’VE BEEN LOVING YOU 3. TRAMPLED UNDERFOOT
DISC 3 : 1. MOBY DICK 2. DAZED AND CONFUSED
DISC 4 : 1. STAIRWAY TO HEAVEN 2. WHOLE LOTTA LOVE 3. BLACK DOG 4. COMMUNICATION BREAKDOWN 5. HEARTBREAKER
[Recorded at Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington, USA. 21st March 1975 : soundboard & audience recording]

DISC 1 : 1. ROCK AND ROLL 2. SICK AGAIN 3. OVER THE HILLS AND FAR AWAY 4. IN MY TIME OF DYING 5. THE SONG REMAINS THE SAME 6. THE RAIN SONG 7. KASHMIR
DISC 2 : 1. NO QUARTER 2. SINCE I’VE BEEN LOVING YOU 3. TRAMPLED UNDERFOOT 4. MOBY DICK 5. DAZED AND CONFUSED
DISC 3 : 1. STAIRWAY TO HEAVEN 2. WHOLE LOTTA LOVE 3. BLACK DOG 4. COMMUNICATION BREAKDOWN 5. HEARTBREAKER
[Recorded at Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington, USA. 17th March 1975 : soundboard & audience recording]

2017年11月30日

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの東京最終日のベス・ヒット・ライブも、ベスト・クオリティーで

uxb755h.jpg



◆ HUEY LEWIS & THE NEWS / TOKYO 2017 FINAL NIGHT (2CDR) この商品はこちらから

2017年、4年ぶりに来日公演より、11月20日から22日まで東京・オーチャードホールにて、3日連続公演となったその最終日、22日のライブを、サウンドボード・レベルのデジタル・オーディエンス・マスターから94分にわたりコンプリート収録。
まずホールの会場音響の素晴らしさも手伝い、低音から高音まで見事なバランスで収録されており、特にホーン・セクションの鮮やかな鳴りは驚異的。
そして大阪を含めて全4公演のうち、どうしても極のグレイテス・トヒッツ・ショーとなった東京3日目が注目された中、ここでももちろん多数のヒット曲を軸にしながら、現在進行形のパフォーマンスも披露しているのが要チェック。
そしてこの日は東京は2公演の予定が好評のため、追加公演となった日で、しかもただの追加ではなく、大阪も含め他3公演は最新ツアーに準じた内容だったのが、この日だけは特別コンセプトとして「ALL THE HITS」と題され、ヒット・チューンだけを演奏するという、一夜限りのスペシャル・ライブとなることに。
よって事前に当日のセットリストまで告知されていた中、その豪華ぶりは演奏された17曲すべてがシングル曲で、全米No.1の「The Power Of Love」「Jacob's Ladder」「Stuck With You」を筆頭に、トップ10ヒットがズラリと並ぶというすさまじさ。
しかもバンドにとっては、これがキャリアを通じて全世界初の試みとなるもので、追加公演決定を受けて、ヒューイ・ルイスとマネージャーが話し合って思いついたアイディアだったというもの。
とにかくバンド初となるまさに世界で一夜だけのスペシャル・ライブをベスト・クオリティーで再現した、ファン永久保存の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. The Heart Of Rock & Roll 2. If This Is It 3. Jacob's Ladder 4. Hip To Be Square 5. I Know What I Like 6. Do You Believe In Love 7. Doing It All For My Baby 8. Perfect World 9. Walking On A Thin Line
Disc 2 : 1. Member Introduction 2. Little Bitty Pretty One 3. Back In Time 4. Heart And Soul 5. I Want A New Drug 6. Couple Days Off 7. The Power Of Love 8. Stuck With You 9. Workin' For A Livin'
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 22nd November 2017]
◇ Huey Lewis - lead vocals, harmonica / Johnny Colla - rhythm guitar, saxophone, backing vocals / Stef Burns - lead guitar, backing vocals / Sean Hopper - keyboards, backing vocals / John Pierce - bass / Bill Gibson - drums, percussion / Johnnie Bamont - saxophone / Marvin McFadden - trumpet / Rob Sudduth - saxophone

2017年11月29日

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの東京2日目のライブを、ベスト・クオリティーで

uxb754h.jpg



◆ HUEY LEWIS & THE NEWS / TOKYO 2017 2ND NIGHT (2CDR) この商品はこちらから

2017年、4年ぶりに来日公演より、11月20日から22日まで東京・オーチャードホールにて、3日連続公演となったその2日目、21日のライブを、サウンドボード・レベルのデジタル・オーディエンス・マスターから1時間半にわたりコンプリート収録。
まずホールの会場音響の素晴らしさも手伝い、低音から高音まで見事なバランスで収録されており、特にホーン・セクションの鮮やかな鳴りは驚異的。
そして大阪を含めて全4公演のうち、どうしても極のグレイテス・トヒッツ・ショーとなった東京3日目が注目された中、ここでももちろん多数のヒット曲を軸にしながら、現在進行形のパフォーマンスも披露しているのが要チェック。
そして『SPORTS』や『FORE!』代表曲の他にも、メジャー・ランスの「Um, Um, Um, Um, Um, Um, Um」、ヴァレンタインズの「Lookin' For A Love」といったカバー、そして2018年リリース予定のアルバムから、キレのある「Remind Me Why I Love You Again」、タイトルに引っかけたヒューイの悪戯も面白い「Her Love Is Killing Me」、しみじみと聞かせる「While We're Young」など、新曲もしっかり聞かせてくれるあたり、ファン必聴のメモリアル・アイテム。

Disc 1 : 1. The Heart Of Rock & Roll 2. Remind Me Why I Love You Again 3. Doing It All For My Baby 4. I Want A New Drug 5. Her Love Is Killing Me 6. Jacob's Ladder 7. Hip To Be Square 8. Um, Um, Um, Um, Um, Um, Um
Disc 2 : 1. MC Intro 2. Lookin' For A Love 3. While We're Young 4. Back In Time 5. Heart And Soul 6. But It's Alright 7. We're Not Here For A Long Time (We're Here for a Good Time) 8. The Power Of Love 9. Stuck With You 10. Workin' For A Livin'
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 21st November 2017]
◇ Huey Lewis - lead vocals, harmonica / Johnny Colla - rhythm guitar, saxophone, backing vocals / Stef Burns - lead guitar, backing vocals / Sean Hopper - keyboards, backing vocals / John Pierce - bass / Bill Gibson - drums, percussion / Johnnie Bamont - saxophone / Marvin McFadden - trumpet / Rob Sudduth - saxophone

2017年11月22日

究極のツェッペリン・ヒストリー映像が、完全限定7DVDボックス仕様にて!

evsdzdvd1.jpg



◆ LED ZEPPELIN / HISTORY LESSON : レッド・ツェッペリンの歴史 (プレス6DVD+初回限定1DVD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、貴重な映像でたどるツェッペリンのヒストリー映像が、デュアル・レイヤー仕様のプレス6DVDセットにてここに。

まずバンド誕生から解散、そして再結成までの全ての映像関係を網羅した本タイトルは、構想、制作期間に1年をかけ、収録合計時間はなんと17時間以上となる力作で、もちろんそのクオリティーも、エンプレス・バレイならでは選び抜かれた映像素材から厳選したもの。
なお時系列にここまで網羅された映像タイトルは史上初で、映像クオリティーの向上はもちろん、今回初めてDVD化となるフィルムも収録されたまさにゼップ映像作品の頂点といえるもの。
さらに初回限定のボーナス・ディスクには、1958年から1968年のバンド結成までの、アーリー・ヒストリーを収録したプレスDVDをプラス。
こちらもペイジが14歳の時のTV出演映像から、ヤードバーズ期までを網羅したもので、貴重な映像も多数。
なお本レーベルならでは美麗装丁、紙ジャケット、帯付のボックス・セット仕様で、しかもボーナス・プレスDVDは初回完全限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

[DVD 1 : 1969-1971]
* 1969.01.31 (Fillmore East, NYC, New York Source: 8mm, synced)
* 1969.03.00 (Communication Breakdown : Source: Japan TV Broadcast, lip-sync :Notes: Filmed at Thee Image Club, Miami, FL.)
* 1969.03.27 (Babe I'm Gonna Leave You : Beat Club, Radio Bremen ARD, Germany : Source: TV broadcast, lip-sync)
* 1969.03.27 (You Shook Me : Beat Club, Radio Bremen ARD, Germany : Source: TV broadcast, lip-sync)
* 1969.03.27 (Whole Lotta Love : Beat Club, Radio Bremen ARD, Germany : Source: TV broadcast, lip-sync)
* 1969.05.25 (Merriweather Post Pavilion, Columbia, Maryland : Source: 8mm, silent)
* 1969.06.19 (Tous En Scene Antenne Culturelle du Kremlin-Bicêtre, Paris, France : Source: TV Broadcast)
* 1969.07.05 (Atlanta Pop Festival, Atlanta, Georgia : Source: 8mm, slightly synced)
* 1969.08.31 (Texas International Pop Festival, Dallas, Texas : Source: 16mm, professionally filmed, synced)
* 1969.08.31 (Dazed and Confused : Texas International Pop Festival, Dallas, Texas : Source: 16mm, professionally filmed, synced / Note: Full song, featured on documentary “Got No Shoes, Got No Blues”
* 1970.01.09 (Long Tall Sally : Royal Albert Hall, London, U.K : Source: Multicamera, professionally recorded)
* 1970.01.09 (Royal Albert Hall, London, U.K Source: Single-camera, professionally recorded)
* 1970.04.07 (Coliseum, Charlotte, North Carolina : Source: 8mm, silent)
* 1970.04.23 (White Summer : Julie Felix Show, BBC TV Lime Grove Studios : Source: TV broadcast)
* 1970.06.22 (Interview & Live : Reykjavik Arts Festival, Iceland : Source: TV Broadcast)
* 1970.06.22 (Laugardalsholl Hall, Reykjavik, Iceland : Source: 8mm, synced)
* 1970.06.29 (Pavilion, Bath Festival, U.K. : Source: 8mm, synced)
* 1970.07.29 (Deutschlandhalle, Berlin, Germany : Source: 8mm, sync
Notes: filmed by journalist Chris Welch. shows band sightseeing in Berlin, and live performance)
* 1970.09.06 (International Civic Arena, Honolulu, Hawaii : Source: 8mm, silent)
* 1970.09.16 (interview, Robert Plant & John Bonham : BBC Nationwide : Source: TV Broadcast)
* 1970.09.16 (NBC News : Source: TV Broadcast)
* 1970.09.18 (Interview, Jimmy Page & Robert Plant : Press Conference, Plaza Hotel, NYC, NY : Source: Professionally filmed. Notes: Two sources)
* 1971.00.00 (Headley Grange : Source: 8mm, silent)
* 1971.04.08 (Interview, Peter Grant : Old Grey Whistle Test Source: TV broadcast)
* 1971.07.05 (Velodromo Vigorelli, Milan, Italy : Source: 8mm, silent)
* 1971.08.07 (Montreux, CH : Source: 8mm, silent)
* 1971.08.22 (The Forum, Inglewood, California : Source: 8mm, sync)
* 1971.08.26 (Sam Houston Coliseum, Houston, Texas : Source:16mm, sync)
* 1971.09.05 (International Amphitheatre, Chicago, Illinois : Source: 8mm, sync with Toronto 9/4/71)
* 1971.09.23 (Budokan Hall, Tokyo, Japan : Source: 8mm, sync)
* 1971.10.00 (Home movies Japan : Source: 8mm, silent)

[DVD 2 : 1972-1973]
* 1972.02.13 (Home Movies Bombay, India : Source: 8mm, silent)
* 1972.02.28 (Australian Press Party : Source: Professionally recorded)
* 1972.02.27 (Showground, Sydney, Australia : Source: Professionally recorded)
* 1972.02.27 (Showground,Sydney, Australia : Source 1: 8mm, synced)
* 1972.02.27 (Showground,Sydney, Australia : Source 2: 8mm, synced)
* 1972.02.27 (Showground,Sydney, Australia : Source 3: 8mm, synced)
* 1972.02.27 (Showground,Sydney, Australia : Source 4: 8mm, synced)
* 1972.05.27 (R.A.I. Amsterdam, Holland : Source: Television Broadcast)
* 1972.06.22 (Swing Auditorium, San Bernardino, California : Source: 16mm, sync)
* 1972.06.28 (Tucson Community Center, Tucson, Arizona : Source: 8mm, sync)
* 1972.10.02 (Budokan Hall, Tokyo, Japan : Source: 8mm, silent)
* 1973.03.26 (Palais des Sports, Lyon, France : Source: 8mm, sync)
* 1973.05.04 (Braves Stadium, Atlanta, Georgia : Source: Newsreels footage)
* 1973.05.05 (Tampa Stadium, Tampa, Florida : Source: Professionally recorded, newsreel)
* 1973.05.31 (The Forum, Inglewood, California Source: 8mm, sync)
* 1973.06.02 (Kezar Stadium, San Francisco, California : Source: Professionally recorded, newsreel)
* 1973.06.02 (Kezar Stadium, San Francisco, California : Source: 8mm, Sync)
* 1973.07.24 (Three Rivers Stadium, Pittsburgh, Pennsylvania : Source: 8mm, sync)
* 1973.07.27 (Aboard the Starship Source: Professionally recorded, newsreel)
* 1973.07.27 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: 8mm, sync)
* 1973.07.28 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: 8mm, sync)
* 1973.07.29 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: 8mm, sync)
* 1973.00.00 (The First Cut : Source Professionally recorded Notes: Outtakes of the The Song Remains The Same)
* 1973.07.30 (Robbery, Press conference at Plaza Hotel, NYC, NY Source: Professionally recorded, newsreel
* 1973.08.31 (NBC News : Source: TV Broadcast)

[DVD 3 : 1975]
* 1975.01.12 (Robert Plant Interview : Old Grey Whistle Test : Source: TV Broadcast)
* 1975.01.21 (Chicago Stadium, Chicago, Illinois : Source: 8mm with sound)
* 1975.02.00 (interview, Peter Grant : Source: Professionally recorded)
* 1975.02.07 (News Report : Source: NBC, TV Broadcast)
* 1975.02.07 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: Professionally recorded)
* 1975.02.08 (The Spectrum, Philadelphia, Pennsylvania : Source: 8mm, sync)
* 1975.02.10 (Capital Centre, Landover, Maryland : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.03 (Tarrant County Convention Center, Fort Worth, Texas Source: 8mm, sync)
* 1975.03.04 (Convention Center, Dallas, Texas : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.11 (Civic Arena, Long Beach, California : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.17 (Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.21 (Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.24 (The Forum, Inglewood, California : Source: 8mm, sync)
* 1975.03.25 (The Forum, Inglewood, California : Source 1: 8mm, sync)
* 1975.03.25 (The Forum, Inglewood, California : Source 2: 8mm, sync, black & white)
* 1975.03.27 (The Forum, Inglewood, California Source: 8mm, sync)
* 1975.03.00 (Interview, Robert Plant : Midnight Special : Source: TV broadcast)

[DVD 4 : 1977]
* 1976.10.20 (Trailer, The Song Remains The Same : Source: 16mm, professionally recorded : Note: 2x version. 60 second, 30 second).
* 1976.11.02 (Robert Plant & Peter Grant Interview : Old Grey Whistle Test : Source: TV Broadcast)
* 1977.00.00 (KFMB News, San Diego, CA : Source: TV broadcast)
* 1977.04.09 (Chicago Stadium, Chicago, Illinois : Source: 8mm, sync)
* 1977.04.10 (Chicago Stadium, Chicago, Illinois Source: 8mm, sync)
* 1977.05.18 (Jefferson Memorial Coliseum, Birmingham, Alabama Source: 8mm, sync)
* 1977.05.19 (Louisiana State University Assembly Centre, Baton Rouge, Louisiana : Source: 8mm, synced with Birmingham 5/18/77)
* 1977.05.30 (Capital Centre, Landover, Maryland : Source: 8mm, sync)
* 1977.05.31 (Coliseum, Greensboro, North Carolina Source: 8mm, : sync with Landover 5/30/77)
* 1977.06.10 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: 8mm, sync)
* 1977.06.11 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source: 8mm, sync)
* 1977.06.14 (Plaza Hotel, NY C, NY : Source, 8mm, silent)
* 1977.06.14 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source 1: 8mm, sound)
* 1977.06.14 (Madison Square Garden, NYC, NY : Source 2: 8mm, sync)
* 1977.06.14 (Madison Square Garden, NYC, NY :: Source 3: 8mm, sync)

[DVD 5 : 1977-1980]
* 1977.06.22 (The Forum, Inglewood California : Source, 8mm, sync)
* 1977.06.23 (The Forum, Inglewood California : Source, 8mm, sync)
* 1977.06.26 (The Forum, Inglewood California : Source 1, 8mm, sync)
* 1977.06.26 (The Forum, Inglewood California : Source 2, 8mm, sync)
* 1977.07.17 (Kingdome, Seattle, Washington : Source: Professionally recorded)
* 1977.07.23 (Oakland/Alameda County Coliseum, Oakland, California : Source 1: 8mm, sync)
* 1977.07.23 (Oakland/Alameda County Coliseum, Oakland, California : Source 2: 8mm, sync)
* 1977.07.23 (Oakland/Alameda County Coliseum, Oakland, California : Source 3: 8mm, sync)
* 1979.08.04 (Ariel footage Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source: Professionally recorded)
* 1979.08.04 (Heartbreaker : Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source: Single-camera, professionally recorded)
* 1979.08.04 (Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source 1: 8mm, sync)
* 1979.08.04 (Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source 2: 8mm, sync)
* 1979.08.11 (Hot Dog : Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source 2: professionally recorded)
* 1979.08.11 (Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source 1: 8mm, sync)
* 1979.08.11 (Knebworth Festival, Stevenage, U.K. : Source 2: 8mm, sync)
* 1979.12.29 (Concert for Kampuchea at Hammersmith Odeon, London U.K. : Source: TV Broadcast / Notes; Robert Plant joins Rockpile for Little Sister. Plant, Jones and Bonham play on Lucille.)
* 1980.06.17 (Westfalen Halle, Dortmund, Germany : Source: 8mm, sync)
* 1980.06.18 (Sporthalle, Cologne, Germany : Source: 8mm, sync)
* 1980.06.21 (Ahoyhallen, Rotterdam, Netherlands : Source: 8mm, sync)
* 1980.06.29 (Hallenstadion, Zurich, Switzerland : Source: 8mm, sync)
* 1980.07.05 (Interview, John Bonham Alright Now : Source: TV broadcast)
* 1980.07.05 (Olympiahalle, Munich, Germany : Source: 8mm, sync)
* 1980.09.26 (John Bonham News Reports (6x) : Source: TV broadcast)
* 1980.10.10 (John Bonham Funeral Rushock Parish Church in Worcestershire, U.K. : Source: Professionally recorded)

[DVD 6 : REUNIONS]
* 1985.07.13 (Live Aid at John F. Kennedy Stadium, Philadelphia, PA Source: TV Broadcast)
* 1985.07.13 (Interview, Page, Plant Jones Live Aid John F. Kennedy Stadium, Philadelphia, PA : Source: TV Broadcast)
* 1988.05.00 (Rehearsals NYC, NY : Source: Camcorder)
* 1988.05.14 (Dressing Room : Atlantic 40th Anniversary at Madison Square Garden, NYC, NY :Source: Camcorder)
* 1988.05.14 (Atlantic 40th Anniversary at Madison Square Garden, NYC, NY :Source: TV Broadcast)
* 1995.01.12 (Rock & Roll Hall of Fame at Waldorf-Astoria, NYC, NY :Source: TV Broadcast)

-PROMOS-
* 1990.09.17 (Over The Hills and Far Away : Box Set)
* 1990.09.17 (Traveling Riverside Blues : Box Set)
* 1997.09.00 (Whole Lotta Love : Single Release)
* 2000.02.31 (Kashmir : Latter Days)
* 2014.06.03 (Whole Lotta Love -rough mix w/ vocals- : Remastered series)
* 2014.10.27 (Rock and Roll -alternate mix- : Remastered series)
* 2016.09.16 (What Is and What Should Never Be –BBC- : Remastered series)
-ADVERTISEMENTS-
* 1990.11.00 (Box Set : MTV Week In Rock)
* 1991.10.00 (Remasters 1. US TV / 60 second spot 2. US TV / 120 second spot 3. UK TV)
* 1991.10.00 (Rough mix, Remasters 1. revision #5 - conceptual revision #5 / 2. revision #8 - conceptual revision #8 -w/ runtime on- / 3. 60 second TV slug sent to stations to air
* 2002.11.00 (Early Days/Latter Days :UK TV)
* 2003.05.27 (How The West Was Won/DVD UK TV : Japan TV)
* 2007.11.09 (Mothership : 1. 30 second spot / 2. 60 second spot / 3. 90 second spot)
* 2007.10.17 (Celebration Day)
*2014-2016 (Unboxing promos : LZ1 thru BBC)
-
INTERVIEWS-
* 2003.05.27 (Today Show, NBC)
* 2006.05.22 (Poor Music Prize, Sweden)
* 2013.01.04 (Charlie Rose)

[ Limited BONUS DVD : 1958-1968]
* 1958.04.06 (All Your Own : Source: TV broadcast)
* 1963.00.00 (Interview)
* 1965.02.26 (She Just Satisfies : Source: 8mm, silent)
* 1966.07.02 (Music Hall de France :Source: TV broadcast)
* 1966.10.00 (Stroll On Blow Up Movie :Source: Professional recorded Note: Filmed in Borehamwood, Herts, UK on October 12, 13, 14)
* 1966.12.02 (Milton Berle Show :Source: TV broadcast)
* 1967.03.15 (Beat, Beat, Beat :Source: German TV broadcast)
* 1967.04.30 (Grand Spectacle de Jeunee :Source: TV broadcast)
* 1967.07.07 (Let’s Go :Source: Canada TV broadcast)
* 1968.03.09 (Bouton Rouge : Maison de Radio, Paris, France :Source: French TV)
* 1968.04.25 (Heart Full of Soul : Upbeat, WUAB TV studio)

2017年11月19日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、ビートルズの1965年アトランタ・スタジアム・ライブも登場!

egsh13w.jpg



◆ THE BEATLES / ATLANTA 1965 (プレス1CD)  この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第13弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてそのビートルズの7タイトル目は、1965年全米ツアーより、8月18日史上空前規模となったアトランタ・スタジアム公演を、現存する最上級のヴィンテージ・マスター音源に、今回もデジタル・リマスタリングも施し、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにてここに。!
まずあの伝説のシェイ・スタジアム公演から3日後、ビートルズのライヴ史上でも一、二を争うパフォーマンスとして知られるもので、それは巨大会場ツアーとなった1965年夏の北米公演旅行の中でも、当時最新設備を備えて完成したアトランタ・スタジアムは、まだまだ最低限の音響設備しかなかった他会場とは違い、モニター環境も行き届いていたので、ビートルズ自身も自分たちの演奏がモニタリングされており、演奏もボーカルもズレることもなく最後まで素晴らしいパフォーマンスを披露。
よって1曲目"Twist And Shout"から素晴らしいオープニングとなり、特に続くポールの"She's A Woman"やラストの"I'm Down"などは、ファンからはライブ史最高の演奏と評価されるほど。
またMCの言葉に反応する観客にジョンも終始ゴキゲンで、思わず「聞こえてるんだ?!グレート!」と叫び"I Feel Fine"や”涙の乗車券”でシャウトを聴かせ、呼応してジョージの"みんないい娘"も最高の出来となり、さらにリンゴのソロでは、これまでシェイ・スタジアムなどでの"アクト・ナチュラリー"から急遽変更して"彼氏になりたい"を久々に披露。これがまた凄まじい演奏となりノリ過ぎたポールはベース弦を切ってしまうハプニングもあり。
そしてこのビートルズ屈指の名ライブ自体は、当時ラジオ放送されたなどの記録もなく、これまで同様ミキサー卓経由で録音されたマスターが大元になっているため、「Dizzy Miss Lizzy」に一部カットあるのと、さらに本ツアーで毎回演奏されていた"A Hard Day's Night"が収録されていないないのは、ポールの弦切れ中断によりカットされたのか、実際に演奏されなかったのか、そのあたりは永遠の謎のまま。
とにかくビートルズ全米ツアー中屈指の名ライブに、さらに彼らがアメリカ初上陸を果たした1964年2月16日、おなじみ「エド・サリバン・ショー」でのTVショー・ライブも、過去最高クオリティーで6曲を追加収録した、ファン必携の限定コレクターズ・エディション。

*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。


01. Introduction 02. Twist And Shout 03. She's A Woman 04. I Feel Fine 05. Dizzy Miss Lizzy 06. Ticket To Ride 07. Everybody's Trying To Be My Baby 08. Can't Buy Me Love 09. Baby's In Black 10. I Wanna Be Your Man 11. Help! 12. I'm Down
[Live at Atlanta Stadium, Atlanta, USA August 18th 1965]
13. Introduction 14. She Loves You 15. This Boy 16. All My Loving 17. I Saw Her Standing There 18. From Me To You 19. I Want To Hold Your Hand
[Ed Sullivan Show, at Miami, USA February 16th 1964]

2017年11月17日

MUSEの横浜2公演を、ベスト・クオリティーの音と映像でカップリング!

xavelm10506m.jpg



◆ MUSE / Live at Yokohama Arena 2017 Complete (6CDR+2DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日ツアーの10月13&14日横浜アリーナでの2日間のライブを、いずれもベスト・クオリティーの音と映像でカップリングしたタイトルがここに。

まず音源はもうおなじみの、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにて、当日の模様をコンプリート収録。
マシュー、クリス、ドムの3人と、サポート・メンバーのモーガンがステージ上で使用する、各々ミックス・バランスの異なるステレオIEMソースと、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、絶妙のバランスでミックス。よってマシューのエモーショナルなヴォーカルとギター、クリスのヴォーカル&ベース&ハーモニカ、ドムのタイトなドラム、そしてバンドの屋台骨を影で支えるモーガンのキーボード&ギターを演奏の細部にわたり完璧なクオリティーで再現したサウンドは、ステレオ・サウンドボードと遜色のないもの。
なお一部の楽曲でIEM音源特有のクリックが薄く聴こえる箇所も、耳障りなガイド音は全てカットするこだわりよう。
そして2013年以来4年ぶりとなる来日公演は、両日ニュー・シングル「ディグ・ダウン」で幕を開け、その後は来日前の各国でのフェスに近い最新セットリストとなるもので、しかも2夜かぎりの横浜公演ゆえ、両日大幅にセットを入れ替えているのも嬉しいところ。
よって初日は「Map Of The Problematique」、そして2001年以来久しぶりとなる「Showbiz」もセットインし、翌2日目は人気の「Hysteria」「Stockholm Syndrom」そして「Take A Bow」がセットインと入れ替えられ、特に2日目公演はバンドのオフィシャルSNSページでもストリーミング配信されたものの、サウンド・クオリティーは本アイテムのほうが数ランク上であることを保証。
さらにボーナス・トラックとして、初日13日のサウンドチェックも追加のうえ、両日の模様をフロント・ローからデジタル・レコーディングされた、オーディエンス・ソースのみの音源も収録。

マトリクスで使用されたハイクオリティーなオーディエンス・マスターは、会場の空気感をリアルに伝えてくれるもので、当日会場に足を運んだファンなら、あの感動がダイレクトに蘇ること間違いなし。
そしてさらにカップリングDVD-Rには、両日会場に設置されたスクリーン映像をフル収録。
こちらはHDカメラにてステージ・サイドに設置された巨大スクリーンを、エンディングまでコンプリート収録したもので、一見するとプロショットかと思えるクオリティーにて、この一夜の模様を再現。
なお、各日ごとの単体リリースもありますが、この両日コンプリート・タイトルは、完全限定100セットのみのコレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

disc 1: 01. SFX Intro / Dig Down 02. Drill Sergeant / Psycho 03. Map Of The Problematique / Who Knows Who Outro 04. Plug In Baby 05. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 06. Showbiz / Ashamed Outro 07. The Handler 08. Supermassive Black Hole 09. New Kind of Kick 10. Madness 11. Who Knows Who Intro / Dead Inside 12. Munich Jam 13. Starlight 14. Time Is Running Out 15. Mercy
disc 2 : 01. The Globalist 02. Drones –encore- 03. Uprising (Extended Outro) 04. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 13th November 2017 : Multiple IEM Matrix Recording]

05. SFX Intro / Dig Down 06. Drill Sergeant / Psycho 07. Map Of The Problematique / Who Knows Who Outro 08. Plug In Baby 09. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 10. Showbiz / Ashamed Outro 11. The Handler 12. Supermassive Black Hole 13. New Kind of Kick 14. Madness
disc 3 : 01. Who Knows Who Intro / Dead Inside 02. Munich Jam 03. Starlight 04. Time Is Running Out 05. Mercy 06. The Globalist 07. Drones –encore- 08. Uprising (Extended Outro) 09. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 13th November 2017 : EX-Audience Recording]
10. The Globalist 11. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia Intro 12. Dig Down 13. The 2nd Law: Isolated System
[Soundcheck at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 13th November 2017]

disc 4 : 01. SFX Intro / Dig Down 02. Drill Sergeant / Psycho 03. Interlude / Hysteria / Back In Black Outro 04. Plug In Baby 05. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 06. Reapers Intro / Stockholm Syndrome / Endless Nameless Outro 07. Supermassive Black Hole 08. Take A Bow 09. New Kind Of Kick 10. Madness 11. Who Knows Who Intro / Dead Inside 12. Munich Jam 13. Starlight 14. Voodoo Child Intro / Time Is Running Out 15. Mercy
disc 5 : 01. The Globalist 02. Drones –encore- 03. Uprising (Extended outro) 04. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 14th November 2017 : Multiple IEM Matrix Recording]

05. SFX Intro / Dig Down 06. Drill Sergeant / Psycho 07. Interlude / Hysteria / Back In Black Outro 08. Plug In Baby 09. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 10. Reapers Intro / Stockholm Syndrome / Endless Nameless Outro 11. Supermassive Black Hole 12. Take A Bow 13. New Kind Of Kick
disc 6 : 01. Madness 02. Who Knows Who Intro / Dead Inside 03. Munich Jam 04. Starlight 05. Voodoo Child Intro / Time Is Running Out 06. Mercy 07. The Globalist 08. Drones –enncore- 09. Uprising (Extended outro) 10. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 14th November 2017 : EX-Audience Recording]
11. Who Knows Who Outro 12. Dead Inside 13. Madness 14. Showbiz
[Soundcheck at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 13th November 2017]

DVD disc one : 01. SFX Intro / Dig Down 02. Drill Sergeant / Psycho 03. Map Of The Problematique / Who Knows Who Outro 04. Plug In Baby 05. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 06. Showbiz / Ashamed Outro 07. The Handler 08. Supermassive Black Hole 09. New Kind of Kick 10. Madness 11. Who Knows Who Intro / Dead Inside 12. Munich Jam 13. Starlight 14. Time Is Running Out 15. Mercy 16. The Globalist 17. Drones –encore- 18. Uprising (Extended Outro) 19. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 13th November 2017]

DVD Disc two : 01. SFX Intro / Dig Down 02. Drill Sergeant / Psycho 03. Interlude / Hysteria / Back In Black Outro 04. Plug In Baby 05. The 2nd Law: Isolated System (Shortened) 06. Reapers Intro / Stockholm Syndrome / Endless Nameless Outro 07. Supermassive Black Hole 08. Take A Bow 09. New Kind Of Kick 10. Madness 11. Who Knows Who Intro / Dead Inside 12. Munich Jam 13. Starlight 14. Voodoo Child Intro / Time Is Running Out 15. Mercy 16. The Globalist 17. Drones –encore- 18. Uprising (Extended outro) 19. Man With A Harmonica Intro / Knights Of Cydonia
[Live at Yokohama Arena, Kanagawa, Japan 14th November 2017]

2017年11月16日

U2『The Joshua Tree』30周年ツアーの決定盤ボックスが限定で

u2josbox1.jpg



◆ U2 / DON’T LOOK BACK IN ANGER (プレス4CD) この商品はこちらから

2017年『The Joshua Tree』のリリース30周年を記念して行われた、北米とヨーロッパでのスペシャル・ツアーから、そのヨーロッパ・ツアーのオープニングとなった7月8&9日イギリス、ロンドン公演を、両日バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスしてコンプリート収録。

まずエンプレス・バレイおなじみのマルチIEMサウンドボードは、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして基本的セット構成はこの前のUSツアーに準じた内容ながら、この2日間はポール・マクギネスに捧げられたショーとなり、さらに初日8日はオープニング・アクトを務めたノエル・ギャラガーがアンコールに登場し、ボノと”DON’T LOOK BACK IN ANGER”を一緒に歌うというサプライズも。さらにアダムの娘のために会場全体で”HAPPAY BIRTHADAY”を合唱したこともあり、本ツアー最長時間となったり、客席にはニック・スチュアート、エルビス・コステロ、アシュレイ・ジャッド、サイモン・コーウェルの姿があったりと、話題も尽きないロンドン公演となることに。
なお今回も初回200セット限定盤の帯付き紙ジャケット仕様であり、さらに同時リリースのパリ公演(4CD)とセットでご購入の方には、既リリースり4タイトル(バンクーバー、シアトル、ベルリン、ブリュッセル)と、今回の2タイトル全てが収納できる豪華美麗ヨシュア・トゥリー・ボックス、さらにオープニングを務めたノエル・ギャラガーの、7月25&26日パリ公演の2日分を収録したボーナス・ディスク(プレス2CD)をプレゼント。
ただし、このボックスは初回限定100セットのみゆえ、ご希望の方はお早めに。



DISC 1 : 1. OPENING - THE WHOLE OF THE MOON 2. SUNDAY BLOODY SUNDAY 3. NEW YEAR’S DAY 4. BAD 5. PRIDE 6. WHERE THE STREETS HAVE NO NAME 7. I STILL HAVEN’T FOUND WHAT I’M LOOKING FOR 8. WITH OR WITHOUT YOU 9. BULLET THE BLUE SKY 10. RUNNING TO STAND STILL 11. RED HILL MINING TOWN
DISC 2 : 1. INTRODUCTION 2. IN GODS COUNTRY 3. TRIP THROUGH YOUR WIRES 4. ONE TREE HILL 5. EXIT 6. MOTHERS OF THE DISAPPEARED 7. MISS SARAJEVO 8. BEAUTIFUL DAY 9. ELEVATION 10. VERTIGO 11. HAPPY BIRTHDAY 12. ULTRA VIOLET (LIGHT MY WAY) 13. ONE 14. THE LITTLE THINGS THAT GIVE YOU AWAY 15. DON’T LOOK BACK IN ANGER
[Recorded at Twickenham Stadium, London, UK 8th July 2017 : Multiple IEM Sources + EX-Audience = Matrix Recording]

DISC 3 : 1. OPENING - THE WHOLE OF THE MOON 2. SUNDAY BLOODY SUNDAY 3. NEW YEAR’S DAY 4. BAD 5. PRIDE 6. WHERE THE STREETS HAVE NO NAME 7. I STILL HAVEN’T FOUND WHAT I’M LOOKING FOR 8. WITH OR WITHOUT YOU 9. BULLET THE BLUE SKY 10. RUNNING TO STAND STILL 11. RED HILL MINING TOWN
DISC 4 : 1. INTRODUCTION 2. IN GODS COUNTRY 3. TRIP THROUGH YOUR WIRES 4. ONE TREE HILL 5. EXIT 6. MOTHERS OF THE DISAPPEARED 7. MISS SARAJEVO 8. BEAUTIFUL DAY 9. ELEVATION 10. VERTIGO 11. MYSTERIOUS WAYS 12. ULTRA VIOLET (LIGHT MY WAY) 13. ONE
[Recorded at Twickenham Stadium, London, UK 9th July 2017 : Multiple IEM Sources + EX-Audience = Matrix Recording]

2017年11月13日

ジョン・マクラフリンの、70年代マハヴィシュヌ再現ライブ映像!

vs305jmBD.jpg



◆ JOHN McLAUGHLIN & 4TH DIMENSION / THE MEETING OF THE SPIRITS IN NY 2017 (1Blu-ray) この商品はこちらから

ジョン・マクラフリン率いる4thディメンションが、現代ジャズ・シーンにおいて、世界中のギター・フリークスが注目する超絶技巧ギタリスト、ジミー・ヘリングとジョイント・ツアー「ザ・ミーティング・オブ・ザ・スピリッツ」ツアーを、2017年秋からスタート。

そのうち11月4日ニューヨークのポートチェスターでのライブを、WEBライブ・ストリーミングで実況配信されたプロショット映像を、3時間18分にわたり、オフィシャル・クオリティーでブルーレイ化。
まずブルーレイの大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティー映像に加え、音質もカンペキなPCMステレオ・サウンドボードで収録されており、既に流通しているyoutubeアップの同映像や、それをマスターにしたDVDとは次元の違うクオリティーとなるもの。
そしてこのツアーはまずお互いのバンドでのセット、そして最大の目玉は、両バンド共演による70年代マハヴィシュヌ・オーケストラの再現というもので、すでに世界中のジャズ・ファンの間で大きな話題となっているもの。
そしてライブはオールマンやザ・デッドなど、サザン・ロック/ジャム・バンド系での活動から、数多くのジャズ・フュージョン系の共演などで、そのスゴ腕ぶりがギター通の間で絶賛されたジミー・ヘリング・バンドから始まり、続いてのマクラフリンは、今回フォース・ディメンションとはラスト・ツアーと銘打たれているのも要チェック。
そしていよいよメインはそこにジミー・ヘリング・バンドが加わった9人編成による70年代マハヴィシュヌの再現で、2大ギタリストを軸に、当時の超絶難曲の数々を大迫力サウンドで展開。しかもオープニングの”Meeting of the Spirits”をはじめ、その後も”Eternity's Breath”に”Birds Of Fire”、そして”The Dance Of Maya”など、その全てが代表曲ばかりで、そのすさまじいプレイの応酬は全ジャズ・ファン必見の、2017年ジャズ・フュージョン最大の映像タイトルを、オフィシャル・クオリティーで。


(Jimmy Herring)
1. Intro/2. John McLaughlin/3. Les Brers In A Minor/4. Jungle Book/5. 1911/6. Matt's Funk/7. Black Satin/8. Scapegoat Blues
(John McLaughlin and the 4th Dimension)
9. Intro/10. Kiki/11. Miles Beyond/12. Gaza City/13. El Hombre Que Sabia/14. Senor CS/15. Echoes From Then
(John McLaughlin and the 4th Dimension with Jimmy Herring)
16. Meeting of the Spirits/17. Trilogy/18. A Lotus on Irish Streams/19. Eternity's Breath/20. Dawn/21. Birds Of Fire/22. Earth Ship/23. The Dance Of Maya/24. Be Happy
[Live at Capitol Theatre, Port Chester, NY, USA November 4th 2017 : NTSC 16:9 Linear PCM Stereo 198min.

2017年11月10日

ガンズ1987年NYリッツでのライブ映像が奇跡の発掘!

zod276cr.jpg



◆ GUNS N' ROSES / RITZ 1987 (プレス1DVD+1CD) この商品はこちらから

2017年突然の発掘で、世界中のガンズ・ファンを驚愕させた、1987年リッツ公演のプロショット映像とサウンドボード音源が、永久保存プレス盤にてここに。

まずその衝撃映像は「1987年10月23日のニューヨーク、リッツ公演を、1時間にわたりプロショット映像で収めたもので、因みにこれまでガンズのリッツと言えば、MTVでもオンエアーされた1988年のライブが有名だった中、こちらは前年1987年、『APPETITE FOR DESTRUCTION』リリースから3ヶ月という、まさにデビュー最初期のもので、これまでオーディエンス音源は流通していたものの、30年の時を経て、まさかの完全プロショット・ライブが奇跡的に発掘されることに。
そしてGEFFENより関係者流出したと言われているマスター映像は、さすがにオフィシャル・レベルとは云えず、公式プロショットとは違い、客席後方から2台のカメラを用い、そこに画面分割やワイプ、ストップモーション、遠景とズームの重ねなどの映像編集が施されたもので、おそらくレコード会社関係者が記録用に撮影したソースが流出したと思われるところ。
それでもアクセルの表情、スラッシュの手元までカメラはしっかり捉え、観客の影で視界が遮られる事もなく、終始安定かつ、スムーズでダイナミックなカメラワークにて、この貴重なパフォーマンスを再現。
さらに驚きは音声で、完璧にセパレート&ミックスされたサウンドボード音源を映像にマトリクスしており、映像は冒頭の4曲が未収録のため、「Welcome To The Jungle」の途中からスタートするものの、それでも1時間にわたり全11曲をノンストップで収録。
なおメンバー紹介時に27秒、「Mama Kin」冒頭に15秒ほどのカットがあり、そこはオーディエンス録音+静止画で補完されており、さらに驚くのは「Knockin' On Heaven's Door」のサビをアクセルが歌っているところへ、なんとメガデスのデイヴ・ムステインが登場し、一緒に歌おうと歩み寄るものの、ローディにつまみ出されてしまうのという珍シーンもしっかりと。
さらにカップリングのプレスCDには当日の模様を、映像で使用されているサウンドボード音源に、冒頭4曲は良好なオーディエンス・ソースで補完し、80分にわたりコンプリート収録を実現。

しかも全体のバランスを考慮し、全編マスタリングを施し、さらに抜けの良いサウンドに仕上げており、オーディエンス・パートとともほとんど違和感なく自然に聞けるよう微調整も。
とにかく奇跡の発掘映像&音源を永久保存プレスDVD&CDにて収録した本タイトルは、完全限定コレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

DVD : PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.60min.
1. Welcome To The Jungle 2. My Michelle 3. Don't Cry 4. Rocket Queen 5. Nightrain 6. Sweet Child O' Mine 7. Knockin' On Heaven's Door 8. You're Crazy 9. Paradise City 10. Reckless Life 11. Mama Kin

CD : 1. It's So Easy 2. Move To The City 3. Out Ta Get Me 4. Mr. Brownstone 5. Welcome To The Jungle (3:25-soundboardrecording) 6. My Michelle 7. Don't Cry 8. Rocket Queen 9. Nightrain 10. Sweet Child O' Mine 11. Knockin' On Heaven's Door 12. You're Crazy 13. Paradise City 14. Reckless Life 15. Mama Kin
[Live at the Ritz, NYC, NY, USA 23rd October 1987 : PRO-SHOT/SBD+AUD]

2017年11月07日

ジャクソン・ブラウン、2017年東京3公演をすべてサウンドボードにて!

xavelm152jb.jpg



◆JACKSON BROWNE / 3 Days in Tokyo 2017 Complete (プレス6CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年ジャパン・ツアーから、オーチャードホールにおける、10月17&18&19日の東京3日連続公演の模様を、全てステレオ・サウンドボード音源にてコンパイルしたタイトルが、永久保存プレス6CDでここに。

まず同レーベルでは、マルチIEMマトリクス音源などがここ近年おなじみの中、本作はそれ以上に完璧な分離とクリアネス、定位で捉えた、リアル・ステレオ・サウンドボード音源で、オフィシャル・ライブ盤と比べても、何も遜色のないサウンド・クオリティーによるもの。
そして本ジャパン・ツアー全6公演の、前半3公演がこの東京での3daysで、まず特筆すべきは、来日6公演でのセットリストは、共通していたのはなんと7曲のみで、ここ東京でもオープニングはすべて、10月に急逝したトム・ペティに捧げられた「孤独な世代(The Waiting)」で幕を開け、その後は各日全く異なったセット内容となることに。
よっておなじみの「Late for the Sky」「The Late Show」はもちろん、近年のライブでは珍しい「Farther On」「Love Needs a Heart」そして「Somebody's Baby」や、「Sky Blue and Black」「Here Come Those Tears Again」など。さらにはウォーレン・ジヴォンの「Lawyers, Guns and Money」、「Carmelita」から、グレッグ・オールマンに捧げた「Melissa」はこの後の名古屋でも披露されたものの、過去ステージで歌ったのは、数回という激レアなカヴァー。
またバンド・メンバーも2年前の来日公演と同じで、ジャクソンが“ドリーム・バンド”と呼ぶだけあって、全員が一流にして呼吸感もピッタリ。特にグレッグ・リーズとヴァル・マッカラムの2人のギタリストが素晴らしく、ペダルスティールを操るグレッグと、テレキャスターやファイアバードを駆使するヴァルとのコンビネーションはバツグンで、「The Long Way Around」ではヴァルがエレキでソロを取ると、グレッグが繊細なアコギのバッキングを絡ませ、「Looking East」や「Running on Empty」ではペダルスティールとファイアバードが互いにスリリングなソロをかけ合うあたりは鳥肌もの。
そしてさらにボーナス・トラックとして、各公演の開場前におこなわれたサウンドチェック・リハーサルより、本編では披露されなかった3曲を追加収録という、まさに2017年来日公演の必携コレクターズ・エディション。
なお、本ジャパン・ツアーのマトリクス&サウンドボード・シリーズは、今回も完全限定プレス6CD、美麗ホログラム・ジャケ日本語帯つき仕様のメモリアル・アイテムとなります。よって早期完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : (1st Set) 01. The Waiting 02. Some Bridges 03. The Long Way Around 04. Rock Me on the Water 05. Looking East 06. Farther On 07. These Days 08. Just Say Yeah 09. Your Bright Baby Blues (2nd Set) 10. Something Fine 11. Lawyers, Guns and Money 12. The Naked Ride Home
Disc 2 : 01. Fountain of Sorrow 02. Lives in the Balance 03. Call It a Loan 04. Love Needs a Heart 05. The Barricades of Heaven 06. The Pretender 07. Doctor My Eyes 08. Running on Empty –encore- 09. Somebody's Baby 10. Take It Easy
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo , Japan 17th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : STEREO SOUNDBOARD RECORDING]
11. You Love The Thunder
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 17th October 2017]

Disc 3 : (1st Set) 01. The Waiting 02. Some Bridges 03. The Long Way Around 04. For a Dancer 05. Looking East 06. Late for the Sky 07. Here Come Those Tears Again 08. These Days 09. Melissa (2nd Set) 10. Something Fine 11. Sleep's Dark and Silent Gate 12. The Naked Ride Home
Disc 4 : 01. I'm Alive 02. For Everyman 03. Lives in the Balance 04. Love Needs a Heart 05. The Pretender 06. Doctor My Eyes 07. Running on Empty –encore- 08. Take It Easy 09. Our Lady of the Well 10. I Am a Patriot
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo , Japan 18th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : STEREO SOUNDBOARD RECORDING]
11. The Crow on the Cradle
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 18th October 2017]

Disc 5 : (1st Set) 01. The Waiting 02. Some Bridges 03. The Late Show 04. The Long Way Around 05. Looking East 06. Sky Blue and Black 07. These Days 08. In The Shape of a Heart 09. Just Say Yeah 10. Your Bright Baby Blues (2nd Set) 11. The Birds of St. Marks 12. I'll Do Anything
Disc 6 : 01. Fountain of Sorrow 02. Carmelita 03. Late for the Sky 04. Lives in the Balance 05. Culver Moon 06. The Pretender 07. Running on Empty –encore- 08. Take It Easy 09. Our Lady of the Well
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo , Japan 19th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : STEREO SOUNDBOARD RECORDING]
10. Before The Deluge
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 19th October 2017]

◇ Jackson Browne (Vocals, Guitar, Piano), Greg Leisz (Pedal Steel, Guitar), Val McCallum (Guitar), Mauricio Lewak (Drums), Bob Glaub (Bass), Jeff Young (Keyboards), Chavonne Stewart (Chorus) Alethea Mills (Chorus)

2017年11月05日

ナイト・レンジャー、東京2日目公演はサウンドボード音源で!

xavelm150n.jpg



◆ NIGHT RANGER / 2017 Tokyo 2nd Night (プレス2CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年「35TH ANNIVERSARY TOUR」ジャパン・ツアーから、最終日の10月9日東京ドーム・シティ・ホール公演を、ステレオ・サウンドボード音源にてコンプリート収録したタイトルが、永久保存プレス2CDでここに。

まず同レーベルでは、マルチIEMマトリクス音源などがここ近年おなじみの中、本作はさらにそれらを上回るリアル・ステレオ・サウンドボード音源で、初日8日公演はマルチIEMマトリクス音源ですでにリリースされたうえで、こちらはオフィシャル・ライブ盤と比べても、何も遜色のないサウンド・クオリティーによるもの。
そして本ジャパン・ツアーは7日の大阪公演などは、ほぼ定番のグレイテストヒッツ・ライブだったのが、この東京最終公演はガラッとセットを変えており、21曲中、7曲が被っておらず、もちろん前日とも違うセットで、リリース間もない『DON'T LET UP』からの「Truth」や、「This Boy Needs to Rock」「Seven Wishes」といった懐かしいナンバーを披露し、さらにはダム・ヤンキーズの「Coming of Age」、アリス・クーパーの「School's Out」、オジー・オズボーンの「Crazy Train」といったカバーまで登場。
さらには「This Boy Needs to Rock」には「Highway Star」も盛り込まれたりと、聞きどころはたっぷり。なおデビュー・アルバムからの「Penny」もセットインしたりと、このあたりは初来日の想い出がフラッシュバックするところ。
またさらにボーナス・トラックとして、前日の東京初日8日公演からも5曲を追加収録した、ファン必聴の来日限定メモリアル・アイテム。
なお、本ジャパン・ツアーのマトリクス&サウンドボード・シリーズは全て、完全限定プレス2CD、日本語帯つき仕様のメモリアル・アイテムとなります。よって早期完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Opening (You Shook Me All Night Long) 02. This Boy Needs To Rock (incl. Highway Star) 03. Seven Wishes 04. Sing Me Away 05. Coming Of Age (Damn Yankees) 06. Sentimental Street 07. Growin Up In California 08. The Secret Of My Success 09. School's Out 10. Crazy Train 11. Night Ranger 12. High Enough 13. Day and Night
Disc 2 : 01. Goodbye 02. Four in the Morning 03. When You Close Your Eyes 04. Don't Tell Me You Love Me –encore- 05. Passion Play 06. Penny 07. Sister Christian 08. (You Can Still) Rock in America
[Live at Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 9th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Stereo Soundboard Recording]
09. Rumours in the Air 10. High Road 11. Eddie's Comin' Out Tonight 12. Forever All Over Again 13. Touch of Madness
[Live at Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 8th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Stereo Soundboard Recording]

2017年11月04日

マイケル・シェンカー・フェストの来日2公演もマトリクス音源で!

xavelm151ms.jpg



◆ MICHAEL SCHENKER FEST / Live in Japan 2017 Complete (プレス4CD+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年「ラウド・パーク17」で再来日を果たした中、その10月15日ラウパでのライブと、唯一の単独公演となった、10月16日大阪グランキューブでのライブを、いずれもマルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにてコンプリート収録したタイトルが、完全限定プレス4CDにてここに。

まずここ近年おなじみとなったバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、今まで以上に使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースを、特にマイケルのギターをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。

そして前年に続くラウド・パークでのライブは、まずこのプロジェクトではシンガーを厳密には固定しておらず、海外では1人だけの場合もある中、今回の来日ではゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、そしてロビン・マッコーリーがしっかり揃い踏みすることに。
そしてマイケルのプレイは近年どおりのキレッぷりな上、とにかくボーカル3人も、前年以上の好調さで、しかも昨年のセットに加えて、今回はさらに「No Time For Losers」「Bad Boys」、そして「Broken Promises」なども披露され、特に『黙示録』からの「Broken Promises」は、2016年は札幌公演だけセットインしたのが、今回はここでもついに登場。
さらに翌日大阪グランキューブでのライブは、単独公演ゆえフルセットとなるもので、この大阪でも「Broken Promises」「No Time For Losers」そして「Bad Boys」はそのままセットインし、さらにアンコールではUFOの「Natural Thing」「Lights Out」もプレイされたのはやはり嬉しいところ。
さらにボーナス・トラックとして、大阪公演当日のサウンドチェックまでも追加収録。
そしてさらに初回限定100セットのみ、さいたまスーパーアリーナでのラウドパークの模様を、会場に設置されたスクリーン映像をフル収録したボーナスDVD-Rをプラス。


こちらはHDカメラにてステージ・サイドに設置された巨大スクリーンを、エンディングまでコンプリート収録したもので、一見するとプロショットかと思えるクオリティーにて、この一夜の模様を再現。

なお、ボーナスDVD-R付き、美麗ホログラム・ジャケ、日本語帯つき仕様の本タイトルは完全限定100セットのみです。よって予約完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Searching for Freedom 02. Into the Arena 03. Let Sleeping Dogs Lie 04. Victim of Illusion 05. Cry for the Nations 06. Attack of the Mad Axeman 07. Armed and Ready 08. Coast to Coast 09. Desert Song 10. Dancer
Disc 2 : 01. Broken Promises 02. Assault Attack 03. Captain Nemo 04. No Time for Losers 05. This Is My Heart 06. Save Yourself 07. Bad Boys 08. Rock Bottom 09. Doctor Doctor
[Loud Park 17 : at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 15th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Sources Matrix Recording]

Disc 3 : 01. Searching for Freedom 02. Into the Arena 03. Let Sleeping Dogs Lie 04. Victim of Illusion 05. Cry for the Nations 06. Attack of the Mad Axeman 07. Armed and Ready 08. Coast to Coast 09. Desert Song 10. Dancer 11. Broken Promises 12. Assault Attack 13. Captain Nemo 14. No Time for Losers 15. This Is My Heart
Disc 4 : 01. Save Yourself 02. Bad Boys 03. Rock Bottom 04. Doctor Doctor 05. Natural Thing 06. Lights Out
[Live at Grand Cube, Osaka, Japan 16th October 2017 : XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple IEM Sources Matrix Recording]
07. Searching for Freedom 08. Rock Bottom 09. Broken Promises 10. Natural Thing 11. Doctor Doctor 12. Coast to Coast 13. Desert Song
[Soundcheck at Grand Cube, Osaka, Japan 16th October 2017]

Limited DVD-R : 01. Searching for Freedom 02. Into the Arena 03. Let Sleeping Dogs Lie 04. Victim of Illusion 05. Cry for the Nations 06. Attack of the Mad Axeman 07. Armed and Ready 08. Coast to Coast 09. Desert Song 10. Dancer 11. Broken Promises 12. Assault Attack 13. Captain Nemo 14. No Time for Losers 15. This Is My Heart 16. Save Yourself 17. Bad Boys 18. Rock Bottom 19. Doctor Doctor
[Loud Park 17 : at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 15th October 2017 : SCREEN SHOT]

◇ Michael Schenker - Guitar / Gary Barden - Vocal / Graham Bonnet - Vocal / Robin McAuley – Vocal / Chris Glen - Bass / Ted McKenna - Drums / Steve Mann - Guitar, Keyboards

2017年11月03日

ガンズ2017年来日公演より、ついにマトリクス・ライブCDが、まず大阪公演より登場!

xavelm136g.jpg



◆ GUNS N' ROSES / OSAKA 2017 Definitive Edition (プレス2CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日公演の初日となる、1月21日大阪・京セラドームでのライブを、マルチ・ステレオIEMマトリクス・ソースからの、サウンドボード・クオリティーにてコンプリート収録したタイトルが、完全限定プレス2CDにてついに登場。

まずライブ終了から10ヶ月以上を経て、ついに満を持してリリースとなるガンズ2017年ジャパン・ツアーのマトリクス・ライブの第1弾は、やはり初日の大阪公演で、数多く流通したアイテムの中で、やはり同レーベルからの圧倒的なサウンド・クオリティーは、間違いなく決定盤と言えるもの。
さらにここ近年おなじみとなったバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした音源は、今まで以上に使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースを、特にアクセルとスラッシュをメインに定位し、そのうえでプロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックス。

なお「Sweet Child O' Mine」と「November Rain」の2曲のみ、アクセルのIEMに不具合が生じたため、ヴォーカルがややオフ気味ながら、それ以外は完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
なおライブ自体もこの3人では24年ぶりの来日となるゆえ、観客の期待も大きく膨らむ中、今回はほぼ定刻でついにショーはスタート。そしてその後セットリストに関しては、前年までの北米・南米ツアーに準じたもので、”It’s So Easy”から始まりガンズ・クラシックはもちろん、スラッシュやダフが不在だった「Chinese Democracy」からのナンバー、アンコールでのフーのカヴァー”The Seeker”まで、まさに80&90年代全盛期を彷彿させる内容。さらにはアクセルも終始ゴキゲンの絶好調、そしてとにかくスラッシュのギターが素晴らしく、バッキングからソロまでキレキレのプレイを最後まで披露。
なお、本ジャパン・ツアーのマトリクス・シリーズは全て、完全限定300セットのプレス2CD、大阪公演のリトグラフをモチーフにした美麗ホログラム・ジャケ、ナンバリング・カード付属、日本語帯つき仕様のメモリアル・アイテムとなります。よって予約完売も必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

disc one : 01. Opening 02. It's So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin' Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. Attitude 13. This I Love 14. Civil War
disc two : 01. Coma 2. Band Introduction 03. Love Theme From The Godfather 04. Sweet Child O' Mine 05. Wish You Were Here 06. November Rain 07. Knockin' on Heaven's Door 08. Nightrain -encore- 09. Patience 10. The Seeker 11. Paradise City 12. Ending

[Recorded at Kyocera Dome, Osaka, Japan January 21th 2017 : [XAVEL ORIGINAL MASTER : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

2017年11月02日

ジャクソン・ブラウン、2017年名古屋公演をベスト・クオリティーで!

uxb743jb.jpg



◆JACKSON BROWNE / NAGOYA 2017 (2CDR) この商品はこちらから

デビュー45周年を迎え、2015年に続く来日公演より、2017年10月21日Zepp Nagoya公演の模様を、デジタル・オーディエンス・レコーディングにて、2時間21分にわたりコンプリート収録。
まず全6公演のうち東京、オーチャードホール3日連続公演に続く4公演目となるもので、全編にわたり距離感をまるで感じさせないダイレクト感と繊細なサウンドをカンペキに再現。
そして今回の6公演でのセットリストは、共通していたのは7曲のみで、ここ名古屋も全22曲の中、2/3が日替わり曲なうえ、リクエストに応えた「Redneck Friend」も、ここ名古屋公演でだけ披露。
さらにもう1曲、リクエストに応えたのがオールマンの「Melissa」で、「何?グレッグの曲?OK。俺たちは彼を愛してるからね」と言って始まるこのトリビュート・ナンバーは、東京2日目にも演奏されたものの、過去ステージで歌ったのは、数回という激レアなカヴァー。
またバンド・メンバーも2年前の来日公演と同じで、ジャクソンが“ドリーム・バンド”と呼ぶだけあって、全員が一流にして呼吸感もピッタリ。特にグレッグ・リーズとヴァル・マッカラムの2人のギタリストが素晴らしく、ペダルスティールを操るグレッグと、テレキャスターやファイアバードを駆使するヴァルとのコンビネーションはバツグンで、「The Long Way Around」ではヴァルがエレキでソロを取ると、グレッグが繊細なアコギのバッキングを絡ませ、「Looking East」や「Running on Empty」ではペダルスティールとファイアバードが互いにスリリングなソロをかけ合うあたりは鳥肌もの。
そんな感動の一夜をベスト・クオリティーでここに。

Disc 1 : (Set 1) 1. Intro 2. Some Bridges 3. The Long Way Around 4. The Late Show 5. Looking East 6. These Days 7. Redneck Friend 8. Just Say Yeah 9. Your Bright Baby Blues 10. For A Dancer (Set 2) 11. Intro 12. The Birds of St. Marks
Disc 2 : 1. I'll Do Anything 2. Lives In The Balance 3. Fountain Of Sorrow 4. For Everyman 5. I'm Alive 6. Melissa 7. The Pretender 8. Running On Empty 9. Take It Easy 10. Our Lady of the Well 11. Doctor My Eyes 12. I Am A Patriot
[Live at Zepp Nagoya, Nagoya, Japan 21st October 2017]
◇ Jackson Browne (Vocals, Guitar, Piano), Greg Leisz (Pedal Steel, Guitar), Val McCallum (Guitar), Mauricio Lewak (Drums), Bob Glaub (Bass), Jeff Young (Keyboards), Chavonne Stewart (Chorus) Alethea Mills (Chorus)

2017年10月28日

ジーン初の単独来日によるラウパ17ライブを、ベスト・クオリティーの音と映像でカップリング

mhcd227js.jpg



◆ GENE SIMMONS BAND / LOUD PARK 17 (1CDR+1DVDR) この商品はこちらから

2017年LOUD PARK 17での来日公演における、10月15日さいたまスーパー・アリーナでのライブを、ベスト・クオリティーの音と映像でカップリングしたタイトルがここに。

まず音源CDは当日のライブを、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。巨大なさいたまスーパーアリーナとは思えないほどのクリアー・サウンドにて、1時間のショーをフル再現したもので、ジーンのボーカルが全面に出た良好クオリティーによるもの。
そしてラウパ2日目に登場となった、誰もが期待していたそのセット内容は、まずポール・スタンレーのソロはR&Bカバーがコンセプトなのに対して、ジーンの方はほぼKISSメインとなる代表ナンバーを軸に、それでも要所で「Parasite」「Do You Love Me」、「Watchin' You」「She」などの、コアなナンバーも披露。そして極めつけは『LOVE GUN』からの「Got Love For Sale」などはKISSで演奏したことがあるかどうかいう激レア・ナンバーなうえ、70年代ナンバー以外にも『CREATURES OF THE NIGHT』の「I Love It Loud」「War Machine」や『MONSTER』の「Wall Of Sound」なども意外なセレクトも。
さらにカップリングのDVD-Rには、当日の模様を会場に設置されていた巨大スクリーンを、真正面からとらえたスクリーン・ショット映像を収録。
擬似プロショットとも言うべきオーディエンス映像にて、全編にわたりカンペキなクオリティーでコンプリート収録されており、こちらも必見。
とにかく大阪公演と合わせて、最初で最後かもしれない単独ソロ・ライブゆえ、ファンは必携の来日限定コレクターズ・エディション。

CD-R : 1. Intro. 2. Parasite 3. I Love It Loud 4. Cold Gin 5. Boom Boom 6. Do You Love Me 7. Shout It Out Loud 8. Calling Dr. Love 9. War Machine 10. Wall of Sound 11. Got Love for Sale 12. Watchin' You 13. She 14. Let Me Go Rock N' Roll 15. Rock and Roll All Nite
DVD-R : 1. Intro. 2. Parasite 3. I Love It Loud 4. Cold Gin 5. Boom Boom 6. Do You Love Me 7. Shout It Out Loud 8. Calling Dr. Love 9. War Machine 10. Wall of Sound 11. Got Love for Sale 12. Watchin' You 13. She 14. Let Me Go Rock N' Roll 15. Rock and Roll All Nite

[Loud Park 17 : at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 15th October 2017]
◇ Gene Simmons - Bass, Vocals / Ryan Cook - Guitar, Vocals / Jeremy Asbrock - Guitar, Vocals / Philip Shouse - Guitar, Vocals / Brent Fitz - Drums

2017年10月26日

マイケル・シェンカー・フェスト、2017年の大阪公演 !

sha802m.jpg



◆ MICHAEL SCHENKER FEST / OSAKA 2017 (2CDR) この商品はこちらから

2017年、前年に続き「ラウド・パーク17」で再来日を果たした中、そのうち10月16日大阪グランキューブでのライブを、2時間にわたり、デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
まず今回のジャパン・ツアーはラウパ出演以外はこの大阪のみとなっており、あちらがやや短縮セットだったのに比べ、こちらは唯一のフル・セット・ライブとなるもの。
しかも小ホールゆえ、骨太かつダイレクトなサウンドは、一聴すればサウンドボードかと思えるクオリティーにて、マイケルのギターはもちろん、ゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、そしてロビン・マッコーリーのボーカルもリアルに再現。
そしてこのユニットにおいては海外でも日替わりナンバーを用意していた中、この大阪でも「Broken Promises」「No Time For Losers」そして「Bad Boys」はそのままセットインし、さらにアンコールではUFOの「Natural Thing」「Lights Out」もプレイされたのはやはり嬉しいところ。
さらにこれまで幾度と懸念され続けたグラハム・ボネットのノドも、ほぼ全盛期並みに復活しており、前日のラウパ以上に熱の入った声は感動であり、もちろん全員がこの2日目で調子を上げているあたりも要チェック。
貴重な2017年来日公演の限定メモリアル・アイテム。

Disc 1 : :1. Searching for Freedom 2. Into the Arena 3. Let Sleeping Dogs Lie 4. Victim of Illusion 5. Cry for the Nations 6. Attack of the Mad Axeman 7. Armed and Ready 8. Coast to Coast 9. Desert Song 10. Dancer 11. Broken Promises 12. Assault Attack
Disc 2 : 1. Captain Nemo 2. No Time for Losers 3. This Is My Heart 4. Save Yourself 5. Bad Boys 6. Rock Bottom 7. Doctor Doctor 8. Natural Thing (with Tyson Schenker) 9. Lights Out
[Live at Grand Cube, Osaka, Japan 16th October 2017]
◇ Michael Schenker - Guitar / Gary Barden - Vocal / Graham Bonnet - Vocal / Robin McAuley – Vocal / Chris Glen - Bass / Ted McKenna - Drums / Steve Mann - Guitar, Keyboards


2017年10月25日

マイケル・シェンカー・フェスト、ラウパ17!

sha801m.jpg



◆ MICHAEL SCHENKER FEST / LOUD PARK 17 (2CDR) この商品はこちらから

2017年、前年に続き「ラウド・パーク17」で再来日を果たした中、そのうち10月15日さいたまスーパー・アリーナでのラウパの模様を、108分にわたり、デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
まずこのプロジェクトではシンガーを厳密には固定しておらず、海外では1人だけの場合もある中、今回の来日ではゲイリー・バーデン、グラハム・ボネット、そしてロビン・マッコーリーがしっかり揃い踏みすることに。
そしてマイケルのプレイは近年どおりのキレッぷりな上、とにかくボーカル3人も、前年以上の好調さで、しかも昨年のセットに加えて、今回はさらに「No Time For Losers」「Bad Boys」、そして「Broken Promises」なども披露され、特に『黙示録』からの「Broken Promises」は、2016年は札幌公演だけセットインしたのが、今回はここでもついに登場。
なお近年好調なグラハム、代表曲担当が多いゲイリー、未だ衰え知らずのロビンらに加えて、テッド・マッケンナ&クリス・グレンのリズム隊もテッペキな、2017年来日公演の限定メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 1. Searching for Freedom 2. Into the Arena 3. Let Sleeping Dogs Lie 4. Victim of Illusion 5. Cry for the Nations 6. Attack of the Mad Axeman 7. Armed and Ready 8. Coast to Coast 9. Desert Song 10. Dancer 11. Broken Promises 12. Assault Attack
Disc 2 : 1. Intro. 2. Captain Nemo 3. No Time for Losers 4. This Is My Heart 5. Save Yourself 6. Bad Boys 7. Rock Bottom 8. Doctor Doctor
[Loud Park 17 : at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 15th October 2017]

◇ Michael Schenker - Guitar / Gary Barden - Vocal / Graham Bonnet - Vocal / Robin McAuley – Vocal / Chris Glen - Bass / Ted McKenna - Drums / Steve Mann - Guitar, Keyboards

2017年10月24日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、ビートルズの1965年シェア・スタジアムがついに登場!

egsh12w.jpg



◆ THE BEATLES / SHEA STADIUM 1965 (プレス1CD)  この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第8弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてそのビートルズの6タイトル目は、彼らのライブ史上最も有名かつ伝説の、1965年8月15日シェイ・スタジアム公演を、現存する最上級のヴィンテージ・マスター音源に、今回もデジタル・リマスタリングも施し、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにてここに。
まずあまりに有名な音源ゆえ、過去より数多くの編集版や差替えだらけのアイテムなど多数乱発していた中、本タイトルは全く修正なしのリアル・ライヴ・アルバムで、よってもちろん「She's A Woman」と「みんないい娘」も収録された全曲完全コンプリート盤。
そして音楽史上前人未到のスタジアム・ツアーとなった1965年夏の北米公演ツアーの、初日がこのシェイ・スタジアムで、誰もが初めて体験する大規模コンサートの現場で、不測に生じた数々の演奏&機材上のハプニングなども含め、すべて差し替え等の修正なしで収めたノーカット&ネイキッド・アイテムで、もちろん演奏も異例のハイテンションかつワイルドなプレイに溢れた姿を、再確認できる、待望のこれぞ純生実況録音決定盤!
さらにボーナスとして、この前日プロモーション的に出演したエド・サリヴァン・ショーからも、同じくマスター音源にリマスタリングを施し追加収録。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

01. Introduction by Ed Sullivan 02. Twist And Shout 03. She's A Woman 04. I Feel Fine 05. Dizzy Miss Lizzy 06. Ticket to Ride 07. Everybody's Tryin' To Be My Baby 08. Can't Buy Me Love 09. Baby's In Black 10. Act Naturally 11. A Hard Day's Night 12. Help! 13. I'm Down
[Live at Shea Stadium, NYC, NY, USA , August 15th 1965]
14. Introduction 15. I Feel Fine 16. I'm Down 17. Act Naturally 18. Ticket to Ride 19. Yesterday 20. Help!
[Ed Sullivan Show : at NY, NYS, USA August 14th 1965]

2017年10月23日

ボウイ、伝説の1983年来日公演の名古屋レア・ライブ!

wardour255cr.jpg



◆ DAVID BOWIE / DEFINITIVE NAGOYA 1983 (プレス2CD+1CDR) この商品はこちらから

2017年新たなボウイの追悼アイテムとして、2015年から大反響となっているキニー録音のオリジナル・カセット・シリーズより、1983年ジャパン・ツアーの10月29日、名古屋市国際展示場でのライブを、完全未発表となるオリジナル・オーディエンス・マスターから、コンプリート収録したタイトルがプレス2CD仕様でここに。

まず「レッツ・ダンス」の大ヒット、そして映画「戦場のメリークリスマス」への出演で一般的にもボウイが爆発的に人気を博した時期で、それゆえ、この3度目の来日公演は、12日間に全10公演という過密スケジュールで行なわれたもの。
そして8公演目となったこの名古屋公演は、これまでまともな音源が全く流通していなかった中、そのサウンドの鮮やかさ、ダイレクト感や空気感などすべてが驚異的で、なぜこれまで陽の目を見なかったのが不思議なほどのクオリティー。
そしてこの日熱気と歓声が全編を貫き、その熱気に煽られたボウイの気合いもハンパではなく、全編力のこもった演奏とパフォーマンスは、翌日惨事となる大阪の万博記念競技場の予兆かと思えるほど。
さらに初回入荷限定で、ボウイがこの来日中に出演したラジオ・ショー『HIS FAVOURITE SONGS ON SOUND STREET』を、オンエアー・マスターよりフル収録した1CD-Rをプラス。

こちらは同年11月22日にオンエアーされたラジオ・プログラム『SOUND STREET』を収めたもので、DJの坂本教授、ボウイ、そしてイギリス人音楽評論家の3人で進行され、ボウイの好きな曲をかけるという特番。
そしてその選曲とはP.I.L.、ALAN FREED & HIS ROCK、VELVET UNDERGROUND、JACKIE WILSON、YMO、LITTLE RICHARDの6曲で、それ曲に対して想いを語るボウイのコメントも通訳を通してよく分かるところが嬉しいところ。音楽人ボウイの素顔が垣間見れる、こちらもファン要チェックの逸品。なおこのボーナスCD-Rは初回限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 1. Pre-Show Music 2. Intro 3. Look Back In Anger 4. Heroes 5. What In The World? 6. Golden Years 7. Fashion 8. Let's Dance 9. Breaking Glass 10. Life On Mars? 11. Sorrow 12. Cat People (Putting Out Fire) 13. China Girl 14. Scary Monsters (And Super Creeps) 15. Rebel Rebel 16. White Light/White Heat
Disc 2 : 1. Station To Station 2. Cracked Actor 3. Ashes To Ashes 4. Space Oddity 5. Band Introduction 6. Young Americans 7. Fame 8. Star 9. Stay 10. The Jean Genie 11. Modern Love
[Live at Nagoya International Exhibition Hall, Nagoya, Japan 29th October 1983]
◇David Bowie - Vocals / Carlos Alomar - Guitar / Earl Slick - Lead Guitar / Frank and George Simms - Vocals / Carmine Rojas – Bass / Tony Thompson – Drums / Dave Lebolt – Synthesizer The Borneo Horns : Lenny Pickett - Saxophone / Steve Elson - Saxophone / Stan Harrison – Saxophone

Limited CD-R : Public Image Ltd - (This is Not a) Love Song / Alan Freed & His Rock - Right Now, Right Now / Velvet Underground - Here She Comes Now / Jackie Wilson - Lonely Teardrops / Little Richard - True Fine Mama
[DAVID BOWIE - HIS FAVOURITE SONGS ON SOUND STREET : Broadcast: 22nd November 1983]

2017年10月21日

ボウイ、伝説の1983年来日公演の武道館レア・ライブ!

wardour254cr.jpg



◆ DAVID BOWIE / DEFINITIVE BUDOKAN 1983 FINAL NIGHT (プレス4CD) この商品はこちらから

2017年新たなボウイの追悼アイテムとして、2015年から大反響となっているキニー録音のオリジナル・カセット・シリーズより、1983年ジャパン・ツアーの10月24日、日本武道館公演を、完全未発表となる、2種類のオリジナル・オーディエンス・マスターからコンプリート収録したタイトルがプレス4CD仕様でここに。

まず「レッツ・ダンス」の大ヒット、そして映画「戦場のメリークリスマス」への出演で一般的にもボウイが爆発的に人気を博した時期で、それゆえ、この3度目の来日公演は、12日間に全10公演という過密スケジュールで行なわれたもの。
そして武道館では4公演が組まれ、その最終がこの24日公演で、その模様を今回世界初公開となる、テーパー所有のオリジナル・マスターと、こちらも初となる、キニー・オリジナル・カセットによるオーディエンス・マスターをカップリングしたのが本タイトルで、これがどちらも甲乙付けがたいほどのクオリティー。
なお録音ポジションの違いもあるため、聞き比べるのも楽しみなところで、いずれも会場音響の鳴りやリアリティの違い、またどちらも黄色い嬌声が良いバランスで聞こえるあたりもポイント。
そしてライブ自体も武道館4連続公演の最終日であり、同会場・同じセットで磨き上げたショーはまさに鉄壁で、セットもオフィシャル『SERIOUS MOONLIGHT』では聴けないアンコール「Star」「Stay」「The Jean Genie」「Modern Love」も含まれた、まさにあの感動が時空を超えて蘇る、ファン必携の限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. Pre-Show Music 2. Intro 3. Look Back In Anger 4. Heroes 5. What In The World? 6. Golden Years 7. Fashion 8. Let's Dance 9. Breaking Glass 10. Life On Mars? 11. Sorrow 12. Cat People (Putting Out Fire) 13. China Girl 14. Scary Monsters (And Super Creeps) 15. Rebel Rebel 16. White Light/White Heat
Disc 2 : 1. Station To Station 2. Cracked Actor 3. Ashes To Ashes 4. Space Oddity 5. Band Introduction 6. Young Americans 7. Fame 8. Star 9. Stay 10. The Jean Genie 11. Modern Love
[Recorder 1 : Live at Budokan, Tokyo, Japan 24th October 1983]

Disc 3 : 1. Pre-Show Music 2. Intro 3. Look Back In Anger 4. Heroes 5. What In The World? 6. Golden Years 7. Fashion 8. Let's Dance 9. Breaking Glass 10. Life On Mars? 11. Sorrow 12. Cat People (Putting Out Fire) 13. China Girl 14. Scary Monsters (And Super Creeps) 15. Rebel Rebel 16. White Light/White Heat
Disc 4 : 1. Station To Station 2. Cracked Actor 3. Ashes To Ashes 4. Space Oddity 5. Band Introduction 6. Young Americans 7. Fame 8. Star 9. Stay 10. The Jean Genie 11. Modern Love
[Recorder 2 : Live at Budokan, Tokyo, Japan 24th October 1983]

2017年10月14日

ナイト・レンジャー、2017年東京初日公演をベスト・クオリティーで!

xavelm104n.jpg



◆ NIGHT RANGER / 2017 Tokyo 1st Night (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日公演における、東京初日となった10月8日東京ドーム・シティ・ホールでのライブを、マルチIEMマトリクス・レコーディングにてコンプリート収録したタイトルがここに。

まず当日のライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。
すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、ジャック&ケリーのダブル・ヴォーカル&リズムセクション、ブラッド&ケリのツイン・ギター、そして存在感あるエリックの5人が繰り出す全てのパートを、完璧な定位とベスト・バランスで捉えており、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そしてこのジャパン・ツアーのハイライトとなるこの東京連日公演は、大幅にセットリストを変更しており、また今回アルバム『DON'T LET UP』リリース後のツアーながら、同時にデビュー35周年記念も銘打つグレイテスト・ヒッツ・ライブでもあるため、初期3枚の代表曲をたっぷりと披露しつつ、同アルバムからの3曲や「Forever All Over Again」といった、90年代の曲も随所に。中でも「Passion Play」などは、これまでライブ演奏記録がほとんど残されていない激レア・ナンバーゆえ、このあたりは必聴の、ファン必携の来日限定メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 01. Opening (You Shook Me All Night Long) 02. Somehow Someway 03. Four in the Morning 04. Sing Me Away 05. Rumours in the Air 06. Sentimental Street 07. High Road 08. The Secret of My Success 09. Eddie's Comin' Out Tonight 10. Truth
Disc 2 : 01. High Enough 02. Forever All Over Again 03. Piano Intro / Goodbye 04. When You Close Your Eyes 05. Don't Tell Me You Love Me (incl. Highway Star) –encore- 06. Passion Play 07. Touch of Madness -encore 2- 08. Band Introduction 09. Sister Christian 10. (You Can Still) Rock in America
[at Tokyo Dome City Hall, Tokyo, Japan 8th October 2017 : IEM Source + Original Audience Source = Matrix Recording]

2017年10月11日

Mr.Big、2017年ジャパン・ツアーより大阪2公演をベスト・クオリティーで!

sha792m.jpg



◆ MR. BIG / OSAKA 2017 (4CDR) この商品はこちらから

2017年「DEFYING GRAVITY JAPAN TOUR」より、大阪連続2公演となった10月1日メルパルクホール大阪公演と、翌2日大阪フェスティバルホール公演を、いずれもフロント・ローからのデジタル・オーディエンス・レコーディングにて、カップリングでコンプリート収録。
どちらもPAからのダイレクト・サウンドは一聴すると、サウンドボードかと思えるレベルで、特にビリーのベースのあの独特なアタック音も鮮明に。
そしてセット内容もツアー序盤と比べ曲数が少しづつ増えており、「Take A Walk」こそセット落ちしたものの、代わりに『DEFYING GRAVITY』からの「Open Your Eyes」「Forever & Back」がセットインし、アコースティック・コーナーでも「Promise Her The Moon」が追加。
そして新曲がトータル6曲にまで増えたことで、ショー全体がアルバムのカラーが強くなっているのもポイント。
さらに各地でその元気な姿でファンを安心されたパット・トーピーは、途中何曲かで退場するものの、4曲目「Alive And Kickin'」からアンコールまでほとんどの曲に参加し、コーラス、パーカッション、「Just Take My Heart」でのドラミングまで披露。そして「We're An American Band」では、メンバーがパートを入れ替え(ビリーとマットがギター、エリックがベース、ポールがドラム)、パットのリード・ヴォーカルと、このあたりは必聴であり、2公演はもちろんセット内容も違うので、ファン必携の来日限定メモリアル・アイテム。

Disc 1 : 1. I Can't Stand Myself (When You Touch Me) 2. Daddy, Brother, Lover, Little Boy 6. Temperamental 7. Just Take My Heart 8. Take Cover 9. Green-Tinted Sixties Mind 10. Everybody Needs A Little Trouble 11. Price You Gotta Pay 12. Paul Gilbert Guitar Solo 13. Open Your Eyes 14. Forever & Back
Disc 2 : 1. Intro 2. Wild World 3. Promise Her The Moon 4. Damn I'm In Love Again 5. Rock & Roll Over 6. Around The World 7. Billy Sheehan Bass Solo 8. Addicted To That Rush 9. To Be With You 10. Colorado Bulldog 11. 1992 12. We're An American Band 13. Defying Gravity 14. A Whiter Shade Of Pale
[Live at Mielparque Hall, Osaka, Japan 1st October 2017]

Disc 3 : 1. I Can't Stand Myself (When You Touch Me) 2. Daddy, Brother, Lover, Little Boy 3. American Beauty 4. Undertow 5. Alive And Kickin'6. Temperamental 7. Just Take My Heart 8. Take Cover 9. Green-Tinted Sixties Mind 10. Everybody Needs A Little Trouble 11. Price You Gotta Pay 12. Paul Gilbert Guitar Solo 13. Open Your Eyes 14. Forever & Back
Disc 4 : 1. Intro 2. Wild World 3. Promise Her The Moon 4. Damn I'm In Love Again 5. Rock & Roll Over 6. Around The World 7. Billy Sheehan Bass Solo 8. Addicted To That Rush 9. To Be With You 10. Colorado Bulldog 11. 1992 12. We're An American Band 13. Defying Gravity
14. A Whiter Shade Of Pale (Procol Harum)
[Live at Festival Hall, Osaka, Japan 2nd October 2017]

2017年10月08日

ドリーム・シアター、来日4日目と最終日をオフィシャル・クオリティーで!

xavelm1415d.jpg



◆ DREAM THEATER / Images, Words & Beyond in Osaka & Tokyo 2017 (プレス6CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日公演の、4日となる9月13日、グランキューブ大阪と、最終日となる9月14日、東京国際フォーラムでのライブを、いずれもステレオ・サウンドボード音源にてコンプリート収録したカップリング・タイトルが、永久保存プレス6CDでここに。

まず同レーベルでは、マルチIEMマトリクス音源などがここ近年おなじみの中、本作はさらにそれらを上回るリアル・ステレオ・サウンドボード音源で、2公演ともに、オフィシャル・ライブ盤と比べて何も遜色のないサウンド・クオリティーによるもの。
そして今回の来日は『IMAGES AND WORDS』リリース25周年、アニバーサリー・ワールド・ツアーの一環となるもので、本ツアーは同アルバムの完全再現をメインとし、すでに世界各国のファンから大絶賛されているもの。そしてその3部構成のライブは、第1部「通常形式」・第2部「IMAGES AND WORDS完全再現」、そしてアンコールとなっており、まず第1部は通常のコンサート同様、各アルバムからセレクトされたものながら、日本ではストーリー再現を味わえなかった『THE ASTONISHING』の「The Gift of Music」や「Our New World」も披露され、『FALLING INTO INFINITY』からの「Hell's Kitchen」は14年ぶりの復活。さらに「The Bigger Picture」も2017年になって初めて演奏された曲で、ジャコ・パスの「Portrait Of Tracy」を導入にした「As I Am」ではMETALLICAの「Enter Sandman」も導入したりと、斬新なアレンジも随所に。
そしてメインの第2部『IMAGES AND WORDS』の完全再現は、25年間をタイムワープするイントロから導かれ、アルバムの曲順通りに進行。壮大にして華麗な名曲群を本生100%サウンドで再現しており、しかもただの再現を超えた拡張版となっているのは、さらに第3部で「A Change Of Season」も13年ぶりにフル再現することで、まさに完成形。
なお今回の来日全5公演は、コンセプト・ショーゆえセット・構成に変化はないものの、さらに初回50セット限定で、2日目広島公演開場前のサウンドチェックを収録したボーナス1CD-Rもプラス。

ここでの本番さながらの緊張感の高いリハーサルも、ファンならやはり要チェック。
来日限定プレス3CD、日本語帯付き仕様、そしてこのボーナスCD-R付きは50セット限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Sweet Caroline) 02. Opening (The Colonel) Act 1: 03. The Dark Eternal Night 04. The Bigger Picture 05. Hell's Kitchen 06. The Gift of Music 07. Our New World 08. Portrait of Tracy (John Myung solo) 09. As I Am (incl. Enter Sandman) 10. Breaking All Illusions
Disc 2 : Act 2: "Images and Words" 01. Happy New Year 1992 - Intro Tape 02. Pull Me Under 03. Another Day 04. Take the Time (extended outro with a John Petrucci guitar solo) 05. Surrounded 06. Metropolis Pt. 1: The Miracle and the Sleeper (with a drum solo by Mike Mangini during the middle part) 07. Under a Glass Moon 08. Wait for Sleep (with extended keyboard intro) 09. Learning to Live
Disc 3 : -encore- 01. A Change of Seasons: I The Crimson Sunrise 02. A Change of Seasons: II Innocence 03. A Change of Seasons: III Carpe Diem 04. A Change of Seasons: IV The Darkest of Winters 05. A Change of Seasons: V Another World 06. A Change of Seasons: VI The Inevitable Summer 07. A Change of Seasons: VII The Crimson Sunset
[Live at Grand Cube, Osaka, Japan 13th September 2017 : Stereo Soundboard Recording]

Disc 4 : 01. Pre-show SE (Sweet Caroline) 02. Opening (The Colonel) Act 1: 03. The Dark Eternal Night 04. The Bigger Picture 05. Hell's Kitchen 06. The Gift of Music 07. Our New World 08. Portrait of Tracy (John Myung solo) 09. As I Am (incl. Enter Sandman) 10. Breaking All Illusions
Disc 5 : Act 2: "Images and Words" 01. Happy New Year 1992 - Intro Tape 02. Pull Me Under 03. Another Day 04. Take the Time (extended outro with a John Petrucci guitar solo) 05. Surrounded 06. Metropolis Pt. 1: The Miracle and the Sleeper (with a drum solo by Mike Mangini during the middle part) 07. Under a Glass Moon 08. Wait for Sleep (with extended keyboard intro) 09. Learning to Live
Disc 6 : -encore- 01. A Change of Seasons: I The Crimson Sunrise 02. A Change of Seasons: II Innocence 03. A Change of Seasons: III Carpe Diem 04. A Change of Seasons: IV The Darkest of Winters 05. A Change of Seasons: V Another World 06. A Change of Seasons: VI The Inevitable Summer 07. A Change of Seasons: VII The Crimson Sunset
[Live at International Forum Hall C, Tokyo, Japan 14th September 2017 : Stereo Soundboard Recording]

2017年10月07日

ドリーム・シアター、来日初日と2日目をオフィシャル・クオリティーで!

xavelm14243d.jpg



◆ DREAM THEATER / Images, Words & Beyond in Aichi & Hiroshima 2017 (プレス6CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日公演の、初日となる9月9日、豊田市民文化会館と、2日目となる9月10日、広島県文化学園HBGホールでのライブを、いずれもステレオ・サウンドボード音源にてコンプリート収録したカップリング・タイトルが、永久保存プレス6CDでここに。

まず同レーベルでは、マルチIEMマトリクス音源などがここ近年おなじみの中、本作はさらにそれらを上回るリアル・ステレオ・サウンドボード音源で、2公演ともに、オフィシャル・ライブ盤と比べて何も遜色のないサウンド・クオリティーによるもの。
そして今回の来日は『IMAGES AND WORDS』リリース25周年、アニバーサリー・ワールド・ツアーの一環となるもので、本ツアーは同アルバムの完全再現をメインとし、すでに世界各国のファンから大絶賛されているもの。そしてその3部構成のライブは、第1部「通常形式」・第2部「IMAGES AND WORDS完全再現」、そしてアンコールとなっており、まず第1部は通常のコンサート同様、各アルバムからセレクトされたものながら、日本ではストーリー再現を味わえなかった『THE ASTONISHING』の「The Gift of Music」や「Our New World」も披露され、『FALLING INTO INFINITY』からの「Hell's Kitchen」は14年ぶりの復活。さらに「The Bigger Picture」も2017年になって初めて演奏された曲で、ジャコ・パスの「Portrait Of Tracy」を導入にした「As I Am」ではMETALLICAの「Enter Sandman」も導入したりと、斬新なアレンジも随所に。
そしてメインの第2部『IMAGES AND WORDS』の完全再現は、25年間をタイムワープするイントロから導かれ、アルバムの曲順通りに進行。壮大にして華麗な名曲群を本生100%サウンドで再現しており、しかもただの再現を超えた拡張版となっているのは、さらに第3部で「A Change Of Season」も13年ぶりにフル再現することで、まさに完成形。
なお今回の来日全5公演は、コンセプト・ショーゆえセット・構成に変化はないものの、さらに初回50セット限定で、初日豊田公演開場前のサウンドチェックを収録したボーナス1CD-Rもプラス。

ここでの本番さながらの緊張感の高いリハーサルも、ファンならやはり要チェック。
来日限定プレス6CD、日本語帯付き仕様、そしてこのボーナスCD-R付きは50セット限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Sweet Caroline) 02. Opening (The Colonel) Act 1: 03. The Dark Eternal Night 04. The Bigger Picture 05. Hell's Kitchen 06. The Gift of Music 07. Our New World 08. Portrait of Tracy (John Myung solo) 09. As I Am (incl. Enter Sandman) 10. Breaking All Illusions
Disc 2 : Act 2: "Images and Words" 01. Happy New Year 1992 - Intro Tape 02. Pull Me Under 03. Another Day 04. Take the Time (extended outro with a John Petrucci guitar solo) 05. Surrounded 06. Metropolis Pt. 1: The Miracle and the Sleeper (with a drum solo by Mike Mangini during the middle part) 07. Under a Glass Moon 08. Wait for Sleep (with extended keyboard intro) 09. Learning to Live
Disc 3 : -encore- 01. A Change of Seasons: I The Crimson Sunrise 02. A Change of Seasons: II Innocence 03. A Change of Seasons: III Carpe Diem 04. A Change of Seasons: IV The Darkest of Winters 05. A Change of Seasons: V Another World 06. A Change of Seasons: VI The Inevitable Summer 07. A Change of Seasons: VII The Crimson Sunset
[Live at Toyota Shimin Bunka Kaikan, Toyota, Japan 9th September 2017 : Stereo Soundboard Recording]

Disc 4 : 01. Pre-show SE (Sweet Caroline) 02. Opening (The Colonel) Act 1: 03. The Dark Eternal Night 04. The Bigger Picture 05. Hell's Kitchen 06. The Gift of Music 07. Our New World 08. Portrait of Tracy (John Myung solo) 09. As I Am (incl. Enter Sandman) 10. Breaking All Illusions
Disc 5 : Act 2: "Images and Words" 01. Happy New Year 1992 - Intro Tape 02. Pull Me Under 03. Another Day 04. Take the Time (extended outro with a John Petrucci guitar solo) 05. Surrounded 06. Metropolis Pt. 1: The Miracle and the Sleeper (with a drum solo by Mike Mangini during the middle part) 07. Under a Glass Moon 08. Wait for Sleep (with extended keyboard intro) 09. Learning to Live
Disc 6 : -encore- 01. A Change of Seasons: I The Crimson Sunrise 02. A Change of Seasons: II Innocence 03. A Change of Seasons: III Carpe Diem 04. A Change of Seasons: IV The Darkest of Winters 05. A Change of Seasons: V Another World 06. A Change of Seasons: VI The Inevitable Summer 07. A Change of Seasons: VII The Crimson Sunset
[Live at Bunka Gakuen HBG Hall, Hiroshima , Japan 10th September 2017 : Stereo Soundboard Recording]

2017年10月06日

ボン・ジョヴィ、2017年ツアーからの、初のフル・プロショット・ライブ!

sbbd005Db.jpg



◆ BON JOVI / Rock in Rio 2017 Digital Remaster Ltd. (1BDR+1DVDR+2CDR) この商品はこちらから

アルバム「ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール」リリースに伴い、2017年9月14日からは南米ツアーがスタート。その序盤、2017年9月15日から24日までの7日間にわたり、ブラジルで開催された、恒例の一大フェス『ロック・イン・リオ 2017』の、22日に出演時の模様を、オフィシャル・レベルの映像と音でカップリングしたタイトルがここに。

まず映像はWEBキャスト・オンエアーによるオフィシャル・クオリティー、プロショットでコンプリート収録した映像を、ブルーレイとDVD-Rにて。
特にブルーレイはその大容量を活かし、元素材そのままのマルチ・アングルのカメラ・ショットによるHDクオリティー映像に加え、音質もプロユースの24bitデジタル・リマスタリングを施こすことで、カンペキなステレオ・サウンドボードにて、トータル2時間5分にわたりカンペキなクオリティーにて。

そして何よりも今回のリユニオン・ツアーにおいて、初めての完全フル・プロショット・ライブというのが最大のポイントで、もちろん彼らはこの日のヘッドライナーを務めており、そしてフェス仕様のややコンパクトなセットながら、同アルバムからの曲がいくつかセット落ちした代わりに、”Because We Can”、”We Got It Goin' On”そして”Roller Coaster”などがここ南米レグからセットインし、しかも”Have A Nice Day”がアンコールで演奏されるのは、本ツアーでは初となるあたりも含めてファンは絶対必見。
そしてブルーレイとDVD-Rに使用されているデジタル・リマスタリングされた音源も、2CDR仕様にてセットにした、限定コレクターズ・エディション。


Blu-ray & DVD-R : Same Set :
01. Opening 02. This House Is Not for Sale 03. Raise Your Hands 04. Knockout 05. You Give Love a Bad Name 06. Born to Be My Baby 07. Lost Highway 08. Because We Can 09. I'll Sleep When I'm Dead 10. Runaway 11. We Got It Goin' On 12. Someday I'll Be Saturday Night (Acoustic) 13. Bed of Roses 14. It's My Life 15. Captain Crash & the Beauty Queen From Mars 16. Roller Coaster 17. Wanted Dead or Alive 18. Lay Your Hands On Me 19. Keep the Faith 20. Bad Medicine –encore- 21. Have a Nice Day 22. Livin' on a Prayer 23. Closing

CD 1 : 01. Opening 02. This House Is Not for Sale 03. Raise Your Hands 04. Knockout 05. You Give Love a Bad Name 06. Born to Be My Baby 07. Lost Highway 08. Because We Can 09. I'll Sleep When I'm Dead 10. Runaway 11. We Got It Goin' On 12. Someday I'll Be Saturday Night (Acoustic)
CD 2 : 01. Bed of Roses 02. It's My Life 03. Captain Crash & the Beauty Queen From Mars 04. Roller Coaster 05. Wanted Dead or Alive 06. Lay Your Hands On Me 07. Keep the Faith 08. Bad Medicine -encore- 09. Have a Nice Day 10. Livin' on a Prayer 11. Closing
[Rock in Rio 2017 : at Parque Olimpico, Rio de Janeiro, Brazil September 22th 2017]


2017年10月04日

エアロ、2017年ツアーからの、初のフル・プロショット・ライブ!

sbbd004Da.jpg



◆ AEROSMITH / Rock in Rio 2017 Digital Remaster Ltd. (1BDR+1DVDR+2CDR) この商品はこちらから

2017年、ついに最後のツアーと言われる「AERO-VERDERCI BABY! TOUR」がスタート。その中で、2017年9月15日から24日までの7日間にわたり、ブラジルで開催された、恒例の一大フェス『ロック・イン・リオ 2017』の、21日に出演時の模様を、オフィシャル・レベルの映像と音でカップリングしたタイトルがここに。

まず映像はWEBキャスト・オンエアーによるオフィシャル・クオリティー、プロショットでコンプリート収録した映像を、ブルーレイとDVD-Rにて。
特にブルーレイはその大容量を活かし、元素材そのままのマルチ・アングルのカメラ・ショットによるHDクオリティー映像に加え、音質もプロユースの24bitデジタル・リマスタリングを施こすことで、カンペキなステレオ・サウンドボードにて、トータル1時間46分にわたりカンペキなクオリティーにて。
そしてもちろん彼らはこの日のヘッドライナーを務めており、セット構成も現在進行中のツアーに準じたもので、この日も「LET THE MUSIC DO THE TALKING」からスタートし、その後は中盤でのおなじみのカヴァー2曲を含めて、まさにベスト・オブ・エアロ的なセットリスト。また一度はセット落ちしていた「Crazy」が復活したり、ツアー中盤から新たにセット入りした「Mother Popcorn」も披露され、70年代ナンバーが増えたことで、一層ヒストリカルなムードが濃厚なショーに。
何より本ツアーからのフル・プロショット・ライブであり、またバンドはこの後サンパウロで1公演を行うものの、スティーヴンの急病により、その後の南米ツアーはキャンセルとなったため、そのあたりも含めてファンは絶対必見。
そしてブルーレイとDVD-Rに使用されているデジタル・リマスタリングされた音源も、2CDR仕様にてセットにした、限定コレクターズ・エディション。

Blu-ray & DVD-R : Same Set :
01. Opening 02. Let the Music Do the Talking 03. Love in an Elevator 04. Cryin' 05. Livin' on the Edge 06. Rag Doll 07. Falling in Love (Is Hard on the Knees) 08. Stop Messin' Around (Fleetwood Mac cover) 09. Oh Well (Fleetwood Mac cover) 10. Crazy 11. I Don't Want to Miss a Thing 12. Eat the Rich 13. Come Together (The Beatles cover) 14. Sweet Emotion 15. Dude (Looks Like a Lady) –encore- 16. Dream On 17. Mother Popcorn (James Brown cover) (Snippet) 18. Walk This Way 19. Closing

CD 1 : 01. Opening 02. Let the Music Do the Talking 03. Love in an Elevator 04. Cryin' 05. Livin' on the Edge 06. Rag Doll 07. Falling in Love (Is Hard on the Knees) 08. Stop Messin' Around (Fleetwood Mac cover) 09. Oh Well (Fleetwood Mac cover)
CD 2 : 01. Crazy 02. I Don't Want to Miss a Thing 03. Eat the Rich 04. Come Together (The Beatles cover) 05. Sweet Emotion 06. Dude (Looks Like a Lady) –encore- 07. Dream On 08. Mother Popcorn (James Brown cover) (Snippet) 09. Walk This Way 10. Closing

[Rock in Rio 2017 : at Parque Olimpico, Rio de Janeiro, Brazil September 21th 2017]

2017年10月03日

ガンズ2016&17年ツアーからの、初のフル・プロショット・ライブ!

sbbd003Dg.jpg



◆ GUNS N' ROSES / Rock in Rio 2017 Digital Remaster Ltd (1BDR+1DVDR+3CDR) この商品はこちらから

2017年秋から新たにスタートした南米ツアーより、その序盤、2017年9月15日から24日までの7日間にわたり、ブラジルで開催された、恒例の一大フェス『ロック・イン・リオ 2017』の、23日に出演時の模様を、オフィシャル・レベルの映像と音でカップリングしたタイトルがここに。

まず映像はWEBキャスト・オンエアーによるオフィシャル・クオリティー、プロショットでコンプリート収録した映像を、ブルーレイとDVD-Rにて。
特にブルーレイはその大容量を活かし、元素材そのままのマルチ・アングルのカメラ・ショットによるHDクオリティー映像に加え、音質もプロユースの24bitデジタル・リマスタリングを施こすことで、カンペキなステレオ・サウンドボードにて、トータル3時間29分にわたりカンペキなクオリティーにて。
そして何よりも今回のリユニオン・ツアーにおいて、初めての完全フル・プロショット・ライブというのが最大のポイントで、そしてもちろん彼らはこの日のヘッドライナーを務めており、セットは先の北米ツアー、セカンド・レグに準じたもので、アンコールではこの南米ツアーから”Whole Lotta Rosie”も復活という、まさにベスト・ライブ。
そしてブルーレイとDVD-Rに使用されているデジタル・リマスタリングされた音源も、3CDR仕様にてセットにした、限定コレクターズ・エディションはファン必携の限定コレクターズ・エディション。


Blu-ray & DVD-R : Same Set
01. Opening 02. It's So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin' Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. You Can't Put Your Arms Around a Memory 13. Attitude 14. This I Love 15. Civil War 16. Yesterdays 17. Coma 18. Slash Guitar Solo 19. Speak Softly Love 20. Sweet Child O' Mine 21. Wichita Lineman 22. Used to Love Her 23. My Michelle 24. Wish You Were Here 25. Layla 26. November Rain 27. Black Hole Sun 28. Knockin' on Heaven's Door 29. Nightrain 30. Sorry 31. Patience 32. Whole Lotta Rosie 33. Don't Cry 34. The Seeker 35. Paradise City 36. Closing

CD 1 : 01. Opening 02. It's So Easy 03. Mr. Brownstone 04. Chinese Democracy 05. Welcome to the Jungle 06. Double Talkin' Jive 07. Better 08. Estranged 09. Live and Let Die 10. Rocket Queen 11. You Could Be Mine 12. You Can't Put Your Arms Around a Memory 13. Attitude 14. This I Love
CD 2 : 01. Civil War 02. Yesterdays 03. Coma 04. Slash Guitar Solo 05. Speak Softly Love 06. Sweet Child O' Mine 07. Wichita Lineman 08. Used to Love Her 09. My Michelle 10. Wish You Were Here 11. Layla 12. November Rain
CD 3 : 01. Black Hole Sun 02. Knockin' on Heaven's Door 03. Nightrain 04. Sorry 05. Patience 06. Whole Lotta Rosie 07. Don't Cry 08. The Seeker 09. Paradise City
[Rock in Rio 2017 : at Parque Olimpico, Rio de Janeiro, Brazil September 23th 2017]
◇Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)


2017年09月27日

ジャミロクワイ、リベンジ来日公演をベスト・クオリティーの音と映像で!

xavelm103j.jpg



◆ JAMIROQUAI / Live at Budokan 2017 (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、9TH』リリースに伴う、2017年ジャパン・ツアーからの、日本武道館2daysの2日目となる9月16日の模様を、ベスト・クオリティーの音と映像でカッブリング。

まず音源CDは、ジェイ・ケイら、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。
すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、それぞれプロユースによるカンペキなミックスで定位させており、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
まず同年3月には7年ぶりとなる「オートマイン」をリリースし、5月に来日予定だったのが、ジェイの緊急入院のためキャンセルされ、今回はそのリベンジ公演となるもの。よってこの夜は再来日を待ち望んだ8,000人のファンが集結し、ジェイが登場するや会場は一気にハイヴォルテージに。
そして同アルバムからの「Automaton」や「Cloud 9」などの新曲をメインとしつつ、もちろん往年の大ヒット・チューンはこれまでのアシッド・ジャズ・サウンドに、エレクトロも取り込んだ斬新なアレンジも施し、アンコールの”Virtual Insanity”からラストの”Supersonic”まで、まさにキャリア総括のベスト・ライブ。
さらに映像DVD-Rには当日の模様を、ハイクオリティー・オーディエンス・ショットにて、コンプリート収録。

ステージほぼ正面からの安定ショットを中心に、ジェイのクローズ・ショットも多用した安定感抜群の映像にて、ライブの全貌を捉えたもの。
そして「オートマイン」のジャケット写真でも着用していた、エレクトリック・ハットで登場する姿から、カラフルなライティングまで、あの感動が再びリアルに蘇るというもの。
なお、一部映像欠落部分はブラックアウトし、音声のみとなるものの、音源と合わせて、日本語帯つき仕様の、2017年来日公演の限定メモリアル・アイテムとして、ファン必携のコレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. Intro 02. Shake It On 03. Little L 04. Automaton 05. The Kids 06. Space Cowboy 07. Superfresh 08. White Knuckle Ride 09. Cosmic Girl
Disc 2 : 01. Corner of the Earth 02. Cloud 9 03. Emergency on Planet Earth 04. Runaway 05. Canned Heat 06. Love Foolosophy –enncore- 07. Virtual Insanity 08. Supersonic 09. Outro

DVD-R : 01. Intro 02. Shake It On 03. Little L 04. Automaton 05. The Kids 06. Space Cowboy 07. Superfresh 08. White Knuckle Ride 09. Cosmic Girl 10. Corner of the Earth 11. Cloud 9 12. Emergency on Planet Earth 13. Runaway 14. Canned Heat 15. Love Foolosophy 16. Virtual Insanity 17. Supersonic 18. Outro
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 16th September 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

2017年09月26日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、ビートルズ第5弾はついに武道館ライブが登場!

egsh10w.jpg



◆ THE BEATLES / LIVE AT BUDOKAN 1966 (プレス2CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第6弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてそのビートルズの5タイトル目は、歴史的な1966年来日公演より、6月30日と7月1日昼の部公演の2公演を、新発掘マスター・テープに、デジタル・リマスタリングを施し、いずれもコンプリート収録したアイテムがついに登場。
まず誰もが一度は目にした事があるであろう、武道館でのビートルズ公演は、全5回のライブが行われ、そのうちレコーディング収録されたのはこの2公演。そして今回は新発掘されたマスター・テープから、オフィシャル仕様ゆえ、新発掘のマスターから正確なピッチで修正、デジタル・リマスタリングも施されたもので、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにて、あの武道館での熱気や空気感もそのままパック。
そしていきなりジョンのシャウトではじまる「ロックン・ロール・ミュージック」からスタートし、その後「ラバー・ソウル」リリース後のツアーでもあるゆえ、「ペーパーバック・ライター」や「ひとりぼっちのあいつ」のライブ・トラックは、今では非常にレアなうえ、エレクトリック伴奏による「イエスタデイ」も必聴。
さらに映像でも知られる、マイク・スタンドが不安定になることで有名な6月30日、初日のライブは、実は楽器のチューニングを半音低く調弦して臨んでおり、これはこれまで一晩数ステージのハンブルグ時代などの、数々のステージで叩き上げられてきた彼等の常套手段であり、そして翌日は一転してレギュラー・チューニングとなるため、音の印象もまるで違うものに聞こえるあたりは要チェック。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

disc 1 : 01. Rock And Roll Music 02. She’s A Woman 03. If I Needed Someone 04. Day Tripper 05. Baby’s In Black 06. I Feel Fine 07. Yesterday 08. I Wanna Be Your Man 09. Nowhere Man 10. Paperback Writer 11. I’m Down
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan June 30th 1966]

disc 2 : 01. Rock And Roll Music 02. She’s A Woman 03. If I Needed Someone 04. Day Tripper 05. Baby’s In Black 06. I Feel Fine 07. Yesterday 08. I Wanna Be Your Man 09. Nowhere Man 10. Paperback Writer 11. I’m Down
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan July 1sth 1966 Afternoon show]

2017年09月25日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、ビートルズ第4弾ライブ登場

egsh08w.jpg



◆ THE BEATLES / HOLLYWOOD BOWL 1965 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第8弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてそのビートルズの4タイトル目は、1965年8月29&30日ハリウッド・ボウル公演を、いずれもオリジナル・ステレオ・ミックスにて、全曲カット無しの完全コンプリートにて収録。
まず2016年になってようやく公式CDリリースもされた本公演は、1977年当時アナログ盤でもリリースされているものの、内容的には、1964年8月23日と1965年8月29&30日の、ハリウッド・ボウル3公演を編集したもの。
そして今回もオリジナル・マスター・テープにデジタル・リマスタリングも施し、正確なピッチで修正したオフィシャル仕様ゆえ、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにて、前年の同地以上に、熱狂の嵐を巻き起こした時期の空気感もそのままパック。
そしてまず初日である29日は、数曲でポールのマイクがオフになっているというトラブルが発生し、それはそれで生々しいコンサートの雰囲気を伝えてくれているものの、ここではボーナス・トラック扱いとして後半に収録。
そしてメインと云える30日公演は、3人のコーラスがエキサイティングな「ツイスト&シャウト」からスタートし、「涙の乗車券」「ヘルプ!」のヒット曲に加え、コンサートならではのジョージの歌う「みんないい娘」、リンゴの「彼氏になりたい」なども必聴テイク。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

01. Introduction 02. Twist And Shout 03. She’s A Woman 04. I Feel Fine 05. Dizzy Miss Lizzy 06. Ticket to Ride 07. Everybody’s Tryin’ To Be My Baby 08. Can’t Buy Me Love 09. Baby’s In Black 10. I Wanna Be Your Man 11. A Hard Day’s Night 12. Help! 13. I’m Down
[Live at Hollywood Bowl, LA, USA August 30th 1965]
14. Introduction 15. Twist And Shout (paul’s vocal mic off) 16. She’s A Woman (paul’s vocal mic off) 17. I Feel Fine (paul’s vocal mic off) 18. Dizzy Miss Lizzy 19. Ticket to Ride 20. Everybody’s Tryin’ To Be My Baby 21. Can’t Buy Me Love 22. Baby’s In Black 23. I Wanna Be Your Man 24. A Hard Day’s Night 25. Help! 26. I’m Down
[Live at Hollywood Bowl, LA, USA August 29th 1965]

2017年09月24日

ディランx2、待望の来日公演をベスト・クオリティーで!

mdna170331.jpg



◆ DURAN DURAN / Paper Gods Japan Tour 2017 One Night in Tokyo (2CDR) この商品はこちらから

9年ぶりの来日となった2017年ジャパン・ツアーのハイライトとなった9月20日日本武道館でのライブを、IEMマトリクス録音にてコンプリート収録したタイトルがここに。

まず当日のライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。
近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、各メンバーのサウンドも、それぞれプロユースによるカンペキなミックスで定位させており、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして近年ツアーやフェス参加と、精力的活動を続ける中、待望の来日公演は、2015年リリースの『PAPER GODS』のタイトル・ナンバーでスタートし、その後は80年代のキラー・チューンのオンパレードで、全盛期を彷彿させる、モダンにアップデートさせたダンサンブルなステージを展開。そして同アルバムからは「Pressure Off」、『ASTRONAUT』の「(Reach Up for the) Sunrise」、さらに90年代からも「Come Undone」「White Lines」を取り上げたりと、幅広い選曲によるもの。
また今回の来日ではオープニング・アクトをシックfeat.ナイル・ロジャースが務めており、その彼らを育て上げたプロデューサー、ナイルも「Notorious」、「Pressure Off」の2曲で参加し、キレキレのギターを弾いているあたりも要チェック。2017年来日公演の限定メモリアル・アイテムとして、ファン必携のコレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. Opening 02. Paper Gods 03. The Wild Boys 04. I Don't Want Your Love 05. A View to a Kill 06. Come Undone 07. Last Night in the City 08. Only in Dreams 09. Love Voodoo 10. Notorious (with Nile Rodgers) 11. Pressure Off (with Nile Rodgers)
Disc 2 : 01. Hold Back the Rain 02. Face for Today 03. Ordinary World 04. (Reach Up for the) Sunrise (with New Moon on Monday interlude) 05. Hungry Like the Wolf 06. White Lines (Don't Don't Do It) (Grandmaster Melle Mel cover) 07. Girls on Film (Segue Edit) –encore- 08. The Universe Alone 09. Save a Prayer 10. Rio
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 20th September 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]
◇Simon Le Bon - lead vocals / John Taylor - bass / Nick Rhodes – keyboards / Roger Taylor - drums, percussion / Dominic Brown - guitars

2017年09月19日

アル・ディ・メオラ『エレガント・ジプシー』、再現来日ライブ

xavelm102a.jpg



◆ AL DI MEOLA / ELEGANT GYPSY REVISITED (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日公演における、9月1日東京公演のセカンド・ショーの模様を、マルチIEMマトリクス・レコーディングにてコンプリート収録したタイトルがここに。

まず当日のライブを、ディ・メオラとバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。
すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、各メンバーのサウンドも、それぞれプロユースによるカンペキなミックスで定位させており、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして今回の来日公演の話題は、あの『エレガント・ジプシー』リリース40周年を記念してスタートした、エレクトリック・ツアーの封切りライブとなるもので、ソロ・エレクトリック期の名曲の数々と、もちろん珠玉のアコースティック・ナンバー、さらにはリターン・トゥ・フォーエヴァー時代の「中世序曲」まで演奏された至福の90分となるもの。
すでに近年のライブではベスト・アクトの声も高いだけに、ファンは必携の完全限定メモリアル・アイテムアイテム。

Disc 1 : 1. Intro 2. Egyptian Danza 3. Midnight Tango 4. One Night Last June 5. Senor Mouse 6. Band Introduction 7. Adore
Disc 2 : 1. Medieval Overture 2. Percussion Solo 3. Ava's Dream Lullaby Sequence 4. Cafe 1930 5. Mediterranean Sundance 6. Babylon 7. Flight Over Rio
[Live in Tokyo, Japan 1st September 2017 - 2nd show- : IEM Source + Original Audience Source = Matrix Recording]

◇Personnel - Al Di Meola (Guitar) Phil Magallanes (Keyboards, Marimba) Evan Garr (Violin) Gumbi Ortiz (Percussion) Elias Tona (Bass) Luis Alicea (Drums)

2017年09月18日

ドリーム・シアター、2017年武道館ライブの決定盤!

dtjp911sl.jpg



◆ DREAM THEATER / BACK TO BUDOKAN 2017 (3CDR) この商品はこちらから

2017年ジャパン・ツアーより、ハイライトと呼ぶに相応しい、9月11日日本武道館公演を、IEMマトリクス録音にてコンプリート収録したタイトルがここに。

まず当日のライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。
近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、各メンバーのサウンドも、それぞれプロユースによるカンペキなミックスで定位させており、まさにステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして今回の来日は『IMAGES AND WORDS』リリース25周年、アニバーサリー・ワールド・ツアーの一環となるもので、2016年はコンセプト・アルバム『ジ・アストニッシング』を完全再現するツアーが大きな話題となった中、本ツアーは同アルバムの完全再現をメインとし、すでに世界各国のファンから大絶賛されているもの。
そしてそのショーはここ日本でも他国同様の3部構成で、第1部「通常形式」・第2部「IMAGES AND WORDS完全再現」、そしてアンコールとなっており、まず第1部は通常のコンサート同様、各アルバムからセレクトされたもので、おおよそは『TRAIN OF THOUGHT』から『THE ASTONISHING』までのレパートリーとなるもの。なおその中で『FALLING INTO INFINITY』からの「Hell's Kitchen」は1997年ツアーに数回ほど演奏されただけの劇レア・ナンバー。また「As I Am」にはメタリカの「Enter Sandman」が差し込まれるあたりも要チェック。
そしてメインの第2部『IMAGES AND WORDS』の完全再現は、25年間をタイムワープするイントロから導かれ、アルバムの曲順通りに進行。壮大にして華麗な名曲群を本生100%サウンドで再現しており、さらに第3部のアンコールでも大曲「A Change Of Season」を完全再現するという大盤振る舞いで、この曲自体が13年ぶりのフル演奏というのも嬉しいところ。
とにかくあの名盤を全曲聴けるうえ、来日公演でもベスト・アクトと云われるだけに、ファンは必携の完全限定メモリアル・アイテムアイテム。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Sweet Caroline) 02. Opening (The Colonel) - Act 1 - 03. The Dark Eternal Night 04. The Bigger Picture 05. Hell's Kitchen 06. The Gift of Music 07. Our New World 08. Portrait of Tracy (John Myung solo) 09. As I Am (incl. Enter Sandman) 10. Breaking All Illusions
Disc 2 : - Act 2 : Images and Words - 01. Happy New Year 1992 - Intro Tape 02. Pull Me Under 03. Another Day 04. Take the Time (extended outro with a John Petrucci guitar solo) 05. Surrounded 06. Metropolis Pt. 1: The Miracle and the Sleeper (with a drum solo by Mike Mangini during the middle part) 07. Under a Glass Moon 08. Wait for Sleep (with extended keyboard intro) 09. Learning to Live
Disc 3 : -encore- 01. A Change of Seasons: I The Crimson Sunrise 02. A Change of Seasons: II Innocence 03. A Change of Seasons: III Carpe Diem 04. A Change of Seasons: IV The Darkest of Winters 05. A Change of Seasons: V Another World 06. A Change of Seasons: VI The Inevitable Summer 07. A Change of Seasons: VII The Crimson Sunset
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 11st September 2017 : Stereo IEM Matrix Recording]

2017年09月12日

ディラン、貴重な1965年のライブが公式ハーフ・オフィシャル仕様にて

egsh009b.jpg



◆ BOB DYLAN / LIVE AT HOLLYWOOD BOWL 1965 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第5弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。
まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてそのディランの2タイトル目は、1965年伝説の「ニューポート・フォーク・フェスティバル」出演から1ヶ月あまりとなる9月3日のハリウッド・ボウルでのライブを、新発掘のオーディエンス・マスターより、コンプリート収録。
オフィシャル仕様ゆえ、過去最高クオリティーのマスターに正確なピッチで修正、デジタル・リマスタリングも施されたもので、各楽器のバランスに少しばらつきはあるものの、ハーフ・オフィシャルならではのサウンド・クオリティーにて。
そして世界で最も権威のあるイベント「ニューポート・フォーク・フェスティバル」に出演した時は、バンドを従えて登場し、アコースティック・セットでのステージを期待していたオーディエンスに向かって大音響のエレキ・サウンドを展開、一部の熱心なファンから一斉にブーイングを浴びたと言う伝説のステージからアメリカ・ツアーに。そしてその際のここハリウッド・ボウルでのライブは、好意的に観客からも受け入れられ、ディランも終始上機嫌。
なおライブ前半はアコースティック・セット、後半は、バック・バンド(リヴォン&ザ・ホークス(後のザ・バンド)を従えてのエレクトリック・セットというスタイルで演奏されている中、特に後半エレクトリック・セットの緊迫感はすさまじく、ツアー中ディランは、「どんなにひどい状況になっても演奏を続けろ」とバンド・メンバーに言い聞かせていたと云われるだけに、この時期のライブの中でも名演と言えるもの。
ただしこの次の公演地は偏見の残る南部と云う事もあり、この日を最後にロビー・ロバートソン以外のメンバーは恐れをなして辞めてしまったり、「ライク・ア・ローリング・ストーン」でのアル・クーパーによるオルガンが聴けるライヴ・ヴァージョンはこの日のみだったりと、あらゆる意味でエポック・メイキングとなった奇跡の一夜を、最高のクオリティーで。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

(Acoustic Set) 01. She Belongs To Me 02. To Ramona 03. Gates Of Eden 04. It's All Over Now Baby Blue 05. Desolation Row 06. Love Minus Zero / No Limit 07. Mr. Tambourine Man (fade out)
(Electric Set) 08. Tombstone Blues (fade in) 09. I Don't Believe You 10. Just Like Tom Thumb's Blues 11. From A Buick 6 12. Maggie's Farm 13. It Ain't Me, Babe14. Ballad Of A Thin Man 15. Like A Rolling Stone

[Recorded At The Hollywood Bowl, LA, USA September 3rd 1965 ]

2017年09月11日

再編成レインボーのシンガー、ロニー・ロメロの初来日ツアー

sha781lo.jpg



◆ LORDS OF BLACK / JAPAN TOUR 2017 (4CDR) この商品はこちらから

2016年レインボーの再編成を行う際に、リッチーが見出したシンガー、ロニー・ロメロは、その歴代ボーカリスト達のスタイルを融合したかのようなボーカルが、世界中のファンの間でも大きな話題となることに。
そしてそのロメロ自身のバンド、ローズ・オブ・ブラックの、2017年来日公演より、8月30日の渋谷クワトロ、そして翌31日の梅田クワトロでのライブを、いずれもオーディエンス・レコーディングでは最高峰と云えるクオリティーにて、コンプリート収録。
まず前年の「LOUDPARK 2016」に続く来日であり、しかも今回はこの2回のみの来日公演ながら、いずれも初の単独フル・ライブとなるもので、どちらも小ホールゆえ、距離感が感じられない、一聴すればサウンドボードかと思えるもの。
そして2時間弱に及ぶ完全フルセット・ライブはいずれもセット内容は同じながら、前年は聴けなかった、2連作の「The Art of Illusion Part I: Smoke and Mirrors」「同 Part II: The Man From Beyond」やフィル・ライノットへ捧げた「Cry No More」、また10分を超える大作「When Everything Is Gone」に「Forgive or Forget」なども披露。
特に彼らはドラマティック・ダイナミック&ヘヴィを追及しているだけに、このような大作を持ち込んだ方が、スケールアップしており、バンドの世界観を見事に再現。
そして最大の聞きどころは、セカンド・アンコールに用意されたレインボー・クラシックで、「Long Live Rock'n'Roll」や「Burn」はもちろん、再編成レインボーではセット入りしなかった「Kill The King」に「Lost In Hollywood」に、なんと「Lady Of The Lake」まで。
そしてさらにはサバスの「Neon Knights」も挿入と、リッチーがロメロはロニー・ディオとフレディ・マーキュリーを思わせると、言っていたのも納得の内容。
とにかく今後のレインボーでの活動も楽しみな、ファン必携の来日限定コレクターズ・エディション。
Disc 1 : 1. Intro: Malevolently Beautiful 2. Merciless 3. Nothing Left to Fear 4. Everything You're Not 5. New World's Comin' 6. The Art of Illusion Part I: Smoke and Mirrors 7. The Art of Illusion Part II: The Man From Beyond 8. Ghost of You 9. Forgive or Forget 10. Doomsday Clock 11. Lords of Black 12. Cry No More 13. Shadows of War
Disc 2 : 1. MC 2. When Everything Is Gone 3. Band Introductions 4. Kill the King 5. Lady of the Lake 6. Lost in Hollywood 7. Burn 8. Neon Knights 9. Long Live Rock 'n' Roll
[Live at Shibuya Club Quattro, Tokyo, Japan 30th August 2017 : 116mins]

Disc 3 : 1. Intro: Malevolently Beautiful 2. Merciless 3. Nothing Left to Fear 4. Everything You're Not 5. New World's Comin' 6. The Art of Illusion Part I: Smoke and Mirrors 7. The Art of Illusion Part II: The Man From Beyond 8. Ghost of You 9. Forgive or Forget 10. Doomsday Clock 11. Lords of Black 12. Cry No More 13. Shadows of War
Disc 4 : 1. MC 2. When Everything Is Gone 3. Band Introductions 4. Kill the King 5. Lady of the Lake 6. Lost in Hollywood 7. Burn 8. Neon Knights 9. Long Live Rock 'n' Roll
[Live at Umeda Club Quattro, Osaka, Japan 31st August 2017 : 112mins]

◇ Ronnie Romero - Lead vocal / Tony Hernando - Guitars / Daniel Criado – Bass / Andres Cobos – Drums

2017年09月09日

ディラン、貴重な1965年の発掘ライブ音源!

bd65gcr.jpg



◆ BOB DYLAN / THE GINSBERG TAPES 1965 (プレス4CD) この商品はこちらから

2017年、世界中のディラン・ファンの間で大きな話題となった、「2 uncirculated shows from 1965」と題された、1965年後半のライブを捉えたオーディエンス録音の音源は、あの詩人アレン・ギンズバーグが、ディランの友人として録音したもので、よってその音の鮮明さも、話題となることに。
そしてその内容はまず最初が同年12月11日サンフランシスコでのライブで、1曲目の「She Belongs To Me」は未収録ながら、代わりに当時スタジオで試行錯誤していた「Visions Of Johanna」の最古のライブ・バージョンが超レアで、この頃はまだ「Freeze Out」と呼ばれていた曲。そして特にエレクトリック・セットはタイトで勢いのある演奏が素晴らしく、当時ブーイングの嵐だったと云われていたわりには、今回発掘されたこの2公演では、バンドが登場してからもオーディエンスがじっくりと聞き入っており、「Positively 4th Street」と「Like A Rolling Stone」と演奏が始まるや否や大歓声が飛び交う盛り上がりに唖然。
そして翌12日サン・ノゼでのライブにもディランに同行して録音を行っており、この日のアコースティック・セットでは「Freeze Out」こと「Visions Of Johanna」は演奏されなかったものの、代わりにオープニングからコンプリート収録。
なおこの日は前日以上に音質も良く、結果としてディラン1965年の現存するオーディエンス・テープの中で最高クオリティーといえるもの。
とにかくあのギンズバーグによる録音というだけで、その希少さは計り知れないもので、さらに2日間のコンサートそれぞれで開演前や休憩中にディランと楽屋で会っており、その模様も彼は記録していたので、その会話パートも、disc2&4のそれぞれの最後に、ボーナス・トラックとした収録した、永久保存プレス4CD。

Disc 1 : 1. To Ramona 2. Gates Of Eden 3. It's All Over Now, Baby Blue 4. Desolation Row 5. Love Minus Zero/No Limit 6. Visions of Johanna (Freeze Out) 7. Mr. Tambourine Man
Disc 2 : 1. Tombstone Blues 2. I Don't Believe You 3. Baby Let Me Follow You Down 4. Just Like Tom Thumb's Blues 5. Long Distance Operator 6. It Ain't Me Babe 7. Ballad of a Thin Man 8. Positively 4th Street 9. Like A Rolling Stone 10. Backstage Conversation Before The Show
[Live at Masonic Memorial Temple, San Francisco, CA. USA 11th December 1965]

Disc 3 : 1. Ginsberg And Audience Chat 2. She Belongs To Me 3. To Ramona 4. Gates Of Eden 5. It's All Over Now, Baby Blue 6. Desolation Row 7. Love Minus Zero/No Limit 8. Mr. Tambourine Man
Disc 4 : 1. Tombstone Blues 2. I Don't Believe You 3. Baby Let Me Follow You Down 4. Just Like Tom Thumb's Blues 5. Long Distance Operatorb6. It Ain't Me Babe 7. Ballad of a Thin Man 8. Positively 4th Street 9. Like A Rolling Stone 10. Interval Conversation
[Live at Civic Auditorium, San Jose, CA. USA 12th December 1965]

2017年09月08日

リアム初の単独来日公演をベスト・クオリティーで!

xavelm101lm.jpg


◆ LIAM GALLAGHER / ZEPP TOKYO 2017 (1CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年8月、初の単独ソロ来日公演を行った中、8月17日ZEPP東京での単独ライブを、IEMマトリクス録音にてコンプリート収録したタイトルがここに。

まず当日のライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。
すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、各メンバーのサウンドも、それぞれプロユースによるカンペキなミックスで定位させており、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そしてビーディ・アイ解散後のソロ来日はこの翌日18日はソニック・マニア、そして20日の大阪でのサマソニ出演と、3公演のみで、またセットはいずれも直前まで行われていたツアーやフェス同様、”Fuckin' In The Bushes”のオープニング.から”Rock 'n' Roll Star”そして”Morning Glory”と、まさにオアシス時代を彷彿させるスタートし、同年10月のリリースがアナウンスされている『As You Were』から、先行シングル“Wall of Glass”を含めて数曲を披露。そして終盤”Be Here Now”に”.Wonderwall”と、長年のオアシス・ファンにはたまらないセットとなることに。
さらにボーナスとして、当日のサウンドチェックの模様も追加収録した、ファン必携の、来日限定コレクターズ・エディション。
01. Fuckin' in the Bushes 02. Rock 'n' Roll Star 03. Morning Glory 04. Wall of Glass 05. Greedy Soul 06. Bold 07. For What It's Worth 08. D'You Know What I Mean? 09. Slide Away 10. Eh La 11. Chinatown 12. I Get By 13. You Better Run 14. Universal Gleam 15. Be Here Now –enncore- 16. Wonderwall 17. Soundcheck Rehearsal
[Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 17th August 2017 : IEM Source + Original Audience Source = Matrix Recording]

2017年09月07日

ビートルズ『サージェント・ペパーズ』リリース50周年アニバーサリー・エディション

sgtae009sp.jpg



◆ THE BEATLES / SGT.PEPPER'S 50th ANNIVERSARY EDITION (2CD+2DVD) この商品はこちらから

2017年、リリース50周年となる『サージェント・ペパーズ・ ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』が、CD+DVDによるアニバーサリー・エディションのシリーズ第9弾として、ビートルズ専門のSGT.レーベルよりここに。

まずCDには「アニヴァーサリー・モンタージュ・リミックス」を収録。大胆なリミックスが話題になった『LOVE』の、サージェント・バージョンといえる2017年最新リミックスで、アルバム全体を様々な音源を元にサウンド・コラージュで再構成。そして「スタジオ・マルチトラック・リミックス&リマスター」は、アルバム全曲のスタジオ・セッションの様子を、現時点で最長収録した初登場音源で、さらにアルバム全曲をカラオケ化した「オリジナル・バッキング・トラック・インストゥルメンタル」
そしてDVD ONEには、これまでのシリーズ同様、アルバム全曲を当時のニュース・フィルムやインタビューも含めた、最新オリジナル編集映像で全曲再現。また2017年発売50周年を記念し、UK:BBCで放送されたドキュメンタリー番組も収録。
さらにDVD TWOには、「プロモ・ビデオ・コレクション」として通常バージョンとは異なるオルタネイト編集映像をまとめて収録し、シリーズ恒例のスタジオ・セッション音源も、スライド・ショー形式で収録。こちらは公式未収録音源だけを3時間以上、時系列にまとめて聞くことが出来るアウトテイク集大成。アルバム50周年エディションとして、今回も内容充実の集大成となる究極のコレクターズ・アイテム。

この50周年アニバーサリー・エディションは、同企画第9弾として、今回もアルバム収録曲の映像と音源マテリアルを徹底収集した、コレクターズ・アイテムとなっており、まずCD ONEの「アニヴァーサリー・モンタージュ・リミックス」はアルバム全体を様々な音源を元に、サウンド・コラージュで再構成したもので「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ペニー・レイン」「オンリー・ア・ノーザン・ソング」の3曲も同セッションとしてアルバム収録。さらにコンセプトを拡大解釈して、全曲ライブショー形式に仕上げられており、アウトテイクやコメントも随所に盛り込まれた、アップデイト・バージョンといえる斬新なリミックス。
また後半からCD TWOの「スタジオ・マルチトラック・リミックス&リマスター」は、過去にはロックバンド音源として公開されたマルチ・トラック音源を、新たに再編集したもので、特にスタジオ・セッションの様子を生々しく捉えたスタジオ・チャットはいくつかの編集パターンがあった中、今回は現時点で時間的に最長となる初登場音源を収録。
また「オリジナル・バッキング・トラック・インストゥルメンタル」は、以前あった各曲が独立した形ではなく、今回は元のアルバムと同様にアルバム全曲をそのまま完全カラオケ化した初登場ミックス。

そしてDVDの1枚目には、これまでのシリーズ・コンセプトで、アルバム全曲をオリジナル編集映像で再現した「ビデオ・アルバム」を収録。さらにUK:BBCのドキュメンタリー『サージェント・ペパーズ・ミュージカル・レヴォルーション』も収録され、作曲家ハワード・グッドールのナビゲートで数多くのアーカイヴ、写真、セッション音源や会話等アルバムの制作過程に迫る必見ドキュメンタリー。
さらにDVD2枚目には、「プロモ・ビデオ・コレクション」として公式未収録の通常バージョンとは異なる、オルタネイト編集映像をまとめて収録。「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ペニー・レイン」等のアウトテイク映像は必見で、またシリーズ恒例のスタジオ・セッション音源のスライドショー形式収録は、公式リリースには未収録のアウトテイク音源だけを3時間以上時系列にまとめてられており、DVDメニューから全98トラックをセレクトして聞くことが出来る便利な音源データ・コレクション。
歴史的なビートルズ作品の最高峰の音源と映像の集大成となる、これまで以上に充実したアニヴァーサリー・エディションを、永久保存プレス2CD+2DVDにて。

CD1 : [50TH ANNIVERSARY MONTAGE REMIX]
1. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 2. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 3. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 4. GETTING BETTER 5. FIXING A HOLE 6. SHE'S LEAVING HOME 7. BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE! 8. STRAWBERRY FIELDS FOREVER 9. PENNY LANE 10. WITHIN YOU WITHOUT YOU 11. WHEN I'M SIXTY-FOUR 12. LOVELY RITA 13. ONLY A NORTHERN SONG 14. GOOD MORNING GOOD MORNING 15. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 16. A DAY IN THE LIFE 17. SGT. PEPPER'S COLLAGE 18. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (version) 19. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS (version) 20. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS (with Jeremy) STUDIO MULTITRACK REMIX AND REMASTER 21. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 22. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 23. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS

CD2 : [STUDIO MULTITRACK REMIX AND REMASTER]
1. GETTING BETTER 2. FIXING A HOLE 3. SHE'S LEAVING HOME 4. BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE! 5. WITHIN YOU WITHOUT YOU 6. WHEN I'M SIXTY-FOUR 7. LOVELY RITA 8. GOOD MORNING GOOD MORNING 9. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 10. A DAY IN THE LIFE ORIGINAL BACKING TRACKS INSTRUMENTAL 11. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 12. WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS 13. LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS 14. GETTING BETTER 15. FIXING A HOLE 16. SHE'S LEAVING HOME 17. BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE! 18. WITHIN YOU WITHOUT YOU 19. WHEN I'M SIXTY-FOUR 20. LOVELY RITA 21. GOOD MORNING GOOD MORNING 22. SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) 23. A DAY IN THE LIFE 50th Anniversary Remix And Remaster 2017

DVD ONE : NTSC 16:9 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono / time approx. 97min
[VIDEO ALBUM]
SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND / WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS / LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS / GETTING BETTER / FIXING A HOLE / SHE'S LEAVING HOME / BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE! / WITHIN YOU WITHOUT YOU / WHEN I'M SIXTY-FOUR / LOVELY RITA / GOOD MORNING GOOD MORNING / SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (REPRISE) / A DAY IN THE LIFE / SGT.PEPPER'S MUSICAL REVOLUTION - BBC DOCUMENTARY 2017 PART 1/2/3/4

DVD TWO : NTSC 16:9 Wide Screen - Dolby Digital Stereo / Mono / time approx. 216min.
[PROMO VIDEO COLLECTION]
STRAWBERRY FIELDS FOREVER (Alternate) / PENNY LANE (Alternate) / A DAY IN THE LIFE (Alternate) / STRAWBERRY FIELDS FOREVER (Alternate 2) / PENNY LANE (Alternate 2) / WITHIN YOU WITHOUT YOU / TOMORROW NEVER KNOWS
[STUDIO SESSIONS - AUDIO TRACKS slideshow]
STRAWBERRY FIELDS FOREVER - 1. Rehearsal 2. Take 1 3. Take 1 overdubs 4. Take 2 5. Take 3 6. Take 4 7. Take 5 8. Take 6 9. Rehearsal Take 6-7 10. Take 7 11. Take Unknown / WHEN I'M SIXTY FOUR - 12. Take 1/2 13. Take 3 announcement / STRAWBERRY FIELDS FOREVER - 14. Take 24 drums 15. Take 25 16. Take 26 RM9 17. Take 26 / PENNY LANE - 18. Overdub Session 19. Take 9 without overdub 20. Take 9 21. RM8 22. RM9 23. RM10 / A DAY IN THE LIFE - 24. Take 1 25. Take 2 26. Take 4 27. Take 6 RM1 / SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND - 28. Take Unknown 1 29. Take Unknown 2 30. Take Unknown 3 31. take 9 RM1 / A DAY IN THE LIFE - 32. Orchestra Overdub 33. edit piece take 11 34. Overdub Sessions 35. Remixed 4 Track Tape Take 6 / GOOD MORNING GOOD MORNING - 36. Take 8 37. Take Unknown / BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE! - 38. Take 1 39. Take 2 40. Take 3 41. Take 6 42. Rehearsal Take 7 43. Take 7 44. Two Take Unknown / FIXING A HOLE - 45. Take Unknown / A DAY IN THE LIFE - 46. RS1 47. RS2 48. RS3 49. RS4 50. RS5 51. RS6 52. RS7 53. RS8 54. RS9 55. Piano Overdub / LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS - 56. Take 6 monitor mix 57. Take Unknown 1 58. Take Unknown 2 59. Take Unknown 3 60. Edit of Take 6-8 61. RM20 / SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND - 62. Applause Overdub 63. Remix 4 Track Tape Take 10 / SHE'S LEAVING HOME - 64. take 1 65. Take Unknown 1 66. Take Unknown 2 67. Remix 4 Track Tape Take 9 / LOVELY RITA -68. Take Unknown 1 69. Take Unknown 2 / GETTING BETTER - 70. Take Unknown 1 71. Take Unknown 2 72. Take Unknown 3 / GOOD MORNING GOOD MORNING - 73. Animal Overdub / WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS - 74. Take Unknown 75. Remix 4 Track Tape Take 11 76. Overdub / BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE! - 77. Organ Overdub / SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (Reprise) - 78. Take 5 79. Take Unknown 1 80. Take Unknown 2 / WITHIN YOU WITHOUT YOU -81. Take Unknown 82. RS from Take 1/2 / ONLY A NORTHERN SONG - 83. RS from Take 3/12 84. RM6 / INNER GROOVE -85. Sound Effect
(extra tracks) STRAWBERRY FIELDS FOREVER - 86. Take 1 Abbey Road Show mix 87. Take 7 RM8 88. Anthology 2 mix 89. Take 25 RS 90. Take 26 RM9 / PENNY LANE - 91. Anthology 2 mix / BEING FOR THE BENEFIT OF MR KITE! - 92. Take1/2 Rockband mix 93. Anthology 2 mix 94. Take Unknown Anthology VHS mix / LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS - 95. Multi Track Playback Take 6 / SHE'S LEAVING HOME - 96. Multi Track Tape / A DAY IN THE LIFE - 97. Take 1 Long Intro 98. Anthology 2 mix

2017年09月06日

ポール、2017年東京ドーム最終日の映像の決定盤!

nd6787p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / 300417 (2DVDR) この商品はこちらから

2017年4月「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」より、東京ドーム3日目であり、来日最終日となった4月30日の模様を、これまで流通したベスト・オーディエンス映像素材を、ミックス・編集し、映像タイトルとしては最高峰のクオリティーで、コンプリート収録したタイトルがここに。

まず特筆すべきは複数デジタル・カメラを駆使した映像を、プロユースの見事な編集で収めており、クローズ・アップからステージ全体、そして時折スクリーン・ショットも交えたもので、しかも音声は別レコーディングのデジタル・オーディエンス・ソースの中でも、ハイエンド・マイクで収録された音源を、マトリックスした迫力あるサウンドによるものにて。
そしてあっという間に最終日となったこの千秋楽は、まずセットにおいても”Junior's Farm”と”Jet”が入ったのが嬉しいところで、さらにアンコールではこの日のみ”Get Back”もついに披露。 そして何より美しい水色に染まった東京ドーム全体の模様が話題となった”Hey Jude”での会場全体を埋め尽くす、サイリウムの美しさは今回のジャパン・ツアーのハイライトたる光景で、当日参加された方なら、そのあたりの感動が蘇るのは間違いなし。
そしてもちろん照明の美しさや”Live And Let Die”でのパイロのド迫力までリアルに再現した、トータル2時間40分は、ファン必携のメモリアルな限定コレクターズ・エディション。

DISC 1 : 01.Opening/02.A Hard Day's Night/03.Junior's Farm/04.Can't Buy Me Love/05.Jet/06.Temporary Secretary/07.Let Me Roll It/Foxy Lady/08.I've Got A Feeling/09.My Valentine/10.Nineteen Hundred And Eighty-Five/11.Maybe I'm Amazed/12.We Can Work It Out/13.In Spite Of All The Danger/14.You Won't See Me/15.Love Me Do/16.And I Love Her/17.Blackbird/18.Here Today/19.Queenie Eye/20.New
DISC 2 : 01.The Fool On The Hill/02.Lady Madonna /03.FourFiveSeconds/04.Eleanor Rigby/05.I Wanna Be Your Man/06.Being For The Benefit Of Mr. Kite!/07.Something/08.Ob-La-Di, Ob-La-Da/09.Band On The Run/10.Back In The U.S.S.R./11.Let It Be/12.Live And Let Die/13.Hey Jude/14.Yesterday/15.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)/16.Get Back/17.Fans On Stage/18.Hi, Hi, Hi/19.Golden Slumbers8Carry That Weight/The End
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017]
◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

ポール、2017年東京ドーム2日目映像の決定盤!

nd6785p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / 290417 (2DVDR) この商品はこちらから

2017年4月「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」より、東京ドーム3回公演の2日目となる4月29日の模様を、これまで流通したベスト・オーディエンス映像素材を、ミックス・編集し、映像タイトルとしては最高峰のクオリティーで、コンプリート収録したタイトルがここに。

まず特筆すべきは複数デジタル・カメラを駆使した映像を、プロユースの見事な編集で収めており、クローズ・アップからステージ全体、そして時折スクリーン・ショットも交えたもので、しかも音声は別レコーディングのデジタル・オーディエンス・ソースの中でも、ハイエンド・マイクで収録された音源を、マトリックスした迫力あるサウンドによるものにて。
そしてこの日も”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いてこの日は”Junior's Farm”と”Letting Go”の代わりに”Save Us”そして”Jet”がセットインし、他にも”I've Just Seen a Face”や”I Saw Her Standing There”が組み込まれることに。
なお結果的には”Save Us”と”I've Just Seen A Face”そして”I Saw Her Standing There”はこの日のみの演奏となり、最終日に向けての2日目は、セット的にも魅力的な、トータル2時間34分。ファン必携のメモリアル限定コレクターズ・エディション。

DISC 1 : 01.Opening/02.A Hard Day's Night/03.Save Us/04.Can't Buy Me Love/05.Jet/06.Temporary Secretary/07.Let Me Roll It/Foxy Lady/08.I've Got A Feeling/09.My Valentine/10.Nineteen Hundred And Eighty-Five/11.Maybe I'm Amazed/12.I've Just Seen A Face/13.In Spite Of All The Danger/14.You Won't See Me/15.Love Me Do/16.And I Love Her/17.Blackbird/18.Here Today/19.New/20.Queenie Eye
DISC 2 : 01.The Fool On The Hill/02.Lady Madonna/03.FourFiveSeconds/04.Eleanor Rigby/05.I Wanna Be Your Man/06.Being For The Benefit Of Mr. Kite!/07.Something/08.Ob-La-Di, Ob-La-Da/09.Band On The Run/10.Back In The U.S.S.R./11.Let It Be/12.Live And Let Die/13.Hey Jude/14.Yesterday/15.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)/16.Hi, Hi, Hi/17.I Saw Her Stabding There/18.Golden Slumbers8Carry That Weight/The End(154分)
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]
◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年09月05日

ポール、2017年東京ドーム初日映像の決定盤!

nd6783p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / 270417 (2DVDR) この商品はこちらから

2017年4月「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」より、4月25日日本武道館でのスペシャル・コンサートに続く、東京ドーム3回公演の初日となる4月27日の模様を、これまで流通したベスト・オーディエンス映像素材を、ミックス・編集し、映像タイトルとしては最高峰のクオリティーで、コンプリート収録したタイトルがここに。

まず特筆すべきは複数デジタル・カメラを駆使した映像を、プロユースの見事な編集で収めており、クローズ・アップからステージ全体、そして時折スクリーン・ショットも交えたもので、しかも音声は別レコーディングのデジタル・オーディエンス・ソースの中でも、ハイエンド・マイクで収録された音源を、マトリックスした迫力あるサウンドによるものにて。
そして武道館同様、”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,武道館と違い前年からの「ワン・オン・ワン・ツアー」に添ったフル・セットとなるライブは、結果的には全39曲のセットとなるもので、ソロからの”New”や久しぶりの”Fool On The Hill”、リアーナ、カニエ・ウエストとのコラボ作”Four Five Seconds”、そして”Eleanor Rigby”など、武道館では演奏しなかった曲は、トータル12曲となることに。
そして結果的に”Letting Go”、”Temporary Secretary”、”You Won't See Me”そして”Four Five Seconds”の4曲が日本初披露であり、”Letting Go”と”Birthday”はこの日のみの演となっており、4万8千人が素晴らしい夢のようなひとときに浸った一夜となることに。
さらにボーナスとして、当日のサウンドチェックから、”Matchbox”も追加収録したトータル2時間42分は、メモリアルな来日限定コレクターズ・アイテム。

DISC 1 : 01.Opening/02.A Hard Day's Night/03.Junior's Farm/04.Can't Buy Me Love/05.Letting Go/06.Temporary Secretary/07.Let Me Roll It/Foxy Lady/08.I've Got A Feeling/09.My Valentine/10.Nineteen Hundred And Eighty-Five/11.Maybe I'm Amazed/12.We Can Work It Out/13.In Spite Of All The Danger/14.You Won't See Me/15.Love Me Do/16.And I Love Her/17.Blackbird/18.Here Today/19.Queenie Eye/20.New/21.The Fool On The Hill/22.Lady Madonna
DISC 2 : 01.FourFiveSeconds/02.Eleanor Rigby/03.I Wanna Be Your Man/04.Being For The Benefit Of Mr. Kite!/05.Something/06.Ob-La-Di, Ob-La-Da/07.Band On The Run/08.Back In The U.S.S.R./09.Let It Be/10.Live And Let Die/11.Hey Jude/12.Yesterday/13.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)/14.Hi, Hi, Hi/15.Fans On Stage/16.Birthday/17.Golden Slumbers8Carry That Weight/The End/18.Matchbox (soundcheck)
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan April 27th 2017]
Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年09月04日

ポール、2017年武道館映像の決定盤がやっと登場

nd6782p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / 250417 (1DVDR) この商品はこちらから

2017年4月「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」は、4月25日、再びあの日本武道館でのスペシャル・コンサートからスタート。その感動の一夜を、これまで流通したベスト・オーディエンス映像素材を、ミックス・編集し、映像タイトルとしては最高峰のクオリティーで、127分にわたりコンプリート収録したタイトルがここに。

まず特筆すべきは複数デジタル・カメラを駆使した映像を、プロユースの見事な編集で収めており、クローズ・アップからステージ全体、そして時折プロショット・レベルのショットも交えたもので、しかも音声は別レコーディングのデジタル・オーディエンス・ソースの中でも、ハイエンド・マイクで収録された音源を、マトリックスした迫力あるサウンドによるものにて。
そして定刻を30分ほど過ぎ、ポールがベースを抱えてステージに登場するや、11,000人の大歓声に応え、本ツアーおなじみながら、ここ日本では初めての演奏となる”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いて”Jet” から”Drive My Car”そして”Junior's Farm”と、前回とは全く違うスタートで、会場はすでに大熱狂。
その後は前年の「ワン・オン・ワン・ツアー」のセットを踏まえつつ、ポール自身がこの武道館ではサプライズ・ナンバーもあることを公言していたのに応えるべく、まず「次はビートルズ、初レコーディング」とMCし、クオリーメン時代の”In Spite of All the Danger”そのまま”Love Me Do”へと流れるあたりは、まさに55年前の原点回帰に。
なお結果的に、”Drive My Car”、”Every Night”そして”Magical Mystery Tour”はこの日のみのセットインで、そして”Golden Slumbers”から”Carry That Weight”、”The End”で感動の一夜はまさにエンド。 とにかくステージまでの距離感は、ドームなどとは比べ物にならない武道館だけに、照明の美しさやパイロの迫力までリアルに再現した、2017年武道館映像の決定盤メモリアル・アイテム。

01.Opening/02.A Hard Day's Night/03.Jet/04.Drive My Car/05.Junior's Farm/06.Let Me Roll It/Foxy Lady/07.I've Got A Feeling/08.My Valentine/09.Nineteen Hundred And Eighty-Five/10.Maybe I'm Amazed/11.We Can Work It Out/12.Every Night/13.In Spite Of All The Danger/14.Love Me Do/15.Blackbird/16.Here Today/17.Queenie Eye/18.Lady Madonna/19.I Wanna Be Your Man/20.Magical Mystery Tour/21.Being For The Benefit Of Mr. Kite!/22.Ob-La-Di, Ob-La-Da/23.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)/24.Back In The U.S.S.R./25.Let It Be/26.Live And Let Die/27.Hey Jude/28.Yesterday/29.Fans On Stage/30.Hi, Hi, Hi/31.Golden Slumbers/Carry That Weight/The End
[Live at Nippon Budokan Tokyo Japan April 25th 2017]
Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年08月30日

スティング、武道館3公演をベスト・クオリティーの音と映像でカッブリング!

xavelm12678s.jpg



◆ STING / Budokan 2017 Complete Definitive Edition (6CD+3BDR+3DVDR+1CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、アルバム『57TH & 9TH』リリースに伴う、2017年ジャパン・ツアー日本武道館3daysの模様を、すべてベスト・クオリティーの音と映像でカッブリングし、さらにサウンドチェック収録の1CD-R付きは、50セット完全限定仕様にて。

まず音源プレス2CDは、6月6%7&8日3daysのすべてを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。
すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、センターにスティングのヴォーカルとベース、左チャンネルにドミニク、右チャンネルにルーファスと完璧にセパレートした2本のギター、そしてジョシュのドラムにジョー+ラスト・バンドレロスの面々によるバックアップ・ヴォーカルまで、それぞれプロユースによるカンペキなミックスで定位させており、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そしてこれまで行われていた直前の南米ツアーなどと同様、評判通りのシンプルかつぜい肉を削ぎ落としたような骨太な演奏を全日披露しており、しかもポリス・ナンバーが8曲も披露されているのは嬉しいかぎり。また6&7日公演はセットリストに変化はなかったのが、最終日は”Down, Down, Down”の代わりに、”Seven Days”がセットインしているあたりも要チェック。
さらに映像ブルーレイとDVD-Rには、3日間の模様を、すべてマルチカメラ仕様によるハイクオリティー・オーディエンス・ショットにて、コンプリート収録。
こちらはいずれもラスト・バンドレロスのオープニング・アクトは未収録ながら、スティングの左サイドからの安定特大ショットを中心に、オリジナルのクローズ・ショットを多用した数種類のオーディエンス・ソースを編集し、映像を組み合わせた安定感抜群のマルチカメラ映像にて、ライブの全貌を捉えたもの。しかもブルーレイはその大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーによるもので、しかも音声パートはCDのマトリックス音源を使用したサウンドボード・レベルで、もちろんDVDよりもさらに超美麗な映像にて収録されており、あの感動が再びリアルに蘇るというもの、
そしてさらに初回50セット限定で、開場前のサウンドチェックを収録したボーナス1CD-Rもプラス。ここでは今ツアーのライブ本編では演奏されていない「The Soul Cages」なども含めた、貴重な演奏を収録。

なお、このプレス6CD+3Blu-ray+1DVDR、日本語帯つき、そしてボーナス1CD-Rつきは、完全限定のメモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : (Sting) 01. Heading South on the Great North Road (Joe Sumner) 02. Looking For Me Looking For You 03. Don't Change the Love 04. Drink 05. Jelly Bean (The Last Bandoleros) 06. Maria 07. River Man 08. I Don't Want to Know 09. Where Do You Go? 10. Take Me to It (Sting) 11. Synchronicity II 12. Spirits in the Material World 13. Englishman in New York 14. I Can't Stop Thinking About You 15. Every Little Thing She Does Is Magic 16. One Fine Day 17. She's Too Good for Me
CD 2 : 01. Mad About You 02. Fields of Gold 03. Petrol Head 04. Down, Down, Down 05. Shape of My Heart 06. Message in a Bottle 07. Ashes to Ashes (Joe Sumner on vocals) 08. 50,000 09. Walking on the Moon 10. So Lonely 11. Desert Rosev 12. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 13. Next to You 14. Every Breath You Take -encore 2- 15. Fragile
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 6th June 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

CD 3 : (Sting) 01. Heading South on the Great North Road (Joe Sumner) 02. Looking For Me Looking For You 03. Don't Change the Love 04. Drink 05. Jelly Bean (The Last Bandoleros) 06. Maria 07. River Man 08. I Don't Want to Know 09. Where Do You Go? 10. Take Me to It (Sting) 11. Synchronicity II 12. Spirits in the Material World 13. Englishman in New York 14. I Can't Stop Thinking About You 15. Every Little Thing She Does Is Magic 16. One Fine Day 17. She's Too Good for Me
CD 4 : 01. Mad About You 02. Fields of Gold 03. Petrol Head 04. Down, Down, Down 05. Shape of My Heart 06. Message in a Bottle 07. Ashes to Ashes (Joe Sumner on vocals) 08. 50,000 09. Walking on the Moon 10. So Lonely 11. Desert Rosev 12. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 13. Next to You 14. Every Breath You Take -encore 2- 15. Fragile
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 7th June 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

CD 5 : (Sting) 01. Heading South on the Great North Road (Joe Sumner) 02. Looking For Me Looking For You 03. Don't Change the Love 04. Drink 05. Jelly Bean (The Last Bandoleros) 06. Maria 07. River Man 08. I Don't Want to Know 09. Where Do You Go? 10. Take Me to It (Sting) 11. Synchronicity II 12. Spirits in the Material World 13. Englishman in New York 14. I Can't Stop Thinking About You 15. Every Little Thing She Does Is Magic 16. One Fine Day 17. She's Too Good for Me
CD 6 : 01. Mad About You 02. Fields of Gold 03. Petrol Head 04. Seven Days 05. Shape of My Heart 06. Message in a Bottle 07. Ashes to Ashes (Joe Sumner on vocals) 08. 50,000 09. Walking on the Moon 10. So Lonely 11. Desert Rosev 12. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 13. Next to You 14. Every Breath You Take -encore 2- 15. Fragile
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 8th June 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

DVD-R & Blu-ray : Disc :1 : Same Set
01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Down, Down, Down 13. Shape of My Heart 14. Message in a Bottle 15. Ashes to Ashes 16. 50,000 17. Walking on the Moon 18. So Lonely 19. Desert Rose 20. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 21. Next to You 22. Every Breath You Take -encore 2- 23. Fragile
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 6th June 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

DVD-R & Blu-ray : Disc :2 : Same Set
01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Down, Down, Down 13. Shape of My Heart 14. Message in a Bottle 15. Ashes to Ashes 16. 50,000 17. Walking on the Moon 18. So Lonely 19. Desert Rose 20. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 21. Next to You 22. Every Breath You Take -encore 2- 23. Fragile
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 7th June 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

DVD-R & Blu-ray : Disc :3 : Same Set
01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Seven Days 13. Shape of My Heart 14. Message in a Bottle 15. Ashes to Ashes 16. 50,000 17. Walking on the Moon 18. So Lonely 19. Desert Rose 20. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 21. Next to You 22. Every Breath You Take -encore 2- 23. Fragile
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 8th June 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

2017年08月21日

ダニー・コーチマー、奇跡の2017年来日公演

xavel301d.jpg



◆ Danny Kortchmar & Friends / Live in Tokyo 2017 (2CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年7月30日、東京公演の模様を、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターからコンプリート収録。
もうおなじみの同レーベル・オリジナルのMK4オーディエンス・マスターに、デジタル・リマスタリングを施したそのサウンドは、使用機材・マスタリング環境といった、音質面を左右する重要なファクターが飛躍的な進化を遂げたことにより、今回も流出サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そしてダニー・コーチマーといえば職人ギタリストとして、ジャクソン・ブラウン、ジェイムス・テイラー、ドン・ヘンリー、キャロル・キングなど、数々の大御所アーティストたちをサポート、また幾度と来日にも同行しており、70年代には素晴らしいソロ・アルバムもリリースし、日本でも根強いファンを持つギタリスト。
そして今回は気心の知れた仲間を引き連れての来日で、ダニーに劣らぬ職人気質のギタリストSteve Postell、現ジャクソン・バンドのキーボードJeff Youngと、ベースのBob Glaub、さらに元ウィングスのドラマーSteve Holleyといった猛者揃いで、また披露されるナンバーも、ジャクソン・ブラウン、ジェイムス・テイラー、ドン・ヘンリーらのアルバムに、ダニーが参加したナンバーが中心。そしてアンコール・ラストのロベン・フォードのナンバーまで、アメリカン・ロックの生き字引的存在である彼の、キャリア総括ライブが、完全限定メモリアル・アイテムとしてここに。

Disc 1 : 1. Intro 2. Too Many Irons In The Fire [The Fabulous Thunderbirds] 3. Shaky Town [Jackson Browne] 4. 3:45 Coming Through [Steve Postell] 5. You're Not Drinking Enough [Don Henley] 6. Machine Gun Kelly [James Taylor] 7. Somebody's Baby [Jackson Browne] 8. I Keep A Place Here [Jeff Young]
Disc 2 : 1. Dirty Laundry [Don Henley] 2. New York Minute [Don Henley] 3. Honey Don't Leave LA [James Taylor] 4. Call The Doctor [Midnight Eleven] 5. All She Wants To Do Is Dance [Don Henley] 6. Prison Of Love [Robben Ford]
(Recorded Live in Tokyo 30th July 2017)
◇Personnel; Danny Kortchmar (Guitar), Steve Postell (Guitar, Vocals), Bob Glaub (Bass), Jeff Young (Keybords, Vocals) & Steve Holley (Drums)

2017年08月20日

シガー・ロス、2017年東京2公演をベスト・クオリティーで

xavelm100sr.jpg



◆ SIGUR ROS / An Evening with in Tokyo 2017 Complete (4CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年7月31日と8月1日、東京国際フォーラムで行われた連続2公演を、両日ともにバンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスし、コンプリートしたタイトルがここに。

まず近年同レーベルより各種IEMマトリクス音源がリリースされてきた中、使用機材・マスタリング環境といった、音質面を左右する重要なファクターが飛躍的な進化を遂げたことにより、今回もステージ上に設置されたモニタリング用ステレオ・サウンドボード・マスターと、レーベル・オリジナルのMK4オーディエンス・マスターを、絶妙のバランスでミックスし、今回も流出ステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして両日2部構成でおこなわれた2時間に及ぶ圧巻のステージは、前年大好評だったフジロックでのパフォーマンスと双璧を成すカンペキさで、ヨンシーのヴォーカルから多彩な表情を見せる打楽器類まで、バンドの繰り出す繊細緻密な音のニュアンスの全てを素晴らしいバランスで再現しており、ポスト・ロック、エレクトロニカの代表的バンドの、アイスランドの風土が漂う彼らのサウンドが、美しく荘厳な独特な音楽フィールドとしてここに。

Disc 1 : (1st Set)
1. Á 2. Ekki Múkk 3. Glósóli 4. E-Bow 5. Dauðalagið 6. Fljótavík 7. Niður 8. Varða
Disc 2 : (2nd Set)
1. Óveður 2. Sæglópur 3. Ný Batterí 4. Vaka 5. Festival 6. Kveikur 7. Popplagið
[Live at International Forum, Tokyo, 31st July Japan 2017 : Monitor Stereo Soundboard Source + Original MK4 Source = Matrix Recording]

Disc 3 : (1st Set)
1. Á 2. Ekki Múkk 3. Glósóli 4. E-Bow 5. Dauðalagið 6. Fljótavík 7. Niður 8. Varða
Disc 4 : (2nd Set)
1. Óveður 2. Sæglópur 3. Ný Batterí 4. Vaka 5. Festival 6. Kveikur 7. Popplagið
[Live at International Forum, Tokyo, 1st August Japan 2017 : Monitor Stereo Soundboard Source + Original MK4 Source = Matrix Recording]

2017年08月11日

ポールがライブ披露してきたビートルズ・ナンバーをまとめた4DVD

dapp4dvsp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / PLAY THE BEATLES : RED BLUE & SPECIAL (プレス4DVD) この商品はこちらから

これまでポール自身によってライブ披露してきたビートルズ・ナンバーの数々をコンパイルした、ベスト・コレクション映像編集のDVDが完全限定4DVDエディションとしてここに。
80年代から2017年までのワールド・ツアーにて演奏されてきたビートルズ・ナンバーを、貴重な初登場映像も含めてトータル8時間52分のフル・ヴォリュームにて、すべてマスター・クオリティーにて収録。

特ににスペシャル・エディションでは、豪華ゲストとの共演や歴史に残るライブ・イベントなど、ツアーとは異なるワンタイム・パフォーマンスの数々も時系列にて。年代ごとのビートルズ・ナンバーの変遷はもとより、80年代以降のソロ・キャリアを総括するライブ・ベスト・コンピレーションとしても、ここまで網羅した内容は初めてで、定番演奏曲から一度しか演奏していないレア・ナンバーまで、膨大なアーカイブから厳選した映像集大成として、まさに永久保存となる究極のDVDコレクション。
なお今回の映像版『ポール・プレイ・ザ・ビートルズ』は、同レーベルから先にリリースされたCDセットとコンセプトは同様ながら、最新映像編集版として大幅に内容が入れ替わっており、しかも基本的にすべてプロショット/サウンドボードのクオリティー重視によるセレクト。
そして曲によってはプロショット/サウンドボードが存在しないものも、複数の素材をマルチ映像編集して同様のクオリティーにて収録するというこだわりよう。
また中でも注目なのが、2017年日本公演からの「ラブ・ミー・ドゥ」「アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン」や、2014年ビートルズ以来のキャンドルスティック・パークで披露した「ロング・トール・サリー」、ニール・ヤングとの共演で初演奏となった「ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード」、さらに「ザ・ワード」「イエロー・サブマリン」「カム・アンド・ゲット・イット」などは、すべて初登場の最新編集映像にて。
さらにスペシャル・エディション2枚組には、豪華ゲストとの共演や歴史的ライブ・イベント等が、大幅に内容増補されており、女王陛下を前に「ハー・マジェスティー」をライブ初披露した、バッキンガム宮殿での2002&2012のスペシャル・イベントや、ノーベル賞記念コンサート、そしてロンドン・オリンピック・セレモニーといった、一度限りの歴史的映像をはじめ、デイブ・グロール、スプリングスティーン等のゲストとの共演がいつも話題になるグラミー賞でのスペシャル・ライブでは、ジェイZやリンキン・パークと共演した異色の「イエスタデイ」も含めて各年代ごとに収録。
そしてもちろんこれまでのリンゴ・スターとの共演映像も、グラミーからホール・オブ・フェイム、バースデイ・コンサートまですべて収録されており、歴史的ライブのベスト・コンピレーションとしても、ここまで完全網羅した内容のアイテムは初めてで、貴重な映像ソースや入手困難なもの、そして何より高画質クオリティーにこだわり集められた映像の数々は、音源以上にレアなものも多数。
これまで長年に渡りポールが披露してきたビートルズ・ナンバーをこだわりの編集でまとめ上げた究極のライブ映像ベスト・コレクションであり、海外直輸入オリジナル・プレス盤ゆえ、ご希望の方はお早めに。

I SAW HER STANDING THERE - Liverpool 2008 / LOVE ME DO - One On One Tour 2017 / P.S. LOVE ME DO - Rio de Janeiro 1990 / PLEASE PLEASE ME - US Tour 2005 / I'LL GET YOU - US Tour 2005 / ALL MY LOVING - Sao Paulo 2010 / TILL THERE WAS YOU - US Tour 2005 / I WANNA BE YOUR MAN - Budokan Tokyo 2017 / LONG TALL SALLY - Candlestick Park San Francisco 2014 / MATCHBOX - Soundcheck Driving USA Tour 2002 / CAN'T BUY ME LOVE - Budokan Tokyo 2015 / A HARD DAY'S NIGHT - One On One Tour 2017 / AND I LOVE HER - Bonnaroo Manchester Tennessee 2013 / THINGS WE SAID TODAY - BBC In Concert London 2013 / SHE'S A WOMAN - St.Petersburg 2004 / EIGHT DAYS A WEEK - NBC Studio New York 2013 / I'LL FOLLOW THE SUN - Quebec Canada 2008 / KANSAS CITY HEY HEY HEY HEY - The New World Tour 1993 / WORDS OF LOVE - Acoustic From The Movie 1985 / HONEY DON'T - Soundcheck St.Petersburg 2004 / I'M DOWN - Citi Field New York 2009 / THE NIGHT BEFORE - Zocalo Mexico City 2012 / ANOTHER GIRL - Budokan Tokyo 2015 / I'VE JUST SEEN A FACE - TV Show New York 2013 / YESTERDAY - Liverpool 2008 / DAY TRIPPER - Halifax Canada 2009 / WE CAN WORK IT OUT - Bonnaroo Manchester Tennessee 2013 / DRIVE MY CAR - Halifax Canada 2009 / YOU WON'T SEE ME - St.Petersburg 2004 / THE WORD , ALL YOU NEED IS LOVE , SHE LOVES YOU - On The Run Tour 2012 / MICHELLE - Quebec Canada 2008 / I'M LOOKING THROUGH YOU - Buenos Aires Argentina 2010 / PAPERBACK WRITER - Halifax Canada 2009 / ELEANOR RIGBY - Roundhouse London 2007 / HERE THERE AND EVERYWHERE - The New World Tour 1993 / GOOD DAY SUNSHINE - Quebec Canada 2008 / FOR NO ONE - US Tour 2005 / GOT TO GET YOU INTO MY LIFE - Budokan Tokyo 2015 / YELLOW SUBMARINE - Acoustic BBC Radio 2005
[RED EDITION DVD : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 107min.]

STRAWBERRY FIELDS FOREVER , HELP! , GIVE PEACE A CHANCE - Liverpool 1990 / PENNY LANE - Quebec Canada 2008 / SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND - World Tour 1989&1990 / GETTING BETTER - Driving USA Tour 2002 / FIXING A HOLE - US Tour 2005 / SHE'S LEAVING HOME - Red Square Moscow 2003 / BEING FOR THE BENEFIT OF MR. KITE! - Tokyo Dome 2013 / LOVELY RITA - Tokyo Dome 2013 / SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (Reprise) , THE END - Sao Paulo 2010 / A DAY IN THE LIFE , GIVE PEACE A CHANCE - Azteca Mexico 2012 / HELLO GOODBYE - Rio de Janeiro 2011 / MAGICAL MYSTERY TOUR - Azteca Mexico 2012 / THE FOOL ON THE HILL - World Tour 1989&1990 / YOUR MOTHER SHOULD KNOW - Out There Tour 2013 / LADY MADONNA - Sao Paulo 2014 / HEY JUDE - Halifax Canada 2009 / BACK IN THE U.S.S.R. - Red Square Moscow 2003 / OB LA DI, OB LA DA - Sao Paulo 2010 / WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS - Royal Albert Hall London 2002 / BLACKBIRD - Sao Paulo 2010 / WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD? - Desert Trip California 2016 / I WILL - US Tour 2005 / BIRTHDAY - NBC Studio New York 2013 / MOTHER NATURE'S SON - Driving USA Tour 2002 / HELTER SKELTER - Glastonbury 2004 / YELLOW SUBMARINE - Antwerp Belgium 2012 / ALL TOGETHER NOW - Sao Paulo 2014 / SOMETHING - Sao Paulo 2014 / YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY , CARRY THAT WEIGHT - Driving USA Tour 2002 / SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW - Quebec Canada 2008 / GOLDEN SLUMBERS , CARRY THAT WEIGHT , THE END - Tokyo Dome 2013 / COME AND GET IT - On The Run Tour 2011 / TWO OF US - Red Square Moscow 2003 / LET IT BE - Sao Paulo 2010 / I'VE GOT A FEELING - Quebec Canada 2008 / ONE AFTER 909 - Budokan Tokyo 2015 / FOR YOU BLUE - Royal Albert Hall London 2002 / THE LONG AND WINDING ROAD - Tokyo Dome 2013 GET BACK - Sao Paulo 2010
[BLUE EDITION DVD : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 145min.]

*Live Aid 1985 - LET IT BE / *Prince's Trust Concert 1986 - I SAW HER STANDING THERE , LONG TALL SALLY , GET BACK / *Live At Knebworth 1990 - BIRTHDAY , HEY JUDE , CAN'T BUY ME LOVE / *Music For Montserrat 1997 -YESTERDAY ,GOLDEN SLUMBERS , CARRY THAT WEIGHT , THE END , HEY JUDE , KANSAS CITY HEY HEY HEY HEY / *Rock And Roll Hall Of Fame 1999 - WHAT'D I SAY (A Tribute To Ray Charles) , LET IT BE / *A Concert For Linda 1999 - ALL MY LOVING / *The Concert For New York City 2001 -I'M DOWN , YESTERDAY , LET IT BE / *The Nobel Peace Prize Concert 2001 - LET IT BE / *Party At The Palace 2002 - HER MAJESTY , WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS , ALL YOU NEED IS LOVE , HEY JUDE / *Concert For George 2002 - SOMETHING , ALL THINGS MUST PASS / *Bridge School Benefit Concert 2004 - GET BACK / *Live 8 Concert 2005 - SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND (with U2) , GET BACK , DRIVE MY CAR (with George Michael) , HELTER SKELTER , THE LONG AND WINDING ROAD , HEY JUDE / *Grammy Awards 2006 - HELTER SKELTER , YESTERDAY (with Jay Z, Linkin Park) / *Last Play At Shea 2008 - I SAW HER STANDING THERE (with Billy Joel) , LET IT BE (with Billy Joel)
[SPECIAL PERFORMANCES AND COLLABORATES DVD ONE : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 148mins.]

*Grammy Awards 2009 - I SAW HER STANDING THERE (with Dave Grohl) / Children In Need 2009 - INTRODUCTION , BACK IN THE U.S.S.R. , GET BACK , HEY JUDE / *Isle Of Wight Festival 2010 - OB-LA-DI, OB-LA-DA , BACK IN THE U.S.S.R. , HEY JUDE , HELTER SKELTER / *Ringo Starr's Birthday Bash 2010 – BIRTHDAY / *Grammy Awards 2012 -GOLDEN SLUMBERS , CARRY THAT WEIGHT , THE END / *Diamond Jubilee Concert 2012 - MAGICAL MYSTERY TOUR , ALL MY LOVING , LET IT BE , OB-LA-DI, OB-LA-DA / *The London Olympic Ceremony 2012 - THE END , HEY JUDE / *Hard Rock Calling Hyde Park 2012 - I SAW HER STANDING THERE (with Bruce Springsteen) , TWIST AND SHOUT (with Bruce Springsteen) / *121212 Concert For Sandy Relief 2012 - HELTER SKELTER , BLACKBIRD , I'VE GOT A FEELING / *Grammy Satute To The Beatles 2014 - BIRTHDAY , GET BACK , I SAW HER STANDING THERE , SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND , WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS , HEY JUDE / *Rock And Roll Hall Of Fame 2015 - WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS , I WANNA BE YOUR MAN / *Lollapalooza 2015 - GET BACK (with Brittany Howard)
[SPECIAL PERFORMANCES AND COLLABORATES DVD TWO : NTSC 16:9 Dolby Digital Stereo time approx. 132mins.]

2017年08月08日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、ビートルズ第3弾ライブ登場

egsh06w.jpg



◆ THE BEATLES / HOLLYWOOD BOWL 1964 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第6弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてそのビートルズの3タイトル目は、1964年8月23日ハリウッド・ボウル公演を、オリジナル・ステレオ&モノ、両ミックスにて、全曲カット無しの完全コンプリートにて収録。
まず2016年になってようやく公式CDリリースもされた本公演は、1977年当時アナログ盤でもリリースされているものの、内容的には、1964年8月23日と1965年8月29&30日の、ハリウッド・ボウル3公演を編集したもの。
そして今回は新発掘されたマスター・テープから、オフィシャル仕様ゆえ、新発掘のマスターから正確なピッチで修正、デジタル・リマスタリングも施されたもので、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにて、初の本格的全米ツアーにおいて各地で熱狂の嵐を巻き起こした時期の空気感もそのままパック。
なお、当時USキャピトル・レコードがライブ・アルバム用に器材を導入し、録音されたライブだけに、当然メンバーもそれを前提とした熱演で演奏自体は良かったものの、3トラック・レコーディングによるこの音源は、結局英国EMIやプロデューサーも納得せぬままお蔵入りとなり、翌年のライヴ・テイクと混ぜ合わせて1977年に発売される事ことに。
それでも"恋におちたら"などは2016年CDでも未収録ゆえ、つまり1964年ハリウッド・ボウル公演の全曲を聴けるのはこのCDだけということに。
さらに当時はステレオよりもモノ・ミックスを主流としていた時代ゆえ、ここには当時制作されたモノ・ミックス・マスターからも全曲を収録しており、そのギター、ベース、ドラムが一丸となって迫るミックスは聞き応えも充分で、特にポールのベースのグルーヴ感は、モノ・ミックスの方が迫力もあり、ステレオとは微妙に違うバランスなどを聞き比べてみるのも興味深いところ。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。


01. Introduction 02. Twist And Shout 03. You Can't Do That 04. All My Loving 05. She Loves You 06. Things We Said Today 07. Roll Over Beethoven 08. Can't Buy Me Love 09. If I Fell 10. I Want To Hold Your Hand 11. Boys 12. A Hard Day's Night 13. Long Tall Sally
[Live at Hollywood Bowl, LA, USA August 23rd 1964 : Stereo Mix]
01. Introduction 02. Twist And Shout 03. You Can't Do That 04. All My Loving 05. She Loves You 06. Things We Said Today 07. Roll Over Beethoven 08. Can't Buy Me Love 09. If I Fell 10. I Want To Hold Your Hand 11. Boys 12. A Hard Day's Night 13. Long Tall Sally
[Live at Hollywood Bowl, LA, USA August 23rd 1964 : Mono Mix]

2017年08月07日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、ストーンズ第3弾ライブ登場

egsh07w.jpg



◆ ROLLING STONES / EVERLASTING TOUR 1966-1967 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第7弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。

そしてそのストーンズの3タイトル目はブライアン時代の1966年全米ツアー最終公演となった、7月28日ハワイ、ホノルル公演を、新発掘されたマスター・テープにリマスターも施して収録。オフィシャル仕様ゆえ、新発掘のマスターから正確なピッチで修正、デジタル・リマスタリングも施されたもので、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにて収録。
まず同時期のライブ盤にはABKCOからの「ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!」も存在するものの、周知の通り完全に擬似ライヴで、逆にこのハワイ公演は、地元の放送局がオンエアー用に記録したものゆえ、まさに真のライブ音源。
そして長らく埋もれたままだったこの音源が今回やっと正規流通となったもので、初の全曲オリジナル曲による「アフターマス」発表後の全米ツアー最終公演の模様を完全再現。
なおここではオフィシャル未収録の"Paint It Black"や、ブライアンがステージでシタール、ダルシマーを操る"Lady Jane"、レアなライブ・ヴァージョン"Mother's Little Helper"などは、まさにこの時期ならではの聞きどころ。
さらにはチャーリー・ワッツがミックのマイクで「次の曲はラスト・タイムです」と演奏し終えている曲名を紹介するジョークMCも聴けるというあたりもポイント。
さらに後半には1966年3月29日パリ・オランピア劇場、さらにブライアン在籍時最後のツアーとなった1967年4月11日同じくオランピア劇場公演より7曲を放送用音源より追加収録。
こちらも”Hang On Sloopy”のフレーズが飛び出したり、”Yesterday's Papers”とのメドレーとなる”Get Off Of My Cloud”等、ライブならではの演奏ぶりはやはり全て聴きもの。
とにかくオーバー・ダブ等のない当時のダイレクトな放送音源は、ブライアン期のリアルなライブを浮き彫りにする貴重な記録として、必携といえる永久保存プレスCD。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。


01. Introduction 02. Not Fade Away 03. The Last Time 04. Paint It Black 05. Lady Jane 06. Mother's Little Helper 07. Get Off Of My Cloud 08. 19th Nervous Breakdown 09. (I Can’t Get No) Satisfaction 10. Announcement
[Live at Honolulu International Center,Honolulu, Hawaii, July 28th]

11. The Last Time 12. Paint It Black 13. 19th Nervous Breakdown 14. Get Off Of My Cloud 15. Under My Thumb 16. Ruby Tuesday 17. Let's Spend The Night Together
[Live at L'Olympia, Paris, France March 29th 1966 & April 11th 1967]

2017年08月06日

公式ハーフ・オフィシャル・シリーズより、ディランの60年代ライブも登場

egsh05w.jpg



◆ BOB DYLAN / FREE TRADE HALL 1965 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第5弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CDにて。
そしてそのボブ・ディランの記念すべき1タイトル目は、1965年ディランのフォーク時代最後のステージとなったUKツアーから、5月7日マンチェスター公演の模様を、公式レコーディングされたサウンドボード音源にて収録。
オフィシャル仕様ゆえ、新発掘のマスターから正確なピッチで修正、デジタル・リマスタリングも施されたもので、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにて収録。
そして「ドント・ルック・バック」でも描かれた当時24歳のディランが「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」リリース直後の全曲弾き語りによるもので、この後「追憶のハイウェイ」そして「ブロンド・オン・ブロンド」とフォークからロックへと移行する時期にあたるもの。
なお2部構成のシンプルな弾き語りによるこのステージは、生涯の代表作となる「ミスター・タンブリン・マン」、「イッツ・オールライト・マ」。フォーク時代の傑作「神が味方」、「ハッティ・キャロルの寂しい死」など、溢れ出るイメージとそれを追い越すかの様に放たれるトーキングのような歌を、フォーク・ギターとハーモニカに乗せて表現。
なおこのUKツアーにはビートルズも連日訪れ、その交流がやがてのちにアコースティックからエレクトリックへ移行し、ファンの間で賛否両論を巻き起こすこととなる、ディランにとって重要な転換期であり、アコースティック時代最後の名演を、最高のクオリティーにて。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

01. The Times They Are A-Changin' / 02. To Ramona / 03. Gates Of Eden / 04. If You Gotta Go, Go Now 05. It's Alright Ma (I'm Only Bleeding) / 06. Love Minus Zero / 07. Mr. Tambourine Man / 08. Talkin' World War III Blues 09. Don’t Think Twice, It's All Right / 10. With God On Our Side / 11. She Belongs To Me / 12. It Ain't Me Babe 13. Lonesome Death Of Hattie Carroll / 14. All I Really Want To Do / 15. It's All Over Now, Baby Blue
[Live at Free Trade Hall, Manchester, UK, May 7th 1965]

2017年08月05日

ビートルズ、オーディオファイル・シリーズ、『パスト・マスターズVOL.2』

amcb015sp.jpg



◆ THE BEATLES / AUDIOPHILE MASTER : PAST MASTERS VOLUME TWO (1CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズのオリジナル・アルバムを、新次元のハイブリッドMONO/STEREOリマスターCDと、5.1サラウンド&超高音質96kHz/24bitハイレゾ音源オーディオDVDによって、究極の音源コレクションとしてお届けするオーディオファイル・マスター・コレクション。
その最終タイトルは『パスト・マスターズVOL.1&2』の2タイトルで、まずCDは60年代当時重視されていたモノラル・ミックスを、最新デジタル編集によりステレオ化した、ハイブリッドMONO/STEREOリマスターを収録。
数多くのミックス違いが存在するモノラル音源がリアル・ステレオで甦るオリジナルに、忠実ながら新たな音像としてハイブリッド・ミックスに生まれ変わった興味深いリマスター音源。さらにファンには知られる貴重なオルタネイト・ミックスも追加しており、アナログ時代にリリースされながら、公式にはCD化されていないミックス違いのレア音源をコンパイル。
そしてDVDにはドルビー・デジタル5.1サラウンド音源と超高音質96kHz/24bitハイレゾ・フォーマットによるステレオと48kHz/24bitのモノラル音源を収録。いずれも通常のデジタル・リマスターCD音源とは異なる、原音に忠実なオリジナル・アナログ・ミックスをCD以上に高音質スペックである極上レベルのハイレゾ音源で再現したオーディオDVD。
以下、それぞれのさらなる詳細は以下の通り。

[CD=HYBRID ALTERNATE STEREO REMASTER]
60年代当時重視されていたモノラル・ミックスを最新デジタル編集によりステレオ化したもので、数多くのミックス違いが存在するモノラル音源がリアル・ステレオで甦る、オリジナルに忠実ながら通常のモノ・ステレオ・ミックスとは異なる斬新なステレオ・リマスター音源を初CD化。ヘッドフォンで聞き比べるとその違いは歴然。
[CD=ALTERNATE MASTERS]
アナログ時代にリリースされながら、公式にはCD化されていない貴重なミックス違いのオルタネイト・ミックスを追加収録。「抱きしめたい」のミックス違いステレオ2バージョンや、ハイハット・イントロの「オール・マイ・ラヴィング」、発売後すぐに回収されお蔵入りとなった「トゥモロウ・ネバー・ノウズ」、ステレオ化された「ペニー・レイン」のプロモ・ミックスなど、今では入手困難になってしまったアナログ時代のオルタネイト・ミックスをまとめて追加収録。

[DVD AUDIOPHILE DISC]
DVDオーディオ専用機の必要はなく、通常のDVDプレイヤーやパソコンのDVDビデオ・フォーマットで再生可能。(オーディオ・ディスクにつき動画は未収録ながら、各音源のアルバム・ジャケットやレーベル写真が画面表示)
◇AUDIO 1 : DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX
サラウンドAVシステムで再生すると通常のステレオ以上に立体感が増幅され、ポーカルや各楽器のセパレーションもより分離した迫力あるマルチ・チャンネル、5.1サラウンド・ミックス仕様。またサラウンド再生でない場合でも通常のステレオ2chにミックスダウンされた音源として再生可能。
◇AUDIO 2 : 96kHz/24bit PCM STEREO (MFSL/Mobile Fidelity LP)
◇AUDIO 3 : 96(48)kHz/24bit PCM MONO (BRAZIL ORIGINAL LP)
CD以上に高音質スペックである極上レベルのHD96kHz/24bitハイレゾ・フォーマットによるステレオ音源は、英国オリジナル・アナログ盤からのハイレゾ化音源を収録。またモノラル音源は同じくオリジナル・アナログ盤より高音質48kHz/24bitハイレゾ・フォーマットで収録。
ハイレゾ・スペック対応であればCDとは別次元の原音に忠実な最高音質で再生され、ハイレゾ対応でない場合でも通常のDVDプレイヤーやパソコン等でCDスペックにコンバートされて再生することも可能。

以上、世界中のビートルズ・コレクターに知られる数ある音源ソースの中でも、注目すべきオーディオ・ファイルを網羅した本シリーズは、すべて海外直輸入限定プレス盤ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD :
[HYBRID ALTERNATE STEREO REMASTER]
1. DAY TRIPPER 2. WE CAN WORK IT OUT 3. PAPERBACK WRITER 4. RAIN 5. LADY MADONNA 6. THE INNER LIGHT 7. HEY JUDE 8. REVOLUTION 9. ONLY A NORTHERN SONG 10. ALL TOGETHER NOW 11. HEY BULLDOG 12. IT'S ALL TOO MUCH 13. GET BACK 14. DON'T LET ME DOWN 15. ACROSS THE UNIVERSE 16. YOU KNOW MY NAME (LOOK UP THE NUMBER)
[ALTERNATE MASTERS]
17. STRAWBERRY FIELDS FOREVER (alternate stereo) 18. PENNY LANE (rarities stereo mix) 19. I AM THE WARLUS (alternate stereo) 20. LET IT BE (both guitar solo mix) 21. THE BEATLES MOVIE MEDLEY

DVD :
[DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX&96kHz/24bit PCM STEREO]
1. DAY TRIPPER 2. WE CAN WORK IT OUT 3. PAPERBACK WRITER 4. RAIN 5. LADY MADONNA 6. THE INNER LIGHT 7. HEY JUDE 8. REVOLUTION 9. GET BACK 10. DON'T LET ME DOWN 11. THE BALLAD OF JOHN AND YOKO 12. OLD BROWN SHOE 13. ACROSS THE UNIVERSE 14. LET IT BE 15. YOU KNOW MY NAME (LOOK UP THE NUMBER)
[48kHz/24bit PCM MONO]
1. LADY MADONNA 2. THE INNER LIGHT 3. HEY JUDE 4. REVOLUTION 5. ONLY A NORTHERN SONG 6. ALL TOGETHER NOW 7. HEY BULLDOG 8. IT'S ALL TOO MUCH 9. GET BACK 10. DON'T LET ME DOWN 11. ACROSS THE UNIVERSE 12. YOU KNOW MY NAME (LOOK UP THE NUMBER)
◇AUDIO 1 : DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX
◇AUDIO 2 : 96kHz/24bit PCM STEREO (UK ORIGINAL)
◇AUDIO 3 :48kHz/24bit PCM MONO (UK ORIGINAL)
◇NTSC 16:9 Wide Screen - selected audio only in DVD format

2017年08月04日

ビートルズ、オーディオファイル・シリーズ、『パスト・マスターズVOL.1』

amcb014sp.jpg



◆ THE BEATLES / AUDIOPHILE MASTER : PAST MASTERS VOLUME ONE (1CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズのオリジナル・アルバムを、新次元のハイブリッドMONO/STEREOリマスターCDと、5.1サラウンド&超高音質96kHz/24bitハイレゾ音源オーディオDVDによって、究極の音源コレクションとしてお届けするオーディオファイル・マスター・コレクション。
その最終タイトルは『パスト・マスターズVOL.1&2』の2タイトルで、まずCDは60年代当時重視されていたモノラル・ミックスを、最新デジタル編集によりステレオ化した、ハイブリッドMONO/STEREOリマスターを収録。
数多くのミックス違いが存在するモノラル音源がリアル・ステレオで甦るオリジナルに、忠実ながら新たな音像としてハイブリッド・ミックスに生まれ変わった興味深いリマスター音源。さらにファンには知られる貴重なオルタネイト・ミックスも追加しており、アナログ時代にリリースされながら、公式にはCD化されていないミックス違いのレア音源をコンパイル。
そしてDVDにはドルビー・デジタル5.1サラウンド音源と超高音質96kHz/24bitハイレゾ・フォーマットによるステレオと48kHz/24bitのモノラル音源を収録。いずれも通常のデジタル・リマスターCD音源とは異なる、原音に忠実なオリジナル・アナログ・ミックスをCD以上に高音質スペックである極上レベルのハイレゾ音源で再現したオーディオDVD。
以下、それぞれのさらなる詳細は以下の通り。

[CD=HYBRID ALTERNATE STEREO REMASTER]
60年代当時重視されていたモノラル・ミックスを最新デジタル編集によりステレオ化したもので、数多くのミックス違いが存在するモノラル音源がリアル・ステレオで甦る、オリジナルに忠実ながら通常のモノ・ステレオ・ミックスとは異なる斬新なステレオ・リマスター音源を初CD化。ヘッドフォンで聞き比べるとその違いは歴然。
[CD=ALTERNATE MASTERS]
アナログ時代にリリースされながら、公式にはCD化されていない貴重なミックス違いのオルタネイト・ミックスを追加収録。「抱きしめたい」のミックス違いステレオ2バージョンや、ハイハット・イントロの「オール・マイ・ラヴィング」、発売後すぐに回収されお蔵入りとなった「トゥモロウ・ネバー・ノウズ」、ステレオ化された「ペニー・レイン」のプロモ・ミックスなど、今では入手困難になってしまったアナログ時代のオルタネイト・ミックスをまとめて追加収録。

[DVD AUDIOPHILE DISC]
DVDオーディオ専用機の必要はなく、通常のDVDプレイヤーやパソコンのDVDビデオ・フォーマットで再生可能。(オーディオ・ディスクにつき動画は未収録ながら、各音源のアルバム・ジャケットやレーベル写真が画面表示)
◇AUDIO 1 : DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX
サラウンドAVシステムで再生すると通常のステレオ以上に立体感が増幅され、ポーカルや各楽器のセパレーションもより分離した迫力あるマルチ・チャンネル、5.1サラウンド・ミックス仕様。またサラウンド再生でない場合でも通常のステレオ2chにミックスダウンされた音源として再生可能。
◇AUDIO 2 : 96kHz/24bit PCM STEREO (MFSL/Mobile Fidelity LP)
◇AUDIO 3 : 96(48)kHz/24bit PCM MONO (BRAZIL ORIGINAL LP)
CD以上に高音質スペックである極上レベルのHD96kHz/24bitハイレゾ・フォーマットによるステレオ音源は、英国オリジナル・アナログ盤からのハイレゾ化音源を収録。またモノラル音源は同じくオリジナル・アナログ盤より高音質48kHz/24bitハイレゾ・フォーマットで収録。
ハイレゾ・スペック対応であればCDとは別次元の原音に忠実な最高音質で再生され、ハイレゾ対応でない場合でも通常のDVDプレイヤーやパソコン等でCDスペックにコンバートされて再生することも可能。

以上、世界中のビートルズ・コレクターに知られる数ある音源ソースの中でも、注目すべきオーディオ・ファイルを網羅した本シリーズは、すべて海外直輸入限定プレス盤ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD :
[HYBRID ALTERNATE STEREO REMASTER]
1. LOVE ME DO 2. FROM ME TO YOU 3. THANK YOU GIRL 4. SHE LOVES YOU 5. I'LL GET YOU 6. I WANT TO HOLD YOUR HAND 7. THIS BOY 8. KOMM, GIB MIR DEINE HAND 9. SIE LIEBT DICH 10. LONG TALL SALLY 11. I CALL YOUR NAME 12. SLOW DOWN 13. MATCHBOX 14. I FEEL FINE 15. SHE'S A WOMAN 16. BAD BOY 17. YES IT IS 18. I'M DOWN
[ALTERNATE MASTERS]
19. I WANT TO HOLD YOUR HAND (1963 stereo mix) 20. ALL MY LOVING (hi-hat intro) 21. LONG TALL SALLY (alternate stereo) 22. I CALL YOUR NAME (alternate stereo) 23. I SHOULD HAVE KNOWN BETTER (alternate stereo) 24. AND I LOVE HER (extended mix) 25. I FEEL FINE (alternate stereo) 26. SHE'S A WOMAN (count in) 27. I WANT TO HOLD YOUR HAND (1965 stereo mix) 28. DAY TRIPPER (alternate stereo) 29. WE CAN WORK IT OUT (alternate stereo) 30. I'M ONLY SLEEPING (alternate stereo) 31. TOMORROW NEVER KNOWS (matrix-1 mono mix)

DVD :
[DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX]
1. I WANT TO HOLD YOUR HAND 2. THIS BOY 3. LONG TALL SALLY 4. I CALL YOUR NAME 5. SLOW DOWN 6. MATCHBOX 7. I FEEL FINE 8. SHE'S A WOMAN 9. BAD BOY 10. YES IT IS 11. I'M DOWN
[96kHz/24bit PCM STEREO&48kHz/24bit PCM MONO]
1. LOVE ME DO 2. FROM ME TO YOU 3. THANK YOU GIRL 4. SHE LOVES YOU 5. I'LL GET YOU 6. I WANT TO HOLD YOUR HAND 7. THIS BOY 8. KOMM, GIB MIR DEINE HAND 9. SIE LIEBT DICH 10. LONG TALL SALLY 11. I CALL YOUR NAME 12. SLOW DOWN 13. MATCHBOX 14. I FEEL FINE 15. SHE'S A WOMAN 16. BAD BOY 17. YES IT IS 18. I'M DOWN
[48kHz/24bit PCM MONO]
19. DAY TRIPPER 20. WE CAN WORK IT OUT 21. PAPERBACK WRITER 22. RAIN
◇AUDIO 1 : DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX
◇AUDIO 2 : 96kHz/24bit PCM STEREO (UK ORIGINAL)
◇AUDIO 3 :48kHz/24bit PCM MONO (UK ORIGINAL)
◇NTSC 16:9 Wide Screen - selected audio only in DVD format

2017年08月03日

ガンズ2017年ツアーの、決定盤音源&映像をセットで!

sha773g.jpg



◆ GUNS N' ROSES / APOLLO THEATER 2017 (3CDR+1DVDR) この商品はこちらから

2017年来日後の「Not In This Lifetime Tour」は、7月15日イスラエル公演でユーロ・ツアーが終了し、再び北米レグが再開される前、7月20日ニューヨークのアポロ・シアターにて行われたスペシャル・ギグの模様を、オフィシャル・クオリティー、ステレオ・サウンドボード音源にてコンプリート収録。

まずこれは翌21日でリリース30周年となったデビュー・アルバム「APPETITE FOR DESTRUCTION」を記念して、数百人の招待客のみで行われた、まさにプレミア・ギグで、しかもその模様をニューヨークのラジオ局「SiriusXM」がライブ中継した音源が元になっているので、このままオフィシャル・ブートレグとして通用するクオリティーによるもの。
そしてその内容は、アルバム完全再現ライブを期待する声が多かった中で、実際は先のユーロ・ツアーでの定番セット・リストを踏まえたものながら、とにかく再編ガンズとしては、フル・セット・ライブを初めてカンペキなサウンドボードで収録したもので、間違いなく本ツアーの決定盤音源となるもの。
さらにカップリングDVD-Rには、この当日の模様を、マルチ・カメラ仕様となるオーディエンス映像にて、3時間6分にわたりコンプリート収録。

この当日の模様はサウンドボード音源と共に、部分的なプロショットやスタッフ撮影の映像、そして良質なオーディエンス・ショットなど多数の映像ソースが登場しており、ここではそうした映像を駆使し、プロユースによるマルチカメラ仕様で製作されたもので、特にスタッフ撮影のカメラはプロショット・レベル。なお「New Rose」「This I Love」「Coma」「Knockin' On Heaven's Door(の一部)」「Nightrain」「Sorry」の6曲は映像素材がないものの、そうしたパートも静止画で繋いでおり、さらに音声パートは放送用のサウンドボード音源をマトリックスしており、見ごたえも充分。
とにかくオフィシャル・ライブがリリースされない限りは、これ以上のアイテムは有り得ないファン必携のコレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. Looney Tunes 2. The Equalizer 3. It's So Easy 4. Mr. Brownstone 5. Chinese Democracy 6. Welcome to the Jungle 7. Double Talkin' Jive 8. Better 9. Estranged 10. Live and Let Die 11. Rocket Queen 12. You Could Be Mine 13. New Rose 14. This I Love
Disc 2 : 1. Civil War 2. Yesterdays 3. Coma 4. Band Introductions 5. Slash Guitar Solo (with Johnny B. Goode intro) 6. Speak Softly Love (Love Theme From The Godfather) 7. Sweet Child O' Mine 8. My Michelle 9. Whole Lotta Rosie
Disc 3 : 1. Wish You Were Here 2. Layla piano exit intro 3. November Rain 4. Black Hole Sun 5. Knockin' on Heaven's Door 6. Nightrain 7. Sorry 8. Melissa 9. Patience 10. The Seeker 11. Paradise City

DVD-R : Multi-Cam Video synced COLOUR NTSC Approx.186min.
1. Looney Tunes 2. The Equalizer 3. It's So Easy 4. Mr. Brownstone 5. Chinese Democracy 6. Welcome to the Jungle 7. Double Talkin' Jive 8. Better 9. Estranged 10. Live and Let Die 11. Rocket Queen 12. You Could Be Mine 13. New Rose 14. This I Love 15. Civil War 16. Yesterdays 17. Coma 18. Band Introductions 19. Slash Guitar Solo (with Johnny B. Goode intro) 20. Speak Softly Love (Love Theme From The Godfather) 21. Sweet Child O' Mine 22. My Michelle 23. Whole Lotta Rosie 24. Wish You Were Here 25. Layla piano exit intro 26. November Rain 27. Black Hole Sun 28. Knockin' on Heaven's Door 29. Nightrain 30. Sorry 31. Patience (with Melissa Intro) 32. The Seeker 33. Paradise City

[Recorded at Apollo Theater, NYC, NY, USA. 20th July 2017 : stereo soundboard recording]
Axl Rose(vocal) / SLASH(guitar)/ Duff McKagan(bass)/ Dizzy Reed(keyboards) / Richard Fortus(guitar) / Frank Ferrer(drums) / Melissa Reese(keyboards)

2017年07月30日

レディオヘッド、2017年フェス・ライブをブルーレイで

rh17rdsp.jpg



◆ RADIOHEAD/ Reckoner’s Daydreaming 2017 (2Blu-ray) この商品はこちらから

2017年『A Moon Shaped Pool』ヨーロッパ・ツアーの合間には、各地のフェスにも積極的に参加した中で、その映像クオリティーやライブの完成度の高かった、3箇所におけるパフォーマンスを、すべてWEBキャスト・オンエアーからのオフィシャル・クオリティー、プロショットにて収録した映像をブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティー映像に加え、音質もカンペキなステレオ・サウンドボードで収録されており、いずれも既に流通しているyoutubeアップの同映像とは次元の違うクオリティーとなるもの。
そしてまず最初は6月16日イタリアで開催された「I-Days Festival 2017」に出演時の模様を、2時間15分にわたりコンプリート収録。もちろんヘッドライナーでの登場となった中、セットは前年のツアーのセットリスト同様、“Daydreaming”から序盤までは、同アルバム・ナンバーを披露し、中盤からはフェス用にこれまでの代表曲を多数披露するというベストなセット内容で、”Airbag”でジョニーがギターの弦を切りながらも、圧巻のプレイを披露したり、アンコールでは”Creep”もセットインしたりとすべてが見所の全25曲。
そして続いては、6月18日オランダでの「Best Kept Secret」でのパフォーマンスで、こちらは全20曲のうち16曲がオンエアーされたため、コンプリートではないものの、おそらくこれまでのキャリアの内でも5本の指に入るであろう演奏の完成度。また”15 Step”などで見られる、ドラムマシンを使った曲のシンクロ度や、”Climbing up the Wall”のアタマでは通常はかけないサンプリングを使用したりと、実験的なパフォーマンスも随所に見られるトータル2時間9分。
そして最後は、7月7日スコットランド、グラスゴーでの「TRNSMT Festival 2017」に出演時の模様を、2時間11分にわたりコンプリート収録。この日は”Let Down”からライブ・スタートとなり、またこの後、フェス出演など単発のライブは予定されているものの、前年から続いた「A Moon Shaped Pool Tour」は、この日が最終日となっており、それもあってか、今までにないパターンのセットリストとなっているのは要チェック。
以上トータル6時間35分、フル・ヴォリュームによる最高のパフォーマンスを全編オフィシャル・クオリティーで再現した、ファン必携のコレクターズ・エディション。

Daydreaming / Desert Island Disk / Ful Stop / Airbag / 15 Step / Myxomatosis / The National Anthem / All I Need / Pyramid Song / Everything in Its Right Place / Reckoner / Bloom / Weird Fishes - Arpeggi / Idioteque / The Numbers / Exit Music (for a Film) / Paranoid Android / No Surprises / Nude / 2 + 2 = 5 / Bodysnatchers / Fake Plastic Trees / Lotus Flower / Creep / Karma Police
[I-DAYS FESTIVAL 2017 : Live at Autodromo Nazionale, Monza, Italy, June 16th 2017 : 2h15m]

Daydreaming / Desert Island Disk / Ful Stop / 15 Step / Myxomatosis / Climbing Up the Walls / All I Need / Pyramid Song /
Everything in Its Right Place / Bloom / Identikit / Idioteque / The Gloaming / The Numbers / Exit Music (for a Film) / Bodysnatchers
/ Street Spirit (Fade Out) / Nude / Let Down / Separator / Paranoid Android / Reckoner / Lotus Flower / There There
[BEST KEPT SECRET 2017 : Live at Beekse Bergen, Hilvarenbeek, Netherlands, June 18th 2017 : 2h9m]

Let Down / Lucky / Ful Stop / 15 Step / Myxomatosis / There There / All I Need / Pyramid Song / Everything in Its Right Place / Reckoner / Bloom / Identikit / Weird Fishes - Arpeggi / Idioteque / The Numbers / Bodysnatchers / 2 + 2 = 5 / Daydreaming / No Surprises / Lotus Flower / Paranoid Android / Fake Plastic Trees / Nude / The Bends / Karma Police
[TRNSMT FESTIVAL 2017 : Live at Main Stage, Glasgow Green, Glasgow, Scotland, July 7th 2017 : 2h11m]

2017年07月12日

ポール、武道館ボックスに続き、東京ドーム3daysのボックス・セットもリリース決定

pauldome2017.jpg



◆ Paul McCartney / One On One at Tokyo Dome definitive edition (18CD BOX) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年東京ドーム3公演が、武道館ボックスと同様、今回も最終決定盤アイテムとして、完全限定18CDボックス・セット仕様にてここに。
なお今回もこちらのリミテッド・エディションは、限定ナンバリング入りの完全限定300セット・リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。

[アイテム概要・仕様詳細]
初日の武道館公演の決定版ボックスと同じく、ジャパン・ツアーのプログラムをモチーフにした、おなじみEVSDの超美麗な豪華ボックス・セットで、豪華な装丁と驚愕のパーフェクト・サウンドを誇る内容にて。
そして音源は、各日公演ともに、ライン音源マトリクス・ソース、オーディエンス・ソースを、それぞれディスク3枚ずつに収録。それらが美麗紙ジャケットに収納され、計6セットX3という仕様に。

[音源詳細]
①4/27東京ドーム公演-マルチIEM+α・マトリクス音源-プレス3CD
②4/27東京ドーム公演-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス3CD
③4/29東京ドーム公演-マルチIEM+α・マトリクス音源-プレス3CD
④4/29東京ドーム公演-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス3CD
⑤4/30東京ドーム公演-マルチIEM+α・マトリクス音源-プレス3CD
⑥4/30東京ドーム公演-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス3CD

先にリリースされた武道館ボックス同様、サウンドチェック・パーティーも含め、東京ドーム3DAYSを、極上ステレオ・ライン音源、そして至高のMK4オーディエンス音源にてコンパイル。
まずは武道館ボックスでも、その強烈な異次元サウンドで世界中のファンの度胆を抜いたステレオIEM+モニターSBDマトリクス音源は、流出ステレオ・サウンドボード音源に比肩するクオリティーで、因みに既流通のIEM マトリクス音源やサウンドボード音源とは全くの別次元。
そしてオーディエンス・レコーディングの最高峰、ショップスMK4単一指向性マイクロフォンを使用したオーディエンス音源も、武道館ボックス同様にセットで。
ライブの臨場感を増す要所の大合唱があまりに感動的で、単一指向性マイクロフォンを使用したレコーディングであるため、オーディエンス・ノイズなども最小限となるド迫力のライブ・サウンドにて。

◆1st Night : Multiple IEM + Stereo Soundboard Source / Original Matirx Master
Disc 1 :01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Junior's Farm 05. Can't Buy Me Love 06. Letting Go 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got a Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred and Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. We Can Work It Out 14. In Spite of All the Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. Queenie Eye 02. New 03. The Fool on the Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band on the Run 12. Back in the U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live and Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Hi, Hi, Hi 04. Birthday 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th April 2017]
7. Intro 08. Jam 09. Matchbox 10. Coming Up 11. Drive My Car 12. C Moon 13. Miss Ann 14. Things We Said Today 15. Every Night 16. Ram On 17. Midnight Special 18. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th April 2017]

◆1st Night : EVSD & XAVEL Original Audience Master / MK4 Cardioid Microphone
Disc 1 :01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Junior's Farm 05. Can't Buy Me Love 06. Letting Go 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got a Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred and Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. We Can Work It Out 14. In Spite of All the Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. Queenie Eye 02. New 03. The Fool on the Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band on the Run 12. Back in the U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live and Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Hi, Hi, Hi 04. Birthday 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th April 2017]
7. Intro 08. Jam 09. Matchbox 10. Coming Up 11. Drive My Car 12. C Moon 13. Miss Ann 14. Things We Said Today 15. Every Night 16. Ram On 17. Midnight Special 18. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th April 2017]

◆2nd Night : Multiple IEM + Stereo Soundboard Source / Original Matirx Master
Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Save Us 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. I've Just Seen A Face 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. New 02. Queenie Eye 03. The Fool On the Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live And Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Hi, Hi, Hi 04. I Saw Her Standing There 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]
07. Intro 08. Jam 09. Honey Don't 10. Flaming Pie 11. Drive My Car 12. Sing The Changes 13. Don't Let The Sun Catch You Cryin' 14. Let 'Em In 15. I've Just Seen A Face 16. It's So Easy 17. Ram On 18. Midnight Special 19. San Francisco Bay Blues 20. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]

◆2nd Night : EVSD & XAVEL Original Audience Master / MK4 Cardioid Microphone
Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Save Us 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. I've Just Seen A Face 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. New 02. Queenie Eye 03. The Fool On the Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live And Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Hi, Hi, Hi 04. I Saw Her Standing There 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]
07. Intro 08. Jam 09. Honey Don't 10. Flaming Pie 11. Drive My Car 12. Sing The Changes 13. Don't Let The Sun Catch You Cryin' 14. Let 'Em In 15. I've Just Seen A Face 16. It's So Easy 17. Ram On 18. Midnight Special 19. San Francisco Bay Blues 20. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]

◆3rd Night : Multiple IEM + Stereo Soundboard Source / Original Matirx Master
Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Junior's Farm 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. We Can Work It Out 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. Queenie Eye 02. New 03. The Fool On The Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live And Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Get Back 04. Hi, Hi, Hi 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017]
07. Intro 08. Jam 09. Honey Hush 10. One After 909 11. All My Loving 12. Let 'Em In 13. Miss Ann 14. On My Way To Work 15. San Francisco Bay Blues 16. Ram On 17. Midnight Special 18. Massage Song / Lady Madonna
[Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017]

◆3rd Night : EVSD & XAVEL Original Audience Master / MK4 Cardioid Microphone
Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Junior's Farm 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It / Foxy Lady 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. We Can Work It Out 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. Queenie Eye 02. New 03. The Fool On The Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live And Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Get Back 04. Hi, Hi, Hi 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017]
07. Intro 08. Jam 09. Honey Hush 10. One After 909 11. All My Loving 12. Let 'Em In 13. Miss Ann 14. On My Way To Work 15. San Francisco Bay Blues 16. Ram On 17. Midnight Special 18. Massage Song / Lady Madonna
[Soundcheck Party at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017]

2017年07月07日

ストーンズ、ハーフ・オフィシャル・ライブ・シリーズの第2弾!

egsh04w.jpg



◆ ROLLING STONES / ENFANT TERRIBLE LIVE 1965-1966 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第4弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CD (JANコード : 4589767510046)。
そしてその第4弾は、ストーンズの1966年オーストラリアと1965年ドイツの伝説の2公演を、ラジオ局が残したマスター・テープを元に製作。オフィシャル仕様ゆえ、新発掘のマスターから正確なピッチで修正、デジタル・リマスタリングも施されたもので、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにて収録。
そしてブライアン在籍期の未発表ライブ音源の中でも、最も評価の高い、1966年2月24日のオーストラリア公演は、興奮・絶叫する司会者が各メンバーを紹介し、間髪入れず"The Last Time"でスタートするところから鳥肌もの。さらに"Mercy Mercy"に扇情的な"She Said Yeah"と、序盤からドライブする2本のギターと、荒っぽいビートがあまりにパンキッシュで、またブライアンが2本のブルース・ハープを使い分ける"Not Fade Away"でのブルージーさは、この時期ならでは。
さらに後半の1965年9月13日のドイツ公演は、実際は未放送の貴重音源で、こちらはミックのボーカルが大きめなラフ・ミックス仕様。ここでも”Everybody Needs Somebody To Love”から"Pain In My Heart"へのメドレーあたりが、R&Bフォロワーとしての魅力溢れるところ。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

1 Opening 2 The Last Time 3 Mercy Mercy 4 She Said Yeah 5 Play With Fire 6 Not Fade Away 7 That's How Strong My Love Is 8 Get Off Of My Cloud 9 (I Can't Get No) Satisfaction
[Recorded at Palais Theatre, St. Kilda, Australia, February 24th 1966]

10 Everybody Needs Somebody To Love 11 Pain In My Heart 12 Around And Around 13 Time Is On My Side 14 I'm Moving On 15 The Last Time 16 (I Can't Get No) Satisfaction 17 I'm Alright
[Recorded at Ernst-Merck-Halle, Hamburg, West Germany, September 13th 1965]

ストーンズ、ハーフ・オフィシャル・ライブ・シリーズの第1弾!

egsh02w.jpg



◆ ROLLING STONES / L'OLYMPIA 1965 (プレス1CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第2弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CD (JANコード : 4589767510022)。
そしてその第2弾は、ストーンズの1965年4月18日パリ、オランピア劇場公演の模様を、フランス放送局が残したマスター・テープを元に製作。オフィシャル仕様ゆえ、新発掘のマスターから正確なピッチで修正、デジタル・リマスタリングも施されたもので、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにて収録。
そしてブライアン時代、初期のコンサートをフル収録した貴重な放送音源で、当時の放送音源にありがちなボーカルがオンのミックスであるのも特徴的で、あのオフィシャル・ライブよりはるかにリアルなダイレクト・サウンドにて。またアンコールでは公式未発表のボ・ディドリーのカバー"Crawdad"がプレイされているのも大きなポイントで、ブライアンのスライド、キースのチャック・ベリー直下のR&Rギターなども必聴。
さらにボーナスとして、同時期のTVライブからのサウンドボード音源も5曲追加した、永久保存コレクターズ・エディション。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

1 Everybody Needs Somebody To Love 2 Around And Around 3 Off The Hook 4 Time Is On My Side 5 Carol 6 It's All Over Now 7 Little Red Rooster 8 Route 66 9 Everybody Needs Somebody To Love 10 The Last Time 11 I'm Alright 12 Crawdad 13 She Said Yeah 14 Get Off Of My Cloud 15 Oh Baby 16 That's How Strong My Love Is 17 (I Can't Get No) Satisfaction
[Track 01-12 L'OLYMPIA, Paris, April 18th 1965 / Track 13-14 HULLABALOO, November 15th 1965 / Track 15-17 READY STEADY GO, September 2nd 1965]

2017年07月06日

ビートルズ、ハーフ・オフィシャル・ライブ・シリーズの第2弾!

egsh03w.jpg



◆ THE BEATLES / PHILADELPHIA & INDIANAPOLIS 1964 (プレス2CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第3弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CD (JANコード : 4589767510039)。
そしてその第3弾は、ビートルズの194年初めてのアメリカ・ツアーにおける、伝説の2公演の模様を、現地放送局が残したマスター・テープを元に製作。オフィシャル仕様ゆえ、新発掘のマスターから、2公演いずれも正確なピッチで修正、デジタル・リマスタリングも施されたもので、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにて収録。
そしてその内容は、1964年初の本格的全米ツアーからの、9月2日フィラデルフィア公演と、翌3日インディアナポリス公演を、各ディスクに収録したもの。なお当時初の全米ツアーゆえ、各地のラジオ局が競うようにライブ・オンエアーしていたため、何公演かの音源が残されていて、その中でも特にdisc:1のフィラデルフィア公演は、群を抜くミックス・バランスの良さを誇り、しかもパフォーマンス的にも10日前にあたる、あのハリウッド・ボウル公演をも上回る演奏を披露。またdisc:2のインディアナポリス公演もUS:TV局が収録していた音源が90年代に入り発掘されたもので、ラストの”Long Tall Sally”途中でカットとなるものの、演奏の素晴らしさは前日と並ぶもの。
なお特筆すべきは"You Can't Do That"をはじめ、ジョージが随所に12弦ギターを使用しており、”I Want To Hold Your Hand”までも、12弦を用いているのは、この時期のみで、そのあたりも必聴。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。


Disc 1 : 1 Opening 2 Twist And Shout 3 You Can't Do That 4 All My Loving 5 She Loves You 6 Things We Said Today 7 Roll Over Beethoven 8 Can't Buy Me Love 9 If I Fell 10 I Want To Hold Your Hand 11 Boys 12 A Hard Day's Night 13 Long Tall Sally
[Recorded at Convention Hall, Philadelphia, USA September 2nd 1964]

Disc 2 : 1 Opening 2 Twist And Shout 3 You Can't Do That 4 All My Loving 5 She Loves You 6 Things We Said Today 7 Roll Over Beethoven 8 Can't Buy Me Love 9 If I Fell 10 I Want To Hold Your Hand 11 Boys 12 A Hard Day's Night 13 Long Tall Sally
[Recorded at State Fair Coliseum, Indianapolis, USA September 3rd 1964]

ビートルズ、ハーフ・オフィシャル・ライブ・シリーズの第1弾!

egsh01w.jpg



◆ THE BEATLES / LE PALAIS DES SPORTS 1965 (プレス2CD) この商品はこちらから

公式ハーフ・オフィシャル(JASRAC許諾商品)として、「Getty Images Japan」の、ライセンス写真使用ジャケットを用いた、未発表ライブ音源シリーズの第1弾。海外輸入(チェコ・プレス)の完全限定リリース品で、国内での流通は限られているので、ご希望の方はお早めに。

まず本シリーズは著作権消滅のPD(パブリック・ドメイン)商品による、公式製作アルバムで、もちろんコピー品ではなく音源はもちろん、デジパック装丁の、日本語帯付による日本著作権協会の認可CD (JANコード :4589767510015)。
そしてその第1弾は、ビートルズの1965年6月20日パリのパレ・デ・スポーでの1日2回のショーを、フランス放送局が残したマスター・テープを元に製作。オフィシャル仕様ゆえ、新発掘のマスターから、昼・夜公演いずれも正確なピッチで修正、デジタル・リマスタリングも施されたもので、ハーフ・オフィシャルゆえの正規盤の名に恥じない、過去最高のサウンド・クオリティーにて収録。
そして時期的には映画「ヘルプ!」の撮影終了後のヨーロッパ・ツアーの初日となるもので、しかも昼の部、夜の部といずれも、ラジオ放送とTVシューティングが実施され、オープニング"Twist & Shout"から気合の入ったパフォーマンスを披露。
なお曲によって、観客の合唱シーンや、メンバーのコーラスなどの音量調整もキチンと施され、特に夜の部でのジョンのデタラメなMCに反応した観客が沸き起こった中での"A Hard Day's Night"などは鳥肌もの。
*なおライセンス使用期間などに制約のあるJASRAC許諾商品であり、海外からの輸入数も極少数商品です。完全限定入荷ゆえ品切れの場合はご了承ください。

Disc 1 : 1 Twist And Shout 2 She's A Woman 3 I'm A Loser 4 Can't Buy Me Love 5 Baby's In Black 6 I Wanna Be Your Man 7 A Hard Day's Night 8 Everybody's Trying To Be My Baby 9 Rock And Roll Music 10 I Feel Fine 11 Ticket To Ride 12 Long Tall Sally
[Recorded at Palais Des Sports, Paris, France, June 20th 1965 (Afternoon Show)]

Disc 2 : 1 Opening 2 Twist And Shout 3 She's A Woman 4 I'm A Loser 5 Can't Buy Me Love 6 Baby's In Black 7 I Wanna Be Your Man 8 A Hard Day's Night 9 Everybody's Trying To Be My Baby 10 Rock And Roll Music 11 I Feel Fine 12 Ticket To Ride 13 Long Tall Sally
[Recorded at Palais Des Sports, Paris, France, June 20th 1965 (Evening Show)]

2017年07月05日

ビートルズ、オーディオファイル・シリーズ、『レット・イット・ビー』

amcb013sp.jpg



◆ THE BEATLES / AUDIOPHILE MASTER : LET IT BED (1CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズのオリジナル・アルバムを、新次元のハイブリッドMONO/STEREOリマスターCDと、5.1サラウンド&超高音質96kHz/24bitハイレゾ音源オーディオDVDによって、究極の音源コレクションとしてお届けするオーディオファイル・マスター・コレクション。

その最終オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』は、『アビー・ロード』同様、モノ・ミックスが制作されなかった中、まずCDは、これまでの本シリーズで恒例だった、ミックス違いのMONO/STEREO再編集とは異なり、アルバム全曲別ソース音源で再構築された、新たな編集によるオルタネイト・ミックスと、すでにステレオ音源しかレコード発売されなかったイギリスにおいて、実は当時モノラル・バージョンもリリースされていた、貴重なオリジナル・リール・テープからのモノラル音源を、ダイレクト・トランスファーで初CD化。
こちらはブラジル・モノLPとも音の質感が違い、また曲順も異なるリール・テープゆえ、注目の音源。
そしてDVDには、5.1サラウンドとモービル(MFSL)原盤からのステレオ、さらにブラジル原盤モノラルのハイレゾ音源を収録。
いずれも通常のCD音源とは異なる、原音に忠実なオリジナル・アナログ・ステレオ・ミックスをCD以上に高音質スペックである極上レベルのハイレゾ音源で再現。
さらに世界で唯一アナログ・レコードとして、モノラルが発売されたブラジル原盤モノ音源も収録。
以下、それぞれのさらなる詳細は以下の通り。

[CD=HYBRID ALTERNATE STEREO REMASTER]
このハイブリッド・オルタネイト・ステレオ・リマスターでは、アルバム全曲を別ソース音源より再構築。よって通常のアルバムや後の『ネイキッド』とも異なる新たなオルタネイト編集アルバムとなることに。
[CD=U.K.ORIGINAL REEL TAPE MONO MASTER]
すでにステレオ音源しかリリースされなかったイギリスで、オリジナル・リール・テープでは実は、モノラル・バージョンも当時数少ないながらも発売されることに。その貴重なUKオリジナル・リール・テープからのモノラル音源をダイレクト・トランスファー初CD化。

[DVD AUDIOPHILE DISC]
DVDオーディオ専用機の必要はなく、通常のDVDプレイヤーやパソコンのDVDビデオ・フォーマットで再生可能。(オーディオ・ディスクにつき動画は未収録ながら、各音源のアルバム・ジャケットやレーベル写真が画面表示)
◇AUDIO 1 : DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX
サラウンドAVシステムで再生すると通常のステレオ以上に立体感が増幅され、ポーカルや各楽器のセパレーションもより分離した迫力あるマルチ・チャンネル、5.1サラウンド・ミックス仕様。またサラウンド再生でない場合でも通常のステレオ2chにミックスダウンされた音源として再生可能。
◇AUDIO 2 : 96kHz/24bit PCM STEREO (MFSL/Mobile Fidelity LP)
◇AUDIO 3 : 96(48)kHz/24bit PCM MONO (BRAZIL ORIGINAL LP)
CD以上に高音質スペックである極上レベルのHD96kHz/24bitハイレゾ・フォーマットによるステレオ音源は、アナログ盤コレクター垂涎の『モービル・フィデリティ』原盤から初のハイレゾ化音源を収録。
これまでDr.EbbettsのCD化が知られた中、今回はそのCDをも凌駕するクオリティーで、新たにダイレクト・トランスファーされた初登場のハイレゾ・スペック音源。
またイギリスではレコードとして発売されなかったモノラル音源は、ステレオからコンバートされて、唯一モノLPが存在するブラジル原盤からのダイレクト・トランスファーによる初のハイレゾ化音源を収録。ハイレゾ・スペック対応であればCDとは別次元の原音に忠実な最高音質で再生され、ハイレゾ対応でない場合でも通常のDVDプレイヤーやパソコン等でCDスペックにコンバートされて再生することも可能。

以上、世界中のビートルズ・コレクターに知られる数ある音源ソースの中でも、注目すべきオーディオ・ファイルを網羅した本シリーズは、すべて海外直輸入限定プレス盤ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD :
[HYBRID ALTERNATE STEREO REMASTER]
1. TWO OF US 2. DIG A PONY 3. ACROSS THE UNIVERSE 4. I ME MINE 5. DIG IT 6. LET IT BE 7. MAGGIE MAE 8. I'VE GOT A FEELING 9. ONE AFTER 909 10. THE LONG AND WINDING ROAD 11. FOR YOU BLUE 12. GET BACK
[U.K.ORIGINAL REEL TAPE MONO MASTER]
13. TWO OF US 14. I ME MINE 15. ONE AFTER 909 16. ACROSS THE UNIVERSE 17. DIG IT 18. LET IT BE 19. MAGGIE MAE 20. DIG A PONY 21. THE LONG AND WINDING ROAD 22. I'VE GOT A FEELING 23. FOR YOU BLUE 24. GET BACK

DVD : AUDIOPHILE DISC
1. TWO OF US 2. DIG A PONY 3. ACROSS THE UNIVERSE 4. I ME MINE 5. DIG IT 6. LET IT BE 7. MAGGIE MAE 8. I'VE GOT A FEELING 9. ONE AFTER 909 10. THE LONG AND WINDING ROAD 11. FOR YOU BLUE 12. GET BACK

[AUDIO 1 : DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX / AUDIO 2 : 96kHz/24bit PCM STEREO (MFSL) / AUDIO 3 : 48kHz/24bit PCM MONO (BRAZIL ORIGINAL) : NTSC 16:9 Wide Screen - selected audio only in DVD format - Dolby Digital 5.1 Surround / PCM Stereo / Mono]

ビートルズ、オーディオファイル・シリーズ、終盤は『アビー・ロード』

amcb012sp.jpg



◆ THE BEATLES / AUDIOPHILE MASTER : ABBEY ROAD (1CD+1DVD) この商品はこちらから

ビートルズのオリジナル・アルバムを、新次元のハイブリッドMONO/STEREOリマスターCDと、5.1サラウンド&超高音質96kHz/24bitハイレゾ音源オーディオDVDによって、究極の音源コレクションとしてお届けするオーディオファイル・マスター・コレクション。

その終盤はいよいよオリジナル・アルバムとしては、モノ・ミックスが制作されなかった『アビー・ロード』で、まずCDは、これまでの本シリーズで恒例だった、ミックス違いのMONO/STEREO再編集とは異なり、マルチ・トラックからの新規ステレオ・ミックスによるハイブリッド最新リマスター音源と、リミックス音源をCD化。
そしてDVDには、5.1サラウンドとモービル(MFSL)原盤からのステレオ、さらにブラジル原盤モノラルのハイレゾ音源を収録。
いずれも通常のCD音源とは異なる、原音に忠実なオリジナル・アナログ・ステレオ・ミックスをCD以上に高音質スペックである極上レベルのハイレゾ音源で再現。
さらに世界で唯一アナログ・レコードとして、モノラルが発売されたブラジル原盤モノ音源も収録。
以下、それぞれのさらなる詳細は以下の通り。

[CD=HYBRID ALTERNATE STEREO REMASTER]
このハイブリッド・オルタネイト・ステレオ・リマスターは、ボーカルや楽器が分別されたマルチ・トラック音源から、新たにステレオ・ミックスされた初登場音源を収録。通常の公式アルバムやROCKBANDバージョンとも異なる斬新なステレオ・リマスター音源はヘッドフォンで聞き比べるとその違いは歴然。
[CD=EXTRA REMIX AND REMASTER]
後に大胆なリミックスが施されたLOVEバージョンやスタジオ・アウトテイクからなるリミックス・アンド・リマスター音源を追加収録。

[DVD AUDIOPHILE DISC]
DVDオーディオ専用機の必要はなく、通常のDVDプレイヤーやパソコンのDVDビデオ・フォーマットで再生可能。(オーディオ・ディスクにつき動画は未収録ながら、各音源のアルバム・ジャケットやレーベル写真が画面表示)
◇AUDIO 1 : DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX
サラウンドAVシステムで再生すると通常のステレオ以上に立体感が増幅され、ポーカルや各楽器のセパレーションもより分離した迫力あるマルチ・チャンネル、5.1サラウンド・ミックス仕様。またサラウンド再生でない場合でも通常のステレオ2chにミックスダウンされた音源として再生可能。
◇AUDIO 2 : 96kHz/24bit PCM STEREO (MFSL/Mobile Fidelity LP)
◇AUDIO 3 : 96(48)kHz/24bit PCM MONO (BRAZIL ORIGINAL LP)
CD以上に高音質スペックである極上レベルのHD96kHz/24bitハイレゾ・フォーマットによるステレオ音源は、アナログ盤コレクター垂涎の『モービル・フィデリティ』原盤から初のハイレゾ化音源を収録。
これまでDr.EbbettsのCD化が知られた中、今回はそのCDをも凌駕するクオリティーで、新たにダイレクト・トランスファーされた初登場のハイレゾ・スペック音源。
またイギリスではレコードとして発売されなかったモノラル音源は、ステレオからコンバートされて、唯一モノLPが存在するブラジル原盤からのダイレクト・トランスファーによる初のハイレゾ化音源を収録。ハイレゾ・スペック対応であればCDとは別次元の原音に忠実な最高音質で再生され、ハイレゾ対応でない場合でも通常のDVDプレイヤーやパソコン等でCDスペックにコンバートされて再生することも可能。

以上、世界中のビートルズ・コレクターに知られる数ある音源ソースの中でも、注目すべきオーディオ・ファイルを網羅した本シリーズは、すべて海外直輸入限定プレス盤ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD :
[HYBRID ALTERNATE STEREO REMASTER]
1. COME TOGETHER 2. SOMETHING 3. MAXWELL'S SILVER HAMMER 4. OH! DARLING 5. OCTOPUS'S GARDEN 6. I WANT YOU (SHE'S SO HEAVY) 7. HERE COMES THE SUN 8. BECAUSE 9. YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY 10. SUN KING 11. MEAN MR MUSTARD 12. POLYTHENE PAM 13. SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW 14. GOLDEN SLUMBERS 15. CARRY THAT WEIGHT 16. THE END 17. HER MAJESTY
[EXTRA REMIX AND REMASTER]
18. COME TOGETHER 19. SOMETHING 20. OH! DARLING 21. OCTOPUS'S GARDEN 22. HERE COMES THE SUN 23. BECAUSE 24. SUN KING 25. YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY 26. GOLDEN SLUMBERS / CARRY THAT WEIGHT / THE END

DVD : AUDIOPHILE DISC
1. COME TOGETHER 2. SOMETHING 3. MAXWELL'S SILVER HAMMER 4. OH! DARLING 5. OCTOPUS'S GARDEN 6. I WANT YOU (SHE'S SO HEAVY) 7. HERE COMES THE SUN 8. BECAUSE 9. YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY 10. SUN KING 11. MEAN MR MUSTARD 12. POLYTHENE PAM 13. SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW 14. GOLDEN SLUMBERS 15. CARRY THAT WEIGHT 16. THE END 17. HER MAJESTY
[AUDIO 1 : DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX / AUDIO 2 : 96kHz/24bit PCM STEREO (MFSL) / AUDIO 3 : 48kHz/24bit PCM MONO (BRAZIL ORIGINAL) : NTSC 16:9 Wide Screen - selected audio only in DVD format - Dolby Digital 5.1 Surround / PCM Stereo / Mono]

2017年07月01日

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 33」

beatles033p.JPG

◆ (ナンバー) No.33 (サイズ) 52 x 70 / カラー (コンディション) B

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 32」

beatles032p.JPG

◆ (ナンバー) No.32 (サイズ) 35 x 58 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 30」

beatles030p.JPG

◆ (ナンバー) No.30 (サイズ) 52 x 72 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 29」

beatles029p.JPG

◆ (ナンバー) No.29 (サイズ) 52 x 70 / モノクロ (コンディション) E
そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 28」

beatles028p.JPG

◆ (ナンバー) No.28 (サイズ) 52 x 72 / モノクロ (コンディション) B

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 27」

beatles027p.JPG

◆ (ナンバー) No.27 (サイズ) 62 x 80 / モノクロ (コンディション) A

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 26」

beatles026p.JPG

◆ (ナンバー) No.26 (サイズ) 63 x 86 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 25」

beatles025p.JPG

◆ (ナンバー) No.25 (サイズ) 50 x 75 / カラー (コンディション) B

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 23」

beatles023p.JPG

◆ (ナンバー) No.23 (サイズ) 60 x 83 / モノクロ (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 22」

beatles022p.JPG

◆ (ナンバー) No.22 (サイズ) 62 x 90 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 21」

beatles021p.JPG

◆ (ナンバー) No.21 (サイズ) 52 x 75 / 2色カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 19」

beatles019p.JPG

◆ (ナンバー) No.19 (サイズ) 62 x 90 / カラー (コンディション) B

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 17」

beatles017p.JPG

◆ (ナンバー) No.17 (サイズ) 60 x 90 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 15」

beatles015p.JPG

◆ (ナンバー) No.15 (サイズ) 62 x 90 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 14」

beatles014p.JPG

◆ (ナンバー) No.14 (サイズ) 60 x 90 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 12」

beatles012p.JPG

◆ (ナンバー) No.12 (サイズ) 60 x 90 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 10」

beatles010p.jpg

◆ (ナンバー) No.10 (サイズ) 51 x 71 / モノクロ (コンディション) D

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 09」

beatles009p.jpg

◆ (ナンバー) No.09 (サイズ) 52 x 73 / モノクロ (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 08」

beatles008p.jpg

◆ (ナンバー) No.08 (サイズ) 62 x 90 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 06」

beatles006p.jpg

◆ (ナンバー) No.06 (サイズ) 60 x 90 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 05」

beatles005p.jpg

◆ (ナンバー) No.05 (サイズ) 62 x 90 / モノクロ (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 04」

beatles004p.jpg

◆ (ナンバー) No.04 (サイズ) 62 x 90 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 03」

beatles003p.jpg

◆ (ナンバー) No.03 (サイズ) 56 x 80 / カラー (コンディション) C

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 02」

beatles002p.jpg

◆ (ナンバー) No.02 (サイズ) 60 x 90 / モノクロ (コンディション) B

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

「THE BEATLES USED POSTER COLLECTION No. 01」

beatles001p.jpg

◆ (ナンバー) No.01 (サイズ) 62 x 90 / モノクロ (コンディション) E

そのほとんどが70年代に販促用や予約特典として出回っていたポスターで、
販売されていないものも多数。またこれまで当ショップでも販売はせず、
これまでショップでも一度も公開していないものばかり。
但し、マニア個人所有のものがほとんどのうえ、実際に貼っていたものも多く、
いずれも押しピン後はあるものの、今となってはほとんど流通していない
貴重なポスターばかりで、しかもほぼ現品1点かぎり。
なお保存状態はそれぞれ格差があるため、下記の一覧をご参照ください。
因みにポスター自体に白く発光している部分などは、いずれも
撮影時に生じたもので、シミや汚れではありません。

(コンディション)
A : 破れ、汚れ、押しピン後など、ほとんどなく、ほぼ新品
B : 一部、破れ、汚れ、押しピン後はあるものの、このまま充分使用できるレベル
C : 破れ、汚れ、押しピン後が目立つ箇所あるものの、このまま使用できるレベル
D : 破れ、汚れ、押しピン後が多く、特に破れがはっきりと。敗れ目立つ箇所
E : 全体的にダメージがキツく、破れ、汚れ以外にシミなども

◇ なお、ご要望のあったものから、順次削除していますことをご了承ください。

2017年06月30日

サンタナ、2017年武道館3公演のサウンドボード・ライブ

xavelm125s.jpg



◆ SANTANA / Budokan 2017 Definitive Edition (プレス2CD+1CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年ジャパン・ツアーの最終日となった4月27日、日本武道館公演を、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスしたタイトルが永久保存プレス2CDにて。

すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、ステージに設置されたモニター・スピーカー用のライン・ソースも含めた、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして2013年以来4年ぶりとなる「TRANSMOGRIFY」全4公演のジャパン・ツアー最終日も、ベストな選曲でおこなわれた2時間超のノンストップ・ライブで、とにかくパワフル。そして”Europa”をはじめ、代表チューンがぎっしりの中で、”While My Guitar Gently Weeps”、”Summertime”、”I Feel The Earth Move”など、随所でロック・アンセムも挿入。
さらに初回限定100セットのみ、当日開場前のサウンドチェックの模様を収録した限定CD-Rをプラス。
なお、プレス2CD、日本語帯つき仕様で、ボーナスCD-R付きは完全限定リリースのメモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Intro 02. Are You Ready People / When I Look Into Your Eyes 03. Toussaint L'Ouverture 04. Maria Maria 05. Foo Foo 06. Corazón espinado 07. Incident at Neshabur 08. Happy Birthday 09. Europa
Disc 2 : 01. Jingo 02. Evil Ways 03. A Love Supreme 04. Orinoco / Rain / Kate 05. She's Not There 06. Black Magic Woman/Gypsy Queen 07. Oye como va 08. Soul Sacrifice / Drum Solo 09. Smooth 10. Love, Peace and Happiness
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 27th April 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

ノラ・ジョーンズ、2017年武道館3公演のサウンドボード・ライブ

xavelm124n.jpg



◆ NORAH JONES / Budokan 2017 Soundboard Collection (プレス2CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年ジャパン・ツアーのハイライトとなった、4月13&14&15日の3日連続、日本武道館公演を、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスしたタイトルが永久保存プレス2CDにて。

すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そしてこの4年半ぶりの来日公演は、武道館3daysを含む全9公演のジャパン・ツアーとなり、しかも日によってセットリストが変わり、全公演大絶賛で終わった中、まずdisc:1には3日目15日のライブ本編の模様をコンプリート収録。そしてdisc:2には初日と2日目のステージから、3日目とかぶらない楽曲をセレクトして収録。今回の固定アンコールだった「Sunrise」「Creepin' In」そして「Come Away With M」の3曲は省かれているものの、夢のようだった3夜の中で披露された曲を、すべてオフィシャル・クオリティーで聞けるのはファンとしては嬉しいかぎり。
なお、プレス2CD、日本語帯つき仕様の完全限定リリースのメモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. The Long Way Home 02. I've Got To See You Again 03. Day Breaks 04. Out On The Road 05. Sinkin' Soon 06. Tragedy 07. Chasing Pirates 08. Nightingale 09. Lonestar 10. Stuck 11. Don't Know Why 12. Seven Years 13. Little Broken Hearts 14. The Nearness of You 15. Peace 16. Flipside 17. Carry On
(3rd Night - Saturday 15th April)

Disc 2 : 01. Waiting 02. Something Is Calling You 03. Don't Be Denied 04. Don't Know What It Means 05. Wake Me Up 06. It's a Wonderful Time for Love 07. Humble Me 08. Painter Song
(1st Night - Thursday 13th April)
09. Burn 10. What Am I to You? 11. Say Goodbye 12. Rosie's Lullaby 13. Black 14. Tell Yer Mama 15. And Then There Was You 16. Travelin' On Ain't No Sunshine –encore- 21. Next to You 22. Every Breath You Take -encore 2- 23. Fragile
(2nd Night - Friday 14th April)

[Recorded at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 2017 : Stereo Soundboard Matrix Recording]

2017年06月29日

スティング、大阪公演をベスト・クオリティーの音と映像でカッブリング!

xavem129st.jpg



◆ STING / Live in Osaka 2017 Definitive Edition (2CD+1BDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、アルバム『57TH & 9TH』リリースに伴う、2017年ジャパン・ツアーの6月10日大阪公演を、ベスト・クオリティーの音と映像でカッブリングし、さらにブルーレイ付きは、100セット完全限定仕様にて。

まず音源プレス2CDは、最終日となった大阪市中央体育館でのライブを、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。
すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、センターにスティングのヴォーカルとベース、左チャンネルにドミニク、右チャンネルにルーファスと完璧にセパレートした2本のギター、そしてジョシュのドラムにジョー+ラスト・バンドレロスの面々によるバックアップ・ヴォーカルまで、それぞれプロユースによるカンペキなミックスで定位させており、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そしてついに最終日となったこの日もシンプルかつぜい肉を削ぎ落としたような骨太な演奏を披露しており、武道館の初日&2日目とセットリストは同様ながら、同アルバム・ナンバーはもちろん、ソロの代表曲も含めて、ロック・スタイルの中に、時折りのぞくメランコリーさは、やはりスティングならでは。また息子ジョー+ラスト・バンドレロスによる演奏パートや親子共演も含め、まさに完全コンプリート収録にて。
さらに映像DVD-Rには、当日の模様を、ステージ左サイド至近距離からによるハイクオリティー・オーディエンス・ショットにて、コンプリート収録。

こちらはラスト・バンドレロスのオープニング・アクトは未収録ながら、スティングの左サイドからの安定特大ショットを中心にライブの全貌を捉えており、あの感動が再び蘇るかのよう。
そして初回100セット限定で、同内容収録のブルーレイもボーナスもセットで。
こちらはブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーによるもので、DVDよりもさらに超美麗な映像にて。
なお、このプレス2CD+1DVDR、日本語帯つき、ボーナス1Blu-rayつきは、完全限定のメモリアル・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : (Sting) 01. Heading South on the Great North Road (Joe Sumner) 02. Looking For Me Looking For You 03. Don't Change the Love 04. Drink 05. Jelly Bean (The Last Bandoleros) 06. Maria 07. River Man 08. I Don't Want to Know 09. Where Do You Go? 10. Take Me to It (Sting) 11. Synchronicity II 12. Spirits in the Material World 13. Englishman in New York 14. I Can't Stop Thinking About You 15. Every Little Thing She Does Is Magic 16. One Fine Day 17. She's Too Good for Me
CD 2 : 01. Mad About You 02. Fields of Gold 03. Petrol Head 04. Down, Down, Down 05. Shape of My Heart 06. Message in a Bottle 07. Ashes to Ashes (Joe Sumner on vocals) 08. 50,000 09. Walking on the Moon 10. So Lonely 11. Desert Rosev 12. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 13. Next to You 14. Every Breath You Take -encore 2- 15. Fragile

DVD-R & Blu-ray : Same Set
01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Down, Down, Down 13. Shape of My Heart 14. Message in a Bottle 15. Ashes to Ashes 16. 50,000 17. Walking on the Moon 18. So Lonely 19. Desert Rose 20. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 21. Next to You 22. Every Breath You Take -encore 2- 23. Fragile

[Live at Chuo Gymnasium, Osaka, Japan 10th June 2017 : Multiple Stereo IEM Sources Matrix Recording]

2017年06月28日

エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作による、ポール2017年武道館公演ボックス・セットのセカンド・エディション登場!

esvd9652nd.jpg



◆ Paul McCartney / One On One at BUDOKAN definitive edition Second Edition (6CD BOX) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年4月25日、日本武道館公演の最終決定盤アイテムが、完全限定6CDボックス・セット仕様にてここに。

[アイテム概要・仕様詳細]
2013年も2015年に続き、今回の来日公演もまずは開幕ステージとなった、武道館公演の決定版ボックスから満を持して登場。おなじみEVSDの超美麗な豪華ボックス(日本語帯つき)で、豪華な装丁と驚愕のパーフェクト・サウンドを誇る内容にて。

[音源詳細]
①ライブ前日(4/24)リハーサル-プレスCD
まずは武道館における前日サウンドチェックの模様を、モニター用サウンドボード・ソースなどの、複数の高音質ステレオ・ライン音源にて全曲収録。EVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源で、ファン驚愕の激レア・テイク「Here There And Everywhere」をはじめ、「I've Got A Feeling」「I Wanna Be Your Man」「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)」といった今ツアーの聴き所となった楽曲群、そして「Matchbox」をはじめとしたサウンドチェック・パーティの定番曲など、トータル1時間以上に及ぶ熱の入ったリハーサルを、間違いなくベストのサウンド・バランスにて。なお武道館の思い出を語ったり、翌日のサウンドチェック・パーティの有無を確認したりといった、曲間におけるポールの何気ない会話も聴き取ることが出来るのも要チェック。

②ライブ当日(4/25)リハーサル-プレスCD
当日開場前の非公開のサウンドチェックを、モニター用サウンドボード・ソースなどの、複数のステレオ・ライン音源にてコンプリート収録。こちらももちろんEVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源で、前日に入念な音合わせを行ったこともあり、この日は通常のサウンドチェック・パーティにおけるような、各楽器の音チェックを主体とした軽めの内容となることに。そしてややノイジーな箇所のある前日リハーサルと比べ、準備万端で録音されたこの日は、プロ・ユースの機材で録音されたリアル・ステレオ・ライン音源による、まさにパーフェクト・サウンド。また今回の東京公演サウンドチェック・パーティでは演奏されることのなかった「Bluebird」を聴くことが出来る点も大きなポイント。

③4/25武道館公演-マルチIEM+α・マトリクス音源-プレス2CD
これが本ボックスのメイン中のメイン音源。今回の来日ツアー、そして近年のポールのライブ音源の中でも、別格に位置づけられるであろう突出した完成度を誇るマトリックス音源で、もはや流出ステレオ・サウンドボード音源にしか聴こえないアイテム。もちろん本ボックスでしか聴くこと出来ないオリジナル初登場音源。
まずおなじみの「マルチIEMマトリックス音源」をはじめとし、XAVELレーベルが全面的にプロデュースする渾身のライブ音源。ステージ上に設置されたモニタリング用スピーカーのステレオ・ライン音源、そして複数のステレオIEMソースなどを、正真正銘プロユースの機材を用いてステレオ・ミックスし、さらに入念なマスタリング工程を経てここに。
因みに、ポール・ウィッケンスの使用するステレオIEMソースを使用したマトリックス音源や、モノラル受信機を使用して傍受録音しIEM音源をミックスした擬似ステレオIEM音源など、すでに様々なIEMマトリックス音源流通している中、本作はそれらとは次元の違う、文字通りの最終決定版音源。ポールの声をセンターに据え、全ての楽器とコーラスを最高のバランスと素晴らしいステレオ定位で配置したワン・アンド・オンリーのミラクル・サウンドは本レーベル面目躍如たる究極の逸品。

④4/25武道館公演-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス2CD
本ボックスのもうひとつのメイン音源。オーディエンス録音の最高峰、ドイツが誇るSchoepsのMK4マイクロフォンを用いて録音された、オーディエンス・レコーディングの決定盤音源で、もちろんこのボックスでしか聴くこと出来ないオリジナルの完全初登場音源。
すでに数多くのオーディエンス音源が流通している中、マルチIEMマトリッス音源と同様の、"完全なる別格クオリティー"と断言できるゆえ、こちらも絶対必聴。
なお同レーベルからは無指向性の高級マイクロフォンを使用したプレス2CD「One On One at BUDOKAN –Omnidirectional Source-」)も先行リリースされているも、本作はそれとは別マスターで、この音源最大の魅力は、「単一指向性」というマイク・キャラクターを利して録音された、PAスピーカー直の不純物無しの超高級サウンドなところ。
ります。煩わしい周囲のオーディエンス・ノイズは皆無でありながら、「Love Me Do」の手拍子や「Hey Jude」など要所での大合唱はしっかりと捉えられており、過剰なイコライジングも排し、ナチュラルかつ骨太な音質に仕上げた本タイトルは、マトリックス音源とはまた違ったハイエンド・サウンドによって、当日の感動をよりリアルに再現。

[総括]
以上、今回もレーベル最高峰のクオリティーによる究極のボックスで、これまでのポール来日ボックスと同様完売必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : 01. Jam 02. Match Box 03. Honey Hush 04. I've Got A Feeling 05. Junior's Farm 06. I Wanna Be Your Man 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back In The U.S.S.R. 09. Jam 10. My Valentine 11. Miss Ann 12. Here There And Everywhere 13. Everynight 14. I've Just Seen A Face 15. Being For The Benefit Of Mr.Kite 16. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-965 (1:6:1:453) : Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Monday, 24th April 2017 (Stereo Soundboard Master)]

CD 2 : 01. Instrumental Soundcheck 02. Jam 03. Honey Don't 04. Magical Mystery Tour 05. Magical Mystery Tour (SE) 06. Save Us 07. Let 'Em In 08. Love Me Do 09. Queenie Eye 10. Bluebird 11. Ram On
[EVSD-966 (1:18:35:613) : Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (Stereo Soundboard Master)]

CD 3 : 01. Pre-show SE 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior's Farm 07. Let Me Roll It / Foxey Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today
CD 4 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-967&968 (2:12:82:640) : Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (Multiple IEM + Stereo Soundboard Source Original Matirx Master)]

CD5 : 01. Pre-show SE 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior's Farm 07. Let Me Roll It / Foxey Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today
CD 6 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-969&970 (2:22:78:1533) : Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (EVSD & XAVEL Original Audience Master -MK4 Cardioid Microphone-)]

2017年06月25日

2017年のリッチー・ブラックモアズ・レインボー、限定ライブの初日

nd6611r.jpg



◆ Ritchie Blackmore's Rainbow / Stone Free Festival 2017 (1DVDR) この商品はこちらから

2016年奇跡の復活ライブを行い、世界中のHRファンから大反響を呼んだ中、2017年も公約通り再びリッチー・ブラックモアズ・レインボーとして、限定ライブを行うことに。
その記念すべき初日となった6月17日、ロンドンで開催された「ストーン・フリー・フェスティバル」に出演時の模様を、モバイルも含む各種オーディエンスにて114分にわたりほぼコンプリート収録。
複数の別アングルから捉えた映像は、全般的に安定したアングルが多く、ズームも含めた良好な映像ソースをセレクト・編集しており、しかも音声はCDに使用されているデジタル・オーディエンス・マスターを、フル・マトリックスした迫力あるサウンドにて。


そして当然この日のヘッドライナーとして登場し、大きな期待の中でスタートしたライブは、まず前年定番だったオープニング「Highway Star」残念ながらセット落ちしたものの、「Spotlight Kid」で始まるあたりはまさに80年代レインボーそのもの。そして続く「I Surrender」は今回初めて披露され、大いに盛り上がり、その後も快調に飛ばす中で、今回はこの後「Perfect Strangers」もセット落ちした代わりに、「All Night Long」と「Still I'm Sad」が初セットインという、前年に比べてレインボー色が強くなっているのが大きなポイント。
そして全体の流れは”Burn”も披露された、前年のベスト・アクトと言われたバーミンガム公演をベースにしつつ、さらにスケール・アップした「Stargazer」からドラム・ソロも含めた「Still I'm Sad」そして「Long Live Rock 'n Roll」へと流れは、全盛期レインボーを知るファンにはたまらない流れ。また「Since You Been Gone」では作者のラス・バラードもギターでゲスト参加するあたりも要チェック。
またステージ・セットも前年から様変わりしており、あのおなじみの虹アーチが姿を消して、後部の巨大モニターが今回の演出のメインに。そしてそこに映し出される映像がとにかく素晴らしく、「Child in Time」では『STRAIGHT BETWEEN THE EYES』のジャケで知られる巨大な目玉が登場したり、「Still I'm Sad」では当時のフライヤーやジャケットが次々現れたり、さらに「Burn」では巨大な炎が燃え上がったり。
そして最も胸に迫るのは「Man on the Silver Mountain」と「Long Live Rock 'n' Roll」で、若かりし日のロニーが映し出され、リッチーと並び立ち、熱唱している映像は、あまりに感動的。
また、この後予定されていた3公演のうち、6月22日のマンチェスター公演は、あの爆破テロ事件の発生で中止となり、2017年も実質3回のみの可能性もあるため、ファンはやはりすべて要チェックの必携コレクターズ・エディション。

01.Land Of Hope And Glory/02.Over The Rainbow/03.Spotlight Kid/04.I Surrender/05.Mistreated/06.Since You Been Gone with Russ Ballard/07.Man On The Silver Mountain/Woman From Tokyo/08.Soldier Of Fortune/09.All Night Long/10.Difficult To Cure/11.Child In Time/12.Stargazer/13.Still I'm Sad/Drum Solo/14.Long Live Rock 'n' Roll/15.Black Night/16.Burn/17.Catch The Rainbow/18.Smoke On The Water
[STONE FREE FESTIVAL 2017 : at the O2 Arena, London, UK 17th June 2017]
Ritchie Blackmore - Guitar / Ronnie Romero - Vocal / Bob Nouveau – Bass /Jens Johansson - Keyboards / David Keith - Drums / Candice Night - Backing Vocal / Christina Lynn Skleros - Backing Vocal

2017年06月23日

スティング、日本武道館3公演をすべてコンパイル!

xavel300s.jpg



◆ STING / 57th & 9th Tour Tokyo 3 Days Complete (6CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2016年、ロック回帰を宣言した『57TH & 9TH』アルバム・リリースに伴う2017年ジャパン・ツアーの、6月6&7&8日の東京・日本武道館3daysを、いずれもハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録したタイトルがここに。

まず同レーベルならではのオリジナル高品質マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施し、全3公演をベスト・バランスにて収録。
そしてこれまで行われていた直前の南米ツアーなどと同様、評判通りのシンプルかつぜい肉を削ぎ落としたような骨太な演奏を全日披露しており、しかも先の南米ツアーからセットインした”Every Little Thing She Does Is Magic”を含めてポリス・ナンバーが8曲も披露されているのは嬉しいかぎり。
そしてもちろん同アルバム・ナンバーはもちろん、ソロの代表曲も含めて、ロック・スタイルの中に、時折りのぞくメランコリーさは、やはりスティングならでは。また他にも息子ジョーのボーカルによるボウイの”Ashes to Ashes”や、”Heading South on the Great North Road”、”Shape of My Heart”での親子共演なども聞き所なうえ、また6&7日公演はセットリストに変化はなかったのが、最終日は”Down, Down, Down”の代わりに、”Seven Days”がセットインしているあたりも要チェック。
とにかく連日ソールド・アウトとなった2017年来日公演のメモリアル・アイテムとして、ファン必携のコレクターズ・エディション。

disc 1 : 01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Down, Down, Down 13. Shape of My Heart
disc 2 : 01. Message in a Bottle 02. Ashes to Ashes 03. 50,000 04. Walking on the Moon 05. So Lonely 06. Desert Rose 07. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 08. Next to You 09. Every Breath You Take -encore 2- 10. Fragile
[1st Night : Live at Nippon Budokan, Tokyo Japan 6th June 2017]

disc 3 : 01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Down, Down, Down 13. Shape of My Heart
disc 4 : 01. Message in a Bottle 02. Ashes to Ashes 03. 50,000 04. Walking on the Moon 05. So Lonely 06. Desert Rose 07. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 08. Next to You 09. Every Breath You Take -encore 2- 10. Fragile
[2nd Night : Live at Nippon Budokan, Tokyo Japan 7th June 2017]

disc 5 : 01. Heading South on the Great North Road 02. Synchronicity II 03. Spirits in the Material World 04. Englishman in New York 05. I Can't Stop Thinking About You 06. Every Little Thing She Does Is Magic 07. One Fine Day 08. She's Too Good for Me 09. Mad About You 10. Fields of Gold 11. Petrol Head 12. Seven Days 13. Shape of My Heart
disc 6 : 01. Message in a Bottle 02. Ashes to Ashes 03. 50,000 04. Walking on the Moon 05. So Lonely 06. Desert Rose 07. Roxanne / Ain't No Sunshine –encore- 08. Next to You 09. Every Breath You Take -encore 2- 10. Fragile
[3rd Night : Live at Nippon Budokan, Tokyo Japan 8th June 2017]

◇Sting - vocals, bass, acoustic guitar / Dominic Miller - guitars, backing vocals / Rufus Miller - guitars, backing vocals / Josh Freeze - drums / Joe Sumner - backing vocals / Diego Navaira, Derek James, Jerry Fuentes and Emilio Navaira (The Last Bandoleros)

2017年06月18日

ジョン・ケイルによる、奇跡のVUファースト・アルバム完全再現ライブ!

jpds017jc.jpg



◆ JOHN CALE / VU 50th ANNIVERSARY CELEBRATON (2DVDR) この商品はこちらから

2017年5月26日、イギリス、リバプールで開催された野外イベントに、ジョン・ケイルが登場。そしてあのVUのファースト・アルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ』の発売50周年記念として、なんとアルバム全曲再現ライブを行った模様を、各種オーディエンス映像をもとに、マルチ・カメラミックス仕様にて、93分にわたりコンプリート収録。

数種類の良好オーディエンス映像を、プロユースの編集により、パートによってはプロショット・レベルのクオリティーによるもので、安定したアングルをメインに、至近距離からの良好ショットも随所に挿入。
そしてまさに奇跡の一夜と言われたこのスペシャル・ライブは、現存するオリジナル・メンバーであるケイルが、自身のトリオ・バンドに現在イギリスのアンダーグラウンド・シーンで活躍するアーティスト達をゲストで迎え、VUナンバーを披露するという形式で、ケイト・モスの元夫ジェイミー・ヒンス率いるザ・キルズをはじめ、反体制を貫く究極のインディ・バンド、ファット・ホワイト・ファミリー、さらにスーパー・ファーリー・アニマルズや、全員が医師の衣装に身を包んだ異色バンド、クリニックに、ワイルド・ビースツなど、多彩なゲストが参加。
そして大きな期待の中始まったライブは、ケイルがピアノを連打してスタートする”I'm Waiting for the Man”で幕を開け、なんといきなり客席へステージから大量のバナナが投げ込まれる演出も。そしてセカンドからの”White Light White Heat”につなぎ、その後はあのバナナ・アルバムのナンバーが次々と披露され、”Venus in Furs”ではもちろんケイルのヴィオラもフューチャー。
さらに”Femme Fatale”や”Sunday Morning”では、ニコを思い起こすは女性ボーカルが華を添え”Black Angel's Death Song”、”European Son”と、陰鬱かつ様式美に溢れた世界観を表現し、ラストはルー・リードへの追悼の意も込めて”Heroin”で本編はエンド。
そして大観衆のアンコールに応じて始まったのは、当日のゲストも全員登場しての”Sister Ray”!! まさに60年代VUの象徴とも言える、ノイズ・ミュージックの原点ナンバーを、アルバム以上にいつ果てることもなく20数分間にわたり撒き散らし大団円。
この一夜かぎりの奇跡のライブを、ベスト・クオリティーにて収録のうえ、さらにdisc:2には、ケイルの2011年以降の活動の中で製作されたビデオ・クリップに、2012年のスタジオ・ライブなどもプロショット映像にて71分にわたり追加収録。
特に盟友ルー・リードに捧げるため、新しくレコーディングされた"If You Were Still Around"では、在りし日のルーとニコの映像も使われていたり、2016年に再録された名曲"Hallelujah”は、サスペンス仕立ての意味深な映像となっており、加えて2012年シアトルでのスタジオ・ライブも、”Guts”などが披露されクールなロック・サウンドを展開。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド誕生から50年の時空を超えて、新たな伝説が今ここに。

Disc 1 : Opening / I'm Waiting for the Man (w/ Jamie Hince from The Kills on guitar) / White Light White Heat ( w/ Jamie Hince and Alison Mosshart from The Kills / All Tomorrow's Parties (w/ Fat White Family) / Venus in Furs / I'll Be Your Mirror (w/ Wild Beasts) / Run Run Run (w/ Clinic) / Black Angel's Death Song (w/ Gruff Rhys) / Femme Fatale (w/ Nadine Shah) / There She Goes Again (w/ Wild Beasts) / Lady Godiva's Operation (w/ Gruff Rhys) / European Son (w/ Clinic) / Sunday Morning (w/ The Kills) / Heroin (w/ Fat White Family) / Sister Ray w(/ all guests) / End Credits
[Liverpool Sound City Festival : at Liverpool ,UK May 26th 2017 :93mins. ]
◇ John Cale - vocals, keyboards, viola / Dustin Boyer - lead guitar, samples / Joey Maramba - bass Deantoni Parks: drums, samples

Disc 2 : Opening / Catastrofuk (PV 2011) / Whaddya Mean By That (PV 2011) / Face To The Sky (PV 2012) / If You Were Still Around (PV 2015) / Close Watch (PV 2015) / Hallelujah (PV 2016)
[JOHN CALE Video Clips 2011-2016]
You Know More Than I Know / December Rains / Interview / I Wanna Talk 2 You / Guts
[Live on KEXP 2012]

2017年06月14日

ついにエンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作による、ポール2017年武道館公演の決定盤登場!

evsd965sample.jpg



◆ Paul McCartney / One On One at BUDOKAN definitive edition (6CD BOX) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年4月25日、日本武道館公演の最終決定盤アイテムが、6CDボックス・セット仕様にてここに。
なお今回もこちらのリミテッド・エディションは、豪華写真集付き、限定ナンバリング入りの完全限定300セット・リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。

[アイテム概要・仕様詳細]
2013年も2015年に続き、今回の来日公演もまずは開幕ステージとなった、武道館公演の決定版ボックスから満を持して登場。武道館限定リトグラフをモチーフにした、おなじみEVSDの超美麗な豪華ボックス(日本語帯つき)で、豪華な装丁と驚愕のパーフェクト・サウンドを誇る内容のうえ、しかも今回は完全未発表写真を使用した、24ページの「武道館公演写真集」が限定特典として付属。しかも写真に写ったポールのマイク・スタンドを見れば、本当に真正面から撮影された写真であり、それらすべてが公式ショットかと疑うくらいの素晴らしいフォトで、もちろんすべて4月25日武道館公演当日のもの。

[音源詳細]
①ライブ前日(4/24)リハーサル-プレスCD
まずは武道館における前日サウンドチェックの模様を、モニター用サウンドボード・ソースなどの、複数の高音質ステレオ・ライン音源にて全曲収録。EVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源で、ファン驚愕の激レア・テイク「Here There And Everywhere」をはじめ、「I've Got A Feeling」「I Wanna Be Your Man」「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)」といった今ツアーの聴き所となった楽曲群、そして「Matchbox」をはじめとしたサウンドチェック・パーティの定番曲など、トータル1時間以上に及ぶ熱の入ったリハーサルを、間違いなくベストのサウンド・バランスにて。なお武道館の思い出を語ったり、翌日のサウンドチェック・パーティの有無を確認したりといった、曲間におけるポールの何気ない会話も聴き取ることが出来るのも要チェック。

②ライブ当日(4/25)リハーサル-プレスCD
当日開場前の非公開のサウンドチェックを、モニター用サウンドボード・ソースなどの、複数のステレオ・ライン音源にてコンプリート収録。こちらももちろんEVSD&XAVELオリジナルの完全初登場音源で、前日に入念な音合わせを行ったこともあり、この日は通常のサウンドチェック・パーティにおけるような、各楽器の音チェックを主体とした軽めの内容となることに。そしてややノイジーな箇所のある前日リハーサルと比べ、準備万端で録音されたこの日は、プロ・ユースの機材で録音されたリアル・ステレオ・ライン音源による、まさにパーフェクト・サウンド。また今回の東京公演サウンドチェック・パーティでは演奏されることのなかった「Bluebird」を聴くことが出来る点も大きなポイント。

③4/25武道館公演-マルチIEM+α・マトリクス音源-プレス2CD
これが本ボックスのメイン中のメイン音源。今回の来日ツアー、そして近年のポールのライブ音源の中でも、別格に位置づけられるであろう突出した完成度を誇るマトリックス音源で、もはや流出ステレオ・サウンドボード音源にしか聴こえないアイテム。もちろん本ボックスでしか聴くこと出来ないオリジナル初登場音源。
まずおなじみの「マルチIEMマトリックス音源」をはじめとし、XAVELレーベルが全面的にプロデュースする渾身のライブ音源。ステージ上に設置されたモニタリング用スピーカーのステレオ・ライン音源、そして複数のステレオIEMソースなどを、正真正銘プロユースの機材を用いてステレオ・ミックスし、さらに入念なマスタリング工程を経てここに。
因みに、ポール・ウィッケンスの使用するステレオIEMソースを使用したマトリックス音源や、モノラル受信機を使用して傍受録音しIEM音源をミックスした擬似ステレオIEM音源など、すでに様々なIEMマトリックス音源流通している中、本作はそれらとは次元の違う、文字通りの最終決定版音源。ポールの声をセンターに据え、全ての楽器とコーラスを最高のバランスと素晴らしいステレオ定位で配置したワン・アンド・オンリーのミラクル・サウンドは本レーベル面目躍如たる究極の逸品。

④4/25武道館公演-オーディエンス音源(オリジナルMK4マスター)-プレス2CD
本ボックスのもうひとつのメイン音源。オーディエンス録音の最高峰、ドイツが誇るSchoepsのMK4マイクロフォンを用いて録音された、オーディエンス・レコーディングの決定盤音源で、もちろんこのボックスでしか聴くこと出来ないオリジナルの完全初登場音源。
すでに数多くのオーディエンス音源が流通している中、マルチIEMマトリッス音源と同様の、"完全なる別格クオリティー"と断言できるゆえ、こちらも絶対必聴。
なお同レーベルからは無指向性の高級マイクロフォンを使用したプレス2CD「One On One at BUDOKAN –Omnidirectional Source-」)も先行リリースされているも、本作はそれとは別マスターで、この音源最大の魅力は、「単一指向性」というマイク・キャラクターを利して録音された、PAスピーカー直の不純物無しの超高級サウンドなところ。
ります。煩わしい周囲のオーディエンス・ノイズは皆無でありながら、「Love Me Do」の手拍子や「Hey Jude」など要所での大合唱はしっかりと捉えられており、過剰なイコライジングも排し、ナチュラルかつ骨太な音質に仕上げた本タイトルは、マトリックス音源とはまた違ったハイエンド・サウンドによって、当日の感動をよりリアルに再現。

[総括]
以上、今回もレーベル最高峰のクオリティーによる究極のボックスで、しかもこの24P「武道館公演写真集」限定特典と、限定ナンバリング入り仕様は、300セット限定コレクターズ・アイテムゆえ、これまでのポール来日ボックスと同様、予約完売必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : 01. Jam 02. Match Box 03. Honey Hush 04. I've Got A Feeling 05. Junior's Farm 06. I Wanna Be Your Man 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back In The U.S.S.R. 09. Jam 10. My Valentine 11. Miss Ann 12. Here There And Everywhere 13. Everynight 14. I've Just Seen A Face 15. Being For The Benefit Of Mr.Kite 16. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-965 (1:6:1:453) : Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Monday, 24th April 2017 (Stereo Soundboard Master)]

CD 2 : 01. Instrumental Soundcheck 02. Jam 03. Honey Don't 04. Magical Mystery Tour 05. Magical Mystery Tour (SE) 06. Save Us 07. Let 'Em In 08. Love Me Do 09. Queenie Eye 10. Bluebird 11. Ram On
[EVSD-966 (1:18:35:613) : Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (Stereo Soundboard Master)]

CD 3 : 01. Pre-show SE 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior's Farm 07. Let Me Roll It / Foxey Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today
CD 4 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-967&968 (2:12:82:640) : Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (Multiple IEM + Stereo Soundboard Source Original Matirx Master)]

CD5 : 01. Pre-show SE 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior's Farm 07. Let Me Roll It / Foxey Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today
CD 6 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[EVSD-969&970 (2:22:78:1533) : Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan - Tuesday, 25th April 2017 (EVSD & XAVEL Original Audience Master -MK4 Cardioid Microphone-)]

2017年06月05日

ポール東京ドーム最終公演を、2種類の映像で収録したブルーレイ+DVD+CD !!

nank006sp.jpg



◆ Paul McCartney / One On One Dome 3 Complete(4BDR+4DVDR+3CDR) この商品はこちらから

2017年「ワン・オン・ワン」ジャパン・ツアーの、最終日となった4月30日東京ドーム公演の模様を、会場設置のスクリーン・ショットと、バルコニー席からのオーディエンス・ショットの、2種類のHDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像を、ダイレクトにブルーレイ化。さらに同内容のDVD-R、そしてデジタル・リマスタリングを施した音源CDもセットにしたタイトルがここに。なんとブルーレイ4枚、DVD-R4枚、CD-R3枚というフル・ヴォリュームにて。

まず各方面からリリースされているドーム関連の映像・音源の中で、本シリーズの映像は、別アングルによる2種類のオーディエンス・マスターを収録しており、まず「タイプA (Film-A)」は、バルコニー席からのステージ・オーディエンス・ショットで、迫力満点のポールを中心に臨場感のあるショットが満載。
そしてカップリング収録の「タイプB (Film-B)」は、会場設置のスクリーンのみを捉え続けたショットで、プロショット感覚にて当日の模様を再現したもの。
そしてその2パターンの映像をブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、いずれも2時間38分にわたりコンプリートでカップリング。
そしてあっという間に最終日となった30日の千秋楽は、まずセットにおいても”Junior's Farm”と”Jet”が入ったのが嬉しいところで、さらにアンコールではこの日のみ”Get Back”もついに披露。そして何より美しい水色に染まった東京ドーム全体の模様が話題となった”Hey Jude”での会場全体を埋め尽くす、サイリウムの美しさは今回のジャパン・ツアーのハイライトたる光景で、当日参加された方なら、そのあたりの感動が蘇るのは間違いなし。
そして同内容による4DVD-Rと、さらに音源3CDRには、当日のサウンドチェック音源も追加収録。
分離感やオーディエンスの歓声とのバランスが絶妙で、あの感動と興奮のライブの音をそのまま閉じ込めたもので、
当日参戦された方はもちろん、参戦出来なかった人にもメモリアルなコレクターズ・エディション。

[Type A : Audience Shot - Blu-ray & DVDR : Same Set : totaltime 158mins]
[Type B : Screan Shot - Blu-ray & DVDR : Same Set : totaltime 163mins]
Blu-ray & DVD DISC 1 : 1. Intro. 2. A Hard Day's Night 3. Junior's Farm 4. Can't Buy Me Love 5. Jet 6. Temporary Secretary 7. Let Me Roll It 8. I've Got A Feeling 9. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. In Spite Of All the Danger 14. You Won't See Me 15. Love Me Do 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. Queenie Eye 20. New

Blu-ray & DVD DISC 2 : 1.The Fool On The Hill 2. Lady Madonna 3. FourFiveSeconds 4. Eleanor Rigby 5. I Wanna Be Your Man 6. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 7. Something 8. Ob-La-Di, Ob-La-Da 9. Band On The Run 10. Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die 13. Hey Jude 14. Yesterday 15 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 16. Get Back 17. Hi, Hi, Hi 18. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

CD 1 : 1. Intro. 2. A Hard Day's Night 3. Junior's Farm 4. Can't Buy Me Love 5. Jet 6. Temporary Secretary 7. Let Me Roll It 8. I've Got A Feeling 9. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. In Spite Of All the Danger 14. You Won't See Me 15. Love Me Do 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. Queenie Eye 20. New
CD 2 : 1. The Fool On The Hill 2. Lady Madonna 3. FourFiveSeconds 4. Eleanor Rigby 5. I Wanna Be Your Man 6. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 7. Something 8. Ob-La-Di, Ob-La-Da 9. Band On The Run 10. Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die 13. Hey Jude  
CD 3 : 1. Yesterday 2. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 3. Get Back 4. Hi, Hi, Hi 5. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
(SOUNDCHECK) 6. Ready For Sound-Check 7. Jam 8. Honey Hush 9. One After 909 10. All My Loving11. Let 'Em In 12. Miss Ann 13. On My Way To Work 14. San Francisco Bay Blues 15. Ram On 16. Midnight Special 17. Lady Madonna

[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017]
◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年06月01日

ビートルズ、オーディオファイル・シリーズ、『ホワイト・アルバム』も登場

amcb011wsp.jpg



◆ THE BEATLES / AUDIOPHILE MASTER : WHITE ALBUM (2CD+2DVD) この商品はこちらから

ビートルズのオリジナル・アルバムを、新次元のハイブリッドMONO/STEREOリマスターCDと、5.1サラウンド&超高音質96kHz/24bitハイレゾ音源オーディオDVDによって、究極の音源コレクションとしてお届けするオーディオファイル・マスター・コレクション。

そのシリーズもいよいよ終盤となる、第11弾が『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』で、
まずCDには、2017年最新リマスターによる、ハイブリッドMONO/STEREO音源を収録。さらにエクストラとしてUSリール・テープに収録されていたエディット・バージョン7曲と、この後にジョージ・マーティンがキャピトル編集盤用にリミックスしたバージョンとさらに『ラヴ』バージョン6曲も収録。
さらにDVDにはアルバム全曲の5.1サラウンド・ミックスと、UK原盤オリジナル・モノのハイレゾ音源(48/24bit)、さらにモービル・フィデリティ原盤(MFSL)ステレオ・ハイレゾ音源(96/24bitも収録。
名盤『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』のバージョン違いをすべて網羅した究極の音源コレクションで、以下、それぞれのさらなる詳細は以下の通り。

[CD=HYBRID MONO/STEREO REMASTER]
60年代モノラル・ミックスを最新デジタル編集によりステレオ化。数多くのミックス違いが存在するモノラル音源が、リアル・ステレオで甦り、オリジナルに忠実ながら、通常のモノ・ステレオ・ミックスとは異なる、斬新なステレオ・リマスター音源を初CD化したもので、ヘッドフォンで聞き比べるとその違いは歴然。
[DVD AUDIOPHILE DISC]
DVDオーディオ専用機の必要はなく、通常のDVDプレイヤーやパソコンのDVDビデオ・フォーマットで再生可能。 (オーディオ・ディスクにつき動画は未収録ながら、各音源のアルバム・ジャケットやレーベル写真が画面表示)
◇AUDIO 1 : DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX
サラウンドAVシステムで再生すると、通常のステレオ以上に立体感が増幅され、ヴォーカルや各楽器のセパレーションも、さらに分離した迫力あるマルチ・チャンネル、5.11サラウンド・ミックス仕様。またサラウンド再生でない場合でも、通常のステレオ2chにミックスダウンされた音源として再生可能。
◇AUDIO 2 : HD 96kHz/24bit PCM STEREO (MFSL)
◇AUDIO 3 : HD 96kHz/24bit PCM MONO (U.K.ORIGINAL)
CD以上に高音質スペックとなる、極上レベルのHD96kHz/24bitハイレゾ・フォーマットによるステレオ音源は、アナログ盤コレクター垂涎の『モービル・フィデリティ』原盤から初のハイレゾ化音源を収録。
これまでは、Dr.EbbettsのCD化が知られていた中、今回はそのCDをも凌駕するクオリティーで、新たにダイレクト・トランスファーされた初登場のHDハイレゾ・スペック音源。
またモノラル音源も、UKオリジナル・モノラル原盤からダイレクト・トランスファーで初のハイレゾ化音源を収録。ハイレゾ・スペック対応であれば、CDとは別次元の原音に忠実な最高音質で再生可能。またハイレゾ対応でない場合でも、通常のDVDプレイヤーやパソコン等でCDスペックにコンバートされて再生することも可能。

以上、世界中のビートルズ・コレクターに知られる数ある音源ソースの中でも、注目すべきオーディオ・ファイルを網羅した本シリーズは、すべて海外直輸入限定プレス盤ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD ONE :
[HYBRID MONO/STEREO REMASTER]
1. BACK IN THE U.S.S.R. 2. DEAR PRUDENCE 3. GLASS ONION 4. OB-LA-DI, OB-LA-DA 5. WILD HONEY PIE 6. THE CONTINUING STORY OF BUNGALOW BILL 7. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 8. HAPPINESS IS A WARM GUN 9. MARTHA MY DEAR 10. I'M SO TIRED 11. BLACKBIRD 12. PIGGIES 13. ROCKY RACCOON 14. DON'T PASS ME BY 15. WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD? 16. I WILL 17. JULIA
[EXTRA : U.S. REEL TAPE EDIT VERSION]
18. DEAR PRUDENCE 19. GLASS ONION 20. DON'T PASS ME BY 21. WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD? 22. YER BLUES 23. HELTER SKELTER 24. REVOLUTION 9

CD TWO :
[HYBRID MONO/STEREO REMASTER]
1. BIRTHDAY 2. YER BLUES 3. MOTHER NATURE'S SON 4. EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY 5. SEXY SADIE 6. HELTER SKELTER 7. LONG, LONG, LONG 8. REVOLUTION 1 9. HONEY PIE 10. SAVOY TRUFFLE 11. CRY BABY CRY 12. REVOLUTION 9 13. GOOD NIGHT
[EXTRA : U.S. CAPITOL REMIX AND LOVE VERSION]
14. BACK IN THE U.S.S.R. (U.S. Capitol remix) 15. HELTER SKELTER (U.S Capitol remix) 16. BIRTHDAY (U.S. Capitol remix) 17. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (LOVE version) 18. REVOLUTION (LOVE version) 19. BACK IN THE U.S.S.R. (LOVE version)

DVD :
[AUDIOPHILE DISC ONE&TWO]
1. BACK IN THE U.S.S.R. 2. DEAR PRUDENCE 3. GLASS ONION 4. OB-LA-DI, OB-LA-DA 5. WILD HONEY PIE 6. THE CONTINUING STORY OF BUNGALOW BILL 7. WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS 8. HAPPINESS IS A WARM GUN 9. MARTHA MY DEAR 10. I'M SO TIRED 11. BLACKBIRD 12. PIGGIES 13. ROCKY RACCOON 14. DON'T PASS ME BY 15. WHY DON'T WE DO IT IN THE ROAD? 16. I WILL 17. JULIA 18. BIRTHDAY 19. YER BLUES 20. MOTHER NATURE'S SON 21. EVERYBODY'S GOT SOMETHING TO HIDE EXCEPT ME AND MY MONKEY 22. SEXY SADIE 23. HELTER SKELTER 24. LONG, LONG, LONG 25. REVOLUTION 1 26. HONEY PIE 27. SAVOY TRUFFLE 28.. CRY BABY CRY
29. REVOLUTION 9 30. GOOD NIGHT

(DVD AUDIOPHILE DISC ONE)
AUDIO 1) DOLBY DIGITAL 5.1 SURROUND MIX
AUDIO 2) HD 48kHz/24bit PCM MONO U.K.ORIGINAL
(DVD AUDIOPHILE DISC TWO)
AUDIO 3) HD 96kHz/24bit PCM STEREO MFSL
[NTSC 16:9 Wide Screen - selected audio only in DVD format - Dolby Digital 5.1 Surround / PCM Stereo / Mono]

2017年05月31日

ストーン・ローゼス、来日公演の音源&映像の決定盤

xavels123s.jpg



◆ STONE ROSES / Nippon Budokan 2017 Definitive Edition (4CD+2DVD+2BDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年4月21&22日、日本武道館での2回公演を、ベスト・クオリティーの音と映像でカッブリングし、さらにブルーレイ付きは、100セット完全限定仕様にて。

4年ぶりの来日公演となった、武道館2daysの模様を、まず音源CDは、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。
すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして2013年ソニックマニア以来、単独としては22年ぶりの武道館公演は、初日が即効完全ソールド・アウトで急遽翌日が追加されるという異常人気なうえ、前年のツアー・キャンセルもあったがうえに、開演前から期待に胸膨らませた異常な熱気の中でついにライブはスタート。 そして”I Wanna Be Adored”でついに始まったライブは、直立不動のイアンが珍しく音をほぼ外さず歌い切り、そこから徐々に緊張感が解れ、ジョン、マニ、レニの3人のプレイがタイトに弾み始め、特にレニは最初から全開で、ハイハットとタム&スネアを高速で上下左右にブチ叩く“Sally Cinnamon”では、早くもローゼズ・ケミストリーが出現。
その後セットはデビュー・アルバム『ザ・ストーン・ローゼズ』のナンバーを中心に『セカンド・カミング』からはやや少ないものの、前年にリリースされた新曲“All For One”は、ここ日本では初めて演奏されることに。 そして“Begging You”、“Love Spreads”といったR&Rグルーヴ・チューンはジョン・スクワイアのギターが全面フューチャーされ、その他にも“Waterfall”から“Don’t Stop”への渾然一体となった流れ、そして“Fools Gold”は、まさにミラクルな感動的パフォーマンスを披露。
そして終盤ローゼズの究極のシンガロング・チューン“Made Of Stone”、大きな手拍子が巻き起こった“This Is The One”、そして最後はもちろん曲“I Am the Resurrection”でまさに完全復活を宣言したかのようなエンド。
なお両日セットリストは同様ながら、ボーナスとして、初日の開場前におこなわれたサウンドチェックの模様も追加収録。イアンのアカペラによる”Black Roses”や、ライヴ本番では結局演奏されなかったレニのボーカルによる”Daybreak”なども聴くことが出来る激レア音源。
そして映像プレス2DVDには、この2公演の模様を、マルチカメラ仕様のオーディエンス・ショットにてフル収録。
スタンド席からのショットに、アリーナ・ショットも含めた複数のオリジナル映像を組み合わせ、プロユースの巧みな編集で仕上げたもので、特に2日目はスクリーン・ショットを組み合わせたことにより、プロショット感覚で見れるあたりのクオリティーは驚異的。
そしてさらに初回入荷100セット限定で、DVDと同内容のブルーレイも2枚プラス。
こちら映像はDVDと同様ながら、ブルーレイはその大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままの非圧縮クオリティーによるもので、オリジナル・ソースのハイクオリティー映像を、大画面で堪能できる必携エディション。
なおDVD&ブルーレイの音声は、プレスCDに使用されているフル・マトリックス音源」と、デジタル・オーディエンス・音源の2ソースから、選択可能なプロフェッショナル仕様にて。
2017年来日公演の決定盤として必携のこのコレクターズ・エディションは、ボーナスのブルーレイが、初回完全限定100セットのみで、予約完売必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。

CD 1 : 01. Pre-show SE (I Was Made To Love Her) 02. Opening 03. I Wanna Be Adored 04. Elephant Stone 05. Sally Cinnamon 06. Mersey Paradise 07. (Song For My) Sugar Spun Sister 08. Bye Bye Badman 09. Shoot You Down 10. Begging You 11. Waterfall / Don't Stop 12. Elizabeth My Dear 13. Fools Gold
CD2 : 01. All For One 02. Love Spreads 03. Made Of Stone 04. She Bangs The Drums 05. Breaking Into Heaven 06. This Is The One 07. I Am The Resurrection
[-1st Night- Recorded at Nippon Budokan, Tokyo Japan 21st April 2017 : Multiple IEM Sources + EX-Audience = Matrix Recording]
08. Instrumental Jam 09. Waterfall / Don't Stop 10. Bye Bye Badman 11. Black Roses
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo Japan 21st April 2017]

CD 3 : 01. Pre-show SE (I Was Made To Love Her) 02. Opening 03. I Wanna Be Adored 04. Elephant Stone 05. Sally Cinnamon 06. Mersey Paradise 07. (Song For My) Sugar Spun Sister 08. Bye Bye Badman 09. Shoot You Down 10. Begging You 11. Waterfall / Don't Stop 12. Elizabeth My Dear 13. Fools Gold
CD 4 : 01. All For One 02. Love Spreads 03. Made Of Stone 04. She Bangs The Drums 05. Breaking Into Heaven 06. This Is The One 07. I Am The Resurrection 08. Begging You (IEM Sources Matrix Recording)
[-2nd Night- Recorded at Nippon Budokan, Tokyo Japan 22nd April 2017 : Multiple IEM Sources + EX-Audience = Matrix Recording]
08. Begging You 09. All For One 10. Daybreak 11. Fools Gold
[Soundcheck at Nippon Budokan, Tokyo Japan 21st April 2017]

DVD 1 : 01. Opening 02. I Wanna Be Adored 03. Elephant Stone 04. Sally Cinnamon 05. Mersey Paradise 06. (Song For My) Sugar Spun Sister 07. Bye Bye Badman 08. Shoot You Down 09. Begging You 10. Waterfall / Don't Stop 11. Elizabeth My Dear 12. Fools Gold 13. All For One 14. Love Spreads 15. Made Of Stone 16. She Bangs The Drums 17. Breaking Into Heaven 18. This Is The One 19. I Am The Resurrection
[1st Night : Live at Nippon Budokan, Tokyo Japan 21st April 2017]

DVD 2 : 01. Opening 02. I Wanna Be Adored 03. Elephant Stone 04. Sally Cinnamon 05. Mersey Paradise 06. (Song For My) Sugar Spun Sister 07. Bye Bye Badman 08. Shoot You Down 09. Begging You 10. Waterfall / Don't Stop 11. Elizabeth My Dear 12. Fools Gold 13. All For One 14. Love Spreads 15. Made Of Stone 16. She Bangs The Drums 17. Breaking Into Heaven 18. This Is The One 19. I Am The Resurrection
[2nd Night : Live at Nippon Budokan, Tokyo Japan 22nd April 2017]

2017年05月26日

ツェッペリン1975年アールズ・コート、究極のボックス・セット!

esvd31bosample.jpg



◆ LED ZEPPELIN / EARL'S COURT THE FINAL OPTION 40th Anniversary (31CD BOX) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、ドクター・ダイアモンド監修の、1975年アールズ・コート公演の究極ボックス・セットが、限定250セット・シリアルNo.入りの31枚組の超大作にてここに。
ゼップ音源ではもはや説明不要の、1975年5月17日から5公演にわたり行われた伝説のロンドン、アールズ・コート公演を、なんとニュー・ソースも追加収録し、これ以上はまとめようがないと思われる合計31枚組にて収録した、まさに究極のボックス・セットで、本レーベルからは「Thunder Down Under Box」、「The Garden Tapes Box」"に続く、過去最高のクオリティー&ヴォリュームとなるもの。
なお、本ライブの解説はすでに語り尽くされているのでここでは割愛とし、セットリストを見てどういう構成になっているかは把握していただきたい中、基本的にオーディエンス音源の5日間と、サウンドボード音源が残されている2公演、そしてプラス貴重なオルタネイト・ソースを収録したもの、という構成に。
そして装丁の写真も素晴らしく、その装丁も他の追随を許さない完璧な仕上がりで、エンプレス・バレイが満を持して製作した限定豪華ボックス・セット。その数は全世界250セット完全限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

[MAY 17TH, 1975: "WELCOME HOME"]
CD 1 : 1. Band Announcements by Bob Harris 2. Rock And Roll 3. Sick Again 4. Over The Hills And Far Away 5. In My Time Of Dying 6. The Song Remains The Same 7. The Rain Song 8. Kashmir
CD 2 : 1. No Quarter 2. Tangerinev 3. Going To California 4. That's The Way 5. Bron-Yr-Aur Stomp 6. Trampled Underfoot medley incl. Gallows Pole 7. Moby Dick
CD 3 : 1. Dazed And Confused medley incl. Woodstock 2. Stairway To Heaven 3. Audience Anticipation 4. Whole Lotta Love medley incl. The Crunge 5. Out On The Tiles Intro / Black Dog

[MAY 18TH, 1975: "NO QUARTER"]
CD 1 : 1. Band Announcements by Johnnie Walker 2. Rock And Roll 3. Sick Again 4. Over The Hills And Far Away 5. In My Time Of Dying 6. The Song Remains The Same 7. The Rain Song 8. Kashmir
CD 2 : 1. No Quarter 2. Tangerine 3. Going To California 4. That's The Way 5. Bron-Yr-Aur Stomp 6. Trampled Underfoot medley incl. Gallows Pole 7. Moby Dick
CD 3 : 1. Dazed And Confused medley incl. Woodstock 2. Stairway To Heaven 3. Audience Anticipation 4. Whole Lotta Love medley incl. The Crunge 5. Out On The Tiles Intro / Black Dog

[MAY 23RD, 1975: "THE AWESOME FOURSOME"]
CD 1 : 1. Band Announcements by David Jensen 2. Rock And Roll 3. Sick Again 4. Over The Hills And Far Away 5. In My Time Of Dying 6. The Song Remains The Same 7. The Rain Song 8. Kashmir
CD 2 : 1. No Quarter 2. Tangerine 3. Going To California 4. That's The Way 5. Bron-Yr-Aur Stomp 6. Trampled Underfoot medley incl. Gallows Pole
CD 3 : 1. Moby Dick 2. Dazed And Confused medley incl. San Francisco
CD 4 : 1. Stairway To Heaven 2. Audience Anticipation 3. Whole Lotta Love medley incl. The Crunge 4. Out On The Tiles Intro / Black Dog

[MAY 24TH, 1975: "FOURTHCOMING"]
CD 1 : 1. Band Announcements by Nicky Horne 2. Rock And Roll 3. Sick Again 4. Over The Hills And Far Away 5. In My Time Of Dying 6. The Song Remains The Same 7. The Rain Song 8. Kashmir
CD 2 : 1. No Quarter 2. Tangerine 3. Going To California 4. That's The Way 5. Bron-Yr-Aur Stomp 6. Trampled Underfoot medley incl. Gallows Pole
CD 3 : 1. Moby Dick 2. Dazed And Confused medley incl. Woodstock
CD 4 : 1. Stairway To Heaven 2. Audience Anticipation 3. Whole Lotta Love medley incl. The Crunge, Sex Machine, Turn On Your Lovelight 4. Out On The Tiles Intro / Black Dog 5. After The Show

[MAY 25TH, 1975: "GREAT TASTE LAST NIGHT"]
CD1 : 1. Before The Show 2. Band Announcements by Alan Freeman 3. Rock And Roll 4. Sick Again 5. Over The Hills And Far Away 6. In My Time Of Dying 7. The Song Remains The Same 8. The Rain Song 9. Kashmir
CD 2 : 1. No Quarter 2. Tangerine 3. Going To California 4. That's The Way 5. Bron-Yr-Aur Stomp 6. Trampled Underfoot medley incl. Gallows Pole
CD 3 : 1. Moby Dick 2. Dazed And Confused medley incl. San Francisco
CD 4 : 1. Stairway To Heaven 2. Audience Anticipation 3. Whole Lotta Love medley incl. The Crunge 4. Out On The Tiles Intro / Black Dog 5. Audience Anticipation 6. Heartbreaker 7. Communication Breakdown medley incl. D'yer Mak'er 8. After The Show

[SOUNDBOARD REVOLUTION - MAY 24TH, 1975: "HE MUST BE DAZED AND CONFUSED" (Primary source: Soundboard tape (basic content) / Secondary source: 2nd audience tape (most of audience applause between Tangerine and Going To California and start of Going To California))
CD 1 : 1. Band Announcements by Nicky Horne 2. Rock And Roll 3. Sick Again 4. Over The Hills And Far Away 5. In My Time Of Dying 6. The Song Remains The Same 7. The Rain Song 8. Kashmir
CD 2 : 1. No Quarter 2. Tangerine 3. Going To California 4. That's The Way 5. Bron-Yr-Aur Stomp 6. Trampled Underfoot medley incl. Gallows Pole
CD 3 : 1. Moby Dick 2. Dazed And Confused medley incl. Woodstock
CD 4 : 1. Stairway To Heaven 2. Audience Anticipation 3. Whole Lotta Love medley incl. The Crunge, Sex Machine, Turn On Your Lovelight 4. Out On The Tiles Intro / Black Dog 5. After The Show

[MAY 25TH, 1975: "ZEPPELIN EXPRESS PHYSICAL ROCKET" (Primary source: Soundboard tape / Secondary source: 1st audience tape (end of Tangerine and some audience applause after Tangerine)]
CD 1 : 1. Before The Show 2. Band Announcements by Alan Freeman 3. Rock And Roll 4. Sick Again 5. Over The Hills And Far Away 6. In My Time Of Dying 7. The Song Remains The Same 8. The Rain Song 9. Kashmir
CD 2 : 1. No Quarter 2. Tangerine 3. Going To California 4. That's The Way 5. Bron-Yr-Aur Stomp 6. Trampled Underfoot medley incl. Gallows Pole
CD 3 : 1. Moby Dick 2. Dazed And Confused medley incl. San Francisco
CD 4 : 1. Stairway To Heaven 2. Audience Anticipation 3. Whole Lotta Love medley incl. The Crunge 4. Out On The Tiles Intro / Black Dog 5. Audience Anticipation 6. Heartbreaker 7. Communication Breakdown medley incl. D'yer Mak'er 8. After The Show

[Assorted Delights - May 18, 1975 Earls Court Arena London, England]
CD 1 : (Alternate Source 1) 1. No Quarter 2. Tangerine 3. Going To California 4. That's The Way 5. Bron-Yr-Aur Stomp
CD 2 : (Alternate Source 2) 1. Band Announcements 2. Rock And Roll 3. Sick Again 4. Over The Hills And Far Away 5. In My Time Of Dying 6. The Song Remains The Same 7. The Rain Song 8. Kashmir
[May 24, 1975 - Earls Court Arena London, England]
CD 3 : (Alternate Audience Source) 1. In My Time Of Dying 2. The Song Remains The Same 3. The Rain Song 4. Kashmir 5. No Quarter 6. Tangerine
CD 4 : 1. Going To California 2. That's The Way 3. Bron-Yr-Aur Stomp 4. Trampled Underfoot 5. Woodstock (Excerpt From Dazed And Confused) 6. Stairway To Heaven
[May 25, 1975 - Earls Court Arena London, England]
CD 5 : (Alternate Audience Source) 1. Dazed And Confused 2. Stairway To Heaven 3. Crowd Anticipation 4. Whole Lotta Love 5. Black Dog 6. Crowd Anticipation 7. Heartbreaker 8. Communication Breakdown

- CREDITS -
CD1-3 : "WELCOME HOME" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 17th, 1975 (audience source mix)
CD4-6 : "NO QUARTER" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 18th, 1975 (audience source mix)
CD7-10 : "AWESOME FOURSOME" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 23rd, 1975 (audience source mix)
CD11-14 : "FOURTHCOMING" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 24th, 1975 (audience source mix)
CD15-18 : "GREAT TASTE LAST NIGHT" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 25th, 1975 (audience source mix)
CD19-22 : "HE MUST BE DAZED AND CONFUSED" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 24th, 1975 (soundboard patched with audience)
CD23-26 : "ZEPPELIN EXPRESS PHYSICAL ROCKET" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 25th, 1975 (soundboard patched with audience)
CD27 : "ASSORTED DELIGHTS" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 18th, 1975 (Red Revil AKA No Quarter audience source)
CD28 : "ASSORTED DELIGHTS" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 18th, 1975 (alternate audience source)
CD29-30 : "ASSORTED DELIGHTS" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 24th, 1975 (alternate audience source)
CD31 : "ASSORTED DELIGHTS" recorded live at Earl's Court Arena, London, England on May 25th, 1975 (alternate audience source)

2017年05月25日

コールドプレイ、唯一の東京ドーム来日公演を、音と映像で!

cpj17419sl.jpg



◆ COLDPLAY / Wonderful Wednesday in Tokyo (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

2017年『A Head Full of Dreams Tour』はアジアから開始され、その最終公演が、4月19日彼らにとって日本では初めてのドーム・ライブとなった、東京ドームとなることに。その記念すべき一夜の模様を、クリスがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターをマトリックスし、最良クオリティーにてコンプリート収録。

まず初来日から17年目にして、これまでフジロック、サマソニでのヘッドライナーはあったものの、今回単独でのドーム公演は初めてということで、海外では既にスタジアム・バンドとなっていたことから、その壮大なスケールによるパフォーマンスを、やっと日本でもドームで体験できることに。
そしてそのステージはその期待どおり、レーザーやLEDリストバンド、紙吹雪、バルーンにパイロと、最初から最後まですさまじい演出に彩られたもので、まさにスタートからエンディングまですべてがクライマックスと云えるほど。 そしてオープニング、彼らがこれまで回ってきた国々を地図上でマークしながらカウントダウンされ、そのマークが日本、そして東京に到達したところで1曲目の“A Head Full Of Dreams”が一気にバーストすすると、一斉に点滅するザイロバンド、巨大光源と化したスクリーンに照らされた花道を疾走するクリス・マーティン、そしてそんな彼に降り注ぐように吹き荒れる虹色の紙吹雪と大歓声。そして手首に巻いたザイロバンドが黄色く点滅し始め、そのまま“Yellow”へ移行してからは、ステージの3つの円形巨大スクリーンに、客席のオーディエンスをリアルタイムで映しながら、色と光の供給源と化すことに。 その後クリスのピアノとアコースティック・ギターで始まる“The Scientist”は、直前までテクニカラーで彩られたポップな世界から、ナチュラル・カラーに変わり、演奏それ自体は驚くほどシンプルな中で、組み立てていったグラウンド・デザインをベースに、多彩な光と色の演出が次から次へと。
そしてティエストのリミックスによるEDMバージョンでアリーナを揺らした“Paradise”を終え、メンバーが花道で繋がれた円形センター・ステージに移動し、“Always In My Head”が始まると、ここからの数曲はチルアウトのセクションに。さらにモハメド・アリの演説をフィーチャーした“Everglow”は、教会のステンドグラスのような荘厳な映像と相まって、この日の公演で最初のピリオド曲となり、その後は“Clocks”からアンビエントな“Midnight”へ、そこからEDM&ヒップホップでパーティー仕様にアゲにかかる“Charlie Brown”と“Hymn For The Weekend”へ、そして美メロの極地“Fix You”へ、そして最後に再び“Midnight”へと循環するセットあたりは鳥肌もの。
そして色とりどりのバルーンが放たれてのファンキー&ゴージャスな祭り状態となった“Adventure Of A Lifetime”の余韻で惚けている間に、メンバーは花道下を移動してバックスタンド席真下のステージに登場、そうして始まったアコースティックでの“In My Place”はもちろん場内大合唱。 またメンバー紹介を挟み、ウィルとジョニーがリード・ボーカルを担当した“Don’t Panic”、ガイがブルーハープで華を添えた“Til Kingdom Come”と、シンプルなアコースティック・セット後、再びメンバーがメイン・ステージに戻り、「次の曲は僕らが初めてプレイする曲だよ、東京オンリー!」とクリスが紹介し、これがなんと世界初披露となった新曲の“All I Can Think About Is You”がスタート。なおここでクリスがマイクを置き忘れてくるというミスによってイントロから仕切り直しになり、「今のは絶対YouTubeにアップしないで!」とMCするクリスには場も和むことに。なおこのライブ・バージョンを聴くかぎりでは、彼らにとってかなり新機軸な楽曲で、リズム・ループとピアノのミニマムな出だしから一転、後半はジョニーのギター・ソロといい、タム&スネアを行き来しながらパワフルにロールしていくウィルのドラムといい、演奏力それ自体をここまで全面に押し出したナンバーは、スタジオ盤が楽しみなもの。
そして最新ヒット曲、ザ・チェインスモーカーズとのコラボ・ナンバー“Something Just Like This”は、パイロが吹き上がる最強のパーティー・チューンとして鳴り、“A Sky Full Of Stars”ではまたもや紙吹雪が吹き荒れた後、ゆっくり、そして丁寧に、フィナーレの感慨を噛み締めるようにプレイされた“Up & Up”も感動的。
さらにカップリングとして、当日の模様を、ドームに設置されたスクリーンを撮影したオーディエンス映像にて収録。
全10曲とダイジェストながら、アリーナ席から巨大スクリーンを移した安定感抜群の映像ゆえ、プロショット感覚で、この豪華絢爛なライブを楽しめることに。

Disc 1 : 01. Intro 02. Opening (O mio babbino caro) 03. A Head Full of Dreams (extended intro with Charlie Chaplin speech) 04. Yellow 05. Every Teardrop Is a Waterfall 06. The Scientist 07. Birds (with ''Oceans'' excerpt in intro) 08. Paradise (Tiësto Remix outro) 09. Always in My Head 10. Magic 11. Everglow (single version; with Muhammad Ali tribute video at the end)
Disc 2 : 01. Clocks (with "Army of One" excerpt in intro) 02. Midnight (partial) 03. Charlie Brown 04. Hymn for the Weekend 05. Fix You (with ''Midnight'' excerpt in intro) 06. Viva la Vida 07. Adventure of a Lifetime 08. Kaleidoscope (extended) 09. In My Place (acoustic; audience request song) 10. Don't Panic (acoustic; Will & Jonny on lead vocals) 11. Til Kingdom Come (acoustic) 12. All I Can Think About Is You 13. Something Just Like This 14. A Sky Full of Stars 15. Up & Up

DVD-R : 01. Yellow 02. Every Teardrop Is a Waterfall 03. The Scientist 04. Birds 05. Paradise 06. Always in My Head 07. Magic 08. Everglow 09. Clocks 10. Hymn for the Weekend
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 19th April 2017]

2017年05月23日

ポール、東京ドーム2日目の映像&音源をブルーレイ、DVD、CDのセットで

nank005sp.jpg



◆ Paul McCartney / One On One Dome 2 Complete(4BDR+4DVDR+3CDR) この商品はこちらから

2017年「ワン・オン・ワン」ジャパン・ツアーの、4月29日東京ドーム2日目公演の模様を、会場設置のスクリーン・ショットと、1Fアリーナ席からのオーディエンス・ショットの、2種類のHDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像を、ダイレクトにブルーレイ化。さらに同内容のDVD-R、そしてデジタル・リマスタリングを施した音源CDもセットにしたタイトルがここに。なんとブルーレイ4枚、DVD-R4枚、CD-R3枚というフル・ヴォリュームにて。

まず各方面からリリースされているドーム関連の映像・音源の中で、本シリーズの映像は、別アングルによる2種類のオーディエンス・マスターを収録しており、まず「タイプA (Film-A)」は、アリーナ・ブロックからのステージ・オーディエンス・ショットで、迫力満点のポールを中心に捉えたズーム・ショットが満載。
そしてカップリング収録の「タイプB (Film-B)」は、会場設置のスクリーンのみを捉え続けたショットで、プロショット感覚にて当日の模様を再現したもの。
そしてその2パターンの映像をブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、いずれも2時間38分にわたりコンプリートでカップリング。
そしてこの日も”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いてこの日は”Junior's Farm”と”Letting Go”の代わりに”Save Us”そして”Jet”がセットインし、他にも”I've Just Seen a Face”や”I Saw Her Standing There”が組み込まれることに。なお結果的には”Save Us”と”I Saw Her Standing There”はこの日のみの演奏となり、よって最終日に向けての2日目は、最多曲数のフルセットであり、セット的にも最も魅力的な一夜。
そして同内容による4DVD-Rと、さらに音源3CDRには、当日のサウンドチェック音源も追加収録。
分離感やオーディエンスの歓声とのバランスが絶妙で、あの感動と興奮のライブの音をそのまま閉じ込めたもので、
当日参戦された方はもちろん、参戦出来なかった人にもメモリアルなコレクターズ・エディション。

[Type A : Screan Shot - Blu-ray & DVDR : Same Set : totaltime 158mins]
[Type B : Stand Shot - Blu-ray & DVDR : Same Set : totaltime 163mins]
Blu-ray & DVD DISC 1 : Intro / A Hard Day's Night / Save Us Can't Buy Me Love /Jet / Temporary Secretary / Let Me Roll It / I've Got A Feeling / My Valentine / Nineteen Hundred And Eighty-Five / Maybe I'm Amazed / I've Just Seen A Face / In Spite of All the Danger / You Won't See Me / Love Me Do / And I Love Her / Blackbird / Here Today / New / Queenie Eye / The Fool On The Hill / Lady Madonna

Blu-ray & DVD DISC 2 : Paul Walking / FourFiveSeconds / Eleanor Rigby / I Wanna Be Your Man / Being For The Benefit Of Mr. Kite! / Something / Ob-La-Di, Ob-La-Da / Band On The Run / Back In The U.S.S.R. / Let It Be / Live And Let Die / Hey Jude / Yesterday / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) / Hi, Hi, Hi / I Saw Her Standing There / Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

CD 1 : 1. Intro 2. A Hard Day's Night 3. Save Us 4. Can't Buy Me Love 5. Jet 6. Temporary Secretary 7. Let Me Roll It 8. I've Got a Feeling 9. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. In Spite Of All The Danger 14. You Won't See Me 15. Love Me Do 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. New 20. Queenie Eye
CD 2 : 1. The Fool On The Hill 2.Lady Madonna 3. FourFiveSeconds 4. Eleanor Rigby 5. I Wanna Be Your Man 6. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 7. Something 8. Ob-La-Di, Ob-La-Da 9. Band On The Run 10. Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die 13. Hey Jude 14. Yesterday 15. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 16. Hi, Hi, Hi 17. I Saw Her Standing There 18. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
CD 3 : (SOUNDCHECK) 1. Paul Appearance 2. Jam 3. Honey Don't 4. Flaming Pie 5. Drive My Car 6. Sing The Changes 7. Don't Let The Sun Catch You Cryin' 8. Let E'm In 9. I've Just Seen A Face 10. It's So Easy 11. Ram On 12. Midnight Special 13. San Francisco Bay Blues 14. Lady Madonna
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月18日

SNEレーベルよりポールの東京ドーム最終日も、サウンドチェックも含めた完全フル収録で。

sne251sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / TOKYO DOME 2017 3RD NIGHT (プレス4CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILレーベルより、2017年4月30日の東京ドーム3日目公演を、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・マスターからコンプリート収録し、さらに貴重な当日のサウンド・チェックの模様を、イヤー・モニター・ソースからのライン音源にて追加収録したタイトルが、限定プレス4CD仕様にてここに。

まず過去2度の来日アイテムでも実証された、本レーベルならではサウンド・クオリティーの高さは、まずレコーディング・ポジションによるのも大きく、今回もアリーナ最前ブロックのPA.正面通路側のシートを確保。そしてそのリアル・サウンドによる音源ソースを、一切音補正せずにそのままダイレクト収録しており、一部”Live and Let Die"でパイロが大炸裂するパートのみ、音量と音圧を最低限で補正している以外、イコライジングも一切無しゆえ、まさに当日の模様を生々しくリアルに再現。
そしてあっという間に最終日となった30日の千秋楽は、まずセットにおいても”Junior's Farm”と”Jet”が入ったのが嬉しいところで、さらにアンコールではこの日のみ”Get Back”もついに披露。そして何より美しい水色に染まった東京ドーム全体の模様が話題となった”Hey Jude”での会場全体を埋め尽くす、サイリウムの美しさは今回のジャパン・ツアーのハイライトたる光景で、当日参加された方なら、音だけでもそのあたりの感動が蘇るのは間違いなし。
そしてさらに当日のサウンド・チェックを、関係者流出によるイヤー・モニター・ソースからのライン音源にて、コンプリート収録。

本公演前のVIP限定のサウンドチェックを、こちらも極上クオリティーで収録しており、この日のみ”Honey Don’t”、”Sing the Changes”そして”It’s So Easy”などが披露されたあたりは要チェック。
またボーナス的にdisc:4には、このサウンドチェック・セッションの模様を、別レコーディングされた良好オーディエンス・マスターよりコンプリート収録。

ポールがその場でのリクエストに答えてプレイされた”One After 909”では沸き起こる大歓声などは、IMEソースよりもやはりリアルで、盛り上がりが伝わるのは、やはりオーディエンス・ソースならでは。
また後半には当日のライブからイヤー・モニター経由からのライン音源も7曲追加で。キーボード奏者のモニター経由ゆえ、ポールのボーカルが全面のミックスではないものの、マルチ・プレイヤーだけに多彩な楽器を使っての演奏がよく聞こえるあたりは要チェック。
よってまさにこの記念すべき最終日のすべてを完全コンパイルした、永久保存プレス4CDアイテムは、来日記念限定コレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Save Us 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. I've Just Seen A Face 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me
Disc 2 : 01. Love Me Do 02. And I Love Her 03. Blackbird 04. Here Today 05. New 06. Queenie Eye 07. The Fool On the Hill 08. Lady Madonna 09. FourFiveSeconds 10. Eleanor Rigby 11. I Wanna Be Your Man 12. Being for the Benefit of Mr. Kite! 13. Something 14. Ob-La-Di, Ob-La-Da 15. Band On The Run 16. Back In The U.S.S.R. 17. Let It Be 18. Live And Let Die 19. Hey Jude
Disc 3 : 01. Encore Break 02. Yesterday 03. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 04. Hi, Hi, Hi 05. I Saw Her Standing There 06. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]

07. Intro 08. Jam 09. Honey Don't 10. Flaming Pie 11. Drive My Car 12. Sing The Changes 13. Don't Let The Sun Catch You Cryin' 14. Let 'Em In 15. I've Just Seen A Face 16. It's So Easy 17. Ram On 18. Midnight Special 19. San Francisco Bay Blues 20. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017 : IEM Source]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月16日

SNEレーベルよりポールの東京ドーム2日目も、サウンドチェックも含めた完全フル収録で。

sne250sp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / TOKYO DOME 2017 2ND NIGHT (プレス3CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILレーベルより、2017年4月29日の東京ドーム2日目公演を、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・マスターからコンプリート収録し、さらに貴重な当日のサウンド・チェックの模様を、イヤー・モニター・ソースからのライン音源にて追加収録したタイトルが、限定プレス3CD仕様にてここに。

まず過去2度の来日アイテムでも実証された、本レーベルならではサウンド・クオリティーの高さは、まずレコーディング・ポジションによるのも大きく、今回もアリーナ前方ブロックのPA.正面通路側のシートを確保。そしてそのリアル・サウンドによる音源ソースを、一切音補正せずにそのままダイレクト収録しており、一部”Live and Let Die"でパイロが大炸裂するパートのみ、音量と音圧を最低限で補正している以外、イコライジングも一切無しゆえ、まさに当日の模様を生々しくリアルに再現。
そしてこの日も”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いてこの日は”Junior's Farm”と”Letting Go”の代わりに”Save Us”そして”Jet”がセットインし、他にも”I've Just Seen a Face”や”I Saw Her Standing There”が組み込まれることに。
なお結果的には”Save Us”と”I Saw Her Standing There”はこの日のみの演奏となり、セット的な魅力は一番といえるもの。
そしてさらに当日のサウンド・チェックを、関係者流出によるイヤー・モニター・ソースからのライン音源にて、コンプリート収録。

本公演前のVIP限定のサウンドチェックを、こちらも極上クオリティーで収録しており、この日のみ”Honey Don’t”、”Sing the Changes”そして”It’s So Easy”などが披露されたあたりは要チェック。
よってまさにこの記念すべき一日のすべてを完全コンパイルした、永久保存プレス3CDアイテムは、来日記念限定コレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Save Us 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. I've Just Seen A Face 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me
Disc 2 : 01. Love Me Do 02. And I Love Her 03. Blackbird 04. Here Today 05. New 06. Queenie Eye 07. The Fool On the Hill 08. Lady Madonna 09. FourFiveSeconds 10. Eleanor Rigby 11. I Wanna Be Your Man 12. Being for the Benefit of Mr. Kite! 13. Something 14. Ob-La-Di, Ob-La-Da 15. Band On The Run 16. Back In The U.S.S.R. 17. Let It Be 18. Live And Let Die 19. Hey Jude
Disc 3 : 01. Encore Break 02. Yesterday 03. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 04. Hi, Hi, Hi 05. I Saw Her Standing There 06. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017]

07. Intro 08. Jam 09. Honey Don't 10. Flaming Pie 11. Drive My Car 12. Sing The Changes 13. Don't Let The Sun Catch You Cryin' 14. Let 'Em In 15. I've Just Seen A Face 16. It's So Easy 17. Ram On 18. Midnight Special 19. San Francisco Bay Blues 20. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017 : IEM Source]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月13日

YES Featuring ARW、東京3公演をセットにした決定盤アイテムがXAVELより

xavels121a.jpg



◆ YES Feat. ARW / 2017 Tokyo 3 Days Complete (7CD+1DVD+1BDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年来日公演から、東京連続3daysとなった4月17&18&19日のオーチャード・ホールでのライブを、ベスト・クオリティーの音と映像でカッブリングした、100セット完全限定仕様にてここに。

2017年の来日直前に「YES Featuring ARW」と改名し、自身たちもイエスであることをアピール。そしてついに実現した来日公演から東京3daysの模様を、まず音源CDは、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス。

すでに同レーベルおなじみのもので、近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことに加えて、メンバーが使用する、それぞれミックス・バランスの異なる複数のモニター・ソースに、プロユースによる絶妙のオーディエンス・ソースを配合ステレオ・ミックスすることで、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーにて。
そして「Perpetual Change」のオーケストラ・アレンジで荘厳に幕を開けたステージは、もちろんこのメンバーならではの演奏が堪能できるのも大きい中、やはり本家イエスとのアレンジの違いやショー構成、コンセプトなど、トータルで比較するのも興味深いところ。
特に現在本家でも演奏されている曲は5曲あり、シャープかつスピード感も鮮やかな「Perpetual Change」、トレヴァー・ラビンのアコギ・イントロが軽快な「I’ve Seen All Good People」、そしてリック・ウェイクマンのサウンドが美しい「And You and I」、そして共にアンコールに配された「Roundabout」なども聴き比べると新鮮な発見も。また「Heart Of The Sunrise」などでは、ドラマーのルー・モリーノ3世のプレイが若き頃のビルブラを彷彿させるドラミングを披露しており、そのあたりも聞きどころ。
なお3日間セットリストは同様ながら、ボーナスCDとしてVIP限定参加によるサウンドチェック・パーティを、全公演の3日分フル収録したプレス1CDもプラス。

そしてさらに映像DVD+1Bru-rayには、18日公演の模様を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像にてコンプリート収録。

会場1F席正面からシューティングされた、安定感抜群のカメラをプロユースで編集、もちろん音声パートはCD音源のマルチIEMマトリクス・ソースを使用しており、視界を遮る障害物もなく、クローズ・ショットも多用された映像は、こちらも本ジャパン・ツアーのライブ映像としてはベストと断言できるもの。特にブルーレイはその大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて。

*なおこのボーナスCDや映像DVD+ブルーレイは初回完全限定100セットのみで、完売後は単日の音源2CDのみのリリースとなります。
よって予約完売必至ゆえ、ご希望の方はお早めに。
また3公演いずれも単日でのリリースもございますが、映像DVD、BDR、およびボーナスCDはこのセットのみです。


Disc 1 : 1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise
Disc 2 : 1. Changes 2. The Meeting 3. Awaken 4. Make It Easy 5. Owner Of A Lonely Heart 6. Roundabout
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 17th April 2017]

Disc 3 : 1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise
Disc 4 : 1. Changes 2. The Meeting 3. Awaken 4. Make It Easy 5. Owner Of A Lonely Heart 6. Roundabout
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 18th April 2017]

Disc 5 : 1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise
Disc 6 : 1. Changes 2. The Meeting 3. Awaken 4. Make It Easy 5. Owner Of A Lonely Heart 6. Roundabout
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 19th April 2017]

DVD+1Blu-ray : Same Set
1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise 11. Changes 12. The Meeting 13. Awaken 14. Make It Easy 15. Owner Of A Lonely Heart 16. Roundabout
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 18th April 2017]

Limited CD :
01. Instrumental Soundcheck 02. Rhythm Of Love 03. Lift Me Up 04. Cinema
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 17th April 2017]
05. Instrumental Soundcheck 06. Rhythm Of Love 07. Long Distance Runaround 08. Keyboards Soundcheck
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 18th April 2017]
09. Instrumental Soundcheck 10. Crossroads 11. Rhythm Of Love 12. Cinema
[Soundcheck at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 19th April 2017]

◇Jon Anderson - lead vocals / Trevor Rabin - guitars / Rick Wakeman – keyboards / Iain Hornal - bass / Lou Molino III – drums

2017年05月12日

ポール、来日最終公演も、サウンドチェックも含めた完全フル収録で。

evsd962p3.jpg



◆ Paul McCartney / One On One Tokyo Dome #3 Omnidirectional (プレス3CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年来日公演第3弾は、今後リリースのプレ・アイテムとして、4月29日、東京ドーム最終公演を、サウンド・チェックも含めた、究極のオーディエンス音源を、限定ロー・プライス・プレス32CDにて。

過去2度の来日アイテムでも実証された、最強タッグEVSD+XAVELから、2017年の来日全4公演も驚愕アイテムの数々がリリース予定の中、そのイントロダクションとして、あのドーム最終日を、現代最高レベルのクオリティーのよるオーディエンス音源と、サウンドチェック・パーティもプラスしてリリース。

まずそのオーディエンス音源は単なる会場録音とは一線を画す、これぞ「フロント・ロー・レコーディング」の極地といえるもので、プロ・テーパーが最高の機材を投入して、ドームアリーナA中央ブロックの正真正銘フロント・ローにてレコーディング。
それは同レーベルの代名詞となった、ハイエンド無指向性マイクをもちろん使用し、左右の吊り下げメーンPAスピーカー、アリーナ最前列のオーディエンス向けの小型スピーカー、さらにステージ上に多数配置されたミュージシャン用のモニタリング・スピーカー、ギター・アンプをはじめとした生音、それら多種多様な出音を驚異的なまでに立体的なサウンドにて収録。
よってそのレンジの広い音色、残響や音の回り込みなどは皆無のダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感と、これだけのオーディエンス・サウンド・アイテムは、まさにワン・アンド・オンリー。
そしてあっという間に最終日となった30日の千秋楽は、まずセットにおいても”Junior's Farm”と”Jet”が入ったのが嬉しいところで、さらにアンコールではこの日のみ”Get Back”もついに披露。そして何より美しい水色に染まった東京ドーム全体の模様が話題となった”Hey Jude”での会場全体を埋め尽くす、サイリウムの美しさは今回のジャパン・ツアーのハイライトたる光景で、当日参加された方なら、音だけでもそのあたりの感動が蘇るのは間違いなし。
そして驚異のボーナス・トラックには、同日のサウンドチェック・パーティの模様も、ハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。

本公演前のVIP限定のサウンドチェックを、こちらも極上クオリティーで収録しており、この日のみ” Honey Hush”に”One After 909”そして”On My Wat To Work”などが披露されたあたりは要チェック。

とにかくこの驚きの内容とクオリティーを体感すれば、後発リリース予定の豪華ボックスへの期待も膨らむばかりで、今後のリリースを待てないファン、さらにピュアなオーディエンス・サウンドを堪能したいファンなどには必携の限定コレクターズ・エディション。
なお、限定プレ・リリースのブレス3CDゆえ、リリース即完売も予想されるため、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Junior's Farm 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. We Can Work It Out 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. Queenie Eye 02. New 03. The Fool On The Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live And Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Get Back 04. Hi, Hi, Hi 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

07. Intro 08. Jam 09. Honey Hush 10. One After 909 11. All My Loving 12. Let 'Em In 13. Miss Ann 14. On My Way To Work 15. San Fracisco Bay Blues 16. Ram On 17. Midnight Special 18. Massage Song / Lady Madonna
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

ポール、東京ドーム2日目も、サウンドチェックも含めた完全フル収録で。

evsd959p2.jpg



◆ Paul McCartney / One On One Tokyo Dome #2 Omnidirectional (プレス3CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年来日公演第3弾は、今後リリースのプレ・アイテムとして、4月29日、東京ドーム2日目公演を、サウンド・チェックも含めた、究極のオーディエンス音源を、限定ロー・プライス・プレス32CDにて。

過去2度の来日アイテムでも実証された、最強タッグEVSD+XAVELから、2017年の来日全4公演も驚愕アイテムの数々がリリース予定の中、そのイントロダクションとして、あのドーム2日目を、現代最高レベルのクオリティーのよるオーディエンス音源と、サウンドチェック・パーティもプラスしてリリース。

まずそのオーディエンス音源は単なる会場録音とは一線を画す、これぞ「フロント・ロー・レコーディング」の極地といえるもので、プロ・テーパーが最高の機材を投入して、ドームアリーナA中央ブロックの正真正銘フロント・ローにてレコーディング。
それは同レーベルの代名詞となった、ハイエンド無指向性マイクをもちろん使用し、左右の吊り下げメーンPAスピーカー、アリーナ最前列のオーディエンス向けの小型スピーカー、さらにステージ上に多数配置されたミュージシャン用のモニタリング・スピーカー、ギター・アンプをはじめとした生音、それら多種多様な出音を驚異的なまでに立体的なサウンドにて収録。
よってそのレンジの広い音色、残響や音の回り込みなどは皆無のダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感と、これだけのオーディエンス・サウンド・アイテムは、まさにワン・アンド・オンリー。
そしてこの日も”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いてこの日は”Junior's Farm”と”Letting Go”の代わりに”Save Us”そして”Jet”がセットインし、他にも”I've Just Seen a Face”や”I Saw Her Standing There”が組み込まれることに。なお結果的には”Save Us”と”I Saw Her Standing There”はこの日のみの演奏となり、よって最終日に向けての2日目は、最多曲数のフルセットであり、セット的にも最も魅力的な一夜。

そして驚異のボーナス・トラックには、同日のサウンドチェック・パーティの模様もハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。

本公演前のVIP限定のサウンドチェックを、こちらも極上クオリティーで収録しており、この日のみ”Honey Don’t”、”Sing the Changes”そして”It’s So Easy”などが披露されたあたりは要チェック。

とにかくこの驚きの内容とクオリティーを体感すれば、後発リリース予定の豪華ボックスへの期待も膨らむばかりで、今後のリリースを待てないファン、さらにピュアなオーディエンス・サウンドを堪能したいファンなどには必携の限定コレクターズ・エディション。
なお、限定プレ・リリースのブレス3CDゆえ、リリース即完売も予想されるため、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Save Us 05. Can't Buy Me Love 06. Jet 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It 09. I've Got A Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred And Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. I've Just Seen A Face 14. In Spite of All The Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. New 02. Queenie Eye 03. The Fool On the Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live And Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Hi, Hi, Hi 04. I Saw Her Standing There 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

07. Intro 08. Jam 09. Honey Don't 10. Flaming Pie 11. Drive My Car 12. Sing The Changes 13. Don't Let The Sun Catch You Cryin' 14. Let 'Em In 15. I've Just Seen A Face 16. It's So Easy 17. Ram On 18. Midnight Special 19. San Francisco Bay Blues 20. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 29th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月11日

ポール、東京ドーム初日を、サウンドチェックも含めた完全フル収録で。

evsd956p1.jpg



◆ Paul McCartney / One On One Tokyo Dome #1 Omnidirectional (プレス3CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年来日公演第2弾は、今後リリースのプレ・アイテムとして、4月27日、東京ドーム初日公演を、サウンド・チェックも含めた、究極のオーディエンス音源を、限定ロー・プライス・プレス3CDにて。

過去2度の来日アイテムでも実証された、最強タッグEVSD+XAVELから、2017年の来日全4公演も驚愕アイテムの数々がリリース予定の中、まずそのイントロダクションとして、あのドーム初日を、現代最高レベルのクオリティーのよるオーディエンス音源と、サウンドチェック・パーティもプラスしてリリース。

まずそのオーディエンス音源は単なる会場録音とは一線を画す、これぞ「フロント・ロー・レコーディング」の極地といえるもので、プロ・テーパーが最高の機材を投入して、ドームアリーナA中央ブロックの正真正銘フロント・ローにてレコーディング。
それは同レーベルの代名詞となった、ハイエンド無指向性マイクをもちろん使用し、左右の吊り下げメーンPAスピーカー、アリーナ最前列のオーディエンス向けの小型スピーカー、さらにステージ上に多数配置されたミュージシャン用のモニタリング・スピーカー、ギター・アンプをはじめとした生音、それら多種多様な出音を驚異的なまでに立体的なサウンドにて収録。
よってそのレンジの広い音色、残響や音の回り込みなどは皆無のダイレクトな音像、そして眼前にリアルにアリーナ最前列の空間を再現してみせる拡がりのあるステレオ感と、これだけのオーディエンス・サウンド・アイテムは、まさにワン・アンド・オンリー。
そして武道館同様、”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,「ワン・オン・ワン・ツアー」に添ったフル・セットとなるライブは、結果的には全39曲のセットとなるもので、ソロからの”New”や久しぶりの”Fool On The Hill”、リアーナ、カニエ・ウエストとのコラボ作”Four Five Seconds”、そして”Eleanor Rigby”など、武道館では演奏しなかった曲は、トータル12曲となることに。
なお武道館でも披露したクオリーメン時代の”In Spite of All the Danger”は、こちらも久しぶりのセットインとなる”You Won't See Me”をはさんで”Love Me Do”へと流れたり、この日も”I Wanna Be Your Man”、アンコールでの”Sgt. Pepper's (Reprise)”など、前回の来日にはなかったサプライズも続々と。
そして驚異のボーナス・トラックには、同日のサウンドチェック・パーティの模様もハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。

本公演前のVIP限定のサウンドチェックを、こちらも極上クオリティーで収録しており、この日のみ”Matchbox”、”Things We Said Today”そして”Every Night”などが披露されたあたりは要チェック。

とにかくこの驚きの内容とクオリティーを体感すれば、後発リリース予定の豪華ボックスへの期待も膨らむばかりで、今後のリリースを待てないファン、さらにピュアなオーディエンス・サウンドを堪能したいファンなどには必携の限定コレクターズ・エディション。
なお、限定プレ・リリースのブレス3CDゆえ、リリース即完売も予想されるため、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Junior's Farm 05. Can't Buy Me Love 06. Letting Go 07. Temporary Secretary 08. Let Me Roll It 09. I've Got a Feeling 10. My Valentine 11. Nineteen Hundred and Eighty-Five 12. Maybe I'm Amazed 13. We Can Work It Out 14. In Spite of All the Danger 15. You Won't See Me 16. Love Me Do 17. And I Love Her 18. Blackbird 19. Here Today
Disc 2 : 01. Queenie Eye 02. New 03. The Fool on the Hill 04. Lady Madonna 05. FourFiveSeconds 06. Eleanor Rigby 07. I Wanna Be Your Man 08. Being for the Benefit of Mr. Kite! 09. Something 10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band on the Run 12. Back in the U.S.S.R. 13. Let It Be 14. Live and Let Die 15. Hey Jude
Disc 3 : -encore- 01. Yesterday 02. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 03. Hi, Hi, Hi 04. Birthday 05. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End 06. Closing
[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

07. Intro 08. Jam 09. Matchbox 10. Coming Up 11. Drive My Car 12. C Moon 13. Miss Ann 14. Things We Said Today 15. Every Night 16. Ram On 17. Midnight Special 18. Magic Piano Intro / Lady Madonna (short version)
[Soundcheck at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月05日

ポール2017年武道館公演の、サウンドチェックも含めた完全収録盤!

sne248psp.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / ONE ON ONE AT JUDO ARENA 2017 (プレス3CD) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いSEE NO EVILレーベルより、2017年4月25日、日本武道館公演をハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・マスターからコンプリート収録し、さらに貴重な当日のサウンド・チェックの模様を、なんとイヤー・モニター・ソースからのライン音源にて追加収録したタイトルが、限定プレス3CD仕様にてここに。

まず過去2度の来日アイテムでも実証された、本レーベルならではサウンド・クオリティーの高さは、まずレコーディング・ポジションによるのも大きく、今回もアリーナ前方ブロックのPA.正面通路側のシートを確保。そしてそのリアル・サウンドによる音源ソースを、一切音補正せずにそのままダイレクト収録しており、一部”Live and Let Die"でパイロが大炸裂するパートのみ、音量と音圧を最低限で補正している以外、イコライジングも一切無しゆえ、まさに当日の模様を生々しくリアルに再現。
そしてそのライブ内容は言うに及ばず素晴らしいもので、”Hard Day's Night”で幕を開けた「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」初日であり、2017年ツアーの封切りでもある中、日本初公開となる演出や楽曲を含む2時間を超えるステージは、この後に続く東京ドーム3daysへの期待も高まることに。

そしてさらにdisc:3には、当日の午後3時40分から行われたサウンド・チェックを、関係者流出によるイヤー・モニター・ソースからのライン音源にて、約1時間にわたり収録。

この年初めてのコンサートということで、かなり念入りなチェックが行われる中、”Honey Don't”や”Ram On”などは本編ライブでは聴けないうえ、最後にはキーボードのウィックスが黙々と"Here, There and Everywhere”のオーケストレーション・パートの練習をするパートも含めた、トータル78分の音源はあまりに貴重。
よってまさにこの記念すべき一日のすべてを完全コンパイルした、永久保存プレス3CDアイテムは、来日記念限定コレクターズ・エディションゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 01. Opening BGM 02. A Hard Day's Night 03. Jet 04. Drive My Car 05. Junior’s Farm 06. Let Me Roll It 07. I've Got a Feeling 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty-Five 10. Maybe I'm Amazed 11. We Can Work It Out 12. Every Night 13. In Spite Of All The Danger
Disc 2 : 01. Love Me Do 02. Blackbird 03. Here Today 04. Queenie Eye 05. Lady Madonna 06. I Wanna Be Your Man 07. Magical Mystery Tour
08. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 09. Ob-La-Di, Ob-La-Da 10. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band [Reprise] 11. Back In The U.S.S.R. 12. Let It Be 13. Live And Let Die 14. Hey Jude 15. Encore Break 16. Yesterday 17. Paul Introduced Great Audience 18. Hi, Hi, Hi
19. Golden Slumbers 20. Carry That Weight 21. The End
[Live at Nippon Budokan Tokyo Japan April 25th 2017]

Disc 3 : 01. Ready for Sound-check 02. Jam 03. Honey Don't 04. Magical Mystery Tour 05. Magical Mystery Tour (Original Source) 06. Save Us #1 07. Save Us #2 (Short Half) 08. Let 'Em In 09. Love Me Do 10. Queenie Eye 11. Bluebird 12. Ram On 13. Plays Orchestration from "Here, There and Everywhere"
[Soundcheck at Nippon Budokan Tokyo Japan April 25th 2017]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月04日

ポール東京ドーム最終公演の映像と音源のカップリング!

nemo015led.jpg



◆ Paul McCartney / One On One at Tokyo Dome Final Film Limited (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから

2017年4月「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」の東京ドーム3日目であり、来日最終日となった4月30日の模様を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化した映像と、別レコーディングの音源をカップリングし、すべて2時間40分にわたりコンプリート収録。

まず映像はブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、ドーム3塁側バルコニーの最前列席から撮影されたもの。そしてドームのスタンド席の中では最も距離の近い位置からの撮影であり、障害物なしの見晴らし良好な環境で、全編にわたり安定したアングルと、要所ではポールのクローズ・ショットも織り込み、またポールがグランド・ピアノへと移動する楽曲だけ死角になってしまうため、その部分はスクリーン・ショットにスイッチするというこだわりよう。
またさらに音声パートには、別レコーディングされたデジタル・オーディエンス・マスターをマトリックスすることで、低音から高音まで破綻の無いレンジの広いサウンドで、この一夜を追体験出来るというもの。
そしてあっという間に最終日となったこの千秋楽は、まずセットにおいても”Junior's Farm”と”Jet”が入り、アンコールではこの日のみ”Get Back”もついに披露。
そして何より美しい水色に染まった東京ドーム全体の模様、特に”Hey Jude”での会場全体を埋め尽くす、サイリウム美しさは今回のジャパン・ツアーのハイライトたる光景で、そのあたりの感動が蘇るのは、このスタンド席からのHDクオリティー映像ならでは。
もちろん照明の美しさや”Live And Let Die”でのパイロのド迫力までリアルに再現しているだけに、当日参戦された方はもちろん、参戦出来なかった人にもメモリアルな限定コレクターズ・エディション。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。

ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。
そしてさらに音源CDには、映像にマトリックスされた、アリーナ・フロント・ローからの別レコーディングによる、デジタル・オーディエンス・マスターを収録。
こちらはアンコールでの観客をステージ上に招いてやりとりされるパートはカットされており、それ以外は低音から高音まで破綻の無いレンジの広いサウンドで、この一夜を再現しており、こちらもメモリアル・アイテムとして持っておきたいところ。

(Blu-ray & DVDR : Same Set)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Junior’s Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Jet 06. Temporary Secretary 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I've Got A Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. In Spite of All The Danger 14. You Won't See Me 15. Love Me Do 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. Queenie Eye 20. New 21. The Fool On The Hill 22. Lady Madonna 23. FourFiveSeconds 24. Eleanor Rigby 25. I Wanna Be Your Man 26. Being for the Benefit of Mr. Kite! 27. Something 28. Ob-La-Di, Ob-La-Da 29. Band On The Run 30. Back In The U.S.S.R. 31. Let It Be 32. Live And Let Die 33. Hey Jude –encore- 34. Yesterday 35. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 36. Get Back 37. Hi, Hi, Hi 38. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

CD 1 : 01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Junior’s Farm 04. Can't Buy Me Love 05. Jet 06. Temporary Secretary 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I've Got A Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. In Spite of All The Danger 14. You Won't See Me 15. Love Me Do 16. And I Love Her 17. Blackbird 18. Here Today 19. Queenie Eye 20. New
CD 2 : 01. The Fool On The Hill 02. Lady Madonna 03. FourFiveSeconds 04. Eleanor Rigby 05. I Wanna Be Your Man 06. Being for the Benefit of Mr. Kite! 07. Something 08. Ob-La-Di, Ob-La-Da 09. Band On The Run 10. Back In The U.S.S.R. 11. Let It Be 12. Live And Let Die 13. Hey Jude –encore- 14. Yesterday 15. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise) 16. Get Back 17. Hi, Hi, Hi 18. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

[Live at Nippon Budokan Tokyo Japan April 30th 2017]
◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月03日

エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパンから、ポール武道館公演のプレ・アイテムが限定リリース

evsd954p.jpg



◆ Paul McCartney / One On One at BUDOKAN Omnidirectional (限定プレス2CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイ×ザヴェル・ジャパン制作総指揮による、ポールの2017年来日公演第1弾は、今後リリースのプレ・アイテムとして、4月25日、日本武道館公演の究極のオーディエンス音源を、限定ロー・プライス、プレス2CDにて。

過去2度の来日アイテムでも実証された、最強タッグEVSD+XAVELから、2017年の来日全4公演も驚愕アイテムの数々がリリース予定の中、まずそのイントロダクションとして、あの日本武道館でのスペシャル・コンサートを、現代最高レベルのクオリティーのよるオーディエンス音源と、驚異的ボーナス・トラックをプラスしてリリース。


まずそのオーディエンス音源は単なる会場録音とは一線を画すもので、武道館音響を知り尽くしたプロが選んだベスト・シートから、現代最高峰のハイエンド・無指向性マイクを用いることで、低音から高音まで破綻無く完璧に捉え、広域レンジの広いサウンドを実現。そして各楽器パートの輪郭の明確さは、サウンドボード音源と遜色無く、武道館の空気感までも完璧に再現しており、たとえば会場全体が一体となった「Love Me Do」での手拍子などは、まるで会場に居るかのような錯覚に。
そしてそのライブ内容は言うに及ばず素晴らしいもので、”Hard Day's Night”で幕を開けた「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」初日であり、2017年ツアーの封切りでもある中、日本初公開となる演出や楽曲を含む2時間を超えるステージは、この後に続く東京ドーム3daysへの期待も高まることに。
そして驚異のボーナス・トラックには、今後同レーベルからリリースのボックス・セットに収録される、驚愕クオリティーの音源を2トラック、サンプル的に追加収録。
まずトラック1には、本公演の”A Hard Day's Night”を、本レーベルおなじみのマルチIEMマトリクス音源にて収録。ここではラフ・ミックス段階ながら、それでもこのクオリティーであることに、今後のボックス・リリースへの期待も大に。さらにボーナストラック2には、ライブ前日の4月24日に行われたサウンドチェックから”Miss Ann”を収録。
しかもあまりにも貴重な前日リハーサルをサウンドボード・ソースで収めたもので、こちらもその驚きの内容とクオリティーに後発の豪華ボックスへの期待が膨らむばかり。
よって今後のリリースを待てないファンは、ピュアなオーディエンス・サウンドを堪能したいファンなどには必携の限定コレクターズ・エディション。
なお、限定プレ・リリースのブレス2CDゆえ、リリース即完売も予想されるため、ご希望の方はお早めに。


Disc 1 : 01. Pre-show SE (Coming Up / Mrs. Vandebilt) 02. Opening (The End) 03. A Hard Day's Night 04. Jet 05. Drive My Car 06. Junior's Farm 07. Let Me Roll It / Foxy Lady 08. I've Got a Feeling 09. My Valentine 10. Nineteen Hundred and Eighty-Five 11. Maybe I'm Amazed 12. We Can Work It Out 13. Every Night 14. In Spite of All the Danger 15. Love Me Do 16. Blackbird 17. Here Today
Disc 2 : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back in the U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 25th April 2017 : EVSD & XAVEL Original Audience Master (Omnidirectional Microphone)]
15. A Hard Day's Night
[Live at Nippon Budokan 25th April 2017 : Multiple IEM Matrix Master - Rough Mix]
16. Miss Ann
[Soundcheck at Nippon Budokan 24th April 2017 : Soundboard Master]

◇Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年05月02日

ストーン・ローゼス、日本武道館2日目の模様もブルーレイで!

nemo014sr.jpg



◆ STONE ROSES / NIPPON BUDOKAN 2017 PART TWO (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから

4年ぶりの来日公演となった、2017年4月21&22日、日本武道館2回公演の2日目の模様を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーによるもので、映像もスタンド1F席南西ブロックから、障害物なしの見晴らし良好な環境にて、安定したアングルと、要所ではクローズ・ショットも織り込み、92分にわたりコンプリート収録。
そして2013年ソニックマニア以来、単独としては22年ぶりの武道館公演は、初日が即効完全ソールド・アウトで急遽この翌日が追加されるという異常人気なうえ、前年のツアー・キャンセルもあって、開演前から期待に胸膨らませた異常な熱気の中でついにライブはスタート。
そして前日同様”I Wanna Be Adored”で始まったライブは、2日目ということもあってか、イアンもややリラックスした雰囲気の中、落ち着いたボーカルを聞かせ、そこからジョン、マニ、レニの3人のプレイもスロットルがかかり、特にレニは前日同様最初から飛ばしまくりで、ハイハットとタム&スネアを高速で上下左右にブチ叩く“Sally Cinnamon”から、ローゼズ・ケミストリーが出現。
なおその後セットは初日と同様で、デビュー・アルバム『ザ・ストーン・ローゼズ』のナンバーを中心に、『セカンド・カミング』からはやや少ないものの、前年にリリースされた新曲“All For One”は、ここ日本では初めて演奏されることに。
そして“Begging You”、“Love Spreads”といったR&Rグルーヴ・チューンはジョン・スクワイアのギターが全面フューチャーされ、その他にも“Waterfall”から“Don’t Stop”への渾然一体となった流れ、そして“Fools Gold”は、まさにミラクルな感動的パフォーマンスを披露。
そして終盤ローゼズの究極のシンガロング・チューン“Made Of Stone”、大きな手拍子が巻き起こった“This Is The One”、そして最後はもちろん曲“I Am the Resurrection”で、満員の観衆からの大歓声の中、奇跡の2夜はエンド。
なお両日セットリストは同様ながら、この2公演のみの来日だっただけに、ファンはやはりどちらも要チェックの必見マスト・アイテム。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。

01. Opening 02. I Wanna Be Adored 03. Elephant Stone 04. Sally Cinnamon 05. Mersey Paradise 06. (Song For My) Sugar Spun Sister 07. Bye Bye Badman 08. Shoot You Down 09. Begging You 10. Waterfall / Don't Stop 11. Elizabeth My Dear 12. Fools Gold 13. All For One 14. Love Spreads 15. Made Of Stone 16. She Bangs The Drums 17. Breaking Into Heaven 18. This Is The One 19. I Am The Resurrection
[2nd Night : Live at Nippon Budokan, Tokyo Japan 22nd April 2017]

ストーン・ローゼス、日本武道館初日をブルーレイで!

nemo013sr.jpg



◆ STONE ROSES / NIPPON BUDOKAN 2017 PART ONE (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから

4年ぶりの来日公演となった、2017年4月21&22日、日本武道館2回公演の初日の模様を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーによるもので、映像もスタンド1F席南西ブロックから、障害物なしの見晴らし良好な環境にて、安定したアングルと、要所ではクローズ・ショットも織り込み、92分にわたりコンプリート収録。
そして2013年ソニックマニア以来、単独としては22年ぶりの武道館公演は、この初日が即効完全ソールド・アウトで急遽翌日が追加されるという異常人気なうえ、前年のツアー・キャンセルもあって、開演前から期待に胸膨らませた異常な熱気の中でついにライブはスタート。
そして”I Wanna Be Adored”でついに始まったライブは、直立不動のイアンが珍しく音をほぼ外さず歌い切り、そこから徐々に緊張感が解れ、ジョン、マニ、レニの3人のプレイがタイトに弾み始め、特にレニは最初から全開で、ハイハットとタム&スネアを高速で上下左右にブチ叩く“Sally Cinnamon”では、早くもローゼズ・ケミストリーが出現。
その後セットはデビュー・アルバム『ザ・ストーン・ローゼズ』のナンバーを中心に『セカンド・カミング』からはやや少ないものの、前年にリリースされた新曲“All For One”は、ここ日本では初めて演奏されることに。
そして“Begging You”、“Love Spreads”といったR&Rグルーヴ・チューンはジョン・スクワイアのギターが全面フューチャーされ、その他にも“Waterfall”から“Don’t Stop”への渾然一体となった流れ、そして“Fools Gold”は、まさにミラクルな感動的パフォーマンスを披露。
そして終盤ローゼズの究極のシンガロング・チューン“Made Of Stone”、大きな手拍子が巻き起こった“This Is The One”、そして最後はもちろん曲“I Am the Resurrection”でまさに完全復活を宣言したかのようなエンド。
なお両日セットリストは同様ながら、この2公演のみの来日だっただけに、ファンはやはりどちらも要チェックの必見マスト・アイテム。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。

01. Opening 02. I Wanna Be Adored 03. Elephant Stone 04. Sally Cinnamon 05. Mersey Paradise 06. (Song For My) Sugar Spun Sister 07. Bye Bye Badman 08. Shoot You Down 09. Begging You 10. Waterfall / Don't Stop 11. Elizabeth My Dear 12. Fools Gold 13. All For One 14. Love Spreads 15. Made Of Stone 16. She Bangs The Drums 17. Breaking Into Heaven 18. This Is The One 19. I Am The Resurrection
[1st Night : Live at Nippon Budokan, Tokyo Japan 21st April 2017]

2017年05月01日

ポール、東京ドーム公演の初日の映像をコンプリート収録

nd6516p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / One On One at Tokyo Dome #1 (2DVDR) この商品はこちらから

2017年4月「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」より、4月25日日本武道館でのスペシャル・コンサートに続く、東京ドーム3回公演の初日となる4月27日の模様を、モバイルも含む各種良好オーディエンス映像にて収録。
曲間等で一部カットされている以外は、ライブの全貌をほぼコンプリートで収録しており、複数の映像ソースより良質クオリティーなものをセレクト・編集しているので、全編クリアーかつ、安定したアングルで、至近距離からの良好ショットも多く、さらに音声には別レコーディングされたデジタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックスした迫力あるサウンドにて。
そして武道館同様、”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,武道館と違い前年からの「ワン・オン・ワン・ツアー」に添ったフル・セットとなるライブは、結果的には全39曲のセットとなるもので、ソロからの”New”や久しぶりの”Fool On The Hill”、リアーナ、カニエ・ウエストとのコラボ作”Four Five Seconds”、そして”Eleanor Rigby”など、武道館では演奏しなかった曲は、トータル12曲となることに。
なお武道館でも披露したクオリーメン時代の”In Spite of All the Danger”は、こちらも久しぶりのセットインとなる”You Won't See Me”をはさんで”Love Me Do”へと流れたり、この日も”I Wanna Be Your Man”、アンコールでの”Sgt. Pepper's (Reprise)”など、前回の来日にはなかったサプライズも続々と。
そしてこれも結果的に”Letting Go”、”Temporary Secretary”、”You Won't See Me”そして”Four Five Seconds”の4曲が日本初披露となっており、4万8千人が素晴らしい夢のようなひとときに浸った一夜に、来日関連のTVレポートも追加したトータル2時間48分は、メモリアルな来日限定コレクターズ・アイテム。


DISC 1 : 01.Message/Concert AD/02.Message/03.Arrival/04.Opening/05.A Hard Day's Night/06.Junior's Farm/07.Can't Buy Me Love/08.Letting Go/09.Temporary Secretary/10.Let Me Roll It/Foxy Lady/11.I've Got A Feeling/12.My Valentine/13.Nineteen Hundred And Eighty-Five/14.Maybe I'm Amazed/15.We Can Work It Out/16.In Spite Of All The Danger/17.You Won't See Me/18.Love Me Do/19.And I Love Her/20.Blackbird/21.Here Today/22.Queenie Eye
DISC 2 : 01.New/02.The Fool On The Hill/03.Lady Madonna/04.FourFiveSeconds/05.Eleanor Rigby/06.I Wanna Be Your Man/07.Being For The Benefit Of Mr. Kite!/08.Something/09.Ob-La-Di, Ob-La-Da/10.Band On The Run/11.Back In The U.S.S.R./12.Let It Be/13.Live And Let Die/14.Hey Jude/15.Yesterday/16.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)/17.Hi, Hi, Hi/18.Fans On Stage/19.Birthday/20.Golden Slumbers8Carry That Weight/The End 21.TV Report

[Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan April 27th 2017]
Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年04月29日

ストーン・ローゼス、日本武道館での2回公演を完全再現!

xavel297sr.jpg



◆ STONE ROSES / Nippon Budokan Complete (4CDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、4年ぶりの来日公演となった、2017年4月21&22日、日本武道館での2回公演を、いずれもハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録したタイトルがここに。

まず同レーベルならではのオリジナル高品質マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施し、4人が繰り出す演奏をベスト・バランスにて収録。
そして2013年ソニックマニア以来、単独としては22年ぶりの武道館公演は、初日が即効完全ソールド・アウトで急遽翌日が追加されるという異常人気なうえ、前年のツアー・キャンセルもあったがうえに、開演前から期待に胸膨らませた異常な熱気の中でついにライブはスタート。
そして”I Wanna Be Adored”でついに始まったライブは、直立不動のイアンが珍しく音をほぼ外さず歌い切り、そこから徐々に緊張感が解れ、ジョン、マニ、レニの3人のプレイがタイトに弾み始め、特にレニは最初から全開で、ハイハットとタム&スネアを高速で上下左右にブチ叩く“Sally Cinnamon”では、早くもローゼズ・ケミストリーが出現。
その後セットはデビュー・アルバム『ザ・ストーン・ローゼズ』のナンバーを中心に『セカンド・カミング』からはやや少ないものの、前年にリリースされた新曲“All For One”は、ここ日本では初めて演奏されることに。
そして“Begging You”、“Love Spreads”といったR&Rグルーヴ・チューンはジョン・スクワイアのギターが全面フューチャーされ、その他にも“Waterfall”から“Don’t Stop”への渾然一体となった流れ、そして“Fools Gold”は、まさにミラクルな感動的パフォーマンスを披露。
そして終盤ローゼズの究極のシンガロング・チューン“Made Of Stone”、大きな手拍子が巻き起こった“This Is The One”、そして最後はもちろん曲“I Am the Resurrection”でまさに完全復活を宣言したかのようなエンド。
なお両日セットリストは同様ながら、ボーナスとして後にリリース予定の、同レーベルといえばおなじみの、完全フル・マトリックス音源のサンプル・トラック(2日目の「Begging You」)を追加収録。
本タイトルも充分すぎるクオリティーながら、さらなる究極サウンドを求めるファンは、このボーナス・トラックを聴きながら、完全版リリースまで今しばらくお待ち下さいませ。


Disc 1 : 01. Pre-show SE (I Was Made To Love Her) 02. Opening 03. I Wanna Be Adored 04. Elephant Stone 05. Sally Cinnamon 06. Mersey Paradise 07. (Song For My) Sugar Spun Sister 08. Bye Bye Badman 09. Shoot You Down 10. Begging You 11. Waterfall / Don't Stop 12. Elizabeth My Dear 13. Fools Gold
Disc 2 : 01. All For One 02. Love Spreads 03. Made Of Stone 04. She Bangs The Drums 05. Breaking Into Heaven 06. This Is The One 07. I Am The Resurrection
[-1st Night- Recorded at Nippon Budokan, Tokyo Japan 21st April 2017]

Disc 3 : 01. Pre-show SE (I Was Made To Love Her) 02. Opening 03. I Wanna Be Adored 04. Elephant Stone 05. Sally Cinnamon 06. Mersey Paradise 07. (Song For My) Sugar Spun Sister 08. Bye Bye Badman 09. Shoot You Down 10. Begging You 11. Waterfall / Don't Stop 12. Elizabeth My Dear 13. Fools Gold
Disc 4 : 01. All For One 02. Love Spreads 03. Made Of Stone 04. She Bangs The Drums 05. Breaking Into Heaven 06. This Is The One 07. I Am The Resurrection 08. Begging You (IEM Sources Matrix Recording)
[-2nd Night- Recorded at Nippon Budokan, Tokyo Japan 22nd April 2017]

2017年04月27日

ポール2017年武道館公演の最速映像と音源のカップリング!

nemo012les.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / One On One at Budokan Film Limited (1Blu-ray+1DVDR+2CDR) この商品はこちらから

2017年4月「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」は、4月25日、再びあの日本武道館でのスペシャル・コンサートからスタート。その感動の一夜を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化した映像と、別レコーディングの音源をカップリングしたタイトルが最速でここに。

まず映像はブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、2F南東スタンド最前方S席から撮影された、障害物なしの見晴らし良好な環境にて、2時間6分にわたりコンプリート収録。
安定したアングルと、要所ではポールのクローズ・ショットも織り込み、さらに音声パートには、別レコーディングされたデジタル・オーディエンス・マスターをマトリックスすることで、低音から高音まで破綻の無いレンジの広いサウンドで、この一夜を追体験出来るというもの。
そして定刻を30分ほど過ぎ、ポールがベースを抱えてステージに登場するや、11,000人の大歓声に応え、本ツアーおなじみながら、ここ日本では初めての演奏となる”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いて”Jet” から”Drive My Car”そして”Junior's Farm”と、前回とは全く違うスタートで、会場はすでに大熱狂。
その後は前年の「ワン・オン・ワン・ツアー」のセットを踏まえつつ、ポール自身がこの武道館ではサプライズ・ナンバーもあることを公言していたのに応えるべく、まず「次はビートルズ、初レコーディング」とMCし、クオリーメン時代の”In Spite of All the Danger”そのまま”Love Me Do”へと流れるあたりは、まさに55年前の原点回帰に。さらに「この曲は日本初公開!」と紹介された”I Wanna Be Your Man”、50周年記念エディションも話題を呼んでいる中でのタイムリーな『サージェント・ペパーズ』からも2曲と、まさに武道館ならではのサプライズが続々と。そしてアンコールでは、おなじみ日の丸を持ってポールが登場するや、サージェント・ペパーズのミリタリー・ルックのファンをステージに数人上げミニトークを行ったり、そのまま”Hi, Hi, Hi”でダンス参加したりと、日本では初めてとなる光景はやはり武道館ならでは。
そして”Golden Slumbers”から”Carry That Weight”、”The End”で感動の一夜はまさにエンド。
とにかくステージまでの距離感は、ドームなどとは比べ物にならない武道館だけに、照明の美しさやパイロの迫力までリアルに再現しているだけに、当日参戦された方はもちろん、参戦出来なかった人にもメモリアルな限定コレクターズ・エディション。
なおカップリングで同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。
そしてさらに音源CDには、映像にマトリックスされた、アリーナ・フロント・ローからの別レコーディングによる、デジタル・オーディエンス・マスターを収録。低音から高音まで破綻の無いレンジの広いサウンドで、この一夜を再現しており、こちらもメモリアル・アイテムとして持っておきたいところ。

(Blu-ray & DVDR : Same Set)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Jet 04. Drive My Car 05. Junior's Farm 06. Let Me Roll It - Foxy Lady 07. I've Got A Feeling 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred and Eighty-Five 10. Maybe I'm Amazed 11. We Can Work It Out 12. Every Night 13. In Spite of All the Danger 14. Love Me Do 15. Blackbird 16. Here Today 17. Queenie Eye 18. Lady Madonna 19. I Wanna Be Your Man 20. Magical Mystery Tour 21. Being for the Benefit of Mr. Kite! 22. Ob-La-Di, Ob-La-Da 23. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 24. Back In The U.S.S.R. 25. Let It Be 26. Live and Let Die 27. Hey Jude –encore- 28. Yesterday 29. Hi, Hi, Hi 30. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

CD one : 01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Jet 04. Drive My Car 05. Junior's Farm 06. Let Me Roll It - Foxy Lady 07. I've Got A Feeling 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred and Eighty-Five 10. Maybe I'm Amazed 11. We Can Work It Out 12. Every Night 13. In Spite of All the Danger 14. Love Me Do 15. Blackbird 16. Here Today

CD two : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End

[Live at Nippon Budokan Tokyo Japan April 25th 2017]
Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

ポール2017年武道館公演の、最速映像もブルーレイにて!

nemo012p.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / One On One at Budokan Film (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから

2017年4月「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」は、4月25日、再びあの日本武道館でのスペシャル・コンサートからスタート。その感動の一夜を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化したタイトルが最速でここに。

まずブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、2F南東スタンド最前方S席から撮影された、障害物なしの見晴らし良好な環境にて、2時間6分にわたりコンプリート収録。
安定したアングルと、要所ではポールのクローズ・ショットも織り込み、さらに音声パートには、別レコーディングされたデジタル・オーディエンス・マスターをマトリックスすることで、低音から高音まで破綻の無いレンジの広いサウンドで、この一夜を追体験出来るというもの。
そして定刻を30分ほど過ぎ、ポールがベースを抱えてステージに登場するや、11,000人の大歓声に応え、本ツアーおなじみながら、ここ日本では初めての演奏となる”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いて”Jet” から”Drive My Car”そして”Junior's Farm”と、前回とは全く違うスタートで、会場はすでに大熱狂。
その後は前年の「ワン・オン・ワン・ツアー」のセットを踏まえつつ、ポール自身がこの武道館ではサプライズ・ナンバーもあることを公言していたのに応えるべく、まず「次はビートルズ、初レコーディング」とMCし、クオリーメン時代の”In Spite of All the Danger”そのまま”Love Me Do”へと流れるあたりは、まさに55年前の原点回帰に。さらに「この曲は日本初公開!」と紹介された”I Wanna Be Your Man”、50周年記念エディションも話題を呼んでいる中でのタイムリーな『サージェント・ペパーズ』からも2曲と、まさに武道館ならではのサプライズが続々と。そしてアンコールでは、おなじみ日の丸を持ってポールが登場するや、サージェント・ペパーズのミリタリー・ルックのファンをステージに数人上げミニトークを行ったり、そのまま”Hi, Hi, Hi”でダンス参加したりと、日本では初めてとなる光景はやはり武道館ならでは。
そして”Golden Slumbers”から”Carry That Weight”、”The End”で感動の一夜はまさにエンド。
とにかくステージまでの距離感は、ドームなどとは比べ物にならない武道館だけに、照明の美しさやパイロの迫力までリアルに再現しているだけに、当日参戦された方はもちろん、参戦出来なかった人にもメモリアルな限定コレクターズ・エディション。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。

(Blu-ray & DVDR : Same Set)
01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Jet 04. Drive My Car 05. Junior's Farm 06. Let Me Roll It - Foxy Lady 07. I've Got A Feeling 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred and Eighty-Five 10. Maybe I'm Amazed 11. We Can Work It Out 12. Every Night 13. In Spite of All the Danger 14. Love Me Do 15. Blackbird 16. Here Today 17. Queenie Eye 18. Lady Madonna 19. I Wanna Be Your Man 20. Magical Mystery Tour 21. Being for the Benefit of Mr. Kite! 22. Ob-La-Di, Ob-La-Da 23. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 24. Back In The U.S.S.R. 25. Let It Be 26. Live and Let Die 27. Hey Jude –encore- 28. Yesterday 29. Hi, Hi, Hi 30. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
[Live at Nippon Budokan Tokyo Japan April 25th 2017]
Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

ポール2017年武道館公演の最速音源!

pmb2017a.jpg



◆ PAUL McCARTNEY / ONE ON ONE at BUDOKAN (2CDR) この商品はこちらから

2017年4月「ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー」は、4月25日、再びあの日本武道館でのスペシャル・コンサートからスタート。その感動の一夜を、アリーナ・フロント・ローからのオーディエンス・マスターにデジタル・リマスタリングを施しコンプリート収録したタイトルが最速でここに。

まずポールにとっても2017年初めてのコンサートであり、それが東京ドーム3daysに先立ち武道館で行われることで、2年前のあの感動が再び蘇ることに。
そして定刻を30分ほど過ぎ、ポールがベースを抱えてステージに登場するや、11,000人の大歓声に応え、本ツアーおなじみながら、ここ日本では初めての演奏となる”A Hard Day's Night”で幕を開けるや,その後続いて”Jet” から”Drive My Car”そして”Junior's Farm”と、前回とは全く違うスタートで、会場はすでに大熱狂。
その後は前年の「ワン・オン・ワン・ツアー」のセットを踏まえつつ、ポール自身がこの武道館ではサプライズ・ナンバーもあることを公言していたのに応えるべく、まず「次はビートルズ、初レコーディング」とMCし、クオリーメン時代の”In Spite of All the Danger”そのまま”Love Me Do”へと流れるあたりは、まさに55年前の原点回帰に。さらに「この曲は日本初公開!」と紹介された”I Wanna Be Your Man”、50周年記念エディションも話題を呼んでいる中でのタイムリーな『サージェント・ペパーズ』からも2曲と、まさに武道館ならではのサプライズが続々と。そしてアンコールでは、おなじみ日の丸を持ってポールが登場するや、サージェント・ペパーズのミリタリー・ルックのファンをステージに数人上げミニトークを行ったり、そのまま”Hi, Hi, Hi”でダンス参加したりと、日本では初めてとなる光景はやはり武道館ならでは。
そして”Golden Slumbers”から”Carry That Weight”、”The End”で感動の一夜はまさにエンド。
そのすべてをデジタル・オーディエンス・マスターに24bitマスタリングも施すことで、全編パランスの良いサウンドにて再現。当日参戦された方はもちろん、参戦出来なかった人にもメモリアルな限定コレクターズ・エディション。

disc one : 01. Opening 02. A Hard Day's Night 03. Jet 04. Drive My Car 05. Junior's Farm 06. Let Me Roll It - Foxy Lady 07. I've Got A Feeling 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred and Eighty-Five 10. Maybe I'm Amazed 11. We Can Work It Out 12. Every Night 13. In Spite of All the Danger 14. Love Me Do 15. Blackbird 16. Here Today

disc two : 01. Queenie Eye 02. Lady Madonna 03. I Wanna Be Your Man 04. Magical Mystery Tour 05. Being for the Benefit of Mr. Kite! 06. Ob-La-Di, Ob-La-Da 07. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 08. Back In The U.S.S.R. 09. Let It Be 10. Live and Let Die 11. Hey Jude –encore- 12. Yesterday 13. Hi, Hi, Hi 14. Golden Slumbers - Carry That Weight - The End
[Live at Nippon Budokan Tokyo Japan April 25th 2017]
Paul McCartney - lead vocals, bass, guitar, piano / Rusty Anderson - vocals, guitar / Brian Ray - vocals, bass, guitar / Paul Wickens - vocals, keyboards, percussion / Abe Laboriel, Jr - drums, percussion, vocals

2017年04月26日

YES Featuring ARW、東京3公演すべてをコンパイル

amity393a.jpg



◆ YES Feat. ARW / LIVE IN TOKYO 2017 (6CDR) この商品はこちらから

2017年の来日直前に「YES Featuring ARW」と改名し、自身たちもイエスであることをアピール。そしてついに実現した全6公演のジャパン・ツアーより、東京連続3daysとなった4月17&18&19日のオーチャード・ホールでのライブを、すべてデジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
東京ではこのオーチャード・ホール3日間の連続公演となった中、同機材・同じ会場でのレコーディングゆえ、すべてバランスからクリアーさ、ダイレクト感まで統制されており、本家イエスとのショー構成やコンセプトなど、トータルで比較できることに。
特に現在本家でも演奏されている曲は5曲あり、シャープかつスピード感も鮮やかな「Perpetual Change」、トレヴァー・ラビンのアコギ・イントロが軽快な「I’ve Seen All Good People」、そしてリック・ウェイクマンのサウンドが美しい「And You and I」、そして共にアンコールに配された「Roundabout」など興味深いところ。また特に「Heart Of The Sunrise」では、ドラマーのルー・モリーノ3世のプレイが若き頃のビルブラを彷彿させるドラミングを披露しており、そのあたりも聞きどころ。
そして全3公演セットに変化はないものの、来日記念限定コレクションとして、ファンには必携のメモリアル・アイテム。

Disc 1: 1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise
Disc 2 : 1. Changes 2. The Meeting 3. Awaken 4. Make It Easy 5. Owner Of A Lonely Heart 6. Roundabout
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 17th April 2017]

Disc 3 : 1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise
Disc 4 : 1. Changes 2. The Meeting 3. Awaken 4. Make It Easy 5. Owner Of A Lonely Heart 6. Roundabout
Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 18th April 2017]

Disc 5 : 1. Symphonic Music (Perpetual Change Theme) 2. Cinema 3. Perpetual Change 4. Hold On 5. I've Seen All Good People 6. Drum Solo 7. Lift Me Up 8. And You and I 9. Rhythm Of Love 10. Heart Of The Sunrise
Disc 6 : 1. Changes 2. The Meeting 3. Awaken 4. Make It Easy 5. Owner Of A Lonely Heart 6. Roundabout
[Live at Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan 19th April 2017]

◇Jon Anderson - lead vocals / Trevor Rabin - guitars / Rick Wakeman – keyboards / Lee Pomeroy - bass / Lou Molino III – drums

2017年04月24日

ジェネレーション・アックス、東京初日の映像決定盤!

alxbd053g.jpg



◆ GENERATION AXE / 2017 Tokyo 1st Night Film (2Blu-ray+2DVDR) この商品はこちらから

スティーヴ・ヴァイのアイディアのもと、ザック・ワイルド、イングヴェイ・マルムスティーン、ヌーノ・ベッテンコート、トーシン・アバシによる、スペシャル・ギター・ユニット「ジェネレーション・アックス」が、ついに2017年4月に日本にも上陸。

そしてそのジャパン・ツアーにおける東京初日、4月6日ZeppTokyoでのライブを、ベスト・クオリティーのサウンドと映像で収録したブルーレイとDVD-Rをセットにしたタイトルがここに。
まずこの日の模様を、会場2箇所からシューティングした安定感抜群の2台のHDカメラをマルチ・ミックスし、プロユースの編集にて。いずれも視界を妨げる障害物もほとんどなく、それぞれのソロでは指使いまで鮮明に捉えたズーム・ショットや、ステージ全体を的確に捉えたショット等を見事なスイッチングで編集しており、しかも音声パートはXAVELレーベルでおなじみの、のマルチIEMマトリクス・ソースを使用しているので、サウンドボード・レベルとなるもの。またライブの前後半をブルーレイ、DVDともに2枚ずつに分け収録する事により、映像の劣化もほとんどなく、特にブルーレイはその大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて。

そしてまず今回の日本公演のおおまかな構成・進行は下記の通り。

オープニング:5人による「Foreplay」 ⇒ トーシン・アバシ(2曲) ⇒ トーシン&ヌーノ「Physical Education」 ⇒ ヌーノ・ベッテンコート(3曲) ⇒ ヌーノ&ザック「Sideways」 ⇒ ザック・ワイルド(3曲) ⇒ スティーヴ・ヴァイ(4曲) ⇒ イングヴェイ・マルムスティーン(8曲) ⇒ イングヴェイ+ヴァイ「Black Star」 ⇒ イングヴェイ以外4人の「Frankenstein」 ⇒ エンディング:5人による「Highway Star」

以上、大阪公演などとほぼ同様の進行・構成となっており、まずオープニングの「Foreplay」からして凄絶で、イントロで5人が思い思いに弾きまくり、途中からのソロ回しから全員全開。そしてソロのトップバッター、トーシンは、猛烈なプログレ・メタルを披露し、名古屋公演では演奏しなかった「Air Chrysalis」も追加。続くヌーノはEXTREMEナンバーをメインに、ファンキーなノリは相変わらず。そして3番手のザックは全曲カバーで勝負となり、強引な弾きっぷりと凶暴なハーモニクスはやはり唯一無二。
そして、本来トリのスティーヴ・ヴァイの超絶個性は絶大で、変態フレーズのオンパレードに、オーディエンスもただ絶句。 そしてソロ最後のイングヴェイも、大阪では器材トラブルで荒れたのに対して、この日は絶好調のパフォーマンス披露し、ラストのヴァイとの「Black Star」までまさに神がかり。さらにその後はおなじみ豪華共演の3連発で、まず「Black Star」ではヴァイが登場、アンコールの「Frankenstein」ではイングヴェイ以外の4人、さらに大ラスの「Highway Star」では5人勢揃いで弾き倒しエンド。
記念すべき東京公演初日のメモリアル・アイテムとして、ギター・ファンは必携の来日限定コレクターズ・エディション。

Blu-ray &DVD-R disc:1 : 01. Intro [Nuno, Zakk, Steve, Yngwie, Tosin] 02. Foreplay [Tosin] 03. Tempting Time 04. Air Chrysalis 05. The Woven Web 06. Physical Education (with Nuno) [Nuno] 07. Get the Funk Out 08. Midnight Express 09. Extreme Medley 10. Sideways (with Zakk) [Zakk] 11. Guitar Solo 12. N.I.B. 13. Little Wing 14. Band Introduction 15. Whipping Post

Blu-ray &DVD-R disc:2 : [Steve] 01. Bad Horsie 02. Racing the World 03. Tender Surrender 04. Gravity Storm [Yngwie] 05. Spellbound 06. Into Valhalla 07. Baroque and Roll 08. Soldier 09. From a Thousand Cuts / Arpeggios from Hell 10. Badinerie 11. Icarus' Dream Suit Op.4 / Adagio 12. Far Beyond the Sun 13. Guitar Solo / Trilogy Suite Op: 5 14. Fugue 15. Acoustic Guitar Solo 16. Black Star (with Steve) [Nuno, Zakk, Steve, Tosin] 17. Frankenstein [Nuno, Zakk, Steve, Yngwie, Tosin] 18. Highway Star 19. Outro
[Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 6th April 2017]

◇ Yngwie Malmsteen / Steve Vai / Zakk Wylde / Nuno Bettencourt / Tosin Abasi
/ Pete Griffin - Bass / JP Bouvet - Drums / Derek Sherinian – Keyboards

2017年04月23日

ノラ・ジョーンズ、2017年武道館3公演最終日の映像もブルーレイで

nemo011nj.jpg



◆ NORAH JONES / 2017 Budokan 3rd Night (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから

2017年4月、4年半ぶりの来日公演は、武道館3daysを含む全9公演のジャパン・ツアーとなり、しかも日によってセットリストが変わり、全公演大絶賛で終わった中、そのハイライトとなった、4月13&14&15日の3日連続、武道館公演の最終日15日の模様を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、曲間等の一部ブラックアウトするパートもあるものの、ステージ真正面から障害物なしの見晴らし良好な環境にて、演奏内容は91分にわたりほぼコンプリート収録。
そしてトム・ウェイツのナンバーから始まったこの日は、続いてデビュー作『Come Away With Me』)からの“I’ve Got to See You Again”で瑞々しいジャズ・ピアノ披露し、『デイ・ブレイクス』からのタイトル・ナンバー、カントリー色を帯びた“Out on the Road”と続き、その後“Chasing Pirates”以降はピアノを離れ、キーボードやギターを奏でながら自在なステージへと。なおファースト・アルバムからの“Nightingale”はノラのギター演奏と共に披露。
なおこれまで本編ラストに位置していた”Stuck”がここで披露され、そして再びピアノに向かい、“Don’t Know Why”ではやはり喝采が起こり、”Little Broken Hearts”など近年のナンバーから、このバンドならではの刺激的なサウンドが差し込まれる新曲“Flipside”、そして本編最後はソウル・ジャズの“Carry On”で。
さらにアンコールは、おなじみになった、ウッドベースやマーチング・ドラムも持ち込まれたステージ中央に、メンバーが寄り添い、フォークタウン・スタイルでオーディエンスの手拍子を誘いながら、代表ナンバーを連発して楽しい雰囲気で終演。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。

01. The Long Way Home (Tom Waits cover) 02. I've Got To See You Again 03. Day Breaks 04. Out On The Road 05. Sinkin' Soon 06. Tragedy 07. Chasing Pirates 08. Nightingale 09. Lonestar 10. Stuck 11. Don't Know Why 12. Seven Years 13. Little Broken Hearts 14. The Nearness of You (solo) 15. Peace 16. Flipside 17. Carry On –encore- 18. Sunrise (folktown) 19. Creepin' In (folktown) 20. Come Away With Me (folktown)
[-3rd Night- :Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 15th April 2017]

ノラ・ジョーンズ、2017年武道館3公演2日目の映像もブルーレイで

nemo010nj.jpg



◆ NORAH JONES / 2017 Budokan 2nd Night (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから

2017年4月、4年半ぶりの来日公演は、武道館3daysを含む全9公演のジャパン・ツアーとなり、しかも日によってセットリストが変わり、全公演大絶賛で終わった中、そのハイライトとなった、4月13&14&15日の3日連続、武道館公演の2日目14日の模様を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、曲間等の一部ブラックアウトするパートもあるものの、ステージ真正面から障害物なしの見晴らし良好な環境にて、演奏内容は96分にわたりほぼコンプリート収録。
そしてこの日は、”Burn”から始まり、その後『デイ・ブレイクス』からの“Tragedy”、そしてカントリー色を帯びた“Out on the Road”と続き、ジェシー・ハリス作の初期ナンバー“Something Is Calling You”などはダイナミックなアレンジで。
そして『デイ・ブレイクス』からのニール・ヤングの“Don’t Be Denied”はソウルフルなパフォーマンスで、その後“Chasing Pirates”以降はピアノを離れ、キーボードやギターを奏でながら自在なステージへと。なお、プスンブーツ名義の“Don’t Know What It Means”セルフ・カバーに、ファースト・アルバムからの“Nightingale”はノラのギター演奏と共に披露。
そして再びピアノに向かい、“Don’t Know Why”ではやはり喝采が起こり、続くピアノをリフレインさせるスウィング・ナンバーの新曲“It’s A Wonderful Time For Love”、本編最後は、ソウル・ジャズの“Carry On”と、再びギターを手に取り、“Stuck”でエンド。
そしてさらにアンコールは、ウッドベースやマーチング・ドラムも持ち込まれたステージ中央に、メンバーが寄り添い、フォークタウン・スタイルでオーディエンスの手拍子を誘いながら、ラストの”Come Away With Me”まで 楽しい雰囲気で終演。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。
ジャズから、カントリーにフォーク、ロックと、この日も幅広いスタイルで愛嬌たっぷりに演奏した一夜をここに再現した必携メモリアル・アイテム。

01. Burn 02. Tragedy 03. Out On The Road 04. What Am I to You? 05. Sinkin' Soon 06. Don't Be Denied (Neil Young cover) 07. Say Goodbye 08. Rosie's Lullaby 09. Black (Danger Mouse & Daniele Luppi cover) 10. Tell Yer Mama 11. Stuck 12. And Then There Was You 13. Don't Know Why 14. Little Broken Hearts 15. Travelin' On 16. Flipside 17. Carry On –encore- 18. Sunrise (folktown) 19. Creepin' In (folktown) 20. Come Away With Me (folktown)
[-2nd Night- :Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 14th April 2017]

ノラ・ジョーンズ、2017年武道館3公演初日の映像もブルーレイで

nemo009nj.jpg



◆ NORAH JONES / 2017 Budokan 1st Night (1Blu-ray+1DVDR) この商品はこちらから

2017年4月、4年半ぶりの来日公演は、武道館3daysを含む全9公演のジャパン・ツアーとなり、しかも日によってセットリストが変わり、全公演大絶賛で終わった中、そのハイライトとなった、4月13&14&15日の3日連続、武道館公演の初日13日の模様を、HDカメラによるハイクオリティー・オーディエンス映像から、ダイレクトにブルーレイ化。

まずブルーレイの大容量を活かし、HDカメラ元素材そのままのクオリティーにて、曲間等の一部ブラックアウトするパートもあるものの、ステージ真正面から障害物なしの見晴らし良好な環境にて、演奏内容は95分にわたりほぼコンプリート収録。
そしてこの初日は、ピアノを前に腰掛けてのデビュー作『Come Away With Me』)から“I’ve Got to See You Again”でスタート。
そして瑞々しいジャズ・ピアノと歌の立ち上がったあとは、『デイ・ブレイクス』からの“Tragedy”、そしてカントリー色を帯びた“Out on the Road”と続き、同じく同アルバムからのニール・ヤングの“Don’t Be Denied”はソウルフルなパフォーマンスで、その後“Chasing Pirates”以降はピアノを離れ、キーボードやギターを奏でながら自在なステージへと。なお、プスンブーツ名義の“Don’t Know What It Means”セルフ・カバーに、ファースト・アルバムからの“Nightingale”はノラのギター演奏と共に披露。
そして再びピアノに向かい、“Don’t Know Why”ではやはり喝采が起こり、続くピアノをリフレインさせるスウィング・ナンバーの新曲“It’s A Wonderful Time For Love”、本編最後は、ソウル・ジャズの“Carry On”と、再びギターを手に取り、セッティングに少々手間取る素振りを見せながら、“Stuck”でエンド。
そしてさらにアンコールは、ウッドベースやマーチング・ドラムも持ち込まれたステージ中央に、メンバーが寄り添い、フォークタウン・スタイルでオーディエンスの手拍子を誘いながら、代表ナンバーを連発して楽しい雰囲気で終演。
なお初回限定で、同内容収録のDVD-Rもボーナスもセットで。
ブルーレイ再生機器が手元にない場合でも手軽に鑑賞できるので、こちらも予備的に1枚あると便利ということで。

01. I've Got To See You Again 02. Tragedy 03. Out On The Road 04. Waiting 05. Something Is Calling You 06. Don't Be Denied (Neil Young cover) 07. Chasing Pirates 08. Don't Know What It Means (Puss N Boots song) 09. Wake Me Up 10. Nightingale 11. Don't Know Why 12. It's a Wonderful Time for Love 13. Humble Me 14. Little Broken Hearts 15. Painter Song 16. Flipside 17. Carry On 18. Stuck –encore- 19. Sunrise (folktown) 20. Creepin' In (folktown) 21. Come Away With Me (folktown)
[-1st Night- :Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 13th April 2017]

2017年04月22日

ノラ・ジョーンズ、2017年武道館3公演をすべて収録!

xavel295nj.jpg



◆ NORAH JONES / 2017 Budokan 3 Days Complete (6CDR) この商品はこちらから

2017年4月、4年半ぶりの来日公演は、武道館3daysを含む全9公演のジャパン・ツアーとなり、しかも日によってセットリストが変わり、全公演大絶賛で終わった中、そのハイライトとなった、4月13&14&15日の3日連続、日本武道館公演を、全てハイクオリティー・オーディエンス・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施した、ベスト・サウンドにてコンプリート収録。

全公演いずれもアリーナ前列からのデシダル・レコーディングで、ノラのボーカルをメインに、アコースティックなバンド・サウンドもバランスよく収録されており、まず初日は、ピアノを前に腰掛けてのデビュー作『Come Away With Me』)から“I’ve Got to See You Again”でスタート。
そして瑞々しいジャズ・ピアノと歌の立ち上がったあとは、『デイ・ブレイクス』からの“Tragedy”、そしてカントリー色を帯びた“Out on the Road”と続き、ジェシー・ハリス作の初期ナンバー“Something Is Calling You”などはダイナミックなアレンジで。
そして『デイ・ブレイクス』からのニール・ヤングの“Don’t Be Denied”はソウルフルなパフォーマンスで、その後“Chasing Pirates”以降はピアノを離れ、キーボードやギターを奏でながら自在なステージへと。なお、プスンブーツ名義の“Don’t Know What It Means”セルフ・カバーに、ファースト・アルバムからの“Nightingale”はノラのギター演奏と共に披露。
そして再びピアノに向かい、“Don’t Know Why”ではやはり喝采が起こり、続くピアノをリフレインさせるスウィング・ナンバーの新曲“It’s A Wonderful Time For Love”、バンド編成に戻ったこちらも新曲“Flipside”も素晴らしく、本編最後は、ソウル・ジャズの“Carry On”と、再びギターを手に取り、セッティングに少々手間取る素振りを見せながら、“Stuck”でエンド。
そしてさらにアンコールは、ウッドベースやマーチング・ドラムも持ち込まれたステージ中央に、メンバーが寄り添い、フォークタウン・スタイルでオーディエンスの手拍子を誘いながら、代表ナンバーを連発して楽しい雰囲気で終演。
なお2日目14日は”Burn”から始まり、ジャズから、カントリーにフォーク、ロックと、この日も幅広いスタイルで愛嬌たっぷりに演奏し、トム・ウェイツのナンバーから始まった3日目も、フォークタウン・スタイルのアンコールまで、多岐に渡る濃密でドラマティックなステージを披露。
またさらにボーナスとして、ノラのバック・バンドとしても活躍しているザ・キャンドルズのピート・レム(Key)がダン・リード(G)と共に立ち上げた、今春のUS&ジャパン・ツアーでも、オープニング・アクトを務めているアロイシアス3のパフォーマンスもボーナスとして収録。
よってまさに内容たっぷりな一夜を、すべてカンペキなクオリティーで収録した、来日限定のメモリアル・アイテムとして、必携コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. I've Got To See You Again 02. Tragedy 03. Out On The Road 04. Waiting 05. Something Is Calling You 06. Don't Be Denied (Neil Young cover) 07. Chasing Pirates 08. Don't Know What It Means (Puss N Boots song) 09. Wake Me Up 10. Nightingale 11. Don't Know Why 12. It's a Wonderful Time for Love 13. Humble Me 14. Little Broken Hearts 15. Painter Song
Disc 2) : 01. Flipside 02. Carry On 03. Stuck –encore- 04. Sunrise (folktown) 05. Creepin' In (folktown) 06. Come Away With Me (folktown) 07-14. Opening Act; Aloysius 3
[-1st Night- :Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 13th April 2017]

Disc 3 : 01. Burn 02. Tragedy 03. Out On The Road 04. What Am I to You? 05. Sinkin' Soon 06. Don't Be Denied (Neil Young cover) 07. Say Goodbye 08. Rosie's Lullaby 09. Black (Danger Mouse & Daniele Luppi cover) 10. Tell Yer Mama 11. Stuck 12. And Then There Was You 13. Don't Know Why 14. Little Broken Hearts
Disc 4 : 01. Travelin' On 02. Flipside 03. Carry On –encore- 04. Sunrise (folktown) 05. Creepin' In (folktown) 06. Come Away With Me (folktown) 07-14. Opening Act; Aloysius 3
[-2nd Night- :Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 14th April 2017]

Disc 5 : 01. The Long Way Home (Tom Waits cover) 02. I've Got To See You Again 03. Day Breaks 04. Out On The Road 05. Sinkin' Soon 06. Tragedy 07. Chasing Pirates 08. Nightingale 09. Lonestar 10. Stuck 11. Don't Know Why 12. Seven Years 13. Little Broken Hearts 14. The Nearness of You (solo)
Disc 6 : 01. Peace 02. Flipside 03. Carry On –encore- 04. Sunrise (folktown) 05. Creepin' In (folktown) 06. Come Away With Me (folktown) 07-14. Opening Act; Aloysius 3
[-3rd Night- :Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 15th April 2017]

2017年04月21日

XAVELレーベルより、スティーヴ・タイラー武道館ライブ登場!

xavelm099st.jpg



◆ STEVEN TYLER / Budokan Big Blast 2017 Tokyo (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから

来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、スティーヴ・タイラーとして、ソロ初となるプレミアムな2017年来日2回公演より、4月11日本武道館でのライブを、おなじみマトリックス音源による、ベスト・クオリティーの音と映像でカッブリングしたタイトルがここに。

まずCDは、タイラーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、すでに同レーベルおなじみの完全フル・マトリックスにてコンプリート収録。
近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことにより、もちろんタイラーのボーカルをメインに、バンド・サウンドも完璧にセパレートな定位で収録しており、よって今回も102分にわたり、流出ステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーによるもの。
そしてこの3日前に初のクラブ・ギグとなった初日のZepp Osaka も大きな話題となった中、ほぼ同様のセット構成での進行で、もちろんソロ・アルバムのナンバーや映画のテーマソング「Love Lives」なども披露しつつ、予想以上にエアロのレパートリーが過半数を占めることとなり、しかもバック・バンドのラヴィング・マリー・バンドは、オリジナルに近いアレンジながらも、バンジョー、マンドリン、スチールギターなども導入したアクセントが新鮮で、このあたりがソロ・アルバムのコンセプトやタイラーの趣旨を感じとれることに。
さらにビートルズからジャニス・ジョップリン、スライなどのカヴァーも織り交ぜつつ、また大阪と同セットながらも”Dream On”のアタマに、この日は”Home Tonight”を導入したりと、すべてが聴きどころ。
なお、セットリストには未表記ながら、シークレット・トラックとして当日のサウンド・チェックも追加収録しているのも必聴。

さらに映像DVD-Rには当日の模様を、ステージほぼ正面からの、良好オーディエンス・ショットにてコンプリート収録。

視界を妨げる障害物もほとんどなく、タイラーをメインに終始安定したアングルによる良好映像で、バンド・メンバーとコミュニケーションを交わしながらのマイクを共にするバンド感は、エアロとはまた違った光景で、そのあたりも要チェックの、ファン必携の来日記念限定コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 01. Intro 02. Sweet Emotion 03. Cryin' 04. I'm Down / Oh! Darling 05. Come Together 06. Love Lives 07. Jaded 08. Love Is Your Name 09. I Make My Own Sunshine 10. Mercedes Benz / Piece of My Heart 11. Livin' on the Edge 12. We're All Somebody From Somewhere / Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)
Disc 2 : 01. What It Takes 02. My Own Worst Enemy 03. Home Tonight / Dream On 04. Train Kept A-Rollin' –encore- 05. Janie's Got a Gun 06. Only Heaven 07. Walk This Way / Whole Lotta Love

DVD-R : 01. Intro 02. Sweet Emotion 03. Cryin' 04. I'm Down / Oh! Darling 05. Come Together 06. Love Lives 07. Jaded 08. Love Is Your Name 09. I Make My Own Sunshine 10. Mercedes Benz / Piece of My Heart 11. Livin' on the Edge 12. We're All Somebody From Somewhere / Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin) 13. What It Takes 14. My Own Worst Enemy 15. Home Tonight / Dream On 16. Train Kept A-Rollin' –encore- 17. Janie's Got a Gun 18. Only Heaven 19. Walk This Way / Whole Lotta Love
[Live at Nippon Budokan, Tokyo, Japan 11th April 2017 :Multiple IEM Sources + EX-Audience = Matrix Recording]
◇Steven Tyler & : Loving Mary Band : Steven Tyler - vocal / Marty Frederiksen - guitar / Andrew Mactaggart – guitar / Elisha Hoffman - banjo / Rebecca Lynn Howard - bass / Suzie McNeil - guitar, piano, harmonica / Sarah Tomek – drums

ストーンズ『アンダーカバー』の、レア・トラックをコンパイルした究極のアイテム

gp1701uc.jpg



◆ ROLLING STONES / COMPLETE UNDERCOVER SESSIONS (プレス6CD) この商品はこちらから

ストーンズ・ファン必携の「GOLDPLATE」レーベルより、『アンダーカバー』のデモ・トラック、スタジオ・アウトテイクス、リミックス音源などを、初登場ソース及び、アップ・グレード音源でコンパイルした究極のアイテムが登場。

本タイトルは1983年リリース『アンダーカバー』のレコーディング初期段階のデモ音源、セッション過程をとらえたスタジオ・アウトテイクス、さらにプロモ・ビデオや12EPシングル向けのリミックスなど、すべて初登場音源やアップグレード音源にて完全網羅した決定盤エディション。
そしてその内容はまずdisc:1には「FINAL MIXE」として、プロモ・ビデオや12EPシングル向けのリミックス音源を全13トラック収録。
そしてdisc:2からdisc:5までは、1982年暮れから始まったとされる、初期段階のデモ音源、そしてその後のセッション過程を捉えたスタジオ・アウトテイクスを収録。これは2017年に、関連音源をピッチ修正やアップグレード音源でまとめて、その素晴らしい内容は海外のコレクターにも注目された「COMPLETE RECORDING SESSIONS」と、同様の最新リマスターをベースとし、そこに未収録だった通称「The Virchov Tape」として、今回初登場の音源ソースとなる、新発掘ベースメント・デモ音源も収録。
とにかく「COMPLETE RECORDING SESSIONS」は限定50セットという、超限定だっただけに当然一瞬市場からは姿を消しており、その他の音源も、現存するセッション・ソースでベスト・クオリティーなものを最新リマスターにて収録しているゆえ、まさに集大成決定盤といえるもの。
さらにdisc:6には、ミック・ジャガー自らがアルバム収録曲ごとにコメントした、当時の貴重なラジオ・スペシャル「アンカバード・アンダーカバー」を、ノーカットで全収録。
とにかく『アンダーカバー』関連のレア音源を完全網羅した、ファン必携の海外オリジナル・ プレス盤は、今回も限定リリースゆえ、ご希望の方はお早めに。。

CD 1 : 1. UNDERCOVER OF THE NIGHT (X - 12" extended cheeky mix) 2. SHE WAS HOT (III - promovideo version) 3. SHE WAS HOT (III - promovideo version complete) 4. SHE WAS HOT (VI - long version) 5. SHE WAS HOT (VII - long version double tracked vocal mix) 6. WANNA HOLD YOU (VI - edited version) 7. I THINK I'M GOING MAD (V - single version) 8. FEEL ON BABY (II - 12" instrumental dub version) 9. TOO MUCH BLOOD (V - promovideo version) 10. TOO MUCH BLOOD (V - promovideo version complete) 11. TOO MUCH BLOOD (VI - long vocal dance version) 12. TOO MUCH BLOOD (VII - short vocal dance version) 13. TOO MUCH BLOOD (VIII - dub version)
[FINAL MIXES :The Hit Factory : New York, NY June 20th - August 1st 1983]

CD 2 : 1. HIGH SCHOOL GIRL 2. SHE WAS HOT (country version - unedited) 3. SHE WAS HOT (country version - source 2) 4. CAN'T FIND LOVE (piano demo) 5. STILL IN LOVE (III) 6. REGGAE INSTRUMENTAL 7. MUNICH HILTON (V) 8. I LOVE YOU TOO MUCH (V) 9. STILL IN LOVE (IV)10. STILL IN LOVE (V) 11. I THINK I'M GOING MAD (IV) 12. GOLDEN CADDY (III) 13. GOLDEN CADDY (IV)
CD 3 : 1. COOKING UP (WHAT I AM SAYIN' IS TRUE) (II) 2. TOO TOUGH (I) 3. FLIRTY 4. PRETTY BEAT UP (I) 5. PRETTY BEAT UP (II) 6. TIE YOU UP (THE PAIN OF LOVE) (I) 7. TIE YOU UP (THE PAIN OF LOVE) (II) 8. ALL THE WAY DOWN (I) 9. ALL THE WAY DOWN (II) 10. WANNA HOLD YOU ((basement demo) 11. WANNA HOLD YOU (II) 12. WANNA HOLD YOU (III) 13. WANNA HOLD YOU (IV) 14. WHAT I AM SAYIN' IS TRUE (basement demo I) 15. WHAT I AM SAYIN' IS TRUE (basement demo II) 16. WHAT I AM SAYIN' IS TRUE (basement demo III) 17. WHAT I AM SAYIN' IS TRUE (basement demo IV)
CD 4 : 1. BLUES JAM #1 2. BLUES JAM #2 3. THE STUMBLE / HIDE AWAY 4. COOK COOK BLUES (I) 5. LOOKING FOR TROUBLE 6. HEARTBEAT 7. CRAZY ARMS 8. CHRISTINE 9. TRIED TO TALK HER INTO IT 10. CAN'T FIND LOVE (basement demo I) 11. CAN'T FIND LOVE (basement demo II) 12. CAN'T FIND LOVE (II) 13. CAN'T FIND LOVE (III) 14. IN YOUR HAND 15. KEEP IT COOL (I) 16. KEEP IT COOL (II)
CD 5 : 1. SHE WAS HOT (II) 2. IDENTIFICATION 3. IT MUST BE HELL (I) 4. STOP THAT (I) 5. STOP THAT (II) 6. ELIZA UPCHINK 7. TIE YOU UP (THE PAIN OF LOVE) (III) 8. TOO MUCH BLOOD (I) 9. TOO MUCH BLOOD (II)
[at Pathe-marconi Studios, Boulogne-Billancourt, France November 11th 1982]
10. I'M A LITTLE MIXED UP (I) 11. I'M A LITTLE MIXED UP (Ib) 12. I'M A LITTLE MIXED UP (II) 13. FEEL ON BABY (I)
[at Pathe-marconi Studios, Boulogne-Billancourt, France January 30th 1983]
14. TOO MUCH BLOOD (III) 15. UNDERCOVER OF THE NIGHT (II) 16. UNDERCOVER OF THE NIGHT (III) 17. UNDERCOVER OF THE NIGHT (IV) 18. UNDERCOVER OF THE NIGHT (V) 19. UNDERCOVER OF THE NIGHT (VI) 20. UNDERCOVER OF THE NIGHT (VII)
[The Hit Factory : New York, NY May 2nd 1983]

CD 6 : 1. Radio Intro 2. UNDERCOVER OF THE NIGHT 3. Mick Jagger comment 1 4. SHE WAS HOT 5. Mick Jagger comment 2 6. TIE YOU UP (THE PAIN OF LOVE) 7. Mick Jagger comment 3 8. WANNA HOLD YOU 9. Mick Jagger comment 4 10. FEEL ON BABY 11. Commercial Break 12. Mick Jagger comment 5 13. TOO MUCH BLOOD 14. Mick Jagger comment 6 15. PRETTY BEAT UP 16. Mick Jagger comment 7 17. TOO TOUGH 18. Mick Jagger comment 8 19. ALL THE WAY DOWN 20. Mick Jagger comment 9 21. IT MUST BE HELL 22. Commercial Break / Mick Jagger closing comment / Radio Outro
[UNCOVERED UNDERCOVER RADIO SPECIAL : Aired on NBC Radio Network November 30th 1983]

2017年04月20日

『レット・イット・ビー』のプレミアム・エディションがブルーレイで

sgt16BD.jpg



◆ THE BEATLES / LET IT BE PREMIUM COLLECTORS (2Blu-ray) この商品はこちらから

『レット・イット・ビー』の、映画本編各バージョンから、ゲット・バック・セッションまで、トータル13時間以上にわたり収録した究極の.プレミアム・エディションがブルーレイにて。

本タイトルには、世界初のプレミア収録となった映画『レット・イット・ビーの』幻のリマスター映像の、ノーカット完全版(オリジナル日本語字幕付)をはじめとして、その変遷が分かる映画本編の各バージョン(各日本語字幕選択可)に加えて、映画本編以外のドキュメンタリーやプロモ映像をまとめたエクストラ映像、さらには今回初公開となる、未発表フィルム映像を含めた4時間以上に及ぶ時系列の映像ドキュメント、そして「ゲット・バック・セッション」まで、トータル13時間以上となる過去最高のクオリティーとヴォリュームとなるもの。
なおさらに本エディションの詳細し下記の通り。

まずdisc:1には、1992年ビートルズ・アーカイブ制作担当のロン・ファーマネクにより、新たに修復作業を施したリマスター映像で、エンド・クレジットまでノーカットで収録した「APPLE 1992 COMPLETE REMASTER UNCUT」をはじめ、トリミングの最も少なくTVオンエアー版としてはベストで、音声はステレオ・リマスター音源とオリジナル・モノ音源が選択可能な西ドイツ・プリント版「COMPLETE FULLSCREEN EDITION」、さらにワイド画面フル表示の「WIDE SCREEN&REMASTER EDITION」と、80年代にビデオやLDでリリースされていた「ORIGINAL STANDARD MOVIE EDITION」も収録。各バージョンとの違いを比較検証する意味でも、貴重な映像資料といえる4タイトルを、ブルーレイの大容量を活かした、ベスト・クオリティーで。
さらにdisc:2には、エキストラとして、映画本編以外のドキュメンタリー映像や別編集バージョン、ネイキッド・プロモ、さらには関連TV映像に至るまで収録。また1984年に日本でオンエアーされた「ジャパニーズ・TVブロードキャスト・バージョン」を、当時録画されたビデオよりダイレクトに収録。独自の字幕や、当時の懐かしいTVCMまで含まれており今となっては貴重な映像。さらに「ゲット・バック・セッション」として、4時間以上に及ぶ時系列の映像ドキュメントを収録。映画本編以外の貴重なアウトテイク・セッション映像含めて、ルーフトップも映画編集前のライブ音源で再現されたもので、断片的ながらも初公開となった未発表フィルム素材も含む、こちらも必見の内容。
プレミアム・コレクターズ・エディションをSDアップコンバート・デジタル変換でHD化した、必携コレクターズ・エディション。

Disc One :
◇LET IT BE APPLE 1992 COMPLETE REMASTER UNCUT)
Opening Credits / Paul Piano Intro / Don't Let Me Down / Let's Sing The Corny One / Maxwell's Silver Hammer / Shoctric Shocks / Two Of Us / I've Got A Feeling / Coming Down To The Faster / I've Got A Feeling / Oh! Darling / One After 909 / Jazz Piano Song / Two Of Us / Across The Universe / Dig A Pony / Suzy Parker / I Me Mine / For You Blue / I Dig A Pygmy / Besame Mucho / Octpus's Garden / Jamming With Heather / You Really Got A Hold On Me / The Long And Winding Road / Rip It Up - Shake Rattle And Roll / Kansas City - Miss Ann - Lawdy Miss Clawdy / Dig It / Talk About The Movie / Two Of Us / Let It Be / The Long And Winding Road / Rooftop Introduction / Get Back / Don't Let Me Down / I've Got A Feeling / One After 909 / Dig A Pony / Get Back / The End Credits
[NTSC Color 16:9 with Japanese Subtitle LPCM Stereo Remaster time approx. 81min. / * Transferred From The Original 16mm Negative Elements At Svc Television, London, March 1992 / Original Mono & Multitrack Sound Elements Were Remixed And Remastered At Abbey Road Studios, London, March 1992 / Picture And Sound Restoration By Ron Furmanek]

◇LET IT BE COMPLETE FULLSCREEN EDITION NTSC Color 16:9 FULL SCREEN with Japanese Subtitle
[Dolby Digital Stereo Remaster / Original Movie Mono Soundtrack time approx. 81min.]
◇LET IT BE WIDESCREEN&REMASTER EDITION
[NTSC Color 16:9 WIDE SCREEN with Japanese Subtitle LPCM Stereo Remaster / Dolby Digital 5.1 Surround Sound time approx. 81min.]
◇LET IT BE" ORIGINAL STANDARD MOVIE EDITION
[NTSC Color 16:9 FULL SCREEN with Japanese Subtitle Dolby Digital Original Movie Mono Soundtrack time approx. 81min.]

Disc Two :
[LET IT BE DOCUMENTARY ALTERNATE VIDEO]
Don't Let Me Down - Movie Remaster / Dig A Pony - Movie Remaster / Don't Let Me Down - Imagine Rough Cut 1988 / Don't Let Me Down - Imagine 1988 / Don't Let Me Down - Anthology Director's Cut 1993 / Don't Let Me Down - Let It Be Naked 1999 / Get Back - 1969 Original Remaster / Get Back - Anthology 1995 / Get Back - Let It Be Naked 1999
[LET IT BE...NAKED]
Let It Be...Naked TV Trailer One / Trailer Two / Trailer Three / Long Trailer with Captions / Long Trailer Textless / 30 Second Spots / Two Of Us - Animated Promo Video / Japan TV AD / Sony TV Special / Target TV AD
[MORE EXTRAS]
Get Back - British Lion Version / Get Back - Glen Campbell Show / Don't Let Me Down - Original Promo Version / Get Back - Original Promo Version / Get Back - BBC Top Of The Pops / Let It Be - Ed Sullivan Show / Let It Be - Original Promo Version / Making Of "LET IT BE" / "LET IT BE" Original Movie Trailer / "LET IT BE" Movie Premier In London / "LET IT BE" Movie Premier In USA / "LET IT BE" Academy Awards / MAKING OF "LET IT BE"
[REMASTER VIDEO CLIPS]
Get Back / Don't Let Me Down / I've Got A Feeling / One After 909 / Dig A Pony / Get Back (Reprise) : Dolby Digital Stereo time approx. 136min.
[LET IT BE MOVIE JAPANESE TV BROADCAST]
NTSC Color 16:9 (4:3) inc.Japanese Subtitle with Japanese TVCM Dolby Digital Stereo (Original Movie Mono Soundtrack) time approx. 88min
[GET BACK SESSIONS : NTSC 16:9 (4:3) Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 250min.]
January 2, 1969 (thursday) / January 3, 1969 (friday) / January 6, 1969 (monday) / January 7, 1969 (tuesday) / January 8, 1969 (wednesday) / January 9, 1969 (thursday) / January 10, 1969 (friday) / January 13, 1969 (monday) / January 14, 1969 (tuesday) / January 21, 1969 (tuesday) / January 22, 1969 (wednesday) / January 23, 1969 (thursday) / January 24, 1969 (friday) / January 25, 1969 (saturday) / January 26, 1969 (sunday) / January 27, 1969 (monday) / Januaray 28, 1969 (tuesday) / January 29, 1969 (wednesday) / January 30, 1969 (thursday) / Rooftop Concert - January 30, 1969 (thursday) - Introduction / Get Back / Don't Let Me Down / I've Got A Feeling / One After 909 / Dig A Pony / I've Got A Feeling 2 / Don't Let Me Down 2 / Get Back 2 / January 31, 1969 (friday) - Two Of Us / The Long And Winding Road / Let It Be 1 / Let It Be 2 +CBC-TV John&Yoko Interview (January 14, 1969) / Exclusive Film - Apple Studio Outtake

2017年04月19日

ビートルズ、1966年来日公演の新ブルーレイ・エディション

hmc37BD.jpg



◆ THE BEATLES / TOKYO 1966 (1Blu-ray) この商品はこちらから

1966年日本公演DVD『TOKYO1966』が、HMCオリジナルの2017年拡大改訂版、TMOQ SPECIAL COLLECTOR'Sのブルーレイ・エディションとして登場。

まずブルーレイの大容量を活かし、DVDの映像マスターを元にHDアップコンバートしたもので、マスター同等のSD画質クオリティーでの収録となるもの。よって1966年当時カラー映像で収録された6月30日と7月1日の2回公演を、放送用テロップ表示が一切ないオリジナル・マスターより完全収録し、そのうえ幻の前座の映像も含めて、すべて過去最高の品質で世界初公開となったHMCオリジナルDVDを、アップコンバート・デジタル変換により、ブルーレイ化。しかもブルーレイの大容量を活かし、DVDには未収録だった、当時オンエアーされた、幻のドキュメンタリー映像や、ニュース・フィルムも追加収録しており、すでにDVDは入手困難となっていることからも、ファンならやはり要チェックのコレクターズ・エディション。

(The Light Suits Show July 1st 1966) 1. Announcer 2. Rock And Roll Music 3. She's A Woman 4. If I Needed Someone 5. Day Tripper 6. Baby's In Black 7. I Feel Fine 8. Yesterday 9. I Wanna Be Your Man 10. Nowhere Man 11. Paperback Writer 12. I'm Down
(The Dark Suits Show June 30th 1966) 13. Announcer 14. Rock And Roll Music 15. She's A Woman 16. If I Needed Someone 17. Day Tripper
18. Baby's In Black 19. I Feel Fine 20. Yesterday 21. I Wanna Be Your Man 22. Nowhere Man 23. Paperback Writer 24. I'm Down
(Support Acts) 25. Announcer - EH Eric 26. Welcome Beatles- Yuya Uchida, Isao Bito, Jackey Yoshikawa And His Blue Comets And Blue Jeans 27. Long Tall Sally - The Drifters 28. Dynamite - Isao Bito & Jackey Yoshikawa And His Blue Comets 29. We Gotta Get Out Of This Place - Yuya Uchida & Blue Jeans 30. Kiminishibirete - Hiroshi Motizuki 31. Caravan - Jackey Yoshikawa And His Blue Comets And Blue Jeans
(Plus Documentary) In Japan Yeah Yea Yeah - News Film 1966 TV Documentary
[NTSC Color 16:9 / 4:3 LPCM - Dolby Digital Stereo / Mono time approx. 115min.]

2017年04月18日

ゼップの1975年サウンドボード音源のライブ・サンプラーが極少数入荷!

evsdss17sl.jpg



◆ LED ZEPPELIN / VIVA LA REVOLUTION (プレス1CD) この商品はこちらから

名門エンプレス・バレイより、1975年サウンドボード音源のライブ・コンピレーション・サンプラーが、極少数限定リリース。

初回入荷のみの完全限定紙ジャケット仕様のコレクター・アイテムゆえ、ご希望の方はお早めに。
2017年リリースされるや、すぐに海外でも話題となると同時に、なんとロバート・プラント本人の、公式ツイッターでも紹介されることに。
それはその全10トラックのサウンド・クオリティーの高さと、なんといっても最終トラック"HEARTBREAKER"は、1975年3月21日のシアトル公演からの音源というのが大きなポイント。
これはファンにとっては幻であり奇跡的といえる、通称「シアトル2日目」からのサウンドボード音源であり、そのあたりが世界中のゼップ・ファンからも驚きの声が上がり、すでに入手困難になりつつあるというところ。
もちろん他公演もカンペキなクオリティーと演奏による音源をコンパイルしており、ビギナーからコアなファンまで必携の完全限定コレクターズ・エディション。


01. ROCK AND ROLL ["ULTRA VIOLENT KILLER DROOG" Recorded at Capitol Centre, Landover, Maryland 1975 February 10th]
02. SICK AGAIN ["ROCK SUPER STARS" Recorded at Tarrant County Covention Centre, Fort Worth, Texas 1975 March 3th]
03. OVER THE HILLS AND FAR AWAY ["SNOW JOBS" Recorded at Pacific Coliseum, Vancouver, British Columbia, Canada 1975 March 19th]
04. IN MY TIME OF DYING ["SNOW BLIND" Recorded at Pacific Coliseum, Vancouver, British Columbia, Canada 1975 March 20th]
05. SINCE I'VE BEEN LOVING YOU ["ST. VALENTINE'S DAY MASSACRE" Recorded at Nassau Coliseum, Uniondale, New York 1975 February 14th]
06. THE RAIN SONG ["DAYS CONFUSED" Recorded at Dallas Memorial Auditorium, Dallas, Texas 1975 March 5th]
07. TRAMPLED UNDERFOOT ["FLYING CIRCUS" Recorded at Madison Square Garden, NYC, New York 1975 February 12th]
08. STAIRWAY TO HEAVEN ["HAVEN'T WE MET SOMEWHERE BEFORE?" Recorded at Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington 1975 March 17th]
09. BLACK DOG ["LONG BEACH CALIFORNICATION" Recorded at Civic Arena, Long Beach, California 1975 March 11th]
10. HEARTBREAKER ["DEUS EX MACHINA" Recorded at Seattle Center Coliseum, Seattle, Washington 1975 March 21th]

2017年04月17日

ジェネレーション・アックス、来日最終日の東京2日目を映像で!

str061m3.jpg



◆ GENERATION AXE / A NIGHT OF GUITARS BATTLE OF TOKYO 2017 (2Blu-ray) この商品はこちらから

スティーヴ・ヴァイのアイディアのもと、ザック・ワイルド、イングヴェイ・マルムスティーン、ヌーノ・ベッテンコート、トーシン・アバシによる、スペシャル・ギター・ユニット「ジェネレーション・アックス」が、ついに2017年4月に日本にも上陸。
そしてその東京2日目であり、最終公演となる4月7日ZeppTokyoでのライブを、3時間16分にわたり、ステージほぼ正面からの、良好オーディエンス・ショットでコンプリート収録した映像をダイレクトにブルーレイ化。

まずまずブルーレイの大容量を活かし、元素材そのままのHDクオリティーによる映像とサウンドは、オーディエンス映像としてはベストといえるもので、しかも視界を妨げる障害物も一切なく、それぞれのソロでは指使いまで鮮明に捉えたズーム・ショットや、ステージ全体を的確に捉えたショット等、カメラワークの素晴らしさも絶品。
そしてまず 「5人の個性的なギタリストがライブをやったら面白い」というアイディアのもと、ヴァイ自身が出演者を選出して実現したこのライブは、2016年に開催された北米ツアーでは、ステージ入れ替えの際に、前のパフォーマーの最後の曲を次のパフォーマーと共にプレイするという、バトン形式が取られ、さらにオープニングとエンディングでは5人揃っての貴重なジャムも披露されるなど大きな話題を呼ぶことに。
そして大きな期待が膨らむ中での日本公演もほぼ同じ構成となっており、おおまかなショーの構成・進行は下記の通り。
オープニング:5人による「Foreplay」 ⇒ トーシン・アバシ(2曲) ⇒ トーシン&ヌーノ「Physical Education」 ⇒ ヌーノ・ベッテンコート(3曲) ⇒ ヌーノ&ザック「Sideways」 ⇒ ザック・ワイルド(3曲) ⇒ スティーヴ・ヴァイ(4曲) ⇒ イングヴェイ・マルムスティーン(8曲) ⇒ イングヴェイ+ヴァイ「Black Star」 ⇒ イングヴェイ以外4人の「Frankenstein」 ⇒ エンディング:5人による「Highway Star」

以上、大阪公演などとほぼ同様の進行・構成となっており、まずオープニングの「Foreplay」からして凄絶で、イントロで5人が思い思いに弾きまくり、途中からのソロ回しから全員全開。そしてソロのトップバッター、トーシンは、猛烈なプログレ・メタルを披露し、名古屋公演では演奏しなかった「Air Chrysalis」も追加。続くヌーノはEXTREMEナンバーをメインに、ファンキーなノリは相変わらず。そして3番手のザックは全曲カバーで勝負となり、強引な弾きっぷりと凶暴なハーモニクスはやはり唯一無二。
そして、本来トリのスティーヴ・ヴァイの超絶個性は絶大で、変態フレーズのオンパレードに、オーディエンスもただ絶句。
そしてソロ最後のイングヴェイも、最終日ということもあり、これまで以上にハイテンションなパフォーマンスで一気に突っ走り、ラスト「Black Star」までまさに神がかり。さらにその後はおなじみ豪華共演の3連発で、まず「Black Star」ではヴァイが登場、アンコールの「Frankenstein」ではイングヴェイ以外の4人、さらに大ラスの「Highway Star」では5人勢揃いで弾き倒しエンド。
全4公演の最後の一夜を完全再現した、そのすべてが圧巻かつ超絶技巧にまみれたパフォーマンスは、全ギター・ファン必携の来日限定コレクターズ・エディション。

Disc One : 1. Intro/Foreplay [Tosin Abasi] 2. Tempting Time 3. Air Chrysalis 4. Woven Web 5. Physical Education (with Nuno Bettencourt) [Nuno Bettencourt] 6. Get The Funk Out 7. More Than Words / Midnight Express 8. Extreme Medley 9. Sideways (with Zakk Wylde) [Zakk Wylde] 10. N.I.B 11. Little Wing 12. Whipping Post
Disc Two : [Steve Vai] 1. Bad Horsie 2. Racing The World 3. Tender Surrender 4. Gravity Storm [Yngwie Malmsteen] 5. Spellbound 6. Valhalla 7. Overture 8. 1,000 cuts / Arpeggios from Hell / Baroque & Roll / Masquerade 9. Paganini's 4th/Adagio 10. Far Beyond The Sun 11. Trilogy / Fugue / Echo 12. Acoustic 13. Black Star (with Steve Vai) [ALL GUITARISTS] 14. Frankenstein (All except Yngwie) 15. Highway Star (All)
[Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 7th April 2017]

◇ Yngwie Malmsteen / Steve Vai / Zakk Wylde / Nuno Bettencourt / Tosin Abasi
/ Pete Griffin - Bass / JP Bouvet - Drums / Derek Sherinian – Keyboards

2017年04月16日

ジェネレーション・アックス、来日最終日の東京2日目!

xavelm098g.jpg



◆ GENERATION AXE / 2017 TOKYO 2ND NIGHT (3CDR+1DVDR) この商品はこちらから

スティーヴ・ヴァイのアイディアのもと、ザック・ワイルド、イングヴェイ・マルムスティーン、ヌーノ・ベッテンコート、トーシン・アバシによる、スペシャル・ギター・ユニット「ジェネレーション・アックス」が、ついに2017年4月に日本にも上陸。
そして来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年ジャパン・ツアーにおける東京2日目であり、最終公演となった、4月7日ZeppTokyoでのライブを、おなじみマトリックス音源による、ベスト・クオリティーの音と映像でカッブリングしたタイトルがここに。

まずCDは、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、すでに同レーベルおなじみの完全フル・マトリックスにてコンプリート収録。
近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことにより、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーによるもので、トシン・アバシ、ヴァイの楽曲の一部にてクリックが入るものの、各ディスクのトラック終了後にはボーナス的に、本編ではクリック入りの楽曲のオーディエンス・ヴァージョン(クリックなし)を追加するというこだわりよう。
そしてまず「5人の個性的なギタリストがライブをやったら面白い」というアイディアのもと、ヴァイ自身が出演者を選出して実現したこのライブは、2016年に開催された北米ツアーでは、ステージ入れ替えの際に、前のパフォーマーの最後の曲を次のパフォーマーと共にプレイするという、バトン形式が取られ、さらにオープニングとエンディングでは5人揃っての貴重なジャムも披露されるなど大きな話題を呼ぶことに。
そして大きな期待が膨らむ中での日本公演もほぼ同じ構成となっており、おおまかなショーの構成・進行は下記の通り。
オープニング:5人による「Foreplay」 ⇒ トーシン・アバシ(2曲) ⇒ トーシン&ヌーノ「Physical Education」 ⇒ ヌーノ・ベッテンコート(3曲) ⇒ ヌーノ&ザック「Sideways」 ⇒ ザック・ワイルド(3曲) ⇒ スティーヴ・ヴァイ(4曲) ⇒ イングヴェイ・マルムスティーン(8曲) ⇒ イングヴェイ+ヴァイ「Black Star」 ⇒ イングヴェイ以外4人の「Frankenstein」 ⇒ エンディング:5人による「Highway Star」

以上、大阪公演などとほぼ同様の進行・構成となっており、まずオープニングの「Foreplay」からして凄絶で、イントロで5人が思い思いに弾きまくり、途中からのソロ回しから全員全開。そしてソロのトップバッター、トーシンは、猛烈なプログレ・メタルを披露し、名古屋公演では演奏しなかった「Air Chrysalis」も追加。続くヌーノはEXTREMEナンバーをメインに、ファンキーなノリは相変わらず。そして3番手のザックは全曲カバーで勝負となり、強引な弾きっぷりと凶暴なハーモニクスはやはり唯一無二。
そして、本来トリのスティーヴ・ヴァイの超絶個性は絶大で、変態フレーズのオンパレードに、オーディエンスもただ絶句。
そしてソロ最後のイングヴェイも、最終日ということもあり、これまで以上にハイテンションなパフォーマンスで一気に突っ走り、ラスト「Black Star」までまさに神がかり。さらにその後はおなじみ豪華共演の3連発で、まず「Black Star」ではヴァイが登場、アンコールの「Frankenstein」ではイングヴェイ以外の4人、さらに大ラスの「Highway Star」では5人勢揃いで弾き倒しエンド。
さらに映像DVD-Rには前日6日の模様を、ステージほぼ正面からの、良好オーディエンス・ショットにて、ライブ後半パート(スティーヴ・ヴァイからエンディングまで)を収録。
オーディエンス映像としてはベストといえるもので、ライブハウスながら、視界を妨げる障害物もほとんどなく、それぞれのソロでは指使いまで鮮明に捉えたズーム・ショットや、ステージ全体を的確に捉えたショット等、カメラワークの素晴らしさも絶品。
全4公演の最後の一夜を完全再現した、そのすべてが圧巻かつ超絶技巧にまみれたパフォーマンスは、全ギター・ファン必携の来日限定コレクターズ・エディション。
*なお映像の前半パート(オープニングからザック・ワイルドまで)は、同レーベルから同時リリースの「2017 TOKYO 1ST NIGHT」に収録されているため、セットで是非。

Disc 1 : 01. Intro [Nuno, Zakk, Steve, Yngwie, Tosin] 02. Foreplay [Tosin] 03. Tempting Time 04. Air Chrysalis 05. The Woven Web 06. Physical Education (with Nuno) [Nuno] 07. Get the Funk Out 08. Midnight Express 09. Extreme Medley 10. Sideways (with Zakk)
Disc 2 : [Zakk] 01. Guitar Solo 02. N.I.B. 03. Little Wing 04. Band Introduction 05. Whipping Post [Steve] 06. Bad Horsie 07. Racing the World 08. Tender Surrender 09. Gravity Storm
Disc 3 : [Yngwie] 01. Spellbound 02. Into Valhalla 03. Baroque and Roll 04. Soldier 05. From a Thousand Cuts / Arpeggios from Hell 06. Badinerie 07. Icarus' Dream Suit Op.4 / Adagio 08. Far Beyond the Sun 09. Guitar Solo / Trilogy Suite Op: 5 10. Fugue 11. Acoustic Guitar Solo 12. Black Star (with Steve) [Nuno, Zakk, Steve, Tosin] 13. Frankenstein [Nuno, Zakk, Steve, Yngwie, Tosin] 14. Highway Star 15. Outro
[Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 7th April 2017]

DVD-R : [Steve] 01. Bad Horsie 02. Racing the World 03. Tender Surrender 04. Gravity Storm [Yngwie] 05. Spellbound 06. Into Valhalla 07. Baroque and Roll 08. Soldier 09. From a Thousand Cuts / Arpeggios from Hell 10. Badinerie 11. Icarus' Dream Suit Op.4 / Adagio 12. Far Beyond the Sun 13. Guitar Solo / Trilogy Suite Op: 5 14. Fugue 15. Acoustic Guitar Solo 16. Black Star (with Steve) [Nuno, Zakk, Steve, Tosin] 17. Frankenstein [Nuno, Zakk, Steve, Yngwie, Tosin] 18. Highway Star 19. Outro
[Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 6th April 2017]

◇ Yngwie Malmsteen / Steve Vai / Zakk Wylde / Nuno Bettencourt / Tosin Abasi
/ Pete Griffin - Bass / JP Bouvet - Drums / Derek Sherinian – Keyboards

2017年04月15日

ジェネレーション・アックス、来日3公演目の東京初日!

xavelm097g.jpg



◆ GENERATION AXE / 2017 TOKYO 1ST NIGHT (3CDR+1DVDR) この商品はこちらから

スティーヴ・ヴァイのアイディアのもと、ザック・ワイルド、イングヴェイ・マルムスティーン、ヌーノ・ベッテンコート、トーシン・アバシによる、スペシャル・ギター・ユニット「ジェネレーション・アックス」が、ついに2017年4月に日本にも上陸。
そして来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2017年ジャパン・ツアーにおける東京初日、4月6日ZeppTokyoでのライブを、おなじみマトリックス音源による、ベスト・クオリティーの音と映像でカッブリングしたタイトルがここに。

まずCDは、バンド・メンバーがステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のマルチ・イヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからのデジタル・オーディエンス・マスターを、すでに同レーベルおなじみの完全フル・マトリックスにてコンプリート収録。
近年さらに使用機材・マスタリング環境といった、サウンド・ファクターが飛躍的な進化を遂げたことにより、今回も完全にステレオ・サウンドボード音源レベルのクオリティーによるもので、トシン・アバシ、ヴァイの楽曲の一部にてクリックが入るものの、各ディスクのトラック終了後にはボーナス的に、本編ではクリック入りの楽曲のオーディエンス・ヴァージョン(クリックなし)を追加するというこだわりよう。
そしてまず 「5人の個性的なギタリストがライブをやったら面白い」というアイディアのもと、ヴァイ自身が出演者を選出して実現したこのライブは、2016年に開催された北米ツアーでは、ステージ入れ替えの際に、前のパフォーマーの最後の曲を次のパフォーマーと共にプレイするという、バトン形式が取られ、さらにオープニングとエンディングでは5人揃っての貴重なジャムも披露されるなど大きな話題を呼ぶことに。
そして大きな期待が膨らむ中での日本公演もほぼ同じ構成となっており、おおまかなショーの構成・進行は下記の通り。
オープニング:5人による「Foreplay」 ⇒ トーシン・アバシ(2曲) ⇒ トーシン&ヌーノ「Physical Education」 ⇒ ヌーノ・ベッテンコート(3曲) ⇒ ヌーノ&ザック「Sideways」 ⇒ ザック・ワイルド(3曲) ⇒ スティーヴ・ヴァイ(4曲) ⇒ イングヴェイ・マルムスティーン(8曲) ⇒ イングヴェイ+ヴァイ「Black Star」 ⇒ イングヴェイ以外4人の「Frankenstein」 ⇒ エンディング:5人による「Highway Star」

以上、大阪公演などとほぼ同様の進行・構成となっており、まずオープニングの「Foreplay」からして凄絶で、イントロで5人が思い思いに弾きまくり、途中からのソロ回しから全員全開。そしてソロのトップバッター、トーシンは、猛烈なプログレ・メタルを披露し、名古屋公演では演奏しなかった「Air Chrysalis」も追加。続くヌーノはEXTREMEナンバーをメインに、ファンキーなノリは相変わらず。そして3番手のザックは全曲カバーで勝負となり、強引な弾きっぷりと凶暴なハーモニクスはやはり唯一無二。
そして、本来トリのスティーヴ・ヴァイの超絶個性は絶大で、変態フレーズのオンパレードに、オーディエンスもただ絶句。
そしてソロ最後のイングヴェイも、大阪では器材トラブルで荒れたのに対して、この日は絶好調のパフォーマンス披露し、ラストのヴァイとの「Black Star」までまさに神がかり。さらにその後はおなじみ豪華共演の3連発で、まず「Black Star」ではヴァイが登場、アンコールの「Frankenstein」ではイングヴェイ以外の4人、さらに大ラスの「Highway Star」では5人勢揃いで弾き倒しエンド。
さらに映像DVD-Rには当日の模様を、ステージほぼ正面からの、良好オーディエンス・ショットにて、ライブ前半パート(オープニングからザック・ワイルドまで)を収録。
オーディエンス映像としてはベストといえるもので、ライブハウスながら、視界を妨げる障害物もほとんどなく、それぞれのソロでは指使いまで鮮明に捉えたズーム・ショットや、ステージ全体を的確に捉えたショット等、カメラワークの素晴らしさも絶品。
東京初日の一夜を完全再現した、そのすべてが圧巻かつ超絶技巧にまみれたパフォーマンスは、全ギター・ファン必携の来日限定コレクターズ・エディション。
*なお映像の後半パート(スティーヴ・ヴァイからエンディングまで)は、同レーベルから同時リリースの「2017 TOKYO 2ND NIGHT」に収録されているため、セットで是非。

Disc 1 : 01. Intro [Nuno, Zakk, Steve, Yngwie, Tosin] 02. Foreplay [Tosin] 03. Tempting Time 04. Air Chrysalis 05. The Woven Web 06. Physical Education (with Nuno) [Nuno] 07. Get the Funk Out 08. Midnight Express 09. Extreme Medley 10. Sideways (with Zakk)
Disc 2 : [Zakk] 01. Guitar Solo 02. N.I.B. 03. Little Wing 04. Band Introduction 05. Whipping Post [Steve] 06. Bad Horsie 07. Racing the World 08. Tender Surrender 09. Gravity Storm
Disc 3 : [Yngwie] 01. Spellbound 02. Into Valhalla 03. Baroque and Roll 04. Soldier 05. From a Thousand Cuts / Arpeggios from Hell 06. Badinerie 07. Icarus' Dream Suit Op.4 / Adagio 08. Far Beyond the Sun 09. Guitar Solo / Trilogy Suite Op: 5 10. Fugue 11. Acoustic Guitar Solo 12. Black Star (with Steve) [Nuno, Zakk, Steve, Tosin] 13. Frankenstein [Nuno, Zakk, Steve, Yngwie, Tosin] 14. Highway Star 15. Outro

DVD-R : 01. Intro [Nuno, Zakk, Steve, Yngwie, Tosin] 02. Foreplay [Tosin] 03. Tempting Time 04. Air Chrysalis 05. The Woven Web 06. Physical Education (with Nuno) [Nuno] 07. Get the Funk Out 08. Midnight Express 09. Extreme Medley 10. Sideways (with Zakk) [Zakk] 11. Guitar Solo 12. N.I.B. 13. Little Wing 14. Band Introduction 15. Whipping Post

[Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 6th April 2017]
◇ Yngwie Malmsteen / Steve Vai / Zakk Wylde / Nuno Bettencourt / Tosin Abasi
/ Pete Griffin - Bass / JP Bouvet - Drums / Derek Sherinian – Keyboards

2017年04月14日

ジェネレーション・アックス、来日2日目の大阪公演!

sha724ga.jpg



◆ GENERATION AXE / OSAKA 2017 (3CDR) この商品はこちらから

スティーヴ・ヴァイのアイディアのもと、ザック・ワイルド、イングヴェイ・マルムスティーン、ヌーノ・ベッテンコート、トーシン・アバシによる、スペシャル・ギター・ユニット「ジェネレーション・アックス」が、ついに2017年4月に日本にも上陸。
そしてその2日目となる4月4日Zepp難波でのライブを、3時間12分にわたり、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
まず 「5人の個性的なギタリストがライブをやったら面白い」というアイディアのもと、ヴァイ自身が出演者を選出して実現したこのライブは、2016年に開催された北米ツアーでは、ステージ入れ替えの際に、前のパフォーマーの最後の曲を次のパフォーマーと共にプレイするという、バトン形式が取られ、さらにオープニングとエンディングでは5人揃っての貴重なジャムも披露されるなど大きな話題を呼ぶことに。
そして大きな期待が膨らむ中での日本公演もほぼ同じ構成となっており、おおまかなショーの構成・進行は下記の通り。

オープニング:5人による「Foreplay」 ⇒ トーシン・アバシ(2曲) ⇒ トーシン&ヌーノ「Physical Education」 ⇒ ヌーノ・ベッテンコート(3曲) ⇒ ヌーノ&ザック「Sideways」 ⇒ ザック・ワイルド(3曲) ⇒ スティーヴ・ヴァイ(4曲) ⇒ イングヴェイ・マルムスティーン(8曲) ⇒ イングヴェイ+ヴァイ「Black Star」 ⇒ イングヴェイ以外4人の「Frankenstein」 ⇒ エンディング:5人による「Highway Star」

以上、前日の名古屋初日とほぼ同様の進行・構成となっており、まずオープニングの「Foreplay」からして凄絶で、イントロで5人が思い思いに弾きまくり、途中からのソロ回しから全員全開。そしてソロのトップバッター、トーシンは、猛烈なプログレ・メタルを披露し、名古屋公演では演奏しなかった「Air Chrysalis」も追加。続くヌーノはEXTREMEナンバーをメインに、ファンキーなノリは相変わらず。そして3番手の