Skip to content

ベイエリア・ファンク健在!タワー・オブ・タワー来日ライブ!

wild007c.jpg
TOWER OF POWER / IT’S SATURDAY NIGHT! (2CDR)
この商品はこちらから

活動40周年の節目の年となった2008年の来日ツアーより、5月24日の東京公演を1st、2ndセットともにDATオーディエンス・レコーディングによる高音質クオリティーにて完全コンプリート収録。今回の来日公演では、バンド結成以来40年の長きに亘り活動してきたエミリオ&ドクのTOPホーンズ2枚看板、そしてボトムを支える唯一無二のガリバルディ&ロッココンビというバンド中枢4人に加え、珠玉のハモンドソロを聴かせてくれるロジャー、バンドに躍動感溢れる生命力をもたらすトム、マイク、アドルフォ3人の若きホーンセクション、コンテの後任として期待に違わぬパフォーマンスを見せるビリー、そして往年のレニー・ウィリアムズを彷彿とさせるラリーという強力無比な10人編成によるショーを披露。その毎度恒例のノンストップ・ファンク・ショーは、タイトかつパワフルなものであり、節目の年を祝してのステージは新旧の楽曲を網羅したベスト・ライブ!

◆Live in Tokyo, 24th May 2008
(DISC 1) -1st set- 01.opening 02.We Came To Play 03.And You Know It 04.(To Say The Least) You’re The Most 05.How Could This Happen To Me 06.Can’t Stand To See Her Slaughter 07.It’s Not The Crime 08.Time Will Tell 09.Ain’t Nothin’ Stoppin’ Us Now 10.You Ought To Be Havin’ Fun 11.Get Yo’ Feet Back On The Ground 12.band introduction 13.Diggin’ On James Brown 14.What Is Hip? (incl. Soul Power) encore; 15.Knock Yourself Out (incl. I Thank You)
(DISC 2) -2nd set- 01.opening 02.Stroke ’75 03.Soul With A Capital “S” 04.You Strike My Main Nerve 05.Just Enough And Too Much 06.This Time It’s Real 07.Clean Slate 08.As Surely As I Stand Here 09.Can’t You See (You Doin’ Me Wrong) 10.Only So Much Oil In The Ground 11.band introduction 12.So Very Hard To Go 13.Down To The Night Club 14.What Is Hip? (incl. Soul Power) encore; 15.You’re Still A Young Man
◇Personnel; Emilio Castillo (tenor saxophone, vocal), Stephen “Doc” Kupka (baritone saxophone), Larry Braggs (vocal), Tom Politzer (tenor saxophone), “Iron” Mike Bogart (trumpet, flugelhorn), Adolfo Acosta (trumpet, flugelhorn), Roger Smith (keyboards), Mark Harper (guitar), Francis Rocco Prestia (bass), & David Garibaldi (drums)

Published innew in store!