Skip to content

COLDPLAY In Japan!!

pro287c.jpgCOLDPLAY / VIVA LA SONIC (1CDR)
この商品はこちらから
2008年8月10日サマソニック最終日メイン・ステージのヘッドライナーを務めた際の模様を、クリス・マーティンのイアー・モニター・ソースを使用したサウンドボード音源と、DATレコーディングによるデジタル・オーディエンス音源をミキシングした、マトリックス音源にて完全ノー・カット収録!数箇所オーディエンス・ソースのみの部分はあるものの、全て臨場感溢れた生々しいサウンドで、バンド・アンサンブルのバランスも良く、リアルにこの日のライブを再現。セット内容も3曲目で早くも感動的な”In My Space”で会場が大合唱になり、その前後はやはり「Viva La Vida」からのナンバーをメインに、タイトル曲はもちろん”Violet Hill” “Lost!” “Lovers In Japan”などを披露。また今回のライブは、コマーシャルな部分と実験性の高い部分が共存しており、コマーシャル性が発揮されたのは、クリスの過剰とも云えるショーマン・シップで、代表曲”Speed Of Sound”に続いて何と”世界に1つだけの花”を日本語で披露!そしてライブ途中で突如移動し写真撮影タイムを設け、しかもその間、”Scientists” “Death Will Never Concour”を弾き語りしたり、さらには後半アリシア・キーズが飛び入りしてピアノ伴奏で”Clocks”に参加したりとエンターテイメント溢れるパフォーマンスが随所に。また逆に実験性の高い部分をアピールしたのは、やはり「Viva La Vida」の影響が如実に現れており、ブライアン・イーノにより大きく変化したサウンドは、過去の楽曲にまで変化をもたらしており、特に”God Put A Smile Upon Your Face”では、シンセを取り入れたり、歪んだギター・サウンドのため、イントロでは何の曲かわかりないほど。それら全てを含めサマソニ08のベスト・アクトの声も高い最高のパフォーマンスを最高のクオリティーで!

01. Life In Technicolor 02. Violet Hill 03. In My Space 04. Viva La Vida 05. 42 06. Fix You 07. Chinese Sleep Chant 08. God Put A Smile Upon Your Face 09. Speed Of Sound 10. Yellow 11. Lost! 12. Scientist 13. Death Will Never Conquer 14.Talk (Remix) 15. Clocks (& Alicia Keys) 16. Lovers In Japan 17. Death And All His Friends 18.The Escapist
(Live at Chiba Marine Stadium, Japan August 10, 2008)
Chris Martin (vo.key) William Champion (ds per) Jonny Buckland (g) Guy Berryman (b)

Published innew in store!