Skip to content

メタリカ最新サウンドボード・ライブ!

pro519c.jpgMETALLICA / OZZFEST 2008 (2CDR )
この商品はこちらから
2008年8月9日恒例『Ozzfest』に出演した際の模様を、ネット流通とは別ソースによる放送用マスター・ソースよりオフィシャル・クオリティー、サウンドボードにて完全コンプリート収録!例年の『Ozzfest』は全米ツアー形式で開催されてた中、08年は1日限りの開催、もちろん主催者であるオジーをはじめ、多数のメタル・バンドが参加し、メタリカはメイン・ステージに登場。おなじみのオープニングでスタートし、続々とキラー・チューンを連発する中、最大の聴き所と言える、リリース1ヵ月前を控えた5年振りとなるアルバム「DEATH MAGNETIC」から、ついに新曲”CYANIDE”を中盤で初披露!その後も快調に飛ばしてゆき、さらなる聴き所としては、アンコールではあの孤高のカルト・シンガー、キング・ダイアモンドが登場し、なんとあの「GARAGE INC.」収録の”Mercyful Fate”を12分に及び披露!これは”Evil” “Curse Of The Pharaohs” “Satan’s Fall” “A Corpse Without Soul” “Into The Coven”といった、マーシフル・フェイトの初期の代表曲をメドレーにしたもので同郷ラーズらしい選曲はもちろん本家キングの圧倒的ボーカルにより9年振りに完全披露!もともと今回のフェスの一環として、パンテラやダメージプランのギタリストとして活躍した故ダイムバッグ・ダレルを偲ぶべく、当日の参加者によるスペシャル・トリビュート・ステージが行われており、彼の兄で元パンテラのドラマーのヴィニー・ポールを筆頭に、スレイヤーのケリー・キング、アリス・イン・チェインズのジェリー・カントレルとマイク・アイネズ、アンスラックスのスコット・イアンとチャーリー・ベナンテ、メタリカのカーク・ハメット、そしてキングも含め、メタル界のそうそうたるメンバーが集結し、パンテラの名曲を中心としたセットを披露。その流れでのメタリカとのジョイントゆえ、観客も大盛り上がり!08年メタリカのライブとしてはベスト・アクトと言えるパフォーマンスを最高のクオリティーでここに!さらにボーナスとして08年ユーロツアーにおける7月18日ロシア公演からも5曲を放送用音源よりサウンドボード収録。ファン必聴、マスト・アイテム!

(DISC ONE)
01.The Ecstasy Of Gold
02.Creeping Death
03.For Whom The Bell Tolls
04.Ride The Lightning
05.Harvester Of Sorrow
06.kirk Doodle
07.Welcome Home (Sanitarium)
08.Cyanide
09….And Justice For All
10.No Remorse
11.Fade To Black
12.Master Of Puppets
13.Damage Inc.
(DISC TWO)
01.Nothing Else Matters
02.Sad But True
03.One
04.Enter Sandman
05.Encore
06.Mercyful Fate (King Diamond on vocals)
07.Seek And Destroy
08.Ending
– Saturday, August 9 2008 at Pizza Hut Park in Dallas, Texas USA-
09.The Unforgiven
10.Leper Messiah
11.Last Caress
12.Motorbreath
13.Whiplash
– at SKK Hall, St. Petersburg, Russia July 18, 2008-

Published innew in store!