Skip to content

月別: 2009年10月

ファンク・マニア必携ファンカデリックの未発表音源!

mono024c.jpg

◆ PARLIAMENT:FUNKADELIC / LICKS :toys 2 (2CDR) この商品はこちらから
1973年ファンカ名義による“Cosmic Slop”レコーディング時期にウエストバウンドに残した未発表デモやアウトテイクを集めたレア・コンピレーション! しかもこの前後も含めた70年代初期の未発表レコーディング作品を収めたオフィシャル「TOYS」とは一切ダブリもなく、さらに貴重でディープな音源をトータル38トラックも収録した、まさに「Bサイド:TOYS」と云える内容で、そのクオリティーも関係者流出によるマスター・サウンドボード・ソースからのダイレクトCD化ゆえ、オフィシャル・クラス。そして何といってもクリントンを筆頭に、パーラメント/ファンカデリックのフル・メンバーが参加して行われていたセッションは、バーニー・ウォーレルやブーツィー・コリンズといった主要メンバーはもちろん、そのブーツィーとどファンクなジャムを繰り広げるエディ・ヘイゼル、その鋭角なギター・サウンドで一発でわかるゲイリー・シャイダーなど、まさにPファンク最強軍団オールスターズによる貴重なテイクやオルタネイト・ミックスがたっぷりと。そしてこのセッションから後のアルバムに収録されているナンバーも多数あり、パーラメント名義では翌74年にリリースされた「Up For The Downstroke」にはタイトル・ナンバーや!I Can Move You If You Let Me”や”Presence Of a Brain”のオルタネイト・ミックス。また翌75年リリースの「Chocolate City」に収録される”Ride On” “Bigfootin” “Together”なども別ミックスにて。さらにファンカデリックでも74年の「Standing On The Verge」にタイトル・ナンバーや”Red Hot Momma”の別ヴァージョン、後の「Hardcore Jollies」収録の”Soul Mate”のインスト・ヴァージョンなどはオフィシャル・テイクと聞き比べるのも楽しいところ。P-ファンカー達が最もファンクネスかつ、ヘヴイなサウンドを追求していた最強の時期の最高のドキュメントがここに。
DISC ONE:01. Bigfootin (alternate)/02. Eddie And Bootsy Jam/03. Up For The Downstroke (alternate)/04. Eddie And Bootsy Jam 2/05. I Can Move You If You Let Me (alternate)/06. Origin Of Standing On The Verge/07. Presence Of a Brain (alternate)/08. Eddies Groove/09. Needy And Greedy/10. Tales Of Kid Funkadelic (instrumental)/11. Chinny Chin Chin/12. Tales Intro with George Scat/13. The Goose That Laid The Golden Egg (aloternate)/14. Groove To This/15. Alice In My Fantasies (alternate)/16. If It Don’t Fit Don’t Fon’t Force It (Instrumental)/17. Red Hot Momma (alternate)/18. Jimmys Got a Little Bit Of Bitch In Him (instrumental)/19. Together (alternate)
DISC TWO:01. Another Place (instrumental)/02. Ride On (alternate)/03. Groove To This (alternate)/04. Bootsy Thump/05. Eddie Hazel Rocks Out (Smeeros Jam)/06. Bernie Jam/07. Bernie Jam II/08. Chicken Scratch/09. Arm Pit/10. Right To Life (Mambo)/11. Right To Life (cont)/12. Bootsy Keeps Thumpin/13. Rutherford (Tales)/14. Lets Take It To The People (instrumental)/15. Bootsy For Your Booty/16. I’ve Been Watching You (instrumental)/17. A Blow For Me a Toot For You (instrumental)/18. Soul Mate (instrumental)/19. Rat Kissed The Cat (spooky mix)

台風接近!

onechan.jpg

大型台風が明日にはここ京都にも近づくそうですね。
よって明日8日はひょっとして店は臨時休業するかもしれません・・
その場合はまたメール配信でご連絡させていただきます。
ご迷惑かけて申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

ジェフ・ベック話題の最新ライブを音と映像で

jbd101c.jpg
◆ JEFF BECK & IMELDA MAY BAND / SHAKE RATTLE & ROLL (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから
2009年夏のユーロ・ツアー終了後となる9月21日ロンドン、O2アリーナで行われたイメルダ・メイとの共演によるスペシャル・コンサートの模様を、音源と映像でカップリング収録したコレクターズ・エディション! 
まず音源はフロント・ローからのDATデジタル・・マスターより超クリアー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。とにかく会場の音響の素晴らしさもあり、臨場感、バランスなど各楽器パートまでが鮮明に聴くことが出来るうえ、最前列PA出力からのベックのギター音はネックのきしみまで聞こえるほどのクリアーさ。そして内容の方は、この2ヶ月ほど前にベックのアルバート・ホールでのライブにデイヴ・ギルモアと共に競演したイメルダのバンドに、今度はベックが客演という形で参加しており、3曲目の”Baby, Let’s Play House”から観客の大歓声を浴びて登場。そしてその後のセットリストは通常のものとは全く違ったロカビリーやジャズ・スタンダード等のルーツ・カバーがメイン。さらにアイルランドの歌姫と呼ばれる透明感溢れるイメルダのヴォーカルと、ベックの流麗なギター・プレイとのコラボはまさに絶品で、ベック自身もリラックスした中で、自身のライブとはまた違った、ゆったりとしたソロやバッキングを披露。尚、当日会場にはジミー・ペイジとロン・ウッドが客席に来ており、ステージからもアナウンスされ大観衆から大きな期待もあった中、残念ながら飛び入り出演はなし。それでもアンコールの”Over The Rainbow”で終演するや、その素晴らしい最高の演奏にオーディエンスはスタンディング・オベーション!
さらに映像の方は、5曲目”Cruisin’”途中からの収録でコンプリートではないものの、84分にわたりほぼ正面からの良好オーディエンス・ショツトにて収録。時折観客の影になるシーンがある以外は、会場が02アリーナ内の小ホール、インディゴ2なのでアングルも特大でクローズ・アップも多数。ベックの長いキャリアの中でもまさに特別なライブと云える最高のパフォーマンスを最高の音と良好な映像でここにカップリングしたファン必携アイテム。
DISC ONE: 01 Introduction 02 Feel Me 03 Love Tattoo 04 Baby, Let’s Play House 05 Double Talkin’ Baby 06 Crusin’ 07 The Train Kept A-Rollin’ 08 Poor Boy 09 My Baby Left Me 10 Rockin’ Is Our Business 11 Apache 12 Sleepwalker 13 Peter Gunn Theme 14 Softly We Meet Again 15 Please Mr. Jailer
DISC TWO: 01 Corpus Christie Carol 02 Lilac Wine 03 Green Onions 04 Castin’ My Spell On You 05 The Girl Can’t Help It 06 Goodbye Pork Pie Hat / Brush With The Blues 07 Rock Around The Clock 08 Cry Me A River 09 Shake Rattle & Roll 10 How High The Moon 11 Over The Rainbow 12 Ending
(DVD-R:Audience Shot. 84mins.)
01.Cruisin’/02.Train Kept A Rollin’/3.Poor Boy/04.My Baby Left Me/05.Rockin’ Is Our Business/06.Apache/07.Sleepwalk/ 08.Peter Gunn Theme/09.Walking In The Sand/10.Please Mr. Jailer/11.Corpus Christi Carol/12.Lilac Wine/13.Green Onions/14.Casting My Spell/15.The Girl Can’t Help It/16.Goodbye Porkpie Hat/17.Brush With The Blues/18.Rock Around The Clock/19.Cry Me A River/20.Shake Rattle & Roll/21.How High The Moon/22.Over The Rainbow
[Live At Indigo2, The O2, London U.K. September 21st 2009]
Jeff Beck – Guitar/Imelda May – Vocals/Leo Green – Tenor Sax/Nick Lunt – Baritone Sax/Dave Priseman – Trumpet/ Jason Rebello – Keyboards/Al Gare – Double Bass & Bass/Steve Rushton – Drums/Darrel Higham – Guitar & Vocals

ノエル脱退直前、オアシス最新ライブ!

com009c.jpg
◆ OASIS / GURTENFESTIVAL 2009 (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから
2009年7月16日から19日にかけてスイスで開催されたイベント・フェス「Gurtenfestival」において、3日目となる18日のヘッドライナーとして登場した際の模様を、ブロードキャスト・オンエアーによるステレオ・サウンドボードにて収録。オープニング”Rock ‘n’ Roll Star”がカットインで入る以外はエンディングまでコンプリート収録されており、カンペキな高音質ゆえ、このままオフィシャル・リリースも可能なレベル。そしてこのイベントはキング・オブ・レオン、トラヴィス、フランツ・フェルディナンドといった(因みに日本からは東京スカパラも参加)超豪華ラインナップによるもので、そのメインがオアシスというだけに会場の盛り上がりも序盤から最高潮! そのオーディエンスの熱気にあおられるかように、リアムは”Morning Glory”の歌詞を間違えたり、何度も掛け声わかけて観客を盛り上げたり、ノエルも”The Master Plan”の始まる前にユーモアたっぷりのMCで、新メンバーのクリス・シャーロックを紹介したりとバンドの終始ご機嫌。また前月よりセットリストに日本でもフジロックでプレイされた、シングルBサイドの”Half The World Away”や「Be Here Now」収録の”My Big Mouth”などがセットインしており、スピード感いっぱいのギター・サウンドがメインのナンバーが加わったことで、メリハリのある疾走感溢れるパフォーマンスを展開。そしておなじみの”Don’t Look Back In Anger”でのオーディエンスの大合唱はやはり感動的。そして何といってもこの後でノエルの脱退宣言があり、ツアーもキャンセルとなっただけに、ファンとしては今後の動向も気にしつつ、そんな事件を微塵も感じさせないパフォーマンスゆえ、絶対必聴マスト・アイテム。
さらに初回100セットのみ、南米ツアーでのブラジル公演や、本公演直後となる「i Tunes Fes」と7月24日あのフジロックでのパフォーマンスなどの映像を収録したボーナスDVD-Rをプラス。こちらはまず5月の南米ツアーより、10日ブラジル、クリチバのエキスポトレード・コンベンションでのショーを、オープニングから前半9曲を良好オーディエンス・ショットで収録。さらに本フェスから3日後となる7月21日ロンドンで開催された「i Tunes FestivalはBBCオンエアーによるプロショットで3曲、さらにこの3日後のフジロックは、国内オンエアーされたTVプロショット4曲に、良好オーディエンス・ショットも2曲追加した必見のトータル82分。こちらのボーナスDVD-Rは初回限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。
(CD ONE)
01. Rock ‘n’ Roll Star
02. Lyla
03. The Shock Of The Lightning
04. Cigarettes & Alcohol
05. Roll With It
06. Waiting For The Rapture
07. The Masterplan
08. Songbird
09. Slide Away
10. Morning Glory
11. My Big Mouth
12. Half The World Away
13. I’m Outta Time
(CD TWO)
01. Wonderwall
02. Supersonic
03. Live Forever
04. Don’t Look Back In Anger
05. Champagne Supernova
06. I Am The Walrus
[at Gurtenfestival, Switzerland 18th July 2009 : Broadcast master Stereo
Soundboard Recording]
(Ltd. DVD-R)
01.Fuckin’ In The Bushes/02.Rock ‘N’ Roll Star/03.Lyla/04.The Shock Of The Lightning/05.Cigarettes & Alcohol/ 06.The Meaning Of Soul (cut)/07.Waiting For The Rapture/08.The Masterplan/09.Songbird
[Expotrade Convention And Exhib,Curitiba,Brazil May 10 2009]
01.Slide Away/02.Noel Interview/03.Half The World Away/04.Champgene Supernova
[iTunes Festival, Roundhouse, Camden,London July 21 2009]
01.Roll With It/02.The Masterplan/03.Half The World Away/04.Morning Glory/05.Don’t Look Back In Anger/ 06.I Am The Warlus
[Fuji Rock Festival, Naeba, Japan July 24 2009]

パープル&レインボー・ファン必見!

nd1694d.jpg
◆ JOE LYNN TURNER / THE HIGH GEAR TOUR IN BRAZIL (1DVDR ) この商品はこちらから
2009年「Over The Rainbow」での活動後は、7月下旬よりソロ名義で南米ツアーを敢行。その際6公演行われたブラジル・ツアーの最終日となる8月2日、サンパウロでのショーの模様を現地TVオンエアー・マスターからのオフィシャル・クオリティー、プロショットにて93分にわたりコンプリート収録。とにかく根強い人気を誇るブラジルでのギグであり、しかもライブ・ハウス規模のホールだけに熱気と盛り上がりはすさまじく、オープニングの”Highway Star”からすでに観客のノリの良さは絶句もの。そして「Over The Rainbow」時よりもさらに選曲の幅は増大し、彼の関わった数々のプロジェクトからレインボー、パープルがそのほとんどを占めているのが、ファンとしては嬉しい限り。さらにその間にはジョーの現在進行プロジェクト「Sunstorm」からのアルバム・ナンバーもプレイされており、現役ぶりをアピール。それでもやはり盛り上がるのはおなじみのレインボー&パープル・チューンで、特にラストのパープル4連発でショーは一気にレッドゾーンに突入し、終演後も鳴り止まない歓声が。とにかく彼のソロ・プロジェクトでワンコンサートをカンペキなプロショットで捉えた映像はかなり貴重ゆえ、往年のHRファン、必見マスト・アイテム!
[Novo Horizonte, Sao Paulo, Brazil August 2 2009]
01.Highway Star/02.I Surrender/03.King Of Dreams/04.Blood Red Sky/05.Street of Dreams/06.Divided / 07.Jealous Lover/ 08.Stone Cold/ 09.Death Alley Driver/ 10.Love Conquers All /11.Devil’s Door/ 12.Hush /13.Burn/ 14.Smoke On The Water /15.Perfect Strangers

23年目を迎えました!

shop1.jpg
1986年、京大農学部前でオープンして以来、
とうとう23年目となりました。
当初、CDは一枚もなく、レコードばかりだったこと、
喫茶カウンターもやってて、昼間はカレー出したり、夜は飲み屋みたいだったこと、
週末はオールナイト営業してたこと。
色んなことがあったなあと思いだされる次第です。
そしてWEBサイトの開設があったり、ショップの移転もあったりと、
形態はシフトチェンジしつつも何とかここまでやってこれた次第です。
23年・・生まれた子供が社会人になってるんですよね。
ちょっとした歴史を感じて感慨深くもあります。
そこで10月1日で23年目を迎えるにあたり、恒例の Anniversary Sale を行っています。
* 10.1 (木) ~ 10.10 (土) 12:00 – 22:00
* USED アイテム ALL 20%OFF
(中古CD&アナログ)
* NEW アイテム ALL 10%OFF
(新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、Tシャツなど)
四条高倉移転後の2回目の開店記念セールとなりますので、
未整理の貴重盤、レア盤はもちろん、
中古CD,レコードも連日在庫を含め多数追加放出。
時節的に京都は一番いい頃です。
観光など兼ねて是非一度ご来店くださいませ。
尚、遠方で直接ご来店できない方も、通販をご利用下さい。
その旨、お電話やメールで、
ご希望商品をお知らせいただけたらけっこうです。
今後24年目に向けてもまた、よろしくお願いいたします。
—————————————-
〒604-8124
京都市中京区高倉通錦下る帯屋町572
富紗屋ビル 2F Joe’s Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com