Skip to content

話題のホールズワース、ボジオ、レヴィン、マステロット・ライブ!

flac050.jpg
BOZZIO HOLDSWORTH LEVIN, MASTELOTTO / WEST COAST #1 (3CDR) この商品はこちらから
アラン・ホールズワース、テリー・ボジオ、トニー・レヴィン、そしてパット・マステロットという2008年11月日本で実現し大きな話題を呼んだ奇跡のカルテットが、2010年ついに本格的なユニットとしてUSツアーを開始。その1月2日から13日まで行われたウエスト・コースト・ツアーから、3デイズ4ショーを、いずれもDATデジタル・オーディエンス・マスターより、サウンドボード・クラスの驚異的なクオリティーにて収録。会場がいずれも最高の音響設備を誇るホールやジャズ・クラブゆえにバランスや音のクリアーさは、これ以上あり得ないレベルで、しかも観客席の雰囲気も損なうことなく、良い雰囲気と演奏の素晴らしい臨場感を見事に再現。まずDisc:1にはツアー5公演目となった、1月8日ジャズ・ファンにはおなじみヨシズ・オークランドでのギグをコンプリート収録。期待の高まる中、そのセット内容は08年来日時と同じく、完全即興によるもので、メイン・セットにエレドラを交えたパットと、アップライトベース&スティックのトニーが、曲を構成しその上にホールズワースの浮遊感漂うコードにソロを導入。そしてボジオがおなじみの巨大ドラムセットを駆使し自在に叩きまくるという、全編にわたり緊張感溢れるインプロヴィゼーションを展開。但し来日時は他の3人に中途参加したホールズワースが合わせにくいシーンもあったものの、ここでは4人が完全に一体化し、3人のロック・グルーヴにホールズワースもジャズ的アプローチで見事に呼応。そしてDisc:2&3には12日カリフォルニアのウイッティアでの1日2公演となったアーリー&レイト・ショーを収録。こちらはアーリー・ショーがマスター起因によりコンプリートではないものの、レイト・ショーはコンプリートで。こちらも来日公演同様、2つの即興演奏による構成で、ツアーも終盤となりバンド・アンサンブルも完成され、パット&トニーはクリムゾンを彷彿とさせるコンビネーションでインプロの骨格を構築。そしてすさまじいのはボジオのドラミングで、巨大キットの中で、尋常ではない手数とパワーで休むことなく叩き続け、さすがのホールズワースも圧倒されるシーンも。さらにボーナス的に1月10日のヨシズ・オークランドでのレイト・ショーもコンプリート収録。3日連続で行われた同クラブでの最終公演でこちらも最後まで圧倒的パフォーマンスを披露。2010年プログレ、ジャズ・ロック・ファンの間では最大の話題となるカルテットの最高のプレイを最高のクオリティーでここに。

Disc One :
1. Play One
2. Play Two
3. Play Three
4. Play Four
5. Play Five
6. Play Six
7. Band Introduction
8. Play Seven
[At Yoshi’s, Oakland, CA USA January 8th 2010]
Disc Two :
1. Play One
2. Play Two
[At The Center Theater, Whittier, CA. USA January 12th 2010 :Early Show]
3. Play One
4. Play Two
Disc Three :
1. Play Three
[At The Center Theater, Whittier, CA. USA January 12th 2010 :Late Show]
2. Play One
3. Play Two
4. Play Three
[At Yoshi’s, Oakland, CA USA January 10th 2010 :Late Show]
◇Terry Bozzio drums/ Allan Holdsworth guitar /Tony Levin bass guitar, Chapman stick, upright bass/Pat Mastelotto drums, percussion

Published innew in store!