Skip to content

ブルース・ロック全開の第1期ジェフ・ベック・グループ!

jbd121c.jpg
◆ JEFF BECK GROUP / MOTHER’S OLD RICE PUDDING (1CDR)
この商品はこちらから
1968年「Truth」をリリース、第一期ジェフ・ベック・グループとして、ニッキー・ホプキンスが加入してから10月18日に開始されたこの年2度目となるUSツアーより、11月16日マイアミのライブ・ハウス、イメージ・クラブでの2回のショーをいずれもマスター・クオリティー・オーディエンス・レコーディングにてほぼコンプリート収録。音源資料が不明確だった頃は、サウンドボード音源として紹介されていたほどのクオリティーで、しかも今回は、近年発掘されたオリジナル・マスターによるロー・ジェネレーション・ソースを使用しており、この時代としては信じられないほどのクリアーかつ、ド迫力の音質で、ライン直結のサウンドボードよりもはるかに生々しい驚異的なクオリティー。そして内容もこの日2ステージにもかかわらず、セットリストは全く別セットで、「Truth」からもトータル6曲プレイ。またこの夜はなぜかニッキーは不参加で4ピースによるギグとなっており、前年あたりを彷彿とさせるインプロを重視したヘヴィ・ブルース・スタイルで、特にロッドのヴォーカルにからみつくベックのギターは最高で、特にワウを使用した”Morning Dew”あたりはまさにこの4人ならではの真骨頂的プレイを披露。またインスト・ナンバーの”Mother’s Old Rice Pudding”においては、この日が初演であることもアナウンスされており、ロンのリード・ベースとも言えるブンブン唸るプレイも圧巻。4ピース・バンド期の最高のプレイがここに。過去より名高い68年ツアーの名演を、最高のクオリティーで再現した必携マスト・アイテム。
(First Gig)
01. Let Me Love You 02. I Can’t Hold Out 03. Jeff’s Boogie 04. Band Introduction 05. Sweet Little Angel 06. Shapes Of Things 07. Hi Ho Silver Lining
(Second Gig)
08. Beck’s Bolero 09. Rock My Plimsoul 10. Oh Pretty Woman 11. Morning Dew 12. MC/ Mother’s Old Rice Pudding 13. Sun Is Shining 14. I Ain’t Superstitious
[Recorded at Miami Thee Image Club, Florida USA November 16th 1968]
Jeff Beck – Guitar / Rod Stewart – Vocals / Ron Wood – Bass / Mick Waller – Drums

Published innew in store!