Skip to content

月: 2010年12月

ボン・ジョヴィ、サークル・ジャパンこれぞ決定版!

sne144bj.jpg

◆ BON JOVI / 2010 CIRCLE OF PEACEFUL (Limited:6CDR)この商品はこちらから
2010年「グレイテスト・ヒッツ」リリース後となる『The Circle』ジャパン・ツアーより、初日となる11月30日と翌12月1日の2日間にわたり行われた東京ドームでのライブを、いずれもジョンがステージで使用しているノイズレスな非圧縮イヤー・モニター・ソースからのサウンドボード音源と、フロント・ローで録音されたバランスの良い、奥行きのある極上オーディエンス・ソースとを完全フル・マトリックスしたパーフェクト・クオリティーにてここに。
ジョンのボーカル&アコーステイック・ギターが全面に、表情豊かに再現された三次元サウンドで、芯が通ったドーム公演らしからぬ奥行き、臨場感の両方を兼ね備えた、極上のマテリアルとなっており、そしてセット内容も両日共に『The Circle』からの楽曲は3曲におさえられ、それ以外は全て新旧のヒット曲で固められた、アコースティック・セットも含む、まさにグレイテスト・ヒッツなライブ。まず初日は、翌日はセット落ちしてしまった”Have A Nice Day”と”Something For The Pain”を含む全24曲。さらに翌1日公演は、初日より1曲少なかったものの、” Raise Your Hands”がセットインした全23曲。いずれも2時間半に及ぶ最高のパフォーマンスを最高のクオリティーで、ここに再現。さらに また、両日開演前に行われたサウンド・チェックの模様も、16曲トータル約100分にも渡り、こちらもジョンのイヤー・モニター・ソースより非圧縮収録。東京公演が約2ヶ月振りのツアー再開のステージとなったため、初日が約60分、2日目が約45分という濃い内容のサウンド・チェックで、しかも本番では結局プレイされなかった、「GREATEST HITS」収録の”No Apologies”も繰り返しプレイ。
さらに初回限定100セットのみ、12月1日最終公演におけるジョンのイヤー・モニター・ミックス音源をマトリックス前の状態で、14曲セレクトし、79分に渡り収録したボーナスCD-Rと、今ツアーでジョンが使用しているギター・ピックのレプリカをプラス封入。
これらのボーナス・アイテムは初回完全限定ゆえ、ご希望の方はお早めに。

DISC1 / This Is Our House(S.E.) / Introduction / Blood On Blood / We Weren’t Born To Follow / You Give Love A Bad Name / Born To Be My Baby / Lost Highway / Whole Lot Of Leavin’ / When We Were Beautiful / It’s My Life / I’ll Sleep When I’m Dead / We Got It Goin’ On / Bad Medicine/Pretty Woman/Shout / Lay Your Hands On Me (Richie on VOX)
DISC2 / What Do You Got? / (You Want To) Make A Memory / I’ll Be There For You / Something For The Pain / Someday I’ll Be Saturday Night / Work For The Working Man / Runaway / Have A Nice Day / Who Says You Can’t Go Home / Keep The Faith / Wanted Dead Or Alive / Livin’ On A Prayer / Blood On Blood (Inst)* / Blues Jam*
[Recorded Live at Tokyo Dome, Japan, November 30th, 2010]
DISC3 / This Is Our House(S.E.) / Introduction / Blood On Blood / We Weren’t Born To Follow / You Give Love A Bad Name / Born To Be My Baby / Lost Highway / Whole Lot Of Leavin’ / When We Were Beautiful / It’s My Life / I’ll Sleep When I’m Dead / We Got It Goin’ On / Bad Medicine/Roadhouse Blues / Lay Your Hands On Me (Richie on VOX)
DISC4 / What Do You Got? / (You Want To) Make A Memory / I’ll Be There For You / Someday I’ll Be Saturday Night / Work For Working Man / Runaway / Raise Your Hands / Who Says You Can’t Go Home / Keep The Faith / Wanted Dead Or Alive / Livin’ On A Prayer / Raise Your Hands+ / Blues Jam+
DISC5 / We Weren’t Born To Follow* / Whole Lot Of Leavin’*/ What Do You Got?* / (You Want To) Make A Memory* / Something For The Pain #1* / Something For The Pain #2* / We Got It Goin’ On* / No Apologies Session+ / No Apologies #1+ / No Apologies #2+ / No Apologies #3+ / We Weren’t Born To Follow+
[at Tokyo Dome, Japan, November 30th & December 1st, 2010]
(*Sound-Check at Tokyo Dome, Japan, Nov 30, 2010)
(+Sound-Check at Tokyo Dome, ,Japan, Dec 01, 2010)
DISC6 / Blood On Blood / You Give Love A Bad Name / Born To Be My Baby / Whole Lot Of Leavin’ / It’s My Life / Lay Your Hands On Me (Richie on VOX) / (You Want To) Make A Memory / I’ll Be There For You / Someday I’ll Be Saturday Night / Runaway / Raise Your Hands / Keep The Faith / Wanted Dead Or Alive / Livin’ On A Prayer
[Jon’s Monitor Material taken from Dec 01 at Tokyo dome]

最初期ビートルズのライブ映像!

mcdv25sp.jpg

◆ THE BEATLES / COME TO DOWN OUTTAKES (1DVD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、1963年11月20日マンチェスターのABCシアターで行なわれたコンサート映像がプレスDVDにてここに。
このコンサートは映画館で上映するために、『COME TO TOWN』という作品にするためカラーで撮影されたもので、部分的に「Complete Beatles」や「Anthology」を始め、様々なドキュメンタリーでも使用されている、お馴染みの貴重な初期のカラー映像。しかし、これまで「Come To Town」は本編映像しか陽の目を見ていなかった中、本タイトルは過去ほとんど流通していない8本のリールに収録されたアウトテイクを、すべてコンプリート収録。さらに時間軸、シーン別に再構築したものを含め、本編はもちろん、全アングル違いのカメラ別、さらに会場やバックステージの様子など、そのほとんどが初登場のこの日の映像を余すところなく収めており、実際の演奏シーン以外でも、当日の会場の様子、セキュリティの様子、さらには映画のためのやらせっぽいファンが会場に侵入するシーンなどまでも収録。またメンバーがバック・ステージでふざけながらくつろいでいるシーンなども微笑ましく、それらすべてが鮮明なカラー映像にて。まだ世界へ出る前の人気が駆け上がる直前のツアーの様子ゆえ、初々しさも溢れる貴重な映像を、永久保存プレス盤にて。
01. Introduction Scenes 02. Scene 1 : On Stage, Camera A 03. Scene 2 : On Stage, Camera B 04. Scene 3-1 : On Stage, Camera C
05. Scene 3-2 : On Stage, Camera C With A 06. Scene 4 : Inside, Outside, At The Theatre 07. Scene 5 : A Press Conference 08. Scene 6 : Fans Invading 09. Scene 7 : In A Dressing Room 10. Scene 8 : The Concert Reels 11. Reel #1 : Unused Scraps 1 12. Reel #2 : “Come To Town” 13. Reel #3 : “Come To Town” Rough Edit 14. Reel #4 : Unused Scraps 2 15. Reel #5 : “Come To Town” For Tv Broadcast 16. Reel #6 : B&W Working Reel 17. Reel #7 : “Come To Town” 70mm Print For Cinema 18. Reel #8 : “Come To Town” 35mm Print For Cinema Extras 19. Alternate Outtakes (Half Speed) 20. B&W Unused Stage Scene 21. B&W 8mm Print For Sale 22. Multi Angle (Switchable) 23. More “Pathe” Rare Films – Future Release –
[ABC Theatre Manchester Lancashire U.K. 20th November 1963]

メタリカ、ツアー・ファイナル・ライブ!

sne144sp.jpg

◆ METALLICA / FINAL APOCALYPSE (6CDR) この商品はこちらから
2010年9月の来日公演後、2年にも及ぶ大規模な「DEATH MAGNETIC」ワールド・ツアーのファイナルとなったオーストラリア、メルボルン公演3DAYSの模様を、全公演、ジェイムズがステージで使用しているノイズレスな非圧縮イヤー・モニター・ソースからのサウンドボード音源と、P.A.卓内で録音されたバランスの良い、奥行きのある極上オーディエンス・ソースとを完全フル・マトリックスしたパーフェクト・クオリティーにてここに。
オーディエンス録音のみでは再現しきれない、表情豊かなサウンドで、トータル420分にわたり、日本公演同様に聞き応え充分のパフォーマンスを再現。しかもHouse S.EのSAXON「Heavy Metal Thunder」から客出しのB.G.Mまでをもすべてリアルに完全収録しており、しかも空前絶後の大盛上がりを見せたオーストラリア・ツアーの中でも、千秋楽らしくレア・セットリストを含む、ツアー集大成ともいえる超究極の内容。特にセットリストが驚異で、3日間で定番曲以外で日替わりでプレイされた曲は全33曲。しかもその33曲中ダブりでプレイされたのは何と「Fade To Black」のみなので、なんと32曲が日替わりセットインという激レアなもの。特にThe Shortest Straw、Orion、Jump In The Fire、The God That Failed、My Apocalypse、The Outlaw Torn 、Dyers Eve、The Unforgiven III、The Call Of Ktulu 、Trapped Under Ice あたりはなかなかプレイされておらず、コアなファンにはたまらない選曲。そして特製オリジナル帯付きで、さらに特典として今ツアーの11月21日最終公演でのみ使用された「FINAL APOCALYPSE」と刻印されたギター・ピックのレプリカを初回盤に封入。オリジナルはメルボルン公演用に150枚程しか作られていない、こちらもレアな逸品ゆえ、必携マスト・アイテム!
DISC1: Heavy Metal Thunder/The Ecstasy Of Gold/That Was Just Your Life/ The End Of The Line/Harvester Of Sorrow/ The Shortest Straw/ Kirk Doodle #1/Fade To Black/The Memory Remains/I Disappear/ Sad But True/Robert Doodle/Turn The Page/Orion
DISC2 : One:Intro/One/Master Of Puppets/Damage, Inc./Kirk Doodle #2/Nothing Else Matters/Enter Sandman/The Frayed Ends Jam/Breadfan/ Jump In The Fire/Seek And Destroy/Wasting My Hate Outro/Happy Birthday Kirk/Message/Outro S.E. (One/Iron Horse)
[Recorded Live at Rod Laver Arena, Melbourne, Australia, November 18, 2010]
DISC3 : Heavy Metal Thunder/The Ecstasy Of Gold/That Was Just Your Life/ Cyanide/Ride The Lightning/Through The Never/Kirk Doodle #1/Welcome Home (Sanitarium)/The God That Failed/My Apocalypse/ Sad But True/Robert Doodle/No Leaf Clover/The Outlaw Torn
DISC4 : One:Intro/One/Master Of Puppets/Dyers Eve/Kirk Doodle #2/Nothing Else Matters/Enter Sandman/Suicide & Redemption Jam/Stone Cold Crazy/Phantom Lord/Seek And Destroy/Wasting My Hate Outro/Message/Outro S.E. (One/Iron Horse)
[Recorded Live at Rod Laver Arena, Melbourne, Australia, November 20, 2010]
DISC5 : Heavy Metal Thunder/The Ecstasy Of Gold/That Was Just Your Life/ Fuel/Disposable Heroes/The Thing That Should Not Be/Kirk Doodle #1/ Fade To Black/Of Wolf And Man/Leper Messiah/Sad But True/Robert Doodle/ The Unforgiven III/The Call Of Ktulu
DISC 6 : One:Intro/One/Master Of Puppets/Fight Fire With Fire/Kirk Doodle #2/Nothing Else Matters/Enter Sandman/Escape Jam/Die, Die My Darling/ Trapped Under Ice/James Speech/Seek And Destroy/Wasting My Hate Outro/ Message/Outro S.E. (One/Iron Horse)
[Recorded Live at Rod Laver Arena, Melbourne, Australia, November 21, 2010]

Bon Jovi来日公演の決定版アイテム!

xavels02021.jpg

◆ BON JOVI / 2010 FULL CIRCLE TOKYO NIGHT (プレス4CD) この商品はこちらから
2010年『The Circle』ジャパン・ツアーより、初日となる11月30日と翌12月1日の2日間にわたり行われた東京ドームでのライブを、両日ハイクオリティー・オーディエンス・マスターに、24bitデジタル・リマスタリングを施し、プレス盤にてコンプリート収録。とにかく、東京ドームとは思えないないほどのミラクル・サウンドで、しかも『The Circle』からの楽曲は3曲におさえられ、それ以外は全て新旧のヒット曲で固められた、まさにグレイテスト・ヒッツなライブをここに完全再現。まず初日は、翌日はセット落ちしてしまった”Have A Nice Day”と”Something For The Pain”を含む全24曲。さらに翌1日公演は、初日より1曲少なかったものの、” Raise Your Hands”がセットインした全23曲。いずれも2時間半に及ぶ最高のパフォーマンスを最高のクオリティーで、永久保存メモリアル・アイテムとなるプレス4CDにてここに。
Disc 1/ 01. This Is Our House S.E. 02. Blood On Blood 03. We Weren’t Born To Follow 04. You Give Love A Bad Name 05. Born To Be My Baby 06. Lost Highway 07. Whole Lot Of Leavin’ 08. When We Were Beautiful 09. It’s My Life 10. I’ll Sleep When I’m Dead 11. We Got It Goin’ On 12. Bad Medicine 13. Pretty Woman 14. Bad Medicine (reprise) 15. Shout 16. Lay Your Hands On Me (Richie Sambora on Vocals)
Disc 2/ 01. What Do You Got? 02. (You Want To) Make A Memory 03. I’ll Be There For You 04. Something For The Pain 05. Someday I’ll Be Saturday Night 06. Work For The Working Man 07. Runaway 08. Have A Nice Day 09. Who Says You Can’t Go Home 10. Keep The Faith -encore- 11. Wanted Dead Or Alive 12. Livin’ On A Prayer
[Recorded Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 30th November 2010]
Disc 3/01. This Is Our House S.E. 02. Blood On Blood 03. We Weren’t Born To Follow 04. You Give Love A Bad Name 05. Born To Be My Baby 06. Lost Highway 07. Whole Lot Of Leavin’ 08. When We Were Beautiful 09. It’s My Life 10. I’ll Sleep When I’m Dead 11. We Got It Goin’ On 12. Bad Medicine 13. Roadhouse Blues 14. Bad Medicine (reprise) 15. Lay Your Hands On Me (Richie Sambora on Vocals)
Disc 4/ 01. What Do You Got? 02. (You Want To) Make A Memory 03. I’ll Be There For You 04. Someday I’ll Be Saturday Night 05. Work For The Working Man 06. Runaway 07. Raise Your Hands 08. Who Says You Can’t Go Home 09. Keep The Faith –encore- 10. Wanted Dead Or Alive 11. Livin’ On A Prayer
[Recorded Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 1st December 2010]
◇Personnel; Jon Bon Jovi (vocals, guitar), Richie Sambora (guitar, vocals), Tico Torres (drums, percussion), David Bryan (keyboards, backing vocals), Hugh McDonald (bass, backing vocals) & Bobby Bandiera (guitar, backing vocals)

私的思い入れの1枚・・

alhaigin1.jpg
もともとロックは誰もが知ってるようなレベルでしか知らず、
20才頃にロック喫茶をするようになってから、色んなバンドや音楽を知るように。
それまでは、誰のどこでの影響かも忘れてしまったけど、
音楽= マイルス、コルトレーンでした。
まあコルトレーンは高校生の時の確か同級生の影響強しだったのは覚えてます。
彼の家に行ったら、朝でも夜中でもコルトレーンでして、
当時活動休止中だったマイルスにとって変わるかの如くでした。
 でもやっぱりマイルスの方が、身体には合ってましたが・・
で、ちょっとピアノ・トリオとかも聴いてみたいなと思ったら、
周囲はもう、ピアノといえばエヴァンス・・がセオリーみたいな状態
でして、誰もが絶賛・賛美。
もちろんあの繊細さは10代の自分にもけっこうリリカルに響きまして、
他のピアニストもジャズ喫茶で色々聴かせてもらい、
その時に一番フィットしたのが、このアル・ヘイグ。
で、そうアルバムは「インビテーション」。
なんというか、うあ、いいやん、これ。
よく知らない人やけど、このピアノ、とにかくいいヤンッて感じで。
あとから知ったんですけど、この頃アル・ヘイグは50才前後くらいで、
当時の得意のレパートリーをとても良い調子の中で録音したとか、しないとか。
で、勢いもあって、和音の響きになんか美学があって、すごくジャズ・ピアノの
中でも個性と確たるスタイルを持ってたと思います。
もともとはスタン・ゲッツやパーカーのバックメンもしてたらしく、
もちろん上手いピアニストには間違いないわけで、
エヴァンスとタイプも似てる気もするんですが、
ビミョーにアプローチは違ったように、勝手に思ってました。
アルバム全曲良いんですが、やっぱり表題曲の「インビテーション」が
一番思い入れみたいなのがあります。
抑えられたリリシズムが匂い立つような演奏・・。
そんな表現が的確かどうかはわかんないですけど、
ピアノの一音一音に当時の情景が浮んできて、
それが甘すぎず、お洒落すぎず、よい加減で匂い立つんですよ。
レコードで聴くとこれがまたさらに増長される。
白人ピアニストで一番好きな人といえば、ボクの場合は
今も昔もこの人です。

ゼップ、72年オージー・ツアーの決定版!

wecd159.jpg
◆ LED ZEPPELIN / ON STAGE MELBOURNE (2CD)
この商品はこちらから
ウェンディ・レーベルより、1972年2月20日オーストラリア、メルボルン公演が登場。一連のオージー・シリーズの続編で、ジャケット写真に見られるように広い会場を埋め尽くす満員の聴衆を前に、温暖な気候も相まってのびのびとした演奏が聴ける本公演は、プラントが復調の兆しを見せ、危なげないながらも迫力あるパフォーマンスを披露。そしてまずクオリティーに関しては、メルボルン公演の現存する4つのソースを駆使して、最長かつ最良の構成で編集。因みにこの一連のオーストラリア・ツアーの音源は、どれもかなりステージ近くで録音されており、一般的なオーディエンス録音とは思えないくらい好条件で録られているものが多く、このメルボルン公演もその例外ではなし。よってこの4つのソースもそれぞれが高音質で、どれをメインに据えても良いような優れたものばかりで、まず本作がメインとしたのは、そんな中でも高音域がはっきりしている、いわゆるソース2。特に前半はレンジの広がりといい、クリアーな高音部分といい、ベストと言われるもの。さらに、一連のオーストラリア・ツアーに共通して言えることですが、楽曲を全部収録しようとするあまり、曲間が切れているものが多く、このソース2も同様に曲間が切れているのが既発盤の大きな欠点でした。そこで本タイトルはそれを別ソースで隙間なく補完し、このコンサートを通して切れ目なく聴けるよう編集を。また後半部分で音が若干悪くなる部分は、ソース4を使用。このように、複数あるソースの良い部分を選択し、ピッチの乱れも完璧に調整されており、ソースの変わり目の不自然な乱れもなし。メルボルン公演の決定版マスト・アイテムを永久保存プレスCDにてここに。

DISC ONE : 01. Introduction 02. Immigrant Song 03. Heartbreaker 04. BlackDog 05. Since I’ve Been Loving You 06. Stairway To Heaven 07. Going ToCalifornia 08. That’s The Way 09. Tangerine 10. Bron-Y-Aur Stomp
DISC TWO : 01. Dazed And Confused 02. Rock And Roll 03. Whole Lotta Love
[Kooyong Tennis Courts, Melbourne, Australia February 20, 1972]