Skip to content

月: 2011年4月

Mr.Big、 2011年来日公演の決定盤!

sne146sp.jpg

◆ MR.BIG / KANAZAWA ROCK THE HOUSE ! (2CDR) この商品はこちらから
日本中を沸かせた歓喜の再結成ツアーから2年後となる2011年、エリック・マーティン(vo)、ポール・ギルバート(g)、ビリー・シーン(b)、パット・トーピー(ds)という、オリジナル・メンバーによる14年振りのスタジオ・アルバムを携えての「AROUND THE WORLD TOUR」来日公演より、2日目となる4月9日金沢公演を、エリック・マーティンがステージ上で使用した、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた24bitデシタル・オーディエンス・マスターを、2時間半にわたり完全フル・マトリックス収録!通常のオーディエンス・レコーディングでは再現しきれない、臨場感と奥行きのある三次元サウンドで当日の会場の熱気を完全再現しており、またセットも”Undertow”をはじめ、アルバム『What If…』から10曲も披露し、現在進行形をアピール。そしてポールの超絶速弾きやタッピング奏法なども健在で、ビリーも随所で驚愕の技を披露。そして後半は”To Be With You”などヒット・チューン連発のあと、ラストはおなじみザ・フーのナンバーで締めるという、カンペキなパフォーマンスを凝縮。さらにボーナス・トラックとして、当日のサウンド・チェック音源から”Carry On”も同様のイヤー・モニター・ソースから収録した、震災のため困難な状況にも関わらず、音楽の力での支援を表明し、いち早く書き下ろしの新曲を携え来日公演を敢行してくれた、2011年来日公演の決定版メモリアル・アイテム。
DISC1 : Come Fly With Me (Intro) / Undertow / American Beauty / Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song) / Green-Tinted Sixties Mind / Take Cover / I Won’t Get In My Way / Stranger In My Life / Once Upon A Time / A Little Too Loose / Road To Ruin / Still Ain’t Enough For Me / Just Take My Heart / Merciless / Paul Gilbert Solo / I Get The Feeling / Where Do I Fit In?
DISC2 : MC / The World Is On The Way / Voodoo Kiss / Carry On / Around The World / All The Way Up / As Far As I Can See / Billy Sheehan Solo / Addicted To That Rush / Band Intro / To Be With You / Colorado Bulldog / 30 Days In The Hole / Baba O’riley / Outro / Carry On (sound-check)
[Recorded Live at Kanazawa Kagekiza, Ishikawa, Japan, April 09, 2011]

U2,最新南米ツアー・ライブ!

ato02cd.jpg

◆ U2 / LIVE FROM SOUTH AMERICA 2011 (2CDR+2DVDR) この商品はこちらから
再開となった2011年「360」ツアーは2月南アフリカからスタート、その南米レグより、4月9日から13日まで3日間行われたブラジル、サンパウロを、音と映像でカッブリング収録。まず音源は、最終日となる13日公演を、WEBキャスト「ライブ・フロム・サウス・アメリカ」よりサウンドボードにてコンプリート収録。ネット放送音源ながら、良好なステレオ・ラインで、演奏も南米ツアー屈指の名演となっており、しかも現地の人気シンガー、セウ・ジョルジが登場し、エッジのアコースティック・ギターをバックに、ボノとのデュエットとなるクラフトワークのカヴァー”Das Model”を披露。さらにこの日のハイライトと言える”The City Of Blinding Lights”、ストーンズの”It’s Only Rock ‘n’ Roll”をラストでアドリブでフィーチュアした”Vertigo”、フランキー・ゴーズ・トウ・ハリウッドの”Relax”等をフィーチュアした”I’ll Go Crazy If I Don’t Go Crazy Tonight”、そしてラストはリオでの銃乱射事件で亡くなった子供に捧げられた”Moment Of Surrender”で感動的なフィナーレとなる必聴ライヴ。
さらにカップリング映像として初日9日と2日目の10日公演を、いずれもモバイルを含む各種オーディエンス映像をコンパイルして、130分にわたりコンプリート収録。新たな曲”Even Better Than The Real Thing”がオープニングにセットインしているところが要チェックで、セットリストも前年とは一部シフトチェンジ。尚、いずれもクローズ・アップも多く、比較的見やすい映像に。2011年南米ツアーの決定版アイテム!
DISC ONE – CDR1:01. DJ Intro/02. Intro/03. Space Oddity (Tape)/04. Even Better Than The Real Thing/05. I Will Follow/06. Get On Your Boots/07. Magnificent/08. Mysterious Ways/09. Elevation/10. Until The End Of The World/11. Anthem (snippet)/He’s Got The Whole World In His Hands (snippet)/12. I Still Haven’t Found What I’m Looking For/13. Pride (In The Name Of Love)/14. The Model (with Seu Jorge)15. Beautiful Day / Gracias A La Vida (snippet)
DISC TWO – CDR2:01. Miss Sarajevo/02. Zooropa/03. City Of Blinding Lights/04. Vertigo / It’s Only Rock ‘n’ Roll (But I Like It) (snippet)/05. I’ll Go Crazy If I Don’t Go Crazy Tonight / Relax (snippet) / Two Tribes (snippet) /06. Sunday Bloody Sunday /07. Scarlet /08. Walk On / You’ll Never Walk Alone (snippet) /09. One /10. All I Want Is You (snippet) Where The Streets Have No Name/ / All You Need Is Love (snippet) /11. Hold Me, Thrill Me, Kiss Me, Kill Me 12. With Or Without You /13. Moment Of Surrender
[Live At Estádio do Morumbi Stadium, Sao Paulo, Brazil April 13th 2011]
DISC THREE – DVDR1:1. Intro/2. Even Better Than The Real Thing/3. I Will Follow/4. Get On Your Boots/5. Magnificent/6. Mysterious Ways/7. Elevation/8. Until The End Of The World/9. I Still Haven’t Found What I’m Looking For/10. Stuck In A Moment You Can’t Get Out Of/11. Beautiful Day/12. In A Little While/13. Miss Sarajevo/14. City Of Blinding Lights/15. Vertigo/16. I’ll Go Crazy If I Don’t Go Crazy Tonight (remix)/17. Sunday Bloody Sunday/18. Scarlet 19. Walk On/20. One/21. Help / Where the Streets Have No Name/22. Hold Me Thrill Me Kiss Me Kill Me/23. With Or Without You/24. Moment Of Surrender
[at Estádio do Morumbi, Sao Paulo, Brazil on April 9th, 2011 130min.]
DISC FOUR – DVDR 2:1. Intro/2. Even Better Than The Real Thing/3. Out Of Control/4. Get On Your Boots/5. Magnificent/6. Mysterious Ways/7. Elevation/8. Until the End of the World/9. I Still Haven’t Found What I’m Looking For/10. Pride (In The Name Of Love) /11. North Star (acoustic)/12. Beautiful Day/13. Miss Sarajevo/14. Zooropa/15. City of Blinding Lights/16. Vertigo/17. I’ll Go Crazy If I Don’t Go Crazy Tonight (remix)/18. Sunday Bloody Sunday/19. Scarlet/20. Walk On/21. One /22. Amazing Grace / Where The Streets Have No Name/23. Ultraviolet (Light My Way) /24. With Or Without You/25. Moment Of Surrender
[at Estádio do Morumbi, Sao Paulo, Brazil on April 10th 2011 133min.]

リユニオンU.K.奇跡の来日公演決定盤!

sne147sc.jpg

◆ U.K. / THE GREATEST OF ALL (6CDR) この商品はこちらから
32年振りの奇跡の来日となったリユニオンU.K.の2011年4月15&16&18日、川崎3公演を、いずれもジョン・ウェットン本人がステージ上で使用した、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた24bitデシタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録!

音質はクリアーだけでなく、音のダイレクト感や音圧感、そしてジョブソンの繊細なヴァイオリンや、アンプから出力されるサウンドの細部に至るまでリアルに再現! そしてセット内容においても3日間、微妙にセットを変えつつ、ファースト・アルバムから7曲、セカンドからはなんと全曲、さらにクリムゾン・ナンバーも直前のUS公演同様3曲、スリリングかつパワフルなエディとマルコのソロもフューチャーされた、熱いステージをすべて2時間10分にわたりコンプリートで。なお、最終日はジョンの風邪の悪化により、”Book Of Saturday”がカットされたり、かなりきびしいボーカル状態ではあったものの、それを補うかのようなジョプソンとマルコの超絶プレイは鳥肌もの。

さらにボーナス・トラックとして、各日の公演前のサウンド・チェック音源も、全11曲67分にわたり、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースからダイレクト収録。
トータルなんと7時間半に及ぶ、2011年リユニオン日本公演のドキュメンタリーとして、永久保存の決定版アイテム。

DISC1 : Announcement / In The Dead Of Night / By The Light Of Day / Presto Vivace And Reprise / Danger Money / Thirty Years / Alaska / Time To Kill / Starless / Carrying No Cross / Marco Drums solo
DISC2 : Eddie Violin solo / Book Of Saturday / Nevermore / One More Red Nightmare / Caesar’s Palace Blues Sahara Of Snow Pt. II / Night After Night / The Only Thing She Needs / Rendezvous 6:02 One More Red Nightmare* / Time To Kill* / Danger Money*
[Recorded Live at Club Citta’ , Kawasaki, Japan, April 15th]
DISC3 : Announcement / In The Dead Of Night / By The Light Of Day / Presto Vivace And Reprise / Danger Money / Thirty Years / Alaska / Time To Kill / Starless / Carrying No Cross / Marco Drums solo
DISC4 : Eddie Violin solo / Book Of Saturday / Nevermore / One More Red Nightmare / Caesar’s Palace Blues Sahara Of Snow Pt. II / Nothing To Lose / The Only Thing She Needs / Rendezvous 6:02 Nothing To Lose #1* / Nothing To Lose #2* / By The Light Of Day* / Presto Vivace And Reprise*
[Recorded Live at Club Citta’ , Kawasaki, Japan, April 16th]
DISC5 : Announcement / In The Dead Of Night / By The Light Of Day / Presto Vivace And Reprise / Danger Money / Thirty Years / Alaska / Time To Kill / Starless / Carrying No Cross / Marco Drums solo
DISC6 : Eddie Violin solo / Nevermore / Band Intro / One More Red Nightmare / Caesar’s Palace Blues / The Only Thing She Needs / Rendezvous 6:02 / Night After Night / Nothing To Lose Caesar’s Palace Blues* / Danger Money* / In The Dead Of Night* / Carrying No Cross*
[Recorded Live at Club Citta’ , Kawasaki, Japan, April 18th]
(* all material recorded taken from creativity sound-check sessions)
John Wetton – Bass, Voice / Edwin Jobson – Violin, Keyboards / Marco Minnemann – Drums / Alex Machacek – Guitar

イーグルス「ホテル・カリフォルニア」アルバムの世界

jpd575w.jpg

◆ EAGLES / HOTEL CALIFORNIA DAYS 1976 JAPANESE EDITION (1DVDR) この商品はこちらから
1976年アルバム「HOTEL CALIFORNIA」全曲を、歌詞日本語字幕付で映像化、+同年の名ライブと云えるシアトル公演の決定版がここに。
まずDisc:1には「ホテル・カリフォルニア」レコーディング中となる、1976年USツアーから1976年8月6日のシアトル公演を、マスター・クオリティー、プロショットにて収録。ジョー・ウォルシュ加入後ながら、前作「呪われた夜」のヒット後であり、「ホテル・カリフォルニア」の発表前という事で
バーニー・レドン在籍時の貴重な曲も演奏されており、特に2ndアルバムから、コンセプトのメイン・トラックとも言うべき”DOOLIN-DALTON”をプレイ。またそのまま”ならず者”とメドレーで演奏されるのもこの時期ならでは。そして代表曲である”TAKE IT EASY”、”いつわりの瞳”や”呪われた夜”も含めて、すべて独自のオリジナル対訳による日本語字幕付にて収録。現行のCDでは依然明らかに間違った対訳が施され、いまだ彼等の重要なメッセージの正確な意味が伝わりきっていない現状ながら、ここではその時代背景から当時の音楽シーンの流行言葉・スラングなどもリサーチを重ねて、より日本人に伝わりやすい対訳を実現。
さらにDisc:2では、「ホテル・カリフォルニア」の全曲を、
日本語字幕付のオリジナル・ビデオクリップにより徹底的に映像化。ほとんどプロモ映像が存在しない中で、現存する当時の映像ソースなどから再構築し、この歴史的コンセプト・アルバムが表現したものを再現。まさに映像版の「ホテル・カリフォルニア」を、音と映像と日本語詞で体験できるというもので、フラワー・ムーブメント、ヒッピー文化、反戦運動の流れが息づく地、カリフォルニアで結成されたイーグルスが、その地平線に見たものは何だったのかが釈明される興味深い映像アイテム。
さらに初回200セットにはオリジナル美麗カラー・ポストカード封入。
[DISC-1: 97mins : KING DOME, SEATTLE, August 6 1976 /Pro. shot]
TAKE IT EASY **/OUTLAW MAN **/DOOLIN-DALTON **/DOOLIN-DALTON-DESPERADO(Reprise) **/TURN TO STONE/SEVEN BRIDGES ROAD **/LYIN’ EYES **/TAKE IT TO THE LIMIT(Nov 6th/Aug 6th) **/DESPERADO **/MIDNIGHT FLYER **/ALREADY GONE **/ONE OF THESE NIGHTS **/FUNK 49 **/GOOD DAY IN HELL/WITCHY WOMAN ** -encore-/JAMES DEAN **
[DISC-2 : 57mins : Pro. shot Exclusive Video Mixture : [HOTEL CALIFORNIA ALBUM TRACKS w/ JAPANESE SUBTITLES]
Hotel California ** / New Kid in Town ** / Life in the Fast Lane ** / Wasted Time ** / Wasted Time (Reprise) / Victim of Love ** / Pretty Maids All in a Row ** / Try and Love Again ** / The Last Resort **
-Bonus Track- Hotel California video clip 1977 / Ending : Take It To The Limit
(** = オリジナル歌詞対訳・日本語字幕付)

100万$のブルース・ナイト!

ntd008m.jpg

◆ JOHNNY WINTER / JOHNNY W GOODE (2CDR) この商品はこちらから
遂に奇跡の初来日公演となった2011年、ZEPP TOKYOにて4月13日から15日までの3日間行われた3公演より、初日の13日公演を、DATデジタル・マスターよりコンプリート収録。
1990年に一度来日発表となったジャパン・ツアーが直前に中止、その幻の初来日公演からとうとう20年の時を経て遂に実現した感涙のライブを、臨場感溢れるクオリティーで収めており、近年同様オープニングはフレディ・キングのカバー「Hideway」でスタート。その後もあの名盤『Live』の一発目でもおなじみ「Good Morning Little School Girl」や、「Jonny B Goode」の途中はSunshine Of Your Love, Gimmer Shelterのフレーズも差込み、そしてラストはおなじみディランの「Highway 61 Revisited」ではすさまじいスライド・プレイも披露。オールド・ブルース・ファン必携の最初で最後(多分)となる来日公演の全てをここに再現。
Disc 1/ 01. Anouncement~Jam 02. JAM (w/J.W) 03. Hideaway 04. Sugar Corted Love 05. She Like To Boogie Real Low 06. Good Morning Little School Girl 07. Mojo Workin’ 08. Johnny B Goode   09. Blackjack 10. Tore Down 11. Lone Wolf 12. Don’t Take Advantage Of Me 13. Bony Moronie
Disc 2 / 01. It’s All Over Now 02. Dust My Broom 03. Highway 61 Revisited
[Recorded Live at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan, April 13th 2011]
Johnny Winter (g/vo) Vito Liuzzi(ds) Paul Nelson(g) Scott Spray(b)

話題のクラプトン&マルサリス、ライブ!

gfr045cr.jpg

◆ ERIC CLAPTON & WYNTON MARSALIS / PLAY THE BLUES 2011 (2CDR) この商品はこちらから
2011年2月下旬から3月にかけての短期間のUSツアーが一旦終了後の、4月7日から9日まで、日本向けへのペネフィットを含めたスペシャル・イベントを3日間にわたり開催。これはトランペッター、ウイントン・マルサリスとの異色のコラボレーションによるもので、ウイントン自身が芸術監督を務める、ニューヨークのジャズ・アット・リンカーン・センターで行われたもの。その最終日となる9日公演の模様を、DATオーディエンス・マスターよりコンプリート収録しており、とにかくアカデミックな新設の会場ゆえ、音響が素晴らしく、そのクリアーさはサウンドボードかと思えるほどの高音質レコーディングにて、コンサートを完全再現。そしてその内容は全編ほぼオールド・ブルースを 2人が現代的なアレンジを施しながら演奏するというもので、ハウリン・ウルフのナンバーやトラディショナルを洗練されたスタイルでプレイするあたりのアレンジはとにかく新鮮。また異色とはいえ「クラプトン」では”枯葉”を取り上げたりもしており、クラプトンが現代ジャズ界のトップ・アーティストと競演することも充分納得。また”レイラ”などもこの2人ならではのアレンジで披露。さらに当日オープニング・アクトを務めた、オールド・ブルースの大御所、タジ・マハールのパフォーマンスも収録した2011年クラプトン最大の話題のライブを、ベスト・クオリティーにて。
DISC ONE:
(Taj Mahal) 01. Hula Blues/02. Stagger Lee/03. Spooky Blues/04. Blues With a Feeling
(Wynton Marsalis & Eric Clapton)
05. Band Intros – Wynton Speaks/06. Ice Cream/07. Forty-Four/08. Joe Turner’s Blues/09. The Last Time/10. Careless Love/11. Kidman Blues
DISC TWO: 01. eric’s song intro/02. Layla/03. Wynton raps/04. Joliet Bound/05. Just a Closer Walk With Thee/06. Band Introduction/07. Corrine, Corrina
[Live At Jazz at Lincoln Center’s Rose Theater, NY APRIL 9th 2011]
The band: Trumpet -Wynton Marsalis / Guitar, Vocals – Eric Clapton / Trumpet – Marcus Printup / Trombone – Chris Crenshaw / Clarinet – Victor Goines / Piano – Dan Zimmer / Bass – Carlos Henriquez / Drums – Alan Jackson / Keyboards – Chris Stainton / Banjo – Don Vappie (Special Guest :Guitar, Vocals – Taj Mahal)

U.K. 2011年リユニオン・ツアー・ライブ!

flac022c.jpg

◆ U.K. / REUNION USA PART ONE 2011 (2CDR) この商品はこちらから
2011年奇跡のリユニオン・ツアーにおける、来日前に2度だけ行われたボストンとニューヨークでのギグより、日本公演の1週間前となる4月8日、ボストンのアーリントン・リージェント・シアター公演を、ネット流通とは一線を画すDATオリジナル・オーディエンス・マスターよりコンプリート収録。小ホールゆえにとにかく分離感、バランス、そして臨場感もバツグンで、ジョプソンの繊細なヴァイオリンの音色までクリアーに再現。そして期待されたセットの方もまさに2人のキャリアを総括したもので、オープニングを含み、まずファースト・アルバムから1曲を除いた全曲、そしてトリオ時代のセカンドからも1曲を除いた全曲と、『NIGHT AFTER NIGHT』からタイトル曲。さらにクリムゾンの3曲においては、”One More Red Nightmare”などのレア・ナンバーも。そしてブラフォードのアルバムに収録されることになるものの、ホールズワース時代のライブの定番ナンバーだった”Sahara Of Snow”、さらに近年ジョブソンによるU-Zプロジェクトを支えるアレックス・マカチェク(g)、 マルコ・ ミンネマン(dr)をフューチャーしたU-Zからのナンバーも。あの伝説の来日公演から32年、クリムゾン・ファンのみならず、全てのプログレ・ファンが待ち望んだ、必聴マスト・アイテム。
DISC ONE: 01. Introduction 02. In The Dead Of Night 03. By The Light Of Day 04. Presto Vivace And Reprise 05. Danger Money 06. Thirty Years 07. Alaska 08. Time To Kill 09. Starless 10. Carrying No Cross
DISC TWO: 01. Zero 1 (Marco) 02. Zero 2 (Edwin) 03. Book Of Saturday 04. Nevermore (1st performance in entirety) 05. One More Red Nightmare 06. Caesar’s Palace Blues 07. Sahara Of Snow Part Two 08. Night After Night 09. The Only Thing She Needs 10. Rendezvous 6:02
[at Regent Theatre Arlington, MA, USA 8th April 2011]
John Wetton – Bass, Voice / Edwin Jobson – Violin, Keyboards / Marco Minnemann – Drums / Alex Machacek – Guitar

ビートルズ1965年「インターテル」

mcdv22sp.jpg

◆ THE BEATLES / INTERTEL 1965 (プレス1DVD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、1965年に製作された 「インターテル」の決定版映像がプレスDVDにて。
1965年、「Day Tripper」「We Can Work It Out」「Help!」「I Feel Fine」「Ticket To Ride」の、5曲のプロモーション・フィルムを撮影するため行なわれたフィルミング・セッションにおいて、複数のテイク撮影されたものを含めて、それらすべてを本レーベルならではの最高のクオリティーで収録。さらにオリジナル音声とリマスター音声の切り替え機能で音声が選択でき、そのうえそれぞれのテイクの違いを一目でわかるように、マルチアングルでの収録がされていたりと、フルスペックによる逸品。とにかくクオリティーが、従来の常識を覆すレベルなので、同映像を所有の方も必見。
さらにボーナス映像として、TOP OF THE POPSの「Ticket To Ride」、READY STEADY GOでの 「Baby’s In Black」、THE MUSIC OF LENNON & McCARTNEYでの「We Can Work It Out」も追加収録。特に1965年4月15日のTOP OF THE POPSでの映像は、短いながらもほとんど流通していなかった貴重なもの。永久保存プレス盤。
01 Day Tripper take 3 02. Day Tripper take 2 03. We Can Work It Out take 1 04. We Can Work It Out take 2 05. We Can Work It Out take 3 06. Help 07. I Feel Fine take 2 08. Ticket To Ride 09. I Feel Fine take 1
[Intertel Promo “Master” At The Filming Studios Twickenham London U.K. Nov.23, 1965]
10. I Feel Fine 11. Help [Intertel Promo “Remaster”]
12. We Can Work It Out 13. Day Tripper 14. I Feel Fine [Multi View]
15. Day Tripper 16. Ticket To Ride 17. Can’t Buy Me Love 18. I’m A Loser 19. Baby’s In Black 20. We Can Work It Out 21. Help 22. I Feel Fine
[Vintage Collection “Back Track”]
(BONUS TRACKS)
23. Ticket To Ride (Top Of The Pops) 24. Baby’s In Black (Ready Steady Go) 25. We Can Work It Out (The Music Of Lennon & McCartney)

ジェフ・ベック、2010年のベスト・ライブ!

jbd128c.jpg

◆ JEFF BECK / EMOTION & ROYAL NIGHT 2010 (2CDR) この商品はこちらから
2010年秋の「EMOTION & COMMOTION」ツアーは10月5日イスラエルよりスタートし、その後10月はUKツアーを敢行。そのハイライトとなった10月26&27日ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホール2daysの初日となる26日のライブを、サウンドボード・レベルのパーフェクトなデジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。この日の音源はネット流通も含め、各種ソースが流通していた中、テーパー所有のDATオリジナル・マスターを使用、アルバート・ホールならではの音響の素晴らしさとバランスの良さも含め、他の音源とは比較にならないクオリティーによるもの。しかもこの2日間はスペシャル・ライブということで、12人編成によるブリティッシュ・フィルハーモニック・オーケストラが随所で流麗なストリングスで、ベックのエモーショナルなギターを存分に引き立たせ、さらに”Mna Na Eireann”ではバイオリンのシャロン・コアー、”Elegy For Dunkirk”ではアルバム同様、ソプラノ歌手のオリビア・セイフ、さらにアンコールの”How High The Moon”と”Remember (Walking In The Sand)”では、おなじみイメルダ・メイがゲストで登場し、この特別な夜に花を添えているのも要チェック。そしてセットもこのUKツアーと後のユーロ・ツアーならではで、オープニングからいきなり、まさかライブでプレイされるとは誰もが思っていなかった2003年『Jeff』からの”Plan B”でスタート。曲自体は短めにアレンジされているものの、ベックはワウペダルを用いて一気にハイテンション・ゾーンへ。その後は定番のセット進行ながら、”Hammerhead”はテンポを抑えた重心の低いアレンジに。また中盤では定番だった”Blast From The East”の代わりに”Team Amerika”がセットインし、ナラダのドラム・ソロなどもはさみその勢いのまま終盤へ。そしてアンコールはすさまじい迫力の低域で迫る”I Want To Take You Higher”でスタートし、ロンダの黒っぽいド迫力のヴォーカルも炸裂。その後オーディエンスとのコール&レスポンスも交え、ベックのファンク・グルーヴが全開し、”How High The Moon”ではクール・ダウンしたロカビリー・テイストなプレイでつなぎ、感動的な”Nessun Dorma”でエンド。そしてその各パートにオーケストラやゲストが参加し、バンド・サウンドに加わるという、まさに2010年のツアーでも最大の話題となった最高ライブを、最高のクオリティーでここに。
Disc One / 1. Plan B 2. Stratus 3. Led Boots 4. Corpus Christi Carol 5. Hammerhead 6. Mna Na Eireann (with Sharon Corr) 7. Bass Solo 8. People Get Ready 9. Rollin’ And Tumblin’ 10. Big Block
Disc Two / 1. Elegy For Dunkirk (with Olivia Safe) 2. Team Amerika 3. Angel (Footsteps) 4. Dirty Mind 5. Brush With The Blues 6. A Day In The Life –encore- 7. I Want To Take You Higher 8. How High The Moon (with Imelda May) 9. Remember (Walking In The Sand) (with Imelda May) 10. Nessun Dorma
[Recorded at The Royal Albert Hall, London, UK 26th October 2010]
Personnel; Jeff Beck (guitar), Jason Rebello (keyboards, guitar, vocal), Narada Michael Walden (drums, vocal), & Rhonda Smith (bass, vocal) with The British Philharmonic Orchestra

「レット・イット・ビー」究極の映像セット!!

sv004dsp.jpg

◆ THE BEATLES / LET IT BE Ultimate Edition (プレス4DVD) この商品はこちらから
ビートルズ・コレクター注目のSGT.レーベルより、「レット・イット・ビー」がワイドスクリーン・ヴァージョンを含む、究極のコレクターズ・エディションにてリリース。
まず本編は2011年アップ・グレード映像で、これまでと見比べれば一目瞭然の最高クオリティー。
さらにこのアルティメイト・コレクターズ・エディションではワイドスクリーン版映像に加え、スタンダード・サイズのオリジナル・ムービー・バージョン本編と、ボーナス映像、さらに映画の元になった”ゲット・バック・セッション”の現存するフィルム映像を、3時間以上にわたりフル・ヴォリュームで。また映画本編はオリジナル日本語字幕切り替えも可能。
「レット・イット・ビー」本編と関連映像を過去最高のクオリティーとヴォリュームでまとめた、究極のコレクターズ・エディションを、永久保存のプレス4DVDにて。
(内容詳細)
映画「レット・イット・ビー」は過去数多くの映像リリースがあった中、いずれも画面両端がトリミングされたスタンダード・サイズのものしかなく、音声もモノラル・ソースだったのが、ついにトリミングされていないワイド・スクリーンによる完全版にて登場。もちろん画質もこれまでと比べると驚くほどクリーンで、音声もリマスタリングされたステレオ音源と5.1サラウンドに生まれ変わり、格段にクオリティー・アップ。
さらに映画本編がオリジナル日本語字幕つきでオン/オフの切り替えができるのでセッションの様子がより詳細に。
そしてこの本編映像に加え、アルティメイト・コレクターズ・エディションでは4:3スタンダード版もDisc:2に収録。こちらはあえて欧州オリジナル映を使用、これまで以上に良質な映像と、本来の映画サウンドトラック音声でオリジナル・ムービー・バージョンを再現しており、またボーナスとして、別編集バージョンやネイキッド関連映像も収録。
さらにDisc3&4には、これまで現存するゲット・バック・セッションの映像を、ベスト・クオリティーにてコンパイル。
映画では見られない貴重なドキュメントも時系列に収録されており、セッション映像はこれでほぼ網羅。

[DVD ONE : “Let It Be” Complete Widescreen Edition]
01. Introduction 02. Piano Improvisation 03. Don’t Let Me Down 04. Let’s Sing The Corny One 05. Maxwell’s Silver Hammer 06. Shocktric Shocks 07. Two Of Us 08. I’ve Got A Feeling 09. Coming Down To The Faster 10. I’ve Got A Feeling 11. Oh! Darling 12. One After 909 13. Boogie Woogie Piano 14. Two Of Us 15. Across The Universe 16. Dig A Pony 17. Suzy Parker 18. I Me Mine 19. For You Blue 20. I Dig A Pygmy 21. Besame Mucho 22. Octpus’s Garden 23. Jamming With Heather 24. You Really Got A Hold On Me 25. The Long And Winding Road 26. Rip It Up / Shake Rattle And Roll 27. Kansas City / Miss Ann / Lawdy Miss Clawdy 28. Dig It 29. Talk About The Movie 30. Two Of Us 31. Let It Be 32. The Long And Winding Road 33. Rooftop Concert 34. Get Back 35. Don’t Let Me Down 36. I’ve Got A Feeling 37. One After 909 38. Dig A Pony 39. Get Back 40. The End + 41. “LET IT BE” Documentary NTSC Color 16:9 WIDE SCREEN Dolby Digital Stereo / 5.1 Surround Sound with Japanese Subtitlet (103min.)
[DVD TWO : “Let It Be” Original Movie Edition / Ntsc Color 4:3 Standard Dolby Digital Stereo (Original Movie Soundtrack)]
(+ Let It Be Extra Alternate Video) 01. Don’t Let Me Down – Imagine Rough Cut 1988 02. Don’t Let Me Down – Imagine 1988 03. Don’t Let Me Down – Anthology Director’s Cut 1993 04. Don’t Let Me Down – Let It Be Naked 1999 05. Get Back – 1969 release remastered 06. Get Back – Anthology 1995
(+ LET IT BE…NAKED) 07. Get Back (Promo Video 1999) 08. Trailer One 09. Trailer Two 10. Trailer Three 11. Long Trailer with captions 12. Long Trailer without captions 13. 30 second spots 14. Two Of Us (Promo Video 1999) 15. Japan AD 16. Sony TV Special 17. Target AD NTSC Color 4:3 STANDARD Dolby Digital Stereo (137min.)
[DVD THREE: GET BACK SESSIONS VOL.1]
1. JANUARY 2ND 1969 (THURSDAY) Setup Tuning – Dialog / Don’t Let Me Down / Dialogue / I’ve Got A Feeling / Two Of Us 2. JANUARY 3RD 1969 (FRIDAY) Adios For Strings / Don’t Let Me Down / All Things Must Pass Rehearsals / Feedback / All Things Must Pass / Maxwell’s Silver Hamm 3. JANUARY 6, 1969 (MONDAY) Oh! Darling / Dialogue / Don’t Let Me Down Rehearsals / Dialogue / Don’t Let Me Down / Dialogue – The Fight / Two Of Us 4. JANUARY 7, 1969 (TUESDAY) Get Back / Dialogue / Maxwell’s Silver Hammer / Across The Universe / Dig A Pony 5. JANUARY 8, 1969 (WEDNESDAY) I Me Mine / Two Of Us / I’ve Got A Feeling / All Things Must Pass Rehearsals / I Me Mine / Goodbyes 6. JANUARY 9, 1969 (THURSDAY) Two Of Us / Suzy Parker / I’ve Got A Feeling / One After 909 / Get Back / Tennessee / House Of The Rising Sun / Commonwealth / Goodnight 7. JANUARY 10, 1969 (FRIDAY) Get Back / I’m Talking About You – George Quits / Jamming With Yoko 8. JANUARY 13, 1969 (MONDAY) Dialogue on filming 9. JANUARY 14, 1969 (TUESDAY) Piano Boogie / John and Yoko Interview for the CBC / Peter Sellers Visits / Mal Tears Down Equipment 10. JANUARY 21, 1969 (TUESDAY) John Films Rock’n’Roll Circus Introduction / My Baby Left Me / Dig A Pony Playback / Dig A Pony / Dialogue / Don’t Let Me Down 11. JANUARY 22, 1969 (WEDNESDAY) Dig A Pony / Dialogue / Billy Preston Arrives 12. JANUARY 23, 1969 (THURSDAY) Beatles Arrive at Apple / Billy Preston Arrives / Jamming with Yoko / Billy’s Original / Get Back Rehearsal 13. Get Back Rehearsals I’ll Get You / Get Back / I’ve Got A Feeling / Help! / Please Please Me / Help! 14. Get Back Playbacks 15. JANUARY 24, 1969 (FRIDAY) Dialogue – Jamming / Get Back Playbacks / Dialogue (101min.)
[DVD FOUR : GET BACK SESSIONS VOL.2]
1. JANUARY 25, 1969 (SATURDAY) Two Of Us Rehearsals / For You Blue Rehearsals / Playbacks / For You Blue / For You Blue Rehearsal / Let It Be Rehearsals / Playback 2. JANUARY 26, 1969 (SUNDAY) Octopus’s Garden / Let It Be Rehearsals / Dig It / Shake Rattle And Roll / Miss Ann / Kansas City / You Really Got A Hold On Me / Jamming / The Long And Winding Road 3. JANUARY 27, 1969 (MONDAY) Dig It Playback / Dialogue / Let It Be Rehearsals / Jamming / Break for Lunch / Get Back – single recording / I’ve Got a Feeling 4. JANUARAY 28, 1969 (TUESDAY) For You Blue Playback / Get Back Playback / Jamming / I’ve Got a Feeling / Every Day Is Like a Week / I Want You 5. JANUARY 29, 1969 (WEDNESDAY) Dialogue / All Things Must Pass / Besame Mucho 6. JANUARY 30, 1969 (THURSDAY) Discussion Before Rooftop ROOFTOP CONCERT – JANUARY 30, 1969 (THURSDAY) 7. Rooftop Entrance / Rehearsal 8. Get Back 9. Don’t Let Me Down 10. I’ve Got A Feeling 11. One After 909 12. Dig A Pony 13. God Save The Queen 14. I’ve Got A Feeling 15. Don’t Let Me Down 16. Get Back 17. JANUARY 31, 1969 (FRIDAY) Two Of Us / The Long And Winding Road / Let It Be 18. Let It Be – with Movie Trailer 1970 (118min.)