Skip to content

話題のクラプトン&マルサリス、ライブ!

gfr045cr.jpg

◆ ERIC CLAPTON & WYNTON MARSALIS / PLAY THE BLUES 2011 (2CDR) この商品はこちらから
2011年2月下旬から3月にかけての短期間のUSツアーが一旦終了後の、4月7日から9日まで、日本向けへのペネフィットを含めたスペシャル・イベントを3日間にわたり開催。これはトランペッター、ウイントン・マルサリスとの異色のコラボレーションによるもので、ウイントン自身が芸術監督を務める、ニューヨークのジャズ・アット・リンカーン・センターで行われたもの。その最終日となる9日公演の模様を、DATオーディエンス・マスターよりコンプリート収録しており、とにかくアカデミックな新設の会場ゆえ、音響が素晴らしく、そのクリアーさはサウンドボードかと思えるほどの高音質レコーディングにて、コンサートを完全再現。そしてその内容は全編ほぼオールド・ブルースを 2人が現代的なアレンジを施しながら演奏するというもので、ハウリン・ウルフのナンバーやトラディショナルを洗練されたスタイルでプレイするあたりのアレンジはとにかく新鮮。また異色とはいえ「クラプトン」では”枯葉”を取り上げたりもしており、クラプトンが現代ジャズ界のトップ・アーティストと競演することも充分納得。また”レイラ”などもこの2人ならではのアレンジで披露。さらに当日オープニング・アクトを務めた、オールド・ブルースの大御所、タジ・マハールのパフォーマンスも収録した2011年クラプトン最大の話題のライブを、ベスト・クオリティーにて。
DISC ONE:
(Taj Mahal) 01. Hula Blues/02. Stagger Lee/03. Spooky Blues/04. Blues With a Feeling
(Wynton Marsalis & Eric Clapton)
05. Band Intros – Wynton Speaks/06. Ice Cream/07. Forty-Four/08. Joe Turner’s Blues/09. The Last Time/10. Careless Love/11. Kidman Blues
DISC TWO: 01. eric’s song intro/02. Layla/03. Wynton raps/04. Joliet Bound/05. Just a Closer Walk With Thee/06. Band Introduction/07. Corrine, Corrina
[Live At Jazz at Lincoln Center’s Rose Theater, NY APRIL 9th 2011]
The band: Trumpet -Wynton Marsalis / Guitar, Vocals – Eric Clapton / Trumpet – Marcus Printup / Trombone – Chris Crenshaw / Clarinet – Victor Goines / Piano – Dan Zimmer / Bass – Carlos Henriquez / Drums – Alan Jackson / Keyboards – Chris Stainton / Banjo – Don Vappie (Special Guest :Guitar, Vocals – Taj Mahal)

Published innew in store!