Skip to content

エヴァンス、1978年来日公演を奇跡のクオリティーで!

be78jmc.jpg

◆ BILL EVANS / OSAKA 1978 (1CDR) この商品はこちらから
1978年最後の来日公演より、9月13日大阪公演、厚生年金会館での第一部・第二部2回公演を、テーパー所有のオープンリール・マスターから、驚異的レベルの超高音質オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。過去にも流出した音源ながら、即発盤は1999年に録音者が変換したものを使用。そして今回はリール・マスターそのものを最新機材を用いて24bitリマスタリングを施した、即発盤とは明らかに一線を画すハイ・クオリティー・サウンドでのリリースで、そのクオリティーは、当時のオーディエンス録音とは信じ難いもので、音質のクリアーさ、各パートのバランスや分離感・臨場感・迫力、どれをとっても素晴しいの一言。エヴァンスの類い希なる繊細なタッチも見事なまでに聴きとることができ、奥深いプレイの数々に酔いしれてしまう好演がここに。永遠にファンの心をとらえ、色褪せる事のない輝きを放ち続ける偉大なるピアニストの貴重な未発表ライブをこのクオリティーで聴く事が出来るのはファンとしては嬉しい限り。
なお、チケット販売当初はマイケル・ムーアが来日予定メンバーだった中、この年の4月から加入したマーク・ジョンソンに名ドラマー、フィりー・ジョー・ジョーンズとのライブならではの緊張感のある素晴らしい演奏で、エヴァンスの類い希なる繊細なタッチも見事なまでに聴きとることが出来、奥深いプレイの数々に酔いしれてしまう好演。とにかくオープン・リールでの録音という、今では信じられないオーディエンス・ソースならではの、広がりのある臨場感溢れるサウンドで、優美なエヴァンスのピアノを存分に堪能できる必聴マスト・アイテム。

(Disc 1 -First Show-) 01 Announcement 02 Midnight Mood 03 The Peacocks 04 Theme From M*A*S*H (Suicide Is Painless) 05 Gary’s Theme 06 In Your Own Sweet Way 07 But Beautiful 08 My Romance 09 Announcement
(Disc 2 -Second Show-) 01 Announcement 02 unknown title 03 Up With The Lark 04 Morning Grory 05 Someday My Prince will Come 06 I Do It For Your Love 07 Nardis 08 Encore Announcement 09 When I Fall In Love
◇ BILL EVANS: piano / MARC JOHNSON: bass / PHILLY JOE JONES: drums
[Recorded at Kouseinenkin Kaikan, Osaka, September 13th 1978]

Published innew in store!