Skip to content

月別: 2012年12月

ストーンズ、50周年記念ライブ2日目も音と映像で!

rso29d.jpg

◆ ROLLING STONES / 50th LONDON SECOND NIGHT (2CDR+1DVDR) この商品はこちらから
2012年初日に続く11月29日ロンドンO2アリーナでの、第2回50周年記念ライブの模様を、ベスト・クオリティーによる音と映像をカップリングしてここに完全再現。
25日に続き行なわれたロンドンO2アリーナ、29日セカンド・ナイトの模様を、現状ベスト・クオリティーと言える音源と映像で再現したもので、まず音源は、フロント・ローからの24bitオーディエンス・マスターにデジタル・リマスタリングを施した、バランス・臨場感、文句なしのサウンドにてコンプリート収録。そして注目されたセットもこの日は、”Get Off Of My Cloud”でスタート。そして”Gimme Shelter”ではフローレンス・ウェルチがミックとデュエット、さらに”Lady Jane” がアコースティック・セットにて70年代以降ライブで初プレイされたりと、序盤は初日とはかなり変化もある中、その後はまずハイライトのひとつ、クラプトンが登場し、M・ウォーターズの” Champagne and Reefer”を競演。さらに中盤では初日に続き、ビル・ワイマン、ミック・テイラーもゲスト参加し、大きな声援を受ける中、終盤もアンコールではこちらも初日に続いて、オリジナル・ヴァージョン同様”You Can’t Always Get What You Want”で、ロンドン・ユース聖歌隊が登場。さらに初日は演奏時間の関係でカットされた”Satisfaction”でアンコール・ラストを締める全23曲を、ここに完全再現。
そして映像DVD-Rも、25日同様現存する多数のオーディエンス映像をコンパイルし、トータル134分にわたり完全再現を実現。この日の模様も、ファン撮影による単発的な複数の映像がWEB上で乱立する中、コンプリート再現を目指すべく、各種オーディエンス・ソースからベスト・クオリティーなソースをセットリスト順にまとめたプレイリストを、海外ファン・サイトが作成し、全23曲コンプリート収録。とにかくサウンドボードやプロショット映像が出現するまでは、現状ベストといえる音源&映像による、50周年ライブ第2夜のコレクターズ・エディション!

CDR-ONE : 01. Introduction 02. Get Off Of My Cloud 03. I Wanna Be Your Man 04. The Last Time 05. Paint It Black 06. Gimme Shelter (with Florence Welch) 07. Lady Jane 08. Champagne and Reefer (with Eric Clapton) 09. Live With Me 10. Miss You 11. One More Shot 12. Doom And Gloom 13. It’s Only Rock And Roll (with Bill Wyman) 14. Honky Tonk Women (with Bill Wyman)
CDR-TWO : 01. Band Introduction 02. Before They Make Me Run (Keith) 03. Happy (keith) 04. Midnight Rambler (with Mick Taylor) 05. Start Me Up 06. Tumbling Dice 07. Brown Sugar 08. Sympathy For The Devil – encore – 09. You Can’t Always Get What You Want (with the London Youth Choir) 10. Jumpin’ Jack Flash 11. Satisfaction
[24bit Digital Audience Master Recording]
DVD-R : 01.Introduction/02.Get Off Of My Cloud/03.I Wanna Be Your Man04.The Last Time/05.Paint It Black/06.Gimme Shelter (with Florence Welch)/07.Lady Jane/08.Champagne & Reefer (with Eric Clapton)/09.Live With Me/10.Miss You/11.One More Shot/12.Doom And Gloom/13.It’s Only Rock And Roll (with Bill Wyman)/14.Honky Tonk Women (with Bill Wyman)/15.Band Introductions/16.Before They Make Me Run/17.Happy/18.Midnight Rambler (with Mick Taylor)/19.Start Me Up/20.Tumbling Dice/21.Brown Sugar/22.Sympathy For The Devil/23.You Can’t Always Get What You Want (with The London Youth Choir)/24.Jumpin’ Jack Flash/25.Satisfaction
[134mins. matrix audience shot : by Consequence of Sound]
◇ Recorded at O2 Arena, London, UK, Thursday November 29th 2012

、ジョン・レノン「ワン・トゥ・ワン・コンサート」の決定盤アイテム

mccd272sp.jpg

◆ JOHN LENNON / ONE TO ONE BENEFIT CONCERT 1972 (5CD+1DVD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ジョン・レノン「ワン・トゥ・ワン・コンサート」の決定盤アイテムが、永久保存プレスCD+DVDのセットにて。
まずこのジョン唯一にして最大のコンサートは、彼の死後、オフィシャル・リリースもされたものの、それは昼夜2回公演を編集したもので、かつMCや演奏が昼夜が異なるなど複雑な編集により、大きく手が加えられた作品として知られるもの。そしてコンサートは1972年8月30日NY、マジソン・スクエア・ガーデンにて、何組かの前座の後にジョンが登場し、およそ80分に渡るコンサートを、昼夜2回公演で行なったもので、本タイトルはまずdisc:1にコンサート昼の部の演奏をオーディエンス・レコーディングにて収録。クオリティー的にはいまひとつながら、実際のコンサートの曲順に沿って、ヨーコの楽曲を交えつつ、最後の全員で歌う「平和を我らに」以外はコンプリートで。
そしてdisc2&3にはコンサート夜の部を収録。こちらは昼の部よりもクオリティーもアップしたオーディエンス・レコーディングで、しかもコンプリートで収められており、聴衆による「人々に勇気を」に導かれて始まる力強い「ニューヨーク・シティ」から、ジョンの魅力溢れるヴォーカルがたっぷりと。なお、昼夜どちらも、テープの経年劣化による不安定な箇所は、ピッチ調整とデジタル・リマスタリングを完璧に施し、このコンサートの模様を見事に再現。また後半には、ライヴ・アルバムから外れながら、サウンドボード音源が過去に放送された音源より7曲追加収録。
そして残りのディスクにはリハーサル音源を収録。長らくステージに立っていないジョンだけに、入念なリハーサルが数日間に渡って行なわれた、その様子を収録したもの。さらに最後には、当時ラジオで放送されたジョンとヨーコによるコンサート告知のラジオ・スポットのアウトテイクなどを収録。
そして映像DVDは、まず驚くのがリハーサル映像。曲は「It’s So Hard」のみながら、コンサート本編の出来よりも、こちらの方が断然素晴らしもの。そしてコンサート本編、当時オンエアーされた本編とは昼夜違いの映像、さらに別カメラ・アングルによる映像までも収録。わずか昼夜2回の公演にも関わらず、このような別バージョンが存在していたことは驚きで、最後には、前座を含め当日の様子を収録した8mm映像を、プロショットとは別アングルによる映像にて追加収録。まさに「ワン・トゥ・ワン」関連の音源、映像を集大成した、永久保存といえるファン、マスト・アイテム。
DISC ONE :
(AFTERNOON SHOW) 01. Introduction – Power To The People 02. New York City 03. It’s So Hard 04. Move On Fast 05. Woman Is The Nigger Of The World 06. Sisters O Sisters 07. Well Well Well 08. Born In A Prison 09. Instant Karma 10. Mother 11. We’re All Water 12. Come Together 13. Imagine 14. Open Your Box 15. Cold Turkey 16. Don’t Worry Kyoko 17. Hound Dog
DISC TWO :
(EVENING SHOW) 01. Introduction – Power To The People 02. New York City 03. It’s So Hard 04. Sisters O Sisters 05. Woman Is The Nigger Of The World 06. Move On Fast 07. Well Well Well 08. Instant Karma 09. Mother 10. We’re All Water 11. Born In A Prison 12. Come Together 13. Imagine 14. Open Your Box 15. Cold Turkey 16. Hound Dog
DISC THREE :
01. Give Peace A Chance
[Audience Source : MSG NEW YORK CITY NY U.S.A. AUGUST 30th 1972]
02. It’s So Hard 03. Woman Is The Nigger Of The World 04. Mother 05. We’re All Water 06. Come Together 07. Imagine 08. Give Peace A Chance
[SOUNDBOARD SOURCE from EVENING SHOW]
09. Honky Tonk 10. Mind Train 11. Come Together 12. We’re All Water
[REHEARSALS : BUTTERFLY STUDIOS NEW YORK NY U.S.A. AUGUST 21, 1972]
DISC FOUR : 01. Come Together 02. Tequila 03. New York City 04. It’s So Hard 05. Move On Fast – Back Off Boogaloo 06. Woman Is The Nigger Of The World 07. Sisters O Sisters 08. Give Peace A Chance 09. Instrumental Jam 10. Unchained Melody – It’s Only Make Belie – Who Put The Bomp 11. Well Well Well 12. Born In A Prison 13. Instant Karma
DISC FIVE :
01. Mother 02. We’re All Water 03. Come Together 04. Open Your Box 05. Cold Turkey 06. Don’t Worry Kyoko
[REHEARSALS : BUTTERFLY STUDIOS NEW YORK NY U.S.A. AUGUST 18, 1972]
07. Jam #1 08. Jam #2
[FILLMORE EAST NEW YORK NY U.S.A. AUGUST 25, 1972]
09. We’re All Water 10. Roll Over Beethoven 11. Give Peace A Chance 12. Tequila 13. Jam #3
[FILLMORE EAST NEW YORK NY U.S.A. AUGUST 26, 1972]
14. Radio Spot #1 15. Radio Spot #2 16. Radio Spot #3 17. Radio Spot #4 18. Radio Spot #5 19. Radio Spot #6 20. Radio Spot #7 21. Radio Spot #8
[RADIO SPOTS]
DVD DISC :
[BUTTERFLY STUDIOS NEW YORK NY U.S.A. AUGUST 21, 1972]
01. It’s So Hard
[LIVE IN NEW YORK CITY]
02. Introduction – Power To The People 03. New York City 04. It’s So Hard 05. Woman Is The Nigger Of The World 06. Sisters, O Sisters 07. Well, Well, Well 08. Instant Karma 09. Mother 10. Born In A Prison 11. Come Together 12. Imagine 13. Cold Turkey 14. Hound Dog 15. Give Peace a Chance
[BROADCAST]
16. Introduction 17. Come Together 18. Instant Karma 19. Sisters, O Sisters 20. Cold Turkey 21. Hound Dog 22. Give Peace a Chanceか  [ALTERNATES]
23. Imagine – Introduction 24. Mother #1 25. Come Together #1 26. Hound Dog 27. Give Peace a Chance 28. Come Together #2 29. Mother #2 30. Jonas Mekas Film of the One To One Concert

ストーンズ、アーカイヴ第6弾は1982年リーズ!

rsa006.jpg

◆ ROLLING STONES / Live At Leeds Roundhay Park 1982 (プレス2CD) この商品はこちらから
2012年アーカイヴ配信音源からの第6弾は、1982年ヨーロッパ・ツアー最終公演となる、7月25日イギリス、リーズ公演を、マスター・クオリティー、サウンドボードにてコンプリート収録したタイトル。
2012年アーカイヴ・シリーズの最後を締めくくるのは、1982年ユーロ・ツアー千秋楽のリーズ公演で、過去不完全なオーディエンス・ソースは流出していた中、こちらはもちろんステレオ・サウンドボードによるコンプリート収録。なおセット的には前年USツアーとほぼ相違はないものの、ヨーロッパでは人気の高い”Angie”がキース・ソロの後に挿入されており(代わりに”Let It Bleed”はセット落ちだが)、微妙なサックス・パートはちょっといただけないものの、ライブ・コンプリートのサウンドボード音源が存在しなかった’82年ツアーだけに、やはり音源が公開されたことは嬉しいところ。
さらに今回も最高級ルビジウム・システムを用いて制作された特製プリマスターにより、レンジの広さ、歌や各楽器の定位と分離の改善に伴うクッキリと抜けた音の良さ等々、原音の質感と輝きを最大限に活かしたピュア・サウンドにてCD化を実現。
最高のクオリティーで「スティル・ライフ」ツアーのラスト・ライブをここに完全再現!
Disc One : 01. Under My Thumb 02. When The Whip Comes Down 03. Let’s Spend The Night Together 04. Shattered 05. Neighbours 06. Black Limousine 07. Just My Imagination 08. Twenty Flight Rock 09.Going To A Go-Go 10. Let Me Go 11. Time Is On My Side 12. Beast Of Burden 13. You Can’t Always Get What You Want
Disc Two : 01. Band Introduction 02. Little T & A 03. Angie 04. Tumbling Dice 05. She’s So Cold 06. Hang Fire 07. Miss You 08. Honky Tonk Women 09. Brown Sugar 10. Start Me Up 11. Jumpin’ Jack Flash -encore – 12. (I Can’t Get No) Satisfaction
[Soundboard Live at Roundhay Park, Leeds, UK 25th July 1982]

夢のスーパー・ユニット、奇跡の来日公演!

xavel184c.jpg

◆ Mike Portnoy, Billy Sheehan, Tony MacAlpine & Derek Sherinian / STRANGERS IN TOKYO CITY 2012 (2CDR) この商品はこちらから
2012年、マイク・ポートノイとデレク・シャーマンという2人の元ドリーム・シアターのメンバーに、ビリー・シーン、トニー・マカパインが加わった最強の4ピース・バンドによるスペシャル・ユニットがついに日本にも上陸。そのジャパン・ツアー2日目となる、11月14日ZEPP東京でのライブを、超高音質オーディエンス・マスターにデジタル・リマスタリングを施したベスト・クオリティーにてコンプリート収録。同年序盤にアメリカでのショーはイベント・ライブだったゆえ演奏時間も短かったのが、今回はフルセット・フルライブとなるもので、ドリーム・シアター、そしてリキッド・テンションの楽曲を中心に、各々のソロ名義のナンバーもピックアップ。特にビリーはタラス時代の楽曲を披露、そしてカヴァーもビリー・コブハムのStratus」、ジェフ・ベックの「The Pump」、そして本編最後はDTの「Lines in the Sand」、アンコールはビリーの超絶ベース炸裂の「Shy Boy」と、最後まですさまじいばかりのプレイのオンパレード。DTファンだけでなく、ジャズ・ロック・ファン等もおすすめの逸品。
Disc 1 : 01. Opening 02. A Change Of Seasons : I. The Crimson Sunrise 03. Acid Rain 04. The Stranger 05. Stratus 06. Atlantis Part 1:Apocalypse 1470 B.C. 07. Tony MacAlpine Guitar Solo 08. Been Here Before 09. Birds Of Prey 10. Billy Sheehan Bass Solo 11. Birds Of Prey (Billy’s Boogie) Reprise 12. The Farandole
Disc 2 : 01. The Pump 02. Mike Portnoy Drums Solo 03. Nightmare Cinema 04. Hell’s Kitchen 05. Derek Sherinian Keyboards Solo 06. Lines In The Sand –encore- 07. Shy Boy
[at Zepp Tokyo, Tokyo, Japan 14th November 2012]
Mike Portnoy – drums / Tony Macalpine – guitar / Billy Sheehan – bass / Derek Sherinian – keyboards