Skip to content

ジェフ・ベック、来日初日公演を最高のクオリティーで!

sne216j.jpg

◆ JEFF BECK / AN EVENING WITH JEFF BECK Vol.1 2014 (2CDR) この商品はこちらから
See No Evilレーベルより、2014年ジャパン・ツアーのオープニング、4月4日NHKホール公演を、サウンド・エンジニアががステージ袖で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた24bitデシタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録した決定盤がここに。
本レーベルならではの、サウンドボード音源と比べても遜色のないサウンド・クオリティーにて、この記念すべき初日公演を完全再現。
まずメンバーは当初予定されていたヴァイオリン奏者リジー・ボールはなぜかメンバーから外れた中、技巧派ドラマー、ジョナサン・ジョゼフ、 バークリー出身のマルチ・プレイヤー・ギタリストでもあるニコラス・メイヤー、そしてベースはおなじみロンダ・スミスという4ピース。
そしてアルバムは今回の来日には間に合わなかったものの、公演直前に日本でのみリリースされた、来日記念ミニ・アルバム「YOSOGAI」からの2曲もフューチャーしての、新セットによるワールド・ツアー初日というのも大きなポイントで、近年の力強いラフでダイナミックなロック・アプローチによるステージングを展開。
また新曲以外でも、3曲目に「Little Wing」のイントロが流れると、会場が大いに盛り上がりを見せると、その後もベックは終始ご機嫌。さらに『Who Else』からの「Angels (Footsteps)」ではボトルネックで幻想的なプレイを披露したり、アンコールではオールディーズ風イントロに続き「Rollin And Tumblin」で、観客を煽るシーンも。そしてラストは今までになく丁寧に弾き原曲を再現した「Cause We Ended As Lovers」でエンド。
その緩急変幻自在なセットであり、2014年初めてのライブという記念すべきパフォーマンスを、12曲のモニター・ミックス音源もボーナスで追加収録し、最高のクオリティーで再現した来日公演のベスト・メモリアル・アイテム。
DISC ONE : B.G.M (Sir Duke / Stevie Wonder) / Loaded (New Song) / Nine (New Song) / Little Wing / You Know You Know (New Song) /Hammerhead / Angel (Footsteps) / Stratus / Yemin (New Song) / Where Were You / The Pump / Goodbye Pork Pie Hat / Brush With The Blues / You Never Know / Danny Boy / Blue Wind / Led Boots / Corpus Christi Carol
DISC TWO : Big Block / A Day In The Life / Rockabilly Intro –encore- Rollin’ And Tumblin’ / Cause We’ve Ended As Lovers
(Bonus Tracks taken from Monitor mixies materials)
Nine (New Song) / Little Wing / You Know You Know (New Song) / Hammerhead /Angel (Footsteps) / Stratus / Yemin (New Song) / Where Were You / The Pump /Goodbye Pork Pie Hat / Brush With The Blues / Big Block
[Recorded at NHK Hall, Tokyo, Japan 4th April 2014]
Jeff Beck – Guitar / Rhonda Smith – Bass, Vocal / Jonathan Joseph – Drums / Nicolas Meier – Guitar

Published innew in store!