Skip to content

ピンク・フロイド、パープル奇跡の1969年フェス・ライブ!

nd4651i.jpg

◆ V.A. / INTERNATIONALES ESSENER POP & BLUES FESTIVAL 1969 (1DVDR) この商品はこちらから
1969年10月9日から11日まで、3日間にかけてドイツのエッセンで行われた「インターナショナル・エッセン・ポップ&ブルース・フェスティバル」より、その最終日となる11日の模様を、近年ドイツTVで再オンエアーされたプロショット映像にて86分にわたり収録。
まず本タイトルは2回に分けて放送されたため演奏順通りではなく、映像もモノクロながら、ピンク・フロイドの2曲21分をはじめ、ディープ・パープル、ナイス、テイスト、キーフ・ハートレイ・バンド、エインズレー・ダンバー・リタリエーションの、5バンドの超レアなライブ映像がマスター・クオリティーのプロショットで見ることができ、資料的価値の高さも含めて、このままオフィシャル・リリースも可能なレベルといえるもの。
そしてまず冒頭のパープルのWring That Neckと、2つに分断されて収録されてるMandrake Rootはトータル17分40秒に及ぶもので、途中若きギランの熱唱も聴ける中、大半は強烈なインプロで、リッチーをはじめ、その演奏の凄まじさは、まさにこの時期ならでは。
特にリッチーのソロはMandrake Root Pt.2でたっぷりと収録されており、ファンは必見。そして若きロリー・ギャラガー率いるテイスト、当時人気の絶頂を誇ったキース・エマーソン率いるナイスは、Rondo、Country Pieで強烈なキースのオルガン・プレイがたっぷりと楽しめ、Hang On To A Dreamでは、曲後半のジャージーなピアノソロの指さばきもたっぷりと。
さらにブラスと共にファンキーなキーフ・ハートリー・ブルース・バンドのステージも見ごたえ満点で、Sinnin’ For Youの前にはキーフの迫力あるドラム・ソロも。
またこれ以降、フランク・ザッパ、ジェファーソン・スターシップ、ホワイトスネイク、ジャーニー等のドラマーとして名を馳せるエインズレー・ダンバーの貴重なソロ・バンド、リタリエーションのライヴが観れるのもこれまた貴重。
そしてメインといえるラストのフロイドは、このままオフィシャル映像化も可能なクオリティーと演奏による幽玄の21分間で、曲はCareful With That Axe, Eugeneと A Saucerful Of Secrets。Eugeneでのロジャーのスクリーム、Saucerful Of Secretsでの銅鑼の連打、そして床に置いたギターから強烈な音を発し続けるギルモアと、実験的ステージを展開していたフロイドのすさまじいパフォーマンスは何度見ても鳥肌もの。
全ロック・ファン必携マスト・アイテム。
(Deep Purple) 1. Wring That Neck 2. Mandrake Root Pt.1 3. Mandrake Root Pt.2
(Taste) 4. I Feel So Good
(The Nice) 5. Rondo 6. Country Pie 7. Hang On To A Dream
(Keef Hartley Blues Band) 8. Rock Me Baby 9. Sinnin’ For You
(Aynsley Dunbar Retaliation) 10. Let It Ride 11. Down, Down And Down
(Pink Floyd)12. Careful With That Axe, Eugene 13. A Saucerful Of Secrets
[Grugahalle, Essen, Germany 11th October 1969 : PRO-SHOT B&W NTSC Approx.86min.]

Published innew in store!