Skip to content

マイルス1971年名ライブ映像の最長版がここに

moon044d.jpg

◆ MILES DAVIS / BERLIN 1971 Long Version (1DVDR) この商品はこちらから
過去より70’sマイルスの定番映像として知られる、1971年11月6日ベルリン公演が、過去流通映像より10分以上長い、70分収録のロング・ヴァージョンにてここに。
まず2008年秋にドイツの音楽プログラム「@Festival」でTVオンエアーされたマスターを元に、2014年同じくドイツのWDETVで再放送されたこの映像は、これまで2回放送され、前半部分と2回目の後半部分が、大幅にカットされていた箇所を1festivalの映像をプラスさせることで完全収録。よって実際のライブ83分のうちの70分が映像化されることで、コンプリートではないものの、その全貌をほぼここに再現。
そしてもちろん全編カラー映像、音質、バランス、音圧共に安定しており、オフィシャル・リリースでもない限りこれ以上のクオリティーのものは無いと断言。
そして演奏の方もファンなら周知の通り、エレクトリック・マイルス時代の幕開けとなる時期で、一発目の“Directions“から驚異的な音質とバランスでM・ヘンダーソンのファンク・ベースが地響きを立て、それに伴うようにのたうち廻るジャレットのエレピ&オルガンとの格闘シーンはあまりに鮮明。そして派手なパーカッションに暴走するマイルスに触発されメンバー一丸となってノンストップで突き進み、”It’s About That Time”あたりでのジャレットとパーカッションのデュエットを経て、マイルスの哀愁あふれるペットの後は一気にエンディングへ。「ビッチェズ・ブリュー」をさらにヘヴィーかつ原始的にした名演を、過去最高のクオリティーと最長時間にて。マイルス・ファンのみならず、全ジャズ&ロック・ファンも必見マスト・アイテム。
1.DIRECTION  2.HONKY TONK  3.WHAT I SAY 4. SANCTUARY 5.IT’S ABOUT THAT TIME  6.FUNKY TONK / SANCTUARY
[Recorded at Philharmonie, Berlin,Germany November 6th 1971: On Air Germany WDE TV /Totaltime :70min]
MILES DAVIS(tp) GARY BARTZ(ss, as) KEITH JARRETT(elp,org) MICHAEL HENDERSON(elb) NDUGU LEON CHANCLER(ds) CHARLES DON ALIAS(per) JAMES MTUME FOREMAN(per)

Published innew in store!