Skip to content

月: 2014年9月

クイーン、レア映像アーカイブ・シリーズのブルーレイ、第2弾!

pvc009sp.jpg

◆ DELUXE EDITION VIDEO COLLECTION (1Bru-Ray) この商品はこちらから
2014年、クイーンの各オリジナル・アルバム・デラックス・エディションのリリースに伴い、そのプロモーションとして公開された映像を、まとめて収録したビデオ・コレクションがブルーレイにてここに。
プロモ以外に数多くのライブ映像や、メイキング映像等も多く、このコレクションで公式初披露となった、レアな編集バージョンも含めて、このデラックス・エディションならではのセレクトを、時系列に3時間10分にわたり収めた独自のレア映像コレクション。

Keep Yourself Alive (Promo Video 1973) / Liar (Live at The Rainbow 1974) / Son And Daughter (Live at Hammersmith Odeon 1975) / White Queen (As It Began) (Live at The Rainbow 1974) / Ogre Battle (Live at Hammersmith Odeon 1975) / Seven Seas Of Rhye (Live at Wembley Stadium 1986) / Killer Queen (Top of the Pops 1974) / Stone Cold Crazy (Live at The Rainbow 1974) / Now I’m Here (Live at The Forum, Montreal 1981) / Bohemian Rhapsody (Original Promo Video – No Flames Version) / Seaside Rendezvous (30th Anniversary Version 2005) / Love Of My Life (Live at The Milton Keynes Bowl 1982) / Somebody To Love (Promo Video) / You Take My Breath Away (Live at Earls Court 1977) / Tie Your Mother Down (Live at Milton Keynes Bowl 1982) / We Will Rock You (Queen Rocks 1998) / My Melancholy Blues (Live at The Summit, Houston 1977) / Sheer Heart Attack (Live at The Hammersmith Odeon 1979) / Bicycle Race (Studio Promo Video) / Fat Bottomed Girls (Live at Milton Keynes Bowl 1982) / Let Me Entertain You (Live at Budokan, Japan 1979) / Flash (Alternative Promo Video 1981) / Flash (Vanguard Remix Promo Video 2003) / Flash / The Hero (Live at Morumbi Stadium, Sao Paolo, Brazil 1981) / Crazy Little Thing Called Love (Saturday Night Live 1982) / Vocal Improvisation / Dragon Attack (Live at Morumbi Stadium, Sao Paolo, Brazil 1981) / Save Me (Live at Seibu Stadium, Japan 1982) / Under Pressure (Rah Mix Promo Video 1999) / Las Palabras de Amor (Top of the Pops 1982) / Action This Day (Live at The Milton Keynes Bowl 1982) / Radio Ga Ga (Extended Promo Video) / Tear It Up (Live at Wembley Stadium 1986) / I Want To Break Free (Live In Rio 1985) / One Vision (Extended Version Promo Video) / Princes Of The Universe (Promo Video) / A Kind Of Magic (Live at Wembley Stadium 1986) / I Want It All (Promo Video) / The Making Of ‘The Miracle’ / The Making Of ‘The Miracle’ Album Cover / Innuendo (Alternate Promo Video) / These Are The Days Of Our Lives (Alternate Animated Promo Video) / Mad In The Making – The Making Of ‘I’m Going Slightly Mad’ / Too Much Love Will Kill You (Heartache Promo Video 1995) / Heaven For Everyone (Promo Video) / A Winter’s Tale (Outside-In Alternate Promo Video)
[NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx. 3h10min.]

クイーン、レア映像アーカイブ・シリーズがブルーレイにて

pvc008sp.jpg

◆ QUEEN / WE ARE THE CHAMPIONS (2Bru-Ray) この商品はこちらから
2013年にドイツVOX TVテレビにてオンエアーされた、クイーン40周年記念ドキュメンタリー「伝説のチャンピオン」が、HDマスター・クオリティーにてブルーレイでここに。
まずこの3時間半に及ぶプログラムは、字幕こそないものの、随所にレアな映像がふんだんに使われており、しかもそれらがすべてオフィシャル・クオリティーの高画質で映し出されるあたりは、ファンとしては目の離せないところで、価値ある見応えたっぷりのドキュメンタリー番組といえるもの。さらにカップリングで2004年に国内でオンエアーされた90分のTVスペシャル番組も収録。こちらも貴重なライブ映像ばかりを当時まとめて放送したもので、海外コレクターにも注目された内容。2枚組セットでトータル5時間収録となる、究極のコレクターズ・エディション!
DISC ONE :
(WE ARE THE CHAMPIONS : 40 ANNIVERSARY SPECIAL IN GERMANY) INTRODUCTION / THE STORY SO FAR / FROM SMILE TO QUEEN / THE EARLY YEARS / BOHEMIAN RHAPSODY / LATE IN THE 70’S / WE ARE THE CHAMPIONS / UNDER PRESSURE / GOING SOLO / THE WORK / LIVE AID / A KIND OF MAGIC / THE GREAT PRETENDER / THE MIRACLE / INNUENDO / LIVE FOREVER
DISC TWO : (QUEEN SPECIAL 2004 : JAPANESE JEWELS)
INTRODUCTION / GREATEST HITS MEDLEY / FIRST LIVE IN JAPAN 1975 / TEO TORRIATTE (Japan 1982) / KILLER QUEEN (Holland TV 1974) / WE ARE THE CHAMPIONS (Munich Germany 1978) / KEEP YOURSELF ALIVE (Munich Germany 1978) / LIVE AND INTERVIEWS (Brussels Belgium 1979) (inc. WE WILL ROCK YOU / LET ME ENTERTAIN YOU / BRIGHTON ROCK / TIE YOUR MOTHER DOWN / SPREAD YOUR WINGS / WE ARE THE CHAMPIONS) / SOUNDCHECK (Rotterdam Holland 1979) / BICYCLE RACE / I’M IN LOVE WITH MY CAR (Rotterdam Holland 1979) / SEVEN SEAS OF RHYE (Rio Brazil 1985) / KEEP YOURSELF ALIVE (Rio Brazil 1985) / LIAR (Rio Brazil 1985) / NOW I’M HERE (Rio Brazil 1985) / BOHEMIAN RHAPSODY (Rio Brazil 1985) / RADIO GA GA (Rio Brazil 1985) / A KIND OF MAGIC (Montreux Festival 1986)
[NTSC 16:9 HD1080p LPCM Stereo time approx. 297mins.]

Joe’s Garage、28周年記念セールのご案内

shop2014a.jpg
今年は猛暑に大雨と、特に夏場は天気に悩まされましたが、
9月に入ってから、比較的穏やかで、すっかり秋めいた京都です。
そんな時節の中で、今年もおかげさまで、なんとか
オープン28年目を迎えることができました。
音楽業界自体はまだまだキビシイ現状の中、
ここまで継続できたのも、やっぱり根強い音楽ファンの皆様の
おかげにつきます。
改めていつもいつもありがとうございます。
[Joe’s Garage 28周年記念セールのご案内]
10月1日から、オープン28年目を迎えるにあたって、
恒例のAnniversary Sale を実施いたします。
◇期間  10月1日(水) ~ 10月8日(水) [8days 12:00 – 22:00]
◇Sale価格
* USED アイテム ALL 20%OFF (中古CD&レコード)
* NEW アイテム  ALL 10%OFF
(新品CD&LP、コレクターズCD&DVD、Tシャツなど)
廃盤、貴重盤も含めて、中古アナログ、CDは連日追加放出してます。
尚、遠方で直接ご来店できない方も、通販をご利用下さい。
その旨、お電話やメールで、
ご希望商品をお知らせいただけたらけっこうです。
先に書いたとおり、今の京都は一年を通じても一番良い頃かと
思いますので、観光がてらにでも、またお立ち寄りいただけたら。
ではまた29年目に向けて、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
—————————————-
〒604-8124
京都市中京区帯屋町572
フサヤビル 2F Joe’s Garage
tel. 075-241-0277 fax.075-253-2670
http://www.jgarage.com
info@jgarage.com

ビートルズ・ファン必携、ライブ・アーカイブ・コレクション!

scd1401sp.jpg

◆ THE BEATLES / LIVE AT WASHINGTON COLISEUM (プレス1CD+1DVD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のSgt.レーベルによる、ライブ・アーカイブ・コレクションから、1964年2月全米制覇の歴史的記録というべき、ワシントン公演を、最新リマスター音源と映像コレクションの決定版にてここに。
まずファンには古くからお馴染みの公演ながら、今回ヨーロッパのビートルズ・コネクションからの、新たなマスターを元に、音も映像も過去最高のクオリティーにて収録。まず、2010年に配信映像で完全版が陽の目を見て以降は、それを元に数多く流通ソースもあったものの、元の配信自体が公式レベルではなく、その後によりクオリティーが高いとされた、PALマスターも出回った中、今回の収録映像の方がよりマスターに近いベスト・クオリティーといえるもの。
また配信映像にあったオープニングもあえて冒頭に収録されてる中、コンサート本編とフェイドして切り替わるポイントがニュー・マスターの証に。またワイドTV標準16:0にコンバートされているものの、アスペクトはオリジナル4:3素材のまま。また音源もオリジナル・モノラルをサブに収録しているものの、今回はオーディオ・オプションで2014デュオフォニック・ステレオ音源をメインに収録しており、最新デジタル・リマスタリングによる、ナチュラルな立体的ステレオ音像は一段とボーカルが際立ち、楽器の音もより明確に生まれ変わった初音源となるもの。
なお、CDにはこのリマスター音源を完全収録し、DVDではデュオフォニック・ステレオとオリジナル・モノラル両方を聞き比べることも可能。
さらにDVDは本編に加え、エクストラ・フューチャーもたっぷり収録したおり、かつてはこれしか見ることが出来なかった「ツイスト・アンド・シャウト」が、不完全で終わるワシントン公演のオリジナル・フィルム・バージョンも収録。さらにニュース映像やアングルの違うオルタネイト・バージョンも複数収録されており、「シー・ラブス・ユー(オルタネイト)」やニュース断片を元にしたビデオ・モンタージュも今回初登場となる新規リストア映像。そしてオフィシャルでは未収録のままとなっている、エド・サリヴァン・ショーのマイアミ・アフタヌーン・リハーサルもボーナス収録という充実の内容。
プレスCD+DVDによる最新編集の決定版といえる必携コレクターズ・アイテム。
CD :
[LIVE AT WASHINGTON COLISEUM : Live At Washington Coliseum, Washington D.C. U.S.A. February 11th 1964]
1.CONCERT OPENING 2. ROLL OVER BEETHOVEN 3. FROM ME TO YOU 4. I SAW HER STANDING THERE 5. THIS BOY 6. ALL MY LOVING 7. I WANNA BE YOUR MAN 8. PLEASE PLEASE ME 9. TILL THERE WAS YOU 10. SHE LOVES YOU 11. I WANT TO HOLD YOUR HAND 12. TWIST AND SHOUT 13. LONG TALL SALLY 14. CONCERT ENDING
[TV SHOW REHEARSAL : Afternoon Rehearsal For TV Show THE ED SULLIVAN SHOW : At Deauville Hotel, Miami Beach, Florida, U.S.A. February 16th 1964]
15. SHE LOVES YOU 16. THIS BOY 17. ALL MY LOVING 18. I SAW HER STANDING THERE 19. FROM ME TO YOU 20. I WANT TO HOLD YOUR HAND
DVD : NTSC 16:9 (4:3) Wide Screen – Dolby Digital Stereo / Mono time approx.107min.
[LIVE AT WASHINGTON COLISEUM : Live At Washington Coliseum, Wasington D.C. U.S.A. February 11th 1964 : AUDIO OPTION=2014 Duophonic Stereo Remaster / Original Mono soundtrack]
INTRODUCTION / CONCERT OPENING / ROLL OVER BEETHOVEN / FROM ME TO YOU / I SAW HER STANDING THERE / THIS BOY / ALL MY LOVING / I WANNA BE YOUR MAN / PLEASE PLEASE ME / TILL THERE WAS YOU / SHE LOVES YOU / I WANT TO HOLD YOUR HAND / TWIST AND SHOUT / LONG TALL SALLY / CONCERT ENDING
[EXTRA FEATURE:LIVE AT WASHINGTON COLISEUM – ORIGINAL FILM VERSION : Afternoon Rehearsal For TV Show THE ED SULLIVAN SHOW : At Deauville Hotel, Miami Beach, Florida, U.S.A. February 16th 1964]
CONCERT OPENING / ROLL OVER BEETHOVEN / FROM ME TO YOU / I SAW HER STANDING THERE / THIS BOY / ALL MY LOVING / I WANNA BE YOUR MAN / PLEASE PLEASE ME / TILL THERE WAS YOU / SHE LOVES YOU / I WANT TO HOLD YOUR HAND / TWIST AND SHOUT (incomplete)
[CONCERT ARCHIVE]
THEATRICAL TRAILER / CONCERT FOOTAGE NEWSREEL / ROLL OVER BEETHOVEN / I WANNA BE YOUR MAN (alternate) / SHE LOVES YOU (alternate with color version) / SHE LOVES YOU (alternate version) / ALL MY LOVING (video montage)/ I WANT TO HOLD YOUR HAND (video montage)
[TV SHOW REHEARSAL]
SHE LOVES YOU / THIS BOY / ALL MY LOVING / I SAW HER STANDING THERE / FROM ME TO YOU / I WANT TO HOLD YOUR HAND

ポール、あの「クローズド・サーキット」の決定盤!

pmcc2sl.jpg

◆ PAUL McCARTNEY / CLOSED CIRCUIT CONCERT (1Buray+1DVD+2CD) この商品はこちらから
名門エンプレス・バレイより、ポールの1990年の初来日公演から、「クローズド・サーキット」の決定盤映像+音源をブルーレイ、DVD,CDでコンパイルしたタイトルがここに。
まずポールの初来日公演より、カメラ・リハーサルとしてシューティングされた、3月7日東京ドーム公演の通称「クローズド・サーキット・コンサート」は、過去2度に渡って中止となったウイングスの来日公演のお詫びとして、当時全国各所で、コンサート衛星生中継が行なわれたのは周知の通り。そしてその本番オンエアーには3月9日のコンサートが選ばれ、その時のプロショット映像やサウンドボード音源は、これまでにも多数流出。そんな中で本タイトルは、この本番のカメラリハとして撮影されたひとつ前の公演となる、3月7日のライブをノーカット収録したもので、しかも近年発掘された、ロー・ジェネレーション・テープを使用した、過去ベストのクオリティーとなるもの。
そしてそのクオリティー・アップのレベルはこれまで観たことある人なら、一瞬で向上具合がわかるもので、しかもTRACKINGCONTROLから、ENDINGまで完全コンプリート収録しており、特にI SAW HER STANDING THEREのイントロ部分は必見要チェック。
さらにマスターが優れているゆえ、音質も飛躍的に向上、しかも微細なノイズなども、全てエディットしカット部分も違和感なく編集しており、よってその貴重なマスターのクオリティーを一切落とさないために、映像はブルーレイにて収録。さらに音声はCDとサウンドトラック用(24bit/48khzリニアPCMで収録)に分けて、マスタリングしたこだわりの本格派仕様となるもの。
なお、この「クローズド・サーキット・コンサート」は、1990年3月9日が本番として、各会場で放映されているものの、こちらはLET IT BEまでしか収録されていなかったのは周知の事実。そして本作3月7日はその本番に向けてのテスト・シューティングだったものの、こちらは完全収録ながら、これまでクオリティー的にきびしいものしか流出しておらず、今回の発掘とリリースは長年のファンにとってはまさに待望といえるもの。
美麗帯付き紙ジャケットに当時のコンサートのチラシ・レプリカも付きのコレクターズ・アイテムが最高の音と映像でここに。
Bru-Ray : 1. TRACKING CONTROL 02. OPENING 03. FIGURE OF EIGHT 04. JET 05. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 06. ROUGH RIDE 07. BAND ON THE RUN 08. WE GOT MARRIED 09. LET ‘EM IN 10. THE LONG AND WINDING ROAD 11. THE FOOL ON THE HILL 12. SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND 13. GOOD DAY SUNSHINE 14. CAN’T BUY ME LOVE 15. PUT IT THERE 16. THINGS WE SAID TODAY 17. ELEANOR RIGBY 18. THIS ONE 19. MY BRAVE FACE 20. BACK IN THE U.S.S.R. 21. I SAW HER STANDING THERE 22. COMING UP 23. LET IT BE 24. AIN’T THAT A SHAME 25. LIVE AND LET DIE 26. HEY JUDE 27. YESTERDAY 28. GET BACK 29. GOLDEN SLUMBERS : CARRY THAT WEIGHT : THE END 30. BACKSTAGE 31. CLOSING
DVD : 1. TRACKING CONTROL 02. OPENING 03. FIGURE OF EIGHT 04. JET 05. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 06. ROUGH RIDE 07. BAND ON THE RUN 08. WE GOT MARRIED 09. LET ‘EM IN 10. THE LONG AND WINDING ROAD 11. THE FOOL ON THE HILL 12. SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND 13. GOOD DAY SUNSHINE 14. CAN’T BUY ME LOVE 15. PUT IT THERE 16. THINGS WE SAID TODAY 17. ELEANOR RIGBY 18. THIS ONE 19. MY BRAVE FACE 20. BACK IN THE U.S.S.R. 21. I SAW HER STANDING THERE 22. COMING UP 23. LET IT BE 24. AIN’T THAT A SHAME 25. LIVE AND LET DIE 26. HEY JUDE 27. YESTERDAY 28. GET BACK 29. GOLDEN SLUMBERS : CARRY THAT WEIGHT : THE END 30. BACKSTAGE 31. CLOSING
CD ONE : 01. OPENING 02. FIGURE OF EIGHT 03. JET 04. GOT TO GET YOU INTO MY LIFE 05. ROUGH RIDE 06. BAND ON THE RUN 07. WE GOT MARRIED 08. LET ‘EM IN 09. THE LONG AND WINDING ROAD 10. THE FOOL ON THE HILL 11. SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND 12. GOOD DAY SUNSHINE 13. CAN’T BUY ME LOVE 14. PUT IT THERE
CD TWO : 01. THINGS WE SAID TODAY 02. ELEANOR RIGBY 03. THIS ONE 04. MY BRAVE FACE 05. BACK IN THE U.S.S.R. 06. I SAW HER STANDING THERE 07. COMING UP 08. LET IT BE 09. AIN’T THAT A SHAME 10. LIVE AND LET DIE 11. IF I WERE NOT UPON A STAGE 12. HEY JUDE 13. YESTERDAY 14. GET BACK 15. GOLDEN SLUMBERS : CARRY THAT WEIGHT : THE END
[Recorded live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan, 7th March 1990]

ANTEMASQUE in サマソニ2014!

xavel260a.jpg

◆ ANTEMASQUE / SUMMER SONIC TOKYO 2014 (1CDR+1DVDR) この商品はこちらから
2013年マーズ・ヴォルタ解散から1年。オマー・ロドリゲス・ロペス、セドリック・ビクスラー・ザヴァラ、そしてドラマーのデイヴ・エリッチによる、新ユニットANTEMASQUEが、早くも来日し、2014年サマソニ東京、深夜のミッドナイト・ソニックに登場。
そのハイテンション・ライブを、音と映像で完全再現したのが本タイトルで、まず音源は24bitデジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
ミッドナイトソニック、ソニック・ステージのトップバッターとして登場したこの新ユニットはM大所帯だったマーズ・ヴォルタから、一転4人とシンプルな編成になった事もあり、そのサウンドは彼らの原点であるAt The Drive Inに近いものがあり。またベースで帯同しているのはオマーの実弟であるマルフレッドであり、マーズ時代からのデイブとのリズム・セクションはやはり安定したもの。
そして7月にリリースされたばかりのファースト・アルバムのナンバーを軸に、前半のコンパクトな楽曲構成から、後半1曲20分近くに及ぶ、マーズ時代を彷彿とさせる大曲まで、とにかく全編通してハイテンションな爆音ライブ。
さらにカップリングDVD-Rには、当日のパフォーマンスを、会場アリーナ前方中央からのベスト・ポジションによる、良好オーディエンス映像にてほぼコンプリート収録。轟音全開のパフォーマンスをこの目で見れるのはやはり嬉しいところでもある、ファン必聴・必見メモリアル・アイテム。
CD-R : 01. Intro 02. Hangin’ In The Lurch 03. I Got No Remorse 04. Rome Armed To The Teeth 05. Ride Like The Devil’s Son 06. 4AM 07. Domino Rain 08. 50,000 Kilowatts 09. Providence/Jam 10. People Forget
DVD-R : 01. Hangin’ In The Lurch 02. I Got No Remorse 03. Rome Armed To The Teeth 04. Ride Like The Devil’s Son 05. 4AM 06. Domino Rain 07. 50,000 Kilowatts 08. Providence/Jam 09. People Forget
[Midnight Sonic 2014 : at Makuhari Messe, Chiba, Japan 16th August 2014]

ついに始動、2014年型クリムゾン!

kc2014a.jpg

◆KING CRIMSON / TWO FROM THE EGG 2014 (4CDR) この商品はこちらから
2009年以来の活動休止状態から、2014年9月からついにUSツアーをスタートさせた、ロバート・フリップ=キング・クリムゾンの、その幕開けとなった9月9&10日ニューヨーク、アルバニーでの2公演を、いずれもサウンドボード・レベルのデジタル・オーディエンス・マスターより、ダイレクトにコンプリートでカップリング収録。
まず注目のラインナップは、まずドラムにギャヴィン・ハリソン、ビル・リーフリン、パット・マステロットというトリプル・ドラム体制。そしてベースはおなじみトニー・レヴィン、さらになんと41年ぶりのメンバー復帰となる、サックスのメル・コリンズ、そしてギターは御大フリップと、近年フリップとコラボが続いていた、ジャッコ・ジャコスジクがボーカルも兼任で初参加という7人体制。
よって80年代以降レギュラーだったエイドリアン・ブリューは今回外れた形になっているものの、その代わりにメルの参加もあってか、70年代クリムゾン・クラシックが多数セットインしているところが、今回最大の聞き所といえるもの。特にメルのサックスをフューチャーした『アイランズ』からの「レターズ」や「セイラーズ・テイル」などは1972年ツアー以来のライブ披露であり、他にも「太陽と戦慄」(パート1)や、「冷たい街の情景」も70年代以来となるもの。
そして2日間において、セットもかなり変化しており、特に2日目はオープニングは「レベル5」に代わり、続いては「ワン・モア・レッド・ナイトメア」もセットイン。そして終盤では「スターレス」、さらにアンコール「21世紀の精神異常者」はトリプル・ドラムとレヴィンとの強靭なリズム・セクションが破壊的に炸裂してエンドという、往年のファンには気絶しそうな展開にて。
まさに70’sクリムゾンと90年代以降のメタリック・クリムゾンが共存したかのようなすさまじいパフォーマンスゆえ、今後のセットの変化も含めて全公演すべて必聴といえる、2014年型クリムゾンの記念すべき幕開けをベスト・クオリティーでここに。
DISC 1 : 1. Introduction/2. Walk On/3. Larks Tongues In Aspic (Part 1)/4. Pictures Of A City/5. A Scarcity Of Miracles/6. The ConstruKction Of Light/7. One More Red Nightmare/8. Hell-Hounds Of Krim/9. Red/10. The Letters/11. VROOOM / Coda: Marine 475
DISC 2 : 1. A Sailor’s Tale/2. Light Of Day/3. The Talking Drum/4. Larks Tongues In Aspic (Part 2)/5. Starless/6. Hoodoo/7. 21st Century Schizoid Man
[Live At The Egg, Albany, NY USA, September 9th 2014]
DISC 3 : 1. Introduction/2. Level Five/3. One More Red Nightmare/4. A Scarcity Of Miracles/5. Larks Tongues In Aspic (Part 1)/6. Pictures Of A City/7. The ConstruKction Of Light/8. Red
DISC 4 : 1. The Letters/2. Sailor’s Tale/3. VROOOM/4. Coda: Marine 475/5. Hell Bells/6. The Light Of Day/7. The Talking Drum/8. Larks Tongues In Aspic (Part 2)/9. Starless/10. Hell-Hounds Of Krim/11. 21st Century Schizoid Man
[Live At The Egg, Albany, NY USA, September 10th 2014]
Robert Fripp – Guitar / Jakko Jakszyk – Guitar, Vocal / Mel Collins – Sax / Bill Reiflin – Drums, Keyboard, Vocal / Pat Mastelotto – Drums / Gavin Harrison – drums / Tony Levin – Bass, Stick, Vocal

モグワイ in サマソニ2014!

xavel256m.jpg

◆ MOGWAI / DAYBREAK FREAK 2014 (1CDR+1DVDR) この商品はこちらから
来日公演音源では定評のXAVELレーベルより、サマソニ2014の前夜を熱く盛り上げる祭典ソニックマニアでの、モグワイのライブを音と映像で完全再現。
まず音源にはその8月15日幕張メッセでのステージを、24bitデジタル・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。
メイン・ステージにトリとして登場した、ポスト・ロックの重鎮と呼べる彼らのステージは、代名詞である轟音ギターと、新機軸たるシンセ・ベースの重低音を基調としたインストゥルメンタル主体となるもので、通算8作目となる『Rave Tapes』で提示された、オーガニックな進化が体現されたといえるもの。
そして新旧の楽曲をバランスよく取り入れたセットリストは、この翌日再び登場となったメッセのステージで繰り広げられた「ミッドナイト・ソニック」でのライブとは、セットも大幅に変わっているので、両ステージともに必聴といえるもの。
さらにカップリングDVD-Rには、当日のパフォーマンスを、会場アリーナ前方中央からのベスト・ポジションによる、良好オーディエンス映像にてほぼコンプリート収録。轟音フィード・バック全開のパフォーマンスをこの目で見れるのはやはり嬉しいところでもある、ファン必聴・必見メモリアル・アイテム。
CD-R : 01. Intro 02. White Noise 03. I’m Jim Morrison, I’m Dead 04. Master Card 05. Mexican Grand Prix 06. Rano Pano 07. Deesh 08. How To Be A Werewolf 09. Remurdered 10. Hunted By A Freak 11. Mogwai Fear Satan 12. Batcat
DVD-R : 01. White Noise 02. I’m Jim Morrison, I’m Dead 03. Master Card 04. Mexican Grand Prix 05. Rano Pano 06. Deesh 07. How To Be A Werewolf 08. Remurdered 09. Hunted By A Freak 10. Mogwai Fear Satan 11. Batcat
[Sonic Mania 2014 : at Makuhari Messe, Chiba, Japan 15th August 2014]

アヴリル in サマソニ2014!

xavelh029a.jpg

◆ AVRIL LAVIGNE / SUMMER SONIC TOKYO (1CDR+1DVDR) この商品はこちらから
来日公演音源で評判の高いXAVELレーベルより、2014年サマソニにおける、8月17日幕張メッセ公演を、アヴリルやバンド・メンバー達がステージ上で使用していた、モニタリング用非圧縮のイヤーモニター・ソースによるライン音源と、フロント・ローからレコーディングされた24bitデシタル・オーディエンス・マスターを、完全フル・マトリックス収録!
まず音源は当日の模様をサウンドボード・レベルのクオリティーで56分にわたりコンプリート収録。オープン・エアならではの抜けの良い解放感いっぱいのサウンドは終始心地よく、アヴリル自身サマソニへの参加は3年ぶり4回目ということで、この雰囲気にばっちりフィット。
なお、セットも初日の大阪ではプレイされた”Smile”がセット落ちした以外は、同じナンバーが演奏されているものの、曲順は相当入れ替えているあたり要チェック。
さらにカップリングDVD-Rには、当日のパフォーマンスを、会場アリーナ前方中央からのベスト・ポジションによる、良好オーディエンス映像にてほぼコンプリート収録。しかも音声はCD同様のマトリックス音源をミックスさせており、パフォーマーとしてのアヴリルの姿もばっちりと。
CD-R : 01. Opening Film (“To My Fans”) 02. Hello Kitty 03. Girl Friend 04. Rock ‘N Roll (incl. Bad Reputation & I Love Rock ‘N Roll) 05. Here’s To Never Growing Up 06. My Happy Ending 07. He Wasn’t 08. What The Hell 09. I Always Get What I Want 10. I’m With You 11. Complicated 12. Sk8er Boi
DVD-R : 01. Opening Film (“To My Fans”) 02. Hello Kitty 03. Girl Friend 04. Rock ‘N Roll (incl. Bad Reputation & I Love Rock ‘N Roll) 05. Here’s To Never Growing Up 06. My Happy Ending 07. He Wasn’t 08. What The Hell 09. I Always Get What I Want 10. I’m With You 11. Complicated 12. Sk8er Boi
[Summer Sonic Tokyo 2014 : at QVC Marine Field, Chiba, Japan 17th August 2014]
◇ Avril Lavigne – Lead Vocals / Dan Ellis – Lead Guitar, Backing Vocals / David Immerman – Rhythm Guitar, Backing Vocals / Al Berry – Bass, Backing Vocals / Rodney Howard – Drums, Percussion, Backing Vocals

ジョン「ロックン・ロール」のセッション集大成音源!

mccd409j.jpg

◆ JOHN LENNON / ROCK AND ROLL SESSIONS (プレス3CD) この商品はこちらから
ビートルズ・ファン必携のミスター・クローデル・レーベルより、ジョンの1975年「ロックン・ロール」の、デモ、アウトテイク、ラフ・ミックス、モニター・ミックスなどを集大成したタイトルがここに。
初登場音源を含めて、同アルバムのセッションを完全網羅したもので、VIGOTONEの時代以降に発掘されたもの、あるいは本作で初登場したものを含め、いずれも飛躍的な・クオリティー向上が見られ、決定盤ともいうべき充実した内容となるもの。
まず本作の特長として、はアルバム収録の曲を「BACK TO MONO SESSIONS」と呼ばれる1973年のLAセッションと、「OLDIES BUT MOLDIES SESSIONS」と呼ばれる1974年NYのセッションで大別し、さらにそれぞれ曲ごとに分類して収録している点にあり。
というのも、このアルバムは、その制作過程において非常に複雑な紆余曲折を経て完成にこぎつけており、その全体像を把握するのは困難であり、それにより既発タイトルが中途半端なものにならざるを得なかったともいえるもの。
そしてまず、フィルスペクターをプロデューサーに迎え、LAでレコーディングが行なわれたものの、制作は遅々として進まず、とてもリリースに足るものではなく、そのあたりは本タイトルの前半を聴けば分かる通り、とにかくジョンがべろんべろんに酔っぱらっていて、コントロール・ルームから指示を出すフィル・スペクターも精神不安定な様子。そしてフィルがマスター・テープを持って失踪したのは有名な話で、その後、ジョンは、自身のプロデュースで再びレコーディングを再開。
ところが今度は、リリース前に音源が流出し、『Roots』というタイトルで通販で販売されるという事態が生じ、当然このような形態でのリリースはジョンの意図するところではなく、すぐさま販売停止となるも、過去よりコレクターズ・アイテムとして繰り返しリリースされてきたのは周知の通り。
なお本作にももちろん、ここに収録のバージョンも全て網羅しており、このように、盗作トラブルから持ち上がった企画は、レコーディングの過程からリリースにおいてさえ、様々なトラブルを抱えつつ、ジョンが主夫生活に入る前の集大成として、自らのルーツであるロックン・ロール・アルバムとして結実。
本タイトルは、そのセッションの全てを網羅したうえ、最後にはアルバムのリリースに伴う当時のラジオ・スポットや、1974年11月24日、エルトン・ジョンとのリハーサル「I Saw Her Standing There」も追加収録。永久保存プレス3CD、日本語帯付。
DISC ONE :
[BACK TO MONO SESSIONS 1973]
(BE MY BABY) 01. Alternate Rough take 02. Rough Mix 03. “Roots” version
(JUST BECAUSE) 04. Take 13 (breakdown) 05. Take 14 (breakdown) 06. Studio Talk 07. Alternate Take
(ANGEL BABY) 08. Take 8 (breakdown) 09. Take 9 (breakdown) 10. Rough Mix 11. “Roots” version
(YOU CAN’T CATCH ME) 12. Rough Mix #1 13. Rough Mix #2 14. “Roots” version
(SWEET LITTLE SIXTEEN) 15. Rough Mix #1 16. Rough Mix #2 17. “Roots” version
(BONY MORONIE) 18. Rough Mix 19. “Roots” version
(HERE WE GO AGAIN) 20. Demo Take 1 (with voice over/breakdown) 21. Demo Take 2 22. Studio Outtake
DISC TWO :
(SINCE MY BABY LEFT ME) 01. Studio Outtake #1 02. Studio Outtake #2
(TO KNOW HER IS TO LOVE HER) 03. Studio Outtake
(SUNNYVIEW REHEARSALS October 1974) 04. Bring it on Home to Me – Send me Some Lovin’ 05. Ya Ya (breakdown) 06. Ya Ya 07. That’ll Be The Day (breakdown) 08. That’ll Be The Day (with false start) 09. Do You Want To Dance 10. Stand By Me 11. Peggy Sue 12. Be-Bop-A-Lula 13. Slippin’ And Slidin’ 14. Jam/Whole Lotta Love 15. Thirty Days 16. C’mon Everybody 17. Ain’t That A Shame (breakdown) 18. Ain’t That A Shame (incomplete) 19. Ain’t That A Shame (fragment) 20. Ain’t That A Shame (incomplete) 21. Instrumental jam #2 (fragment) 22. Instrumental jam #3 (fragment)
[OLDIES BUT MOLDIES SESSIONS 1974]
(BE BOP A LULA) 23. Take 2 24. Monitor Mix 25. “Roots” version
(STAND BY ME) 26. Monitor Mix #1 (fragment) 27. Monitor Mix #2 28. Monitor Mix #3 (fragment) 29. “Roots” version
(READY TEDDY – RIP IT UP) 30. Alternate Take 31. Rough Mix 32. Monitor Mix 33. “Roots” version AIN’T THAT A SHAME 34. Monitor Mix Take 3 35. Rough Mix 36. “Roots” version
DISC THREE :
(DO YOU WANT TO DANCE) 01. Monitor Mix #1 02. Monitor Mix #2 03. “Roots” version
(SLIPPIN’ AND SLIDIN’) 04. Take 5 05. Monitor Mix 06. “Roots” version
(PEGGY SUE) 07. Alternate Take 08. Monitor Mix 09. Rough Mix 10. “Roots” version
(BRING IT ON HOME TO ME – SEND ME SOME LOVIN’) 11. Alternate Take 12. Monitor Mix #1 13. Monitor Mix #2 14. “Roots” version
(YA YA) 15. Monitor Mix 16. “Roots” version
(JUST BECAUSE) 17. Vocal re- recording session 18. “Roots” version 19. ‘Rock and Roll’ Spot
(REHEARSAL WITH ELTON JOHN November 24th 1974) 20. I Saw Her Standing There